歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年12月12日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
【MAN WITH A MISSION ライヴレポート】『Dog Day Tour 2017』2017年12月3日 at さいたまスーパーアリーナ
Tue, 12 Dec 2017 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 スケールアップしたサウンドスケープ、ソウルフルに放たれる真摯なメッセージ。MAN WITH A MISSIONのツアー『Dog Day Tour 2017』さいたまスーパーアリーナ2デイズ公演最終日、そこには進化したオオカミたちの姿があった。

 音楽的豊潤さをグッと深化させた、そしてそれがバンドのさらなる進化を明確に体現していたライヴ。総勢12名のストリングスとホーン隊3名を迎え、強靭なバンドサウンドと新たな彩りとの融合というふたつの表現方法で展開した、Jean-Ken Johnny(Gu&Vo&Raps)の言葉を借りれば“イツモト違ウMAN WITH A MISSION。イツモ以上ノMAN WITH A MISSION”という新機軸を打ち出したステージ。新作「My Hero」での初のフルオーケストラとのレコーディングにおける結実があったからこそ、ライヴでもこうした新たなフェーズに進めたのだろうと思われるが、オープニングの「Emotions」が初めて音源に近いかたちで鳴らされ、しかもいきなり仮面ストリングス隊の登場でオーディエンスを一気に高揚させるドラマチックな演出につながったことも大きい。また、原曲では抜けのいいギターサウンドを軸としていた「STELLA」などは2本のアコギ+バイオリン&チェロという編成で披露され、シンプルながら滋味のある美しい音世界を構築していた。

 もちろん「FLY AGAIN」でのお祭り的一体感や恒例のミッションムービー(今作では桃井かおりさん出演!)で爆笑を誘うシーンも織り込まれていたが、やはり今回はステージセットや額縁の中に映像を流すアイデアとの相乗効果もあり、全体像からは重厚かつ荘厳な音楽時空間が感じられた。Tokyo Tanaka(Vo)の温かく力強い歌唱が魂に響いた「Find You」は、まさにそのハイライトと言える。そして、締め括りは「Raise your flag」――そう、MWAMの“音楽”という旗は、この日も誇らしくはためき続けていた。

撮影:Nobuyuki Kobayashi、Daisuke Sakai (FYD Inc.)/取材:竹内美保

セットリスト

1. Emotions

2. Get Off of My Way

3. Hey Now

4. database

5. Dead End in Tokyo

6. HASTA LA VISTA

7. Dog Days

8. Tales of Purefly

9. evils fall

10. distance

11. Mr. Bad Mouth(新曲)

12. フォーカスライト

13. STELLA

14. My Hero(新曲)

15. Take What U Want

16. FLY AGAIN

17. Find You(新曲)

<ENCORE>

1. Seven Deadly Sins

2. Raise your flag

MAN WITH A MISSION

マン ウィズ ア ミッション:頭はオオカミ、身体は人間という5人組のロックバンド。本人たち曰く“究極の生命体”とのこと。“マンウィズ”、“MWAM”の呼称で親しまれる。メンバーはTokyo Tanaka(トーキョー・タナカ、Vo)、Spear Rib(スペア・リブ、Dr)、Jean-Ken Johnny(ジャン・ケン・ジョニー、Gu&Vo&ラップ)、DJ Santa Monica(DJサンタモニカ、DJ&サンプリング)、Kamikaze Boy(カミカゼ・ボーイ、Ba、Cho)。2010年より始動。自主制作盤をライヴ会場限定で販売したのち、同年11月に初の全国流通盤となるミニアルバム『WELCOME TO THE NEWWORLD』を発表。2011年6月に1stフルアルバム『MAN WITH A MISSION』でメジャーデビューを飾った。その独特なビジュアルとエモーショナルかつキャッチーなサウンドをもって、人気はグングン上昇。2011年8月には『SUMMER SONIC』に出演、9月には渋谷CLUB QUATTROで初の自主企画ライヴ『MAN WITH A MISSION presents THE MISSION Vol.1』を開催。2012年7月には2ndフルアルバム『MASH UP THE WORLD』を発表。同作は2013年3月に、全日本CDショップ店員組合による『第5回CDショップ大賞』の大賞を受賞した。2013年5月には、初の日本武道館公演を大熱狂のうちに終了。その後、世界をターゲットにするべく、レーベルを移籍。同年10月に10-FEETのヴォーカル&ギターであるTAKUMAを迎えたシングル「database feat.TAKUMA(10-FEET)」をリリースした。



【関連リンク】
【MAN WITH A MISSION ライヴレポート】『Dog Day Tour 2017』2017年12月3日 at さいたまスーパーアリーナ
MAN WITH A MISSIONまとめ
【EBiSSH インタビュー】成長と進化を示すダブルA面シングルが完成!

【関連アーティスト】
MAN WITH A MISSION
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.160

【EBiSSH インタビュー】成長と進化を示すダブルA面シングルが完成!
Tue, 12 Dec 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

EBiDAN(恵比寿学園男子部)の新星として注目を集めているEBiSSHが、2ndシングル「マイ・フレンド / キミでいっぱい」をリリース! 多彩な魅力が発揮されている今作についてメンバーたちに語ってもらった。

──9月にCDデビューしたことによって、何か変化はありますか?

NAOYA
「何も変わらないです。牛丼屋さんでも同じものを頼んで食べていますし(笑)。」

TETTA
「僕はちょっとだけいいイヤホンを買いました!」

REI
「TETTAは Bluetoothのイヤホンを買ってしまったので、ますます他人の話を聞かなくなっています(笑)。」

KOHKI
「聞いてないフリばかりです(笑)。」

──(笑)。EBiSSHとしての表現の仕方について考える機会は、増えているんじゃないですか?

NAOYA
「そうですね。例えば、僕はメンバーの似合う衣装について考えて、スタッフと探しに行ったりもしています。」

REI
「僕は周りの人のアドバイスによって、タートルネックを結構着るようになりましたね。」

──では、2ndシングルのお話をしましょう。まず、「マイ・フレンド」は、『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 〜機動救急警察〜』のエンディングテーマですね。

TETTA
「僕も小さい頃にアニメをたくさん観ていたので、こうして歌わせていただけるのは嬉しいです。」

KOHKI
「小さい子供がいる親戚から“歌ってるよね?”って言われたりもしていて、幅広い人たちにこの曲を聴いていただけているのを実感しています。」

──温かいメッセージを届けられる歌ですね。

TETTA
「はい。歌いながら自分自身も勇気付けられています。イヤホンで聴くと耳元で励ましてもらっている感覚になると思うので、個人的にはそれをおすすめします(笑)。」

KOHKI
「なんでまたいきなりイヤホンの話になってるの?(笑) この曲はライヴでもみなさんと笑顔になれます。」

REI
「歌詞の中に《ダレ・だって・かんぺき・じゃない》っていうのがあるんです。“完璧にはなかなかなれないけど、一緒にやっていこうよ”ということを感じていただけたら嬉しいです。」

──そして、2曲目「キミでいっぱい」は、FODドラマ『ラブラブエイリアン2』のエンディングテーマですね。

NAOYA
「はい。「マイ・フレンド」とはまた別のEBiSSHを感じられる曲で、メンバーそれぞれの声の特徴も分かりやすく感じられると思います。」

TETTA
「いつもとは雰囲気を変えた歌い方に挑戦して、新しい自分を発見できました。男っぽさを出したかったんです。」

KOHKI
「大人っぽい雰囲気の曲なので、囁くような歌い方のところがたくさんあるんです。僕はもともと大きな声を出すタイプではないので、囁く歌い方はやりやすかったです。」

REI
「繊細な気持ちが描かれているんですけど、誰もが感じたことがあるような気持ちだと思うので、レコーディングでは素直に歌いました。」

──今回のシングルもKさんがサウンドプロデュースで、TANTARASが作詞作曲をしているんですね。

REI
「はい。メンバーそれぞれの良さをKさんに引き出していただきました。いつも勉強になっています。」

KOHKI
「僕がレコーディングで上手くいかなくて落ち込んでいた時には面白いことを言ってくださって、自然と笑顔になれたことがありました。やさしい人です。」

TETTA
「Kさんは、僕たちを可愛がってくださるんですよ。」

NAOYA
「“今度バーベキューをしようよ”って誘ってくれました!」

──今作の3曲目は3タイプそれぞれでカバーをしていますが、「誓い〜Waiting For Love〜」(B盤)と「Christmas Time Again」(C盤)はKさんの曲ですね。

REI
「そうです。2曲ともライヴで歌わせていただいたんですが、歌ってみて改めてKさんのすごさを実感しました。」

TETTA
「今回、EBiSSHバージョンとしてアレンジもしてくださったんですよ。僕たちに合った曲調なので、とても歌いやすいですし、気持ちも込めやすいです。」

KOHKI
「ライヴで披露した時、TETTAとREIはいっぱい練習をしていて。本番では“ここまで表現できるってすごいなぁ”と思いました。すごく伝わってくるものがあるんですよね。」

NAOYA
「ライヴのリハでふたりが歌っているのを聴いて、僕もうるっときたんです。でも、ライヴ本番大事な曲紹介の時、TETTAがやらかしたみたいで…そこは“TETTAらしいな”と感じた思い出もあります(笑)。」

──「今日は家に帰らないで」(A盤)は、WAZZ UPの曲ですが、JUNEさんもお世話になっている先輩ですね。

REI
「これまでもお世話になっていて、リリースイベントでこの曲を歌った時はJUNEさんがいらっしゃって、緊張しました。」

TETTA
「目の前で観ていたんですよ(笑)。」

──(笑)。聴きどころが満載のシングルになりましたね。

NAOYA
「はい。今回はEBiSSHを支えてくださっている方々の曲のカバーも収録していて、とても思い入れのあるシングルになりました。」

──EBiSSHの曲が後輩にカバーされることも、数年後にあるかもしれないですよ。

TETTA
「そうなったらいいですね。憧れられるように頑張りたいと思います。」

──後輩のライヴで、サングラスをした4人が後輩を客席から温かく見守ったりするんじゃないですか?

