歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年01月28日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
FAKY、初の大阪ワンマンライブで「Candy」英語版配信を発表
Sun, 28 Jan 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

FAKYが1月26日に大阪MUSEで大阪初のワンマンライブを開催した。今回行われた『FAKY FIRST LIVE 「Unwrapped」 -Encore Edition-』は、2017年10月に東京で行われたワンマンライブの追加公演。大阪では初のワンマンということもあり、待ちに待ったファンが多数詰めかけ会場はものすごい熱気に包まれていた。

世界最大の音楽ストリーミングサービス『Spotify』Viral Top50チャートにて日米Top10入りを果たした「Surrender」から本編はスタート。序盤はキレのあるダンスや、コール&レスポンスでうまく観客を煽り場内を沸かしていくFAKY。本編中盤ではこの日のゲストアーティストでパフォーマンスを行ったFREAKを呼び込みコラボレーション楽曲を披露。8人が繰り出す心地よい歌声とハーモニーに観客は酔いしれていた。

FREAKを送り出し再びFAKYのみのパフォーマンスに戻ると、ここで2017年12月に配信した「Someday We\'ll Know (English Version)」を初披露。もともとこの楽曲は日本語詞であり、「ここから飛び出していこうぜ」という世界観を持つ歌詞だったが、英詞では「自分で決めた道に向かって歩んでいこいうよ」という意味を持つことを後のMCでも語っていた。現在の4人のメンバーになった初期の頃に作り、大事にしてきた未発表曲「Who We Are」を歌唱し本編が終了。

アンコールのMCでAnnaから2月16日に「Candy」のEnglish Versionが配信されることが発表されると会場からは歓声があがり、続けてAnnaは「UKレーベルでのリリースも決まったので、ここからはインターナショナルなファンの方にも楽曲をたくさん聞いていただきたい」と、English Versionが続いている理由を説明し海外での活動への意気込みを語っていた。

そして、最後「SUGA SWEET」で最高の盛り上がりを見せ初の大阪ワンマンライブは終了。『FAKY FIRST LIVE 「Unwrapped」 -Encore Edition-』は、2月18日にメンバーのMikakoの地元福岡でも行われる。

配信シングル「Candy(English Version)」

2018年2月16日配信

『FAKY FIRST LIVE 「Unwrapped」-Encore Edition-』

2月18日(日) 福岡 BEAT STATION
<チケット>
オールスタンディング前売¥3,300(税込)/当日券は販売未定 ※D代別



【関連リンク】
FAKY、初の大阪ワンマンライブで「Candy」英語版配信を発表
FAKYまとめ
FREAKまとめ
ABSTRACT MASH、7年ぶりに活動再開を発表&ライブ開催決定

【関連アーティスト】
FAKY, FREAK
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, 発表, 配信, ワンマン, ライブレポ

ABSTRACT MASH、7年ぶりに活動再開を発表&ライブ開催決定
Sun, 28 Jan 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2011年5月に活動休止した「ABSTRACT MASH」が7年ぶりに復活することを発表。それに伴い、1月27日に公式Twitterにて7年ぶりのライブと新アーティスト写真が解禁された。ABSTRACT MASHは、2004年に結成した千葉出身の4Pバンド。現在Nothing\'s Carved In Stoneで活動中の村松拓(Vo&Gt)の前身バンドであり、これまでに2枚の音源をリリースしている。2011年5月4日の千葉LOOKでのライブを最後に「音楽活動を続けていく為に、それぞれが自分自身を見つめ直す期間が必要になりました」とコメントし、休止していた。

発表されたライブは、かつて対バンしていた思い入れのある仲間を迎えての千葉LOOK公演と、渋谷TSUTAYA O-WESTワンマン公演の2本。1月27日よりどちらもチケット先行がスタートしている。詳しくはオフィシャルHPへ。

■ABSTRACT MASH 公式Twitter
https://twitter.com/abstract_mash

■ライブ『Set Yourself』

5月09日(水)  千葉LOOK
w/ winnie / GRAND FAMILY ORCHESTRA
<チケット>
¥3,300 ※D代別
■イープラスプレオーダー
受付期間:1月27日(土)12:00〜2月12日(月・祝)23:59
受付URL:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002249387P0030001

5月11日(金) 渋谷TSUTAYA O-WEST
※ワンマン公演
<チケット>
¥3,300 ※D代別
■イープラスプレオーダー
受付期間:1月27(土)12:00〜2月12日(月・祝)23:59
受付URL:http://eplus.jp/abstractmash0511/

※一般発売は共に3月3日(土)10:00開始



【関連リンク】
ABSTRACT MASH、7年ぶりに活動再開を発表&ライブ開催決定
ABSTRACT MASHまとめ
Nothing\'s Carved In Stoneまとめ
加山雄三、ツアー東京公演で谷村新司と「サライ」をサプライズ披露

【関連アーティスト】
ABSTRACT MASH, Nothing\'s Carved In Stone
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, ライブ, 再始動

加山雄三、ツアー東京公演で谷村新司と「サライ」をサプライズ披露
Sun, 28 Jan 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

加山雄三が1月13日に大宮ソニックシティ大ホールからスタートした『加山雄三 祝!80歳 幸せだなぁ。若大将一夜限りの“全箇所”スペシャルライブ』の東京公演を1月27日に渋谷Bunkamuraオーチャードホールにて開催した。

このスペシャルライブは、ツアーではなく各会場で異なるシークレットゲストが登場。さらに異なるセットリストを展開するその名の通り全公演がスペシャルなライブとなっている。3公演目となる東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールでのライブには2150人が駆けつける満員御礼。「海 その愛」、「蒼い星くず」、「お嫁においで」などのヒット曲はもちろんのこと懐かしい楽曲や洋楽曲の歌唱。その日限りのセットリストで大いに盛り上がった。

そして気になるこの日のBIGなスペシャルゲストは谷村新司。国民的名曲と言っても過言でない「サライ」を2人で熱唱。また「サライ」ではEXILE ATSUSHI、miwa、ゆず、奥田民生、斉藤和義、水曜日のカンパネラ、氣志團、ももいろクローバーZが映像にて出演し、その貴重なサプライズに会場は特別な雰囲気に包まれた。また「いい日旅立ち」で歌声を響かせると、加山雄三が「いい曲なんだよ」と紹介した後に2人で「昴」を歌い上げ、見たことのない前代未聞のサプライズでファンを魅了した。

この東京公演でも今後の公演でのスペシャルゲストが誰なのかも期待を膨らませてくれた。なお、このスペシャルライブは、4月1日の沖縄公演まで全16箇所で開催。各地でどんなスペシャルライブが展開されるのか、どんなBIGなスペシャルゲストが駆けつけるのか楽しみでしかない。

『加山雄三 祝!80歳 幸せだなぁ。若大将一夜限りの”全箇所”スペシャルライブ 幸せだなあ。若大将一夜限りの全箇所スペシャルライブ』

1月28日(日) 神奈川・よこすか芸術劇場
2月03日(土) 千葉・松戸・森のホール21大ホール
2月11日(日) 広島・上野学園ホール
2月12日(月・祝) 岡山・岡山市民会館
2月18日(日) 宮城・仙台サンプラザホール
2月24日(土) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
2月25日(日) 大阪・フェスティバルホール
3月03日(土) 富山・オーバード・ホール
3月04日(日) 新潟・新潟市民会館 大ホール
3月10日(土) 北海道・ニトリ文化ホール
3月18日(日) 愛知・愛知県芸術劇場 大ホール
3月25日(日) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
4月01日(日) 沖縄・沖縄コンベンションセンター

アルバム『加山雄三のすべて 幸せだなぁ。ベスト&レア音源集』

発売中



MUCD-1400/1/¥3,704+税
<収録曲>
■CD Disc1:BEST TRACKS
01.恋は紅いバラ
02.君といつまでも
03.夜空の星
04.ブラック・サンド・ビーチ/加山雄三とザ・ランチャーズ
05.夕陽は赤く
06.蒼い星くず
07.ブライト・ホーン
08.お嫁においで
09.夜空を仰いで
10.旅人よ
11.二人だけの海
12.白い砂の少女
13.ある日渚で
14.美しいヴィーナス
15.ぼくの妹に
16.海 その愛(Gtヴァージョン)
17.光進丸
18.湘南引き潮
19.座・ロンリーハーツおや父親父バンド/加山雄三とザ・ヤンチャーズ
20.Dreamer〜夢に向かって いま〜
■CD Disc2:RARE TRACKS
01.クレイジー・ドライバー(インスト・フォノシート)
02.スリー・ブルー・スターズ(インスト・フォノシート)
03.モンテローザ(インスト・フォノシート)
04.ブライト・ホーン(インスト・フォノシート)
05.蒼い星くず(インスト・フォノシート)
06.君といつまでも(インスト・フォノシート)
07.恋は紅いバラ(インスト・フォノシート)
08.夜空の星(サントラ・コンパクト)
09.君のおもかげ(サントラ・カセット)
10.俺は海の子(サントラ・カセット)
11.海への出発(サントラ・カセット)
12.海の詩(サントラ・カセット)
13.二人だけの海(サントラ・カセット)
14.君といつまでも(サントラ・カセット)
15.旅立ち(NHKみんなのうた)
16.愛をこめて(非売品)
17.My Way/フランク・シナトラ Duet With加山雄三



