歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年11月27日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
イメチェンあるいは原点回帰!? 自然体が好印象だったアーティスト
Mon, 27 Nov 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年も残すところ、あと1カ月! 間もなく新しい年がやってくるので、そこからまた心機一転、頑張っていきたい所存です。そんな中、素敵にイメチェンしたり、デビュー当時のような力強いアプローチを見せたりと、すでに新しいオーラを纏っているアーティストもちらほら。というわけで、今回は自然体っぷりが好印象だった5曲をセレクトしてみました。

■1.「RESTART」(\'17) /エレファントカシマシ

記念すべき50枚目のシングル曲。デビュー30周年のアニバーサリーに、NHK『紅白歌合戦』へ初出場決定と、話題が絶えないエレカシですが、この「RESTART」のMVでの金箔塗り、断髪シーンにも驚かされました。ここに来て長髪を切り落として、スッキリ短髪になった宮本浩次。なんか、とてもいいなぁと思います。今年リリースした「風と共に」「ベイベー明日は俺の夢」「RESTART」「今を歌え」…どの曲も現在の自分たちを踏まえて、“さらにドーンといくぜ!”と前を向いている感じなんですよね。最高。


https://www.youtube.com/watch?v=VZFt3Vwq_os■2.「羽田ブルース」(\'17) /シシド・カフカ feat.横山剣 with CRAZY KEN BAND

こちらも断髪MVが話題になった、シシド・カフカ(feat.横山剣 with CRAZY KEN BAND)の「羽田ブルース」。デビュー以来のトレードマークだったロングヘアをばっさり切り、大胆イメチェンしたショートカット姿、めっちゃ素敵です。この楽曲の影響なのか、日本テレビ系『しゃべくり007』では昭和歌謡にはまっていることを告白。山口百恵の「プレイバック Part2」を見事に歌い上げました。今年はNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で朝ドラ初出演を果たすなど、新しく変わっていく彼女。引き続き注目しましょう!


https://www.youtube.com/watch?v=GK4AcjYSnPY■3.「CHERRY」(\'17)/RAMMELLS

お次は12月にメジャーデビューを果たす注目の4人組バンド、RAMMELLS(ラメルズ)。洗練されたオシャレな雰囲気のあるアーティストって、最近なんでもかんでも“シティポップ”に括られがちですが、ストレートかつキャッチーなこの「CHERRY」を機に、また新しい側面を感じてもらえるんじゃないかなと思います。1stフルアルバム『Authentic』は随所にそんなフレッシュさが漂う一枚。ちなみに、ヴォーカル&キーボードの黒田秋子も今年ばっさりとショートヘアに! 過去曲「Holiday」のMVを観ればその変化が明らかなので、ぜひ合わせてどうぞ。


https://www.youtube.com/watch?v=q9geNd1TsrY
https://www.youtube.com/watch?v=F5DjYjfNNcE■4.「遥」(\'17)/LACCO TOWER

黒のスーツを着て激情を表現する印象が強かったLACCO TOWERが、2017年は白い衣装を身に纏って新しい魅力を見せてくれました。TVアニメ『ドラゴンボール超』エンディング主題歌に起用された「遥」はそんな次なる扉を開けたことが伝わる珠玉のバラードで、もともと持ち合わせていた叙情的な詞世界や透明感のあるメロディーを全面に出した点、初の外部プロデューサーとして亀田誠治を迎えた点が奏功! 10月にはZepp DiverCity Tokyoでのワンマンライヴも大盛況を収めた彼ら、今後ますます期待できそうです。


https://www.youtube.com/watch?v=ASyi5VzB9DQ■5.「1987→」(\'17)/スピッツ

エレカシ同様、長きにわたって名曲を生み出し続けるスピッツ。彼らも今年はアニバーサリーイヤーで、結成30周年記念ツアーを無事完走しました。そんな中、祝福ムードたっぷりに披露されていたのが「1987→」。草野マサムネ(Vo&Gu)が“活動初期のビートパンクバンドの新曲という想定で作った”と語っている通り、THE BLUE HEARTSを彷彿させるパワフルさがあって、「ロビンソン」「チェリー」といった代表曲のイメージを覆すようでいて自然なアプローチはどこまでも好印象! 古参ファン含め、リスナー全員がワクワクしたナンバーだと思います。


https://www.youtube.com/watch?v=SalC2mBb1QQTEXT:田山雄士



【関連リンク】
イメチェンあるいは原点回帰!? 自然体が好印象だったアーティスト
エレファントカシマシまとめ
シシド・カフカまとめ
横山剣まとめ
RAMMELLSまとめ

【関連アーティスト】
エレファントカシマシ, シシド・カフカ, 横山剣, RAMMELLS, LACCO TOWER, スピッツ, クレイジーケンバンド
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!

CROSS LORD、初全国流通盤のトレーラーを公開
Mon, 27 Nov 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月6日に初の全国流通盤のミニアルバム『CROSS LORD』をインディーズレーベル“TENT HOUSE”よりリリースするCROSS LORDが、同作のトレーラー映像を公開した。

ミニアルバムには前身バンドであるKevin Crow時代から愛されていた楽曲を含む全7曲を収録。キャッチー且つ壮大な楽曲を軸に、誰もが一聴した時に引き込まれる圧倒的な基(もとき)のボーカル、端正なルックスと確かなテクニックでオーディエンスを魅了するギターの尚虎(たかとら)、硬派な雰囲気でありながら動と静が同居したリズムを支えるベースの歩夢(あゆむ)、三位一体となって生み出される作品群は、新人とは思えない破壊力を持って、次世代ロックシーンに突き刺さる勢いだ。今回公開されたトレーラー映像は、彼らを知る第一歩としても最適なのではないだろうか。

今後も関西を中心にライブイベント多数出演予定であり、イベントオファーも殺到しているCROSS LORDは、同じミュージシャンからのコラボレーションオファーも多く、今後は新たな展開も見せてくれそうだ。詳しくは彼らのオフィシャルHPをチェックしてほしい。

■ミニアルバム『CROSS LORD』 トレーラー映像


https://www.youtube.com/watch?v=w43QIiluvx0ミニアルバム『CROSS LORD』

2017年12月6日(水)発売



TCR-075/¥1,500+税
<収録曲>
M-1:Walk across
M-2:Taking Pain
M-3:Merry-Go-Round
M-4:Drawing
M-5:Where Is My Cellphone
M-6:気づけば夢とかくれんぼ
M-7:Your Friend

【ライブ情報】

『メクサムノイ vol.2 』
12月09日(土) 京都mojo
出演者:CROSS LORD 他

『DFT presents「アルティメット ナイト vol.2」』
1月27日(土) 大阪・北堀江hillsパン工場
出演者:CROSS LORD、dps、Purple Stone、CROSS LORD、Re:Answer

『DFT presents「アルティメット ナイト vol.3」 』
2月17日(土) 大阪・北堀江hillsパン工場
出演者:CROSS LORD、Qyoto、dps、?真天地開闢集団?ジグザグ



【関連リンク】
CROSS LORD、初全国流通盤のトレーラーを公開
CROSS LORDまとめ
LOCAL CONNECT、ミニアルバムから「ROAD」MVを公開

【関連アーティスト】
CROSS LORD
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, トレーラー, 発表, リリース, 発売, ミニアルバム

LOCAL CONNECT、ミニアルバムから「ROAD」MVを公開
Mon, 27 Nov 2017 20:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LOCAL CONNECTが12月6日にリリースする3rdミニアルバム『未完成』から「ROAD」のMVを公開した。同曲は振り返りつつもしっかりと人生を進んでいくことを歌った楽曲で、MVではLOCAL CONNECTが大切にする“仲間”“笑顔”“力強さ”が最大限に表現されている。自然な笑顔に溢れ、メンバーの揺るぎない絆と強さが見ている側にも大きな力を与えてくれる仕上がりだ。

また、2018年1月12日の千葉LOOK公演を皮切りに、全国19箇所をまわるリリースツアー『3rd mini album「未完成」リリースツアー』が決定しているので、こちらもチェックを!