TETTA
「まるでSPですね(笑)。」

REI
「僕は後ろの方からこっそり見守ります(笑)。」

──では、最後に2018年の抱負を教えてください。

KOHKI
「今年はみなさんに支えられることが多かったので、来年は僕たちがみなさんを支える側になれるように、パフォーマンスはもちろん、MCも磨いていきたいです!」

取材:田中 大

シングル「マイ・フレンド / キミでいっぱい」

2017年12月13日発売
SDR



【A盤】
ZXRC-1126 ¥1,200(税込)



【B盤】
ZXRC-1127 ¥1,200(税込)



【C盤】
ZXRC-1128 ¥1,200(税込)

『bayfm × LaLaport TOKYO-BAY MUSIC JAM Christmas Live!』

12/24(日) 千葉・三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY 北館1階 中央広場

EBiSSH

エビッシュ:スターダストプロモーション所属のEBiDAN(恵比寿学園男子部)から誕生した4人組ダンス&ヴォーカルユニット。2016年7月20日にShibuya eggmanにて初パフォーマンス、12月には初のワンマンライヴを開催。17年4月と8月に2度に渡り行なった東阪ワンマンライヴは全てソールドアウト。同年9月20日にシングル「恋はタイミング」でCDデビューすると、同作でオリコンデイリーランキング1位、ウィークリーランキング3位を獲得した。

■「マイ・フレンド 」MV


https://youtu.be/sfqt2nhARcM■「キミでいっぱい」MV


https://youtu.be/wZKwiWfB_e4

【関連リンク】
【EBiSSH インタビュー】成長と進化を示すダブルA面シングルが完成!
EBiSSHまとめ
宇多田ヒカル、新曲「あなた」が配信チャートを席巻!

【関連アーティスト】
EBiSSH
【ジャンル】
J-POP, okmusic UP\'s vol.160, インタビュー, EBiDAN, ダンス

宇多田ヒカル、新曲「あなた」が配信チャートを席巻!
Tue, 12 Dec 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』およびソニー「ノイキャン・ワイヤレス」CMソングとしても話題の宇多田ヒカルの新曲「あなた」が、iTunes、レコチョクなど、国内主要配信サイトにて11冠を達成! 国外でも、台湾、香港、フィリピン、シンガポール、マレーシア、インドネシア等、アジアを中心に各国・地域の総合・J-POPチャートなどで1位を獲得、あわせて7冠を達成した。EPICレコードジャパンに移籍してから3曲目のリリースとなるが、「大空で抱きしめて」「Forevermore」と比べ、iTunesでは配信してから最速での1位獲得となった。

同じく配信スタートとなった「あなた」のMVも国内主要サイト4冠、国外iTunesミュージックビデオチャート6冠に輝いた。なお、ショートバージョンはYouTubeで公開されてから4日間で100万回再生突破し、公開日には急上昇1位にも浮上。さらに、宇多田ヒカルのデビュー記念日12月9日に発売となった歌詞集『宇多田ヒカルの言葉』もAmazonのJ-POP・日本の音楽ジャンルランキングで1位に。全国の対象書店で開催中の宇多田ヒカルがレコメンドする書籍を集めたコーナー企画「宇多田書店」もTwitterで盛り上がり、話題を集めた。アルバムリリースやツアーも発表され、いよいよ2018年に20周年イヤーを迎える彼女から目が離せない。

配信楽曲「あなた」

配信中



・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1313602294?at=10lpgB&ct=4547366340068_wn&app=itunes
・mora ※ハイレゾ音源になります
http://mora.jp/package/43000001/4547366340044/
・レコチョク
http://recochoku.com/s0/anata/

宇多田ヒカル歌詞集『宇多田ヒカルの言葉』

発売中



¥1,400+税
仕様:360ページ/四六判/並製
発売:エムオン・エンタテインメント
全国の一般書店/ネット書店で販売
※仕様等は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

■Sony Music Shop
https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=SSZX000082214

■amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4789736814/ref=sr_1_33?s=books&ie=UTF8&qid=1506397676&sr=1-33&keywords=%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%82%AA%E3%83%B3

■『宇多田ヒカルの言葉』特設サイト
http://www.utadahikaru.jp/kotoba



【関連リンク】
宇多田ヒカル、新曲「あなた」が配信チャートを席巻!
宇多田ヒカルまとめ
EMPiRE、お披露目イベントより「EMPiRE is COMiNG」のライヴ映像を公開

【関連アーティスト】
宇多田ヒカル
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 配信, 音楽配信

EMPiRE、お披露目イベントより「EMPiRE is COMiNG」のライヴ映像を公開
Tue, 12 Dec 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

WACKとエイベックスの共同プロジェクトとして誕生した期待の新グループEMPiREが、初の一般御披露目として出演した12月8日Zepp DiverCityにて開催の『WACKのフェス。』で1曲目に披露した「EMPiRE is COMiNG」のライヴ映像を公開した。「EMPiRE is COMiNG」はEMPiREが始動して初めて公開された楽曲で、これまでマネージャーの渡辺淳之介による歌唱Verのみの公開となっていたが、12月6日にSoundCloudにてEMPiREによる音源が解禁されたばかりだ。

EMPiREは、8月23日にZEPP TOKYOで開催されたBiSHのフリーライヴ『TOKYO BiSH SHiNE3』にて覆面で登場し、“フォロワーが1万人を超えなければ顔出しNG”という条件と共に始動。12月6日に公開した初のMV「アカルイミライ」が丸1日以上YouTube急上昇ランクに入り続けるなど、常に話題を振りまいている。これからどのような動きを見せていくのか全く予測がつかないので、見逃さないようにチェックしてほしい。

■「EMPiRE is COMiNG」ライヴ映像


https://www.youtube.com/watch?v=R0GlblUtqJU

【関連リンク】
EMPiRE、お披露目イベントより「EMPiRE is COMiNG」のライヴ映像を公開
EMPiREまとめ
星野 源、1年間を記録したオフィシャルイヤーブックを発売決定

【関連アーティスト】
EMPiRE
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, ライブ

星野 源、1年間を記録したオフィシャルイヤーブックを発売決定
Tue, 12 Dec 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

星野源の1年間の音楽活動を余すことなく記録したオフィシャルイヤーブックを発売することが決定した。2017年1月に開催したライブ『星野源 新春 Live 2days『YELLOW PACIFIC』』で幕をあけ、自身初のMV集『Music Video Tour 2010-2017』のリリース、自身最大規模の全国アリーナツアー『星野源 Live Tour 2017『Continues』』の開催、そしてオリコンウィークリーシングルチャート1位を獲得したシングル「Family Song」が誕生した2017年を、星野源自らの言葉で存分に語ったロングインタビューをはじめ、細野晴臣と山下達郎が参加した超豪華三者鼎談も実現!

さらに、奥山由之による撮り下ろしフォトストーリー第2弾や、映像ディレクターの山岸聖太と構成作家の寺坂直毅による『星野源に限りなく近い2人が語る』対談企画や、ギャラクシー賞5月度月間賞を受賞した音楽&トーク番組『おげんさんといっしょ』を解剖する、ライターお戸部田誠(てれびのスキマ)執筆のスペシャルコラム、シングル「恋」から「Family Song」への変遷を語る音楽ジャーナリストの高橋芳朗によるインタビュー、MUSICA編集長の有泉智子との3rdアルバム『Stranger』全曲徹底解説、星野源をよく知る著名人からの『みんなの極私的星野源レビュー』等、全128ページにわたって音楽家・星野源の2017年を、様々な角度から切り取った超豪華な1冊となっている。

また、放送前から大きな話題となって音源化が熱望された、自身のレギュラーラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)のスペシャル企画「2時間生演奏!星野源Live Tour 2017『Continues』inラジオブース」のスタジオライブ音源を収録したCDと、購入者のみが利用できるWEBサービス「YELLOW PASS」に登録できるアクセスコードも付属。そして、ライブの最速チケット先行受付(抽選)への応募が可能になる他、TV番組観覧、フォトギャラリーなどの限定サービスも実施するとのこと。