【関連リンク】
加山雄三、ツアー東京公演で谷村新司と「サライ」をサプライズ披露
加山雄三まとめ
谷村新司まとめ
ノエル・ギャラガー、「It’s A Beautiful World」MV公開

【関連アーティスト】
加山雄三, 谷村新司
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, ライブレポ

ノエル・ギャラガー、「It’s A Beautiful World」MV公開
Sun, 28 Jan 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年の『サマーソニック』にヘッドライナー出演が決定しているノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ。全英1位を獲得した最新アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?』から1stシングル「ホーリー・マウンテン」に続き、2ndシングル「イッツ・ア・ビューティフル・ワールド」のミュージックビデオが公開された。

社会的なメッセージを帯びた映像がシネマのようなタッチで綴られた作品に仕上がっているが、ノエルは自身のソングライティングについて、「テロなどによるニュースについて曲を書こうとは思わない」とした上で、「曲はある種の喜びを秘めているべきだ。そして喜ばしい曲を書くというのはこの世界で毅然としているということだ」だと語っており、さらには「醜いことや憎しみに直面しても“世界は美しい”と歌うのは、物事に屈しないというメッセージだ」と語っている。そんなメッセージが込められた最新曲を、2018年が始まった今ぜひチェックしてみてほしい。

また、最新アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?』は、「喜びが隅から隅まで鳴り響く」(『ガーディアン』紙)、「驚きと楽しさで満ちたアルバム、恐らくかつてない最高傑作」(『サン』紙)、「『モーニング・グローリー』以来のノエルの最高傑作」(『NME』)と英有力メディアもこぞって絶賛しており、イギリスではリリース後2週間でゴールド・ディスクを獲得するほどの大ヒットとなっている。この最新作を携え、ノエルは2月9日デトロイトを皮切りに『Stranded On The Earth World Tour』をスタートさせる。

早くもロンドンのウェンブリー・アリーナなどはソールドアウトとなっておりその不動の人気ぶりを見せつけているが、ここ日本においては、ノエルがサマソニのステージ登場するのは2005年のオアシスでのパフォーマンス以来実に約13年ぶりとなり、また今回の出演によりノエルは、『サマーソニック』と『フジロックフェスティバル』いずれもメインステージで、バンドとソロの両方でヘッドライナーを務める初のアーティストとなる。

アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?』

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SICX-95〜6/¥3,400+税
【通常盤】(CDのみ)
SICX-97/¥2,200+税
<収録曲>
■CD
01. Fort Knox フォート・ノックス
02. Holy Mountain ホーリー・マウンテン
03. Keep On Reaching キープ・オン・リーチング
04. It\'s A Beautiful World イッツ・ア・ビューティフル・ワールド
05. She Taught Me How To Fly シー・トート・ミー・ハウ・トゥ・フライ
06. Be Careful What You Wish For ビー・ケアフル・ホワット・ユー・ウィッシュ・フォー
07. Black & White Sunshine ブラック & ホワイト・サンシャイン
08. Interlude (Wednesday Part 1) インタールード (ウェンズデイ・パート1)
09. If Love Is The Law イフ・ラヴ・イズ・ザ・ロー
10. The Man Who Built The Moon ザ・マン・フー・ビルト・ザ・ムーン
11. End Credits (Wednesday Part 2) エンド・クレジッツ (ウェンズデイ・パート2)
12. Dead In The Water (Live at RT? 2FM Studios, Dublin)
デッド・イン・ザ・ウォーター (ライヴ・アット RTE 2FM スタジオズ, ダブリン)※世界ボーナス・トラック
13. God Help Us All ゴッド・ヘルプ・アス・オール ※日本盤CDボーナス・トラック
■DVD ※初回限定盤のみ
日本独自企画盤となる初回限定盤(CD+DVD)のDVDに収録されるのは、ノエル本人によるアルバムの楽曲解説(トラック・バイ・トラック)と、50歳でリリースされる新作を記念して自身が語る<ノエル・ギャラガー50年史と未来予想>。
01. Who Built The Moon? Track By Track
アルバム「フー・ビルト・ザ・ムーン?」トラック・バイ・トラック
02. Noel Gallagher Discusses The Past And Looks To The Future
ノエル・ギャラガー・ディスカスズ・ザ・パスト・アンド・ルックス・トゥ・ザ・フューチャー(日本独自制作映像)
※日本語字幕付き

『サマーソニック2018』

8月18 日(土)・19 日(日)
※詳細はこちら;http://www.summersonic.com



【関連リンク】
ノエル・ギャラガー、「It’s A Beautiful World」MV公開
Noel Gallagher\'s High Flying Birdsまとめ
ベリーグッドマン、ツアーファイナルで“恋んトス”主題歌配信&新アルバム発売を発表

【関連アーティスト】
Noel Gallagher\'s High Flying Birds
【ジャンル】
洋楽, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

ベリーグッドマン、ツアーファイナルで“恋んトス”主題歌配信&新アルバム発売を発表
Sun, 28 Jan 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ベリーグッドマンが1月27日(金)にツアーファイナルを行った東京の中野サンプラザにて、現在放送中のTBS恋愛バラエティ『恋んトス season7』の主題歌となっている「世界中のどんなラブソングよりもfeat.erica」のデジタル配信と半年振りのニューアルバム『SING SING SING 6』の発売が決定したことを発表した。

今回、バレンタインデーの2月14日にデジタル配信が決定した「世界中のどんなラブソングよりもfeat.erica」は、1月19日からスタートした“TBS系恋愛バラエティ『恋んトス season7』”の主題歌として既にオンエアされており、LINE MUSICなどで“告うたのカリスマ”として10代・20代の女性から高いシンパシーを得るericaをフィーチャリングに迎え、“お互い「好き」なのに相手の気持ちが確かめられない・・”そんなもどかしく甘酸っぱい恋心を、男女それぞれの感情で歌っており、温かい歌詞と切ないメロディでより深くよりリアルに、バレンタインデーやホワイトデーなど、これからの季節にぴったりな珠玉の告白ラブソングとなっている。この楽曲を含むニュー・アルバム『SING SING SING 6』を4月4日に発売することも発表された。

さらに、早くも5月から始まる次回のツアーの開催を発表した。ツアータイトルは『ベリーグッドマン“てっぺんとるぞ宣言”ツアー 2018 〜超好感男の出陣〜』で、5月3日のZepp Osaka Baysideより全国25箇所27公演を予定している。常にリスナーの“愛と人生”に寄り添う最高のBGMを届け続け、じわじわと頭角を現しているベリーグッドマン、2018年もますます目が離せない。

■【「世界中のどんなラブソングよりも feat.erica」について コメント】

■ベリーグッドマン Rover
「2回目の女性ボーカルとのコラボは恋んトスのスペシャルコラボでした!和気あいあいと制作が進み、ベリーグッドマンとして今までなかったような楽曲が誕生しました!この曲が世界中のどんなラブソングよりもみんなの心に届くことを願っています!」

■ベリーグッドマン MOCA
「冬にぴったりなピュアなラブバラードができました!この曲がきっかけで新しい恋が実ることを願っています!」

■ベリーグッドマン HiDEX
「暖かくなれる恋の曲ができました。恋人と聞いても良し、一人で聞いてもよし。冬に聞いてほしい一曲です」

■erica
「もう気持ちはバレているし、きっと相手も同じ気持ちなのかなって伝わるのにどうしても好きの一言が言えない、、、。そんな人へ、告白する前に、勇気や背中を押せる曲ができたらいいなと思いながら作りました。男の子目線の気持ちと、女の子の甘酸っぱい気持ちがギュッと詰まったラブソング。是非今恋をしてる全ての方に聴いていただきたいです!!」