■「ROAD」MV


https://www.youtube.com/watch?v=24F7HPYc-04ミニアルバム『未完成』

2017年12月6日発売



【初回限定盤】
QYCL-10018/¥2,000+税抜
※初回限定版アコースティック音源付き
【通常盤】
QYCL-10019/¥1,800+税
<収録曲>
1.ROAD
2.優シイ人
3.呼吸
4.泣いてよ
5.ふたり
6.スターライト
7.想い、願い、歌う

◎特典情報
・店舗別特典
タワーレコード:オリジナルアナザージャケット(特典A)
HMV:スペシャルポストカード(特典B)
・リリースツアー会場引き換え特典
期間中、特典Aもしくは特典Bをツアー会場にお持ち頂くと
オリジナルクリアファイルをプレゼント。

【ライブ情報】

『3rd mini album「未完成」リリースツアー』
1月12日(金) 千葉・LOOK 
w/BARICANG/and more...
1月13日(土) 神奈川・横浜BAYSIS 
w/BARICANG/and more...
1月16日(火) 東京・Shibuya eggman 
w/I-RabBits/and more...
1月18日(木) 宮城・仙台 MACANA 
w/I-RabBits/Saucy Dog/Radicalism/ソライロフ?ランケット/and more...
1月20日(土) 群馬・前橋 DYVER
w/BARICANG/HIP BEAN SPROUT/CHERRY NADE 169/and more...
1月21日(日) 山梨・甲府CONVICTION
w/The Winking Owl/HIP BEAN SPROUT/CHERRY NADE 16/OA:5PEACE
1月28日(日) 岡山・CARAZYMAMA 2ndRoom
w/BURNOUT SYNDROMES/and more...
1月31日(水) 兵庫・神戸太陽と虎
w/CRAWLICK/the whimsical glider/こーと(GMMICK_SCULT)/and more...
2月03日(土) 広島・CAVE-BE
w/Lenny code fiction/彼女 IN THE DISPLAY/Mr.EggPlant
2月04日(日) 福岡・小倉 FUSE
w/Lenny code fiction/ヘ?ロヘ?ロしてやりたいわス?。/Mr.EggPlant/and more...
2月18日(日) 愛知・池下 CLUB UPSET
w/Lenny code fiction/Goodbye holiday/and more...
2月20日(火) 京都・MUSE
w/coming soon…
2月24日(土) 香川・高松DIME
w/アルコサイト/LINE wanna be Anchors/the equal lights/and more...
2月25日(日) 徳島・GRINDHOUSE
w/アルコサイト/LINE wanna be Anchors/the equal lights/and more...
2月27日(火) 大分・club SPOT
w/アイヒ?ーカラー/and more...
2月28日(水) 佐賀・GEILS
w/I-RabBits/アイヒ?ーカラー/and more...
3月02日(金) 福岡・Queblick
w/I-RabBits/アイヒ?ーカラー/theThursday/and more...

『3rd mini album「未完成」リリースツアー ファイナルシリーズ』
3月18日(日) 東京・渋谷 TSUTAYA O-Crest
w/coming soon…
3月31日(土) 大阪・心斎橋 Music Club JANUS
w/coming soon…



【関連リンク】
LOCAL CONNECT、ミニアルバムから「ROAD」MVを公開
LOCAL CONNECTまとめ
SHE\'S、アルバム発売記念プレミアム上映会を新宿ユニカビジョンにて開催

【関連アーティスト】
LOCAL CONNECT
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, ミニアルバム, ツアー

SHE\'S、アルバム発売記念プレミアム上映会を新宿ユニカビジョンにて開催
Mon, 27 Nov 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SHE\'Sが12月6日にリリースするセカンドアルバム『Wandering』の発売を記念して、プレミアム上映会を12月2日(土)に東京にある新宿・ユニカビジョンにて開催することが決定した。

上映会では、3面を使った巨大ビジョンでアルバム『Wandering』の初回限定盤DVDに収録されるツアー『SHE\'S Hall Tour 2017 with Strings〜after awakening〜』の草月ホール公演のライブ映像をフルサイズで初解禁するとのこと。ミュージックビデオもあわせて放映されるので、野外で観るいつもと違った環境での視聴を楽しむことができる。

また、先着で100名様分のヘッドフォンが配布され、ライブ映像を高音質で楽しむこともできる。当日、同イベントに参加すると抽選でSHE\'Sサイン入りグッズ等のプレゼントもあるとのことなので、ぜひ現地に足を運んでほしい。

■【西武新宿駅前ユニカビジョン プレミアム上映会】

12月02日(土) 東京・西武新宿ぺぺ広場
20:00〜20:45(予定)
※時間は、予告なく変更になる場合がございます
<内容>
12月06日(水)リリースの2ndアルバム『Wandering』初回限定盤DVDに収録されるツアー『SHE\'S Hall Tour 2017 with Strings〜after awakening〜』の草月ホール公演のライブ映像とミュージックビデオをフル尺で放映。
<ヘッドフォン貸し出しについて>
当日19:15〜ユニカビジョン前(西武新宿ペペ広場)にて、本プレミアム上映会を高音質サウンドで視聴できるヘッドフォンを先着100名様限定で無料貸し出しいたします。ヘッドフォン視聴イベント参加者から抽選で5名様にサプライズプレゼントも実施。
※当日ヘッドフォン視聴できない方も迫力あるライブ映像を楽しめます。
<Another Trackでの視聴について>
Another Trackは楽曲に隠された、もうひとつの楽曲を再生するアプリです。ユニカビジョンで流れている楽曲を聴かせるとその楽曲の高音質バージョンが聴けます。音楽を愛してやまないみなさんのために別トラック(Another Track)を提供するアプリとなっております。(本プレミアム上映会放映中に「Another Track」をダウンロードしたスマートフォンで聴くことができます。)
<プレゼント企画について>
本プレミアム上映会をご覧の皆様に抽選で“SHE\'S サイン入りオリジナルグッズ”を10名様、“Amazonギフト券 1,000円分”を50名様にプレゼントします。スマートフォンアプリ「VISION α」をダウンロードしたスマートフォンを、本プレミアム上映会開催中のユニカビジョンにかざすと応募画面が表示されます。

■ユニカビジョン オフィシャルサイト
https://www.yunikavision.jp/

アルバム『Wandering』

2017年12月6日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-69125/¥3,500+税
<収録曲>
■CD
01.All My Life
02.Blinking Lights
03.Flare
04.Getting Mad
05.Remember Me
06.White
07.Beautiful Day
08.C.K.C.S.
09.Over You
10.The World Lost You
11.Home
■DVD
・『SHE\'S Hall Tour 2017 with Strings〜after awakening〜』at 草月ホールDIGEST
・Scene Of Recording&Shooting OFF SHOT
・アルバム発売記念!無人島サバイバルBBQ大会!!



【通常盤】(CD)
TYCT-60111/¥2,800+税
<収録曲>
01.All My Life
02.Blinking Lights
03.Flare
04.Getting Mad
05.Remember Me
06.White
07.Beautiful Day
08.C.K.C.S.
09.Over You
10.The World Lost You
11.Home

◎店舗購入特典
初回限定盤、または通常盤のどちらか1点を特典配布店舗でご購入のお客様に
SHE\'Sオリジナル・クリアファイル(A4サイズ)をプレゼント。
※必ず事前にご希望の店舗で特典の有無を確認の上ご予約ください。
※特典配布は数量限定につき、先着順で無くなり次第終了となります。

『SHE\'S Tour 2018 “Wandering"』

■対バン
2月07日(水) 松本ALECX
w./BIGMAMA
2月09日(金) 神奈川F.A.D YOKOHAMA  
w./go!go!vanillas
2月11日(日) 栃木 HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
w./WEAVER
2月14日(水) 滋賀U☆STONE
w./Czecho No Republic
2月15日(木) 神戸VARIT.
w./Czecho No Republic
2月17日(土) 三重 松阪M\'AXA
w./片平里菜
2月19日(月) 京都MUSE 
w./androp
2月21日(水) 浜松 窓枠
w./片平里菜
2月24日(土) 盛岡CLUB CHANGE WAVE
w./TOTALFAT
2月25日(日) 郡山HIP SHOT JAPAN
w./TOTALFAT
■ワンマン
3月02日(金) 福岡 DRUM LOGOS
3月03日(土) 広島 クラブクアトロ
3月09日(金) 岡山 YEBISU YA PRO
3月11日(日) 大阪 なんばHatch
3月17日(土) 金沢 AZ
3月18日(日) 新潟 NEXS
3月21日(水) 札幌 ペニーレーン24
3月23日(金) 仙台 darwin
3月31日(土) 名古屋 ダイアモンドホール
4月01日(日) 東京 EX THEATER ROPPONGI

<チケット>
【大阪・東京公演】
前売1Fスタンディング¥3,500(税込)/2F指定席¥4,000(税込) ※ドリンク代別
【その他の公演】
前売¥3,500(税込) ※ドリンク代別
一般発売:12月2日(土)10:00〜 ※2月公演のみ
・ぴあ http://t.pia.jp/
・e+ http://eplus.jp/
・ローソンチケット http://l-tike.com/ 

■ツアー特設HP
http://she-s.info/shes-tour2018/



【関連リンク】
SHE\'S、アルバム発売記念プレミアム上映会を新宿ユニカビジョンにて開催
SHE\'Sまとめ
グレース・ヴァンダーウォールが渋谷にてミニライブと握手会を開催

【関連アーティスト】
SHE\'S
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, ツアー

グレース・ヴァンダーウォールが渋谷にてミニライブと握手会を開催
Mon, 27 Nov 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

数々のスーパースターを生んだオーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』で優勝した13歳の天才シンガー・ソングライター“グレース・ヴァンダーウォール"が、6月の初来日に続き緊急来日。アルバム購入者を対象に、11月26日(日)にHMV&BOOKS SHIBUYAにて、ミニライブと日本初となる握手会を開催した。

超満員の300名の観客を前に、タートルネックのセーターに、チェックのパンツ、キラキラ猫耳カチューシャを付けて登場したグレース。『ミナサンニアエテ、ウレシイデス!』とキュートな日本語で話し観客を盛り上げると、6月の初来日時にMVを撮影した「ムーンライト」からライブがスタート。トレードマークであるウクレレを掻きならし、歌い上げる姿に観客は早くも引き込まれていた。その後ニューアルバムの楽曲に続き、代表曲である「アイ・ドント・ノウ・マイ・ネーム」を歌いだすとグレースより年下と思われる子供たちが一緒に口ずさむ姿も。現在、全国各地のラジオ局でパワープレイとなっている大ヒット曲「ソー・マッチ・モア・ザン・ディス」ではリズミカルなダンスも披露。ラストでは現在CM楽曲としてもOA中のカヴァー曲「オーバー・ザ・レインボー(虹の彼方に)」を弾き語り、その独特で唯一無二な歌声で、このライブを締めくくった。

