歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年11月30日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
【SHE\'S インタビュー】SHE\'Sの可能性がより広がる作品になったと思う
Thu, 30 Nov 2017 10:00:00 +0900


今年に入って1stフルアルバム『プルーストと花束』と4thミニアルバム『Awakening』をリリースしたSHE\'Sが、早くも2ndフルアルバム『Wandering』を発表する。今作品でいくつかの新たなチャレンジをした結果、どんな手応えがあったかを井上竜馬(Vo&Key)に訊いた。

──今作は初めてプロデューサーを迎えたそうですね。

「以前までは“自分たちでできるところまでやろう”と思っていたんですけど、今回は漠然と“誰かと一緒にやってみる?”とチームで話していて。その中で誰がいいかみんなでリストアップしたんです。で、GREAT3はみんな知っていたし、SHE\'Sのルーツにある洋楽的な感覚も活かしたかったので、そこを一番やってくれる方ではないかと思って、片寄明人さんにお願いすることにしたんです。片寄さんは自分の持っているものを出しつつ、SHE\'Sのことをすごく俯瞰的に見てくれ、いろいろ考えてくれたので、第五のメンバーみたいな感覚で一緒に制作できました。片寄さんのアドバイスでBPMががっつり変わった曲もあるんですよ。」

──アルバムの幕開けを告げるのが「All My Life」。この曲への思い入れというのは?

「この曲は“Wandering=放浪”という旅の1曲目を飾る上で、今年5月にイギリスに旅行した時に、最初に出会ったおじいちゃんとの会話が歌詞の中に入っています。」

──歌詞に《白髪をたくわえた老人は言う》とありますね。

「そのおじいちゃんが“大事にすることも必要だけれど、時には離してしまうことも必要だ”みたいなことを言ってくれて。自分の座右の銘で“やってみないと分からない”というのがあるんですれど、そういう意識を持ちながら旅をしていた上で、“ここに来て良かったな”とも思ったし、バンドも同じように進んでいくのかなと。この曲は旅の歌とも取れるんですけど、サビでは“この景色をずっと見たかった”ということを歌っているんですね。ライヴでどんどん大きくなって、この曲をみんなで歌ってくれているところを想像してみて、そういうのも自分が待っている景色なんだろうなといったことから書いた曲です。」

──ちなみにアルバムタイトルも今回の旅が影響しています?

「それもありますが、イギリスに行く前からタイトルは“Wandering”にしたいと思っていました。今年の1月に1stフルアルバムをリリースしたんですけど、今作を作る時に“もっといろいろな試みをしたいな”と思ったし、自分の中でSHE\'Sはどういうところに向かって行くのかも、まだ見えてなかったんですよ。だから2ndアルバムは“旅をする”という意味で、“放浪”をタイトルにしたいと思ったんです。“放浪”の前に“目覚め”が必要かなということで、『Awakening』を作ったし。実際に旅に出てみてそこから生まれる曲は多かったから、“Wandering”から変えることはなかったですね。」

──2曲目の「Blinking Lights」は弱い心を持ちながらも、諦めない力強さを歌っていますね。

「一番自分っぽい感じはします。「All My Life」もそうですけれど、誰かと出会えたことは、真逆だけど別れとかそういうものと同じで。だから、悲しみと同じくらい喜べるものなんだろうなと思って書きました。この曲はもともとBPMが遅かったんですけれど、片寄さんが“もう少しアップテンポのほうがいいんじゃない?”と言ってくれてカッコ良く仕上がりました。」

──次の「Flare」は自分の本気を問うようなナンバーだなと。

「自分の中でSHE\'Sの原点というか、こういうエモ要素のあるロック調の曲というのは、書き続けたいと思っているんですよ。インディーズ2作目の『WHERE IS SHE?』に入っている「Night Owl」を超えたいと思っていて。サウンド的にもいろいろなアプローチをして、最初のフィルターがかかっているところから開いていくとか、ピアノじゃなくてオルガンみたいな音がメインでリードしているなど、いろいろな試みをした上で、また違った曲が書けたなという実感はありますね。」

──今回、片寄さんと作業して一番影響を受けたことは?

「作詞の部分ですね。片寄さんが書かれる歌詞は“今、なんて言った?”と聞き逃せないんです。だから、“同じ表現でも、違うワードで作れたらいいよね”というのをすごく話し合った上で、どの曲の歌詞も書いていきました。」

──ところで、8曲目の「C.K.C.S.」のタイトルの意味が気になるのですが。

「あっ、これはうちの愛犬の歌なんですよ(笑)。なので、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの頭文字をとって…。」

──そうだったんですね! 愛にあふれた歌詞ですね。

「でも、《待ってくれたり 手を差し伸ばしてくれたり 大の大人より君は賢いからね》という皮肉とかも…それこそ片寄さんの“毒を膨らませよう”と話し合って。ただ愛を歌うだけでなく、そういう皮肉も入れたのも新しい試みでしたね。」

──あと、10曲目の「The World Lost You」は初めて作った会場限定盤CD(現在は廃盤)の1曲目だそうですが、当時からどんなふうに変わりましたか?

「大まかな構成は変えていませんが、曲の世界観がもっと伝わるようにコントラストをはっきりさせる作業をしました。」

──そして、最後の「Home」はストリングス、ブラスと入っていて壮大な曲ですね。

「郷愁感というか、その感覚をサウンドスケープで作りたかったんです。だから、歌詞が少ないというか。歌というよりサウンドで想像力を膨らましたいというのが第一の目標でした。“Home”というタイトルは、家に居場所がなかったとしても、ライヴハウスで一緒に歌って、ここを家にしてくれてもいいっていう…だから、“居場所を作れる歌でありたいな”と思って書きました。」

──アルバムを作り終えて、今はどんな景色が見えていますか?

「今までは「C.K.C.S.」みたいな4つ打ちの曲は絶対やらないと思っていたんですけど、実際にやってみたらもっと可能性が見えてきて、自分がやりたい曲をSHE\'Sに落とし込むことができるっていうことを、このアルバムで確信しました。6曲目の「White」には1番まるまるEDMみたいなベースが入っているんですけど、ベースの臣吾って“シンセベースはロックじゃない!”みたいなタイプなんですよ。でも、意外と気に入ってくれて(笑)。そういう電子的な部分も、これからちょくちょく遊びで入れられるかなとか。SHE\'Sとしての芯はありつつ、聴き手が“こういうのもあるんだ!?”とワクワクできるような作品がこれからも作れそうだ、という確信も生まれましたね。」

取材:桂泉晴名

アルバム『Wandering』

2017年12月6日発売
Virgin Music



【初回限定盤(DVD付)】
TYCT-69125 ¥3,500(税抜)



【通常盤】
TYCT-60111 ¥2,800(税抜)

