歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年01月26日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
ブリティッシュロックの最高峰として今も君臨する『レッド・ツェッペリン II』
Fri, 26 Jan 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1969年にリリースされ、ブリティッシュロック界の至宝とされるのがレッド・ツェッペリンのデビュー作『レッド・ツェッペリン I』と2ndアルバムの『レッド・ツェッペリンII』である。どちらも極めて優れたアルバムで、1年の間に2枚の秀作をリリースするという彼らの才能には驚愕するばかりだが、特に2作目の『レッド・ツェッペリン II』は、デビュー作の成功で長期のツアー生活を余儀なくされた中で制作されたにもかかわらず、ライヴの熱狂が乗り移ったかのような圧倒的なグルーブ感と、後のハードロックやヘヴィメタルのプロトタイプがぎっしり詰まった稀有な名盤である。

■2007年のアメリカ音楽で

今から10年ほど前、ツェッペリンのリードヴォーカリストのロバート・プラントは、アメリカブルーグラス界のスーパースターであるアリソン・クラウスと組んだデュエットアルバム『Raising Sand』(‘07)でグラミー賞を獲得している。プラントは年齢のためか、ツェッペリン時代のハリのある高音ではなく、低音の語るような歌い方になってはいたが、とても味わい深いシンガーに変貌していたのが印象的であった。

同じ年、ツェッペリンのベーシストであったジョン・ポール・ジョーンズもアメリカでアンクル・アールという女性トラッドグループのアルバム『Waterloo, Tennessee』のプロデュースを務め、自らベース、マンドリン、マンドラを演奏しているのだが、こちらも燻銀のような渋いプレイをしている。

レッド・ツェッペリンというグループはハードロックやヘヴィメタルの基礎を作った始祖として知られるが、実は彼らのすごさは前述した内容でも分かるように、多くのルーツミュージックに支えられ、自分たちの音楽を創り上げたと言っても過言ではない。ジミー・ペイジ(Gu)にしてもジョン・ボーナム(Dr)にしても、ブリティッシュトラッドや民族音楽の影響を相当受けており、それゆえにあれだけスケールの大きな音楽が創造できたのである。

■ニュー・ヤードバーズから レッド・ツェッペリンへ

レッド・ツェッペリンが結成された時、最初のうちはジミー・ペイジが在籍しているという理由で注目されていたのだが、それは彼がヤードバーズのメンバー時代にエリック・クラプトンやジェフ・ベックを凌ぐギタリストとしての力量が知られていたからだ。しかし、ペイジはヤードバーズ時代にはすでにギタリストとしてだけでなく、プロデューサーとしての手腕も相当な実力だったのだ。

ペイジはヤードバーズに加入する前から、多くのセッションやプロデュースを手掛けており、彼の思い描く音楽をヤードバーズで具現化すべくメンバーになったと言ってもよいかもしれない。ただ、ヤードバーズに参加した当初はベース奏者としてプレイしていた。ギターに転向(ジェフ・ベックとツインリードの時期もある)してからは、すでにグループは分裂しかけていた。仮に分裂しそうでなくともペイジのやろうとしている音楽のレベルに技術的に達しているメンバーはジェフ・ベック以外におらず、そのベックをはじめ、ヴォーカルのキース・レルフも、ドラムのジム・マッカーティすら脱退してしまった。

結局、残ったペイジが新たなメンバーをスカウトすることになる。そのメンバーが、プラント、ポール・ジョーンズ、ボーナム(要するにツェッペリン)で、契約上の問題から当初はニュー・ヤードバーズというグループ名で活動を開始する。これが1968年、そしてすぐレッド・ツェッペリンに改名し、たった30時間強で録音したデビューアルバム『レッド・ツェッペリン I』をリリース、全米・全英とも10位以内に入る大ヒットを記録する。

僕が最初にこのデビューアルバムを聴いたのは中1の時だが、1曲目の「Good Times Bad Times」にぶっ飛んだ記憶がある。今55歳以上の洋楽好きは、おそらく全員そう思ったはずだ。ギターのリフ、ヴォーカル、ドラム、ベースライン、その全てがこれまでのロックとは大きく違っていたのである。この曲はハードロックという言葉が市民権を得た最初期のナンバーである。

■デビューアルバムの成功と過酷なツアー

デビューアルバム発売直前、アメリカツアーが敢行されることになり、大成功を収める。その結果、アルバムは爆発的に売れ、グループは多忙な日々(1年間にイギリスツアー4回、アメリカツアー4回!)を送ることになるのだが、レコード会社の要請もあって、2ndアルバムのレコーディングもスタートさせる。録音はツアーの合間をぬって行なわれたため、多くのレコーディングスタジオが使われることになった。

■本作『レッド・ツェッペリン II』 について

そして、デビュー作から10カ月後にリリースされたのが本作『レッド・ツェッペリン II』である。アルバムはデビュー作と同じくジミー・ペイジのプロデュースで、デビュー作よりもパワフルで重いサウンドが特徴となっている。

アルバムの1曲目を飾る「胸いっぱいの愛を(原題:Whole Lotta Love)」はハードロックやヘヴィメタルのアンセムとして知られるが、ギターの多重録音、テープループなどを駆使したというだけでなく、プラントのヘヴィメタル然としたヴォーカルスタイル、ペイジのパワーコードを用いたギターリフとシャープで硬質のリードギター、ひたすら重いボーナムのドラムとポール・ジョーンズのうねるベース、そのどれもがまったく新しいサウンドで、前作の「Good Times Bad Times」をはるかに凌駕する名曲となった。数多くあるロッククラシックの中でも上位にランクされるほど革命的なナンバーだ。

この曲と同傾向の「Heartbreaker」「Living Loving Maid(She’s Just A Woman)」「The Lemon Song」も文句なしの出来で、今聴く(歳取ってからという意味です…)と、ポール・ジョーンズの巧みなベースプレイとボーナムのドラミングの絡みがカッコ良く、鳥肌が立つぐらい素晴らしい。そして、ドラムと言えば「Moby Dick」のボーナムだ。この曲のドラムソロのおかげで、多くのグループがライヴ時にドラムソロを取り入れることが増えた。

他には、トラッドっぽいものやフォークっぽいナンバーも収められている。当時、トラッド志向の曲はペイジの趣味だと思っていたが、前述したようにプラントもポール・ジョーンズもトラッド好きであり、ボーナムでさえフェアポート・コンヴェンションやペンタングルのファンだと何かのインタビューで言ってたから、メンバーの方向性はまとまっていたことが今は理解できる。それが形になったのが3rdアルバムの『レッド・ツェッペリン III』(‘70)の後半で、この時代はシンガーソングライター全盛なので、3作目でペイジもその辺りを狙ったのだろうと僕は推察する。

結局、本作は全英・全米チャートで共に1位となり、70年の音楽誌の人気投票でもビートルズを抜いて首位に躍り出る。僕の周囲でも本作がリリースされてからは、レッド・ツェッペリンは中学生や高校生には圧倒的な人気があった。先駆者というのはひと味もふた味も違うのだ。僕はアルバムの完成度から言えば、『レッド・ツェッペリン IV』(‘71)のほうが高いと思うが、71年頃になるとディープ・パープルやブラック・サバスをはじめ、ハードロックを演奏するグループが激増しただけに、当初の“鳥肌が立つような”新鮮さが失われつつあったのだ。なので、ハードロック黎明期における最高のアルバムと言えば、やっぱり本作『レッド・ツェッペリン II』になるだろう。

まだ本作を聴いていないのであれば、この機会にぜひ聴いてみてください。きっと、何か新しい発見があると思うよ♪

TEXT:河崎直人

アルバム『Led Zeppelin II』

1969年発表作品



<収録曲>
1. Whole Lotta Love(邦題:胸いっぱいの愛を)
2. What Is And What Should Never Be(邦題:強き二人の愛)
3. The Lemon Song
4. Thank You
5. Heartbreaker
6. Livin’ Lovin’ Maid (She’s Just A Woman)
7. Ramble On
8. Moby Dick
9. Bring It On Home



【関連リンク】
ブリティッシュロックの最高峰として今も君臨する『レッド・ツェッペリン II』
Led Zeppelinまとめ
Jimmy Pageまとめ
Robert Plantまとめ
John Paul Jonesまとめ

【関連アーティスト】
Led Zeppelin, Jimmy Page, Robert Plant, John Paul Jones, John Bonham
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム

04 Limited Sazabys、新作を音楽メディア全種類でリリース&初の東名阪アリーナツアー決定
Fri, 26 Jan 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年にバンド結成10周年アニバーサリーイヤーを迎えた4人組ロックバンド・04 Limited Sazabysが、待望のメジャー4thシングル「My HERO / 夕凪」を3月14日(水)に発売し、初の東名阪アリーナツアーを行なうことを発表した。これは、1月26日(金)Zepp Nagoyaで開催されたツアーファイナル公演の終演後、会場外にて“号外”が配布されて発表となったもの。バンドからの紙面でのサプライズ告知に会場に来ていたファンは歓喜した。

さらに、今作は全世代の青春を象徴する音楽メディア全種類「12cmCD」「8cmCD」「カセットテープ」「アナログレコード(EP)」の4種類で発売することも発表。前代未聞の“音楽メディア全種類リリース”への史上初の試みは、大きな注目を集めるだろう。シングルは両A面となっており、「My HERO」はテレビ東京系 ドラマ24 第50弾特別企画「オー・マイ・ジャンプ!〜少年ジャンプが地球を救う〜」のオープニングテーマで、キャッチーな真骨頂の2ビートキラーチューンとなっている。「夕凪」はバンド史上初の漢字タイトルであり、エッジーでエモーショナルなロックナンバーだ。

また、10周年を記念してバンド初の東名阪アリーナツアー『04 Limited Sazabys 10th Anniversary Live』が決定! 4月29日(日)横浜アリーナ、5月5日(土)地元・名古屋の日本ガイシホール、5月11日(金)大阪城ホールでバンド初の東名阪アリーナツアーを行なう。「My HERO / 夕凪」を期間内に予約すると、最速先行でチケットが応募できるID付ステッカーがもらえるので、詳細はオフィシャルHPをチェックしてほしい。

今回の発表に併せて10th Anniversary動画も公開となったので、こちらも要チェック!

シングル「My HERO / 夕凪」

2018年3月14日発売



【12cmCD】
COCA-17431/¥1,000(税込)
【8cmCD】※完全生産限定
CODA-4001/¥1,000(税込)
【カセットテープ】※完全生産限定
COSA-2359/¥1,000(税込)
【アナログレコード(EP)】※完全生産限定
COKA-63/¥1,000(税込)
<収録曲>
M1.My HERO
M2.夕凪
※全形態共通

◎封入特典
Special Movie ダウンロードID(Squall tour Document)&4形態コンプリート特典応募券
◎早期予約特典
『10th Anniversary Live』最速先行応募シリアルID付ステッカー
応募期間:2018年1月27日(土)12:00〜2月4日(日)23:59
■特典などの詳細はオフィシャルHPまで
http://www.04limitedsazabys.com/

『04 Limited Sazabys 10th Anniversary Live』

4月29日(日) 神奈川・横浜アリーナ
5月05日(土) 愛知・日本ガイシホール
5月11日(金) 大阪・大阪城ホール
※全公演ワンマン公演
<チケット>
前売り アリーナスタンディング¥5,500 指定席¥5,500
一般発売日:3月18日(日)10:00 〜



【関連リンク】
04 Limited Sazabys、新作を音楽メディア全種類でリリース&初の東名阪アリーナツアー決定
04 Limited Sazabysまとめ
MUSA RECORDS、新時代のマネジメントへ。第1弾アーティストは大竹佑季!