ライブ後は握手会を開催。日本初となる握手会イベントは『大きくなったらあなたみたいになりたい』と話す子や、泣き出すファンにはハグをするなど、日本のファンとの暖かい交流と時間となった。握手会終了後は名残惜しい表情を見せながら、最後に『また絶対戻ってくるね!』とファンに語りかけステージを後にした。海外で数々のアワードを受賞し、モデルとしてもデビューするなど、目まぐるしい変化を遂げたこの一年。そんなグレースの激動の一年を締めくくる来日イベントであった。

アルバム『ジャスト・ザ・ビギニング』

発売中



【日本盤】
SICP-5618/¥1,920+税
※歌詞対訳、ライナーノーツ付、ボーナス・トラック4曲収録
※期間生産限定盤のみ、日本盤オリジナルジャケ写、三方背BOX仕様
<収録曲>
1. ムーンライト
2. シック・オブ・ビーイング・トールド
3. バーント
4. ジャスト・ア・クラッシュ
5. ソー・マッチ・モア・ザン・ディス
6. エスケープ・マイ・マインド
7. トーク・グッド
8. フローレッツ
9. インセイン・サムタイムズ
10. ア・ベター・ライフ
11. シティ・ソング
12. ダークネス・キープス・チェイシング・ミー
《日本盤ボーナス・トラック》
13. オーバー・ザ・レインボー(虹の彼方に)※Honda Nシリーズ CMソング
14. アイ・ドント・ノウ・マイ・ネーム
15. ラングス
16. ホープ・フォー・チェンジ



【関連リンク】
グレース・ヴァンダーウォールが渋谷にてミニライブと握手会を開催
Grace VanderWaalまとめ
ゆず、2度目の香港公演がソールドアウト!

【関連アーティスト】
Grace VanderWaal
【ジャンル】
洋楽, ニュース, アルバム, キャンペーン, レポート, 握手会

ゆず、2度目の香港公演がソールドアウト!
Mon, 27 Nov 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゆずが11月29日に香港のMacPherson Stadiumにて開催するライブ『YUZU ASIA TOUR 2017 ?UTAO- Live in Hong Kong』がソールドアウトとなった。2016年に初の香港公演を行ない、チケットは発売開始5分でソールドアウトとなったが、今回は前回の3倍規模の会場での開催にも関わらずまたも完売となり香港での人気ぶりを見せつけた。

本公演は、マドンナ、レディー・ガガ、コールドプレイ、ビヨンセ、ブルーノ・マーズなど、ビッグネームのライブを手掛ける世界最大のコンサート・プロモーター“Live Nation”によるもので、世界を舞台にその活動の場を広げていくゆずに、各国から注目が集まっている。チケットを手に入れられた方は間近に迫った本公演を楽しみにしていてほしい。

■『YUZU ASIA TOUR 2017 ?UTAO- Live in Hong Kong』
11月29日(水) 香港・MacPherson Stadium ※SOLD OUT



【関連リンク】
ゆず、2度目の香港公演がソールドアウト!
ゆずまとめ
LAZYgunsBRISKY、「The Sea」のミュージック・ショートフィルム公開

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シンガーソング・ライター, ユニット, ライブ, チケット

LAZYgunsBRISKY、「The Sea」のミュージック・ショートフィルム公開
Mon, 27 Nov 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ガールズロックバンド・LAZYgunsBRISKY の同名楽曲をモチーフにした、ミュージック・ショートフィルム「The Sea」が公開された。このショートフィルムは、下北沢で行なっていたLAZYgunsBRISKYのライブに足を運んでいた佃尚能監督が「The Sea」を聴き、この楽曲をモチーフに映像作品を作りたいとオファー。話を進めるうちに、この曲はバンドで実際に起こった出来事をもとに作られたメッセージソングであることを知り、ストーリーの着想を得たという。

バンド活動と女性としての生き方の狭間で葛藤する主人公をコンテンポラリーダンスで描いているこのショートフィルム。難航の末にキャスティングしたのは、ダンス力と演技力を兼ね備える若手女優として白羽の矢が立った、山田佳奈実。山田は、映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』で女優デビューし、ドラマ『先に生まれただけの僕』(NTV)で三田ほのか役を演じ話題を呼んでいる。

ロケは、10月1日に神奈川県の三浦半島で行なわれた。夜明け前の暗いうちから現場入りし、足場の悪い岩場で日の出から日没まで一切疲れを見せずに踊り続けた山田佳奈実に、スタッフ一同驚きの色を隠せなかったそうだ。バンドシーンの撮影は、佃監督が「The Sea」に初めて出会った下北沢のライブハウスClub251。現ギターメンバーYukoの指導の下で、山田佳奈実がエレキギターに初挑戦。バンドメンバーと初顔合わせとは思えない、見事な共演ぶりを見せた。

今作は全米最大の音楽と映像の祭典『SXSW2018』にも出品が予定されており、続報にも期待が高まる。

■Music Short Film「The Sea」特設サイト
http://lazy-the-sea.com

■ミュージック・ショートフィルム 「The Sea」


https://www.youtube.com/watch?v=TPLzylFupwc&feature=youtu.be

【関連リンク】
LAZYgunsBRISKY、「The Sea」のミュージック・ショートフィルム公開
LAZYgunsBRISKYまとめ
スピッツ、結成30周年記念ツアー映像作品のトレイラーを公開

【関連アーティスト】
LAZYgunsBRISKY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, MV, 発表

スピッツ、結成30周年記念ツアー映像作品のトレイラーを公開
Mon, 27 Nov 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

スピッツの史上最大動員数を記録した結成30周年記念ツアー『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50"』を収めた映像作品『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR "THIRTY30FIFTY50"』のトレイラー映像が公開となった。2017年8月24日(木)に行なわれた横浜アリーナ公演を収録したこの映像商品は、12月27日にDVDとBlu-rayで発売となる。 話題の新曲「ヘビーメロウ」「歌ウサギ」「1987→」に加え、レア曲「波のり」が初のライヴ映像化となるだけあり、ファンからの期待も高まっている。

また、デラックスエディション-完全数量限定生産盤-は、別日収録の「ハチの針」「恋のうた」を加えたLIVE CD2枚と、スピッツ結成30年の軌跡を振り返ることが出来る貴重な映像DISC、さらに100ページにおよぶ豪華写真集などが付属されるスペシャルな内容となっている。

■DVD&Blu-ray 『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR "THIRTY30FIFTY50"』トレイラー映像


https://www.youtube.com/watch?v=iLKk0xvT08wDVD&Blu-ray『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR "THIRTY30FIFTY50"』

2017年12月27日(水) 発売



■デラックスエディション-完全数量限定生産盤-
【Blu-ray】 (2Blu-ray + 2CD)
UPXH-9024/¥15,000(税込)
【DVD】 (2DVD + 2CD)
UPBH-9548/¥14,000(税込)
<収録曲>
1. 醒めない
2. 8823
3. 涙がキラリ☆
4. ヒバリのこころ
5. ヘビーメロウ 
6. スカーレット
7. 君が思い出になる前に
8. チェリー
9. さらさら
10. 惑星のかけら
11. メモリーズ・カスタム
12. 波のり
13. ロビンソン
14. 猫になりたい
15. 楓
16. 夜を駆ける
17. 夢追い虫
18. 正夢
19. 運命の人
20. 恋する凡人
21. けもの道
22. 俺のすべて
23. 1987→ 
EN1. 歌ウサギ 
EN2. スパイダー
※LIVE CDには、上記25曲に加え、別日収録の「ハチの針」「恋のうた」収録

■通常盤
【Blu-ray】
UPXH-1058/¥7,980(税込)
【DVD】
UPBH-1448 /¥6,980(税込)
<収録曲>
1. 醒めない
2. 8823
3. 涙がキラリ☆
4. ヒバリのこころ
5. ヘビーメロウ 
6. スカーレット
7. 君が思い出になる前に
8. チェリー
9. さらさら
10. 惑星のかけら
11. メモリーズ・カスタム
12. 波のり
13. ロビンソン
14. 猫になりたい
15. 楓
16. 夜を駆ける
17. 夢追い虫
18. 正夢
19. 運命の人
20. 恋する凡人
21. けもの道
22. 俺のすべて
23. 1987→ 
EN1. 歌ウサギ 
EN2. スパイダー

◎ デラックスエディション-完全数量限定生産盤- 特典
(1) 特典映像: SPITZ INSIDE DOCUMENTARY「THE HISTORY 1987→」
(2) LIVE CD 2枚【合計27曲収録】
⇒映像収録楽曲と同じ25曲 + ボーナス・トラック「ハチの針」「恋のうた」(別日収録)
(3) 『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50"』のLIVE写真やオフショットなどを収めた豪華100ページ写真集
(4) 結成当時配布ステッカーの復刻版封入



【関連リンク】
スピッツ、結成30周年記念ツアー映像作品のトレイラーを公開
スピッツまとめ
FLOW主催の対バンツアーにReN、ROTTENGRAFFTY、The BONEZの出演決定!

