歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年11月18日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
3markets[ ]、2018年1月に1stアルバムレコ発ワンマン開催決定
Sat, 18 Nov 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3markets[ ]が2018年1月に1stアルバム『それでもバンドが続くなら』のリリースワンマンライブ『HOME PARTY』を開催することを発表した。このワンマンは先日解禁されたMV「下北沢のギターロック」の撮影舞台となった会場であり、3markets[ ]の所属レーベルLow-Fi Recordsを運営するライブハウス、吉祥寺Planet Kでの開催される。ホームパーティが苦手だと歌う3markets[ ]のホームグラウンドで行われるワンマン『HOME PARTY』に、是非足を運んでみてほしい。

■『1stアルバム 『それでもバンドが続くなら』リリースワンマン『HOME PARTY』』

1月12日(金) 吉祥寺Planet K
出演:3markets[ ]
O.A:篠山浩生(THURSDAY\'S YOUTH)
<チケット>
前売り¥3,300/当日¥3,800
※12月6日リリースのアルバム『それでもバンドが続くなら』を受付時に提示で1000円割引

アルバム『それでもバンドが続くなら』

2017年12月6日発売



LFRR-0005/¥2,700+税
<収録曲>
01.レモン×
02.僕はセックスができない
03.下北沢のギターロック
04.ホームパーティ
05.あきた
06.バンドマンと彼女
07.ヘッッドホン
08.人生詰んだ
09.バースデイ
10.裏セブンスター



【関連リンク】
3markets[ ]、2018年1月に1stアルバムレコ発ワンマン開催決定
3markets[ ]まとめ
アラン・パーソンズ・プロジェクト、名作『アイ・イン・ザ・スカイ』BOXセットリリース!

【関連アーティスト】
3markets[ ]
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース, ワンマン

アラン・パーソンズ・プロジェクト、名作『アイ・イン・ザ・スカイ』BOXセットリリース!
Sat, 18 Nov 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アラン・パーソンズ・プロジェクト、1982年の名作『アイ・イン・ザ・スカイ』の発売35周年記念した、レア音源・未発表音源を含むコレクター垂涎のデラックスボックスセットが発売された。CD3枚、LP2枚、オリジナル・アルバムの5.1サラウンド・ミックスおよびステレオHDミックスBlu-ray盤、未発表ボーナス音源、ソノシート、60ページの豪華ハードカバー解説本(英文)、1982年ポスターのレプリカが納められた豪華な内容。さらに、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルから出荷される商品には英文ライナーノーツの翻訳が封入されるという特典付き。

1982年にリリースされた名作『アイ・イン・ザ・スカイ』は、2009年12月9日に他界したエリック・ウルフソンと、アラン・パーソンズが手掛けた、アラン・パーソンズ・プロジェクト6作目のスタジオ・アルバム。様々な信念体系を音楽的に熟考するというコンセプトのこのアルバムのタイトルは、カジノの監視カメラ、地球を周回する衛星、そしてエジプト神ホルス(注:天空と太陽の神)の全能の目にちなんで付けられている。タイムリーでもあり時代を超える魅力を証明したこの作品は、21世紀に向けたアート、宗教、政治、文化を非常に先進的に暗示した眺望となっていた。

このボックス・セットに含まれるのは、CD3枚(CD1:オリジナル盤にボーナス・トラックを加えた拡張盤、CD2:エリック・ウルフソンのソングライティング・ダイアリー[注:デモ音源集]、CD3:未発表ボーナス音源。他にディスク4として、オリジナル・アルバムの5.1サラウンド・サウンドとステレオHDバージョンを収録したブルーレイ)。また、アナログ盤LP2枚(マイルス・ショウウェルがアビイ・ロード・スタジオにて、ハーフスピートによりカッテングを施し、45回転盤LP4面に収録したもの)、1982年のオリジナルのプロモ盤のソノシート・レプリカ、書き下ろしエッセイ、エリック・ウルフソンの個人的アーカイヴから最近発見された未発表写真、アルバム収録曲のレコーディングに参加したミュージシャンの多くによる語り下ろしインタビューが収録された60ページの豪華ハードカバー解説本、『アイ・イン・ザ・スカイ』の1982年のポスターおよび絵葉書のレプリカも含まれ、ボックスの表には「ホルスの目」の金箔スタンプも押されている。

今回、新たに発見されたボーナス音源はすべて、アルバムの往年のファンや初心者に可能な限り最高水準の音を体験してもらうべく、愛情と丹精を込めて復元されている。

「ソングライティング・ダイアリーのディスクは、このパッケージのとても特別な要素です」とサリー・ウルフソンは語る。「これには自分用のソングライティング・メモとしてテープにとらえられた、エリックのクリエイティヴィティにおける私的な瞬間が表れています。夫は楽譜を読んだり書いたりしなかったため、この方法で自作の曲を発展させていったのです。これらの音源は、夫の頭からアイデアが出てくるにつれ、曲が進化して行く様子を文字通り耳にすることができ、クリエイティヴなプロセスを垣間見るような素晴らしい洞察を与えてくれます。遺族にとってとても貴重なものであり、このアルバムだけで何時間もの音源が存在する中、このボックス・セットに収録するためのトラックをピックアップするのは困難を極めました。同じ曲のトラックが数多く収録されているところは、クリエイティヴな進行過程を描写しようとしたものです。ファンのみなさまが、アルバム『アイ・イン・ザ・スカイ』収録曲の誕生についての珍しい洞察を楽しんでくださいますように」。

アラン・パーソンズが付け加える。「『アイ・イン・ザ・スカイ』のマルチトラック・テープのトラックを再びすべて聞くのは素晴らしい体験だった。35年近くぶりに、ミックス前の生の状態で。楽曲の最終ミックスに選ばれた、様々な構成要素、演奏、マジックの瞬間を聴くのは素晴らしい体験だった。勿論、当時レコーディングしたもののすべてが最終ミックスに入っている訳ではないけれど、ボックス・セットに収録されたボーナス・トラックは、最終ミックスに使われなかったものについて興味深い洞察を与えてくれるんだ。音響マニアたちは真新しい5.1サラウンド・ミックスがあることを知って喜んでくれるだろう。僕も非常に満足している。ちなみにオリジナル盤のアナログ・ステレオ・マスター・テープから作られたHDステレオ・バージョンは、デジタル・ミックスと同時に録音されたものなんだ」。