『SHE\'S Tour 2018 “Wandering”』

■with guest
2/07(水) 長野・松本ALECX
w)BIGMAMA
2/09(金) 神奈川・F.A.D YOKOHAMA
w)go!go!vanillas
2/11(日) 栃木・HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
w)WEAVER
2/14(水) 滋賀・U★STONE
w)Czecho No Republic
2/15(木) 兵庫・神戸VARIT.
w)Czecho No Republic
2/17(土) 三重・松阪M\'AXA
w)片平里菜
2/19(月) 京都・MUSE
w)androp
2/21(水) 静岡・浜松 窓枠
w)片平里菜
2/24(土) 岩手・盛岡CLUB CHANGE WAVE
w)TOTALFAT
2/25(日) 福島・郡山HIP SHOT JAPAN
w)TOTALFAT
■one man
3/02(金) 福岡・DRUM LOGOS
3/03(土) 広島・CLUB QUATTRO
3/09(金) 岡山・YEBISU YA PRO
3/11(日) 大阪・なんばHatch
3/17(土) 石川・金沢 AZ
3/18(日) 新潟・NEXS
3/21(水) 北海道・札幌 PENNY LANE 24
3/23(金) 宮城・仙台 darwin
3/31(土) 愛知・名古屋 ダイアモンドホール
4/01(日) 東京・EX THEATER ROPPONGI

SHE\'S

シーズ:“聴けば、きっと囚われる。旋律に愛されたバンド”。メンバー全員大阪出身の次世代ピアノロックバンド。2012年の『閃光ライオット』ファイナリストを契機にその高い音楽性が一気に注目を集め、16年6月にメジャーデビュー。全作品のソングライティングを担う井上竜馬が奏でるピアノをセンターに据え、エモーショナルなロックサウンドから心を鷲掴みする珠玉のバラードまで、壮大かつ圧倒的な存在感を放つ。18年には全国20都市を巡るツアーの開催も決まっている。



【関連リンク】
【SHE\'S インタビュー】SHE\'Sの可能性がより広がる作品になったと思う
SHE\'Sまとめ
ポタリ、新曲「MUSIC」MV解禁&対バンツアーの日程が明らかに!

【関連アーティスト】
SHE\'S
【ジャンル】
J-ROCK, okmusic UP\'s vol.159, インタビュー, アルバム

ポタリ、新曲「MUSIC」MV解禁&対バンツアーの日程が明らかに!
Thu, 30 Nov 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ポタリが1月17日にリリースする2ndアルバム『ポタリの2』のリード曲「MUSIC」のMUSIC VIDEOを公開した。「MUSIC」はポタリらしい爽やかで弾けるようなポップなメロディで思わず駆け出したくなるような楽曲で、そのMUSIC VIDEOは楽曲のテンションそのままに今までのポタリには無い楽しく見続けられる作品となっている。また、12月1日からは「MUSIC」の先行配信も各配信メディアにて開始される。

そして、MUSIC VIDEOの公開にあわせて、アルバムリリースツアー『"ポタリing Tour 2018 ~走れポタリ!みんなとの友情を証明するっP~"対バン編』のファイナル東名阪ワンマンライブの先行予約の詳細も発表された他、対バンツアーのスケジュールも発表となった。ワンマンライブ前に今までにない新しいセットリストで挑む対バンツアーにて珠玉の新曲がお披露目される予定だ。

■「MUSIC」MUSIC VIDEO


https://youtu.be/T5dzxedPUy4アルバム『ポタリの2』

2018年1月17日発売



TRISE-0025/¥2,500(税込)
<収録曲>
01.MUSIC
02.Scope
03.君とアワー
04.AGFG
05.セツナジェットコースター(Album ver.)
06.ナイショ ナイショ
07.カメレオンガール
08.最終列車
09.ハルノカゼ
10.scratch
11.夏の言い訳
12.走る


『"ポタリing Tour 2018 ~走れポタリ!みんなとの友情を証明するっP~"対バン編』

1月30日(火) 【東京】下北沢SHELTER
1月31日(水) 【千葉】千葉LOOK
2月02日(金) 【奈良】奈良NEVER LAND
2月03日(土) 【静岡】静岡UMBER
2月10日(土) 【愛知】豊橋club.KNOT
2月11日(日) 【福井】福井CHOP
2月12日(月祝) 【岐阜】柳ヶ瀬ants
2月15日(木) 【大阪】心斎橋Pangea
2月16日(金) 【山口】周南RISE
2月17日(土) 【福岡】福岡glaf
2月23日(金) 【静岡】浜松FORCE
2月24日(土) 【群馬】高崎clubFLEEZ
2月25日(日) 【神奈川】横浜BAYSIS
3月01日(木) 【石川】金沢vanvanV4
3月02日(金) 【富山】富山Soul Power
3月09日(金) 【兵庫】神戸太陽と虎
3月10日(土) 【三重】四日市CLUB CHAOS



【関連リンク】
ポタリ、新曲「MUSIC」MV解禁&対バンツアーの日程が明らかに!
ポタリまとめ
androp、COUNTDOWN JAPANのセトリをSNSで募集&新ビジュアルも公開

【関連アーティスト】
ポタリ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, アルバム, ツアー

androp、COUNTDOWN JAPANのセトリをSNSで募集&新ビジュアルも公開
Thu, 30 Nov 2017 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

andropが12月28日(木)に出演する千葉・幕張メッセでのイベント『COUNTDOWN JAPAN 17/18』で披露する楽曲のリクエストをSNSにて募集! リクエストは、これまでに発売した曲やライブで披露したことのない曲、提供した曲などandropにまつわる楽曲であれば何でもOKとのこと。また、リクエストした方から抽選で20名にandrop特製クオカードのプレゼントも! andropは『COUNTDOWN JAPAN 17/18』の12月28日(木)公演のトップバッター12時からGALAXY STAGEに登場するので、リクエストをもとに完成したセットリストを体感しに、ぜひ会場へ足を運んでほしい。詳しくはandropの公式Twitter、公式Instragramをチェック。

さらに、2018年1月10日にリリースされるシングル「Joker」とライブDVD&Blu-ray『one-man live 2017 at 日比谷野外大音楽堂』のジャケット、新ビジュアルも解禁された。また、1月12日より公開の映画『伊藤くん A to E』のシーンによって構成された、主題歌「Joker」のスペシャルムービーも公開! 「Joker」は発売よりひと足早い12月20日より先行配信がスタートするのでお楽しみに。

■androp 公式Twitter
https://twitter.com/androp_official
■androp 公式Instragram
https://www.instagram.com/androp_official/

■【セットリスト公募キャンペーン】

リクエストをもとに当日のセットリストを決定いたします。また、リクエストいただいた方から抽選で20名にandrop特製クオカードをプレゼント。

・Twitter
リクエストする曲名をご記入の上、ハッシュタグ「#andropCDJ1718」を付けてツイート
※当選者へはダイレクトメッセージにてご連絡させていただきます。
※あらかじめダイレクトメッセージを受け取れるよう設定をお願いいたします。
(設定方法:プライバシーとセキュリティ>ダイレクトメッセージ>すべてのアカウントからメッセージを受け取る)