【関連アーティスト】
スピッツ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, バンド, トレーラー, DVD, Blu-ray, リリース, 発売

FLOW主催の対バンツアーにReN、ROTTENGRAFFTY、The BONEZの出演決定!
Mon, 27 Nov 2017 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

FLOWのデビュー15周年アニバーサリーLIVE第3弾として約3年ぶりに札幌・福岡・大阪・名古屋・東京の5都市6公演にて開催するFLOW主催の対バンツアー『FLOW THE PARTY 2018』の出演者第二弾が発表された。今回追加発表となったのは、ReN、 ROTTENGRAFFTY、The BONEZの3組。すでに発表されているTOTALFAT、KNOCK OUT MONKEY、Xmas Eileenと合わせて、これで全出演者が出揃った。同世代バンドを中心に全国で周年を祝うロックな“FLOW THE PARTY”が繰り広げられそうだ。チケットは、11月26日(日)21:00よりオフィシャルHPにて2次先行がスタートしているので、早めにチケットを入手してほしい。

さらに、FLOW15周年アニバーサリーLIVE第2弾として、2017年12月21日(木)に自身のアニメ関連曲21曲を凝縮した一夜限りのスペシャルライブ『FLOW THE CARNIVAL 2017 〜アニメ縛り〜』を日本青年館で開催する。会場である日本青年館のチケットは、一般発売日に秒殺でソールドアウト。そのライブを全国23館の映画館にて生中継するライブ・ビューイングのチケット一般発売が12月3日よりスタートするので、こちらも併せて注目!

なお、FLOWはGRANRODEO とのコラボユニット“FLOW×GRANRODEO”(フロウグランロデオ)として、2018年1月24日にニューシングル「Howling」のリリースも決定しているので、お楽しみに。

■FLOW 15th Special Site
http://www.flow.mu/cam/15th/index.html#flowtheparty2018

『15th Anniversary Live「FLOW THE PARTY 2018」』

<2018年>
2月03日(土) 北海道・札幌ペニーレーン24
[出演]FLOW/TOTALFAT[O.A有]

2月10日(土) 福岡・福岡DRUM Be-1
[出演]FLOW/KNOCK OUT MONKEY[O.A有]

2月17日(土) 大阪・大阪BIGCAT
[出演]FLOW/Xmas Eileen[O.A有]

2月18日(日) 愛知・名古屋ダイアモンドホール
[出演]FLOW/ReN[O.A有]

2月22日(木) 東京・TSUTAYA O-EAST
[出演]FLOW/ROTTENGRAFFTY[O.A有]

2月23日(金) 東京・TSUTAYA O-EAST
[出演]FLOW/The BONEZ[O.A有]

<チケット>
全公演共通 前売券¥4,800
・オフィシャルHP2次先行(抽選)
受付期間:11月26日(日)21:00〜12月06日(水)23:59
受付URL:https://l-tike.com/st1/ftp-hp2/
※どなたでもエントリーいただけます。
・一般発売日
受付期間:12月23日(土)10:00
<備考>
オールスタンディング
ドリンク代別途¥500(札幌・福岡・名古屋公演)/¥600(大阪・東京公演)必要
未就学児童もご入場頂けますが、ご入場される方全員チケットが必要となります。

ライヴビューイング『FLOW THE CARNIVAL 2017 〜アニメ縛り〜』

12月21日(木) 全国各地の映画館(開場時間は映画館によって異なります)
※オリジナルグッズは本公演の特典と同じものになります。詳細は後日発表致します。

<チケット>
¥3,600(オリジナルグッズ付/全席指定/税込)
※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。
・一般発売(先着)
12月03日(日)12:00〜12月20日(水)12:00
ローソンチケット:http://l-tike.com/flow-anipr
※または全国のローソン、ミニストップの店内端末「Loppi」にて販売
※一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。

■ライブ・ビューイング『FLOW THE CARNIVAL 2017 〜アニメ縛り〜』情報サイト
http://liveviewing.jp/flow/



【関連リンク】
FLOW主催の対バンツアーにReN、ROTTENGRAFFTY、The BONEZの出演決定!
FLOWまとめ
ROTTENGRAFFTY まとめ
The BONEZまとめ
RENまとめ

【関連アーティスト】
FLOW, ROTTENGRAFFTY , The BONEZ, REN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ツアー, チケット

RIZE、武道館公演のゲストにDef Techの出演が決定!
Mon, 27 Nov 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

RIZEが2017年で結成20周年を迎え、12月20日に開催するキャリア初の武道館公演にDef Techのゲスト出演が決定した。Def Techは、RIZEが2003年1月にリリースした8thシングル「VIBRATION〜Introducing Def Tech〜」にてコラボレーション。Def Tech結成のきっかけとなりプライベートでも“兄弟”関係である二組のライブ共演は、2014年に行なわれたRIZEのツアー『LOVEHATE』の東京公演以来とのこと。これまでの互いの作品への参加や“No Music, No Life”のキービジュアルなどを共に展開し、デビュー前から現在まで共に切磋琢磨してきた両者だからこそ生まれるバイブレーションは必見だ。

また、武道館公演ではDef Tech以外にも過去にコラボ楽曲を発表したアーティストがゲスト出演する予定だという。詳細は追って発表されるが、結成20周年のファイナルを飾るにふさわしい豪華なステージが見られるに違いない。チケットは一般発売中で、アリーナスタンディングは完売のため、スタンド指定席のみの販売となるのでお早めにゲットしてほしい。

■『RIZE TOUR 2017 “RIZE IS BACK”』

12月20日(水) 東京・日本武道館
<チケット>
アリーナスタンディング ¥5,400(税込)※sold out
スタンド指定席¥5,400(税込)
※YOUTH割:18歳の以下の方は1,000円キャッシュバック(当日要身分証明書)
※チケット一般発売中

■『RIZE TOUR 2017 “RIZE IS BACK”』特設サイト
http://rize.tokyo/

■「VIBRATION〜introducing Def Tech」MV


https://www.youtube.com/watch?v=2ItgVErXjRM

【関連リンク】
RIZE、武道館公演のゲストにDef Techの出演が決定!
RIZEまとめ
Def Techまとめ
The Floor、2018年2月に1stアルバム『ターミナル』でメジャーデビュー!

【関連アーティスト】
RIZE, Def Tech
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, コラボレーション, コラボ

The Floor、2018年2月に1stアルバム『ターミナル』でメジャーデビュー!
Mon, 27 Nov 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

メジャーデビューを発表したThe Floorが、キャリア初のアルバム『ターミナル』を2018年2月7日にリリースすることがわかった。2017年6月発売のインディー2ndミニアルバム『ウェザー』以降、初ワンマンツアーを全会場ソールドアウトするなど急速に注目を集めてきたThe Floor。あらゆる時代の良質な音のみを吸収した最新型ギターロックサウンドと、ピースフルかつダンサブルで、ときにセンチメンタルさも魅せるフレッシュな存在として結成された北海道札幌市以外でも知名度を上げてきた。

そんなThe Floorのメジャーデビューは初のアルバム形態となる。初回限定盤には、2017年に初めて行なった下北沢SHELTERでの1stワンマンライブの映像が全曲収録されることも決定! さらにライブ映像の収録を記念して、発売日までワンマンライブ映像の10曲連続視聴企画もスタートする。まず1st Floorとして公開されたのは、2016年に発表したEP『Re Kids』に収録のナンバー「Wannabe」と、2ndミニアルバムに収録され、北海道エリアではNTTドコモ北海道支社インフォマーシャルソングといしてテレビCMでも使用されていた「Cheers With You」の2曲。初ワンマンの喜びがメンバーの弾けたパフォーマンで表現される、貴重なフレッシュ感あふれるライブ映像となっているので、The Floor未体験の方もぜひチェックしてみてほしい。

また初の3マンイベント企画を12月3日に新代田 FEVER、12月8日に大阪 MUSEにて開催するので、こちらも要チェック。

■【ササキハヤト(Vo)コメント】

「The Floor初めてのフルアルバム『ターミナル』。この一枚からメジャーデビューという第2のスタート、終わらない夢への始発となります。これからThe Floorを知ってくれる人と、ずっと応援してくれている人と、『みんなが集まって拠り所になれる音楽』。そんな願いを一枚にしました。これから一緒に夢を見ましょう。」

■「Wannabe」〜「Cheers With You」 (1stワンマン Live at下北沢SHELTER)


https://youtu.be/O3Wsr23nj5Iアルバム『ターミナル』

2018年2月7日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1307/¥3,500(税込)
※DVD:1stワンマンライブ@下北沢SHELTERを全曲収録
【通常盤】(CD)
VICL-64925/¥2,500(税込)

The Floor Presents Tour「ファンファーレ」

12月03日(日) 東京・新代田 FEVER 
act:The Floor/ドラマチックアラスカ/リーガルリリー
12月08日(金) 大阪・大阪 MUSE 
act:The Floor/ココロオークション/Saucy Dog
12月12日(火) 北海道・札幌 SPRITUAL LOUNGE
※ワンマン公演(SOLD OUT)



【関連リンク】
The Floor、2018年2月に1stアルバム『ターミナル』でメジャーデビュー!
The Floorまとめ
【BUGY CRAXONE ライヴレポート】『20周年記念ワンマン“100パーセントナイス!”』2017年11月19日 at 渋谷CLUB QUATTRO

【関連アーティスト】
The Floor
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, トレーラー, アルバム, 発表, リリース

【BUGY CRAXONE ライヴレポート】『20周年記念ワンマン“100パーセントナイス!”』2017年11月19日 at 渋谷CLUB QUATTRO
Mon, 27 Nov 2017 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 今年、結成20周年を迎えたBUGY CRAXONEがアニバーサリーイヤーの締め括りとして、11月19日に渋谷クラブクアトロでワンマンライブを開催。デビュー曲「ピストルと天使」から最新アルバムのリード曲「ぼくたちわたしたち」まで、20周年記念に相応しい新旧の計28曲を披露。ライヴの終盤では、来年4月に東名阪とバンドの故郷である札幌でツアーを行うことも発表した。

 結成20周年を記念するワンマンライヴ。しかも、会場は17年前、辛酸を舐めたという渋谷CLUB QUATTROだ。17年目にしてついに成就するリベンジを見逃すわけにはいかない。そこにいる誰もがこの日、この瞬間を待ち焦がれていた。それは開演前から盛んに飛んでいた熱い声援からも、曲と曲の間、ちょっとでも隙ができると、会場から沸き起こったブージーコールからも明らかだった。観客の手拍子に迎えられ、“元気かーい?”と笑顔でステージに現れたバンドは、“ありがとう。楽しんでいこうぜ!”というすずきゆきこ(Vo&Gu)の呼びかけを合図に演奏になだれ込む。“歌おう!”とすずきが客席に声を掛け、1曲目の「ハレルヤ」からスタンディングの客席を埋めた観客が大きな声で歌った。そこから2時間、バンドはアンコールを含め、全28曲を演奏した。

“マジで良かった。できたクアトロ。ありがとう!”