さらに、前作のオフィシャルイヤーブック『YELLOW MAGAZINE 2016-2017』を購入した現YELLOW PASSの登録者が『YELLOW MAGAZINE 2017-2018』を2018年1月15日までに購入すると、継続特典としてライブ『星野源 新春 Live 2days『YELLOW PACIFIC』』と『星野源 Live Tour 2017『Continues』』を切り取った、全40ページの豪華フォトブック『YELLOW DOCUMENT』が付属されるので、前作をご購入の方は要チェックだ。

■書籍『YELLOW MAGAZINE 2017-2018』

¥4,000(税込)
サイズ:256mm×192mm
仕様:スリーブケース+YEARBOOK+CD/カラー/128P
販売場所:アーティストオンラインショップ「A!SMART」ほか、各ライブ、フェス会場を予定。
アーティストオンラインショップ「A!SMART」(http://www.asmart.jp/hoshino_gen)でのみ予約販売受付中
※発送は2018年3月中旬〜下旬を予定。
※販売数には限りがございます。

<収録内容>
星野源超ロングインタビュー
【星野源×細野晴臣×山下達郎】三者鼎談
【星野源×奥山由之】撮り下ろしフォトストーリー
映像ディレクター・山岸聖太 ×構成作家・寺坂直毅による対談
スペシャル・コラム「『おげんさんといっしょ』の魔法」【戸部田誠(てれびのスキマ)】
インタビュー「『恋』から『Family Song』へ」
3rdアルバム『Stranger』全曲徹底解説
アートワーク解説
衣装・グッズコレクション
「みんなの極私的星野源レビュー」
HOSHINO GEN 100 Q&A
…and more

■付属CD『YELLOW DISC』収録楽曲
「夢の外へ」、「Night Troop」、「雨音」、「ギャグ」、「恋」、「時よ」、「Continues」、「Friend Ship」(8曲+オープニング&エンディングトーク)



【関連リンク】
星野 源、1年間を記録したオフィシャルイヤーブックを発売決定
星野源まとめ
細野晴臣まとめ
山下達郎まとめ
GENERATIONSのSNS企画に参加してCMに出よう!

【関連アーティスト】
星野源, 細野晴臣, 山下達郎
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 発売

GENERATIONSのSNS企画に参加してCMに出よう!
Tue, 12 Dec 2017 18:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GENERATIONS from EXILE TRIBEが2018年1月1日(月)にリリースするベストアルバム『BEST GENERATION』の発売を記念して、『GENERATIONSと最高の世代をみんなで作ろう!』と題された企画がスタートする。

第1弾は「2018年の目標をTwitterに投稿して『最高の世代CM』を作ろう!」というもの。ファンやメンバーと同世代の若者達から、目標や頑張っていることをスケッチブックなどに書いて撮影した写真をtwitterで募集する。採用された参加者には、WEB CMに出演できるだけでなく、抽選でメンバーサイン入りプレゼントも用意されている。

完成CMは、発売日の1月1日にWEB-CMにてお披露目の予定。目標を投稿してメンバーとWEB-CMに出よう!

■【『GENERATIONSと最高の世代を みんなで作ろう!』募集概要】

発表予定:2018年1月1日を予定
応募方法:Twitterでハッシュタグ #ベストジェネレーションをつけて投稿、応募アカウント @GENERATION_BEST をフォロー

アルバム『BEST GENERATION』

2018年1月1日(月)発売



■限定BOX
【3CD+4DVD】
RZCD-86451〜3/B〜E/¥8,980+税
【3CD+4Blu-ray】
RZCD-86454〜6/B〜E/¥10,980+税
■豪華盤
【2CD+3DVD】
RZCD-86457〜8/B〜D/¥6,500+税
【2CD+3Blu-ray】
RZCD-86459〜60/B〜D/¥7,500+税
■通常盤
【CD+DVD】
RZCD-86461/B/¥4,500+税
【CD+Blu-ray】
RZCD-86462/B/¥5,500+税
【CD ONLY】
RZCD-86463/¥2,500+税
■International Edition
【CD+DVD】
RZCD-86468/B/¥2,480+税
【CD+Blu-ray】
RZCD-86469/B/¥3,480+税
【CD ONLY】
RZCD-86470/¥1,980+税




【関連リンク】
GENERATIONSのSNS企画に参加してCMに出よう!
GENERATIONS from EXILE TRIBEまとめ
MUCC、サプライズ連発の対バンツアー『えん7』東京公演が大成功!

【関連アーティスト】
GENERATIONS from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH

MUCC、サプライズ連発の対バンツアー『えん7』東京公演が大成功!
Tue, 12 Dec 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MUCCが12月9日新木場STUDIO COASTにて、トリビュートアルバム対バンツアー『えん7』東京公演を行なった。11月にリリースしたMUCC20周年記念トリビュートアルバム『TRIBUTE OF MUCC -縁 [en]-』の発売を記念して対バン形式で行なわれているこのツアーは、ファイナルとなる東京・日本武道館公演を含めた全7会場で開催。cali≠gari、gibkiy gibkiy gibkiy、MERRYの3組を迎えての東京公演は超満員の観客を集め、大盛況のうちに幕を閉じた。

対バンツアー『えん7』は、その日限りのセッションやサプライズ演出があるところも見どころで、 11月30日福岡公演では出演したTHE ORAL CIGARETTESがMUCCの「大嫌い」をカヴァーすると、逹瑯(MUCC/Vo)が乱入。また、MUCCがTHE ORAL CIGARETTESの「5150」をカヴァーすると山中拓也(THE ORAL CIGARETTES/Vo&Gu)が乱入するという、両者のステージでツインボーカルのコラボが実現した。12月3日大阪公演ではMERRY、DEZERT、cali≠gariを対バンに迎え、cali≠gariのステージで「せんちめんたる」にミヤ(MUCC/Gu)が飛び入り。MUCCのステージでは、アンコールでDEZERTのSORA(Dr)が参加し、SATOち(MUCC/Dr)とのツインドラムで魅せた「蘭鋳」で会場を沸かせた。12月5日名古屋公演ではFLOWを迎え、MUCCがFLOWの「GO!!!」をカバーすると、FLOWのメンバーがうずまきナルト(アニメ『NARUTO -ナルト-』)の仮装で乱入。観客だけでなく、MUCCのメンバーも驚いたサプライズ演出で大いに盛り上げた。

そして、12月9日東京公演。一番手のcali≠gariはトップに相応しい攻めのステージで盛り上げ、桜井青(Gu)の高速カッティングギターに乗せた石井秀仁(Vo)の叙情的なボーカルが独創性を生んだMUCC「風と太陽」のカバーを披露。桜井青がギターを置いて、大量のバナナをフロアに投げたり、自ら頬張ったりと自由すぎるパフォーマンスを見せた「混沌の猿」では、逹瑯が乱入。逹瑯と桜井青がバナナを食べさせ合ったり、マイクスタンドに刺したバナナを頬張ったりと、2人で悪ガキのようにステージを走り回りやりたい放題。ラスト「クソバカゴミゲロ」ではミヤも乱入し、厚みを増した演奏を聴かせる。逹瑯も楽しそうな表情で観客を煽りまくり、お祭り気分を盛り上げる。

続くgibkiy gibkiy gibkiyは仄暗い照明の中、重厚なサウンドで1曲目「無中無」から独自の世界観を構築。MUCC「溺れる魚」のカバーはヘビーなリズムなリズムと痛切なギター、感傷的なボーカルで楽曲の世界観をよりディープに描き、観客を圧倒。ラストは複雑に入り組んだ感情や心の闇を歌と演奏で表現し、kazuma(Vo)の咆哮が聴く者の心をえぐる「脳内に」で余韻を残してステージを終える。

気合い十分のステージで、序盤からワンマンさながらの盛り上がりを生んだMERRYは、「絶望」で会場をひとつにする。「MERRYなりに愛をこめたけど、Twitterで全然書いてもらえなかった」とガラ(Vo)が自虐的に語り、披露したMUCCの楽曲「家路」のカヴァーは、結生(Gu)と健一(Gu)のツインアコギに乗せたハイトーンボーカルで始まり、激情的な演奏とたっぷり気持ちを込めた歌でしっかり聴かせ、会場中から大きな拍手と歓声が起きた。

どこか厳かな雰囲気の中、「THE END OF THE WORLD」の重厚な演奏で始まったMUCCのステージは、「睡蓮」の逹瑯のスクリームを合図にヘドバンや手拍子で会場が熱を帯び、「絶体絶命」、「商業思想狂時代考偲曲」でフロアを掻き回す。MCでは「20周年の最後がお世話になった人や、仲の良い人たちと旅をするツアーで本当に良かったです。今日はパーティーだから」と逹瑯が嬉しそうに語り、ミヤの乾いたギターと逹瑯の感傷的なボーカルで始まる「溺れる魚」を披露。中盤、「家路」、「ハイデ」と壮大な曲が続いた後は、「テメェらのために歌おうか?」と始まった「風と太陽」で再び会場に熱気が戻り、会場がひとつになる。

静と動を巧みに織り交ぜた構成で、観客の心を完全掌握したMUCC。「蘭鋳」では「名古屋でFLOWに学んだスキルです」と巨大ウェーブを起こし、フラッシュライトとフロアへのスモーク噴射でフロアはカオス状態。ラストはMERRYのガラを呼び込み、逹瑯とガラのツインボーカルで「TONIGHT」を披露し、最高潮の盛り上がりの中で東京公演の幕を閉じた。