下記のアラン・パーソンズ・プロジェクトのオフィシャルfacebookでアラン・パーソンズのインタビュー映像や商品説明映像を見ることが出来る。

■アラン・パーソンズ・プロジェクト オフィシャルfacebook
https://www.facebook.com/TheAlanParsonsProject/

アルバム『アイ・イン・ザ・スカイ - 35周年記念ボックス・セット』

発売中



【完全生産限定】(3CD+Blu-ray(オーディオ)+2LP)
<収録曲>
■CD1(Original Album&Expanded Bonus Tracks (originally released 2007))
01.Sirius
02.Eye In The Sky
03.Children Of The Moon
04.Gemini
05.Silence And I
06.You\'re Gonna Get Your Fingers Burned
07.Psychobabble
08.Mammagamma
09.Step By Step
10.Old And Wise
[Bonus Tracks]
11.Sirius (Demo)
12.Old And Wise (Eric Woolfson Vocal)
13.Any Other Day (Studio Demo)
14.Silence And I (Eric Woolfson Vocal)
15.The Naked Eye
16.Eye Pieces (Classical Naked Eye)
■CD2(Eric Woolfson\'s Songwriting Diaries (Previously Unreleased))
01.Eye in the Sky (Eric\'s Songwriting Diary 1)
02.Eye in the Sky (Eric\'s Songwriting Diary 2)
03.Eye in the Sky (Eric\'s Songwriting Diary 3)
04.Eye in the Sky (Eric\'s Songwriting Diary 4)
05.Children of the Moon (Eric\'s Songwriting Diary 1)
06.Children of the Moon (Eric\'s Songwriting Diary 2)
07.Gemini (Eric\'s Songwriting Diary 1)
08.Gemini (Eric\'s Songwriting Diary 2)
09.Gemini (Eric\'s Songwriting Diary 3)
10.Gemini&Silence and I (Eric\'s Songwriting Diary)
11.Silence and I (Eric\'s Songwriting Diary)
12.Cooper\'s Theme/ Silence and I chord beginnings (Eric\'s Songwriting Diary)
13.Cooper\'s Theme/ Silence and I beginnings (Eric\'s Songwriting Diary)
14.Silence and I/ Fly Away (Eric\'s Songwriting Diary 1)
15.Silence and I/ Fly Away (Eric\'s Songwriting Diary 2)
16.Old and Wise (Eric\'s Songwriting Diary 1)
17.Old and Wise (Eric\'s Songwriting Diary 2)
18.Old and Wise (Eric\'s Songwriting Diary 3)
■CD3(PREVIOUSLY UNRELEASED BONUS MATERIAL&Single Edits)
01.Eye In The Sky (Ian 12-string Acoustic Guitar Out Take)
02.Sirius and Eye In The Sky (Early Rough Mix)
03.Eye In The Sky (Eric Demo Verses - No Lyrics)
04.Children Of The Moon (12-string Acoustic Guitar & Marching Band Snare Drum)
05.Children Of The Moon (Early Rough Mix With Eric Demo Vocal)
06.Gemini (Chris Rainbow Vocal Harmonies)
07.Silence And I (Orchestral Take With Eric Demo Vocal)
08.You\'re Gonna Get Your Fingers Burned (Rough Mix Section - Different Guitar Solo)
09.You\'re Gonna Get Your Fingers Burned (Rough Mix with Alan Demo Vocal - Few Lyrics)
10.Psychobabble (Orchestral Take)
11.Psychobabble (Rough Mix With Eric Demo Vocal)
12.Step By Step (12-string Acoustic Guitars)
13.Step By Step (Rough Mix Backing Track - Extended Intro)
14.Old and Wise (Chris Rainbow Beach Boys Experiment)
15.Old & Wise (Eric Piano Track)
16.Eye in the Sky (Single Edit)
17.Old and Wise (Single Edit)
18.Psychobabble (Single Edit)
■DISC 4 (Blu-ray)/5.1 Surround Sound Mix (2017), Stereo HD version (1982)
01.Sirius
02.Eye In The Sky
03.Children Of The Moon
04.Gemini
05.Silence And I
06.You\'re Gonna Get Your Fingers Burned
07.Psychobabble
08.Mammagamma
09.Step By Step
10.Old And Wise
■VINYL (at 45 rpm)
・Disc-1
[Side 1]
Sirius
Eye In The Sky
Children Of The Moon
[Side 2]
Gemini
Silence And I
・Disc-2
[Side 1]
You\'re Gonna Get Your Fingers Burned
Psychobabble
[Side 2]
Mammagamma
Step By Step
Old&Wise

■FLEXIDISC
Excerpts from Eye in the Sky :
Sirius
Eye in the Sky
Psychobabble
Old and Wise



【関連リンク】
アラン・パーソンズ・プロジェクト、名作『アイ・イン・ザ・スカイ』BOXセットリリース!
Alan Parsons Projectまとめ
【→Pia-no-jaC← ライヴレポート】『BEST OF →PJ← TOUR 2017』2017年11月5日 at 東京国際フォーラム ホールC

【関連アーティスト】
Alan Parsons Project
【ジャンル】
洋楽, ニュース, アルバム, リリース, 発売

【→Pia-no-jaC← ライヴレポート】『BEST OF →PJ← TOUR 2017』2017年11月5日 at 東京国際フォーラム ホールC
Fri, 10 Nov 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 デビュー10周年を記念した全国ツアーも、いよいよファイナル。前半の第1部のセットリストは、最新作『EAT A CLASSIC 6』の収録曲も含むクラシックのカバーで構成されていた。スタイリッシュなスーツに身を包んだHAYATO(Piano)とHIRO(Cajon)が最初に届けたのはシューベルト「アヴェ・マリア」。遊び心に満ちたサウンドが、明るい手拍子と掛け声を誘っていた。鍵盤〜“3Dピアノ”に蛍光色が映える演出のリムスキー・コルサコフ「熊蜂の飛行」なども届けられ、片時も目も耳も離せない。そして、グランドピアノで温かい音色を奏でたベートーヴェン「悲愴」で第1部は締め括られた。

 組曲『  』からスタートした第2部は、代表曲の数々をたっぷりと聴かせてくれた。“ライヴ前にいつも手を重ねてハイタッチするんだけど、HAYATOの手が柔らかいんです”というHIROの発言が爆笑を巻き起こすなど、時折挟まれるMCも絶好調。“デビューして10周年。言うても10周年。これからもみんなと楽しんでいけたらなと思っています”というHAYATOの言葉が感動的だった。アンコールではHAYATOのソロアルバム『Fine』に収録されている「幻奏」も披露。ラストを飾った「PEACE」は、笑顔を浮かべた観客がいっせいに手拍子。エンディングを迎えた時、会場全体で掲げられたたくさんのピースサインは、→Pia-no-jaC←の10周年を祝福していたと同時に、今後の活動への大きな期待も示しているのを感じた。

撮影:山口比佐夫/取材:田中 大

セットリスト

【第1部】

1.シューベルト/アヴェ・マリア

2.シューベルト/シューベルトの子守歌

3.モーツアルト/アイネクライネ

4.リムスキー=サルコフ/熊蜂の飛行

5.モーツアルト/「フィガロの結婚」序曲〜ヨハン・シュトラウス/美しき青きドナウ

6.ベートーベン/交響曲 第9番 二短調 作品125「合唱」第4楽章

7.J.S.バッハ/主よ、人の望みの喜びよ

8.ヴィヴァルディ/ヴァイオリン協奏曲「四季」より「冬」

9.エリック・サティ/ジムノペディ 第1番

10.ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調「悲愴」第2楽章

【第2部】

11.組曲『  』

12.台風

13.残月

14.花音 〜カノン〜

15.TASOGARE

16.花火 〜HANABI〜

17.ミッキーマウス・マーチ(ミッキーマウス・クラブ)&星に願いを(ピノキオ)

18.うさぎDASH

19.Paradiso

20.「クロノ・トリガー」より“風の憧憬〜FINAL FANTASY「ビッグブリッヂの死闘〜妖星乱舞〜片翼の天使」〜ドヴォルザーク/交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」第4楽章

21.風雅

22.METROPOLIS

<ENCORE>

1.幻奏(HAYATOソロ曲)