 途中、すずきが4回ほど短いMCを挟む以外は、ほとんど曲をたたみかけるように演奏したのは、もともとそういうスタイルのバンドということもあるのだろうが、曲間を空けていたら、前述したブージーコールが鳴り止まずに演奏はストップしていたかもしれない。それぐらい観客の歓迎は熱烈だったが、もしかしたら、そんな歓迎を目の当たりにして、思わず感極まってしまう前にという想いもバンドにはあったんじゃないか――そんなことを想像しながらこの日、聴くことができた全28曲は、今年1月にリリースしたベストアルバム『ミラクル』と9月にリリースした最新アルバム『ぼくたちわたしたち』の曲を中心に新旧の曲を並べたもの。70年代のパンクロックやそのルーツである60年代のブリティッシュビートのエッセンスを感じさせるという意味では共通しているものの、尖っていたり、大らかだったりするその表現は曲ごとにさまざまで、その振り幅を行ったり来たりするセットリストは、まるで人の感情なんてそんなもんでしょと言わんばかりだった。一曲一曲、相当の想いを込め、渾身の演奏を重ねるステージの4人――すずきゆきこ、笈川司(Gu)、旭司(Ba)、ヤマダヨウイチ(Dr)を観ながら、結成20周年を迎えたブージーの成熟を改めて実感。歳を重ね、彼らは大らかかつ前向きになったわけじゃない。そういう表現もできるようになっただけだ。切れ味鋭いナイフのような表現は、まだまだ彼らの真骨頂であり続けている。

“(20周年のアニバーサリーイヤーは今日でおしまい。)来月からはまたいつもの調子のブージーに戻るけど、でも、今日を経たことで抜群にかっこいいと思うんだよね。来年以降も末永くよろしくお願いします”

 すずきがそう語ったあと、思いの外、しんみりとしてしまったムードを吹き飛ばすようにバンドとナイスちゃん(=ブージーのファン)の新しいアンセム「ぼくたちわたしたち」を、ナイスちゃんたちと一緒に歌って、本編を締め括ったバンドはいつも通り、いや、この日は20年を経て、新たな一歩を踏み出す自分たちを叱咤するようにアンコールに激しい3曲を選んだ。最後の「枯れた花」を聴きながら、激しさの中に気高さが感じられる演奏に背筋がピンと伸びるような気がした。

撮影:新保勇樹/取材:山口智男

セットリスト

1. ハレルヤ

2. 花冷え

3. ボクを信じて

4. WATCH YOUR STEP

5. ベリナイス

6. 悲しみの果て

7. Come on

8. なんとなく Be happy

9. さーてぃーないんぶるーす

10. いいじゃん

11. NORTHERN ROCK

12. 11月

13 ぶるぶるぶるー

14. チーズバーガーズダイアリー

15. ピストルと天使

16. シャララ

17. たいにーたいにー

18. いいかげんなBlue

19. いみがないから きこえない

20. ロマンチスト

21. YOUR SUNRISE

22. dreamer

23. ブルーでイージー、そんでつよいよ

24. 罪のしずく

25. ぼくたち わたしたち

<ENCORE>

1. New sunrise

2. I scream

3. 枯れた花

BUGY CRAXONE

ブージー クラクション:1997年5月に札幌にて結成。99年3月にビクターエンターテインメントよりメジャーデビュー。2003年4月にレーベルとマネージメントを兼ねた『ZubRockA RECORDS』を設立。以降、多彩なアイテムのリリース&ツアーをコンスタントに重ね、07年に増子直純(怒髪天)主宰のレーベル『Northern Blossom Records』での活動を開始。17年、『Imperial Records』に移籍。同年1月に結成20周年記念ベストアルバム『ミラクル』をリリース。



【関連リンク】
【BUGY CRAXONE ライヴレポート】『20周年記念ワンマン“100パーセントナイス!”』2017年11月19日 at 渋谷CLUB QUATTRO
BUGY CRAXONEまとめ
野口五郎、ファンが選曲する27thアルバムを2018年2月にリリース

【関連アーティスト】
BUGY CRAXONE
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.160

野口五郎、ファンが選曲する27thアルバムを2018年2月にリリース
Mon, 27 Nov 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年でデビュー48周年を迎える野口五郎が11月25日(土)に大阪サンケイホールブリーゼにてコンサート『GORO NOGUCHI CONCERT TOUR 2017 Take it easy ♪気楽に行こうよ♪ 』を開催した。エレクトリックギターとクラシックの融合曲「悲愴(ベートーベンソナタ)」で始まりヒット曲の「私鉄沿線」を始めとするナンバーがコンサートを盛り上げる中、MCのステージでは50周年イヤーに向けてのプロジェクト企画第1弾を発表した。企画内容は、1971年5月のデビューからシングル63作品、オリジナルアルバム26作品、ライブ盤、記念アルバム盤、数百曲の中からファンの投票で10曲選び、その10曲をリアレンジ(新録)、歌唱、演奏するアルバムが2018年2月14日に五郎からのバレンタインプレゼントとして発売されるとのこと。

「このアルバムは、デビューして47年間、僕と歩んできた皆さんの投票で決まるアルバムです、1曲1曲が皆さん想い出ある曲だと思います。僕、野口五郎がこの47年連れ添ってきた曲の数々だからこそできる事そして、自分で自分の曲をカバーできるのはとても嬉しい事です。皆さんも聞き比べてください。曲によってはアナログ時代の曲をデジタル時代の曲に蘇らせることを考えたアルバムです。皆様が投票頂く特別サイトを作りましたので是非投票宜しくお願い致します」との言葉に47年間追い続けてたファンから大きな拍手が送られて、「僕をまだ愛せるなら」他21曲を歌い上げコンサートは幕を閉じた。

■アルバム収録曲応募サイト
https://ssl.avexnet.or.jp/form/official/noguchigoro_27th/
※お申込期間:2017年11月25日(土)〜12月10日(日)

アルバム『タイトル未定』

2018年2月14日発売



¥3,000(税込)
<収録曲>
ファン投票により決定

【ディナーショー・コンサート情報】

■コンサート
『Goro Noguchi Concert Tour 2018 Take Out Love・・・愛を持ち帰ってください・・・』
2018年2月04日(日) 東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホール
<チケット>
S席¥7,500 A席¥5,500

■ディナーショー
『野口五郎 Xmas Dinner Show 12月24日の "クリスマスイブ" ディナーショー!! 』
12月24日(日) 東京・ヒルトン東京
<料金>
お1人様 ¥35,000
(食事・ドリンク・ショーチャージ・税・サービス料込)
受付 16:30〜/ディナー 17:00〜/ショー18:30〜

『野口五郎クリスマスディナーショー2017』
12月25日(月) 愛知・ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋
<料金>
1部 ¥27,000 2部 ¥29,000
(洋食コース料理・フリート?リンク・税金・サーヒ?ス料込)
1部:受付 12:00〜/ランチ 12:30〜 /ショー 13:45〜
2部:受付 17:30〜/ディナー 18:00〜/ショー 19:15〜



【関連リンク】
野口五郎、ファンが選曲する27thアルバムを2018年2月にリリース
野口五郎まとめ
コブクロ、25万人動員の全国ツアー最終公演で4万2千人以上を魅了!