対バンツアー『えん7』はこの後、12月18日に札幌PENNY LANE 24、12月20日に仙台Rensaで開催され、12月27日の日本武道館公演にてツアーファイナル『20TH ANNIVERSARY MUCC祭「えん7 FINAL」in 武道館』 が行なわれる。なお、武道館公演にはシド、GRANRODEO、THE BACK HORN、DEZERT、sukekiyo、lynch. 、ROTTENGRAFFTY、矢野絢子の出演が発表されており、Session GuestとしてKen(L\'Arc〜en〜Ciel)、DAIGO(BREAKERZ)の出演も決定している。

■【ツアー情報】

えん7
12月18日(月) 北海道・札幌PENNY LANE 24
w:lynch.
12月20日(水) 北海道・仙台Rensa
w:BAND-MAID/ROACH/ヒステリックパニック

20TH ANNIVERSARY MUCC祭「えん7 FINAL」in 武道館  [チケット一般発売中!]
12月27日(水) 東京・日本武道館
w:シド/GRANRODEO/THE BACK HORN/DEZERT/sukekiyo/lynch./ROTTENGRAFFTY/矢野絢子
セッションゲスト:Ken(L\'Arc-en-Ciel)/DAIGO(BREAKERZ) ...and more
※未就学児童入場不可・営利目的の転売禁止



【関連リンク】
MUCC、サプライズ連発の対バンツアー『えん7』東京公演が大成功!
MUCCまとめ
cali≠gariまとめ
gibkiy gibkiy gibkiyまとめ
MERRYまとめ

【関連アーティスト】
MUCC, cali≠gari, gibkiy gibkiy gibkiy, MERRY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ツアー, ライブレポ

aiko、全国エアモニチャート1位獲得「予告」の配信がスタート!
Tue, 12 Dec 2017 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

オリコン週間ランキングでも初登場3位を獲得したaikoのニューシングル「予告」が、12月13日0時より各主要音楽配信サイトにて配信リリースされることがわかった。「予告」はaikoの20周年イヤー1発目の作品としても話題となっており、CDリリース週には全国ラジオ・CS総合エアモニタリングチャート1位を獲得(1月27日〜12月3日集計、プランテック調べ)。ファン待望の配信スタートとなる。さらにシングル発売日である11月29日にハイレゾ配信がスタートした、昨年5月発売のオリジナルアルバム『May Dream』は音楽主要サイトで上位にランクインしている。

また、aikoは12月13日に放送されるフジテレビ系列『2017FNS歌謡祭 第2夜』にも出演するので、こちらもお見逃しなく。

シングル「予告」

2017年11月29日発売



【初回限定仕様盤】
PCCA.15037/¥1,200+税
※初回限定仕様盤:カラートレイ&8Pブックレット
<収録曲>  
1.予告 
2,間違い探し
3.月が溶ける
4.予告(instrumental)

◎先着購入特典
・ポスター(B2サイズ)
CDショップにて購入いただきますと先着でポスター(B2サイズ)をプレゼント
※全国のCDショップ(タワーレコード、TSUTAYA、HMV、新星堂他)、WEBショップ(amazon 他)が対象です。詳しくはお近くのCDショップに直接お問い合わせください。
※特典は数に限りがございます。無くなり次第終了となりますのでご了承ください。
※一部取り扱いのないCDショップ・WEBショップもございます。各CDショップ・WEBショップの告知をご確認ください。



【通常仕様盤】
PCCA.15037/¥1,200+税



【関連リンク】
aiko、全国エアモニチャート1位獲得「予告」の配信がスタート!
aikoまとめ
バンドじゃないもん!、新作発売日にLINE LIVEで24時間生配信

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, 配信, 音楽番組, 出演, 音楽配信

バンドじゃないもん!、新作発売日にLINE LIVEで24時間生配信
Tue, 12 Dec 2017 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!が、ニューミニアルバム『ミニバン』リリース日の12月13日に24時間生放送特番をLINE LIVEで配信することが決定した。

24時間特番は、バンドじゃないもん!のLINE LIVEチャンネルにて配信される。『PERFECT YEAR 2017』と銘打たれた2017年の活動を振り返るトークやロケ企画、また24時間限定特典にてCDを販売する『はわ〜ショッピング』等、さまざまな企画を実施予定だ。

また、番組最後にはLIVE チャンネルに移行し、『MONSTER STATION』と題した音楽番組を生配信。メンバー全員が出演し、『ミニバン!』に収録されるソロ楽曲をそれぞれ初披露する予定だ。

■ミニアルバム『ミニバン!』特設サイト
https://banmonmini.ponycanyon.co.jp/

■LINE LIVE『MONSTER STATION』

12月13日(水)0:00〜24:00(22:30〜24:00はスタジオライヴを予定)
■24時間特番配信
https://live.line.me/channels/588/upcoming/6496496
■スタジオライヴ配信
https://live.line.me/channels/21/upcoming/6450765

ミニアルバム『ミニバン!』

2017年12月13日(水)発売



【初回生産限定盤】(CD+Blu-ray)
PCCA-04609/¥4,000+税
【通常盤】(CD)
PCCA-04610/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
M1.Q.人生それでいいのかい?
M2.クッキンアイドルりん?りん?汐りんのテーマ(恋汐りんご from バンドじゃないもん!)
M3.150930(七星ぐみ from バンドじゃないもん!)
M4.恋はMelty time(望月みゆ from バンドじゃないもん!)
M5.ピーターパン・コンプレックス(甘夏ゆず from バンドじゃないもん!)
M6. 青空に吹かす夜、晴れ渡る日(大桃子サンライズ from バンドじゃないもん!)
M7.想い出サンセッタ(鈴姫みさこ from バンドじゃないもん!)
Bonus track.歌うMUSIC(生まれかわりver.)
■Blu-ray ※初回生産限定盤のみ
・バンドじゃないもん!野外ライブ『バンもん!5周年だョ!全員集合〜ご新規さんいらっしゃい!〜』at 代々木公園野外ステージ
・「Q.人生それでいいのかい?」ミュージックビデオ&メイキング映像
・みゆちぃドキドキバンジー初挑戦密着映像
・ジャケット撮影メイキング映像
・バンドじゃないもん!サスペンス劇場「インターホンが鳴る」本編映像&NG集

◎CDショップ特典
メンバーソロビジュアルA3ポスター(全6種)
※メンバー別全6種はランダム配布となります。
※CDショップ、ECショップ対象特典となります。
※数量に限りがございますので、お早めにご予約・ご購入をお願いいたします。
※取り扱いが無いCDショップもございますので事前に
お店まで問い合わせていただくことをお勧めいたします。



【関連リンク】
バンドじゃないもん!、新作発売日にLINE LIVEで24時間生配信
バンドじゃないもん!まとめ
音楽DLサービス“mora”による年間DLランキングのアニソン部門1位はDAOKO × 米津玄師「打上花火」

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, 発売, ミニアルバム

音楽DLサービス“mora”による年間DLランキングのアニソン部門1位はDAOKO × 米津玄師「打上花火」
Tue, 12 Dec 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

株式会社レーベルゲートが運営する音楽ダウンロードサービス“mora 〜WALKMAN(R)公式ミュージックストア〜”においての「2017年 年間ダウンロードランキング アニソン部門TOP10」が発表された。このランキングは、12月6日(水)に発表した「mora 2017年 年間ダウンロードランキングTOP100」を元に、通常音源とハイレゾ音源のダウンロード数を合算したアニソン(アニメソング/声優/ボカロ/ゲームテーマ曲を含む)を2016年12月1日から2017年11月30日までの期間について集計したものとのこと。

2017年の年間アニソンシングルランキング1位には、米津玄師が作詞・作曲、プロデュースを担当したDAOKO × 米津玄師「打上花火」がランクイン! 2017年の夏に上映された映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌として話題を呼んだ今作は、現在もmoraランキング上位にランクインし、根強い人気の作品だ。2位には、2016年大ヒットした映画『君の名は。』の主題歌RADWIMPS「前前前世 (movie ver.) 」が2017年上半期アニソンランキングに続きランクイン。3位には、2017年の流行語大賞ノミネート30語に選ばれた人気TVアニメ『けものフレンズ』のOP主題歌となった、どうぶつビスケッツ×PPP「ようこそジャパリパークへ」がランクインした。ほかにも、4位にTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』OPテーマの米津玄師による「ピースサイン」、5位に劇場版 『ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-』主題歌のLiSAによる「Catch the Moment」と、2017年に話題となったアニメ主題歌などがランクインしているのでぜひチェックしてほしい。

【2017年 年間ダウンロードランキング アニソン部門】
※AAC(通常音源)とハイレゾ音源のダウンロード数を合算

1.DAOKO × 米津玄師「打上花火」
映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌
2.RADWIMPS「前前前世(movie ver.)」
長編アニメーション『君の名は。』主題歌
3.どうぶつビスケッツ×PPP「ようこそジャパリパークへ」
TVアニメ『けものフレンズ』OP主題歌
4.米津玄師「ピースサイン」
TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』OPテーマ
5.LiSA「Catch the Moment」
劇場版 『ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-』主題歌
6.BUMP OF CHICKEN「アンサー」
TVアニメ『3月のライオン』OPテーマ
7.倉木麻衣「渡月橋 〜君 想ふ〜」
劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』主題歌
8.ClariS「ヒトリゴト」
TVアニメ『エロマンガ先生』OPテーマ
9.EGOIST「英雄 運命の詩」
TVアニメ『Fate/Apocrypha』OPテーマ
10.fh?na「青空のラプソディ」
TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌

