歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年02月02日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
BUMP OF CHICKEN、全国ツアーの振替日程決定&ファイナル公演で映像作品を販売
Fri, 02 Feb 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BUMP OF CHICKENが開催を見合わせた全国ツアー『BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER』のマリンメッセ福岡2DAYSの振替公演日程が、3月17日(土)18日(日)に決定した。発券済みのチケットはそのまま有効となるが、残念ながら振替公演に来場できない場合は2月3日(土)〜12日(月・祝)の期間に払い戻しも受け付けるとのこと。払い戻し方法はチケットの購入方法によって異なるので、詳細はバンドのオフィシャルサイトでチェックしてほしい。

また、さいたまスーパーアリーナ2DAYSで販売される限定グッズも発表! ラインナップはファイナルロゴの入ったツアーTシャツ、ロングスリーブTシャツに加え、ツアーパンフレット、映像作品『BUMP OF CHICKEN PATHFINDER LIVE AT STUDIO COAST』Blu-ray盤とDVD盤。このうち映像作品は、今ツアーの11月9日に開催した新木場STUDIO COAST公演2日目の模様を収めたもの。『TOUR 2017-2018 PATHFINDER』の興奮が早くもパッケージで楽しめる、ファン垂涎の作品だ。なお、本作品はCDショップ店頭では販売されないので、購入を希望する人は埼玉公演のグッズ販売コーナーに足を運んでみよう。埼玉公演のグッズ販売は両日とも朝10:00からスタートする。

Live photo by 富永よしえ

■【振替公演】

3月17日(土) 福岡 マリンメッセ福岡
3月18日(日) 福岡 マリンメッセ福岡

『BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER』

2月10日(土) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
2月11日(日・祝) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
3月17日(土) 福岡 マリンメッセ福岡 <振替公演>
3月18日(日) 福岡 マリンメッセ福岡 <振替公演>

Blu-ray&DVD『BUMP OF CHICKEN PATHFINDER LIVE AT STUDIO COAST』

2018年2月10日(土)発売
※『BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER』埼玉公演限定販売



【Blu-ray盤】(1BD)
PPTF-7017/¥4,000(税込)
【DVD盤】(1DVD)
PPTF-1027/¥3,000(税込)
※収録内容同一/Approx. 80min.
※本作品はCDショップ店頭での販売はありません。
<収録内容>
01. pathfinder
02. GO
03. 天体観測
04. ray
05. 記念撮影
06. pinkie
07. 花の名
08. グングニル
09. ラフ・メイカー
10. 虹を待つ人
11. fire sign
12. リボン
13. ガラスのブルース
<ボーナス映像>
・ダイヤモンド



【関連リンク】
BUMP OF CHICKEN、全国ツアーの振替日程決定&ファイナル公演で映像作品を販売
BUMP OF CHICKENまとめ
GANG PARADE、「とろいくらうに食べたい」フル音源公開&アドトラック運行決定

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

GANG PARADE、「とろいくらうに食べたい」フル音源公開&アドトラック運行決定
Fri, 02 Feb 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSのアヤ・エイトプリンスを期間限定でメンバーに迎え、7人体制で活動を行なうGANG PARADE。そのアヤ・エイトプリンスのGANG PARADEとしてのラスト作となる、彼女たちの2018年第一弾シングル「BREAKING THE ROAD」が2月20日(火)に発売となるが、今回そのカップリングとなる「とろいくらうに食べたい」のフル音源が公開された。また、OTOTOYでは無料ダウンロード配信も行なわれる。

加えて、2月13日(火)から東京・渋谷エリアでのセンター街BGMおよびフラッグの掲出、2月19日(月)同じく渋谷エリアでのアドトラックの運行が行なわれ、BGMには「とろいくらうに食べたい」が起用されるとのこと。シングルのリリース週にあたる2月23日(金)に行なわれる自信最大規模となるマイナビBLITZ赤坂でのワンマンライブのパフォーマンスにも期待だ。

■「とろいくらうに食べたい」
ototoy:https://ototoy.jp/_/default/p/94865
Soundcloud:https://soundcloud.com/gangparade

シングル「BREAKING THE ROAD」

2018年2月20日発売



TPRC-0198/¥1,000+税
<収録曲>
1.BREAKING THE ROAD
2.とろいくらうに食べたい
3.BREAKING THE ROAD(inst)
4.とろいくらうに食べたい(inst)

ワンマンライブ『BREAKING THE ROAD TOUR』

2月03日(土) 福岡 DRUM SON
2月04日(日) 広島 Back Beat
2月11日(日) 新潟 CLUB RIVERST
2月17日(土) 札幌 BESSIE HALL
2月23日(金) 東京 マイナビBLITZ赤坂



【関連リンク】
GANG PARADE、「とろいくらうに食べたい」フル音源公開&アドトラック運行決定
GANG PARADEまとめ
米津玄師、10月に幕張メッセ公演決定

【関連アーティスト】
GANG PARADE
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, シングル, リリース, 発売, 配信, 音楽配信

米津玄師、10月に幕張メッセ公演決定
Fri, 02 Feb 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

米津玄師が2018年10月に自身最大規模の幕張メッセ公演を開催することが決定した。また、3月14日に発売するニューシングル「Lemon」の初回特典として、チケット最速先行抽選応募券が封入されることも発表され、2018年1月に約70,000人を動員したツアーを経て米津玄師がどのようなステージを繰り広げていくのか期待が高まる。

チケットの申込期間は3月13日(火)12:00〜3月18日(日)23:59までとなり、シングル「Lemon」のレモン盤・映像盤・通常盤・全形態の初回プレス分にチケット最速先行抽選応募券が封入される。なお、シングル「Lemon」の映像盤には、米津玄師としては初のライブ映像となる『米津玄師 2018 LIVE / Fogbound』1月10日・日本武道館公演が収録されることも発表になっているので、早めの予約をおすすめする。

■『米津玄師 2018 LIVE』

10月27日(土) 千葉県 幕張メッセ 国際展示場ホール1〜3
10月28日(日) 千葉県 幕張メッセ 国際展示場ホール1〜3
※ライブの正式タイトルは未決定となります

シングル「Lemon」

2018年3月14日発売



【レモン盤(初回限定)】(CD+レターセット)
SRCL-9745〜9746/¥2,000+税
【映像盤(初回限定)】(CD+DVD)
SRCL-9747〜9748/¥1,900+税
【通常盤】(CD)
SRCL-9749/¥1,200+税
<収録曲>
■CD ※全形態共通
1.Lemon
他、計3曲収録予定
■DVD ※映像盤のみ
『米津玄師 2018 LIVE / Fogbound』1月10日@日本武道館公演
砂の惑星
春雷
LOSER
ゴーゴー幽霊船
???
ピースサイン
打上花火
灰色と青(+菅田将暉)
・Music Video
春雷
灰色と青(+菅田将暉)

◎全形態共通・初回封入 ※初回生産分のみ封入、なくなり次第終了となります。
米津玄師 2018 LIVE チケット最速先行抽選応募券
応募期間:3月13日(火)12:00〜3月18日(日)23:59



【関連リンク】
米津玄師、10月に幕張メッセ公演決定
米津玄師まとめ
FLOWER FLOWER、2ndアルバム『スポットライト』を3月にリリース決定

【関連アーティスト】
米津玄師
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, シングル, チケット

FLOWER FLOWER、2ndアルバム『スポットライト』を3月にリリース決定
Fri, 02 Feb 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

FLOWER FLOWERが、3月14日に2ndアルバム『スポットライト』をリリースすることをオフィシャルHPにて発表! YouTubeにはアルバムの収録曲が使用された映像もアップされた。3年半ぶりとなる本作は、すでにライブで披露されその歌詞の内容が波紋を呼んでいた「コーヒー」、FLOWER FLOWERとしての活動初期にデモが制作されていたという「パワフル」「踊り」などを含む、全12作の未発売曲で構成される。yuiは「新しいアルバムの完成です!すごいものが出来た!と思っています。メンバーとも話し合いながら制作をして良い時間になりました。どんな風に聴いてもらえるのかドキドキもしますが、その目で、耳で感じていただけたら嬉しいです」とコメントしているとのこと。

FLOWER FLOWERはシンガーソングライターとしての活動を休止したYUIが、名前を小文字のyui(Vo&Gu)として、声をかけ集まったメンバーmafumafu(Ba)、sacchan(Dr)、mura☆jun(Key)の4名で構成されたバンド。大型フェスへの出演や全国ツアーを行い、2014年にはファーストアルバムをリリースしたが、その後活動のペースをゆるやかにしていた。2017年に入りフェス等への出演を再開、ツアーも行ない、未発表の新作も披露するなど活発な動きをし始め、ついにアルバムの発表に至った。さらに、3月25日からニューアルバムを引っ提げてのワンマンツアーも予定しているのでお楽しみに!

