歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年01月30日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
the peggies、iTunes2位の新作にピエール中野、RINA(SCANDAL)などからコメントが到着
Tue, 30 Jan 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

the peggiesの最新ミニアルバム『super boy ! super girl !!』が、1月24日付けのiTunesアルバムロックチャートで第2位を記録した。『super boy ! super girl !!』は約2年半ぶりとなるミニアルバムで、リリースを受けてかねてより親交の深いピエール中野(凛として時雨)、CHAI、雫(ポルカドットスティングレイ)、RINA(SCANDAL)らがコメントを寄せている。

the peggiesは1月30日25時58分から放送されるTBSテレビ『ライブB♪』に出演するほか、2月末からは全国10都市をまわるツアー『the peggies super boy ! super girl !! tour 2018 〜SUPERMARKET TRIP !!!〜』もスタート。同ツアーのチケットは、東名阪公演以外の一般発売が開始されたので、お見逃しなく。

■『super boy ! super girl !!』 コメント

■ピエール中野(凛として時雨)
そっと寄り添って、力強く背中を押してくれるような至極の名曲の数々に、胸がぎゅっとなりました。学生時代にthe peggiesと出会っていたらどんな人生になっていたのか、そんな思いを馳せるだけでも心が満たされます。それと、縁あって自分のドラムセットを使ってもらったのですが、良い音で演奏してくれて本当に嬉しいです。ありがとう。

■牛丸ありさ(yonige)
可愛いバンドだと思って聴いたら痛い目にあいます。
次はどんな曲がくるんだ?って最後まで飽きさせない。
ライブではどんな化け方するんだろうってワクワクする。

■若井滉斗(Mrs. GREEN APPLE)
僕がthe peggiesの音楽と出会ったのは5年前の高校2年生の頃。
その時味わった衝撃がまた今回のアルバムを通して何回も訪れました。
新曲を聴かせてもうたびに確実に進化していっているし、ガールズバンドの域を超えたアレンジやそれぞれが鳴らすサウンドに改めて度肝抜かれました。
カッコいいアルバムです!ライブ行きたい!!

■たかはしほのか(リーガルリリー)
バンドサウンドの全曲が違うバンドの曲のように聴こえて、1つのアルバムに様々な方向のペギーズが見渡せます。
ポップにダウナーを融合させている実験的な作品だと感じました。

■CHAI
女の子には色んな種類のガールたちがいて、かわいいにも色んな種類のキュートがあるとおもうんだなー。
きっと私たちはこんな女の子たちにジェラシーを感じ続けちゃうし、なりたいって思い続けちゃうから、やっぱりかわいーなー。
ピチピチNICEバンドガール!!

■雫(ポルカドットスティングレイ)
今のthe peggiesを凝縮して詰め込んだ名盤です。
底抜けに爽やかなポップチューン、M1「GLORY」から始まり、疾走感のあるM2「ネバーランド」を聴くころにはたちまちリスナーは引き込まれてしまう。
彼女たちの持ち味のひとつであるグッドメロディはそのままに、正統な進化を遂げたthe peggiesがそこにあります。
かと思えば、M6「I 御中」のように「文房具屋さんにあった試し書き」だけで1曲作ってしまうような遊び心のある試みもあり、思わずニヤッとしてしまいました。
アレンジの幅も ミックスの心地よさもさらに進化し、the peggiesの新境地を見せられました。
今を体現するガールズロックバンドの進化、ぜひ聴いてください。

■片平里菜
この甘い声に油断して裏切られて虜になる
可愛いくせにかっこいい、ロックな3人組
またライブ一緒にやろうね!

■石川大裕(BURNOUT SYNDROMES)
the peggiesは全6曲を通して『かわいくてカッコいい女の子』を証明している。まさにsuper girl。
でもそんな彼女達が見せるふとした弱さに気づいてあげられたら…僕も君もsuper boyになれるかもしれない。

■RINA(SCANDAL)
女の子にしか書けない歌詞に、the peggiesにしか鳴らせない音、ゆうほちゃんのボーカルセンスが光るなんともズルい1枚。
“遠距離恋愛” が特にお気に入り。
いつだって今がいちばん最高なペギーズが大好き。

■白山治輝(Brian the Sun)
6曲30分弱なのにフルアルバムを聞いたかのような満足感!ちゃんと音源の中にストーリーがあって、次は歌詞に集中して聞こう、次は楽器に集中しようとか、何周も聞きたくなる曲達でした!ライブ見るたびに力強くなってるしこれからも楽しみ!
またツアー出てね!

ミニアルバム『super boy ! super girl !!』

2018年1月24日発売



ESCL-4956/¥2,000(税込)
※初回仕様限定版
<収録曲>
1.GLORY 
2.ネバーランド 
3.恋の呪い
4.遠距離恋愛
5.ハートビート   
6.I 御中〜文房具屋さんにあった試し書きだけで歌をつくってみました。

『the peggies super boy ! super girl !! tour 2018 〜SUPERMARKET TRIP !!!〜』

2月21日 (水) 香川・高松DIME
2月23日 (金) 福岡・DRUM Be-1
2月24日 (土) 広島・CAVE-BE
3月04日 (日) 北海道・札幌COLONY
3月09日 (金) 新潟・CLUB RIVERST
3月10日 (土) 宮城・仙台 LIVE HOUSE enn 2nd
3月15日 (木) 石川・金沢 vanvan V4
3月17日 (土) 愛知・名古屋 CLUB QUATTRO
3月18日 (日) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
3月25日 (日) 東京・マイナビBLITZ赤坂
<チケット>
オールスタンディング¥3,500(ドリンク代別)
※赤坂公演のみ1Fスタンディング¥3,500(ドリンク代別)
・チケット一般発売受付中
2月21日(水) 高松〜3月15日(木)金沢 7公演
・2月10日(土)より一般発売開始
3月17日(土)名古屋〜3月25日(日)赤坂 3公演
■ぴあ
http://w.pia.jp/t/thepeggies-pia/
■ローソン
http://l-tike.com/peggiesticket
■イープラス
http://eplus.jp/thepeggies/