2. Jack

3.PEACE

→Pia-no-jaC←

ピアノジャック:ピアノ担当のHAYATOとカホン担当のHIROによるインストゥルメンタルユニット。グループ名はふたりがそれぞれ担当する楽器、ピアノとカホンを組み合わせたもの。2005年に結成し、08年9月に1stアルバム『First Contact』をリリース。ピアノと打楽器というシンプルな構成ながら、ジャズとクラシックを融合させた音楽性、重厚な力強さと跳ねるような繊細さを併せ持った楽曲が話題を呼ぶ。



【関連リンク】
【→Pia-no-jaC← ライヴレポート】『BEST OF →PJ← TOUR 2017』2017年11月5日 at 東京国際フォーラム ホールC
→Pia-no-jaC←まとめ
ChouCho、最新アルバムよりMV&アー写公開

【関連アーティスト】
→Pia-no-jaC←
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.159, インストゥルメンタル

ChouCho、最新アルバムよりMV&アー写公開
Sat, 18 Nov 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年1月17日に3rdアルバム『color of time』をリリースするChouChoの最新アーティスト写真と表題曲のミュージックビデオ(short ver.)が公開となった。

今作は話題のアニメ主題歌が多数収録されるほか、ChouCho自信が作詞・作曲を手がける楽曲も収録され、彼女自身の持つ感性が存分に感じられる1枚。ジャケットや収録内容の続報は近日公開予定となるので続報にも期待したい。

さらに、アルバムを提げてライブツアーの開催も決定しており、ホームページ1次先行受付が開始している。

■「color of time」MV(short ver.)


https://youtu.be/JDxMZLclEaoアルバム『color of time』

2018年1月17日発売



【初回限定盤】(CD+BD)
LACA-35680/¥3,800+税
【通常盤】(CD)
LACA-15680/¥3,000+税

『ChouCho Live Tour 2018 〜color of time〜』

2月12日(月・祝) 仙台HOOK
2月17日(土) SPADE BOX
2月18日(日) ESAKA MUSE
2月24日(土) DRUM SON
3月04日(日) 代官山UNIT
<チケット>
・ホームページ1次先行
受付期間:11月18日(土)13:00〜12月10日(日)23:59
受付URL:http://eplus.jp/choucho2018/
※枚数制限:お一人様4枚まで



【関連リンク】
ChouCho、最新アルバムよりMV&アー写公開
ChouChoまとめ
ノエル・ギャラガー、最新アルバムよりリリックビデオ公開

【関連アーティスト】
ChouCho
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

ノエル・ギャラガー、最新アルバムよりリリックビデオ公開
Sat, 18 Nov 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

海外でも最高傑作との呼び声も高い、元オアシスのノエル・ギャラガーによるソロプロジェクト“ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ”の最新アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?』から、女性の素晴らしさを讃えたシングル「ホーリー・マウンテン」につづき、新曲「イッツ・ア・ビューティフル・ワールド」のリリックビデオが公開された。

ノエルは「美しい世界」と題されたこの曲について、「テロリズムや憎しみのある現在の世界を考えると、音楽をもっと世界にもたらすべきだし、そういう曲は喜びを秘めた曲であるべきなんだ。そしてソングライターとして喜びの曲を書くということは物事に屈しないということだ。酷いことや憎しみに直面しても、“美しい世界だ”と言えるというのは、物事に屈しないというメッセージだと思う」と、曲に込めた思いを語っている。

また、先日はこの「イッツ・ア・ビューティフル・ワールド」と「ホーリー・マウンテン」をイギリスのテレビで初ライヴ披露し話題を呼んでいる。アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?』はいよいよ11月22日(水)、世界に先駆けここ日本で先行発売となる。

■『It\'s A Beautiful World』 リリックビデオ


https://youtu.be/ZNqADIBkovAアルバム『Who Built The Moon?』

2017年11月22日(水)発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SICX95-96/¥3,400+税
※仕様:ハードカバー・ブックレット+3方背ボックス
【通常盤】(CD)
SICX97/¥2,200+税
※仕様:紙ジャケット
※国内盤ボーナス・トラック収録(初回限定盤・通常盤共通)
※歌詞・対訳・解説付
<収録曲>
■CD
01.Fort Knox フォート・ノックス
02.Holy Mountain ホーリー・マウンテン
03.Keep On Reaching キープ・オン・リーチング
04.It\'s A Beautiful World イッツ・ア・ビューティフル・ワールド
05.She Taught Me How To Fly シー・トート・ミー・ハウ・トゥ・フライ
06.Be Careful What You Wish For ビー・ケアフル・ホワット・ユー・ウィッシュ・フォー
07.Black & White Sunshine ブラック&ホワイト・サンシャイン
08.Interlude (Wednesday Part 1) インタールード (ウェンズデイ・パート1)
09.If Love Is The Law イフ・ラヴ・イズ・ザ・ロー
10.The Man Who Built The Moon ザ・マン・フー・ビルト・ザ・ムーン
11.End Credits (Wednesday Part 2) エンド・クレジッツ (ウェンズデイ・パート2)
12.Dead In The Water (Live at RT? 2FM Studios, Dublin)デッド・イン・ザ・ウォーター (ライヴ・アット RTE 2FM スタジオズ, ダブリン)※世界ボーナス・トラック
13.God Help Us All ゴッド・ヘルプ・アス・オール ※日本盤CDボーナス・トラック
■DVD※初回生産限定盤のみ
日本独自企画盤となる初回限定盤(CD+DVD)のDVDに収録されるのは、ノエル本人によるアルバムの楽曲解説(トラック・バイ・トラック)と、50歳でリリースされる新作を記念して自身が語る『ノエル・ギャラガー50年史と未来予想』。
01.Who Built The Moon? Track By Track(アルバム「フー・ビルト・ザ・ムーン?」トラック・バイ・トラック)
02.Noel Gallagher Discusses The Past And Looks To The Future(ノエル・ギャラガー・ディスカスズ・ザ・パスト・アンド・ルックス・トゥ・ザ・フューチャー(日本独自制作映像))
※日本語字幕付き

◎ iTunes予約ページ ※2017年11月22日(水)配信開始
https://itunes.apple.com/jp/album/id1282896072?at=10lpgB&ct=4547366333640_al&app=itunes



【関連リンク】
ノエル・ギャラガー、最新アルバムよりリリックビデオ公開
Noel Gallagherまとめ
Oasisまとめ
Noel Gallagher\'s High Flying Birdsまとめ
初音ミク、初の大阪公演が大盛況

【関連アーティスト】
Noel Gallagher, Oasis, Noel Gallagher\'s High Flying Birds
【ジャンル】
洋楽, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

初音ミク、初の大阪公演が大盛況
Sat, 18 Nov 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月17日(金)、初の大阪公演が開催された『初音ミクシンフォニー2017』。開場前から長蛇の物販列ができ、会場となったフェスティバルホールは多くの賑わいを見せていた。18時に開場し、多くの初音ミクファンがシンフォニーを聴いて10周年を祝おうと思い思いに入場し、19時のオンタイムに開演。会場が暗転したのちに、Mitchie Mが未来序曲 (short ver.\'17)で動画公開していた今回のKEIが描き下ろしたメインビジュアルを3Dモデリング化した初音ミクがバイオリンを片手に華麗に登場。見事なオープニングを飾り、そのまま初披露の未来序曲フルヴァージョンを初音ミク歌唱で演奏、続いて2016年に演奏して好評だった「Tell Your World」(kz(livetune))を大阪公演限定で演奏した。

