歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年12月01日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
【Mrs. GREEN APPLE インタビュー】テンション上がったら、WHOO!って声出しちゃえよ
Fri, 01 Dec 2017 17:00:00 +0900


怒涛の快進撃を続けた2017年を締め括る配信シングルは、ライヴではすでにお馴染みの強烈なEDMチューン「WHOO WHOO WHOO」。より自由な音楽の楽しみ方を提示する、会心の一曲に込めた5人の想いとは?

──気が付けば、2017年ももうすぐ終わりですよ。

大森
「僕の体感速度では2カ月です(笑)。だって、アルバムのリリースが今年の頭でしょ? あれは2カ月前です、大袈裟じゃなくて。」

藤澤
「(笑)。映画やドラマのタイアップというありがたいこともある中で、個人的には音楽を発信することの大切さを改めて感じた年でしたね。達成感がある中で儚い瞬間も感じたりして、もっとしっかり自分がどうしたいかを考え直すきっかけになった一年だと思います。」

若井
「やっぱり大きかったのは「WanteD! WanteD!」のリリース。友達や親戚から久しぶりに連絡が来たり、街中で曲が流れたりして、自分たちの知らないところでそういう状況になっているのはすごく不思議だなって思いました。」

山中
「私も「WanteD! WanteD!」が一番大きいなと思っていて。目に見えて認知してもらったなということが分かる作品だったので。ライヴも前よりも自由になったというか、本当の意味で音楽を楽しめるようになったのかなと思いますね。」

?野
「本当に充実していた一年でした。ライヴでも自分たちが表現したいことを照明やセットも含めて実現できたし、新しい機材も導入して、プレーの幅も確実に変わってきたという実感がありますね。」

──そして、新曲「WHOO WHOO WHOO」。これ、ライヴでの初披露はいつでしたっけ?

大森
「3月のツアー、ライヴハウス編の初日からですね。」

──その時からリリースを?

大森
「まったく考えていなかった。作った時もミセスでやるということで作っていないので。だって、イントロからバンドじゃないでしょ? ダンスヴォーカルユニットの曲ですよ。」

──確かに(笑)。かける曲間違えた?と思う人がいるかも。

大森
「僕が面白いと思ってひとりで作ったものをメンバーと共有して、試しにツアー初日にやってみたらすごく反応が良かったんです。“これはもしかして僕らのもうひとつの核になるかも”と思って、それ以来必ずセットリストに入ってますね。どんだけアウェーの会場でやったとしても、この曲で一体感が生まれて、お互いに心の緊張がほどける感じがするので、めちゃめちゃ助かってます。」

──ほぼ打ち込みだけど、リズム隊ふたりの役割は?

山中
「レコーディングに関してはサビしか叩いてないんですけど、バンドサウンドとEDMの共存は今までもあったので。自分がこの中に入ってほぼ聴こえないぐらいのエッセンス的な関わりでも全然構わなかったし、改めて単純なリズムだけで人を乗せることができるものを作れたという実感がありますね。」

?野
「シンセベースがずっと重なってる状態なんですけど、綾華(山中)が言った通りバンドとEDMを上手く融合させるイメージで弾きました。ライヴの中でどんどんアレンジが変わっていって…ベースソロも最初はなかったんですよ。余白の多い曲だからこそ、そういうことができたのかなと思います。」

──若井くんのエモいギターソロも特に目立ってます。

若井
「レコーディング当日に変えたんですよ。ライヴで弾いていたソロとは別のものに。」

大森
「本人、めちゃめちゃ頑張って作り込んできてくれたのに、“これじゃアガらないな”ということで、20分ぐらい時間をあげてゼロから作り直してもらうという。でも、クレイジーな良いソロですよ。」

若井
「我ながら良いソロができたと思います。」

藤澤
「僕はレコーディングでは弾いてないんですけど、ツアーで演奏していく中で、この曲をどう楽しむか…お客さんの側から沸き出てくるものがすごくあったんですよね。フェスに行くとみんな一斉に手を上げたり手拍子したり、それも素敵な楽しみ方だと思うんですけど、もっと自分の中から出てくる自由な楽しみ方がとても大事なことだなって思うので。「WHOO WHOO WHOO」はそれを体感できる曲だなと思いながら制作に臨んでいましたね。」

──この曲、もともとはティーンポップ寄りのEDMをやりたかったということ?

大森
「そうですね。ゴリゴリのEDMだと思います。こういう曲は日本のチャートにはないし、聴き方が分からない人がたくさんいると思うから。だからこそ、反骨心というか遊び心で歌詞を意味ないものにしたかった。“私に寄り添ってくれる曲”という聴き方でバンドを聴く人も全然いいと思うんだけど、そこだけだと閉鎖的になってしまう気がするので、まったく意味のない曲でどれだけぶちアゲれるか。クレイジーなところも音楽の中にあってほしいので。」

──でも、意味なくないと思うけれど。

大森
「まぁ、英語の部分も要は“テンション上がったらWHOO!って声出しちゃえよ”っていうメッセージがあるとしたら“自由にね”ということ。固定概念とか、“私は恥ずかしい”とかじゃなくて、“自分の思うように表現してね”という、それこそ日本人が苦手としていることをずっと歌っている曲だと思うんですよ。メッセージがあるとしたらそういう曲かなと思いますね。」

──そして、来年。2018年はどんな年にしますか。

大森
「エンターテインメントというものをめちゃめちゃ掘り下げた年にしたいなと思いますね。ショーとしてみんながハッピーになってくれて、なおかつ僕らも楽しめるような活動ができたらと思います。今まではいろんなものに追われて、自分の中で噛み砕く前に新しいことがたくさん始まっていたので。ありがたいことではあるんですが、自分たちがやっと今噛み砕けるようになってきているので、それを楽しむ年にしたいなと思います。」

取材:宮本英夫

配信シングル「WHOO WHOO WHOO」(読み:フー・フー・フー)

2017年12月4日配信開始
EMI Records



iTunes、LINE MUSIC
¥250(税込)
※サブスクリプション型(定額制)配信サービスも同時スタート
※他主要配信サイトは12月11日配信開始

『RINGO JAM TOUR 〜東と名と阪〜』


12/12(火) 大阪・Zepp Namba
12/13(水) 愛知・名古屋ダイアモンドホール
12/20(水) 東京・Zepp DiverCity Tokyo

Mrs. GREEN APPLE

ミセス・グリーンアップル:2013年4月結成の5人組バンド。作詞、作曲、編曲の全てをヴォーカル&ギターの大森元貴が手掛けており、2015年7月8日にミニアルバム『Variety』でメジャーデビュー。17年1月に発表したセルフタイトルの2ndフルアルバム『Mrs. GREEN APPLE』はオリコン初登場9位、デジタルチャートでは7位を記録。3月からは自身最大規模となるワンマンツアー『MGA MEET YOU TOUR』を開催し、ファイナル公演の東京国際フォーラムホールAでは満席となった5,000人を前にパフォーマンスを行ない大盛況にて終える。 8月にはドラマのオープニング曲として書き下ろした5thシングル「WanteD! WanteD!」をリリース。ストリーミングの総再生数は1週間で500万回突破、配信を含む主要チャートでは9冠を達成するなど話題となっている。圧倒的な成長スピードで進化を続ける新世代バンド。

■「WHOO WHOO WHOO」ティザー映像


https://youtu.be/5caylAGCR60

【関連リンク】
【Mrs. GREEN APPLE インタビュー】テンション上がったら、WHOO!って声出しちゃえよ
Mrs. GREEN APPLEまとめ
シド、ツアーファイナル札幌でファンからのサプライズに号泣!

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE
【ジャンル】
J-ROCK, okmusic UP\'s vol.160, インタビュー

シド、ツアーファイナル札幌でファンからのサプライズに号泣!
Fri, 01 Dec 2017 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月23日(土・祝)より全国16か所を回るホールツアー『SID TOUR 2017 「NOMAD」』を開催していたシド。そのツアーファイナルが11月25日(土)に北海道・わくわくホリデーホールにて開催された。同ツアーは、2017年9月にリリースした3年半ぶりのアルバム『NOMAD』を引っ提げた全国ホールツアー。各地SOLD OUT続出の中、ファイナル札幌公演もSOLD OUTの中、開演。外の気温はマイナス2℃、雪も積もる極寒の日だったが、会場は3階席のてっぺんまで超満員だ。

ライブは“再会”をテーマにしたスケール感が魅力の「NOMAD」でスタート。「いくぞ!」とヴォーカル・マオがファンを煽ると、一気に速度を上げて「XYZ」へ突き抜ける。開放感たっぷりのキラーチューン「Dear Tokyo」では、会場から大合唱が巻き起こった。「こんばんは!お待たせしましたシドです!」とマオが挨拶。続く「KILL TIME」では、スキルの高いプレイとマオのヴォーカルが絡み合い、シドの新境地を感じさせる。そして、TVアニメ『将国のアルタイル』のオープニング主題歌「螺旋のユメ」、『劇場版「『黒執事Book of the Atlantic」』の主題歌「硝子の瞳」と、アニメタイアップを手掛けてきたシドならではのメロディセンスが光る楽曲達はファンを彼らの世界へと引き込む。

メンバー紹介では、ベース・明希が「過去最高のツアーファイナルだったって言わせてみせる。全力で楽しもうぜ!」と意気込み、ギター・Shinjiは、「今回のツアー、みんなからの愛を感じています!昨日は楽しみすぎて眠れなかった。」と明かした。「今日最後ですよ!きっちりNOMADになってください!」と茶目っけたっぷりにコメントしたのはドラム・ゆうや。ヴォーカル・マオは、「今日まで待ってたでしょ?全部吐き出して帰ってね!」とファンに向けた。雪の積もる札幌にピッタリな世界観を魅せた「スノウ」、さらに「泣き出した女と虚無感」へと続く。シドの代表曲の1つともいえる「嘘」で魅了すると、今回のアルバム『NOMAD』の中で最も異色かつ新しさを感じさせるナンバー「低温」を披露。激しいながらも、内に秘めた熱を感じさせる演奏に大きな拍手が沸き起こった。

