歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年02月09日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
Mrs. GREEN APPLE、ニューシングル収録曲「春愁」MVを2バージョン同時公開
Fri, 09 Feb 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Mrs. GREEN APPLEが2月14日(水)にリリースするニューシングル「Love me, Love you」より、カップリングとして収録されている「春愁」のMUSIC VIDEOを公開した。この楽曲は大森元貴(Vo.&Gt.)が自身の高校卒業式の翌日に書き上げたもので、過去にライブで数回だけ披露されているなか今回初音源化。ファンに隠れた名曲と呼ばれるバラードだ。

MUSIC VIDEOはサントリー『クラフトボス』とのコラボレート作品。主演キャストとして劇団4ドル50セントに所属する女優・湯川玲奈が務めている。歌詞の「大嫌いだ 人が大嫌いだ 友達も大嫌いだ 本当は大好きだ」というフレーズが特に印象的だが、MUSIC VIDEOでは、ごく平凡な学生生活を送っていた主人公の周りから一瞬にして人がいなくなる。街にも人がいなくなり途方に暮れるなか、ごくごくあたりまえだった仲間や人の大切さを噛みしめた時にいつもの景色が戻ってくる。憂いや切なさ寂しさを描きながらも温もりのあるハートフルな作品となっている。

また、今回は同時に早稲田実業学校音楽部合唱班による学生バージョンも公開された。これはメンバーの「学生に聴いてもらいたい。歌い継いでもらえたら嬉しい」という意向に賛同した同校による全面協力で実現したもの。これに合わせて「春愁」のスペシャルページを立ち上げ、そこでは同曲の譜面と伴奏音源が期間限定でフリーダウンロードできる。

なお、メンバーも含めた合唱映像は、シングルの初回限定盤DVDに収録されている。いよいよリリースに向けて盛り上がりのピークを迎えるミセス。2月10日(土)にはTBS系全国ネット『CDTV』に歌唱出演する。

■「春愁」スペシャルページ
http://po.st/shunshu_ss

シングル「Love me, Love you」

2018年2月14日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-89374/¥1,700+税
<収録曲>
■CD
1.Love me, Love you
2.Log (feat.坂口有望)
3.春愁
■DVD
・“Love me, Love you” Music Video
・The Making of “Love me, Love you”
・「ゼンジン未到とロワジール」 at 日比谷野外音楽堂 on 15th July, 2017より
Oz / CONFLICT / うブ / WanteD! WanteD! / 我逢人(がほうじん)
・春愁(合唱バージョン)



【通常盤】(CD)
UPCH-80487/¥1,200+税
<収録曲>
1.Love me, Love you
2.Log (feat.坂口有望)
3.春愁



【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLE、ニューシングル収録曲「春愁」MVを2バージョン同時公開
Mrs. GREEN APPLEまとめ
SCANDAL、アルバム『HONEY』の全曲試聴映像を公開

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル

SCANDAL、アルバム『HONEY』の全曲試聴映像を公開
Fri, 09 Feb 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SCANDALが2月14日にリリースするオリジナルアルバム『HONEY』のダイジェスト映像が、SCANDALのオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開された。2018年にデビュー10周年を迎えるSCANDALが、“今一度この4人だからこそできるロックなアルバムを作りたい”という想いで制作した収録曲全10曲が試聴可能となっており、初回生産限定盤の特典DVDに収録される『Storytellers:SCANDAL』の映像も一部見ることができる。

またSCANDALは、2月9日(金)深夜放送の日本テレビ系「バズリズム02」に歌ゲストとして出演。アルバム『HONEY』のリードトラック「プラットホームシンドローム」を歌唱する。「プラットホームシンドローム」は各音楽配信ストアにて先行配信しており、iTunesではアルバムのプレオーダーも受け付けているので要チェック!

さらに、アルバムのリリースを記念して各地のCDショップにてパネル展の実施も決定しているので、ぜひお近くのCDショップに足を運んでほしい。

■iTunesアルバム『HONEY』プレオーダー/「プラットホームシンドローム」先行配信URL
https://erj.lnk.to/-gqrHWN

■アルバム『HONEY』特設サイト
http://www.scandal-honey.com/

日本テレビ系『バズリズム02』

2月9日(金)24:59〜
番組HP:http://www.ntv.co.jp/buzzrhythm/
※各地域放送時間が異なります。詳細は番組HPでご確認ください。

全国ホールツアー『SCANDAL TOUR 2018 “HONEY”』

3月03日(土) 埼玉 三郷市文化会館 大ホール
3月09日(金) 鹿児島 鹿児島市民文化ホール 第2ホール
3月10日(土) 福岡 福岡市民会館
3月16日(金) 宮城 仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
3月17日(土) 岩手 盛岡市民文化ホ−ル 大ホール
3月21日(水) 北海道 わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
3月24日(土) 栃木 佐野市文化会館 大ホール
3月25日(日) 茨城 結城市民文化センターアクロス 大ホール
3月31日(土) 新潟 新潟県民会館
4月01日(日) 石川 本多の森ホール
4月07日(土) 広島 広島文化学園HBGホール
4月08日(日) 鳥取 米子市公会堂
4月14日(土) 愛知 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
4月15日(日) 愛知 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
4月21日(土) 香川 サンポートホール高松 大ホール
4月22日(日) 奈良 なら100年会館 大ホール
4月27日(金) 大阪 オリックス劇場
4月28日(土) 大阪 オリックス劇場
5月11日(金) 東京 中野サンプラザ
5月12日(土) 東京 中野サンプラザ
5月18日(金) 静岡 静岡市清水文化会館マリナート 大ホール
5月19日(土) 岐阜 岐阜市民会館
5月25日(金) 兵庫 神戸国際会館こくさいホール
<チケット>
指定席¥5,800(税込)
※お1人様各公演4枚まで購入可能。
※全席指定・4歳以上チケット必要。

アルバム『HONEY』

2018年2月14日発売



【完全生産限定盤】(CD+Tシャツ)
ESCL4957-4958/¥5,278+税
※AMIAYAプロデュースのオリジナルフォトTシャツ付き
<収録曲>
01. プラットホームシンドローム
02. OVER
03. テイクミーアウト
04. Oh! No!
05. ミッドナイトシティ
06. ショートショート
07. 窓を開けたら
08. ふたり
09. エレクトリックガール
10. 恋するユニバース