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, シングル, リリース, ツアー

MUSA RECORDS、新時代のマネジメントへ。第1弾アーティストは大竹佑季!
Fri, 26 Jan 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1969年12月の会社創設時から、森山良子、DREAMS COME TRUE、Cocco、冨田ラボ・冨田恵一、畠山美由紀など数多くのマネジメントを行なってきたMSエンタテインメントが、2019年に創設50周年を迎える。その節目の年に、新機軸となるレーベル事業「MUSA RECORDS(ムーサ・レコーズ)」を開始する。MUSA RECORDSは、MSエンタテインメントが長年のマネジメント事業で培った人脈、ノウハウと独自の視点を活かし、従来の制作、宣伝、販売にこだわらない全方位型アプローチを可能にするプロジェクトチームで、映像クリエイター、デザイナー、編集者、楽曲制作陣など少数精鋭のチームで編成される。

その第一弾として発表されたアーティストが大竹佑季(オオタケユキ)。圧倒的な歌唱表現力、いわば“音楽のチカラ”を主軸に置きながらも、脚本などの執筆活動、ナレーション業、女優業など、大竹佑季が持つポテンシャルにも焦点を当て、マーケティング、ブランディングの目線で国内外全方位にアプローチする。この度、「MOONLIGHT」のティザー映像が公開となっているので、ぜひチェックしてほしい。

“CDが売れない時代”と言われて久しい昨今。“CDを売る”ことのみに注力するのではなく、“アーティストをブランドとして捉えること”“アーティストというブランドを愛してもらうこと”が重要だと考えるMUSA RECORDS。デジタル、アナログそれぞれの利点を考察し、それを上手く活用しながら“新時代のアーティストマネジメントのアプローチ”を築いていく。



【関連リンク】
MUSA RECORDS、新時代のマネジメントへ。第1弾アーティストは大竹佑季!
大竹佑季まとめ
かなでももこ&いとうかなこ、コラボイベント『LIVE A.N.D』での共演に向けたインタビューを公開

【関連アーティスト】
大竹佑季
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, 発表

かなでももこ&いとうかなこ、コラボイベント『LIVE A.N.D』での共演に向けたインタビューを公開
Fri, 26 Jan 2018 20:00:00 +0900


ゲーム「NOeSIS」シリーズなど、アニソン・ゲームソングを歌うシンガーとして活動中のかなでももこが、2017年より出演しているコラボイベント『LIVE A.N.D』の第三回目にいとうかなこの出演が決定! いとうかなこは、同じアニソン・ゲームソングシンガーであり、かなでももこ自身がデビュー前から憧れを抱いていたという存在。2人は今回のライブを行うに当たり、お互いの看板作品である「NOeSIS」シリーズと「科学アドベンチャー」シリーズを掲げてコラボすることを発表し、具体的にシリーズ作品を題材に据えたことでイベントへの期待値が高まっている。そんな2月4日(日)に開催する『LIVE A.N.D Vol.3』に向けて2人が語るインタビューが到着したので、ぜひチェックしてほしい。

『LIVE A.N.D』は、同じバックバンドによる生演奏を背景に、出演するアーティストが1.2曲歌うごとに入れ代わって、その合間にもMCを担うお笑い芸人・こにわによるトークが繰り広げられるスタイルで進行している。2017年5月に行われた『LIVE A.N.D Vol.1』は、YURiKAと大原ゆい子の2人のアニソンシンガーを招き入れ、かなでももこ含む3人のアニソンシンガーたち最後には「残酷な天使のテーゼ」をセッションする華やかなイベントとなった。
11月に開催した『LIVE A.N.D Vol.2』では、アイドルユニットのDorothy Little Happyを迎え「ようこそジャパリパーク」をコラボレート。加えて、ギタリスト・声優の小原莉子とも共演するなど、ジャンルの垣根を超えて一つの想いを共有するステージを見せた。

■『LIVE A.N.D Vol.3』では、 お互いの楽曲をカバーしあおうとも 計画しています。

――「LIVE A.N.D」シリーズも、2月4日に渋谷サイクロンで行われる「LIVE A.N.D Vol.3」で3回目を迎えます。第1回目は、YURiKAさんと大原ゆい子さん2人のアニソンシンガーを招き入れた形で開催しましたよね。
かなで:YURiKAさんと大原ゆい子さんとかなでももこの3人、プラスMCのこにわさんという形で第1回目はやらせていただきました。あのときは、3人のコラボで『残酷な天使のテーゼ』を歌いました。
いとう:普通は、一人がある程度の持ち時間を持ってステージを行い、それを終えたら次の人へ渡しながら、最期にみんなで歌う形が多いと思うんですけど。「LIVE A.N.D」は、1曲ずつ交代で歌いながら進行していくんでしょ。そのお話を聴いたとき、「これ、観てる人は面白いだろうなぁ」と思いました。
かなで:そうなんです。2回目のときは、Dorothy Little Happyの?橋麻里ちゃんを迎えて「LIVE A.N.D」をやったんですけど。そのときも、歌唱面ではお互いに交代しつつ歌いました。あのときは、ゲストギタリストとして小原莉子ちゃんも参加してくださいました。わたし、そのときのステージで『NOeSIS 歌う影の戯曲』のテーマ曲『Downfall flowers』を初披露したんですけど。同じ作品へ小原莉子ちゃんが声優として出ているので、初披露曲を一緒にコラボして届けられたのも嬉しかったことなんです。Dorothy Little Happyの?橋麻里ちゃんとも、あのときは『ようこそジャパリパーク』をコラボしました。ただ、1回目も2回目もお互いの曲をカバーしあうことはやってなくて。でも、今回いとうかなこさんとご一緒させていただく「LIVE A.N.D Vol.3」では、お互いの楽曲をカバーしあえればいいなと思っております。

――お二人が、どんな接点から繋がりを持ったのかも興味があります。
いとう:私がしゃべっているラジオ番組「いとうかなこの歌声喫茶ラルゴ」へ、「LIVE A.N.D Vol.1」の告知のために来てくれたとき初めてお会いしたんです。そのときの繋がりから、1月15日/21日放送回にも「LIVE A.N.D Vol.3」の告知で遊びに来てくれたんですよね。
かなで:そうなんです。
いとう:確か8ヶ月くらい前でしたよね、「LIVE A.N.D」ってイベントを始めるんだぁというお話をしていたのは。それがもう3回目ですから、早いペースで開催してるよね。
かなで:はい、いいテンポで(笑)。
いとう:そこへ私を呼んでいただけたなんて、とても光栄でございます。こういうシリーズをやってると、お客さんたちも回を重ねるごとに楽しみ方をわかってくるからね。きっと今回も、前から足を運んでくれてるファンたちが、「トークのときは座ってていいよ」「でも、ライブのときは立って盛り上がろうぜ」とか、今回初めて「LIVE A.N.D」に参加するお客さんたちをリードしてくれるんじゃない?。ラジオ番組でも、そんなお話を一緒にしてたからね。

■それぞれのシリーズをメインに しながら、他にもいろんな歌を披露していく形を取るつもりです。

――「LIVE A.N.D Vol.3」でも、短いスパンで交代しながら歌うスタイルを取ります。そのうえで、さらに何をやってくれるのか。そこが気になります。
いとう:気になりますよねぇ。MCのこにわさんとの絡みもねぇ、すでに暑苦しくなりそうな予感がしてますし(笑)。
かなで:そうですねぇ。冬でちょうどいいってやつです(笑)。
いとう:お互いの楽曲のコラボとか出来たら面白そうじゃない?。
かなで:コラボりましょう(笑)。
いとう:今回の面白さは、「NOeSIS」シリーズと「科学アドベンチャー」シリーズの曲を中心に歌っていくことなんでしょ。
かなで:お互いに、シリーズ作品の中のどの曲を歌うかは当日までのお楽しみということで。じつは、かなこさんとは「それぞれの持ち歌の中、一緒に歌うとしたらどれがいいかな?」みたいなお話もしています。
いとう:お互いに看板シリーズですからね、そこは戦いやすいですよね(笑)。
かなで:でも、倒すのはお客さんですけどね(笑)。今回も、わたしとかなこさんが交代で歌うんですけど、それが1曲ごとなのか、2曲歌ってなのか、その辺の組み合わせによる選曲も面白さになりそうです。
いとう:その入り乱れてくところが、この「LIVE A.N.D」シリーズならではなんだもんね。

――お互いに歌う楽曲は、「NOeSIS」シリーズと「科学アドベンチャー」シリーズのみの楽曲になるのでしょうか?
かなで:そこは、それぞれのシリーズをメインにしながら、他にもいろんな歌を披露していく形を取るつもりです。

■「怖そうな人しかいないんだ」って。 わたし、それをかなこさんから聞いて 怖くなりました(笑) 。

――いとうさん、「LIVE A.N.D Vol.3」に参加することについて、今、どんな意識ですか?
いとう:「LIVE A.N.D」のスタイルって、なかなか無い面白い形ですよね。いわゆる普通のジョイントライブではなく、今回で言えば、互いの人気シリーズを掲げてというテーマがしっかりとあって。しかも、それを生バンドで歌うという。さらに会場が渋谷サイクロンという怖そうな人しか出ないような老舗のライブハウスでやるので、今から楽しみです。
かなで:えっ、怖そうな人しか出てないところなんですか?
いとう:だって、渋谷サイクロンですよ。あそこはゴリゴリなロックをやるバンドばかりがやっているライブハウスという印象なんで。
かなで:「怖そうな人しかいないんだ」って。わたし、それをかなこさんから聞いて怖くなりました(笑)。
いとう:最初、かなでももこでさんと一緒にライブをやる場所を渋谷サイクロンと聞いてビックリしたんですけど。アルバム『Lush*energy』を聞いたら、「なるほどー」と思った。この曲なら渋谷サイクロンに合うどころか、ライブハウスのお兄さんたちもビックリするんじゃない?。早く聞かせてやりたいですね。今回は、お客さんたちとスタッフさんたちを、2人で一緒にやっつけよう!!
かなで:今回、2人の中のテーマは「攻めていこう」ですからね。

――お互いのライブは、かなり攻めなスタイルになりそうだ。
いとう:わたしはそのつもりです。まして「科学アドベンチャー」シリーズは速い・高い・つらいと歌うのにハードな楽曲が多いんで、時々、休憩でそれ以外の曲を歌うと思うんですけど(笑)
かなで:「NOeSIS」もサスペンスホラーアドベンチャーとテーマが重たいので…。
いとう:曲を聴いたけど、怖いのよ。怖い曲対決になっちゃうんじゃないかな!?という予想でございます。

