歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年02月01日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
ましのみ、全国15局でパワープレイを獲得&新MV解禁
Thu, 01 Feb 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

20歳の現役大学生の女性シンガーソングライター・ましのみが2月7日(水)にリリースするメジャーデビューアルバム『ぺっとぼとリテラシー』のリードトラック「プチョヘンザしちゃだめ」が、全国15局のFM/AMラジオ局でパワープレイを獲得! さらに、アルバム2曲目に収録される「ナンセンスに逆戻り」のMVも公開となった。

アルバム『ぺっとぼとリテラシー』は、“ピアノ弾き語りのシンガーソングライター”という固定概念を良い意味で裏切るエレクトロサウンドを全編に取り入れ、ひねくれていながらも鋭い視点の歌詞と、中毒性のあるメロディラインとハイトーンボイスの魅力が詰まっている。ボーナストラックを含めた11曲が収録され、なかでも「プチョヘンザしちゃだめ」はコミカルなストーリー性のあるMVが話題となっている。

また、公開された「ナンセンスに逆戻り」のMVは、好きな男性の趣味に合わせて服装や聞く音楽まで影響されてしまいやすい、依存度の高い女の子のことを歌った意味深な歌詞の世界観を、コミカルな映像で構成されているので、こちらも併せて要チェック!

アルバム『ぺっとぼとリテラシー』

2018年2月7日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-04602/¥3,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.プチョヘンザしちゃだめ
2.ナンセンスに逆戻り
3.名のないペンギン空を飛べ
4.エゴサーチで幸あれエブリデイ
5.やりくりゲーム
6.Hey Radio
7.灰かぶり姫
8.ミスター
9.ストイックにデトックス(TVアニメ「たくのみ。」エンディングタイアップ曲)
10.リスクマネジメント失敗
ボーナストラック:チャイニーズ再履修
■DVD
「プチョヘンザしちゃだめ」&「ナンセンスに逆戻り」Music Clip
Digest of 「ましのみフリーワンマンライブ@Shibuya WWW」(2017.10.14)
mashinoMISSion
Making of 「ナンセンスに逆戻り」Music Clip & Jacket Shooting



【通常盤】(CD)
PCCA-04603/¥2,500(税込)

【ライブ・イベント情報】

■『メジャーデビューアルバムリリース記念イベント』
2月10日(土) 大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店 イベントスペース
2月11日(日) 東京・タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース

■『メジャーデビュー記念ワンマンライブ
「ぺっとぼとリテラシー〜別途ほとばしるショータイムへようこそ〜vol.1」 』
3月11日(日) 東京・Shibuya WWWX



【関連リンク】
ましのみ、全国15局でパワープレイを獲得&新MV解禁
ましのみまとめ
三月のパンタシア、シングル「風の声を聴きながら / コラージュ」のジャケット写公開

【関連アーティスト】
ましのみ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, リリース

三月のパンタシア、シングル「風の声を聴きながら / コラージュ」のジャケット写公開
Thu, 01 Feb 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ボーカリスト・みあによる音楽ユニット“三月のパンタシア”が、2018年3月7日(水)にリリースするシングル「風の声を聴きながら / コラージュ」のジャケットが公開された。初回盤・通常盤は、最新キービジュアルも手掛けたイラストレーター・ふすいによる描きおろしで、期間生産盤はそれぞれのタイアップ作品から描きおろしイラストを使用したデザインとなっている。どのイラストも優しく柔らかい空気に包まれたテイストになっており、三月のパンタシアが持つ“聴く者の心を癒してくれる、贈り物のような作品”として成立している。

アニメ『衛宮さんちの今日のごはん』は、2月1日21時より第二話「鮭ときのこのバターホイル焼き」を配信予定。EDテーマとなる「コラージュ」も聴けるので、お腹を空かせて楽しみにしていよう。

そして、6月にはTSUTAYA O-EASTにて『星の川、月の船』というタイトルのセカンドワンマンライブを開催! こちらも新たな世界観と物語、そして音楽を体験できる一日になるのでぜひチェックしてほしい。

シングル「風の声を聴きながら / コラージュ」

2018年3月7日(水)発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
VVCL-1167〜1168/¥1,600+税
<収録曲>
■CD
1.風の声を聴きながら
2.#最高の片想い
3.コラージュ
4.風の声を聴きながら -Instrumental-
■DVD
「風の声を聴きながら」 -Music Video-

イラストレーター:ふすい



【通常盤】(CD)
VVCL-1069/¥1,200+税
<収録曲>
1.風の声を聴きながら
2.#最高の片想い
3.コラージュ
4.風の声を聴きながら -Instrumental-

イラストレーター:ふすい




【期間生産限定盤1】(CD+DVD)
VVCL-1170〜1171/¥1,600+税
※スロウスタート盤
※TVアニメ『スロウスタート』描き下ろしイラスト・デジパック仕様
<収録曲>
■CD
1.風の声を聴きながら
2.#最高の片想い
3.コラージュ 
4.風の声を聴きながら -TV size-
■DVD
TVアニメ『スロウスタート』ノンクレジットEDムービー

(c)篤見唯子・芳文社/スロウスタート製作委員会



【期間生産限定盤2】(CD+DVD)
VVCL-1172〜1173/¥1,600+税
※衛宮さんちの今日のごはん盤
※アニメ『衛宮さんちの今日のごはん』描き下ろしイラスト・デジパック仕様
<収録曲>
■CD
1.コラージュ  
2.#最高の片想い
3.風の声を聴きながら
4.コラージュ -TV size-
■DVD
アニメ『衛宮さんちの今日のごはん』ノンクレジットEDムービー

(c)TAa・KADOKAWA・TYPE-MOON / 「衛宮さんちの今日のごはん」製作委員会

『三月のパンタシアセカンドワンマンライブ 〜星の川、月の船〜』

6月23日(土) TSUTAYA O-EAST
<チケット>
オールスタンディング前売¥4,320(税込)※D代別



【関連リンク】
三月のパンタシア、シングル「風の声を聴きながら / コラージュ」のジャケット写公開
三月のパンタシアまとめ
「声優図鑑」のリアルイベント『こえずか』に稲川英里、小野早稀ら10名が出演決定

【関連アーティスト】
三月のパンタシア
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シングル, ネットカルチャー

「声優図鑑」のリアルイベント『こえずか』に稲川英里、小野早稀ら10名が出演決定
Thu, 01 Feb 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月18日(日)に浜離宮朝日ホール 小ホールにて開催される、ウェブ連載企画「声優図鑑」のリアルイベント『こえずか』の第4弾に出演するキャスト10名が発表された。

「声優図鑑」とは、これからの活躍がより一層期待される声優に、声優を目指したきっかけや初めてのお仕事、プライベートなことまで、気になるあれこれについてインタビューを行ない、さらに撮り下ろしのグラビアも交えて紹介する企画。これまでにウェブメディア「ダ・ヴィンチニュース」にて連載約180回・約180人を紹介している。キャラクターを演じるだけじゃない“声優自身”が持つ魅力の詰まった『こえずか』をぜひ体感してみてほしい。

■ダ・ヴィンチニュース内連載記事一覧
https://ddnavi.com/tag/%E5%A3%B0%E5%84%AA%E5%9B%B3%E9%91%91/

■『こえずか〜魅力発掘!夢発掘!第2回 声優図鑑 勝手にこえずかアワード〜』

3月18日(日) 東京・浜離宮朝日ホール 小ホール  
1部 開場 12:30/開演 13:00
2部 開場 16:30/開演 17:00
<出演>
稲川英里/小野早稀/小原莉子/東城日沙子/富田美憂/長江里加/早瀬莉花/本宮佳奈/前田佳織里/和多田美咲
※出演者は予告なく変更となる場合がございます。
<チケット>
・オフィシャル最速先行受付
受付期間:2月6日(火)12:00〜2月12日(月)23:59
受付URL:http://eplus.jp/koezuka-0318hp/ ※お1人様4枚まで

■イベントサイト 
http://object-co.jp/koezuka/180318/
■公式Twitter
https://twitter.com/koezuka_



【関連リンク】
「声優図鑑」のリアルイベント『こえずか』に稲川英里、小野早稀ら10名が出演決定
ユアネス、初の東京ワンマンを今春に開催決定!