【関連リンク】
the peggies、iTunes2位の新作にピエール中野、RINA(SCANDAL)などからコメントが到着
the peggiesまとめ
ピエール中野まとめ
SCANDALまとめ
BURNOUT SYNDROMESまとめ

【関連アーティスト】
the peggies, ピエール中野, SCANDAL, BURNOUT SYNDROMES, 片平里菜, ポルカドットスティングレイ, CHAI, yonige, Mrs. GREEN APPLE, Brian the Sun
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, CD, リリース, 発売, ミニアルバム, 音楽番組, 出演, ツアー, チケット

LUNA SEA、中止公演のリベンジは5月に決定
Tue, 30 Jan 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LUNA SEAのSUGIZO(Gu&Violin)がインフルエンザを発症したために開催中止となった『LUNA SEA LIVE TOUR 2018 The LUV -World left behind-』の森のホール21公演の振替公演が決定した。1月27日分の公演は5月23日に、1月28日分の公演は5月24日に開催。手持ちのチケット・座席でそのまま観覧できるが、来場が困難な購入者に向けて1月31日10時から2月19日までチケットの払戻しが実施される。詳細はキョードー東京のオフィシャルHPにて確認してほしい。

なお、SUGIZOの体調も無事回復に向かっており、2月3日のカルッツかわさき公演より全国ツアーが再開される予定とのこと。

■払戻期間
2018年1月31日(水)10:00 〜 2018年2月19日(月)※締切時間は各プレイガイドにより異なります。
キョードー東京オフィシャルサイト:http://kyodotokyo.com/lunasea2018

『LUNA SEA LIVE TOUR 2018 The LUV -World left behind-』

2月03日(土) 神奈川・カルッツかわさき
2月04日(日) 神奈川・カルッツかわさき
2月10日(土) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
2月11日(日) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール 
2月24日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
2月25日(日) 宮城・仙台サンプラザホール
3月03日(土) 石川・本多の森ホール
3月04日(日) 石川・本多の森ホール
3月10日(土) 茨城・茨城県立県民文化センター
3月11日(日) 茨城・茨城県立県民文化センター
3月17日(土) 広島・上野学園ホール
3月18日(日) 広島・上野学園ホール
3月24日(土) 大阪・フェスティバルホール 
3月25日(日) 大阪・フェスティバルホール
3月31日(土) 福岡・福岡サンパレス
4月01日(日) 福岡・福岡サンパレス 
5月23日(水) [千葉] 松戸・森のホール21 <1/27振替公演>
5月24日(木) [千葉] 松戸・森のホール21 <1/28振替公演>

※チケット払い戻しに関する問い合わせはこちら
http://kyodotokyo.com/lunasea2018



【関連リンク】
LUNA SEA、中止公演のリベンジは5月に決定
LUNA SEAまとめ
冬の定番! 雪が舞うMV特集

【関連アーティスト】
LUNA SEA
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ツアー

冬の定番! 雪が舞うMV特集
Tue, 30 Jan 2018 18:00:00 +0900


アーティストの数だけいろいろなこだわりが発見できるMVは、毎回新しいことに挑戦したり、お決まりのパターンがあったりと、それぞれが持つ特性が詰め込まれていますよね。そんな映像作品としても奥深いMVを、このコラムではテーマごとにピックアップしてご紹介します。第1回目は、ちょうど関東でも4年振りの大雪が見られたということで、 “雪が舞うMV”の魅力を探ってみましょう!

舞ってる度:★☆☆☆☆

『JR SKI SKI』のCMソングに起用されていたので、サビの《雪が綺麗と笑うのは君がいい》というフレーズが耳に残っている人も多いのでは? back numberは女性を起用したMVが多い中、「ヒロイン」は本人出演のみで、室内での演奏シーンが多かったり、外へ出ても建物の近くで雪を見つめているだけなのは、気持ちのままに飛び出せずに好きな人への未練を心に閉じ込めているようにも見える。想いを寄せる人のことばかり歌っているのに、相手が一切出てこないのも諦めているということなのだろうか。歌詞では書きかけたメールを消したり、“好き”という言葉が1度も出てこなかったりと、気持ちが渦巻いていることが十分すぎるくらいに伝わってくる。雪が舞ってる度は低めではあるが、シンシンと降り積もる雪とともに想いが募っていく、ただそれだけの時間が切り取られた映像が心に沁み込む。

舞ってる度:★★☆☆☆

9月16日をもって引退することが発表されている安室奈美恵が2005年にリリースした、自身初のクリスマスソング。ゆっくりなカメラワークとメロウなサウンドが落ち着いた雰囲気を演出し、久しぶりに会う恋人との大切なひと時を歌う柔らかい表情からは冬の中の温かみを感じるMVに。出演しているのは本人のみというシンプルさが、囁くような歌声のイメージにぴったり! 華やかなクリスマスツリーやシャンデリア、真赤なソファーなどの派手目な色合いもあるけれど、服装は黒いドレスやロングブーツ、ショートパンツに白いポンチョと、静かな冬景色を表すようなモノトーンにまとめている。サビの《空を舞う白い雪に溶かして》というフレーズとともに大粒の雪が降っているので、舞ってる度は少し上がって星2で。