■2017年 年間ダウンロードランキング アニソン部門ページ
http://mora.jp/special/animesong_ranking2017



【関連リンク】
音楽DLサービス“mora”による年間DLランキングのアニソン部門1位はDAOKO × 米津玄師「打上花火」
DAOKO × 米津玄師まとめ
RADWIMPSまとめ
どうぶつビスケッツ×PPPまとめ
米津玄師まとめ

【関連アーティスト】
DAOKO × 米津玄師, RADWIMPS, どうぶつビスケッツ×PPP, 米津玄師, LiSA, BUMP OF CHICKEN, 倉木麻衣, ClariS, EGOIST, fh?na
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, アニメ・声優, ニュース, アニメ, 主題歌, エンディング, オープニング, 映画

androp、全国5大都市をまわるホールツアーが決定
Tue, 12 Dec 2017 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

andropが2018年4月28日名古屋公演を皮切りとした全国5大都市ホールツアーを開催することを発表した。

2016年のレーベル立ち上げから新たな挑戦をし続けた彼らが、満を持して臨む今回のツアー。4月28日の日本特殊陶業市民会館フォレストホールから6月3日のパシフィコ横浜国立大ホールまで名古屋、仙台、福岡、大阪、横浜の全5公演。androp member会員限定でチケット先行予約を実施している。

また、12月5日のBillboard Live OSAKA公演のライヴ音源が急遽、1月10日発売のニューシングル「Joker」に収録されることも決定した。

2018年のandropからますます目が離せない。

全国5大都市ホールツアー

4月28日(土) 愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール
5月03日(木・祝) 宮城・仙台電力ホール
5月12日(土) 福岡・福岡国際会議場
5月26日(土) 大阪・NHK大阪
6月03日(日) 神奈川・パシフィコ横浜国立大ホール
※6歳以下の入場不可

シングル「Joker」

2018年1月10日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7365/¥2,484(税込)
<収録曲>
■CD
1.Joker ※12月20日先行配信開始
2. Ao
3. Colorful (Billboard Live ver.)
4.Roots (Billboard Live ver.)
■DVD
「Joker」Official Movie
「one-man live 2017 at 日比谷野外大音楽堂」Digest Movie
Making of 「one-man live 2017 at 日比谷野外大音楽堂」

【通常盤】(CD)
UPCH-5926/¥1,296(税込)
<収録曲>
1. Joker ※2017年12月20日先行配信開始
2. Ao
3. SOS! (Billboard Live ver.)

DVD&Blu-ray『one-man live 2017 at 日比谷野外大音楽堂』

2018年1月10日発売



【DVD】
UPBH-1456/¥5,184(税込)
【Blu-ray】
UPXH-1063/¥6,264(税込)
<収録曲>
Kasumi
BGM
Nam(a)e
Youth
Ryusei
Melody Line
Kaonashi
Bright Siren
Tonbi
Rising Star
Astra Nova
Human Factor
Ghost
Tokei
Songs
Prism
Run
Voice
Yeah! Yeah! Yeah!
SOS! feat. Creepy Nuts
Joker
Image Word




【関連リンク】
androp、全国5大都市をまわるホールツアーが決定
andropまとめ
SKE48、10周年を飾るシングル「無意識の色」の詳細を一挙解禁

【関連アーティスト】
androp
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, DVD, Blu-ray, ツアー

SKE48、10周年を飾るシングル「無意識の色」の詳細を一挙解禁
Tue, 12 Dec 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年1月10日にリリースされるSKE48の22枚目のシングル「無意識の色」の新ビジュアルとアートワークが解禁となった。

初回限定盤ジャケットの白い衣装にはこれまでの全シングルのワッペンがついているが、胸にある3枚のワッペンは各メンバーがそれぞれ選んだ3枚になっているとのこと。また、同時にカップリング曲のタイトルを含めた全収録内容も公開。2018年、10周年を飾る最初のシングルリリースに期待が高まるばかりだ。

シングル「無意識の色」

2018年1月10日発売



【初回盤TYPE-A】(CD+DVD)
<収録曲>
■CD
1.無意識の色
2.反射的スルー(ラブ・クレッシェンド)
3.We\'re Growing Up(愛知トヨタ選抜)
4.無意識の色 off vocal
5.反射的スルー off vocal
6.We\'re Growing Up off vocal
■DVD
1.無意識の色 Music Video
2.反射的スルー(ラブ・クレッシェンド) Music Video
3.10周年を愛知県でPR



【初回盤TYPE-B】(CD+DVD)
<収録曲>
■CD
1.無意識の色
2.夜明けのコヨーテ(サガミチェーン選抜)
3.We\'re Growing Up(愛知トヨタ選抜)
4.無意識の色 off vocal
5.夜明けのコヨーテ off vocal
6.We\'re Growing Up off vocal
■DVD
1.無意識の色 Music Video
2.夜明けのコヨーテ Music Video
3.SKE48劇場デビュー9周年記念特別公演 前編



【初回盤TYPE-C】(CD+DVD)
<収録曲>
■CD
1.無意識の色
2.ぼっちでスキップ(名前呼ばれ隊)
3.We\'re Growing Up(愛知トヨタ選抜)
4.無意識の色 off vocal
5.ぼっちでスキップ off vocal
6.We\'re Growing Up off vocal
■DVD
1.無意識の色 Music Video
2.ぼっちでスキップ Music Video
3.SKE48劇場デビュー9周年記念特別公演 後編



【初回盤TYPE-D】 (CD+DVD)
<収録曲>
■CD
1.無意識の色
2.触らぬロマンス(サクララブレター32)
3.We\'re Growing Up(愛知トヨタ選抜)
4.無意識の色 off vocal
5.触らぬロマンス off vocal
6.We\'re Growing Up off vocal
■DVD
1.無意識の色 Music Video
2.触らぬロマンス Music Video
3.若手をイライラさせてみようシリーズ復刻版



【劇場盤】(CD)
<収録曲>
1.無意識の色
2.Because どっちつかず(コサンガー7)
3. We\'re Growing Up(愛知トヨタ選抜)
4.SKE48 22nd Single Medley
5.無意識の色 off vocal
6. Because どっちつかず off vocal
7. We\'re Growing Up off vocal



【通常盤TYPE-A】(CD+DVD)



【通常盤TYPE-B】(CD+DVD)



【通常盤TYPE-C】(CD+DVD)



【通常盤TYPE-D】(CD+DVD)

シングル「無意識の色」選抜メンバー・ユニット詳細

■選抜メンバー(16名)
チームS:北川綾巴、松井珠理奈
チームKII:江籠裕奈、大場美奈、小畑優奈、北野瑠華、惣田紗莉渚、高柳明音、竹内彩姫、日高優月、古畑奈和
チームE:鎌田菜月、熊崎晴香、後藤楽々、菅原茉椰、須田亜香里

■ラブ・クレッシェンド
江籠裕奈、小畑優奈、北川綾巴、熊崎晴香、後藤楽々、菅原茉椰、松井珠理奈
<新メンバー>
一色嶺奈、井上瑠夏、野村実代、松本慈子

■愛知トヨタ選抜
江籠裕奈、大場美奈、小畑優奈、北川綾巴、熊崎晴香、後藤楽々、菅原茉椰、須田亜香里、惣田紗莉渚、高柳明音、古畑奈和、松井珠理奈

■サガミチェーン選抜
江籠裕奈、大場美奈、小畑優奈、北川綾巴、熊崎晴香、後藤楽々、須田亜香里、惣田紗莉渚、高柳明音、古畑奈和、松井珠理奈、矢作有紀奈

■名前呼ばれ隊
青木詩織、市野成美、内山命、北野瑠華、斉藤真木子、日高優月

■サクララブレター32
相川暖花、浅井裕華、渥美彩羽、荒井優希、石川咲姫、石黒友月、井田玲音名、大芝りんか、太田彩夏、岡田美紅、片岡成美、上村亜柚香、北川愛乃、倉島杏実、坂本真凛、佐藤佳穂、白井琴望、白雪希明、末永桜花、杉山愛佳、?塚夏生、?畑結希、仲村和泉、野島樺乃、野々垣美希、深井ねがい、福士奈央、町音葉、水野愛理、森平莉子、矢作有紀奈、和田愛菜

■コサンガー
犬塚あさな、都築里佳、山内鈴蘭、山田樹奈、高木由麻奈、松村香織、?寺沙菜、谷真理佳



【関連リンク】
SKE48、10周年を飾るシングル「無意識の色」の詳細を一挙解禁
SKE48まとめ
城 南海、初の国際フォーラムを冬の歌で染める

【関連アーティスト】
SKE48
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, AKB, CD

城 南海、初の国際フォーラムを冬の歌で染める
Tue, 12 Dec 2017 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