・Instagram
andropロゴの映った写真(何でもOK)を使用してリクエストする曲名をご記入の上、ハッシュタグ「#andropCDJ1718」を付けて投稿
※当選者へはInstagramダイレクトにてご連絡させていただきます。

■androp「Joker」 special movie (映画「伊藤くん A to E」 ver.)


https://www.youtube.com/watch?v=kHEAvNyXThk『rockin\'on presents COUNTDOWN JAPAN 17/18』

12月28日(木)・29日(金)・30日(土)・31日(日)
幕張メッセ国際展示場1〜11ホール、イベントホール
※andropの出演は12月28日(木)12:00〜GALAXY STAGEとなります。

■公式サイト
http://countdownjapan.jp/

シングル「Joker」

2018年1月10日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7365/¥2,484(税込)
【通常盤】(CD)
UPCH-5926/¥1,296(税込)
<収録曲>
■CD
1.Joker ※12月20日先行配信開始
2. Ao
ほか収録予定
■DVD ※初回限定盤のみ
収録内容未定

DVD&Blu-ray『one-man live 2017 at 日比谷野外大音楽堂』

2018年1月10日発売



【DVD】
UPBH-1456/¥5,184(税込)



【Blu-ray】
UPXH-1063/¥6,264(税込)



【関連リンク】
androp、COUNTDOWN JAPANのセトリをSNSで募集&新ビジュアルも公開
andropまとめ
HYDE初のクリスマスコンサートをライヴビューイング!

【関連アーティスト】
androp
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, DVD, Blu-ray, シングル

HYDE初のクリスマスコンサートをライヴビューイング!
Thu, 30 Nov 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

HYDEが12月23日(土・祝)に千葉・幕張メッセ国際展示場4・5・6ホールにて開催するクリスマスライヴ『HYDE Christmas Concert 2017 -?ミサ TOKYO-』が、全国の映画館でライヴビューイングを実施することが決定した。

毎年、HYDEのファンクラブライヴとして冬の北海道・富良野市で開催される『?ミサ』。クリスマスのスペシャルライヴとして、今年は都心で開催されるわけだが、12月23日&24日のライヴのうち23日の公演を全国の映画館へ生中継でお届けすることになった。幕張のライヴは富良野より大規模な形となり、これまでとは違う雰囲気の『?ミサ』が披露されるのでお楽しみに。HYDE初のクリスマスコンサートということもあり、すでに公演チケットは入手困難となっているため、貴重なライヴになることは間違いなし! ぜひ映画館でも体感してほしい。

また、本公演ではダブルカルテット、コーラス、ギター、ベース、ドラム、パーカッション、ピアノ、フルート、クラリネットからなるオーケストラの演奏をバックに、L\'Arc〜en〜Ciel、HYDE、VAMPSと自身のキャリアを網羅した楽曲の数々とカバー曲をオリジナルアレンジでお届けする予定とのこと。また、ゲストギタリストとしてKen(L\'Arc〜en〜Ciel)の出演も決定している。ライヴビューイングのチケット抽選プレオーダー受付は、12月2日(土)正午より開始となるので要チェック!

■『HYDE Christmas Concert 2017 -?ミサ TOKYO - LIVE VIEWING』情報サイト
http://liveviewing.jp/hyde2017

■『HYDE Christmas Concert 2017 -?ミサ TOKYO - LIVE VIEWING』

12月23日(土・祝)17:00〜スタート
会場:全国各地の映画館 
※開場時間は映画館によって異なります。
※大阪府では16歳未満の方で保護者同伴でない場合、終映が19:00を過ぎる上映回にはご入場いただけません。
<チケット>
料金:全席指定¥4,500(税込)
・プレオーダー(抽選)
12月02日(土)12:00〜12月10日(日)23:59
イープラス:http://eplus.jp/hyde2017cc-lv/
・一般発売(先着)
12月16日(土)18:00〜12月22日(金)12:00
イープラス:http://eplus.jp/hyde2017cc-lv/ 
または、全国のファミリーマート店内のFamiポートにて受付
※一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。



【関連リンク】
HYDE初のクリスマスコンサートをライヴビューイング!
HYDEまとめ
L\'Arc〜en〜Cielまとめ
VAMPSまとめ
Rei、二部作後編『FLY』発売&全国6カ所ツアー決定

【関連アーティスト】
HYDE, L\'Arc〜en〜Ciel, VAMPS
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース

Rei、二部作後編『FLY』発売&全国6カ所ツアー決定
Thu, 30 Nov 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Reiが、新作『FLY』をリリースすることが明らかになった。前作『CRY』と対になる新作『FLY』は4曲の新曲を収録したCDとMUSIC FILMを収めたDVDによるCD+DVDの仕様になる。

また、12月から1月にかけて、東京、大阪、名古屋で行われ大盛況に終わった『CRY』ツアーに続き、自身初のソロ・アコースティックツアー『Mahogany Girl』を、そして『FLY』リリース後には3月16日より、名古屋、大阪、東京、札幌、仙台、福岡にて全国6箇所のリリース・ツアー『FLYING R TOUR 2018』が開催される予定だ。尚、アコースティックツアーでは『FLY』(CD+DVD)のカセットテープ付限定盤(完全予約生産)の予約が行われる。

■【Rei コメント】

TAKE OFF.
涙を燃料に、エンジンふかして空へ飛び立つ。
くじけて、もがいた私たちだけに授けられた特別な翼。
ライト兄弟のように、渡り鳥のように。
前作〈CRY〉に続く、新作〈FLY〉は
幾多の試練を乗り越え、羽ばたくまでのストーリーを描いた
二部作の後編です。

CD+DVD『FLY』

2018年2月21日発売



DDCB-12404/¥1,852+税

【ライブ情報】

『Rei Acoustic Tour Mahogany Girl』
12月03日(日) 富山・Dobu6 【SOLDOUT】
12月16日(土) 愛知・名古屋 K.Dハポン -空き地- 【SOLDOUT】
12月17日(日) 兵庫・神戸 煉瓦倉庫k-wave 【SOLDOUT】
12月23日(土) 福岡・LIV LAVO【SOLDOUT】
<2018年>
1月14日(日) 東京・自由学園明日館 講堂
1月14日(日) 東京・自由学園明日館 講堂【SOLDOUT】
1月20日(土) 宮城・仙台 forsta【SOLDOUT】
1月21日(日) 北海道・PROVO【SOLDOUT】
1月26日(金) 静岡・浜松 PUBLIC CAFE BAR PARK/ING【SOLDOUT】
1月27日(土) 京都・紫明会館

『FLYING R TOUR 2018 』
3月16日(金) 愛知・名古屋JAMMIN\'
3月17日(土) 大阪・Music Club JANUS
3月29日(木) 東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO
4月06日(金) 北海道・札幌BESSIE HALL
4月08日(日) 宮城・仙台 LIVE HOUSE enn 2nd  
4月13日(金) 福岡・INSA



【関連リンク】
Rei、二部作後編『FLY』発売&全国6カ所ツアー決定
Reiまとめ
THE PINBALLS、新曲がTVアニメ「伊藤潤二『コレクション』」OPテーマに!