『ベリーグッドマン“てっぺんとるぞ宣言” ツアー 2018 〜超好感男の出陣〜』

5月03日(木・祝) Zepp Osaka Bayside
5月06日(日) 福岡DRUM LOGOS
5月07日(月) 福岡DRUM LOGOS
5月12日(土) 神戸Harbor Studio
5月13日(日) BLUE LIVE広島
5月18日(金) 松阪M\'AXA
5月19日(土) 岐阜club-G
5月24日(木) 宮崎WEATHER KING
5月26日(土) 鹿児島CAPARVO HALL
5月27日(日) 鹿児島CAPARVO HALL
5月31日(木) Zepp Nagoya
6月02日(木) LiveHouse浜松窓枠
6月09日(土) 高松オリーブホール
6月10日(日) 岡山CRAZY MAMA KINGDOM
6月15日(金) 長崎DRUM Be-7
6月16日(土) 熊本B.9 V1
6月20日(水) 滋賀U-STONE
6月21日(木) 京都MUSE
6月23日(土) 和歌山シェルター
6月29日(金) 仙台Rensa
7月01日(日) 札幌ペニーレーン24
7月07日(土) 金沢Eight Hall
7月08日(日) 長野CLUB JUNK BOX
7月12日(木) 水戸ライトハウス
7月13日(金) HEAVEN\'S ROCK 宇都宮VJ-2
7月15日(日) 高崎club FLEEZ
7月22日(日) Zepp DiverCity Tokyo

配信シングル「世界中のどんなラブソングよりもfeat. erica」

2018年2月14日配信開始



iTunes/レコチョク/Apple Music/LINE MUSIC他で一斉配信

アルバム『SING SING SING 6』

2018年4月4日発売



【初回盤】(CD+DVD)
UPCH-7403/¥3,780(税込)
※初回盤DVD:ベリー・アコースティック・ライブ Vol.2 収録予定
【通常盤】(CD)
UPCH-2156/¥2,500(税込)



【関連リンク】
ベリーグッドマン、ツアーファイナルで“恋んトス”主題歌配信&新アルバム発売を発表
ベリーグッドマンまとめ
WOMCADOLE、1stアルバム発売決定&リリースツアー開催発表

【関連アーティスト】
ベリーグッドマン
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, 配信, 主題歌

WOMCADOLE、1stアルバム発売決定&リリースツアー開催発表
Sun, 28 Jan 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

WOMCADOLEが1月26日に大阪・ESAKA MUSEで開催した自主企画フロアライブツアー『瀧昇 三本目 二〇一八 同一平面爆発編』において、自身初となる1stアルバム『今宵零時、その方角へ』を3月21日に発売することを発表した。

『今宵零時、その方角へ』は自身初となるフルアルバムで、ライブ会場のみで販売していたデモ曲より「夜明け前に」、「雨上がり」を全編再録。さらにライブで度々披露し話題になっている「月」、「絶望を撃て」、「馬鹿なくせして」などの新曲に加え、2017年9月に発売した1stシングルより「アオキハルへ」を含む全13曲が収められる。

全ての録音・ミックス・マスタリングは、WOMCADOLEの全作品に携わる奈良MORGの門垣良則が手がけた。ジャケット写真は同じくバンドの全作品を手がける井上みなみが、潜水服を着た人間が海底に沈んだ都市を歩くイラストを描いたもの。あわせて公開された新しいアーティストビジュアルは藤川正典が手がけ、煌びやかなネオン街に物憂げな表情で4人が佇んでいる。なお、今作の冒頭を飾るリード曲「月」は、2月1日(木)24:00〜27:00放送のFM802『RADIO∞INFINITY』で初OAされる。

さらにリリースツアー『己の心に吠えろよツアー』の開催も発表。初日となる4月1日の滋賀・B-FLAT公演を皮切りに、ファイナルとなる7月3日の東京・恵比寿LIQUID ROOMまで全13公演を開催する。滋賀、福岡、大阪、名古屋、東京公演がワンマン公演となり、他公演は全てゲストバンドを迎えた対バン形式。ゲストバンドの出演は後日発表となる。各公演のチケット情報は、WOMCADOLEのオフィシャルサイトをチェックしよう。

アルバムの発売、ツアーに向けて、WOMCADOLEの全楽曲の作詞作曲を手がけるフロントマン樋口侑希からコメントが届いている。

■【樋口侑希 コメント】

「我々WOMCADOLE、3月21日に自身初となる1stフルアルバム『今宵零時、その方角へ』をリリース致します。最高最強の一枚です。WOMCADOLEならではの黒くてエグミな曲達がたくさん入ってます。チュンチュンに熱いので、火傷には気をつけてください。そして、「己の心に吠えろよツアー」を決行致します。吠えろ、叫べ、心臓が口から出そうなぐらいに。暴れまわりましょう。期待しといてください、いつだって最高新記録を。今宵零時。僕らと共に目指しましょう」

アルバム『今宵零時、その方角へ』

2018年3月21日発売



UNCR-06/¥2,700(税込)
<収録曲>
01.月
02.リム
03.絶望を撃て
04.夜の向こうで
05.アオキハルへ
06.夜明け前に
07.MayDay
08.頂戴
09.今夜君と
10.雨上がり
11.独白
12.21g
13.馬鹿なくせして

『己の心に吠えろよツアー』

4月01日(日) 滋賀B-FLAT ※ワンマン
4月13日(金) 広島SECOND CRUTCH
4月15日(日) 山口周南LIVE rise SHUNAN
4月27日(金) 神奈川横浜F.A.D.
4月28日(土) 静岡UMBER
5月05日(土) 宮城仙台enn2nd
5月25日(金) 香川高松DIME
5月26日(土) 福岡天神graf ※ワンマン
5月27日(日) 大分CLUB SPOT
6月09日(土) 大阪心斎橋Music Club JANUS ※ワンマン
6月14日(木) 石川金沢vanvanV4
6月24日(日) 名古屋APOLLO BASE ※ワンマン
7月03日(火) 東京恵比寿LIQUID ROOM ※ワンマン
※各公演の詳細、チケット情報はWOMCADOLE OFFICIAL SITEでご確認ください。



【関連リンク】
WOMCADOLE、1stアルバム発売決定&リリースツアー開催発表
WOMCADOLEまとめ
HAN-KUN、全国ツアー最終公演を映像作品化

【関連アーティスト】
WOMCADOLE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, ツアー

HAN-KUN、全国ツアー最終公演を映像作品化
Sun, 28 Jan 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年に、湘南乃風としてデビュー15周年・ソロデビュー10周年迎えるHAN-KUN。アニバーサリーを目前に、自身のアイデンティティを表現した5thアルバム『VOICE MAGICIAN V 〜DEEP IMPACT〜』を2017年8月に発売すると、その5thアルバムをひっさげ、アルバムと同じく『DEEP IMPACT』の名を冠した全国ツアーを3カ月に渡り敢行! 全国19カ所を駆け巡り、毎箇所アップデートされるセットリストとパフォーマンスで約15,000人のオーディエンスを熱狂させた。そのツアーファイナル、2017年12月2日に東京・豊洲PITで行われたライブの模様を完全収録したDVDを2018年4月11日に発売することが決定した。

圧巻のステージングのライブ映像の他に、ツアー全19公演密着でHAN-KUNを追いかけたドキュメンタリー映像も収録。普段見られないHAN-KUNの素顔や、ライブにストイックに向き合う彼の貴重な映像が満載。さらに同梱のCDには、ライブ音源を再編集しミックステープ仕立てに仕上げたスペシャル音源と新曲を収録。また、通常盤に加えスペシャル特典セットが付いた限定盤も同時に発売。HAN-KUN“10th Anniversary”に相応しい超豪華内容となっている。映像と音で『DEEP IMPACT=心に深く刻む衝撃』を十二分に体感出来る作品をぜひチェックして頂きたい。

DVD『HAN-KUN TOUR 2017 LEGEND 〜DEEP IMPACT〜』

2018年4月11日発売



【通常盤】(DVD+CD)
TFBQ-18202/¥6,400+税
※予約・購入者特典:10周年記念ポストカード
【MAGIC MOMENT STORE限定盤】通常盤+スペシャル特典セット付き
※詳細・予約URLは後日発表



【関連リンク】
HAN-KUN、全国ツアー最終公演を映像作品化
HAN-KUN まとめ
湘南乃風まとめ
さくらしめじ、4月に1stアルバムリリース決定

【関連アーティスト】
HAN-KUN , 湘南乃風
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, DVD, リリース, 発売, ライブ

さくらしめじ、4月に1stアルバムリリース決定
Sun, 28 Jan 2018 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フォークデュオのさくらしめじが、4月4日に1stアルバムを発売することが発表された。アルバムには、2017年に自身初めてのアニメタイアップにもなった「あやまリズム」、ファンからの音源化の声が多くよせられていた「えそらごと」、約1年4ヶ月をかけて行った47都道府県フリーライブの旅を終えて制作した初の自作曲「おもいでくれよん」など、既にライブでパフォーマンスしている定番曲をはじめ、さらには大物ミュージシャンの“あの”方や、きのこの“あの”会社とのコラボレーション楽曲など、全11曲が収録される予定である。そして、CD+DVD盤にはアルバム制作のメイキングと、2017年末にマイナビBLITZ赤坂にて開催したワンマンライブから数曲を収録したDVDがついている。また、2月と3月にはアルバムから先行して1曲ずつ配信リリースを行う予定である。