【関連アーティスト】
野口五郎
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アルバム

コブクロ、25万人動員の全国ツアー最終公演で4万2千人以上を魅了!
Mon, 27 Nov 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

コブクロが全国ツアー『アサヒもぎたて presents KOBUKURO LIVE TOUR 2017 “心"』のファイナル公演を、さいたまスーパーアリーナにて行なった。このツアーは、7月8日の新潟公演から、5か月間にて敢行。先日行なわれた京セラドーム大阪公演では2日間で約9万人を動員し、地元・大阪で大盛り上がりを見せた。

京セラドーム大阪とさいたまスーパーアリーナ公演では『お客さんの出来るだけ近くに行きたい』という2人の想いから、360° どこからでもコブクロを近くに見ることができる、センターステージを設けた。ツアーファイナルのさいたまスーパーアリーナは、コブクロの登場を待つ21130人のオーディエンスで熱気が充満し、高まる期待と共にオープニング映像が流れ出す。シングル「心」を引っ提げたツアーという事で、過去の楽曲から「心」というフレーズだけを様々な楽曲から切り取って繋げて制作したこだわりのSEに会場はどよめき、大歓声の中、メンバーが登場した。

今回のツアーのコンセプトは、シングル「心」が軸にありながらも、とにかく自分たちの好きな事、今やりたい事を詰め込んだ自由なツアー。1曲目から、昨年のツアー『KOBUKURO LIVE TOUR 2017 “TIMELESS WORLD"』の本編最後に演奏していたツインギターソロのフレーズをイントロに入れ込み、今回のツアーの為に書き下ろしたアップテンポなCD未収録の新曲「君になれ」を披露。昨年のツアーとの繋がりを感じさせ、ファンからは歓声が上がり会場を驚かせた。

19年前の結成当時から、まず新曲が出来ればストリートで目の前のファンに披露してきた。これが、まさにコブクロ流である。そのシンプルな表現方法は、全く変わっていない。続いて、シングル曲「虹」「君という名の翼」、現在もCM放送中のロッテ ガーナチョコレートCMソング「tOKi meki」を披露し、オープニング4曲を駆け抜けた。

MCで小渕は『ファイナルへようこそ、コブクロでーす。ファイナルを応援しに駆けつけてくれてありがとう』と30公演のファイナルに感極まる様子。黒田は『今日は良いライブになると思いますよ。小渕さんファイナル感ハンパないです、サンシャイン池崎感ハンパないです。』と振ると、小渕が『イエーイ!!』と、モノマネをし、コブクロらしい掛け合いでオープニングから会場が笑顔に包まれた。

続いて「紙飛行機」では、ハート型の紙飛行機が天井から降り、必至に紙飛行機を追うファンの様子が非常に幸せそうであり、会場全体を温かい雰囲気に。アサヒもぎたてCMソングとしてオンエア中の「SUNRISE」では、LEDリストバンドを赤にし、センターステージが太陽に囲まれるように会場を赤く染めていた。最新シングル「心」のカップリング曲「HELLO, NEW DAY」では、今までの雰囲気から一遍、黒田の低音の声でクールに歌い上げ、レーザーの演出でクールなムードに。

ライブ中盤には、2曲目のCD未収録音源となる新曲「夏の雫」の曲紹介へ。風鈴の音が鳴り響くイントロから、“夏"というフレーズや田舎の風景が蘇るような切ない楽曲を披露。季節が夏から冬へ変わるように、続いてヒット曲「流星」を歌い上げた。

その後、19年前のインディーズ時代の話から『夢を歌った歌です』と、力強く「Starting Line」を歌い上げ、コブクロの歌唱力の一番の魅せ所のように、続けて「蒼く 優しく」を熱唱。そして最新シングル「心」の後半では、マイクを離し、アカペラで生声を届けると、2万人以上の観客が、スタンディングオベーションとなった。深くお辞儀をし、感極まる2人の姿に、更に観客も拍手を続け会場は最高潮の雰囲気に。小渕は『30公演“心"を歌ってきて、今日完成したなと思った』と、ファイナルの手ごたえを語った。

その後、コブクロ恒例のロングMCコーナーに。すでに燃え尽きた様子の黒田は、ステージに座り込み『デニムの中から足が溶けていってる。2017年 黒田俊介 完。』と笑いを誘った。

続いて、来年春から開催する全国ツアーを告知。ツアーでは初チャレンジとなる小渕のギターのみの演奏で全曲を披露する、小渕と黒田2人きりで全国を回る事と、11月27日(月)から、このツアーで聴きたい曲のリクエストを、ファンの皆さんから募ることも告知した。

MCで更に会場のヴォルテージを上げ、ツアーは後半戦へ。3曲目のCD未収録の新曲「白雪」、その他3曲を続けて披露し、大盛り上がりの中で本編は終了。アンコールでは、真っ白なLEDで輝く中、昨年のヒット曲「未来」を熱唱し、客席を魅了。最後は、代表曲「轍-わだち-」で会場を盛り上げ、後半コール&レスポンスで会場と一体となり大歓声の中、ツアーファイナルは幕を閉じた。

2018年9月には、結成20周年を迎える。20周年を前に、新たなチャレンジにも挑むコブクロに引き続き注目だ。

【セットリスト】
1. 君になれ
2. 虹
3. 君という名の翼
4. tOKi meki
5. 紙飛行機
6. SUNRISE
7. HELLO, NEW DAY
8. LIFE
9. 夏の雫
10. 流星
11. Starting Line
12. 蒼く 優しく
13. 心
14. 白雪
15. memory
16. 神風
17. ストリートのテーマ
18. 未来
19. 轍-わだち-



【関連リンク】
コブクロ、25万人動員の全国ツアー最終公演で4万2千人以上を魅了!
コブクロまとめ
チャットモンチー、トリビュートアルバムの参加アーティストを一般公募

【関連アーティスト】
コブクロ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, ライブ, ツアー, セットリスト, ライブレポ, レポート

チャットモンチー、トリビュートアルバムの参加アーティストを一般公募
Mon, 27 Nov 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年7月をもって活動を“完結”させることを発表したチャットモンチーが、2018年春リリース予定のトリビュートアルバムが企画されており、参加アーティストの一般公募を行うことが発表された。

参加希望者は自分の好きなチャットモンチーカバー音源・カバー映像を、応募ページを通じて送付。チャットモンチーメンバー&スタッフの審査を経て決定した最優秀作品は、豪華アーティストが参加予定のトリビュートアルバムの1曲としてCDに収録されるとのこと。応募はソニーミュージックのオーディション応募ページを通じて11月27日(月)12時〜2018年1月9日(火)17時まで行なわれる。バンド・宅録・弾き語りなど形態は不問。そしてアマチュア・プロも不問(※特定のレコードメーカーに専属所属のある方は除く)のオーディションとなっているので、気になった方はぜひ応募してみてほしい。

■トリビュートアルバム参加アーティストオーディション 応募ページ
http://www.sonymusic.co.jp/sd/chat-tribute/



【関連リンク】
チャットモンチー、トリビュートアルバムの参加アーティストを一般公募
チャットモンチーまとめ
GLAYが『スッキリ』とコラボして初の結婚式サプライズを実施!

【関連アーティスト】
チャットモンチー
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム

GLAYが『スッキリ』とコラボして初の結婚式サプライズを実施!
Mon, 27 Nov 2017 12:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月30日(木)に放送3000回を迎える日本テレビの朝の情報番組『スッキリ』が、『結婚式を全力で応援します!』と題した特別企画を放送する。このプロジェクトは毎朝『スッキリ』を観ているというGLAYに協力を要請し、実現した。今回、番組内で『結婚式をスッキリに応援してほしい人』を募集したところ、GLAYが出演することは伏せていたにも関わらず、約400人の応募があった。

その中から、選ばれた1組の結婚式が先週11月23日(木)に神奈川・横浜で行なわれた。特に余興などは考えていないという新郎新婦の披露宴に、まずは水ト麻美アナウンサーが登場。今回の登場をまったく知らされていなかった新郎新婦、列席者からは大きな拍手と歓声があがった。そして、加藤浩次や近藤春菜らスッキリ出演者からのコメントVTRに、会場が笑顔に包まれる中、さらなるサプライズプレゼントが。

会場を移動し、水トアナウンサー「『スッキリ』からのプレゼントはこちらです!」の声とともに流れてきたのは、GLAYの名バラード「HOWEVER」。イントロと共にメンバーが登場すると新郎新婦は号泣。列席者からは大歓声があがった。さらに、ヴォーカルのTERUより「レコーディングで歌う際に結婚式の最後でご両親にお手紙を読むシーンをイメージして歌った曲があります」と紹介された11月22日にリリースされたばかりの新曲「あなたといきてゆく」を披露。この楽曲は様々な「あなた」と生きてゆく決意と感謝を歌ったラブバラードで、まさに結婚する2人、家族に向けた想いがつづられている。新郎新婦をはじめ、ご両親、会場中の列席者が、さらに涙。目の前で披露されたトップアーティストのスペシャルなライブに会場中が感動で包まれた。

ステージ終了後のGLAYは「「あなたといきてゆく」を、まさに結婚式で披露したのは初めてだった。新郎新婦・ご家族や友人の表情を間近に見ながらの演奏は、とても幸せな気持ちで尊い経験ができた。放送を楽しみにしている」と話していた。

『スッキリ』とGLAYがコラボした今回の企画は、11月30日(木)の『スッキリTOUCH』にて放送される。GLAYと水ト麻美アナウンサーの少し変わったスタイルでのインタビューや、サプライズライブに向けて緊張するGLAYの様子など、貴重な姿も見られるので、ぜひチェックして欲しい。

シングル「WINTERDELICS.EP〜あなたといきてゆく〜」

2017年11月22日発売



【CD+DVD盤】
PCCN.00029/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
1.あなたといきてゆく
2.時計(再録)
3.Satellite of love(再録)
4. Joker(LIVE from VISUAL JAPAN SUMMIT 2016)
5.「SUMMERDELICS」reprise
■DVD
・あなたといきてゆくMUSIC VIDEO
・シン・ゾンビ MUSIC VIDEO
・XYZ MUSIC VIDEO
・あなたといきてゆく(LIVE from Never Ending Supernova 17.5.15 市川市文化会館)
・BE WITH YOU(LIVE from Never Ending Supernova 17.5.15 市川市文化会館)
・the other end of the globe(LIVE from TOKYO SUMMERDELICS 17.7.31 お台場)
・HOWEVER(LIVE from TOKYO SUMMERDELICS 17.7.31 お台場)