【関連アーティスト】
Rei
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, DVD, 発表, リリース, 発売

THE PINBALLS、新曲がTVアニメ「伊藤潤二『コレクション』」OPテーマに!
Thu, 30 Nov 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE PINBALLSが12月6日にリリースするミニアルバム『NUMBER SEVEN』に収録の新曲「七転八倒のブルース」が、1月7日(日)22時よりTOKYO MXにて放送開始となるTVアニメ「伊藤潤二『コレクション』」のオープニングテーマに決定! 同時にアニメのプロモーションビデオも解禁となった。

THEPINBALLSはSUMMER SONICを始めとする数々の大型フェスやイベントに出演するほか、アニメ『ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン』への楽曲提供も行なっている4人組ロックバンド。ミニアルバム『NUMBER SEVEN』のトレーラーも公開中なので、ぜひチェックしてほしい。

■TVアニメ「伊藤潤二『コレクション』」プロモーションビデオ


https://youtu.be/UMNcx1Z2BPo■ミニアルバム『NUMBER SEVEN』 トレーラー


https://www.youtube.com/watch?v=zRVQwVRYa_Mミニアルバム『NUMBER SEVEN』

2017年12月6日(水)発売



<収録曲>
1.蝙蝠と聖レオンハルト(テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』12月度エンディングテーマ) 
2.七転八倒のブルース(TVアニメ「伊藤潤二『コレクション』」オープニングテーマ)
3 .that girl
4.ひとりぼっちのジョージ
5.神は天にいまし
6.重さのない虹
7.ワンダーソング


TVアニメ「伊藤潤二『コレクション』」

2018年1月7日(日)よりTOKYO MXにて毎週日曜日22時〜放送
2018年1月5日(金)よりWOWOWにて毎週金曜日22時30分〜放送

■伊藤潤二『コレクション』 公式サイト
http://www.itojunji-anime.com/



【関連リンク】
THE PINBALLS、新曲がTVアニメ「伊藤潤二『コレクション』」OPテーマに!
THE PINBALLSまとめ
Aqua Timez、2018年幕開けにライブBlu-ray&DVD、CDを同時発売

【関連アーティスト】
THE PINBALLS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 新曲, ミニアルバム, アニメ, オープニング

Aqua Timez、2018年幕開けにライブBlu-ray&DVD、CDを同時発売
Thu, 30 Nov 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Aqua Timezが2017年2月から8月に開催した『アスナロウ TOUR 2017』より、パシフィコ横浜で行なわれたツアーファイナルの圧巻のライヴパフォーマンスとドラマチックな演出に彩られたステージを収録したBlu-ray & DVD、さらに全曲をノーカット収録したAqua Timez史上初となるライヴCDを同時リリースすることが発表された。しかも、合計100分を超える2枚組のライヴCDには、ライヴ写真満載のオールカラーフォトブックレットが付属する。

半年に渡るツアーを経て熟成した“アスナロウ"の魅力がたっぷり詰まったライヴ映像とライヴCDをどちらもお見逃しなく!

Blu-ray『Aqua Timez アスナロウ TOUR 2017 FINAL "narrow narrow"』

2018年1月31日(水)発売



【Blu-ray】 
ESXL-134/¥6,800+税
【DVD】 
ESBL-2505/¥5,700+税
<収録曲>
・Overture
・アスナロウ
・最後までII
・Fly Fish
・等身大のラブソング
・つぼみ
・メメント・モリ
・生きて
・サンデーパーク
・空想楽
・世界で一番小さな海よ
・Pascal
・冬空
・12月のひまわり
・千の夜をこえて -アスナロウ TOUR ver.-
・ソリに乗って
・虹
・ナポリ
・三日月シャーベット
・魔法を使い果たして
・決意の朝に
・別れの詩 -still connected-

【CD】
ESCL-4967〜4968/¥3,500+税 
※ 2枚組
※オールカラーフォトブックレット付
<収録曲>
■Disc 1
01.Overture
02.アスナロウ
03.最後までII
04.Fly Fish
05.等身大のラブソング
06.つぼみ
07.メメント・モリ
08.生きて
09.サンデーパーク
10.空想楽
11.世界で一番小さな海よ
12.Pascal
13.冬空
14.12月のひまわり       
■Disc 2
01.千の夜をこえて -アスナロウ TOUR ver.-
02.ソリに乗って
03.虹
04.ナポリ
05.三日月シャーベット
06.魔法を使い果たして
07.決意の朝に
08.別れの詩 -still connected-



【関連リンク】
Aqua Timez、2018年幕開けにライブBlu-ray&DVD、CDを同時発売
Aqua Timezまとめ
中孝介、中国映画の主題歌となった新曲「One」のティザー映像を公開

【関連アーティスト】
Aqua Timez
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売

中孝介、中国映画の主題歌となった新曲「One」のティザー映像を公開
Thu, 30 Nov 2017 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

中国の動画再生サイト“youku(読み:ヨウクー)”などで再生回数約2,000万回を記録し、中国恋愛映画『小情書(ラブレター)』の主題歌となっていた楽曲「One」の日本語ver.が、11月29日より配信スタート! このリリースに併せてティザー映像も公開された。

「One」は、5月に中国で公開された映画『小情書(ラブレター)』の為に書き下ろされた楽曲で、映画は中国を舞台にした現地高校生男女の恋心が、友人関係や家庭環境によってすれ違いながらもお互いが大人へと成長していく過程を描いており、その彼らの心情を中孝介の歌声で甘く切なく表現した珠玉のバラードだ。なお、本映画では、中国語での歌唱となっているとのこと。2006年のデビュー以来、シマ唄独特のこぶしとファルセットを取り入れた歌声は“楽器のような声”と絶賛され中華圏で人気を集める。その後、台湾映画へ出演するなど中華圏での知名度は圧倒的で、発売したアルバムはチャート1位を記録し、2014年からは4年連続でツアーも行なっている。

中孝介は12月10日に東京国際フォーラムホールCにて『中孝介コンサート-フユウンメ2017-』を開催。コンサートのタイトルにある“フユウンメ”とは奄美の方言で“冬の折り目”という意味で、1年の豊作に感謝をすることをいう。中孝介曰く「1年を通し、各会場に足を運んでくれる皆さんや、拍手や温かい声援が僕にとっての豊作と思っています」とのこと。そんな感謝の思いを込め、フユウンメコンサートでは「花」「サンサーラ」はもちろん、新曲「One」を初披露する。