アルバム『スポットライト』

2018年3月14日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9685〜86/¥3,700(税込)
※初回生産限定盤仕様:三方背ケース、デジパック、24Pのスペシャルフォトブックレット、2017年12月25日に渋谷クラブクアトロで行われたライブ映像他
【通常盤】(CD)
SRCL-9687/¥3,240(税込)
<収録曲>
■CD
01.命
02.パワフル
03.コーヒー
04.あなたと太陽
05.地図
06.塵
07.アイス
08.踊り
09.産声
10.時計
11.小さな窓
12.日常

『FLOWER FLOWER インコのhave a nice dayツアー』

3月25日(日) 大阪・大阪城音楽堂
4月01日(日) 東京・日比谷野外大音楽堂
4月10日(火) 福岡・DRUM LOGOS
4月16日(月) 東京・Zepp Tokyo
4月19日(木) 愛知・Zepp Nagoya
4月23日(月) 大阪・Zepp Osaka Bayside
4月26日(木) 北海道・Zepp Sapporo
4月30日(月・祝) 宮城・仙台PIT



【関連リンク】
FLOWER FLOWER、2ndアルバム『スポットライト』を3月にリリース決定
FLOWER FLOWERまとめ
SHE\'S、「aru hikari」が映画『犬猿』の劇中歌に起用

【関連アーティスト】
FLOWER FLOWER
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売

SHE\'S、「aru hikari」が映画『犬猿』の劇中歌に起用
Fri, 02 Feb 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SHE\'Sが、2017年6月にリリースしたミニアルバム『Awakening』に収録されている「aru hikari」が、2月10日より公開の映画『犬猿』の劇中歌に決定した。映画『犬猿』は人気コミック『ヒメアノ〜ル』を映画化し、独自の切り口で心の闇を描き国内外から大絶賛を浴びた日本映画界の鬼才・吉田恵輔監督のオリジナル最新作。兄弟・姉妹の関係に変化が訪れ、衝突がエスカレートしていくさまを描いた人間ドラマとなっており、窪田正孝、新井浩文、お笑いコンビ・ニッチェの江上敬子、筧美和子などがキャストに名を連ねる作品である。今回起用された楽曲「aru hikari」が劇中のどこにどんな形で登場するのか、ぜひ劇場に足を運んでみてほしい。

また、2月7日(水)から全国20都市で行なわれる『SHE\'S Tour 2018 “Wandering”』が松本ALECX公演を皮切りにスタートする。ツアー初日はBIGMAMAとの対バンとなり、チケットは既にソールドアウト。他公演でもチケットのソールドアウトが出てきているので迷っている人は早めにチェック!

『SHE\'S Tour 2018 “Wandering”』

<対バン>
2月07日(水) 松本ALECX w/BIGMAMA
2月09日(金) 神奈川F.A.D YOKOHAMA w/go!go!vanillas
2月11日(日) 栃木 HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2 w/WEAVER
2月14日(水) 滋賀U☆STONE w/Czecho No Republic
2月15日(木) 神戸VARIT. w/Czecho No Republic
2月17日(土) 三重 松阪M\'AXA w/片平里菜
2月19日(月) 京都MUSE w/androp
2月21日(水) 浜松 窓枠 w/片平里菜
2月24日(土) 盛岡CLUB CHANGE WAVE w/TOTALFAT
2月25日(日) 郡山HIP SHOT JAPAN w/TOTALFAT
<ワンマン>
3月02日(金) 福岡 DRUM LOGOS
3月03日(土) 広島 クラブクアトロ
3月09日(金) 岡山 YEBISU YA PRO
3月11日(日) 大阪 なんばHatch
3月17日(土) 金沢 AZ
3月18日(日) 新潟 NEXS
3月21日(水) 札幌 ペニーレーン24
3月23日(金) 仙台 darwin
3月31日(土) 名古屋 ダイアモンドホール
4月01日(日) 東京 EX THEATER ROPPONGI

■ツアー特設HP
http://she-s.info/shes-tour2018/



【関連リンク】
SHE\'S、「aru hikari」が映画『犬猿』の劇中歌に起用
SHE\'Sまとめ
雨のパレード、アルバム『Reason of Black Color』の全貌を解禁

【関連アーティスト】
SHE\'S
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 映画

雨のパレード、アルバム『Reason of Black Color』の全貌を解禁
Fri, 02 Feb 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

雨のパレードが、3月14日(水)に発売する現在制作中のニューアルバムの全容を明らかにし、モノクロのアートワークを公開! 同時にそのアートワークを生かしたCD購入者特典も発表された。メジャーデビュー以降3枚目となるオリジナルアルバムのタイトルは『Reason of Black Color』。多様な音楽性が混じり合いながらも、雨のパレード色一つとなる、最先端かつ王道なポップミュージックを体現できる作品となっている。初のドラマタイアップとなった先行シングル「Shoes」(テレビ東京系ドラマ24「下北沢ダイハード」エンディングテーマ)「What\'s your name?」(日本テレビ・Hulu「漫画みたいにいかない。」主題歌)をはじめ、オルタナティヴR&BやTrapサウンドを積極的に取り入れた「Reason of Black Color」、エレクトロダンス・アンセム「Dive」、ストリングジアレンジを施し叙情性を極めたクラシカルなロックバラード「MARCH」(フジテレビONE TWO NEXT「ザ・ブラックカンパニー」主題歌)「You & I」、トランペットにタブゾンビ(SOIL&“PIMP” SESSIONS)をフィーチャーしたジャジーチルアウト「Hometown」など、初めてゲストミュージシャンを招き入れ、生のバンドアンサンブルのみに捉われないスタイルで制作したバンドの深化も感じられるアルバムとなった。

本作のアルバムジャケットは、タイトルのBlack Colorを一層強く印象づけるグラフィック紋様。この模様は、「いろんな色(の曲)が混ぜ合わされてゆくと最後には黒くなる」というテーマをヒントに最新のアーティスト写真を使って、4人の個性(=4色)が歪みながらも混じり合い練り合わされていくように加工してゆき、そこで産まれる偶然性を狙ったデザインとなっている。そのアイディアと手法も実験的で、独自の音楽性と共にそのアートワークも感じてほしい。

CDの初回生産限定盤には2017年9月24(日)に行われた新木場スタジオコーストでのライブ映像を余すことなく収録したDVDが特典として付属しており、CD購入者にはジャケットと同様の手法でメンバー個人個人の写真を基に作成されたオリジナルステッカーがそれぞれ各チェーン店別に用意されることも発表。レアなアイテムが手に入るチャンスとなっているので、ご購入はお早めに!

■【福永浩平 コメント】

「雨のパレードといえばイメージカラーが黒色だと思います。今作は、僕たちが日頃から影響を受けているインディーR&BやTrap、Hiphop、チルアウト系といった楽曲から、ロック、ポップス、ダンスミュージックの普遍的なポップミュージックまで自分たちの中にあったいろんな色たちをそれぞれより濃く表現した作品に仕上がりました。全ての色を混ぜたら絵の具では黒になります。アルバムタイトルは「Reason of Black Color」(黒色の理由)にしました。ジャケットのマーブル部分はアー写の僕らをぐちゃぐちゃに混ぜたものです。今の僕らがやりたいことが全て詰まった過去最高傑作だと思います。このアルバムを聴いて雨のパレードに染まって欲しいです」

アルバム『Reason of Black Color』

2018年3月14日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1297/¥3,800+税
※三方背ブックケース仕様
<収録曲>
■CD
01.Reason of Black Color
02.Dive
03.Horizon
04.GOLD
05.Shoes
06.ice
07.(soda)
08.Hometown feat. Tabuzombie (from SOIL&“PIMP”SESSIONS)
09.You&I
10.What\'s your name? (plus strings ver.)
11.H.Apartment
12.Hwyl
13.#556b2f
14.MARCH
■DVD
Live at TOKYO-SHINKIBA STUDIO COAST 2017.9.24
01.new place
02.1969
03.encore
04.Focus
05.Shoes
06.Thunderbird
07.Voice
08.寝顔
09.Take my hand
10.You
11.morning
12.Hey Boy,
13.Change your mind
14.Count me out
15.Stage
-encore-
En1.Tokyo
En2.Petrichor



【通常盤】(CD)
VICL-64916/¥2,800+税
<収録曲>
■CD
01.Reason of Black Color
02.Dive
03.Horizon
04.GOLD
05.Shoes
06.ice
07.(soda)
08.Hometown feat. Tabuzombie (from SOIL&“PIMP”SESSIONS)
09.You&I
10.What\'s your name? (plus strings ver.)
11.H.Apartment
12.Hwyl
13.#556b2f
14.MARCH
※iTunes Store、Spotify他主要配信サイトおよび定額制聴き放題サービスで同日配信開始