――「LIVE A.N.D Vol.3」は、前2回のシリーズとはまた違う感じになりそうでしょうか?
かなで:今回のように作品へちなんだ曲を歌いあえるのは、何時もとは違うスタイル。きっと、ゲームやアニメの世界観にけっこう入り込んでいける「LIVE A.N.D」になっていくと思います。
いとう:互いにテーマとなる作品があるおかげで、統一感は出るよね。お客さんも、どんな曲を聞けそうかがわかりやすくなるぶん予習もしやすくなるからね。
かなで:どちらのシリーズ曲も事前に知ってくださっていたら、余計に楽しめるので、ぜひ予習していただけたら嬉しいです。

■「いとうかなこ」さんも、 「かなでももこ」も「こにわ」さんも、みんな「ひらがな」。

――お互いに、どんな風に絡み合うのかも、今回楽しみにしているところです。
いとう:わたし、ももこさんのようなハードな楽曲を歌ったことがないので、ちょっと興味はありますよ。歌えるか、わかんないですけど(笑)。だって超高音で叫び声を出してるんですよ。
かなで:『福音-GOSPEL〜』を聞いてそう感じてくださったんですよね。でも『福音-GOSPEL〜』は「NOeSIS」シリーズじゃないんですよね。そこはねぇ…。
いとう:大丈夫、わたしも「科学アドベンチャー」以外の楽曲も歌う予定だから(笑)。

――お二人で、こんなことをやってみたいというアイデアもありますか?
かなで:わたしが「いとうかなこの歌声喫茶ラルゴ」へゲストで出させていただいたときのラジオ番組でも、かなこさんにリクエストをしてアカペラで歌っていただいたんですけど。わたし、「科学アドベンチャー」シリーズの中でも、『F.D.D.』が大好きなんです。この歌は、わたしがデビューするきっかけとなるときにカバーして歌った楽曲なんですね。だから、かなこさんと一緒に「LIVE A.N.D」をやると決まったときから、「一緒にコラボしたいな」とわたしは思ってました。他にも、『スカイクラッドの観測者』や『Hacking to the Gate』など大好きな歌はたくさんあります!!
いとう:「STEINS;GATE」のゲームをやってくれてたんだもんねぇ。
かなで:追っかけてました。「STEINS;GATE」を通して初めてノベルゲームもやりました。

――かなでさん自身、最初にこの話が決まったとき、どんな気持ちでした?
かなで:わーっ「ひらがな」だ。「いとうかなこ」さんも、「かなでももこ」も、「こにわ」さんも、みんな「ひらがな」だって。
いとう:あー、ほんとだぁ!!。っていうか、最初の気持ちって、そこなんだ(笑)。
かなで:いや、なかなかの驚きです。
いとう:ひらがなどうし、みんなで頑張りましょう!!

――かなこさんの、ももこさんに対する印象も聞かせてください。
いとう:ホントに見た目も声も可愛らしいのに、サウンドがゴリゴリのロックで、そこにギャップ萌えですよね。それがステージでどう見えるのか、わたしも楽しみにしています。
かなで:ありがとうございまーす。

■こにわさんがネタをやり始めたら、 それがわかんなくて、「わー、ネタだったの? ごめんごめん」って遮っちゃうかも知れません(笑)

――当日、どんなアンドなステージが繰り広げられるのか楽しみです。
いとう:そこは弾けあっても、完全に混じりあっても面白いだろうし、全体にやってみてどうなるのかは、私たちもやってみないことにはわからないので楽しみにしています。
かなで:リハーサルをしているときに想像していたことを本番でやってみると、思いもよらぬ嬉しい手応えを毎回感じているように、本番が終わったときどんな風に「アンドしたぁ」と思えて「安堵」出来るのか。その感覚を今回も楽しみにしているんですけど。それを、大先輩のいとうかなこさんとわたしは味わえるのか?というドキドキもありつつ。でも、楽しみな気持ちがすごくあるから、何時も通りしっかり準備して頑張るぞって気持ちです。
いとう:同じバンドメンバーで、2人が入れ代わって歌うのも面白いよね。お互い声質も曲調も違うから、その違いをくっきり出せたら、より楽しくなるなと思います。

――今回も、トークの絡みがあるんですよね。
かなで:こにわさんも入れた3人でのトークもやります。
いとう:内容は、こにわさん任せですけど(笑)。でも、トークでの絡みって普段はない形だから新鮮だよね。
かなで:トークの絡みも面白いと思います。
いとう:でも、内容はこにわさん次第(笑)。
かなで:何を聞かれるか次第(笑)。もう聞かれたことに答えてく(笑)。
いとう:こにわさんがネタをやり始めたら、それがわかんなくて、「わー、ネタだったの? ごめんごめん」って遮っちゃうかも知れません(笑)。
かなで:ネタの振りがわからないって(笑)。

――何が起きるのか、当日を楽しみにしています。最期に、改めてひと言ずつ意気込みをお願いできますか?
いとう:かなでももこさんと2人だけのジョイントライブ。どうなるかお楽しみにというわけで、よろしくお願いします。
かなで:わたしも、ずっと大好きな「STEINS;GATE」だったり、この「科学アドベンチャー」シリーズと、わたしが大切に歌ってきた「NOeSIS」シリーズの楽曲がコラボ出来るということで凄く嬉しいです。なので、この日が楽しい時間になるように頑張りますので、みなさんもぜひ遊びに来てください。

TEXT:長澤智典

『LIVE A.N.D Vol.3』

2月04日(日) 東京・渋谷サイクロン
<出演>
いとうかなこ、かなでももこ
MC:こにわ
<チケット>
¥4,000(ドリンク代別)
■チケット情報はこちら
https://www.funity.jp/live-and3/
<入場特典>
いとうかなこ / 科学ADVシリーズ、かなでももこ / NOeSIS
のコラボライブ来場者記念特典 科学ADVシリーズからは最新作



【関連リンク】
かなでももこ&いとうかなこ、コラボイベント『LIVE A.N.D』での共演に向けたインタビューを公開
かなでももこまとめ
いとうかなこまとめ
福山雅治、全国ツアー初日にサプライズで約4年ぶりのドーム公演を発表

【関連アーティスト】
かなでももこ, いとうかなこ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, アニメ・声優, ニュース, コラボレーション, コラボ, ライブ

福山雅治、全国ツアー初日にサプライズで約4年ぶりのドーム公演を発表
Fri, 26 Jan 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

福山雅治の約3年ぶりの全国ツアー『WE’RE BROS.TOUR 2018』が、1月24日(水)大阪城ホールを皮切りにスタートした。福山がステージに登場するや否や“待ってました”とばかりに大歓声が上がり、最初からアップテンポなロックナンバーに客席は一気に最高潮の盛り上がりを見せる。福山は「始まりましたよ! ツアーが!」「3年ぶりのツアー、3年間の変化・進化をお楽しみ頂ければと思っております!」と、このツアーに対する意気込みを聞かせた。

ライブでは、オリコン週間ランキングで9作連続1位を獲得し、自身の持つ男性ソロアーティスト最多記録を更新した楽曲「聖域」や、ヒット曲「KISSして」「桜坂」「化身」など、未発表曲含む全23曲をパフォーマンス。そして、ライブを終えようとする最後のMCで、「もう1回この大阪、帰ってきてもいいですか?」と切り出すと、会場からは思いがけないサプライズに割れんばかりの歓声と拍手が沸き起こった。「いつどこに帰ってくるのか? 言ってもいいですか?」と言い、それが約4年ぶりとなるドーム公演だということをステージのビジョンで発表。嬉しいサプライズに会場のボルテージは上がったまま、福山は次なる約束と共にステージを後にした。この日に発表されたドーム公演は、5月19日(土)20日(日)に京セラドーム大阪で、5月26日(土)27日(日)に東京ドームで開催される。

■【発表されたドーム公演】

5月19日(土) 大阪 京セラドーム大阪
5月20日(日) 大阪 京セラドーム大阪
5月26日(土) 東京 東京ドーム
5月27日(日) 東京 東京ドーム

『WE’RE BROS. TOUR 2018』

1月27日(土) 大阪 大阪城ホール 
1月28日(日) 大阪 大阪城ホール 
2月10日(土) 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
2月11日(日) 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
2月24日(土) 新潟 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
2月25日(日) 新潟 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
3月05日(月) 東京 日本武道館
3月06日(火) 東京 日本武道館
3月14日(水) 愛知 日本ガイシホール
3月15日(木) 愛知 日本ガイシホール
3月24日(土) 静岡 エコパアリーナ
3月25日(日) 静岡 エコパアリーナ
3月30日(金) 三重 三重県営サンアリーナ
3月31日(土) 三重 三重県営サンアリーナ
4月07日(土) 北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる  
4月08日(日) 北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる  
4月14日(土) 徳島 アスティとくしま             
4月15日(日) 徳島 アスティとくしま 
4月21日(土) 広島 広島グリーンアリーナ
4月22日(日) 広島 広島グリーンアリーナ
4月26日(木) 福岡 マリンメッセ福岡
4月27日(金) 福岡 マリンメッセ福岡
4月29日(日) 福岡 マリンメッセ福岡
4月30日(月) 福岡 マリンメッセ福岡
<追加公演>
5月19日(土) 大阪 京セラドーム大阪
5月20日(日) 大阪 京セラドーム大阪
5月26日(土) 東京 東京ドーム
5月27日(日) 東京 東京ドーム



【関連リンク】
福山雅治、全国ツアー初日にサプライズで約4年ぶりのドーム公演を発表
福山雅治まとめ
“有期限活動休止中”のMUCC、20周年にまつわるライヴを映像作品化

【関連アーティスト】
福山雅治
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ツアー

“有期限活動休止中”のMUCC、20周年にまつわるライヴを映像作品化
Fri, 26 Jan 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年に結成20周年を迎え、現在は前代未聞の“有期限活動休止”期間に入っているMUCCだが、20周年にまつわる2つの全国ツアーをパッケージしたライヴ映像作品をリリースすることが決定した。

まずは、2016年に行なったツアー『MUCC TOUR 2016 GO TO 20TH ANNIVERSARY 孵化 -哀ア痛葬是朽鵬6極志球業シ終T-』の初日6月25日の日比谷野外大音楽堂公演および、最終日となった9月3日の大阪城野外音楽堂公演からセレクトされたパフォーマンスをパッケージしたDISC.1。そして、2017年のツアー『MUCC 20TH ANNIVERSARY 97-17 羽化 -是朽鵬6極志球業シ終T脈殺-』の最終日Zepp DiverCity Tokyo公演からのDISC.2で構成されている。

今回のジャケットデザインは、MUCC20周年のアルバム『新痛絶』『新葬ラ謳』『殺シノ調べII This is NOT Greatest Hits』を手がけたアートディレクターのKei Kamachi(RFA digital brains Inc. / RFA GOLD Inc.)が担当。

通常盤初回仕様限定盤は、付属の透明三方背ケースを動かすことでジャケットの絵が動くように見える“スリットアニメーション”を用いたアートワークとなっている。

DVD & Blu-rayの2形態で発売となり、共に通常盤初回仕様限定盤は数量限定。なくなり次第トールケース使用の通常盤に切り替わるので、早めの予約がおすすめだ。活動休止中のMUCCからのサプライズプレゼント、ぜひゲットしてほしい。