そして、大スクリーン画面に司会の初音ミクが登場。10周年のお祝い、初音ミクシンフォニーの開催のお礼、そして今回演奏する『大阪フィルハーモニー交響楽団』、指揮の栗田博文を紹介した。そして、初音ミクの消失から今回初演奏となる初音ミクの激唱(cosMo@暴走P)を初音ミクの高速Vocalに合わせて見事にに演奏し、今年、初音ミクと同じく10周年を迎える「鏡音リン、鏡音レン10周年楽曲メドレー」を演奏、そして四季折の羽(ひとしずく×やま△)、Fire◎Flower(halyosy)をフル尺で演奏し、鏡音リン、鏡音レン アニバーサリーイヤーに華を添えた。2016年に引き続き、『SEGA Project DIVAコーナー』にてODDS&ENDS〜メルト「ryo(suoercell)メドレー」、ゴーストルール(DECO*27)を演奏した後、「初音ミク名曲 小編成コーナー」のピチカート小編成演奏が場を和ませた。

そして、今回目玉の事前公開されていなかった『ボカロPピックアップコーナー』に選出されたのは、ジミーサムP。大ヒット曲「from Y to Y」、復活のきっかけとなった「Reboot」、名バラード曲である「Starduster」をフル尺で3曲続いて演奏し、感動の拍手が巻き起こった。初音ミクの司会が残り2曲と告げ、オーディエンスに向け改めて10周年への感謝を告げ、黎明期の名曲「歌に形はないけれど(doriko)」、ラストは、合唱団を従えて初音ミク、鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカ、KAITO、MEIKO 6人全員が「Connecting(halyosy)」を歌唱。優雅なオーケストラに合わせて、VOCALOID達と合唱団が大阪公演アニバーサリーコンサートの終演を飾った。

■【セットリスト】

OP.Mitchie M 「初音ミクシンフォニー」オープニングテーマ『未来序曲』フルver.
01.Tell Your World(kz(livetune))
02.初音ミクの消失〜初音ミクの激唱(cosMo@暴走P)
03.「鏡音リン、鏡音レン」10周年楽曲メドレー」炉心融解(iroha)〜 ココロ(トラボルタ)〜 悪ノ娘、悪ノ召使(mothy_悪ノP)〜 ロストワンの号哭(Neru)
04.四季折の羽(ひとしずく×やま△)
05.Fire◎Flower(halyosy)
【SEGA Project DIVAコーナー】
06.ODDS&ENDS〜メルト【ryo(suoercell)メドレー】
07.ゴーストルール(DECO*27)
【初音ミク名曲 小編成コーナー(メドレー)】
08.みくみくにしてあげる♪【してやんよ】(ika)〜 Ievan Polkka 〜 Nyan Cat(daniwellP) 〜 子猫のパヤパヤ(ワンカップP)
【ボカロP ピックアップコーナー】
09.from Y to Y〜Reboot〜Starduster(ジミーサムP)
10.歌に形はないけれど(doriko)
11.Connecting(halyosy)
12.エンディング

『初音ミクシンフォニー2017』

11月29日(水) 東京国際フォーラム・ホールA
<出演>
初音ミク
<演奏>
東京フィルハーモニー交響楽団
<チケット>
■スペシャルシート(デザインチケット&限定グッズ&パンフレット付):¥14,800(税込)
【スペシャルシートオリジナルグッズ一覧】
・オリジナルデザインチケット
・オフィシャルパンフレット
・オリジナルTシャツ(Illustration:寺田てら)
・オリジナルラバーストラップ(Illustration:iXima)
・オリジナルクリアファイル
・オリジナル不織布バッグ
■S席:¥9,000(税込)
■A席:¥8,000(税込)

◎一般発売中
・イープラス:http://eplus.jp/miku10th-sym/
・ローソンチケット:http://l-tike.com
【東京公演】0570-084-003 Lコード:32412
・チケットぴあ:http://t.pia.jp
【東京公演】0570-02-9999 Pコード:344-200



【関連リンク】
初音ミク、初の大阪公演が大盛況
初音ミクまとめ
Shine Fine Movement、1stシングル「光クレッシェンド」MV&ジャケ写解禁

【関連アーティスト】
初音ミク
【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース, ボーカロイド, セットリスト, ライブレポ

Shine Fine Movement、1stシングル「光クレッシェンド」MV&ジャケ写解禁
Sat, 18 Nov 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日本コロムビアが2016年4月に立ち上げたアイドルレーベル「Label The Garden」。これまで2016年12月にFlower Notes、2017年3月にClef Leafがメジャーデビューしてきたが、それに続く第3弾メジャーデビューグループとしてShine Fine Movementがシングル「光クレッシェンド」を12月13日(水)にリリースする。今回そのデビューシングルのジャケ写と表題曲のミュージックビデオが公開された。本作品のアートワークには印象的なモチーフである“光”が散りばめられており、ミュージックビデオでのレンズフレアを使った演出にも注目だ。

さらに、シングル表題曲「光クレッシェンド」はTBS系「有田ジェネレーション」の12月・1月度エンディングテーマに決定している。Label The Gardenの楽曲は音楽的な面からも高い評価を受けていることで知られているが、「光クレッシェンド」はDenon「良い音で聴いてみたいレコメンドナンバー」キャンペーンにもピックアップされることが決定しており、2017年12月1日から2018年1月末まで全国のヨドバシカメラとビックカメラの各店舗に設置されているデノンブースにて高音質で楽しむことができる。

また、メンバーの橘三姉妹は設定ではなく実の姉妹。三姉妹がひとつのグループで活動しているということは群雄割拠が続く昨今のアイドルシーンにおいても非常に珍しいことなのではないだろうか。長女の橘莉子(たちばな りこ)は2017年の夏に開催された週刊ヤングジャンプ『サキドルエースSURVIVAL SEASON7』に参戦し、グラビアでも注目を集めたのが記憶に新しい。

現在、Shine Fine Movementは各地にて「光クレッシェンド」リリースイベントを開催中。12月1日(金)には、渋谷WWWにてLabel The Gardenに所属する全グループが一堂に会する『Label The Garden “Harvest Vol.2” 〜恋花 1st Anniversary〜』が開催される。足を運んでみればきっとお気に入りのグループが見つかるのではないだろうか。

■「光クレッシェンド」MV


https://www.youtube.com/watch?v=6-aBjo1g3qUシングル「光クレッシェンド」

2017年12月13日発売



【Type-A】
COCA-17394/¥1,111+税
<収録予定曲>
・光クレッシェンド 他



【Type-B】
COCA-17395/¥1,111+税
<収録予定曲>
・光クレッシェンド 他

『Label The Garden “Harvest Vol.2” 〜恋花 1st Anniversary〜』

12月01日(金) 東京・渋谷WWW



【関連リンク】
Shine Fine Movement、1stシングル「光クレッシェンド」MV&ジャケ写解禁
Shine Fine Movementまとめ
和楽器バンド、全国ホールツアーのライブ映像ダイジェストを公開

