歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年02月07日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
Mrs. GREEN APPLE、NHK Eテレ「Rの法則」にて10代限定ライヴを放送
Wed, 07 Feb 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Mrs. GREEN APPLEがNHK Eテレにて放送している「Rの法則」に出演し、10代限定スペシャルライヴを開催! 10代から圧倒的な支持を受ける彼らが、番組出演にあたって特別企画として提案を受けて実現したこのライヴの模様は、2月21日(水)に放送の「Rの法則」で観ることができる。

収録当日は、平日にも関わらず全国から200組400名の10代が東京・渋谷にあるNHKのスタジオに集まり、ライヴハウスさながらの熱いパフォーマンスを実演。最新曲「Love me, Love you」をはじめ、自身の代表曲を盛り込んだ内容で、番組協力として集まったオーディエンスは大きな盛り上がりを見せた。トークも収録され、バンドの生い立ちや活動現場の潜入取材、メンバーの普段の素顔が垣間見られるファンならずとも必見の内容となっているので、2月21日(水)18:55に放送される「Rの法則」をぜひチェックしてほしい。

■NHK Eテレ『Rの法則』10代限定スペシャルライヴ放送詳細
2月21日(水)18:55〜19:25 放送
オフィシャルHP:http://www.nhk.or.jp/rhousoku/

シングル「Love me, Love you」

2018年2月14日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-89374/¥1,700+税
<収録曲>
■CD
01.Love me, Love you
02.Log(feat.坂口有望)
03.春愁
■DVD
・“Love me, Love you” Music Video
・The Making of “Love me, Love you”
・「ゼンジン未到とロワジール 〜東京編〜」 at 日比谷野外音楽堂 on 15th July, 2017より
Oz / CONFLICT / うブ / WanteD! WanteD! / 我逢人(がほうじん)
・春愁(合唱バージョン)



【通常盤】(CDのみ)
UPCH-80487/¥1,200+税
<収録曲>
01.Love me, Love you
02.Log(feat.坂口有望)
03.春愁

◎チェーン別オリジナル特典
2018年ポスターカレンダー(B3サイズ ※515mm×364mm)
対象チェーン:タワーレコード全店/TSUTAYA RECORDS全店/HMV全店/Amazon.co.jp
※特典は無くなり次第終了となります。
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
※一部取扱いのない店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください)

◎ショップ購入特典
告知ポスター(B2サイズ ※728mm×515mm)
※新ヴィジュアルを使用します。
※チェーン別オリジナル特典が付く店舗は対象外となります。
※特典は無くなり次第終了となります。
※一部取扱いのない店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください)

◎チェーン別オリジナル特典
2018年ポスターカレンダー(B3サイズ ※515mm×364mm)
対象チェーン:タワーレコード全店/TSUTAYA RECORDS全店/HMV全店/Amazon.co.jp
※特典は無くなり次第終了となります。
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
※一部取扱いのない店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください)

■UNIVERSAL MUSIC STOREはこちらからご予約下さい。
http://store.universal-music.co.jp/artist/mrsgreenapple/



【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLE、NHK Eテレ「Rの法則」にて10代限定ライヴを放送
Mrs. GREEN APPLEまとめ
Miracle Vell Magic、自身が手掛けた新曲「G-I-R-L」のMV公開

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, 新曲, テレビ番組, ライブ

Miracle Vell Magic、自身が手掛けた新曲「G-I-R-L」のMV公開
Wed, 07 Feb 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月2日(金)に約10ヶ月振りとなる新曲「G-I-R-L」を配信限定でリリースしたMiracle Vell Magic。今作は“女の子って楽しい! 女の子って最高!”と思わず言いたくなるような無邪気さとガールパワーを詰め込んだポップソングとなっており、今回、彼女自身が手掛けた「G-I-R-L」のMVが公開された。Miracle Vell Magicは、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー『ディセンダント2』のスペシャルサポーターとして日本語カバーした「悪の力を呼び覚ませ(日本語バージョン)」をそれぞれのキャラクターになりきってアカペラで披露している動画が公開され、そのクオリティの高さが話題となっていたが、今作も独特の世界観とクリエイティブのセンスが存分に発揮された作品に仕上がっている。

またMiracle Vell Magicは、Apple Music、AWA、Google Play Music 、KKBOX、LINE MUSIC、レコチョクBestという主要サブスクリプションサービスが一堂に会してヒットを生み出す新プロジェクト「NOW PLAYING JAPAN」の新人アーティスト企画「STARTERS MATCH」に参加中。今後音楽シーンでの活躍が期待されるアーティストにノミネートされているので、こちらもチェックしてみてほしい。

“次世代のエンターテイナー”として、独自の世界観で展開するクリエイティヴや、オリジナリティ溢れるメイク・ファッション動画が女子中高生から支持され、世界からも注目を集めているMiracle Vell Magic。今後はアーティストとしての一面も注目を集めていきそうだ。

■プロジェクト「NOW PLAYING JAPAN」URL
http://www.billboard-japan.com/npj/

配信楽曲「G-I-R-L」

2018年2月2日配信開始



・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1336821820?app=itunes&ls=1
・レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1006338835/



【関連リンク】
Miracle Vell Magic、自身が手掛けた新曲「G-I-R-L」のMV公開
Miracle Vell Magicまとめ
Caos Caos Caosが活動休止を発表!バレンタインデーに最初で最後のフルアルバムを配信限定リリース!!

【関連アーティスト】
Miracle Vell Magic
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 新曲, 音楽配信

Caos Caos Caosが活動休止を発表!バレンタインデーに最初で最後のフルアルバムを配信限定リリース!!
Wed, 07 Feb 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Caos Caos Caosがデビューから7年という歳月を要し、念願のファーストアルバムをバレンタインデーとなる2月14日にリリースすることが決定した。これまで制作してきた多くの楽曲の中から厳選された14曲を配信限定でリリースする。

Caos Caos Caosはアーティストやモデルとして活動する白石乃梨が自身でプロデュースするダンスヴォーカルプロジェクト。モデル時代“のりりん”という愛称で親しまれていた白石乃梨は、これまでに書き溜めていた秘密の歌詞ノートに「のりりんモンロー」と名付け、ありのままの想いをノートにしたためてきた。 それがら今回リリースするオリジナル曲制作の源にもなっており、アルバムにも同タイトルを採用し、白石は「今までにたくさんのご縁からの出会いと別れを繰り返し、大切な人を失うこと、すれ違い、離れ離れ、再会など・・・色んなことがありました。そのとき感じたことをたくさん曲にしてきてこの機会にやっとみなさんに届けられることを嬉しく思います。笑って幸せだって言えるときは共感できる、“もうダメだ。消えちゃいたい”ってときには一緒に乗り越えられる、そんな一つの歌・言葉として誰かの心にあったかく響けば、という願いが詰まったアルバムです」と現在の心境をコメントしている。そして、水面下で進めていた新アーティストのプロデュース活動に専念するため、このアルバムをもってCaos Caos Caosとしての活動を休止することも同時発表! 新プロジェクトは早ければ年内には動き出すようだが、新たに追加メンバーを募集するとのことだ。詳細についてはオフィシャルHPをチェックしてほしい。

■配信アルバム『のりりんモンロー』特設ページ
http://caoscaoscaos.jp/special/

配信アルバム『のりりんモンロー』

2018年2月14日配信



配信サイト:iTunes / mora / レコチョク / music.jp / ト?ワンコ?シ?ェイヒ?ー
価格:¥2,000〜 ※サイトにより多少異なります
<収録曲>
01 スイーツラブ
02 手と手つないで
03 TRUE MY VOICE
04 アラサーガール
05 ランチタイム
06 冗談じゃないよ
07 breakin\' down
08 シルバーピアス
09 一度壊れかけた少女
10 ひらひらゆらゆら
11 甘い花
12 I love you,happy birthday
13 Oh! special day
14 デカンショ節-NORI ver.-




【関連リンク】
Caos Caos Caosが活動休止を発表!バレンタインデーに最初で最後のフルアルバムを配信限定リリース!!
Caos Caos Caosまとめ
Nulbarich、初期衝動をテーマに撮影した超“ホット”なMV公開

【関連アーティスト】
Caos Caos Caos
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, リリース, 配信

Nulbarich、初期衝動をテーマに撮影した超“ホット”なMV公開
Wed, 07 Feb 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Nulbarichが、3月7日にリリースする2ndフルアルバム『H.O.T』からリード曲「ain\'t on the map yet」のMVを公開した。新曲「ain\'t on the map yet」のMVは、楽曲を口ずさむ少年の妄想とリアルが交錯するストーリーの中で印象深いリリックとリンクするシーンや、NulbarichのMVではお馴染みとなったキャラクター“ナルバリくん”の登場シーン、少年のキレのあるダンスシーンなど、見どころ満載の作品に仕上がった。アルバムタイトルのごとく前作のクールなMVとは一転、初期衝動をテーマに撮影されたバンド史上最も“ホット”なMVと言える。

