歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年12月15日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
BABYMETAL、ドイツにて開催のロックフェス『Rock am Ring 2018 / Rock im Park 2018』に出演決定!
Fri, 15 Dec 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BABYMETALが、2018年6月1日〜3日にドイツで開催される『Rock am Ring 2018 / Rock im Park 2018』に出演することが発表された。ドイツ・ニュルンブルクにて開催される『Rock am Ring 2018』と、ツェッペリン・フィールドで開催される『Rock im Park 2018』には、FOO FIGHTERS、THIRTY SECONDS TO MARS、MUSE、GORILLAZ などがヘッドライナーとしてアナウンスされており、壮々たるアーティストのラインナップにBABYMETAL も名を連ねている。

また、5月にアメリカ『Rock On The Range』、6月にイギリス『Download Festival UK』への出演も決定しているBABYMETAL。新たな時代を導いていく彼女たちに注目だ。

■【海外ロックフェス出演情報】

『Rock am Ring 2018』
6月1日(金)〜3日(日) ニュルブルク・リンク (ニュルブルク・ドイツ)
オフィシャルHP:http://www.rock-am-ring.com

『Rock im Park 2018』
6月1(金)〜3日(日) ツェッペリン・フィールド (ニュルンベルク・ドイツ)
オフィシャルHP:http://www.rock-im-park.com

『Rock On The Range 2018』
5月18日(金)〜20日(日) オハイオ州コロンバス・アメリカ
オフィシャルHP:http://rockontherange.com/lineup.html

『Download Festival 2018』
6月8日(金)〜10 日(日) ドニントンパーク・イギリス
オフィシャルHP:https://downloadfestival.co.uk



【関連リンク】
BABYMETAL、ドイツにて開催のロックフェス『Rock am Ring 2018 / Rock im Park 2018』に出演決定!
BABYMETALまとめ
PERSONZ、2018年にツアー開催決定

【関連アーティスト】
BABYMETAL
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース

PERSONZ、2018年にツアー開催決定
Fri, 15 Dec 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

PERSONZが2019年に迎える35周年に向けて、『35th ANNIVERSARY EVE』と題した全国16箇所のツアーを発表した。このツアーはシングルセレクションの演奏を柱に、ツアー中に待望の新曲のシングルも各地で演奏しながら数曲リリースしていく内容になっている。チケットは、12月15日より一般発売が開始となったので要チェック! 35周年に向けてますます加速するPERSONZに2018年も注目だ。

『35th ANNIVERSARY EVE TOUR』

3月03日(土) 岡山KINGDOM
3月04日(日) 広島LIVE JUKE
3月18日(日) 大阪JANUS
4月07日(土) 福岡ROOMS
4月08日(日) 熊本ぺいあのPLUS
4月14日(土) 金沢GOLD DREEK
4月15日(日) 長野CLUB JUNK BOX
4月22日(日) 横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホール
4月30日(月・祝) 高崎FREEZ
5月12日(土) 名古屋SPADE BOX
5月13日(日) 名古屋SPADE BOX
5月19日(土) 京都都雅都雅
5月20日(日) 神戸CASH BOX
5月26日(土) 新潟ジョイアミーア
5月27日(日) 仙台BackPage
6月02日(土) 札幌KRAPS HALL
<チケット>
大人¥6,500/中学生以下¥1,000
※横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホール以外は別途ドリンク代
一般発売中!



【関連リンク】
PERSONZ、2018年にツアー開催決定
PERSONZまとめ
BUCK-TICK、「BABEL」がMIDNITEテレビシリーズのEDテーマに決定!

【関連アーティスト】
PERSONZ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ツアー, チケット

BUCK-TICK、「BABEL」がMIDNITEテレビシリーズのEDテーマに決定!
Fri, 15 Dec 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKのシングル「BABEL」が、日本テレビで放送されるMIDNITEテレビシリーズ『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査 シーズン1』のエンディングテーマ曲に決定した。「BABEL」はデビュー30周年プロジェクト第1弾としてリリースした楽曲で、重厚なバンドグルーヴに、ミステリアスかつゴシックな世界観が印象的な楽曲だ。主題歌に決まった『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査 シーズン1』は、ハイパー・サイメスティック・サスペンスドラマと題して、見たものを全て記憶する“完全記憶脳”の持ち主である主人公のキャリー・ウェルズが難事件を次々解決する海外ドラマで、「BABEL」の世界観が番組に彩を添えることになる。

また、「BABEL」はApple Music、LINE MUSIC、Google Play Musicなどサブスクリプションサービスでの配信がスタート! またSpotifyでは同時に最新アルバム『アトム 未来派 No.9』をはじめ、「惡の華」や「JUST ONE MORE KISS」、「スピード」などの人気曲が一斉に配信開始となったので、こちらも要チェック。

バンドは現在、全国ツアー『THE DAY IN QUESTION 2017』の真っ最中で、30周年記念プロジェクト第2弾となるシングル「Moon さよならを教えて」を2018年2月21日にリリースすることを発表したばかり。今後もBUCK-TICKの動向に注目だ。

■シングル「BABEL」配信URL
https://jvcmusic.lnk.to/buck-tick_babel

シングル「BABEL」

2017年11月15日発売



【完全生産限定盤A】(SHM-CD+Blu-ray)
VIZL-1261/¥2,380+税
【完全生産限定盤B】(SHM-CD+DVD)
VIZL-1262/¥1,880+税
【通常盤】(CD)
VICL-79002/¥1,000+税
<収録曲>
1.BABEL
2.Moon さよならを教えて(Takkyu Ishino Remix)

◎完全生産限定盤 4大特典(A/B共通)
1.Blu-ray/DVD:「BABEL」MUSIC VIDEO収録
2.次作アルバム予告編先行試聴シリアルコード封入
(ストリーミング可能期間:2017年11月15日0:00〜12月31日23:59)
3.スペシャルデジパック仕様
4.購入者対象キャンペーン応募券封入

シングル 「Moon さよならを教えて」

2018年2月21日発売



【完全生産限定盤A】(SHM+CD+Blu-ray)
VIZL-1319/¥2,380+税
【完全生産限定盤B】(SHM-CD+DVD)
VIZL-1320/¥1,880+税
【通常盤】(SHM-CD)
VICL-79003/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1. Moon さよならを教えて
ほか1曲、全2曲収録
■Blu-ray/DVD ※完全生産限定盤のみ
「Moon さよならを教えて」 MV

◎完全生産限定盤A、B共通仕様
・スペシャルデジパック仕様
・購入者対象キャンペーン応募券封入
◎完全生産限定盤/通常盤 共通仕様]
・SHM-CD / Blu-ray(DVD)の収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応
(ダウンロード有効期限 : 2019年2月28日)

『THE DAY IN QUESTION 2017』

12月16日(土) 熊本:熊本県立劇場 演劇ホール
12月17日(日) 福岡:福岡サンパレスホテル&ホール
12月23日(土・祝) 群馬:高崎アリーナ
12月28日(木) 東京:日本武道館
12月29日(金) 東京:日本武道館

MIDNITEテレビシリーズ『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査 シーズン1』

日本テレビ(関東ローカル)にて毎週火曜深夜26時34分〜オンエア
※初回放送は27:04〜です。
※放送時間は変更になる事があります。また編成の都合により休止になる事があります。
放送:2017年12月19日〜



【関連リンク】
BUCK-TICK、「BABEL」がMIDNITEテレビシリーズのEDテーマに決定!
BUCK-TICKまとめ
門田匡陽のソロプロジェクト、Poet-type.Mが2018年にライブ2公演を発表