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL4959-4960/¥3,426+税
<収録曲>
■CD
01. プラットホームシンドローム
02. OVER
03. テイクミーアウト
04. Oh! No!
05. ミッドナイトシティ
06. ショートショート
07. 窓を開けたら
08. ふたり
09. エレクトリックガール
10. 恋するユニバース
■DVD
Storytellers:SCANDAL
01.瞬間センチメンタル
02.キミと夜と涙
03.LOVE ME DO
04.声(Acoustic ver.)
05.DOLL
06.恋するユニバース
07.テイクミーアウト
08.8月
09.SCANDAL BABY



【通常盤】
ESCL4961/¥2,963+税
<収録曲>
01. プラットホームシンドローム
02. OVER
03. テイクミーアウト
04. Oh! No!
05. ミッドナイトシティ
06. ショートショート
07. 窓を開けたら
08. ふたり
09. エレクトリックガール
10. 恋するユニバース



【関連リンク】
SCANDAL、アルバム『HONEY』の全曲試聴映像を公開
SCANDALまとめ
AK-69、映像作品『DAWN in BUDOKAN』の通常盤ジャケットを公開

【関連アーティスト】
SCANDAL
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, アルバム, 音楽番組, 出演

AK-69、映像作品『DAWN in BUDOKAN』の通常盤ジャケットを公開
Fri, 09 Feb 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月7日リリースとなるAK-69のライブ映像作品『DAWN in BUDOKAN』の、通常盤のジャケット写真が公開され、これで3形態全てのジャケットが出揃った。今作は、2017年10月18日に日本武道館にて行なわれたチケットソールドアウトのプレミアムライブを収録したもの。AK-69が制作秘話など熱く語るトーク、今作を一足先に大画面で観ることができる先行上映会が、全国5箇所で2月11日(日)より行なわれるので、こちらも要チェック。

DVD & Blu-ray『DAWN in BUDOKAN』

2018年3月7日発売



【初回盤】(2DVD)
UIBV-90025/6/¥6900 +税
※LIVE映像(初回盤のみAK-69副音声あり)
※武道館メイキング映像、DAWN PREMIUM CLUB TOUR 2017メイキング映像
※初回盤パッケージ仕様
<収録内容>
■Disc1
※通常盤、初回盤DVD DISC1、初回Blu-ray共通
OPENING MOVIE
Dawn
Flying Lady feat. CITY-ACE, HIDE春
ロッカールーム -Go Hard or Go Home- REMIX feat.NORIKIYO
IRON HORSE -No Mark-
Click da trigger feat.G.CUE(Phobia of Thug)
WHO ARE U ? feat.TOKONA-X / DJ RYOW
TOKONA-X Special MIX / DJ RYOW
ビートモクソモネェカラキキナ 2016 REMIX feat.Zeebra & AK-69 / DJ RYOW
We Don\'t Stop
Streets feat. 2WIN(T-Pablow & YZERR)
Hangover
CHAMPAGNE BOYZ
A Hundred Bottles REMIX feat.DJ TY-KOH, KOWICHI & SOCKS
Rainy days feat.清木場俊介
With You 〜10年、20年経っても〜 feat.清木場俊介
Baby
IT\'S OK
Forever Young feat. UVERworld
Stronger
上ヲ向イテ
START IT AGAIN
I Still Shine feat.Che\'Nelle
Shatter(DOBERMAN INFINITY × AK-69)
もう1ミリ feat.般若
KINGPIN
Flying B
<Encore>
THE RED MAGIC
■Disc2
※初回盤DVD DISC 2、初回盤Blu-ray収録
DAWN in BUDOKANメイキング映像
DAWN PREMIUM CLUB TOUR 2017メイキング映像収録

◎購入者特典
・69Homies会員先着特典:A2ポスター(FC限定用オリジナル絵柄)
・その他一般CDショップ先着特典:B2告知ポスター(CDショップ用共通絵柄)
※特典は先着となり数に限りがありますので、早期のご予約をお奨めいたします。
※一部取扱いのない店舗・オンランインショップもございます。詳しくは各CDショップにてご確認ください。



【初回盤】(1Blu-ray)
UIXV-90020/¥7690+税
※LIVE映像(初回盤のみAK-69副音声あり)
※武道館メイキング映像、DAWN PREMIUM CLUB TOUR 2017メイキング映像
※初回盤パッケージ仕様



【通常盤】(1DVD)
UIBV-10046/¥5690+税

『AK-69 DVD/blu-ray「DAWN in BUDOKAN」発売記念特別先行上映会』

2月11日(日)10:00 愛知 109シネマズ名古屋
2月11日(日)16:00 大阪 なんばパークスシネマ
2月12日(月)11:00 福岡 ユナイテッドシネマキャナルシテイ13
2月12日(月)18:30 東京 角川シネマ新宿
2月17日(土)13:00 北海道 ユナイテッドシネマ札幌
■詳細URL
https://www.universal-music.co.jp/ak-69/news/2018-01-26/



【関連リンク】
AK-69、映像作品『DAWN in BUDOKAN』の通常盤ジャケットを公開
AK-69まとめ
眩暈SIREN、ミニアルバムのジャケ写公開&新曲「ジェンガ」が遂にCD化決定

【関連アーティスト】
AK-69
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, DVD, Blu-ray

眩暈SIREN、ミニアルバムのジャケ写公開&新曲「ジェンガ」が遂にCD化決定
Fri, 09 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

眩暈SIRENが3月21日にリリースするミニアルバム『深層から』のジャケット写真が公開された。今回イラストを手掛けたのは「パズドラ」「三国志大戦」や「ボーダーブレイク」、「WAR OF BRAINS」など多くの人気ゲームでも有名なイラストレーター・風間雷太で、楽曲などの作品性を通じて風間が描いたバンド“眩暈SIREN”の肖像画的な内容となっている。この作品は5曲入りのミニアルバムとなっており、2017年8月に配信限定リリースした新曲「ジェンガ」をパッケージ化してほしいという多くのファンのリクエストに応えるかたちで発売が決定した。「ジェンガ」以外の収録曲も同時に発表となったので、ぜひチェックしてほしい。

さらに、この最新作を引っ提げた東名阪ワンマンツアー『“深層から” TOUR 2018』も開催決定! 3月31日東京・渋谷O-WESTを皮切りに、4月14日名古屋APOLLO BASE、5月6日大阪2nd LINEにて行なわれるので、ぜひこの機会に足を運んでほしい。

■『“深層から”TOUR 2018』

3月31日(土) 東京・渋谷O-WEST
4月14日(土) 名古屋APOLLO BASE 
5月06日(日) 大阪2nd LINE
<チケット>
前売¥3,300/当日¥3,800