ライブは早くも後半戦へ。シドの攻撃的な側面を感じさせる「躾」、「バタフライエフェクト」とロックチューンでたたみ掛けると、ビートが軽快な「MUSIC」、疾走感あふれる「V.I.P」を熱唱。「今日、外は雪だけど、まだまだ俺たちは夏だよな?!夏したいよな?!」とマオの煽りから披露されたのは、インディーズ時代の名曲「夏恋」。気がつけば「ラストいけるか!」とマオが叫び、「one way」へ。「おい!おい!」と会場が割れんばかりの掛け声と、サビではファンが右に左にモッシュを繰り広げ大熱狂の中、本編は終了した。

アンコールは、ファルセットが特徴的な「ミルク」からスタート。レアな選曲にファンからは歓声が沸く。今回のホールツアー16公演、全会場で行ってきたというグッズ紹介コーナーでは、メンバーがそれぞれ自らプロデュースしたグッズを紹介。メンバー同士のやりとりは終始笑顔で、14年続いてきたメンバーの仲の良さや、素が垣間見れた。「結婚しよう!」という煽りから始まり、歌詞からは狂気を感じさせる「プロポーズ」、そして「眩暈」と、いよいよライブはクライマックス。Shinji、明希、ゆうやの奏でる音と、マオのシャウトが轟いた。「もう1曲増やしちゃおうかな?」と突然のマオの発言に、ステージ上ではメンバーの緊急会議。追加楽曲として決まったのは、マオ自身が上京した時の気持ちを歌ったという「Re:Dreamer」。急遽決まったメンバーからのサプライズに会場からは大歓声が沸き上がった。

MCではマオから2018年5月5日(土・祝)のZepp DiverCity TOKYOを皮切りに、6月16日(土)のZepp Tokyoまでの全12公演を駆け抜ける全国ライブハウスツアーが明かされると、悲鳴にも近い歓声が起こった。アンコールラスト、“この場所でまた会おう”と歌うファンへのメッセージも込められたバラード「普通の奇跡」では、なんと、ファン一人一人が、スマホのライトをステージに向け掲げるという逆サプライズ。メンバーにも知らされてなかった突然の演出に、メンバーは演奏しながら号泣。マオは感無量で、歌えない場面も。最後までステージに残ったマオは、「最高のライブと、ズルいサプライズをありがとう!」と涙ながらに語り、マイクを通さず「愛してます!」と締めくくった。

シドは2018年にバンド結成15周年という記念すべき周年イヤーを迎える。今回のツアーにファンとの固い絆とバンドとしての成長を感じさせた彼ら。今後、彼らが見せる世界に、さらに期待したい。

Photo by 原田直樹

【セットリスト】
01.NOMAD
02.XYZ
03.Dear Tokyo
04.KILL TIME
05.螺旋のユメ
06.硝子の瞳
07.スノウ
08.泣き出した女と虚無感
09.嘘
10.低温
11.躾
12.バタフライエフェクト
13.MUSIC
14.V.I.P
15.夏恋
16.oneway
<ENCORE>
01.ミルク
02.プロポーズ
03.眩暈
04.Re:Dreamer
05.普通の奇跡

DVD&Blu-ray『SID 日本武道館 2017 「夜更けと雨と/夜明けと君と」』

2017年12月27日発売



【DVD/2枚組】
KSBL-6297〜8/¥10,000+税
【Blu-ray/2枚組】
KSXL-252〜3/¥12,000+税
<収録曲>
■DISC1
・日本武道館 2017 「夜更けと雨と」 (2017.5.12)
紫陽花
林檎飴

アリバイ
妄想日記
妄想日記2
レイニーデイ
暖炉
ハナビラ
夢心地
バタフライエフェクト
ENAMEL
dummy
吉開学17歳(無職)
硝子の瞳
循環
プロポーズ
隣人
眩暈
■DISC2
・日本武道館 2017 「夜明けと君と」 (2017.5.13)
ANNIVERSARY
laser
Re:Dreamer
cosmetic
CELEBRITY
ドレスコード
星の都
マスカラ
ミルク
Room
Graduation
Dear Tokyo
循環
one way
バタフライエフェクト
吉開学17歳(無職)

V.I.P
夏恋


【ライブ情報】

『シド 結成十五周年記念公演 「シド初め」』
1月1日(月・祝) Zepp Tokyo
OPEN 16:00 / START 17:00

『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018』
5月05日(土・祝) Zepp DiverCity TOKYO 〜ID-S限定LIVE〜
5月06日(日) Zepp DiverCity TOKYO 〜ID-S限定LIVE〜
5月12日(土) Zepp Osaka Bayside 〜ファン投票LIVE(大阪編)〜
5月13日(日) Zepp Osaka Bayside 〜暴れ曲限定LIVE〜
5月18日(金) Zepp Nagoya 〜ファン投票LIVE(名古屋編)〜
5月19日(土) Zepp Nagoya 〜暴れ曲限定LIVE〜
5月26日(土) 福岡DRUM LOGOS 〜ファン投票LIVE(福岡編)〜
5月27日(日) 福岡DRUM LOGOS 〜暴れ曲限定LIVE〜
6月02日(土) Zepp Sapporo 〜インディーズ曲限定LIVE〜
6月09日(土) SENDAI GIGS 〜昭和歌謡曲限定LIVE〜
6月15日(金) Zepp Tokyo 〜ファン投票LIVE(東京編)〜
6月16日(土) Zepp Tokyo 〜暴れ曲限定LIVE〜



【関連リンク】
シド、ツアーファイナル札幌でファンからのサプライズに号泣!
シドまとめ
『でらロックフェスティバル2018』にGOOD4NOTHING、KNOCK OUT MONKEY、シナリオアートなどの出演が決定!

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ライブレポ

『でらロックフェスティバル2018』にGOOD4NOTHING、KNOCK OUT MONKEY、シナリオアートなどの出演が決定!
Fri, 01 Dec 2017 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年2月3日、4日の2日間にわたって開催される名古屋超大型ライブサーキットフェス『でらロックフェスティバル2018』が、第3弾アーティストを発表! GOOD4NOTHING、ircle、KNOCK OUT MONKEY、シナリオアートなどの計30組以上のアーティストが解禁となり、総出演アーティスト数は200組以上を予定しているとのこと。チケットは、12月1日よりオフィシャル3次先行が受付開始となったので、要チェック!

■『でらロックフェスティバル2018』 第3弾出演アーティスト

Alloy / THE BOY MEETS GIRLS / CHAI / Danablu / DOPEDOWN / DYINGDAY / GOOD4NOTHING / ircle / KAKASHI / KissBeeWEST / KNOCK OUT MONKEY / Large House Satisfaction / MAPLEZ / NEVERSTAND / NEVE SLIDE DOWN / ONIGAWARA / Payrin\'s / PiGU /
Sola Sound / Su凸ko D凹koi / uijin / YAJICO GIRL / アシュラシンドローム / おはようございます / カラフルスクリーム / シナリオアート / じゅじゅ / 神使轟く、激情の如く。 / 超能力戦士ドリアン / 手羽先センセーション / バンドごっこ / プルモライト / リアクション ザ ブッタ / 我儘ラキア

■『でらロックフェスティバル2018』公式HP
http://derarockfes.radcreation.jp/

『RAD CREATION presents でらロックフェスティバル2018 powered by @FM』

■開催日時
2018年2月03日(土)、2月04日(日)
開場 12:00/開演 13:00
■会場
DIAMOND HALL / APOLLO BASE / SPADE BOX / HeartLand / ReNY limited / SiX-DOG / ROCK\'N\'ROLL / DAYTRIVE / TIGHT ROPE / Soul Kitchen / RAD SEVEN / R.A.D / Party\'z / RED DRAGON / RAD HALL / TOYS

<第1弾出演者>
BURNOUT SYNDROMES / Hump Back / POT / QOOLAND / STANCE PUNKS / WOMCADOLE / おやすみホログラム / 神宿 / 鶴 / パノラマパナマタウン / ハルカミライ / ヤなことそっとミュート

<第2弾出演者>
climbgrow / Cloque. / Droog / FOMARE / mistress / PAN / POPUP / SILHOUETTE FROM THE SKYLIT / SPARK SPEAKER / SUNNY CAR WASH / Track\'s / Unblock / アキシブproject / あっこゴリラ / オメでたい頭でなにより / *ココロモヨヲ* / 椎名ぴかりん / それでも時代はまわってます。 / セックスマシーン / 日食なつこ

<第3弾出演者>
Alloy / THE BOY MEETS GIRLS / CHAI / Danablu / DOPEDOWN / DYINGDAY / GOOD4NOTHING / ircle / KAKASHI / KissBeeWEST / KNOCK OUT MONKEY / Large House Satisfaction / MAPLEZ / NEVERSTAND / NEVE SLIDE DOWN / ONIGAWARA / Payrin\'s / PiGU
/ Sola Sound / Su凸ko D凹koi / uijin / YAJICO GIRL / アシュラシンドローム / おはようございます / カラフルスクリーム / シナリオアート / じゅじゅ / 神使轟く、激情の如く。 / 超能力戦士ドリアン / 手羽先センセーション / バンドごっこ / プルモライト / リアクション ザ ブッタ / 我儘ラキア
※総出演アーティスト数200組以上予定

<チケット>
1日券¥4,000 2日通し券¥7,000
・オフィシャル3次先行
12月01日(金)18:00〜12月10日(日)23:59
http://eplus.jp/derarockfes/



【関連リンク】
『でらロックフェスティバル2018』にGOOD4NOTHING、KNOCK OUT MONKEY、シナリオアートなどの出演が決定!
GOOD4NOTHINGまとめ
KNOCK OUT MONKEYまとめ
シナリオアートまとめ
ircleまとめ

【関連アーティスト】
GOOD4NOTHING, KNOCK OUT MONKEY, シナリオアート, ircle
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

TS ONE「TS ONE UNITED」、12月のパーソナリティにアンジュルム、ぜん君。など全8組が決定
Fri, 01 Dec 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アーティスト、声優、アイドル、モデルなど、さまざまな分野で個性豊かに活動中の今注目すべき8組が月替わりで60分番組を担当する、TS ONEにて放送中の番組「TS ONE UNITED」。2017年最後を飾る12月も個性豊かで多彩なパーソナリティが決定した。

発表された12月のパーソナリティは、数々のアニメ・ゲームに声優として出演している愛美、結成10周年イヤーの黒猫チェルシー、注目の若手声優・石川界人、男女混合ダンス&ヴォーカルグループのlol(エルオーエル)、ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・アンジュルム、“病みかわいい”をヴィジュアルコンセプトとしたアイドルユニット・ぜんぶ君のせいだ。、19歳ながら新世代のファッションアイコンとして注目されるモデル・ゆうたろう、ちゃそ王国出身のうさぎ大好き、5歳児プリンス・ゆーちゃそ王子の8組。活躍する分野や媒体の全く異なる、“今”注目されているバラエティ豊かな8組の番組が12月の月曜〜木曜の22時〜24時に放送されるのでぜひチェックしてほしい。

■TS ONE「TS ONE UNITED」詳細

<放送時間>
毎週月〜木曜日 22:00〜23:00 / 23:00〜24:00
<リピート放送>
毎週土曜日 15:00〜16:00 , 19:00〜22:00 , 25:00〜26:00
毎週日曜日 15:00〜18:00

<12月番組ラインナップ>
■愛美〜愛美のPerfect Monday〜  
(月)22:00〜23:00 / 再(土)15:00〜16:00
数々のアニメ・ゲームに出演し、最近はMCやアーティストとしても活躍する人気声優・愛美がお届けする音楽バラエティ番組。好きな音楽をジャンル毎にベスト3形式で紹介したり、趣味のカメラを活かしたコーナー「インスタ映え写真館」やリスナーと連動したコーナーなどを展開。また愛美が声優を務めるキャラクターソングの楽曲などもOAします!