【関連アーティスト】

【ジャンル】
ライブ・フェス, アニメ・声優, ニュース

ユアネス、初の東京ワンマンを今春に開催決定!
Thu, 01 Feb 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ユアネスが、4月14日(土)に東京・TSUTAYA O-nestで初となるワンマンライブ『ユアネス presents「うつ伏せになっていた午後の授業」』を開催することを、2月1日に行なった自主企画ライブで発表した。チケットのオフィシャルHP先行は、2月4日(土)12:00時より開始! 自主企画ライブのチケットも早々にソールドアウトしているので、お早めにゲットしてほしい。

ユアネスは、サカナクションやKANA-BOONなど数多くのアーティストを擁する音楽プロダクション・HIP LAND MUSICによる新人発掘プロジェクト「xsprout.」からのニューカマー。琴線に触れるヴォーカルと美しいメロディを軸に、変拍子を織り交ぜるオルタナティブなバンドサウンドが特徴的な福岡をベースに活動する4ピースバンド。重厚な音の渦の中でもしっかり歌を聴かせることのできるライブパフォーマンスは、ライブハウスシーンでも既に話題となっている。3月21日(水)には、バンド初となる全国流通盤ミニアルバム『Ctrl+Z』がリリースとなるので、こちらも併せて注目だ。

■ユアネス presents 「うつ伏せになっていた午後の授業」

4月14日(土) 東京・渋谷 TSUTAYA O-nest
<チケット>
前売¥2,500(税込)当日¥3,000(税込)
※ドリンク代別途必要
※高校生までの学生の方には、学生証のご提示で500円をキャッシュバック致します
・オフィシャルHP先行
受付期間:2月04日(日)12:00〜2月18日(日)23:59
URL:http://eplus.jp/yourness/

ミニアルバム『Ctrl+Z』

2018年3月21日 発売



YRNS-0001
<収録曲>
1. 雨の通り道
2. 虹の形
3. cinema
4. あの子が横に座る
5. Bathroom
6. pop
7. 埃をかぶった時刻表
8. 100?の中で



【関連リンク】
ユアネス、初の東京ワンマンを今春に開催決定!
ユアネスまとめ
majiko、ミニアルバム収録曲がTV番組『浜ちゃんが!』のEDテーマに決定

【関連アーティスト】
ユアネス
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, リリース, ミニアルバム, ワンマン

majiko、ミニアルバム収録曲がTV番組『浜ちゃんが!』のEDテーマに決定
Thu, 01 Feb 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

majikoの楽曲「UNDERCOVER」が、読売テレビ・日本テレビ系全国28局ネットで放送のテレビ番組『浜ちゃんが!』の2月・3月のエンディングテーマに決定! 同曲は、3月7日にリリースするミニアルバム『AUBE』に収録されており、作詞作曲はヒットメーカーの市川喜康、編曲は坂本秀一が担当している。『浜ちゃんが!』は、ロケを通じて芸能人の知られざる私生活やマル秘趣味を発見する番組で、番組初回放送は大阪が2月7日(水)、東京が2月21日(水)を予定しているので、お楽しみに!

さらに、名古屋、大阪、東京の全国3か所で行われるリリース記念ライブのゲストアーティストも発表! 名古屋にはZanto、THURSDAY\'S YOUTH、大阪にはみきとP、ネクライトーキー、東京にはLUCKY TAPES、チーナが出演する。チケットは現在発売中となっているのでお早めにゲットしてほしい。

■『浜ちゃんが!』公式HP
http://www.ytv.co.jp/hamachanga/

ミニアルバム『AUBE』

2018年3月7日発売



【限定盤】(CD+DVD)
UICZ-9102/¥2,800(税込)
<収録曲>
■CD
1. 声 / Music & Lyrics haruka nakamura Arrangement majiko,木下哲
2. Learn to Fly / Music & Lyrics 荒井岳史
3. アガルタの迷い子 / Music & Lyrics sasakure.UK Arrangement 有形ランペイジ
4. スープの日/ Music H ZETT M Lyrics jam,majiko Arrangement H ZETT M
5. ダーウィン先生の倦怠 / Music 堀江晶太 Lyrics 堀江晶太,majiko Arrangement 堀江晶太
6. UNDERCOVER / Music & Lyrics 市川喜康 Arrangement 坂本秀一
7. Avenir / Music & Lyrics majiko Arrangement majiko,木下哲
8. AM / Music & Lyrics ホリエアツシ Arrangement Rayons
■DVD -Live Video-
1. end / Music & Lyrics majiko
2. このピアノでお前を875963 2145回ぶん殴る / Music & Lyrics SLAVE.V-V-R
3. ノクチルカの夜 / Music & Lyrics majiko
4. ダージリン / Music & Lyrics majiko
5. 彗星のパレード / Music & Lyrics ホリエアツシ
6. 心做し / Music & Lyrics 蝶々P
7. 冬の太陽 / Music & Lyrics ホリエアツシ Arrangement majiko
8. 世田谷ナイトサファリ / Music & Lyrics みきとP
9. アマデウス / Music & Lyrics ホリエアツシ Arrangement みきとP
10. きっと忘れない / Music & Lyrics 荒井岳史
11. Avenir / Music & Lyrics majiko Arrangement majiko,木下哲
※DVDは12/6ワンマンライブ@渋谷WWW Xの模様を収録



【通常盤】(CD)
UICZ-4416/¥2,000(税込)


【リリース記念3マンライヴ情報】

■majiko presents 「new album "AUBE" release party 〜名古屋パッション編〜」
3月08日(木)愛知・名古屋APOLLO BASE
w/Zanto、THURSDAY\'S YOUTH
※学割あり(当日会場にて学生証提示で¥500キャッシュバック)

■majiko presents 「new album "AUBE" release party 〜大阪ハッピー編〜」
3月11日(日)大阪・南堀江SOCORE FACTORY
w/みきとP、ネクライトーキー
※学割あり(当日会場にて学生証提示で¥500キャッシュバック)

■majiko presents 「new album "AUBE" release party 〜東京ハイカラ編〜」
3月14日(水)東京・新代田FEVER
w/LUCKY TAPES、チーナ
※学割あり(当日会場にて学生証提示で¥500キャッシュバック)

チケット発売中
http://smarturl.it/majiko_release_live



【関連リンク】
majiko、ミニアルバム収録曲がTV番組『浜ちゃんが!』のEDテーマに決定
majikoまとめ
DOBERMAN INFINITY、アルバム『OFF ROAD』を発売決定

【関連アーティスト】
majiko
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ミニアルバム, チケット, エンディング

DOBERMAN INFINITY、アルバム『OFF ROAD』を発売決定
Thu, 01 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DOBERMAN INFINITYが前作から約1年5ヶ月ぶりとなる3枚目のフルアルバム『OFF ROAD』を4月18日(水)にリリースすることが決定! 道なき道を苦しみながらも楽しく“自分らしく”歩む全ての人々に送る、これぞ“ドーベル”という1枚が完成した。

5thシングル「DO PARTY」、2ndミニアルバムのリード曲「#PLAY」、6thシングル「あの日のキミと今の僕に」、AK-69とのコラボレーションシングル「Shatter」、さらに日本ハムファイターズの西川遥輝選手の登場曲として制作された初収録の「THE NAME」に、タイトル曲「OFF ROAD」など、新曲7曲が収録された全12曲収録の過去最高の豪華収録内容となっている。

今作は、デビューミニアルバム『#PRLG』の制作陣から初めてセッションを行なう制作陣など、これまで多くの作品を届けてきた中で、自分たちの中で肌で感じて来たDOBERMAN INFINITYとしての“らしさ”を絶対的な軸にして制作。アルバムタイトル“OFF ROAD”からも感じられる、舗装された道など無く、未開拓の道無き険しいいばらの道を歩んでいるからこそ産み出される、全ての人に向けた芯の太いメッセージを込められた楽曲たちが揃い、デビューから得てきた経験値で大きく成長した感覚の全てが詰め込まれている。アルバムを象徴するタイトル曲「OFF ROAD」はメンバーのP-CHOが軸となるJAY\'ED、NAOtheLAIZAとのプロデュースチーム“OLDMAN WILDIN”とD.Iで初めて楽曲制作を行なった史上最熱な楽曲だ。

初回限定盤には、1stアルバム『THE LINE』収録曲「to YOU」以来のタッグとなる品川庄司の品川ヒロシを監督に迎え、アルバムの新曲を数曲使用した豪華ゲストが多数出演し、SWAY以外のメンバーも初めて演技に挑戦するShort Movieを収録。夏の定番曲「DO PARTY」や、LINE MUSIC総合週間1位を獲得した「あの日のキミと今の僕に」、HIP HOP界でも大きな話題となったAK-69とのコラボソング「Shatter」など、期待せずにはいられない豪華な内容となっている。

さらに、2017年のツアーよりも大きくパワーアップした全国ツアー『DOBERMAN INFINITY LIVE TOUR 2018 DOGG YEAR 〜PARTY ON THE OFF ROAD〜』が、5月26日(土)市川市文化会館 大ホール公演から16箇所16公演で開催されることも決定! 2018年が戌年ということで“DOGG YEAR”と銘打ち、結成5周年となる2019年に向けて猛進する年となる。

アルバム『OFF ROAD』

2018年4月18日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
XNLD-10014/B/¥4,200+税
※スペシャル三方背パッケージ
【通常盤】(CD)
XNLD-10015/¥2,980+税