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, TVドラマ, エンディング

門田匡陽のソロプロジェクト、Poet-type.Mが2018年にライブ2公演を発表
Fri, 15 Dec 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

門田匡陽(BURGER NUDS / Good Dog Happy Men)のソロプロジェクト、Poet-type.Mの独演会が2月18日東京・神楽音にて『Pocketful of stardust -1』、4月1日東京・新代田FEVERにて『Pocketful of stardust ±0』の2公演を開催することが決定した。

前回発表された『Pocketful of stardust -2』からカウントアップ方式で公演タイトルが銘打たれており、Poet-type.M始動5周年を迎える2018年4月1日の『Pocketful of stardust ±0』では、前章『A Place, Dark&Dark Public Performance「God Bless, Dark&Dark」』以来のバンド編成で新章の幕を開ける。2月18日開催の『Pocketful of stardust -1』はチケットが即日完売した『Pocketful of stardust -2』と同じく、東京・神楽音でのアコースティック編成でのライブとなっており、参加ミュージシャンに楢原英介(VOLA&THE ORIENTAL MACHINE)を迎えるとのこと。チケットは両公演とも12月25日10:00より『Pocketful of stardust -1』が一般発売、『Pocketful of stardust ±0』のHP先行受付を開始する。

また、『Pocketful of stardust』のストーリーや世界観の魅力が詰まった特設サイトも公開されたのでチェックしてほしい。

■『Pocketful of stardust』特設サイト
http://ptm-net.com/story/pos

【ライブ情報】

『Pocketful of stardust -2』
12月24日(日) 東京・神楽音 ※SOLD OUT

『Pocketful of stardust -1』
2月18日(日) 東京・神楽音
<チケット>
前売¥3,000
一般発売:12月25日(月)10:00〜

『Pocketful of stardust ±0』
4月01日(日) 東京・新代田FEVER
<チケット>
前売¥3,000
HP先行受付12月25日(月)10:00〜1月21日(日)23:59
一般発売:2月17日(土)10:00〜



【関連リンク】
門田匡陽のソロプロジェクト、Poet-type.Mが2018年にライブ2公演を発表
BURGER NUDSまとめ
門田匡陽まとめ
Poet-type.Mまとめ
BRAHMAN、2018年にニューアルバムリリース&全国ツアーを発表

【関連アーティスト】
BURGER NUDS, 門田匡陽, Poet-type.M
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表

BRAHMAN、2018年にニューアルバムリリース&全国ツアーを発表
Fri, 15 Dec 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BRAHMANが、5年ぶりとなるニューアルバム『梵唄 -bonbai-』のリリースと、2018年3月3日(土)より全国ツアー2018『梵匿 -bonnoku-』を行なうことを発表した。

5年ぶりとなるフルアルバム『梵唄 -bonbai-』を一聴して分かるのは、彼らが自分たちの持ちうる全てをこの作品に注ぎ込んだということ。ここには、ハードコア、パンク、ロック、ブルースなどあらゆるジャンルの音が収まっているが、これを“ミクスチャー”なんて言葉でくくることはできない。しかし、なぜ「守破離」や「不倶戴天」といったこれまでにないハードコアナンバー、「ナミノウタゲ」や「満月の夕」といった胸を打つメロウなナンバー、そして、「AFTER-SENSATION」や「EVERMORE FOREVER MORE」といったメロディックなパンクナンバーが同居し得るのだろうか。考えられる答えがひとつある――実際に鳴っているのは楽器と声かも知れないが、ここではメンバー4人の“己”が鳴っているのだ。今作には、今の時代を生きる平凡な4人の人間が、この5年間を生きてきた証が生々しく刻まれている。彼らが経た苦悩、激闘、喜び、憤怒、馬鹿騒ぎ、慈しみ、深い愛情……喜怒哀楽だけでは表現しきれない、あらゆる感情が詰まっている。今作のタイトルは『梵唄 -bonbai-』。バンド名の由来にもなっている「梵」という字を冠したことは、彼らにとって自身のバンド名をタイトルにしたに等しい。それだけのものが込められた作品となった。なお、初回限定盤には2015年8月12日に新宿アンチノックにて行なわれた『尽未来際 〜開闢〜』の模様を完全ノーカットで収録する。“BRAHMAN史上最高のライブ”と評されることも多い名演が遂に映像化される。

また、全国のCDショップで購入者特典として、過去の名ライブから選りすぐりのMCを収録した、『BRAHMAN MC DIGEST CD 2018』をプレゼント! また、キセキミチコによる新たなアーティスト写真と本作のジャケット写真も公開されているのでこちらも要チェック。

アルバム『梵唄 -bonbai-』

2018年2月7日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TFCC-86632/¥3,685+税
【通常盤】
TFCC-86633/¥2,593+税
<収録曲>
■CD
01.真善美
02.雷同
03.EVERMORE FOREVER MORE
04.AFTER-SENSATION
05.其限
06.今夜
07.守破離
08.怒涛の彼方
09.不倶戴天
10.ナミノウタゲ
11.天馬空を行く
12.満月の夕
■DVD『尽未来際〜開闢〜』at 新宿ANTIKNOCK ※初回限定盤のみ
01.FOR ONE\'S LIFE
02.BASIS
03.SHADOW PLAY
04.DEEP
05.BOX
06.BEYOND THE MOUNTAIN
07.DOUBLE-BLIND DOCUMENTS
08.CIRCLE BACK
09.SHOW
10.其限
11.遠国
12.THE VOID
13.LOSE ALL
14.A WHITE DEEP MORNING
15.逆光
16.FIBS IN THE HANDS
17.THE ONLY WAY
18.SPECULATION
19.EPIGRAM
20.CAUSATION
21.鼎の問
22.初期衝動
23.賽の河原
24.今際の際
25.露命
26.空谷の跫音
27.終夜
28.ARRIVAL TIME
29.汀に咲く
30.警醒
31.霹靂

『Tour 2018 梵匿 -bonnoku-』

3月03日(土) 山口・周南RISING HALL
3月04日(日) 広島・CLUB QUATTRO
3月07日(水) 京都・MUSE
3月09日(金) 新潟・LOTS
3月17日(土) 北海道・Zepp Sapporo
3月21日(水・祝) 大阪・Namba HATCH
3月23日(金) 石川・金沢EIGHT HALL
3月24日(土) 富山・MAIRO
3月26日(月) 奈良・NEVER LAND
3月29日(木) 和歌山・SHELTER
3月31日(土) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
4月01日(日) 鳥取・米子AZTiC laughs
4月04日(水) 高知・X-pt.
4月06日(金) 香川・高松festhalle
4月08日(日) 愛媛・松山W studio RED
4月10日(火) 兵庫・神戸Chicken George
4月11日(水) 滋賀・U-STONE
4月17日(火) 鹿児島・CAPARVO Hall
4月19日(木) 熊本・B.9 V1
4月21日(土) 福岡・DRUM LOGOS
4月23日(月) 岐阜・CLUB ROOTS
4月25日(水) 長野・JUNK BOX
5月08日(火) 茨城・水戸LIGHT HOUSE
5月10日(木) 群馬・高崎Club FLEEZ
5月24日(木) 山形・ミュージック昭和セッション
5月26日(土) 青森・Quarter
5月27日(日) 秋田・Club SWINDLE
5月29日(火) 岩手・盛岡CLUB CHANGE WAVE
5月31日(木) 福島・郡山HIP SHOT JAPAN
6月02日(土) 宮城・仙台GIGS
6月05日(火) 栃木・HEAVEN\'S ROCK Utsunomiya VJ-2
6月07日(木) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK Shintoshin VJ-3
6月09日(土) 愛知・Zepp Nagoya
6月10日(日) 静岡・清水SOUND SHOWER ark
6月13日(水) 東京・Zepp Tokyo
6月14日(木) 東京・Zepp Tokyo
<チケット>
■オフィシャル1次先行予約受付:12月15日(金)18:00〜12月24日(日) 23:59
http://brahman-tc.com/
■一般発売日:2月10日(土)



