歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年01月17日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
BLUE ENCOUNT、ニューアルバム『VECTOR』リリース&全国ツアー決定
Wed, 17 Jan 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

最新シングル「VS」をタイトルに掲げたツアーを開催中のブルエンことBLUE ENCOUNTが、1月17日(水)に新木場スタジオコーストで行なった公演で、3月21日に3枚目となるニューアルバム『VECTOR』(読み:ベクトル)をリリースすること、そしてこのアルバムに伴って6月にスタートする全国ツアー『TOUR 2018 Choice Your「→」』(読み:ツアーニセンジュウハチチョイス ユアー ベクトル)の開催を発表した。

ニューアルバムには2017年にリリースした「VS」「さよなら」に加え、ドラマ24第50弾特別企画『オー・マイ・ジャンプ!〜少年ジャンプが地球を救う〜』エンディングテーマとしてオンエアされている「灯せ」をはじめとする新曲12曲を加えた、計14曲をフルボリュームで収録。前作『THE END』からバンドがどんな進化を遂げたのか、ぜひ楽しみに待ちたいところだ。

全国ツアー『TOUR 2018 Choice Your「→」』は、6月9日(土)の北海道・札幌ファクトリーホールを皮切りに、7月19日(木)の東京・Zepp Tokyoでのファイナル公演まで、全国10ヶ所14公演で行なわれる。現在、ファンクラブ「LIVER\'S CREW」を対象としたチケット先行申し込みを受付中!

アルバム『VECTOR』

2018年3月21日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3046〜7/¥3,500+税
【通常盤】(CDのみ)
KSCL-3048/¥2,800+税
<収録曲>
01.灯せ
02.Waaaake!!!!
03.コンパス
04.VS
05.RUN
06....FEEL?
07.ハンプティダンプティ
08.r?sistance
09.虹
10.グッバイ。
11.coffee, sugar, instant love
12.「77」
13.さよなら
14.こたえ

『BLUE ENCOUNT TOUR 2018
Choice Your 「→」』

6月09日(土) 北海道 サッポロファクトリーホール
6月14日(木) 愛知 名古屋 Zepp Nagoya
6月15日(金) 愛知 名古屋 Zepp Nagoya
6月21日(木) 石川 金沢 EIGHT HALL
6月22日(金) 新潟 新潟LOTS
6月24日(日) 宮城 仙台 SENDAI GIGS
6月29日(金) 福岡 福岡DRUM LOGOS
6月30日(土) 福岡 福岡DRUM LOGOS
7月07日(土) 広島 BLUE LIVE広島
7月08日(日) 香川 高松festhalle
7月13日(金) 大阪 なんばHatch
7月14日(土) 大阪 なんばHatch
7月18日(水) 東京 Zepp Tokyo
7月19日(木) 東京 Zepp Tokyo

■チケット先行受付:
「LIVER\'S CREW」会員限定チケット先行受付
チケット先行受付期間
2018年1月17日(水)21:00〜2018年1月24日(水)23:59
「LIVER\'S CREW」公式サイト
https://lc.blueencount.jp/

当落結果発表 :2018年1月26日(金)12:00
チケット料金:¥4,300(消費税込) ※ドリンク代別途
申込方法:申込回数は2回まで
申込上限枚数:お一人様4枚まで

チケットについての問い合わせ
イープラス
http://support.eplus.jp/
※ご利用には「e +(イープラス)」への会員登録が必要となります。
(入会金・年会費は必要ありません)



【関連リンク】
BLUE ENCOUNT、ニューアルバム『VECTOR』リリース&全国ツアー決定
BLUE ENCOUNTまとめ
丸本莉子がMV3作一挙公開! ユニコーン、19、キンモクセイのメンバーも出演!!

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ライブ, ツアー, ワンマン

丸本莉子がMV3作一挙公開! ユニコーン、19、キンモクセイのメンバーも出演!!
Wed, 17 Jan 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

弦楽器のビオラに似た周波数を持つ“癒しの歌声”として注目を集める丸本莉子が、2月28日にリリースするカバーアルバム『COVER SONGS』から「デーゲーム」「あの紙ヒコーキ くもり空わって」「二人のアカボシ」のMVを3作同時に公開した。

「デーゲーム」にはユニコーンの手島いさむがギター演奏で、「あの紙ヒコーキ くもり空わって」には19の岩瀬敬吾がギター演奏で、「二人のアカボシ」にはキンモクセイの伊藤俊吾がコーラスでそれぞれ参加。レコーディングだけでなく、映像でも豪華コラボレーションが実現した。

アルバム『COVER SONGS』

2018年2月28日発売



VICL-64765/¥2,593+税
<収録曲>
01.ツバサ(作詞・作曲:真戸原直人)
02.風(作詞・作曲:小渕健太郎)
03.supernova(作詞・作曲:藤原基央)
04.今日までそして明日から(作詞・作曲:吉田拓郎)
05.奏(かなで)(作詞・作曲:大橋卓弥/常田真太郎)
06.あの紙ヒコーキ くもり空わって(作詞:326 作曲:19)
07.青いベンチ(作詞・作曲:北清水雄太)
08.タイム・トラベル(作詞:松本隆 作曲:原田真二)
09.二人のアカボシ(作詞・作曲:伊藤俊吾)
10.エイリアンズ(作詞・作曲:堀込泰行)
11.デーゲーム(作詞・作曲:手島いさむ)
12.One more time, One more chance(作詞・作曲:山崎将義)



【関連リンク】
丸本莉子がMV3作一挙公開! ユニコーン、19、キンモクセイのメンバーも出演!!
丸本莉子まとめ
ユニコーンまとめ
19まとめ
キンモクセイまとめ

【関連アーティスト】
丸本莉子, ユニコーン, 19, キンモクセイ, 手島いさむ, 岩瀬敬吾
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, コラボ, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, 発表, 名曲, リリース, 発売, 配信, ポップス, 音楽配信

バンアパ20周年で初リクエストワンマンツアー開催! 荒井岳史のツアーも決定!!
Wed, 17 Jan 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年に結成20周年を迎えるthe band apartが、初となるリクエストによる楽曲を元に構成したセットリストで演奏するワンマンツアーを行なうことが発表された。楽曲リクエスト用の特設ページも開設されている。

さらに、新作をリリースしたばかりの荒井岳史のレコ発ワンマンツアーも決定した。両ツアーともに、チケットのオフィシャルHP先行が1月20日(土)12:00〜2月4日(日)23:59で受付となる。

■the band apart 『20周年記念リクエストツアー』

4月01日(日) 宮城 仙台CLUB JUNK BOX
4月08日(日) 新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE
4月12日(木) 北海道 札幌 sound lab mole
4月21日(土) 大阪 BIG CAT
4月22日(日) 岡山 YEBISU YA PRO
4月24日(火) 愛知 名古屋 CLUB QUATTRO
5月11日(金) 香川 高松DIME
5月18日(金) 福岡 BEAT STATION
5月27日(日) 東京 新木場 STUDIO COAST

■全公演共通:前売¥3,800 当日¥4,300
■オフィシャルHP先行:2018年1月20日(土)12:00〜2018年2月4日(日)23:59
■オフィシャル先行申込ページ (PC・携帯・スマートフォン共通)
全会場共通
https://l-tike.com/st1/thebandaparthp18
■全国一般発売:2018年2月17日(土)

■楽曲リクエスト特設ページ
http://www.asiangothic.org/20th

■荒井岳史 『3rd full album “will” release TOUR』

3月13日(火) 愛知 名古屋 池下 CLUB UPSET
3月14日(水) 大阪 東心斎橋 CONPASS
3月22日(木) 東京 新代田 FEVER

※全会場、バンド形態でのワンマン公演となります。
■全公演共通:前売¥3,200 当日¥3,700
■オフィシャルHP先行:2018年1月20日(土)12:00〜2018年2月4日(日)23:59
■オフィシャル先行申込ページ(PC・携帯・スマートフォン共通)
全会場共通
https://l-tike.com/st1/araitakeshi18hp
■全国一般発売:2018年2月17日(土)