■黒猫チェルシー 〜黒猫チェルシーのベベベベイビーユー!〜
(月)23:00〜24:00 / 再(土)19:00〜20:00
結成10周年イヤーの黒猫チェルシーが、Vo.渡辺大知出演映画『勝手にふるえてろ』主題歌の「ベイビーユー」を引っさげ、12月のマンスリーとしてTS ONEに初登場!バンド10年の歴史の中で初となるメンバー1対1の対談形式による密な60分!様々な話題や音楽を通して、お互いに何を語り合うのか!?誰も見たことがない黒猫チェルシーに乞うご期待!

■石川界人 〜石川界人のTwitter始めました(初心者)〜
(火)22:00〜23:00 / 再(土)20:00〜21:00
人気若手声優で2013年に「第8回声優アワード新人男優賞」を受賞した石川界人が、1ヶ月間限定でTwitterに初挑戦!1ヶ月限定でフォロワーを増やすためのチャレンジ企画として、写真、お絵かき、投稿台詞企画など拡散企画も多数ご用意して番組をお届けします!石川界人による “神5”選曲もお楽しみに!

■lol-エルオーエル- 〜lolのミンナ二アイタイキモチ in WINTER〜
(火)23:00〜24:00 / 再(土)21:00〜22:00
12月6日に両A面シングル『アイタイキモチ/nanana』をリリースする男女混合ダンス&ヴォーカルグループ「lol-エルオーエル-」のメンバー5人全員が楽しく、賑やかにお届けします!メンバーの原点となった曲や結成当時の話、現在のメンバー内のマイブームや抱えている悩みまでこの番組でしか聴くことのできないメンバーの素顔が見られるかも。番組への秘蔵ショットも公開!?もちろん新曲「アイタイキモチ」と「nanana」の話もたっぷりします!

■アンジュルム 〜アンジュルム川村文乃のアヤノの夜明けは近いぜよ!〜
(水)22:00〜23:00 / 再(土)25:00〜26:00
12月13日(水)に発売のDVD/Blu-rayシングル「マナーモード/キソクタダシクウツクシク/君だけじゃないさ...friends」のリリースを記念して、アンジュルムの新メンバー川村文乃が、時に土佐弁を交えながら、毎回アンジュルムのメンバーをゲストに迎えてお送りするスペシャルプログラム。「ハロプロ愛」たっぷりにハロプロナンバーをご紹介!川村文乃撮り下ろし、番組限定のメンバー写真も必見!川村文乃がやってみたいことに挑戦する「チャレンジュルム」!アンジュルムはもちろん、新メンバー川村文乃の魅力満載の1時間。

■ぜんぶ君のせいだ。 〜ぜんぶ君のせいだ。のせきらららゆないてっど〜         
(水)23:00〜24:00 / 再(日)15:00〜16:00
年間170本のライブを行い、“病みかわいい”をヴィジュアルコンセプトとしたアイドルユニット”ぜん君。”こと「ぜんぶ君のせいだ。」は、カレンダー形式で2017年を振り返ります!番組では全国各地でメンバーが撮影した写真も公開!!12月6日(水)にリリースするニューシングル『せきららららいおっと』にちなんで、メンバーの秘密を告白&成仏を行います!さらに毎週、ぜん君。からオフィシャルグッズをプレゼントします♪

■ゆうたろう 〜ゆうたろうの夜更かししてみよ?〜 
(木)22:00〜23:00 / 再(日)16:00〜17:00
新世代のファッションアイコンとして注目されるモデル、ゆうたろうが19歳として楽しめるギリギリの夜更かしをリスナーと一緒に追求。さらにファッションコーディネートや趣味のフィルムカメラの話などゆうたろうの素顔ものぞける1時間!音楽好きでもあるゆうたろう渾身の選曲にもこうご期待。

■ゆーちゃそ王子 〜ちゃそナイトーク!!〜  
(木)23:00〜24:00 / 再(日)17:00〜18:00
「ちゃそ王国」出身!ゆーちゃそ王子が送るスペシャルな60分!”ちゃそ語”や、”ちゃそ王国”の世界観がわかる【ちゃそ王国の歩き方】!この番組のためだけに撮影されたスペシャルな画像ととも、ゆーちゃそ王子とスペシャルなシチュエーションを楽しめる、【“◯◯なう“に使って、いいちゃそ?】!ゆーちゃそ王子のお気に入り、オススメのアーティストを紹介する【”ちゃそ”メンド・アーティスト】!うさぎ大好きのゆーちゃそ王子が、動物の鳴き声を当てる【ちゃそ王国の動物の鳴き声クイズ】といったコーナーなど、内容盛りだくさんでお届けします!

「TS ONE」は『TS PLAY』アプリなら全国で視聴可能!

フラッグシップチャンネル「TS ONE」は、独自の受信アプリ『TS PLAY』をお使いいただくことで、i-dioの放送エリアに関わらず、日本全国にて無料でインターネット経由の視聴を楽しむことができます。ご視聴には、『TS PLAY』をぜひご利用ください。『TS PLAY』はiOS、Androidのほか、Windows版も提供されています。

「TS ONE」は、地上波デジタル放送最高音質とデータ放送が連動した「聴いて、見て、SNS でシェアしながら楽しむ」エンターテインメントチャンネルです。EXILE THE SECOND、SPYAIRなどの人気アーティストのレギュラー番組のほか、「飯田里穂のオールアニソンTOP20」「2.5次元男子放送部」などのバラエティープログラム、中国最大のメディアグループSMG(Shanghai Media Group)と業務提携による日中共同制作番組「?好,?京」や、米国の人気番組「iHeratRadio COUNTDOWN」(日本独占放送)などのワールドワイドプログラムも編成しています。本年4月からは全国及びPCでの視聴を可能にし、また9月には全国の自治体が定める災害時の避難所検索・ナビゲート機能を4か国語で利用可能な「防災情報 全国避難所ガイド」アプリとの連携をスタートするなど、今後さらに放送×通信の特性を活かした視聴者とのコミュニケーションプラットフォームやコンバージョンサービスも展開していきます。

【「TS ONE」の視聴方法】
お持ちのスマートフォンまたはパソコンに、「TS ONE」の視聴アプリ『 TS PLAY 』 (無料) をダウンロードしてください。ダウンロードした『TS PLAY』アプリを起動することで、地上波デジタル放送最高音質の放送をお楽しみいただくことができます。

■ダウンロード: http://tsplay.tokyosmart.jp/

受信モードをお選びいただき、放送をお楽しみください。対応機器(チューナー、端末)をお持ちの方は<i-dio放送受信モード>で放送をお楽しみいただけます。放送エリアにつきましては、http://www.i-dio.jp/area/をご確認ください。<インターネット受信モード>で放送をお楽しみいただく場合は、2017年4月1日より日本全国各地域にてご視聴いただけるようになりました。



【関連リンク】
TS ONE「TS ONE UNITED」、12月のパーソナリティにアンジュルム、ぜん君。など全8組が決定
アンジュルムまとめ
ぜんぶ君のせいだ。まとめ
ゆうたろうまとめ
A-Spadeまとめ

【関連アーティスト】
アンジュルム, ぜんぶ君のせいだ。, ゆうたろう, A-Spade, ゆーちゃそ王子, 愛美, 黒猫チェルシー, 石川界人, lol
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, 女性アイドル, ヴィジュアル, ニュース

清春、ライブフォトパネル展開催決定
Fri, 01 Dec 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日本コロムビアのTRIADレーベル移籍第一弾として、2作連続アルバムリリースを発表した清春。1作目のアルバム『エレジー』が12月13日に発売になるのを記念して、2017年3月から開催されている全66公演にも及ぶシリーズライブ・MONTHLY PLUGLESS『エレジー』のライブフォトパネル展を、15の対象店舗にて期間限定で開催が決定した。

清春は現在2作目アルバム『夜、カルメンの詩集』をレコーディング中。2017年3月から開催されている全66公演の『エレジー』も千秋楽間近、年末には地元名古屋でのカウントダウンライブ、2月からはニューアルバムを引っ提げた全国ツアー『LYRIC IN SCARLET』を予定している。

【ライブフォトパネル展 詳細】

<開催期間>
12月12日(火)開店時〜12月18日(月)閉店時
<開催店舗>
北海道 タワーレコード札幌PIVOT店
北海道  HMV札幌ステラプレイス
宮城県  タワーレコード仙台パルコ店
茨城県 新星堂水戸店
埼玉県 新星堂熊谷店
東京都 タワーレコード渋谷店
東京都 タワーレコード新宿店
東京都 HMVエソラ池袋
神奈川県 新星堂上大岡店
神奈川県 新星堂横浜ジョイナス店
愛知県 タワーレコード名古屋パルコ店
石川県 タワーレコード金沢フォーラス店
大阪府 タワーレコード梅田NU茶屋町店
広島県 タワーレコード広島店
福岡県 タワーレコード福岡パルコ店

更に、開催店舗にて12月13日(水)発売のアルバム『エレジー』をお買い上げいただいたお客様に、抽選でパネルをプレゼント!この機会に是非足をお運びください。
※パネルはお選びいただけません。
※抽選方法については各店にお問い合わせください。
※新星堂においては全店舗対象でご購入のお客さまに応募抽選ハガキを差し上げます。