【関連リンク】
BRAHMAN、2018年にニューアルバムリリース&全国ツアーを発表
BRAHMANまとめ
ツインリードギターを確立したウィッシュボーン・アッシュの『光なき世界』はブリティッシュロック最重要アルバムのひとつ

【関連アーティスト】
BRAHMAN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, ツアー

ツインリードギターを確立したウィッシュボーン・アッシュの『光なき世界』はブリティッシュロック最重要アルバムのひとつ
Fri, 15 Dec 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1970年の初め、ディープ・パープルの前座をウィッシュボーン・アッシュが務めた時、その演奏に驚愕したリッチー・ブラックモアはディープ・パープルのプロデューサーに彼らを紹介、それから1年も経たないうちにメジャーデビューを果たすことになる。ウィッシュボーン・アッシュは3作目の『百眼の巨人アーガス(原題:Argus)』で世界的な評価を得るが、僕は今回紹介するデビュー作の『光なき世界(原題:Wishbone Ash)』のほうが優れた作品だと思う。本作で確立されたアンディ・パウエルとテッド・ターナーのツインリードギターはロック界の宝であり、その独創性は未だに多くのアーティストに影響を与えている。

■ブリティッシュロック界を牽引した スーパーギタリストたち

50年代終わりにアメリカで生まれたロックンロールは、当初は黒人のR&Bやブルースと白人のカントリー音楽が合体したフュージョン音楽だった。その後、成長を続け、10年も経たないうちにロックンロールから“ロック”へと変貌していく。特にイギリスへ渡ったロックンロールは、クラシックやジャズとも結び付くなど、独自のブリティッシュロックという形態を獲得する。その中で、ロックギターは本国アメリカよりも過激なかたちで進化し、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジらに代表されるブリティッシュロック・ギタリストを輩出する。

アメリカのロックギタリストたちは、イギリスと比べると基本に忠実なプレーヤーが多い。デュアン・オールマンはブルースとR&B、ジェリー・ガルシアはブルーグラスとジャズ、ジェームス・バートンやロビー・ロバートソンはロカビリーやカントリーと、それぞれのバックボーンをロックへとアダプトしていったのに対して、ブリティッシュギタリストはブルースを基本にしながらも、独自のアイデアを盛り込みながら、どんどん新しい思考やテクニックを編み出していくのだ。

これは寿司に喩えると分かりやすいかもしれない。日本では寿司そのものの形態は変えず、素材の新鮮さなどで勝負するわけだが、外国の寿司はと言えば、アボカドを入れたりマヨネーズを使ったりするなど、ルーツにこだわりがないだけに、まったく新しいスタイルにチャレンジできるのだ。アメリカとイギリスのギターの違いも、これと同じようなものだ。要するに、本場は無意識でルーツを大切にしてしまうが、それ以外の場所では大胆に勝負できるというメリットがあり、そのおかげでブリティッシュロックは大きく花開いたのである。

■ツインリードギター

そんなブリティッシュギタリストの代表が、クリーム時代のクラプトンだ。ブルースをベースにしつつも、ジャズのインプロビゼーションに影響された長尺のアドリブで、あっと言う間に世界最高のギタリストという評価を得た。しかし、長いアドリブは我儘との隣り合わせであり、事実、クリームはクラプトンひとりだけが脚光を浴びることで、グループ内の衝突を生んだのである。ペイジやベックはそういう手法は取らず、バンドのアンサンブルを大切にしたと言えるだろう。ベックは弾きまくるというイメージを持っている人は少なくないが、ベックがギターを前面に押し出すようになるのはもう少しあとの70年代中期である。

アメリカではオールマン・ブラザーズとグレイトフル・デッドが、60年代後半からツインリードギターを取り入れている。このふたつのグループがツインリードギターの先駆者で、オールマンはグレイトフル・デッドを大いに参考にしている(ツインドラムのアイデアも含め)ので、意識的にツインリードギターを始めたのはデッドと言っても良いだろう。その後、デュアン・オールマンとディッキー・ベッツを範にしたツインリードギター(レーナード・スキナードはトリプルリード!)はサザンロックの定番となる。

■アッシュの考え抜かれた ツインリードギターのフレーズ

オールマン・ブラザーズのツインリードギターは、ふたりで和声的にハモる部分があり、ウィシュボーン・アッシュも、そこは手本にしていると思われる。ただ、アメリカのグループは決めとなる部分こそハモるが、基本的にはふたりが好きなよう(もちろん、相手に譲ったり、相手とアドリブでハモったりすることはある)に弾いていることが多い。

それに比べてウィッシュボーン・アッシュの場合は、アドリブの割合が格段に少ないところが特徴である。1曲の中でリフだけでなくソロパートまでもハモるという方針は、アンディ・パウエルとテッド・ターナーの様式美へのこだわりによるものなのだろうが、プレーヤーとしては実に弾きにくく、プレッシャーのかかる作業である。ただ、リスナー側からすると、荘厳なまでの美しい響きとなるのだ。アッシュの音楽性はブルース的なものからクラシカルな部分を感じさせるものまで、ブリティッシュロックの王道と言っても過言ではないぐらい正統派なのだが、ギターに関してはまったく他にはないスタイルであるがゆえに高い評価を得た。70年代中頃、サザンロックグループが乱立するようになると目立たなくなってしまったが、70年代前半のツインリードと言えば、ウィッシュボーン・アッシュの独壇場であった。まさに、ワン&オンリーのブリティッシュロッカーとして、日本でも大きな支持を集めたグループだったのである。現在でも彼らに匹敵するツインリードのグループはアメリカのオーリアンズぐらいしか見当たらないほどで、それだけ彼らの音楽性がデビュー当時から高かったということだろう。

■本作『光なき世界(原題:Wishbone Ash)』について

70年の暮れにリリースされた本作『光なき世界』の収録曲は6曲、当時のLPでいうとB面にあたる5曲目と6曲目はどちらも10分以上にわたる大作だ。サウンドはどれも王道のブリティッシュハードロックで、緊張感のあるドラマチックなものだ。改めて聴き返してみると、80年代以降のヘヴィメタルやグランジにも大きな影響を与えたことがよく分かる。アイアン・メイデンあたりはアッシュに影響されているのではないだろうか。どの曲も彼らならではの緻密かつ豪快さを併せ持っていて、やはりアンディとテッドのよく訓練されたツインリードギターが目玉である。彼らのシンプルでロックらしいフレーズは、僕を含めて当時のブリティッシュロックファンを虜にしたものだ。後に一時代を築いたギタリスト、マイケル・シェンカーはアンディ・パウエルに憧れてギターを弾き始めたというのはよく知られたエピソードである。

1970年の時点で、これだけ完成度の高いアルバムを作ってしまった彼らだが、続く『巡礼の旅(原題:Pilgrimage)』(‘71)、『百眼の巨人アーガス』と立て続けに秀作をリリースし、人気を不動のものにする。特に3作目の『百眼の巨人アーガス』は全英チャートで3位まで上昇、世界的なヒットとなった。メンバーはギターにアンディ・パウエルとテッド・ターナー、ベースのマーティン・ターナー(テッドとは同姓同名だが他人)、ドラムのスティーブ・アプトンの4人。アッシュはギターのことばかりが語られるが、マーティンもスティーブも名手である。この第1期のメンバーで73年まで活動し、5枚のアルバムをリリースする。以降はテッド・ターナーが脱退、グループとしての魅力は半減してしまう。これまでに来日公演も6回行なわれているが、残念なことに第1期のメンバーでの公演はない。

今はあまり語られないウィシュボーン・アッシュだけど、もし聴いたことがなければ、初期の3枚はどれも名作なので探して聴いてみてください。きっと新たな発見があると思うよ♪

TEXT:河崎直人

アルバム『Wishbone Ash』

1970年発表作品



【関連リンク】
ツインリードギターを確立したウィッシュボーン・アッシュの『光なき世界』はブリティッシュロック最重要アルバムのひとつ
Wishbone Ashまとめ
『悠久のユーフォリア』のトークイベントに秋場悠里、中島由貴らが登壇!