ミニアルバム『深層から』

2018年3月21日発売



MS006/¥1,500(税込)
<収録曲>
■CD
1.水泡
2.ネオトリアム
3.ジェンガ
4.ブラックボックス
5.思い出は笑わない



【関連リンク】
眩暈SIREN、ミニアルバムのジャケ写公開&新曲「ジェンガ」が遂にCD化決定
眩暈SIRENまとめ
GANG PARADE、「BREAKING THE ROAD」MV公開

【関連アーティスト】
眩暈SIREN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, リリース, 発売, ミニアルバム, ツアー

GANG PARADE、「BREAKING THE ROAD」MV公開
Fri, 09 Feb 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSのアヤ・エイトプリンスを期間限定でメンバーに迎え、7人体制で活動を行なうGANG PARADEが、2月20日(火)にリリースするシングル「BREAKING THE ROAD」の表題曲「BREAKING THE ROAD」のMVを公開した。このMVではHiroya Brian Nakano、Tomoyuki Kujirai、UGICHINの、これまでのGANG PARADEのMVを手掛けてきたクリエイター3人が集まり、曲を前半、中盤、後半の3パートに分けてそれぞれのパートを3人が担当。3作品を1曲に凝縮した作品となった。

また、GANG PARADEのオフィシャルsound cloudチャンネルにて音源をフル尺で公開、OTOTOYでは無料ダウンロード配信も行なわれる。シングルのリリース週にあたる2月23日(金)に開催する自信最大規模となるマイナビBLITZ赤坂でのワンマンライブのパフォーマンスにも期待が集まる。

■Soundcloud GANG PARADEチャンネル
https://soundcloud.com/gangparade

ワンマンライブ『BREAKING THE ROAD TOUR』

2月03日(土) 福岡 DRUM SON
2月04日(日) 広島 Back Beat
2月11日(日) 新潟 CLUB RIVERST
2月17日(土) 札幌 BESSIE HALL
2月23日(金) 東京 マイナビBLITZ赤坂

シングル「BREAKING THE ROAD」

2018年2月20日発売



TPRC-0198/¥1,000+税
<収録曲>
1.BREAKING THE ROAD
2.とろいくらうに食べたい
3.BREAKING THE ROAD(inst)
4.とろいくらうに食べたい(inst)



【関連リンク】
GANG PARADE、「BREAKING THE ROAD」MV公開
GANG PARADEまとめ
指先ノハク、3rdミニアルバムのリリースツアー日程を公開

【関連アーティスト】
GANG PARADE
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル

指先ノハク、3rdミニアルバムのリリースツアー日程を公開
Fri, 09 Feb 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月14日に3rdミニアルバム『TAMAMONO』をリリースする4人組女流オルタナティブロックバンド・指先ノハク。同作を引っさげてのリリースツアー『春は賜...指先ノハク「TAMAMONO」Release Tour』の開催が発表された。

全12本のツアーを敢行し、ファイナルは6月16日(土)、下北沢SHELTERでのワンマンライブとなる。また、ツアーの初日は、CD購入者が参加できるアウトストアライブを実施。真骨頂である彼女達のライブをまだ目撃していない方は、この機会にぜひチェックしてほしい。

■『春は賜...指先ノハク「TAMAMONO」 Release Tour』

3月25日(日) 下北沢近松 (アウトストア )※ミニワンマンライブ
3月30日(金) 広島4.14
3月31日(土) 福岡UTERO
4月01日(日) 福岡Public space四次元
4月25日(水) 横浜F.A.D YOKOHAMA
5月02日(水) 金沢vanvanV4
5月03日(木) 長野LIVE HOUSE J
5月10日(木) 仙台FLYING SON
5月11日(金) 盛岡the five morioka
5月31日(木) 北堀江club vijion
6月01日(金) 名古屋CLUB ZION
6月16日(土) 下北沢SHELTER(ツアーファイナル)

<3月25日(日)ミニワンマンライブ参加方法>
ミニアルバム『TAMAMONO』をご購入の上、当日ご持参頂いた方が対象となります。
当日、会場入り口付近でも対象商品を販売致します。当日商品をご購入の方もご参加頂けます。
ご入場時ドリンク代¥600が必要となりますので、ご了承ください。
定員に達した場合、商品をお持ちの方でもご入場できない場合もございます。予めご了承くださいませ。
<6月16日(土)ツアーファイナルワンマン チケット>
4月08日(木)よりローソンチケット、e+、SHELTER店頭にて発売

ミニアルバム『TAMAMONO』

2018年3月14日発売



SHLU-2/¥1,852+税
<収録曲>
■CD
01.VS鬼
02.コウモリ
03.尼将軍の恋
04.HANAMOYOI
05.ちょっと待ちな
06.アフターライト



【関連リンク】
指先ノハク、3rdミニアルバムのリリースツアー日程を公開
指先ノハクまとめ
ONEPIXCEL、TVアニメ『ドラゴンボール超』ED曲「LAGRIMA」フルMV公開

【関連アーティスト】
指先ノハク
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表

ONEPIXCEL、TVアニメ『ドラゴンボール超』ED曲「LAGRIMA」フルMV公開
Fri, 09 Feb 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月7日に日本コロムビアからメジャーデビューをする3人組ガールズグループ・ONEPIXCELが、メジャーデビューシングル「LAGRIMA」のMVをGYAO!とYouTubeで公開した。フジテレビ系TVアニメ『ドラゴンボール超』エンディング主題歌として1月より放送されている「LAGRIMA」だが、フルサイズのトラックはこれが初公開となる。監督のイケダケイ氏演出による、美しい映像や歌詞がメンバーの前後に流れるMVは一切合成を行っておらず、撮影スタジオでのプロジェクターによる投影とカメラワークによって撮影されている。また、スペイン語で「涙」という意味の「LAGRIMA」、非常に印象的なサビの「涙ダンス」もチェックしてほしい。

また、シングルに収録されるインディーズ楽曲のRemixの先行配信も決定! 「Mop of Head」のGeorge氏がRemixを担当したType-A収録の「TONDEKE」、ダンスミュージックレーベル「TREKKIE TRAX」のMasayoshi IimoriによるRemix「be with you」はそれぞれ2月18日(日)正午より配信サイト「OTOTOY」で先行配信開始となる。エレクトロミュージックシーンで活躍する気鋭のクリエイターがどのようにONEPIXCEL楽曲を再構築したのか期待が高まる。

さらに、同日2月18日(日)には第2回目となるLINELIVE『FREE&NOISY』の配信も決定、シングルのカップリング曲「Howling」音源が初公開されることも決定しているのでこちらも注目だ。

■GYAO! 「LAGRIMA」MV
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00081/v10020/v0992400000000542203/