【CD Only盤】
PCCN.00030/¥1,200+税

【ライブ情報】

『GLAY HALL TOUR 2017 "AUTUMNDELICS"』
12月05日(火) 三重県文化会館大ホール
※終了分は割愛

『GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS"』
12月09日(土) さいたまスーパーアリーナ
12月10日(日) さいたまスーパーアリーナ
12月16日(土) 愛知/日本ガイシホール
12月17日(日) 愛知/日本ガイシホール
※終了分は割愛

『追加公演GLAY ARENA TOUR 2017 “HAKODATE WINTERDELICS"』
12月23日(土・祝) 函館アリーナ
12月24日(日) 函館アリーナ



【関連リンク】
GLAYが『スッキリ』とコラボして初の結婚式サプライズを実施!
GLAYまとめ
M!LK、1stアルバム『王様の牛乳』のリリースイベントがファイナルに

【関連アーティスト】
GLAY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボレーション, バンド, キャンペーン, テレビ番組, 出演

M!LK、1stアルバム『王様の牛乳』のリリースイベントがファイナルに
Mon, 27 Nov 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5人組ボーカルダンスユニット・M!LKが11月22日(水)にリリースし、オリコンデイリー CDアルバムランキング(2017年11月21日付)にて初登場第1位を獲得したアルバム『王様の牛乳』のリリースイベントのファイナルを、11月26日(日)に千葉・セブンパークアリオ柏 スマイルパークにて開催! 約1,200人の“み!るきーず”(M!LKのファン)が来場した。

イベントではデビュー曲「コーヒーが飲めません」やコールで盛り上がる「新学期アラカルト」、最新シングル「テルネロファイター」などの人気曲を次々にパフォーマンス! 大歓声に包まれる中、1stアルバム『王様の牛乳』のリード曲「約束」を披露し、リリースツアーの集大成を飾った。MCでは、11月24日にグループ結成3周年を迎えたことに触れながら『王様の牛乳』で初の1位獲得、塩?太智+選抜メンバーでこれまで訪れたことのない地域を巡る初めての試みだった“だいちの旅”など、様々な出来事が語られ、 ツアーファイナルということで最後は集まったファンへ向けて、1人ずつ挨拶で締めくくった。

M!LKは12月1日(金)の単独ライブ『M!LK 3rd anniversary『白黒牛乳ワールド in パシフィコ横浜』』の開催が決定しているので、こちらもぜひ足を運んでみてほしい。また、イベント最後にはLINEの着せかえが近日発売されることも発表されたので続報を楽しみに待っていてほしい。

■【M!LK リリースイベント 挨拶】

■塩?太智
「僕はこのアルバムを引っ提げて、これまでのリリースイベントでは行くことが出来なかった地域を巡る『だいちの旅』をやらせて頂きましたし、いろいろと新鮮なリリースイベントツアーになったのでとても楽しかったです。」

■佐野勇斗
「6枚のシングルを経て、今回のアルバムのリリースイベントは7回目のイベントツアーになりましたが、デビュー初期から比べるととても多くの皆さんが来てくださって、本当に皆さんに支えられているんだなと改めて実感しました。皆さんのおかげでここまで来れて、12月1日はパシフィコ横浜でのワンマンライブ、そしていつか『紅白歌合戦』の司会が出来る日までずっと頑張っていきたいですし、皆さんのことを連れて行くつもりで一生懸命頑張るので、僕らがおじいちゃんになるまでずっとついてきてください。」

■板垣瑞生
「リリースイベント至上最多のさまざまな都道府県を巡らせていただいて、『だいちの旅』というタイトルにも関わらず、僕1人で旅に出たこともありました(笑)。今まで1人で巡るという機会も無かったし、皆さんのもとへトークだけをしに行くという機会もあまり無かったので、ライブとはまた一味違った中で皆さんの素顔も見ることが出来てとても楽しかったです。」

■山?悠稀
「今回は(『だいちの旅』で)巡った地域は多かったと思うんですけど、台風で中止になってしまったり、会える機会が少なかったにも関わらず、こうやってM!LKの為に集まってくれる皆さんがいることは本当に嬉しいことだなと思いました。皆さんのおかげで初めて獲れたデイリー1位や、アルバムを出すことも普通に出来ることではないと思うので、それを皆さんで一緒にお祝いできることが凄く嬉しかったです。」

■吉田仁人
「1stアルバムということで、結成3年という一区切りと、収録曲の半分は新曲ということも含めて、これから2018年へ向けてM!LKをもっと発展させていこうという気持ちが詰まったアルバムになりました。次は2枚目のアルバムが出せるように、もっとたくさん頑張っていきますので、これからも応援宜しくお願いします。」

アルバム『王様の牛乳』

2017年11月22日(水)発売



【スペシャル盤】(CD+DVD)
ZXRC-2024/¥5,093(税抜)
【通常盤】
ZXRC-2025/¥2,500(税抜)
【イベント盤】
ZXRC-2027/¥2,500(税抜)
※フリーイベント会場/ECサイト「キャラアニ・チャンス」イベント限定販売
【PREMIUMみ!るきーず盤】(2CD+アナザージャケット)
ZXRC-2026/¥3,780(税込)
※ファンクラブ会員のみ購入可、ECサイト「キャラアニ・チャンス」販売

『M!LK 3rd anniversary『白黒牛乳ワールド in パシフィコ横浜』』

12月1日(金) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
<チケット>
全席指定¥6,500(税込)
※3歳以上はチケットが必要。
※3歳未満のお子様は大人1名につき1名まで膝上に限り無料。ただし、お席が必要な場合はチケットが必要です。
※チケットの譲渡、および転売は禁止とさせて頂きます。



【関連リンク】
M!LK、1stアルバム『王様の牛乳』のリリースイベントがファイナルに
M!LKまとめ
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ1stアルバムリリースを発表!リリパゲスト第一弾はホフディラン!

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, アルバム

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ1stアルバムリリースを発表!リリパゲスト第一弾はホフディラン!
Mon, 27 Nov 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

キイチビール&ザ・ホーリーティッツが2018年2月7日(水)に初の全国流通盤となる1stアルバム『トランシーバ・デート』をリリースし、2月8日(木)に渋谷WWWにてリリースパーティを開催することを発表した。

リリースパーティのゲスト発表第1弾として、Vo&Gtのキイチビールが敬愛する「ホフディラン」の参加がアナウンスされている。リリパチケットは11月26日(日)より先行予約開始となっており、プレミアライブになること必至。今後のゲストの発表も要注目だ。アルバム詳細や予約方法などは後日アナウンスされるとのことで楽しみに待つことにしよう。

アルバム『トランシーバ・デート』

2018年2月7日(水)発売

『1stアルバム『トランシーバ・デート』リリースパーティー』

2月08日(木) 渋谷WWW
出演:キイチビール&ザ・ホーリーティッツ/ホフディラン/and more...
<チケット>
前売り¥3,000/当日¥3,500
・チケット先行
11月26日(日)21:00〜12月3日(日)23:59
先行受付URL:http://eplus.jp/kiichibeer1st/
・一般発売:12月9日(土)10:00〜



【関連リンク】
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ1stアルバムリリースを発表!リリパゲスト第一弾はホフディラン!
キイチビール&ザホーリーティッツまとめ
ホフディランまとめ
中島みゆき、ライフワーク『夜会』のダイジェスト版『夜会工場』VOL.2がスタート!

【関連アーティスト】
キイチビール&ザホーリーティッツ, ホフディラン
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, リリース

中島みゆき、ライフワーク『夜会』のダイジェスト版『夜会工場』VOL.2がスタート!
Mon, 27 Nov 2017 06:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

中島みゆきの4年ぶりとなる『夜会工場』VOL.2が11月26日(日)より東京・府中の森芸術劇場よりスタートした。『夜会工場』とは1989年からスタートした中島みゆきが原作、脚本、作詞作曲、演出、主演という世界でも例がない音楽舞台『夜会』のダイジェスト版というのが、一番解りやすい説明になるだろう。1989年の第一回中島みゆき『夜会』から、記憶に新しい昨年2016年の『夜会』としてはVOL.19となる「橋の下のアルカディア」までの名場面を集めたダイジェスト版が今作の『夜会工場』VOL.2となる。

現在、『夜会』は舞台演出上の都合により東京でしか開催されていない。仕事や家庭があって東京の『夜会』に来られない方のために、『夜会』の雰囲気を少しでも楽しんでいただこうと、各地で公演する形をとっているのが『夜会工場』である。

今作は、前回2013年11月から4都市(東京・名古屋・大阪・福岡)で13公演行われた『夜会工場』VOL.1を踏まえて更に進化。解りやすく観ていただこうとセット上に設置された電工掲示板に、演目に合わせて『夜会』の出典作品が解るようにテロップを流したり、各所、場面を説明する言葉をそっと添えるなどして『夜会工場』の目くるめくシーンの数々を楽しく解りやすく演出してくれている。次から次へと転換していく舞台、シーンに合わせて様々に変わっていく衣裳、そして『夜会』に準じる瀬尾一三アレンジによるダイナミズムに溢れた豊かな生演奏の音楽。中島みゆきの歌を抜群の歌唱力で支える中村中や石田匠といったキャストがそろっているのも『夜会工場』の魅力である。今作における中島みゆき歌唱の1曲目は、1989年第1回目の『夜会』冒頭シーンであった「泣きたい夜に」。もはや伝説となった夜会ファンにはたまらないオープニングから『夜会工場』のテーマ曲「産声」まで全29曲。怒涛の歌の渦とともに『夜会』の名場面の世界に身をゆだねてもらいたい。