<収録曲>
■CD
「DO PARTY」
「#PLAY」
「Shatter/DOBERMAN INFINITY×AK-69」
「あの日のキミと今の僕に」
「THE NAME」
「OFF ROAD」
含む全12曲収録予定
■DVD 
・「OFF ROAD」short movie Full ver.(約25分予定)
・MV集
「DO PARTY」
「#PLAY」
「Shatter/DOBERMAN INFINITY×AK-69」
「あの日のキミと今の僕に」
「OFF ROAD」全5曲

※We are D.I OFFICIAL CD/DVD SHOP・LDH official mobile CD/DVD SHOP限定商品
・【初回生産限定盤】(CD+DVD)+カレンダー/¥5,500+税
・【通常盤】(CD)+カレンダー/¥4,280+税

◎特典
・先着CDショップ購入者法人別特典
SWAYデザイン「OFF ROAD オリジナルバンダナ」法人別全4種 ※
・全形態初回生産分購入者封入特典
「DOGG YEARステッカー」& 全国ワンマンTOUR先行予約シート
・CDショップ法人別特典 (デザイン、カラー別)
タワーレコード / ローソンHMV / TSUTAYA /新星堂&WonderGOOでの購入者限定で法人別デザインSWAYデザイン「OFF ROADオリジナルバンダナ」を先着でプレゼント。各法人のオンラインも対象となります。
※各法人CDショップの中には、お取り扱いしていない店舗もございます。ご予約、ご購入ご希望の際は、お近くのCDショップへお問合せください。
※特典は数に限りがございます。無くなり次第の終了となりますのでご了承ください。

『DOBERMAN INFINITY LIVE TOUR 2018 DOGG YEAR 〜PARTY ON THE OFF ROAD〜』

5月26日(土) 千葉・市川市文化会館 大ホール
6月01日(金) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
6月02日(土) 広島・ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ 大ホール
6月09日(土) 石川・本多の森ホール
7月02日(月) 東京・人見記念講堂
7月08日(日) 宮城・仙台サンプラザ
7月13日(金) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
7月14日(土) 長野・長野キッセイ文化ホール
8月04日(土) 新潟・新潟県民会館
8月11日(土) 福岡・福岡サンパレス
8月18日(土) 北海道・ニトリ文化ホール
8月22日(水) 大阪・大阪国際会議場グランキューブ大阪 メインホール
8月25日(土) 京都・ロームシアター京都
9月02日(日) 静岡・アクトシティ浜松 大ホール
9月06日(木) 熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
9月08日(土) 愛媛・松山市民会館
<チケット>
全席指定¥7,000(税別)
年齢制限:6歳以上有料、5歳以下入場不可
ファンクラブWe are D.I先行:2月16日(金)15:00〜2月19日(月)23:00
※最大3公演、各4枚までエントリー可能
※2018年2月10日(土)までのご入会(=ご入金)で、We are D.Iチケット先行抽選予約にエントリーが可能
■ファンクラブWe are D.I公式サイト
https://wearedi.jp/



【関連リンク】
DOBERMAN INFINITY、アルバム『OFF ROAD』を発売決定
DOBERMAN INFINITYまとめ
THEイナズマ戦隊、結成20周年記念ツアー東京公演が大盛況! “いつまでも夢を見させてくれてありがとう!”

【関連アーティスト】
DOBERMAN INFINITY
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, LDH, アルバム, リリース

THEイナズマ戦隊、結成20周年記念ツアー東京公演が大盛況! “いつまでも夢を見させてくれてありがとう!”
Thu, 01 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

結成20周年を記念した初47都道府県ツアーを実施中のTHEイナズマ戦隊が、最新アルバム『PUMP IT UP!』のレコ発ワンマンライヴを1月24日(水)に東京・渋谷WWWで行なった。

20周年にふさわしいSEの「20TH CENTURY BOY」(T.REX)が鳴り響く中、山田武郎(Gt)のイントロから「That\'s so great!!」でライヴがスタートすると、早くも持ち前の“雑草”魂を発揮! 上中丈弥(Vo)の“ロケンロー”でフロアからは歓喜の拳が上がり、続けて山田の熱いギターソロ、上中のブルースハープへ繋がれたら、一気にハートを鷲掴みにされてしまう。イナ戦らしいズッコケ男道感あふれる「突っ張り大一番」、中田俊哉(Ba)と久保裕行(Dr)がハネるリズムを繰り出すダンサブルな「ジタバタダンス」。確かなキャリアを伝えながらも清々しさが勝る、そんなステージを軽やかに見せていく。

「うんうん、いいよ! すごくいいと思うけど、ちょっと前に出すぎちゃう? ギターソロ弾いてる武郎にスポット当たってんのに、絶対おかしいって! お前んとこ、真っ暗だったもん! 俺らもう1200本くらいライヴやってるんだからさ、わかろうぜ(笑)」と、最初のMCで上中が中田をイジって場の空気を和らげるあたりもさすが。「ま、こんなズッコケたTHEイナズマ戦隊ですが、どうぞよろしくお願いします!」とあらためて挨拶したあとは「赤い命が燃えている」のラテンビートで加熱し、“一日一歩を重ねてく 勇敢な人生だろ”の歌詞で会場いっぱいに笑顔があふれ出す。お客さんたちが元気になっている。そのさまが目に見えてわかる。こういうライヴは観ていて気持ちがいい。

アルバムタイトルを冠した「PUMP IT UP!!」というインスト枠では、久保→山田→中田のリレーでソロ回しも披露。オーディエンスがさらに沸く様子を、そして頼もしいメンバーの流れるようなパフォーマンスを、誇らしげに見つめる上中の姿もまた印象的だった。

中盤ではグッと青に染まった照明の下、哀愁と歌謡曲テイストが滲む「すすきのエレジー」、上中もギターを携えて親友の結婚に捧げたラブバラード「君に捧げよう」を演奏。イナ戦の多彩な表情を覗かせつつ、その深みにじっくりと浸らせてくれる。そんな中、「各駅停車」をこう歌い換えてくれたのにもグッときた。“相変わらずアホにつける薬はなく あの日のままで突入20周年 オマエも忘れたかい? 後悔という字を だったら野音まで行こうぜ各駅停車”――そう、5月26日(土)にはバンド21年目にして念願、待望の日比谷野外大音楽堂での初ワンマン『俺とオマエと野音と応援歌』が、47都道府県ツアーの終着点のように控えている。

「ようやく1つ目の階段、野音に足をかけています。こうやって平日にもかかわらず来て、断りもせず歌いまくって笑って泣いてくれる皆さんに力いっぱい届けようと思ってやりますんで、その景色を楽しみにしててください。野音のこと、そしてここまで支えてくれた皆さんのことだけ考えて作った曲があるから、歌っていいかい?」と、上中のMCも熱くなる。輝かしく照らされるステージに、希望のイメージが浮かぶ。そんな「そして夜空に浮かぶ月のように」や「人生は最低で最高だ」を聴いていると、思いが駆け巡らずにはいられない。

20年の歴史の中で、メジャーレーベルとの契約は今が3度目。時にはくすぶりつつ、それでも誰に何と言われようともしぶとく、青くさい春を追いかけ続けてきたTHEイナズマ戦隊。彼らもまた、怒髪天、フラワーカンパニーズ、THE COLLECTORS、Theピーズ、エレファントカシマシのように、もっともっと高い評価を受けるべきバンドなのだと思う。イナ戦にはそれだけのドラマがあるし、何よりその間で生み出した名曲がたくさんあるのだから。

「今ね、“あと25年やろう”って4人で話してるんですよ。とりあえず65歳まで、なんて考えてます。これまで歩いてきた年数より長い! 今日もさ、ライヴをやったらやったで楽しくて困るよな。1stアルバムの1曲目で「いばら道」っていう曲を書いたけど、まさかこんなにいばら道が待ってるとは思ってなかったわ(笑)。でも、こう歩まないと見えない景色もあって、それを歌っていくバンドになれた。それをここまでTHEイナズマ戦隊を育ててくれた皆さんに見せたいから、まずは野音を観に来てください。その先は武道館まで行きましょう! いや、そんなのは当たり前や。もうさ、正月、大晦日も退屈させない。NHKホールで会おうぜ!? やってやろう! 俺たち紅白歌合戦、マジで考えてる。いつまでも夢を見させてくれてありがとう!」と、上中が思いの丈を打ち明けた場面もあった。

ライヴ後半は1stシングル曲「月に吠えろ」を含む初期ナンバーのメドレーほか、『PUMP IT UP!』から最高の人間讃歌「ガムシャラの一言に尽きるぜ」「愛らしいじゃない」を畳みかけ、渾身の「応援歌」も披露。苦節20年を経て、イナ戦が代表曲を清々しく演奏している。仁王立ちの上中が、後半のサビをマイクなしで歌い放つ。その凄まじい説得力を受け、最後には“ラララ”の大合唱が会場全体を温かく包み込んだ。

「応援歌」について上中は「誰かのために歌える人生なんて幸せじゃないかって話をしたから、これからも野音でも歌います!」とも話していた。歌も楽器もひとつひとつのフレーズに対して誠実で、引き締まったバンドアンサンブルを聴かせる、21年目、まもなくメンバー全員40代突入のTHEイナズマ戦隊。仕上がりまくっている彼らがバンドマンにとっての聖地・日比谷野外大音楽堂で行なう“感謝祭”とも言える初ワンマンを、ぜひ目撃してほしい!