■「One」日本語Ver. ティザー映像


https://youtu.be/xp0Nr_tdBrg配信楽曲「One」

2017年11月29日配信開始



・配信URL
https://erj.lnk.to/0XdjAWN

『中孝介コンサート -フユウンメ2017-』

12月10日(日) 東京国際フォーラム・ホールC
開場14:45 開演15:30



【関連リンク】
中孝介、中国映画の主題歌となった新曲「One」のティザー映像を公開
中孝介まとめ
Sonar Pocket、ヴィーナスフォートに「涙雪」を降らす

【関連アーティスト】
中孝介
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シンガーソング・ライター, 新曲, 主題歌, 映画, 音楽配信

Sonar Pocket、ヴィーナスフォートに「涙雪」を降らす
Thu, 30 Nov 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Sonar Pocketが、11月29日(水)にヴィーナスフォート「SNOW WISH 2017」で行なわれた降雪式に特別ゲストとして登場した。Sonar Pocketとしては、初の降雪式。3人で行なった降雪カウントダウンでは、ファンも共にカウントダウンする場面もあり、降雪式の後にko-daiは「とても幻想的な雰囲気でした。初雪ですね!」とコメントした。

終盤に行なわれた「涙雪」の歌唱では、詞の世界とリンクするように再び雪が舞い降り、集まったファンだけではなくヴィーナスフォートを行き交う人々までを巻き込んで「涙雪」の世界感を肌で感じるような演出に。ステンドグラスと雪の結晶がモチーフのプロジェクションマッピングと、吹き抜け天井から舞い散る雪と共に切ない歌声が響き渡り、一足早いクリスマスを感じるイベントとなった。

さらに、場所を教会広場に移してリリース記念ミニライブも開催。同日にリリースされたシングル「涙雪」を手に持ったファンの姿も多く見受けられ、ミニライブでは「キミ記念日」「涙雪」「365日のラブストーリー。」を披露した。また、Sonar Pocketは12月1日(金)より大阪、東京、愛知にて『ウィンタープレミアムライブ&トーク〜君の○○を探している〜』を開催予定なので、こちらも要チェック!

photo by Steve Gaudin

シングル「涙雪」

2017年11月27日発売 



【通常盤】(CD)
WPCL-12812/¥1111+税
【初回限定盤A】(CD+DVD)
WPZL-31395/¥1,296+税
【初回限定盤B(CD+DVD)】
WPZL-31397/¥1,296+税
<収録曲>
■CD
01. 涙雪
02. Reload
03. 涙雪(Instrumental)
04. Reload(Instrumental)
■DVD ※初回限定盤A
01. 涙雪(Music Video&Off Shot Movie)
■DVD ※初回限定盤B
01.Reload(Music Video+Off Shot Movie)

『ウィンタープレミアムライブ&トーク〜君の○○を探している〜』

12月01日(金) 大阪・あべのキューズモール 3Fスカイコート
18:00〜START
12月02日(土) 東京・アーバンドッグ ららぽーと豊洲 シーサイドデッキメインステージ
13:00〜START
12月03日(日) 愛知・アスナル金山 明日なる!広場
13:00〜START



【関連リンク】
Sonar Pocket、ヴィーナスフォートに「涙雪」を降らす
Sonar Pocketまとめ
原田知世、デビュー35周年記念ツアー千秋楽公演でサプライズ

【関連アーティスト】
Sonar Pocket
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シングル

原田知世、デビュー35周年記念ツアー千秋楽公演でサプライズ
Thu, 30 Nov 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

原田知世が京都・山形・福岡・広島の計5公演からなる『原田知世 35周年アニハ?ーサリー・ツアー “音楽と私“ 2017』の千秋楽公演を、11月28日(火)にBunkamuraオーチャードホールにて開催した。

今年7月にリリースしたキャリア初のセルフ・カヴァー・アルバム『音楽と私』がロング・ヒット中の原田知世。この日の2,000枚のチケットは発売と同時にソールドアウト。厳かなピアノの調べが流れる場内は、開演前から静かな熱気に包まれていた。

定刻から5分を過ぎたころ、場内が暗転し、おもむろにステージの紗幕に映像が映しだされた。それは1983年公開の原田の初主演映画であり、現在も熱狂的なファンを持つ映画『時をかける少女』の冒頭のシーンだった。

まだ幼さも残る原田の姿にオーディエンスの視線がそそがれる中、映像が終わり紗幕が上がり始めると同時にバンドが『音楽と私』に収録された最新ヴァージョンの「時をかける少女」を演奏。そしてステージ中央に白いドレスを身にまとった原田知世の姿が現れると、観客から大きな拍手が起こった。それはまるで、映画からタイムスリップして現れたような錯覚を与える、絶妙な演出だった。

「時をかける少女」に続けて、「うたかたの恋」「ロマンス」「愛のロケット」など洋楽カヴァー・アルバム『恋愛小説』からの2曲に続けて、『音楽と私』から3曲を披露。MCでは、「今年は、応援してくださってるファンのみなさんにたくさんお返しをできたらと思いながら過ごしてきました。初のセルフ・カヴァー・アルバム『音楽と私』のレコーディングから始まって、プロモーションでは歌番組にもいろいろ出演させていただきました。実は、スタッフの方達が、35周年を迎えるにあたり一番先に準備をしたのが、このオーチャードホールの会場予約でした。とても素晴らしいホールなので、35周年をやるならここで、と。そして日程も、誕生日である11月28日にしましょうとなりました。あれはたしか2年前のこと。ようやくこの日が迎えられて、とても嬉しい気持でいっぱいです」と語った。

第2部は再び懐かしい映画『時をかける少女』公開時の舞台挨拶の模様からスタート。光沢のある緑のドレスに着替た原田はギターのみをバックにデビューから2枚目のシングル「ときめきのアクシデント」を歌い始める。第1部と同様、過去と現在の原田知世がリンクする、まさに“時をかけた"演出だった。

続けて、映画撮影時に訪れたニューカレドニア島で出会った美しい風景の思い出を語り、その映画主題歌「天国にいちばん近い島」を、アルバム同様ピアノを中心にしつつも、後半でストリングスやリズムが加わる特別アレンジで披露。聴き手にそっと寄り添う情感をたたえた歌声で、本公演のハイライトと呼べる感動的なパフォーマンスだった。

コンサートの終盤には、『恋愛小説2〜若葉の頃』収録のキャンディーズ「年下の男の子」を、振り付きで披露したり、アイルランド音楽グループのtricolorを迎えて「空と糸 -talking on air-」を歌ったりと、趣向を凝らした内容で場内は大いに盛り上がった。そして本編ラストは、原田のギター弾き語りから始まる「くちなしの丘」。『音楽と私』のレコーディングにあたって練習したというギターは、自身の歌声さながらの柔らかな音を響かせて会場を包み込んだ。