【関連アーティスト】
Shine Fine Movement
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル

和楽器バンド、全国ホールツアーのライブ映像ダイジェストを公開
Sat, 18 Nov 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

和楽器バンドのベストアルバム『軌跡 BEST COLLECTION+』のLIVE映像盤に収録される全国ホールツアー『和楽器バンド HALL TOUR 2017 四季ノ彩 -Shiki no Irodori- 』のダイジェスト映像が公開された。

同ツアーは2017年3月にリリースされた3rdアルバム『四季彩-shikisai-』の収録楽曲を中心に披露された、和楽器バンドにとって初の全国ホールツアーで、ベストアルバム『軌跡 BEST COLLECTION+』には東京国際フォーラムでの最終公演の模様が収録される。「千本桜」や「起死回生」での圧倒的なパフォーマンスはもちろん、バラード曲「オキノタユウ」では、鈴華(Vo)の圧倒的な歌唱力に5,000人の老若男女が酔いしれ、さらにアンコールでは初のCDシングルとなった「雨のち感情論」が初披露されるなど、非常に見ごたえのある内容となっている。

なお、ベストアルバム『軌跡 BEST COLLECTION+』は『和楽器バンド HALL TOUR 2017 四季ノ彩 -Shiki no Irodori- 』の模様が収録されるLIVE映像盤の他に、これまでに発表されたMUSIC VIDEOがすべて収録されるMUSIC VIDEO盤、一青窈との共作「東風破-日本語バージョン-」がボーナストラックとして収録されたCD ONLY盤がリリースされる。

■『和楽器バンド HALL TOUR 2017 四季ノ彩 -Shiki no Irodori- 』ダイジェスト映像


https://www.youtube.com/watch?v=BfDIK-64iToアルバム『軌跡 BEST COLLECTION+』

2017年11月29日発売



【数量限定豪華盤】(CD+6DVD+3Blu-ray+40P写真集)
AVZI-93778/B〜J/¥27,000(税込)
※mumo・FC八重流限定流通
【MUSIC VIDEO盤】(CD+2DVD/Blu-ray)
■CD+2DVD
AVCD-93773/B〜C/¥4,320(税込)
■CD+Blu-ray
AVCD-93774/B/¥5,184(税込)
【LIVE映像盤】(CD+2DVD/Blu-ray)
■CD+2DVD
AVCD-93775/¥6,480(税込)
■CD+Blu-ray
AVCD-93776/¥7,344(税込)
【CD ONLY盤】(CD)
AVCD-93777/¥3,024(税込)
※ボーナストラック「東風破-日本語バージョン-」収録

【フリーライブ概要】

12月03日(日) 東京国立博物館本館 特設野外ステージ
※雨天中止



【関連リンク】
和楽器バンド、全国ホールツアーのライブ映像ダイジェストを公開
和楽器バンドまとめ
whiteeeenの新メンバー募集オーディションに応募が殺到!

【関連アーティスト】
和楽器バンド
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム

whiteeeenの新メンバー募集オーディションに応募が殺到!
Sat, 18 Nov 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

年少メンバーmeriのグループ卒業と同時にスタートしたwhiteeeenの新メンバー募集オーディションが現在応募総数3万を超えて注目を集めている

透明感のあるピュアな歌声が10代20代から圧倒的支持を得ている4人組女性ボーカルユニット・whiteeeen。2015年に “声"のみで選ばれたmeri、kana、hima、noaの4人で誕生し、GReeeeNの代表曲をカバーした「愛唄〜since 2007〜」でメジャーデビューを果たしたわけだが、今回のオーディションではその「愛唄〜since2007〜」をアカペラで1コーラス歌った動画を投稿し、エントリーするという方式がとられている。そして、12月初旬にファイナリストが選ばれ、12月下旬に新メンバーが決まるというスケジュールだ。なお、Mix Channel、第一興商“DAM★とも"ではエントリー方法が異なるオーディション窓口が開設されている。

また、新生whiteeeenの為に新曲の準備を進めていることをwhiteeeenのプロデューサーであるJINが明かした。そして、自身のツイッターアカウントから新曲のデモ音源を乗せた映像を投稿。この突然の公開にファンからは驚きと期待を寄せるコメントが続々と届いている。

新体制に向け着々と準備が進んでいる新生whiteeeen。新メンバーオーディションの応募締め切りは来週11月20日(月)23:59まで。歌うことが大好きな人、そして何よりwhiteeeenが大好きで一緒に活動したい人は是非チャレンジしてみよう!

■プロデューサーJINからのメッセージ

毎日いろんなことが起きますね
人生何かが変わる時は小さくてもいいから動き出した時
その指が、その想いが、
人生を変える一瞬なのかも知れません。
それが出来る場所を作ってあげたい。
あなたへの準備は出来ました!



【関連リンク】
whiteeeenの新メンバー募集オーディションに応募が殺到!
whiteeeenまとめ
Angelo、ニューアルバムを引っ提げた全国ツアー開幕

【関連アーティスト】
whiteeeen
【ジャンル】
J-POP, ニュース, グループ

Angelo、ニューアルバムを引っ提げた全国ツアー開幕
Sat, 18 Nov 2017 11:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Angeloが9月にリリースしたアルバム『HETERODOX』を引っさげて11月17日、六本木EX THEATER ROPPONGIにて全国ツアー『Angelo Tour「REVERSAL OF HETERODOXY」』を開始させた。ステージ全面にスクリーンを展開し、大迫力の映像と重低音で駆けつけたファンを魅了。冒頭のMCでは「会いたかった、暴れっぷりを楽しみにしてるから」と客を煽り、「HETERODOX」の世界観を映像とあわせて表現。そして、終盤でキリトより「いつも死ぬ覚悟でステージに臨んでいて、皆んなの愛で生かされています、だから次の誕生日まで、そのいびつで深い愛で僕を生かして下さい」と2018年2月24日に決まったキリト誕生日のライブを発表しながら語った。なお、このツアーは、年明けの赤坂BLITZまで続く。

『Angelo Tour「REVERSAL OF HETERODOXY」』

11月22日(水) TSUTAYA O-EAST
11月23日(木・祝) YOKOHAMA Bay Hall
11月28日(火) 新宿BLAZE
11月29日(水) 新宿BLAZE
12月07日(木) umeda TRAD(旧AKASO)
12月09日(土) 名古屋DIAMOND HALL
12月14日(木) 広島CLUB QUATTRO
12月16日(土) 熊本B.9 v1
12月17日(日) 福岡DRUM LOGOS
12月23日(土・祝) 札幌PENNY LANE24
12月25日(月) TSUTAYA O-EAST(FC限定)
12月30日(土) 仙台Rensa
<2018年>
1月05日(金) マイナビBLITZ赤坂 ※追加公演
1月06日(土) マイナビBLITZ赤坂 ※追加公演

