歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年12月18日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
【真心ブラザーズ ライヴレポート】『FLOW ON THE CLOUD』2017年12月5日 at マイナビBLITZ赤坂
Mon, 18 Dec 2017 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 12月5日(火)、マイナビBLITZ赤坂にて真心ブラザーズが『FLOW ON THE CLOUD』ツアー東京公演を開催。今年9月に発売した、最新アルバム『FLOW ON THE CLOUD』のリリースツアーとして全国18箇所で行なわれている今回のツアー。15本目となる東京公演では、ツアーを経て成長したアルバム収録の新曲たちを中心としたセットで、最新型の真心サウンドをたっぷり聞かせてくれた。

 “バンドが絶好調でございます!”と桜井秀俊(Vo&Gu)が笑顔で語っていたように、この日の真心ブラザーズは絶好調だった。最新アルバム『FLOW ON THE CLOUD』を引っ提げての全国ツアー東京公演。開演時間になり、サポートメンバーを連れてふらっとステージに登場したYO-KING(Vo&Gu)と桜井は、身構えることもなくギターを担いでひょいっと演奏を始めると、1曲目からダイレクトに胸に響く、圧倒的な歌と演奏で観客の心を掴んだ。

 アルバム収録の新曲たちを中心とした、この日のセット。あまり決め事を作らない中でセッション的に作ったという新曲たちはツアーを経てバンドにしっかり馴染み、自然体から生まれる心地良い温度感とビート感を会場に響かせた。「雲の形が変化をした」の歌詞みたいに、雲のかたちが変化するようにさまざまな風景を観せてくれた新曲たち。本当に楽しそうな笑顔を見せながら演奏するふたりののびのびした歌と演奏に心を委ねていると、あまりの心地良さに一晩中でも聴いていたい気分になる。痛快なロックンロールナンバー「アイアンホース」を披露したあと、“ギター弾きながら、足上げてたでしょ? 最初の頃はあんなのやってなかったよね?”とYO-KINGに突っ込まれ、“カッコ良いかなと思って。足つらないように、あのためだけに入念にストレッチしてるから”と返す桜井。そんな何てことないやりとりからも、ふたりがライヴを思い切り楽しんでるのが伝わってきて、こちらも楽しくなってしまう。アンコールでは2017年4月にMB\'Sと行なう中野サンプラザ公演の開催を発表。絶好調の真心ブラザーズを見逃す手はない。

撮影:eri shibata/取材:フジジュン

セットリスト

1.きいてる奴らがバカだから

2.高い空

3.雲の形が変化をした

4.光るひと

5.上手な眠り方

6.いい天気

7.けんかをやめたい

8.その分だけ死に近づいた

9.黒い夜

10.戦の友

11.かべ

12.アイアンホース

13.凍りついた空

14.FLYING BABY

15.レコードのブツブツ

16.人間はもう終わりだ!

17.愛

<ENCORE1>

1.ENDLESS SUMMER NUDE

2.JUMP

<ENCORE2>

空にまいあがれ

真心ブラザーズ

マゴコロブラザーズ:1989年、早稲田大学の音楽サークルに所属していた桜井秀俊が先輩のYO-KINGを誘い結成。同年、シングル「うみ」でメジャーデビューを果たす。2014 年には25周年を迎え、徳間ジャパンコミュニケーションズへ移籍。同時に真心ブラザーズのレーベルとして“Do Thing Recordings”を立ち上げた。



【関連リンク】
【真心ブラザーズ ライヴレポート】『FLOW ON THE CLOUD』2017年12月5日 at マイナビBLITZ赤坂
真心ブラザーズまとめ
AIMI(ex.ステレオポニー)、Amazonドラマ『チェイス第一章』ED曲を担当

【関連アーティスト】
真心ブラザーズ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.160

AIMI(ex.ステレオポニー)、Amazonドラマ『チェイス第一章』ED曲を担当
Mon, 18 Dec 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

元ステレオポニーのボーカル&ギターのAIMIが2017年12月22日にAmazonプライムビデオにて独占配信開始するドラマ『チェイス 第一章』のエンディング曲を担当!  同ドラマのために書き下ろした「FAKE」が使用される。『チェイス第一章』の脚本は『HERO』『海猿』『龍馬伝』などを手掛けた福田靖、監督は『神様のカルテ』『白夜行』で知られる深川栄洋が担当する。大谷亮平と本田翼のW主演ドラマとなっており、主題歌はポルノグラフィティに決定しているとのこと。なお、「FAKE」はAmazon.co.jp限定盤として2018年1月24日にAmazon Recordsからリリースが決定しており、ドラマの配信開始と同日の2017年12月22日から予約が開始となる。

2017年4月に初のワンマンライブを成功させたAIMIは、2017年9月よりCAMPFIREでクラウドファンディングを実施。ミニアルバムの予定をフルアルバムにランクアップして制作するプロジェクトをスタートすると、目標額を開始8分で達成し、最終的に目標額の360%の支援を集めた。また、海外から支援したいとの声に応え、TOKYO MIRAI MODEで海外向けにもクラウドファンディングを実施し、9,600ドルが集まったという。ソロ初となるアルバムは、2018年春にリリースが決定しているので、こちらも注目だ。

シングル「FAKE」

2018年1月24日発売
2017年12月22日予約開始



【Amazon.co.jp限定盤】



【関連リンク】
AIMI(ex.ステレオポニー)、Amazonドラマ『チェイス第一章』ED曲を担当
AIMIまとめ
ステレオポニーまとめ
高橋まこと、BO?WY映像作品発売を記念して各地でドラムをプレイ!

【関連アーティスト】
AIMI, ステレオポニー
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, シングル, TVドラマ, エンディング

高橋まこと、BO?WY映像作品発売を記念して各地でドラムをプレイ!
Mon, 18 Dec 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

オリジナルフィルムから4Kリマスタリングで高画質・高音質となり、新たな編集、初の16:9で12月24日に発売されるBO?WYの映像作品『1224 -THE ORIGINAL-』。この発売を記念したイベント・ツアー『BO?WY×WOnderGOO×SHINSEIDO presents「1224 THE ORIGINAL RELEASE SPECIAL EVENT TOUR 2017-18」』の初日が12月16日にワンダーグー守谷店でスタートした。

このイベント・ツアーは、12月16日(土)のワンダーグー守谷店を皮切りに、BO?WYのドラマー・高橋まことが当時のドラムセットを再現したドラムスで1987年12月24日に東京・渋谷公会堂で行なった「1224」の演奏曲を映像に合わせて演奏するもの。初日にあたるこの日はライブの幕開けとなった「LIAR GIRL」と「ANGEL PASSED CHILDREN」2曲を披露。さらに当時を振り返るエピソードや集まった観客からの質問などに答え、最後には会場のリクエストに応じて更に「DRAMATIC DRASTIC」もドラム演奏も行なった。