今作『夜会工場』VOL.2は、この後福岡サンパレスホール、大阪フェスティバルホール、東京Bunkamuraオーチャードホール、名古屋愛知県芸術劇場大ホールと4都市全18公演を予定している。各地、当日券を用意しているとのこと。

中島みゆき曰く2017年は「倉本イヤー」。今年4月にスタートし、シルバー層を虜にした脚本倉本聰によるテレビ朝日系帯ドラマ劇場「やすらぎの郷」の主題歌に「慕情」を書き下ろした。同曲はドラマ終了後も有線リクエストが絶えず、なんと「地上の星」以来14年ぶりの有線J-POPリクエストランキング1位を獲得した。そして、中島みゆきは同ドラマへのカメオ出演も果たしている。この主題歌「慕情」、挿入歌「人生の素人(しろうと)」が収録された2年ぶりのオリジナル・アルバム『相聞』が11月22日に発売されているので、『夜会』の世界と併せて、楽しんでもらいたい。来年1月10日にはアナログレコード(LP盤)のリリースも発表されている。11月22日には、中島みゆきの音楽プロデューサーである瀬尾一三の生誕70周年を記念した作品集「時代を創った名曲たち」〜瀬尾一三作品集SUPER digest〜もリリースされている。長年のキャリアの中、瀬尾のアレンジで生まれた「名曲」たち。こちらも是非、聞いてもらいたい。

また、『慕情』川柳コンテストの受賞作品が発表された。本コンテストは「やすらぎの郷」の最終回となる9月29日から10月31日まで『中島みゆきの「慕情」を聴いたあなただからこそ書ける心の唄を川柳で募集』と銘打って開催された。「長年連れ添った相手に伝えたい感謝の気持ち」、「普段は照れくさくて言えそうにない気持ち」などを詠った素晴らしい作品が集まった。応募総数1,188句の中から優れた作品として、最優秀賞1句、優秀賞1句、佳作3句が選ばれた。

<最優秀賞>
目をつぶる 昔はキスで 今は罪(@benyarinstarさん)
<優秀賞>
聞き返す『慕情』とあなたの「ありがとう」(@2CUmeboshiさん)
<佳作>
笑いじわ あなたと紡いだ あかしかな(@i_love_ftrさん)
キナ臭い 世情の中で 知る慕情(@kemurikaizyuuさん)
赤い糸 紡いで編んだ ちゃんちゃんこ(@tIWbvLa9zNsir3zさん)
【選者】
テレビ朝日系 帯ドラマ劇場「やすらぎの郷」
プロデューサー 中込卓也(テレビ朝日)・河角直樹(国際放映)

■中島みゆき Single『慕情』キャンペーン特設ページ
http://www.yamahamusic.co.jp/bojosenryu/
■中島みゆき 『相聞』 田家秀樹ライナーノーツ
http://ymh.jp/soumon/
■中島みゆき アルバム『相聞』商品特設ページ
http://www.yamahamusic.co.jp/soumon/

■『相聞』トレーラー


https://youtu.be/-zy5aVLNMJY■『中島みゆき「夜会工場」VOL.2』 公演概要

11月26日(日) 東京都・府中の森芸術劇場 どりーむホール
12月02日(土) 福岡県・福岡サンパレスホテル&ホール
12月04日(月) 福岡県・福岡サンパレスホテル&ホール
12月05日(火) 福岡県・福岡サンパレスホテル&ホール
12月11日(月) 大阪府・フェスティバルホール
12月13日(水) 大阪府・フェスティバルホール
12月14日(木) 大阪府・フェスティバルホール
<2018年>
1月09日(火) 大阪府・フェスティバルホール
1月11日(木) 大阪府・フェスティバルホール
1月12日(金) 大阪府・フェスティバルホール
1月23日(火) 東京都・Bunkamura オーチャードホール
1月25日(木) 東京都・Bunkamura オーチャードホール
1月26日(金) 東京都・Bunkamura オーチャードホール
1月30日(火) 東京都・Bunkamura オーチャードホール
2月01日(木) 東京都・Bunkamura オーチャードホール
2月02日(金) 東京都・Bunkamura オーチャードホール
2月17日(土) 愛知県・愛知県芸術劇場 大ホール
2月18日(日) 愛知県・愛知県芸術劇場 大ホール

アルバム『相聞』

2017年11月22日発売



YCCW-10315/¥3,000(税抜)
<収録曲>
1. 秘密の花園
2. 小春日和
3. マンハッタン ナイト ライン
4. 人生の素人(しろうと)
5. 移動性低気圧
6. 月の夜に
7. ねこちぐら
8. アリア - Air - *2016年 平原綾香への提供曲のセルフカバー
9. 希(ねが)い
10. 慕情

■Amazon(特典あり)
http://www.amazon.co.jp/dp/B075JCKM7N/
■Amazon(特典なし)
http://www.amazon.co.jp/dp/B075K9SLJL/

アナログレコード(LP盤)『相聞』

2018年1月10日発売



YCJW-10009〜10/¥5,000+税
<収録曲>
■Side-A
1. 秘密の花園
2. 小春日和
3. マンハッタン ナイト ライン
4. 人生の素人(しろうと)
■Side-C
1. 移動性低気圧
2. 月の夜に
3. ねこちぐら
4. アリア -Air- *2016年 平原綾香への提供曲のセルフカバー
■Side-D
1. 希(ねが)い
2. 慕情
※今作品のSide-B(B面)には音声は収録されません。

■商品紹介ページ
http://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=937&artist_id=59
■Amazon(特典あり)
http://www.amazon.co.jp/dp/B0779XMTR3/
■Amazon(特典なし)
http://www.amazon.co.jp/dp/B0779VFCRT/


アルバム『時代を創った名曲たち〜瀬尾一三作品集 SUPER digest〜』

2017年11月22日発売



YCCW-10313〜4/¥3,241(税抜)
<収録曲>
■Disc-1
1. 落陽(1973)*AL『LIVE’73』より/よしだたくろう
2. 22才の別れ(1974)*AL『三階建の詩』より /かぐや姫
3. 岬めぐり(1974)/山本コウタローとウイークエンド
4. 白い冬(1974)/ふきのとう
5. 我が良き友よ(1975)/かまやつひろし
6.『いちご白書』をもう一度(1975)/バンバン
7. 星のマリオネット(1978)/谷山浩子
8. オリビアを聴きながら(1978)/杏里
9. 順子(1979)*AL『逆流』より/長渕剛
10. Mr.メトロポリス(1980)*AL『Mr.メトロポリス』より/八神純子
11. ボーンフリー・スピリット(1980)/ロブバード
12. Season(1980)/門あさ美
13. 万里の河 (1980) /CHAGE and ASKA
■Disc-2
1. めぐり逢いはすべてを越えて(1982)/NSP
2. 夕映えよ心の鳩を抱け(1983)/雅夢
3. 教室(1985)/森川美穂
4. 火の鳥(1986)/渡辺典子
5. ドリーミー・ドリーマー(1988)/石川優子
6. 壊れかけのRadio(1990)/?永英明
7. 糸(1992)*AL『EAST ASIA』より/中島みゆき
8. 天使の休息(1992)/久松史奈
9. 空と君のあいだに(1994)/中島みゆき
10. 激情(1996)/工藤静香
11. 愛詞(あいことば)(2013)/中島美嘉
12. 泣いてもいいんだよ(2014)/ももいろクローバーZ
13. アリア-Air-(2016)*AL『LOVE』より/平原綾香

■商品紹介ページ
http://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=933&artist_id=262
■Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B075K3N6V7/



【関連リンク】
中島みゆき、ライフワーク『夜会』のダイジェスト版『夜会工場』VOL.2がスタート!
WACK&SCRAMBLES3周年を祝うスペシャルアルバムが配信スタート!初日のみお家芸300円!

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, ライブ, ツアー

WACK&SCRAMBLES3周年を祝うスペシャルアルバムが配信スタート!初日のみお家芸300円!
Mon, 27 Nov 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREのマネジメントを行う渡辺淳之介率いるWACK。サウンドプロデュースを手掛ける松隈ケンタ率いるスクランブルズ。両社の設立3周年を祝う記念碑的アルバム『WACK & SCRAMBLES WORKS』がCD発売の12月6日に先駆けiTunes限定で先行配信がスタートした。 なんと、11月27日の1日限定でもはやWACKのお家芸とも言える"300円"での配信となっている。

300円での配信は、1日限定のみとなっているので気になる人はこの機会にぜひ!

■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1314784776?app=itunes&ls=1

『WACKのフェス。』

12月08日(金) ZEPP DIVER CITY
Open17:30/Start18:30
出演:BiS / BiSH / GANG PARADE / EMPiRE and more



【関連リンク】
WACK&SCRAMBLES3周年を祝うスペシャルアルバムが配信スタート!初日のみお家芸300円!

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, CD, アルバム, リリース, 発売, 配信













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1