歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年01月22日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
須田景凪×アボガド6、ヴィレヴァン6店舗にてパネル展開催
Mon, 22 Jan 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1月31日に発売の須田景凪の1stフルアルバム『Quote』リリース記念として、ヴィレッジヴァンガード全国6店舗にて『須田景凪(バルーン)×アボガド6パネル展』が開催されることがわかった。

須田景凪、ボカロP・バルーン作品の動画やイラストを手掛けているアボガド6氏によるイラストをアルバム発売前日となる1月30日(火)〜2月4日(日)の期間中、パネル展示を行なう。展示期間中に対象のヴィレッジヴァンガード店舗にてアルバム『Quote』を購入された方には先着で【オリジナルCDジャケットステッカー】がプレゼントされるとのこと。

またアルバム特設サイトもオープンし、そこでは自身初となるインタビューも公開されているので、併せてチェックしてみよう!

■アルバム『Quote』特設サイト
http://d-ue.jp/sudakeina

『須田景凪(バルーン)× アボガド6 パネル展』

<展示期間>
1月30日(火)〜2月4日(日)
※時間は対象店舗の営業時間に準じます
<展示場所>
【東京】
池袋サンシャインシティアルタ プルミエアベニュー
対象店舗:ヴィレッジヴァンガード池袋サンシャインシティアルタ店
【北海道】
札幌エスタ8F ヴィレッジヴァンガード店内
対象店舗:ヴィレッジヴァンガード札幌エスタ
【愛知】
名古屋パルコ B1F エスカレーター横
対象店舗:ヴィレッジヴァンガード名古屋パルコ店
【静岡】
静岡パルコ 6F エスカレーター横
対象店舗:ヴィレッジヴァンガード静岡パルコ店
【大阪】
梅田ロフト 7F エスカーレーター横
対象店舗:ヴィレッジヴァンガード梅田ロフト店
【福岡】
Freaks福岡パルコ ヴィレッジヴァンガード店内
対象店舗:ヴィレッジヴァンガードFreaks福岡パルコ店

『須田景凪 1st LIVE “Quote"』

3月16日(金)  渋谷WWW
OPEN 18:30 / START 19:00
料金:前売 ¥3,500(税込 / オールスタンディング / ドリンク代別)
一般発売日:2018年2月24日(土)

アルバム『Quote』

2018年1月31日発売



DUED-1234/¥2,160(税込)



【関連リンク】
須田景凪×アボガド6、ヴィレヴァン6店舗にてパネル展開催
須田景凪まとめ
バルーンまとめ
NICO Touches the Walls、スペシャアプリにて一夜限りのアコースティックライブを生配信

【関連アーティスト】
須田景凪, バルーン
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, キャンペーン, 発表, ボーカロイド

NICO Touches the Walls、スペシャアプリにて一夜限りのアコースティックライブを生配信
Mon, 22 Jan 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

NICO Touches the Wallsが1月25日に都内某所で行なわれる125人限定のアコースティックライブの模様をスペースシャワーTVのアプリ『スペシャアプリ』で生配信する事が発表された。

このライブは彼らが12月6日にリリースした新作『OYSTER -EP-』に封入の応募券で、抽選で当選した125人限定の招待制のライブとなっている。当選した人はもちろん会場で、惜しくも落選した人は画面越しで一夜限りのアコースティックライブを楽しもう!

なお、当日は重大告知があるかもしれないとのことなので、こちらも期待して待っていよう。

■『NICO Touches the Walls OYSTER-EP- [SPECIAL ACOUSTIC LIVE]』

日時:1月25日(木)19:00〜20:00(予定)
・スペシャアプリ
http://sstv.jp/app
・LINE LIVE視聴予約URL(スペースシャワーTV公式アカウント)
https://live.line.me/channels/52/upcoming/6970623

EP『OYSTER -EP-』

発売中



【2CD】
KSCL3008-3009/¥2,130+税
※初回仕様限定盤:紙ジャケット仕様
<収録曲>
■Disc1
1.mujina
2.Funny Side Up!
3.カレキーズのテーマ
4.bud end
5.Ginger lily
■Disc2(bonus disc)
1.mujina(Acoustic ver.)
2.Funny Side Up!(Acoustic ver.)
3.カレキーズのテーマ(Acoustic ver.)
4.bud end(Acoustic ver.)
5.Ginger lily(Acoustic ver.)



【関連リンク】
NICO Touches the Walls、スペシャアプリにて一夜限りのアコースティックライブを生配信
NICO Touches the Wallsまとめ
THE MODS 苣木寛之によるDUDE TONE、アコースティックツアー開催決定

【関連アーティスト】
NICO Touches the Walls
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, リリース, 発売, EP, 配信, 出演

THE MODS 苣木寛之によるDUDE TONE、アコースティックツアー開催決定
Mon, 22 Jan 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE MODSのギタリスト、苣木寛之のソロプロジェクト“DUDE TONE”がアコースティックスタイルライヴ第五弾となる『DUDE TONE LIVE 2018 "Walkin\' Blues" #5』の開催を発表した。今回は新横浜、名古屋、福岡、大阪の全国4カ所を回る。

苣木の人柄も垣間見れる単独によるアコースティックライヴは好評で、昨年12月に名古屋と新横浜で開催された第四弾『"Walkin\' Blues" #4』は両公演ともソールアウトを記録。DUDE TONEのナンバーはもちろん、THE MODSをはじめ、過去にはローリング・ストーンズやビートルズ、キャロル、くるりのカバーも披露し、その幅広い音楽性で観る者を魅了し続けている。今回のツアーではどんな楽曲が聴けるのか、今から興味は尽きない。

なお、THE MODSも3月2日(金)の新横浜NEW SIDE BEACH!!より全国ツアー『THE MODS TOUR 2018 "EL SKULL ROLL"』がスタート! こちらも要チェックだ。

■『DUDE TONE LIVE 2018 "Walkin\' Blues" #5』

4月14日(土) 神奈川・新横浜strage
4月15日(日) 愛知・名古屋BLcafe
4月21日(土) 福岡・ROOMS
4月22日(日) 大阪・南堀江knave

<出演>
DUDE TONE (Vo.Gt 苣木寛之)
<チケット>
前売チケット料金:全席自由 ¥4,000
(消費税込・入場時のドリンク代別途・未就学児入場不可)
※3月3日(土)プレイガイド発売



