歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年01月19日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
「夢で逢えたら」カバー盤に吉岡聖恵(いきものがかり)や吉田美奈子ら参加決定
Fri, 19 Jan 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

永遠のスタンダードナンバー「夢で逢えたら」だけにスポットを当て、レコード会社、レーベルの壁を取り払い、古今東西に存在するオリジナル及びカバー作品の完全収録を試みた前代未聞のコンピレーションアルバム『EIICHI OHTAKI Song Book _III 大瀧詠一作品集 Vol.3「夢で逢えたら」(1976〜2018)』が3月21日(水)に発売される。

生前、作詞・作曲を手掛けた大瀧詠一本人が企画し、収録予定曲数が71曲(2018年1月19日現在)と過去に類を見ないこの作品集に新たなるカバー楽曲も決定し、豪華ラインナップとして彩りを添えることになった。

現在、放牧中のいきものがかりから吉岡聖恵がこの企画のために本人にとっても1年半ぶりとなる新録で参加する他、オリジナルを歌う吉田美奈子が1976年発売のアルバム『FLAPPER』に収録して以来、42年の時を経て今のスタイルでレコーディングに臨んだ。さらには太田裕美によるライブゲスト(\'81年6月1日 厚生年金会館 “大滝詠一 A LONG VACATION コンサート”より)での歌唱等も初収録されることになった。

新規アーティストも含めて今後も収録楽曲は増える見込みで、最終的に何曲収録となるのか?次なる発表も注目していただきたい。

■「夢で逢えたら」特設サイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/yumedeaetara/

アルバム 『EIICHI OHTAKI Song Book _? 大瀧詠一作品集 Vol.3 「夢で逢えたら」(1976〜2018)』

2018年3月21日発売



【4CD】
SRCL-9693〜9696/¥3,980+税
71曲収録 ※1月19日(金)現在。以降さらに増える予定)
<収録曲>
■CD
香坂みゆき/1991.04.21/AL『CANTOS1』収録
真城めぐみ/2008.11.21/AL『SPECTRE SOUNDS 〜STEPPING〜』収録
DACHICO/2010.07.28/AL『Boys Songs Meets Girls Singin\' Vol.1』収録
Shuho/2013.04.10/『ザ・メモリーズ -80s 想い出ボッサ-』収録
カンケ/2013.12.30/単曲配信リリース
井の頭レンジャーズ/2015.08.07/『Complete Collection 2013-2015』収録
大倉百人&SLEEPERS/2016.05.25/『おとな達のLove Stories』収録
晴美/2018.01.06/地上波TV番組「晴美の名曲アワー」オープニング・テーマ
太田裕美/2018.03.21/\' 81年6月1日 厚生年金会館 “大滝詠一 A LONG VACATION コンサート"より収録
吉岡聖恵(いきものがかり)/2018.2.28/単曲配信リリース
吉田美奈子/2018.03.21/夢で逢えたら2018
吉田美奈子/1976.03.25/AL『FLAPPER』収録
シリア・ポール/1977.06.01/SG/AL『夢で逢えたら』収録
サーカス/1978.07.05/AL『サーカス1』収録
多岐川裕美/1980.07.21/AL『LIVE』収録
桜田淳子/1980.07.21/AL『私小説』収録
岩崎宏美/1981.11.05/AL『すみれ色の涙から…』収録
アン・ルイス/1982.2.21/AL『CHEEK2』収録
Elle/1982.03.21/SG「夢で逢えたら」収録
NIAGARA FALL OF SOUND ORCHESTRAL/1982.06.01/AL『NIAGARA SONG BOOK』収録
桑名晴子/1982.11.25/AL『MOONLIGHT ISLAND』収録
石川ひとみ/1983.01.21/AL『キャンパスライブ』収録
平野文/1983.03.21/AL『call me Funny Minx』収録
北原佐和子/1984.01.21/SG『夢で逢えたら』収録
坂上香織/1989.08.09/AL『夏休み』収録
森丘祥子/1991.04.25/SG『夢で逢えたら』収録
JAJAJAH ALL STARS/1992.04.22/AL『SINGS JAPANESE SONGS』収録 
Darlene Love/1992.06.30/AL『CANARY ISLANDS-大滝詠一作品集』収録
Starlette R.Kirby/1992.07.10/AL『CANARY ISLANDS-大瀧詠一カバー・コレクション』収録
香西かおり/1993.12.10/AL『綴織百景VOL.3“夢"』収録
ラッツ&スター/1996.07.20/AL『BACK TO THE BASIC』収録
ソニー・ミュージック オーケストラ/1996.10.02/『HIT TUNES「ALICE」〜「花−Memento-Mori−」』収録
オルゴール/1997.01.21/『天使が巻いたオルゴールHEART TO HEARTシリーズ』収録
鈴木雅之/1997.11.21/AL『CARNIVAL』収録
DEEN&原田知世/2002.05.22/SG『夢で逢えたら』 収録
SHOPLIFTER/2002.12.11/AL『スカでヒッパレ!昭和歌謡Vol.2』収録
キンモクセイ/2005.02.16/SG『夢で逢えたら』収録
Vie Vie/2005.04.27/AL『Baby Blue』収録
Color feat. 鈴木雅之/2005.08.24/SG『Summer time cruisin\'』収録
オルゴール/2005.12.07/『青春のヒット曲 vol.1』収録
石川ひとみ/2006.06.21/AL「With みんなの一五一会 RADIO DAYS」収録
Rankin Taxi feat. Chieko Beauty with LITTLE TEMPO/2006.09.13/AL『Let\'s Go Rockers』収録
土岐麻子/2006.12.06/AL『WEEKEND SHUFFLE』収録
*HANA*/2007.04.04/AL『あの日にかえりたい〜I want to return on that day〜』収録
ARAHIS/2007.04.06/AL『МЕЧТА(メチター)』収録
岩崎宏美 With 岩崎良美/2008.10.22/AL『Dear Friends IV』収録
CHiP SHOP BOYZ WiTH ANDROiD SiNGERS ORCHESTRA/2011.03.21/AL『大瀧詠一作品 「A LONG VACATION」 南国アンドロイド・カバー』収録
松下優也/2011.05.04/SG『Naturally (NO.6)』収録
村上ゆき/2011.06.08/AL『Watercolours』収録
ゴスペラッツ/2011.07.27/『情熱大陸 LIVE BEST』収録
樹里からん/2011.11.06/AL『TORCH II』収録
渡辺幹男/2012.01.20/AL『ふたりカフェ〜L.O.V.E』収録
M/2012.02.29/AL『preMium』収録
鈴木聖美/黒沢薫/2012.09.26/AL『RADIO STAR HEROES』収録
薬師丸ひろ子/2013.12.04/AL『時の扉』収録
丸山圭子/2014.01.29/AL『COVERS BEST 〜Now&Then〜』収録
Revival Stance/2014.08.27/AL『COLORS』収録
SHANTI/2014.11.26/AL『SHANTI\'S LULLABY』収録
大滝詠一/2014.12.03/AL『Best Always』収録
Masayo/2015.05.20/AL『cantar』収録
松崎しげる/2015.06.10/AL『私の歌〜リスペクト〜』収録
NICO Touches the Walls/2015.06.24/SG『まっすぐなうた』収録
知里/2015.07.29/AL『それぞれの時代 〜知里カバー集〜』収録
上新功祐/2015.08.01/AL『ウタモノ1』収録
北翔海莉 / 沙央くらま/2015.08.26/AL『Applause HOKUSHO Kairi 〜MUSIC PALETTE〜』収録
南佳孝/2016.03.02/「レディオソロイズム?スペシャル蔵出し・番外編」(非売品)収録
b5 (川上大輔)/2016.09.21/『Ponkickies Melody みんなのうた』収録
たなかりか/2016.11.16/AL「Japanese Songbook 2」収録
鈴木雅之/2017.05.24/「めざましクラシックス with フレンズ〜ベスト・ヴォーカリスト〜」収録
沢田知可子/2017.06.21/AL「こころ唄 〜Best&Cover 30〜」収録
原めぐみ/2017.12.06/AL『Party! 2』収録