Photo by 鈴木友莉
Text by 田山雄士

【セットリスト】
1.That\'s so great!!
2.突っ張り大一番
3.ジタバタダンス
4.赤い命が燃えている
5.Ban & An〜バカ万歳アホ万歳〜
6.PUMP IT UP!
7.青春時代延長戦
8.すすきのエレジー
9.君に捧げよう
10.各駅停車
11.そして夜空に浮かぶ月のように
12.人生は最低で最高だ
13.オマエ・がむしゃら・はい・ジャンプ
14.メドレー
〜熱血商店〜
嗚呼!!されど青春ごっこ
さらば青春 輝く俺
君のため
心臓直結系ラブソング
月に吠えろ
15.ガムシャラの一言に尽きるぜ
16.愛らしいじゃない
17.応援歌
<ENCORE>
1.戦え boys & girls 〜栄光のpump up〜
2.33歳

■『俺とオマエと野音と応援歌』

5月26日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂
<チケット>
受付期間:2月1日(木)12:00〜2月18日(日)23:59 ※イープラス/先着
■受付URL http://eplus.jp/inazumasentai180526/



【関連リンク】
THEイナズマ戦隊、結成20周年記念ツアー東京公演が大盛況! “いつまでも夢を見させてくれてありがとう!”
THEイナズマ戦隊まとめ
RIZEのドラマーであり、役者としても活躍する金子ノブアキのドキュメンタリーを放映

【関連アーティスト】
THEイナズマ戦隊
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, セットリスト

RIZEのドラマーであり、役者としても活躍する金子ノブアキのドキュメンタリーを放映
Thu, 01 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ロックバンドRIZEのドラマーであり、俳優としても活躍するなど、幅広い分野で才能を発揮している金子ノブアキの姿に迫るドキュメンタリー番組が、2月21日(水)夜9時よりWOWOWで放送される。彼はどのような想いを抱きながら歩み続けてきたのだろうか? 独自の表現活動の背景にある精神性を語ってもらった。

――半生に迫るドキュメンタリー番組が放送されますが、どのようなことを感じています?
「本当にありがたいことです。僕は多面的な活動をしてきたので、点が線になる感じになったらいいなと思っています。そして、僕を取り巻くコミュニティ、カルチャー、様々なシーンの背景も伝わって、いろんなことに関心を持って頂けるきっかけにもなったらいいですね」

――俳優、ミュージシャン、ソロアーティスト、音楽プロデューサー、音楽監督など、とても幅広い活動をしていますけど、出発点は子役としての演技のお仕事ですよね?
「はい。活動歴で言うと、そこが一番長いです。子供でしたし、大人に怒られながらでしたね(笑)。『ポンキッキーズ』にも出ていましたけど、あの番組ではスチャダラパーのBoseくん、電気グルーヴのピエール瀧さんとかとも一緒だったので、かっこいい大人を見ながら歩んでこられたというのは、僕にとって大きかったです。そういえば、僕は当時からバスケットボールが大好きで、NBAの話でBoseくんと盛り上がっていたんです。WOWOWでNBAの番組に出させて頂くようになったのも、Boseくんの紹介でした。すべてのことは人の縁で繋がっていて、今の僕になっているということですね。あと、テクノロジーの変化っていうのも、僕にとって大きかった気がします。この20年くらいって音楽の録音技術に関しても、ものすごい変化があったから。そういうことによっても、僕がこのペースで動けるようになった面があるんです。昔からいろんなことをやりたい気持ちがあったけど、“今はバンドをやりたいから、そっちに専念しないと"というのがあって。でも、今はいろんな活動をすることが物理的な面で可能になってきたんですよね。そういうものに支えられつつ誰かに誘われたり、僕が誰かを誘ったりしながら活動するようになっています。“やりたいことをやってるだけ"って言うと乱暴だけど、僕にとってその感覚がすごく大きいです。enra(音楽監督を務めたパフォーミング・アーツ・カンパニーenra)や、齊藤工くんの映画『blank13』のサウンドトラックもそうですし」

――「シシド・カフカ×金子ノブアキ」名義の「zamza」のように、他のアーティストのプロデュースを手掛けるというのも、広がっている可能性の1つですね。
「はい。カフカちゃんの現場は面白かったですよ。オファーする作家のキャラを全開で出して、彼女自身が染まっていくスタイルなんです。音楽と映像の、すごくいい融合ができたと思っています。カフカちゃんとは、お互いにドラマーで、歌も歌って、演技の仕事もしているという共通項があるので、“最高にかっこいいMVを作って着地しましょう!"って言ってました。だから、映像もみなさんに観て頂きたいですね」

――バンド活動では、昨年の12月20日にRIZEとして初の日本武道館公演を行いましたが、いかがでした?
「他のバンドとかのサポートで武道館に立ったことは何度もあるんです。でも、RIZEとしてやる武道館がどういうものになるのか、なかなかイメージできなかったんですよね。でも、すごくいいライブができたと思います。お客さんからたくさん力を貰ったし、僕らからも何かしらの力を伝えられたのかなというのを、広い会場だったからこそ強く感じました。人が持っている波動、動物的だけど人間しか持っていないエネルギーっていうのが絶対にあって、それが集まって1つの方角に向かった時は、奇跡のような空間が生まれるんです。だから武道館は想像していた以上に感動しました」

――当日のエピソードは何かあります?
「最前列に、デビューした頃に来ていたお客さんがいたんですよ。おそらく15、16年ぶりくらいに現場に来てくれて。アンコールで前に出た時に見つけて、お互いに“俺! 俺!"“お前か!"ってなりました(笑)」

――(笑)。新宿ロフト20周年のイベントで97年に金子さんがJESSEさんと武道館で一緒に演奏したのがRIZE結成のきっかけなんですよね?
「そうなんです。当時、僕の弟のKenKenは小学生(笑)。人生って、わからないもんですね。バンドっていろんな時期がありますし、僕らもそうだったんですけど、今もこうして活動できていて、みんなに祝福してもらった武道館でした。今回のドキュメンタリー番組は、“武道館以降"っていうものも見えてくる番組になるかもしれないですね」

――“武道館以降"に関しては、ご自身としてはどういうものが見えてきています?
「JESSEはThe BONEZがあったり、サポートギターのRioちゃんも、ベースのKenKenも、それぞれの活動が活発な中、RIZEが20周年ということもあり、スタッフも含めたみんなが1年間を預けてくれたのが2017年なんです。僕も他のことはできないだろうなと思っていました。でも、マネージメントが頑張ってくれて、いい現場にたくさん入ることができたんですよ。『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』で小栗旬くんと再び戦えたり(笑)、『セシルのもくろみ』に出演できたり、『コートダジュールNo.10』で小林聡美さんと10数年ぶりにご一緒できたり。俳優業でも胸を張っていい仕事ができたと言える1年だったんです。昔はいろんなところを飛び回っていた感じだったんですけど、2017年を経てすべてが融け合ってきたというか、身体の準備ができてきたような感覚があるんですよね。だから、2018年以降は、そこからいろんなことが徐々に広がっていくような気がしています」

――ナレーションのお仕事をされる機会もありましたよね?
「はい。この間、中村屋のドキュメンタリー(『独占密着!中村屋ファミリー 勘九郎 父との約束&4歳と6歳の猛稽古 泣いて笑って300日』)のナレーションをさせて頂きました。中村勘九郎くんは、高校の同級生なんです。中村七之助くんは2個下。勘九郎くんの奥さんの前田愛ちゃんは、子役時代に共演して、そこからずっと仲がいいんですよね。あと、僕のドキュメンタリーと中村屋のドキュメンタリーは、実は監督が一緒なんです。これもすごいご縁ですよ。このナレーションは、RIZEの武道館の前日に収録したんですけど、新しい分野のこういう仕事ができたのも、今後の僕にとって大きいと思っています。“いろいろやってきたつもりだったけど、まだまだいろんな世界があるなあ"と感じました」

――『金子ノブアキ〜孤高の表現者〜』も、視聴者が“いろんな世界があるなあ"と感じるものになるのでは?
「そうだと思います。僕はいろんな人との縁で転がってきて、“誰とも違う人生だ"と、胸を張って言えるようになりました。“欲張っていろんな活動をしつつ、全部が自分のキャリアになっちゃった"っていう僕の人生を面白がって頂ければと思っています。そうやって生きてきて、隔離された水たまりに生息している生き物みたいになっちゃたんですよ。『孤高の表現者』っていうかっこいいタイトルですけど、山椒魚みたいな感じです(笑)。いろんな形の人生があることが、この番組を通じて伝わったら嬉しいです」

取材:田中大

■『金子ノブアキ〜孤高の表現者〜』

放送日:2月21日(水)夜9:00[WOWOWライブ]

【関連番組】

■『RIZE LIVE at 日本武道館 “RIZE IS BACK”』
放送日:2月21日(水)夜10:00[WOWOWライブ]
収録日/収録場所:2017年12月20日@東京・日本武道館
結成20周年を迎えたRIZEの全国ツアー“RIZE IS BACK”から、バンド史上初となる日本武道館での最終公演を楽曲ノーカット放送!