7月28日には初の日比谷野音でのワンマンライブを控えている彼らの続報にファンは期待しておこう。

【コメント】

「みなさんの応援のおかげで!みなさんの菌活のおかげで!さくらしめじ、ファーストアルバムをリリースすることが決定しました!!応援してくださるみなさん本当に本当にありがとうございます!!この初めてのアルバムでは、これまで以上に1曲1曲を大切に歌って演奏しています。ずっとライブでやってきた曲や、初めて僕たちでつくった曲など、たくさんの想いをこめて、この1枚にさくらしめじをぎゅぎゅっと詰めこんでいますので、みなさんぜひお楽しみに〜!!!」

アルバム『ハルシメジ』

2018年4月4日発売



【CD+DVD盤】
ZXRC-2030/¥3,500(税込)



【通常盤】
ZXRC-2031/¥2,700(税込)



【イベント盤】
ZXRC-2032/¥2,700(税込)

さくらしめじライブハウスツアーファイナル『真夏の星空ピクニック』in 日比谷野外大音楽堂

7月28日(土) 日比谷野外大音楽堂
http://sakurashimeji.com/kiniku/



【関連リンク】
さくらしめじ、4月に1stアルバムリリース決定
さくらしめじまとめ
WANIMA、1stアルバムをバンド初のアナログレコードで再リリース!

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボレーション, EBiDAN, アルバム, リリース, 発売, フォーク

WANIMA、1stアルバムをバンド初のアナログレコードで再リリース!
Sat, 27 Jan 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

WANIMAが1月17 日(水)にリリースしたメジャー1stアルバム『Everybody!!』を、自身初のアナログ作品となる2枚組アナログレコードとして発売することを発表した。

この作品はCDと同じ楽曲を収めた内容となっており、180g重量盤の2LP仕様となっている。こちらの作品は各CDショップは勿論、『Everybody!!TOUR』の各会場のCDの販売スペースでも3月9日(金)の発売日以降順次取り扱われるのでツアーに参加するファンはこちらの作品のチェックもお忘れなく。

■アルバム『Everybody!!』特設サイト
https://wanima.net/everybody/

アナログレコード『Everybody!!』

2018年3月9日発売



WPJL-10081/2/¥3,800+税
<収録曲>
■SIDE A
M1「JUICE UP!!のテーマ」
M2「OLE!!」
M3「シグナル」
M4「CHEEKY」
■SIDE B
M05「ヒューマン」
(フジテレビ系 木曜劇場「刑事ゆがみ」主題歌)
M6「花火」
M7「サブマリン」
■SIDE C
M08「CHARM」
(キッコーマン 企業 CM「おいしいって、金メダル。」篇タイアップソング/受験に in ゼリー CM タイアップソング)
M9「ANCHOR」
M10「やってみよう」
(au 三太郎「やってみよう」篇 CM ソング)
M11「エム」
■SIDE D
M12「SNOW」
M13「ともに」
(「8x4ボディフレッシュ」 CM ソング)
M14「Everybody!!」



【関連リンク】
WANIMA、1stアルバムをバンド初のアナログレコードで再リリース!
WANIMAまとめ
coldrain、武道館公演直前企画ライブ&トーク生配信決定

【関連アーティスト】
WANIMA
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース, 発売

coldrain、武道館公演直前企画ライブ&トーク生配信決定
Sat, 27 Jan 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月6日(火)に日本武道館でワンマン公演を行うcoldrainが、公演直前企画として1月28日(日)にライブ生配信、1月30日(火)にトーク生配信を日本最大の音楽専門チャンネル スペースシャワーTVの公式スマートフォンアプリ『スペシャアプリ』と『LINE LIVE』にて配信することがわかった。

1月28日(日)のライブ生配信は、日本武道館ワンマン公演を直前に控えたcoldrainが、“リハーサルだけじゃ物足りない”とし、新横浜 NEW SIDE BEACH!!にて急遽開催が決定したワンマン公演の配信となる。1月30日(火)のトーク生配信は、coldrainメンバー全員が揃っての武道館への意気込みを語る配信番組。結成10周年を迎えたcoldrainの今までを振り返る特別企画も実施!どちらも見逃せない内容になっている。

■【番組配信情報】

ライブ生配信『coldrain LIVE AT BUDOKAN warm up show』
1月28日(日)18時30分〜
■LINE LIVE:https://live.line.me/channels/52/upcoming/7060469
■スペシャアプリ:sstv.jp/app

トーク生配信『coldriain LIVE AT BUDOKAN warm up talk』
1月30日(火)20時00分〜
■LINE LIVE:https://live.line.me/channels/52/upcoming/7060508
■スペシャアプリ:sstv.jp/app



【関連リンク】
coldrain、武道館公演直前企画ライブ&トーク生配信決定
coldrainまとめ
西川貴教、1stシングルへのコメントを公開

【関連アーティスト】
coldrain
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 配信

西川貴教、1stシングルへのコメントを公開
Sat, 27 Jan 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1月28日から先行配信される“西川貴教”名義初のシングル「Bright Burning Shout」。配信に先がけて、作詞を担当したUNISON SQUARE GARDENの田淵智也、作曲・編曲を担当した神前 暁 (MONACA)、そして西川貴教のコメントが公開された。

TVアニメ『Fate/EXTRA Last Encore』オープニング・テーマとして制作された本楽曲は、1月27日24:00から先行配信、3月7日にCDシングルとしてリリースされる。また、本楽曲の歌詞が1月28日0:30より『Fate/EXTRA Last Encore』のオフィシャルサイトにて公開される予定。

(c)TYPE-MOON/Marvelous, Aniplex, Notes, SHAFT

■『Fate/EXTRA Last Encore』オフィシャルHP
http://fate-extra-lastencore.com/

■【コメント】

■西川貴教
「初めまして。この度、『Fate/EXTRA Last Encore』主題歌「Bright Burning Shout」で1st Singleをリリースさせていただくことになりました、新人の西川貴教です。いろいろと申し上げたいことはあるのですが、先ず『Fate/EXTRA Last Encore』の主題歌にとお声がけくださった関係者のみなさんをはじめ、原作の奈須きのこ先生に厚く御礼申し上げます。この「Bright Burning Shout」は『Fate/EXTRA Last Encore』の持つ世界観を限りなく忠実に注ぎ込む為に、作編曲を今作品の音楽を担当されるMONACAの神前さんに、また、作詞をUNISON SQUARE GARDENの田淵くんにお願いしました。僕にとって新たな挑戦の詰まった楽曲になっています。是非『Fate/EXTRA Last Encore』同様、この「Bright Burning Shout」にもたくさんの皆様の応援を頂戴できると嬉しいです。併せて、今後の西川貴教にもご期待いただけると幸いです」

■田淵智也
「まず作品の世界観がしっかり作りこまれているので、作品に寄り添えるものを目指し言葉選びを考えていきました。しかし音楽としての言葉というのは難しいもので、寄り添いすぎると陳腐に見えてしまう可能性があります。ところがそこは西川さんのボーカル力を信頼して多少強めの言葉も勇気を持って選んでいく、という手法をとりました。ボーカルに圧倒的な説得力があれば言葉によるデメリットはほぼ皆無になるのです。おかげで音楽にも作品にも寄り添える力強い歌詞が書けたと思っております。一作詞家としてもとても貴重な経験になりました。是非作品と共に「Bright Burning Shout」を愛していただけたらと思います」

■神前 暁
「「Bright Burning Shout」で作編曲を担当させて頂きました、MONACAの神前 暁です。西川貴教さんという名実ともに日本を代表するアーティストと大人気コンテンツである『Fate』シリーズ最新作のコラボレーションに参加することができて、とても光栄に思います。この曲は『Fate/EXTRA Last Encore』の持つ作品世界とアーティストの橋渡しとなるような存在を目指して制作しました。レコーディングで西川さんが歌われたときに「曲に魂が入る瞬間」を目の当たりにした感動・熱さを、リスナーの皆様にも感じて貰えると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします」

配信楽曲「Bright Burning Shout」

2018年1月28日先行配信

シングル「Bright Burning Shout」

2018年3月7日発売



【期間限定通常盤】(CD+DVD)
ESCL-4984〜4985/¥1,667+税
※書き下ろしアニメ絵柄ジャケット仕様+アニメOP映像収録DVD付
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL-4981〜4982/¥1,667+税
※「Bright Burning Shout」ミュージックビデオ収録DVD付
【通常盤】(CDのみ)
ESCL-4983/¥1,204+税