このイベント・ツアーは来年1月まで各店舗2曲映像に合わせて演奏し、最終日のひたちなか店の全10箇所で「1224」の演奏曲目をコンプリートする。またワンダーグー守谷店では、コンサートグッズやライブチケットなど、高橋まことが所有している当時のBOOWYに関連するファンには垂涎のお宝グッズも特別展示されているので、気になる方はぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

■『BO?WY 1224 -THE ORIGINAL-』 ダイジェスト映像


https://youtu.be/3p52qpMABbM『BO?WY×WOnderGOO×SHINSEIDO presents「1224 THE ORIGINAL RELEASE SPECIAL EVENT TOUR 2017-18」』

12月23日(土)  群馬 スーパーセンターFEEL
開催時間:PM13:00〜
12月30日(土)  神奈川 新星堂モザイクモール港北店
開催時間:PM13:00〜
※参加券をお持ちの方はPM12:00よりSTYLE\'S STUDIO前にて整理番号をランダムでお渡しいたします。その後、整理番号順に入場していただきます。フリー入場の方は参加券お持ちの方の入場後にご入場いただきます。

<2018年>
1月06日(土) 埼玉 WonderGOO 本庄店
開催時間:PM 13:00〜
1月06日(土)埼玉 WonderGOO 川越店
開催時間PM 17:00〜
1月07日(日)千葉 WonderGOO 旭店
開催時間:PM 13:00〜
1月08日(月・祝)  茨城 WonderGOO 下館店
開催時間:PM 13:00〜
1月08日(月・祝)  茨城 WonderGOO ひたちなか店
開催時間:PM 17:00〜
※終了分は割愛

Blu-ray&DVD『BO?WY 1224 -THE ORIGINAL-』

2017年12月24日(日)発売



【Blu-ray(5.1ch)】
UPXY-6046/¥6,000+税
※3形態ともの収録内容は同じものとなります。
<収録曲>
01.LIAR GIRL
02.ANGEL PASSED CHILDREN
03.BLUE VACATION
04.ハイウェイに乗る前に
05.GIGOLO&GIGOLET
06.PSYCHOPATH
07.CLOUDY HEART
08.MARIONETTE
09.わがままジュリエット
10.LONGER THAN FOREVER
11.季節が君だけを変える
12.WORKING MAN
13.B・BLUE
14.RENDEZ-VOUS
15.HONKY TONKY CRAZY
16.PLASTIC BOMB
17.BEAT SWEET
18.IMAGE DOWN
19.NO. NEW YORK
[アンコール]
20.MEMORY
21.ONLY YOU
22.DREAMIN\'



【DVD】
UPBY-5064/¥5,000+税



【Ultra HD Blu-ray +Blu-ray(5.1ch)】
UPZY-9001/¥12,000+税



【関連リンク】
高橋まこと、BO?WY映像作品発売を記念して各地でドラムをプレイ!
BO?WY まとめ
高橋まことまとめ
喜多村英梨、シングル「妄想帝国蓄音機」詳細&MV(short ver.)解禁

【関連アーティスト】
BO?WY , 高橋まこと
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, DVD, Blu-ray, キャンペーン, リリース, 発売, ライブ, ツアー

喜多村英梨、シングル「妄想帝国蓄音機」詳細&MV(short ver.)解禁
Mon, 18 Dec 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

喜多村英梨が2018年1月24日にリリースするニューシングル「妄想帝国蓄音機」のキービジュアル、ジャケットデザイン、そしてミュージックビデオ(short ver.)が一斉に公開された。

CDジャケットはカオティックで独創的アートワークが特徴の新進気鋭アートデザイナー・島田隆将氏、そしてミュージックビデオはアニメーションCGを駆使した作品を得意とする映像作家・椙本晃佑氏が務めており、いずれも奇天烈でヘヴィな楽曲の世界観と各クリエイターが作り上げる奇想天外な“妄想世界"とが見事にマッチした作品に仕上がった。

また、購入者特典として店舗ごとに違う特製ブロマイドも用意しており、全14種類のキタエリが楽しめる。更にリリースを記念したミニライブ&トークイベントが2018年2月3日(土)に実施されることが決定。会場限定となるものも用意されたプレミアムな内容となっている。

さらに10月28日に行なったワンマンライブ『Nightmare † Alive 2017』のグッズが多くの再販希望の声を受けて、復刻版として通販で受注生産にて受付開始! きになる方はオフィシャルHPをチェックしよう。

■「妄想帝国蓄音機」MV(short ver.)


https://youtu.be/QnMmAK51Pecシングル「妄想帝国蓄音機」

2018年1月24日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TECI-599/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
M1.妄想帝国蓄音機
M2.fairy∞world
■DVD
M1「妄想帝国蓄音機」Music Video
M2「妄想帝国蓄音機」Music Video Making
M3「妄想帝国蓄音機」CM SPOT ver.



【通常盤】(CD)
TECI-600/¥1,300+税
<収録曲>
M1.妄想帝国蓄音機
M2.fairy∞world
M3.ViViD DESiRE(※通常盤のみ収録)

【喜多村英梨「妄想帝国蓄音機」発売記念イベント】

2月03日(土) 三鷹市公会堂
昼・公演夜公演
※詳細後報 



【関連リンク】
喜多村英梨、シングル「妄想帝国蓄音機」詳細&MV(short ver.)解禁
喜多村英梨まとめ
クリスマスをロマンチックにしてくれる!洋楽女性シンガー5曲

【関連アーティスト】
喜多村英梨
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, 新曲, リリース

クリスマスをロマンチックにしてくれる!洋楽女性シンガー5曲
Mon, 18 Dec 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

元来クリスマスはファミリーの家庭で集うイベントですが、日本では恋人たちが主役。だから、クリスマスまであと1週間に迫った今週は恋人たちが1年でもっともざわめく季節のピークを迎えていることでしょう。大好きな人とロマンチックに過ごしたいと考えてプレゼントを選んだり、レストランの予約をしたりと、あれこれ忙しい人も多いはず。そこで今回は『クリスマスをロマンチックにしてくれる! 洋楽女性シンガー5曲』をご紹介します。