■LINELIVE『ONEPIXCEL「FREE&NOISY」vol.2』
2月18日(日)11:30〜
視聴URL:https://live.line.me/channels/781/upcoming/7095788

【ライブ・イベント情報】

■『ONEPIXCELメジャーデビューシングル「LAGRIMA」リリースイベントツアー』
3月04日(日) Space emo池袋 (1)OPEN 10:30/START 11:00 (2)OPEN 14:00/START 14:30
3月05日(月) HMVエソラ池袋 店内イベントスペース 19:30〜
3月06日(火) ニコニコ本社イベントスペース 19:30〜
3月07日(水) タワーレコード渋谷店 4F イベントスペース 18:30〜
3月08日(木) SHIBUYA TSUTAYA O-EAST 『MARQUEE祭 Vol.10』 OPEN 15:00/START 15:30
3月09日(金) タワーレコード横浜ビブレ店 店内イベントスペース 19:30〜
3月11日(日) ららぽーと柏の葉本館 2Fセンタープラザ (1)13:00〜 (2)15:00〜
3月17日(土) HMVイオンモール浦和美園 店内イベントスペース 15:00〜
3月17日(土) アリオ川口 1階センターコート 19:00〜
3月18日(日) 詳細は後日発表!※都内某所対バンイベント予定
3月19日(月) 詳細は後日発表!※対バンイベント予定
3月21日(水・祝) タワーレコードグランツリー武蔵小杉店 店内イベントスペース (1)13:00〜 (2)15:00〜
3月24日(土) 石山U☆STONE『SHIGA IDOL COLLECTION 〜2018 Spring』(1)OPEN 11:30/START 12:00 (2)OPEN 16:00/START 16:30
3月25日(日) あべのHoop 1F オープンエアプラザ (1)13:00〜 (2)15:00〜
※詳細はこちら:http://columbia.jp/artist-info/onepixcel/

■メジャーデビューシングル「LAGRIMA」発売記念 SPECIAL FREE LiVE『FREE&FREE』
3月31日(土) 代官山LOOP
<内容>フリーライブ ※約1時間 ※ライブ終了後に特典会を予定
<料金>無料(ドリンク代別) ※女性エリアあり
http://columbia.jp/artist-info/onepixcel/

シングル「LAGRIMA」

2018年3月7日発売



【Type-A】
COCA-17429/¥1,300(税込)
<収録曲>
■CD
1.LAGRIMA
2.Howling
3.TONDEKE George(MOP of HEAD) Remix
4.LAGRIMA(Instrumental)
5.Howling(Instrumental)



【Type-B】
COCA-17430/¥1,300(税込)
<収録曲>
■CD
1.LAGRIMA
2.Howling
3.be with you Masayoshi Iimori Remix
4.LAGRIMA(Instrumental)
5.Howling(Instrumental)

【Remix楽曲配信情報】

配信日:2018年2月18日(日)正午〜
<配信楽曲>
「TONDEKE George(MOP of HEAD) Remix」
「 be with you Masayoshi Iimori Remix」
■OTOTOY
ハイレゾ
https://ototoy.jp/_/default/p/95375
通常
https://ototoy.jp/_/default/p/95376



【関連リンク】
ONEPIXCEL、TVアニメ『ドラゴンボール超』ED曲「LAGRIMA」フルMV公開
ONEPIXCELまとめ
Mr.Children、新曲「here comes my love」のMusic Short Filmが完成

【関連アーティスト】
ONEPIXCEL
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 配信, 音楽配信

Mr.Children、新曲「here comes my love」のMusic Short Filmが完成
Fri, 09 Feb 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フジテレビ系 木曜劇場『隣の家族は青く見える』の主題歌となっている、Mr.Childrenの新曲「here comes my love」のMusic Short Filmが完成した。本映像は、若手映像クリエイター・林 響太朗(DRAWING AND MANUAL)を初監督に迎えて制作され、「here comes my love」を聴いた林響太朗監督と脚本家・唐津宏治によって、ある一人の男性に灯る、記憶の物語が描かれたMusic Short Filmとなっている。

「here comes my love」は、1月19日より配信が開始されているので、楽曲と併せてチェックしてほしい。

■Mr.Children 「here comes my love」特設サイト
http://www.toysfactory.co.jp/artist/mrchildren/20180119/

配信楽曲「here comes my love」

2018年1月19日配信開始



・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/1332963176?l=ja&app=itunes&ign-mpt=uo%3D8
・レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1006301839/
・mora
http://mora.jp/package/43000034/TFDS-00446/



【関連リンク】
Mr.Children、新曲「here comes my love」のMusic Short Filmが完成
Mr.Childrenまとめ
NGT48、3rdシングル「春はどこから来るのか?」発売決定

【関連アーティスト】
Mr.Children
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 新曲, TVドラマ, 主題歌, 音楽配信

NGT48、3rdシングル「春はどこから来るのか?」発売決定
Fri, 09 Feb 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

NGT48が待望の3rdシングル「春はどこから来るのか?」を4月11日(水)にリリースすることが、2月8日(木)に開催されたNGT48劇場での劇場公演中に特報でアナウンスされた。また今作では、Team NIII、研究生8人(ドラフト3期生は含まず)の1期生24人全員が選抜メンバーとなり、注目のセンターは本間日陽が務めることも同時に発表となった。2017年のAKB48選抜総選挙では13位と、荻野同様、前年の圏外からの初選抜入りという大躍進を果たし、握手会でも高い人気を誇る本間はデビューシングル「青春時計」のカップリング曲「純情よろしく」(ダンス選抜曲)、2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」のカップリング曲「ナニカガイル」(全員曲)でセンターをつとめたことはあったが、シングル表題曲でセンターをつとめるのは今回が初となる。

さらにこの日の特報では、今回の「春はどこから来るのか?」のMVを、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭でグランプリを獲得した『孤高の遠吠』や『全員死刑』などで知られる映画監督・小林勇貴氏がつとめることも明らかになった。特報では、小林監督がNGT48のメンバーに向かって凄味を効かしているシーンも映し出されており、この異色とも言える組み合わせによってどのようなMVが完成するのか、否が応にも期待が膨らむ。NGT48は、2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」のMVを映画『溺れるナイフ』等で知られる山戸結希監督が手掛け、高い評価を獲得しており、小林勇貴監督の世界観の中で如何にNGT48のメンバーが躍動していくのか、完成が楽しみでたまらない。劇場をざわつかせた今回の特報は、オフィシャルYouTubeにもアップされているのでぜひ目撃してほしい。