アンコールは、アルバム『noon moon』から「Double Rainbow」。その後原田のMCを受けて次の「September」を演奏するかと思いきや、バンドは「ハッピー・バースデー」を演奏。会場全体もこの日誕生日を迎えた原田を大歓声で祝福した。

続けて、バックスクリーンにはデビュー時の原田の恩人である映画監督の大林宣彦と角川春樹からのメッセージ映像が流れた。そのあとメンバー全員から花束をプレゼントされた原田は「歳を重ねるということは、若いときの一瞬のきらめきみたいなものはもちろん無くなっていきますけれども、昔持っていなかったものを今はたくさん持っているような気がして、去年よりやっぱり今年の方が幸せですし、これからも歳を重ねることを楽しみながら前に進んで行きたいと思っています。どうぞ皆さんこれからも一緒に歩んできください」と語った。

「September」を歌い終わってメンバーとステージを去った後も、観客の拍手は鳴り止まない。すると、原田と伊藤ゴローが登場。スクリーンに映画『時をかける少女』のタイトルバックが流れると、同曲をボサノヴァ・ヴァージョンで再び披露し、ステージを締めくくった。心にしみるパフォーマンスに、客席からは惜しみない拍手が送られた。

原田知世らしさあふれる、心温まるこの日のコンサートの模様は、来年2月にWOWOWで放送されることが決定している。

【セットリスト】
01. 時をかける少女 *
02. ドント・ノー・ホワイ Don\'t Know Why
03. 夢の人 I\'ve Just Seen a Face
04. うたかたの恋 *
05. ロマンス *
06. 愛のロケット *
〜休憩〜
07. ときめきのアクシデント *
08. 天国にいちばん近い島 *
09. ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ *
10. 地下鉄のザジ (Zazie dans le metro) *
11. 年下の男の子
12. 空と糸 -talking on air- *
13. くちなしの丘 *
Encore
14. Double Rainbow
15. September
16. 時をかける少女
*印…『音楽と私』収録曲

(c)和田直美

【オンエア情報】

WOWOWにて2018年2月に放送決定
http://www.wowow.co.jp/music/tomoyo/

アルバム『音楽と私』

発売中



【初回限定盤】(SHM-CD+DVD)
UCCJ-9213/¥3,888(税込)
<収録曲>
■CD
1. 時をかける少女
2. ロマンス
3. 地下鉄のザジ (Zazie dans le m?tro)
4. ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ
5. 天国にいちばん近い島
6. ときめきのアクシデント
7. 愛のロケット
8. 空と糸 -talking on air-
9. うたかたの恋
10. くちなしの丘
■DVD
「ロマンス」MV
「時をかける少女」MV



【通常盤】(SHM-CD)
UCCJ-2141/¥3,240(税込)
<収録曲>
1. 時をかける少女
2. ロマンス
3. 地下鉄のザジ (Zazie dans le m?tro)
4. ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ
5. 天国にいちばん近い島
6. ときめきのアクシデント
7. 愛のロケット
8. 空と糸 -talking on air-
9. うたかたの恋
10. くちなしの丘
11. 雨のプラネタリウム



【12インチ・アナログ】
UCJJ-9007/¥3,888 (税込)
※初回プレス完全限定生産
<収録曲>
■SIDE-A
01. 時をかける少女
02. ロマンス
03. 地下鉄のザジ (Zazie dans le m?tro)
04. ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ
05. 天国にいちばん近い島
■SIDE-B
01. ときめきのアクシデント
02. 愛のロケット
03. 空と糸-talkingonair-
04. うたかたの恋
05. くちなしの丘

アルバム『私の音楽 2007-2016』

発売中



【SHM-CD】
UCCJ-2145/¥3,240(税込)



【関連リンク】
原田知世、デビュー35周年記念ツアー千秋楽公演でサプライズ
原田知世まとめ
ポーター・ロビンソン新プロジェクト“ヴァーチャル・セルフ”がファーストEPを配信リリース

【関連アーティスト】
原田知世
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ツアー, ワンマン, ライブレポ, レポート

ポーター・ロビンソン新プロジェクト“ヴァーチャル・セルフ”がファーストEPを配信リリース
Thu, 30 Nov 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ポーター・ロビンソンが新たな音楽プロジェクト“ヴァーチャル・セルフ”名義で、ファーストEP『ヴァーチャル・セルフ』を配信限定リリースした。ヴァーチャル・セルフの始動は10月に突如発表され、先行して「イオン・ブレイク」「ゴースト・ヴォイセズ」の2曲をリリースしてから動向が注目されていた中でのEPリリースとなる。

新たに開設されたツイッター・アカウントからは暗号めいた投稿がされるなど、全容は未だ謎に包まれているが、ポーター自身のルーツとも言える2000年代のトランスやハードコアからの強い影響がうかがえるサウンドが注目を集めている。アートワークも同時期のものからインスパイアされた、ノスタルジックかつフレッシュなもので、ポーター・ロビンソン名義で発表してきた楽曲とは異なる世界観とサウンドが、早くもファンの間では話題になっている。

日本のビデオ・ゲーム音楽から大きな影響を受け、音楽を始めたというポーターは、大の親日家としても知られ、これまでに『ソニックマニア』や『ULTRA JAPAN 2017』への出演も含め幾度も来日を果たしている。2016年には、盟友のフランス出身若き鬼才=マデオンとのコラボレーション楽曲「シェルター」を発表。A-1 Picturesが制作した全編書き下ろしアニメーションによるミュージック・ビデオが大きな話題を呼び、2017年2月に行った一夜限りのジョイント来日公演も大盛況だったことが記憶に新しい。

12月8日(金)には、ニューヨーク/ブルックリンで、『ヴァーチャル・セルフ』名義で初のイベントが開催されることも決定している。これまでも何度もその壮大かつ緻密な世界観でファンを驚かせているポーターだが、新プロジェクトでの初パフォーマンスがどんなものになるのか、今後の動向から目が離せない。

■「イオン・ブレイク」MV


https://www.youtube.com/watch?v=e7QeR0VxnlAEP『ヴァーチャル・セルフ』

配信中



https://itunes.apple.com/jp/album/id1308774216?at=10lpgB&ct=4547366339734_al&app=itunes



【関連リンク】
ポーター・ロビンソン新プロジェクト“ヴァーチャル・セルフ”がファーストEPを配信リリース
VIRTUAL SELFまとめ
Porter Robinsonまとめ
BiSH、ゲリラライブに大型リムジンで登場