■「Baby It’s Cold Outside」(’09)/Norah Jones and Willie Nelson

定番中の定番であるクリスマスのスタンダードナンバー「Baby It’s Cold Outside」における最高デュエットと名高いこの作品は、グラミー賞のヴォーカルとのベスト・ポップ・コラボレーション部門にノミネートされました。この曲は多くのミュージシャンによって歌い継がれてきており、古くはDinah ShoreとBuddy Clarkや、 Ella FitzgeraldとLouis Jordan、2000年に入ってからはDolly PartonとRod Stewartのバージョンも記憶に新しく、パロディー版などもリリースされているので、パートナーとふたりで一緒にいろいろなバージョンを聴き比べて、好みのものを探してみても楽しいでしょう。帰らなきゃと言う女性をなんとか引き止めたい男性との駆け引きを歌ったこの曲のように、甘〜いクリスマスを過ごしたいカップルにお薦めです。

■「Christmas Eve」(’98) /Celine Dion

「Christmas Eve」はCeline Dionの英語によるスタジオアルバムとしては6枚目の『These Are Special Times』に収録されています。このアルバムは人気のクリスマス・ソング「Ave Maria」やJohn LennonとYoko Onoの「Happy Xmas (War Is Over)」などと自身のオリジナル曲を合わせた英語版クリスマス・アルバムの第一作でもあり、世界累計2000万枚をセールスした“アメリカでもっとも売れたクリスマス・アルバム”としての記録を残した一枚であるのでアルバム全部がお薦め。特にこの曲は、大好きな彼氏と初めてクリスマスを過ごすことに心躍らせるうら若き乙女の心境を歌い上げたものなので、該当する方はこの曲を聴いてさらにハッピー度を上げて聖なるイヴを迎えましょう!


https://youtu.be/SIr727GvpKI■「Merry Christmas, Darling」(’70)/The Carpenters

The Carpentersの初のクリスマス・シングルである「Merry Christmas, Darling」は、1970年にリリースされた彼らのメジャー第4弾シングル。当時、USビルボードのクリスマス・ソングランキングでは1位を記録し、イギリスなどでも広く聴かれ、78年には再レコーディングをして再びリリースし、爆発的ヒットとなった作品です。たったひとつだけ、あなたと一緒にいられたらと願う歌詞の内容は、クリスマスにも会えず、新年をともに迎えることのできない大好きな恋人を思う切ない感情を綴ったもの。もし何らかの事情で、今年は恋人と一緒にクリスマスを過ごすことができないという人は、この歌にご自身の想いをのせて愛しい人に贈るのもひとつの愛のかたちかもしれません。

■「Christmas Through Your Eyes」 (’93)/Gloria Estefan

イントロが印象的なこの曲はGloria Estefanのスタジオアルバム4枚目『Christmas Through Your Eyes』に収録されています。先ほどのCeline Dion同様、このアルバムもまた、クリスマス・アルバムという位置付けがなされており、「White Christmas」や「Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!」「Silent Night」などのスタンダードなクリスマス・ソングがカバーされており、華やかなイメージを持つ作品です。アルバムのタイトル・チューンでもあるこの楽曲はDianeみたいとWarrenによって書き下ろされ、アルバムの核として据えられています。破れてしまった過去の恋愛相手の目を通して再びクリスマスをみたいと願う、急遽おひとり様クリスマスになってしまった人にぴったりの…物悲しい失恋ソングです。

■「All I want For Christmas Is You」(’94)/Mariah Carey

クリスマス・ソングの女王と言えば、やはりMariah Careyの「All I want For Christmas Is You」でしょう。リリースされてから20年以上経過してもまったく色褪せないクリスマスの鉄板ソングは、ストレートな女心“私がクリスマスに欲しいのはあなただけ”を意中の彼に直球で伝えたい貴女には打って付けの選曲になること間違いなしです。オリジナルバージョンだけではなく、Justin Bieberとコラボした6年前の作品もお薦め。MVのMariahばりにサンタのコスプレをして、雪の中を色っぽく、かつ大胆にはしゃぐもよし、それでいて可愛くゴージャスな貴女をアピールするもよし! 大切な人との大切な時間に、音楽を添えて目いっぱいに演出してみてくださいね。


https://youtu.be/yXQViqx6GMYTEXT:早乙女‘dorami’ゆうこ



【関連リンク】
クリスマスをロマンチックにしてくれる!洋楽女性シンガー5曲
Norah Jonesまとめ
Willie Nelsonまとめ
Celine Dionまとめ
The Carpentersまとめ

【関連アーティスト】
Norah Jones, Willie Nelson, Celine Dion, The Carpenters, Gloria Estefan, Mariah Carey
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!, アルバム

SPYAIR、アルバム『KINGDOM』お祝いコメント第3弾は綾小路 翔やJean-Ken Johnnyら5組!
Mon, 18 Dec 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SPYAIRが10月11日にリリースした5thアルバム『KINGDOM』の特設サイトにて、 著名人からのお祝いコメント第3弾を公開した。第3弾には逢田梨香子、秋本帆華(チームしゃちほこ)、綾小路 翔(氣志團)、大木貴将(千葉ロッテマリーンズ)、小野賢章、Jean-Ken Johnny(MAN WITH A MISSION)からメッセージが寄せられており、特設サイトでは第1弾・第2弾で公開されたEXILE NESMITH 、Gero、高橋優、TOTALFATらからのメッセージも見られるので、ぜひチェックしてほしい。

■アルバム『KINGDOM』特設サイト
http://www.spyair.net/kingdom/

アルバム『KINGDOM』

2017年10月11日(水)発売



【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
AICL-3411〜2/¥3,694+税



【初回生産限定盤B】(2CD)
AICL-3413〜4/¥3,426+税



【通常盤】(CD)
AICL-3413〜4/¥2,593+税

全国ホールツアー『SPYAIR TOUR 2018 ?KINGDOM?』

1月26日(金) 東京 中野サンプラザ
1月28日(日) 静岡 沼津市民文化センター
1月30日(火) 埼玉 大宮ソニックシティ
2月03日(土) 宮城 東京エレクトロンホール宮城
2月04日(日) 千葉 浦安市文化会館
2月08日(木) 神奈川 川崎市スポーツ・文化総合センター
2月12日(月・祝) 兵庫 神戸国際会館 こくさいホール
2月17日(土) 新潟 新潟テルサ
2月18日(日) 福島 郡山市民文化センター 中ホール
2月25日(日) 群馬 桐生市市民文化会館 シルクホール
3月11日(日) 神奈川 厚木市文化会館
3月17日(土) 北海道 わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
3月21日(水・祝) 石川 本多の森ホール
3月23日(金) 岐阜 長良川国際会議場
3月25日(日) 京都 ロームシアター京都 メインホール
3月31日(土) 広島 広島文化学園HBGホール
4月01日(日) 岡山 岡山市民会館
4月05日(木) 福岡 福岡サンパレス ホテル&ホール
4月07日(土) 香川 レクザムホール・小ホール
4月08日(日) 愛媛 松山市総合コミュニティセンター・キャメリアホール
4月12日(木) 大阪 フェスティバルホール
4月14日(土) 愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール
<チケット>
指定席¥5,800(税込)※3歳以上チケット必要