アルバム『エレジー』

2017年12月13日発売



COZP-1402-1404/¥5000+税
※完全初回生産限定
※2CD+DVD
<収録曲>
■CD DISC1
01.LAW\'S
02.ゲルニカ
03.アロン
04.rally
05.GENTLE DARKNESS
06.夢
07.カーネーション
08.この孤独な景色を与えたまえ
09.輪廻
10.空白ノ世界
■CD DISC2
01.LAW\'S
02.ゲルニカ
03.アロン
04.rally
05.GENTLE DARKNESS
06.夢
07.カーネーション
08.この孤独な景色を与えたまえ
09.輪廻
10.空白ノ世界
11.YOU
■DVD『LIVE AT Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE』
01.サロメ
02.陽炎
03.瑠璃色
04.lyrical
05.rally
06.alice
07.シャレード
・「LAW\'S」MV

アルバム『夜、カルメンの詩集』

2018年2月14日発売予定



【初回盤】(2CD+DVD)
COZP-1411-1413/¥5000+tax
※完全初回生産限定
【通常盤】(CD)
COCP-40251/¥3000+tax



【関連リンク】
清春、ライブフォトパネル展開催決定
清春まとめ
MUCC、『えん7』仙台公演にヒスパニの出演&ファイナル公演に矢野絢子、Ken、DAIGOの出演が決定

【関連アーティスト】
清春
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

MUCC、『えん7』仙台公演にヒスパニの出演&ファイナル公演に矢野絢子、Ken、DAIGOの出演が決定
Fri, 01 Dec 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MUCCが主催するトリビュート対バンツアー『えん7』の12月20日に行なわれる仙台公演にヒステリックパニックの出演が、武道館にて開催する『えん7 Final』の第4弾アーティストとして矢野絢子の出演が決定した。さらに、『えん7 Final』のSession GuestとしてKen(L\'Arc〜en〜Ciel)とDAIGO(BREAKERZ)の出演も同時に解禁となった。

Session Guestは、どういった形で出演するのか未だ発表されておらず『えん7 Final』に関してはこの3人が追加されてもなお“...and more”という表記がある。期待が膨らむ『20TH ANNIVERSARY MUCC祭「えん7 FINAL」in 武道館』のチケットはいよいよ12月2日(土)より一般発売が開始されるので、夢烏(ムッカー)もそうでない人も仕事納めならぬ“MUCC納め”“えん納め”をしてみてはいかがだろうか。

【ライブ情報】

■『えん7』
12月03日(日) なんばHatch
出演:MUCC / MERRY / DEZERT / cali≠gari
12月05日(火) 名古屋ボトムライン 
出演:MUCC / FLOW
12月09日(土) 新木場STUDIO COAST
出演:MUCC / gibkiy gibkiy gibkiy / MERRY / cali≠gari
12月18日(月) 札幌PENNY LANE 24
出演:MUCC / lynch.
12月20日(水) 仙台Rensa
出演:MUCC / BAND-MAID / ROACH / ヒステリックパニック

■『20TH ANNIVERSARY MUCC祭「えん7 FINAL」in 武道館』
12月27日(水) 日本武道館
出演:MUCC / シド / GRANRODEO / THE BACK HORN / DEZERT / sukekiyo / lynch. / ROTTENGRAFFTY / 矢野絢子
Session Guest:Ken(L\'Arc-en-Ciel) / DAIGO(BREAKERZ) ...and more
<チケット>
アリーナスタンディング前売¥8,920(税込)※クロークサービス付
指定席前売¥6,920(税込)
※未就学児童入場不可・営利目的の転売禁止
・一般発売日:12月2日(土)
SOGO TOKYO オンラインチケット
http://sogo.pia.jp/ 
チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:347-526] 
https://goo.gl/8L2P2d 
ローソンチケット 0570-084-003 [Lコード:73372] 
https://goo.gl/pKLF6D 
イープラス
https://goo.gl/oXLha7 
Yahoo! チケット
https://goo.gl/1peUK5 



【関連リンク】
MUCC、『えん7』仙台公演にヒスパニの出演&ファイナル公演に矢野絢子、Ken、DAIGOの出演が決定
MUCCまとめ
ヒステリックパニックまとめ
Kenまとめ
L\'Arc〜en〜Cielまとめ

【関連アーティスト】
MUCC, ヒステリックパニック, Ken, L\'Arc〜en〜Ciel, DAIGO, BREAKERZ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ツアー

知る権利より長谷川綾大(Dr)が脱退
Fri, 01 Dec 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

知る権利でドラムを担当する長谷川綾大が、12月17日に地元である福島・郡山PEAK ACTIONで開催される『2nd mini album “空が明るくなる前に”Release Tour Final』をもって脱退することがわかった。なお、現在決定している知る権利としてのライブは、萬屋樹太郎(Vo&Ba)と吉田雄帆(Gt)の2人によるアコースティック編成か、またはサポートドラマーを迎えて予定通り出演する。各公演の出演形態については、追ってバンドからアナウンス予定。

知る権利は2013年7月より活動を開始し、2016年4月から現在の編成で活動していた。2017年9月には2枚目となる全国流通ミニアルバム『空が明るくなる前に』をリリース。長谷川は初期からオリジナルメンバーとして活動していた。

■【Dr.長谷川綾大 コメント】

「まともに考えた文章をこんな形で発表するのは、正直恥ずかしいです。20代前半、共に過ごしたバンド生活に一旦お別れをしようと思います。今までの日々が憧れにならないよう、精進いたします。またどこかで会えることを期待してさようなら。今後の2人の活躍を祈ります。ありがとうございました」

『知る権利 2nd mini album 「空が明るくなる前に」 Release Tour Final 2MAN LIVE』

12月17日(日) 福島・郡山PEAK ACTION
出演者:知る権利/zanpan
<チケット>
前売¥2,000(ドリンク代別途500円)



【関連リンク】
知る権利より長谷川綾大(Dr)が脱退
知る権利まとめ
SION、ライブDVD『SION-YAON 2017』トレーラー映像解禁

【関連アーティスト】
知る権利
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

SION、ライブDVD『SION-YAON 2017』トレーラー映像解禁
Fri, 01 Dec 2017 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SIONが12月13日(水)にリリースする最新ライブDVD『SION-YAON 2017 with THE MOGAMI〜After The Hard Rain〜』のトレーラー映像をリリースに先駆けて公開した。

毎年夏の時期に恒例となっている日比谷野外大音楽堂での公演だが、DVDタイトルにもあるように今年は記録的豪雨に見舞われ、公演自体も危ぶまれたが、開演と共に奇跡的に雨が小降りに。新旧織り交ぜたセットリストによるあの日の興奮と感動のステージの模様を、約3分以上にまとめたトレーラー映像となっており、リリースが待ち遠しい限りだ。

そのSIONだが、12月1日(金)の名古屋 伏見JAMMIN\'より、アコースティックツアー『SIONアコースティックツアー2017〜SION + Sakana Hosomi&Kazuhiko Fujii〜』もスタート。長年SIONのステージを支えてきた藤井一彦(ギター)、細海魚(キーボード)とSIONのトリオによるこのステージも見ごたえ充分、こちらも併せてチェックしてもらいたい。

■『SION-YAON 2017 with THE MOGAMI 〜After The Hard Rain〜』トレーラー


https://youtu.be/TgdmOqi91RMDVD『SION-YAON 2017 with THE MOGAMI〜After The Hard Rain〜』

2017年12月13日(水)発売



TEBI-60488/¥5,556+税
※ライブフォトブック(16P)封入
<収録曲>
01.だからこんな俺がきらいだ
02.水の中にいるようだ
03.低い空
04.これ以上どうしろっていうんだ
05.洒落た日々から遠く離れて
06.大好きで
07.バッカス
08.Hello〜大切な記憶〜
09.午前3時の街角で
10.追っつかない
11.SORRY BABY
12.お前の空まで曇らせてたまるか
13.俺の空は此処にある
14.Slide
15.後ろに歩くように俺はできていない
16.すばらしい世界を
17.春よ
18.新宿の片隅から
19.マイナスを脱ぎ捨てる
<アンコール>
01.41
02.ONBORO
03.Hallelujah
<ダブルアンコール>
01.今さらヒーローになれやしないが
02.そしてあ・り・が・と・う
03.このままが

『SIONアコースティックツアー2017〜SION + Sakana Hosomi&Kazuhiko Fujii〜』

12月01日(金) 名古屋 伏見JAMMIN\'
12月10日(日) 大阪 umedaTRAD
12月20日(水) 福岡INSA
12月23日(土・祝) 東京 代官山UNIT



【関連リンク】
SION、ライブDVD『SION-YAON 2017』トレーラー映像解禁
SIONまとめ
オフィシャル本『EBiDAN vol.11』が発売決定! 表紙は選抜された18人!!

【関連アーティスト】
SION
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, DVD

オフィシャル本『EBiDAN vol.11』が発売決定! 表紙は選抜された18人!!
Fri, 01 Dec 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

映画、ドラマ、CMなどで活躍中の俳優・女優が多数所属している大手芸能プロダクション・スターダストプロモーションが手掛ける、何事にも全力な“スタダ系男子”集団・EBiDAN(恵比寿学園男子部)のオフィシャルブック『EBiDAN vol.11』が発売決定!