【関連リンク】
「夢で逢えたら」カバー盤に吉岡聖恵(いきものがかり)や吉田美奈子ら参加決定
香坂みゆきまとめ
真城めぐみまとめ
DACHICOまとめ
Shuhoまとめ

【関連アーティスト】
香坂みゆき, 真城めぐみ, DACHICO, Shuho, カンケ, 井の頭レンジャーズ, 大倉百人&SLEEPERS, 晴美, 太田裕美, いきものがかり, 吉田美奈子, 大滝詠一
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表

米津玄師、シングル「Lemon」の発売日が3月14日に決定&本人描き下ろしジャケット公開
Fri, 19 Jan 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

米津玄師がTBS金曜ドラマ『アンナチュラル』主題歌として書き下ろした楽曲「Lemon」の発売日が3月14日に決定し、同時にアートワークも公開された。「Lemon」を表題としたニューシングルは、「レモン盤」「映像盤」「通常盤」の3形態で発売となる。「レモン盤」はグッズ付き、「映像盤」はDVD付きとなり、ジャケットは今作も、米津玄師の描き下ろしイラストとなる。

TBS金曜ドラマ『アンナチュラル』は、石原さとみ主演、“逃げ恥”の野木亜紀子脚本による法医学ミステリーで、スリリングな展開と、見事なまでのセリフの掛け合いによる会話劇に、見たものを釘付けにし、初回放送内で初解禁となったこの曲は、大反響を持って迎えられた。1月19日に第2話が放送されるので、ストーリーの展開と共に放送を楽しみにしよう。

シングル「Lemon」

2018年3月14日発売



【レモン盤(初回限定)】(CD+グッズ)
SRCL-9745〜9746/¥2,000+税
【映像盤(初回限定)】(CD+DVD)
SRCL-9747〜9748/¥1,900+税
【通常盤】(CD)
SRCL-9749/¥1,200+税



【関連リンク】
米津玄師、シングル「Lemon」の発売日が3月14日に決定&本人描き下ろしジャケット公開
米津玄師まとめ
時代に媚びなかったがゆえに大ヒットしたダイアー・ストレイツのデビュー作『悲しきサルタン』

【関連アーティスト】
米津玄師
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, リリース, 発売, TVドラマ, 主題歌

時代に媚びなかったがゆえに大ヒットしたダイアー・ストレイツのデビュー作『悲しきサルタン』
Fri, 19 Jan 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1978年はある意味で時代の境目にあった。パンクとAORがまだ全盛の時代、YMOやポリスが相次いでデビューし、ポストパンクとテクノポップの萌芽があちらこちらに見受けられる頃である。イギリス出身のダイアー・ストレイツはパンクでもテクノでもニューウェイヴでもなく、アメリカンロックのテイストを持ったルーツロックをプレイする地味な4人組としてデビューした。彼らは時代の要請や流行とはまったく無縁の音楽で世界を魅了した稀有なグループであると言えるだろう。彼らのアルバムはどれも高水準だが、何と言ってもデビュー作の『悲しきサルタン(原題:Dire Straits)』は衝撃的な傑作であった。

■ダイアー・ストレイツの師、 J.J. ケイルというアーティスト

一般的にJ.J. ケイルの名がロックファンに知られるようになったのは、エリック・クラプトンの77年のアルバム『スローハンド』でケイルの「コケイン」を取り上げヒットしてからだろう。クラプトンは70年にリリースしたソロデビュー作『エリック・クラプトン』ですでにケイルの「アフター・ミッドナイト」をカバーしていたのだが、この時はまだケイルのアルバムはリリースされておらず、探しようがなかったのである。クラプトンの初ソロ作をサポートしたオクラホマ州タルサ出身のミュージシャンたち(レオン・ラッセル、ジェシ・エド・デイビス、ジミー・マーカム、ロジャー・ティリソン、カール・レイドルetc.)がケイルとクラプトンを引き合わせると、ケイルの独特のヴォーカルをはじめ、ギタープレイやソングライティングにもクラプトンは驚嘆する。

『エリック・クラプトン』以降、クラプトンとケイルは良き音楽仲間として付き合うようになり、それは2013年にケイルが亡くなるまで途切れることはなかった。熱心な中年以上のアメリカンロックファンならケイルのアルバムを何枚かは持っていると思うが、ケイルの特徴は一度聴いたら忘れられないほどのアクの強さである。20年ほど前、テレビのコマーシャルにケイルの音楽が使われたことがあり、その時は日本でも脚光を浴びたことがあるのだが、ケイルの音楽は侘び寂びにもつながるところがあり、ちゃんと紹介さえすれば日本では成功すると僕は感じている。

■ケイルの影響が強い ヴォーカルとギター

クラプトンと同じ英国出身のアーティストで、誰よりもケイルに大きな影響を受けているのが、ダイアー・ストレイツのリーダー、マーク・ノップラーだ。一般の音楽ファンにとってケイルの音楽はとっつきにくいものだ。ノップラーは、そんなケイルの良さを損なうことなく、そのエッセンスを凝縮し見事にノップラー自身の音楽に昇華している。中でもケイルのヴォーカルをノップラーは研究したようで、ボソボソと呟くような部分はケイルにそっくりである。

ギタープレイに関してもノップラーはケイルの影響が強いと言える。音数だけみればノップラーのほうがはるかに多いが、サステインの使い方やピッキングにはケイルの影響が見られる。ノップラーはケイル以外ではチェット・アトキンス、ジェリー・リード、ジェームス・バートン、ハンク・マーヴィン(シャドウズ)など、特にカントリー系のギター奏者に多くの影響を受けている。

■ダイアー・ストレイツ結成

マーク・ノップラーとデヴィッド・ノップラーの兄弟、ジョン・イルズリー、ピック・ウィザーズの4人は1977年にダイアー・ストレイツを結成し、メンバーの中では唯一ウィザーズがプロのミュージシャンで、彼はデイブ・エドマンズやマグナ・カルタといった有名アーティストのサポートドラマーを務めた後、グループに参加している。デヴィッドとジョンは仕事仲間で、マークは美大の教師であった。彼らはどこに勝算があったのかは分からないが、少なくともマーク・ノップラーのソングライティングとギタープレイに関しては自信があったのではないだろうか。

しかし、ロックの中心楽器はすでにギターからシンセへと移り変わろうとしていた中、ダイアー・ストレイツにはキーボード奏者すらいなかった。時代に媚びないとはいえ、彼らのやり方は時代の逆行ではないのか。そう思う業界人は多かったはずだ。

■マフ・ウインウッドとの出会い

ところが、彼らは耳の肥えたすぐれたプロデューサーと出会い、励まされることで自信につながっていくのである。そのプロデューサーとはマフ・ウインウッド。彼はスティーブ・ウインウッドの兄で、スペンサー・デイビィス・グループのベーシストとしても知られる。マフはダイアー・ストレイツが正統派のロックグループであるからこそ、パンクやAORの時代に存在価値があると確信し、メジャーの世界に送り出したわけだが、それが正しかったことは後に証明されることになる。このパターンで世に出たギタープレーヤーは、ヘヴィメタ全盛の80年代初頭に登場したブルースギタリストのスティーヴィー・レイ・ヴォーンや、同じく80年代中期に登場したスミスのジョニー・マーなどがいる。