■『超絶ドラマチック!NBAバスケットボール』
「スーパーサタデーLIVE!ウォリアーズvsホークス」
放送日:3月3日(土)午前9:15[WOWOWライブ]
金子ノブアキ、ゲスト出演決定!
世界のスター選手が集う世界最高峰リーグNBA!WOWOWでは毎週4試合放送!!



【関連リンク】
RIZEのドラマーであり、役者としても活躍する金子ノブアキのドキュメンタリーを放映
RIZEまとめ
金子ノブアキまとめ
Fear, and Loathing in Las Vegas、アニメ『覇穹 封神演義』OP曲のMV公開

【関連アーティスト】
RIZE, 金子ノブアキ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 音楽番組

Fear, and Loathing in Las Vegas、アニメ『覇穹 封神演義』OP曲のMV公開
Thu, 01 Feb 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現在全国47都道府県ツアーをサーキット中の新世代ロックモンスター・Fear, and Loathing in Las Vegasが、アニメ『覇穹 封神演義』オープニング曲として放送・配信が開始している新曲「Keep the Heat and Fire Yourself Up」のMVを公開した。今回公開されたMVは、新進気鋭の映像作家INNNI VISIONと初のタッグを組み、バンドとしての魅力を最大限引き出した仕上がりに。アニメ『覇穹 封神演義』の世界観と融合させつつ、複雑な楽曲展開にリンクした新たなる映像アプローチを追求し、“アニメ タイアップのミュージックビデオ”という既成概念を崩壊させた、従来の期待に応える部分と予想を裏切る新鮮な一面を兼ね備えた中毒性の高い作品となっている。

また、「Keep the Heat and Fire Yourself Up」が収録されるシングルが2018年5月2日にリリースされるのでお楽しみに!

■「Keep the Heat and Fire Yourself Up」配信URL
https://lnk.to/9DG-f

シングル「タイトル未定」

2018年5月2日発売



【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
WPZL-31440〜41/¥1,667+税
【初回生産限定盤B】(CD)
WPCL-12870/¥1,111+税
<収録曲>
■CD
「Keep the Heat and Fire Yourself Up」ほか
全3曲収録
■DVD ※初回生産限定盤Aのみ
ツアーオフショット映像収録予定

『5th Album Release Tour 2017-18』

2月03日(土) 和歌山 SHELTER
2月04日(日) 奈良 NEVERLAND
2月09日(金) 長崎 Studio DO!
2月10日(土) 佐賀 GEILS
2月12日(月・祝) 熊本 Django
2月18日(日) 広島 CLUB QUATTRO
2月23日(金) 愛知 Zepp Nagoya
2月25日(日) 大阪 Zepp Osaka Bayside
3月01日(木) 千葉 柏PALOOZA
3月02日(金) 茨城 水戸LIGHTHOUSE
3月04日(日) 福島 郡山#9
3月09日(金) 岩手 盛岡CLUB CHANGEWAVE
3月11日(日) 山形 ミュージック昭和セッション
3月17日(土) 秋田 Club SWINDLE
3月18日(日) 青森 Quarter
3月21日(水・祝) 宮城 仙台PIT
3月24日(土) 北海道 札幌PENNYLANE24
3月31日(土) 沖縄 桜坂CENTRAL

“GRAND FINAL SPECIAL ONE MAN SHOW”
4月14日(土) 千葉・幕張メッセ国際展示場9-11ホール
<チケット>
幕張特設サイトオフィシャル先行(最終先着先行)
受付期間:2月01日(木)12:00〜2月22日(木)23:59 ※スタンディングのみ
http://eplus.jp/falilv/



【関連リンク】
Fear, and Loathing in Las Vegas、アニメ『覇穹 封神演義』OP曲のMV公開
Fear, and Loathing in Las Vegasまとめ
超特急、オフィシャルカレンダーを今年も発売

【関連アーティスト】
Fear, and Loathing in Las Vegas
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 音楽配信

超特急、オフィシャルカレンダーを今年も発売
Thu, 01 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が昨年に引き続き、4月スタートのオフィシャルカレンダーを発売することを発表した。第2弾となる今回のカレンダーは、毎週ページをめくってメンバーと一緒に季節の移り変わりを感じられる月曜日始まりの週めくりのタイプで、“HAPPY"をテーマに、オフの時間を楽しく過ごしているような自然体のメンバーを撮影している。57ページにわたる写真はすべてカレンダーのためだけの撮り下ろしで、さまざまなシチュエーションや組み合わせを楽しむことができる。

販売はLoppi&HMV限定となり、2月3日(土)10:00より予約受付を開始となる。

■『超特急 オフィシャルカレンダー 2018.4→2019.3』

発売日:2018年3月20日
価格:2500円+税(税込2700円)
仕様:A5卓上カレンダー(ダブルリング綴じ、週めくり)
枚数:57枚
発行:SDP
※「通常版」とは表紙と中16枚が異なる「ファンクラブ版」も発売。
※メンバー6人でのカレンダーになります。



【関連リンク】
超特急、オフィシャルカレンダーを今年も発売
超特急まとめ
吉井和哉、2015年以来の全国ツアーを発表

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN

吉井和哉、2015年以来の全国ツアーを発表
Thu, 01 Feb 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)がソロデビュー15周年に当たる2018年6月に、全国5ヵ所をまわるツアーを開催することを発表した。2016年のTHE YELLOW MONKEY再集結よりバンド活動をしてきたが、ソロツアーとしては2015年12月に行なった『Kazuya Yoshii Beginning & The End』以来、2年半ぶりの開催となる。

また、同時発表された最新アーティスト写真から垣間見れる独自の世界観で、楽曲およびライブを創り上げてきた吉井だけに久々のソロツアーは要注目だ。

photo by MITCH IKEDA

『Kazuya Yoshii 15th Anniversary Tour 2018 -Let\'s Go Oh! Honey- 』

6月12日(火)  福岡サンパレスホテル&ホール
6月14日(木)  大阪フェスティバルホール
6月19日(火)  仙台サンプラザホール
6月23日(土)  東京国際フォーラム ホールA
6月30日(土)  名古屋・日本特殊陶業市民会館



【関連リンク】
吉井和哉、2015年以来の全国ツアーを発表
吉井和哉まとめ
THE YELLOW MONKEYまとめ
MADKID、デビュー記念リリースイベントで白熱のパフォーマンスを披露

【関連アーティスト】
吉井和哉, THE YELLOW MONKEY
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, ライブ, ツアー

MADKID、デビュー記念リリースイベントで白熱のパフォーマンスを披露
Thu, 01 Feb 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MADKID(マッドキッド)が1月31日にメジャーデビューシングル「Never going back」発売記念イベントを東京・ヴィーナスフォート 教会広場にて開催した。

2014年に結成して以来、メンバーチェンジなど幾多の試練を乗り越え、路上ライブ、対バンライブといった地道な活動を続けてきたMADKID。苦節3年、やっと掴んだメジャーデビューにより新たな夢へのスタート地点に立った。この日は発売日当日のイベントとあって、各地から300名のファンが詰め掛ける中、リリースイベントとしてはロングセットとなる9曲をたっぷり披露した。

ステージ中央の扉が開きメンバーが登場すると、教会広場に「MADKID」コールが響き渡り「Light up」でイベントがスタート。YUKIの「盛り上がっていきましょう!」の声に「get started」ではファンが前に後ろに身体を揺らし、ステージ前方で5人が煽った「Going around」とライブアンセムを連投して、序盤から一体感溢れるライブを繰り広げた。

その後、KAZUKI、YUKI、SHIN、LIN、YOU-TAとそれぞれ挨拶をすると、YOU-TAは「今日は俺たちの歴史を振り返るように、初期の頃から楽曲を辿ったセットリストにしました。」と説明。「Party up」、「Faded away」、「TOKYO」と彼らの軌跡を歩む楽曲郡で、KAZUKIが「一生に一度の瞬間」と語ったメジャーデビューという一日を盛り上げていく。