また、アルバムリリースに先駆け、NulbarichのTwitterアカウントでは、2月7日(水)から毎週水曜日19:00に未発表のアルバム音源を順次公開することが決定! 詳細は、オフィシャルHPまたはTwitterをチェックしてみよう。新曲「ain\'t on the map yet」は2月21日に先行配信がスタートとなるのでお楽しみに。

■Nulbarich 公式ツイッターアカウント
https://twitter.com/nulbarich

アルバム『H.O.T』

2018年3月7日発売



【初回限定盤】(2CD)
VIZL-1331/¥3,500+税
※初ワンマンツアー「Change the Track」ファイナル公演・LIQUIDROOMのライヴ音源を収録したCDを付属。
<収録曲>
■CD
01.H.O.T (Intro)
02.It\'s Who We Are
03.Almost There
04.Zero Gravity
05.Handcuffed
06.In Your Pocket
07.See You Later (Interlude)
08.Supernova
09.ain’t on the map yet
10.Follow Me
11.Spellbound
12.Construction (Interlude)
13.Heart Like a Pool
■BONUS CD
01.It’s Who We Are
02.Lipstick
03.Everybody knows
04.Spread Butter On My Bread
05.On and On
06.Ordinary
07.NEW ERA
08.Follow Me



【通常盤】(1CD)
VICL-64955/¥2,800+税

◎各チェーン特典
「H.O.T」(VIZL-1331、VICL-64955)をお買い上げの方に、先着で「特製ステッカー」をプレゼント!
・TOWER RECORDS特典(TOWER RECORDS 全国各店 / TOWER RECORDS ONLINE)
特製ステッカー(TOWER Ver.)
・HMV特典(HMV全国各店/ローチケHMV)
特製ステッカー(HMV Ver.)
・TSUTAYA特典(TSUTAYA RECORDS 全国各店/TSUTAYA オンラインショッピング)
特製ステッカー(TSUTAYA Ver.)
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
・Amazon.co.jp特典
特製ステッカー(Amazon Ver.)
※Amazon.co.jpでは、特典付き商品のカートがアップされます。特典をご要望のお客様は特典付き商品をお買い求め下さい。
・その他チェーン・CDショップ特典
特製ステッカー(その他 Ver.)
対象店舗はこちら⇒新星堂全国各店/WonderGOO全国各店(一部店舗を除く)/新星堂WonderGOO楽天市場店/山野楽器CD/DVD取扱店舗/山野楽器オンラインショップ(一部取扱いの無い店舗もございます)/セブンネットショッピング /ビクターエンタテインメント オンラインショップ and more!
※上記各特典ともに数に限りがございます。お早めにご予約下さい。
※また、一部、特典の取扱いが無い店舗もございます。予めご了承下さい。
※確実に入手をご希望の方は、事前に各店舗様へご確認いただくことをお奨めいたします。



【関連リンク】
Nulbarich、初期衝動をテーマに撮影した超“ホット”なMV公開
Nulbarichまとめ
Rei、新曲「New Days」のMV公開&CD+DVD『FLY』詳細も発表

【関連アーティスト】
Nulbarich
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, 音楽配信

Rei、新曲「New Days」のMV公開&CD+DVD『FLY』詳細も発表
Wed, 07 Feb 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月21日(水)にリリースされる、Reiの新作CD+DVD『FLY』に収録される「New Days」のMVが公開となった。MVの監督は大久保拓朗が務めている。

Reiの新作『FLY』は、ソールドアウトした前作『CRY』(CD+MUSIC BOOK)に続く2部作の後編で、4曲の新曲を収録したCDと約25分に及ぶMUSIC FILM「How to Fly」を収めたDVDが付属される。作品には真船勝博(EGO-WRAPPIN\' AND THE GOSSIP OF JAXX )、渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)、HAZEが参加しており、アートワークは過去作同様にRei自身が手掛け、カヴァーアートにはFranz FerdinandやNorah Jonesらを撮影しているNY在住のカメラマン・梨子田まゆみが撮影した写真が使われている。また、「How to Fly」と名付けられたショートフィルムは、収録曲のMVとNYやジャカルタで撮影された映像を織り交ぜた渾身の作品となっているので必見!

そして、iTunes・Apple Musicでは『FLY』のプレオーダーと「New Days」の先行配信がスタート! 『FLY』発売後にタワーレコード、HMVで行なわれるリリース記念のインストアイベントも発表されているのでお楽しみに。

■「New Days」先行配信URL
iTunes:https://geo.itunes.apple.com/jp/album/fly-ep/1341525779?app=itunes
Apple Music:https://geo.itunes.apple.com/jp/album/fly-ep/1341525779?mt=1&app=music&itscg=30200&itsct=afftoolset_1

CD+DVD『FLY』

2018年2月21日発売



DDCB-12404/¥1,852+税
<収録曲>
■CD
01.New Days
02.Sky Girl
03.we can fly.
04.Wings
■DVD
MUSIC FILM「How to Fly」

【ライブ・イベント情報】

■インストアイベント
2月20日(火) 東京・HMV record shop コピス吉祥寺 19:00〜
2月21日(水) 東京・タワーレコード渋谷店 21:00〜
2月22日(木) 東京・HMV record shop 新宿ALTA 19:00〜
3月03日(土) 福岡・タワーレコード福岡パルコ店 14:00〜

■『FLYING R TOUR 2018 』
3月16日(金) 愛知・名古屋JAMMIN\'
3月17日(土) 大阪・Music Club JANUS
3月29日(木) 東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO
4月06日(金) 北海道・札幌BESSIE HALL
4月08日(日) 宮城・仙台 LIVE HOUSE enn 2nd  
4月13日(金) 福岡・INSA
4月14日(土) 兵庫・神戸VARIT.



【関連リンク】
Rei、新曲「New Days」のMV公開&CD+DVD『FLY』詳細も発表
Reiまとめ
M!LK、結成3周年記念ライヴを配信スタート!

【関連アーティスト】
Rei
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, CD, DVD, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ポップス, 音楽配信

M!LK、結成3周年記念ライヴを配信スタート!
Wed, 07 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールで開催されたM!LKのワンマンライヴ『M!LK 3rd anniversary『白黒牛乳ワールド in パシフィコ横浜』』が、月額制動画配信サイト・スターダストチャンネルで配信スタート! M!LKにとって過去最大規模の会場で開催された同ライヴは、M!LKの結成3周年を記念して行なわれたもの。現在公開されている前編ではメンバーが玉座に座って登場し、1stアルバム『王様の牛乳』の収録曲を披露して会場を盛り上げる様子が観られるので、ぜひこの機会にチェックしてほしい。

また、来週公開予定の後編では、M!LKとは正反対の“黒”をイメージした5人組のBLACK M!LKがライヴをさらに盛り上げるほか、M!LK3年間の歩みであるシングル表題曲のメドレーが披露されるとのことなので、お楽しみに!

さらに、スターダストチャンネルではM!LKの最新ライヴ『M!LK SPRING TOUR 2018』の会員限定チケット先行受付も行なわれている。2月12日(月)23:59までの受付なので要チェックだ。

■M!LK 3rd anniversary 『白黒牛乳ワールド in パシフィコ横浜』配信情報

2月7日(水) 18:00〜配信開始
スターダストチャンネル:http://stardust-ch.jp/feature/p/milk
※アーカイブ視聴は有料会員(月額400円税別)のみ視聴可能



【関連リンク】
M!LK、結成3周年記念ライヴを配信スタート!
M!LKまとめ
『ANTHEM〜パワーメタル戒厳令〜』は関東HR/HMをけん引し、日本において“NWOBHM”を提示したANTHEM、入魂の一作

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, ユニット, グループ, 発表, 配信, ポップス, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

『ANTHEM〜パワーメタル戒厳令〜』は関東HR/HMをけん引し、日本において“NWOBHM”を提示したANTHEM、入魂の一作
Wed, 07 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1カ月にわたってお送りしてきた日本の1980年代HR/HMシリーズ。いつも以上に独断でお届けしてきたわけだが、今回で一旦、中締め。またいつか機会があれば、ニーズがなくとも再会するのでご容赦あれ。今回は関東シーンの雄、ANTHEMのデビュー作を紹介する。

関西に負けない革新性と独自性を貫き、のちの音楽シーンにも影響を与えたそのサウンドをスピリッツを分析してみよう。

■神楽坂から生まれた関東HR/HM

日本においてHR/HMが定着した1980年代。その火付け役は間違いなく関西の音楽シーンであった。LOUDNESSの前身であるLAZYが大阪の出身であるし、先月の当コラムで紹介したEARTHSHAKER、44MAGNUM、NOVELAは全て関西のシーンから現れたバンドだ。メンバーも概ね大阪生まれだった。この辺はもともと関西のシーンを彩っていたブルースロックが下地となり、それが派生していったから…という見方もできるだろうし、関西(というか大阪)ならではの派手好きが転じたものだという人もいる。いずれにせよ、ある時まで日本のHR/HMは完全に西高東低だったと言えるが、当時とて関西以外のバンドたちも決して手をこまねいていたわけではない。東京のSABBRABELLS、札幌のFLATBACKER、名古屋のSNIPERといったバンドたちがそれぞれ独自のカラーを発揮し、自己主張を始めていた。