■本作『悲しきサルタン』について

そして、グループ結成から1年後の78年にリリースされたのが本作『悲しきサルタン』だ。アルバムはノップラーのトレードマークとも言えるフェンダー・ストラトキャスターの幻想的なハーフトーンのギターソロから始まり、一転してエッジの効いたロックに転化する。アルバム1曲目のナンバー「Down To The Waterline」のヴォーカルはボブ・ディランのような囁きスタイルであり、全編を彩るノップラーのギタープレイが素晴らしい。エイモス・ギャレットっぽいフレーズやペダルスティール・リックまで登場する。ほぼアメリカ的なサウンドであるだけに、これがイギリスのグループだとは当時は思いもしなかった。

次の曲「Water Of Love」でノップラーはリゾネーターギターを使っており、こちらはケイル風の泥臭い仕上がりになっている。次の「Setting Me Up」はロカビリーで、クラプトンの武道館ライヴでもカバーされた初期ダイアー・ストレイツの代表曲だ。武道館のライヴではアルバート・リーがリードヴォーカルとリードギターを担当していただけに完璧なできであったが、ノップラーのカントリーファンク的なギターも素晴らしい。同じスタイルの6曲目「Southbound Again」も良い曲だ。

おそらく誰もがそう考えるであろうが、やっぱりアルバムの白眉は「Sultans Of Swing」である。この曲に尽きる、とは思わないが、ヴォーカル、ソングライティング、ギタープレイのどれをとっても文句なしの仕上がりで、一時期は日本でも毎日のようにこの曲が至るところでかかっていた。このジプシー的なマイナーサウンドは、ダイアー・ストレイツというグループを印象付けるのに大きな役割を果たしたと言えるだろう。この曲がリリースされてなければ、彼らはこれほどビッグな存在になれていないだろう。それぐらい重要なナンバーである。ここでのノップラーのギターソロは繊細かつ情念にあふれており、ロック史上に残る名演となっている。

他にもオールマンブラザーズの「メリッサ」を彷彿させるようなメロディーの美しい「Wild West End」(ピアノが聴こえるがクレジットなし)やAOR的なアレンジが施された「Lions」など、収録された全8曲はどれも佳曲揃いで、捨て曲は1曲もない。結局、本作はチャート上でもアメリカで2位、イギリスで5位、ドイツ、フランス、オーストラリアで1位という輝かしい成績を収めることになるのである。マーク・ノップラーの才能恐るべし…。

■本作以降のダイアー・ストレイツ

本作がリリースされた当時、初めて聴いたときのインパクトはすごかったが、彼らは『コミュニケ』(‘79)、『メイキング・ムーヴィーズ』(’80)、『ラブ・オーバー・ゴールド』(‘82)と名作を立て続けにリリースし、85年の『ブラザーズ・イン・アームズ』はダイアー・ストレイツ最大のヒット作(多くの国で1位を獲得)となるのだが、ゲストは多いしアルバム自体ゴージャスな作りとなってしまっていて、前4作と比べると彼らの魅力は半減してしまっている。

僕はロイ・ビタン(ブルース・スプリングスティーンのバックバンドであるEストリートバンドのキーボード奏者)の助演が光る3作目の『メイキング・ムーヴィーズ』がもっとも完成度が高いと考えている。この後、グループは失速し、マーク・ノップラーはカントリー寄りのソロ活動や映画音楽の仕事をしながら、今でも悠々自適の生活を送っているようだ。

もしダイアー・ストレイツを聴いたことがないなら、どのアルバムでもいいからこれを機に聴いてみてください。きっと新しい発見ができると思うよ♪

TEXT:河崎直人

アルバム『Dire Straits』

1978年発表作品



<収録曲>
1. Down to the Waterline
2. Water of Love
3. Setting Me Up
4. Six Blade Knife
5. Southbound Again
6. Sultans of Swing
7. In the Gallery
8. Wild West End
9. Lions



【関連リンク】
時代に媚びなかったがゆえに大ヒットしたダイアー・ストレイツのデビュー作『悲しきサルタン』
Dire Straitsまとめ
Mark Knopflerまとめ
J.J. Caleまとめ
YOSHIKI、映画『WE ARE X』ワールドツアー映像でマリリン・マンソンとのレコーディングが明らかに!

【関連アーティスト】
Dire Straits, Mark Knopfler, J.J. Cale
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!

YOSHIKI、映画『WE ARE X』ワールドツアー映像でマリリン・マンソンとのレコーディングが明らかに!
Fri, 19 Jan 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年にヨーロッパを中心に行われた『WE ARE X』プレミア・ワールドツアーの動画がYOSHIKIのオフィシャルYouTubeに公開された。この映像では冒頭で“自分がこのように世界を駆けめぐる事で、 HIDEの偉大さをみんなに伝えることができる”とYOSHIKIが語っているのが興味深い。

映像には世界各国(ドイツ、フランス、フィンランド、スウェーデン、イタリア、中国、ロシア、日本、メキシコ、アメリカ、オーストリア、オランダ)での舞台挨拶の様子や、日に数十本単位で受ける現地メディアのインタビュー風景、感動のあまり泣き出すファンが続出する映像などがおさめられている。いかにX JAPANが世界中にファンを持つ、唯一無二のロックバンドであるかということが、 各国の熱狂的ぶりから見て取れる。

また、世界のスター達が映画『WE ARE X』についてコメントを寄せており、マリリン・マンソンからは「YOSHIKIは誰も味わったことのないような経験をたくさんしてきた。それが今の彼を形成しているのだと思う。彼は俺の親友だ。そして、今、楽曲を一緒に製作している」とYOSHIKIと現在レコーディングしている事が明らかにされた。

そして、バックストリート・ボーイズのA.J.からは「映画の最後には涙が止まらなかった。僕もYOSHIKIのような人間になりたい。彼が経験してきた数々の困難…2人のメンバーの死と、そして幼少期に経験した父親の死。それに対する彼のリアリズムやどこまでも謙虚な姿勢に引き込まれた」と、さらにKISSのジーン・シモンズは「彼にはカリスマ性があり、文句なしに最高。世界一になるべきだ」と絶賛している。

2016年1月のサンダンス映画祭への出品を皮切りに、月末のモスクワ公開を含め、これまで実に世界29もの国と地域で上映されている映画『WE ARE X』。YOSHIKIが東洋と西洋に立ちはだかってきた壁をどこまで壊せるのか、また彼の率いるX JAPANがこれからどのような道のりを歩み、どんな“前代未聞”に挑んでいくのか。今、世界中の熱い視線が注がれている。

なお、X JAPANは4月12日と21日(現地時間)に行われる米国最大規模のロック・フェスティバル『コーチェラ2018』への出演が決定しており、 歴史に残るステージに期待が高まる。

Blu-ray&DVD『WE ARE X』

2017年12月13日発売



【Blu-ray コレクターズ・エディション】(3枚組)
価格:¥18,000+税
【Blu-ray コレクターズ・エディション】
価格:¥12,000+税
【スペシャル・エディション】
■Blu-ray
価格:¥10,000+税
■DVD
価格:¥9,000+税
【スタンダード・エディション】
■Blu-ray
価格:¥4,800+税
■DVD
価格:¥3,800+税



【関連リンク】
YOSHIKI、映画『WE ARE X』ワールドツアー映像でマリリン・マンソンとのレコーディングが明らかに!
X JAPANまとめ
YOSHIKIまとめ
BURNOUT SYNDROMES、3rdシングル「花一匁」のアニメ盤ジャケ写&購入者特典発表

【関連アーティスト】
X JAPAN, YOSHIKI
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, 映画

BURNOUT SYNDROMES、3rdシングル「花一匁」のアニメ盤ジャケ写&購入者特典発表
Fri, 19 Jan 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

関西出身の青春文學ロックバンド・BURNOUT SYNDROMESが2月7日(水)に発売するシングル「花一匁」(テレビアニメ「銀魂」銀ノ魂篇のエンディングテーマ)のアニメ盤ジャケット絵柄を公開した。テレビアニメ『銀魂』銀ノ魂篇のエンディングテーマに合わせて、坂田銀時、神楽、志村新八が、鉛筆画で描きおろされたジャケットは、かなり迫力のあるものとなっている。

さらに、CDショップ別の「花一匁」購入者特典も発表された。店頭でのご予約はお早目に!