【関連アーティスト】
Wishbone Ash
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!

『悠久のユーフォリア』のトークイベントに秋場悠里、中島由貴らが登壇!
Fri, 15 Dec 2017 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゲームブランドSWORD\'Sが、11月24日に発売となった永遠神剣シリーズ最新作『永遠神剣・第3章 悠久のユーフォリア ハイレゾ・コンテンツBOOK VOL.1』を記念して行なわれる初のライブイベント『永遠神剣・第3 章 悠久のユーフォリア 1st SWORD 〜READING DRAMAS & MUSIC LIVE〜』に先駆けて、2018年1月21日(日)秋葉原Asoboxホールにてトークイベント『永遠神剣・第3章 悠久のユーフォリア エトランジェの集い』を開催することを発表した。同イベントは、出演者と制作スタッフが悠久のユーフォリアの物語や世界観、魅力などを楽しく、より分かりやすく解説するトークイベントとなっている。

チケットは、12月30日よりイープラスプレオーダーが受付開始となるので、気になる方は要チェック!

■『永遠神剣・第3章 悠久のユーフォリア エトランジェの集い』

2018年1月21日(日) 東京・秋葉原Asoboxホール
1部 OPEN 13:00 START 13:30
2部 OPEN 16:00 START 16:30
<出演者>
秋場悠里(奏界のベリナ・グリーンスピリット役)
中島由貴(遠香のフレラ・ブルースピリット役)
高瀬奈緒文(企画・シナリオ・監督)
砂守岳央(サウンドディレクター)
吉村尚紀(音響監督・キャスティング)
※出演者は予告なく変更となる場合がございます。
<チケット >
¥3,000円(税込)※お1人様4枚まで
・イープラスプレオーダー 
2017年12月30日(土) 12:00 〜 2018.01.09(火) 23:59
・イープラスプレオーダー2次
2018年1月26日(金) 12:00 〜 2018.02.01(木) 23:59
・プレイガイド先行
2018年2月23日(金) 12:00 〜 2018.03.01(木) 23:59

■イベント情報URL
https://www.eienshinken.jp/event.html

『永遠神剣・第3章 悠久のユーフォリア 1st SWORD
〜READING DRAMAS & MUSIC LIVE〜』

2018年4月21日(土) 東京・白金高輪 SELENE b2
1部 14:00開場 15:00開演
2部 17:30開場 18:30開演
<出演>
悠久のユーフォリア(CV:田中美海)
絶炎の刃を抱く少女ミューギィ・ファナン(CV:飯田里穂)
冬月澪奈(CV:近藤玲奈)
蒼茫のユユ・ブルースピリット(CV:青山吉能)
遠香のフレラ・ブルースピリット(CV:中島由貴)
マルカ・オーレルア(CV:日岡なつみ)
and more...
※ 出演者は予告なく変更となる場合がございます。
<チケット>
オールスタンディング¥6,000円(税込) ※別途1drink代¥600

永遠神剣・第一位『宿命』に召喚され、絶望の異世界アガスティアにアセリアと悠人の一人娘、ユーフォリアが今、降り立つ。これは、ユーフォリアの旅の「始まり」であり、永遠神剣を巡る物語の「一部」であり、ユーフォリアが大切なモノを「失う」??それだけの物語。この物語のキャラクターボイスを担当する豪華声優陣が繰り広げる朗読劇と音楽ライブ!



【関連リンク】
『悠久のユーフォリア』のトークイベントに秋場悠里、中島由貴らが登壇!
Xmas Eileen、2018年1月から6ヶ月連続ライブを開催

【関連アーティスト】

【ジャンル】
アニメ・声優, ニュース, 舞台

Xmas Eileen、2018年1月から6ヶ月連続ライブを開催
Fri, 15 Dec 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年12月25日のクリスマスにZepp DiverCity TOKYOで2017年ツアーファイナルをむかえるXmas Eileenが、2018年1月より6ヶ月連続ライブ『VILLAGE VANGUARD presents Before Christmas 2018』を行なうことを発表した。『Before Christmas 2018』と名づけたこのイベントは、1月、3月、5月は大阪・CLUB DROP、2月、4月、6月は東京・渋谷eggmanでそれぞれ対バン1組を迎えXmas Eileenとの2組で開催。毎月1回、東京・大阪交互に6ヶ月連続の6公演。バンド史上初となるこの定期公演企画は、遊べる本屋・ヴィレッジヴァンガードがXmas Eileenとタッグを組んで仕掛けるライブイベントで、チケット代は、まさかの全公演1,225円とのこと。1月、2月の対バンも同時発表され、1回目となる1月9日(火)大阪・CLUB DROPは ReVision of Sence 、そして2回目の2月20日(火)は東京・渋谷eggmanでROSを迎え激アツのライブハウスとなること必至! チケットは、12月17日(日)12:00からイープラスでオフィシャル先行受付がスタート。受付情報詳細は16日(土)21:00にイープラスにて公開されるので、詳しくはXmas EileenオフィシャルHPをチェックしてほしい。

ホストバンドとなるXmas Eileenのギター(メンバーは全員NO NAME)は、「Before Christmas 2018は、フロアーのお客さんとステージ上の僕達と対バン相手が音楽で、ライブハウスで本気でぶつかって遊んでみたいなと思った。ただそれだけのシンプルな思いから始まりました。僕達Xmas Eileenのライブに来たことのない人や、普段ライブハウスに足を運ばないような人も大歓迎です。もちろんライブハウスで遊び慣れた皆も大歓迎。ライブハウスという空間を100%楽しんでほしい。イベント名は『Before Christmas 2018』略して“ ビックリ ”!!チケット代1,225円にしちゃったビックリ!! 帰る頃にはたくさん音モダチが増えてビックリ!!是非ご参加下さい。Xmas Eileen ギター」とコメントしている。

また、残すところあと2公演のツアー『DIS IS LOVE TOUR 2017』の11月1日に京都MUSEにて開催した初日公演のライブ映像をダイジェストで公開中! 残す2本に参加する方は予習、そして各地で参加した方はその余韻に浸ってみてはいかがだろうか。

■『VILLAGE VANGUARD presents Before Christmas 2018』

1月09日(火) 大阪CLUB DROP
w/ReVision of Sence
<チケット>
先行受付:12月17日(日)12:00〜
http://eplus.jp/xebc20180109/

2月20日(火) 東京・渋谷eggman
w/ROS

■『DIS IS LOVE TOUR 2017』京都MUSE_2017.11.1


https://youtu.be/lcQLNgm5tXk【ライブ情報】

『“DIS IS LOVE”TOUR 2017』
12月22日(金) 大阪BIG CAT
w/GOOD4NOTHING、THE CHINA WIFE MOTORS

TOUR FINAL Xmas Eileen『ONLY HOLY NIGHT 2017』※ONE MAN SHOW
12月25日(月) Zepp DiverCity TOKYO