【関連リンク】
バンアパ20周年で初リクエストワンマンツアー開催! 荒井岳史のツアーも決定!!
the band apartまとめ
荒井岳史まとめ
瀬川あやか、新作を引っさげた全国ツアーの詳細解禁

【関連アーティスト】
the band apart, 荒井岳史
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, シンガーソング・ライター, 発表, ライブ, ツアー, ワンマン

瀬川あやか、新作を引っさげた全国ツアーの詳細解禁
Wed, 17 Jan 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アーティスト&看護師の“二刀流”シンガーソングライター・瀬川あやかが、3月21日(水)にリリースする2ndアルバム『センチメンタル』を引っさげた春の全国ツアー『“センチメンタル” LIVE TOUR 2018〜melting music in the mouth〜』を開催! 4月18日(水)の大阪・シャングリラ公演を皮切りに、名古屋・札幌・東京の全国4カ所で行なわれるとのこと。自身初となる名古屋でのワンマンライブや、瀬川あやかの26歳の誕生日である4月27日(金)に行なわれる東京でのファイナル公演など、期待が高まるツアーだ。チケットは、1月22日(月)午前10時より瀬川あやかのSNSで抽選先行受付が開始されるので、ぜひチェックしてほしい。

アルバム『センチメンタル』は全曲が恋愛の曲となっており、切なさや寂しさだけでなく、幸せな時でさえ感じる感傷の中、恋や愛や大切なものを守りたいというテーマの“恋愛処方箋”となる一枚。こちらも全国ツアーと併せて要注目だ。

■『“センチメンタル” LIVE TOUR 2018〜melting music in the mouth〜』

4月18日(水) 大阪・シャングリラ
4月19日(木) 愛知・名古屋 ハートランド
4月22日(日) 北海道・札幌 PENNY LANE 24
4月27日(金) 東京・白金高輪SELENE b2 ※バーズデーライブ
<チケット>
大阪公演:オールスタンディング¥4,500+ドリンク代¥600(税込)
愛知公演:オールスタンディング¥4,500+ドリンク代¥500(税込)
北海道公演:オールスタンディング¥4,500+ドリンク代¥500(税込)
東京公演:全自由¥4,500+ドリンク代¥600(税込)
・最速SNS抽選先行 
瀬川あやかのtwitter、Instagram、Facebook、LINEからのSNS抽選先行
受付期間:1月22日(月)10:00 〜 1月29日(月)23:59
結果発表:2月01日(木)18:00以降
※PC・モバイル共通
※受付ページは随時更新となります。
<注意事項>
整理番号順入場、未就学児入場不可、転売禁止
お一人様1会場につき4枚まで

アルバム『センチメンタル』

2018年3月21日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA.04651/¥3,200(税込)
【通常盤】(CD Only)
PCCA.04652/¥2,700(税込)
<収録曲>
■CD
1.マスカット
2.どんなに…
3.WAKE UP !!
4.春ヲ想フ
5.カレイドスコープ
6.you & me
7.ご都合よし子と足りてる男
8.MIKE
9.クロスロード
10.Have a good day!
■DVD ※初回限定盤
ジャケット写真撮影メイキング映像、他 収録予定

アルバム『センチメンタル』特典詳細

■先着購入特典
全国のCDショップにて、3月21日発売の2ndアルバム「センチメンタル」をご予約・ご購いただくと、商品ご購入時に、瀬川あやか本人直筆デザイン“「センチメンタル」スペシャル缶バッジ”をCD1枚につき1個プレゼントいたします。数量限定で無くなり次第終了となりますので、ぜひお早目のご予約をおすすめいたします!
※一部取り扱いの無いCDショップもございますので、ご予約・ご購入の際に店頭にて特典の有無をご確認ください。
※ネット販売につきましても、一部取り扱いの無い場合がございますので、各WEBショップの告知をご確認ください。

■ライブ・イベント会場限定予約特典
3月19日(月)までに開催する瀬川あやかが出演する各ライブ・イベント会場にて、3月21日(水)発売の2ndアルバム「センチメンタル」をご予約・ご購入いただきますと、CD1枚につきご希望のスペシャルフォトを1枚(全8種)プレゼントいたします。
※サイン会の実施等詳細は、別途お知らせいたします。



【関連リンク】
瀬川あやか、新作を引っさげた全国ツアーの詳細解禁
瀬川あやかまとめ
44MAGNUM、衝撃のデビュー作『DANGER』はHR/HMを超えた“ジャパメタ”の歴史的傑作

【関連アーティスト】
瀬川あやか
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シンガーソング・ライター, アルバム, ツアー

44MAGNUM、衝撃のデビュー作『DANGER』はHR/HMを超えた“ジャパメタ”の歴史的傑作
Wed, 17 Jan 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 先週、EARTHSHAKERのデビュー作『EARTHSHAKER』を紹介したが、そうなると、80年代前半に人気、実力ともにそのEARTHSHAKERと双璧を成したこのバンドのことも語らねばなるまい。44MAGNUMだ。LOUDNESSやVOW WOWが扉を開けた和製ヘヴィメタルシーンをさらに押し上げ、所謂“ジャパメタ”ブームをけん引したバンドである。そればかりか、彼らがシーン全体に与えた影響を考えると、日本ロック史における転換点のひとつとも言える存在なのかもしれない。今、聴いてみても、そんなインフルエンサーの片鱗たっぷりのデビュー作『DANGER』から、44MAGNUMの偉大さを考察してみたい。

■楽曲の骨子はHR/HMの基本に忠実

44MAGNUMの1stアルバム『DANGER』は1983年発売。VAN HALENの『1984』、M?tley Cr?eの『Shout At The Devil』が発表されたのも同年で、そう考えると当時は世界的にハードロック、ヘヴィメタルが一般層に入り込んできた頃だったとも言えるだろうか。その一方、音楽シーン全体で見てみると、米国ではマイケル・ジャクソン、プリンス、英国ではDuran Duran、Culture Clubらが人気を獲得した時期であって、MTVの隆盛によってさまざまな音楽ジャンルが勃興してきた頃でもあった。こと日本においては松田聖子・中森明菜の全盛期であり、演歌勢もまだまだ強く、歌謡曲中心ではあったが、それゆえにこの頃からクロスオーバーが進んだと見ることもできる。チェッカーズのデビューが1983年、吉川晃司やレベッカのデビューが1984年。歌謡曲とロック、アイドルとロックの本格的な融合はこの辺から始まったと見てもいいと思う。話がズレた。44MAGNUMに戻すと、アルバム『DANGER』にも同様の時代性、多様性、そして、そのクロスオーバーを見出すことができる。

まず、44MAGNUMの音楽性はハードロック、ヘヴィメタルに分類される。この辺は今さら言うことでもないことだろうが、あえて楽曲毎に見てみると、ハードロックの基本に忠実──という言い方が正しいかどうかわからないが、楽曲のスタイルはわりとスタンダードなハードロックであることを、今回、『DANGER』を聴いて再発見した。明確な定義があるわけじゃないが、ハードロックは《かつての標準的なスタイルはブルースやブギーを基調とした激しいロックである。歪んだ音のエレクトリック・ギターを強調したサウンド形態が特徴》とWikipediaにある。M4「YOU LOVE ME DON`T YOU」、M6「DIRTY LADY」はまさにそれに当てはまるだろう。前者はブルース、後者はブギーを、おそらくそれぞれを基調としたと思われる激しいサウンドが聴ける。歪んだ音のエレクトリックギターは全編だが、冒頭のM1「I’M ON FIRE」〜M2「YOUR HEART」から飛び出す小気味のいいギターリフはハードロックならではのサウンドを強調しているかのようだ。M9「SATISFACTION」もリフは印象的である。また、M3「THE WILD BEAST」やM5「NO STANDING STILL」での重厚さは文字通りヘヴィメタルと呼ぶに相応しいものであり、ハードロックとヘヴィメタルとは差異を定義するのは難しいということだが、M3やM5のリフのヘヴィさだけで44MAGNUMはヘヴィメタルバンドと認定していいのではと思うほどだ。