そして、いよいよメジャーデビューシングルから、まずはカップリング楽曲の「Stuck on U」「Rain」を届けると、YOU-TAがメジャーデビューまで苦労した3年を振り返り「諦めずに進んできて光が見えてきました。僕たちのスタートラインである今日を見ていただいた皆さんには、これから僕たちがどのように輝いていくか見届けてほしいです。」とファンに想いと伝えた。

最後にステージ上で「Never going back」が1月30日付オリコンデイリーランキング10位にランクインしたことが告げられると、口々にファンに改めて感謝の言葉を投げかけるメンバー。最後はYOU-TAが「これからスタートするという想いを全てぶつけます!」と意気込み、メジャーデビュー曲「Never going back」を白熱のパフォーマンス!彼らがこれから歩んでいく未来への強い決意を詰め込んだステージに大きな拍手が送られると、記念すべきメジャーデビューイベントを締めくくった。

MADKIDは、4月30日(月・祝)にメジャーデビュー後、初のワンマンライブを東京・新宿ReNYで開催する。

【セットリスト】
M1 Light up
M2 get started
M3 Going around
M4 Party up
M5 Faded away
M6 TOKYO
M7 Stuck on U (1月31日発売 SINGLEカップリング)
M8 Rain (1月31日発売SINGLEカップリング)
M9 Never going back(1月31日発売SINGLE表題曲)

Photo by 糸井一臣



【関連リンク】
MADKID、デビュー記念リリースイベントで白熱のパフォーマンスを披露
MADKIDまとめ
EXILE THE SECOND、ニューアルバムを3月に発売!

【関連アーティスト】
MADKID
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブレポ, レポート

EXILE THE SECOND、ニューアルバムを3月に発売!
Thu, 01 Feb 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

EXILE THE SECONDが通算3 作目となる待望のオリジナル・ニューアルバム『Highway Star』を3月28日に発売することを発表した。“未開の道に轍を刻み、6つのルートが拓かれた。さらなる先を目指しハイウェイを突き進む。”といったテーマのもと、キャリアとスキルがある彼らだからこそ表現できる音楽が詰まった1枚となっている。

また、今作は全7形態のラインナップで発売される。【CD】にはシングル収録5曲に加え、アルバム初収録曲8曲の合計13曲を収録予定、【映像Disc(Music Video)】にはシングル「Summer Lover」、「Route 66」、そしてアルバム初収録となる最新作「アカシア」のMusic Videoを全てフルバージョンで収録。初回生産限定盤は全形態共通の【CD】+上記Music Video Disc、さらに初回生産限定盤だけのLive Disc、Document Discによる【3枚の映像Disc】+メンバーの様々な表情を綴った【フォトブック】というフル・ボリュームの超豪華な内容となっている。

さらに、SECONDにちなんだ2,222枚の数量限定のオフィシャルファンクラブ&モバイルサイト限定のグッズ付き商品が登場することも明らかになった。シングル曲のタイトルにもなっている“アカシア"の花の香りをイメージした、メンバー監修によるオリジナル ルーム&ファブリックミストと、『Highway Star』(AL+DVD3枚組/AL+Blu-ray Disc3枚組)をBOXケースにセットにしたオフィシャルファンクラブ&モバイルサイト限定の豪華グッズ付き商品となる。

アルバム『Highway Star』

2018年3月28日発売



【CD+DVD3枚組】
RZCD-86541/B〜D/¥6,980+税
※初回生産限定盤 / 三方背ケース・デジパック仕様 / フォトブック付き
【CD+Blu-ray Disc3枚組】
RZCD-86542/B〜D/¥7,980+税
※初回生産限定盤/ 三方背ケース・デジパック仕様 / フォトブック付き
【CD+DVD】
RZCD-86543/B/¥3,980+税
【CD+Blu-ray Disc】
RZCD-86544/B/¥4,980+税
【CD】
RZCD-86545/¥2,980+税
【上記(CD+DVD3枚組)+ルーム&ファブリックミスト[BOXケース入り]】
RZZ1-86546/B〜D/¥12,980+税
※オフィシャルファンクラブ&モバイルサイト限定商品
【上記(CD+Blu-ray Disc3枚組) +ルーム&ファブリックミスト[BOXケース入り]】
RZZ1-86547/B〜D/¥13,980+税
※オフィシャルファンクラブ&モバイルサイト限定商品
<収録曲>
■CD ※全形態共通
Summer Lover
Route 66
アカシア
HEROS
ほか全13曲収録予定
■映像Disc「Live」
■映像Disc(Document)※初回生産限定盤のみ
※Live ダイジェストMEGA MIX
※EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2017-2018 "ROUTE 6・6"(2017.12.23&24)、a-nation 2017@味の素スタジアム(2017.8.26)、DANCE EARTH FESTIVAL 2017 @幕張海浜公園(2017.10.15)などからセレクトしたライブシーンを収録予定(曲目未定)
※EXILE THE SECONDの活動に密着したドキュメンタリー映像!
■映像Disc(Music Video)※【CD】を除く全6形態共通
Summer Lover
Route 66
アカシア



【関連リンク】
EXILE THE SECOND、ニューアルバムを3月に発売!
EXILE THE SECONDまとめ
GOING UNDER GROUND、4年振りに地元・桶川で『荒川わたれ2018』開催決定!

【関連アーティスト】
EXILE THE SECOND
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, CD, アルバム, 発表

GOING UNDER GROUND、4年振りに地元・桶川で『荒川わたれ2018』開催決定!
Thu, 01 Feb 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GOING UNDER GROUNDが1月から毎月連続リリースする初期3作再録盤リリース記念ライブの集大成として、初期3作からベスト選曲のライブを桶川市民ホールにて、バンド編成でのライブ『20th Anniversary PREMIUM LIVE「荒川わたれ2018」』の開催を発表した。2月1日20時からFC先行、2月12日からはHP先行でのチケット販売が開始となる。詳細は20周年特設サイトにてご確認を。

2018年は「20th STORY+LOVE+SONG」というテーマのもと、 CDデビュー20周年イヤーとして活動中のGOING UNDER GROUND。2月1日よりファーストアルバム『かよわきエナジー』のアコースティックアレンジ再録盤『かよわきエナジー 2018 〜forevergreen〜』も発売を開始した。今作はライブ会場とオンラインサイトでの限定販売となっている。

また、4月に開催するビルボードライブ東京、名古屋ブルーノート、ビルボードライブ大阪のライブチケットは、2月2日より一般発売開始となる。

■GOING UNDER GROUND オンラインサイト
https://goingunderground.stores.jp/
■GOING UNDER GROUND 20周年特設サイト
http://www.gug20th.com/

■『20th Anniversary PREMIUM LIVE 「荒川わたれ2018」』

5月05日(土) 桶川市民ホール
開場:16:30/開演:17:00
<チケット>
全席指定  前売 4,500円/当日 5,000円

『GOING UNDER GROUND 20th Anniversary PREMIUM LIVE』

「-3 Colors - かよわきエナジー 2018 〜forevergreen〜」
4月08日(日) ビルボードライブ東京

「-3 Colors -ホーム 2018〜midnightblue〜」
4月11日(水) 名古屋ブルーノート

「-3 Colors - ハートビート 2018 〜emotionalred〜」
4月12日(木) ビルボードライブ大阪



【関連リンク】
GOING UNDER GROUND、4年振りに地元・桶川で『荒川わたれ2018』開催決定!
GOING UNDER GROUNDまとめ
いときん(ET-KING)、癌性心膜炎のため逝去

【関連アーティスト】
GOING UNDER GROUND
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ワンマン

いときん(ET-KING)、癌性心膜炎のため逝去
Thu, 01 Feb 2018 12:45:00 +0900


J-POPユニット・ET-KINGのリーダーとして牽引してきた、いときんが1月31日(水)11時28分に癌性心膜炎のため大阪府内の病院で亡くなったことが発表された。享年38歳。通夜式、葬儀告別式についても発表された。

いときんは2017年8月に肺腺がんを患っていることを公表し、ライブ活動を休止して治療に専念する中、2017年12月28日には大阪・Zepp Nambaで行なわれた全国ツアー『えびす巡業〜出稼ぎ篇〜』のファイナル公演に出演。ファンの前でパフォーマンスを披露していた。4月25日(水)にリリースされるET-KINGのニューアルバム『LIFE』は、いときんもレコーディングに参加している。