2018年の1月19日(金)20日(土)と2日間にわたって開催された『AKB48グループ リクエストアワー セットリスト ベスト100 2018』において、48グループの対象楽曲全1,078曲中、セカンドシングル「世界はどこまで青空なのか?」が見事1位に輝き連覇を達成、さらに対象楽曲27曲全曲がベスト100以内にランクインする快挙を達成し、その勢いを内外に証明したNGT48。デビューシングル「青春時計」ではTeam NIIIのメンバー16名が選抜、センターは動画生配信サイト“SHOWROOM”で爆発的な人気を誇る中井りかが務め、セカンドシングル「世界はどこまで青空なのか?」では、Team NIIIに昨年のAKB48選抜総選挙にて上位80位にランクインを果たした研究生の角ゆりあと宮島亜弥を加えた18名が選抜、同総選挙にて速報1位、最終順位でも5位にランクインし神7入りを果たした荻野由佳がセンターをつとめた。

シングル「春はどこから来るのか?」

2018年4月11日(水)発売



【Type-A CD+DVD盤(初回仕様)】
BVCL-875〜876/¥1,528(税抜)
【Type-B CD+DVD盤(初回仕様)】
BVCL-877〜878/¥1,528(税抜)
【Type-C CD+DVD盤(初回仕様)】
BVCL-879〜880/¥1,528(税抜)
【NGT48 CD盤】
BVCL-881/¥972(税抜)
※Type-A、Type-B、Type-C、NGT48 CD盤 各タイプによってCD・DVD一部収録内容が異なります。
※収録内容の詳細に関しては、後日お知らせ致します

<表題曲 選抜メンバー>
■Team NIII
荻野由佳、小熊倫実、柏木由紀、加藤美南、北原里英、佐藤杏樹
菅原りこ、高倉萌香、太野彩香、中井りか、西潟茉莉奈、長谷川玲奈
本間日陽、村雲颯香、山口真帆、山田野絵
■研究生
角ゆりあ、日下部愛菜、清司麗菜、?橋真生、中村歩加、奈良未遥
西村菜那子、宮島亜弥



【関連リンク】
NGT48、3rdシングル「春はどこから来るのか?」発売決定
NGT48まとめ
小沢健二、ライブ『春の空気に虹をかけ』開催&映画主題歌を先行配信スタート

【関連アーティスト】
NGT48
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, シングル, リリース

小沢健二、ライブ『春の空気に虹をかけ』開催&映画主題歌を先行配信スタート
Fri, 09 Feb 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

小沢健二が2018年春に、東京国際フォーラム、大阪城ホール、そして日本武道館2DAYSで行なうライブ『春の空気に虹をかけ』を発表した。小沢本人が“36人編成ファンク交響楽”と形容する注目の4公演は、2月13日(火)19時より先着制によりチケットが一斉発売される。同時に、映画『リバーズ・エッジ』主題歌「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」が、2月14日(水)のCD発売に先駆けて先行配信がスタート!

シングル「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」のカップリングは、満島ひかりと東京湾上でライブ録音された「ラブリー、東京湾屋形船Liveは雨」。これは、小沢がホストを務めるApple Musicオリジナルコンテンツ『Tokyo, Music&Us 2017-2018』で発表され、YouTubeなどで話題となっていた演奏が待望の音源化となる。「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」のジャケットは小沢自身のデザインによる独創的な仕様になっており、小沢は「2017年に日本で長い時間をすごして、破壊的なデザインにしたいと思った」と、先日生出演したFM802で発言していた。

『リバーズ・エッジ』原作者の漫画家・岡崎京子と小沢健二は27年来の友人であり、その岡崎の代表的名作『リバーズ・エッジ』の映画版のための主題歌を小沢健二が書き下ろした「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」は2017年12月1日に、映画公開の2ヶ月半前に歌詞が公開されるという異例の形で、主題歌となることが発表された。小沢のサイト『hihumiyo.net』で公開されている歌詞は、岡崎京子と小沢健二自身について言及しているとも読むことができ、90年代から日本の文化に強い影響を与え続ける2人のアーティストの心情を読み解こうとするファンも多く、その全貌が待ち望まれていた。

さらに「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」には、主役若草ハルナを演じる二階堂ふみと、相手役山田一郎を演じる吉沢亮が参加しており、“Voice”としてクレジットされているとのこと。あの胸を打つ歌詞がどのようなメロディーに乗って世に放たれるのか、ぜひ楽曲を聴いてみてほしい。

■「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」配信情報
iTunes Store:http://po.st/it_ozawa_arp
Apple Music:http://po.st/am_ozawa_arp

■『春の空気に虹をかけ』

4月23日(月) 東京国際フォーラム ホールA
5月02日(水) 日本武道館
5月03日(木・祝) 日本武道館
4月29日(日) 大阪城ホール

<チケット>
■東京国際フォーラム ホールA
砂かぶり席¥12,960(前売り・税込)
指定席S¥9,720(前売り・税込)
指定席A¥8,640(前売り・税込)
■日本武道館
アリーナ砂かぶり席¥12,960(前売り・税込)
アリーナ指定席S¥9,720(前売り・税込)
スタンド指定席S¥9,720(前売り・税込)
スタンド指定席A¥8,640(前売り・税込)
2000円席¥2,160(前売り・税込)
■大阪城ホール
アリーナスタンディング砂かぶり¥12,960(前売り・税込)
アリーナスタンディング¥9,720(前売り・税込)
スタンド指定席S¥9,720(前売り・税込)
2000円席¥2,160(前売り・税込)

・主催者先行予約(先着順)
2月13日(火)19:00〜3月7日(水)23:59 ※先着制/規定枚数に達し次第受付終了
受付URL:http://l-tike.com/ozkn
・一般発売
3月17日(土)10:00〜 ローソンチケット、チケットぴあ、e+にて発売

シングル「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」

2018年2月14日発売



TYCT-39071



【関連リンク】
小沢健二、ライブ『春の空気に虹をかけ』開催&映画主題歌を先行配信スタート
小沢健二まとめ
My Hair is Bad、『オーガニックホームランツアー』を東阪で開催決定

【関連アーティスト】
小沢健二
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シングル, 発表, 配信, 音楽配信

My Hair is Bad、『オーガニックホームランツアー』を東阪で開催決定
Fri, 09 Feb 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

My Hair is Badが2月9日(金)広島・JMSアステールプラザ大ホールより再開させるツアー『ギャラクシーホームランツアー』の追加公演となる『オーガニックホームランツアー』を大阪と東京で開催することを発表した。『ギャラクシーホームランツアー』は、日本武道館二日間公演を含む全ての公演のチケットが即日完売となっていた。

追加公演はそれぞれ、5月6日(日)大阪城音楽堂、5月13日(日)日比谷野外大音楽堂にて行なわれるが、今回も激しいチケット争奪戦が予想される。チケットの発売情報などは今後発表されていく予定なのでお見逃しなく!