◎購入者特典
アルバム『Reason of Black Color』を下記店舗にてご予約・ご購入いただいた方に先着で、各チェーン毎に異なるオリジナルステッカーをプレゼント致します。
■タワーレコード全国各店 / タワーレコードオンライン限定特典
・「A of Black Color」オリジナルステッカー
■TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング限定特典
(TSUTAYAオンラインショッピングはご予約分のみ対象となります。)
・「B of Black Color」オリジナルステッカー
■HMV全国各店 / HMV&BOOKS online限定特典
・「C of Black Color」オリジナルステッカー.
■Amazon.co.jp限定特典
・「D of Black Color」オリジナルステッカー
※特典はなくなり次第終了となります。
※一部、特典の取り扱いのない店舗もございます。店舗にて予めご確認ください。
※特典の内容・デザインは予告なく変更する場合がございます。



【関連リンク】
雨のパレード、アルバム『Reason of Black Color』の全貌を解禁
雨のパレードまとめ
LUNA SEA、ライブ映像で構成された「Hold You Down」のMV解禁

【関連アーティスト】
雨のパレード
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売

LUNA SEA、ライブ映像で構成された「Hold You Down」のMV解禁
Fri, 02 Feb 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LUNA SEAが全国ツアー幕開けに合わせ、最新アルバム『LUV』のリードトラック「Hold You Down -Live film remix-」のライブ映像を公開した。こちらは、2017年のクリスマスに開催された、さいたまスーパーアリーナ公演のライブ映像を使用して再編集されたMVとなっている。

また、メンバーSUGIZO(Gt&Violin)のインフルエンザ発症により、ツアー初日の松戸2公演が中止(その後、振替公演が決定)となったが、2月2日にオフィシャルHPで発表されたように、2月3日(土)のカルッツかわさき公演より完全復活し、事実上の全国ツアー開幕を迎えることも告げられた。そんなタイミングで届いたこのサプライズ映像は、各地でLUNA SEAを心待ちにしているファンへ向けての感謝の表れであると共に、ツアー再開へ向けて期待感高まる内容となっている。是非この作品を通じてメンバーと想いを一つにして、全国ツアーの開幕を迎えてほしい!

■【SUGIZO コメント】

「皆様、ご心配おかけしました。そして本当にご迷惑をおかけしました。SUGIZO無事生還し、明日の川崎公演より復活します。スタートが1週間遅れてしまいましたが、ここからファイナルまで、そして松戸の振り替え公演まで、最高、最幸のツアーにするべく全力で、全霊で邁進してまいります。改めてこのLUVツアーを、そして2018年のLUNA SEAを宜しくお願い致します」

『LUNA SEA LIVE TOUR 2018 The LUV -World left behind-』

2月03日(土) 神奈川・カルッツかわさき
2月04日(日) 神奈川・カルッツかわさき
2月10日(土) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
2月11日(日) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール 
2月24日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
2月25日(日) 宮城・仙台サンプラザホール
3月03日(土) 石川・本多の森ホール
3月04日(日) 石川・本多の森ホール
3月10日(土) 茨城・茨城県立県民文化センター
3月11日(日) 茨城・茨城県立県民文化センター
3月17日(土) 広島・上野学園ホール
3月18日(日) 広島・上野学園ホール
3月24日(土) 大阪・フェスティバルホール 
3月25日(日) 大阪・フェスティバルホール
3月31日(土) 福岡・福岡サンパレス
4月01日(日) 福岡・福岡サンパレス 
5月23日(水) [千葉] 松戸・森のホール21 <1/27振替公演>
5月24日(木) [千葉] 松戸・森のホール21 <1/28振替公演>



【関連リンク】
LUNA SEA、ライブ映像で構成された「Hold You Down」のMV解禁
LUNA SEAまとめ
デレク&ザ・ドミノズ結成のきっかけとなったライヴ盤の傑作がデラニー&ボニー&フレンズの『オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン』だ

【関連アーティスト】
LUNA SEA
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

デレク&ザ・ドミノズ結成のきっかけとなったライヴ盤の傑作がデラニー&ボニー&フレンズの『オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン』だ
Fri, 02 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

本作『オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン』は、エリック・クラプトンのソロデビュー作『エリック・クラプトン』(‘70)、ジョージ・ハリスンのソロデビュー作『オール・シングス・マスト・パス』(’70)、デイブ・メイスンの『アローン・トゥゲザー』(‘70)、ジョー・コッカーの『マッド・ドッグス&イングリッシュメン』(’70)等と参加メンバーがほぼ同じで、デラニー&ボニー&フレンズにクラプトンがゲスト参加したかたちで録音されたイギリスツアー時のライヴ盤である。ライヴならではの臨場感と熱気が十分に感じられるロック史に残るアルバムのひとつである。

■ジョージ・ハリスンと エリック・クラプトン

ザ・バンドが1968年にリリースしたデビュー作『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』はロック史上最高のアルバムの一枚であり、このアルバムに大きな影響を受けたのがブリティッシュロッカーのエリック・クラプトンとジョージ・ハリスンである。ザ・バンドに骨抜きにされたクラプトンはクリームを解散し、スワンプロック志向のブラインドフェイスを結成するものの、メンバー間の軋轢やツアーの疲労もあって、アルバムを1枚リリースしただけで空中分解し、アメリカに渡る。一方、ジョージ・ハリスンも解散寸前のビートルズのストレスから癒やしを求めて、レオン・ラッセルやデラニー&ボニーのメンバーとソロアルバム『オール・シングス・マスト・パス』の制作をスタートする。

ザ・バンドへの加入を打診するものの、あっさりと断られたクラプトンに、ジョージがザ・バンドに負けない本物のロックグループだと紹介したのがデラニー&ボニーだったのである。ジョージはデラニー&ボニーのアルバムをアップルレコードからリリースしようと画策するのだが、契約上の関係でお流れとなり、その代わりというわけではないだろうが、デラニー&ボニーにイギリスツアーの話を持ちかける。快諾したデラニーらは、のちのデレク&ザ・ドミノズのメンバーとなる凄腕のミュージシャンたちを引き連れて渡英、そこにはひと足先にバンドメンバーに収まっていた元トラフィックのデイブ・メイソンもいた。

■70sロック界のトレンドとなった スワンプロック

デイブ・メイソンのソロデビュー作『アローン・トゥゲザー』は、ジョージよりも早くデラニー&ボニーと接触して制作されたイギリス初のスワンプロック作品である。デラニーらと一緒にイギリスに戻ったメイソンがレコーディング中の内容をジョージとクラプトンに聴かせたことで、彼らふたりのスワンプロック熱は高まり、デラニー&ボニーらの音楽を生んだアメリカ南部へ想いを馳せるようになる。

デラニー&ボニーがやっている音楽はアメリカ南部のブルース、ゴスペル、カントリーをごった煮にしてロック風味をまぶしたサウンドであり、それはいつしかスワンプロックと呼ばれるようになる。スワンプロックという言葉を最初に使ったのはアトランティックレコードのプロデューサー、ジェリー・ウエスクラーだと言われているが、70年初頭のロックシーンはイギリス、アメリカ、日本を問わず、スワンプロックに大きな注目が集まっていたのである。その中心にいたのがレオン・ラッセルであり、デラニー&ボニーだったのだ。

■スワンプロックの立役者、 レオン・ラッセルとデラニー&ボニー

69年、デラニー&ボニーはサザンソウルの名レーベル、スタックスレコードと白人として初めて契約し、デビューアルバム『ホーム』をリリースするものの、あまり売れなかった。そして、黒人ではないことからスタックスを追われることになり、新たにバックバンドとしてフレンズを結成し、エレクトラレコードから『オリジナル・デラニー&ボニー』(‘69)をリリースする。フレンズの構成メンバーは、レオン・ラッセルをはじめ、ボビー・ウイットロック、カール・レイドル(このふたりはデレク&ザ・ドミノズのメンバー)、ドクター・ジョン、ジム・ケルトナーらで、当時のロック界最高の布陣であったと言えるだろう。ジョージやクラプトンはこのアルバムを聴いて、彼らの魅力に取り憑かれるわけであるが、確かに今聴いても当時のスワンプロックの熱さが伝わってくる名盤だと思う。特にレオン・ラッセルのゴスペルライクなピアノは素晴らしく、ジョージが主宰する『バングラデシュのコンサート』(’72)でのレオンの演奏を彷彿させる。