(c)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス

シングル「花一匁」

2018年2月7日リリース



【通常盤】(初回仕様)
ESCL-4962/¥1,000(税込)
※PlayPASS対応(初回仕様のみ)




【期間生産限定盤】(アニメ盤)
ESCL-4963〜4964/¥1,400(税込)
※アニメ絵柄ジャケット、アニメ絵柄グッズ付き
※PlayPASS対応

シングル「花一匁」特典内容

■TOWER RECORDS全店(オンライン含む/一部店舗除く)
オリジナルB3両面ポスター(表面 BURNOUT SYNDROMES絵柄/裏面 「銀魂」アニメ絵柄)
■TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)/TSUTAYAオンラインショッピング(予約のみ)
オリジナルバッジ2種セット(BURNOUT SYNDROMES絵柄/「銀魂」アニメ絵柄)
■全国アニメイト(オンラインショップ含む)
オリジナルクリアファイル 「銀魂」アニメ絵柄
■BURNOUT SYNDROMES応援店
オリジナルポストカード2種セット(表面 BURNOUT SYNDROMES絵柄/裏面 「銀魂」アニメ絵柄)

<対象店舗はこちら>
※数に限りがありますので、無くなり次第終了となります。あらかじめご了承ください。
※下記店舗以外での配布はございません。ご了承ください。
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/burnoutsyndromes/shoplist/180207/



【関連リンク】
BURNOUT SYNDROMES、3rdシングル「花一匁」のアニメ盤ジャケ写&購入者特典発表
BURNOUT SYNDROMESまとめ
BUCK-TICK、ニューシングル「Moon さよならを教えて」ジャケ写&スポット映像解禁

【関連アーティスト】
BURNOUT SYNDROMES
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 発売, 特典

BUCK-TICK、ニューシングル「Moon さよならを教えて」ジャケ写&スポット映像解禁
Fri, 19 Jan 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKが2月21日(水)にリリースするデビュー30周年プロジェクト第2弾シングル「Moon さよならを教えて」のジャケット写真、さらにミュージックビデオに先駆けて最新映像で制作された「Moon さよならを教えて」のスポット映像を公開した。

「Moon さよならを教えて」は前シングル「BABEL」のカップリングに収録されている石野卓球がリミックスを行った「Moon さよならを教えて (Takkyu Ishino Remix)」のオリジナルバージョンであり、幻想的でドリーミーなサウンドに耽美的な“その声”が聴くものを甘美な夢へと誘う。そんな楽曲からインスパイアされたジャケット写真は、まるで絵画のようなビジュアルとなっている。ミュージックビデオに先駆けて公開されたスポット映像、監督は前作「BABEL」も手がけた野田 智雄氏。浮遊感のある耽美な映像になっている。

シングル「Moon さよならを教えて」

2018年2月21日発売



【完全生産限定盤A】(SHM-CD+Blu-ray)
VIZL-1319/¥2,380+税
【完全生産限定盤B】(SHM-CD+DVD)
VIZL-1320/¥1,880+税
<収録曲>
1.Moon さよならを教えて
2.サロメ

◎完全生産限定盤 3大特典(A/B共通)
・Blu-ray/DVD:「Moon さよならを教えて」MUSIC VIDEO収録
・スペシャルデジパック仕様
・購入者対象キャンペーン応募券封入
◎完全生産限定盤/通常盤 共通仕様
・SHM-CD / Blu-ray(DVD)の収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応
※ダウンロード有効期限 : 2019年2月28日(木)



【通常盤】(SHM-CD)
VICL-79003/¥1,000+税

シングル「Moon さよならを教えて」詳細情報

◎特典情報
【店頭限定特典】
下記チェーン店頭にて、2月21日発売シングル「Moon さよならを教えて」(VIZL-1319/VIZL-1320/VICL-79003)のうち、どれでも1枚ご予約・ご購入いただきました方に先着で“「Moon さよならを教えて」オリジナルB2ポスター"をプレゼント!
■対象チェーン店
・タワーレコード全国各店
・HMV全国各店
・TSUTAYA全国各店
・新星堂全国各店/WonderGOO全国各店(一部店舗除く)
・文真堂書店/タイムクリップCD取扱い各店
【オンライン限定特典】
下記チェーンオンラインサイトにて、2月21日発売シングル「Moon さよならを教えて」 (VIZL-1319/VIZL-1320/VICL-79003)のうち、どれでも1枚ご予約・ご購入いただきました方に先着で“「Moon さよならを教えて」オリジナルA5クリアファイル”をプレゼント!
■対象チェーン店
・タワーレコード オンライン
・ローチケHMV
・TSUTAYAオンラインショッピング ※TSUTAYAオンラインショッピングは予約分のみとなります。
・新星堂WonderGOO楽天市場店
・Amazon
・Rakutenブックス
・ビクターエンタテインメント オンラインショップ
※特典のお渡しは商品ご購入時となります。
※特典には数に限りがございます。お早目にご予約・ご購入をお願いします。
※また、一部対象外の店舗もございます。予め店舗にご確認ください。

◎「Moon さよならを教えて」各店舗情報
■タワーレコードオンライン
[完全生産限定盤A] http://tower.jp/item/4661770
[完全生産限定盤B] http://tower.jp/item/4661772
[通常盤] http://tower.jp/item/4661773
■ローチケHMV
[完全生産限定盤A] http://www.hmv.co.jp/product/detail/8444017
[完全生産限定盤B] http://www.hmv.co.jp/product/detail/8444019
[通常盤] http://www.hmv.co.jp/product/detail/8444021
■ツタヤオンラインショッピング
[完全生産限定盤A] http://shop.tsutaya.co.jp/cd/product/4988002759880/
[完全生産限定盤B] http://shop.tsutaya.co.jp/cd/product/4988002759903/
[通常盤] http://shop.tsutaya.co.jp/cd/product/4988002759897/
■Amazon
[完全生産限定盤A] http://www.amazon.co.jp/dp/B0781ZQ8S7/
[完全生産限定盤B] http://www.amazon.co.jp/dp/B07864XRVB/
[通常盤] http://www.amazon.co.jp/dp/B078214L6B/

アルバム『No. 0』

2018年3月14日発売



【完全生産限定盤A】(SHM-CD+Blu-ray)
VIZL-1340/¥5,980+税
※Blu-ray:特典映像 MUSIC VIDEO収録
※スペシャルパッケージ仕様
※シングル、アルバムトリプル購入者対象キャンペーン応募ハガキ封入 (応募締切:2018年3月28日消印有効)
【完全生産限定盤B】(SHM-CD+DVD)
VIZL-1341/¥5,480+税
※DVD:特典映像 MUSIC VIDEO収録
※スペシャルパッケージ仕様
※シングル、アルバムトリプル購入者対象キャンペーン応募ハガキ封入 (応募締切:2018年3月28日消印有効)
【完全生産限定盤C】(SHM-CD+VRコンテンツ)
VIZL-1342/¥4,480+税
※VRビューアー付
※VRコンテンツ(ダウンロード開始日:2018年3月14日0:00〜)
※特製VRビューアー付属
※スリーブケース仕様
※シングル、アルバムトリプル購入者対象キャンペーン応募ハガキ封入(応募締切:2018年3月28日消印有効)
【通常盤】(SHM-CD)
VICL-70237/¥3,000+税