テレビ東京『THEカラオケ★バトル』で番組最多となる10冠を達成し“絶対女王”と言われている奄美出身の歌姫・城 南海。11月22日に発売した冬のカバーアルバム『ユキマチヅキ』を引っさげた自身初となるホールツアー『ウタアシビ2017冬』の東京公演が、12月9日に国際フォーラム・ホールCで開催された。

会場はソールドアウトで満員となった観客の期待であふれる中、「奄美大島出身の私ですが、雪の景色を思い浮かべて、冬の歌を歌いました」と、「サボテンの花」(チューリップ:1975年)、「12月の雨」(荒井由実:1974年)といったアップテンポなカバー曲から、「ORION」(中島美嘉:2008年)、「Snow Crystal」(藤井フミヤ:1996年)、「いい日旅立ち」(山口百恵:1978年)、「Everything」(MISIA:2000年)といったバラードのカバーまで、冬のカバーアルバム「ユキマチヅキ」の収録されている冬の名曲を次々と披露。

また季節感は一転、「ここは奄美大島だと思って、島の風を感じでもらいたいです」と、三味線の演奏とともに奄美大島のシマ唄で、会場は南の島の風が吹き込んだような、アツい盛り上がりを見せる。

そして、デビュー当時から「サヨナラよりも伝えたかったこと」など最近までのオリジナル曲も披露し、その歌声で会場を一つにして、幕を閉じた。

この後、12月16日岡山、17日大阪公演を経て、23日には舞台を再び東京へ戻し『ウタアシビ2017冬 Xmas』として日本橋三井ホールでのクリスマスライヴも開催。さらに年末12月31日にはイクスピアリでのカウントライヴも決定している。

【ツアー情報】

『ウタアシビ2017冬 番外編 岡山公演』
12月16日(土) 岡山・岡山市民会館
w:まゆみゆ

『ウタアシビ冬2017』
12月17日(日) 大阪・サンケイホールブリーゼ

『ウタアシビ2017 Xmas』
12月23日(土) 東京・日本橋三井ホール

『カウントダウンライブ2018』
12月31日(日) 千葉・イクスピアリ2F セレブレーション・プラザ
23:30〜24:15
※悪天候時の場合は内容の一部を変更、または中止となる場合がございます。

アルバム『ユキマチヅキ』

発売中



PCCA.04593/¥2,593+税
<収録曲>
1.ORION(中島美嘉:2008年) 
2.いい日旅立ち(山口百恵:1978年)
3.サボテンの花(チューリップ:1975年)
4.Snow Crystal(藤井フミヤ:1996年)
5.12月の雨(荒井由実:1974年)
6.冬がはじまるよ(槇原敬之:1991年)
7.Everything(MISIA:2000年)
8.サイレント・イヴ(辛島美登里:1990年)
9.なごり雪(かぐや姫:1974年/イルカ:1975年)
10.サヨナラよりも伝えたかったこと(オリジナル)

◎先着予約購入特典
『ユキマチヅキ』オリジナルポストカード
全国のCDショップにてご予約・ご購入いただいたお客様に先着でプレゼント。各店舗でご用意している特典数量には限りがございますので、お早目のご予約をおすすめいたします。
※一部取り扱いの無い店舗やウェブサイトがございます。ご予約・ご購入の際には、各店舗の店頭または各サイトの告知にて、特典の有無をご確認ください。
※特典は数に限りがございますので、発売前でも特典プレゼントを終了する可能性がございます。予めご了承ください。



【関連リンク】
城 南海、初の国際フォーラムを冬の歌で染める
城 南海まとめ
桑田佳祐、約5年ぶりのソロツアーを WOWOWでOA

【関連アーティスト】
城 南海
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ツアー, ライブレポ

桑田佳祐、約5年ぶりのソロツアーを WOWOWでOA
Tue, 12 Dec 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現在開催中の桑田佳祐の約5年ぶりとなるソロツアー『桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」』の模様をWOWOWにて2018年1月3日に放送することが決定した。

ソロデビュー曲「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」から、 大ヒット中のアルバム『がらくた』に収録されている、 ドラマ主題歌として話題を集めた「若い広場」まで、 新旧のヒットナンバーを織り交ぜた豪華ラインナップを披露している今回のツアー。 艶やかで表情豊かな歌声とパフォーマンスにより生み出される圧巻のステージは、 多くの人の心を魅了している。 終始、 感動と興奮に包まれたステージの模様を 2018年のお正月に楽しめる。

そして、放送日と同日の1月3日にはソロ活動30周年を記念したベストMV集『MVP』がリリースされる。 この作品のために新たに制作された映像や初の作品化となる楽曲など“30周年"を締めくくるにふさわしい全30曲が収録されており、 桑田佳祐のMVを完全網羅した永久保存版となっている。

■桑田佳祐 ソロ30周年記念ベストMV集『MVP』スペシャルサイト
http://special.sas-fan.net/special/mvp/

■WOWOWプライム 『桑田佳祐 LIVE TOUR 2017 「がらくた」』

2018年1月3日(水)20:00〜
http://www.wowow.co.jp/music/kuwata

Blu-ray&DVD『MVP』

2018年1月3日(水)発売



【Blu-ray 初回限定盤】
VIXL-900/¥5,800+税
※初回限定盤はプレミアムパッケージ仕様
【Blu-ray 通常盤】
VIXL-901/¥5,800+税
【DVD 初回限定盤】
VIBL-1400〜1401/¥5,800+税
※初回限定盤はプレミアムパッケージ仕様
【DVD 通常盤】
VIBL-1402〜1403/¥5,800+税
<収録内容>
1.悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE) [1987]  
2.SHE\'S A BIG TEASER [1988] 
3.真夜中のダンディー [1993]
4.月 [1994]
5.祭りのあと [1994]
6.波乗りジョニー [2001]
7.白い恋人達 [2001]
8.東京 [2002]
9.ROCK AND ROLL HERO [2002]
10.素敵な未来を見て欲しい [2002]
11.明日晴れるかな [2007] 
12.風の詩を聴かせて [2007]
13.ダーリン [2007]
14.君にサヨナラを [2009]  
15.本当は怖い愛とロマンス [2010]
16.銀河の星屑 [2011]
17.それ行けベイビー!! [2011]
18.月光の聖者達(ミスター・ムーンライト) [2011]
19.明日へのマーチ  [2011]  
20.Let\'s try again 〜kuwata keisuke ver.〜 [2011]
21.幸せのラストダンス [2012]
22.100万年の幸せ!! [2012]
23.愛しい人へ捧ぐ歌 [2012]
24.Yin Yang(イヤン) [2013]
25.涙をぶっとばせ!! [2013]  
26.ヨシ子さん [2016]
27.君への手紙 [2016]
28.悪戯されて [2016]
29.若い広場 [2017]
30.オアシスと果樹園 [2017]  
■初回限定盤 ボーナストラック
1. BAN BAN BAN / KUWATA BAND
2. スキップ・ビート (SKIPPED BEAT) / KUWATA BAND
3. MERRY X\'MAS IN SUMMER / KUWATA BAND



【関連リンク】
桑田佳祐、約5年ぶりのソロツアーを WOWOWでOA
桑田佳祐まとめ
サザンオールスターズまとめ
クリスマスイベントにpetit milady、Pyxis、山崎エリイ、村川梨衣が集結

【関連アーティスト】
桑田佳祐, サザンオールスターズ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, テレビ番組, ツアー

クリスマスイベントにpetit milady、Pyxis、山崎エリイ、村川梨衣が集結
Tue, 12 Dec 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

petit milady(悠木碧、竹達彩奈)、Pyxis(豊田萌絵、伊藤美来)、山崎エリイ、村川梨衣が出演するスペシャルライヴイベント『Holy Party Night!』が、12月10日に豊洲PITで開催された。イベントは出演者全員によるきゃりーぱみゅぱみゅのカバー「Crazy Party Night〜ぱんぷきんの逆襲〜」で華やかにスタート。トップバッターのpetit miladyは息の合ったパフォーマンスで、クリスマスにピッタリの「#彼氏いません」を歌い、会場をぐんぐん盛り上げていく。

この日はバンド編成でのライヴということもあって、人気曲「azurite」をピアノ弾き語りアレンジで披露。いつもライブで盛り上がる曲だが、しっとりしたアレンジも良かった。それぞれがソロで音楽活動をしていることもあって、悠木碧が新曲の「永遠ラビリンス」を、竹達彩奈がライブで盛り上がる「ライスとぅミートゆー」を熱唱! レーベルの垣根を越えて盛り上がった。また、タイトル通り“クリスマスパーティー”ということで、petit miladyと山崎によるコラボが実現。クリスマスメドレーを歌って、気分はクリスマスに。続く山崎は、「My First Love」をしっとりと聴かせ、大人な「Lunatic Romance」、キャッチーでポップな「星の数じゃたりない」と歌う。曲ごとにまったく違う表情を見せてくれるのが彼女の魅力だ。その後、全員が登壇してのトークパートでは、6人でクリスマスパーティーをする予算をかけてゲームに挑戦。全員がクリアしたら賞金がもらえるというものだったが、リコーダーで「ド」の音を出す、距離30cmくらいのパターゴルフを入れるなど、簡単なお題だったはずなのに大苦戦。結局何ももらえないまま、あえなく自腹が決定していた。