■本作『オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン』について

『オリジナル・デラニー&ボニー』のあと、デイブ・メイソンが渡米しフレンズのメンバーとなるのだが、レオン・ラッセルはジョー・コッカーの音楽監督やソロ活動で忙しくなったために脱退している。69年、ジョージの口利きでイギリスツアーが実現する。アメリカ本場のスワンプロックがイギリスで初めて紹介されることになり、以後イギリスのアーティストたちは一挙にスワンプ路線へと舵を切るようになるのだから、デラニー&ボニーのブリティッシュロックに与えた影響は凄かった。70年代初期から中期までのストーンズがスワンプロック中心だったことを考えても、デラニー&ボニーの音楽がどれほど大きなインパクトを与えたかがよく分かる。

本作はロンドン近辺のクロイドンでのライヴの模様を収録しており、ギターはデイブ・メイソンとクラプトンが参加しているために、しかもライヴなだけに、かなりロック色の濃いサウンドとなっている。フレンズのメンバーは、のちにデレク&ザ・ドミノズとなるカール・レイドル、ジム・ゴードン、ボビー・ウイットロック、そして70年代のストーンズを支えるホーン奏者のジム・プライスとボビー・キーズも参加している。

収録曲はデラニー&ボニー本来のサウンドである、サザンソウル混じりのスワンプロックの面(「シングス・ゲット・ベター」「ドント・ウォント・トゥ・ディスカス・イット」)もあるが、ここではクラプトンのギターを前面にフィーチャーした、若々しいギターロックが中心となっている。メイソンとクラプトンのツインリードなども楽しいが、やはり圧倒的なのはボニー・ブラムレットのヴォーカルとプライス&キーズのホーンセクションだ。本作は、歌、演奏ともに充実していて、ロック史上に残る名盤であることは間違いない。それが証拠に、僕は中学生の頃から本作を聴き続けているが、毎回引き込まれているぐらいなのだ。2010年にはツアーの全貌を収録した4枚組のデラックス・エディションがリリースされ、これも大きな話題となった。

余談1:カーペンターズが大ヒットさせた「スーパースター」はデラニー&ボニーがオリジナルなのだが、残念ながら本家はシングルのB面リリースのため、現在ではベストアルバムぐらいにしか収録されていない(タイトルは「グルーピー」)。

余談2:本作のジャケット表で助手席の窓から足が出ているのだが、これはボブ・ディランである。このライヴ時に撮影された写真でジャケ写真にマッチするものがなかったらしく断念し、66年のディランのツアーで撮られた写真を使ったようである。

なお、本作はビルボードチャートで全米29位、全英39位となり、デラニー&ボニーのアルバムでもっとも売れた作品となった。彼らのアルバムはどれも秀作で甲乙付けがたいので、もし彼らのアルバムを聴いたことがないのなら、どれでもいいから聴いてみてほしい。きっと新しい発見があると思うよ♪

僕の個人的なオススメは『デラニーよりボニーへ』(‘70)で、このアルバムにはデュアン・オールマンやリトル・フィートの超絶ベーシスト、ケニー・グラドニーが参加しているし名曲揃い。あ、でも、『ホーム』(’69)にも名曲があるし、『モテル・ショット』(‘71)はロック界初のアンプラグド作品で、こちらも素晴らしい。やっぱり、どのアルバムもオススメです!

TEXT:河崎直人

アルバム『On Tour with Eric Clapton』

1970年発表作品



<収録曲>
01. THINGS GET BETTER / シングス・ゲット・ベター
02. POOR ELIJAH - TRIBUTE TO JOHNSON(Medley) / プアー・イライジャ 〜 トリビュート・トゥ・ジョンソン(メドレー)
03. ONLY YOU KNOW AND I KNOW / オンリー・ユー・ノウ・アンド・アイ・ノウ
04. I DON\'T WANT TO DISCUSS IT / ドント・ウォント・トゥ・ディスカス・イット
05. THAT\'S WHAT MY MAN IS FOR / ザッツ・ホワット・マイ・マン・イズ・フォー
06. WHERE THERE\'S A WILL, THERE\'S A WAY / ゼアーズ・ア・ウィル,ゼアーズ・ア・ウェイ
07. COMING HOME / カミン・ホーム
08. LITTLE RICHARD MEDLEY / リトル・リチャード・メドレー






【関連リンク】
デレク&ザ・ドミノズ結成のきっかけとなったライヴ盤の傑作がデラニー&ボニー&フレンズの『オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン』だ
Delaney & Bonnieまとめ
Eric Claptonまとめ
BRAHMAN、アルバム『梵唄 -bonbai-』収録の「AFTER-SENSATION」MV公開

【関連アーティスト】
Delaney & Bonnie, Eric Clapton
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム

BRAHMAN、アルバム『梵唄 -bonbai-』収録の「AFTER-SENSATION」MV公開
Fri, 02 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BRAHMANが2月7日に5年ぶりにリリースするアルバム『梵唄 -bonbai-』から、「AFTER-SENSATION」のミュージックビデオが公開された。当楽曲は『梵唄 -bonbai-』で初収録となる新曲で、メロディアスな旋律とサビでグッとテンポが落ちる構成が印象的だ。MVの監督を務めたのは、新人の中尾準(ロックンロール・ジャパン)、シンプルな背景に浮かび上がるメンバーの姿を1台のカメラで生々しく捉えた作品だ。ワンカットでありながら途中でスローモーションになる瞬間に注目!

MVと同時に、『梵唄 -bonbai-』特設サイトでは今作にまつわるオフィシャルインタビューの後編も公開。日本武道館公演『八面玲瓏』について語った前編に続き、こちらも見逃せない内容になっている。

また、TSUTAYAにて『梵唄 -bonbai-』の発売を記念した、TOSHI-LOWとキュウソネコカミのヤマサキセイヤのトークイベント『ツタロック』の開催が決定! さらにHMVでのTOSHI-LOWによる選書企画や、武道館公演でのCD購入者特典、旧譜キャンペーンなどの情報も続々と解禁となったので、詳細は公式ホームページをチェックしてほしい。

■『梵唄 -bonbai-』特設サイト
http://brahman.site

アルバム『梵唄 -bonbai-』

2018年2月7日 発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TFCC-86632/¥3,685+税
【通常盤】
TFCC-86633/¥2,593+税
<収録曲>
■CD
1.真善美
2.雷同
3.EVERMORE FOREVER MORE
4.AFTER-SENSATION
5.其限
6.今夜
7.守破離
8.怒涛の彼方
9.不倶戴天
10.ナミノウタゲ
11.天馬空を行く
12.満月の夕
■DVD(初回限定盤のみ)
「尽未来際〜開闢〜」at 新宿ANTIKNOCK
1.FOR ONE\'S LIFE
2.BASIS
3.SHADOW PLAY
4.DEEP
5.BOX
6.BEYOND THE MOUNTAIN
7.DOUBLE-BLIND DOCUMENTS
8.CIRCLE BACK
9.SHOW
10.其限
11.遠国
12.THE VOID
13.LOSE ALL
14.A WHITE DEEP MORNING
15.逆光
16.FIBS IN THE HANDS
17.THE ONLY WAY
18.SPECULATION
19.EPIGRAM
20.CAUSATION
21.鼎の問
22.初期衝動
23.賽の河原
24.今際の際
25.露命
26.空谷の跫音
27.終夜
28.ARRIVAL TIME
29.汀に咲く
30.警醒
31.霹靂
32.  
※全32曲



【アナログ12inch】
TFJC-38031/¥2,778+税
<収録曲>
■SIDE A
1.真善美
2.雷同
3.EVERMORE FOREVER MORE
4.AFTERSENSATION
5.其限
6.今夜
■SIDE B
:1.守破離
2.怒涛の彼方
3.不倶戴天
4.ナミノウタゲ
5.天馬空を行く
6.満月の夕



【関連リンク】
BRAHMAN、アルバム『梵唄 -bonbai-』収録の「AFTER-SENSATION」MV公開
BRAHMANまとめ
梶芽衣子、43年振りのフルアルバム『追憶』発売&記念コンサートも開催

【関連アーティスト】
BRAHMAN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

梶芽衣子、43年振りのフルアルバム『追憶』発売&記念コンサートも開催
Fri, 02 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

女優・梶芽衣子が、43年振りのフルアルバム『追憶』をリリースすることがわかった。本作はインディーズロックシーンの雄、鈴木慎一郎が全曲のプロデュースを行なっており、鈴木慎一郎の実父である鈴木正勝は43年前、梶のメインプロデューサーであったという。偶然と必然の運命に導かれ、慎一郎が梶をカリスマティックな色へ染め上げた『追憶』は、only one presenceの歌声で歌い上げたJロック歌謡サウンドが満載の、表現者としての熱感が言葉では言い表せないほど詰まった秀逸のアルバムに仕上がっている。新録したヒットナンバー『女囚さそり』シリーズ主題歌「怨み節」も含め、全10曲収録し、3月4日(日)よりオフィシャルHP通販にて先行販売がスタート!