【関連リンク】
Xmas Eileen、2018年1月から6ヶ月連続ライブを開催
Xmas Eileenまとめ
シェネル、ウエディングパークとのコラボ企画でサプライズライブを開催

【関連アーティスト】
Xmas Eileen
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表

シェネル、ウエディングパークとのコラボ企画でサプライズライブを開催
Fri, 15 Dec 2017 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シェネルがウエディングパークとのコラボ企画『Love Song “AGAIN”キャンペーン』として、抽選で選ばれたカップルの結婚式にてサプライズライブを実施した。

サプライズライブは、12月9日(土)に東京・浜松町にある結婚式場『エルブライトハウス』にて実施。披露宴時に“花嫁から兄夫婦へのサプライズ”として、結婚式を挙げられていなかった兄夫婦に“結婚式中に、改めて愛を誓い合う演出”がプレゼントされた。その後、サプライズでシェネルからのビデオメッセージを上映し、その場にシェネル本人も登場、サプライズライブが行なわれた。シェネルは、12月6日にリリースした自身初のオールタイムベストアルバム『10th Anniversary ALL TIME BEST』に収録されている、ウエディングソングとしても人気の「Happiness」と「ビリーヴ」、そして綾瀬はるかと坂口健太郎が共演で話題の映画『今夜、ロマンス劇場で』の主題歌として書き下ろした「奇跡」の3曲を披露した。

ライブ中、プレゼントに感動をした兄夫婦の奥さまが目に涙を浮かべる一幕も。新郎新婦はもちろん、兄夫婦のお祝いもサプライズで実行したことで、新婦のお父さまからは「家族の絆を感じられて、一生の思い出になりました。」とのコメントがあったという。

アルバム『10th Anniversary ALL TIME BEST』

2017年12月6日発売



【初回限定スペシャルプライス盤】
UICV-9263/¥1,980+税
<収録楽曲>※全形態共通、曲順未定
「(タイトル未定)」※新曲
「Happiness」 フジテレビ系ドラマ『ディア・シスター』主題歌 [2014]
「Destiny」 TBS系 金曜ドラマ『リバース』主題歌 [2017]
「君に贈る歌 〜Song For You」 [2015]
「ビリーヴ」 映画『BRAVE HEARTS 海猿』主題歌 [2012]
「ベイビー・アイラブユー (English Ver.)」 メガヒット![2011]
「ラブ・ウィズ・DJ」デビュー曲[2007]
「フィール・グッド」 [2010]
「シャナナ☆(English Ver.)[2014]」
「バーニング・ラヴ」 burnエナジードリンク・キャンペーンソング [2013]
「アイシテル」 TBS系「CDTV」2013年8月度OPテーマ [2013]
「ストーリー」 レコチョク TV-CMソング TBS系『CDTV』2012年3月度EDテーマ [2012]
「ずっと(English Ver.)」 [2014]
「タッチ(クロース・トゥ・ユー)」 NIVEAブランド TV-CMソング [2012]
「Always Love U」 2014年度大阪城3DマッピングスーパーイルミネーションCMソング [2014]
「愛の歌」テレビ朝日系「musicるTV」2013年度1月度オープニングテーマ [2013]



【初回限定デラックス盤】(CD+DVD)
UICV-9262/¥3,200+税
※ベストヒット・ノンストップPVミックス収録のDVD付



【関連リンク】
シェネル、ウエディングパークとのコラボ企画でサプライズライブを開催
シェネルまとめ
音楽番組「LOVE or NOT♪」第14回は前回に引き続き加藤ミリヤが登場!

【関連アーティスト】
シェネル
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, キャンペーン, ライブレポ

音楽番組「LOVE or NOT♪」第14回は前回に引き続き加藤ミリヤが登場!
Fri, 15 Dec 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE・今市隆二が初MCを務める音楽番組「LOVE or NOT♪」。ベッキーとともに、毎回ゲストを迎えて“LOVE”と“MUSIC”をテーマにトークを繰り広げ、今市自身の音楽観も語りながらゲストの魅力を引き出していく同番組の第14回が12月15日より、dTVとFODで同時配信を開始した。第14回では、前回に引き続きゲストに加藤ミリヤが登場! コラボの魅力や恋愛ソングについてのお話も。

今市から「ミリヤさんは様々なアーティストと今までコラボしてきましたが、コラボの一番の魅力はなんですか?」という問いかけで番組はスタート。加藤は「違う扉が開くことです。みなさん、作り方の個性やスタイルがあって。自分の世界はこれしかないと思いがちだけど、こういう世界もあるんだなって気付けるし、自分の良いところも悪いところも解るからすごい勉強になります。」とコラボの魅力を語る。今市からの「(相手は)自分で選んでるんですか?」という問いには、「はい、自分で選んでます。」との回答。そこでベッキーから「大事なポイントは何ですか?」と即座に質問すると、「声! 好きな声かどうか」という回答。ベッキーから「声フェチですね!?」と言われると、加藤は「そう、この声と混ざってみたいと思うかがポイントです。」とコラボのポイントを話した。

ベッキーからの「これからコラボしたいアーティストはいますか?」という問いかけには「大好きなのが、椎名林檎さんです。」と答える。「まだしたこと無いんですか?」とベッキーが聞くと、「まだ無いですし、筋肉仲間なんですよ。」と意外な関係が明らかに。今市とベッキーが声を揃えて「筋肉仲間?」と驚きながら反応すると、「そう、ジムとか朝ごはん食べたりとか。憧れの存在です。」とのこと。今市は「似合いますよね!」と相槌を打つが、ベッキーから「似合うけど似合わない! ミリヤさんは渋谷のイメージだけど、椎名林檎さんは新宿歌舞伎町のイメージなので、その二人が異色な感じがします。でも、尖ってる二人っていう共通点ではすごく見たい!」とコメントをした。加藤は「とても憧れていて、今だったら良いなと思う自分になりたいです。」といつかコラボしたいという憧れを語る。

■清水翔太とのコラボについて

今市から「ミリヤさんは清水翔太さんとコラボすごくしてるイメージがあるんですが、きっかけは何ですか?」という問いかけに、「たまたますごい子がいるって紹介されたのが翔太で、絶対うちの事務所に来てほしいと思っていて」と答えると、ベッキーが驚きながら「えー、デビュー前から??すごい!ミリショーですよ!」との反応。加藤も嬉しそうに「彼天才!絶対売れる!と思っていたらレコード会社も一緒で」と当時を思い出しながら語った。ベッキーから「清水翔太さんの一番の魅力は何ですか?」という質問に「声は絶対だし、音楽の神様この人に付いてるなって思う!」と答える。今市から「(清水翔太さんの)「HOME」をオーディションで歌って三代目 J Soul Brothersに入ったんですよ。ATSUSHIさんがそれぞれファイナリストに課題曲を与えるんですけど、自分は「HOME」与えられて、まー苦戦しましたね。」加藤は「えー、最悪ですね!」と相槌を打った。さらに今市は「ラップ調のフロウじゃないですか。それを今までやってこなかったのでかなり苦戦しました。」と当時を語った。ベッキーから「ここ(ミリヤさんと今市さん)がコラボするとしたらどんな楽曲やりたいですか?」という問いかけに対しては「私はすぐに思いついたんですよ。すっごい遅い曲! バラードのすっごい遅い曲。リズム気にしないで歌う曲とか良いなと思います。」と加藤が答える。今市は「是非、お願いしたいですね!」と嬉しそうに返した。