◎完全生産限定盤/通常盤 共通仕様
・SHM-CD/Blu-ray(DVD)の収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応(ダウンロード有効期限:2019年3月31日)
※完全生産限定盤付属のCD収録内容は通常盤と同内容
※オーディオディスクにはSHM-CDを採用(すべてのCDプレーヤーで再生できる高品質CD)

『BUCK-TICK 2018 Tour No.0』

3月31日(土) よこすか芸術劇場 
4月01日(日) オリンパスホール八王子
4月07日(土) 神戸国際会館こくさいホール
4月08日(日) なら100年会館 大ホール
4月14日(土) 栃木県総合文化センター メインホール
4月15日(日) 群馬音楽センター
4月21日(土) 本多の森ホール
4月22日(日) 長野市芸術館 メインホール
5月12日(土) サンポートホール高松 大ホール
5月13日(日) 高知市文化プラザかるぽーと 大ホール
5月19日(土) 倉敷市民会館
5月20日(日) ロームシアター京都(京都会館) メインホール
5月26日(土) わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
6月01日(金) 郡山市民文化センター中ホール
6月03日(日) 市川市文化会館
6月09日(土) オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
6月10日(日) オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
6月14日(木) りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場
6月23日(土) 広島JMSアステールプラザ大ホール
6月24日(日) 福岡市民会館
6月30日(土) 仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
7月01日(日) リンクモア平安閣市民ホール(青森市民ホール)
7月06日(金) 川口総合文化センター リリアメインホール
7月07日(土) 神奈川県民ホール 大ホール
7月14日(土) 静岡市民文化会館 中ホール
7月15日(日) 日本特殊陶業市民会館フォレストホール(旧:名古屋市民会館)
7月18日(水) NHKホール
7月19日(木) NHKホール
<チケット>
¥8,000(税込)※3歳未満入場不可/3歳以上有料
一般発売日:3月10日(土)AM10:00



【関連リンク】
BUCK-TICK、ニューシングル「Moon さよならを教えて」ジャケ写&スポット映像解禁
BUCK-TICKまとめ
THE BACK HORN、LINE LIVEで新曲音源解禁&スペシャルライブ配信決定

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, シングル, リリース, 発売

THE BACK HORN、LINE LIVEで新曲音源解禁&スペシャルライブ配信決定
Fri, 19 Jan 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年に結成20周年を迎えるTHE BACK HORNが、1月21日(日)にLINE LIVEで特別番組を配信することを発表した。番組では3月7日(水)に発売するミニアルバム『情景泥棒』から、リードトラックとなる「Running Away」の音源を初公開し、フルサイズで配信する。そして、近年の作品を中心にバンドの歴史を振り返るミュージックビデオが約1時間に渡って配信される。

さらに、この日はベストアルバム『BEST THE BACK HORN II』のリリースを記念して、バンド結成後に初めてワンマンライブを行ったライブハウス・下北沢SHELTERで招待制スペシャルライブを開催しており、その模様の一部が生配信される。配信はスマートフォンで行われるため、映像の乱れなどが生じる可能性があるとのことだが、抽選で当選した220名のみが招待されるプレミアムライブの様子をリアルタイムで“覗き見”することができる。

バンドの現在を体現する新作『情景泥棒』は、インディーズ期以来となるミニアルバム。シングル、アルバムという枠には収まりきらないライブ感溢れる新曲7曲を収録する。タイトルとなっている「情景泥棒」は、松田晋二の作詞による「情景泥棒」と、その続編として菅波栄純が作詞を手掛けた「情景泥棒〜時空オデッセイ〜」からなり、新たな試みによって生まれた楽曲は、世界観と物語性がより深く表現された作品となっている。また、ライブでの盛り上がりを想起させる新機軸のナンバー「Running Away」をリードトラックとして、ミュージックビデオも公開される予定となっている。ジャケットのアートワークは松田晋二による絵画作品。メンバーによる作品がジャケットに用いられるのは、2006年発売の5thアルバム「太陽の中の生活」以来12年振りとなる。

初回盤特典DVDとして、2017年10月21日に日比谷野外音楽堂で開催したBEST THE BACK HORN IIのリリースを記念となる『「KYO-MEIワンマンライブ」〜第三回夕焼け目撃者〜』のライブ映像を12曲収録。約6年振りの野音ライブは雨が降る中で行われ、収録曲のファン投票も行われたベストアルバムの楽曲を中心としたセットリストも相まって「伝説の野音」とも言われる内容となった当日の模様を大ボリュームで収録する。タワーレコード、TSUTAYA RECORDS全国各店、Amazon.co.jpでは、『情景泥棒』の先着購入特典としてオリジナルステッカーが用意されている。

そして、ミニアルバム『情景泥棒』のリリースライブとして、『「KYO-MEIワンマンライブ 東京編・大阪編」〜情景泥棒〜』を3月20日(火)Zepp Tokyo、3月24日(土)Zepp Osaka Baysideで開催。さらに、『「KYO-MEI対バンツアー」〜情景泥棒〜』の開催も発表された。ツアーは、4月1日(日)Zepp NagoyaはUNISON SQUARE GARDEN、4月6日(金)仙台PIT・4月8日(日)Zepp Sapporoは9mm Parabellum Bulletと対バンするほか、4月15日(日)岡山CRAZYMAMA KINGDOM、4月20日(金)新潟LOTS、5月13日(日)福岡DRUM LOGOSでの対バンは後日発表となる。チケットの一般発売に先駆けて、ファンクラブほか各種先行予約も用意されている。

【LINE LIVE情報】

『THE BACK HORN 招待制スペシャルライブ覗き見!』
1月21日(日) 18:45頃〜
視聴URL: https://live.line.me/channels/520/upcoming/6891712

『THE BACK HORN新曲音源初公開!+MV特集』
1月21日(日) 19:00頃〜
視聴URL:https://live.line.me/channels/520/upcoming/6891717
※番組内容は変更となる可能性がございます。

【ライブ情報】

『「KYO-MEIワンマンライブ 東京編・大阪編」〜情景泥棒〜』
3月20日(火) Zepp Tokyo
3月24日(土) Zepp Osaka Bayside

『「KYO-MEI対バンツアー」〜情景泥棒〜』
4月01日(日) Zepp Nagoya
w/UNISON SQUARE GARDEN
4月06日(金) 仙台PIT
w/9mm Parabellum Bullet
4月08日(日) Zepp Sapporo
w/9mm Parabellum Bullet
4月15日(日) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
4月20日(金) 新潟LOTS
5月13日(日) 福岡DRUM LOGOS

ミニアルバム『情景泥棒』

2018年3月7日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1338/¥3,200+税
【通常盤】(CD)
VICL-64966/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
「Running Away」「情景泥棒」「情景泥棒〜時空オデッセイ〜」を含む全7曲
■DVD ※初回限定盤のみ
『KYO-MEIワンマンライブ〜第三回夕焼け目撃者〜』Live at 日比谷野外大音楽堂
01.シリウス
02.声
03.ひょうひょうと
04.晩秋
05.コワレモノ
06.アカイヤミ
07.枝
08.覚醒
09.孤独を繋いで
10.シンフォニア
11.何処へ行く
12.グローリア

◎店舗特典情報
下記CDショップチェーン店及びECサイトにて『情景泥棒』初回限定盤、通常盤をお買い上げの方に、特典を先着でプレゼント致します。
・タワーレコード全国各店/タワーレコードオンライン『THE BACK HORNオリジナルステッカー(TOWER ver.)』
・TSUTAYA RECORDS 全国各店/ TSUTAYA オンラインショッピング『THE BACK HORNオリジナルステッカー(TSUTAYA ver.)』
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です
・Amazon.co.jp『THE BACK HORNオリジナルステッカー(Amazon ver.)』