1984年にリリースされた、伝説のオムニバスアルバム『HEAVY METAL FORCE Vol.1』にその発露を垣間見ることができる。本作はライヴハウス、ロックハウスEXPLOSION(現:神楽坂 TRASH-UP!!)が自らのレーベルを立ち上げ、当時、東京で活動していたバンドたちの音源を集めた、言わば東京のHR/HMの威信を全国に問うた作品。東京・六本木のS-KENスタジオでギグを行なっていたバンドたちが結集した『東京ロッカーズ』というオムニバスライヴ盤が1979年に出ているが、ジャンルこそ異なるものの、『HEAVY METAL FORCE Vol.1』もそれと同様のスピリッツを持っていたのだろう。2000枚限定で、10ミリメートルを超える分厚い木製ボックス入り、ステッカーや缶バッジも特典に付いていたというから、当時のスタッフの並々ならぬ意気込みを感じられる作品だが、その音源のオープニングを飾っているのがANTHEMである。

■関西と同時時期に関東を盛り上げる

ANTHEMは1981年、リーダーである柴田直人(Ba)が中心となって結成された。ファンならばよくご存知かと思うが、ANTHEMはメンバーチェンジの激しいバンドで、結成から2年後の1983年にギタリストが福田洋也(Gu)へと変わり、その翌年にはヴォーカリストが脱退。1985年に坂本英三(Vo)が加入し、同年、坂本、福田、柴田、そして大内“MAD”貴雅(Dr)という4人でメジャーデビューを果たしている。デビューがEARTHSHAKER、44MAGNUMより若干遅めで(ともに1983年デビュー)、この辺にも西高東低が関係しているのかと思ったら、どうもそういうことだけではないらしい。

1984年、EARTHSHAKER、44MAGNUM、そしてMARINOという関西HR/HM勢が新宿LOFTでライヴをやった、その名も“関西なぐり込みギグ”なるイベントがあった。ANTHEMはそこに参加し、その共演をきっかけに44MAGNUMやMARINOのツアーサポートを務めることになったという。さらには、前述の『HEAVY METAL FORCE Vol.1』発表後、デビューの打診があり、EARTHSHAKERの石原慎一郎がアドバイザーになって、デモテープを作成し始めていたというのだ。そこで前任ヴォーカリストが脱退。オーディションで坂本に後任が決まるまで半年間、活動休止を余儀なくされたというから、デビューアルバム『ANTHEM〜パワーメタル戒厳令』は1984年7月のリリースだが、メンバーチェンジがなかったらMARINOと同時期のデビューでもおかしくなかったであろう。つまり、ANTHEMは関西勢と同時期に日本のHR/HMシーンをけん引したバンドと言っていいのだと思う。

■日本の“NWOBHM”を代表するバンド

さて、そのデビューアルバム『ANTHEM〜パワーメタル戒厳令』。ひと言で言えば、とても勢いにあふれたアルバムであると思う。M3「LAY DOWN」やM8「BLIND CITY」といったミディアムもあるにはあるが、基本的には堅めのギターリフがグイグイと楽曲を引っ張るナンバーがほとんどで、M4「RACIN\'ROCK」やM9「STAR FORMATION」といったシャッフルが典型だが、リズムはやや前のめりなほど突っ込み気味である。それがとてもスリリングで、本作がデビュー作であることを考えると、メジャーシーンに立ち向かう彼らの意気込みを体感させられるようでもある(M4とM9がミディアムといっても、このアルバム収録曲内で比較してミディアムということであって、他のバンドなら十分に速い部類に入るかもしれない)。

しかも──マイナー…というと語弊があるかもしれないが、歌もギターも解放感100パーセントという感じではなく、どこか密室的というか、内向的な旋律である。また、ギターソロが長い。いや、単に長いということでなく、ちゃんとドラマチックで、よくある歌の添え物といった感じではなく、ギターがしっかりと主役を張っている印象だ。M1「WILD ANTHEM」のソロが分かりやすいと思うが、ギターソロパートが2ブロックに分かれて展開する。ポップスに慣れた耳では“まだ続くの?”といったふうに聴いてしまうかもしれないが、概ねそんな感じなので、ここにもバンドの矜持であり、意地を見ることができる。とにかく攻撃的というか、アグレッシブさが漲っているのだが、この辺は彼らが1970年代後半の“NWOBHM(=New Wave Of British Heavy Metal)”の影響を受けたことも関係しているのだと思われる。このムーブメントを標榜したバンドたちへのオマージュを感じさせるサウンドもさることながら、文字通り、新しいブリティッシュヘヴィメタルを目指したと言われる“NWOBHM”と同ベクトルの精神性で、ANTHEMは日本のシーンに立ち向かった。その魂が音源に込められたのだろう。

■歌詞に宿る様式美にとらわれない魂

それは収録曲の歌詞にも表れているように思う。この時期の日本のHR/HMには、サウンドは文句なしにいいのだが、歌詞に閉口させられるものも決して少なくない。“Sex,Drug and Rock\'n\'Roll”はロックの基本で、様式美としてアリっちゃアリだし、それを無下に否定はしないが、“それにしても、もうちょっとどうにかならなかったのか…”と思わせられるものも少なくない。だが、『ANTHEM〜パワーメタル戒厳令』は少し趣が異なる。そこに名買うな意思があると思えるのだ。

《GET OUT! もう聞きあきたぜ お前の声/JUST NOW! うごめいてる 頭の中/すべてを打ち砕くのさ夢からさめた BLACK JACK》(M5「WARNING ACTION!」)。
《昴(たか)ぶる気持ちをおさえては何もできやしないぜ/体中かけめぐる熱い物が欲しいのさ/何かがはじまるぜ空を見上げろ/今こそ立ち上がれ足を踏みならせ》
《STEELER BREAKER すべてを変えてしまうぜ/限界はないのさそいつをブチ破れ/STEELER BREAKER 拳をふりかざせ/すべて 手に入れたら GET AWAY》(M10「STEELER」)。

ここでも前のめりなくらいに、ブレイクスルーを欲する姿勢が綴られている。それが即ち、シーン云々ではなかろうが、冒頭で述べた同時の西高東低の勢力図であったり、そもそもまだHR/HMが日本では一般的ではなかった状況だったりを考えると、やや深読みしてしまうこともご理解いただきたい。まぁ、実際にはその読みは的外れかもしれないが、アルバムのオープニングを飾る、自らのバンド名を冠したM1「WILD ANTHEM」にて下記のようなフレーズをサビに持ってきている点に、ANTHEMが様式美にとらわれたバンドではないことの証左がある気はする。

《WILD ANTHEM 吹きあれる嵐のように/果てしない最後の叫び/OH WILD ANTHEM/PLEASE GIVE ME ACTION》。
彼らの決意が感じられると訴えだと思う。

■神楽坂から全国へ、世界へ

何よりも何度もメンバーチェンジを繰り返しつつ、ここまでバンドを継続していることにもANTHEMの心意気は感じられる。後年、柴田はバンドに新しい化学変化を起こすためにメンバーチェンジは必要であるとの趣旨の発言をしている。1992年に1度解散し、2001年に再結成しているものの、結成から37年、デビューから33年を経たバンドである。その年月だけで考えたら、仮に初期のナンバーだけを繰り返すノスタルジックなバンドになったとしても、往年のファンは非難はしないであろう。歌謡曲にはそういう人たちがたくさんいる。だが、ANTHEMは決してバンドの現状に満足することなく、未だ成長を止めないのである。その姿勢は本当に素晴らしいと思う。

また、これは直接ANTHEMのことではないが、ANTHEMを始めとする関東ヘヴィメタル勢の熱を受け止めて、冒頭で紹介したオムニバス盤『HEAVY METAL FORCE Vol.1』シリーズを世に出したロックハウスEXPLOSION(現:神楽坂 TRASH-UP!!)の尽力と、このライヴハウスが後世に及ぼした影響について触れて、拙文を締め括りたい。『HEAVY METAL FORCE』はその後シリーズ化され、『III』にはX(現:X JAPAN)、Saber Tigerが参加したことは好事家たちの間では有名な話。『Vol.1』もそうだが、『III』も中古市場で高値で取引されている。

そうした関東HR/HM押しが効いたのか、無名だった頃のGLAYが定小屋にしていたのも、これもまたファンの間では有名な話だろうし、最近では(というほど最近でもないが)ゴールデンボンバーが出演していたことでも知られていると思う。現在の神楽坂 TRASH-UP!!も一風変わったV系バンドやアイドルが出演することが多いそうだが、35年前の関東でもHR/HMは間違いなくメインストリームのそれではなかったはずで、そうした傍からは変わり者と見えた者たちの流れが連綿と続いて、それが今や国内はもちろんのこと、世界を席巻するに至っているのは痛快ですらある。これもまた素晴らしい。