『Angelo LIVE at TOKYO DOME CITY HALL「THE CYCLE OF REBIRTH」』

2月24日(土) TOKYO DOME CITY HALL
<チケット>
全指定¥6,480(税込)※ドリンク代別



【関連リンク】
Angelo、ニューアルバムを引っ提げた全国ツアー開幕
Angeloまとめ
キリトまとめ
aiko、新曲「予告」のCMスポット『予告の予告』公開

【関連アーティスト】
Angelo, キリト
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ツアー, ライブレポ

aiko、新曲「予告」のCMスポット『予告の予告』公開
Sat, 18 Nov 2017 11:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

aikoが11月29日にリリースするニューシングル「予告」の30秒CMスポット映像『予告の予告』が公開された。楽曲になぞらえて『予告の予告』と名付けられた映像には、aikoにとっては珍しいフォーマルな衣装を身に纏ったaikoが円形に向かい合ったバンドメンバーの真ん中で楽しそうにパフォーマンスする姿や、赤いワンピースで飛び跳ねながら歌うシーンなどが収められており、その名の通り、楽曲を彩る”予告”映像に仕上がっている。

■「予告」30秒『予告の予告』映像


https://youtu.be/rMIwC-cZgNQシングル「予告」

2017年11月29日発売



【初回限定仕様盤】
PCCA.15037/¥1,200+税
※初回限定仕様盤:カラートレイ&8Pブックレット
<収録曲>  
1.予告 
2,間違い探し
3.月が溶ける
4.予告(instrumental)

◎先着購入特典
・ポスター(B2サイズ)
CDショップにて購入いただきますと先着でポスター(B2サイズ)をプレゼント
※全国のCDショップ(タワーレコード、TSUTAYA、HMV、新星堂他)、WEBショップ(amazon 他)が対象です。詳しくはお近くのCDショップに直接お問い合わせください。
※特典は数に限りがございます。無くなり次第終了となりますのでご了承ください。
※一部取り扱いのないCDショップ・WEBショップもございます。各CDショップ・WEBショップの告知をご確認ください。



【通常仕様盤】
PCCA.15037/¥1,200+税



【関連リンク】
aiko、新曲「予告」のCMスポット『予告の予告』公開
aikoまとめ
ポタリ、2ndアルバム『ポタリの2』収録曲「MUSIC」先行配信決定

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 発表, 新曲, リリース

ポタリ、2ndアルバム『ポタリの2』収録曲「MUSIC」先行配信決定
Sat, 18 Nov 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ポタリが2018年1月17日にリリースする2ndアルバム『ポタリの2』の中からリード曲「MUSIC」の先行配信を行うことを、自身が出演するラジオ番組ZIP-FM「#POTARENA」にて発表した。配信日は12月1日(金)から随時、各配信サイトにて配信されるとのこと。リリース後には、アルバム『ポタリの2』の全曲配信も予定している。

また、11月18日(土)にはシングル曲「夏の言い訳」の配信もスタート! 「夏の言い訳」の配信は、「君とアワー」「ナイショ ナイショ」「ハルノカゼ」に続き4曲目の楽曲配信となり、ますますアルバム発売に向けて準備は整いつつある。

アルバム『ポタリの2』

2018年1月17日発売



TRISE-0025/¥2,500(税込)
<収録曲>
■CD
01.MUSIC
02.Scope
03.君とアワー
04.AGFG
05.セツナジェットコースター(Album ver.)
06.ナイショ ナイショ
07.カメレオンガール
08.最終列車
09.ハルノカゼ
10.scratch
11.夏の言い訳
12.走る

『2018年東名阪ワンマンライブ』

3月24日(土) 大阪・心斎橋Pangea
3月25日(日) 東京・渋谷TSUTAYA O-Crest
3月29日(木) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
※詳細は11月下旬発表予定



【関連リンク】
ポタリ、2ndアルバム『ポタリの2』収録曲「MUSIC」先行配信決定
ポタリまとめ
POLYSICS、アルバム収録曲「That\'s Fantastic!」のMV公開

【関連アーティスト】
ポタリ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, アルバム, 配信

POLYSICS、アルバム収録曲「That\'s Fantastic!」のMV公開
Sat, 18 Nov 2017 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年で結成20周年を迎えたPOLYSICS。11月29日にリリースする通算15枚目となるニューアルバム『That\'s Fantastic!』より、収録曲「That\'s Fantastic!」のミュージックビデオを公開した。今回のミュージックビデオは結成20周年にふさわしく、POLYSICSが今まで発表してきた様々な映像やグラフィックが縦横無尽にコラージュされた、POLYSICSらしさ溢れる斬新でフレッシュな映像作品となっている。また、10月に新加入したメンバー・ナカムラリョウのライブシーンも織り交ぜられており、4人体制で新たに始動したPOLYSICSを感じる事が出来る。さらに、「That\'s Fantastic!」の先行配信も開始しているので、こちらも併せて要チェック!

2018年1月11日からは全国22か所を回る全国ツアー『POLYSICS結成20周年記念TOUR “That\'s Fantastic!" 〜Hello! We are New POLYSICS!!!! 〜』がスタートする。4人体制で初のワンマンツアーとなる今回、新しいPOLYSICSをぜひ体感してほしい。

■「That\'s Fantastic!」配信URL
https://kmu.lnk.to/auN8cAW

■「That\'s Fantastic!」MV


https://youtu.be/M8q1T0mzyCoアルバム『That’s Fantastic!』

2017年11月29日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD+12cm缶バッジ)
価格:¥4,104(税込)
<収録曲>
■CD
1. That\'s Fantastic!
2. Crazy My Bone
3. Cock-A-Doodle-Doo
4. ルンバルンバ 
5. Sea Foo
6. Pretty UMA
7. Shut Up Baby
8. Toisu Non Stop
9. You Talk Too Much
10. I Have No Idea
11. Ga Ga Ga Ga Gaping
12. ダンス グミグミ
13. ロックンロー
■DVD
“THE TOISU!!!! 1st LIVE"at SHIBUYA CLUB QUATTRO & “Tune Up!" from “20周年 OR DIE!!! All Time POLYSICS!!!
1. opening
2. Buggie Technica(from“THE TOISU!!!! 1st LIVE"at SHIBUYA CLUB QUATTRO)
3. Young OH! OH!(from“THE TOISU!!!! 1st LIVE"at SHIBUYA CLUB QUATTRO)
4. PLUS CHICKER(from“THE TOISU!!!! 1st LIVE"at SHIBUYA CLUB QUATTRO)
5. シーラカンス イズ アンドロイド(from“THE TOISU!!!! 1st LIVE"at SHIBUYA CLUB QUATTRO)
6. How are you?(from“THE TOISU!!!! 1st LIVE"at SHIBUYA CLUB QUATTRO)
7. カジャカジャグー(from“THE TOISU!!!! 1st LIVE"at SHIBUYA CLUB QUATTRO)
8. MEGA OVER DRIVE(from“THE TOISU!!!! 1st LIVE"at SHIBUYA CLUB QUATTRO)
9. URGE ON!!(from“THE TOISU!!!! 1st LIVE"at SHIBUYA CLUB QUATTRO)
10. Tune Up!( from “20周年 OR DIE!!! All Time POLYSICS!!!)