【関連リンク】
THE MODS 苣木寛之によるDUDE TONE、アコースティックツアー開催決定
DUDE TONEまとめ
THE MODSまとめ
Czecho No Republic、5thアルバム早期予約で年末ライブ映像をプレゼント

【関連アーティスト】
DUDE TONE, THE MODS
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ

Czecho No Republic、5thアルバム早期予約で年末ライブ映像をプレゼント
Mon, 22 Jan 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Czecho No Republicが3月14日(水)にリリースする5thフルアルバムの購入者特典を発表した。今作を全国のタワーレコード(オンライン含む)にて3月2日(金)までに早期予約すると、2017年12月22日に東京・EX THEATER ROPPONGIで行なわれた『リリースツアーじゃないツアー』ファイナル公演のライブ映像が楽しめるQRコード付きポストカードが特典として配布される。

また、早期予約限定のW特典として、上記特典で見られる映像に加えて同公演からボーナス映像を追加したメンバーサイン入りDVDが当たる応募ハガキも配布される。その他にも、対象店舗及びECサイトにて購入の場合にも、特典としてタワーレコード、HMV、TSUTAYAそれぞれオリジナルのB3ポスターが配布されるなど、ボリューム満点の内容となっている。

さらに、東京・名古屋・大阪のタワーレコード3店舗でのインストアイベント開催も発表。本イベントではCzecho No Republicから武井優心、タカハシマイが登場。トークの他、来場の方とのチェキ撮影会、予約特典のEX THEATER ROPPONGIでのライブ映像に、さらにボーナス映像を追加した"DVD"を武井、タカハシから手渡しするイベントとなる。詳しくはオフィシャルHPをチェックしよう。

アルバム『タイトル未定』

2018年3月14日発売



COCP-40282/¥2,800+税

■【アルバム購入者特典】

◎TOWER RECORDS早期予約W特典
3月2日(金)までに全国のタワーレコード/タワーレコードオンラインでご予約いただいたお客様に、下記の特典を商品お受渡し時にプレゼント。

■その1:ライブ映像QRコード付きポストカード
昨年12月22日にEX THEATER ROPPONGIにて行われたリリースツアーじゃないツアーファイナル公演のライブ映像を"プレイパス"にてDLもしくはストリーミング再生できる!QRコード付きポストカードをプレゼント!

■その2:特典応募はがき
上記QRコード付きポストカードで観れるライブ映像加え、さらにボーナストラック映像を追加したスペシャルDVD(メンバーサイン入り!)が抽選で当たる応募はがきをプレゼント!
※このDVDはタワーレコード新宿店、タワーレコード梅田NU茶屋町店、タワーレコード名古屋パルコ店で行われるインストアイベント特典で配るものと同様のものになります。ただし、インストアイベントで配るDVDにはサインは入れておりません!

・TOWER RECORDS(オンライン含む):タワーレコードオリジナルB3ポスター
・HMV(オンライン含む):HMVオリジナルB3ポスター
・TSUTAYA(TSUTAYAオンラインショッピングは予約分のみ):TSUTAYAオリジナルB3ポスター

【インストアイベント情報】

3月13日(火) タワーレコード新宿店イベントスペース
時間:20:00〜
3月24日(土) 名古屋PARCO西館一階 イベントスペース
時間:13:00〜
3月28日(水) タワーレコード梅田NU茶屋町店 イベントステージ
時間:19:00〜

<イベント参加特典>
特典会参加券をお持ちのお客様は、武井優心、タカハシマイとのチェキ撮影&特典お渡しにご参加いただけます!
■お渡し特典内容
タワーレコード早期予約特典「ライブ映像QRコード付きポストカード」で観れるライブ映像に加え、さらにボーナストラック映像を追加したスペシャルDVDをプレゼントします尚、上記イベントに参加できない方もタワーレコード早期予約特典応募はがきでご応募いただいたお客様には抽選で同内容のDVD(こちらはサイン入り!)をプレゼントいたします!
http://columbia.jp/czechonorepublic/

『5人になって5周年!5×5=25 TOUR 〜関東近郊2マン編〜』

2月07日(水) 千葉 LOOK 
w/teto
2月09日(金) 西川口 HEARTS 
w/リーガルリリー
2月21日(水) HEAVEN\'S ROCK 宇都宮VJ-2 
w/SUNNY CAR WASH
2月23日(金) 高崎 club FLEEZ 
w/SAKANAMON
2月25日(日) F.A.D YOKOHAMA 
w/SUPER BEAVER



【関連リンク】
Czecho No Republic、5thアルバム早期予約で年末ライブ映像をプレゼント
Czecho No Republicまとめ
グッドモーニングアメリカ、前身バンド“for better,for worse”との対バンが大盛況!

【関連アーティスト】
Czecho No Republic
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, キャンペーン, 発表, リリース, 発売

グッドモーニングアメリカ、前身バンド“for better,for worse”との対バンが大盛況!
Mon, 22 Jan 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

グッドモーニングアメリカが1月20日に『502号室のシリウスツアー』の東京・八王子Match Box公演を開催。そのステージ上で発表した、前身バンドであるfor better, for worseの一夜限りの復活ライブを前に、序章となる“対バン"ライブを披露した。

グッドモーニングアメリカの前身バンドであるfor better, for worseは、エモやメロディックサウンドを基調としたロックバンド。かつてはTOTALFATとスプリットEPをリリースし、後続のバンドに多大な影響を与えている。この日の対バンは“fではじまる八王子のバンド"として事前に明かされておらず、会場を満員で埋め尽くしたファンの前にサプライズで登場した。

渡邊幸一(Gt/Cho)、ペギ(Dr/Cho)、たなしん(Ba/Cho)、金廣真悟(Vo/Gt)が、普段の装いとは異なるブラックのジャケット姿で登場すると「a waning moon」のイントロで会場から悲鳴に似た歓声があがる。金廣『ただいまです八王子』と続けた「angel\'s ladder」では、パンキッシュなステージで序盤から熱気溢れるライブを繰り広げた。渡邊が『どうも“fではじまる八王子のバンド"です』と挨拶すると『今年グッドモーニングアメリカ10周年、ありがとうございます。ということで、15年前から八王子で活動していた「for better, for worse」を記念すべき年にやろうじゃないかと企画しました』と説明。当時さながらの黒髪に変身したたなしんは『いつから道を踏み外したんだろう?』と笑いを誘い『どっちが本当の自分なのか迷子です』と両バンドでの自身を重ねる。一方、当時はメンバーでなかったペギは『私は初ライブなんですよ』と緊張していたことを報告すると『当時ドラムを担当していた本人の方がさっきご挨拶に来てくれて、こんな気まずいことはない』と笑顔で明かした。