舞ってる度:★★☆☆☆

2003年の発売以降、各所での“冬うたランキング”に毎年ランクインしている「雪の華」のMVは、なんと本人のリクエストによって氷点下のスタジオで撮影されたという。愛する人を思う健気な気持ちを歌いながらも、氷の中で歌うシーンは儚く弱々しい。特に前半は表情も不安そうで、息も白く、髪の毛には雪が積もっていたりと観ているだけでも寒さを感じるほど。しかし、大サビ以降はCGを交えた演出に変わって髪の毛に積もった雪が解け、白い息もなくなり、心なしか表情もさっぱりと明るい。降り続いていた粉雪もキラキラと光る結晶に変わって、歌詞も《甘えとか弱さじゃない》と自信を感じる展開に! MVを観れば、愛することへの決意が育まれていく熱い一曲であることが分かるはず。氷点下の中ドレス1枚で歌っているシーンの印象が強いので、舞ってる度は星2つ。でも、寒さは断トツです!!

舞ってる度:★★★☆☆

2014年に結成された男女混成ダンス&ヴォーカルグループ・lol(エルオーエル)の初のバラードソング。そのMVは遠距離恋愛を歌った純愛な歌詞とは裏腹に、メンバーが演じている登場人物の恋心が複雑に交差し、“そういうことなの!?”とショートバージョンを観ただけでも楽曲の捉え方が広がってくる。moca演じる恋人からの連絡を待つ主人公と、その連絡に気が付きながらもなぜかhonokaと一緒にいる友祐。mocaがふたりと道端ですれ違うところまではYouTubeで観ることができるが、それはいわゆる浮気なのか、それとも遠距離になる前の自分を重ね合わせている描写なのか…気になる方は初回限定盤のDVDに収録されているフルMVを観て判断してみてほしい。メンバーが歌うシーンは風が強めなので、雪の舞ってる度は高めの星3つ。なんだけど、心の中は舞ってるどころじゃない主人公には、吹雪いてる度の星5をあげたい…。

舞ってる度:★★★★★

「HIGH PRESSURE」「HOT LIMIT」といった“T.M.Revolutionと言えば突風!”と印象付けた作品はもちろん、2016年には代表取締役社長を務める株式会社 突風の設立も記憶に新しいT.M.Revolutionが1997年に発表した楽曲。約10機のファンを使い、もはや“舞う”では収まらない吹雪の中、さらにマフラーを振り回して風を起こし、季節感とは反する情熱的な心を表現した演出が楽曲のジレンマをより鋭く訴えている。ここまでに挙げた他の4本と違うのは、本人だけではなくギタリストとダンサーも同じ状況の中で薄着でパフォーマンスをすることで、寒さを差し置いて華やかさが強くなっているところ。歌詞には《暖めさせて》とあるけれど、この吹雪の中にいても暑そうなくらいのパッションなら、その必要もないように感じるところも…。雪以上に代名詞の突風のほうが気になるが、舞ってる度は問答無用の星5です!!

TEXT:千々和香苗



【関連リンク】
冬の定番! 雪が舞うMV特集
back numberまとめ
安室奈美恵まとめ
中島美嘉まとめ
lolまとめ

【関連アーティスト】
back number, 安室奈美恵, 中島美嘉, lol, T.M.Revolution
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 連載コラム, 気になるワードでディグる! 〇〇なMV, ミュージックビデオ, MV, シングル, アルバム

東京スカパラダイスオーケストラ、「ちえのわ feat.峯田和伸」MV公開
Tue, 30 Jan 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

東京スカパラダイスオーケストラが、峯田和伸(銀杏BOYZ)をゲストボーカルに迎えたニューシングル「ちえのわ feat.峯田和伸」のMVを公開した。前作に続き、今作も映像演出は数多くの名作MVを世に輩出した番場秀一が担当。夕焼けに染まる海辺の工事現場での演奏シーンや峯田の熱唱が印象的で、楽曲の勢いをそのまま表現した疾走感あるMVに仕上がっている。また、MVの間にはここでしか観られないレコーディング風景とMVの撮影の様子を垣間見ることができる。谷中、峯田のコメントも必見だ。

CDのカップリングには、2017年3月にリリースしたアルバム『Paradise Has NO BORDER』に収録されている「Samurai Dreamers <サビレルナ和ヨ> feat.TAKUMA(10-FEET)」にブラジルヒップホップ界を代表するEMICIDAをフィーチャリングに迎えたリミックス「Samurai Dreamers(S?o Paulo mix) feat.TAKUMA(10-FEET)+EMICIDA」や、2017年大盛況に終わったライブハウスツアー『涙後体前』の最終公演からライブ音源「Rain Again〜縦書きの雨〜 Live at DRUM LOGOS (from 2017 TOUR「涙後体前」)」、そして「ちえのわ (Instrumental)」が収録される。DVDには「ちえのわ feat.峯田和伸」のMVと、『Latin America Tour 2017』の模様の後編を収録。アメリカ・サンディエゴ、サンタアナ、ブラジル・サンパウロ、コロンビア・ボコタ、チリ・サンディアゴでのライヴの様子を観ることができる。

Photo by 梅佳代(東京スカパラダイスオーケストラ×峯田和伸 写真)

シングル「ちえのわ feat.峯田和伸」

2018年2月21日発売



【CD+DVD】
CTCR-40392/B/¥2,300 +税
【CD only】
CTCR-40393/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.ちえのわ feat.峯田和伸
2.Samurai Dreamers(S?o Paulo mix) feat. TAKUMA(10-FEET)+EMICIDA
3.Rain Again〜縦書きの雨〜 Live at DRUM LOGOS (from 2017 TOUR「涙後体前」)
4.ちえのわ (Instrumental)
■DVD
1.ちえのわ feat.峯田和伸 (Music Video)
2.LATIN AMERICA TOUR 2017"NO BORDERS"ライブドキュメンタリー(後編)