【関連リンク】
THE BACK HORN、LINE LIVEで新曲音源解禁&スペシャルライブ配信決定
THE BACK HORNまとめ
指先ノハク、ミニアルバム『TAMAMONO』の詳細を解禁

【関連アーティスト】
THE BACK HORN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 新曲, ミニアルバム, 配信, ライブ

指先ノハク、ミニアルバム『TAMAMONO』の詳細を解禁
Fri, 19 Jan 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年で10年目を迎える女性4人組ロックバンド・指先ノハクが、下北沢SHELTERのレーベル“SHELTER UNITED”のレーベルメイトである“密会と耳鳴り”と共に3月14日にリリースするミニアルバム『TAMAMONO』の詳細を公開した。

今作はプロデューサーには中尾憲太郎を迎え、より重厚かつエモーショナルな仕上がりとなっている。ドラマチックに唄いあげたリードトラックの「尼将軍の恋」、1月に全国配布されて話題を呼んだオムニバスサンプラー『下北沢シェルターガールズコレクション2018』に収録された「アフターライト」、パンチ力抜群のナンバー「VS鬼」など全6曲を収録。また、刷新されたアー写とジャケットデザインも発表されており、アートワークは、前作『フルレンジ』を手掛けた、アートディレクター・内山尚志(Thdh.)とフォトグラファー鳥居洋介のタッグが担当している。

ミニアルバム『TAMAMONO』

2018年3月14日発売



SHLU-2/¥1,852+税
<収録曲>
■CD
01.VS鬼
02.コウモリ
03.尼将軍の恋
04.HANAMOYOI
05.ちょっと待ちな
06.アフターライト



【関連リンク】
指先ノハク、ミニアルバム『TAMAMONO』の詳細を解禁
指先ノハクまとめ
SILENT SIREN、スペシャルライブに参加できる、天下一品キャンペーン開始

【関連アーティスト】
指先ノハク
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, リリース, 発売, ミニアルバム

SILENT SIREN、スペシャルライブに参加できる、天下一品キャンペーン開始
Fri, 19 Jan 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SILENT SIRENがCMキャラクターを務める中華そば専門店「天下一品」の特別キャンペーン企画が1月19日(金)からスタートする。このキャンペーンは、2月11日(日・祝)に東京・EX THEATER ROPPONGIで開催するSILENT SIRENのワンマンライブ『サイファミVS サイサイ ALL TIME REQUEST LIVE』へ参加者の中から抽選で2組4名様を招待するというもの。本公演は、ファンからの声・投票をもとにしたリクエストライブであり、一夜限りのスペシャルな内容になっている。さらに副賞として、本キャンペーン限定のSILENT SIRENオリジナル賞品をゲットできるチャンスも!

キャンペーン開始にあたり、SILENT SIRENのメンバーたちへ「天下一品」来店時の“こだわりのトッピング”を聞いたところ、すぅ(Vo&Gu)は「コーン」、あいにゃん(Ba)は「ネギ多め」、ゆかるん(Key)は「味付煮卵」を挙げていた。また、高校時代に3年間ほど「天下一品」でアルバイトをしていたひなんちゅ(Dr)は、「ギョーザ定食を注文した時、そのギョーザをタレではなく、あらかじめ“こってり”スープの中に埋めておいて、最後に食べてます」と、通な食べ方を伝授。「ちなみに毎回しているわけではないですよ(笑)。こういった機会なので、あえてのオススメの食べ方です」と、控えめに答えていたとのこと。

現在放送中のSILENT SIRENが出演する「天下一品」のCMは、メンバーのひなんちゅが作詞を手掛けたオリジナルソング「天下一品のテーマ」が使用されている。その歌詞は《赤い看板》《京都 発祥 屋台から》《こってり 味がさね》といったワードが並び、天下一品の歴史やメニューを盛り込んだ、まさにテーマソング的な内容になっているので、放送を見た際には注目してみてほしい。

■【コメント】

■すぅ
「ひなんちゅがもともとCMに出演したので、それだけでも感動だったのが、4人で出演できるのは、すごく嬉しかったです。個人的には、CM内のセリフで『こってり!』って言えたのが感動的でした(笑)。CM、ぜひ多くの方に観てもらって、バンドの存在もこれを機会に知ってもらえたらいいなと思います」

■ひなんちゅ
「自分が働いていたお店にSILENT SIRENのポスターが貼られていることに、改めて感動しました。なかなか無い経験だと思うので。「天下一品」のスタッフさんたちは、サイサイのことを応援してくれているので、とても嬉しいです。その方々と一緒の現場ということもあり、CM撮影中はアットホームな雰囲気で、休憩中にはラーメンを食べて休んで、を繰り返してました(笑)」

■ゆかるん
「CMではSILENT SIRENの楽曲も使っていただきました。撮影は京都(天下一品 一号線下鳥羽店)で行いましたが、楽しかったです。私、麺をすするのがあまり慣れていないせいか、そのシーンを撮る時はとても緊張しましたね。なるべくむせないように、と心掛けてました(笑)」

■あいにゃん
「昔、『サイサイてれび!』で「天下一品さんのCMに出たい!」と話していたところから、今回こういう形で出演の機会をいただいて、とても嬉しいです。過去には番組の企画で、勝手に自主制作でCMを作っていたりもしてました(笑)。メンバーたちで「天下一品」のラーメンを食べに行くことも多いので、また4人で行けたらいいな」

■【キャンペーン内容】

期間:1月19日(金)〜1月28日(日)
<参加方法>
1.ツイッターもしくはインスタグラムにて「SILENT SIREN × 別冊カドカワDirecT」のオフィシャルアカウントをフォローする。
■ツイッター
https://twitter.com/saisaibetsukado
■Instagram
https://www.instagram.com/saisai_betsukado_official/
2.現在、全国240店舗以上(※2018年1月18日現在)で展開している中華そば専門店「天下一品」の店内に掲出中のSILENT SIRENのポスター(3種類のうち、1種撮影/どの絵柄も対象可)を写真もしくは動画で撮影。
3.撮影した写真や動画を、自身のアカウント(ツイッター / インスタグラム)で共通ハッシュタグ「#天下一品サイサイ」を付けて投稿
<プレゼント賞品>
A賞: 2018年2月11日(日・祝)開催のSILENT SIRENのライブに2組4名様をご招待
B賞:「天下一品 × SILENT SIREN」店頭ポスター(※こってり)に、メンバーの直筆サインを入れて5名様にプレゼント
C賞: SILENT SIRENの直筆サイン入りオリジナルポストカードを20名様にプレゼント

■キャンペーン詳細ページ
https://thetv.jp/feature/silentsiren_betsukado/live2018/#campaign



【関連リンク】
SILENT SIREN、スペシャルライブに参加できる、天下一品キャンペーン開始
SILENT SIRENまとめ
小島裕規のプロジェクト「Yaffle」、第1弾楽曲をストリーミング配信開始

【関連アーティスト】
SILENT SIREN
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, キャンペーン, チケット

小島裕規のプロジェクト「Yaffle」、第1弾楽曲をストリーミング配信開始
Fri, 19 Jan 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

新進気鋭のソングライター&プロデューサーの小島裕規が始動したプロジェクト「Yaffle」の第1弾楽曲「Empty Room feat. Benny Sings」が1月19日(金)よりSpotify、Apple Musicでストリーミング配信が開始となった。

幼少期より音楽に親しみ、音大で現代音楽を専攻するなど、そのアカデミックな音楽遍歴の一方で高校時代にはバンド活動を行なっており、UKロックも大事なルーツになっているという小島裕規は、かねてより親交のある小袋成彬らと「Tokyo Recordings」を設立。Capeson、柴咲コウ、Awesome City Club、上白石萌音、SIRUP、映画『ナラタージュ』の主題歌を歌うadieuなどのアレンジや楽曲提供、プロデュースからCM、映画の音楽制作などと幅広く活躍する小島が始動した「Yaffle」は、多くの楽曲を海外のシンガーソングライターやトラックメイカーとの共作で制作していくスタイルのプロジェクトである。ストリーミング配信限定の「Empty Room feat. Benny Sings」は、オランダのポップ・マエストロ、ベニー・シングスを招いたウィンター・チルなフューチャーR&Bだ。