たなしんのベースから始まる「the landscape back to us」「unchangeable」と渡邊がボーカルをとり、コーラスを歌う金廣も楽しげにパフォーマンス。続く「in the rain」もイントロから歓声があがり、当時から応援しているファンの興奮もひとしおの様子だ。「350 miles away」ではペギのビートに合わせてクラップが沸き起こり、金廣は『いいですね、フォーベターの頃はなかったです、こんなの』と嬉しさを滲ませた。その後のMCでは、グッドモーニングアメリカのバンド結成10周年を記念した企画『10くらいの恩返し』の4つめの公約として、for better, for worseのベストアルバムを発売することを発表。渡邊は『僕らの歴史の一つでもあるわけだから、昔の曲とかも聴いてもらえたら嬉しい』と想いを伝え、『今日は“fではじまる八王子のバンド"としてだけど、(for better, for worseとしての)一夜限りの復活ライブもあるかもですよ』とアナウンスし、会場からは期待の声があがった。

その後も当時の思い出話に花を咲かせ、終始楽しそうなメンバー。久しぶりにボーカルをとった渡邊は『本当にボーカルって大変だなと思った。喉、超痛いもん! ポリープできてんじゃないかなと思うくらい!』と感想を語り、金廣が『活動休止しなきゃ!(笑)』と返す自虐的な掛け合いも。さらに金廣は『このまま
「ヨンフェス」なんかも出れたら嬉しいです。』『ハイスタと対バンとかね。』と笑顔で意気込みを語る。そしてラストスパートに「i\'m sorry, thank you」「heartstrings」と続けると、最後は「never forget your mind」を汗をほとばしらせながら全身でプレイし、灼熱のステージを締めくくった。

続くグッドモーニングアメリカのライブは『502号室のシリウスツアー』の“シリウス君"に扮した犬の姿でたなしんが登場。その後衣装をチェンジしたメンバーが登場し、「風と鳴いて融けてゆけ」「ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ」とシンガロングを沸き起こしながら、再び会場をヒートアップしていく。いつも以上にテンションの高まっている様子の渡邊は『何せある意味“ワンマン"だからさ』と説明すると、たなしんも『いつものアレ、ちょっと早めにやらせてもらっていいですか?』と恒例の『ファイヤー!』を序盤で投下し、一体感溢れるライブを展開。『for better, for worseをやってた頃の冬の思い出の歌』と金廣が明かした「She\'s…」など、最新アルバム『502号室のシリウス』からの楽曲を織り交ぜながら、アンコールは金廣が『感謝の気持ちでいっぱいです。』と「空ばかり見ていた」でライブを終えた。

『502号室のシリウスツアー』はワンマンライブ追加公演を加えて、3月25日の東京・渋谷TSUTAYA O-EAST公演まで続いていく。for better, for worseの続報もあわせて楽しみにしていてほしい。

【セットリスト】
■fではじまる八王子のバンド(for better, for worse)
1 a waning moon
2 angel\'s ladder
3 the landscape back to us
4 unchangeable
5 in the rain
6 350 miles away
7 i\'m sorry, thank you
8 heartstrings
9 never forget your mind

『502号室のシリウスツアー』

1月27日(土) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE 
w/SIX LOUNGE
1月28日(日) 仙台MACANA 
w/SIX LOUNGE
2月03日(土) 岡山IMAGE 
w/ASPARAGUS
2月04日(日) 浜松FORCE 
w/ASPARAGUS
2月10日(土) 福岡CB 
w/GOOD ON THE REEL
2月11日(日) 広島CAVE-BE 
w/GOOD ON THE REEL
2月12日(月・祝) 高松DIME 
w/GOOD ON THE REEL
2月18日(日) 札幌BESSIE HALL
w/ BOYS&GIRLS
2月24日(土) 水戸LIGHT HOUSE
w/Yap!!!
2月25日(日) 前橋DYVER 
w/CIVILIAN
3月03日(土) 松本ALECX 
w/魔法少女になり隊
3月04日(日) 金沢vanvanV4 
w/魔法少女になり隊

<ワンマンライブ>
3月10日(土) 名古屋 BOTTOM LINE
3月17日(土) 大阪・心斎橋BIGCAT
3月25日(日) 東京・渋谷TSUTAYA O-EAST



【関連リンク】
グッドモーニングアメリカ、前身バンド“for better,for worse”との対バンが大盛況!
グッドモーニングアメリカまとめ
Nulbarich、 ニューアルバムのアートワーク&アーティスト写真公開

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, 発表, ライブ, ツアー, セットリスト, ライブレポ, レポート

Nulbarich、 ニューアルバムのアートワーク&アーティスト写真公開
Mon, 22 Jan 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Nulbarichが3月7日にリリースする2ndフルアルバム『H.O.T』のアートワークと最新アーティスト写真を公開した。今回公開された『H.O.T』のアートワークは、バンドのお馴染みのキャラクター"ナルバリくん"がポップなカラーで登場。JQの敬愛する90\'sのアートワークを感じられるデザインに仕上げられている。

また、リード楽曲「ain\'t on the map yet」を1月22日(月)にラジオ初オンエアすることも併せて発表された。

“Hang On Tight"の頭文字が冠された今作『H.O.T』は、スマッシュヒットを記録中の前作『Guess Who?』以来約1年半ぶりとなる2ndアルバム。今作に収録されるリード曲「ain\'t on the map yet」が、アルバムのリリースに先駆け、1月22日(月)から1月25日(木)までの4日間、関西では19:00から放送のFM802「BEAT EXPO」、関東では21:00から放送のJ-WAVE(81.3FM)「SONAR MUSIC」にて独占オンエアされる。さらに、独占オンエア期間中、両番組では3月から開催される新ツアー『Nulbarich ONE MAN TOUR 2018 "ain\'t on the map yet" Supported by Corona Extra』の特別ライブレポーターをリスナーより募集する企画も実施され、またFM802では、『H.O.T』というアルバムタイトルにかけ、ボーカルのJQが2月中の毎週月曜日に電話ゲスト(ホットライン)で登場する。応募詳細はFM802「BEAT EXPO」、J-WAVE(81.3FM)「SONAR MUSIC」のオンエア及び各オフィシャルサイトをチェックしてほしい。

■ FM802「BEAT EXPO」
https://funky802.com/expo/
■J-WAVE(81.3FM)「SONAR MUSIC」
http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

アルバム『H.O.T』

2018年3月7日発売



【初回限定盤】(2CD)
VIZL-1331/¥3,500+税
※初ワンマンツアー「Change the Track」ファイナル公演・LIQUIDROOMのライブ音源を収録したCDを付属。
<収録曲>
ain\'t on the map yet
It\'s Who We Are
Follow Me
In Your Pocket
Spellbound
などを含む全13曲を収録予定。



【通常盤】(CD)
VICL-64955/¥2,800+税

【各チェーン特典】

「H.O.T」(VIZL-1331, VICL-64955)を、お買い上げの方に、先着で「特製ステッカー」をプレゼント!