◎特典情報
amazon:Music Video オフショット絵柄 ステッカー
TOWER RECORDS:CD+DVDジャケット写真絵柄 缶バッジ(サイズ:44mm)
TSUTAYA:Music Video オフショット絵柄 A3サイズポスター
HMV:Music Video オフショット絵柄 ポストカード



【関連リンク】
東京スカパラダイスオーケストラ、「ちえのわ feat.峯田和伸」MV公開
東京スカパラダイスオーケストラまとめ
銀杏BOYZまとめ
星野源、シングル「ドラえもん」オリジナル特典の絵柄を公開

【関連アーティスト】
東京スカパラダイスオーケストラ, 銀杏BOYZ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, コラボレーション, コラボ, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル

星野源、シングル「ドラえもん」オリジナル特典の絵柄を公開
Tue, 30 Jan 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

星野源のニューシングル「ドラえもん」の店舗別オリジナル特典となる、A5クリアファイルの絵柄が公開となった。今回のオリジナル特典は、イラストと写真を使った全5種類のデザイン。ジャケットデザインは、ドラえもんがポケットの中から星野のCDをひみつ道具のように取り出したようなイラストになっているが、特典の絵柄はそのCDジャケットから飛び出てきたような、イラストと写真が“次元”を飛び超えてシンクロしたような仕上がりだ。

特典のA5クリアファイルは各対象店舗にて、シングル「ドラえもん」を予約・購入すると先着でプレゼントされる。購入店舗によって異なる5種類のデザインになっているので、お気に入りの絵柄を決めて早めにゲットしてほしい。

(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018

■【シングル「ドラえもん」 店舗別オリジナル特典】

■Atype
タワーレコード 全国各店/タワーレコードオンライン
■Btype
TSUTAYA RECORDS 全国各店/TSUTAYA オンラインショッピング
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
■Ctype
HMV 全国各店/HMV & BOOKS online
■Dtype
Amazon.co.jp
※Amazon.co.jp では、特典つき商品のカートがアップされます。
※特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。
■Etype
WonderGOO全国各店/新星堂全国各店/新星堂WonderGOO楽天市場店(一部取扱いの無い店舗がございます。)
山野楽器 全国CD/DVD取扱い店舗/山野楽器オンラインショップ
Rakutenブックス
※Rakutenブックスでは、特典つき商品のカートがアップされます。
※特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。
セブンネットショッピング
A!SMART
ビクターエンタテインメント オンラインショップ
・以下店舗
ネオウィング
JEUGIA 全国各店
イケヤ沼津イシバシプラザ店
イケヤ MARK IS 静岡店
イケヤ 高林店
イケヤ プレ葉ウォーク浜北店
イケヤ 浜松志都呂店
イケヤ イオン小牧店
イケヤ サンテラス掛川店
松木屋エルパ店
<注意事項>
※特典typeにより、絵柄は異なります。
※特典は無くなり次第終了となります。
※一部お取扱いの無い店舗等もございますので、詳しくはお近くの店舗へお問い合わせ下さい。
※対象店は随時追加となります。

■その他対象店舗はレーベルHPにて随時発表
http://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A023121/173.html

シングル「ドラえもん」

2018年2月28日発売



【初回限定盤】
VIZL-1346/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
VICL-37373/¥1,200+税

◎店舗別オリジナル特典
オリジナルA5クリアファイルを対象店舗にて先着でプレゼント



【関連リンク】
星野源、シングル「ドラえもん」オリジナル特典の絵柄を公開
星野源まとめ
若き日の越路吹雪の集大成&宝塚のレジェンド終結のアルバムが1月31日に同時発売

【関連アーティスト】
星野源
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, シングル, 発表, 特典, アニメ, 主題歌, 映画

若き日の越路吹雪の集大成&宝塚のレジェンド終結のアルバムが1月31日に同時発売
Tue, 30 Jan 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シャンソンの女王・越路吹雪と盟友・岩谷時子との友情と波乱の人生を描く、テレビ朝日系の帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』が好評放送中のなか、越路吹雪が20代から30代にかけて録音した、若き歌声を集めたCDアルバム『若き日の歌声 〜愛の讃歌〜』が1月31日に発売される。越路の生涯を支えた名マネージャーであり、作詞家の岩谷が、日本語に訳詩して初めてレコーディングした1954年発売作品「愛の讃歌」をはじめ、「セ・シ・ボン」「モア・モア」「花祭り」などのシャンソンの名曲から、「筏流し」「ブギウギ巴里」「モルガンお雪」など宝塚時代に録音された音源を含む全24曲が集大成されている。

さらに、「すみれの花咲く頃」「TAKARAZUKA」といった宝塚の定番曲や、葦原邦子、春日野八千代、新珠三千代、淀かほる、寿美花代、真帆志ぶき、など宝塚の大スターたちの歌声を集めたCDアルバム『宝塚 伝説のスターたち』も同時発売。4月4日には東京・銀座ヤマハホールにて、同作の発売記念コンサートの開催も発表されているので、詳細はオフィシャルHPをチェックしてほしい。

アルバム『若き日の歌声 〜愛の讃歌〜』

2018年1月31日発売



COCP-40255/¥2,000+税
■詳細はこちら
http://columbia.jp/artist-info/koshiji/discography/COCP-40255.html