【関連リンク】
SPYAIR、アルバム『KINGDOM』お祝いコメント第3弾は綾小路 翔やJean-Ken Johnnyら5組!
SPYAIRまとめ
チームしゃちほこまとめ
氣志團まとめ
MAN WITH A MISSIONまとめ

【関連アーティスト】
SPYAIR, チームしゃちほこ, 氣志團, MAN WITH A MISSION
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース

SANABAGUN.、ツアーファイナルにて対バン企画の東名阪公演開催を発表
Mon, 18 Dec 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SANABAGUN.最強伝説、見事なその第二章の幕開けだった。9月に脱退した小杉隼太から大きなバトンを受け継いだ新ベーシスト、大林亮三を迎えて臨んだ2017年を締めくくるツアー『SANABAGUN. TOUR ? Suggestion -』の最終公演が、12月16日(土)に渋谷WWW Xにて開催された。本ツアーは11月23日の大阪Music Club JANUSからスタートし、ファイナルのWWW X 2DAYSを含む全5都市、6公演を行なった。思えば今年、流通作品のリリースがなかったSANABAGUN.であるが、彼らの歩みは実にタフだったし、その絶対に折れないマインドはこのツアーで披露したいくつかの新曲と、新生SANABAGUN.の息吹を注入した既発曲の体現によって証明してみせた。

メンバーによる『SANABAGUN.だ、味わえー!』の号砲を合図に鳴らされた1曲目から、いきなり新曲だった。タイトルは「Walking Dead」。古くからSANABAGUN.のライブに足を運んでいるオーディエンスは、この曲の前身バージョンを過去に聴いたことがあるかもしれない。絶妙な間合いを見極めたタイトなジャズサウンドに、静かな熱を帯びた岩間俊樹のラップと、背筋が凍るような冷たさを感じさせる高岩遼のつぶやきの掛け合い乗る。リリックからは残虐な情景が浮かぶのだが、しかし、どうしようもなくセクシャルな気分を煽られもする。これぞ、ただならぬ緊張感を発するSANABAGUN.のダークサイドの真骨頂である。その緊張感をキープしたままシームレスに2曲目「M・S」へと繋げるのだから、たまらない。それにしても、この曲における澤村一平のドラミングには毎度圧倒される。

一転して「板ガム―ブメント」と「まずは『墓』。」で音楽的な様相は無軌道なユーモアをはらんだ陽性のものになり、オーディエンスはそのカタルシスに心身を揺さぶられざるを得ない。ときにフルートも吹くサックスの谷本大河とトランペットの高橋紘一のホーンセクションが果たしている役割も大きい。緊張と緩和、恐怖と洒脱を自在に操る、陰陽和合な音楽像が提示するすごみとエンターテインメント性。前半の4曲で、SANABAGUN.の本質であり武器をまざまざと見せつけた格好である。サウンドプロダクションの面においても、バンドの真髄であるジャズマナーと黒光りファンクネスをベースに様々な音楽的な意匠を織り交ぜる巧みな腕と工夫を、楽曲を重ねるごとに見せつけていった。

ハーレーダビッドソンとのコラボレーション楽曲である5曲目「We in the street」では隅垣元佐のサンタナばりに咆哮するギターフレーズが牽引し、2発目の新曲「三種の神器」ではワウとファズを効かせた大林のベースが、ハードかつアッパーなグルーヴを際立たせていた。

あるいはジャズマンとしての矜持がプレイに込められていた櫻打泰平の長尺のピアノソロを経て始まった「Stuck IN Traffic」では、高岩のジャズボーカリストでありパフォーマーとしての比類なき存在感が光っていた。高岩と岩間が繰り広げるしりとりによって構成される「ハミガキ」と、高岩、岩間、隅垣が前線に立つ「3MCメドレー」も最高に楽しかった。本編ラストの「Yukichi Fukuzawa」と「人間」まで、ステージ上もフロアも熱量と集中力を微塵も切らすことなく一気に駆け抜けた。

アンコールがまた痛快極まりなかった。メンバー全員がMCとなってマイクリレーしていく「もう実家帰りなよ」のイントロが鳴りオーディエンスが歓喜の声をあげると、銃弾が打ち込まれるSEによって曲が変わり、新たなマイクリレー曲、その名も「8MC」に塗り替えられた。そのリリック内容は、ぜひ直接ライブで確かめてほしい。

最後の最後に披露されたのもまた新曲だった。タイトルは「FLASH!」。SANABAGUN.流にディスコファンク/ブギーを昇華したようなサウンドの上で歌謡性に富んだ高岩の歌と軽快でありながら説得力に満ちた岩間のラップが躍動する。真新しいポップネスと普遍的なクラシック感を同時に味わえる強力な1曲である。

終演後、会場の出口付近の壁には次なるアクションをアナウンスするフライヤーが張り巡らされていた。それは、3月に対バン企画『VS SANABAGUN.』の東名阪公演が開催されるということ。最強のまま生まれ変わったSANABAGUN.と対峙する相手は、今後明らかになる。

ツアーファイナルを迎えた12月16日21時より『VS SANABAGUN.』のチケット先行予約をSANABAGUN.オフィシャルHPにて開始している。

Text by 三宅正一

『VS SANABAGUN. 』

3月03日(土)  名古屋CLUB QUATTRO
OPEN18:15 START19:00
対戦相手:後日発表
3月04日(日)  梅田CLUB QUATTRO
OPEN18:15 START19:00
対戦相手:後日発表
3月10日(土)  恵比寿LIQUIDROOM
OPEN18:15 START19:00
対戦相手:後日発表

◎ オフィシャルサイト先行
受付期間:12月16日(土)21:00〜12月24日(日)23:00
http://eplus.jp/sanabagun18-hp/



【関連リンク】
SANABAGUN.、ツアーファイナルにて対バン企画の東名阪公演開催を発表
SANABAGUN.まとめ
米津玄師、アニメ『僕のヒーローアカデミア』とのコラボMVを公開

【関連アーティスト】
SANABAGUN.
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, ライブ, ツアー, ライブレポ, レポート