巻頭特集は「2018年到来! EBiDANメンバー18人の冬!!」と題し、EBiDANユニットから選抜された18人にインタビュー。12月24日・25日の幕張メッセ イベントホールを皮切りに、27日に横浜アリーナ、30日に日本ガイシホール、2018年1月6日に大阪城ホールとまわる初のアリーナツアーを秒速完売させた超特急からは、1号車・コーイチ、3号車・リョウガ、5号車・ユーキ、6号車・ユースケが登場! 2018年1月1日に4年連続5回目の日本武道館公演を控えるDISH//からは、北村匠海、矢部昌暉、橘柊生が出演する。そのほか、2018年春公開のスティーブン・スピルバーグ監督映画『レディ・プレイヤー1』でメインキャストを務めるPrizmaXの森崎ウィンをはじめ、EBiDANが誇る各ユニットのメンバーが、それぞれ冬の思い出やエピソードを語る。また、この18人が今号の表紙を飾ることも決定! 通常版はクールな表情、Loppi・HMV限定版は笑顔の表紙となっているので、ぜひ見てみてほしい。

そして、『EBiDAN vol.11』の裏表紙は、通常版にEBiSSH、Loppi・HMV限定版にSUPER★DRAGONが登場。付録として、この2組の両面ビッグポスター(A2サイズ)も綴じ込みに。また、『EBiDAN THE LIVE 2017』のライブレポートや、EBiDANメンバー44人が手書きした年始のご挨拶「あけおメッセージ」、EBiDANの高1メンバー6人(SUPER★DRAGON 颯、さくらしめじ ?田彪我・田中雅功、MAGiC BOYZ トーマ・リュウト・マヒロ)が集合した「Special 同級生トーク」など、オフィシャルブックならではの充実の内容となっているので要チェックだ。

一般発売日は12月30日となっているが、12月23日に日本青年館ホールで開催するPrizmaXのワンマンライブ『PrizmaX Live Level 6悲しみを乗り越えて人は強くなれるだろう 〜Memory〜』、12月24日・25日・27日に開催する超特急の『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2017-2018 the end for beginnig』、12月29日に光が丘IMAホールで開催するさくらしめじの『きのこりあんの集いvol.2』ではライブ会場先行販売を行なうとのこと。会場に足を運ぶ方はいち早くゲットできるチャンス!

■ONLINE SHOP スタダ便『EBiDAN vol.11』【通常版】
http://store.emtg.jp/stardustch/products/detail.php?product_id=12585

■ローチケHMV『EBiDAN vol.11』【Loppi・HMV限定版】店舗予約URL
http://www.hmv.co.jp/productitemstock/stock/8403875

オフィシャルブック『EBiDAN vol.11』

2017年12月30日一般発売



【通常版】
¥926+税
<掲載内容>
・表紙
超特急 コーイチ・リョウガ・ユーキ・ユースケ、DISH// 北村匠海・矢部昌暉・橘柊生、PrizmaX 森崎ウィン・黒川ティム・清水大樹、M!LK 板垣瑞生・佐野勇斗、SUPER★DRAGON 毅・洸希、EBiSSH NAOYA、さくらしめじ 田中雅功、MAGiC BOYZ マヒロ、さとり少年団 颯斗
・付録
綴じ込み!! A2両面ポスター SUPER★DRAGON/EBiSSH
・EBiDANが飛躍する年になりますように☆『2018年到来! EBiDANメンバー18人の冬!!』
・LIVE REPORT 熱く盛り上がった2日間をプレイバック♪『EBiDAN THE LIVE 2017』
・EBiDANメンバー44人から読者の皆さんへ『あけおメッセージ』
・超特急(コーイチ・リョウガ・ユーキ・ユースケ)
結成6周年を迎え、新たな一歩を踏み出す…… 『starting up!!』
・DISH//(北村匠海・矢部昌暉・橘柊生)
進化した手応えを持って、いざ2018年へ!『take a breather』
・PrizmaX(森崎ウィン・福本有希・島田翼)
IntervieW『2018年は勝負の年にしたい』
・M!LK
2017年M!LKの成長をたっぷりTALK『もっとUPDATE!! 2017→2018』
・SUPER★DRAGON
AWESOME BOYS@HERE!『ナウ&ネクスト。これが僕らのNO.1!』
・EBiSSH
4人の素顔と友情にググッとフォーカス!『マイ・フレンド〜僕らのキズナと成長〜』
・さくらしめじ
原宿ショッピングのフォト・ドキュメント!『さくらしめじ、お買い物にいく。』
・MAGiC BOYZ
たくさん会いにきてニャ!『MAGiC BOYZノ千客万来祈願!』
・さとり少年団
キュートな笑顔が満載『“IROTAS”の心に癒しをお届け?』
・AMEZARI -RED STARS-
一緒なら寒くない!『ホカホカ商店街デート?』
・OTHER
高1メンバー6人が集合♪『Special 同級生トーク』(SUPER★DRAGON 颯、さくらしめじ ?田彪我・田中雅功、MAGiC BOYZ トーマ・リュウト・マヒロ)
スタメンKiDS/ZeBRA☆STAR/EDAMAME BEANS
EBiDAN Region(TOKYO/OSAKA/SENDAI/NAGOYA/FUKUOKA/OKINAWA)



【Loppi・HMV限定版】
¥926+税



【関連リンク】
オフィシャル本『EBiDAN vol.11』が発売決定! 表紙は選抜された18人!!
超特急まとめ
DISH//まとめ
PrizmaXまとめ
EBiSSHまとめ

【関連アーティスト】
超特急, DISH//, PrizmaX, EBiSSH, SUPER★DRAGON, さくらしめじ, MAGiC BOYZ, M!LK
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN

BUGY CRAXONE、20周年記念ワンマンがDVD化
Fri, 01 Dec 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年11月19日に東京・渋谷CLUB QUATTROで開催された結成20周年記念ワンマン『100パーセント ナイス!』が大盛況だったBUGY CRAXONE。ぼくたち わたしたちの空間にベリナイスな音楽が鳴り響き、感動と多幸感に満ち溢れた記念すべき20周年記念ワンマンの模様を完全パッケージしたDVDを、2018年2月28日(水)にタワーレコードとAmazon、ライブ会場にて限定発売することが発表された。

さらに発売日同日には、渋谷CLUB QUATTROの隣にある渋谷TAKE OFF 7にて、リリース記念をかねたワンマンライブ『ブージー クラクションの日 ―もっとも100パーセント ナイス!―』の開催も決定した。このワンマンライブでは先日のCLUB QUATTRO公演では残念ながらセットリストからはずれた名曲達を組み込んだセットリストでお届けする『裏・100パーセント ナイス!』といった内容になるとの事。あの日聴けなかったあの曲やこの曲が入るかも!? 渋谷TAKE OFF 7に集まって、100パーセント ナイス!を完全コンプリートしよう! チケットは12月2日(土)10:00よりイープラスにて発売開始。

なお、「ブージー クラクションの日」とは、2月29日を2(ブー)2(ジー)9(クラクション)というちょっと無理な語呂合わせで2016年に制定したのだが、4年に一度しかないという微妙な日ゆえに、2018年もイヴである前日の28日がその日となる。DVDの発売と共に、このBUGY CRAXONEの日もお祝いしよう。

また、タワーレコード対象店舗でDVDを購入すると『ナイスな特典引換券』がもらえるそうだ。この引換券を持参し、渋谷TAKE OFF 7に来場すると、特製ステッカーと引き換えてくれるとの事。2018年2月21日(水)23:59までに予約をすると確実にもらえるので、TAKE OFF 7に行く人は対象店舗でのご予約がオススメ。

そして21年目、最初のワンマンツアー『ぼくたち わたしたちのツアー “すずき、今月で40だってよ”』の開催も決定している。東京・札幌・名古屋・大阪、全4公演。東京ではBUGY CRAXONEでは初の試みとなる昼公演。札幌・名古屋・大阪では、仕事帰りにふらっと立ち寄れるよう、出来る限り遅い開演時間を設定。『日曜は昼下がりにブージー、平日は仕事帰りにブージー。』と、日々の暮らしに寄り添ったBUGY CRAXONEらしいツアー内容となっている。

21年目、さらに進化を求め、トライし続けるBUGY CRAXONEを見逃すな!

DVD『BUGY CRAXONE 20周年記念ワンマン “100パーセント ナイス!” 2017.11.19 at SHIBUYA CLUB QUATTRO』

2018年2月28日(水)発売



BNBR-0013/¥3,900+税
<収録曲>
■DVD
01.ハレルヤ
02.花冷え
03.ボクを信じて
04.WATCH YOUR STEP
05.ベリナイス
06.悲しみの果て
07.Come on
08.なんとなく Be happy
09.さーてぃーないん ぶるーす
10.いいじゃん
11.NORTHERN ROCK
12.11月
13.ぶるぶるぶるー
14.チーズバーガーズ・ダイアリー
15.ピストルと天使
16.シャララ
17.たいにーたいにー
18.いいかげんなBlue
19.いみがないから きこえない
20.ロマンチスト
21.YOUR SUNRISE
22.dreamer
23.ブルーでイージー、そんでつよいよ
24.罪のしずく
25.ぼくたち わたしたち
EN1.New sunrise
EN2.I scream
EN3.枯れた花

◎タワーレコード4店舗限定特典『ナイスな特典引換券』
対象店舗:渋谷店・新宿店・池袋店・秋葉原店

『ブージー クラクションの日 ―もっとも100パーセント ナイス!―』

2月28日(水) 渋谷TAKE OFF 7
<チケット>
前売¥2,900(税込)※ドリンク代別
・12月02日(土)10:00〜 イープラスで発売
・12月04日(月)〜 ライブ会場にて枚数限定販売

ワンマンツアー『ぼくたち わたしたちのツアー “すずき、今月で40だってよ”』

4月08日(日) 下北沢SHELTER
4月18日(水) 札幌COLONY
4月25日(水) 大阪Live House Pangea
4月26日(木) 名古屋HUCK FINN
<チケット>
前売¥2,900(税込)※ドリンク代別



【関連リンク】
BUGY CRAXONE、20周年記念ワンマンがDVD化
BUGY CRAXONEまとめ
SHE’S 、新曲「White」が『ウチのガヤがすみません!』12月エンディングテーマに決定

【関連アーティスト】
BUGY CRAXONE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, リリース, 発売

SHE’S 、新曲「White」が『ウチのガヤがすみません!』12月エンディングテーマに決定
Fri, 01 Dec 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SHE’Sの12月6日にリリースするセカンドアルバム『Wandering』の収録曲「White」が日本テレビ系『ウチのガヤがすみません!』12月エンディングテーマに決定した。

Key.& Vo.井上竜馬が大切な人の結婚式で流してほしいという願いを込めて制作し、SHE’にとってはめずらしいストレートなラブソングとなっている「White」。セルフライナーノーツでも「白、永遠、誓い。色んな表現や言葉で想いを伝えようとしたけど、「時に解り合ったり 解り合えなかったりしながらでも 君とこの先の道を歩んでいたい」それさえ伝わってくれたら、きっと大丈夫な気がしている。「まるで初恋のような、最後の恋にしよう」そんな曲が白いベールに包まれたあなたの前で流れる日を願っています。」とコメントしている。

12月2日(土)には『Wandering』の発売を記念したプレミアム上映会が東京・新宿ユニカビジョンにて実施されるSHE’S。3面を使った巨大ビジョンでアルバム『Wandering』の初回限定盤DVDに収録される『SHE’S Hall Tour 2017 with Strings〜after awakening〜』at 草月ホールのライブ映像をフルサイズで初解禁するので、是非現地に足を運んでチェックしてみて欲しい。

■「White」Music Video


https://www.youtube.com/watch?v=tqubeq660Sc日本テレビ系『ウチのガヤがすみません!』詳細

毎週火曜日23:59〜24:54放送
http://www.ntv.co.jp/uchinogaya/

アルバム『Wandering』

2017年12月6日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-69125/¥3,500+税
<収録曲>
■CD
01.All My Life
02.Blinking Lights
03.Flare
04.Getting Mad
05.Remember Me
06.White
07.Beautiful Day
08.C.K.C.S.
09.Over You
10.The World Lost You
11.Home
■DVD
・『SHE\'S Hall Tour 2017 with Strings〜after awakening〜』at 草月ホールDIGEST
・Scene Of Recording&Shooting OFF SHOT
・アルバム発売記念!無人島サバイバルBBQ大会!!