【通常盤】(CD)
価格:¥3,059(税込)

結成20周年記念TOUR 『“That\'s Fantastic!" 〜Hello! We are New POLYSICS!!!!〜』

1月11日(木)  千葉・LOOK
1月14日(日)  北海道・札幌BESSIE HALL
1月18日(木)  愛知・名古屋CLUB UPSET
1月20日(土)  長野LIVE HOUSE J
1月21日(日)  栃木・宇都宮HELLO DOLLY
1月24日(水)  京都・GROWLY
1月25日(木)  広島・セカンド・クラッチ
1月27日(土)  鹿児島・SRホール
1月28日(日)  熊本・Django
2月01日(木)  静岡・UMBER
2月03日(土)  兵庫・姫路Beta
2月04日(日)  山口・周南LIVE rise
2月09日(金)  福島・郡山CLUB#9
2月11日(日・祝)  岩手・盛岡the five morioka
2月12日(月・祝)  宮城・仙台LIVE HOUSE enn 2nd
2月16日(金)  新潟・GOLDEN PIGS BLACK STAGE
2月17日(土)  石川・金沢vanvan V4
2月18日(日)  大阪・心斎橋Music Club JANUS
2月22日(木)  福岡・the voodoo lounge
2月24日(土)  愛媛・松山Double-u studio
2月25日(日)  香川・高松TOONICE
3月02日(金)  東京・LIQUIDROOM



【関連リンク】
POLYSICS、アルバム収録曲「That\'s Fantastic!」のMV公開
POLYSICSまとめ
小田和正の『クリスマスの約束』、2017年は千葉ポートアリーナで開催

【関連アーティスト】
POLYSICS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, ツアー

小田和正の『クリスマスの約束』、2017年は千葉ポートアリーナで開催
Fri, 17 Nov 2017 17:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

小田和正によるクリスマス恒例のコラボレーションライブ番組『クリスマスの約束』が、2017年は12月25日(月)深夜23時40分からTBS系列にて放送される。2001年の放送開始以来、深夜帯にもかかわらず常に高視聴率をマーク。これまで2度にわたりギャラクシー賞を受賞、さらに放送文化基金優秀賞を受賞するなど、“放送業界屈指の音楽特番”と称するに値する番組の一つと言われている『クリスマスの約束』。17回目となる2017年は、千葉市内にある千葉ポートアリーナでお届け。古希を迎えた小田を盛大にお祝いしようと、4万通を超える延べ10万人の応募の中から選ばれた3,000人の観客が、小田をはじめ豪華 アーティストたちの奏でる名曲に酔いしれた。

「アーティスト同士がお互いを認め、愛し、尊敬する」という共通の思いで、小田と共に番組を支え続ける仲間たち、通称“委員会バンド”(小田が命名。メンバーは、小田、スキマスイッチ、根本要、水野良樹)は、2017年3月1日に逝去したムッシュかまやつを偲び「あの時君は若かった」「我が良き友よ」「どうにかなるさ」など名曲をメドレーで披露。JUJU、松たか子、和田唱は小田と共にカーペンターズの名曲を披露するほか、それぞれ思い入れのある楽曲を小田と共にお届けする。このほか和田は、小田と選んだという映画音楽メドレーを、観客とのコーラスと共に披露し、その場を楽しんでいた。さらに、シンガーソングライター・熊木杏里が番組初登場!『クリスマスの約束』を番組スタート当初から見ていたという熊木は小田のギター伴奏でのびのびと楽曲を披露する。「70歳をこえてもなお、素晴らしい楽曲を制作し、披露し続ける小田さんこそが奇跡!」と番組プロデューサーが収録冒頭で語った通り、小田の曲を惜しみなく披露した2017年の『クリスマスの約束』、ぜひお楽しみに。

■TBS系列『クリスマスの約束 2017』

12月25日(月)深夜23 :40〜25:25放送
出演: 小田和正
ゲスト:熊木杏里/JUJU/スキマスイッチ/根本 要(STARDUST REVUE)/松 たか子/水野良樹(いきものがかり)/和田唱(TRICERATOPS)  ※50音順
バンドメンバー:木村万作(ドラム&パーカッション)/栗尾直樹(キーボード)/稲葉政裕(ギター)/有賀啓雄(ベース)
ストリングス:金原千恵子(ファーストバイオリン)/吉田翔平(セカンドバイオリン)/徳高真奈美(ヴィオラ)/堀沢真己(チェロ)



【関連リンク】
小田和正の『クリスマスの約束』、2017年は千葉ポートアリーナで開催
小田和正まとめ
熊木杏里まとめ
JUJUまとめ
いきものがかりまとめ

【関連アーティスト】
小田和正, 熊木杏里, JUJU, いきものがかり, TRICERATOPS
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 音楽番組

The Wisely Brothers、メジャーデビュー! 1stアルバム発売決定!!
Fri, 17 Nov 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

都内高校の軽音楽部て?結成された3ヒ?ースカ?ールス?ハ?ント?・The Wisely Brothersが、11月17日(金)渋谷WWWで開催したワンマンライブ『The Letter 7inchアナログ発売企画「Letter Of Mountains」』にて2018年2月21日にキャリア初となる1stフルアルバムをリリースし、メジャーデビューすることを発表した。アルバムに関する詳細情報は後日発表となるので続報を楽しみに待っていてほしい。また、この発表に併せて、新しいアーティスト写真も公開! 小林光大によって撮影され、屋上に仲睦まじく横たわる3人が魅力的な写真に仕上がっている。

さらに、11月8日(水)にリリースした7inchアナロク?「The Letter」のミュージックビデオも公開中。「The Letter」は来日ツアーて?共演し、友となったニューヨーク在住のシンカ?ーソンク?ライター・フランキー・コスモス宛に送った手紙をテーマにした全編英詩の爽快なロックチューン。この7inchアナログに収録されている2曲は11月17日(金)よりiTunesやApple Music、Spotifyなどで配信スタートしている。

■「The Letter」MV


https://youtu.be/i_1_3gBu_Swアルバム『タイトル未定』

COCP-40274/¥2,593+税



COCP-40274/¥2,593+税
※タイトル、収録曲など詳細は後日発表予定

7inchシングル「The Letter」 

発売中



LAEP-1007/¥1,500+税
<収録曲>
A面 The Letter
B面 アニエスベー EMCAT Remix



【関連リンク】
The Wisely Brothers、メジャーデビュー! 1stアルバム発売決定!!
The Wisely Brothersまとめ
リアクション ザ ブッタ、連続ワンマン第2夜は“あなた”に寄り添う熱いライブ!

【関連アーティスト】
The Wisely Brothers
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, アルバム, リリース, 発売

リアクション ザ ブッタ、連続ワンマン第2夜は“あなた”に寄り添う熱いライブ!
Fri, 17 Nov 2017 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月16日、リアクション ザ ブッタが3ヶ月連続で開催する自身初の企画ワンマンライブの2日目を代官山SPACE ODDで開催した。この日は「人たらしRock show vol.2〜あなたの好きにさせるから〜」と題したサブタイトルのとおり、事前にお客さんからのリクエスト曲を募集して、ふだんはライブでやることの少ない楽曲がセットリストに組み込まれたほか、レアなカバー曲も披露。いままで以上に、その場所にいる“あなた”に寄り添う熱いライブは、10月18日に行なわれた1回目とは一味違うバンドの表情を見せるものとなった。