【関連リンク】
西川貴教、1stシングルへのコメントを公開
西川貴教まとめ
T.M.Revolutionまとめ
UNISON SQUARE GARDENまとめ
神前暁まとめ

【関連アーティスト】
西川貴教, T.M.Revolution, UNISON SQUARE GARDEN, 神前暁
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, リリース, 発売

G-DRAGON(BIGBANG)、最新ライブ映像作品のトレイラー解禁
Sat, 27 Jan 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BIGBANGのG-DRAGONが2月7日(水)にリリースする、2017年に行ったソロワールドツアー日本公演を収録したLIVE DVD&Blu-ray『G-DRAGON 2017 WORLD TOUR IN JAPAN』より、トレイラー映像とジャケット写真が公開された。

最新ソロ作『KWON JI YONG』を引っさげての自身2度目となる今回のワールドツアーは、2017年6月10日(土)ソウル上岩(サンアム) ワールドカップ競技場公演を皮切りに、アジア・北米・オセアニア・ヨーロッパ・日本3都市のドームツアーなど、世界29都市36公演で65万4,000人動員という、ソロとして破格のスケールで開催されたもの。2月7日(水)発売の今作は、そのワールドツアーの中でも最大規模となった全3都市5公演26万人動員の日本3大ドームツアー(8月19日福岡 ヤフオク!ドーム、8月22・23日京セラドーム大阪、9月19・20日東京ドーム)より、東京ドームでのジャパンツアーファイナル(全22曲132分)を収録した映像作品。

世界各国のオーディエンスをロックしてきたG-DRAGONだからこそ成しえるその世界基準のパフォーマンス、そしてこのツアーファイナルのみスペシャルサプライズとして出演したBIGBANGメンバー・V.Iとのコラボステージは見ごたえ十分。さらにドームツアー全公演に完全密着し、孤高の存在であるがゆえの孤独と苦悩、今の想いを吐露した本人インタビューをふんだんに盛り込んだツアードキュメンタリー映像(33分)も同時収録される。初回生産限定となるLPサイズ(280mm×280mm)ハードカバー200Pスペシャルフォトブック仕様のDELUXE EDITIONには、上記コンテンツに加え、ツアー各公演のMC集『SPECIAL FEATURES』、各公演のLIVE映像で特別編集した5曲『COLLECTION OF BEST MOMENTS』、タイト・ミドル・ルーズショットの3タイプのカメラアングルが楽しめる5曲『SPECIAL CAM』といった特典映像82分を収録し、トータル4時間大ボリュームの映像をコンパイル。そして全22曲の2枚組みLIVE CDまでもパッケージングした超豪華内容となっている。

DVD&Blu-ray『G-DRAGON 2017 WORLD TOUR IN JAPAN』

2018年2月7日発売



【初回生産限定 -DELUXE EDITION-】(2DVD+2CD+PHOTO BOOK+スマプラムービー&ミュージック)
AVBY-58591〜2/B〜C/¥12,000+税
※LPサイズ(280mm×280mm)ハードカバー200Pスペシャルフォトブック仕様/特大ポスター付
※封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード
【初回生産限定 -DELUXE EDITION-】(2Blu-ray+2CD+PHOTO BOOK+スマプラムービー&ミュージック)
AVXY-58593〜4/B〜C/¥13,000+税
※LPサイズ(280mm×280mm)ハードカバー200Pスペシャルフォトブック仕様/特大ポスター付
※封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード
【2DVD+スマプラムービー】
AVBY-58595〜6/¥6,300+税
※初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード
【2Blu-ray+スマプラムービー】
AVXY-58597〜8/¥7,300+税
※初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード
<収録曲>
■DVD・Blu-ray DISC 1
JAPAN TOUR FINAL @TOKYO DOME_2017.9.20
[ACT I : G-DRAGON]
-INTRO VIDEO-
HEARTBREAKER
BREATHE
-MC-
A BOY
BUT I LOVE U
OBSESSION
[ACT II : G-DRAGON vs. KWON JI YONG]
-BRIDGE VIDEO #1-
ミチGO
ONE OF A KIND
R.O.D.
-BAND JAM-
THAT XX
BLACK
MISSING YOU
YOU DO_OUTRO
WHO YOU?
I LOVE IT
-BRIDGE VIDEO #2 : INTERVIEW VIDEO-
TODAY
CRAYON
[ACT III : KWON JI YONG]
-BRIDGE VIDEO #3 : MONOLOGUE VIDEO-
INTRO. KWON JI YONG (Middle Fingers-Up)
BULLSHIT
-MC 2-
SUPER STAR
[SPECIAL ENCORE]
ピタカゲ (CROOKED) / G-DRAGON&V.I
-MC 3-
BAE BAE 〜 BANG BANG BANG 〜 GOOD BOY 〜 FANTASTIC BABY / G-DRAGON&V.I
-PERFORMER INTRODUCTION-
Untitled, 2014
■DVD・Blu-ray DISC 2 ※通常版はドキュメント映像のみの収録
DOCUMENTARY OF G-DRAGON 2017 WORLD TOUR IN JAPAN
G-DRAGON 2017 WORLD TOUR IN JAPAN [SPECIAL FEATURES]
G-DRAGON 2017 WORLD TOUR IN JAPAN [COLLECTION OF BEST MOMENTS]
・HEARTBREAKER
・ONE OF A KIND
・WHO YOU?
・CRAYON
・BULLSHIT
G-DRAGON 2017 WORLD TOUR IN JAPAN [SPECIAL CAM]
・A BOY_CAM #1 / CAM #2 / CAM #3
・THAT XX_CAM #1 / CAM #2 / CAM #3
・TODAY_CAM #1 / CAM #2 / CAM #3
・INTRO. KWON JI YONG (Middle Fingers-Up)_CAM #1 / CAM #2 / CAM #3
・Untitled, 2014_CAM #1 / CAM #2 / CAM #3
■LIVE CD DISC 1
01.HEARTBREAKER
02.BREATHE
03.A BOY
04.BUT I LOVE U
05.OBSESSION
06.ミチGO
07.ONE OF A KIND
08.R.O.D.
09.THAT XX
10.BLACK
11.MISSING YOU
12.YOU DO_OUTRO
13.WHO YOU?
14.I LOVE IT
■LIVE CD DISC 2
01.TODAY
02.CRAYON
03.INTRO. KWON JI YONG (Middle Fingers-Up)
04.BULLSHIT
05.SUPER STAR
06.ピタカゲ (CROOKED) / G-DRAGON&V.I
07.BAE BAE 〜 BANG BANG BANG 〜 GOOD BOY 〜 FANTASTIC BABY / G-DRAGON&V.I
08.Untitled, 2014



【関連リンク】
G-DRAGON(BIGBANG)、最新ライブ映像作品のトレイラー解禁
G-DRAGON (from BIGBANG)まとめ
BIGBANGまとめ
Rhythmic Toy World、ツアーファイナルにて今春メジャーデビューを発表

【関連アーティスト】
G-DRAGON (from BIGBANG), BIGBANG
【ジャンル】
K-POP, ニュース, 韓流アイドル, トレーラー, CD, DVD, Blu-ray, リリース, 発売, ライブ, ツアー

Rhythmic Toy World、ツアーファイナルにて今春メジャーデビューを発表
Sat, 27 Jan 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Rhythmic Toy Worldが1月26日(金)にTSUTAYA O-EASTで開催したニューアルバム『TALENT』のリリースツアー『転生?なにそれ美味しいの?』のファイナル公演で、2018年春にビクターエンタテインメント内、BLACK SHEEP RECORDSよりアルバムをリリースし、メジャーデビューすることを発表した。

Rhythmic Toy Worldは、多くの国内の大型音楽フェスに出場し、森永製菓『DARS』のCM楽曲に抜擢、TV東京系『ゴッドタン』のエンディングテーマ、佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生らが主演した、東宝映画『何者』にてメンバーが出演し、楽曲が劇中歌として使用されるなどインディーズシーンというくくりの中で活躍していた。さらに2018年1月9日より放映が開始されたTV東京系アニメ『弱虫ペダルGLORY LINE』ではオープニングテーマを描き下ろすなど、その枠にとらわれない活動で人気を博すバンドである。

2017年3月に名古屋QUATTROで行われたライブにてBLACK SHEEP RECORDS所属のヒステリックパニックと対バンを果たした事をきっかけに、ビクターエンタテインメントBLACK SHEEP RECORDSのレーベルコンセプトに共鳴し、今回両者が手を取り合う事となった。