DVD & Blu-ray『MUCC 20TH ANNIVERSARY TOUR VIDEOS 孵化〜羽化 heading to 脈拍』

2018年3月28日発売



※通常盤初回仕様限定盤
※透明三方背“スリットアニメーション”パッケージ
※数量限定のため、無くなり次第トールケース使用の通常盤に切り替わる

【DVD】
AIBL-9396〜7/¥7,900+税 ※2枚組
【Blu-ray】
AIXL-90〜1/¥8,900+税 ※2枚組
※初回仕様限定盤は透明三方背“スリットアニメーション”パッケージ
<収録曲>
■DISC.1
『MUCC TOUR 2016 GO TO 20TH ANNIVERSARY 孵化 -哀ア痛葬是朽鵬6極志球業シ終T-』)2016年6月25日 日比谷野外大音楽堂+2016年9月3日 大阪城野外音楽堂)
01.大嫌い
02.娼婦
03.KILLEЯ
04.JOKER
05.フライト
06.悲しみとDANCEを
07.ファズ
08.1979
09.パノラマ
10.トリガー
11.ハニー
12.ママ
13.9月3日の刻印
14.この線と空
15.家路
16.ハイデ
17.CLASSIC
18.Mr.Liar
19.TONIGHT
EN1.1997
EN2.オルゴォル
EN3.蘭鋳
■DISC.2
『MUCC 20TH ANNIVERSARY 97-17 羽化 -是朽鵬6極志球業シ終T脈殺-』(2017年4月15日 Zepp DiverCity Tokyo)
01.脈拍
02.絶体絶命
03.CLASSIC
04.KILLEЯ
05.BILLY×2 〜Entwines ROCK STARS〜
06.りんご
07.勿忘草
08.EMP
09.コミューン
10.秘密
11.シリウス
12.ハイデ
13.ENDER ENDER
14.前へ
15.Mr. Liar
16.孵化
EN1.蘭鋳
EN2.1997
EN3.シャングリラ



※通常盤



【関連リンク】
“有期限活動休止中”のMUCC、20周年にまつわるライヴを映像作品化
MUCCまとめ
家入レオ、ニューアルバム『TIME』の全曲試聴がスタート

【関連アーティスト】
MUCC
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, バンド, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売, ライブ

家入レオ、ニューアルバム『TIME』の全曲試聴がスタート
Fri, 26 Jan 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

家入レオが2月21日にリリースする約1年7か月ぶり、自身5作目となるニューアルバム『TIME』に収録される全13曲の試聴がオフィシャルHPでスタートした。

アルバムに収録されるのは、13thシングル「ずっと、ふたりで」(日本テレビ系日曜ドラマ『愛してたって、秘密はある。』主題歌)、先行配信曲「Relax」(『はじめてのClova WAVE 家入レオ(音楽)篇』CMソング/TBS系テレビ『CDTV』12月・1月度オープニングテーマ)をはじめ、『第59回 輝く!日本レコード大賞』で作曲賞を受賞した杉山勝彦による提供曲「ありきたりですが」、ゆずや米津玄師ら国内トップアーティストのツアーサポートメンバーとして活躍する須藤優による提供曲「祈りのメロディ」「アフターダーク」、ポルノグラフィティやいきものがかりのヒット曲を手がける本間昭光が提供した「ファンタジー」「微熱」、warbearとしてソロ活動を始動させた尾崎雄貴(ex.Galileo Galilei)提供の「パパの時計」「大事なものすべて」、欅坂46「二人セゾン」など各方面へ楽曲提供で活躍中のSoulife詞曲提供の「春風」、そして家入が作詞・作曲した「TOKYO」「だってネコだから」、さらには同じレコード会社所属で公私ともに仲の良い大原櫻子と藤原さくらを想って家入が作詞・作曲し、配信限定でリリースしたコラボ曲「恋のはじまり」のソロヴォーカル&リアレンジバージョンの全13曲。

アルバムタイトルの『TIME』に関して、家入は“今回収録したどの曲の歌詞にも、時間への想いが綴られていて「TIME」というタイトルに決めました。自分の日常を切り取った曲達が、みんなの日常になればいいなと思います。時間ってすごく尊くて、お金や物と違って誰にでも平等に与えられていますよね。その時間に、私の音楽と向き合ってくれることは、本当に嬉しいことだと思うんです。言い方を変えれば、このアルバムを聴いている瞬間は、私は聴いている人の時間を奪っていることになるわけで。その時間が少しでも素敵な時間になればいいなと思っています”と話している。

■アルバム『TIME』試聴ページ
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A023686.html

アルバム『TIME』

2018年2月21日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1311/¥4,900+税
<収録曲>
■CD
01.ずっと、ふたりで
02.春風
03.Relax
04.恋のはじまり
05.TOKYO
06.アフターダーク
07.ファンタジー
08.ありきたりですが
09.だってネコだから
10.パパの時計
11.微熱
12.祈りのメロディ
13.大事なものすべて
■DVD
〈家入レオ 5th Anniversary Live at Zepp 2017.9.7 at Zepp DiverCity〉
サブリナ
lost in the dream
Kiss Me
Silly
Party Girl
恍惚
Lay it down
君がくれた夏
love & hate
イジワルな神様
ひと夏の経験
少女A
だってネコだから
純情
Bless You
Hello To The World
僕たちの未来
Shine
ずっと、ふたりで
サブリナ



【初回限定盤B】(CD+DVD)
VIZL-1312/¥3,500+税
<収録曲>
■CD
01.ずっと、ふたりで
02.春風
03.Relax
04.恋のはじまり
05.TOKYO
06.アフターダーク
07.ファンタジー
08.ありきたりですが
09.だってネコだから
10.パパの時計
11.微熱
12.祈りのメロディ
13.大事なものすべて
■DVD
Relax(MV)やメイキング映像ほか



【通常盤】(CDのみ)
VICL- 64927/¥3,000+税
<収録曲>
01.ずっと、ふたりで
02.春風
03.Relax
04.恋のはじまり
05.TOKYO
06.アフターダーク
07.ファンタジー
08.ありきたりですが
09.だってネコだから
10.パパの時計
11.微熱
12.祈りのメロディ
13.大事なものすべて



【関連リンク】
家入レオ、ニューアルバム『TIME』の全曲試聴がスタート
家入レオまとめ
GANG PARADE、2018年第1弾シングルのジャケ写&新アー写を公開

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, トレーラー, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス

GANG PARADE、2018年第1弾シングルのジャケ写&新アー写を公開
Fri, 26 Jan 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSのアヤ・エイトプリンスを期間限定でメンバーに迎え、7人体制で活動を行なうGANG PARADE。そのアヤ・エイトプリンスのGANG PARADEとしてのラスト作となる、彼女たちの2018年第一弾シングル「BREAKING THE ROAD」のジャケット写真が公開された。

また、新衣装に身を包んだ新アーティスト写真も同時公開となっている。あわせてチェックを!

シングル「BREAKING THE ROAD」

2018年2月20日発売



TPRC-0198/¥1,000+税
<収録曲>
01.BREAKING THE ROAD
02.とろいくらうに食べたい
03.BREAKING THE ROAD(inst)
04.とろいくらうに食べたい(inst)



【関連リンク】
GANG PARADE、2018年第1弾シングルのジャケ写&新アー写を公開
GANG PARADEまとめ
BiSまとめ
瀬川あやか、最新アルバム『センチメンタル』ジャケットはインスタ映え!?

【関連アーティスト】
GANG PARADE, BiS
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, ユニット, グループ, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売

瀬川あやか、最新アルバム『センチメンタル』ジャケットはインスタ映え!?
Fri, 26 Jan 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

北海道富良野市出身、アーティスト&看護師の“二刀流”シンガーソングライターとして活動する瀬川あやか。そんな彼女が、3月21日にリリースする2ndアルバム『センチメンタル』のジャケット写真を公開した。

初回限定盤のジャケット写真は“センチメンタル”な世界観が写し出された、淡い光に包まれた瀬川あやかの姿。そして、通常盤のジャケット写真はカジュアルな衣裳に身を包み、ビビッドな配色で“インスタ映え”するような世界観が写し出されている。

今回の撮影は都内でのロケ撮影がメインとなっており、インスタ映えスポットを巡っての撮影が行なわれたとのこと。今後公開されるアーティスト写真やCDのブックレットの写真にもどんなインスタ映え写真が収められているのか、今から楽しみなところだ。

アルバム『センチメンタル』

2018年3月21日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-04651/¥3,200(税込)
<収録曲>
■CD
01.マスカット
02.どんなに…
03.WAKE UP!!
04.春ヲ想フ
05.カレイドスコープ
06.you & me
07.ご都合よし子と足りてる男
08.MIKE
09.クロスロード
10.Have a good day!
■DVD ※初回限定盤のみ
ジャケット写真撮影メイキング映像 他 収録予定



【通常盤】(CDのみ)
PCCA-04652/¥2,700(税込)

【アルバム『センチメンタル』特典詳細】

■先着購入特典
全国のCDショップにて、3月21日発売の2ndアルバム『センチメンタル』をご予約・ご購いただくと、商品ご購入時に、瀬川あやか本人直筆デザイン“「センチメンタル」スペシャル缶バッジ”をCD1枚につき1個プレゼントいたします。数量限定で無くなり次第終了となりますので、ぜひお早目のご予約をおすすめいたします!
※一部取り扱いの無いCDショップもございますので、ご予約・ご購入の際に店頭にて特典の有無をご確認ください。
※ネット販売につきましても、一部取り扱いの無い場合がございますので、各WEBショップの告知をご確認ください。

■ライヴ・イベント会場限定予約特典
3月19日(月)までに開催する瀬川あやかが出演する各ライヴ・イベント会場にて、3月21日(水)発売の2ndアルバム『センチメンタル』をご予約・ご購入いただきますと、CD1枚につきご希望のスペシャルフォトを1枚(全8種)プレゼントいたします。
※サイン会の実施等詳細は、別途お知らせいたします。



【関連リンク】
瀬川あやか、最新アルバム『センチメンタル』ジャケットはインスタ映え!?
瀬川あやかまとめ
スタァライト九九組、シングル特典お渡し会&リリースイベントを開催!

【関連アーティスト】
瀬川あやか
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, アルバム, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス

スタァライト九九組、シングル特典お渡し会&リリースイベントを開催!
Fri, 26 Jan 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“ミュージカル”と“アニメーション”がリンクし展開する新感覚ライブエンターテインメント「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」より生まれた舞台少女9人によるユニット・スタァライト九九組が、3月7日(水)にリリースする2ndシングル「スタァライトシアター」を記念して、特典お渡し会とリリースイベントを開催!

特典お渡し会は、2ndシングル発売日の3月7日(水)から4月1日(日)までの5日間にわたって12カ所で開催。主演の愛城華恋役・小山百代を始め、富田麻帆(天堂真矢役)、佐藤日向(星見純那役)、岩田陽葵(露崎まひる)が各日程ごとに出演する。参加券配布対象店舗にてシングル「スタァライトシアター」を全額内金予約もしくは購入をすると、先着でイベント参加券がプレゼントされるのでお早めに!