■スポーツと音楽について

「ミリヤさんはオリンピックのキャンペーンソングを歌われたこともありますけど、そういう活動は今後もしたいなと思いますか?」というベッキーの問いかけに、加藤は「そうですね、スポーツと音楽は一つになってると思うので。東京オリンピックもありますし何か自分にも出来る事があると思います。」と答える。さらにベッキーから「スーパーボウルのハーフタイムショーは毎年見てます?」と聞かれると、加藤は食い気味に「見てますね!」今市も「あれは最高ですよね!」と盛り上がった。ベッキーが「まず今年誰が選ばれるのか?っていうのと、あの10分から20分ぐらいの時間で何詰め込むんだ?みたいな。誰のが好きでしたか?」との質問に加藤は「この間の(レディー・)ガガのは泣きました。」とのこと。今市は「すごかったですよね!あの演出が。」と相槌を打つ。さらに加藤は「すごくそれ(演出)にかける感じがあったのでなんかぐっときましたね。色んなバリエーションもあり、昔の曲もやってくれたりとか。最初から展開が意外だったから。」今市は「自分はコールドプレイ。ブルーノ・マーズとビヨンセが出た。あれがカッコ良かったですね。あの時までブルーノ・マーズが踊る印象が無かったんですけど、ヘッドセットでめちゃくちゃ踊ってたので、あれはカッコ良かったですね。」、「日本でああいうのやって欲しいですよね!スポーツも音楽もどっちも盛り上がるし」と語り、「スポーツで音楽の登場率って年々増えてますよね!総合的なエンターテイメントになってきてる」とスポーツと音楽についての話も盛り上がった。

■作詞と恋愛について

今市から「ミリヤさんは女性の共感を呼ぶ恋愛ソングを沢山作られてますが、作詞の時は実体験ですか?」聞くと、加藤は「基本実体験が多いですけど、ファンの子の手紙からとか、友達の話ですごい残っている話とかを書くことは最近多いかもしれないです」と答える。ベッキーからの「ちなみに恋をすると曲に反映されますか?」という質問に対しては「もうガンガンです! むしろそれしか無いぐらい! 自分達が生まれた意味ですよ! だから、人を好きになる事はすごい事だと思うから」と語気を強めながら答える。また、ベッキーから「恋がうまくいっている時の方が曲出来ますか?それとも、うまくいっていない時の方が出来ますか?」という問いには、「どっちも!でも、どっちを求められてるか分からないですけど、やっぱり辛い時に歌聞きたいという人もいるし、HAPPYな時に聞きたいって人もいるけど、幸せな曲の方が難しいですよね? 自分が満足してるし」と作詞と恋愛の関係性についても語った。また、今市から「ミリヤさんは、10代の時にどんなラブソングを聞いていたんですか?」と聞かれると、「私は、メアリー・J・ブライジが大好きで、「Everything」という曲があって(坂本九さんの)「SUKIYAKI」をサンプリングしている曲なんですけど、10代の時はHIPHOPやR&Bが大ブームだったので聞いてました」と話していた。

■ファッションについて

ベッキーから「ファッションのマイブームとかありますか?」という問いかけに対して加藤は「タイトな服」と答える。今市からの「へー、ストリートなイメージありましたけど」という反応に、「そういう服も好きなんですけど、わりと最近はかっちりしたのとか好きですけど、昔みたいに何でも沢山買うというよりは、すごい考えて買うようにしてます。もう大人だし。」と、加藤。ベッキーから「ミリヤさんを満足させる服って日本にあります? 海外でしか買ってないんじゃないかな?っていうぐらい。ちょっと普通のものは買わない感じがするんですけど」と聞かれると、「古着屋はすごい好き。個性があるものが好きですけど新しいものも好きです」とファッションについて話した。

そして、今回のTODAY\'S LOVE or NOT♪LIVEは、加藤ミリヤがアルバム『Utopia』に収録されている原点をアップデートした曲「少女時代」を披露! 第14回は、dTVおよびFODにて配信中なので、お見逃しなく。

「LOVEorNOT♪」バンドメンバー募集

2018年2月に行なう公開収録イベントで今市隆二とステージに立ってパフォーマンスを披露するバンドメンバーを募集中。バンドメンバー募集はプロ・アマ・年齢・性別問わず、12月31日まで募集を受け付けているので、気になった方は「LOVEorNOT♪」の情報ページ、またはオフィシャルTwitterをチェックしてほしい。

■詳細ページ
http://dreamfactory.video/web/event/detail/32/
■「LOVEorNOT♪」オフィシャルTwitter
https://twitter.com/loveornot_music



【関連リンク】
音楽番組「LOVE or NOT♪」第14回は前回に引き続き加藤ミリヤが登場!
今市隆二まとめ
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEまとめ
EXILE TRIBEまとめ
ベッキー♪#まとめ

【関連アーティスト】
今市隆二, 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE, EXILE TRIBE, ベッキー♪#, 加藤ミリヤ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, 音楽番組

kate、最新MV「SWELL」を公開
Fri, 15 Dec 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2016年に活動開始したプロデューサー、ラッパー、グラフィックデザイナーからなる5人組クルー、kateが最新ミュージックビデオ「SWELL」を公開した。

今作では、USシーンの影響を感じさせながらも独特なトラックを発表しているstei(Producer / Rapper)、 filterr(Producer)のkateプロデューサー陣に加え、filterrと旧友関係にあるCarbon Fiberを共作パートナーに迎えて制作されたハイブリッド感あふれるトラックになっている。今作を皮切りに、今後はストリーミング配信を中心にビデオグラフとアートワーク、音楽を通して彼らのテーマである“Swell”を東京の夜から伝えていくので要注目だ。

■「SWELL」MV


https://youtu.be/iH9plOokXgQ

【関連リンク】
kate、最新MV「SWELL」を公開
kateまとめ
吉澤嘉代子、PARCOグランバザールのCMに歌唱&ナレーションで参加!

【関連アーティスト】
kate
【ジャンル】
ニュース, ミュージックビデオ, MV, ヒップホップ, ラップ

吉澤嘉代子、PARCOグランバザールのCMに歌唱&ナレーションで参加!
Fri, 15 Dec 2017 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

吉澤嘉代子が、40年以上歴史のあるPARCOのセール『グランバザール』の2018年冬CMで歌唱参加することとなった。70年代から使われている“♪グランバザール”のメロディに、“ディータカパンパン”からはじまる、魔女の呪文のような謎の言葉を紡ぐアレンジを加えた曲は、強烈なインパクトを残している。

吉澤は、「ご依頼くださった音のプロフェッショナル「愛印」の山田さんより“スキャット”や“口タブラ”のアイディアをいただき、ぬQさんの素敵な映像に効果音をつけるイメージで耳触りの良いひょうきんな言葉を並べてみました」とコメント。最新CMはPARCOグランバザールWEBサイトで12月15日(金)より公開されている。楽曲は、2018年1月1日よりグランバザール開催中の全国のPARCO館内でも聞くことができるのでお楽しみに。

シングル 「残ってる」

発売中



【初回限定盤】(CD+LIVE DVD)
CRCP-10386/¥2,778+税
【通常盤】(CD)
CRCP-10387/¥926+税



【関連リンク】
吉澤嘉代子、PARCOグランバザールのCMに歌唱&ナレーションで参加!
吉澤嘉代子まとめ
reGretGirl、Apple Musicの“今週のNEW ARTIST”に抜擢!