さらに、3月13日(火)新宿ReNYにてアルバム『追憶』のリリースを記念したコンサートも開催決定! 色あせない歌声と熱いロックサウンドによる異色のコラボレーションが見逃せない1日になるだろう。『追憶』の販売も行なわれるのでぜひチェックしてほしい。

また、3月12日(月)には梶の自伝「真実」が文藝春秋より発刊される。このヒストリーブックは“カッコ良き女性”のパイオニアとして歩んで来た彼女のすべてが詰まったものとなっている。往年のファンだけでなく、すべての世代必見の一冊だ。

■『梶芽衣子 CDアルバム「追憶」 発売記念コンサート』

3月13日(火) 東京・新宿ReNY
<チケット>
ADV¥6,000/DOOR¥6,500(D代別途要)
Pコード:103-491/Lコード:74296/e+

アルバム『追憶』

2018年3月4日オフィシャルHPより先行発売



QFCV30001/¥3,000+税
<収録曲>
1.凛
2.触れもせず
3.ブレナイ
4.ひらひら
5.約束
6.追憶
7.うたげ
8.ゆれる
9.怨み節
10.役者



【関連リンク】
梶芽衣子、43年振りのフルアルバム『追憶』発売&記念コンサートも開催
梶芽衣子まとめ
Unlimited tone、音無美紀子出演の「family」MV公開

【関連アーティスト】
梶芽衣子
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, リリース

Unlimited tone、音無美紀子出演の「family」MV公開
Fri, 02 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ボーカルチーム・Unlimited toneが、2016年にリリースした6thミニアルバム『& LIFE』に収録されている「family」のMVを公開した。このMVは、これから卒業シーズンを迎えるにあたって“両親への感謝の気持ちや家族の大切さをこの曲を通じて感じてほしい”という思いで制作されたという。主人公の母親役には、数々の映画やドラマで活躍している音無美紀子を起用し、愛する息子を想う母の愛を感じられるストーリーとなっている。また、2017年に結成10周年を迎えたアンリミメンバーより、家族のように支えてくれるファンの皆さんへの感謝のメッセージも込められている。老若男女、たくさんの共感を得ることができる「family」をぜひ聴いてみてほしい。

■【音無美紀子 コメント】

「アンリミの「family」のPVの撮影中、ずっとこの曲を流して貰って役のイメージがどんどん膨らんで行きました。きっと思い出すでしょう!誰の心にも必ずある“love”を。アンリミの皆さん、私を母親役に選んでくれてありがとうございました」

ミニアルバム『& LIFE』

発売中



UTR-011/¥2,160(税込)
<収録曲>
■CD
1.& LIFE
2.Change (Original ver)
3.レール
4.family
5.みどり
6.way back again

『アンリミ LIVE 2018 ~ Spring Drive !!』

3月21日(水・祝) 大阪 umeda TRAD
3月24日(土) 神奈川 PREMIERE HALL
<チケット>
一般発売:2月3日(土) 10:00〜
全指定席4,500円
※別途ワンドリンク代
※小学生以上有料/未就学児童無料(大人1名につき子供1名まで膝上可。但し座席が必要な場合はチケット必要)



【関連リンク】
Unlimited tone、音無美紀子出演の「family」MV公開
Unlimited toneまとめ
BiSH、“会いたい人に会いに行く”「JAM」MVを公開

【関連アーティスト】
Unlimited tone
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, ミニアルバム

BiSH、“会いたい人に会いに行く”「JAM」MVを公開
Fri, 02 Feb 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSHが、2017年11月29日にリリースした2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』から3本目となる「JAM」のMVを公開した。モモコグミカンパニーが“自分の裸を見られてるよう”というほど内面を赤裸々に歌詞に描いた「JAM」のMVは、各メンバーが“1番会いたい人に会いに行く”という企画でBiSHの映画『ALL YOU NEED is PUNK and LOVE』を手がけたエリザベス宮地がディレクションを担当。モモコグミカンパニーは、作詞において大きな影響を受けた元チャットモンチーの高橋久美子、セントチヒロ・チッチはヒーローと公言している銀杏BOYZ・峯田和伸、アイナ・ジ・エンドは、BiSH加入前のオーディションで常に歌っていたというシンガーソングライター阿部真央、リンリンは卒業ライブにも参加したモーニング娘。OGの新垣里沙、アユニ・Dは、月間300万PV、Twitterフォロワー46万以上のブロガーARuFa、そしてハシヤスメ・アツコは1年半前に行われた『BiSHキャノンボール』内で訪れた伊豆大島の定食屋“おともだち”を訪れている。

配信楽曲「PAiNT it BLACK」

配信中



■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1329621038?app=itunes&ls=1

シングル「PAiNT it BLACK」

2018年3月28日発売



【CD+DVD】
AVCD-94026/B/¥3,500+税
【CD+Blu-ray】
AVCD-94027/B/¥4,000+税
【CD】
AVCD-94028/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.PAiNT it BLACK
2.未定
■Blu-ray&DVD
・2017.11.29 Roppongi Hills Arena
THE けやき坂 GUERRiLLA BiSH
1.My landscape
2.SMACK baby SMACK
3.プロミスザスター
4.FOR HiM
5.GiANT KiLLERS
6.BiSH-星が瞬く夜に-
・MV&メイキングムービー収録予定



【関連リンク】
BiSH、“会いたい人に会いに行く”「JAM」MVを公開
BiSHまとめ
ポルノグラフィティのライブを仲里依紗が初鑑賞&終演後に楽屋訪問も!

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
J-ROCK, 女性アイドル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表

ポルノグラフィティのライブを仲里依紗が初鑑賞&終演後に楽屋訪問も!
Fri, 02 Feb 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ポルノグラフィティが3月21日にリリースする新曲「カメレオン・レンズ」が、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『ホリデイラブ』の主題歌となっている。それを受け、現在開催中の全国ツアー『15thライヴサーキット“BUTTERFLY EFFECT”』の1月31日(水)東京公演を『ホリデイラブ』の主演女優・仲里依紗が鑑賞。終演後には楽屋にいるポルノグラフィティを訪ねて花束を贈呈し、激励した。

仲がポルノグラフィティのライブに行くのも、お互いにちゃんとコミュニケーションを取るのも今回が初めてとのことで「“うわっ、本物だ!”って興奮しました。ファンの皆さんも本当に熱く、振りもガッチリ合っていて…! “ファンの方たちも完璧だ!”って感動しました。ライブに参加できて本当によかったです!」と大興奮の仲里依紗。岡野昭仁(Vo)は「周りからもよく“里依紗ちゃんはスゴイよ”と聞いていましたし、実際に仲さんの演技を見て素晴らしいなって思っていたんです! そんな方に“来てよかった”と言っていただけて、本当にありがたいです」とコメントしている。

この日、アンコールで「カメレオン・レンズ」を披露。同曲は岡野が“新しいチャレンジとなる一曲”と語る、メジャーデビュー19年目となるポルノグラフィティの過去曲とはガラリと雰囲気を変えた楽曲。ライブでも演奏が始まると会場は歓喜の渦に! 岡野も「“ちゃんと聴いてやろう!”という気迫がお客さんからダイレクトに伝わってきたので、頑張って歌いました」とコメント。しかも歌詞には“月蝕”というワードが登場し、奇遇にもこの日は皆既月食で、夜空には神秘的な赤銅色の月の姿が…! 岡野は「その部分の歌詞だけは絶対に間違わないようにしようと思いました(笑)」とおどけながらも、「歌詞とのシンクロに不思議な感覚を覚えて、気持ちが上がりました」とパフォーマンス中の心境を明かした。一方、「カメレオン・レンズ」を初めて生で聴いた仲は「すごく盛り上がりました! 曲を聴いていたら、思わず頭の中にドラマの不倫シーンやカラスの羽根が散る映像が浮かんできちゃいました」とニッコリ。

新藤もドラマの第1話を鑑賞し、すっかりハマったそう。「仲さんの美しさを再確認すると同時に、ヒヤッとしたドラマでした(笑)」と新藤。劇中では、里奈(松本まりか)のピュアな言動につい心を奪われ、越えてはいけない一線を越えてしまう純平の姿が描かれているが、新藤は「あんなふうに迫られてしまったら、男側からすると避けようにもなかなか…。」と話した。「かつて存在した大相撲の公傷制度※みたいなもので、(純平の)番付は落ちないんじゃないかなって思いましたね(笑)」と独自の感想を明かした。

※本場所の取組で発生した怪我による休場については、通常の休場扱いにはしないようにする制度

シングル「カメレオン・レンズ」

2018年3月21日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SECL-2271〜2272/¥1,900(税込)
【通常盤】(CD)
SECL-2273/¥1,300(税込)
<収録曲>
■CD
「カメレオン・レンズ」他2曲
■DVD
「Working men blues」Video Clip
「カメレオン・レンズ」Video Clip