■TOWER RECORDS特典 (TOWER RECORDS 全国各店 / TOWER RECORDS ONLINE)
特製ステッカー(TOWER Ver.)
■HMV特典 (HMV全国各店/ローチケHMV)
特製ステッカー(HMV Ver.)
■TSUTAYA特典 (TSUTAYA RECORDS 全国各店/ TSUTAYA オンラインショッピング )
特製ステッカー(TSUTAYA Ver.)
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
■Amazon.co.jp特典
特製ステッカー(Amazon Ver.)
※Amazon.co.jp では、特典付き商品のカートがアップされます。特典をご要望のお客様は特典付き商品をお買い求め下さい。
■その他チェーン・CDショップ特典
特製ステッカー(その他 Ver.)
対象店舗はこちら 
・新星堂全国各店 / WonderGOO全国各店(一部店舗を除く) / 新星堂WonderGOO楽天市場店 
・山野楽器CD/DVD取扱店舗 / 山野楽器オンラインショップ(一部取扱いの無い店舗もございます。)
・セブンネットショッピング
・ビクターエンタテインメント オンラインショップ and more!

※上記各特典ともに数に限りがございます。お早めにご予約下さい。
※また、一部、特典の取扱いが無い店舗もございます。予めご了承下さい。
※確実に入手をご希望の方は、事前に各店舗様へご確認いただくことをお奨めいたします。

『Nulbarich ONE MAN TOUR 2018 "ain\'t on the map yet" Supported by Corona Extra』

3月14日(水) なんばHatch
3月16日(金) 新木場STUDIO COAST (追加公演) ※SOLD OUT
3月17日(土) 新木場STUDIO COAST ※SOLD OUT
3月28日(水) 仙台Rensa
4月06日(金) 広島クアトロ
4月07日(土) 福岡イムズホール
4月13日(金) 名古屋ダイアモンドホール



【関連リンク】
Nulbarich、 ニューアルバムのアートワーク&アーティスト写真公開
Nulbarichまとめ
SING LIKE TALKING、約3年ぶりとなる全国ツアーでオーディエンスを魅了

【関連アーティスト】
Nulbarich
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売

SING LIKE TALKING、約3年ぶりとなる全国ツアーでオーディエンスを魅了
Mon, 22 Jan 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1月20日、SING LIKE TALKINGがツアー『2018 The Tour with Next Generation』を豊洲PITからスタートさせた。完成度の高い音源と揺るぎない演奏を聴かせることで定評のある彼らのライブだが、このツアーではタイトルの通り、SING LIKE TALKINGの音楽を10代の頃に聴いてミュージシャンを志した、彼らの次の世代を担う気鋭のプレイヤーたちを起用。いつもながらの隙のない演奏に、いつもとはちょっと違う初々しさと言ってもいいような溌剌としたエネルギーが加わったパフォーマンスで、満員のオーディエンスを魅了した。

デビュー30周年のアニバーサリー・イヤーのオープニングを飾るツアーでもある今回のステージは、ツアーに先駆けてリリースされた4年半ぶりのニュー・アルバム『Heart Of Gold』からの新曲はもちろん、「La La La」や「Seasons Of Change」、「Rise」など30年のキャリアを彩ってきた代表曲や人気曲を次々に披露。長年のファンはもちろんのこと、2017年暮れに話題を呼んだドラマ『ブラック・リベンジ』の主題歌「闇に咲く花 〜The Catastrophe〜 feat. サラ・オレイン」を聴いて興味を持った新しいリスナーも、それぞれに楽しめるセットリストを展開して、あっという間の3時間だった。

コアなファンにとっては初々しささえも感じる演奏だからこそ、さらなる深まりも予感させ、ツアーの本数が重なっていくなかでのパフォーマンスの変化を期待せずにはいられない内容だっただろう。ツアーはこの後、大阪、名古屋、仙台と続き、3月25日のTOKYO DOME CITY HALLでファイナルを迎える。

アルバム『Heart Of Gold』

発売中



【初回限定盤】(CD+ DVD)
UPCH-7381/¥4,320(税込)
【通常盤】(CD)
UPCH-2146/¥3,456(税込)
【アナログ】
UPJH-9059/¥4,536(税込)
※アナログ:2018年2月21日発売

<収録内容>
■CD
01 Prologue
02 風が吹いた日
03 Closer 〜寒空のaurora〜
04 6月の青い空 
05 Be Nice To Me
06 闇に咲く花 〜The Catastrophe〜 feat.サラ・オレイン (Album Mix)
07 Hysterical Parade
08 Longing 〜雨のRegret〜
09 Sweet Cat Home
10 The Ruins 〜未来へ〜
11 Holy White Night
-Bonus Track-
12 闇に咲く花 〜The Catastrophe〜 feat.サラ・オレイン (Single Version)
(読売テレビ・日本テレビ系 ドラマ「ブラックリベンジ」主題歌
■DVD
・「SING LIKE TALKING Premium Live 29/30~SING LIKE POP\'N ROCK & MELLOW~」より
『摩天楼の羊』『Jack Lemmon』『Borderland』『Starting Over ~ありあまる想いで~』
・風が吹いた日(Lyric Video)収録

『2018 The Tour with Next Generation』

1月27日(土) 大阪 Zepp Namba
2月12日(月・祝) 愛知 Zepp Nagoya
2月24日(土) 宮城 仙台PIT
3月25日(日) 東京 TOKYO DOME CITY HALL
※終了分は割愛



【関連リンク】
SING LIKE TALKING、約3年ぶりとなる全国ツアーでオーディエンスを魅了
SING LIKE TALKINGまとめ
雪降る夜にしっくり聴きたい洋楽5曲