TEXT:帆苅智之

アルバム『ANTHEM〜パワーメタル戒厳令〜』

1985年発表作品



<収録曲>
1.WILD ANTHEM
2.RED LIGHT FEVER
3.LAY DOWN
4.RACIN\'ROCK
5.WARNING ACTION!
6.TURN BACK TO THE NIGHT
7.ROCK\'N\'ROLL STARS
8.BLIND CITY
9.STAR FORMATION
10.STEELER



【関連リンク】
『ANTHEM〜パワーメタル戒厳令〜』は関東HR/HMをけん引し、日本において“NWOBHM”を提示したANTHEM、入魂の一作
Anthemまとめ
奥田民生、木村カエラ「BEAT」をカバー配信

【関連アーティスト】
Anthem
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!, アルバム

奥田民生、木村カエラ「BEAT」をカバー配信
Wed, 07 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

奥田民生が、2017年11月よりレーベル公式YouTubeチャンネルで公開しているプロジェクト「カンタンカンタビレ」でレコーディングを続けていた、「BEAT」のカバーがいよいよミックスダウン編をもって完成を迎え、その模様が公開された。「BEAT」は奥田が2005年に木村カエラへ提供した楽曲で、木村が作詞、奥田が作曲を担当している。完成した楽曲の配信もスタートしているので、動画と併せてチェックしてほしい。

カンタンカンタビレとは、アナログレコーディング最盛期に大活躍した名機で、現在は入手困難という“8トラックオープンリールテープレコーダー「TEAC 33-8」”、“アナログミキサー「TASCAM M-208」”を使用して行なう、宅録スタイルのDIYレコーディングプロジェクト。ギター・ベース・ボーカル・コーラスの録音から音のミックス作業までのレコーディングを、全て奥田の作業部屋で行っており、その様子をYouTubeで公開している。映像では、奥田自ら視聴者へ向け、作業について丁寧に解説しており、完成した楽曲はレコーディング終了後に即日配信される。

次回「カンタンカンタビレ Vol.8」は2月9日(金)に公開予定とのこと。次はどんな曲で、どんなレコーディングの新アイテムや豆知識が飛び出すのかお楽しみに!

■RCMR公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/RCMROfficialYouTubeChannel_jp

配信楽曲「 BEAT」

配信中



配信URL
https://lnk.to/g11cgWN



【関連リンク】
奥田民生、木村カエラ「BEAT」をカバー配信
奥田民生まとめ
木村カエラまとめ
BURNOUT SYNDROMES、「花一匁」フルMVをGYAO!にて期間限定公開

【関連アーティスト】
奥田民生, 木村カエラ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, コラボ, トレーラー, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ポップス, 音楽配信

BURNOUT SYNDROMES、「花一匁」フルMVをGYAO!にて期間限定公開
Wed, 07 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

TVアニメ『銀魂』銀ノ魂篇のEDテーマに起用されている、BURNOUT SYNDROMEの2月7日(水)発売のシングル「花一匁」が、iTunesのロックチャートで2位にランクイン! メジャーデビューシングル「FLY HIGH!!」から2ndシングル「ヒカリアレ」、前作の配信限定シングル「ハイスコアガール」に続き、 シングル4作連続iTunesロックチャートTOP5入りの快挙を達成した。また、歌詞サイト“歌ネット リアルタイムランキング”で「花一匁」が1位を獲得し、SNSを中心に話題になっている。

iTunesロックチャートの2位ランクインを記念して、GYAO!にて「花一匁」のフルMVが公開された。MVは2月20日(火)11:59までの期間限定公開となっており、BURNOUT SYNDROMESの世界観が溢れた渾身のMVになっているのでお見逃しなく! また、2月21日(水)には2ndフルアルバム『孔雀』のリリース、3月からは全国ワンマンツアーも決まっているので、こちらも併せて注目だ。

■GYAO!「花一匁」MV(フルサイズver.)
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v10691/v0993900000000548975/

(c)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス

シングル「花一匁」

2018年2月7日発売



【通常盤(初回仕様)】
ESCL-4962/¥1,000(税込)
※PlayPASS対応(初回仕様のみ)



【期間生産限定盤(アニメ盤)】
ESCL-4963〜4964/¥1,400(税込)
※アニメ絵柄ジャケット、アニメ絵柄グッズ付き
※PlayPASS対応
(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス

全国ワンマンツアー2018『孔雀〜いざ真剣勝負〜』

3月03日(土)大阪・梅田CLUB QUATTR
3月17日(土)愛知・ell FITS ALL ※sold out!!
3月21日(水・祝)宮城・仙台CLUB JUNK BOX
3月23日(金)東京・渋谷CLUB QUATTRO
3月25日(日)福岡・DRUM SON
<チケット>
前売¥3,700(1ドリンク別途)
・一般発売URL
http://burnoutsyndromes.com/



【関連リンク】
BURNOUT SYNDROMES、「花一匁」フルMVをGYAO!にて期間限定公開
BURNOUT SYNDROMESまとめ
m-flo、新曲「No Question」を4つのパーツに分けてサブスク配信!?

【関連アーティスト】
BURNOUT SYNDROMES
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, アニメ, エンディング

m-flo、新曲「No Question」を4つのパーツに分けてサブスク配信!?
Wed, 07 Feb 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

15年振りにオリジナルメンバーのLISAが復帰することで話題沸騰中のm-floが、3月7日に新作『the tripod e.p.2』を発売。同作のリリースに先駆け、収録曲「No Question」を4つのパーツに分けてサブスクリプション配信限定でリリース! まだまだ馴染みのないパーツ配信ではあるが、このパーツはLISAのヴォーカル、VERBALのラップ、ドラム、シンセの各パートに分かれており、4つの再生機を並べて同時再生すると、どこよりも早くフルバージョンが聴けるとのこと。

また、配信されるパートごとのアートワークも4枚並べることで1つのサークル(輪)が完成となるデザインで、EP『the tripod e.p.2』のジャケット写真ともシンクロしている。これまでにもSpotifyを使って謎解きプレイリストを発表したり、今回のサブスクでの仕掛けがあったりと、音楽の楽しみ方の自由度が広がっているこの時代に合わせた新たな遊び方を提示してくれるm-flo。セルフコンテンツアーティストならではの面白いアイデアの企画、ぜひチェックしてみてほしい。

「No Question」サブスクリプションURL

■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1339120824?app=itunes&ls=1
■レコチョク
http://recochoku.com/a0/m-flo_back2theFutureep4/
■mu-mo
http://q.mu-mo.net/of/back2thefutureep4_180207/
■mora
http://mora.jp/package/43000002/ANTCD-26240/
■music.jp
https://goo.gl/MmweVD
■ドワンゴ
http://r.dwango.jp/m801WYb6
■AWA
https://s.awa.fm/album/beb225b548f2e2db2700?t=1517474872
■AppleMusic
https://itunes.apple.com/jp/album/id1339120824?app=apple&ls=1
■LINEMUSIC
https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000015bed27&cc=JP
■Spotify
http://open.spotify.com/album/71xTN0R3tS6INEIO3KtEWT

EP『the tripod e.p.2』

2018年3月7日発売



【CD+DVD】
RZCD-86505/B/¥2,000+税
【CD only】
RZCD-86506/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
01.No Question
02.never
他 収録予定 ※曲順未定
■DVD
01.No Question(MV)
02.never(MV)



【関連リンク】
m-flo、新曲「No Question」を4つのパーツに分けてサブスク配信!?
m-floまとめ
LISAまとめ
THE BACK HORN、ミニアルバム『情景泥棒』の詳細を公開

【関連アーティスト】
m-flo, LISA
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, CD, 発表, 新曲, リリース, 発売, EP, 配信, ダンス, ハウス, R&B, 音楽配信

THE BACK HORN、ミニアルバム『情景泥棒』の詳細を公開
Wed, 07 Feb 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年に結成20周年を迎えるTHE BACK HORNが、3月7日にリリースするミニアルバム『情景泥棒』の収録曲とジャケット写真が公開された。バンドの現在を体現する新作『情景泥棒』は、インディーズ期以来となるミニアルバム。シングル、アルバムという枠には収まりきらないライヴ感あふれる新曲7曲を収録している。ミニアルバムのタイトルとなっている“情景泥棒”は、松田晋二(Dr)の作詞による「情景泥棒」と、その続編として菅波栄純(Gu)が作詞を手掛けた「情景泥棒〜時空オデッセイ〜」からなり、新たな試みによって生まれた楽曲は、世界観と物語性がより深く表現された作品に仕上がった。また、ライヴでの盛り上がりを想起させる新機軸のナンバー「Running Away」をリードトラックとして、MVも公開予定。そのほか、「儚き獣たち」「閃光」「がんじがらめ」「光の螺旋」の全7曲が収録される。