【関連アーティスト】
吉澤嘉代子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, TVCM, CMソング

reGretGirl、Apple Musicの“今週のNEW ARTIST”に抜擢!
Fri, 15 Dec 2017 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大阪を拠点に活動し、切なく女々しい歌詞とキャッチ―なメロテ?ィーか?特徴の次世代センチメンタルキ?ターロックハ?ント?・reGretGirl。12月13日に待望の1stミニアルバム『my』 をリリース、Apple Music/iTunes Store にて配信をスタートした彼らが、Apple Musicの“今週のNEW ARTIST”に選ばれた。今週のNEW ARTISTとは、あらゆるジャンルの音楽に精通する Apple Music のエキスパートたちが、今最も注目すべき新人アーティストを毎週1組ピックアップし紹介する企画。ミニアルバム『my』 収録曲「ホワイトアウト」のMVは、すでに65万回再生を突破し、今後さらなる活躍が期待される reGretGirl にぜひ注目してほしい。

また、Vo.平部はミニアルバム『my』 について「reGretGirlの曲はどれも誰かのためにとか全然歌えてなくてすべて“僕のこと”“僕のため”の曲ばかりなのに、その曲を「自分のことを歌われているみたいだ」と人に言ってもらえるので “誰かの私の歌”になればいいなと思ってこのタイトルをつけました」とコメントしている。

■アルバム『my』Apple Music配信URL
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/id1300010469?mt=1&app=music

アルバム『my』

発売中



NBPC-0047/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.ホワイトアウト
2.デイドリーム
3.二色浜
4.after
5.クラムジーミーツ
6.room



【関連リンク】
reGretGirl、Apple Musicの“今週のNEW ARTIST”に抜擢!
reGretGirlまとめ
FUKI、リアルな恋愛トークから生まれたラブソングをLINE MUSICにて配信!

【関連アーティスト】
reGretGirl
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミニアルバム, 音楽配信

FUKI、リアルな恋愛トークから生まれたラブソングをLINE MUSICにて配信!
Fri, 15 Dec 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

FUKIの新曲「思い出になる前に ?Silent Holy Night-」が12月15日よりLINE MUSICで独占配信スタート! この曲は、大学生を中心に一般から公募した10〜20代の男女の学生で構成されている現役学生アンバサダー「LINE MUSIC Student Ambassador」とFUKIのリアルな恋愛トークから生まれた、雪の夜に降り積もる想いを、切なくもドラマチックに綴ったウィンターラブバラード。美しい旋律と言葉が鐘の音と作り出すFUKIワールドを存分に感じられる“今、聴きたい”冬ソングに仕上がっている。

また、LINE MUSIC独占配信を記念して12月15日(金)22:00よりLINE LIVE生配信「FUKI LIVE “Winter Love Songs”」を行なう。同じく「LINE MUSIC Student Ambassador」と共に選曲したプレイリスト「恋がセツない冬の帰り道」から名曲のカバーや、「思い出になる前に ?Silent Holy Night-」の初披露もあるとのことなので、要チェック! YouTubeでは「思い出になる前に ?Silent Holy Night-」のLyric Videoもアップされているので、ぜひこちらも見てほしい。

■「思い出になる前に ?Silent Holy Night-」 Lyric Video


https://youtu.be/8sC3a94MM78配信楽曲「思い出になる前に ?Silent Holy Night-」

2017年12月15日LINE MUSICにて配信開始



・LINE MUSIC 
https://lin.ee/aTpfEvg/lnms

LINE LIVE「FUKI LIVE “Winter Love Songs”」

12月15日(金)22:00〜LINE LIVEにて生配信!
https://lin.ee/jkRSSl0/lnms



【関連リンク】
FUKI、リアルな恋愛トークから生まれたラブソングをLINE MUSICにて配信!
FUKIまとめ
TOC、新ビジュアル公開&SPドラマ『眠れぬ真珠』の主題歌を書き下ろし

【関連アーティスト】
FUKI
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 新曲, 配信, 音楽番組, 音楽配信

TOC、新ビジュアル公開&SPドラマ『眠れぬ真珠』の主題歌を書き下ろし
Fri, 15 Dec 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

TOCが、12月21日・28日(木)夜11時59分から2週連続で放送される、藤原紀香主演の読売テレビ・日本テレビ系 木曜ドラマFクリスマス スペシャル『眠れぬ真珠〜まだ恋してもいいですか?〜』の主題歌を担当することが決定した。このドラマは、石田衣良の『眠れぬ真珠』が原作で、藤原紀香が演じる45歳の独身女性と、劇団EXILEの鈴木伸之が演じる17歳年下の男性との恋愛模様に、狂気じみたストーカーが迫るというサスペンス要素を盛り込んだ極上のラブミステリーとなっている。台本を読んでTOCが書き下ろした主題歌「I\'ll Light You」は彼のソングライティング力を存分に発揮しつつ、80年代テイストを加えたしっとり聴かせるバラードに仕上がっており、この曲についてTOCは、「主人公の咲世子が着ていた黒い服を見てテーマを思いつき、大切な人を光で照らす存在となりたい、そう思って書き下ろしました」とコメント。話題のドラマとのコラボにより、新たなラブソングが誕生した。

また、撮り下ろしたばかりの最新ビジュアルと、「I\'ll Light You」が収録されるメジャー第1弾アルバム『SHOWCASE』のジャケット写真を公開! Back to basicsをテーマに、TOCのもつ“多面性”や“音楽的な引き出し”をさらけ出すアルバムにするべく、クラシックな雰囲気の衣装にデザインや撮影方法で現代感をミックスした新たなアプローチのビジュアルが完成。このアルバムの全貌については、これから徐々に明かされていくのでぜひ楽しみにしていてほしい。

■【TOC コメント】

「大切な人にとっての光を照らす存在となりたい、そういう思いを持って書き下ろしました。台本の中で主人公、咲世子の黒の衣装を見てこのテーマを思いつきました。人が絶望をしている時に側に寄り添い、希望に変えてあげられる存在になりたいと音楽活動をしてて思うのですが、ピッタリの曲が出来たと思っています」

アルバム『SHOWCASE』

2018年1月31日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7368/¥3,287+税



【通常盤】(CD)
UPCH-2142/¥1,852+税

『TOC TOUR 2018“SHOWCASE”』

<2018年>
2月04日(日) 新潟LOTS
2月11日(日) 名古屋CLUB QUATTRO
2月12日(月・祝) 梅田CLUB QUATTRO
2月17日(土) 渋谷CLUB QUATTRO
2月24日(土) 福岡DRUM Be-1
<チケット>
オールスタンディング¥4,800(税込)※ドリンク代別途*3歳以上有料、3歳未満入場不可
一般発売:2017年12月23日(土・祝)

読売テレビ・日本テレビ系 木曜ドラマFクリスマス スペシャル『眠れぬ真珠〜まだ恋してもいいですか?〜』

12月21日・28日(木)よる11時59分 
出演:藤原紀香 鈴木伸之 ほか
主題歌:TOC「I\'ll Light You」
■番組HP
http://www.ytv.co.jp/sleepless_pearl/



【関連リンク】
TOC、新ビジュアル公開&SPドラマ『眠れぬ真珠』の主題歌を書き下ろし
TOCまとめ
Hilcrhymeまとめ
阿部真央、配信シングル「K.I.S.S.I.N.G.」のフルMVを公開

【関連アーティスト】
TOC, Hilcrhyme
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, TVドラマ, 主題歌

阿部真央、配信シングル「K.I.S.S.I.N.G.」のフルMVを公開
Fri, 15 Dec 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

阿部真央が12月8日(金)にリリースした配信シングル「K.I.S.S.I.N.G.」のフルバージョンMVを公開した。今作は、かとうみさと(A4A Inc.)がMVの監督を務め、阿部真央と初タッグを組んだ作品。楽曲のPOPさに合わせ、様々な衣装を身にまとった阿部真央がダンサーとともに踊るキュートな映像になっているので、ぜひチェックしてほしい。「K.I.S.S.I.N.G.」はiTunes、レコチョクほかApple musicでも好評配信中!