【関連リンク】
ポルノグラフィティのライブを仲里依紗が初鑑賞&終演後に楽屋訪問も!
ポルノグラフィティまとめ
バンドじゃないもん!、ニューシングルリリース決定

【関連アーティスト】
ポルノグラフィティ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブレポ

バンドじゃないもん!、ニューシングルリリース決定
Fri, 02 Feb 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!が、5月9日(水)にニューシングルをリリースすることを発表した。楽曲の詳細はまだ明かされていないが、全形態新曲3曲が収録される。初回限定盤には、12月25日(祝・月)に日本青年館で開催された初のバンドセットでのライブ音源CDに加え、MVやメイキング映像などを収めたBlu-rayをコンパイル。また、現在全国順次開催中の「TOWER RECORDS×BAND JA NAIMON!」コラボショップ『NOT BAND! SHOP』限定盤のリリースも決定! コラボショップ開催店舗及び2月に行なわれるライブハウスツアー『バンもん!冬のライブハウスツアーSTAND UP↑もんスター!〜おめーらの席ねぇから?〜』のみで予約・購入ができる、メンバーのソロビジュアルで制作されるピクチャーレーベル盤が全6形態販売されるとのこと。

またシングルの発売と同時に、『NOT BAND!SHOP』6店舗でのイベント開催も発表された。各店舗『NOT BAND!SHOP』限定盤の予約購入者に特典会が実施されるので、詳しくはオフィシャルHPをチェック!

シングル「タイトル未定」

2018年5月9日発売



【初回限定盤】(3CD+1Blu-ray)
PCCA.04659/¥3,000+税
※特典CD『バンドじゃないもん!パーフェクトピースコンサート2017〜日本青年館にSEY YES!を〜』ライブ音源CD2枚組予定
※特典Blu-ray『MUSIC VIDEO&MAKIING』ほか収録予定
【通常盤】(CD)
PCCA.04660/¥1,000+税

<TOWER RECORDS×BAND JA NAIMON!盤 ピクチャーレーベル仕様>
【鈴姫みさこ盤】
BRCA.00086/¥1,000+税
【恋汐りんご盤】
BRCA.00087/¥1,000+税
【七星ぐみ盤】
BRCA.00088/¥1,000+税
【望月みゆ盤】
BRCA.00089/¥1,000+税
【甘夏ゆず盤】
BRCA.00090/¥1,000+税
【大桃子サンライズ盤】
BRCA.00091/¥1,000+税
※販売店舗:タワーレコード札幌ピヴォ店、タワーレコード新宿店、タワーレコード近鉄パッセ店、タワーレコード京都、タワーレコードもりのみや店、タワーレコード難波店、タワーレコード広島店、タワーレコード福岡店、『バンもん!冬のライブハウスツアーSTAND UP↑もんスター!〜おめーらの席ねぇから?〜』開催会場

■イベント 『TOWER RECORDS×BAND JA NAIMON !』

2月11日(日) タワーレコード札幌ピヴォ店 17:00〜
2月18日(日) タワーレコード福岡店 12:00〜
2月18日(日) タワーレコード広島店 17:00〜
2月24日(土) タワーレコード名古屋近鉄パッセ 15:00〜
3月01日(木) タワーレコード難波 19:00〜

TOWER RECORDS×BAND JA NAIMON!ポップアップショップ『NOT BAND! SHOP』

<第1弾>
1月26日(金)〜2月12日(月・祝) TOWERminiもりのみやキューズモール店
2月08日(木)〜2月28日(水) 札幌ピヴォ店
2月08日(木)〜3月04日(日) 新宿店
<第2弾>
2月14日(水)〜3月4日(日) 広島店
2月14日(水)〜3月4日(日) 名古屋近鉄パッセ店
2月14日(水)〜3月4日(日) 福岡パルコ店
and more

『バンもん!冬のライブハウスツアーSTAND UP↑もんスター!〜おめーらの席ねぇから?〜』

2月12日(月・祝) 札幌 cube garden
2月16日(金) 広島 CLUB QUATTRO
2月17日(土) 福岡 DRUM LOGOS
2月25日(日) 名古屋 Electric Lady Land
3月02日(金) 246ライブハウスGABU ※対バンあり
3月04日(日) TSUTAYA O-WEST ※対バンあり



【関連リンク】
バンドじゃないもん!、ニューシングルリリース決定
バンドじゃないもん!まとめ
Perfume、映画『ちはやふる』主題歌をシングルリリース決定

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, シングル, 発表, リリース, 発売

Perfume、映画『ちはやふる』主題歌をシングルリリース決定
Fri, 02 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Perfumeが、3月17日公開の映画『ちはやふる −結び−』の主題歌となっている「無限未来」を3月14日にシングルリリース決定! また、ニュービジュアルも公開された。2018年第1弾ニューシングル「無限未来」は、早くも映画の予告篇を観たファンからは「早く聴きたい!」「気になる!!」などSNS上でコメントが多数上がっており、発表時にはトレンド入りするなど話題となっていた。初回限定盤と通常盤には、「無限未来」の他に2017年11月に全世界に向けて同時映像配信され話題になったNTTドコモ『FUTURE-EXPERIMENT VOL.01 docomo×Perfume 距離をなくせ。』タイアップソング「FUSION」も収録される。

そして今回、映画『ちはやふる』との再タッグを記念して『期間限定 ちはやふる盤』の発売も決定した。収録楽曲も3月17日から公開の映画『ちはやふる −結び−』主題歌である「無限未来」と、前作の映画『ちはやふる -上の句・下の句-』の主題歌で大ヒットした楽曲「FLASH」そして「無限未来 -Original Instrumental-」の3曲を収録。Perfumeファンだけでなく『ちはやふる』ファンにはたまらない1枚となっている。

シングル「無限未来」

2018年3月14日発売



【初回限定盤】(CD+特典DVD・A+スリーブケース)
UPCP-9018/¥2,250+税
【通常盤】(CD)
UPCP-5011/¥1,343+税
<収録曲>
■CD
1.無限未来
2.FUSION
3.無限未来 -Original Instrumental-

【期間限定 ちはやふる盤】(ちはやふるCD+特典DVD・B)
UPCP-9019/¥1,574+税
<収録曲>
■CD
1.無限未来
2.FLASH
3.無限未来 -Original Instrumental-

◎予約購入特典
「初回限定盤」「期間限定 ちはやふる盤」「通常盤」のいずれかをご予約いただいた方に、特典をプレゼント。特典の詳細は後日発表いたします。
※予約特典のため、数に限りがございますので詳細は各CDショップにお問い合わせください。
※一部の店舗やWEBでは、特典の取り扱いがない場合もございます。



【関連リンク】
Perfume、映画『ちはやふる』主題歌をシングルリリース決定
Perfumeまとめ
ジェジュン、『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2018』ヘッドライナーに決定!

【関連アーティスト】
Perfume
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, リリース, 発売

ジェジュン、『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2018』ヘッドライナーに決定!
Fri, 02 Feb 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月1日(日)に横浜アリーナにて開催される『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2018』にヘッドライナーとしてジェジュンのスペシャルライブ出演が決定! 本人からのコメントも到着した。

同イベントは東京ガールズコレクションがプロデュースする “都会のミュージックフェス”第3弾として開催され、今回のテーマは“BE YOURSELF(あなたらしく)”。前日に同会場にて行なわれる『第26回 東京ガールズコレクション 2018 SPRING/SUMMER』と連動し、“ミュージック ×ファッション”を融合した、女の子の“大好き”が詰まった、新しい“都会のガールズミュージックフェス”となっている。

その他出演アーティストは、SKY-HI(AAA)、DOBERMAN INFINITY、Da-iCE、MCにはSWAYが決定しており、ボリューム満点な豪華ライブにぜひ足を運んでみてほしい。チケットは現在発売中なので、お早めに!