ジャケットのアートワークは松田晋二による絵画で、メンバーによる作品がジャケットに用いられるのは、2006年発売の5thアルバム『太陽の中の生活』以来で12年振り。初回盤特典DVDとしては、2017年10月21日に日比谷野外音楽堂で開催したベストアルバム『BEST THE BACK HORN II』のリリース記念となる『KYO-MEIワンマンライブ〜第三回夕焼け目撃者〜』のライヴ映像を12曲収録。約6年振りの野音ライヴは雨が降る中で実施。収録曲のファン投票も行なわれたベストアルバムの楽曲を中心としたセットリストも相まって、“伝説の野音”と言われる内容となった。そんな当日の模様が、約1時間の大ボリュームで楽しめる。

また、タワーレコード、TSUTAYA RECORDS全国各店、Amazon.co.jpでは、『情景泥棒』の先着購入特典としてオリジナルステッカーが用意されている。そして、バンド結成20周年の感謝企画として『THE BACK HORN 結成20周年記念サイン会〜情景泥棒〜』を全国8ヶ所で開催することも発表! タワーレコード池袋店、渋谷店、新宿店、梅田大阪マルビル店、名古屋近鉄パッセ店、仙台パルコ店、札幌ピヴォ店、福岡パルコ店で実施されるので要チェック。

■THE BACK HORN 20th Anniversary 特設サイト
http://thebackhorn.com/feature/20th_anniversary

ミニアルバム『情景泥棒』

2018年3月7日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1338/¥3,200+税
<収録曲>
■CD
01.Running Away
02.儚き獣たち
03.閃光
04.がんじがらめ
05.情景泥棒
06.情景泥棒〜時空オデッセイ〜
07. 光の螺旋
■DVD
〈『KYO-MEIワンマンライブ〜第三回夕焼け目撃者〜』Live at 日比谷野外大音楽堂〉
01.シリウス
02.声
03.ひょうひょうと
04.晩秋
05.コワレモノ
06.アカイヤミ
07.枝
08.覚醒
09.孤独を繋いで
10.シンフォニア
11.何処へ行く
12.グローリア



【通常盤】(CDのみ)
VICL-64966/¥2,000+税
<収録曲>
01.Running Away
02.儚き獣たち
03.閃光
04.がんじがらめ
05.情景泥棒
06.情景泥棒〜時空オデッセイ〜
07. 光の螺旋

◎店舗特典情報
下記CDショップチェーン店及びECサイトにて『情景泥棒』初回限定盤、通常盤をお買い上げの方に、特典を先着でプレゼント致します。
・タワーレコード全国各店/タワーレコードオンライン:「THE BACK HORNオリジナルステッカー(TOWER ver.)」
・TSUTAYA RECORDS 全国各店/TSUTAYA オンラインショッピング:「THE BACK HORNオリジナルステッカー(TSUTAYA ver.)」
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
・Amazon.co.jp:「THE BACK HORNオリジナルステッカー(Amazon ver.)」

『THE BACK HORN 結成20周年記念サイン会〜情景泥棒〜』

■下記タワーレコードの参加券配布対象店舗にて、『情景泥棒』初回限定盤、通常盤をお買い上げの方に、イベント参加券を先着で差し上げます。参加券をお持ちのお客様は『THE BACK HORN 結成20周年記念サイン会〜情景泥棒〜』にご参加頂けます。
■内容:サイン会
※サインをさせて頂くアイテム(大判ポストカードを予定)は主催者側で用意致します。
お持込による私物・色紙等へのサインは対応できませんので予めご了承ください。

<スケジュール>
3月8日(木)19:00スタート
タワーレコード池袋店 6F特設イベントスペース
参加券配布対象店:タワーレコード池袋店、秋葉原店、浦和店、吉祥寺店

3月9日(金)20:15スタート
タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース
参加券配布対象店:タワーレコード渋谷店

3月16日(金)20:00スタート
タワーレコード新宿店 7F特設カウンター
参加券配布対象店:タワーレコード新宿店

3月25日(日)12:00スタート
タワーレコード梅田大阪マルビル店 店内イベントスペース
参加券配布対象店:タワーレコード梅田大阪マルビル店、梅田NU茶屋町店、難波店

4月2日(月)19:00スタート
タワーレコード名古屋近鉄パッセ店 店内イベントスペース
参加券配布対象店:タワーレコード名古屋近鉄パッセ店、名古屋パルコ店

4月7日(土)13:00スタート
タワーレコード仙台パルコ店 店内イベントスペース
参加券配布対象店:タワーレコード仙台パルコ店

4月9日(月)18:30スタート
タワーレコード札幌ピヴォ店 店内イベントスペース
参加券配布対象店:タワーレコード札幌ピヴォ店

5月14日(月)18:30スタート
タワーレコード福岡パルコ店 店内イベントスペース
参加券配布対象店:タワーレコード福岡パルコ店、アミュプラザ博多店



【関連リンク】
THE BACK HORN、ミニアルバム『情景泥棒』の詳細を公開
THE BACK HORNまとめ
『永遠神剣』シリーズのライヴイベントに遠藤ゆりか、川村ゆみ出演決定

【関連アーティスト】
THE BACK HORN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, DVD, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, ミニアルバム

『永遠神剣』シリーズのライヴイベントに遠藤ゆりか、川村ゆみ出演決定
Wed, 07 Feb 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『永遠神剣・第3章 悠久のユーフォリア ハイレゾ・コンテンツBOOK VOL.1』の発売を記念して行なわれる初のライヴイベント『永遠神剣・第3章 悠久のユーフォリア 1st SWORD 〜READING DRAMAS & MUSIC LIVE〜』の最終追加キャストに、秩序の法皇テムオリン役の遠藤ゆりかと、ゲストとしてシンガーの川村ゆみが出演することが発表され、これで出演者全9名が揃った。

遠藤はこの作品の要となる役柄である秩序の法皇テムオリン役として参加しており、川村は『永遠神剣』シリーズ初期の作品である『永遠のアセリア』時代からテーマ曲などを含めた楽曲の歌唱を担当。また、数々のゲームやテレビアニメ主題歌や挿入歌、CMソングなども担当し、群を抜いた歌唱力は作品の枠を超えて多くのファンを魅了している。チケットは現在発売中なので、お早めにゲットしてほしい。

■『永遠神剣・第3章 悠久のユーフォリア 1st SWORD 〜READING DRAMAS & MUSIC LIVE〜』

日時:4月21日(土) 東京 白金高輪 SELENE b2
<2回公演>
1部 14:00開場 15:00開演
2部 17:30開場 18:30開演
<出演>
悠久のユーフォリア(CV:田中美海)
絶炎の刃を抱く少女ミューギィ・ファナン(CV:飯田里穂)
秩序の法皇テムオリン(CV:遠藤ゆりか)
冬月澪奈(CV:近藤玲奈)
蒼茫のユユ・ブルースピリット(CV:青山吉能)
奏界のベリナ・グリーンスピリット役(CV:秋場悠里)
遠香のフレラ・ブルースピリット(CV:中島由貴)
マルカ・オーレルア(CV:日岡なつみ)
ゲスト:川村ゆみ
※ 出演者は予告なく変更となる場合がございます。

<チケット>
オールスタンディング¥6,000(税込)※別途1drink代¥600
主催:SWORD\'S
企画・制作:オブジェクト
制作協力:Z+MUSIC
※未就学児童入場不可
■イープラス
http://eplus.jp/euphoria/
■ぴあ
http://w.pia.jp/t/euphoria/
■ローソン
http://l-tike.com/search/?lcd=71466

一般問い合わせアドレス:live@eienshinken.jp



【関連リンク】
『永遠神剣』シリーズのライヴイベントに遠藤ゆりか、川村ゆみ出演決定
遠藤ゆりかまとめ
川村ゆみまとめ
UNISON SQUARE GARDEN、「君の瞳に恋してない」MVフル公開

【関連アーティスト】
遠藤ゆりか, 川村ゆみ
【ジャンル】
ライブ・フェス, アニメ・声優, ニュース, シンガーソング・ライター, 発表, 声優, ゲーム, ライブ, 舞台

UNISON SQUARE GARDEN、「君の瞳に恋してない」MVフル公開
Wed, 07 Feb 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

UNISON SQUARE GARDENが、1月24日にリリースしたニューアルバム『MODE MOOD MODE』より「君の瞳に恋してない」のフルサイズMVが公開された。「君の瞳に恋してない」は、ピアノとホーンが入ったポップなメロディーと少し捻りのある歌詞が印象的な楽曲。MVでは、メンバーが巨大なスタジオ内に組まれた様々なセットを歩き、移動する中にいくつもの仕掛けがちりばめられており、まるでトリックアートを見ているような不思議な世界に引き込まれ、何回も繰り返しチェックしたくなるような映像に仕上がった。

また、バンドの公式YouTubeチャンネルでは、ニューアルバム『MODE MOOD MODE』から初回限定盤に収録のライヴ映像『UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2017-2018「One roll, One romance」at Zepp Tokyo 2017.11.16』より、「Silent Libre Mirage」「シュガーソングとビターステップ」、そしてアルバム全曲を少しずつ聴くことができる全曲視聴動画も公開されている。こちらも併せてチェックしてほしい。