4月7日(土)に都内某所にて行なわれるリリースイベント『レヴュー“スタァライトシアター”』は、トークあり、ミニライブありのスペシャルな内容で、小山百代、三森すずこ(神楽ひかり役)、生田輝(石動双葉役)、伊藤彩沙(花柳香子役)の4名が出演が決定。こちらも応募券配布対象店舗にて「スタァライトシアター」を購入するとイベント応募抽選券が配布されるとのこと。

さらに、スタァライト九九組は6月23日(土)に八王子オリンパスホールにて初の単独1stライブが開催されることも決定しており、1stライブの先行申込券もシングル「スタァライトシアター」に封入されるので、お見逃しなく!

■2ndシングル発売記念お渡し会

■3月07日(水)※1公演
出演者:小山百代(愛城華恋役)
会場:アキバCOギャラリー

■3月17日(土)※4公演
出演者:小山百代(愛城華恋役)、岩田陽葵(露崎まひる役)
会場:ゲーマーズ大宮店、ゲーマーズ新宿店、AKIHABARAゲーマーズ本店、アニメイト渋谷

■3月18日(日)※3公演
出演者:小山百代(愛城華恋役)、富田麻帆(天堂真矢役)
会場:アニメイト町田、ゲーマーズ横浜店、アニメイト川崎

■3月31日(土)※4公演
出演者:小山百代(愛城華恋役)、佐藤日向(星見純那役)
会場:animateO.N.SQUARE HALL3F、ゲーマーズなんば店

■4月01日(日)※3公演
出演者:小山百代(愛城華恋役)、佐藤日向(星見純那役)
会場:名古屋 第3太閤ビル、名古屋 第一アメ横ビル

<参加方法>
シングル「スタァライトシアター」を、参加券配布対象店舗にて、ご予約(全額内金)もしくは、ご購入下さいましたお客様に、先着でイベント参加券をお渡しいたします。
※参加券の配布期間は2月7日(水)からになります。
※「バンドリ!」&「レヴュースタァライト」STOREでのイベント券の配布は2月24日(土)からになります。
※CD1枚につき、本イベント参加券1枚のお渡しとなります。

■参加券配布対象店舗などのお渡し会詳細
http://revuestarlight.com/news/600/

■2ndシングル発売記念イベント 『レヴュー“スタァライトシアター”』

4月07日(土) 都内某所(トーク&ミニライブ)
<出演>
小山百代(愛城華恋役)、三森すずこ(神楽ひかり役)、生田輝(石動双葉役)、伊藤彩沙(花柳香子役)
<時間・内容・配布対象>
1回目:開場13:30 開演14:00/配布対象:アニメイト全店
2回目:開場16:00 開演16:30/配布対象:ゲーマーズ全店
3回目:開場18:30 開演19:00/配布対象:とらのあな、HMV、タワーレコード、きゃにめ、「バンドリ!」&「レヴュースタァライト」STORE (※2月24日(土)〜3月11日(日)までアキバCOギャラリーにて開催)
<参加方法>
2ndシングル「スタァライトシアター」を応募券配布対象の店舗にて、ご購入されたお客様にイベント応募抽選券をお渡しいたします。応募券記載のサイトより、必要事項を入力しご応募ください。当選発表は当選メール送信をもって代えさせていただきます。

■詳細URL
http://revuestarlight.com/news/602/

(c)Project Revue Starlight

シングル「スタァライトシアター」

2018年3月7日(水)発売



PCCG-01641/¥1,852+税
<収録曲>
1.スタァライトシアター
作詞:中村彼方 作曲:本多友紀(Arte Refact) 編曲:酒井拓也(Arte Refact)
2.Circle of the Revue
作詞:中村彼方 作曲:南直博 編曲:島崎貴光
3.キラめきのありか
作詞:中村彼方 作曲:本多友紀(Arte Refact) 編曲:山本恭平(Arte Refact)
4.スタァライトシアター[Instrumental]
5.Circle of the Revue[Instrumental]
6.キラめきのありか[Instrumental]

歌:スタァライト九九組(くくぐみ)
愛城華恋(CV:小山百代)、神楽ひかり(CV:三森すずこ)、天堂真矢(CV:富田麻帆)、星見純那(CV:佐藤日向)、露崎まひる(CV:岩田陽葵)、大場なな(CV:小泉萌香)、西條クロディーヌ(CV:相羽あいな)、石動双葉(CV:生田輝)、花柳香子(CV:伊藤彩沙)

◎封入特典
スタァライト九九組 1stライブ先行申込券
日程:2018年6月23日(土)/会場:八王子オリンパスホール



【関連リンク】
スタァライト九九組、シングル特典お渡し会&リリースイベントを開催!
スタァライト九九組まとめ
三森すずこまとめ
富田麻帆まとめ
椎名へきるまとめ

【関連アーティスト】
スタァライト九九組, 三森すずこ, 富田麻帆, 椎名へきる
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, アニメ・声優, ニュース, シングル, リリース

AK-69、伝説映像特別先行上映&トークイベントの各会場MCが決定
Fri, 26 Jan 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

AK-69のライヴ映像作品『DAWN in BUDOKAN』(3月7日発売)のリリース記念として、全国5ヶ所で開催される『特別先行上映+AK-69によるトークイベント』。2月3日(土)10:00より一般チケット販売(先着)が開始となるタイミングで、各会場のトーク司会、MCが決定した。

2月11日(日)はIRENE(名古屋)、赤松悠実(大阪)、2月12日(月)はMASAKI(福岡)、渡辺志保(東京)、2月17日(土)はジャイアン(札幌)と、どの会場も各地でラジオを中心に活躍する面々が司会として登壇! プロフェッショナルかつ楽しく深いトークセッションが繰り広げられそうだ。

Def Jam Recordingsの看板を掲げ、チケットソールドアウトのプレミアムライヴとなった日本武道館公演は、もはやファンの中でも伝説化しており、3年半ぶり自身2回目となったこの武道館でも、照明、映像、演出の全てをAK-69がセルフプロデュースで作り上げ、客演ゲストにUVERworld、清木場俊介、DOBERMAN INFINITYをはじめ、公演日の2017年10月18日にリリースしたシングル「I Still Shine」で共演したシェネルら出演アーティストの豪華さも魅力! 通常のライヴ映像作品とは一線を画すアナザーストーリーや“魂の公演”に至るメイキングなど、ヒップホップファンのみならず、全音楽ファン必携の注目作となっている。臨場感あふれるこの武道館ライヴを劇場の大スクリーンで楽しめるこのイベント、お見逃しなく!

また、各会場では抽選企画も実施。貴重な『DAWN in BUDOKAN』公演ポスターに、AK-69自身がその場で当選者3名にサインをプレゼントすることも決定している。こちらもファンには楽しみなお年玉となりそうだ。

『AK-69 DVD/blu-ray「DAWN in BUDOKAN」発売記念特別先行上映会』

【内容】
AK-69とラジオDJとのトーク&3月7日発売DVD & Blu-ray『DAWN in BUDOKAN』ダイジェスト版(約70分間)上映。貴重なAK-69直筆サイン入り『DAWN in BUDOKAN』ポスターが、各劇場3名様に当たる抽選会も実施します。
【日程・時間】
全国5館、上映回数1回
・愛知 109シネマズ名古屋 2月11日(日)10:00 IRENE(担当番組:ZIPFM『GOODY』他)
・大阪 なんばパークスシネマ 2月11日(日)16:00 赤松悠実(担当番組:FMOH!『LOVE FLAP』他)
・福岡 ユナイテッドシネマキャナルシテイ13 2月12日(月)11:00 MASAKI(担当番組:cross fm『V・A・D weekend』)
・東京 角川シネマ新宿 2月12日(月)18:30 渡辺志保(担当番組:block.fm『INSIDE OUT』/NHK FM『今日は一日“RAP三昧”』)
・北海道 ユナイテッドシネマ札幌 2月17日(土)13:00 ジャイアン(担当番組:FM NORTH WAVE『〜ジャイアンとsakieとaika〜 XROSS JAM』)
【料金】
チケット+対象商品
チケット販売:2月3 日(土)10:00より先着にて販売開始!
(1)トーク+鑑賞チケット(2,800円)+初回限定盤DVD(¥7,452)=¥10,252(税込)
(2)トーク+鑑賞チケット(2,800円)+初回限定盤Blu-ray(¥8,305)=¥11,105(税込)
※購入者特典:『DAWN in BUDOKAN』B2告知ポスター
※特別先行上映+トークイベントのチケットお申込みには『U-CONNECT』への会員登録(無料)が必要となります。
※U-CONNECTは、ユニバーサル ミュージックが運営するチケット販売サービスです。
(必ず、下記「注意事項」をご確認の上、お申込をお願い致します)
※チケットのみの販売はしておりません。
【受付URL】
http://www.uconnect-ticket.jp/artist/ak-69
【受付期間】
2018年2月3日(土)10:00 より先着にて販売! 各劇場の公演日当日まで。
【購入制限】
お1人様1枚まで ※未就学児童入場不可
【お支払い・お受取り方法】
・お支払い:全国ファミリーマート店舗またはクレジットカードにてお支払いください。
・お受取り:チケットは、全国ファミリーマート店舗にてお受取りください。
※DVD、Blu-rayの発送は、UNIVERSAL MUSIC STOREより行います。(送料無料)
※購入者特典の『DAWN in BUDOKAN』B2告知ポスターは、UNIVERSAL MUSIC STOREでもらえる物と同一の物となり、DVD、Blu-rayと一緒に発送されます。
※発送先につきましては、U-CONNECT会員登録(無料)へご登録をいただいておりますご住所へ、発売日にお届けさせていただきます。
【入金期間】
2018年2月3日(土)10:00〜 各劇場の公演日当日まで
※チケット代金とは別に、システム利用料(216円/枚)、発券手数料(108円/枚)が発生いたします。
※クレジットカードは「VISA・Master・JCB」のご利用が可能です。また、チケットのお引換えの如何にかかわらず決済させていただきます。
※カード決済の決済名称・明細は「EVENTIFYチケット料金」になります。
※本受付は先着受付となります。各会場共に規定数が無くなり次第、終了となりますので予めご了承ください。
【チケット受取期間】
2018年2月3日(土)10:00〜 公演日当日まで
※チケットのお受取は、ファミリーマート店頭のみでの発券となります。
■「Famiポート」支払・受取方法詳細はこちら!
https://www.funity.jp/ticketcontents/page/famiport/process.pdf

<先行予約の操作方法、支払・受取方法に関するお問い合わせ>
Q&A・お問合せページ
http://www.uconnect-ticket.jp/pages/help
※「ヘルプ」の「8.お問い合わせ」内のお問い合わせフォームをご利用ください。



【関連リンク】
AK-69、伝説映像特別先行上映&トークイベントの各会場MCが決定
AK-69まとめ
伝説のレーベル“BETTER DAYS”がムクワジュ・アンサンブルらを高音質再発

【関連アーティスト】
AK-69
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売, ヒップホップ, チケット

伝説のレーベル“BETTER DAYS”がムクワジュ・アンサンブルらを高音質再発
Fri, 26 Jan 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