米津玄師、アニメ『僕のヒーローアカデミア』とのコラボMVを公開
Mon, 18 Dec 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

米津玄師の楽曲「ピースサイン」とTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』のスペシャルコラボレーションが実現し、この度スペシャルミュージックビデオが公開となった。

今回解禁されたスペシャルミュージックビデオは、「ピースサイン」フルバージョンにヒロアカ2期の本編映像、そこに新たにVFXを織り交ぜて構成。第3期放送と劇場版公開を迎える2018年の“ヒロアカイヤー"に向けて、ヒロアカをより一層加速させる内容に仕上がっている。このミュージックビデオは、アニメ『僕のヒーローアカデミア』公式HPとTOHO animationのYoutubeチャンネルにて公開されている。

米津玄師は多くのコラボレーションによって若者のカリスマから大きく認知度を広げ、幅広い層のファンを獲得。その飛躍の一年の最後を飾るにふさわしいスペシャル映像となっている。

(c)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

■アニメ『僕のヒーローアカデミア』公式HP
http://heroaca.com/

■『僕のヒーローアカデミア』×米津玄師「ピースサイン」 スペシャルミュージックビデオ


https://youtu.be/1oMxrHXzOsYアルバム『BOOTLEG』

2017年11月1日発売



【ブート盤(初回限定)】(CD+12inchアナログ盤ジャケット+アートイラスト+ポスター+ダミーレコード)
SRCL-9567〜9568/¥4,500+税
【映像盤(初回限定)】(CD+DVD)
SRCL-9569〜9570/¥3,700+税
【初回仕様限定/通常盤】(CD)
SRCL-9571/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.飛燕
02.LOSER
03.ピースサイン
04.砂の惑星(+初音ミク)
05.orion
06.かいじゅうのマーチ
07.Moonlight
08.春雷
09.fogbound(+池田エライザ)
10.ナンバーナイン
11.???
12.Nighthawks
13.打上花火
14.灰色と青(+菅田将暉)
■DVD  ※映像盤のみ
1.LOSER Music Video
2.orion Music Video
3.ピースサイン Music Video
4.ゆめくいしょうじょ Music Video

【ツアー情報】

『米津玄師 2017 TOUR / Fogbound』
12月23日(土・祝) 岡山・岡山市民会館
12月24日(日) 広島・上野学園ホール
※終了分は割愛

『米津玄師 2018 LIVE / Fogbound』
1月09日(火) 東京・日本武道館
1月10日(水) 東京・日本武道館



【関連リンク】
米津玄師、アニメ『僕のヒーローアカデミア』とのコラボMVを公開
米津玄師まとめ
岡幸二郎、3年ぶりとなるアルバムで名作ヒロイン11人の女心を歌う

【関連アーティスト】
米津玄師
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, コラボレーション, コラボ, ミュージックビデオ, MV, 発表, アニメ, 主題歌, オープニング

岡幸二郎、3年ぶりとなるアルバムで名作ヒロイン11人の女心を歌う
Mon, 18 Dec 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日本ミュージカル界を牽引する岡幸二郎が、12月20日に3年ぶりとなるアルバム『I Am What I Am 〜私はアタシ〜』をリリースする。今作は、名作ミュージカルの舞台に生きる11人の“ヒロイン"たちによる名ナンバーをラインナップ。『アニー』の「トゥモロー」や『レ・ミゼラブル』の「夢破れて」「オン・マイ・オウン」、『エビータ』の「共にいてアルゼンチーナ」など、劇中でヒロインたちが歌う女心を、岡の豊かな声量と表現力、持ち前のヴェルヴェットヴォイスで、女性を凌駕するセンチメントをもって歌いあげる。

今回のアルバムについて、岡幸二郎は「作品の中で、客席で観て触れて来た女性達の生き様が、異性の私の身体を通してどう表現されるか。今の私にしか出来ない“アタシ"を聴いてもらいたい」と語っている。2017年12月19日には、2018年3月に閉館となる名古屋・中日劇場にて『さよなら中日劇場 岡幸二郎 inミュージカルコンサート』が行なわれ、そこでは今回のアルバムのナンバーも歌唱予定とのことだ。

アルバム『I Am What I Am 〜私はアタシ〜』

2017年12月20日発売



COCQ-85413/¥3,000+税
<収録曲>
1.メモリー 『キャッツ』より
2.サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー 『クレイジー・フォー・ユー』より
3.私はイエスがわからない 『ジーザス・クライスト・スーパースター』より
4.オン・マイ・オウン 『レ・ミゼラブル』より
5.オール・フォー・ローラ 『ウーマン・イン・ホワイト』より
6.命をあげよう 『ミス・サイゴン』より
7.共にいてアルゼンチーナ 『エビータ』より
8.アイ・アム・ホワット・アイ・アム 『ラ・カージュ・オ・フォール』より
9.夢やぶれて 『レ・ミゼラブル』より
10.エニシング・バット・ロンリー 『アスペクツ・オブ・ラブ』より
11.トゥモロー 『アニー』より

『さよなら中日劇場 岡幸二郎 inミュージカルコンサート』

12月19日(火) 名古屋・中日劇場
18:30 START
出演:岡幸二郎
<ゲスト>
一路真輝
岩崎宏美 石井一孝 和音美桜 渡辺大輔
演奏:セントラル愛知交響楽団
指揮:西野 淳

制作協力:日本コロムビア(株)
http://www.chunichi-theatre.com/presents/2017/12/12gatsu5.html



【関連リンク】
岡幸二郎、3年ぶりとなるアルバムで名作ヒロイン11人の女心を歌う
岡幸二郎まとめ
集団行動、2ndアルバム『充分未来』リリース&初のワンマンツアーが決定

【関連アーティスト】
岡幸二郎
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表, 名曲, リリース, ライブ, 舞台

集団行動、2ndアルバム『充分未来』リリース&初のワンマンツアーが決定
Mon, 18 Dec 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

相対性理論のコンポーザーでもあった真部脩一が主体となって立ち上げたバンド・集団行動が、待望の2ndアルバム『充分未来』を2018年2月7日にリリースすることを発表した。オフィシャルHPに掲載されている今作についての言葉には『21世紀、充分未来です』『全8曲からなる、遠い未来のアーカイブ集』『さあ、未来を振り返ってみましょう』という意味深なワードが並び、何とも真部らしい世界観が見え隠れしている。また、今作にはヴォーカルの齋藤里菜と真部のデュエットソングも収録されるとのことで、新たな1面も垣間見える作品になりそうだ。なお、アルバムタイトル曲「充分未来」は、既に数回ライブでも披露されていたが、今後全国のラジオでも順次聴くことができるとのことなので、気になる人は早速リクエストをしてみてはいかがだろうか。