■声質そのものに説得力があるヴォーカル

『DANGER』収録曲がスタンダードなハードロックであると表したが、それはブルースやブギー、あるいはR&Rを、歪んだエレキギターで強調したというスタイルにおいてそう言うのであって、その楽曲の全てが標準という意味ではないので誤解のないようにお願いしたい。全体として44MAGNUMは標準どころか、おそらく当時としてはかなり先鋭的なことに挑戦していたと思われる。梅原“PAUL”達也のヴォーカルスタイルがそうかもしれない。『DANGER』では英詞のリフレインも多く、様式美に則した…というか、R&Rらしい歌詞が多いので、その点ではハードロックの基本に忠実と言えるのかもしれないが、ハイトーンにことさら力点を置いている感じはない。ハードコア的なデスヴォイスで迫ることはなく、しっかりとメロディーを抑えている。レンジも広く、声も良く、十分に上手い歌い手であって、声質そのものに説得力があり、要するに、ことさらにヴォーカリゼーションをひけらかしている雰囲気がないのである。この辺はメロディーラインはもちろんのこと、コーラスワーク、さらにはミキシングによる楽曲の中での歌のバランスも関係してのことだろうが、PAULのヴォーカルは悪い意味で聴く人のハードルを高くせず、44MAGNUMを広く認知させた一因だったとは思う。

PAULのヴォーカルに関してはひとつ逸話がある。44MAGNUMが結成後に出演していたLiveHouse Bahamaはそれほど大きなライヴハウスでないばかりか、当時は音響も決していいわけではなく、モニターの状況も良くなくて、かなり大きな声を出さないと自身の声が聴こえないほどだったという。声が潰れることもあったというが、そんな中で繰り返しライヴを行なうことで、自然と声量と抜けの良さが身に付いたようである。

■随所で聴けるHR/HMを超越したギター

最も先鋭的だったと言えるのは、広瀬“JIMMY”さとしのギターであったことは間違いないだろう。前述したリフや間奏で聴かせる速弾きも印象的だし、随所で見せるハンマリングとプリングはJIMMYらしさの特徴であろうが、個人的には音作りとコード使いにその最大の魅力があると思う。M4「YOU LOVE ME DON`T YOU」とM7「BABY,COME TOGETHER」とが分かりやすいだろうか。M4は先の述べた通り、ミディアムテンポのブルース基調のナンバーであって、ややもすると泥臭くなりそうなものだが、一切そうなっていないのは単音弾きのギターにその要因を求めることができるのではないか。特にアウトロ近くのテンションノートのキラキラとした感じは、明らかにそれまでのハードロックとは趣を異にするものであった。M7のニューロマンチック的なギターサウンドは、少なくとも発表された当時は、完全にハードロックのカテゴリーを飛び出したものであっただろう。Bメロ、サビに重なる乾いた感じのアルペジオは、基からメジャー感の強い楽曲をダメ押ししている印象。お洒落という形容は少し違うかもしれないが、少なくとも汗臭さみたいなものとは無縁の世界観を作り上げていたとも思う。

そのJIMMYのギターはのちにさまざまなギタリストに影響を与えている。最大のフォロワーは、師弟関係を公言しているD\'ERLANGERのギタリスト、CIPHER(瀧川一郎)だろう。CIPHER、瀧川のワークスにはJIMMYへのオマージュを感じるフレーズや音色が多々あり、リスペクトを隠さない姿勢にアーティストとして真摯な姿勢がうかがえる。

■ビジュアルを含めて後年に与えた影響大

『DANGER』で見せた楽曲面での先鋭さは当時のロックキッズたちの心をとらえ、44MAGNUMは地元・大阪のみならず一気にその名を全国に轟かせたが、サウンドもさることながら、そのビジュアル面でのインパクトの強さも決して忘れることはできない。メンバー全員が金髪。ケバケバしいメイクにカラーコンタクト。ボンテージパンツ、スタッズやアニマル柄のシャツ。画像検索して当時の44MAGNUMの出で立ちをぜひ見てほしいが、かなり派手である。いや、1990年代ビジュアル系黄金期のさまざまなバンドたちを見てきた今となれば、ロックバンドとしては普通くらいと思われる人がいるかもしれないが、長髪のミュージシャンこそいたが、金髪はほぼ皆無。一般人が金髪にしようものなら好奇の目にさらされるどころか、地方によっては○○○扱いを免れなかったような時代である。

また、44MAGNUM以前にもRCサクセションの忌野清志郎も派手な化粧をしていたので、メイク自体が珍しいわけではなかったが、メンバー全員が派手に出で立ちを揃えるバンドは極めて稀だったと記憶している。一説にはメンバー全員が金髪にしたというのはメジャーデビューにあたって大人たちが画策したものとも言われているが、PAULは高校生の時に髪にブリーチして先生に叱られたと述懐しているので、全員が金髪は単に大人の画策に従ったものではなかったようだ。いずれにせよ、見た目のインパクトの強さは44MAGNUMのブレイクに大きく寄与したことは疑いようがない。こうした見た目と、前述したハードロックにとどまらないサウンドメイクが相まって、44MAGNUMを所謂ビジュアル系シーンの始祖と見る向きもあるが、それも概ね間違いではなかろう。

TEXT:帆苅智之

アルバム『DANGER』

1983年発表作品



<収録曲>
1. I’M ON FIRE
2. YOUR HEART
3. THE WILD BEAST
4. YOU LOVE ME DON`T YOU
5. NO STANDING STILL
6. DIRTY LADY
7. BABY,COME TOGETHER
8. AT LAST I`M A FREE MAN
9. SATISFACTION



【関連リンク】
44MAGNUM、衝撃のデビュー作『DANGER』はHR/HMを超えた“ジャパメタ”の歴史的傑作
44MAGNUMまとめ
SCANDAL、アルバム『HONEY』発売記念のフリーライブを開催決定

【関連アーティスト】
44MAGNUM
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!, アルバム

SCANDAL、アルバム『HONEY』発売記念のフリーライブを開催決定
Wed, 17 Jan 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SCANDALがニューアルバム『HONEY』のリリース日である2月14日(水)に、東京・Zepp DiverCityにてフリーライブを開催することが決定した。3月3日(土)よりアルバムを引っ提げての全国ホールツアー『SCANDAL TOUR 2018 “HONEY"』 が決定しているが、ホールツアーとは異なるスペシャルなライブとなる予定とのこと。フリーライブのエントリーは1月17日(水)18時より受付スタートとなっているので、お見逃しなく!

■【ニューアルバム『HONEY』 発売記念フリーライブ】

2月14日(水) 東京・Zepp DiverCity
OPEN 18:30/START 19:30
<チケット詳細>
チケット:無料
申込期間:1月17日(水)18:00〜1月28日(日)23:59
応募条件(必須):当日『HONEY』CD持参(2月14日発売 ESCL-4957〜4958、ESCL-4959〜4960、ESCL-4961のいずれか)
※お1人様1回のみ申込み可。
※事前応募抽選制となります。応募多数の場合は当選者のみ入場可能となります。

■エントリー受付フォーム
http://eplus.jp/scandal/honey/

アルバム『HONEY』

2018年2月14日発売



【完全生産限定盤】(CD+Tシャツ)
ESCL4957-4958/¥5,278+税
※AMIAYAプロデュースのオリジナルフォトTシャツ付き
<収録曲>
01. プラットホームシンドローム
02. OVER
03. テイクミーアウト
04. Oh! No!
05. ミッドナイトシティ
06. ショートショート
07. 窓を開けたら
08. ふたり
09. エレクトリックガール
10. 恋するユニバース



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL4959-4960/¥3,426+税
<収録曲>
■CD
01. プラットホームシンドローム
02. OVER
03. テイクミーアウト
04. Oh! No!
05. ミッドナイトシティ
06. ショートショート
07. 窓を開けたら
08. ふたり
09. エレクトリックガール
10. 恋するユニバース
■DVD
Storytellers:SCANDAL
01.瞬間センチメンタル
02.キミと夜と涙
03.LOVE ME DO
04.声(Acoustic ver.)
05.DOLL
06.恋するユニバース
07.テイクミーアウト
08.8月
09.SCANDAL BABY