【通常盤】(CD)
TYCT-60111/¥2,800+税
<収録曲>
01.All My Life
02.Blinking Lights
03.Flare
04.Getting Mad
05.Remember Me
06.White
07.Beautiful Day
08.C.K.C.S.
09.Over You
10.The World Lost You
11.Home

【西武新宿駅前ユニカビジョンプレミアム上映会】

12月02日(土) 東京・西武新宿ぺぺ広場
20:00〜20:45(予定)
※時間は、予告なく変更になる場合がございます
<内容>
12月06日(水)リリースの2ndアルバム『Wandering』初回限定盤DVDに収録されるツアー『SHE\'S Hall Tour 2017 with Strings〜after awakening〜』の草月ホール公演のライブ映像とミュージックビデオをフル尺で放映。
<ヘッドフォン貸し出しについて>
当日19:15〜ユニカビジョン前(西武新宿ペペ広場)にて、本プレミアム上映会を高音質サウンドで視聴できるヘッドフォンを先着100名様限定で無料貸し出しいたします。ヘッドフォン視聴イベント参加者から抽選で5名様にサプライズプレゼントも実施。
※当日ヘッドフォン視聴できない方も迫力あるライブ映像を楽しめます。
<Another Trackでの視聴について>
Another Trackは楽曲に隠された、もうひとつの楽曲を再生するアプリです。ユニカビジョンで流れている楽曲を聴かせるとその楽曲の高音質バージョンが聴けます。音楽を愛してやまないみなさんのために別トラック(Another Track)を提供するアプリとなっております。(本プレミアム上映会放映中に「Another Track」をダウンロードしたスマートフォンで聴くことができます。)
<プレゼント企画について>
本プレミアム上映会をご覧の皆様に抽選で“SHE\'S サイン入りオリジナルグッズ”を10名様、“Amazonギフト券 1,000円分”を50名様にプレゼントします。スマートフォンアプリ「VISION α」をダウンロードしたスマートフォンを、本プレミアム上映会開催中のユニカビジョンにかざすと応募画面が表示されます。

■ユニカビジョン オフィシャルサイト
https://www.yunikavision.jp/

『SHE\'S Tour 2018 “Wandering"』

■対バン
2月07日(水) 松本ALECX
w./BIGMAMA
2月09日(金) 神奈川F.A.D YOKOHAMA  
w./go!go!vanillas
2月11日(日) 栃木 HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
w./WEAVER
2月14日(水) 滋賀U☆STONE
w./Czecho No Republic
2月15日(木) 神戸VARIT.
w./Czecho No Republic
2月17日(土) 三重 松阪M\'AXA
w./片平里菜
2月19日(月) 京都MUSE 
w./androp
2月21日(水) 浜松 窓枠
w./片平里菜
2月24日(土) 盛岡CLUB CHANGE WAVE
w./TOTALFAT
2月25日(日) 郡山HIP SHOT JAPAN
w./TOTALFAT
■ワンマン
3月02日(金) 福岡 DRUM LOGOS
3月03日(土) 広島 クラブクアトロ
3月09日(金) 岡山 YEBISU YA PRO
3月11日(日) 大阪 なんばHatch
3月17日(土) 金沢 AZ
3月18日(日) 新潟 NEXS
3月21日(水) 札幌 ペニーレーン24
3月23日(金) 仙台 darwin
3月31日(土) 名古屋 ダイアモンドホール
4月01日(日) 東京 EX THEATER ROPPONGI

<チケット>
【大阪・東京公演】
前売1Fスタンディング¥3,500(税込)/2F指定席¥4,000(税込) ※ドリンク代別
【その他の公演】
前売¥3,500(税込) ※ドリンク代別
一般発売:12月2日(土)10:00〜 ※2月公演のみ
・ぴあ
http://t.pia.jp/
・e+
http://eplus.jp/
・ローソンチケット 
http://l-tike.com/
 
■ツアー特設HP
http://she-s.info/shes-tour2018/



【関連リンク】
SHE’S 、新曲「White」が『ウチのガヤがすみません!』12月エンディングテーマに決定
SHE\'Sまとめ
SUGIZO、ニューアルバムより「VOICE feat.清春」フルMV公開

【関連アーティスト】
SHE\'S
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, エンディング

SUGIZO、ニューアルバムより「VOICE feat.清春」フルMV公開
Fri, 01 Dec 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SUGIZOのニューアルバム『ONENESS M』より「VOICE feat.清春」のミュージックビデオが公開された。このビデオはLUNA SEAやSiMなどのミュージックビデオを手がけている茂木将が監督し、11月上旬に都内の某スタジオにて撮影。「ゴシック」と「闇」をテーマに、別々の空間で目隠しをするSUGIZOと清春。視覚を遮ることで、今まで聴こえてこなかった女性の「声」を感じる。中世の洋館のような、随所のディテールにこだわり抜いたインテリアは見ごたえ十分な映像となっている。

使用した蝋燭は200本に及ぶ。SUGIZOと清春がかもし出す妖艶なパフォーマンスについて、SUGIZOいわく『「年季の入ったゴス感」(笑)が出ていると思う』と語っている。

■「VOICE feat.清春」MV


https://www.youtube.com/watch?v=mGsFRBSX_ekアルバム『ONENESS M』

2017年11月29日発売



【初回限定盤】(2CD(SHM-CD)+Photo Book+三方背ケース)
UICZ-9099/¥10,000(税抜)
※Photo Book:撮り下ろし写真集+ライナーノーツで約100P]
※マスタリング・エンジニア:スチュワート・ホークス(metropolis)
※プレイパス(R)対応
<収録曲>
■CD1:フィーチャリング・ヴォーカル・アルバム
1.永遠(※ヨミ:トワ)feat. RYUICHI
2.Daniela feat. Yoohei Kawakami
3.絶彩(※ヨミ:ゼッサイ)feat. 京
4.Rebellmusik(※ヨミ:リベルムジーク)feat. K Dub Shine
5.巡り逢えるなら feat. TERU
6.PHOENIX 〜HINOTORI〜 feat. Toshl
7.Garcia feat. TOSHI-LOW
8.感情漂流 feat. 辻仁成
9.VOICE feat. 清春
10.光の涯 feat. MORRIE
■CD2:CD1のヴォーカルレス・インスト・アルバム



【通常盤】(CD(SHM-CD))
UICZ-4411/¥3,000(税抜)
※マスタリング・エンジニア:スチュワート・ホークス(metropolis)
※プレイパス(R)対応



【関連リンク】
SUGIZO、ニューアルバムより「VOICE feat.清春」フルMV公開
SUGIZOまとめ
赤い公園、新体制初披露ワンマンライブ開催を発表

【関連アーティスト】
SUGIZO
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

赤い公園、新体制初披露ワンマンライブ開催を発表
Fri, 01 Dec 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年8月31日をもって、Vo.佐藤千明が脱退した赤い公園。8月23日にリリースされた4枚目のフルアルバム『熱唱サマー』を引っ提げて開催された熱唱祭り@Zepp DiverCity Tokyoは、4人体制での赤い公園として最後のワンマンライブとなり、暑く熱い祭りは大盛況のうちに幕を閉じた。

そして、いよいよ新体制での活動がスタートする。結成記念日である1月4日に毎年開催されている自主企画イベントが、赤い公園がデビューする前にホームグラウンドとして活動していたライヴハウス立川BABELにて実施される。その名も『こめさくpresents〜もぎもぎカーニバル〜特別版「赤い公園ワンマンライブ2018☆はじめまして☆」』。この日を皮切りに、新体制赤い公園は再出発する!

お披露目する内容は、全部新曲をいち早くお届け。さらに来場者にはメンバーデザインによるステッカーが配布される嬉しいプレゼントも。赤い公園の新体制による初披露ワンマンライブが、どのような形で披露されるのか、今から期待が高まる。

『こめさくpresents〜もぎもぎカーニバル〜特別版「赤い公園ワンマンライブ2018☆はじめまして☆」』

1月04日(木) 立川Babel
開場 18:00 / 開演 18:30
<チケット>
前売/当日¥3,000(オールスタンディング/drink代別 ¥600/整理番号有)※メンバーデザインステッカー付き
■発売日:2017年12月9日(土)10:00〜 e+で発売開始



【関連リンク】
赤い公園、新体制初披露ワンマンライブ開催を発表
赤い公園まとめ
黒魔術やオカルトを具現化したブラック・サバスの『パラノイド』は最初期のヘヴィメタル作品だ

【関連アーティスト】
赤い公園
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

黒魔術やオカルトを具現化したブラック・サバスの『パラノイド』は最初期のヘヴィメタル作品だ
Fri, 01 Dec 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ブリティッシュロックの中から登場したハードロックは、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルをはじめ、言うまでもなくアメリカのブルースをルーツにしている。しかし、ブラック・サバスはデビュー当時から他のハードロックグループと比べてもまったく毛色が違ったサウンドだった。黒魔術やオカルトなど、中世の暗黒部分を具現化したような音作りはそれだけで革命的なものであったと言えるだろう。今回紹介する彼らの2ndアルバム『パラノイド』は、そのスタイルが完成された作品であり、80sのヘヴィメタルバンドや90sのグランジ、オルタナティブのロッカーたちに大きな影響を与えた記念すべき作品である。