40周年の歴史を誇るレーベル、BETTER DAYSが人気の10タイトルを高音質UHQCDでリイシューする。

1977年に日本コロムビア内に立ち上げられたBETTER DAYSは、第1弾リリースである1977年の久保田麻琴&夕焼け楽団「ラッキー・オールド・サン」以降、坂本龍一や渡辺香津美といったジャズ〜フュージョン、マライア、清水靖晃、坂田明といったアヴァンギャルドなどあらゆる路線で先鋭的かつ良質な音楽を生み出してきた伝説のレーベル。

近年では、その圧倒的なクオリティーが海外のクラブミュージックシーンでも高く評価されており、ヨーロッパを中心に人気が再燃している。そんな中、海外のクラブミュージックシーンから絶大な人気を誇るムクワジュ・アンサンブル、カラード・ミュージックの作品をはじめ、坂田明のレアアイテム集、マイケル・ブレッカーとスティーヴ・ガッド率いるステップス、ニューヨーク出身の日本で育った歌ものフュージョンバンドの24丁目バンドほか、高い人気と実績を誇る作品を高音質UHQCDで1月31日に再発する。

また、40周年記念としてBETTER DAYSレーベルにゆかりのあるアーティストによる記念ライヴが新宿PIT INNで2月3日(土)、4日(日)に開催される。

■BETTER DAYS 40周年記念 10タイトル リイシュー

2018年1月31日発売
価格:¥2,000+税 2枚組は¥3,000+税
最新リマスタリング、高音質UHQCD

【発売タイトル】
COCB-54240 ムクワジュ・アンサンブル『ムクワジュ・ファースト』
COCB-54241 ムクワジュ・アンサンブル『樹・モーション』
COCB-54242 カラード・ミュージック『カラード・ミュージック』
COCB-54243 坂田明『AKIRA SAKATA / early 1980\'s』
COCB-54244〜5 ステップス『スモーキン・イン・ザ・ピット』
COCB-54246 ステップス『ステップ・バイ・ステップ』
COCB-54247 ステップス『パラドックス』
COCB-54248 24丁目バンド『24th ストリート・バンド』
COCB-54249 24丁目バンド『マンハッタンの夢』
COCB-54250 24丁目バンド『BO KU TA CHI』

■BETTER DAYS UHQCDリリース一覧
http://columbia.jp/plist.php?event=query&sc[kw]=%A1%DABETTER+DAYS40%A1%DB

『BETTER DAYS40周年記念LIVE BETTER DAYS NIGHT』

2月03日(土)、4日(日) 東京 新宿PIT INN
開場19:30/開演20:00
前売¥4,000+税 /当日¥4,500+税

<出演>
■2月03日(土)
・向井滋春セッション
向井滋春(Tb)、福井ともみ(P)、古野光昭(Ba)、江藤良人(Dr)
・大野えり Good Question
大野えり(Vo)、大徳俊幸(P&Key)、荻原亮(Gu)、グレッグ・リー(Ba)、山田玲(Dr)、鈴木央紹(Sax)
スペシャルゲスト:本多俊之(Sax)
■2月04日(日)
・清水靖晃&サキソフォネッツ Yasuaki Shimizu & Saxophonettes
清水靖晃(T.sax、Vo、Key、Perc、Wind controller、Radio)
江川良子(T.sax&S.sax)、林田祐和(T.sax&S.sax)、東涼太(B.sax)、鈴木広志(B.sax&T.sax)
ナビゲーター:池上比沙之(両日)

■詳細ページ
http://columbia.jp/betterdays40/



【関連リンク】
伝説のレーベル“BETTER DAYS”がムクワジュ・アンサンブルらを高音質再発
坂田明まとめ
Michael Breckerまとめ
Steve Gaddまとめ
Stepsまとめ

【関連アーティスト】
坂田明, Michael Brecker, Steve Gadd, Steps
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, 洋楽, ニュース, バンド, シンガーソング・ライター, ユニット, グループ, CD, アルバム, 発表, リリース, 発売, ジャズ, オルタナティブ, インストゥルメンタル, ライブ

Czecho No Republic、台湾でのワンマンライヴに自信あり!
Fri, 26 Jan 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Czecho No Republicが3月31日(土)に台湾・台北 THE WALL公館でワンマンライヴを開催することを発表した。

3月14日にメジャー5thアルバムをリリースするCzecho No Republicは、メンバーが現体制になってから5年目であることを記念し、年間を通して『5人になって5周年! 5×5=25 TOUR』を開催すると宣言済み。その特別編として、台湾でのワンマンライヴ開催が発表された。

バンドは2016年夏に初の海外公演として、韓国のTHE KOXXと韓国でライヴを行ない、念願の海外公演への扉を開けた。さらに、2017年はその2歩目として、台湾・台中市での野外イベント『No Fear Festival』に出演し、初めてのフェス出演に挑んでいる。その『No Fear Festival』がきっかけとなり、このたび台北 THE WALL公館でのワンマンが決定した。

■【武井優心(Vo&Ba) コメント】

「台湾でワンマンライブが決定いたしました!
前回台湾でライブをやった時に次は是非ワンマンでという話があり、いつかしたいなと思ってましたがまさかこんなすぐ出来るなんて..!
僕らの音楽は日本以外でも堂々と鳴らせる音だと自信を持っているので、この機会を頂けたこととても光栄に思います」

■『5人になって5周年!5×5=25 TOUR 〜台湾ワンマン番外編〜』

3月31日(土) 台湾 THE WALL公館
開場 19:30 / 開演 20:00
<チケット>
VIP前売券:NT$1,600
(優先入場+サイン入りポスター+写真撮影)
早割前売券(特典有):NT$1,100
早割ペア前売券(特典有):NT$1,980
一般前売券:NT$1,300/一般当日券 NT$1,500
早割前売券 :2月3日(土)13:00〜2月28日(水)24:00
早割ペア前売券: 2月3日(土)13:00〜2月28日(水)24:00
一般前売券 :3月1日(木)0:00〜3月30日(金)24:00
※プレイガイド情報は後日オフィシャルHPで発表。



【関連リンク】
Czecho No Republic、台湾でのワンマンライヴに自信あり!
Czecho No Republicまとめ
超特急の2017年からの活動を振り返る『超特急museum 〜2017?2018〜』が渋谷で開催決定!

【関連アーティスト】
Czecho No Republic
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, アルバム, 発表, リリース, 発売, ライブ, ワンマン, チケット

超特急の2017年からの活動を振り返る『超特急museum 〜2017?2018〜』が渋谷で開催決定!
Fri, 26 Jan 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年に5周年を迎え、延べ10万人以上を動員した全国ホールツアー&東名阪アリーナツアーを大成功に収めた超特急。そんな彼らが2017年から2018年初頭の活動を振り返る『超特急museum 〜2017?2018〜』を開催することを発表した。

ミュージアム内には、2017年春に開催された『Bullet Train 5th Anniversary Tour 2017「Trans NIPPON Express」』と、年末年始に開催された『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2017-2018 the end for beginning』の衣装や写真パネルをメインに、2017年6月より開催された『超特急museum』で好評だった歴代のシングルやアルバムの衣装も展示となる。

また、4月4日に発売されるニューシングル「a kind of love」との連動企画として、ミュージアムに来場してニューシングル「a kind of love」(通常盤)を予約すると、週替わりで絵柄が違う「超特急museum限定トレーディングカード」(各7種・全35種)がランダムで1枚プレゼントされる。

『超特急museum 〜2017?2018〜』

期間:2月03日(土)〜3月04日(日)
場所:東京 hmv museum
(東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ HMV&BOOKS SHIBUYA 6F)
営業時間:11:00〜21:00(入場は20:30まで)
※混雑状況によっては入場規制をさせていただく場合もございます。
※会期中の入場について、当日の混雑状況により、入場を整理券制とさせていただく場合がございます。
入場料:500円(税込)
※未就学児無料

<来場者限定 ニューシングル「a kind of love」連動企画>
『超特急museum 〜2017?2018〜』にご来場して2018年4月4日に発売されるニューシングル「a kind of love(通常盤)」をご予約されたお客様には、「超特急museum限定トレーディングカード」(ソロ6種+グループ1種の全7種)をCDお引取り時にランダムで1枚プレゼントします。
絵柄は週替わりで変更され、直筆サインが入ったものもランダムで封入されます。
■受付方法
・受付場所:HMV&BOOKS SHIBUYA 6Fレジカウンター
・受付期間:2018年2月3日(土)〜2018年4月8日(日)
※『超特急museum 〜2017?2018〜』入場券を必ずお持ちください。
・絵柄変更予約スケジュール
【第一弾】2月3日(土)〜2月9日(金)
【第二弾】2月10日(土)〜2月16日(金)
【第三弾】2月17日(土)〜2月23日(金)
【第四弾】2月24日(土)〜3月4日(日)
【第五弾】3月5日(月)〜4月8日(日)
※『超特急museum 〜2017?2018〜』終了後は第五弾の絵柄となります。
※「a kind of love」の入荷以後は受付時にCDと第五弾絵柄の「超特急museum限定トレーディングカード」をお渡しいたします。
※『超特急museum 〜2017?2018〜』連動企画でのご予約購入につきまして「Loppi・HMVオリジナル特典」はつきません。あらかじめご了承ください。
※絵柄は後日発表となります。
※受付期間中であっても完売する場合がございます。
■対象商品
・2018年4月4日発売「a kind of love」(通常盤)
品番:ZXRC-1139
定価:税込¥1,200(税抜¥1,111)
■引取方法
・引取場所:HMV&BOOKS SHIBUYA 5F レジカウンター
・引取期間:2018年4月4日(水)〜2018年4月17日(火)
※ご予約完了後にお渡しする「引換券」を必ずお持ちください。
※HMV&BOOKS SHIBUYA6Fレジカウンターまで『超特急museum 〜2017?2018〜』入場券を持参いただき、予約受付を行ってください。
※受付場所は「HMV&BOOKS SHIBUYA 6Fレジカウンター」のみとなります。お電話でのご予約・他店舗及び「HMV&BOOKS online」でのご予約には「超特急museum限定トレーディングカード」はつきません。
※予約販売開始日は、都合により予告なく変更する場合がございます。
※ご予約購入時に、代金の全額をお支払いいただきます。
※お支払い方法は現金のみとなります。クレジットカード・各種ポイントカードはご利用いただけません。また、駐車場サービスなどの対象外となります。
※CDのご予約枚数は、入場券1枚に対して1枚となります。
※ご予約済みの入場券には、受領印を押させていただきます。
※受領印を押印した入場券ではご予約できません。
※1会計あたりの予約購入枚数上限を設定させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご予約完了後、引取時に必要となる「引換券」をお渡しします。引換券をお持ちいただけないと商品と特典のお渡しは出来ません。引換券はいかなる場合(紛失・盗難等含む)においても再発行は致しませんので予めご了承の上ご予約ください。
※CDの引取りは「HMV&BOOKS SHIBUYA 5F レジカウンター」のみとなります。
※ご予約完了後のキャンセルならびに数量変更、およびご予約購入いただいたCDのご返品はお受けできません。商品の不良があった場合、返金ではなく良品との交換になります。
※取り置き期間を過ぎた商品は処分させていただきます。その場合でもご返金はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