【通常盤】
ESCL4961/¥2,963+税
<収録曲>
01. プラットホームシンドローム
02. OVER
03. テイクミーアウト
04. Oh! No!
05. ミッドナイトシティ
06. ショートショート
07. 窓を開けたら
08. ふたり
09. エレクトリックガール
10. 恋するユニバース

全国ホールツアー『SCANDAL TOUR 2018 “HONEY"』

3月03日(土) 埼玉 三郷市文化会館 大ホール
3月09日(金) 鹿児島 鹿児島市民文化ホール 第2ホール
3月10日(土) 福岡 福岡市民会館
3月16日(金) 宮城 仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
3月17日(土) 岩手 盛岡市民文化ホ−ル 大ホール
3月21日(水) 北海道 わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
3月24日(土) 栃木 佐野市文化会館 大ホール
3月25日(日) 茨城 結城市民文化センターアクロス 大ホール
3月31日(土) 新潟 新潟県民会館
4月01日(日) 石川 本多の森ホール
4月07日(土) 広島 広島文化学園HBGホール
4月08日(日) 鳥取 米子市公会堂
4月14日(土) 愛知 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
4月15日(日) 愛知 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
4月21日(土) 香川 サンポートホール高松 大ホール
4月22日(日) 奈良 なら100年会館 大ホール
4月27日(金) 大阪 オリックス劇場
4月28日(土) 大阪 オリックス劇場
5月11日(金) 東京 中野サンプラザ
5月12日(土) 東京 中野サンプラザ
5月18日(金) 静岡 静岡市清水文化会館マリナート 大ホール
5月19日(土) 岐阜 岐阜市民会館
5月25日(金) 兵庫 神戸国際会館こくさいホール
<チケット>
料金:指定席 ¥5,800(税込)
※お1人様各公演4枚まで購入可能。
※全席指定・4歳以上チケット必要。



【関連リンク】
SCANDAL、アルバム『HONEY』発売記念のフリーライブを開催決定
SCANDALまとめ
DIR EN GREY、2018年初の全国ツアーは“真世界”

【関連アーティスト】
SCANDAL
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, ツアー

DIR EN GREY、2018年初の全国ツアーは“真世界”
Wed, 17 Jan 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DIR EN GREYの2018年最初の全国ツアーとなる『DIR EN GREY TOUR18 真世界』が、4月16日(月)からスタートすることが発表された。

2016年6月から2017年10月にかけて実施された全国ツアーシリーズ『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________』を終え、2018年1月2日にはベストアルバム『VESTIGE OF SCRATCHES』をリリースしたばかりのDIR EN GREY。同作が1月15日付オリコン週間CDアルバムランキングで4位を記録する中で発表された最新ツアーは、オフィシャルファンクラブ「a knot」会員限定ライヴとなる川崎・CLUB CITTA\'公演を皮切りに、東京、大阪、仙台、名古屋の5都市で計7公演が実施される。

チケット一般発売に先駆け、1月22日(月)12:00より「a knot」会員(2018年1月1日時点有効会員)を対象としたファンクラブ1次先行受付がスタート。2月14日(水)12:00からはファンクラブ2次先行受付も開始される。こちらは1月20日(土)までに「a knot」に入会および入金した方も対象となるとのこと。

「真世界」と銘打たれた新たなツアーで、DIR EN GREYがどんなステージを繰り広げるのか。ぜひ、会場で確かめてほしい。

■『DIR EN GREY TOUR18 真世界』

4月16日(月) 神奈川 CLUB CITTA\' -「a knot」only-
4月18日(水) 東京 新木場STUDIO COAST
4月19日(木) 東京 新木場STUDIO COAST
4月25日(水) 大阪 なんばHatch
4月26日(木) 大阪 なんばHatch
4月28日(土) 宮城 仙台銀行ホール イズミティ21
5月01日(火) 愛知 Zepp Nagoya

<開場/開演>
18:15 / 19:00
※4月28日(土)のみ、17:15 / 18:00

<チケット>
・1Fスタンディング/一般指定席 ¥6,500(税別)/¥7,020(税込)
・Exclusive Ticket(指定席・オリジナル特典付き)¥13,000(税別)/¥14,040(税込)
※4月18日(水)、19日(木)は、【2F指定席】または【2Fバルコニーエリア(スタンディング)】になります。
※4月16日(月)、4月25日(水)、26日(木)、5月1日(火)公演は、【2F指定席】になります。
※4月28日(土)は、【1F指定席中央部PA卓付近】になります。

<チケット先行情報>
■OFFICIAL FAN CLUB「a knot」会員先行 1次受付
[受付期間] 2018年1月22日(月)12:00〜2018年2月4日(日)23:59
※2018年1月1日時点有効会員様(2017年12月20日までにご入会・ご更新(ご入金)された方)が対象となります。
■OFFICIAL FAN CLUB「a knot」会員先行 2次受付
[受付期間] 2018年2月14日(水)12:00〜2018年2月25日(日)23:59
※2018年2月1日時点有効会員様(2017年1月20日までにご入会・ご更新(ご入金)された方)が対象となります。
※「a knot」ご入会はコチラ
http://direngrey.co.jp/fc/

※上記スケジュールは変更となる可能性がございます。予めご了承ください。

アルバム『VESTIGE OF SCRATCHES』

発売中



【初回生産限定盤】(3CD+Blu-ray)
SFCD-0211〜4/¥6,800+税
【初回生産限定盤】(3CD+DVD)
SFCD-0215〜8/¥5,800+税



【通常盤】(3CD)
SFCD-0219〜21/¥3,700+税



【関連リンク】
DIR EN GREY、2018年初の全国ツアーは“真世界”
DIR EN GREYまとめ
LUNA SEA主催『LUNATIC FEST. 2018』の会場図面が明らかに!

【関連アーティスト】
DIR EN GREY
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, バンド, 発表, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

LUNA SEA主催『LUNATIC FEST. 2018』の会場図面が明らかに!
Wed, 17 Jan 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年12月24日のさいたまスーパーアリーナ公演で発表された、LUNA SEA自身が主催する最狂のロックフェス第二弾『LUNATIC FEST. 2018』(6月23日(土)、 24日(日)幕張メッセ)の“NEXT ACTION!”として、新月である1月17日に会場図面(PLAN 1)が公開された。

前回の初開催では、HALL 1〜3をぶち抜いた一つの巨大フロアに、メインステージとなった「MOON」のほか、「SHINE」「FATE」と3つのステージが用意されたが、今回は同フロアにメインもサブもない同じ規模の2つのステージが設置されるという。“全バンドがメインアクト”であるという趣旨をより鮮明に打ち出し、世代やジャンルを超越した空間を創り出したいというLUNA SEAの想いが色濃く反映される形となったようだ。

そして、チケット先行の第一弾として、オフィシャルファンクラブ「SLAVE」限定VIPシートの受付がスタート! このVIPシートは、前回の『LUNATIC FEST.』参加者からより快適にイベントを楽しめるようなチケット形態を望む声が多数寄せられ、それに応える形で販売が決定した。「SLAVE」会員同士であれば、2名(並び席)まで購入が可能だ。

このVIPシートの特典内容は、全席指定のライヴ鑑賞シートに加え、自由に利用できる専用ラウンジが設けられ、出演アーティストのケータリングと同内容の食事が楽しめる他、VIP専用のトイレやグッズ販売レーン、さらに非売品のお土産も複数用意されるなど、盛りだくさんの内容となっている。

また、「2日間通し券」「1日券」のチケット先行は、「SLAVE」および各メンバーそれぞれのファンクラブで、1月26日(金)より受付スタートとなる。

いよいよ詳細が明らかになり始めた『LUNATIC FEST. 2018』。果たして2回目となる主催フェスがどのような方向性を打ち出していくのか? そしてどのような進化を見せてくれるのか? 次なる満月の夜を期待して待とう。“NEXT ACTION!”は1月31日(水)。