「Tokyo Recordings」が拠点にしている都心某所にあるプライベート・スタジオには、グランドピアノやヴィンテージ機材、デジタルレコーディング機器の数々が置かれ、リラックスできる雰囲気が広がっている。第1弾楽曲の「Empty Room」も、ベニー・シングスが2017年に来日した際にここを訪れて共作が実現したという。研ぎ澄まされたビートとエレガントなピアノが印象的なこの曲。スローテンポの楽曲は後半でドラマティックに展開するのが特徴だ。この先にリリース予定の未発表曲も含めると、コラボレーションの相手はストックホルム、メルボルン、シンガポール、ロサンゼルス、ハワイなど世界中に広がるとのこと。

Spotifyなどのストリーミング配信が普及し、音楽の聴かれ方と届け方が構造的に変わってきている今の時代に、Yaffleは世界各地のアーティストとのライティング・セッションで東京発の新たなスタンダードを生み出していくだろう。

配信楽曲「Empty Room feat. Benny Sings」

2018年1月19日配信開始



・Apple music
https://itunes.apple.com/jp/album/empty-room-feat-benny-sings-single/1328241358?l=ja&ls=1
・Spotify
http://open.spotify.com/album/1pqGrAof8v5sxo4oHLIJ0o



【関連リンク】
小島裕規のプロジェクト「Yaffle」、第1弾楽曲をストリーミング配信開始
小島裕規まとめ
小袋成彬まとめ
EXILE THE SECOND、新曲「HEROES」がゲーム『ガンダムヒーローズ』主題歌に決定

【関連アーティスト】
小島裕規, 小袋成彬
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 音楽配信

EXILE THE SECOND、新曲「HEROES」がゲーム『ガンダムヒーローズ』主題歌に決定
Fri, 19 Jan 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

EXILE THE SECONDが人気ゲーム『ガンダムヒーローズ』のゲーム主題歌を担当することが発表され、ゲームのティザーサイトにて楽曲が使用されているゲーム映像が公開された。主題歌には最新曲「HEROES」が起用され、ゲームを盛り上げるシーンの中で使用されている。

『ガンダムヒーローズ』は、巨大な敵には大部隊を、大部隊にはエースを、敵ユニットに対して有利な味方ユニットを出撃させることで敵艦隊へ迫ることが可能となり、本作に登場するさまざまな特徴を持つ個性豊かなユニットを知り、勝利を勝ち取っていく内容となっている。ゲームファンならずとも多くのファン待望の新作だ。

1月26日(金)12:00〜29日(月)13:00までの期間、事前に応募をし、抽選を経た限定3,000人に向け、ゲーム機能の一部が解放され、先行的に各種機能を体験することが出来る。詳細、注意事項についてはティザーサイトをチェック。

■『ガンダムヒーローズ』ティザーサイト
http://g-heroes.jp/start/



【関連リンク】
EXILE THE SECOND、新曲「HEROES」がゲーム『ガンダムヒーローズ』主題歌に決定
EXILE THE SECONDまとめ
BRAHMAN、ニューアルバムより「ナミノウタゲ」MV解禁

【関連アーティスト】
EXILE THE SECOND
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, 新曲, ゲーム, 主題歌

BRAHMAN、ニューアルバムより「ナミノウタゲ」MV解禁
Fri, 19 Jan 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BRAHMANが2月7日にリリースする5年ぶりのアルバム『梵唄 -bonbai-』から、「ナミノウタゲ」のミュージックビデオを公開した。3月3日より全国順次公開される夏木マリ主演の映画『生きる街』の主題歌でもある同曲は、東日本大震災で被災した家族を描いた珠玉のヒューマンドラマにそっと寄り添う楽曲で、ミュージックビデオも映画の舞台となった宮城県石巻市で撮影され、同映画監督である榊英雄氏が演出を担当した。この楽曲に込められたBRAHMANの思いを、映像を通してより深く感じて欲しい。

ミュージックビデオの公開と同時に、「梵唄 -bonbai-」のiTunesでの予約がスタート! CD、アナログ、配信と3形態でのリリースとなる。また、タワーレコードとのコラボグッズの販売とライブ写真のパネル展の開催も合わせて発表となった。詳細はオフィシャルHPへ。

■「梵唄 -bonbai-」iTunes予約ページ
https://itunes.apple.com/jp/album/1333011740?l=ja&ls=1&app=itunes

アルバム『梵唄 -bonbai-』

2018年2月7日 発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TFCC-86632/¥3,685+税
【通常盤】
TFCC-86633/¥2,593+税
<収録曲>
■CD
1.真善美
2.雷同
3.EVERMORE FOREVER MORE
4.AFTER-SENSATION
5.其限
6.今夜
7.守破離
8.怒涛の彼方
9.不倶戴天
10.ナミノウタゲ
11.天馬空を行く
12.満月の夕
■DVD(初回限定盤のみ)
「尽未来際〜開闢〜」at 新宿ANTIKNOCK
1.FOR ONE\'S LIFE
2.BASIS
3.SHADOW PLAY
4.DEEP
5.BOX
6.BEYOND THE MOUNTAIN
7.DOUBLE-BLIND DOCUMENTS
8.CIRCLE BACK
9.SHOW
10.其限
11.遠国
12.THE VOID
13.LOSE ALL
14.A WHITE DEEP MORNING
15.逆光
16.FIBS IN THE HANDS
17.THE ONLY WAY
18.SPECULATION
19.EPIGRAM
20.CAUSATION
21.鼎の問
22.初期衝動
23.賽の河原
24.今際の際
25.露命
26.空谷の跫音
27.終夜
28.ARRIVAL TIME
29.汀に咲く
30.警醒
31.霹靂
32.  
※全32曲



【アナログ12inch】
TFJC-38031/¥2,778+税
<収録曲>
■SIDE A
1.真善美
2.雷同
3.EVERMORE FOREVER MORE
4.AFTERSENSATION
5.其限
6.今夜
■SIDE B
:1.守破離
2.怒涛の彼方
3.不倶戴天
4.ナミノウタゲ
5.天馬空を行く
6.満月の夕



【関連リンク】
BRAHMAN、ニューアルバムより「ナミノウタゲ」MV解禁
BRAHMANまとめ
POLYSICS主催オールナイトイベント『CLUB EPOCH!』が3月に復活!

【関連アーティスト】
BRAHMAN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

POLYSICS主催オールナイトイベント『CLUB EPOCH!』が3月に復活!
Fri, 19 Jan 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現在、全国ツアー真っ最中のPOLYSICSが、ツアーファイナルである3月2日(金)のLIQUIDROOM ebisuの翌日、3月3日(土)に下北沢CUB Queにて自主企画オールナイトイベント『CLUB EPOCH!』を開催することを発表した。

2003年に始まったこのイベントは、数々のDJたちに影響を与えた元祖宴会芸DJ・DJハヤシが生まれるきっかけともなった伝説的なイベントで、今回は2009年以来9年ぶりの開催。出演はPOLYSICSのライブの他、DJハヤシやメンバーによるDJ、「SUN ELECTRIC」でコラボしたヒゲドライバー(LIVE)やハヤシと親交の深いKovacs(DJ)らが予定されている。3月4日が結成記念日ということで、20周年の締めくくりと21周年の幕開けを祝してのメモリアルな一夜になること間違いなし。

また、DJハヤシが見られる貴重な機会でもあるので、まだ見たことがないファンも要チェック!