さらに、このアルバムリリースを受けた初めてのツアーも決定! 『集団行動の単独公演「充分未来ツアー」』と題して、東京・大阪にてワンマンライブを行なう。こちらのチケットは12月18日から先行受付スタートとなっているので、詳しくはオフィシャルHPをチェックしてほしい。

アルバム『充分未来』

2018年2月7日発売



VICL-64912/¥2,000+税
<収録曲>
1. 会って話そう
2. 充分未来
3. 春
4. フロンティア
5. 絶対零度
6. 鳴り止まない
7. モンド
8. オシャカ

『集団行動の単独公演「充分未来ツアー」』

3月16日(金) 大阪Music Club JANUS
3月22日(木) 渋谷WWW X

<チケット>
¥3,500(D代別)
・Official Web Site先行第一弾
12月18日(月)12:00〜12月24日(日)23:00
※詳しくは、オフィシャルサイトLIVEページまで



【関連リンク】
集団行動、2ndアルバム『充分未来』リリース&初のワンマンツアーが決定
集団行動まとめ
相対性理論まとめ
SCANDAL、AMIAYAが手がけた女性らしくクリエイティブなアー写を公開

【関連アーティスト】
集団行動, 相対性理論
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ライブ, ツアー, ワンマン

SCANDAL、AMIAYAが手がけた女性らしくクリエイティブなアー写を公開
Mon, 18 Dec 2017 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SCANDALが8枚目のオリジナルアルバム『HONEY』を2018年2月14日にリリースすることを発表、さらに最新アーティスト写真を公開した。今作は、TOKYOを代表するファッションアイコンとして活躍中のツインズユニット・AMIAYAがビジュアルプロデュースを手掛けており、これまでのSCANDALとは一味違う、女性ならではの色気や甘さが表現されたクリエイティブな作品となっている。また、アルバム『HONEY』の特設サイトも公開となったので、こちらも要チェック!

■アルバム『HONEY』特設サイト
http://www.scandal-honey.com/

アルバム『HONEY』

2018年2月14日(水)発売



【完全生産限定盤】(CD+ Tシャツ)
ESCL4957-4958/¥5,278+税
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL4959-4960/¥3,426+税
【通常盤】(CD)
ESCL4961/¥2,963+税
※初回仕様

【ライブ情報】

『BEST★Xmas 2017』
12月24日(日)  赤坂BLITZ
開場:17:00 開演:18:00

『SCANDAL TOUR 2018 “HONEY"』
3月03日(土)  埼玉県・三郷市文化会館 大ホール
3月09日(金)  鹿児島県・鹿児島市民文化ホール 第2ホール
3月10日(土)  福岡県・福岡市民会館
3月16日(金)  宮城県・仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
3月17日(土)  岩手県・盛岡市民文化ホ−ル 大ホール 
3月21日(水・祝)  北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
3月24日(土)  栃木県・佐野市文化会館 大ホール
3月25日(日)  茨城県・結城市民文化センターアクロス 大ホール
3月31日(土)  新潟県・新潟県民会館
4月01日(日)  石川県・本多の森ホール
4月07日(土)  広島県・広島文化学園HBGホール
4月08日(日)  鳥取県・米子市公会堂
4月14日(土)  愛知県・日本特殊陶業市民会館フォレストホール
4月15日(日)  愛知県・日本特殊陶業市民会館フォレストホール
4月21日(土)  香川県・サンポートホール高松 大ホール
4月22日(日)  奈良県・なら100年会館 大ホール
4月27日(金)  大阪府・オリックス劇場
4月28日(土)  大阪府・オリックス劇場
5月11日(金)  東京都・中野サンプラザ
5月12日(土)  東京都・中野サンプラザ
5月18日(金)  静岡県・静岡市清水文化会館マリナート 大ホール
5月19日(土)  岐阜県・岐阜市民会館
5月25日(金)  兵庫県・神戸国際会館こくさいホール



【関連リンク】
SCANDAL、AMIAYAが手がけた女性らしくクリエイティブなアー写を公開
SCANDALまとめ
AMIAYAまとめ
コレサワ、全公演SOLD OUTを果たした初ワンマンツアーが終幕

【関連アーティスト】
SCANDAL, AMIAYA
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, アルバム, 発表, リリース

コレサワ、全公演SOLD OUTを果たした初ワンマンツアーが終幕
Mon, 18 Dec 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

コレサワが12月15日に、メジャーデビューアルバム『コレカラー』を引っさげて全国10都市(11公演)を巡ったツアー『コレサワ ワンマンツアー 2017 君の街にいくカラー』のファイナル公演を渋谷WWWにて開催した。

ツアーは全公演がSOLD OUT。この日のライブも満員の中、「あたしを彼女にしたいなら」からスタートした。人気曲「君のバンド」、コレサワがゆるキャラ達と結成したバンド"コレちゃんズ"でMVも公開された「死ぬこと以外かすり傷」、YouTubeでのMV再生回数が500万回を突破した話題の失恋ソング「たばこ」などを次々に披露。 好きな男の子に、何としても自分を印象付けたくて頑張る女の子の歌 「君とインドカレー」では、ステージ上にテーブルと男の子役のマネキンがセットされ、カレーショップを再現。コレサワが頑張る女の子を熱演した。途中、《バターチキンが一番甘いですよ》という歌詞を、カレーショップ店員に扮した本物のインド人が登場して歌唱し、会場を盛り上げる。「お願いサンタクロース」では、「きよしこの夜」などのクリスマスソングがアレンジの中に施され、コレサワからクリスマスソングがプレゼントされる場面も見受けられた。

本編ラストでは『これからもメンバーの前、スタッフの前、コレサワを聴いてくれる人の前で、 騒がしくワチャワチャしながらライブをしていきたいという、メジャーでもそこは変わらずやっていきたいという思いを込めました。』というMCに続いて「これから」を歌い上げた。  

鳴り止まない拍手に続いて、アンコールでは、デビューアルバム『コレカラー』のリード曲「SSW」を歌唱。全18曲を披露し、盛況の中、初のワンマンツアーが終幕となった。また、この日のライブの中で、人気キャラクター「コントロールベア」と自身のキャラクター「れ子ちゃん」のコラボぬいぐるみを、4月4日リリース(12月18日正午より予約開始)すること、5月6日、大阪 梅田シャングリラ、5月12日、東京 恵比寿LIQUIDROOMにて、コレサワ ワンマンショー「コレシアター04」の開催決定が発表された。