【関連アーティスト】
SING LIKE TALKING
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ツアー, ライブレポ, レポート

雪降る夜にしっくり聴きたい洋楽5曲
Mon, 22 Jan 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大晦日にちらりと雪が舞い散った地域も見られましたが、今シーズンの関東平野エリアではまだ雪らしい雪は降っていません。気象庁予報部発表(1月20日10時55分)によると、今週は北日本から西日本にかけての日本海側及び太平洋側で曇りや雪または雨の降る日が多く、日本海側では23日頃からは冬型の気圧配置が強まり、大雪や大荒れとなるおそれがあるとのこと。そこで今回は「雪降る夜にしっくり聴きたい洋楽5曲」をご紹介します。

■「Fifteen Feet of Pure White Snow」(’01)/Nick Cave and the Bad Seeds

雪と言えば、美しいピアノの旋律が冷たい雪を連想させるニック・ケイヴ率いるニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッド・シーズの「Fifteen Feet of Pure White Snow」は外せない。淡々と歌詞を追うと、15フィート(約4.5メートル)の雪が積もる空の下、最後は息苦しくなるほど緊迫感のある世界が浮かび上がり、まるで小説を読んでいるかのようにゾクゾクする感覚を得る。また、どんなに心凍えるようなことがあっても自愛を忘れずに自分で自分を守らなきゃと思わせてくれる雪の日にぴったりな一曲。カザフスタン共産党中央委員会が以前使用していたビル内で撮影されたMVは、踊る民衆の中にパルプのジャーヴィス・コッカーのダンス姿も見られるシュールな作品なので要必見。

■「A Hazy Shade of Winter」(’68) /Simon & Garfunkel

冬の洋楽と言えば、やはりこの曲! イントロの軽快なリズムを刻むタンバリンと《タイム、タイム、タイム》という始まりが印象的なサイモン&ガーファンクルの広く知られた名曲「A Hazy Shade of Winter」(邦題は「冬の散歩道」)。もう20年以上も前になるけれど、1994年には日本でもドラマ『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』の挿入歌として使用されたので記憶されている人も多いことだろう。彼らの最高傑作としてファンや批評家から評価されることも多いこの作品は、過去の自分がどのように、そして何に時間を費やしたのか、そしてその時の長さを枯れて茶色くなった落ち葉の上に積もり溶け残った雪を見て振り返る主人公の心理がリアルに描かれている。

■「California Dreamin\'」(’65) /The Mamas & The Papas

日本でも世代によってはお馴染みのママス&パパス。60年代アメリカの象徴的な存在である彼らの代表曲がこの「California Dreamin\'」(邦題は「夢のカリフォルニア」)。“こんなに寒い日には暖かなカリフォルニアを夢見る”という歌詞にあるように、寒冷地に身を置く者が、避寒のため暖地を思い焦がれる様子が描かれた、先ほどのサイモン&ガーファンクル作品同様に冬によく聴かれる楽曲のひとつである。この曲が世に出たことでいきなり全米4位を獲得し、瞬く間にスターダムへとのし上がっていった名も無きヒッピーだった4人のシンデレラストーリーは、フラワームーブメントのシンボリックな出来事だった。シーアのカバーも一聴の価値あり。

■「Another Dumb Blonde」(’00) /Hoku

アメリカのコメディー映画『Snow Day』のサウンドトラックに起用されたことで知れ渡ったのは、ホクの「Another Dumb Blonde」。ブロックバスター・エンタテインメント・アワードのフェイバリット・ソング・フロム・ア・ムービー部門で第1位を記録するなど、当時のティーンたちから支持され大注目を集めた一曲である。同世代のブリトニーやアギレラのようなセクシーさを押し出すことはせず、MVも常夏のビーチと冬の雪山での過去のメモリーが交互に、そして健全に差し込まれたストーリー仕立て。ハワイで“Hoku”とは“星”を意味するハワイ・オワフ島生まれの彼女は、2017年12月に約8年の沈黙を破り、新たな音源とともに2018年にカムバックすることをアナウンスしているのも楽しみだ。

■「Snow (Hey Oh)」(’06) /Red Hot Chili Peppers

我らがレッチリの9作目として2006年にリリースされたスタジオアルバム『Stadium Arcadium』に収録された「Snow (Hey Oh)」。アルバムからの3rdシングルであるこの曲は、日本映画『デスノート the Last name』の主題歌に起用されたので耳馴染みのある人も多いことだろう。レッチリならではと言えるギターコード進行が印象的で、自己内面と向き合う必要性を説く歌詞が奥深いのが魅力で、ある意見では雪のように白いという表現からコカイン中毒からの離脱を歌ったものとされるなどさまざまな解釈がなされている。外に出られない雪の日には、家に籠もって孤独になってこうした楽曲を聴きながら、自分の心の内側をじっくりと見つめ直すのもまたひとつの過ごし方かもしれない。

TEXT:早乙女‘dorami’ゆうこ



【関連リンク】
雪降る夜にしっくり聴きたい洋楽5曲
Nick Cave and the Bad Seedsまとめ
Simon & Garfunkelまとめ
The Mamas & The Papasまとめ
Hokuまとめ

【関連アーティスト】
Nick Cave and the Bad Seeds, Simon & Garfunkel, The Mamas & The Papas, Hoku, Red Hot Chili Peppers
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!, アルバム

チアキがソロ活動を本格始動! 初ワンマン開催とアー写を解禁
Mon, 22 Jan 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年8月にガールズバンド“赤い公園”を脱退した佐藤千明がアーティスト名を“チアキ”として、4月12日(木)に東京・Future SEVENにて初のワンマンライブを行なうことを発表し、本格的にソロ活動が開始となった。

TOCのソロアルバムへのフィーチャリング参加が発表され、その動向が注目されていたチアキ。バンド在籍時代は歌うことに専念しており楽曲制作はほぼ行なっていなかったが、ワンマンライブの内容はオリジナル曲を中心に構成、さらに映像を混じえたライブ進行を考えているとのこと。チケットや公演詳細などは後日自身のSNSなどで発表されるので、続報を楽しみに待っていてほしい。

■【チアキ コメント】

お久しぶりです! そして初めまして。
この度、周りの方々の愛とお力添えの元、初めてのワンマンライブを開催することにしました。
私が考えるエンターテイメントを、胸を張ってお届けします。
ワクワクする方向へ突っ走った笑撃、、衝撃のワンマンライブ、絶対に私らしく楽しませるので、超絶遊びに来てくださいの巻^^