■My Hair is Bad presents 『オーガニックホームランツアー』

5月06日(日) 大阪・大阪城音楽堂
5月13日(日) 東京・日比谷野外大音楽堂

『ギャラクシーホームランツアー』

2月09日(金) 広島・JMSアステールプラザ大ホール
2月12日(月・祝) 愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール
2月18日(日) 宮城・トークネットホール仙台(仙台市民会館)大ホール
3月04日(日) 香川・レクザムホール(香川県県民ホール)大ホール
3月09日(金) 新潟・新潟県民会館
3月16日(金) 札幌・札幌市教育文化会館 大ホール
3月21日(水・祝) 大阪・オリックス劇場
3月25日(日) 福岡・国際会議場メインホール
3月30日(金) 東京・日本武道館
3月31日(土) 東京・日本武道館
4月04日(水) 新潟・上越EARTH



【関連リンク】
My Hair is Bad、『オーガニックホームランツアー』を東阪で開催決定
My Hair is Badまとめ
ゆず、新曲「うたエール」を使用した日本生命新CMを公開

【関連アーティスト】
My Hair is Bad
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表

ゆず、新曲「うたエール」を使用した日本生命新CMを公開
Fri, 09 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゆずの2018年第一弾楽曲で、日本生命CMタイアップソング「うたエール」が、2月9日(金)より各配信サイトにてリリースされた。2017年にデビュー20周年イヤーを完走し、大みそかの『第68回NHK紅白歌合戦』では初の大トリを務めたゆず。同楽曲は、2017年末より実施された『ゆず 2018プロジェクト with日本生命』の一環として募集した、2018 名の“新メンバー”が参加したゆずの最新楽曲。配信日の同日より開幕する平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック日本代表選手団をはじめ、日本へ、世界へ向けさまざまな人たちの背中を優しく押す応援歌となっている。

2018年1月6日には、横浜・伊勢佐木町にてゆずと新メンバーの計2,020人によるMusicVideo 撮影が行われ、併せて、2月9日よりテレビオンエアが開始された日本生命の新CM“あなたにエールを”編の撮影も敢行。新曲「うたエール」を大合唱し、オリンピック・パラリンピック日本代表選手団に向けてエールを贈る姿が描かれている。「うたエール」は同日0:00より配信が開始され、すでにiTunesStoreトップソングランキングで1位を獲得。なお、日本生命新CMは同社のYouTube 公式チャンネルでも公開している。

ゆずは4月4日(水)にニューアルバム『BIG YELL』をリリース。そのアルバムを引っさげ、4月29日(日)からは全国11箇所26公演をまわる全国アリーナツアー『YUZU ARENA TOUR2018 BIG YELL』を開催する。

配信シングル「うたエール」

配信中



■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/1340694739?l=ja&ls=1&app=itunes
■レコチョク
http://recochoku.com/t0/1006352884/
■mora
http://mora.jp/package/43000034/SNDS-98131/
■dwango
http://r.dwango.jp/8K43XctE
■music.jp
https://goo.gl/tu1UGw
■Google Play Music
https://play.google.com/store/music/album?id=Bulxcr4buruary6fqtffuysvkga

『YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL』

4月29日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
4月30日(月・祝) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
5月15日(火) 愛知・日本ガイシホール
5月16日(水) 愛知・日本ガイシホール
5月19日(土) 福岡・マリンメッセ福岡
5月20日(日) 福岡・マリンメッセ福岡
5月30日(水) 大阪・大阪城ホール
5月31日(木) 大阪・大阪城ホール
6月09日(土) 北海道・北海きたえーる
6月10日(日) 北海道・北海きたえーる
6月16日(土) 福井・サンドーム福井
6月17日(日) 福井・サンドーム福井
6月23日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月24日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月30日(土) 新潟・朱鷺メッセ
7月01日(日) 新潟・朱鷺メッセ
7月07日(土) 広島・広島グリーンアリーナ
7月08日(日) 広島・広島グリーンアリーナ
7月14日(土) 静岡・エコパアリーナ
7月15日(日) 静岡・エコパアリーナ
7月18日(水) 大阪・大阪城ホール
7月19日(木) 大阪・大阪城ホール
7月24日(火) 神奈川・横浜アリーナ
7月25日(水) 神奈川・横浜アリーナ
7月28日(土) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
7月29日(日) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ



【関連リンク】
ゆず、新曲「うたエール」を使用した日本生命新CMを公開
ゆずまとめ
アラウンドザ天竺、グラドル・小日向結衣とのコラボシングルのジャケ写公開

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 新曲, 配信, CMソング, 音楽配信

アラウンドザ天竺、グラドル・小日向結衣とのコラボシングルのジャケ写公開
Fri, 09 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

悪ふざけ系ラウドロック・アラウンドザ天竺が、フジテレビ系番組『佳代子の部屋』に出演中で話題のグラビアアイドル・小日向結衣とのコラボシングル「男男男子」の“ヤバい”ジャケット写真を公開! 公開となったジャケットはアラウンドザ天竺らしく、臆面もなく小日向を全面に起用し、彼ららしいアウトコースギリギリを攻めたヤバいジャケットとなっている。

さらに、プロモーションの一環で、アラウンドザ天竺が店長を務めるライブハウス・吉祥寺Planet Kにて、2月13日に開催されるフロアライブイベント『欅坂360 〜触れるアラ天〜』のイベント内で小日向結衣が一日店長に就任することも決定した。コアな邦楽・ラウドロックのファンとしても知られる小日向と、ダイノジや打首にも注目され、ことあるごとに話題を振りまくアラウンドザ天竺。ネクストブレイク候補の両者のコラボ期間中に開催する本イベントに注目が集まりそうだ。

■吉祥寺Planet K 19th Anniversary アラウンドザ天竺 Presents 『欅坂360 〜触れるアラ天〜』

2月13日(火) 東京 吉祥寺Planet K
<時間>
開場18:30/開演19:00 ※アラ天は21:20頃から出演
<出演>
アラウンドザ天竺/THE WASTED/GEEKSTREAKS/ロマンス&バカンス/花冷え。
一日店長:小日向結衣
<チケット>
前売¥2,300/当日¥2,800 ※1D代別

シングル「男男男子」

2018年3月21日発売



LFRR-006/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.男男男子(小日向結衣×アラウンドザ天竺)
2.ミラクル体育(アラウンドザ天竺)
3.イノセントボーイ 〜童貞を殺す服と和寿と私〜(アラウンドザ天竺)
4.ぴっぴ 〜鳥のラヴソング〜(小日向結衣×アラウンドザ天竺)