アルバム『宝塚 伝説のスターたち』

2018年1月31日発売



COCP-40256/¥2,000+税
■詳細はこちら
http://columbia.jp/prod-info/COCP-40256/


日本コロムビア『宝塚 伝説のスターたち』発売記念 2018 レジェンドたちのシャンソン シリーズ

4年04日(水) 東京・銀座ヤマハホール ※昼夜2公演
<出演>
高汐巴/姿月あさと/萬あきら/愛音羽麗/壱城あずさ/美翔かずき/沢希理寿/輝城みつる/花陽みく/水沙るる/SAKURA



【関連リンク】
若き日の越路吹雪の集大成&宝塚のレジェンド終結のアルバムが1月31日に同時発売
越路吹雪まとめ
Plastic Tree、アルバム『doorAdore』の詳細&新ビジュアル公開

【関連アーティスト】
越路吹雪
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 宝塚, ライブ

Plastic Tree、アルバム『doorAdore』の詳細&新ビジュアル公開
Tue, 30 Jan 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月7日に14枚目となるオリジナルフルアルバム『doorAdore』をリリースするPlastic Treeが、同作のジャケット写真とアーティスト写真を公開した。ジャケットは、タイトルにちなんで巨大なドアが砂丘に佇む印象的なデザイン。そしてアーティスト写真も同じく砂丘で撮影された独特の雰囲気の写真となっている。シングル「サイレントノイズ」「念力」「雨中遊泳」から引き続き、撮影は写真家・宮澤正明によるもの。

また、アルバムの全収録楽曲も一挙公開! 「遠国」「恋は灰色」「エクジスタンシアリスム」「サーチ アンド デストロイ」「残映」「いろつき」「scenario」「ノクターン」等、どのような楽曲になっているか待ち遠しいタイトルが並んでいる。2017年のメジャーデビュー 20周年を経て制作された今作は、長いキャリアに裏打ちされた円熟味と、長いキャリアを経てもなお攻め続ける瑞々しさが同居した意欲作で、“バンドの次の扉(door)を連想させる”“バンドの音楽への敬慕(Adore)を体現した”一つの到達点ともいえる作品になっている。通常盤に加え、完全生産限定盤Aと完全生産限定盤Bの全3形態でリリースされ、完全生産限定盤には2017年7月にパシフィコ横浜に大盛況のうちに終了した『メジャーデビュー二十周年“樹念”』特別公演のDVDが付属。完全生産限定盤Aにはバンドの前半10年の作品からファンリクエストを募り行われた『第一幕【Plastic】things/1997?2006』が全曲、完全生産限定盤Bには後半10年の作品からファンリクエストを募り行われた『第二幕【Tree】songs/2007?2016』が全曲、それぞれ収録される。そして、それぞれ内容の違うスペシャルフォトブックが付属した豪華BOX仕様となっており、フォトブックはジャケットと同じく、写真家・宮澤正明による撮り下ろしとのこと。

2月2日のFM NACK5『BEAT SHUFFLE』にてアルバム収録曲「恋は灰色」が初オンエアされることも決定しているので、お聴き逃しなく。さらに、オリジナルクリアファイルなどの期間限定の予約特典も発表されているので、早めの予約をおすすめする。

アルバム『doorAdore』

2018年3月7日発売



【完全生産限定盤A】(CD+DVD+スペシャルフォトブックTypeA)
VIZL-1335/¥9,800+税
※BOX仕様
<収録曲>
■CD
1.遠国
2.恋は灰色
3.エクジスタンシアリスム
4.雨中遊泳
5.サイレントノイズ
6.サーチ アンド デストロイ
7.残映
8.いろつき
9.念力
10.scenario
11.ノクターン
12.静かの海
■DVD
メジャーデビュー二十周年“樹念”特別公演 於 パシフィコ横浜 第一幕【Plastic】things/1997?2006
・Intro
・May Day
・リセット
・絶望の丘
・幻燈機械
・「ぬけがら」
・本当の嘘
・monophobia
・クリーム
・3月5日。
・サーカス
・理科室
・グライダー
・ガーベラ
・散リユク僕ラ
・蒼い鳥



【完全生産限定盤B】(CD+DVD+スペシャルフォトブックTypeB )
VIZL-1336/¥9,800+税
※BOX仕様 
<収録曲>
■CD
1.遠国
2.恋は灰色
3.エクジスタンシアリスム
4.雨中遊泳
5.サイレントノイズ
6.サーチ アンド デストロイ
7.残映
8.いろつき
9.念力
10.scenario
11.ノクターン
12.静かの海
■DVD
メジャーデビュー二十周年“樹念”特別公演 於 パシフィコ横浜 第二幕【Tree】songs/2007?2016
[DVD収録楽曲]
・眠れる森
・不純物
・エレジー
・スピカ
・ザザ降り、ザザ鳴り。
・無人駅
・オレンジ
・Sabbath
・egg
・涙腺回路
・黒い傘
・アンドロメタモルフォーゼ
・うつせみ
・メルト
・真っ赤な糸
・リプレイ
・記憶行き



【通常盤】(CD)
VICL-64964/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1.遠国
2.恋は灰色
3.エクジスタンシアリスム
4.雨中遊泳
5.サイレントノイズ
6.サーチ アンド デストロイ
7.残映
8.いろつき
9.念力
10.scenario
11.ノクターン
12.静かの海


【アルバム『doorAdore』予約特典】

◎対象商品:完全限定盤A
タワーレコード 全国各店・タワーレコードオンライン:オリジナルクリアファイル(デザインA)
Amazon.co.jp:オリジナルクリアファイル(デザインC)

◎対象商品:完全限定盤B
タワーレコード 全国各店・タワーレコードオンライン:オリジナルクリアファイル(デザインB)
Amazon.co.jp:オリジナルクリアファイル(デザインD)