■UNISON SQUARE GARDEN 公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC1uZYgOfncA-Gnk0GsLVK5A

アルバム『MODE MOOD MODE』

発売中



【初回限定盤A】(CD+Blu-ray)
TFCC-86635/¥5,500+税
【初回限定盤B】(CD+DVD)
TFCC-86636/¥4,800+税
【通常盤】(CDのみ)
TFCC-86637/¥2,800+税
<収録曲>
■CD
01.OwnCivilization (nano-mile met)
02.Dizzy Trickster
03.オーケストラを観にいこう
04.fake town baby
05.静謐甘美秋暮抒情
06.Silent Libre Mirage
07.MIDNIGHT JUNGLE
08.フィクションフリーククライシス
09.Invisible Sensation
10.夢が覚めたら(at that river)
11.10% roll, 10% romance
12.君の瞳に恋してない
■初回限定盤A/B付属Blu-ray・DVD
〈UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2017-2018『One roll, One romance』at Zepp Tokyo 2017.11.16〉
サンポサキマイライフ
徹頭徹尾夜な夜なドライブ
kid, I like quartet
MR.アンディ
シューゲイザースピーカー
リニアブルーを聴きながら
fake town baby
クロスハート1号線
flat song
ノンフィクションコンパス
メカトル時空探検隊
パンデミックサドンデス
僕らのその先
Session “One roll, One romance”
Silent Libre Mirage
10% roll, 10% romance
誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと
シュガーソングとビターステップ
23:25
Invisible Sensation
RUNNERS HIGH REPRISE
シャンデリア・ワルツ

◎初回限定盤&通常盤初回プレス分封入特典
『UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2018「MODE MOOD MODE」』全公演対象先行予約シリアルナンバー



【関連リンク】
UNISON SQUARE GARDEN、「君の瞳に恋してない」MVフル公開
UNISON SQUARE GARDENまとめ
ESP学園主催の無料ライブイベント『COLORS OSAKA’18』、3月3日になんばHatchにて開催!

【関連アーティスト】
UNISON SQUARE GARDEN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売

ESP学園主催の無料ライブイベント『COLORS OSAKA’18』、3月3日になんばHatchにて開催!
Wed, 07 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ESP学園主催で毎年新木場STUDIO COASTにて開催されている無料ライブイベント『COLORS』が、2017年『COLORS OSAKA』として大阪に初上陸。昨年に続き、2回目となるイベントが3月3日(土)に開催される。

Main StageにはPile、BUZZ THE BEARSのほかESP学園の出身アーティストのザ・フーパーズ -4roses-、Purple Stone、Mary\'s Bloodとゆかりあるアーティストが多数決定。Sub StageにもESP学園出身アーティストや在校生アーティスト達が出演し、イベントを大いに盛り上げる。

本イベントは入場無料。申込は2月19日(月)17:00までの招待制(抽選)となっているため、申込をお忘れなく!

『COLORS』は音楽・楽器・ダンス・声優の専門学校ESP学園の在校生、卒業したアーティストをバックアップする事を目的として東京で2003年よりスタート。イベントに携わるスタッフも業界で活躍するプロの卒業生スタッフと在校生が共同作業で実施・運営を行なうESP学園の完全パッケージイベントで、昨年の『COLORS OSAKA』ではGOOD4NOTHING、SILENT SIREN、BRIDGET、yonige、ReVision of Senceなどジャンルレスに様々なアーティストが多数出演。

当日は高校生限定のバックステージツアーも実施するとのことなので、音楽ファンだけでなく音楽業界に興味のある学生は要チェック!

■『ESP学園presents COLORS OSAKA’18』オフィシャルHP
http://www.esp.ac.jp/enter/colorsosaka/

■『ESP学園presents COLORS OSAKA’18』

2018年3月3日(土) 大阪・なんばHatch
開場16:00/開演17:00
入場無料(招待制) ※入場時に別途ドリンク代が必要です。
■観覧チケット応募締め切り
2月19日(月)17:00 まで

<出演者>
Main Stage:ザ・フーパーズ -4roses-、Pile、BUZZ THE BEARS、Purple Stone、Mary\'s Blood、<O.A>BLOSSOM(ESP学園ヴォーカル&パフォーマンスユニット)
Sub Stage:アイノート、MXIXC、藤井美琴、優利香

<高校生限定! バックステージツアーを開催!!>
話題のライブの舞台裏をのぞいてみよう!
観覧するだけではなく、舞台裏をのぞくことができる『COLORS OSAKA’18』バックステージツアーも実施!
一般の観客の方は絶対に入ることができないバックステージをたっぷり紹介。
ライブ本番のために準備が進むステージの様子もバッチリお見せします♪
マネージャー、イベンター、照明・音響などのスタッフはもちろんこと、ステージ上でパフォーマンスするアーティストやタレント志望の方にとっても貴重な体験になること間違いなし! 是非このチャンスをお見逃しなく。

■高校生限定バックステージツアー申込ページ
https://ssl.esp.ac.jp/osaka/colorsosaka_bst/



【関連リンク】
ESP学園主催の無料ライブイベント『COLORS OSAKA’18』、3月3日になんばHatchにて開催!
THE HOOPERSまとめ
Pileまとめ
BUZZ THE BEARSまとめ
Purple Stoneまとめ

【関連アーティスト】
THE HOOPERS, Pile, BUZZ THE BEARS, Purple Stone, Mary\'s Blood, BLOSSOM
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

RADWIMPS、「Mountain Top」配信開始&MV公開
Wed, 07 Feb 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月24日(土)に公開となる映画『空海―KU-KAI―美しき王妃の謎』の主題歌としても話題の、RADWIMPSの新曲「Mountain Top」が2月7日(水)よりiTunesほか主要配信サイトで先行配信スタート! 映画の映像で彩られた「Mountain Top」のMVも公開となった。

チェン・カイコー監督とで綿密なディスカッションを重ね書き下ろされた、儚くも壮大なこの主題歌は、国境と言葉の壁を越えて作品世界をさらに大きく彩っている。シングル「Mountain Top / Shape Of Miracle」は、世界的巨匠チェン・カイコー監督の日中共同製作映画『空海―KU-KAI―美しき王妃の謎』の主題歌・挿入歌の2曲を収録した両A面シングルで、RADWIMPSは本作のために主題歌「Mountain Top」と日本公開版挿入歌「Shape Of Miracle」を書き下ろした。今作はRADWIMPSにとって『君の名は。』以来となる映画主題歌で、日本・中国のみならず全世界から注目を集めている。また、メンバービジュアルと花をモチーフにした“CDサイズ アナザージャケット”が、今作の購入者対象特典として決定! こちらもぜひチェックしてほしい。

■「Mountain Top」配信URL
iTunes:http://po.st/radmt_it
レコチョク:http://po.st/radmt_re

シングル「Mountain Top / Shape Of Miracle」

2018年2月21日発売



【CD】
UPCH-80488/¥1,000+税
<収録曲>
1. Mountain Top
2. Shape Of Miracle



【7インチ・アナログ盤】(完全限定生産)
UPKH-30001/¥1,500+税
<収録曲>
1. Mountain Top
2. Shape Of Miracle
(ダウンロードコード封入/ダウンロード期限:2018年2月20日10:00〜2018年8月19日23:59)



【関連リンク】
RADWIMPS、「Mountain Top」配信開始&MV公開
RADWIMPSまとめ
DIR EN GREY、シングル「人間を被る」リリース決定

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 音楽配信

DIR EN GREY、シングル「人間を被る」リリース決定
Wed, 07 Feb 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DIR EN GREYが待望のニューシングル「人間を被る」を4月25日にリリースすることが決定した。2017年1月2日にベストアルバム『VESTIGE OF SCRATCHES』をリリースしたばかりのDIR EN GREYだが、新曲を含むシングルを発表するのは2017年7月27日発売の「詩踏み」から約1年9ヶ月ぶりのこと。通算29枚目のシングルとなる今作はCD単品の通常盤のほか、CD+DVDの初回生産限定盤、さらにCD+Blu-rayとCD+DVDの2仕様からなる完全生産限定盤の3形態が用意される。収録内容など詳細は未定ながら、4月16日からスタートする全国ツアー『TOUR18 真世界』の最中に発表されることもあり、ツアーではひと足早い披露にも期待したいところだ。

その2018年最初の全国ツアーとなる『TOUR18 真世界』は、4月16日から5月1日にかけて全国5都市で計7公演を実施予定。2016年6月から2017年10月にかけて行なわれた全国ツアーシリーズ『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________』にひと区切りをつけた彼らが、新たなツアーでどんなステージを見せるのか、新曲とともに楽しみにしておこう。

シングル「人間を被る」

2018年4月25日発売



【完全生産限定盤】
■CD+Blu-ray
SFCD-0222〜223/¥5,500+税
■CD+DVD
SFCD-0224〜225/¥4,500+税

【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SFCD-0226〜227/¥1,800+税

【通常盤】
SFCD-0228/¥1,200+税

Manufactured by FIREWALL DIV.
Distributed by Sony Music Marketing Inc.