■『LUNATIC FEST.』特設サイト
http://lunaticfest.com

『LUNATIC FEST. 2018』

6月23日(土)、24日(日) 千葉 幕張メッセ
OPEN 9:30 / START 11:00 / END 20:00(予定) ※両日共通
各プレイガイドチケット一般発売:6月2日(土)10:00〜
一般チケット料金:1day /¥15,000(税込・ドリンク代別途¥500)

<FCチケット先行受付情報>
【SLAVE限定VIPシート】1day / ¥50,000(税込)
1月17日(水)12:00より受付スタート!
■VIPシート特典内容
・全席指定のVIP特別シートを各自にご用意
・開演中、自由にご利用頂けるVIP専用ラウンジをご用意
※フリーソフトドリンク付(アルコール類は有料)
※アーティストケータリングと同内容のお食事付(昼・夕2食)
・VIP専用トイレをご用意
・VIP専用グッズ販売レーンをご用意
・スペシャルプレゼント付(非売品) ※ラミネートパス、パンフレット 他

VIPシート受付期間:1月17日(水)12:00〜2月13日(火)18:00
※以下までにSLAVE入会の方は申込受付可能です。
■WEB入会(クレジット・コンビニ決済):2018年2月11日(日)23:59まで(決済完了)
■郵便振替:2018年1月29日(月)まで(消印有効)

VIPシートの申込、入会方法はコチラ
http://www.lunasea-slave.jp/

◎ SLAVE、LUNA SEAモバイル&各メンバーFC先行受付
1月26日(金)12:00より受付スタート!
【2日間通し券】¥28,000(税込・ドリンク代別途¥1,000)
※2日間通し券の一般発売はございません
【1日券】¥15,000(税込・ドリンク代別途¥500)
FC先行受付期間:1月26日(金)12:00〜2月28日(水)18:00
※入会方法は、各FCサイトにてご確認ください。



【関連リンク】
LUNA SEA主催『LUNATIC FEST. 2018』の会場図面が明らかに!
LUNA SEAまとめ
酸欠少女 さユり、シングル「月と花束」3種のアートワークを解禁

【関連アーティスト】
LUNA SEA
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, バンド, 発表, ライブ, チケット

酸欠少女 さユり、シングル「月と花束」3種のアートワークを解禁
Wed, 17 Jan 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10〜20代の男女を中心に絶大な人気を誇る2.5次元パラレルシンガーソングライター・酸欠少女 さユり。アニメ『Fate/EXTRA Last Encore』のエンディングテーマに決定している、2月28日リリースの6thシングル「月と花束」のジャケット3種を公開した。

初回生産限定盤は“欠けた自分=ミカヅキ”を見上げるさユりの、今の深淵なる意識とミカヅキの“それでもの先”を描いた、第2幕の始まりを告げるジャケット。永遠の後悔をループする“弱さを許せる優しさを持つ”中2のさゆりと、進むために強くなろうと中2から分裂した20歳のさゆり、その狭間で弱さを受け入れながらも、強さを持って“それでもの先”に進もうとする酸欠少女 さユりの、次元を超えた決意と“今立つ世界”が描かれている。通常盤は、1stアルバム『ミカヅキの航海』までの歩みの中で、多くの”酸欠世代との共鳴=自分と他者とのつながり”を経て辿り着いたた“生きる理由、その世界を作るのは自分自身だ”という決意とその世界を描いた、さユりの今を表す仕上がりに。期間生産限定盤は、自分の居場所と生きる理由を、自らの深淵なる意識の中で見つけるべく歩き出したさユりの“今=ミカヅキ”のその先と、アニメ『Fate/EXTRA Last Encore』のサーヴァント・セイバーの主人公ハクノへの想いとの繋がりを重ねた、描き下ろしジャケット。3形態それぞれに、過去、現在、未来をタイムリープした「月と花束」の世界と、ミカヅキの“それでもの先”が描かれた内容となっている。

この3種のジャケットでも示された、自分と他者とのつながりの中で辿り着いた“酸欠少女”の意識と“今”と、『Fate/EXTRA Last Encore』の世界観がシンクロした第2幕の始まりの歌「月と花束」は、2018年2月28日にリリースされる。また、「月と花束」の特設サイトもオープンし、「月と花束」の予約会イベントも開催中なので、詳しくは特設サイトや公式サイトをチェック!

人と違う感性・価値観に、優越感と同じくらいのコンプレックスを抱く“酸欠世代”の象徴=“酸欠少女”として、その心情をアコギをかき鳴らしながら歌う、酸欠少女 さユり。彼女が歌うことで酸欠世代の孤独に寄り添い、酸欠世代との循環する共鳴の中で誕生した「月と花束」は、アニメ『Fate/EXTRA Last Encore』の世界とシンクロし、「ミカヅキ」のその先への道標となる新たな始まりを3種のジャケットアートワークと楽曲世界で感じてほしい。

■「月と花束」特設サイト
http://tsukitohanataba.sayuri-web.com

シングル「月と花束」

2018年2月28日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
BVCL-857〜8/¥1,574+税
<収録曲>
■CD
1.月と花束
2.平行線-弾き語りver,-
3.日向雨
■DVD
月と花束 MV(フルレングスver.)

◎特典
全面箔三方背BOX仕様
酸欠少女キャラカード(数種の中から1種ランダム封入)



【期間生産限定盤】(CD+DVD)
BVCL-860〜1/¥1,481+税
<収録曲>
■CD
1.月と花束
2.レテ
3.月と花束-アニメ「Fate/EXTRA Last Encore」EDver.-
■DVD
アニメ「Fate/EXTRA Last Encore」-ノンクレジットED映像-

◎特典
「Fate/EXTRA Last Encore」描き下ろしアニメジャケットデジパック仕様
アニメ「Fate/EXTRA Last Encore」キャラカード数種封入



【通常盤】(CDのみ)
BVCL-859/¥926+税
<収録曲>
■CD
1.月と花束
2.プルースト
◎初回仕様限定特典
酸欠少女キャラカード(数種の中から1種ランダム封入)

【ニューシングル「月と花束」発売記念予約会】

1月20日(土) 宮城・銀座山野楽器仙台店 13:00〜/17:00〜 
1月21日(日) 北海道・タワーレコード札幌ピヴォ店 店内イベントスペース 13:00〜/17:00〜 
2月03日(土) 東京・町田市町田ターミナルプラザ市民広場 14:00〜
2月04日(日) 東京・HMVエソラ池袋 店内イベントスペース 15:00〜 
2月10日(土) 福岡・キャナルシティ博多 B1F サンプラザステージ 12:00〜/16:00〜 
2月11日(日) 東京・ららぽーと豊洲 シーサイドデッキ メインステージ 14:00〜
2月12日(月・祝) 千葉・イオンモール幕張新都心 グランドモール1F 13:00〜/17:00〜  
グランドスクエア
2月17日(土) 京都・タワーレコード京都店 店内イベントスペース 15:00〜
2月18日(日) 大阪・あべのキューズモール 13:00〜/17:00〜
2月24日(土) 愛知・アスナル金山 13:00〜/17:00〜
2月25日(日) 神奈川・ラ チッタデッラ噴水広場 14:00〜

■イベント詳細URL
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/sayuri/shoplist/180228/