【関連リンク】
アラウンドザ天竺、グラドル・小日向結衣とのコラボシングルのジャケ写公開
アラウンドザ天竺 まとめ
寿君、メジャーデビューEP『一人じゃない』リリース決定

【関連アーティスト】
アラウンドザ天竺
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, コラボレーション, シングル

寿君、メジャーデビューEP『一人じゃない』リリース決定
Fri, 09 Feb 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ユニバーサルミュージック Virgin Musicよりメジャーデビューすることが決定している、今一番勢いのあるレゲエシーン期待の星・寿君が、4月11日(水)にメジャーデビューEP『一人じゃない』をリリースすることがわかった。

2017年11月25日にリリースしたデジタル配信曲「大阪Christmas Eve Lover」が大きな話題を呼び、全国各地のファンより音源リリースを待ち望む声が多く上がっていた寿君。今作のリード曲「一人じゃない」は、一人で悩みを抱え弱みを見せない愛する人に向けて、完璧な自分ではないが頼ってほしい“君は一人じゃない”と歌う応援歌。あなたが居てくれただけで自分がどれほど救われたか、そして自分も君にとってそんな存在になりたいと寿君らしいストレートで熱いメッセージが胸に刺さる。この曲をリードに、2017年配信リリースされた「GENERAL」を含む全5曲収録予定。寿君ならではの幅広い人脈を駆使し、SPICY CHOCOLATE、RED SPIDER、DOZAN11(元三木道三)等、ジャパニーズレゲエ界のレジェンド・プロデューサー陣とのストリート感溢れる豪華コラボレーションに加え盟友APOLLOとのコンビネーション曲が実現している。

怒涛の勢いで動き出した寿君の詳しい情報は公式HPやツイッター、ブログをチェックしてほしい。

■寿君 公式ブログ
https://ameblo.jp/kotobuki-kun/
■OFFICIAL TWITTER
https://twitter.com/kotobuki1048

EP『一人じゃない』

2018年4月11日発売



【CD】
TYCT-60115/¥1,500(税込)
<収録曲>
■CD
1.一人じゃない
2.Winner
3.タイトル未定
4.GENERAL
5.タイトル未定



【関連リンク】
寿君、メジャーデビューEP『一人じゃない』リリース決定
寿君まとめ
集団行動、Awesome City Clubと初の自主企画イベントを開催

【関連アーティスト】
寿君
【ジャンル】
J-POP, ニュース, リリース, 発売, EP, レゲエ

集団行動、Awesome City Clubと初の自主企画イベントを開催
Fri, 09 Feb 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

真部脩一(ex相対性理論)率いる『集団行動』が、2月7日発売2ndアルバム『充分未来』をひっさげ、リリース当日に初の自主企画イベントとなる『集団行動の会談公演』と題した対バン企画を渋谷CLUB QUATTROにて行った。対バン相手は、“今集団行動が対バンしてみたいバンド”としてAwesome City Clubを招聘(しょうへい)した。事前に集団行動リーダー真部脩一と、Awesome City Clubフロントマン・atagiの対談も公開されており、それぞれの期待感も語られていたが、2バンド共にたっぷりおよそ1時間、各々の個性を発揮した特別な1夜となった。

先に登場したのはAwesome City Club。3月14日に発売予定となるEPに収録される新曲「Magnet」や、ライブではレアな選曲も含めたセットリストで会場を大いに沸かせた。そして、後半はイベント主催の集団行動が登場。オープニングで、電話の呼び出し音から、Vo.齋藤里菜の「もしもし?集団行動の時間です。」というナレーションから、齋藤と真部のデュエットソング「会って話そう」がスタート。ライブハウスでの披露は初となった。この日発売されたばかりのセカンドアルバムに収録されている楽曲は8曲全て披露し、他にもデビューアルバムからの楽曲やライブだけで披露されている楽曲も含めて、全16曲を演奏した。真部脩一のMCの中では、「2018年はライブをたくさんやる年にしたいなと思っています」という宣言も飛び出し、この日のライブは、それを裏付けるかのような、バンドのステップアップを感じさせるパワフルなライブとなった。3月にはワンマンライブとして東阪をまわるツアー“集団行動の単独公演『充分未来ツアー』”も予定されている。こちらも間もなくチケットが一般発売スタートとなるので、ぜひチェックしてほしい。

【集団行動 セットリスト】
01.会って話そう
02.ぐるぐる巻き
03.テレビジョン
04.東京ミシュラン24 時
05.充分未来
06.ホーミング・ユー
07.スープのひみつ
08.フロンティア
09.春
10.絶対零度
11.ティーチャー?
12.AED
13.土星の環
14.モンド
15.オシャカ
16.鳴り止まない

集団行動の単独公演『充分未来ツアー』

3月16日(金) 大阪Music Club JANUS
3月22日(木) 渋谷WWW X
<チケット>
■一般発売:2月10日(土)

アルバム『充分未来』

2018年2月7日発売



VICL-64912/¥2,000+税
<収録曲>
1.会って話そう
2.充分未来
3.春
4.フロンティア
5.絶対零度
6.鳴り止まない
7.モンド
8.オシャカ



【関連リンク】
集団行動、Awesome City Clubと初の自主企画イベントを開催
集団行動まとめ
Awesome City Clubまとめ
『コロシアム・ライヴ』は、ブリティッシュロック界の最強集団コロシアムが生んだ壮絶な作品

【関連アーティスト】
集団行動, Awesome City Club
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, セットリスト, ライブレポ

『コロシアム・ライヴ』は、ブリティッシュロック界の最強集団コロシアムが生んだ壮絶な作品
Fri, 09 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今回紹介するコロシアムの『コロシアム・ライヴ』は、ブリティッシュロック界でもっともテクニカルで熱いプレイが聴けるアルバムだ。LP発売当時は2枚組で、当時のロック界で最高のパフォーマンスを繰り広げたといえるだろう。サックスとオルガンを中心にしたそのサウンドは、イギリスのミュージシャンが得意とするジャズロックのひとつではあるのだが、ジャズ的な表現を盛り込みながらもロックの強烈なエモーションを感じさせるものであった。全編を通して聴くとかなりの疲労を感じるぐらいパワフルで、同じジャズロックとはいえ、ソフトマシーンの冷徹なまでの冷静沈着さとは対極に位置している。今では忘れられがちだが、本作はロック史上に燦然と輝くライヴ盤の傑作なのである。