※収録内容、タイトル表記及び仕様等は変更になる可能性がございます。
※完全生産限定盤・初回生産限定盤は、生産数量限定商品となります。確実にお買い求めいただくには、2018年3月18日(日)までにお取扱い店舗にてご予約くださいませ。

アルバム『VESTIGE OF SCRATCHES』

発売中



【初回生産限定盤】(3CD+Blu-ray)
SFCD-0211〜4/¥6,800+税
【初回生産限定盤】(3CD+DVD)
SFCD-0215〜8/¥5,800+税



【通常盤】(3CD)
SFCD-0219〜21/¥3,700+税

『DIR EN GREY TOUR18 真世界』

4月16日(月) 神奈川 CLUB CITTA\' -「a knot」only-
4月18日(水) 東京 新木場STUDIO COAST
4月19日(木) 東京 新木場STUDIO COAST
4月25日(水) 大阪 なんばHatch
4月26日(木) 大阪 なんばHatch
4月28日(土) 宮城 仙台銀行ホール イズミティ21
5月01日(火) 愛知 Zepp Nagoya
<開場/開演>
18:15 / 19:00
※4月28日(土)のみ、17:15 / 18:00
<チケット>
・1Fスタンディング/一般指定席 ¥6,500(税別)/¥7,020(税込)
・Exclusive Ticket(指定席・オリジナル特典付き)¥13,000(税別)/¥14,040(税込)
※4月18日(水)、19日(木)は、【2F指定席】または【2Fバルコニーエリア(スタンディング)】になります。
※4月16日(月)、4月25日(水)、26日(木)、5月1日(火)公演は、【2F指定席】になります。
※4月28日(土)は、【1F指定席中央部PA卓付近】になります。
<チケット先行情報>
■OFFICIAL FAN CLUB「a knot」会員先行 2次受付
[受付期間] 2018年2月14日(水)12:00〜2018年2月25日(日)23:59
※2018年2月1日時点有効会員様(2017年1月20日までにご入会・ご更新(ご入金)された方)が対象となります。
※「a knot」ご入会はコチラ
http://direngrey.co.jp/fc/

※上記スケジュールは変更となる可能性がございます。予めご了承ください。



【関連リンク】
DIR EN GREY、シングル「人間を被る」リリース決定
DIR EN GREYまとめ
家入レオ、東京・神戸・名古屋にてフリーイベント開催決定

【関連アーティスト】
DIR EN GREY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, シングル, リリース, ツアー

家入レオ、東京・神戸・名古屋にてフリーイベント開催決定
Wed, 07 Feb 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月21日(水)に約1年7ヶ月ぶりとなるオリジナルアルバム『TIME』をリリースする家入レオが、全国3箇所でフリーイベントを開催! アルバム発売当日となる2月21日(水)18時半より東京・ゲートシティ大崎アトリウムにて、発売週末となる2月25日(日)には12時から神戸ハーバーランド スペースシアター、17時からはエアポートウォーク名古屋で行なわれるので、詳しくはオフィシャルホームページをチェックしてほしい。

アルバム『TIME』は、日本テレビ系日曜ドラマ『愛してたって、秘密はある。』主題歌「ずっと、ふたりで」、LINE Clova CMソングでTBSテレビ系「CDTV」12月・1月度オープニングテーマの「Relax」、オフィシャルYoutubeにて公開されたショートフィルムが話題の新曲「春風」、大原櫻子・藤原さくらとのコラボレーションで配信限定でリリースされ話題となった「恋のはじまり」のリアレンジ&ソロ・バージョン、など全13曲が収録され、CDのみの通常盤に加えて、2017年秋に行なわれたZeppツアーの東京公演の模様を完全収録したDVD付属の初回限定盤A、「Relax」MV&メイキングムービー、「春風」MV&ショートフィルム、「恋のはじまり」レコーディング・ドキュメントなどを収録したDVD付属の初回限定盤Bの3形態でリリースされる。

また、2月10日(土)にはフジテレビ系「MUSIC FAIR」、2月17日(土)にはTBS系「CDTV」への出演も決定しているのでこちらも見逃せない。

■5th Album『TIME』リリース記念 スペシャルフリーイベント

2月21日(水) 東京・ゲートシティ大崎 アトリウム(地下1階)
※18:30START
※会場特設ブースCD販売開始時間:午前8:00
※会場施設のオープン時間は7:00です。7:00より前のご来場はお控えください。
※開館前にお待ちの頂く際は、ゲートシティ大崎3F正面入口にお並びください。
※JR大崎駅南改札口(新東口)より徒歩1分

2月25日(日) 兵庫・神戸ハーバーランド スペースシアター
※12:00 START
※会場特設ブースCD販売開始時間:午前10:00

2月25日(日) 愛知・エアポートウォーク名古屋 3Fイベントスペース
※17:00 START
※会場特設ブースCD販売開始時間:午前10:00
※10:00の開館をお待ちになるお客様は、「03公園側モールゲート」にお越しいただきお並びください。その他の入場口から直接3Fイベントステージにお越しいただいたお客様は「03公園側モールゲート」からご入場いただいたお客様の後のご案内となります。
※その他詳細はオフィシャルHPをご確認ください。

アルバム『TIME』

2018年2月21日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1311/¥4,900+税
<収録曲>
■CD
01.ずっと、ふたりで
02.春風
03.Relax
04.恋のはじまり
05.TOKYO
06.アフターダーク
07.ファンタジー
08.ありきたりですが
09.だってネコだから
10.パパの時計
11.微熱
12.祈りのメロディ
13.大事なものすべて
■DVD
〈家入レオ 5th Anniversary Live at Zepp 2017.9.7 at Zepp DiverCity〉
サブリナ
lost in the dream
Kiss Me
Silly
Party Girl
恍惚
Lay it down
君がくれた夏
love & hate
イジワルな神様
ひと夏の経験
少女A
だってネコだから
純情
Bless You
Hello To The World
僕たちの未来
Shine
ずっと、ふたりで
サブリナ



【初回限定盤B】(CD+DVD)
VIZL-1312/¥3,500+税
<収録曲>
■CD
01.ずっと、ふたりで
02.春風
03.Relax
04.恋のはじまり
05.TOKYO
06.アフターダーク
07.ファンタジー
08.ありきたりですが
09.だってネコだから
10.パパの時計
11.微熱
12.祈りのメロディ
13.大事なものすべて
■DVD
「Relax」Music Video&「Relax」Making Movie
「春風」Music Video&「春風」Short Film
「恋のはじまり」Recording Document



【通常盤】(CDのみ)
VICL- 64927/¥3,000+税
<収録曲>
01.ずっと、ふたりで
02.春風
03.Relax
04.恋のはじまり
05.TOKYO
06.アフターダーク
07.ファンタジー
08.ありきたりですが
09.だってネコだから
10.パパの時計
11.微熱
12.祈りのメロディ
13.大事なものすべて

『家入レオ 6th Live Tour 2018』

5月03日(木・祝) 東京・オリンパスホール八王子
5月12日(土) 大阪・大阪国際会議場 メインホール
5月13日(日) 大阪・大阪国際会議場 メインホール
5月19日(土) 広島・上野学園ホール
5月20日(日) 香川・サンポートホール高松 大ホール
5月26日(土) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
6月01日(金) 北海道・札幌市教育文化会館 大ホール
6月02日(土) 北海道・音更町文化センター
6月09日(土) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
6月16日(土) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
<チケット>
指定席¥6,000(税込)
※3歳以下入場不可/4歳以上チケット必要
※客席を含む会場内の映像・写真が公開されることがありますので予めご了承ください。



【関連リンク】
家入レオ、東京・神戸・名古屋にてフリーイベント開催決定
家入レオまとめ
AKB48、初の成人式コンサートは艶やかな着物姿で圧巻

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シンガーソング・ライター, アルバム, リリース

AKB48、初の成人式コンサートは艶やかな着物姿で圧巻
Wed, 07 Feb 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

■「黄金世代」による 初の成人式コンサート

2018年1月14日、TOKYO DOME CITY HALLにてAKB48グループで新成人となったメンバー39人で『成人式コンサート〜大人になんかなるもんか〜』が開催された。10年以上のAKB48グループの歴史の中でも成人式メンバーによるコンサートは初の試みだった。

コンサートに出演したのは1月8日に神田明神で成人式を行ったばかり。今年はAKBグループの成人式でも過去最多の41人が参加した(コンサートはAKB48加藤玲奈とHKT48冨吉明日香が休演のため39人)。AKB48グループの成人式では毎年恒例となっている「◎◎世代」という質問に対して、HKT48の宮脇咲良は「私たちは黄金世代!そう呼んでもらえるように頑張りたい。AKBの全盛期をもう一度、このメンバーで作っていく」と意気込みを語っていた。