後半は豊田と山崎によるタンポポのカバー「王子様と雪の夜」からスタート。ユニットのように息の合ったダンスでキュートに魅せると、続くPyxisは元気な新曲「Pop-up Dream」を初披露! かわいらしい振り付けと仲の良さが伝わるライブパフォーマンスで会場のボルテージを上げまくる。そしてそのまま伊藤美来のソロにバトンタッチ。「No Color」で会場に爽やかな風を吹かせると、18年2月にリリースされる新曲「守りたいもののために」も初めて披露していた。Pyxisと村川梨衣によるコラボで、松任谷由実の「恋人がサンタクロース」をカバーすると、最後は村川のステージ。最新曲「Night terror」から始まり、続いてまだ音源化されていないがライヴで何度か歌っている知る人ぞ知るカッコいい楽曲「レクイエム」を歌い、最後はクリスマスソング「Snow Christmas」。光が雪のように降り注ぐ中、心のこもった歌声が会場に響いていた。ラストは再び全員が登場して、ももいろクローバーZの「サンタさん」をカバー。大はしゃぎでクリスマス前の盛大なパーティーを締めくくった。

【セットリスト】
1. Crazy Party Night〜ぱんぷきんの逆襲〜/全員
2. #彼氏いません/petit milady
3. ぼくのティンカーベル/petit milady
4. azurite(ピアノVer)/petit milady
5. 永遠ラビリンス/悠木碧
6. ライスとぅミートゆー/竹達彩奈
7. 赤鼻のトナカイ〜サンタが街にやってくる〜ママがサンタにキスをした/悠木碧、竹達彩奈、山崎エリイ(コラボ)
8. My First Love/山崎エリイ
9. Lunatic Romance/山崎エリイ
10. 星の数じゃたりない/山崎エリイ
11. 王子様と雪の夜/豊田萌絵、山崎エリイ(コラボ)
12. Pop-up Dream/Pyxis
13.ダイスキ×じゃない/Pyxis
14. No Color/伊藤美来
15.守りたいもののために/伊藤美来(※初披露)
16. 恋人がサンタクロース/豊田萌絵、伊藤美来、村川梨衣(コラボ)
17. Night terror/村川梨衣
18. レクイエム/村川梨衣
19. Snow Christmas/村川梨衣
20. サンタさん/全員



【関連リンク】
クリスマスイベントにpetit milady、Pyxis、山崎エリイ、村川梨衣が集結
petit miladyまとめ
Pyxisまとめ
山崎エリイまとめ
村川梨衣まとめ

【関連アーティスト】
petit milady, Pyxis, 山崎エリイ, 村川梨衣
【ジャンル】
アニメ・声優, ニュース, 声優, ライブ

RIZE、武道館公演にZeebraのゲスト出演が決定
Tue, 12 Dec 2017 13:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年で結成20周年を迎えたRIZEが12月20日(水)に開催するキャリア初となる武道館公演に、Zeebraがゲスト出演することがわかった。

伝説のグループKING GIDDRAのフロントマンであり、日本のヒップホップを創世した最重要人物Zeebra。2002年JFN『FMフェスティバル』のキャンペーンソングとして、FMラジオのみでオンエアされたZEEBRA meets RIZE名義の幻の楽曲「I CAN\'T LIVE WITHOUT MY RADIO」で初コラボを果たし、Dream Radio BusなるZEEBRAとRIZEの超大型ラッピングバスが全国縦断。FM37局を廻り、日本武道館で合流し、ライヴを披露し、話題となった。ミクスチャーロックとジャパニーズヒップホップの2体のモンスターが、再度武道館で合流する。

既報の通り、Def Tech、E.D.O.、市原隼人、ラッパ我リヤの出演も決定、新旧の楽曲からコラボ楽曲まで、武道館で前代未聞のお祭りが繰り広げられることは間違いない。

チケットは一般発売中。アリーナスタンディングはソールドアウトのため、スタンド指定席のみの販売となる。武道館特設サイトではチケット販売情報や武道館公演に関するお知らせを随時更新中。

■『RIZE TOUR 2017 “RIZE IS BACK”』

12月20日(水) 東京・日本武道館
OPEN 17:30 / START 18:30
アリーナスタンディング ¥5,400(税込)※sold out
スタンド指定席 ¥5,400(税込)
※18歳の以下の方は¥1000キャッシュバック(当日要身分証明書)



【関連リンク】
RIZE、武道館公演にZeebraのゲスト出演が決定
RIZEまとめ
Zeebraまとめ
GLIM SPANKY、「褒めろよ」がリアル捜査ゲーム『歌舞伎町 探偵セブン』のテーマソングに決定

【関連アーティスト】
RIZE, Zeebra
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ヒップホップ, ライブ

GLIM SPANKY、「褒めろよ」がリアル捜査ゲーム『歌舞伎町 探偵セブン』のテーマソングに決定
Tue, 12 Dec 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GLIM SPANKYの楽曲「褒めろよ」が、12月19日より新宿・東京ミステリーサーカスにて開催される、歌舞伎町の街全体が舞台の謎解きイベント、リアル捜査ゲーム『歌舞伎町 探偵セブン』のテーマソングに決定した。『歌舞伎町 探偵セブン』は、東京ミステリーサーカス2階のリアル捜査スペースを起点に、歌舞伎町の街全体を使う謎解きが体験できるゲーム。「褒めろよ」は、オープニングアニメやCMで起用するテーマソングとして使用され、歌舞伎町でのエキサイティングな体験に華を添えるとのことなので、気になった方は参加してみてはいかがだろうか。

GLIM SPANKYは、全国ツアー『BIZARRE CARNIVAL Tour 2017-2018』の真っ只中。2018年1月6日新木場STUDIO COASTのチケットは既に売り切れとなっている。1月のシングル発売と5月の日本武道館でのワンマンライヴに向けて、さらに勢いを増したGLIM SPANKY旋風。今後の動向にも目が離せない。

■リアル捜査ゲーム『歌舞伎町 探偵セブン』
https://mysterycircus.jp/tanteiseven/

■「褒めろよ」MV


https://youtu.be/HE4WwsgQSDg配信楽曲「褒めろよ」

配信中



■配信URL
https://umj.lnk.to/glim_homeroyoPR

【ライブ情報】

■『BIZARRE CARNIVAL Tour 2017-2018』
<2018年>
1月05日(金) 東京・新木場 STUDIO COAST
1月06日(土) 東京・新木場 STUDIO COAST

■『GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館』
5月12日(土) 東京都・日本武道館
<チケット>
前売(全席指定)¥5,800(税込)
親子割チケット(全席指定)価格詳細はGLIM SPANKY公式サイトをご参照ください。
※未就学児童は保護者の座席の範囲内で鑑賞可。小学生以上チケット必要。
オフィシャルサイト先行販売:12月9日(土)12:00〜12月25日(月)23:59



【関連リンク】
GLIM SPANKY、「褒めろよ」がリアル捜査ゲーム『歌舞伎町 探偵セブン』のテーマソングに決定
GLIM SPANKYまとめ
清春、アルバム『エレジー』トレーラー&ポエトリーリディングMV公開

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボ, 配信

清春、アルバム『エレジー』トレーラー&ポエトリーリディングMV公開
Tue, 12 Dec 2017 12:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

清春が12月13日にリリースする移籍1作目のアルバム『エレジー』のトレーラーが公開となった。リード曲「LAW\'S」を始め、アルバムに収録されている全10曲のダイジェスト音源を聴くことができる。

また、本作のDISC2に収録されているポエトリーリーディングから、「ゲルニカ」のMVが公開された。こちらは、sadsのベーシストでもあるYUTAROが清春MV初監督を務め、ドローン撮影を中心に「ゲルニカ」の詩の世界観をイメージした近年の清春のMVとはまた異なるタッチの映像となっている。

さらに、発売を記念して12月15日の21時よりニコニコ生放送にてスペシャル番組の放送が決定。アルバムの解説の他に、清春が今会ってみたいゲストを招いてトークを繰り広げる予定だ。

そして、『エレジー』と2018年2月14日に発売予定のオリジナルアルバム『夜、カルメンの詩集』のダブル購入者特典も明らかになった。2018年2月23日よりスタートする「KIYOHARU TOUR 天使の詩2018『LYRIC IN SCARLET』」の公演にて、終演後会場内でのミート&グリート招待券が抽選で当たるという豪華な内容となっている。

■『エレジー』全曲トレーラー


https://www.youtube.com/watch?v=T8jNIIIRy9M■「ゲルニカ」MV


https://www.youtube.com/watch?v=yGaYN7eih04■ニコニコ生放送 「清春生出演 NEW ALBUM『エレジー』 リリース記念特番」