■【ジェジュン コメント】

「(TGMに)出演が決まってすごく嬉しく、楽しみです! ヘッドライナーということで、曲もたくさん歌います。感謝の気持ちを忘れず、今年も頑張りますので宜しくお願いします。」

■『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2018』

4月01日(日) 神奈川・横浜アリーナ
<出演>
■HEADLINER
ジェジュン
■MAIN ARTIST
SKY-HI、Da-iCE、DOBERMAN INFINITY 他 ※50音順
■SHOOTING ACT
lol-エルオーエル- 他 ※50音順
■MC
SWAY
<チケット>
センター席¥1,1800(税込)
アリーナ席¥7,800(税込)
スタンド席¥7,800(税込)
※3歳以上要チケット、3歳未満入場不可
・ローソンチケット
http://l-tike.com/search/?lcd=94557%2C74761
・キョードー東京
http://ticket.kyodotokyo.com/tgm18.do
・ticket board
https://ticket.tickebo.jp/pc/tgmf2018-02/
・CNプレイガイド
http://www.cnplayguide.com/evt/evtlst.aspx?kcd=83607
・チケットぴあ
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1761772
・イープラス
http://eplus.jp/sys/main.jsp?prm=U=14:P1=0402:P2=181867:P5=0001:P6=001
・Yahoo!チケット
https://ticket.yahoo.co.jp/tour/00002700/

■『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2018』公式サイト
http://tgc.st/music/



【関連リンク】
ジェジュン、『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2018』ヘッドライナーに決定!
ジェジュンまとめ
The fin.、2ndアルバムより「Snow(again)」をストリーミング先行公開

【関連アーティスト】
ジェジュン
【ジャンル】
J-POP, K-POP, ライブ・フェス, ニュース

The fin.、2ndアルバムより「Snow(again)」をストリーミング先行公開
Fri, 02 Feb 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

神戸出身の3人組ロックバンド・The fin.が3月14日にリリースする2ndアルバム『There』から、「Snow(again)」が音楽ストリーミングサービスで先行公開された。楽曲は3月リリースのアルバム同様にLondon Dean Street StudioにてプロデューサーにJamiroquai、Passenger、Alt-Jのプロデュースや、Radioheadのミキサーで知られるBradley Spenceを迎えて制作された楽曲となっており、The fin.のアーティスト写真やストリーミングリリースされた楽曲のアートワークも手掛けているロンドン在住の気鋭のフォトグラファーSam Hiscox (サム・ヒスコックス) がアルバムのアートワークを担当している。

また、CDは初回盤と通常盤の2形態でリリースされ、初回盤は数量限定でメンバーが制作に携わったロンドンでの1年間の音楽活動や生活風景を、写真と文字で記したスペシャルZINEが同封される。

3月から6カ国19公演のアジアでのリリースツアーがアナウンスされており、既に中国8公演がすべて完売となっている。日本では4月4日(水)より、福岡、大阪、名古屋、東京、札幌の全5都市でワンマンライブが決定しており、2月3日(土)よりチケットの一般発売がスタートする。

『The fin. Tour 2018』

3月08日(木) 中国 Chendu Little Bar Space ※Sold Out
3月09日(金) 中国 Beijing YugongYishan ※Sold Out
3月10日(土) 中国 Shanghai Mao Livehouse ※Sold Out
3月11日(日) 中国 Hangzhou Mao Livehouse ※Sold Out
3月13日(火) 中国 Nanjing Ola Space ※Sold Out
3月14日(水) 中国 Wuhan VOX ※Sold Out
3月15日(木) 中国 Guangzhou T-Union ※Sold Out
3月16日(金) 中国 Shenzhen B10 Live ※Sold Out
3月18日(日) 香港 Eaton Workshop
3月21日(水) 熊谷 Heaven\'s Rock VJ-1
3月24日(土) タイ Khon Kaen TOEY Freshtival 2
3月25日(日) タイ Bangkok Voice Space
3月31日(土) 台湾 Taipei Legacy
4月02日(月) フィリピン Manila 19 East
4月04日(水) 福岡 The Voodoo Lounge
4月06日(金) 大阪 Shangri-La
4月07日(土) 名古屋 Jammin\'
4月13日(金) 東京 WWW X
4月14日(土) 札幌 Spiritual Lounge

アルバム『There』

2018年3月14日発売



【初回盤】
RDCA-1055/¥3,300(税込)
【通常盤】
RDCA-1056/¥2,500(税込)
<収録曲>
01.Chains
02.Pale Blue
03.Outskirts
04.Shedding
05.Afterglow
06.Missing
07.Height
08.Heat (It Covers Everything)
09.Vacant Sea
10.Through The Deep
11.Snow (again)
12.Late at Night
13.Alone in the Evening (1994)

配信楽曲「Snow (again)」

配信中



<配信サイト>
Spotify / Apple Muisc / Line Music / AWA / Google Play

■SoundCloud
https://soundcloud.com/thefinmusic/snow-again/s-0sYkr



【関連リンク】
The fin.、2ndアルバムより「Snow(again)」をストリーミング先行公開
The fin. まとめ
EXILE、新曲「PARTY ALL NIGHT 〜STAR OF WISH〜」Lyric Video公開

【関連アーティスト】
The fin.
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 配信, ツアー, チケット, 音楽配信

EXILE、新曲「PARTY ALL NIGHT 〜STAR OF WISH〜」Lyric Video公開
Fri, 02 Feb 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

EXILEが2月2日に前作シングル「Joy-ride 〜歓喜のドライブ〜」から1年半ぶりとなる新曲「PARTY ALL NIGHT 〜STAR OF WISH〜」をリリースした。

2017年は個々のグループやソロ活動に注力して、それぞれのフィールドで活躍の幅を広げてきたEXILE。2018年は再びグループとして結集し、EXILEとしてアルバムのリリースやドームツアーを開催する事を、元旦に行われたEXILE TRIBE新年会にて発表し、ファンを歓喜させた。同時に発表された、 2月2日(金)から7月6日(金)まで、6ヶ月連続で毎月第一金曜日に新曲を配信する企画『EXILE FRIDAY』も2月2日よりスタート。そしてその企画に合わせて各楽曲のLyric Videoを、EXILEメンバー自らがプロデュースして制作していくという、ファンを楽しませる事を第一に考えるEXILEならではの遊び心溢れる企画もスタートさせた。

その第一弾として、メンバーのAKIRAとSHOKICHIが“PARTY”をテーマとしたLyric Videoをプロデュース。大晦日から元旦にかけて行われたEXILE TRIBE新年会のパーティーの模様と、カウントタ?ウンをNYて?過こ?したATSUSHIのオフショット映像に、インパクトの強いグラフィックでLyricを載せたパーティー感満載の映像作品が完成した。さらにこの新曲「PARTY ALL NIGHT 〜STAR OF WISH〜」は、メンバーの岩田剛典が出演している洋服の青山『AOYAMA PRESTIGE TECHNOLOGY』のCMソングとしても2月1日(木)よりオンエアとなっているので、そちらも是非チェックしてほしい。

新曲の配信を記念し、Abema TVでは2夜連続での『EXILE大特集』も決定。2月から6ヶ月連続の新曲配信に、夏には3年ふ?りのオリシ?ナルアルハ?ムとト?ームツアー『EXILE LIVE TOUR 2018 “STAR OF WISH”』の開催と、2018年はEXILEが大きく躍動する一年となりそうだ。

『AbemaTV 2夜連続 EXILE特集』

『EXILE 2夜連続大特集!MVセレクション』
2月2日(金) 21:00〜
■番組URL:https://abema.tv/channels/special-plus-2/slots/CWe4mMhCEWoWPH

『EXILE 2夜連続大特集!LIVEセレクション』
2月3日(土) 19:00〜
■番組URL:https://abema.tv/channels/special-plus-2/slots/DQecWF5uAUFfmq

配信楽曲「PARTY ALL NIGHT 〜STAR OF WISH〜」

配信中



■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1336831745?app=itunes&ls=1
■レコチョク
http://recochoku.com/a0/exile_partyAllNight/
■mu-mo
http://q.mu-mo.net/of/exile_180202/
■ドワンゴジェイピー
http://r.dwango.jp/f50Xmk-7
■music.jp
https://goo.gl/zk12QT
■mora
http://mora.jp/package/43000002/ANTCD-26330/
■AWA
https://s.awa.fm/album/fec721866c21ccaea928?t=1516723863
■AppleMusic
https://itunes.apple.com/jp/album/id1336831745?app=apple&ls=1
■LINE MUSIC
https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000015b7204&cc=JP
■Spotify
http://open.spotify.com/album/191x6EFMpLrMpqNREdvQ4t
■Google Play Music
https://play.google.com/music/m/Bh474zsh6ld7iqr4fimo52jnvty



【関連リンク】
EXILE、新曲「PARTY ALL NIGHT 〜STAR OF WISH〜」Lyric Video公開
EXILEまとめ
SCANDAL、Spotifyで“バレンタインプレイリスト”公開&タワレコポップアップストア出店

【関連アーティスト】
EXILE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, ミュージックビデオ, MV, 新曲, リリース, 発売, 配信, 音楽配信

SCANDAL、Spotifyで“バレンタインプレイリスト”公開&タワレコポップアップストア出店
Fri, 02 Feb 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年2月14日(水)のバレンタインデーに8枚目のアルバム『HONEY』をリリースするSCANDAL。それにあわせ、SpotifyでSCANDALが選曲したバレンタインプレイリスト『Valentine Gift from SCANDAL』が公開された。このプレイリストでは、SCANDALの楽曲のほか、定番曲からメンバー4人それぞれの思い出の曲まで、バレンタインシーズンにお勧めの楽曲をセレクトしている。

また、ニューアルバム『HONEY』の発売を記念して、2月13日(火)から3月4日(日)までの期間、タワーレコードの小型コンセプトショップである大阪・TOWERminiもりのみやキューズモール店にてPOP UP SHOP『SCANDAL HONEY SHOP』を開催することが決定した。『SCANDAL HONEY SHOP』では、衣裳展示やライブ写真のパネル展示、旧譜連動キャンペーンを実施する。また、歴代ジャケット写真を使用したスクエア缶バッジ10種+シークレット1種(全11種)がランダムで当たるカプセルトイを販売。さらに今回、SCANDALとタワーレコードでコラボ制作した『コーチジャケット』の販売も決定!『コーチジャケット』は全国のタワーレコード12店舗にて数量限定で販売される。

さらに、2月4日(日)にはNHK『シブヤノオト』に出演し、アルバムに収録される新曲「プラットホームシンドローム」をテレビ初披露する。こちらもどうぞお見逃しなく!