他にも成人式では、2017年の総選挙で4位だった宮脇は「今年の総選挙は本気で1位を狙う」と宣言すると、同じく成人メンバーで2017年12位だったNMB48の白間美瑠も「私も狙う」と対抗していたのが印象的だった。

■晴れ着姿で始まる圧巻の 成人式コンサート

コンサートのオープニング映像ではメンバーの幼少期の頃の写真も披露された。そして冒頭からメンバー全員が着物姿で登場し、パフォーマンスを披露。立て続けに「ふりそでーしょん」、「涙サプライズ」、「希望的リフレイン」(宮脇咲良と向井地美音がセンター)、「ワロタピーポー」(白間美瑠がセンター)と成人式メンバーがセンターを務めるグループの楽曲を披露。39人の艶やかな着物姿でのダイナミックなパフォーマンスは圧巻だった。

その後のMCではチーム8の佐藤栞(新潟)が司会を務めた。2000人以上の会場の観客や全国31カ所の映画館での観客を前でも堂々としながら、持ち前のトーク力と笑顔で多くのメンバーを纏め、MCを仕切る姿も印象的だった。また佐藤栞は激しいダンス楽曲「野蛮な求愛」では華麗なダンスを披露するなど、39人もいる大人数のステージの中でも目立った存在だった。

■グループごとに 職業コスプレでのパフォーマンス

また、成人式で大人の仲間入りをしたということで、グループごとに、アイドル以外の様々な職業のコスプレでパフォーマンスを繰り広げた。AKB48はパティシエの衣装で「スイート&ビター」、SKE48はOLで「美しい稲妻」、NGT48は保母さんで「幼稚園の先生」、STU48はアナウンサーで「雨の動物園」、HKT48は看護師で「Ambulance」、チーム8はウェイトレスで「青空カフェ」、NMB48は警察官で「ピーク」を披露。ふだんは観られない衣装に会場も沸いていた。

チーム8は楽曲中に皿投げを披露。清水麻璃亜は終演後に自身のトークアプリ755で「お皿投げ成功して良かった。一度もパーフェクトなったことなかったのに本番でパーフェクトって本当チーム8素敵」と裏話を語っていた。

その後のグループをシャッフルしたユニットパートも成人をイメージした演出で「おしべとめしべの夜の蝶々」といった大人びた曲や「鏡の中のジャンヌ・ダルク」といった決意を表す曲、HKT48森保まどかのピアノ演奏、STU48の瀧野由美子のサックス演奏に合わせて、チーム8の小田えりな(神奈川)やAKB48高橋朱里、HKT48の神志那結衣らがSDN48の「愛よ動かないで」を披露するなど、大人っぽい楽曲が続き、会場を魅了していた。

グループの中でも圧倒的な歌唱力を誇る小田えりなは「愛よ動かないで」について、終演後に755で「正直全員で合わせられたのが本番前二回だけで… 緊張や不安や… わたしの実力不足もあり… 本当に自信がなくて。でも、気持ちを込めて歌いました!気持ちだけで歌いました!」と思いを語っていた。

また、チーム8の舞木香純(福島)と廣瀬なつき(高知)は「君と僕の関係」を披露。既に卒業発表をしている2人でのパフォーマンスに会場も多いに盛り上がっていた。

■「私たちは“今”を 引っ張っていきたい!」

コンサートの最後に成人式メンバーとして今年の抱負を聞かれると、チーム8の大西桃香(奈良)は「黄金世代の中の黄金メンバーになりたい」と語った。またAKB48の向井地美音は、「フレッシュオールスターズのみんなはAKB48の“未来”を引っ張っていくと思うが、私たちは“今”を引っ張っていきたい!」と力強く宣言した。

ラストには「LALALAメッセージ」にのせて、それぞれの二十歳の夢や目標、ファンへのメッセージがモニターに映し出されコンサートが幕を閉じた。とにかく着物姿でのパフォーマンスが圧巻で印象的だった成人式コンサート。来年の成人式メンバーでも観たいものだ。

(c)AKS



【関連リンク】
AKB48、初の成人式コンサートは艶やかな着物姿で圧巻
AKB48まとめ
星野源、シングル「ドラえもん」の収録曲など全貌を公開

【関連アーティスト】
AKB48
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, AKB, ライブレポ

星野源、シングル「ドラえもん」の収録曲など全貌を公開
Wed, 07 Feb 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

テレビ朝日系『ミュージックステーション』で、新曲「ドラえもん」をテレビ初披露した星野源。放送直前の『ミニステ』で、ドラえもんとの共演も話題となり、映画の公開とリリースへの期待が高まる中、ついにシングル作品としての全貌が明らかとなった。

気になる収録曲は、既に発表されている「ドラえもん」をはじめ、遊び心がたっぷりと詰まった全4曲。2曲目には『映画ドラえもん のび太の宝島』の為に書き下した映画挿入歌「ここにいないあなたへ」を収録。映画の世界観とマッチしたアコースティックなバラードとなっている。また、3曲目に収録される「The Shower」は、思春期の女の子をイメージして描かれた歌詞と、生演奏にこだわり新しい試みを行った意欲的な作品。そして4曲目には星野の作品ではおなじみの自宅録音“House ver.”となっており、今回は初のカヴァーであの名曲「ドラえもんのうた」を収録! 星野の包み込むような歌声は、まるで子守唄のような優しいアレンジに仕上がっている。星野曰く、「ドラえもん(CV:水田わさび)が自宅録音の作業中に遊びに来て参加してくれた」とのこと。4曲を通して、星野源の“遊び心”が詰まった最新シングルは音楽ファンのみならず、すべて世代のドラえもんファンにもたまらない1枚となりそうだ。

さらに、初回限定盤に付属する特典DVD「ViVi Video」の詳細も発表された。今回は2本立ての内容となっており、ひとつめは星野源のツアーでも大活躍のあの男“ニセ明”が、なぜか世界進出に向けて制作を行った“PR映像”とそのメイキングを収録。“PR映像”の内容もさることながら、その爆笑必至の制作の裏側に迫ったメイキングムービーは必見の内容となっている。そしてもうひとつは、2016年に開催された『テレビ朝日ドリームフェスティバル』にて披露した、一夜限りのライブ厳選映像を収録! ギター1本での弾き語りで演奏された、レアなライブ映像を含め約70分の特典映像となっている。さらに恒例となった星野と彼の友人によるオーディオコメンタリーも収録されるなど総尺約140分の充実した内容が詰まっている初回限定盤は、ぜひ早めにご予約を!

■シングル「ドラえもん」作品特設サイト
http://www.hoshinogen.com/special/doraemon/

シングル「ドラえもん」

2018年2月28日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1346/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
VICL-37373/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.ドラえもん
2.ここにいないあなたへ
3.The Shower
4.ドラえもんのうた(House ver.)
■DVD『ViVi Video』※初回限定盤のみ
・ニセ明をスキーに連れてって。
・厳選弾き語りライブ映像(テレビ朝日ドリームフェスティバル)を収録!
収録曲:化物/地獄でなぜ悪い/恋/SUN ※星野源と友人によるコメンタリー付

シングル「ドラえもん」予約・購入特典詳細

シングル「ドラえもん」を、ご予約・ご購入の方に、先着で“星野源『ドラえもん』オリジナルA5クリアファイル”をプレゼントいたします!
・Atype
タワーレコード 全国各店 / タワーレコードオンライン
・Btype
TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング ※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
・Ctype
HMV 全国各店 / HMV&BOOKS online
・Dtype
Amazon.co.jp
※Amazon.co.jp では、特典つき商品のカートがアップされます。
特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。
・Etype
◆WonderGOO全国各店 / 新星堂全国各店 / 新星堂WonderGOO楽天市場店 (一部取扱いの無い店舗がございます。)
◆山野楽器 全国CD/DVD取扱い店舗 / 山野楽器オンラインショップ
◆Rakutenブックス
※Rakutenブックスでは、特典つき商品のカートがアップされます。
特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。
◆セブンネットショッピング
◆A!SMART
◆ビクターエンタテインメント オンラインショップ
◆以下店舗
ネオウィング
JEUGIA 全国各店
イケヤ沼津イシバシプラザ店
イケヤ MARK IS 静岡店
イケヤ 高林店
イケヤ プレ葉ウォーク浜北店
イケヤ 浜松志都呂店
イケヤ イオン小牧店
イケヤ サンテラス掛川店
松木屋エルパ店
その他対象店舗(ビクターオフィシャルサイトhttp://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A023121/173.html にて随時発表)
※特典typeにより、絵柄は異なります。
※特典は無くなり次第終了となります。
※一部お取扱いの無い店舗等もございますので、詳しくはお近くの店舗へお問い合わせ下さい。
※対象店は随時追加となります。



【関連リンク】
星野源、シングル「ドラえもん」の収録曲など全貌を公開
星野源まとめ

【関連アーティスト】
星野源
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 発表, アニメ, 映画













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1