<開催記念グッズ>
・「a kind of love」ロゴキャンバストート(2種) 1,700円
・「a kind of love」ロゴデニムトート(1種) 2,200円
・「a kind of love」ロゴランチトート(2種) 1,200円
・「a kind of love」ロゴ缶バッジ(2種) 350円
・歴代シングルロゴステッカー(15種※ブラインド) 500円
・歴代シングルロゴアクリルキーホルダー(15種※ブラインド) 800円
※価格は全て税抜

その他CD・DVD・Blu-ray・書籍の販売に加え、超特急ツアーグッズの一部販売や開催記念グッズの追加も予定しています。詳細は後日HMV&BOOKS SHIBUYA twitterアカウント(@HmvBooksShibuya)にて発表します。



【関連リンク】
超特急の2017年からの活動を振り返る『超特急museum 〜2017?2018〜』が渋谷で開催決定!
超特急まとめ
Mr.Children、70万人を動員した全国ツアーの最終公演をDVD&Blu-rayに完全収録

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, ユニット, グループ

Mr.Children、70万人を動員した全国ツアーの最終公演をDVD&Blu-rayに完全収録
Fri, 26 Jan 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年5月10日でデビュー25周年を迎えたMr.Childrenが、バンド史上最大規模の70万人を動員した全国ツアー『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』の9月9日熊本県民総合運動公園陸上競技場にて開催した最終公演を、3月21日にDVD&Blu-rayでリリースすることが分かった。本作には、約4万1000人の観客を前に繰り広げられた歴史的ライブの模様を大ヒット曲「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」「名もなき詩」「GIFT」「innocent world」「HANABI」「himawari」を含む全25曲とともに完全収録し、25年間のファンへの感謝を最高のパフォーマンスに替えながら、第一線を走り続けるバンドとしての覚悟と生き様を全身全霊で体現し続けた3時間半が収められている。

さらに、配信限定ベストアルバム『Thanksgiving 25』収録曲でMVを制作したすべての楽曲に、2017年に発表した「ヒカリノアトリエ」「himawari」を加えた全38曲収録の「Mr.Children MUSIC CLIPS 1992-2017 Thanksgiving 25」が特典として付属される。25年分の“Thanks”を詰め込んだ、総再生時間400分の“モンスターDVD”作品をぜひ手に取ってほしい。

DVD&Blu-ray『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』

2018年3月21日発売



【DVD】
TFBQ-18211/¥7,000+税
【Blu-ray】
TFXQ-78161/¥8,000+税
<収録内容>
1. <Prologue>
2. OPENING  
3. CENTER OF UNIVERSE  
4. シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜  
5. 名もなき詩  
6. <MC>  
7. GIFT  
8. Sign  
9. <MC>  
10. ヒカリノアトリエ  
11. <MC>
12. 君がいた夏  
13. innocent world  
14. Tomorrow never knows  
15. <MC>
16. Simple  
17. <VTR>  
18. 思春期の夏 〜君との恋が今も牧場に〜
19. 365日  
20. HANABI
21. <MC>  
22. 1999年、夏、沖縄  
23. 足音 〜Be Strong  
24. ランニングハイ  
25. ニシエヒガシエ  
26. ポケット カスタネット  
27. himawari  
28. 掌
29. Printing  
30. Dance Dance Dance  
31. fanfare  
32. エソラ  
33. <ENCORE>  
34. overture  
35. 蘇生
36. <MC>
37. 終わりなき旅  
38. ENDROLL

◎DVD&Blu-ray共通BONUS特典
・三方背BOX仕様パッケージ/124P PHOTO BOOK付き
・MUSIC CLIPS『Mr.Children MUSIC CLIPS 1992-2017 Thanksgiving 25』
<収録曲>
1. 君がいた夏
2. 抱きしめたい
3. Replay
4. CROSS ROAD
5. innocent world
6. Tomorrow never knows
7. 【es】〜Theme of es〜
8. シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜
9. 花 ?M?mento-Mori?
10. Everything (It\'s you)
11. ニシエヒガシエ
12. 終わりなき旅
13. 光の射す方へ
14. I\'LL BE
15. 口笛
16. NOT FOUND
17. 優しい歌
18. youthful days
19. 君が好き
20. Any
21. HERO
22. 掌
23. くるみ
24. Sign
25. 未来
26. and I love you
27. 箒星
28. しるし
29. フェイク
30. 旅立ちの唄
31. GIFT
32. HANABI
33. 花の匂い
34. エソラ
35. 祈り 〜涙の軌道
36. 足音 〜Be Strong
37. ヒカリノアトリエ
38. himawari



【関連リンク】
Mr.Children、70万人を動員した全国ツアーの最終公演をDVD&Blu-rayに完全収録
Mr.Childrenまとめ
Brian the SunのまぶしすぎるMVに白石聖とBKBが出演!?

【関連アーティスト】
Mr.Children
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, DVD, Blu-ray, リリース, 特典

Brian the SunのまぶしすぎるMVに白石聖とBKBが出演!?
Fri, 26 Jan 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Brian the Sunが1月10日にリリースしたメジャー2ndアルバム『the Sun』インスパイアを受けて制作されたという、ドラマ仕立ての“まぶしすぎるミュージックビデオ”が公開された。

このMVは“まぶしすぎて見えない”ヒロイン・陽子と男子生徒・太郎の青春を描いた学園ドラマで、『the Sun』に収録されている全11曲を挿入歌として使用した、3分25秒の物語となっている。

陽子役には人気上昇中の女優・白石聖、物語のキーマン(?)となる通行人役には人生初のMV出演を果たしたお笑い芸人のバイク川崎バイク(BKB)が起用された。

また、同時公開された特設サイトには、MV中の“まぶしすぎて見えない”陽子の姿をサングラスをかけて見ることができる特殊な仕掛けを設置! ぜひチェックしてみてほしい。

■「まぶしすぎるMV」特設サイト ※推奨ブラウザ:Google Chrome、Firefox
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/brianthesun/thesun/

アルバム『the Sun』

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL-4952〜3/¥3,600+税
【通常盤】(CDのみ)
ESCL-4954/¥2,700+税



【関連リンク】
Brian the SunのまぶしすぎるMVに白石聖とBKBが出演!?
Brian the Sunまとめ
コブクロ、2018年第1弾シングルを4月発売! ツアーを収めた映像作品も!!

【関連アーティスト】
Brian the Sun
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売

コブクロ、2018年第1弾シングルを4月発売! ツアーを収めた映像作品も!!
Fri, 26 Jan 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

コブクロが約1年ぶりとなる2018年第1弾シングル(タイトル未定)を4月11日に発売することが決定した。このシングルには2017年の全国ツアーの1曲目で初披露していた楽曲「君になれ」に加え、小野薬品300周年TV-CMイメージソング「バトン」、さらに新曲がもう1曲収録される。

初回限定盤には激レアなライヴ音源が5曲も収められ、シングルでは過去最高トラック数の全8曲の超豪華仕様となる。2017年10月にコブクロ自身初となる東京ドームのステージで演奏された大ヒットナンバー「蕾」ほか、スバルレヴォーグのCMで楽曲が使用されている「君という名の翼」の2017年のツアー音源などが楽しめる。

さらに、CDショップで商品を購入すると、オリジナル特典を先着でプレゼント! 各店舗ごとに異なるオフショット写真でデザインされた「特製ポケットカレンダー」がもらえる。詳細はシングル特設サイトへ!

また、5月16日には、2017年11月4日に行なわれた全国ツアーの広島グリーンアリーナ公演の模様を収めたライヴDVD & Blu-ray『KOBUKURO LIVE TOUR 2017 “心” at 広島グリーンアリーナ』のリリースが決定!

そして、2018年の全国ツアー『KOBUKURO LIVE TOUR 2018 supported by 三井住友VISAカード』では、9月8日の結成20周年を目前に、初の小渕健太郎と黒田俊介の二人だけ(バンドメンバーなし)で全国を回るツアーに挑戦する。

シングル「タイトル未定」

2018年4月11日発売



【初回限定盤】
WPCL-12858/¥1,800+税
<収録曲> ※曲順未定
01.君になれ
02.バトン
03.タイトル未定
04.君になれ(Instrumental)
05.バトン(Instrumental)
06.タイトル未定(Instrumental)
07.STAGE Acoustic ver.(LIVE from 2016.6.7 シダックスカルチャーホール)
08.君という名の翼(LIVE from 2017.8.21 東京国際フォーラムA)
09.蒼く 優しく(LIVE from 2017.8.22 東京国際フォーラムA)
10.心(LIVE from 2017.8.22 東京国際フォーラムA)
11.蕾(LIVE from 2017.10.28 東京ドーム)

【通常盤】(CDのみ)
WPCL-12857/¥1,204+税
<収録曲> ※曲順未定
01.君になれ
02.バトン
03.タイトル未定
04.君になれ(Instrumental)
05.バトン(Instrumental)
06.タイトル未定(Instrumental)

◎ CDショップ各店オリジナル特典
下記のCDショップにて商品を購入頂くとオリジナル特典を先着でプレゼント!
各店舗ごとに異なるオフショット写真でデザインされた「特製ポケットカレンダー」をご提供。
詳細は、シングル特設サイトまで!(デザインは後日発表)
1.タワーレコード 全国各店 / タワーレコードオンライン
2.TSUTAYA RECORDS / TSUTAYA オンラインショッピング
※一部の店舗を除く。オンラインは予約のみ
3.HMV 全国各店 / HMV ONLINE
4.amazon
5.KOBUKUROサポート店(上記1〜4以外の店舗については店舗までご確認ください)
※対象店によりデザインが異なります。
※特典は無くなり次第終了となります。
※5はお取扱いの無い店舗等もございますので、詳しくはお近くの店舗へお問い合わせ下さい。

■シングル特設サイト
http://emtg.jp/feature/kobukuro_single2018/

DVD & Blu-ray『KOBUKURO LIVE TOUR 2017 “心” at 広島グリーンアリーナ』

2018年5月16日発売



【初回限定盤 Blu-ray】
WPXL-90175/¥7,500+税
【初回限定盤 DVD】
WPBL-90469〜70/¥6,500+税
【通常盤 Blu-ray】
WPXL-90176/¥6,500+税
【通常盤 DVD】
WPBL-90471〜2/¥5,500+税
<収録曲>
2017年11月4日に行なわれた『KOBUKURO LIVE TOUR 2017 “心”』広島グリーンアリーナ公演の模様を収録。

本編+ボーナス映像 “心” TOUR DOCUMENTARY
副音声:コブクロ2人による副音声コメンタリー収録
仕様:歌詞ブックレット封入、歌詞字幕ON/OFF機能付き

※初回限定盤のみ
センターステージで行なわれた京セラドーム大阪公演での2曲を特別収録予定!
スペシャルパッケージ仕様

■Blu-ray & DVD特設サイト
http://emtg.jp/feature/kobukuro_dvd2017/

『KOBUKURO LIVE TOUR 2018 supported by 三井住友VISAカード』

5月26日(土) 静岡 静岡エコパアリーナ
5月27日(日) 静岡 静岡エコパアリーナ
6月02日(土) 神奈川 横浜アリーナ
6月03日(日) 神奈川 横浜アリーナ
6月16日(土) 福岡 福岡マリンメッセ
6月17日(日) 福岡 福岡マリンメッセ
6月23日(土) 広島 広島グリーンアリーナ
6月24日(日) 広島 広島グリーンアリーナ
7月04日(水) 愛知 名古屋ガイシホール
7月05日(木) 愛知 名古屋ガイシホール
7月14日(土) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
7月15日(日) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
7月21日(土) 大阪 京セラドーム
7月22日(日) 大阪 京セラドーム

<チケット>
料金:全席指定8,200円(税込)
※6歳未満入場不可
企画:ミノスケ オフィス・コブクロ
協賛:三井住友VISAカード

■ツアー詳細
http://emtg.jp/feature/kobukuro_tour2018/



【関連リンク】
コブクロ、2018年第1弾シングルを4月発売! ツアーを収めた映像作品も!!
コブクロまとめ
YOSHIKIのレコーディングスタジオにHYDEが登場!