【関連アーティスト】
VIRTUAL SELF, Porter Robinson
【ジャンル】
洋楽, ニュース, EP, 配信

BiSH、ゲリラライブに大型リムジンで登場
Thu, 30 Nov 2017 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月29日にアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』をリリースしたBiSHが、アルバム発売日に六本木ヒルズアリーナにてゲリラライブ『THE けやき GUERRiLLA BiSH』を開催! 同ライブは当日急遽発表されたにも関わらず会場には2,000人の清掃員(BiSHファンの名称)が駆けつけ、熱気に包まれた。SP3名に先導され、大型ハマーリムジンを乗り付けてBiSHが登場。会場の真ん中に敷かれたレッドカーペットを歩き、ステージに上がるとアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』の収録曲を中心にエモーショナルなライブを披露した。ライブ終了後は、見守るファンに手を振りながら再びリムジンに乗り込んで会場を後にした。

今作『THE GUERRiLLA BiSH』は、発売前に11月4日、5日の二日間限定で全国のタワーレコードにて299円という価格でゲリラ先行販売、6日にはiTunes Storeで1日限定で300円で先行配信し、オリコンデイリーチャート・iTunes総合アルバムチャートともに1位を獲得している。大阪道頓堀では海賊船でゲリラライブを行ない、12月1日のテレビ朝日系「ミュージックステーション」への出演も決定するなど、勢いが止まらないBiSHに要注目だ。

【セットリスト】
1.My landscape
2.SMACK baby SMACK
3.プロミスザスター
4.FOR HiM
5.GiANT KiLLERS
6.BiSH-星が瞬く夜に-

アルバム『THE GUERRiLLA BiSH』

2017年11月29日発売



【AL+Blu-ray+PHOTOBOOOK】※初回生産限定盤EPサイズ豪華BOX 仕様
AVCD-93752/B/¥10,000+税
※PHOTOBOOK:LAオフショット満載
【AL+DVD】
AVCD-93753/B/¥5,800+税
【AL】
AVCD-93754/¥3,000+税
<収録曲>
■AL※3形態共通
01 My landscape
02 SHARR
03 GiANT KiLLERS
04 SMACK baby SMACK
05 spare of despair
06 プロミスザスター
07 JAM
08 Here? s looking at you, kid.
09 ろっくんろおるのかみさま
10 BODiES
11 ALLS
12 パール
13 FOR HiM
■Blu-ray ※AVCD-93752/B
2017.06.28 YOYOGi GiANT KiLLERS
2017.08.23 TOKYO BiSH SHiNE 3
-Music Video-
プロミスザスター
GiANT KiLLERS
Nothing.
My landscape
-Making Movie-
LAでの撮影のMaking映像
■DVD ※AVCD-93753/B
2017.06.28 YOYOGi GiANT KiLLERS
2017.08.23 TOKYO BiSH SHiNE 3



【関連リンク】
BiSH、ゲリラライブに大型リムジンで登場
BiSHまとめ
LUNA SEA、アルバム『LUV』より「Hold You Down」のMV公開

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, アルバム, パンク

LUNA SEA、アルバム『LUV』より「Hold You Down」のMV公開
Thu, 30 Nov 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LUNA SEAが12月20日(水)にリリースするアルバム『LUV』から、新曲「Hold You Down」のMVを公開した。本作は2000年の終幕と共に発表されたシングル「LOVE SONG」以来、約17年振りに丹修一を映像監督に迎えて制作。シンプルに人物を撮りたいという監督のイメージのもと、メンバー5人がスタジオで顔を向き合わせながらクールな佇まいで淡々と演奏していくシーンで全編が構成されている。原曲者のINORANが「今のLUNA SEAの、立つ様、演奏する様がすごくよく出ている作品。本当にみんなオンリーワンですから。」と語るように、シンプルゆえに際立つそれぞれの存在感が、現在のLUNA SEAを象徴しているような作品となった。

さらにMV公開に伴って「Hold You Down」のラジオON AIR解禁も決定! 12月1日(金)25:00から放送のTOKYO FM/38 STATIONS「やまだひさしのラジアンリミテッドF」にて全国初ON AIRされる。楽曲解禁に先立って『LUV』特設サイトにて公開中の「Hold You Down」をテーマにした各メンバーインタビューを読み返すと、あらためて楽曲に対する想いや魅力を感じられるだろう。

また、アルバムリリースを記念してレコチョク(WIZY)協力のもと、特製キャリーバッグ製作プロジェクトを始動。SLAVEをはじめとするファンたちに2018年1月より始まる全国ツアーをより楽しんでもらえるように、また、来たる30周年に向かってLUNA SEAと共に旅をしていこうという一体感をイメージしてオリジナルキャリーバッグの製作販売が決定した。デザインはメンバー監修のもと表面はお馴染みの月ロゴが凹凸感のあるエンボス加工で浮き上がり、内生地はLUNA SEAロゴを全面に展開。500個限定販売の貴重アイテムなので、こちらもWIZYプロジェクトサイトにて要チェック!

ジャケット、MV、リード曲解禁とアルバム『LUV』の全貌が少しずつ明らかになってきたが、今後も『LUV』特設サイトにて次々と情報公開されていくとのことなので、特設サイトをこまめにチェックしてほしい。

■アルバム『LUV』特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/lunasea/luv/

■「Hold You Down」MV


https://youtu.be/d55kiwK4Y4A■『LUNA SEA×レコチョク 特製キャリーバッグ製作プロジェクト』

・プロジェクト期間
2017年11月29日(水)18:00〜2018年1月21日(日)23:59
・アイテム
LUNA SEAオリジナル特製キャリーバッグ(限定500個)
・仕様
表面/月ロゴを使用した凹凸感のあるエンボス加工、内生地/LUNA SEAロゴを全面に展開
・価格
本体価格¥19,800+税+送料

■WIZYプロジェクトサイト
https://wizy.jp/project/64/

アルバム『LUV』

2017年12月20日発売



【さいたまスーパーアリーナ会場限定盤】(2CD)
PROJ-1017〜8/¥4,630+税
※12月23, 24日開催のさいたまスーパーアリーナ公演会場にて各日5,000枚限定販売
※スペシャルトールケース仕様
※LIVE CD:2016年12月23, 24日 さいたまスーパーアリーナ公演よりセレクトされた全12曲収録
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7373/¥3,980+税
※スペシャルスリーブケース仕様
※DVD:「Limit」MUSIC VIDEO+「Hold You Down」MUSIC VIDEO&メイキング映像
【通常盤】(CD)
UPCH-2144/¥3,000+税

【ライヴ情報】

『LUNA SEA The Holy Night 2017』
12月23日(土・祝) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
12月24日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
<チケット>
前売¥9,500(税込/全席指定)※3歳以上有料
・追加席チケット発売中!
https://kyodotokyo.com/lunasea-holynigth