■コーナー、メイオール、ボンド

60年代初頭のブリティッシュロックシーンにおいて、キーマンとなるアーティストと言えば、アレクシス・コーナー、ジョン・メイオール、スペンサー・デイヴィス、グレアム・ボンドの4人。アレクシス・コーナーとジョン・メイオール、そしてスペンサー・デイヴィスは、イギリスでのブルースブームに火を付けたあと、ブルースロックを仕掛けた。そして、グレアム・ボンドはと言えば、ブリティッシュロックの技術面を大幅に引き上げたジャズロックの仕掛け人として知られる。この4人の知識力と組織力によって、彼らのもとには優れたミュージシャンたちが集まっていく。

コーナーのもとにはストーンズのメンバーをはじめ、ジンジャー・ベイカーとジャック・ブルース(どちらもクリームのメンバー)、グレアム・ボンドらが出入りしてR&Bの勉強をしていたし、メイオールのもとにはブルースの教えを請うためにエリック・クラプトン、ピーター・グリーン(フリートウッド・マックのメンバー)、ミック・テイラー(彼がストーンズに加入したのは、メイオールの紹介であった)、エインズリー・ダンバー(多くのバンドを渡り歩く英ロック界でもっとも著名なドラマーのひとり)などが集まっていた。スペンサー・デイヴィスのもとにはマフとスティーブ・ウインウッドの兄弟がいたことは言うまでもないだろう。

グレアム・ボンドは当初はサックス奏者としてアレクシス・コーナーのブルース・インコーポレイテッドに参加、63年に自身のバンドとなるグレアム・ボンド・オーガニゼーションを結成し、ここではジャズキーボード奏者として頭角を現している。ボンドを支えるメンバーはジンジャー・ベイカー、ジャック・ブルース(クリーム)、ジョン・マクラフリン(マハヴィシュヌ・オーケストラのリーダー)、ディック・ヘクトール・スミス、ジョン・ハイズマンら強力なアーティストが参加し、ブリティッシュ・ジャズロックの原型を作り上げる。

グレアム・ボンド・オーガニゼーションのメンバーはクリームとマハヴィシュヌ・オーケストラという、後に一世を風靡するグループのメンバーが在籍していたわけだが、残りのジョン・ハイズマンとディック・ヘクトール・スミスが結成するのがコロシアムである。グレアム・ボンド・オーガニゼーションの解散後にリリースされたベスト盤的な作品『ソリッド・ボンド』(‘70)を聴くと、まだまだジャズの要素は強いがロック的なスパイスがちりばめられた素晴らしい作品に仕上がっており、ジャズロックが生まれる前夜の気配が感じられるのである。

■コロシアム結成

そして、68年にジョン・ハイズマンとディック・ヘクトール・スミスを中心にコロシアムが結成される。69年にリリースされたデビュー作『Those Who Are About To Die We Salute You』はブルースロック色が強く、ある意味でクリームに似たサウンドである。ただ、ハイズマンやヘクトール・スミスの技術的な卓越性は感じられるものの、この時点ではまだグループとしての独創性はあまり見られない。何よりもギター&ヴォーカルとベースの力量に不満が残るのだ。しかしセールス的には好調で、イギリスのチャートでは15位まで上昇、幸先の良いスタートとなった。

同年にリリースされた2ndアルバム『Valentine Suite』は前作よりジャズ寄りのサウンドになり、グループとしてのまとまりが感じられる力作となったが、それだけにやはりギター&ヴォーカルとベースの弱さが際立ってしまっている。クリームのギターとベース&ヴォーカルがエリック・クラプトンとジャック・ブルースというすごいメンバーであるだけに、どうしても比べてしまうのだ…。

■本作『コロシアム・ライヴ』について

そういう想いはハイズマンも感じていたのだろう。前作のリリース後にギター(名手デイブ・クレム・クレムソン)とベース(マーク・クラークとルイス・セナモのふたりを半分ずつ起用)を挿げ替え、ヴォーカリストとして何曲ものヒット曲を持つ著名なR&Bシンガーのクリス・ファーロウを迎え入れる。この第二期コロシアムのメンバーでリリースしたのが4rdアルバム『Daughter Of Time』(‘70)で、ヴォーカル、ギター、ベースが最高の状態になったというか、ハイズマンとヘクトール・スミスのレベルに見合うミュージシャンの起用で、グループのアンサンブルは驚異的にアップした。

実はこの『Daughter Of Time』の前、メンバー交代が中途半端な時期に3rdアルバム『The Grass Is Greener』(’70)がアメリカのみでリリースされているのだが、この作品は未聴なのでコメントはしないでおく。それにしても、『Daughter Of Time』はメロディーを重視したアルバムになっており、ジャック・ブルースの代表曲のひとつでマウンテンがヒットさせた「Theme For An Imaginary Western」をカバーしたのもその意識の表れに違いない。

そして、出た! 『コロシアム・ライヴ』(‘71)。LP当時は2枚組でリリースされ、日本でもロック少年たちに支持された。というか、僕が中学生の頃、コロシアムのアルバムでレコード店に置いてあったのはこれだけだった。まぁ、そんなことはどうでもいいが、これを最初に聴いた時、こんなにカッコ良いロックサウンドと出会ったのは初めてで、毎日聴いていた記憶がある。

ハイズマンのやたら手数の多いドラミング、クレム・クレムソンの超絶ギターテク、デイブ・グリーンスレイドの歪んだハモンドオルガン、ヘクトール・スミスのフリーキーなサックスプレイ、ファーロウのパワフルなシャウトなど、ロック本来のパワーとテンションに満ちた音がたっぷり詰まっていたのだ。今でもこれだけの熱を帯びたロックはなかなかない。本作は彼らのこれまでのスタジオ録音盤とはまったく違う次元のサウンドであり、本当のテクニックを持ったアーティストが本気を出すとこれだけの演奏ができるということを認識させられた作品である。

もしコロシアムを聴いたことがないなら、ぜひこの『コロシアム・ライヴ』を聴いてみてください。冬でも汗だくになるほどの熱〜い音楽がここにあるのだ。ロック史上に残るライヴ盤のひとつであることは間違いない。

TEXT:河崎直人

アルバム『Colosseum Live』

1971年発表作品



<収録曲>
1.ROPE LADDER TO THE MOON
2.WALKING IN THE PARK
3.SKELLINGTON
4.TANGLEWOOD\'63
5.STORMY MONDAY BLUES
6.LOST ANGELES
7.I CAN\'T LIVE WITHOUT YOU



【関連リンク】
『コロシアム・ライヴ』は、ブリティッシュロック界の最強集団コロシアムが生んだ壮絶な作品
Colosseumまとめ

【関連アーティスト】
Colosseum
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1