12月15日(金)21:00〜
http://live.nicovideo.jp/watch/lv309313986

アルバム『エレジー』

2017年12月13日発売



COZP-1402-1404/¥5000+税
※完全初回生産限定
※2CD+DVD
<収録曲>
■CD DISC1
01.LAW\'S
02.ゲルニカ
03.アロン
04.rally
05.GENTLE DARKNESS
06.夢
07.カーネーション
08.この孤独な景色を与えたまえ
09.輪廻
10.空白ノ世界
■CD DISC2
01.LAW\'S
02.ゲルニカ
03.アロン
04.rally
05.GENTLE DARKNESS
06.夢
07.カーネーション
08.この孤独な景色を与えたまえ
09.輪廻
10.空白ノ世界
11.YOU
■DVD『LIVE AT Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE』
01.サロメ
02.陽炎
03.瑠璃色
04.lyrical
05.rally
06.alice
07.シャレード
・「LAW\'S」MV

◎店舗別アルバム購入者特典
各店舗別限定デザインのオリジナル特典を先着でプレゼント。
特典絵柄&サポート店の詳細はこちら⇒ http://columbia.jp/artist-info/kiyoharu/info/57047.html
・TOWER RECORDS 全国各店 / TOWER RECORDS ONLINE : TOWER RECORDS オリジナルA2ポスター
・HMV全国各店 / ローチケHMV :HMVオリジナルA2ポスター
・TSUTAYA全国各店 / TSUTAYAオンラインショッピング :TSUTAYAオリジナルA2ポスター
 ※TSUTAYAオンラインショッピングは予約分のみ
・新星堂全国各店 / WonderGOO全国各店 / 新星堂WonderGOO楽天市場店 (一部店舗除く) :
新星堂&WonderGOOオリジナルA2ポスター
・Amazon :Amazonオリジナルポストカード
・サポート店(上記以外の一般店)特典:「エレジー」ステッカー
※特典は無くなり次第終了となります。
※一部特典対象外の店舗もございます。特典の有無は各店舗にてご確認下さい。

アルバム『夜、カルメンの詩集』

2018年2月14日発売予定



【初回盤】(2CD+DVD)
COZP-1411-1413/¥5,000+税
※完全初回生産限定
【通常盤】(CD)
COCP-40251/¥3,000+税


【『エレジー』&『夜、カルメンの詩集』W購入者特典】

『エレジー』と『夜、カルメンの詩集』(初回盤)のに封入されているシリアルナンバー付き応募券2種をあわせてご応募いただいた方の中から抽選で豪華特典をプレゼント

【A賞】
KIYOHARU TOUR 天使の詩2018『LYRIC IN SCARLET』ミート&グリート 
<各公演5名>
2018年2月23日(金)よりスタートするKIYOHARU TOUR 天使の詩2018『LYRIC IN SCARLET』の下記公演にて、終演後会場内でのミート&グリートに各会場5名様を招待いたします!
※必ずご希望の公演を選択してご応募ください。
《ミート&グリート実施公演》
3月02日(金) 宮城・仙台Rensa
3月24日(土) 長野・長野CLUB JUNK BOX
3月31日(土) 北海道・札幌PENNY LANE24
4月07日(土) 青森・青森Quarter
4月28日(土) 鹿児島・鹿児島CAPARVO HALL
【B賞】
サイン入りポスター <30名>
【応募方法】
『夜、カルメンの詩集』(初回盤)に封入されているシリアルナンバーつき応募券に記載されたURLにアクセスし、『エレジー』と『夜、カルメンの詩集』(初回盤)それぞれのシリアルナンバー・ご希望の特典他必要事項をご入力ください。
応募〆切り:2018年2月18日(日)23:59

※当選発表は、【A賞】メールでのご案内・【B賞】賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※【A賞】については当選者の方には2017年2月23日(金)23:59までにメールでご案内させていただきます。当落に関するお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
※お一人様名義での複数のご応募は可能ですが、ご自身以外のお名前(親戚・知人・ペットなど)でのご応募はご遠慮ください。
※「夜、カルメンの詩集」(通常盤)はシリアルナンバーつき応募券の封入対象外となりますのでご注意ください。
※当選権利の譲渡・オークション等での売買はできません。



【関連リンク】
清春、アルバム『エレジー』トレーラー&ポエトリーリディングMV公開
清春まとめ
sadsまとめ
高校生YouTuberのレイターズがロックバンドCandy or Whipを結成!

【関連アーティスト】
清春, sads
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, MV, トレーラー, アルバム, 発表, 発売

高校生YouTuberのレイターズがロックバンドCandy or Whipを結成!
Tue, 12 Dec 2017 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

動画総再生回数は1.7億回、チャンネル登録者数は64万人(12月5日現在)を誇り、JUNONなどの人気雑誌にも取り上げられる、まさにYouTube界のアイドル的存在の高校生YouTuber・レイターズが、新たなプロジェクトとしてメンバーである、かめむし、サイバーマン、はやしん、さとるんの4名によるロックバンド・Candy or Whipを結成! 2018年2月28日(水)にリリースするミニアルバム『last』でCDデビューすることを発表した。

1stミニアルバム『last』はYouTubeで見せる顔とは全く違う一面を覗かせる超本格的ロックサウンド。『last』のリリースを記念したイベントも東京・大阪・名古屋で開催が決定し、12月18日(月)18時より“Candy or Whip from レイターズ リリース記念特設販売サイト” にてチケット販売が開始されるので要チェック!

さらに2018年3月28日(水)、30日(金)には、レイターズとしての仕上げとなるイベントを大阪・オリックス劇場と東京・中野サンプラザにて開催することも発表された。本イベントではCandy or Whipのお披露目ライブも予定されており、チケットは12月11日よりLINE先行抽選予約を受付中!

■Candy or Whip from レイターズ リリース記念特設販売サイト
http://shop.mu-mo.net/st/special/candyorwhip1712/

ミニアルバム『last』

2018年2月28日発売



【通常盤】(CD)
FMCD-018/¥1,500+税

【初回盤】(CD+DVD)
FMCD-019/¥2,000+税

【イベント情報】

■ミニアルバム『last』リリース記念イベント
<2018年>
1月13日(土) 大阪
1月14日(日) 大阪
1月27日(土) 東京
1月28日(日) 名古屋
※イベント会場、イベントの内容については、近日発表予定

■『Last Show Time〜レイターズ高校卒業記念イベント&Candy or Whip 1st Stage〜』
<2018年>
3月28日(水) 東京・中野サンプラザ
開場18:00 開演18:30
3月30日(金) 大阪・オリックス劇場
開場18:00 開演18:30
<チケット>
前売り¥4000+税別 
※全席指定
※3歳以下入場不可、4歳以上チケット必要
12月11日よりLINE先行抽選予約受付中!



【関連リンク】
高校生YouTuberのレイターズがロックバンドCandy or Whipを結成!
Candy or Whipまとめ
BUCK-TICK、デビュー30周年プロジェクト第2弾シングルリリース決定

【関連アーティスト】
Candy or Whip
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, リリース, ミニアルバム

BUCK-TICK、デビュー30周年プロジェクト第2弾シングルリリース決定
Tue, 12 Dec 2017 12:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKのデビュー30周年プロジェクト第2弾シングル「Moon さよならを教えて」が、2018年2月21日にリリースされることがわかった。

「Moon さよならを教えて」は、プロジェクト第1弾シングルシングル「BABEL」のカップリングに収録されている石野卓球がリミックスを行った「Moon さよならを教えて (Takkyu Ishino Remix)」のオリジナルバージョンとなる。石野とBUCK-TICKという異色のコラボが話題となったが、オリジナルのリリース前にリミックスをリリースする遊び心はBUCK-TICKならではである。リミックスとは全く違う、幻想的でドリーミーなサウンドに耽美的な“その声”が聴くものを甘美な夢へと誘うであろう「Moon さよならを教えて」のオリジナルバージョンを楽しみにしてほしい。

シングルはカップリング曲を1曲収録し、全2曲の収録となる。そして、完全生産限定盤A、Bには3大特典が決定しており、「Moon さよならを教えて」のMVが収録されたBlu-ray(A)、DVD(B)が付属されるほか、スペシャルデジパック仕様となり、購入者対象キャンペーン応募券も封入される豪華盤となる。シングルの詳細は今後も随時発表していくのでお楽しみに。

現在開催中の全国ツアーは18年連続となる12月28日・29日のファイナルの公演日本武道館2daysまで続く。30周年を迎えて精力的に活動するBUCK-TICKから目を離さないでほしい!

シングル 「Moon さよならを教えて」

2018年2月21日発売



【完全生産限定盤A】(SHM+CD+Blu-ray)
VIZL-1319/¥2,380+税
【完全生産限定盤B】(SHM-CD+DVD)
VIZL-1320/¥1,880+税
【通常盤】(SHM-CD)
VICL-79003/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1. Moon さよならを教えて
ほか1曲、全2曲収録
■Blu-ray/DVD ※完全生産限定盤のみ
「Moon さよならを教えて」 MV

◎完全生産限定盤A、B共通仕様
・スペシャルデジパック仕様
・購入者対象キャンペーン応募券封入
◎完全生産限定盤/通常盤 共通仕様]
・SHM-CD / Blu-ray(DVD)の収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応
(ダウンロード有効期限 : 2019年2月28日)




【関連リンク】
BUCK-TICK、デビュー30周年プロジェクト第2弾シングルリリース決定
BUCK-TICKまとめ
TS ONE『BUZZ FLAG』にてイベント出演直前の韓国グループFTISLAND、CNBLUE、SF9を特集!

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, CD, 発表













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1