『チアキ ファーストワンマンライブ 〜ちーちゃんって今何してんの?〜』

4月12日(木) 東京 Future SEVEN
開場:18:00 / 開演:19:00
<チケット>
・チアキ SNS先行予約販売
・一般発売日:2月24日(土)各プレイガイドにて



【関連リンク】
チアキがソロ活動を本格始動! 初ワンマン開催とアー写を解禁
チアキまとめ
赤い公園まとめ
ももいろクローバーZ、有安杏果のラストライブを経て新章が幕開け! 東京ドーム公演&ベスト盤発売も

【関連アーティスト】
チアキ, 赤い公園
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, 発表, ライブ

ももいろクローバーZ、有安杏果のラストライブを経て新章が幕開け! 東京ドーム公演&ベスト盤発売も
Mon, 22 Jan 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ももいろクローバーZが1月21日(日)に幕張メッセ9〜11ホールにて、2018年最初の大型ライブ『ももいろクローバーZ 2018 OPENING 〜新しい青空へ〜』を開催し、会場には29,765人、ライブビューイングに7,472名の計37,237人を動員。そして結成10周年である2018年5月23日に東京ドームでのアニバーサリーライブの開催と、同日にベストアルバムを発売することが発表された。事前に告知されていた通り、この日のライブで有安杏果がももいろクローバーZから卒業をし、4人体制で新たなスタートを切ったももいろクローバーZ。会場には卒業を見守りに3万人を超えるモノノフ(ももクロのファンの総称)が集まった。

「overture 〜ももいろクローバーZ参上!!〜」でステージにポップアップで登場したメンバーはももいろクローバー“Z”となって初めての楽曲、「Z伝説 〜終わりなき革命〜」を披露。その後も「未来へススメ!」「ゴリラパンチ」「仮想ディストピア」と続き、序盤から会場は大きな盛り上がりを見せていく。ステージの後方にある巨大なLEDのスクリーンには楽曲に合わせて、メンバーの写真が移り変わることによって、歴史や成長を見て感じることもできるパフォーマンスであった。幕間は有安杏果にフィーチャーした映像が流れ、会場は寂しがる人がいながらも歓声で溢れた。その後、衣装チェンジをしたメンバーが登場。「BLAST!」や「行くぜっ!怪盗少女」など人気のナンバーを披露した後、「走れ! -Z ver.-」「モノクロデッサン」ではフロートに5人全員で乗り、サイリウムの光で溢れる会場を一周した。

その後、有安の卒業に対するセレモニーが行なわれ、4人全員が涙を浮かべながら有安へメッセージを送った。高城は『本当に辛い時、手を握ってくれた』、佐々木は『8年間隣で一緒にいてくれてありがとう』、玉井は『ネットサーフィンしなくても、ももクロの名前が目に入るように頑張るね』、百田は『本当は10周年は5人で迎えたかった。でも新しい道で、お互い見つけた夢を叶えられたら良いと思います。ありがとう!』と話し、その後4人から有安へ新曲「新しい青空へ」が披露された。作詞・作曲を前山田健一が手がけたこの楽曲は、今までの感謝の気持ちを伝えるために有安初めてのソロ曲である「ありがとうのプレゼント」の一部が引用されたものだ。歌唱後、新曲披露というサプライズに言葉がつまる有安であったが、ももいろクローバーZの一員として最後の言葉を4人とモノノフへ感謝を込めて『何よりいつでもどんな時でも優しく、熱く、応援してくれたファンのみんながいたからこの8年間やってこれました。本当に8年間ありがとうございました』と語った。

ステージから有安が去り、“ポカンと胸に穴が開く”といった状態の4人となったメンバーの元に「愛のメモリー」の楽曲とともに松崎しげるが登場。楽曲を歌いあげながら、5月23日に東京ドームで結成10周年のアニバーサリーライブを開催することを発表した。松崎しげるが『モノノフのみんなー! 4人になったももクロで東京ドームやったら、思いっきり全部埋めてくれるのかー!?』と叫び、会場のボルテージは急上昇! 松崎しげるを送り出した後、百田は『いつの時も始まりはこの曲だったんじゃないかと思います』と話し、ラストナンバーである「あの空へ向かって」を4人で披露し、笑顔でステージを後にした。

ライブが終了し、メンバーが去った後のエンディング映像ではさらなるサプライズが。東京ドームでのアニバーサリーライブと同日の5月23日に、ももいろクローバーZのベストアルバムの発売が発表となったのだ。歴代シングルやアルバム表題曲、新曲収録の2枚組に加え、初回限定盤にはこの日に行なわれた『ももいろクローバーZ 2018 OPENING 〜新しい青空へ〜』のライブ映像、ドキュメンタリー『はじめてのももクロ-10th Anniversary ver.-』(仮)が収録される豪華仕様の予定で、詳細は追って発表されるとのこと。10周年の節目の年に、新たなる幕開けをスタートさせたももいろクローバーZ。今後も彼女たちのパフォーマンスから目を離すことができそうにない。

Photo by キングレコード / EVIL LINE RECORDS

【セットリスト】
M1.Z伝説〜終わりなき革命〜
M2.未来へススメ!
M3.ゴリラパンチ
M4.仮想ディストピア
M5.白い風
M6.行く春来る春
M7.ツヨクツヨク
M8.words of the mind 〜brandnew journey〜
M9.BLAST!
M10.DECORATION
M11.行くぜっ!怪盗少女
M12.灰とダイヤモンド
M13.走れ! -Z ver.-
M14.モノクロデッサン
M15.新しい青空へ
M16.あの空へ向かって

■『ももいろクローバーZ  10周年アニバーサリーライブ(仮)』

5月23日(水)  東京ドーム
※詳細は後日発表

アルバム『ももいろクローバーZ 10周年記念BEST ALBUM(仮) 』

2018年5月23日(水)発売



【初回限定 -モノノフパック-】(3CD+2Blu-ray)
KICS-93700〜2/¥11,111+税
<収録内容>
・2CD:歴代シングル&アルバム表題曲、新曲 収録
・特典CD:内容未定
・Blu-ray(1)(ドキュメンタリー「はじめてのももクロ-10th Anniversary ver.-」forモノノフ(仮)収録)
・Blu-ray(2)(2018 1.21「ももいろクローバーZ 2018 OPENING 〜新しい青空へ〜」@幕張メッセ LIVE Blu-ray)
・フォトブックレット付
・スペシャルBOX仕様