◎対象商品:通常盤
タワーレコード 全国各店・タワーレコードオンライン:オリジナルポストカード(デザインE)
Amazon.co.jp:オリジナルポストカード(デザインF)

<予約締切>
タワーレコード全国各店:2月25日各店閉店時まで
タワーオンライン/Amazon.co.jp:2月25日23:59まで
※Amazon.co.jp では、各特典つき商品のカートがアップされます。特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。
※特典は先着となっておりますので、予約締切前でも終了となる場合がございます。(一部店舗では特典のご用意がない場合がございます。)



【関連リンク】
Plastic Tree、アルバム『doorAdore』の詳細&新ビジュアル公開
Plastic Treeまとめ
DOBERMAN INFINITY、全国16都市ホールツアー開催決定

【関連アーティスト】
Plastic Tree
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, CD, アルバム, 発表, 特典

DOBERMAN INFINITY、全国16都市ホールツアー開催決定
Tue, 30 Jan 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DOBERMAN INFINITYが、今春5月からホールツアーを開催することが決定した。戌年の2018年を“DOGG YEAR”と銘打ち、活動中のDOBERMAN INFINITY。ツアータイトルも『DOBERMAN INFINITY LIVE TOUR 2018 DOGG YEAR 〜PARTY ON THE OFF ROAD〜 』に決定し、2017年の11都市を上回る全国16都市を駆け巡る。

チケットのファンクラブ先行は2月16日よりスタート! 2月10日までの入会でエントリーが可能となるので、この機会をお見逃しなく。

■『DOBERMAN INFINITY LIVE TOUR 2018 DOGG YEAR 〜PARTY ON THE OFF ROAD〜』

5月26日(土) 千葉・市川市文化会館 大ホール
6月01日(金) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
6月02日(土) 広島・ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ 大ホール
6月09日(土) 石川・本多の森ホール
7月02日(月) 東京・人見記念講堂
7月08日(日) 宮城・仙台サンプラザ
7月13日(金) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
7月14日(土) 長野・長野キッセイ文化ホール
8月04日(土) 新潟・新潟県民会館
8月11日(土) 福岡・福岡サンパレス
8月18日(土) 北海道・ニトリ文化ホール
8月22日(水) 大阪・大阪国際会議場グランキューブ大阪 メインホール
8月25日(土) 京都・ロームシアター京都
9月02日(日) 静岡・アクトシティ浜松 大ホール
9月06日(木) 熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
9月08日(土) 愛媛・松山市民会館
<チケット>
全席指定¥7,000(税別)
年齢制限:6歳以上有料、5歳以下入場不可
ファンクラブWe are D.I先行:2月16日(金)15:00〜2月19日(月)23:00
※最大3公演、各4枚までエントリー可能
※2018年2月10日(土)までのご入会(=ご入金)で、We are D.Iチケット先行抽選予約にエントリーが可能
■ファンクラブWe are D.I公式サイト
https://wearedi.jp/



【関連リンク】
DOBERMAN INFINITY、全国16都市ホールツアー開催決定
DOBERMAN INFINITYまとめ
“美人すぎる双子ソプラノデュオ”山田姉妹、2ndアルバムの詳細を解禁

【関連アーティスト】
DOBERMAN INFINITY
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, LDH, ヒップホップ, ツアー

“美人すぎる双子ソプラノデュオ”山田姉妹、2ndアルバムの詳細を解禁
Tue, 30 Jan 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“美人すぎる双子”として多くのメディアに取り上げられているソプラノデュオ・山田姉妹の2ndアルバム『ふたつでひとつ 〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』の詳細が解禁された。今作は、1960年代から2010年代の中で、時代を超えて輝きつづける名曲を選曲。スペシャルトラックとして、山田華・麗それぞれが書いた詩によるオリジナル曲を収録。2人が学生時代に“その時感じた思い”を素直に言葉にし、歌に昇華した2曲が収められている。

2月6日にはNHK総合『うたコン』に出演が決定。アルバムリリース後は、コンサートの他にアルバム購入者限定のスペシャルイベントが東京と大阪の2か所で予定されている。参加方法などの詳細は、後日HPにて発表されるとのことなのでお楽しみに。

アルバム『ふたつでひとつ 〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』

2018年3月7日発売 



COCQ-85416/¥3,000+税
<収録曲>
・野に咲く花のように(原曲:ダ・カーポ 、1983年)
・2つで1つ(原曲:工藤慎太郎、2009年)
・どんなときも。(原曲:槇原敬之、1991年)
・いのちの歌(原曲:茉奈 佳奈、2009年)
・少年時代(原曲:井上陽水、1990年)
・たしかなこと(原曲:小田和正、2005年)
・あの素晴しい愛をもう一度(原曲:加藤和彦&北山修、1971年)
・心の瞳(原曲:坂本九、1985年)
・やさしさに包まれたなら(原曲:荒井由実、1974年)
・部屋とYシャツと私(原曲:平松愛理、1992年)
・涙くんさよなら(原曲:坂本九、1965年)
スペシャルトラック(オリジナル)
・虹色の空(作詞:山田華、作曲:川?龍)
・ただいま(作詞:山田麗、作曲:川?龍)


山田姉妹 『ふたつでひとつ』発売記念スペシャルイベント

7月21日(土) 大阪 某所
7月22日(日) 東京 某所
※参加方法などの詳細は後日HPにて発表いたします。



【関連リンク】
“美人すぎる双子ソプラノデュオ”山田姉妹、2ndアルバムの詳細を解禁
山田姉妹まとめ
クアイフ、2ndシングル発売決定&リリックビデオ2曲同時解禁

【関連アーティスト】
山田姉妹
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, CD, アルバム, 発表, 発売