■ET-KING オフィシャルHP
http://www.et-king.com/

■【通夜式・葬儀告別式について】

式場:やすらぎ天空館(大阪市阿倍野区阿倍野筋4−19−115)
通夜式:2月03日(土)19時00分〜
葬儀式:2月04日(日)10時30分〜12時00分



【関連リンク】
いときん(ET-KING)、癌性心膜炎のため逝去
ET-KINGまとめ
10-FEET、今年も主催イベント『京都大作戦』の開催を発表

【関連アーティスト】
ET-KING
【ジャンル】
J-POP, ニュース

10-FEET、今年も主催イベント『京都大作戦』の開催を発表
Thu, 01 Feb 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10-FEETが主催するイベント『京都大作戦』が、7月7日(土)と8日(日)に『京都大作戦2018〜去年は雷雨でごめんな祭〜』と題し、開催されることが発表された。

2007年に京都在住の10-FEETの結成10周年を記念して立ち上げた主催フェス『京都大作戦』。初年度は台風の直撃により中止となったが、翌年から回を重ねていき、2017年に開催10回目を迎え三日間に渡って開催された。三日目の最終日は雷雨により約2時間の中断を余儀なくされるも、わずか一時間のあいだにマキシマム ザ ホルモン、ROTTENGRAFFTY、10-FEETが奇跡的にバトンを繋ぎ、三日間を完遂した。

11回目という新たなフェイズに入る今年も、チケットは即日完売が予想される。オフィシャルHP第1次先行は、来週2月9日(金) 昼12:00よりエントリーが始まる。

■『京都大作戦2018 〜去年は雷雨でごめんな祭〜』

日程:7月07日(土)、08日(日)
会場:京都府立山城総合運動公園 太陽か?丘特設野外ステーシ?
時間:開場 9:30 / 開演 11:00 / 終演 20:00予定
出演アーティスト:10-FEET(両日出演) and more...
前売チケット料金:
・7/7 1日券 ¥6,400
・7/8 1日券 ¥6,400
・2日通し券 ¥12,400
※価格は全て税別 ※全自由(整理番号無し)
※小学生以上有料/未就学児童は保護者同伴の場合無料先行情報
先行情報:オフィシャルHP第1次先行
受付期間:2月9日(金) 昼12:00~2月28日(水) 23:59 ※顔認証あり
※エントリー抽選方式(先着順て?はこ?さ?いません)
備考:
・雨天決行/荒天中止
・アーティストは都合により変更になる場合か?こ?さ?います。その際チケット代金の払い戻しは行いませんのて?、予めこ?了承下さい。



【関連リンク】
10-FEET、今年も主催イベント『京都大作戦』の開催を発表
10-FEETまとめ
THE BACK HORN、対バンツアー第2弾発表はアルカラとクリープハイプ

【関連アーティスト】
10-FEET
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, 夏フェス

THE BACK HORN、対バンツアー第2弾発表はアルカラとクリープハイプ
Thu, 01 Feb 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE BACK HORNが4月より開催する『「KYO-MEI対バンツアー」〜情景泥棒〜』の第2弾対バンアーティストとして、4月15日(日)の岡山公演にはアルカラ、4月20日(金)の新潟公演にはクリープハイプの出演が発表された。

これまでにTHE BACK HORN主催の対バンライブにも出演したことのある親交の深い2組との対バンライブが実現するこのツアーは他に、4月1日(日)の名古屋公演がUNISON SQUARE GARDEN、4月6日(金)の仙台、4月8日(日)の札幌公演が9mm Parabellum Bulletとの対バンが既に発表されており、残す5月13日(日)の福岡公演の対バンの発表を待つばかりだ。

■THE BACK HORN 20th Anniversary特設サイト
http://thebackhorn.com/feature/20th_anniversary

『THE BACK HORN 20th Anniversary 「KYO-MEI対バンツアー」〜情景泥棒〜 』

4月01日(日) Zepp Nagoya
w/UNISON SQUARE GARDEN
4月06日(金) 仙台PIT
w/9mm Parabellum Bullet
4月08日(日) Zepp Sapporo
w/9mm Parabellum Bullet
4月15日(日) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
w/アルカラ
4月20日(金) 新潟LOTS
w/クリープハイプ
5月13日(日) 福岡DRUM LOGOS



【関連リンク】
THE BACK HORN、対バンツアー第2弾発表はアルカラとクリープハイプ
THE BACK HORNまとめ
アルカラまとめ
クリープハイプまとめ
NakamuraEmi、新作のアートワーク発表&全国ラジオ局ジャック

【関連アーティスト】
THE BACK HORN, アルカラ, クリープハイプ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ツアー

NakamuraEmi、新作のアートワーク発表&全国ラジオ局ジャック
Thu, 01 Feb 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

NakamuraEmiが3月21日にリリースする3rd アルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5』の詳細及び、新しいアーティスト写真、アルバムジャケット写真を公開した。今作には、2017年にNHKの番組でパラアスリートの中西麻耶選手の応援歌として書き下ろした「N」、J-WAVE(81.3FM)『SAISON CARD TOKIO HOT 100』内にてオンエア中の朝日新聞 企業ラジオCM「新聞」のフルバージョン、インディーズ時代にリリースした『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.3』に収録されライブの定番曲となっている「モチベーション」のリアレンジに加えて、誕生より50年を迎える名作『あしたのジョー』を原案としたTVアニメ『メガロボクス 』のエンディングテーマとして書き下ろした「かかってこいよ」など、全8曲が収録される。2月1日(木)には、それらの楽曲が全国各地のラジオ局をジャックしてオンエア! また、アルバムのリードトラック「かかってこいよ」は、2月2日(金)0時よりiTunes、Apple Music、Spotifyでの先行配信が開始となり、iTunesではアルバムのプレオーダーもスタートとなる。

全国22カ所をまわる『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5 Release Tour 2018』のチケットHP先行予約や、アルバムの発売を記念した「NOU5発売記念企画〜あなたの街にNOU5のポスターとチラシを送らせてください〜」の応募も受け付けているので併せて要チェック!

■「NOU5発売記念企画〜あなたの街にNOU5のポスターとチラシを送らせてください〜」
応募期間:1月20日(土)20:30〜2月10日(土)23:59
URL:https://krs.bz/columbia/m/nou5

アルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5』

2018年3月21日(水・祝)発売



【初回限定生産盤(豪華紙ジャケ特別仕様)】
COCP-40289/¥2,700+税
<収録曲>
1. Don\'t(Album mix) (TVアニメ「笑ゥせぇるすまん NEW 」オープニングテーマ)
2. N
3. かかってこいよ (TVアニメ「メガロボクス 」エンディングテーマ)
4. 新聞(朝日新聞社 企業ラジオCM) 
5. 波を待つのさ
6. 星なんて言わず 
7. 教室 
8. モチベーション



【通常盤(Pケース仕様)】
COCP-40297/¥2,700+税



【LP】
COJA-9330/¥4,000+税  
※本人直筆シリアルナンバー入り
※数量限定生産


【AL収録曲 全国ラジオ局でのオンエア一覧 】

1. Don\'t(Album mix) (TVアニメ「笑ゥせぇるすまんNEW 」オープニングテーマ)
 広島FM「DAYS!?」(13:30〜17:54)
 http://hfm.jp/blog/days/
 ※13時台オンエア予定
2. N
  NHK-FM「ミュージックライン」(21:10-22:45)
 http://www4.nhk.or.jp/ml/
3. かかってこいよ(TVアニメ「メガロボクス 」エンディングテーマ)
  FM802「THE NAKAJIMA HIROTO SHOW 802 RADIO MASTERS」(15:00-19:00)
 https://funky802.com/masters/
 ※17時台オンエア予定
4. 新聞(朝日新聞社 企業ラジオCM)
  J-WAVE(81.3FM)「STEP ONE」(9:00-13:00)
 http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/
 12時台オンエア予定
5. 波を待つのさ
  FM FUKUOKA「Hyper Night Program GOW!!」(16:30-20:25)
 https://fmfukuoka.co.jp/gow/
 ※17時台オンエア予定
6. 星なんて言わず
  FM NORTH WAVE「GOGO RADIO (ゴゴラジ)」(12:00-15:00)
 https://www.fmnorth.co.jp/pro.asp?PID=808
 ※14時台オンエア予定
7. 教室
  TOKYO FM & JFN 38局ネット 「SCHOOL OF LOCK!」(22:00-23:55)
 http://www.tfm.co.jp/lock/index.html
※22時台オンエア予定
8. モチベーション
  ZIP-FM「SMILE HEART BEAT」(14:00-17:00)
 https://zip-fm.co.jp/program/smile_heart_beat/
※16時台オンエア予定