磯村(Dr.)のそのパワフルでダンサブルなリズムパターンに、須藤(Ba)のグル―ヴィンだが跳ね回るベースライン、岸(Gt.)のキャッチーなメロディに、Vo.内田の圧倒的な歌唱力。それぞれが役割をしっかりこなすことによって生まれる楽曲を武器に、2013年より作品をリリースし始めた彼ら。インディーズのシーンだからこそできる新しい試みに常に挑戦し続け、大きなステージもものともせず、観るものを虜にする強力なライブ・バンドへと着実に成長を遂げた今、Rhythmic Toy Worldが新しいステージでどんな世界を魅せてくれるのか、今後の動向に注目してほしい。

メジャーデビュー作品に関する情報、詳細は後日Rhythmic Toy World公式サイト、BLACK SHEEP RECORDSオフィシャルサイトより発表される。

Photo by Taichi Nishimaki



【関連リンク】
Rhythmic Toy World、ツアーファイナルにて今春メジャーデビューを発表
Rhythmic Toy Worldまとめ
SILENT SIREN、完売となったバレンタインライブの模様をニコ生で生中継

【関連アーティスト】
Rhythmic Toy World
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, ツアー

SILENT SIREN、完売となったバレンタインライブの模様をニコ生で生中継
Sat, 27 Jan 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月11日(日)に東京・EX THEATER ROPPONGIで開催されるSILENT SIRENのワンマンライヴ『SILENT SIREN サイファミVSサイサイ ALL TIME REQUEST LIVE』の模様が、動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」で独占生中継! 今回のライヴでは、インディーズ時代から最新シングル「ジャストミート」までの歴代楽曲を対象に、ファンの事前投票により構成したセットリストで楽曲を披露。近年のSILENT SIRENのライヴで披露していないレア曲も期待されることから、この日はすでにチケットが完売しているので、このチャンスをお見逃しなく。

■『SILENT SIREN 別冊カドカワDirecT presents サイファミVSサイサイ ALL TIME REQUEST LIVE』

2月11日(日)18:00〜放送開始(終了時間未定)
■視聴URL
http://live.nicovideo.jp/watch/lv310505115
※本番組の一部はプレミアム会員限定視聴となります。番組全編を視聴するにはプレミアム会員のご登録が必要となります。

アルバム『GIRLS POWER』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-29277/¥3,800+税
<収録曲>
■CD
01.フジヤマディスコ
02.merry-go-round
03.KNiFE
04.Love Balloon
05.パパヤパヤパ
06.ジャストミート
07.AKANE
08.フユメグ
09.さくら咲く青い春
10.Kaleidoscope
11.ODOREmotion
12.さよなら日比谷
+ボーナストラック1曲
■DVD
・フジヤマディスコ(MV)
・AKANE(MV)
・ジャストミート(MV)
〈2017「新世界」ツアーファイナル日本武道館〜奇跡〜 から最速収録〉
フジヤマディスコ
ジャストミート
Kaleidoscope



【通常盤】(CDのみ)
UPCH-20477/¥2,800+税
<収録曲>
01.フジヤマディスコ
02.merry-go-round
03.KNiFE
04.Love Balloon
05.パパヤパヤパ
06.ジャストミート
07.AKANE
08.フユメグ
09.さくら咲く青い春
10.Kaleidoscope
11.ODOREmotion
12.さよなら日比谷

Blu-ray & DVD『5th ANNIVERSARY SILENT SIREN LIVE TOUR 2017「新世界」日本武道館 〜奇跡〜』

2018年3月7日発売



【Blu-ray 初回限定盤】(Blu-ray+GOODS)
UPXH-29017/¥5,800+税
※封入特典:パスレプリカステッカー
<収録内容>
■ライヴ本編
フジヤマディスコ
吉田さん
BANG!BANG!BANG!
八月の夜
What show is it?
爽快ロック
女子校戦争
Love Balloon
あわあわ
ぐるぐるワンダーランド
フユメグ
AKANE
ジャストミート
Kaleidoscope
DanceMusiQ
チェリボム
シンドバッド
Encore
パパヤパヤパ
ビーサン
■メイキング映像
リハーサルの様子や終演直後のインタビューを混えたメイキング映像



【DVD 初回限定盤】(DVD+GOODS)
UPBH-29066/¥4,800+税
※封入特典:パスレプリカステッカー



【Blu-ray ファンクラブ限定盤】(GOODS+SPECIAL BOOK)
PDXN-1905/¥7,800+税
※封入特典:パスレプリカステッカー
※SPECIAL BOOK付き、三方背ケース仕様
【DVD ファンクラブ限定盤】(DVD+SPECIAL BOOK)
PDBN-1905/¥6,800+税
※封入特典:パスレプリカステッカー
※SPECIAL BOOK付き、三方背ケース仕様

※ファンクラブ限定盤は、SILENT SIRENオフィシャルファンクラブ「サイサイファミリー」の会員の方のみ購入可能となります。「サイサイファミリー」への入会方法はオフィシャルHPからご確認ください。
※ファンクラブ限定盤のご注文締め切りは2月4日(日)23:59までとなります。



【関連リンク】
SILENT SIREN、完売となったバレンタインライブの模様をニコ生で生中継
SILENT SIRENまとめ
『ビクターロック祭り2018』、ORANGE RANGEのバックダンサーを募集

【関連アーティスト】
SILENT SIREN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ガールズバンド, 発表, ライブ, ワンマン

『ビクターロック祭り2018』、ORANGE RANGEのバックダンサーを募集
Sun, 28 Jan 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月17日(土)に幕張メッセ国際展示場にて開催される『ビクターロック祭り2018』にて、ORANGE RANGEと共に「SUSHI食べたい feat.ソイソース」のステージを盛り上げてくれるバックダンサーの募集が発表された。年齢・プロ・アマ不問とのこと。ORANGE RANGE はEP『UNITY』を引っ提げた全24公演のホールツアー『ORANGE RANGE LIVE TOUR 017-018 〜UNITY〜』にて、全国各地の吹奏楽とダンスのコラボレーションを実施している。今回はフェスのステージでの実現となる。

また、2月25日(日)まで『ビクターロック祭り2018』出演アーティストのCD、映像作品を対象に購入者キャンペーンを実施中! セブンネットショッピング、タワーレコード全国各店(除く、タワーオンライン)、ビクターエンタテインメントオンラインショップの各店舗で、『ビクターロック祭り2018』への招待、出演アーティストの直筆サイン入りグッズなどが当たるキャンペーン。全ての詳細は、『ビクターロック祭り』オフィシャルHPへ。

■『ビクターロック祭り2018』オフィシャルHP
http://rockmatsuri.com

【ORANGE RANGEバックダンサー募集情報】

<受付期間>
1月27日(土)〜2月15日(木)消印有効
<当選発表日>
3月8日(木)
<出演概要>
3月17日(土) 幕張メッセ国際展示場
・出演楽曲「SUSHI食べたい feat.ソイソース」1曲
<応募概要>
・応募資格:4人以上10人以下のチーム、年齢・プロ・アマ不問
・選考チーム:1チーム
・応募方法:下記[A]+[B]のセットで宛先までご郵送ください。ビクターロック祭りオフィシャルサイトに記載の注意事項をご確認の上、ご応募いただける様お願いいたします。
[A]「SUSHI食べたい feat.ソイソース」のCD音源もしくは有料音楽配信サイトからのダウンロード音源フル尺をバックに踊っている映像
※振付は自由です。各チームでオリジナルのものを創作してください。
※映像はDVD、USBメモリ、SDカード等の記録メディアに収録ください。
[B] 応募用紙をビクターロック祭りオフィシャルサイトよりダウンロード・プリントアウトし必要な箇所すべてにご記入
※応募用紙をプリントアウトできない場合、下記を記載した用紙
・チームの人数
・参加メンバー全員の氏名(フリガナ)/年齢/性別
・代表者の住所/電話番号/メールアドレス
・参加メンバーに未成年がいる場合、保護者の署名と押印
<郵送先>
〒150-0011東京都渋谷区東1-2-20渋谷ファーストタワー
ビクターエンタテインメント
ビクターロック祭り「ORANGE RANGEバックダンサー募集」係

『ビクターロック祭り2018』

3月17日(土) 幕張メッセ国際展示場
出演者:雨のパレード、ORANGE RANGE、KICK THE CAN CREW、GRAPEVINE、SOIL&"PIMP"SESSIONS、竹原ピストル、DJダイノジ、never young beach、ぼくのりりっくのぼうよみ、Yogee New Waves、RHYMESTER、レキシ、ROTTENGRAFFTY、and more...
<チケット>
前売¥8,990(税込)/当日¥9,490(税込)

レンタル&配信限定EP『SUSHI食べたいEP』/ORANGE RANGE

配信中



■レコチョク
http://recochoku.jp/album/A2000566192/
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1014337613?app=itunes&ls=1
■Spotify
https://open.spotify.com/track/5C544HS3hfvJf4J2m5N7F4