【TVアニメ『Fate/EXTRA Last Encore』】

<作品概要> 
それは、忘れ去られた月で開演(ひら)かれる"EXTRA"の物語。月に存在するあらゆる願いを叶える力を持った霊子コンピュータ「ムーンセル・オートマトン」。ムーンセル内につくられた霊子虚構世界「SE.RA.PH」。"聖杯"をかけた、魔術師(ウィザード)と英霊(サーヴァント)による、新たな月の聖杯戦争、開演。
<スタッフ>
原作: 奈須きのこ・TYPE-MOON/Marvelous
シリーズ構成:奈須きのこ
キャラクター原案:ワダアルコ
総監督:新房昭之
シリーズディレクター:宮本幸裕
キャラクターデザイン・総作画監督:滝山真哲・山村洋貴
アクションディレクター:三輪和宏
メインアニメーター:松浦 力・村山公輔
美術監督:望月卓磨
色彩設計:日比野仁
CG 監督:高野慎也
撮影監督:会津孝幸
編集:松原理恵
音響監督:鶴岡陽太
音響制作:楽音舎
音楽:神前 暁(MONACA)
アニメーション制作:シャフト原作
<キャスト>
岸浪ハクノ:阿部敦
セイバー:丹下桜
遠坂リン:植田佳奈
間桐シンジ:神谷浩史
間桐桜:下屋則子
アーチャー:鳥海浩輔
ライダー:高乃麗
キャスター:野中藍
バーサーカー:安井邦彦
ガウェイン:水島大宙
<TV 放送>
・オブリトゥス地動説
TOKYO MX/群馬テレビ/とちぎテレビ/BS11:2018 年1 月27 日(土)より毎週24:00
MBS:2018 年1 月30 日(火)より毎週27:30
※放送日時は局の編成の都合により変更となる場合がございます。
<スペシャル放送>
・イルステリアス天動説
後日解禁
<配信>
Netflix 2018 年1 月31 日(水)より毎週水曜日独占配信

■『Fate/EXTRA Last Encore』公式サイト
http://fate-extra-lastencore.com/
(c)TYPE-MOON/Marvelous, Aniplex, Notes, SHAFT



【関連リンク】
酸欠少女 さユり、シングル「月と花束」3種のアートワークを解禁
酸欠少女 さユりまとめ
ポルノグラフィティ、仲里依紗主演ドラマ『ホリデイラブ』主題歌を担当

【関連アーティスト】
酸欠少女 さユり
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, アニメ, エンディング

ポルノグラフィティ、仲里依紗主演ドラマ『ホリデイラブ』主題歌を担当
Wed, 17 Jan 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ポルノグラフィティが1月26日からスタートするテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『ホリデイラブ』の主題歌を担当することが決まった。

タイトルは「カメレオン・レンズ」でポルノグラフィティにとっては久々のミディアムナンバーとなっており、同じ景色を見ているようで違う色に見えてしまう男女のすれ違いを新藤晴一らしい言葉選びで表現した、書き下ろしの新曲だ。なお、ゲストコーラスにはSkoop On Somebodyが参加し、アダルトな世界観をいっそう引き立てている。 楽曲は3月21日にシングルリリース予定とのこと。

原作は1000万ダウンロードを突破したDeNAの人気マンガアプリ“マンガボックス”にて 300万人以上の閲覧者数、紙・電子累計で40万部を超える販売数を誇る『ホリデイラブ〜夫婦間恋愛〜』。 夫に浮気される側の正妻を主人公に据え、 “夫婦サイドの純愛”にフォーカスを当て、不倫という“日常に潜む罠”をサスペンスフルに描写しながら、“正妻と夫婦愛の正義”そして試練の末に“本当の意味でのパートナー”として成長していく夫婦の純愛物語を描いている。そんな主人公を実力派女優・仲里依紗が努めるほか、塚本高史、中村倫也、壇蜜、平岡祐太ら演技派キャストも集結する。

今回の発表と併せ、楽曲が使用されているドラマのPR動画もオフィシャルHPにて公開された。異色の不倫ドラマとポルノの楽曲がどのような化学変化を起こすか、乞うご期待!

■【コメント】

■仲里依紗
歌詞のひとつひとつの言葉がドラマの世界観にぴったりで、心に響きました。
人と人がうまくやっていくためには、もしかしたらカメレオンにならなければいけないのかな。そんなことを考えました。
ドラマと歌詞を照らし合わせながら、この素敵な主題歌をたくさん聴いて、ドラマもお楽しみいただけたら嬉しいです。

■ポルノグラフィティ
ドラマのプロデューサーの方からドラマの構想を聴かせて頂いて、
「人は見たいものしか見ようとしない」というカエサルの言葉を思い出しました。
この言葉通りなら、すぐ隣にいる人と手を繋いでも、肩を寄せ合っていても、
全く違うものをみていることにもなるわけですが、恋愛では当たり前のことなんでしょうか。
そのようなことを考えながら、楽曲制作に取り掛かりました。

■【テレビ朝日系 金曜ナイトドラマ 『ホリデイラブ』詳細】

1月26日(金)23:15〜
※一部地域で放送時間が異なります
出演:仲里依紗/塚本高史/中村倫也/松本まりか/山田裕貴/飯島寛騎/岡田龍太郎/壇蜜/平岡祐太 ほか

■PR動画はこちら
http://www.tv-asahi.co.jp/holidaylove/music/

シングル「カメレオン・レンズ」

2018年3月21日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SECL-2271〜2272/¥1,900(税込)
【通常盤】(CD)
SECL-2273/¥1,300(税込)
<収録曲>
カメレオン・レンズ
他2曲




【関連リンク】
ポルノグラフィティ、仲里依紗主演ドラマ『ホリデイラブ』主題歌を担当
ポルノグラフィティまとめ
Skoop On Somebodyまとめ
集団行動、ニューアルバムのMVトラックで齋藤里菜(Vo)が魔女に!?

【関連アーティスト】
ポルノグラフィティ, Skoop On Somebody
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, 発表, 新曲, 発売, TVドラマ, 主題歌

集団行動、ニューアルバムのMVトラックで齋藤里菜(Vo)が魔女に!?
Wed, 17 Jan 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月7日(水)にリリースとなる集団行動の2ndアルバム『充分未来』に収録される4曲をつなげたMVトラックとジャケット写真が解禁となった。MVトラックでは、魔女に扮した齋藤里菜(Vo)が未来の技術とも見えるような魔法を楽曲ごとに違った方法で繰り出していくコンセプトムービーになっている。ここで使われている楽曲は、タイトル曲の「充分未来」、アルバムの最後を飾る「オシャカ」、真部脩一(Gu)と齋藤のデュエットソング「会って話そう」、至極のバラード「モンド」の4曲。デビューアルバムからさらに拡張した集団行動のサウンドを、少しだけ垣間見ることができる。

また、配信アルバム予約受付もスタート。タイトル曲「充分未来」の先行配信も開始しているので、アルバムが待ちきれない人はぜひチェックしてほしい。アルバム発売日の2月7日(水)には、『集団行動の対談公演』と題した初の自主企画イベントをAwesome City Clubとの対バン型式で行ない、翌3月は大阪・東京でのワンマンツアーも決定済み。ツアーのチケット先行は、オフィシャルサイトで1月21日(日)まで受付中なので、お見逃しなく!

■【矢後直規(Director) コメント】

発達しきって行き詰まりの未来感、
未来でできるようになると言われていた
魔法のようなことがすべてできるようになってしまった未来を
憐れむようなコンセプトムービーになっています。
未来という既視感を演出するために魔女というモチーフを選び、
この世の先端に行き着いてしまったような閉塞感を出すために、
何もない海辺をロケーションに選びました。
4曲の楽曲ごとに繰り出される魔法を選んでいます。
「充分未来」では火を使った魔法陣を作ります。
「オシャカ」では巨大化し夜の大地を歩きます。
「会って話そう」では魔女の手が増えて成長していきます。
「モンド」では魔女が時間を超えていきます。
想像し得る悲しい未来を楽曲とともに考えていただけたらうれしいです。

アルバム『充分未来』

2018年2月7日発売



VICL-64912/¥2,000+税
<収録曲>
01.会って話そう
02.充分未来
03.春
04.フロンティア
05.絶対零度
06.鳴り止まない
07.モンド
08.オシャカ