【ライブ・イベント情報】

■NOU5 発売記念インストアイベント
3月21日(水・祝)19:00〜 タワーレコード渋谷B1CUTUPSTUDIO 
※3月21日イベント内容:ライブ&特典「直筆サイン入りポスター」お渡し会
3月24日(土)15:00〜 タワーレコード新宿店
4月05日(木)20:00〜 タワーレコード福岡パルコ店
4月07日(土)14:00〜 タワーレコード広島店
4月14日(土)14:00〜 タワーレコード梅田NU茶屋町店
4月15日(日)14:00〜 タワーレコード名古屋パルコ西館イベントスペース
4月19日(木)19:00〜 タワーレコード仙台パルコ店
4月21日(土)14:00〜 タワーレコード札幌ピヴォ店
※3月24日〜4月21日イベント内容:アコースティックライブ&サイン会
参加方法などの詳細はこちら
http://columbia.jp/nakamuraemi/live.html#instore

■『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5 〜Release Tour 2018〜』
5月02日(水) 群馬 高崎club FLEEZ
5月03日(木・祝) 栃木 HEAVEN\'S ROCK 宇都宮
5月09日(水) 石川 金沢21世紀美術館・シアター21
5月10日(木) 新潟 新潟ジョイア・ミーア
5月13日(日) 高知 高知X-pt.
5月15日(火) 京都 京都 磔磔
5月16日(水) 兵庫 神戸チキンジョージ
5月18日(金) 熊本 熊本B.9 V2
5月19日(土) 長崎 長崎DRUM Be-7
5月22日(火) 岐阜 岐阜club-G
5月23日(水) 三重 松阪M\'AXA
5月26日(土) 広島 広島Live Juke
5月27日(日) 岡山 岡山Desperado
5月30日(水) 福島 郡山CLUB #9
5月31日(木) 宮城 仙台MACANA
6月02日(土) 北海道 函館あうん堂ホール
6月03日(日) 北海道 札幌cube garden
6月22日(金) 福岡 福岡DRUM Be-1 ※バンド編成
6月23日(土) 香川 高松DIME ※バンド編成
6月27日(水) 東京 EX THEATER ※バンド編成
6月30日(土) 大阪 大阪BIG CAT ※バンド編成
7月01日(日) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO ※バンド編成
<2人編成>
Vo,NakamuraEmi / Gt,カワムラヒロシ
<バンド編成>
※福岡・香川・東京
Vo,NakamuraEmi / Gt,カワムラヒロシ / Ba,鹿島達也 / Dr,TOMO KANNO / Per,大塚雄士
※大阪・愛知
Vo,NakamuraEmi / Gt,カワムラヒロシ / Ba,鹿島達也 / Dr,河村“カースケ"智康 / Per,大塚雄士
<チケット>
5月02日(水)〜6月03日(日)公演:全自由¥4,000(税込+1Drink)※石川公演のみドリンクなし
6月22日(金)〜7月01日(日)公演:全自由¥4,500(税込+1Drink)
席種:全自由 (東京公演1F全自由)
※未就学児童可
※小学生以上の方はチケットが必要となります。
・HP先行
1月20日(土)20:30〜2月04日(日)23:59
http://eplus.jp/nakamuraemi2018/



【関連リンク】
NakamuraEmi、新作のアートワーク発表&全国ラジオ局ジャック
NakamuraEmiまとめ
SUPER★DRAGON、リリイベで2000人のファンが会場を埋め尽くし大盛況!

【関連アーティスト】
NakamuraEmi
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, アルバム, 音楽配信

SUPER★DRAGON、リリイベで2000人のファンが会場を埋め尽くし大盛況!
Thu, 01 Feb 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9人組ミクスチャー系ユニット・SUPER★DRAGONが、3rdシングル「Monster!」を1月31日(水)リリースし、1月30日付のオリコンデイリーCDシングルランキングにて第3位を獲得! 発売日に、東京・池袋サンシャインシティB1 噴水広場にてフリーライブを開催すると約2,000人のファンが来場し、イベント終盤にはユニット初の1st写真集の発売をサプライズ発表した。

大歓声に包まれながら登場したSUPER★DRAGONは、オープニングから「Mr.GAME」「Mada\' Mada\'」と激しいダンスナンバーとコール&レスポンスで会場を盛り上げる。リリース日ということもあり、メンバー達も、玲於「お前ら盛り上がってるかー!」、颯「いつもの2倍3倍4倍くらい盛り上がっていきましょう!」、楽「みなさん全力で盛り上がっていきましょう!」とシャウトし、毅は「今日は3rdシングル『Monster!』の発売日です!記念すべき日に、池袋にお集まりいただきありがとございます!」と挨拶すると、「まだまだ、Monsterになれますかー!?」と投げかけ次曲へ繋いだ。表題曲の「Monster!」は、SUPER★DRAGONが初めて挑む恋愛ソング。SUPER★DRAGONの代名詞となる骨太なサウンドに、軽快で刺激的なラップ、感情を爆発させた情緒的な歌声がMIXされ、“エモ”と“Hip-Hop”が融合した新たなジャンル“エモHip-Hop”な楽曲が誕生! ラブソングでありながらゴリゴリの重低音を響かせ、過去最高難易度のフォーメーションダンスや、初見の人でも一緒に踊れるフックパートの“ギミモンダンス”で会場を沸かせた。

ライブ後半は、軽快なトロピカルハウスのビートが心地良い楽曲「City Noise」、1stアルバムのリード曲「BROTHERHOOD」では肩を組み、ユニットの絆を確かめるようにしながら会場を熱く披露した。終盤には、初の写真集「Heads or Tails」が3月16日(金)発売すること発表! ジャンは「写真集でしか見られないものがたくさん詰まっています! 皆さん、写真集見たいですよね!? 俺たちも見たいです!!(笑)」とコメントを残し、来場者らを笑わせた。写真集タイトルの「Heads or Tails」とは、“表か裏か?”という意味で、コインを投げて勝負事をする際に使われる言葉で、同写真集もコインの裏表のようにスパドラの魅力をW表紙の特別仕様で表現している。退廃的な世界とナチュラルで等身大の9人の両方が楽しめる仕上がりになっており、どちらの面も猛スピードで成長する彼らの“今”の魅力があふれる写真集が完成した。

最後は3rdシングル「Monster!」のデイリー初登場3位獲得を発表すると、メンバーを代表して毅が「俺達の今日発売の「Monster!」がオリコンデイリー3位に決定しました! ここに集まっている皆さん1人1人のパワーのおかげでやりきれました! まだまだリリースイベント、ツアーと続いていくので、皆さん僕達にしっかりついてきてください! 今日は本当にありがとうございました!」と締め括り、来場者らへ頭を下げた。3rdシングル「Monster!」を引っ提げて駆け出したSUPER★DRAGONは、今春『SUPER★DRAGON 6th ONEMAN LIVE TOUR』を、5会場7公演で開催する。今知らないとヤバいユニット・SUPER★DRAGON、走り出した9人にますます目が離せない!

photo by 笹森健一

【セットリスト】
1.Mr.GAME
2.Mada\' Mada\'
3.Monster!
4.City Noise
5.BROTHERHOOD

シングル「Monster!」

2018年1月31日(水)発売



【TYPE-A】
ZXRC-1129/¥1,000(税込)
<収録曲>
M1. Monster!
M2. City Noise
【TYPE-B】
ZXRC-1130/¥1,000(税込)
<収録曲>
M1. Monster!
M2. ゲットレジャーニー
【TYPE-C】
ZXRC-1131/¥1,000(税込)
<収録曲>
M1. Monster!
M2. SOUL FLAG

■特設サイト
http://super-dragon.jp/flag_school/

1st写真集「Heads or Tails」

発売日:3月16日(金)
価格:2,500円(税込)
カメラマン:鎌田拳太郎/tAiki
判型:A4変形
ページ数:112頁
発行:(株)SDP

【ライブ情報】

■『3rd SINGLE RELEASE FREE LIVE TOUR「SOUL FLAG」』
2月03日(土)13:00〜 東京・ららぽーと豊洲
2月04日(日)13:00〜 埼玉・ららぽーと新三郷
2月10日(土)13:00〜 千葉・イオンモール幕張新都心
2月11日(日)13:00〜 兵庫・神戸スペースシアター

■『SUPER★DRAGON 6th ONEMAN LIVE TOUR』
3月24日(土) 大阪・NHK大阪ホール
1部:開場13:00 開演13:30/2部:開場17:00 開演17:30
3月30日(金) 福岡・福岡国際会議場
4月08日(日) 宮城・仙台電力ホール
5月05日(土) 愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
1部:開場13:00 開演13:30/2部:開場17:00 開演17:30
5月13日(日) 千葉・市川市文化会館
<チケット>
指定席¥6,500(税込)
※3歳以上はチケットが必要となります。
※3歳未満のお子様は大人1名につき1名まで膝上に限り無料。ただしお席が必要な場
合はチケットが必要です。
http://super-dragon.jp/news/953



【関連リンク】
SUPER★DRAGON、リリイベで2000人のファンが会場を埋め尽くし大盛況!
SUPER★DRAGONまとめ

【関連アーティスト】
SUPER★DRAGON
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, ユニット, シングル, リリース













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1