【初回限定 ?スターターパック-】(2CD+Blu-ray)
KICS-93703〜4/¥5,093+税
<収録内容>
・2CD:歴代シングル&アルバム表題曲、新曲 収録
・Blu-ray(ドキュメンタリー「はじめてのももクロ-10th Anniversary ver.-」for スターター(仮)収録)
※2CDは<初回限定 -モノノフパック->、<通常盤>と同内容となります。

【通常盤】(2CD)
KICS-3700〜1/¥2,778+税
<収録内容>
・2CD:歴代シングル&アルバム表題曲、新曲 収録
※2CDは【初回限定 -モノノフパック-】、【初回限定 ?スターターパック-】と同内容となります。



【関連リンク】
ももいろクローバーZ、有安杏果のラストライブを経て新章が幕開け! 東京ドーム公演&ベスト盤発売も
ももいろクローバーZまとめ
チャットモンチーのトリビュート盤に川谷絵音、忘れらんねえよ、ギターウルフなどの参加が決定

【関連アーティスト】
ももいろクローバーZ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, ライブ, セットリスト, ライブレポ, レポート, 卒業

チャットモンチーのトリビュート盤に川谷絵音、忘れらんねえよ、ギターウルフなどの参加が決定
Mon, 22 Jan 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

チャットモンチーのトリビュートアルバム『CHATMONCHY Tribute 〜I Love CHATMONCHY〜』が3月28日に発売されることが決定した。このトリビュートアルバムはチャットモンチーの二人とスタッフが共同で参加アーティストを検討、オファーをすることによって制作が進められたもの。個性豊かなアーティストが、それぞれの解釈による唯一無二のカバーを披露した、まさにタイトルの通りチャットモンチーへの愛情が溢れた1枚となっている。

また、本作の制作に際に一般公募による参加アーティストオーディションが開催された。こちらもチャットモンチーの二人とスタッフによって審査が行なわれ、645組に及ぶ応募の中から最優秀賞2組、特別賞3組を決定。最優秀賞の2組は、アルバムへ収録されることが明らかになった。全参加アーティスト&各カバー楽曲、オーディションの各賞受賞者は、後日発表予定とのことなので、お楽しみに。

本作品には7月4日(水)に開催される日本武道館でのラストワンマンと、7月21日(土)22日(日)の2日間にわたって開催される『こなそんフェス2018』のチケット先行用紙が封入されるので、ぜひゲットしてほしい。

■『CHATMONCHY Tribute 〜I Love CHATMONCHY〜』 参加アーティスト

(五十音順・敬称略)
川谷絵音
ギターウルフ
きのこ帝国
グループ魂
集団行動
CHAI
ねごと
Hump Back
People In The Box
フジファブリック
Homecomings
YOUR SONG IS GOOD
忘れらんねえよ
参加アーティストオーディション最優秀アーティスト 2組
And more

アルバム『CHATMONCHY Tribute 〜I Love CHATMONCHY〜』/V.A.

2018年3月28日発売



【初回生産限定盤】
KSCL 3099/¥3,200+税
※デジパック仕様
※『CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE 〜I Love CHATMONCHY〜』&『チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2018 〜みな、おいでなしてよ!〜』チケット先行用紙封入



【関連リンク】
チャットモンチーのトリビュート盤に川谷絵音、忘れらんねえよ、ギターウルフなどの参加が決定
チャットモンチーまとめ
川谷絵音まとめ
ギターウルフまとめ
きのこ帝国まとめ

【関連アーティスト】
チャットモンチー, 川谷絵音, ギターウルフ, きのこ帝国, グループ魂, 集団行動, CHAI, ねごと, Hump Back, People In The Box, フジファブリック, Homecomings, YOUR SONG IS GOOD, 忘れらんねえよ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ガールズバンド, コラボ, アルバム, 発表, チケット

Rihwa、デビュー5周年記念ツアーが地元・札幌にてグランドフィナーレ!
Mon, 22 Jan 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年11月からスタートした、全国10都市を巡るRihwaのデビュー5周年記念全国ツアー『Hi! Five! Live! Tour』が、1月21日(日)に札幌PENNY LANE24で遂にグランドファイナルを迎え、地元・札幌で美声と圧巻のライブパフォーマンスでファンを魅了した。

この日の札幌は雪がちらつき気温は-8℃。極寒の中、PENNY LANE24には開場前からライブを心待ちにしていたファンが詰めかけ長蛇の列を作っていた。開場と同時に最前列からどんどん埋まっていくフロア。ステージ上は、まるでホームパーティーのように色とりどりのバルーンが装飾され、Rihwaらしいアットホームな演出に、詰めかけたファンも笑顔で見ている。開演時間を迎えるとRihwaのナレーションによるウエルカムメッセージが流れ、カントリーロックなインストと共に詰めかけたファンによる大きな手拍子に迎えられて、バンドメンバー、続いてRihwaがステージに登場。「今日は最後まで目一杯楽しみましょう!」という宣言から始まった1曲目はデビュー曲「CHANGE」。畳み掛けるように「Lovely Country」と続き、エンジン全開と言わんばかりのテンションにファンも大歓声で応える。

「皆さんのおかげで5周年を迎えることが出来ました。今日は私の今まで、そしてこれからをたくさん感じて頂きたいと思っています」というMCの後にはインディーズ時代の曲「My Way」、このツアーの為にアレンジされた爽やかな夏を思わせる「くじら」、そしてまさに今日の札幌にぴったりな「Snowing Day」とアップテンポな楽曲が続く。
本ツアーは2つのコンセプトを打ち出し、前半は“Welcome to Rihwa Cafe”というサブタイトルでアコースティックサウンドを、後半の“Get back from REALITY”ではバンドサウンドを披露してきたが、“Welcome to Rihwa Cafe”で魅せたサウンドを「皆さんにも是非味わってもらいたいと思ってRihwa Cafeコーナーを作りました!」と、ハイチェアに腰掛けたRihwaが代表曲の1つでもある「Last Love」を披露。ギターの飯塚直斗が奏でる切ないエレキサウンドとRihwaの伸びやかな歌声に胸が締め付けられ、最新シングルに収録の「羽」では心まで包み込まれるような柔らかい歌声を魅せつけた。「これまでの5年という中で、たくさんの出会いがありました。その中でも次に歌う曲は私に一番多くの出会いをくれた楽曲です」と語り、続いて代表曲「春風」を披露。やさしいピアノイントロに乗せ、ギターを爪弾くRihwaの歌声はさらに伸びやかさを増していく。オレンジ色の光に照らされ、力強い歌声を聴かせた「フレ!」は、今Rihwaが持つ全てのパワーで背中をグッと押してもらえたような、そんな印象を受ける。「新しいことにもどんどん挑戦していきたい。今日は新曲を歌います!」と、元気な声が放たれるとフロアからは歓喜の声が溢れる。未発表の新曲「Swing Swing♪」は、明るく跳ねるようなリズムとベースライン、印象的なギターカッティングが絡まり合い、Rihwaの踊るようなハイトーンヴォイスが気持ちよく刺さる。「Having a Good Time」「カラフル」と続き、会場は思い思いにRihwaサウンドを楽しみ、熱を帯びていく。