『帰ってきたCLUB EPOCH! 〜20周年グランドフィナーレ!朝までToisu Non Stop!〜』

3月3日(土) 下北沢CLUB Que
開場 23:00/開演 23:00 ※深夜公演の為、18歳未満は入場不可。
出演:POLYSICS/ヒゲドライバー/KOVACS
<チケット>
前売¥3,500 ※D別
■一般発売:1月20日(土)ぴあ、ローソン、e+、CLUB Que店頭



【関連リンク】
POLYSICS主催オールナイトイベント『CLUB EPOCH!』が3月に復活!
POLYSICSまとめ
超特急、アリーナツアーのタイトルとロゴを発表

【関連アーティスト】
POLYSICS
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

超特急、アリーナツアーのタイトルとロゴを発表
Fri, 19 Jan 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5万人を動員した東名阪のアリーナツアーを終えたばかりの超特急が、勢い止まることなく早くも5月26日(土)より東西のアリーナツアーを開催! そのアリーナツアーのタイトルが『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 SPRING「Sweetest Battle Field」』に決まり、ロゴも解禁された。

「Sweetest Battle Field」と題された本公演は、東京・関西の2カ所でそれぞれ2daysの開催となっており、8号車(=ファンの愛称)とあらゆるものに立ち向かっていきたいと想いを込められたタイトルになっている。ツアーでは初の試みであるステージ演出への挑戦もあるとのこと。演出力、エンターテインメント力とライブに定評のある超特急がどんなパフォーマンスと演出で楽しませてくれるのか期待が高まる。

■特設サイト
http://bullettrain.jp/spring-2018/

『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 SPRING「Sweetest Battle Field」』

5月26日(土) 東京・武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ
5月27日(日) 東京・武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ
6月09日(土) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
6月10日(日) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
<チケット>
指定席¥7,980(税込)/ファミリー号車席¥7,980(税込)
※3歳以上はチケットが必要となります。
※3歳未満のお子様は大人1名につき1名まで膝上に限り無料。ただしお席が必要な場合はチケットが必要です。

シングル「a kind of love」

2018年4月4日(水)発売



【通常盤】(CD)
ZXRC-1139/¥1,200(税込)
<収録曲>
M-1 a kind of love
M-2 New Song-A
M-3 New Song-B
※表題曲「a kind of love」ほか新曲2曲収録

◎CDショップ・通販サイト先着特典
トレカ Loppi・HMV ver. (ソロ絵柄6種)
トレカ タワーレコード ver. (ソロ絵柄6種)
トレカ TSUTAYA RECORDS ver. (ソロ絵柄6種)
トレカ Amazon ver. (グループ絵柄1種のみ)
※絵柄はランダムでのお渡しとなります。
※トレカ絵柄はそれぞれ別のものとなります
※1月19日(金)以降、予約受付開始

【FC限定盤】(CD)
ZXRC-1141/¥1,000(税込)
<収録曲>
M-1 a kind of love
M-2 New Song-C

※予約受付期間:1月20日(土)10:00〜3月25日(日)23:30
※購入対象者:1月15日(月)23:59までにご入会いただいた方

【WIZY限定盤】(CD+Blu-ray)
ZXRC-1142/¥5,800(税込)+送料税込¥800
<収録曲>
M-1 a kind of love
M-2 New Song-A
M-3 New Song-B

■詳細はWIZYプロジェクトサイトをご覧ください
http://recochoku.com/wizy/project/bullettrain/
※1月19日(金)18:00よりサイトオープン

【ARENA LIVE盤】
ZXRC-1143
CDのみ価格¥1,000(税込)
チケットセット価格¥8,980(税込)
<収録曲>
M-1 a kind of love
M-2 New Song-A

※『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 SPRING「Sweetest Battle Field」』のチケットセット盤も同時発売
※『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 SPRING「Sweetest Battle Field」』全4公演のうち1公演のセット
※チケットセット盤限定特典として、各公演につき1絵柄(計4種)の生写真付き
※チケットセット盤限定特典生写真は、各ライブ会場で引換券と交換でお渡し
※チケットセット盤は「夢の青春8きっぷ会員1次先行受付(抽選)」にて受付
受付期間:1月19日(金)18:00〜2月2日(金)23:59

■詳しくはオフィシャルHPをご覧ください
http://bullettrain.jp/news/news11295/



【関連リンク】
超特急、アリーナツアーのタイトルとロゴを発表
超特急まとめ
BiSH、TVアニメ『ブラッククローバー』OP曲を先行配信スタート

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, 発表, ツアー

BiSH、TVアニメ『ブラッククローバー』OP曲を先行配信スタート
Fri, 19 Jan 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSHが3月28日にリリースする3rdシングル「PAiNT it BLACK」の表題曲をiTunes Storeにて先行配信スタート! 同楽曲はテレビ東京系にて人気放送中のテレビアニメ『ブラッククローバー』の1月からのオープニンググテーマ曲に起用されている。発売前にぜひチェックしてほしい。

BiSHは、1月30日から全国ツアー『BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR』がスタートし、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演『BiSH "TO THE END"』を予定している。

配信楽曲「PAiNT it BLACK」

2018年1月19日配信スタート



■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1329621038?app=itunes&ls=1

シングル「PAiNT it BLACK」

2018年3月28日発売



【CD+DVD】
AVCD-94026/B/¥3,500+税
【CD+Blu-ray】
AVCD-94027/B/¥4,000+税
【CD】
AVCD-94028/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.PAiNT it BLACK
2.未定
■Blu-ray&DVD
・2017.11.29 Roppongi Hills Arena
THE けやき坂 GUERRiLLA BiSH
1.My landscape
2.SMACK baby SMACK
3.プロミスザスター
4.FOR HiM
5.GiANT KiLLERS
6.BiSH-星が瞬く夜に-
・MV&メイキングムービー収録予定



【関連リンク】
BiSH、TVアニメ『ブラッククローバー』OP曲を先行配信スタート
BiSHまとめ
彼女 IN THE DISPLAY、デビュー記念ワンマンにXmas Eileenが出演!

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, シングル, リリース, パンク, 音楽配信

彼女 IN THE DISPLAY、デビュー記念ワンマンにXmas Eileenが出演!
Fri, 19 Jan 2018 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

彼女 IN THE DISPLAYが2月12日(月・祝)に福岡・DRUM Be-1で開催するワンマンライブ『メジャーデビュー記念!破竹の勢い地元ワンマン、福岡発→世界行きやったるばい!』のゲストアクトに、Xmas Eileenを迎えることが明らかになった。

アルバムリリースツアー『GOLD EXPERIENCE REQUIEM TOUR』のファイナル公演にて、2018年春に日本コロムビアTRIADレーベルからのメジャーリリースを発表した彼女 IN THE DISPLAY。メジャーデビューを記念した今回の公演は、メジャーリリース楽曲の初披露を予定するなど、地元・福岡から発信する一夜限りのワンマンライブとなっている。チケットは現在プレイガイドにて発売中なので、お早めに!

■『メジャーデビュー記念! 破竹の勢い地元ワンマン、 福岡発→世界行きやったるばい!』

2月12日(月・祝) 福岡 DRUM Be-1
開場17:00 / 開演17:30
<チケット発売中>
前売¥2,800
プレイガイド:ローソンチケット(Lコード81964)、チケットぴあ(Pコード104-959)

ミニアルバム『GOLD EXPERIENCE REQUIEM』

発売中



¥2,000+税
<収録曲>
1.アカネ
2.NEVER SAY NEVER
3.[1959]
4.loser
5.Let\'s get the party!!!
6.Don\'t let me go



【関連リンク】
彼女 IN THE DISPLAY、デビュー記念ワンマンにXmas Eileenが出演!
彼女 IN THE DISPLAYまとめ

【関連アーティスト】
彼女 IN THE DISPLAY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1