『LUNA SEA LUV TOUR 2018』
1月27日(土) 千葉・森のホール21
1月28日(日) 千葉・森のホール21
2月03日(土) 神奈川・カルッツかわさき
2月04日(日) 神奈川・カルッツかわさき
2月10日(土) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
2月11日(日) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
2月24日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
2月25日(日) 宮城・仙台サンプラザホール
3月03日(土) 石川・本多の森ホール
3月04日(日) 石川・本多の森ホール
3月10日(土) 茨城・茨城県立県民文化センター
3月11日(日) 茨城・茨城県立県民文化センター
3月17日(土) 広島・上野学園ホール
3月18日(日) 広島・上野学園ホール
3月24日(土) 大阪・フェスティバルホール
3月25日(日) 大阪・フェスティバルホール
3月31日(土) 福岡・福岡サンパレス
4月01日(日) 福岡・福岡サンパレス
<チケット>
12月16日(土)AM10:00より各プレイガイドにてチケット全国一斉発売!
指定席¥9,800(税込)
ファミリーチケット 大人¥9,800(税込)高校生以下¥2,200(税込)



【関連リンク】
LUNA SEA、アルバム『LUV』より「Hold You Down」のMV公開
LUNA SEAまとめ
桑田佳祐、ベストMV集に収録の「悲しい気持ち (JUST A MANIN LOVE)」の新MVが完成

【関連アーティスト】
LUNA SEA
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, キャンペーン

桑田佳祐、ベストMV集に収録の「悲しい気持ち (JUST A MANIN LOVE)」の新MVが完成
Thu, 30 Nov 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

桑田佳祐のソロ30周年を記念して2018年1月3日にリリースされるベスト・ミュージックビデオ集『MVP』。本作に収録予定のソロデビュー曲でありながら、当時ミュージックビデオが制作れていなかった「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」の新ミュージックビデオが完成した。

1987年10月6日にリリースされ、桑田佳祐ソロの代表曲としてライブでの圧倒的な盛り上がりはもちろん、30年間多くの人の人生に寄り添い今なお人気を博している楽曲「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」。今回『MVP』のリリースをきっかけに新たにミュージックビデオが作られ、1988年に開催した作品化されていないソロ初ライブ『真夏の夜の夢-1988大復活祭』や、1994年にリリースされたシングル「月」のジャケット撮影時のメイキング、アルバム『孤独の太陽』のアーティスト写真撮影時のメイキングなど、初だしのものを含む30年分の貴重な映像から、2017年7月に開催された桑田初のBillboard Tokyoでのライブ、8月に出演した『ROCK IN JAPAN FESTIVAL2017』、そして現在進行形で敢行中の全国アリーナ&5大ドームツアー『桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」』で「悲しい気持ち (JUSIT A MAN IN LOVE)」を歌唱している模様の映像まで、桑田佳祐が歩んできた30年のすべてを4分21秒に凝縮したミュージックビデオとなっているとのこと。

ライブで披露されると必ず会場全体で大合唱が起きるこの楽曲は、まさにファンと作り上げてきた1曲であり、今回のミュージックビデオではソロデビュー当時から今日に至るまでのその模様を見て取ることができる。30年間応援してくれた全てのファンがいたからこそ完成したといえる内容だ。映像の中では桑田佳祐からの感謝の想いも込められており、30年分の軌跡と、ファンと共に絶えず進化を続けている桑田佳祐の“現在(いま)”が1つの映像になっている本作は必見だ。

本編30曲に加え、初回限定盤にはKUWATA BANDの楽曲が3曲追加収録されるということでも注目を集めている『MVP』。新たに制作された「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」はWEB上でのアップは予定されていないという。作品を手にとった方への桑田佳祐からのプレゼントとしてぜひ楽しみにしていてほしい。

Blu-ray&DVD『MVP』

2018年1月3日(水)発売



【Blu-ray 初回限定盤】
VIXL-900/¥5,800+税
※初回限定盤はプレミアムパッケージ仕様
【Blu-ray 通常盤】
VIXL-901/¥5,800+税
【DVD 初回限定盤】
VIBL-1400〜1401/¥5,800+税
※初回限定盤はプレミアムパッケージ仕様
【DVD 通常盤】
VIBL-1402〜1403/¥5,800+税
<収録内容>
1.悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE) [1987]  
2.SHE\'S A BIG TEASER [1988] 
3.真夜中のダンディー [1993]
4.月 [1994]
5.祭りのあと [1994]
6.波乗りジョニー [2001]
7.白い恋人達 [2001]
8.東京 [2002]
9.ROCK AND ROLL HERO [2002]
10.素敵な未来を見て欲しい [2002]
11.明日晴れるかな [2007] 
12.風の詩を聴かせて [2007]
13.ダーリン [2007]
14.君にサヨナラを [2009]  
15.本当は怖い愛とロマンス [2010]
16.銀河の星屑 [2011]
17.それ行けベイビー!! [2011]
18.月光の聖者達(ミスター・ムーンライト) [2011]
19.明日へのマーチ  [2011]  
20.Let\'s try again 〜kuwata keisuke ver.〜 [2011]
21.幸せのラストダンス [2012]
22.100万年の幸せ!! [2012]
23.愛しい人へ捧ぐ歌 [2012]
24.Yin Yang(イヤン) [2013]
25.涙をぶっとばせ!! [2013]  
26.ヨシ子さん [2016]
27.君への手紙 [2016]
28.悪戯されて [2016]
29.若い広場 [2017]
30.オアシスと果樹園 [2017]  
■初回限定盤 ボーナストラック
1. BAN BAN BAN / KUWATA BAND
2. スキップ・ビート (SKIPPED BEAT) / KUWATA BAND
3. MERRY X\'MAS IN SUMMER / KUWATA BAND

◎先着予約・購入特典
対象店でご予約・ご購入の方に、先着で“桑田佳祐「MVP」オリジナルクリアファイル”をプレゼント致します。  
※対象店は、オフィシャルHPをご確認下さい。

◎桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」ツアー会場限定特典
ツアー各会場のCD販売コーナーでご予約・ご購入の方に、先着で“ご当地・表彰状入りクリアファイル”をプレゼント致します。各ツアー会場に来ていただいた方のみの限定特典となります。
※各会場の先行販売時間等の詳細は、オフィシャルHPをご覧ください。

『WOWOW present 桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」』

11月30日(木) 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
12月01日(金) 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
12月09日(土) アスティとくしま
12月10日(日) アスティとくしま
12月16日(土) 京セラドーム大阪
12月17日(日) 京セラドーム大阪
12月23日(土・祝) 札幌ドーム
12月30日(土) 横浜アリーナ
12月31日(日) 横浜アリーナ



【関連リンク】
桑田佳祐、ベストMV集に収録の「悲しい気持ち (JUST A MANIN LOVE)」の新MVが完成
桑田佳祐まとめ
サザンオールスターズまとめ

【関連アーティスト】
桑田佳祐, サザンオールスターズ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, DVD, Blu-ray, ツアー













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1