■「K.I.S.S.I.N.G.」特設サイト
http://kissing.ponycanyon.co.jp

■「K.I.S.S.I.N.G.」MV


https://youtu.be/8XUpmqh-IW4配信シングル「K.I.S.S.I.N.G.」

配信中



・iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1316394764?l=ja&ls=1&app=itunes
・Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/id1316394764?l=ja&ls=1
・レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1006115818/


『阿部真央ライブハウスツアー2018“Closer"』

4月06日(金) 東京・新木場STUDIO COAST
4月13日(金) 宮城・仙台Rensa
4月15日(日) 北海道・札幌PENNY LANE24
4月20日(金) 福岡・福岡DRUM LOGOS 
4月22日(日) 広島・広島CLUB QUATTRO
4月27日(金) 愛知・名古屋ダイヤモンドホール 
4月30日(月・祝) 大阪・Zepp大阪 ベイサイド
<チケット>
¥5,800(税込)
※各会場、当日ドリンク代500円が別途必要になります。



【関連リンク】
阿部真央、配信シングル「K.I.S.S.I.N.G.」のフルMVを公開
阿部真央まとめ
ストーンズの『ON AIR』発売記念で高見沢俊彦が選ぶPlay Listが公開

【関連アーティスト】
阿部真央
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, ミュージックビデオ, MV, 新曲, 音楽配信

ストーンズの『ON AIR』発売記念で高見沢俊彦が選ぶPlay Listが公開
Fri, 15 Dec 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ザ・ビートルズから遅れること23年、なぜかザ・ローリング・ストーンズだけオフィシャル化されてこなかったBBCセッション集『オン・エア』が、12月1日に遂に発売され、これを記念してTHE ALFEEの高見沢俊彦によるプレイリストが公開となった。

『オン・エア』発売記念著名人が選ぶストーンズ・プレイリストとしてこれまでに、漫画家の高橋ツトム、ダイアモンド☆ユカイ、花田裕之のプレイリストが公開されてきたが、今回はその第4弾として高見沢俊彦が選ぶプレイリスト『ストーンズ My Play List』と本人によるコメントもあわせて公開されたプレイリストは以下のリンクから主要ストリーミングサイトにて聞くことができる。

■高見沢俊彦が選ぶ『ストーンズ My Play List』
https://lnk.to/stones_takamizawa

■【高見沢俊彦 コメント&選曲】

久しぶりにCDを聴いて痺れた!
『オン・エア』はストーンズファンにはたまらない選曲だ!
まさか2017年に『クモとハエ』のライブ音源が聴けるなんて・・・。
ブライアンがいた頃のストーンズを体験したいのならこのアルバムを聴くしかない!

1. クモとハエ/ The Spider And The Fly
2. ハート・オブ・ストーン / Heart of Stone
3. ハイ・ヒール・スニーカーズ / Hi Heel Sneakers
4. 黒くぬれ!/ Paint it Black
5. ギミー・シェルター / Gimme Shelter
6. ラスト・タイム / The Last Time
7. ロール・オーヴァー・ベートーヴェン / Roll Over Beethoven
8. 19回目の神経衰弱 / 19th Nervous Breakdown
9. アラウンド・アンド・アラウンド / Around And Around
10. アンダー・マイ・サム / Under My Thumb
11. エヴリバディ・ニーズ・サムバディ・トゥ・ラヴ / Everybody Needs Somebody To Love
12. マザー・リトル・ヘルパー / Mother`s Little Helper
13. かわいいキャロル / Carol
14. 彼氏になりたい/ I Wanna Be Your Man
15. 一人ぼっちの世界 / Get Off Of My Cloud

アルバム『オン・エア』

2017年12月1日発売



【2CD(デラックス)】
UICY-78515/6/¥3,600+税



【1CD(スタンダード)】
UICY-15695/¥2,500+税



【2枚組LP】
UIJY-75071/2/¥5,000+税
※ゲートフォールド/180g重量盤
【2枚組カラーLP】
PDJT-1001/2/¥5,500+税
※ユニバーサルミュージック・ストア限定発売
※ゲートフォールド/180g重量盤
【デジタル・ダウンロード】

◎購入詳細
http://smarturl.it/StonesOnAir



【関連リンク】
ストーンズの『ON AIR』発売記念で高見沢俊彦が選ぶPlay Listが公開
The Rolling Stonesまとめ
高見沢俊彦まとめ
THE ALFEEまとめ
コレサワ率いるゆるキャラバンド・コレちゃんズ、ライブ初お披露目!

【関連アーティスト】
The Rolling Stones, 高見沢俊彦, THE ALFEE
【ジャンル】
洋楽, ニュース, アルバム, 発表

コレサワ率いるゆるキャラバンド・コレちゃんズ、ライブ初お披露目!
Fri, 15 Dec 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

コレサワ率いる、ご当地のゆるキャラを集めたバンド“コレちゃんズ”が初お披露目ライブを行なった。ライブが行なわれたのは、12月14日渋谷WWWにて開催の現在敢行されているコレサワのワンマンツアー『コレサワ ワンマンツアー 2017 君の街にいくカラー』の東京公演。コレちゃんズはコレサワがリーダーを務め、埼玉・深谷市のふっかちゃん(ギター担当)、高知・須崎市のしんじょう君(ベース担当)、栃木・佐野市のさのまる(ドラム担当)、千葉・成田市のうなりくん(キーボード担当)から成る計5体組バンド。メンバーは、それぞれが歴代のゆるキャラグランプリで1位、2位と好成績を収めたエリート達で構成されており、成田市のうなりくんは今年行われた「ゆるキャラグランプリ2017」で見事1位に輝いている。

ライブでは、ファン350人を前に「死ぬこと以外かすり傷 コレちゃんズver.」を初披露、各メンバーを改めて紹介した。コレちゃんズのお披露目以外にもコレサワはこの日、1stアルバム『コレカラー』のリリースツアーということで、アンコールを含む全18曲を歌唱。ライブ中、コレサワより「コレちゃんズの初ライブ、とても楽しく出来ました!みんな、上手くなってきたけど、リーダーからするとまだまだですね!(笑)また来年は、さのまるとふっかちゃんの誕生日イベントへの出演が決定致しました!もっともっと練習頑張って上手になってね!」 という発表も。コレちゃんズは、2018年2月25日に『さのまるの日イヘ?ント』、6月30日『ふっかちゃんバースデイぱ〜ちぃ2018(仮)』への出演が決まっているので、ぜひチェックしてほしい。

写真提供:日本クラウン

【ライブ情報】

■コレサワ
<2018年>
2月11日(日) 東京・渋谷O-nest
※コレサワはバンド編成での出演となります。
2年28日(水) 大阪・心斎橋BRONZE
出演:Hump Back / コレサワ
※コレサワはバンド編成での出演となります
2月18日(日) 愛知・名古屋Electric Lady Land
出演:緑黄色社会 / コレサワ

■コレちゃんズ
<2018年>
『さのまるの日イヘ?ント』
2月25日(日) 栃木・佐野市役所周辺(栃木県佐野市高砂町1番地)
※入場無料 ※コレちゃんズでの出演となります。
・詳細URL
http://sanomaru225.com/index.php

『ふっかちゃんバースデイぱ〜ちぃ2018(仮)』
6月30日(土) 埼玉・深谷市総合体育館(埼玉県深谷市上野台2568)
※入場無料 ※コレちゃんズでの出演となります。
・詳細URL
https://www.fukkachan.com



【関連リンク】
コレサワ率いるゆるキャラバンド・コレちゃんズ、ライブ初お披露目!
コレサワまとめ
コレちゃんズまとめ

【関連アーティスト】
コレサワ, コレちゃんズ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, コラボレーション, バンド, コラボ, 発表













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1