地元・札幌をネタに繰り広げたご当地ソングコーナーでは、地元ならではのローカルネタを随所に入れ込み、会場は爆笑!そして、コール&シンギングで客席の歌声がMAXになると、カントリーロックのアップナンバー「THE GATE」がスタート! バンドメンバーのクールなソロプレイの後はRihwaによるカズーの披露も。「シュークリーム」「Tell Me What You Want」とステージ・フロアのボルテージは一気に高まる。息をつかせないほどの盛り上がりが静まったかと思うと、印象的なギターのリフ、重厚なベース・ドラムのイントロで始まる「モンスターのかくれんぼ」で、激しいロックサウンドにフロアから大きな手拍子・歓声が巻き起こりボルテージはMAXヘ。「いろんな情報が溢れている今、何を信じていいか分からなくなっちゃう時もあるけど、今日みんなが集まってくれたという事実は変わらなくて、信じられるもので、一緒に感じれたリアルは私の宝物です。これから6年目を歩んでいくとき、今日のこの風景を絶対思い出すし、皆さんが私のこれからのミチシルベです」と語った本編ラストは、2017年9月にリリースした映画『ユリゴコロ』主題歌の「ミチシルベ」。静まり返った会場に響く荘厳なピアノ、語るように一言一言を大事に紡ぐRihwaの歌声がフロアを包み込んでいた。クライマックスに差し掛かり力強さを増していくその歌声に、心を鷲掴みにされたかのようなそのステージングから目が離せない。緊張を解くようなやさしいピアノのアウトロが流れると、弾けたように熱い拍手が巻き起こった。

鳴り止まない拍手に後押しされ、笑顔のRihwaがステージに再登場。「私の音楽のルーツは留学先でたくさん聴いてきたカントリーミュージックにあります」と、故郷・北海道を想い制作された未発表曲「Primary」を披露。軽快なカントリーサウンドが似合う、少しノスタルジックな楽曲だ。さらには「今、この瞬間私が一番思っていることをこの曲に込めます」と言って5年間のたくさんの出会いに感謝を表した「ありがとう、出会ってくれて」を披露した。惜しみない温かい拍手に包まれて、Rihwaとバンドメンバーによるオールラインナップはステージ、フロアどちらも最高の笑顔が並んでいた。10都市に渡る全国ツアーがグランドフィナーレを迎え、次のステップに向け最高のスタートを切ったRihwa。これから届けられる新しい楽曲やライブがさらに楽しみになる、そんな一夜となった。

【セットリスト】
1.CHANGE
2.Lovely Country
3.My Way
4.くじら
5.Snowing Day
6.Last Love
7.羽
8.春風
9.フレ!
10.Swing Swing♪
11.Having a Good Time
12.カラフル
13.THE GATE
14.シュークリーム
15.Tell Me What You Want
16.モンスターのかくれんぼ
17.ミチシルベ
<ENCORE>
En1.Primary
En2.ありがとう、出会ってくれて



【関連リンク】
Rihwa、デビュー5周年記念ツアーが地元・札幌にてグランドフィナーレ!
Rihwaまとめ
tricot、新曲「ブームに乗って」MV&新アー写公開

【関連アーティスト】
Rihwa
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シンガーソング・ライター, ツアー, ワンマン, ライブレポ

tricot、新曲「ブームに乗って」MV&新アー写公開
Mon, 22 Jan 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

tricotが新曲「ブームに乗って」のミュージックビデオを公開した。このMVは2017年11月15日にZepp DiverCityで行われたワンマンライブでドラムの吉田の加入を発表した直後に初披露し、WOWOWの新たな音楽番組『LIVE TIPS』で放送されたライブ映像に、スタジオレコーディングによる音源をシンクロさせた内容となっている。

また、4人となったtricotの新しいアーティスト写真も発表されており、4人で創る新しいtricotの幕開けを告げるような凛々しい表情をみせている。

さらに、4人編成となったtricotのメンバーそれぞれが企画するライブイベント『MUNASWAGI 2018』は、2月の第一回公演は1月21日10時から一般発売がはじまっており、3、4、5月の各公演は、1月21日19時からオフィシャルサイトで2次先行受付が開始される。チケットは争奪戦が予想されるので、お見逃しなく!!

【ライブ情報】

『MUNASAWAGI 2018 〜渋谷De宇宙旅行〜』
2月28日(水) 渋谷WWWX w/きのこ帝国、ドミコ
■一般発売:1月21日(日)

『MUNASAWAGI 2018 〜オールA編〜』
3月20日(火) 渋谷O-Crest w/LOSTAGE、and more
■オフィシャルサイト2次先行受付:1月21日(日)19:00〜1月28日(日)23:59

『MUNASAWAGI 2018 〜食いしん坊万歳編〜』
4月16日(月) 渋谷CIRCUS TOKYO w/s?buhiroko、and more
■オフィシャルサイト2次先行受付:1月21日(日)19:00〜1月28日(日)23:59

『MUNASAWAGI 2018 〜やさしさに包まれたなら〜』
5月17日(木) 渋谷WWWX w/POLYSICS、and more
■オフィシャルサイト2次先行受付:1月21日(日)19:00〜1月28日(日)23:59

<チケット>
前売¥3,500/当日¥4,000 ※D代別



【関連リンク】
tricot、新曲「ブームに乗って」MV&新アー写公開
tricotまとめ

【関連アーティスト】
tricot
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, ライブ, チケット













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1