アルバム『TEN』/ORANGE RANGE

配信中



■レコチョク
http://recochoku.jp/album/A2000584894/
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1028421367?app=itunes&ls=1
■Spotify
https://open.spotify.com/album/4d0YkJgoqvGXEHEDwIcy38



【関連リンク】
『ビクターロック祭り2018』、ORANGE RANGEのバックダンサーを募集
ORANGE RANGEまとめ
[Alexandros]、『VIP PARTY 2018』詳細情報解禁&ティザー映像公開

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ダンス

[Alexandros]、『VIP PARTY 2018』詳細情報解禁&ティザー映像公開
Sat, 27 Jan 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

[Alexandros]が既に開催を発表している、8月16日に千葉・ZOZOマリンスタジアムにて行われる『VIP PARTY 2018』の詳細が発表された。

『VIP PARTY』は[Alexandros]がファン感謝祭的なイベントとして行っているライブで、今までに日本武道館や大阪城ホール、日本ガイシホール(名古屋)でも開催され、今回は自身最大規模となるZOZOマリンスタジアムでの開催となる。川上洋平(Vo.&Gt.)は、「ドロス史上最大にロックなVIP PARTYになるだろう」と意気込みを語っているので、ぜひ楽しみにしていてほしい。チケットの最速先行受付は、1月30日よりスタートするので詳しくはオフィシャルHPへ。

また、1月27日より、今までの『VIP PARTY』のレアな映像も入った『VIP PARTY 2018』のティザー映像がYoutubeにて公開されているので、ぜひこちらもチェックしてほしい。

『VIP PARTY 2018』

8月16日(木) ZOZOマリンスタジアム
<チケット>
アリーナスタンディングブロック指定 前売¥7,000
スタンド座席指定 前売¥7,000
【チケット先行受付期間】
■[Alexandros] CREW先行(モバイルFC先行)
1月30日(火)12:00〜2月05日(月)23:59
・イープラス最速抽選 http://eplus.jp/alexandros/
■ファミリーマート 一次抽選
2月06日(火)12:00〜2月12日(月・祝)23:59
・http://eplus.jp/alexandros/
■ファミリーマート 二次抽選
2月13日(火)12:00〜2月19日(月)23:59
・http://eplus.jp/alexandros/
■イープラスプレオーダー 二次抽選
2月20日(火)12:00〜2月26日(月) 23:59
・http://eplus.jp/alexandros/
■一般発売:4月22日(日)AM10:00〜



【関連リンク】
[Alexandros]、『VIP PARTY 2018』詳細情報解禁&ティザー映像公開
[Alexandros]まとめ
米津玄師、シングル「Lemon」の映像盤に初のライブ映像を収録

【関連アーティスト】
[Alexandros]
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, チケット

米津玄師、シングル「Lemon」の映像盤に初のライブ映像を収録
Sat, 27 Jan 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

米津玄師が3月14日にリリースするシングル「Lemon」の初回限定となっている「レモン盤」「映像盤」の詳細が発表された。「レモン盤」には、米津自身が楽曲「Lemon」に込めた思いを形取ったオリジナルのレターセットを同梱し、曲と共に世界観を味わえる仕様に。「映像盤」は、1月10日に開催された『米津玄師 2018 LIVE / Fogbound』の日本武道館公演のライブ映像と、「灰色と青(+菅田将暉)」「春雷」のMVが収録される。

ライブ映像には、「LOSER」「ピースサイン」「砂の惑星」などの人気楽曲に加え、ツアーファイナルをお祝いすべくサプライズ登場した菅田将暉を迎えた「灰色と青(+菅田将暉)」など、計8曲収録。米津玄師としては、ライブ映像自体が初出しということで貴重な映像商品化だ。さらに、未発売のMVも2曲収録された、豪華すぎる内容になっている。

シングル「Lemon」

2018年3月14日発売



【レモン盤(初回限定)】(CD+レターセット)
SRCL-9745〜9746/¥2,000+税
【映像盤(初回限定)】(CD+DVD)
SRCL-9747〜9748/¥1,900+税
【通常盤】(CD)
SRCL-9749/¥1,200+税
<収録曲>
■CD ※全形態共通
1.Lemon
他、計3曲収録予定
■DVD ※映像盤のみ
・『米津玄師 2018 LIVE / Fogbound』1月10日@日本武道館公演
砂の惑星
春雷
LOSER
ゴーゴー幽霊船
???
ピースサイン
打上花火
灰色と青(+菅田将暉)
・Music Video
春雷
灰色と青(+菅田将暉)



【関連リンク】
米津玄師、シングル「Lemon」の映像盤に初のライブ映像を収録
米津玄師まとめ
有村竜太朗、進化した実験的全国ツアーが終幕

【関連アーティスト】
米津玄師
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, リリース

有村竜太朗、進化した実験的全国ツアーが終幕
Sat, 27 Jan 2018 11:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Plastic Treeのボーカリスト、有村竜太朗が1月7日の恵比寿LIQUIDROOMを皮切りに“有村竜太朗 TOUR 2018 「デも/demo -beyond that point-」"と銘打った全5公演のツアーを展開。今回は会場限定のシングル「op.7」も発売して、新曲をまじえた内容とり、各公演は大盛況で、最終的には1月23日の千葉LOOKと1月26日の代官山UNITの追加公演「デも/demo -Polymerization Night-」も実現! 全行程の最終公演となる1月26日の代官山UNITでは、完成度を増した楽曲たちを聴くことができた。

ライブは2部制で、1部はアコースティック・スタイル。まず有村がひとりでステージに現れ、初音源『デも/demo』の収録曲「恋ト幻」の弾き語りバージョン(=「op.6」)からスタート。このあと、チェロやアコーディオンを加えたバンドメンバーが登場し、『デも/demo』からの曲を中心に披露していく。有村自身のルーツにあるネオアコやフォークへの憧憬がにじみ、繊細で暖かさを感じる時間帯となった。

第2部はバンドサウンドで、熱量のあるライブが繰り広げられる。1部でも披露した「猫夢」や「鍵時計」が、アッパーなナンバーとして、場内の温度を高めていく。1部とは違う空気感で、スリリングなパフォーマンスが印象的だった。

アンコールには追加公演初日の千葉LOOK(1月23日)に続き、Nothing\'s Carved In Stoneのギタリスト、生形真一が登場。「浮融/fuyuu」では、有村も含めたトリプルギターによる圧巻のシューゲイザー・サウンドを炸裂させ、オーディエンスを盛り上げた。

アンコールのあとも、予定外のダブルアンコールに応えるサービスぶりでツアーを完遂。終演後は新曲「メも/memo」の映像も流され、心地よい余韻を演出した。同じ曲を別の顔で表現する実験は、このツアーでさらに面白いものに進化したように感じられる。それが有村竜太朗というアーティストに、どんな刺激をもたらし、また音楽性がどう熟成していくのか……この先も非常に楽しみだ。



【関連リンク】
有村竜太朗、進化した実験的全国ツアーが終幕
有村竜太朗まとめ
Plastic Treeまとめ
Nothing\'s Carved In Stoneまとめ
『ラブライブ!サンシャイン!!』TVアニメ2期の11曲がアニュータにて配信決定

【関連アーティスト】
有村竜太朗, Plastic Tree, Nothing\'s Carved In Stone
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ライブ, ツアー, ワンマン, ライブレポ, レポート

『ラブライブ!サンシャイン!!』TVアニメ2期の11曲がアニュータにて配信決定
Sat, 27 Jan 2018 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年10月〜12月にかけて放送された『ラブライブ!サンシャイン!!』TVアニメ2期の11曲を、アニソン定額配信アプリ「アニュータ」にて2月1日(木)0時よりフルサイズ配信スタート! 9人の少女たちが大きな夢を抱いてがむしゃらに駆け抜けた、TVシリーズ2期“みんなで叶える物語(スクールアイドルプロジェクト)”を彩った楽曲の数々をぜひチェックしてほしい。

■【2月1日(木)より追加される楽曲】

「未来の僕らは知ってるよ」/Aqours
「君の瞳を巡る冒険」/Aqours
「勇気はどこに?君の胸に!」/Aqours
「“MY LIST” to you!」/Aqours
「MY舞☆TONIGHT」/Aqours
「MIRACLE WAVE」/Aqours
「Awaken the power」/Saint Aqours Snow
「CRASH MIND」/Saint Snow
「DROPOUT!?」/Saint Snow
「WATER BLUE NEW WORLD」/Aqours
「WONDERFUL STORIES」/Aqours
※すべてフルサイズ楽曲

(c)2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

「アニュータ」ダウンロードURL

・Apple store
https://itunes.apple.com/jp/app/id1214791564
・Google Play 
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.aniuta.android.aniutaap