【「充分未来」先行配信URL】

・iTunes Store ※アルバムプレオーダー受付中
https://itunes.apple.com/jp/album/id1329857788?app=itunes&ls=1
・レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1006270435/
・mora
http://mora.jp/package/43000005/ VE3WA-18046/
・Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/id1329857788
・LINE MUSIC
https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000015a2ad8&cc=JP
・Google Play Music
https://play.google.com/music/m/Btm24yvryee6tszfyn2pplybcaq
・Spotify
http://open.spotify.com/album/5wFaFEh4BUw8RXwhBhX829
・KKBOX
http://kkbox.fm/ioKHAU

【ライブ情報】

■集団行動初の自主企画『集団行動の会談公演』
2月07日(水) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
Guest:Awesome City Club

■集団行動の単独公演『充分未来ツアー』
3月16日(金) 大阪・Music Club JANUS
3月22日(木) 東京・渋谷WWW X
<チケット>
オフィシャルサイトにてチケット先行受付実施中!
https://www.syudan.com/news-1
※1月21日(日)23:00まで

■『IMAIKE GO NOW 2018』
3月24日(土)&25日(日) ※出演日、会場未定



【関連リンク】
集団行動、ニューアルバムのMVトラックで齋藤里菜(Vo)が魔女に!?
集団行動まとめ
ゑんらの滝口ひかり、木乃伊みさとがゲスト講師として学生にエールを贈る

【関連アーティスト】
集団行動
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, トレーラー, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ライブ, ツアー, ワンマン, 音楽配信

ゑんらの滝口ひかり、木乃伊みさとがゲスト講師として学生にエールを贈る
Wed, 17 Jan 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年にアイドルユニット・dropを卒業し、2018年1月14日(日)に新ユニット「ゑんら」の結成を発表した滝口ひかりと木乃伊みさとが、1月16日(火)に日本工学院専門学校の授業にゲスト講師として登壇した。授業ではアイドル時代の多彩な経験談を赤裸々に語ったほか、スタッフとのコミュニケーションや、「ゑんら」の活動についてなどを情熱的にトーク。音楽業界のスタッフを目指す学生に、アイドルの生の声を届けた。

滝口、木乃伊が登壇したのは、日本工学院専門学校蒲田校ミュージックカレッジ コンサート・イベント課の「イベント・メディア業界研究」という授業で、コンサートやイベントのスタッフ、レコード会社や事務所などへの就職を目指す同校の約300名の学生が受講した。「私たちの経験談が、少しでもみなさんの糧になればうれしいです!」と意気込みを語って始まった講義は、「アイドルを志したきっかけは?」という質問に始まり、「dropを卒業した理由は?」「現在のアイドルシーンで思うことは?」などの質問に答え、それにまつわる思いをたっぷりと語った。めったにないアイドルの講義を、熱心にメモを取りながら真剣に2人の話に聞き入れる学生たちに向け、2人は最後に「一緒にがんばりましょう!」「みんながこちら側にくる日を楽しみに待っています!」とエールを贈る場面も。本講義での2人のコメントを一部公開中なので、ぜひチェックしてほしい。

ゑんらは2月10日(土)東京・恵比寿CreAtoにて、すでにチケットがSOLD OUTとなっているデビューライブ『けむり』を開催。2月14日(水)には、新宿Zirco Tokyoにて行なわれるライブ『まけんグミTHE☆LIVE『バレンタインリアじゅう育成計画』』への出演が決定しており、こちらのチケット販売等の詳細は後日発表とのことなので、公式Twitterをチェック!

■【ゑんら コメント】

──自分にとってdropのメンバーとして活動した3年間は、どういうものだったと思いますか?

滝口:私はスカウトで入ったのですが、最初はアイドルというものには興味がなく、どうせアイドルなんて笑っていればいいんでしょ! くらいに軽く考えていました。でも実際にやってみると、そんな生やさしいものではなく、大変なことばかりでした。そんななかでも自分なりにやりがいや夢が生まれたことで、3年間を費やして打ち込むことができました。普通の人が過ごす青春時代とは違うものだったけど、ほかの人には経験できないことばかりを体験することができた、私だけの青春だったと思います。

木乃伊:私もスカウトで入って、最初はちゃらんぽらんで夢も目標もなく、自己紹介すら満足にできないダメな人でした。そんな私でもがむしゃらにがんばった活動期間で、自分のできることややりたいことを見つけて、自分に自信が持てるようになって。今日のように人前で自分の経験を語れるまでになれたことは、本当に感慨深いです。言い換えるなら、毛虫が蝶々になったような(笑)。毛虫は、本当は蛾になるんですけど、なるはずのない蝶々になれたと思うくらい、自分が成長して人生観が一変した期間でした。

──今、活動する上で心がけていることは?

滝口:ファンの人を大切にするのはもちろん、メールなどの対応をできるだけ迅速に行うよう心がけています。たとえばオークションで何かを落札して、出品者からなかなか連絡がないと不安になりますよね。それと同じで、相手の気持ちになって対応することが大事なのかなと思っています。今はフリーランスで活動しているので、チケットのやりとりやスケジュールの管理、会場抑えなどすべて自分たちでやっているので、相手の方が少しでも気持ち良くやりとりができるように心がけています。

木乃伊:自分を見失わないことです。つまり自分のなかに芯というか、ひとつ信念を持つということ。それがなければ、何かの仕事をするとして、それが自分のやりたいことなのかどうか判断ができません。それに芯があれば、どんなにブレブレになってもまたちゃんと戻ってこられますし。

──新ユニット「ゑんら」では、どんな活動をおこなう予定ですか?

木乃伊:「ゑんら」というユニット名は、煙々羅という煙の妖怪の名前から命名しました。煙というのは形がないので、どんな形にもなることができます。ときにはアイドルだったり、ときにはアーティストだったり、まだ未確定ですがいずれは舞台やミュージカルのようなことにも挑戦したいと思っています。煙のごとく変幻自在に、フレキシブルに形を変えながら活動していきます。

滝口:メンバーは私と木乃伊、そして私の妹の滝口きららの3人です。コンセプト、楽曲制作や作詞、衣装や写真、ビジュアルデザインなど、何から何まですべて3人で話し合いながら決めるセルフプロデュースのユニットです。

──ゑんらが歌う楽曲は、どんな感じのものになりそうですか?

木乃伊:基本的にはアッパーでノリのいいダンスチューンですが、随所に妖怪っぽさと言うか、怪しいテイストを盛り込んでいるのが特徴です。今までのどのアイドルもやっていない、新しさを感じていただけると思います。楽曲のタイトルなどはおいおい発表していくので、楽しみにしていてくださいね!!



【関連リンク】
ゑんらの滝口ひかり、木乃伊みさとがゲスト講師として学生にエールを贈る
ゑんらまとめ
go!go!vanillas、対バン全国ツアーの第五弾ゲスト発表はフレンズ!

【関連アーティスト】
ゑんら
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, ユニット

go!go!vanillas、対バン全国ツアーの第五弾ゲスト発表はフレンズ!
Wed, 17 Jan 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

go!go!vanillasが3月より開催する対バン形式の全国ツアー『FOOLs Tour 2018〜音楽馬鹿達と春のナイトピクニック〜』の対バン第五弾発表としてフレンズをゲストに迎えることが決定した。フレンズとの対バン公演は3月29日(木)周南RISING HALL、3月31日(土)大分DRUM Be-0、4月1日(日)長崎DRUM Be-7の3公演となる。

『FOOLs Tour 2018〜音楽馬鹿達と春のナイトピクニック〜』は、各地にバニラズが敬愛する対バン相手を招いて全国11ヵ所で開催される、“音楽馬鹿達”との対バンツアー。ワンマンとなっている3月10日(土)の沖縄公演以外は、今後も対バン相手が発表されていく予定とのことなので、最新情報をこまめに要チェック! また、チケットは現在2次プレオーダーを1月21日(日)23:59まで受付中。全公演チケット完売が必至となっているので、取り逃がしの無いよう早めにゲットしてほしい。

『FOOLs Tour 2018〜音楽馬鹿達と春のナイトピクニック〜』

3月10日(土) 沖縄 Output
3月22日(木) 栃木 宇都宮 HEAVEN\'S ROCK VJ-2
w/フレデリック
3月23日(金) 福島 郡山 HIP SHOT JAPAN
w/フレデリック
3月25日(日) 青森 QUARTER
w/フレデリック
3月29日(木) 山口 周南 RISING HALL
w/フレンズ
3月31日(土) 大分 DRUM Be-0
w/フレンズ
4月01日(日) 長崎 DRUM Be-7
w/フレンズ
4月14日(土) 新潟 LOTS  
w/KANA-BOON
4月21日(土) 大阪 なんば Hatch  
w/04 Limited Sazabys
4月22日(日) 愛知 名古屋 DIAMOND HALL  
w/My Hair is Bad
5月05日(土) 東京 新木場 STUDIO COAST
※沖縄のみワンマン公演。その他公演のゲストは後日発表。
<チケット>
・2次プレオーダー
1月21日(日)23:59まで受付中!
詳細はオフィシャルHPへ!