■H. P. ラブクラフト

アメリカのゴシックホラー作家として知られるラブクラフトの作品を読んだことがあるだろうか。僕が彼の作品で恐怖を感じたのは『ピックマンのモデル』という短編だ。今年、『東京グール』という食屍鬼(グール)が登場する映画が公開されたが、まさにこのグールが登場する物語である。

この小説、ピックマンという風変わりな画家の『食屍鬼の採餌』という作品の恐ろしさに惹かれる男の話である。主人公はピックマンの描く真に迫った恐怖絵がどのように描かれているのかを見たくなり、彼のアトリエを訪問するのだが、そこには実際に魑魅魍魎が…という小説だ。この短編は1926年に書かれたもので、ラブクラフトはスティーブン・キングなどに影響を与えただけでなく、ブラム・ストーカー、エドガー・アラン・ポー、レ・ファニュなどの第一世代怪奇小説に次ぐ新世代の作家として活躍したのである。

■ブラック・サバスのサウンドと デビュー作の成功

ブラック・サバスのメンバーはラブクラフトに代表されるゴシックホラーやオカルトに興味を持っており、当時イギリスで流行していた黒魔術にも影響を受けている。デビューにあたってハードロック的な要素を中心に据えつつ、芝居がかった黒魔術的なサウンドを盛り込もうとリハーサルをスタートさせるが、グループ結成後すぐに彼らが思い描くおどろおどろしいイメージを具体化する。実は、この部分だけでもブラック・サバスの才能は大したものなのである。ホラー映画を観たりオカルト小説を読んで、それを的確に音楽として表現することは至難の技だと言えるだろう。それを20歳そこそこの彼らが成し遂げるのだからすごいと思う。グループ名は1964年に公開されたB級ホラー映画『ブラック・サバス』からいただいている。それにしても“黒い安息日”とは、彼らのイメージ通りの名前であり、デビュー前から一本筋の通ったホラー路線をしっかり貫いていたのだ。

1970年2月13日の金曜日、彼らのデビューアルバム『黒い安息日』がリリースされる。サウンドはもちろん、ジャケットデザインも彼らのイメージにぴったりの中世の怪談風であった。当時、流行っていたハードロックより重いサウンドだったので、ヘヴィロックという表現がされていたのを記憶している。オジー・オズボーンのヴォーカル、トニー・アイオミのギター、ギーザー・バトラーのベース、ビル・ワード(読み方はウォードが正しい)のドラムからなるトリオ演奏(オーバーダビングはされている)だけにシンプルで、遅いBPMから繰り出される重苦しいリズムやパワーコードを多用したギターワークは、当時他のハードロックグループには見られない方法論であった。この作品ですでに後のヘヴィメタルの原型が確立されていた。キーボードを使用しなかったことと、ギタリストのトニー・アイオミが弾く独特のヘヴィメタ的なリフは革新的なものであった。

この作品は、全英チャート8位、全米でも23位となり、1年後には100万枚を売り上げるヒットとなっただけでなく、『イン・ロック』(‘70)以降のディープ・パープルに大きな影響を与えたことは間違いない。

■本作『パラノイド』について

ただ、デビューアルバムには、ブルースをベースにしたナンバーも収録されており、彼らのオカルト的なイメージが100パーセント発揮できたわけではなかった。しかし、デビューアルバムと同年リリースの本作『パラノイド』では、グループとしての完成度がより高くなり、収録された8曲全曲がブラック・サバスを代表するナンバーと言っても過言ではなく、オリジナリティーにあふれた出来となった。冒頭の8分近くに及ぶ「ウォー・ピッグス」の緻密かつスリリングな展開は、まさにロックの醍醐味を感じさせる名曲で、トニー・アイオミとギーザー・バトラーのインタープレイはすごいとしか言いようがない。彼らのもっともよく知られた「パラノイド」はシングルカットされ全英4位となるなど、彼らの人気に火をつけたナンバーも収められている。

「アイアン・マン」と「エレクトリック・フューネラル」は、オジーのヴォーカルとアイオミのギターがユニゾンでハモるという新機軸を打ち出した意欲作で、70年には完全にヘヴィメタが完成していた貴重なサンプルだと言えるだろう。それにしても、アイオミの仕事ぶりはすごい。ギターのオーバーダビングがやたら多く、リズムギターだけでなくリードギターも重ねまくっていて、彼の地道な支えがあってこそのサバスだと言えるのだ。特に本作の最後の曲「フェアリーズ・ウェアー・ブーツ」は、当時のロック界では珍しいオクターブ奏法を聴かせるなど、彼の独壇場だ。アイオミは、まさしく70sロックの一時代を築いたスーパーギタリストのひとりなのである。

■日本公演の中止

その昔、僕がまだ中学生の頃の1971年、日本でもサバスの人気はすごくて、来日公演も予定されていたのだけれど、確かトニー・アイオミが病気だとかで、コンサートが中止になったことがあった。ブラック・サバス絶頂期の時期なので、その時に来日していたらすごいパフォーマンスが体験できたはずで、これは今でも残念だ。

これまでブラック・サバスを聴いたことがないなら、この機会にぜひ聴いてみてほしい。初期の5枚『黒い安息日』(‘70)、『パラノイド』(’70)、『マスター・オブ・リアリティ』(‘71)、『ブラック・サバス4』(’72)、『血まみれの安息日』(‘73)はどれも秀作なので、よろしく♪

TEXT:河崎直人

アルバム『Paranoid』

1970年発表作品



【関連リンク】
黒魔術やオカルトを具現化したブラック・サバスの『パラノイド』は最初期のヘヴィメタル作品だ
Black Sabbathまとめ
Ozzy Osbourneまとめ
Tony Iommiまとめ
星野 源、『映画ドラえもん』シリーズの主題歌・挿入歌を2曲書き下ろし

【関連アーティスト】
Black Sabbath, Ozzy Osbourne, Tony Iommi
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム

星野 源、『映画ドラえもん』シリーズの主題歌・挿入歌を2曲書き下ろし
Fri, 01 Dec 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

星野 源が2018年3月3日に公開される『映画ドラえもん のび太の宝島』の主題歌・挿入歌を担当することが決定した。同映画は『映画ドラえもん』シリーズ38作品目を迎える最新作で、光り輝く大海やどこまでも広がる青い空、白い雲が印象的な“宝島”を舞台に物語が繰り広げられる。監督は、映画シリーズの監督を初めて務める今井一暁。脚本は、映画『君の名は。』『バケモノの子』などを手掛けた映画プロデューサーの川村元気が務める。

主題歌・挿入歌は、以前からドラえもんファンを公言する星野が今回のオファーを受けて新たに詞曲を書き下ろしたという。38年続く『映画ドラえもん』シリーズの歴史の中で、同一アーティストが2曲書き下ろすのはシリーズ史上初とのことで星野源が歌う新曲に期待が高まっている。まだ主題歌の詳細は明らかとなっていないが、挿入歌となる新曲「ここにいないあなたへ」は心温まるバラードとなっており特報映像にて楽曲の一部が解禁される。その90秒の予告映像は、12月1日(金)19時より放送のテレビ朝日『ドラえもん』にて初公開となるのでぜひチェックしてほしい。

■【星野源 コメント】

「大好きな『ドラえもん』の長い長い歴史の中に音楽家として参加できることを、とても嬉しく思います。今回の新作映画『のび太の宝島』、そして『ドラえもん』という作品そのもの、すべてを生み出した藤子・F・不二雄先生に向けて主題歌・挿入歌を書かせていただきました。ファンとしても公開の日を楽しみにしております。」

■『映画ドラえもん のび太の宝島』特報


https://youtu.be/uoV09zraUjo『映画ドラえもん のび太の宝島』

2018年3月3日(土)公開
原作:藤子・F・不二雄
監督:今井一暁
脚本:川村元気
主題歌・挿入歌:星野源
<CAST>
ドラえもん:水田わさび、のび太:大原めぐみ、しずか:かかずゆみ ジャイアン:木村昴、スネ夫:関智一
シルバー:大泉洋
(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018

■公式サイト
http://doraeiga.com/2018/



【関連リンク】
星野 源、『映画ドラえもん』シリーズの主題歌・挿入歌を2曲書き下ろし
星野源まとめ
ねごと、シアター環境で大音量のアルバム先行試聴会を開催

【関連アーティスト】
星野源
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アニメ, 主題歌, 映画

ねごと、シアター環境で大音量のアルバム先行試聴会を開催
Fri, 01 Dec 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ねごとが、12月13日(水)にリリースする5thアルバム『SOAK』の発売を記念して、リリース直前の12月10日(日)にシアター環境での大音量先行試聴会を開催! 試聴会当日にはメンバーも登場し、トークセッションも予定しているとのこと。イベントへの参加方法は専用の応募フォームから無料応募をすると抽選で招待されるので、ぜひチェックしてほしい。

■【アルバム『SOAK』先行視聴会】

12月10日(日) 東京都内某所
時間:未定(13:00〜19:00の間どこか1時間30分を予定)
※当日はアルバム『SOAK』試聴会に加え、メンバーのトークセッションも予定しております。
※会場・時間等詳細に関しては対象者様のみ12月6日(水)頃送信予定の案内メールにてご案内いたします。
<応募期間>
11月30日(木)19:00〜12月3日(日)23:59まで
※おひとり、またはおふたりでのご応募が可能です。
※PC/モバイルサイトどちらからでもお申込み頂けます。

■詳細/応募フォームはこちら
http://www.sonymusic.co.jp/event/101035

アルバム『SOAK』

2017年12月13日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL 3010-3011/¥3,700+税
<収録曲>
■CD ※全形態共通
01.DANCER IN THE HANABIRA
02.INSIDE OUTSIDE
03.WORLDEND
04.サタデーナイト
05.Fall Down
06.moon child
07.undone
08.ALL RIGHT
09.シリウス
10.水中都市
11.空も飛べるはず [Bonus Track]
■DVD
01.DANCER IN THE HANABIRA -Music Video-
02.DANCER IN THE HANABIRA -Music Video -Dancer ver.-
03.DANCER IN THE HANABIRA 2017/6/26 LIQUIDROOM 「ETERNALBEAT NIGHT」
04.空も飛べるはず 2017/6/26 LIQUIDROOM 「ETERNALBEAT NIGHT」
05.ALL RIGHT 2017/6/26 LIQUIDROOM 「ETERNALBEAT NIGHT」



【通常盤】(CD)
KSCL 3012/¥2,870+税



【関連リンク】
ねごと、シアター環境で大音量のアルバム先行試聴会を開催
ねごとまとめ
NICO Touches the Walls、125名限定ライブを開催&ラジオ公開収録決定

【関連アーティスト】
ねごと
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース

NICO Touches the Walls、125名限定ライブを開催&ラジオ公開収録決定
Fri, 01 Dec 2017 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

NICO Touches the Wallsが12月6日にリリースする新作『OYSTER -EP-』にスペシャルライブの応募券が封入されていることが発表された。このスペシャルライブは、2018年1月25日に125名様限定で都内某所で行なわれる。初回限定仕様盤のみにスペシャルライブの応募券が入っているので、是非ゲットして2018年の運を試してみよう!