【関連リンク】
『ラブライブ!サンシャイン!!』TVアニメ2期の11曲がアニュータにて配信決定
Aqoursまとめ
Saint Aqours Snowまとめ
Saint Snowまとめ
ブリティッシュロックの最高峰として今も君臨する『レッド・ツェッペリン II』

【関連アーティスト】
Aqours, Saint Aqours Snow, Saint Snow
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, 音楽配信

ブリティッシュロックの最高峰として今も君臨する『レッド・ツェッペリン II』
Fri, 26 Jan 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1969年にリリースされ、ブリティッシュロック界の至宝とされるのがレッド・ツェッペリンのデビュー作『レッド・ツェッペリン I』と2ndアルバムの『レッド・ツェッペリンII』である。どちらも極めて優れたアルバムで、1年の間に2枚の秀作をリリースするという彼らの才能には驚愕するばかりだが、特に2作目の『レッド・ツェッペリン II』は、デビュー作の成功で長期のツアー生活を余儀なくされた中で制作されたにもかかわらず、ライヴの熱狂が乗り移ったかのような圧倒的なグルーブ感と、後のハードロックやヘヴィメタルのプロトタイプがぎっしり詰まった稀有な名盤である。

■2007年のアメリカ音楽で

今から10年ほど前、ツェッペリンのリードヴォーカリストのロバート・プラントは、アメリカブルーグラス界のスーパースターであるアリソン・クラウスと組んだデュエットアルバム『Raising Sand』(‘07)でグラミー賞を獲得している。プラントは年齢のためか、ツェッペリン時代のハリのある高音ではなく、低音の語るような歌い方になってはいたが、とても味わい深いシンガーに変貌していたのが印象的であった。

同じ年、ツェッペリンのベーシストであったジョン・ポール・ジョーンズもアメリカでアンクル・アールという女性トラッドグループのアルバム『Waterloo, Tennessee』のプロデュースを務め、自らベース、マンドリン、マンドラを演奏しているのだが、こちらも燻銀のような渋いプレイをしている。

レッド・ツェッペリンというグループはハードロックやヘヴィメタルの基礎を作った始祖として知られるが、実は彼らのすごさは前述した内容でも分かるように、多くのルーツミュージックに支えられ、自分たちの音楽を創り上げたと言っても過言ではない。ジミー・ペイジ(Gu)にしてもジョン・ボーナム(Dr)にしても、ブリティッシュトラッドや民族音楽の影響を相当受けており、それゆえにあれだけスケールの大きな音楽が創造できたのである。

■ニュー・ヤードバーズから レッド・ツェッペリンへ

レッド・ツェッペリンが結成された時、最初のうちはジミー・ペイジが在籍しているという理由で注目されていたのだが、それは彼がヤードバーズのメンバー時代にエリック・クラプトンやジェフ・ベックを凌ぐギタリストとしての力量が知られていたからだ。しかし、ペイジはヤードバーズ時代にはすでにギタリストとしてだけでなく、プロデューサーとしての手腕も相当な実力だったのだ。

ペイジはヤードバーズに加入する前から、多くのセッションやプロデュースを手掛けており、彼の思い描く音楽をヤードバーズで具現化すべくメンバーになったと言ってもよいかもしれない。ただ、ヤードバーズに参加した当初はベース奏者としてプレイしていた。ギターに転向(ジェフ・ベックとツインリードの時期もある)してからは、すでにグループは分裂しかけていた。仮に分裂しそうでなくともペイジのやろうとしている音楽のレベルに技術的に達しているメンバーはジェフ・ベック以外におらず、そのベックをはじめ、ヴォーカルのキース・レルフも、ドラムのジム・マッカーティすら脱退してしまった。

結局、残ったペイジが新たなメンバーをスカウトすることになる。そのメンバーが、プラント、ポール・ジョーンズ、ボーナム(要するにツェッペリン)で、契約上の問題から当初はニュー・ヤードバーズというグループ名で活動を開始する。これが1968年、そしてすぐレッド・ツェッペリンに改名し、たった30時間強で録音したデビューアルバム『レッド・ツェッペリン I』をリリース、全米・全英とも10位以内に入る大ヒットを記録する。

僕が最初にこのデビューアルバムを聴いたのは中1の時だが、1曲目の「Good Times Bad Times」にぶっ飛んだ記憶がある。今55歳以上の洋楽好きは、おそらく全員そう思ったはずだ。ギターのリフ、ヴォーカル、ドラム、ベースライン、その全てがこれまでのロックとは大きく違っていたのである。この曲はハードロックという言葉が市民権を得た最初期のナンバーである。

■デビューアルバムの成功と過酷なツアー

デビューアルバム発売直前、アメリカツアーが敢行されることになり、大成功を収める。その結果、アルバムは爆発的に売れ、グループは多忙な日々(1年間にイギリスツアー4回、アメリカツアー4回!)を送ることになるのだが、レコード会社の要請もあって、2ndアルバムのレコーディングもスタートさせる。録音はツアーの合間をぬって行なわれたため、多くのレコーディングスタジオが使われることになった。

■本作『レッド・ツェッペリン II』 について

そして、デビュー作から10カ月後にリリースされたのが本作『レッド・ツェッペリン II』である。アルバムはデビュー作と同じくジミー・ペイジのプロデュースで、デビュー作よりもパワフルで重いサウンドが特徴となっている。

アルバムの1曲目を飾る「胸いっぱいの愛を(原題:Whole Lotta Love)」はハードロックやヘヴィメタルのアンセムとして知られるが、ギターの多重録音、テープループなどを駆使したというだけでなく、プラントのヘヴィメタル然としたヴォーカルスタイル、ペイジのパワーコードを用いたギターリフとシャープで硬質のリードギター、ひたすら重いボーナムのドラムとポール・ジョーンズのうねるベース、そのどれもがまったく新しいサウンドで、前作の「Good Times Bad Times」をはるかに凌駕する名曲となった。数多くあるロッククラシックの中でも上位にランクされるほど革命的なナンバーだ。

この曲と同傾向の「Heartbreaker」「Living Loving Maid(She’s Just A Woman)」「The Lemon Song」も文句なしの出来で、今聴く(歳取ってからという意味です…)と、ポール・ジョーンズの巧みなベースプレイとボーナムのドラミングの絡みがカッコ良く、鳥肌が立つぐらい素晴らしい。そして、ドラムと言えば「Moby Dick」のボーナムだ。この曲のドラムソロのおかげで、多くのグループがライヴ時にドラムソロを取り入れることが増えた。

他には、トラッドっぽいものやフォークっぽいナンバーも収められている。当時、トラッド志向の曲はペイジの趣味だと思っていたが、前述したようにプラントもポール・ジョーンズもトラッド好きであり、ボーナムでさえフェアポート・コンヴェンションやペンタングルのファンだと何かのインタビューで言ってたから、メンバーの方向性はまとまっていたことが今は理解できる。それが形になったのが3rdアルバムの『レッド・ツェッペリン III』(‘70)の後半で、この時代はシンガーソングライター全盛なので、3作目でペイジもその辺りを狙ったのだろうと僕は推察する。

結局、本作は全英・全米チャートで共に1位となり、70年の音楽誌の人気投票でもビートルズを抜いて首位に躍り出る。僕の周囲でも本作がリリースされてからは、レッド・ツェッペリンは中学生や高校生には圧倒的な人気があった。先駆者というのはひと味もふた味も違うのだ。僕はアルバムの完成度から言えば、『レッド・ツェッペリン IV』(‘71)のほうが高いと思うが、71年頃になるとディープ・パープルやブラック・サバスをはじめ、ハードロックを演奏するグループが激増しただけに、当初の“鳥肌が立つような”新鮮さが失われつつあったのだ。なので、ハードロック黎明期における最高のアルバムと言えば、やっぱり本作『レッド・ツェッペリン II』になるだろう。

まだ本作を聴いていないのであれば、この機会にぜひ聴いてみてください。きっと、何か新しい発見があると思うよ♪

TEXT:河崎直人

アルバム『Led Zeppelin II』

1969年発表作品



<収録曲>
1. Whole Lotta Love(邦題:胸いっぱいの愛を)
2. What Is And What Should Never Be(邦題:強き二人の愛)
3. The Lemon Song
4. Thank You
5. Heartbreaker
6. Livin’ Lovin’ Maid (She’s Just A Woman)
7. Ramble On
8. Moby Dick
9. Bring It On Home



【関連リンク】
ブリティッシュロックの最高峰として今も君臨する『レッド・ツェッペリン II』
Led Zeppelinまとめ
Jimmy Pageまとめ
Robert Plantまとめ
John Paul Jonesまとめ

【関連アーティスト】
Led Zeppelin, Jimmy Page, Robert Plant, John Paul Jones, John Bonham
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1