クアイフ、2ndシングル発売決定&リリックビデオ2曲同時解禁
Tue, 30 Jan 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

愛知出身在住の“絶対的、鍵盤系ドラマチックポップバンド”クアイフが、3月7日に2ndシングル「ワタシフルデイズ」をリリースすることを発表した。「ワタシフルデイズ」は、新しい世界に飛び出す人やいま悩みもがいている人たちに"ワタシらしさ”を武器に革命を起こしてほしいという願いを込めて作られた応援歌で、思わず共感してしまうワードや背中を押してくれる力強い言葉が散りばめられた歌詞と、クアイフらしいテクニカルなサウンドワークが見事に融合したアップチューン。 カップリングには、Jリーグ名古屋グランパス2018シーズンオフィシャルサポートソング「未来emotion」が収録され、同クラブの代名詞でもある超攻撃的サッカーをイメージして書き下ろされた“攻め曲”だ。

また、「ワタシフルデイズ」「未来emotion」のリリックビデオも公開! クアイフの願いや想いが込められた言葉の結晶をそれぞれの楽曲イメージにマッチした背景映像と合わせて堪能してほしい。クアイフは2月18日からメジャーデビュー後初の東名阪ワンマンツアー『クアイフ Live Tour “愛を教えてくれた君へ”』がスタートし、チケットは一般発売受付中なので、気になった方はぜひ足を運んでみてほしい。

■【クアイフ コメント】

■森彩乃(Vo&Key)
いつの時代も、戦う人たちに、もがいている人たちに、大人たちに、これから大人になるすべての若者たちに、あなたに、わたしに。“本当のワタシ"で満たされた日々を!

■内田旭彦(Ba&Cho&Prog)
胸にしまい込んだままの夢や理想。叶わないと決めつけて、ただただ見過ごしている自分が大嫌いだった。そんな時、音楽が変えてくれた。また戦おうと思った。この曲が、今度はあなたにとって、そう在れるように。この春『大革命』の狼煙を上げよう。

■三輪幸宏(Dr)
人生に、日々の生活に、四苦八苦しながらも懸命に生きているあなたの背中を支え、立ち向かう勇気をくれる力強い音と今のクアイフをしっかりと詰め込めたと思います。

シングル「ワタシフルデイズ」

2018年3月7日発売



【通常盤(初回仕様)】
ESCL-5000/¥1,200(税込)
初回仕様:PlayPASS対応
<収録曲>
1.ワタシフルデイズ
2.未来emotion
3.ワタシフルデイズ(Instrumental)
4.未来emotion(Instrumental)


『クアイフ Live Tour “愛を教えてくれた君へ”』

2月18日(日) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
2月24日(土) 東京・恵比寿LIQUIDROOM
2月25日(日) 愛知・名古屋DIAMOND HALL



【関連リンク】
クアイフ、2ndシングル発売決定&リリックビデオ2曲同時解禁
クアイフまとめ
fh?na、3rdアルバム『World Atlas』発売&ツアー開催決定

【関連アーティスト】
クアイフ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, シングル, 発表, リリース, ツアー, ワンマン, チケット

fh?na、3rdアルバム『World Atlas』発売&ツアー開催決定
Tue, 30 Jan 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ニューシングル「わたしのための物語 〜My Uncompleted Story〜」のリリースを控えるfh?naが、3rdアルバム『World Atlas』を3月28日に発売することを発表した。このアルバムでは、既存シングル曲5曲に加え、ios/androidアプリ『バトル オブ ブレイド』主題歌「Do you realize?」を含む計14 曲を収録予定。初回限定盤に同梱されるBlu-rayには、アルバム表題曲のMVのほか、YouTubeでの再生回数が1700万回を突破した「青空のラプソディ」含む既存シングル曲5曲のMVに加えて、2017年に行なわれた『fh?na Looking for the World Atlas Tour 2017』の厳選されたライヴ映像が収められる。

さらに、リリースツアーとなる『fh?na World Atlas Tour 2018』の開催も決定! チケット最速先行は1月31日正午よりオフィシャルHP受付開始となる。アルバムタイトルにもあるように、メンバーと一緒に世界地図を持ってライヴツアーという名の旅を楽しんでほしい。

アルバム『World Atlas』

2018年3月28日発売



【初回限定盤】(CD+Blu-ray)
LACA-35713/¥3,600+税
※三方背スリーブ付き
【通常盤】(CD)
LACA-15713/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
・calling
・青空のラプソディ
・ムーンリバー・
・Hello!My World!!
・わたしのための物語 〜My Uncompleted Story〜(アルバムver.)
・Do you realize?
他、新曲含む8曲
計14曲収録予定
■Blu-ray ※初回限定盤のみ
・MV
World Atlas
calling
青空のラプソディ
ムーンリバー
Hello!My World!!
わたしのための物語 〜My Uncompleted Story〜
・Looking for the World Atlas Tour 2017ライヴ映像
(fh?na Looking for the World Atlas Tour 2017 at Zepp DiverCityより)
Rebuilt world
little secret magic
Antivirus
ムーンリバー
青空のラプソディ
君という特異点 [singular you]
光舞う冬の日に

『fh?na World Atlas Tour 2018』

5月27日(日) 北海道・KRAPS HALL
6月09日(土) 愛知・ボトムライン
6月17日(日) 大阪・Zepp Namba(OSAKA)
6月24日(日) 東京・Zepp DiverCity(TOKYO)
<チケット>
スタンディング¥6,300(税込)
※整理番号順入場
※ドリンク代別途必要 ※3歳以上有料
・最速HP 先行
受付期間:1月31日(水)12:00〜2月21日(水)23:59
■受付URL(PC・モバイル共通)
http://eplus.jp/fhana2018/