Photo by 小坂茂雄

【セットリスト】
1.あたしを彼女にしたいなら
2.バックアップ
3.トーキョー
4.ショートカットに憧れて
5.最終電車
6.君のバンド
7.死ぬこと以外かすり傷
8.シンデレラ
9.悪いユメ
10.たばこ
11.失恋ソングを歌った後に
12.君とインドカレー
13.お姉ちゃんに部屋があったことまだ恨んでるのかな
14.お願いサンタクロース
15.いたいいたい
16.阪急電車と2DK
17.これから
EN. SSW

1stぬいぐるみ「れ子ちゃん×コントロールベア」

2018年4月4日発売



FAB-6/7/¥2,980(税込)
※予約販売商品
※予約期間:2017年12月18日(月)12:00〜2018年1月31日(水)18:00

<内容>
ぬいぐるみ予定サイズ:天地15cm、幅10cm、奥行き9cm。
(予定サイズですので、実物とは異なる可能性が有ります。その際はご容赦ください。)
おまけCD:新曲「君とぬいぐるみ」収録

・タワーレコードオンライン
http://tower.jp/item/4662268
・ヴィレッジヴァンガードオンラインストア
https://vvstore.jp/i/vv_0000000000149839/

コレサワ ワンマンショー「コレシアター04」

5月06日 (日) 大阪 梅田シャングリラ
Open 16:30 Start 17:00
5月12日(土) 東京 恵比寿LIQUIDROOM
Open 17:00 Start 18:00



【関連リンク】
コレサワ、全公演SOLD OUTを果たした初ワンマンツアーが終幕
コレサワまとめ
バンもん!、関西初のホールワンマンにて追加公演&NHK大阪ホールでのワンマン開催を発表

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, 発表, ライブ, ツアー, ワンマン, セットリスト, ライブレポ, レポート

バンもん!、関西初のホールワンマンにて追加公演&NHK大阪ホールでのワンマン開催を発表
Mon, 18 Dec 2017 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!が12月17日(日)、大阪・森ノ宮ピロティーホールにて関西初のホールワンマンライブ『バンドじゃないもん!パーフェクトピースコンサート2017〜大阪にSEY YES!を〜』を開催した。

初のホールワンマンに胸を高鳴らせる満員の観客1000人が待ちわびる中、オープニングである「OVERTURE」が流れると、バンドメンバーが登場。初のバンドセットでのワンマンライブに一気に会場の熱気は高まり、オープニングナンバーでバンドじゃないもん!屈指の人気ナンバー「君の笑顔で世界がやばい」を披露すると割れんばかりの歓声が会場を包んだ。

自己紹介を終え、オープニングMCでは『いよいよやってきました、バンもん初のホールワンマン大阪!』と集まった大阪の観客に挨拶。リーダーである鈴姫みさこは『小さい子も普段ライブハウスで見れない皆さんの顔が見れます! 暖かいです!』と。普段とは違うライブに感激を口にした。

その後、12月13日(水)にリリースしたニューミニアルバム『ミニバン!』に収録されるソロ曲を披露するコーナーや、最新曲「Q.人生それでいいのかい?」や再メジャーデビュー曲「キメマスター!」など、強力な楽曲とパフォーマンスで会場を圧倒し、アンコールでは『デビュー5年間いろいろありましたけど、やっとホールでワンマンができるようになりました! もっともっと上を目指していきたいと思ってますのでよろしくお願いいたします!』と今後の目標を語る場面も。こうして『バンドじゃないもん!パーフェクトピースコンサート2017〜大阪にSEY YES!を〜』はトータル19曲、2時間30分に及ぶ白熱のパフォーマンスとともに幕を閉じた。

また終演後、スクリーンが降りると5月4日(金)NHK大阪ホールにてワンマンライブの開催と、12月25日(月)に開催される日本青年館ホールでのワンマンライブで追加発表があることがアナウンスされた。これでバンドじゃないもん!初のホールワンマンツアーは12月25日(月)クリスマスの開催される日本青年館ホールを残すのみとなったので、こちらも見逃さないで欲しい。

■【ライブ情報】

『バンドじゃないもん!パーフェクトピースコンサート2017
〜日本青年館にSEY YES!を〜』
12月25日(月)  日本青年館ホール  
開場:18:00 / 開演:18:30

『NHK大阪ホール公演』
<2018年>
5月04日(金) NHK大阪ホール
※詳細は後日発表予定



【関連リンク】
バンもん!、関西初のホールワンマンにて追加公演&NHK大阪ホールでのワンマン開催を発表
バンドじゃないもん!まとめ
Perfume、新曲「無限未来」が映画『ちはやふる』完結編の主題歌に決定

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!
【ジャンル】
J-ROCK, 女性アイドル, ニュース, ガールズバンド, 発表, ライブ, ワンマン, ライブレポ, レポート

Perfume、新曲「無限未来」が映画『ちはやふる』完結編の主題歌に決定
Mon, 18 Dec 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年3月17日に公開となる映画『ちはやふる −結び−』の主題歌を前作『ちはやふる -上の句・下の句-』に引き続き、Perfumeが担当することが決定した。自身たちも熱狂的な“ちはやファン”だと公言しているPerfumeは、『ちはやふる -上の句・下の句-』公開後も、2017年3月に開催された日本アカデミー賞授賞式で優秀主演女優賞を受賞した広瀬と優秀助演男優賞を受賞した新田を祝いに会場に駆けつけるなど交流が続き、今回の再タッグが実現した。

Perfumeが実写の劇映画へ主題歌を提供するのは、前作「FLASH」以来、今回で2度目となる。『ちはやふる −結び−』では、主人公・千早たちの高校最後の夏を描くことから、小泉徳宏監督から「同じ花は二度と咲かないように、二度と戻ってくることはない“この一瞬”を表現した音楽を作って欲しい」というリクエストがあり、それに応える形で、主題歌「無限未来」が書き下ろされたとのこと。卒業が迫る主人公たちの想いを連想させる歌詞や、競技かるたの動きを思わせるフレーズもあり、完結編となる本作に相応しい1曲となっている。そして、ファン待望の新曲「無限未来」は2018年春シングルとしてリリース予定! 『ちはやふる』とPerfumeの再タッグを記念して、原作者・末次由紀が広瀬演じる主人公・綾瀬千早とPerfumeの顔を寄せ合ったイラストを描き下ろし、広瀬とPerfumeにプレゼントするというサプライズで豪華コラボを祝した。