【関連アーティスト】
コブクロ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, CD, DVD, Blu-ray, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, フォーク, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

YOSHIKIのレコーディングスタジオにHYDEが登場!
Fri, 26 Jan 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

YOSHIKIとHYDEが、YOSHIKIが所有するLAのレコーディングスタジオで仲良くツーショットを撮影した写真がインスタグラムにアップされた。X JAPANのリーダー・ソロのクラシックピアニストとしても世界的に活躍しているYOSHIKIと、L\'Arc〜en〜Ciel・VAMPSの2つの顔を持つHYDEは、共にワールドツアーで世界中をまわり、あのニューヨーク・マディソンスクエアガーデンでの単独公演を成功させている日本を代表するツートップのアーティスト。その2人が一緒にスタジオにいるということは、なにかの前触れなのだろうか。2018年この2人の動向から目が離せない。

■YOSHIKI Official Instagram
https://www.instagram.com/yoshikiofficial/



【関連リンク】
YOSHIKIのレコーディングスタジオにHYDEが登場!
YOSHIKIまとめ
HYDEまとめ
X JAPANまとめ
L\'Arc〜en〜Cielまとめ

【関連アーティスト】
YOSHIKI, HYDE, X JAPAN, L\'Arc〜en〜Ciel, VAMPS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 気になる

藤原さくら、新曲「The Moon」は映画『コードギアス 反逆のルルーシュ』の書き下ろし主題歌
Fri, 26 Jan 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

天性のスモーキーヴォイスが異彩を放つ、福岡県出身21歳のシンガーソングライター・藤原さくらが、新曲「The Moon」を2月7日(水)に配信限定リリースすることを発表し、そのジャケット写真も公開した。「The Moon」の作詞作曲は藤原さくらが手掛け、2017年に満を持して活動を再開したOvallのドラマーでもあり、クリエーターとしての顔も併せ持つmabanuaによるサウンドプロデュースによって完成した。

同曲は、2月10日(土)公開の大人気テレビアニメシリーズ「コードギアス 反逆のルルーシュ」の劇場版第2部『コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道』の主題歌として書き下ろし提供した新曲で、映画『コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道』の初日公演に行なう舞台挨拶に、声優の福山潤、櫻井孝宏らとともに藤原さくらの登壇も決定! 詳しくは映画のオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

(c)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design (c)2006-2017 CLAMP・ST

配信楽曲「The Moon」

2018年2月7日配信開始



iTunes Store、レコチョク他の主要ダウンロードサイト、Apple Music、LINE MUSIC、Spotify他の定額制音楽配信サービスにて先行配信スタート!

『コードギアス 反逆のルルーシュ? 叛道』舞台挨拶

2月10日(土)に公開を迎える「コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道」において、その初日の2月10日(土)にキャスト・スタッフによる舞台挨拶を行うことが決定。いずれの上映会にもご参加には専用のチケットが必要となります。実施時間・劇場が異なりますので、下記URLより詳細をご確認の上、お買い求めください。
※藤原さくらの登壇は新宿バルト9での9:30の回上映終了後のみを予定しております。
実施日:2月10日(土)
実施劇場:新宿バルト9
実施時間:9:30の回上映終了後/12:50の回上映開始前 【Pコード:558-150】
登壇者(予定):福山潤、櫻井孝宏、藤原さくら(9:30の回上映終了後のみ)

■詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。
http://www.geass.jp/L-geass/theaterinfo02_screening.php?id=article01



【関連リンク】
藤原さくら、新曲「The Moon」は映画『コードギアス 反逆のルルーシュ』の書き下ろし主題歌
藤原さくらまとめ
yonige、CMソング「笑おう」のフルMV公開&うたパスにて配信スタート

【関連アーティスト】
藤原さくら
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, 新曲, 主題歌, 映画, 音楽配信

yonige、CMソング「笑おう」のフルMV公開&うたパスにて配信スタート
Fri, 26 Jan 2018 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大阪寝屋川発のロックバンド・yonigeが歌う、au“三太郎シリーズ”のTVCMソング「笑おう」のフルバージョンMVが、auの公式YouTubeチャンネルで公開された。「笑おう」は2017年12月31日(日)より全国で放映されている、au“三太郎シリーズ”「笑おう」篇のTVCMソングとして起用されており、アーティストクレジットが公開されていないCMが放映開始当初から大きな反響を呼んでいた楽曲。YouTubeに公開されている同CMの再生回数も4週間で既に320万回を突破するなど、その勢いは止まらない。

yonigeが編曲、そして歌唱を担当した「笑おう」は、誰もが知っているアメリカ民謡「聖者の行進」をロックにアレンジした楽曲で、フルバージョンの歌詞もCM同様に、これまでAI「みんながみんな英雄」や、WANIMA「やってみよう」などを手掛けた篠原誠が担当している。MVでは、yonigeの歌う「笑おう」にのせて、これまでに放送された三太郎CMシリーズの様々なシーンが展開される。始まりの、三太郎ファミリーが“福笑い”で大爆笑するシーンは《笑おう》という印象的な歌詞がぴったりの一コマ。寺子屋で挨拶する三太郎や、勉強に熱が入る浦島太郎、部活動の先頭でヲタ芸を踊る金太郎など、それぞれ自分らしく活躍しているシーンが流れていく。ポップな曲調から一転し、静かなメロディーで《笑いたくても笑えない、わかっちゃいるけど笑うなんてできなくて》と歌うと、“三太郎音頭”の初舞台や、三太郎の日の告知のためにリアカーを引いてビラ配りをするかつての三太郎たちが登場。さらには、毎日お得な特典がもらえて喜んだり、“アイ”に翻弄されたりと、様々な思い出が展開される。三人で円陣を組み、空にガッツポーズを決める三太郎の姿は、《一つだけでもいいこと見つけたら、手のひらに強く握って、空見上げよう》という歌詞と共に、ポジティブに生きる様子を表しているかのよう。《きみの手、ぼくの手》という歌詞では、金太郎と織姫の餅つき、かぐや姫の握手会、お菓子を巡ってのじゃんけんなど、それぞれの“手”が印象的なシーンが展開。金太郎が発案したダンスにノリノリの織姫と浦島太郎の様子を《ぎゅっと握って声合わせ》と歌ったり、最後にはゲームや福笑いをして大笑いする三太郎ファミリーを《一緒に笑おう》とyonigeが歌い上げてる。CMのストーリーと合せた見ごたえたっぷりのMVをぜひ見てほしい。

また、1月26日よりauの音楽サービス「うたパス」にて「笑おう」のフルバージョン音源を限定配信! さらに、2月の「三太郎の日」特典として、2018年2月3日からauの音楽サービス「Music Store」にて、auの利用者は無料で楽曲がダウンロードができるとのこと。詳しくは三太郎のスペシャルサイトを要チェック!

■【コメント】

■CMプランナー 篠原誠
「「聖者の行進」が、どんな風にアレンジされるのか。初めてデモを聞いた時、そんな想像は意味をなさないものになっていました。yonigeさんによって全く新しい、そして、はるかに期待を超える曲になっていたからです。この歌詞を書いた時、あまりにもポジティブすぎて、都合良すぎるからこそ、単なる「笑おう」と言う言葉が、虚しく聞こえるのではないかと心配していました。ところが、その歌声と曲によって、とても繊細でエモーショナルな部分が付加されて、「笑おう」と言う言葉に喜怒哀楽が含まれているかのように、仕上げていただけました。また、歌の途中にある、少し弱音を吐きたくなるような歌詞の部分を聞いた時に鳥肌が立ちました。まさにyonigeさんでしか創れない歌えない奏でられない歌だと思います。」

■yonige 牛丸ありさ(Vo&Gu)
「人が書いた詞を歌うのは初めて、詞から曲を作るのも初めてで、新しい経験をいっぱいさせてもらえました。スケジュールがかつかつで精神的に追い込まれていたので、ボーカル録りをしている時にこの詞に励まされました(笑)今年は小難しいことを考えずに、全部笑い飛ばしたいです。」

配信楽曲「笑おう」

うたパス、Music Storeにて期間限定配信配信



【うたパス】
対象:「うたパス」会員のお客さま
配信期間:2018年1月26日(金)10:00〜2018年2月28日(水)23:59
※ストリーミング視聴のため楽曲ダウンロードはできません。
<視聴方法 >
■うたパスURL
http://au.utapass.jp/
auの聴き放題音楽配信サービス「うたパス」は、月額300円(税抜)で最新のJ-POPからアニメソング・カラオケ定番曲まで4,000以上の多彩なチャンネルが聴き放題となる音楽アプリです。また、「App Store」から「うたパス」アプリをダウンロードし、会員登録することで、auをご利用のお客さま以外の方でも月額360円(税込)でご利用できます。
※「うたパス」の聴き放題のチャンネルを30秒以上再生するには月額プランに加入する必要があります。
※フィルタリングサービスをご利用の方は、設定などにより「うたパス」がご利用いただけない場合があります。

【Music Store】
配信期間:2018年2月3日(土)、2月13日(火)、2月23日(金)※各日0:00から23:59
対象:auスマートフォンをご利用のお客さま
※auケータイをご利用のお客さまは専用のダウンロードサイトより無料でダウンロード
※楽曲ダウンロードには、au STAR会員への登録が必要になります。
<視聴方法>
■Music Store URL ※スマートフォンからアクセス
https://musicstore.auone.jp/
シングル/着うた(R)/アルバム/ビデオ(PV)/ハイレゾ等、国内最大級 約900 万曲を取り揃えたKDDIのスマートフォン向け音楽ストアです。楽曲の購入には、会員登録などの手続きをせずにauの通話料金と合算してお支払いが可能な「auかんたん決済」をご利用いただけるとともに、auWALLETポイントやうたコインによる楽曲購入も可能です。
※楽曲のダウンロードには別途通信料がかかりますが、ダウンロードされた楽曲の再生には通信料がかかりません。



【関連リンク】
yonige、CMソング「笑おう」のフルMV公開&うたパスにて配信スタート
yonigeまとめ

【関連アーティスト】
yonige
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, TVCM, CMソング, 音楽配信













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1