【関連リンク】
fh?na、3rdアルバム『World Atlas』発売&ツアー開催決定
fh?naまとめ
GLIM SPANKY、台湾で「愚か者たち」を披露&コラボ映像も公開

【関連アーティスト】
fh?na
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, 発表, ツアー

GLIM SPANKY、台湾で「愚か者たち」を披露&コラボ映像も公開
Tue, 30 Jan 2018 11:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GLIM SPANKYが1月20日に台湾・THE WALL公館で自身初の海外ワンマンライヴを行ない、「愚か者たち」を海外初披露した。GLIM SPANKYが登場すると、待ち望んだ400人近くのファンから温かい大歓声が沸き起こり、会場は異常なまでの熱狂的な空気に包まれた。

1曲目は「THE WALL」。GLIM SPANKYらしい重厚感のあるヘビーなロックサウンドの楽曲で幕開けとなり、熱気あふれるステージがこの日も炸裂。そして2016年公開映画『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌「怒りをくれよ」を披露すると、会場はこの日一番の盛り上がりを見せ、今曲の台湾での浸透度の高さを感じさせる。その後も、映画『不能犯』の主題歌である新曲「愚か者たち」等全21曲を披露すると、リズムに乗りながら思い思いにGLIM SPANKYの音楽を楽しんでいる様子だった。プライベートでも台湾に遊びに来きたことがある松尾は、台湾語でファンへ挨拶。「皆、大好きだよ!」という言葉にたくさんの歓声が上がり、また台湾でワンマンライヴを実施することを約束した。例え言語が分からなくても自分たちの“音楽”で聴く人の心を動かすGLIM SPANKYが、“日本語で世界に進出する”という大きな目標へと一歩近づく、そんライヴになった。

さらに、映画『不能犯』公開に先駆けて本編とコラボレーションした「愚か者たち」の映像を公開! ぜひ劇場で迫力のある映像と王道ロックのビートの響きを体感してほしい。

【セットリスト】
1.THE WALL
2.BIZARRE CARNIVAL
3.The Trip
4.ダミーロックとブルース
5.いざメキシコへ
6.怒りをくれよ
7.END ROLL
8.闇に目を凝らせば
9.Velvet Theater
10.お月様の歌
11.吹き抜く風のように
12.Freeder
13.美しい棘
14.白昼夢
15.Sonntag
16.ビートニクス
17.NEXT ONE
18.アイスタンドアローン
アンコール
19.愚か者たち
20.大人になったら
21.褒めろよ

シングル「愚か者たち」

2018年1月31日発売



TYCT-30072/¥1,300+税
<収録曲>
1.愚か者たち
2. In the air
3.カバー曲:I Feel The Earth Move(原曲:キャロル・キング)
4.怒りをくれよ(2017.6.4 日比谷野外大音楽堂 Live ver.)※配信限定トラック

■iTunes バンドルプレオーダーURL
http://po.st/it_glim_oroka
■レコチョク「愚か者たち」単曲URL
http://po.st/it_glim_oro

『GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館』

2018年5月12日(土) 東京・日本武道館
<チケット>
前売(全席指定)¥5,800(税込)
親子割チケット(全席指定)
※未就学児童は保護者の座席の範囲内で鑑賞可。小学生以上チケット必要。
※価格詳細はGLIM SPANKY公式サイトをご参照ください。



【関連リンク】
GLIM SPANKY、台湾で「愚か者たち」を披露&コラボ映像も公開
GLIM SPANKYまとめ
SUPER★DRAGON古川毅、映画『兄友』で“ドSなイケメン”演じる

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, MV, CD, 発売, セットリスト, ライブレポ, 主題歌, 映画

SUPER★DRAGON古川毅、映画『兄友』で“ドSなイケメン”演じる
Tue, 30 Jan 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SUPER★DRAGONの古川毅が、映画『兄友』でスクリーンデビューを果たした。古川が演じるのは、ドSイケメンの七瀬雪紘。イケメンなのに女性に超奥手な友人・西野壮太(横浜流星)が、イマドキの恋愛ができない素朴な妹・七瀬まい(松風理咲)と出会い恋に落ちたことを知り、ウブすぎる2人の恋物語を呆れながらもちょびっとだけ手助けするという役どころだ。

原作は『花とゆめ』にて赤瓦もどむが連載している人気同名漫画で、現在7巻まで発売されている。今春公開予定の映画に続いてドラマ化も決定しているので、こちらも併せてチェック!

■【古川毅 コメント】

出演が決まった時は、演技経験もほぼ無かったですし、映画も初出演だったので、純粋に楽しみな気持ちと、珍しいくらいの緊張が交差していました。
雪紘は原作ファンの方々に人気のキャラクターだと聞いたので、選ばれた時は「僕でいいのだろうか?」という不安も少々感じていたのですが、あのドSな所も、時々垣間見せる妹思いな所のギャップも、演じていく中で凄く楽しいキャラクターでした。
その雪紘の魅力を原作ファンの方々にも、そして原作ファン以外の方々にもしっかり伝えようという気持ちで演じたので、ぜひ、暖かい目で観て頂けると幸いです。

■【中島監督 コメント】

彼は今回、映画初出演ということでしたが、最初は緊張もあって、何度も撮影をしました。しかし次第に慣れてきて、アドリブを連発して現場を爆笑させるなど現場のムードを作ってくれました。彼の演技で注目して欲しいのはドSな笑いとツッコミです!



【関連リンク】
SUPER★DRAGON古川毅、映画『兄友』で“ドSなイケメン”演じる
SUPER★DRAGONまとめ

【関連アーティスト】
SUPER★DRAGON
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 映画













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1