さらに、12月17日に尼崎キューズモールにてFM802のラジオ番組『SATUDAY AMUSIC ISLANDS-MORNING EDITION』内のコーナー『Q\'s STYLE』の公開収録が決定! トークはもちろんアコースティックライブもある公開収録となっており、現在FM802のHPでは優先エリアの受付もスタート。イベント終了後には対象店舗にて『OYSTER -EP-』を購入していただいたお客様を対象にメンバーから直接オリジナルステッカーのプレゼントもあるので、詳しくはオフィシャルHPを要チェック!

■【FM802『Q\'s STYLE』公開収録情報】

12月17日(日) あまがさきキューズモール2F 緑遊広場ステージ 14:00〜
ゲスト:NICO Touches the Walls/DJ:仁井聡子
・HP優先エリア受付
500組1000名様をご招待!※後方エリアは観覧無料(フリー)
・募集締切
12月10日(日)23:59 まで
・FM802 優先エリアの受付URL
https://funky802.com/i/s5135

<イベント参加券配布対象店舗>
タワーレコード 梅田大阪マルビル店
タワーレコード 梅田NU茶屋町店
タワーレコード 難波店
HMV 阪急西宮ガーデンズ
HMV グランフロント大阪
HMV あべのキューズモール
会場CD即売所

EP『OYSTER -EP-』

2017年12月6日発売



【2CD】
KSCL3008-3009/¥2,130+税
<収録曲>
■CD Disc1
1.mujina
2.Funny Side Up!
3.カレキーズのテーマ
4.bud end
5.Ginger lily
■CD Disc2(bonus disc)
1.mujina(Acoustic ver.)
2.Funny Side Up!(Acoustic ver.)
3.カレキーズのテーマ(Acoustic ver.)
4.bud end(Acoustic ver.)
5.Ginger lily(Acoustic ver.)

ご予約はこちら:https://kmu.lnk.to/8LzLj



【関連リンク】
NICO Touches the Walls、125名限定ライブを開催&ラジオ公開収録決定
NICO Touches the Wallsまとめ
UNISON SQUARE GARDEN、シングル「春が来てぼくら」を2018年3月にリリース

【関連アーティスト】
NICO Touches the Walls
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 特典, EP

UNISON SQUARE GARDEN、シングル「春が来てぼくら」を2018年3月にリリース
Fri, 01 Dec 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

UNISON SQUARE GARDENが、ニューシングル「春が来てぼくら」を2018年3月7日にリリースすることを発表した。ダウンロード販売は3月14日よりスタートする。「春が来てぼくら」は現在NHK総合にて放送中のTVアニメ「3月のライオン」第2シリーズの1月からのオープニングテーマとして書き下ろしたナンバーであり、作詞作曲を手掛けた田淵智也(Ba)は「これまでの宝物のような楽曲たちの後に続いていくのは非常に恐れ多かったのですが、いつもの自分の取り組み方で、作品の片隅で微かな光を放ってくれるように作品と1から向かい合うつもりで書きました。羽海野先生の作品は金言が多く、物語の隙間をどこに見つけるかは結構難題で、作家として一つの挑戦のつもりで臨みました。全てのキャラクターの幸せな行く末を願いながら、この歌を作品に添えさせていただきます」とコメント。作品に寄り添う温かさがある中にUNISON らしさを感じることが出来るポップな楽曲となっている。

CDの仕様は初回限定盤と通常盤の2種類。初回限定盤に付属されるDVDの内容や収録曲の詳細は後日発表されるので、続報を楽しみにして待っておこう。

シングル「春が来てぼくら」

2018年3月7日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TFCC-89648/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
TFCC-89649/¥1,200+税
<収録曲>
「春が来てぼくら」を含む全3曲を収録予定



【関連リンク】
UNISON SQUARE GARDEN、シングル「春が来てぼくら」を2018年3月にリリース
UNISON SQUARE GARDENまとめ
THE MODS、全国8カ所を回る2018年春ツアーを発表

【関連アーティスト】
UNISON SQUARE GARDEN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, リリース, 発売, アニメ, オープニング

THE MODS、全国8カ所を回る2018年春ツアーを発表
Fri, 01 Dec 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月22日(水)に大阪BIG CATにて全国13カ所を巡ったツアー『THE MODS TOUR 2017 "ONE SHOT DEAL"』を終了させたTHE MODSが、早くも2018年のツアーを発表した。3月2日(金)の新横浜NEW SIDE BEACH!!を皮切りに、3月30日(金)の大阪BIG CATにまで全国8カ所を回る。

2017年はかつての主催レーベル“SCARFACE”の名前を掲げ、同レーベルに在籍していたTHE COLTSとのカップリングツアー『LITTLE SCARFACE FESTA 2017』を実施。そして、秋には前述の全国ツアー『ONE SHOT DEAL』を成功させたTHE MODS。同ツアーでは《世界が悪くなるほど 必要ROCK’N ROLL》と歌う「NAPALM ROCK」がオーラスを飾ったのも印象深く、そのスピリッツが2018年へと受け継がれることは想像に容易い。今回も特にリリース作品を引っ提げたツアーではないということで、どんなセットリストが組まれるのかにも興味が惹かれる。

また、12月にはギタリストの苣木寛之のソロプロジェクト "DUDE TONE" 単独でのアコースティックスタイルライヴ『DUDE TONE LIVE 2017 "Walkin\' Blues" #4』が名古屋と新横浜で控えているが、すでに両公演ともソールアウトとなっている。

■『THE MODS TOUR 2018』

3月02日(金) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
3月04日(日) 岐阜CLUB ROOTS
3月10日(土) 東京Zepp Tokyo
3月15日(木) 札幌PENNY LANE 24
3月18日(日) 長野CLUB JUNK BOX
3月20日(火) 名古屋BOTTOM LINE
3月25日(日) 福岡DRUM LOGOS
3月30日(金) 大阪BIG CAT
<チケット>
料金:スタンディング 前売 ¥5,400(税込)
※入場時のドリンク代別途
※未就学児童の入場不可・小学生以上は要チケット

■『DUDE TONE LIVE 2017 "Walkin\' Blues" #4』

12月15日(金) 名古屋TIGHT ROPE ※SOLD OUT
12月16日(土) 新横浜strage ※SOLD OUT
<チケット>
前売料金:全自由席 ¥4,000(税込)
※入場時のドリンク代別途
※未就学児童の入場不可・小学生以上は要チケット



【関連リンク】
THE MODS、全国8カ所を回る2018年春ツアーを発表
THE MODSまとめ
BiSH、「SMACK baby SMACK」MV公開&Mステ内のCMで史上最大のお知らせ!?

【関連アーティスト】
THE MODS
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ツアー, ワンマン

BiSH、「SMACK baby SMACK」MV公開&Mステ内のCMで史上最大のお知らせ!?
Fri, 01 Dec 2017 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSHがニューアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』に収録されている「SMACK baby SMACK」のミュージックビデオをYouTubeで公開した。今作では『FUJI ROCK』にも出演するオルタナティヴバンドyahyelのメンバーでもあり、Suchmosや米津玄師、宇多田ヒカル等を手がけ、「VOMiT SONG」をフェイバリットソングに挙げるなどBiSH好きを公言する山田健人がディレクションを担当。「ドMの清掃員の皆さんは是非泣きながらスクショしてください」と監督自らオススメする、超ドSモードのBiSHが必見の映像となっている。

また、12月1日(金)にテレビ朝日系『ミュージックステーション』に初出演を果たすBiSHだが、『ミュージックステーション』内でオンエアされるTVCMの中で“BiSH史上最大のお知らせ”を行う事がBiSHオフィシャルTwitterアカウントから発表された。どのような“お知らせ”なのか気になる方は、是非12月1日(金)のミュージックステーションをBiSHのパフォーマンスは勿論、TVCMも見逃さないようにチェックしてほしい。

■「SMACK baby SMACK」MV


https://www.youtube.com/watch?v=Rgjf4DzvFD0アルバム『THE GUERRiLLA BiSH』

2017年11月29日発売



【AL+Blu-ray+PHOTOBOOOK】
AVCD-93752/B/¥10,000+税
※PHOTOBOOK:LAオフショット満載
※初回生産限定盤EPサイズ豪華BOX 仕様
【AL+DVD】
AVCD-93753/B/¥5,800+税
【AL】
AVCD-93754/¥3,000+税
<収録曲>
■AL※3形態共通
01 My landscape
02 SHARR
03 GiANT KiLLERS
04 SMACK baby SMACK
05 spare of despair
06 プロミスザスター
07 JAM
08 Here? s looking at you, kid.
09 ろっくんろおるのかみさま
10 BODiES
11 ALLS
12 パール
13 FOR HiM
■Blu-ray ※AVCD-93752/B
2017.06.28 YOYOGi GiANT KiLLERS
2017.08.23 TOKYO BiSH SHiNE 3
-Music Video-
プロミスザスター
GiANT KiLLERS
Nothing.
My landscape
-Making Movie-
LAでの撮影のMaking映像
■DVD ※AVCD-93753/B
2017.06.28 YOYOGi GiANT KiLLERS
2017.08.23 TOKYO BiSH SHiNE 3



【関連リンク】
BiSH、「SMACK baby SMACK」MV公開&Mステ内のCMで史上最大のお知らせ!?
BiSHまとめ
【THE PINBALLS インタビュー】ユニークな歌詞で差を付けるロックンロールバンドTHE PINBALLSがメジャーデビュー!

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
J-ROCK, 女性アイドル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 音楽番組, 出演, TVCM













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1