前作『ちはやふる -上の句・下の句-』の主題歌「FLASH」は、『ちはやふる』の為に書き下ろされた1曲で、本作の題材である日本の文化“百人一首”“競技かるた”の和の世界をテンポの良い独特な音楽と、かるたを取る一瞬の様子を想像させる歌詞で表現し、映画を鮮やかに彩るものとなっていた。また、Perfume自身が“ライブでも欠かせないナンバー”と位置付け、ファンの間でも愛される1曲として、2016年の第67回NHK紅白歌合戦でも歌唱された。

2016年に実写映画化された2部作『ちはやふる -上の句・下の句-』は、200万人を超える観客動員数を記録しており、公開されるや数々の映画賞に輝き、本作で映画初主演を務めた広瀬すずを始め、出演したフレッシュな若手キャストを全国区に押し上げると同時に、大人も感動できる青春映画の金字塔として話題となった。『ちはやふる −結び−』の監督は小泉徳宏が前作から続投。主演の広瀬すず、野村周平、新田真剣佑ら豪華キャストも再集結し、さらに新キャストを迎え、高校三年最後の全国大会を目指す、瑞沢高校かるた部の忘れられない夏が描かれている。

■【コメント】

<再タッグについて>
■Perfume あ〜ちゃん
「次回作をいちファンとして楽しみにしていたので、「次回も主題歌を」と言っていただいた時には、大好きな作品なので、本当に嬉しかったです」

<『ちはやふる −結び−』を観た感想>
■Perfume あ〜ちゃん
「印象的なシーンが多くて、「盛り込みすぎ!泣かせすぎ!」という感じでした(笑)。友情も描かれていて、ただただ真っ直ぐな気持ちで一つのことを想い続ける人は強いな、と思いました。考えさせられるし、勇気も貰うことができて、色んな気持ちになりました。周防名人の台詞で「一瞬を永遠に留められることができるという事を忘れないで」という言葉がありましたが、私たちも色んな人の心にとめてもらえるような一瞬を描きたいと思いながら歌っているので、ジーンと来ました」
■Perfume のっち
「最高でした!とても感動したし、また千早ちゃんたちに会えた喜びが大きかったです。新が千早に想いを伝えるシーンを観ることができて、ドキッとしました」
■Perfume かしゆか
「「結び」なので、完結編で“卒業”がテーマだけど、ただただ悲しいのではなくて、希望に溢れている感じが伝わって来て、観ていて心地よかったです」

<主題歌「無限未来」について>
■Perfume あ〜ちゃん
「レコーディングをしたときに、中田さんもきっと『ちはやふる』が好きで感情移入しているんだろうな、と思える仕上がりになっていてうるうるしてしまいました。タイトルが「無限未来」と初めての漢字だけのタイトルで印象的です。“無限未来”という言葉が歌詞にも出て来るんですが、響きがとても良く、一言一言が心に響きます」
■Perfume かしゆか
「この曲が『結び』の最後のエンドロールで流れる時に、映画と合うんだろうかと不安もあったので、すずちゃんの感想を聞いて勇気を貰えました」
■Perfume のっち
「見えない未来だけどその未来がキラキラしていて、そこに行きたい気持ちや不安など千早ちゃんたちの世代のみんなが持つ気持ちが、この曲に詰まっている気がします」

<「ちはやふる」の魅力について>
■Perfume かしゆか
「『ちはやふる』は、一人ひとりのキャラクターが自分の目標や夢に向かって一生懸命で、揺るがない決心が漫画の中から伝わってくる作品です。かるたシーンのスピード感も風が吹くくらい感じられて、『ちはやふる』に、末次先生の絵の素晴らしいところが沢山詰まっているのだと思います」

<イラストについて>
■Perfume
「絵の中で千早ちゃんに会えました!夢のコラボ!末次先生ありがとうございます」

■綾瀬千早役・広瀬すず
「前作に続きPerfumeさん、ほんと、嬉しすぎます。Perfumeさんの色でちはやふるが完成されたので、今回も、また鮮やかに染めて頂いて心から感謝感謝です。映画をみた後にエンディングで私も初めて聞いて、なんて、素敵なんだろうと、思いました。聞いた瞬間に一気に涙が出てきて、『ちはやふる』の色や繊細さが主題歌から感じられて、感無量でした。まさに、最終章というしっとりした音たちに急に心が寂しくなって、でも光ってる何か一本の糸のようなもので繋がっていて、切っても切っても切れる事はないだろうなという太さというか。大好きな一曲になりました。監督から、自信あります。という言葉が出た瞬間のあの表情を私は目の前でみました。私も、そう思います。出し切って、すごく気持ちがいいです。必ず最高の青春映画を届けられると思います。3部作の中でも、1番苦しく、切なく、愛おしい一本になりました。宝物です」

■小泉徳宏監督
「映画『ちはやふる』は、この作品に関わった人たちの人生を切り取ったドキュメンタリーでもあると思っています。前作から2年が経ち、役者もスタッフも確実にその分の成長を遂げて帰ってきました。であるなら主題歌もやはり、同じだけパワーアップしたあの方々に。前作の主題歌は『古典と最先端を結びつけてくれる歌を』とお願いしました。でも今回は、あらゆる意味でそれを上回っていきます。『百人一首のように、千年先にも残る歌を』千年もの時を越えていくPerfumeのその一年目を、その目で、その耳で、見届けて欲しいです」

■原作者・末次由紀先生
「『ちはやふる』の続編も、Perfumeさんに楽曲を担当していただけるということになり、大変うれしく思っています。映画の最後に流れてくる主題歌「無限未来」を聞いたときの調和!イントロのみずみずしさに涙が出そうになりました。本当に蒼い水の中から響いてくるようなPerfumeさんの声と調べ、それがそのまま『ちはやふる』の世界を満たしてくれています。早く皆さんと聞きたいです!」

■映画『ちはやふる −結び−』予告篇


https://youtu.be/_RNBBfU9_Eg■映画『ちはやふる −結び−』特報2


https://youtu.be/-dwf97_fXmc映画『ちはやふる −結び−』

2018年3月17日(土)全国東宝系にて公開
<出演>
広瀬すず/野村周平/新田真剣佑/上白石萌音/矢本悠馬/森永悠希/清水尋也/優希美青/佐野勇斗/清原果耶/松岡茉優/賀来賢人/松田美由紀/國村隼
■映画『ちはやふる』オフィシャルHP
http://www.chihayafuru-movie.com/

(c)2018映画「ちはやふる」製作委員会 (c)末次由紀/講談社



【関連リンク】
Perfume、新曲「無限未来」が映画『ちはやふる』完結編の主題歌に決定
Perfumeまとめ

【関連アーティスト】
Perfume
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 主題歌, 映画













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1