■Spotifyプレイリスト『Valentine Gift from SCANDAL』
https://open.spotify.com/user/spotify/playlist/37i9dQZF1DXdBAJbci7waj?si=ewiW_dODTtm1GrSJIg0A3w

『SCANDAL「HONEY」発売記念 POP UP SHOP「SCANDAL HONEY SHOP』

開催期間:2月13日(火)〜3月4日(日)
開店時間:10:00〜21:00
開催場所:TOWERminiもりのみやキューズモール店

<実施内容>
■衣裳展示:『SCANDAL TOUR 2017 “SCANDALの対バンツアー”』時のライブ衣裳を展示。
・2月13日(火)〜2月22日(木) HARUNA、MAMI衣裳
・2月23日(金)〜3月4日(日) TOMOMI、RINA衣裳
■パネル展示:『SCANDAL TOUR 2017 “SCANDALの対バンツアー”』時のライブ写真をパネル展示。
【旧譜連動キャンペーン・展示パネルを抽選でプレゼント】
『SCANDAL HONEY SHOP』内で、アルバム『HONEY』(全3形態の内のいずれか)とSCANDALの旧譜(CD・Blu-ray・DVDのいずれか)を同時にご購入頂いた方の中から抽選で、店内展示のパネルにメンバーサインを入れてプレゼント。
※アルバム『HONEY』1点と旧譜1点の1セットで、1回の応募とさせて頂きます。
※パネル展開催終了次第、応募も終了となります。
※プレゼントするパネルは店舗にて展示されているものにサインを入れてのプレゼントとなります。
※当選者は店内掲示、ご当選者様への電話連絡での発表とさせて頂きます。(発表時期は3月中旬以降予定)
■カプセルトイ販売
販売開始日:2月13日(火)〜なくなり次第終了。
価格:1回¥300
SCANDAL歴代ジャケ写真を使用したスクエア缶バッジ(4cm×4cm)10種+シークレット1種(全11種)を販売。
※当日の混雑状況により、お一人様が連続で購入できる回数を制限させて頂く場合もございます。あらかじめご了承ください。

<SCANDAL×TOWER RECORDS コーチジャケット 数量限定にて発売>
サイズ:S、M、L、XLの4サイズ
価格:¥7,000(税込)
販売開始日:2月13日(火)開店時〜販売開始。
※商品なくなり次第終了。(オンラインは10時〜販売開始)
■取扱店舗
タワーレコード渋谷店、新宿店、札幌ピヴォ店、池袋店、町田店、名古屋パルコ店、梅田大阪マルビル店、難波店、梅田NU茶屋町店、タワーミニ もりのみやキューズモール店、広島店、福岡パルコ店、タワーレコード オンライン(http://tower.jp/) 
※この商品は取り扱い店舗(オンラインを含む)でのご予約ならびに発売後のお取り置きが不可の商品となります。発売日以降、直接、店舗、オンラインにてご購入ください。
※コラボグッズ特設ページ:http://tower.jp/scandalgoods

NHK『シブヤノオト』

2月4日(日)17:00〜17:54放送
番組HP:http://www.nhk.or.jp/s-oto/shibuya/

アルバム『HONEY』

2018年2月14日発売



【完全生産限定盤】(CD+Tシャツ)
ESCL4957-4958/¥5,278+税
※AMIAYAプロデュースのオリジナルフォトTシャツ付き
<収録曲>
01. プラットホームシンドローム
02. OVER
03. テイクミーアウト
04. Oh! No!
05. ミッドナイトシティ
06. ショートショート
07. 窓を開けたら
08. ふたり
09. エレクトリックガール
10. 恋するユニバース



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL4959-4960/¥3,426+税
<収録曲>
■CD
01. プラットホームシンドローム
02. OVER
03. テイクミーアウト
04. Oh! No!
05. ミッドナイトシティ
06. ショートショート
07. 窓を開けたら
08. ふたり
09. エレクトリックガール
10. 恋するユニバース
■DVD
Storytellers:SCANDAL
01.瞬間センチメンタル
02.キミと夜と涙
03.LOVE ME DO
04.声(Acoustic ver.)
05.DOLL
06.恋するユニバース
07.テイクミーアウト
08.8月
09.SCANDAL BABY



【通常盤】
ESCL4961/¥2,963+税
<収録曲>
01. プラットホームシンドローム
02. OVER
03. テイクミーアウト
04. Oh! No!
05. ミッドナイトシティ
06. ショートショート
07. 窓を開けたら
08. ふたり
09. エレクトリックガール
10. 恋するユニバース



【関連リンク】
SCANDAL、Spotifyで“バレンタインプレイリスト”公開&タワレコポップアップストア出店
SCANDALまとめ
ЯeaL、TVアニメ『ポケットモンスターサン&ムーン』新OP曲を担当決定

【関連アーティスト】
SCANDAL
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, アルバム, 配信, 音楽配信

ЯeaL、TVアニメ『ポケットモンスターサン&ムーン』新OP曲を担当決定
Fri, 02 Feb 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ЯeaLの新曲「未来コネクション」が、テレビアニメ『ポケットモンスター』の最新シリーズ『ポケットモンスター サン&ムーン』の新オープニングテーマに大抜擢された。

もともと『ポケモン』の大ファンであったЯeaLのメンバーが、子供たちに向けて書き下ろした新曲で、作詞・作曲を担当するRyoko(Vo&Gt)は、「暗闇から光に向かって飛び出す気持ち、ポケモンとトレーナーの絆、夢に向かってがむしゃらに進んでいく時の輝き、そんな初々しくて、不安でもキラキラ輝く感情を詰め込んだ楽曲になりました」とコメントするなど、渾身の1曲となっているようだ。気になる楽曲は、2月8日放送の『ポケットモンスター サン&ムーン』にて公開され、同日にはアニメサイズバージョンの先行配信がスタートとなる。

さらに2月11日(日)に京セラドーム大阪にて行われる『次世代ワールドホビーフェア\'18 Winter』へのゲスト出演、2月25日(日)にテレビ東京系列で放送される『ポケモンの家あつまる?』にЯealがゲスト出演し、それぞれで新曲を披露することも発表となった。そちらも是非チェックしてほしい。

■【コメント】

■ЯeaL Ryoko(Vo&Gt)
「この度ЯeaLがオープニングテーマを担当させて頂けることになり、本当に光栄です!「未来コネクション」は、光と闇にフォーカスして歌詞を書き下ろしました。暗闇から光に向かって飛び出す気持ち、ポケモンとトレーナーの絆、夢に向かってがむしゃらに進んでいく時の輝き、そんな初々しくて、不安でもキラキラ輝く感情を詰め込んだ楽曲になりました。みんなで合唱するパートもあるので、一緒に歌って楽しんでもらえたら嬉しいです!」

■テレビアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』冨安大貴 監督
「ЯeaLさんと打ち合わせする中で「今までの『ポケモンらしさ』に囚われず、ЯeaLさんらしい感性で表現してください」とお伝えしたところ、このような瑞々しい楽曲を書いてくださいました。普遍的でもあり、アニメのストーリーにもとてもマッチしたカッコカワイイ楽曲なので、ポケモンファンにもそうでない方にも是非聴いていただきたいです!OP映像も歌詞とリンクしているので、まるでMVのように楽しめると思います、ご期待ください」

テレビ東京『ポケットモンスター サン&ムーン』

毎週木曜18時55分から好評放送中
オープニングテーマ:ЯeaL「未来コネクション」

■ポケットモンスターオフィシャルサイト
http://www.pokemon.co.jp/
■『ポケットモンスター サン&ムーン』公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pokemon_sunmoon/



【関連リンク】
ЯeaL、TVアニメ『ポケットモンスターサン&ムーン』新OP曲を担当決定
ЯeaLまとめ

【関連アーティスト】
ЯeaL
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, 新曲, アニメ, テレビ番組, オープニング













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1