【関連リンク】
go!go!vanillas、対バン全国ツアーの第五弾ゲスト発表はフレンズ!
go!go!vanillasまとめ
フレンズまとめ
Da-iCEが恋愛バトル? dTVオリジナルミュージックドラマ配信決定

【関連アーティスト】
go!go!vanillas, フレンズ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ツアー

Da-iCEが恋愛バトル? dTVオリジナルミュージックドラマ配信決定
Wed, 17 Jan 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

dTVによる新たな配信サービス『FHIT MUSIC♪』がスタートした。『FHIT MUSIC♪』の“FHIT”は“FIT”と“HIT”を掛け合わせた造語。「より日常的に感動体験をユーザーの気分に合わせて音楽と映像を提供する」というコンセプトのもと、オリジナルミュージックドラマを制作する。

ミュージックドラマは人気アーティストの歌唱シーンと、楽曲がフィットするシチュエーションをストーリー仕立てにしたショートドラマで構成される。1組のアーティストから3曲を起用し、その3曲で1つのオリジナルストーリーが完成。異なる楽曲の組み合わせが盛り上げるオリジナルストーリーは必見だ。また、歌唱シーンだけで構成されたミュージックバージョン、ドラマシーンだけで構成されたドラマバージョンも配信。本作を通じて、楽曲を提供するアーティストのファンはもちろん、これまでアーティストでしか自分が聞く音楽を選ぶことがなかったユーザーには、なりたい気分によって音楽を選ぶという新たな音楽の楽しみ方を提供する。

第1弾の選曲はDa-iCEのデビュー5周年イヤー第1弾シングルに収録される「わるぐち」 「TOKYO MERRY GO ROUND」「せつなくて -5 Voice & acoustic ver.- 」の3曲・“心揺れ動く男女3人を描いたオトナラブストーリー”というシチュエーションのもと、Da-iCEメンバーの岩岡徹と和田颯本人も出演。2人が奪い合う女性を『突然ですが、明日結婚します』で木村美和子役を演じた吉田志織が務める。

今年30歳になる一樹(岩岡)は7歳年下の紗香(吉田)と付き合い始めて3ヶ月。ライター志望の宮本悠司(和田)は人懐こく屈託のない人柄は一樹とは正反対。一樹と悠司とのあいだで心が揺れ動いてしまう紗香。果たして彼らの恋の行方は? 予告映像には一樹が紗香をバックハグするシーンや、悠司が紗香に「俺と付き合えばいいじゃん」と告白するシーンも収録されている。本作は「わるぐち」「TOKYO MERRY GO ROUND」「せつなくて -5 Voice & acoustic ver.- 」と1月17日から順次配信され、3作を通して1つのオリジナルストーリーが展開する。

dTVではDa-iCEのライヴ映像やMVの他、新曲「わるぐち」が主題歌に抜擢されたドラマ『花にけだもの』や、同曲に歌唱で出演した今市隆二(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)がMCの音楽番組『LOVE or NOT♪』、メンバーの岩岡徹、大野雄大、和田颯がゲスト出演した『トゥルルさまぁ〜ず』等の関連作品も配信中。

■【出演者 コメント】

■岩岡徹
この度、第1弾アーティストとしてパフォーマンスとドラマに出演させて頂き、喜びと感謝の気持ちで一杯です。
映像作品で演じる事は初めてでしたが、現場スタッフの皆さんがとても温かく支えてくれたので、素敵なチームと素敵な環境だと感じました。
ぜひ楽曲の歌詞やパフォーマンスと照らし合わせて、ドラマの方も楽しんで頂けたら幸いです。

■和田颯
今回、機会をいただき初めて演技に挑戦させていただきました。
普段の自分とは全く違う性格の役なのに、どこか共感できて素の自分で入れた気もします。
僕たちDa-iCEの曲に沿ったストーリーになっています。
皆さんに“FHIT"する内容になっていますので、パフォーマンスとドラマの両方をあわせて是非チェックして頂けたら嬉しいです。

■吉田志織
今回、共演させて頂いた岩岡徹さん、和田颯さんを始め、
監督やスタッフの皆さんがとても温かくて素敵な現場でした!
私が演じた紗香は わがままで気持ちもフラフラしている所がありますが、
なんだか人懐っこくて憎めないそんな女の子です。
一樹と悠司との間で心が揺れる紗香を、
Da-iCEさんの素敵な音楽と共にご覧いただけたら嬉しいです!

■『FHIT MUSIC♪ 〜Da-iCE〜』

1月17日(水)0:00より順次配信(全3作)
出演:岩岡徹/和田颯/吉田志織

■プレゼントキャンペーン情報>
FHIT MUSIC♪ 〜Da-iCE〜のどれかを視聴して頂いた方の中から抽選で、Da-iCE直筆サイン入り番組特製Tシャツを5名様にプレゼント!
応募期間:2018年1月17日(水)0:00 〜 2018年1月25日(木)23:59

■特集サイト
https://video.dmkt-sp.jp/ft/s0005115



【関連リンク】
Da-iCEが恋愛バトル? dTVオリジナルミュージックドラマ配信決定
Da-iCEまとめ
ゲスの極み乙女。、AmPmリミックス曲をSpotifyで独占先行配信

【関連アーティスト】
Da-iCE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 出演

ゲスの極み乙女。、AmPmリミックス曲をSpotifyで独占先行配信
Wed, 17 Jan 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゲスの極み乙女。が1月24日にリリースする5thシングル「戦ってしまうよ」の収録曲「ぶらっくパレード (Remix by AmPm)」のSpotify独占先行配信が開始となった。

この楽曲は1st EP『ドレスの脱ぎ方』に収録されている「ぶらっくパレード」を、Spotifyで累計1400万再生回数を誇る覆面ユニット“AmPm”がRemixしたもので、原曲とは違った魅力が詰まったダンサブルな曲に仕上がっている。

また、表題曲の「戦ってしまうよ」は、SpotifyやiTunes等の各配信サイトにて配信されているので、そちらもぜひチェックを!

配信楽曲「ぶらっくパレード (Remix by AmPm)」

配信中
※Spotify限定



■配信 URL
https://gesunokiwamiotome.lnk.to/bprmxTA

シングル「戦ってしまうよ」

2018年1月24日 発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31409/¥2,200+税
【通常盤】(CD)
WPCL-12827/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.戦ってしまうよ
2.イメージセンリャク
3.息をするために
4.ぶらっくパレード(Remix by AmPm)
■DVD ※初回限定盤のみ
全国ワンマンツアー『丸三角ゲス』ツアーファイナル in 日比谷野音よりライブ映像10曲収録
01.あなたには負けない
02.シアワセ林檎
03.サイデンティティ
04.午後のハイファイ
05.心地艶やかに
06.ゲストーリー
07.Dancer in the Dancer
08.いけないダンス
09.星降る夜に花束を
10.私以外私じゃないの(Remix by PARKGOLF)



【関連リンク】
ゲスの極み乙女。、AmPmリミックス曲をSpotifyで独占先行配信
ゲスの極み乙女。まとめ

【関連アーティスト】
ゲスの極み乙女。
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, 配信













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1