ライブは12月6日にリリースされる最新ミニアルバム『After drama』でも1曲目を飾る「ドラマのあとで」からスタートした。まだ世に出ていない新曲からという攻めの幕開けだったが、そのポップな曲調が一瞬にしてフロアのボルテージを加速させていく。「ようこそ!ライブを一緒に作っていきましょう!絶対後悔させない」。熱を帯びた佐々木直人(Vo/Ba)の叫びから、間髪入れずに「仮面」や「Fantastic Chaos」というブッタのライブには欠かすことできない攻撃的なアップナンバーを畳みかけいった。傷だらけのベースをスラップしながら早口で捲し立てるベースボーカルの佐々木を中心に、エフェクターを踏みかえて次々にテクニカルなプレイを繰り出すギターの木田健太郎(Gt)、バンドのスピードの要として歌うように叩く大野宏二朗のドラム。情感豊かなスリーピースのアンサンブルが代官山SPACE ODDにリアクション ザ ブッタだけのロックで満たしていった。

「自分のなかに鬱屈としたものが溜まっていて、でも、みんなの顔を見られて幸せな気持ちになりました。今日がいちばん良い日にしよう!」と佐々木が叫び、コール&レスポンスを巻き起こした「救世主」のあと、ミニアルバムからの新曲「クローン」へ。今回の企画ワンマンで初めて導入されたVJによって、リアルタイムで合成されたスクリーンの映像が、自己嫌悪にまみれた「クローン」という楽曲の刹那的な世界観をより色濃くする。さらに、佐々木が雨の中で歌うような寂しげな映像を作り出したロックバラード「迷い犬」では、サポートキーボードに迎えた松本ジュンのよる繊細なピアノのフレーズが哀愁を掻き立てた。この日、メンバー以外のちからも借りて趣向を凝らしたステージは、アグレッシブなアップナンバーをから、佐々木のハスキーな歌声を生かしたバラードまで、広い振り幅を持つブッタの楽曲のコントラストをより際立たせる、ワンマンならではの演出だった。

中盤はリクエストコーナー。佐々木が「すげえ久しぶりにやります。俺も久しぶりに聴いて、改めて“この曲好きだな”って思いました。みなさんが気づかせてくれました」と言うと、事前に応募された楽曲の上位から3曲を順番に披露していった。やるべきことに立ち向かうのは“いま”だと歌う「その声で」(第1位)、弱い自分を脱ぎ捨てて“変わりたい”と願う「ぐっと突き破れ」(第2位)。まるで自分自身と戦うように綴られた健気な楽曲たちがリクエストの上位に選ばれたことは、ライブハウスに足を運ぶお客さんが何を求めてブッタの音楽を聴くのか、それを浮き彫りにするものだった。きっと誰もが日常をもがいているのだ。そして、第3位にランクインした温かくて切ないバラード曲「3月のウソツキ」のあと、カバー曲として椎名林檎の「丸の内サディスティック」を披露。マツジュンのピアノと木田のワウギターが生み出す大人っぽくて上品なグルーヴは、ふだんのブッタのオリジナル曲にはないテイストの曲調だったが、とてもよく似合っていて新鮮だった。

後半戦に突入する前にギターの木田とドラム大野だけがステージに残って始まったのは「木田こうじろうの夜中にゴメン!」というMCタイム。もともとDMM Live communeで放送している番組のライブハウス版として、ふたりがこのあとに披露する新曲の盛りあがり方をレクチャーしてから、最新ミニアルバムから「ヤミクモ」へと突入した。木田のライトハンドが炸裂した陽性のロックナンバーが力強いシンガロングを巻き起こすと、続けて「この曲は自分を曝け出してなんぼです!心の扉を開いてください」(佐々木)と言って、フロアから一斉にこぶしが突き上がったアップナンバー「リード」へ。君のための従順な犬でありたいと歌う痛々しいほどのラブソングは、これまでに以上に生々しい想いを赤裸々に綴った『After drama』という作品のリードにふさわしい曲だった。

佐々木が「あなたと一緒に歌わないと意味がない!」と訴えかけた「あなた」では、途中でバンドの演奏を抑えて、お客さんと一緒にサビを歌い、温かい空間を作り上げると、混沌へと落ちていくことでブッタらしい夢と希望を描く「fall fall fall」で、ライブはクライマックスへと向かっていった。最後に木田が弾く優しいギターの音色のなかで、「すげえ楽しかったです……なんか小学生みたいだけど(笑)」と、佐々木は言葉を選びながら語りかけた。「最初に“鬱屈したものがある”って言ったけど、それはみんなが心配するようなことでもないし、しょうもないことなんだけど……結局、人間はしょうもないことで、死ぬ間際まで苦しむから。それをどうでもいいいと思えるぐらい、前向きになれる場所がライブハウスだと思います。何回でもやり直せるから。大丈夫だと思ってます。あなたも何回でもやり直して、辛いことがあってもいっぱい立ち上がって、またライブを楽しんで、みんなと一緒に歳をとっていきたいです」と。その想いを真っすぐに言葉にしたのが、声を絞り出すように届けた本編のラストソング「何度も」だった。そして、アンコールではかつて佐々木が自分の兄の結婚式に捧げたミディアムバラード「SHOW」を、その場所にいる“あなた”に向けた歌のようにして、2時間のライブは幕を閉じた。“もうひとつの帰る場所でいるからさ”と、聴き手の幸せを大きな愛で願うその楽曲は、作られた当時の想いを越えて、いまリアクション ザ ブッタがロックバンドとしての在り方を刻む意志の曲として鳴り響いていた。

リアクション ザ ブッタの3ヵ月連続ワンマン「人たらしRock show」は、いよいよ最新ミニアルバム『Ander drama』のリリース日となる12月6日に「人たらしRock show vol.2〜CD買ってライブに恋〜」で完結する。バンド初の大きなチャレンジとなった3ヵ月の集大成として、きっと想いのこもった素晴らしいライブを見せてくれるだろう。

撮影:白石達也
取材・文:秦 理絵

【セットリスト】
1. ドラマのあとで
2.仮面
3. Fantastic Chaos

4. 救世主
5. クローン
6. 迷い犬

<リクエストコーナー>
7. その声で
8. グッと突き破れ
9. 3月のウソツキ
10. 丸の内サディスティック(カバー)

11. ヤミクモ
12. リード
13. あなた
14. fall fall fall
15. 何度も

EN-1. SHOW

ミニアルバム『After drama』

2017年12月6日発売



EGGS-025/¥1,600+税
<収録曲>
1.ドラマのあとで
2.クローン
3.ヤミクモ
4.はしゃぐ君をみていた
5.リード
6.behind



【関連リンク】
リアクション ザ ブッタ、連続ワンマン第2夜は“あなた”に寄り添う熱いライブ!
リアクション ザ ブッタまとめ
堀込泰行、山田健人監督が手掛けた「EYE」のMVを公開

【関連アーティスト】
リアクション ザ ブッタ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, ライブレポ

堀込泰行、山田健人監督が手掛けた「EYE」のMVを公開
Fri, 17 Nov 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

堀込泰行が11月22日(水)にリリースするEP『GOOD VIBRATIONS』から、「EYE / 堀込泰行+D.A.N.」のミュージックビデオが公開された。タイトルにある“EYE”は“この映像を見ている目”という解釈で、視線を感し?て自分の姿を隠すように縮こまっている映像がとても印象的だ。このミュージックビデオの監督を務めたのは若手注目株の山田健人。山田監督はSuchmosのヒット曲「STAY TUNE」や宇多田ヒカル「Fantome」などを担当し、25歳という若さながら、2017年3月には優れた映像作家100人を選出して紹介する名鑑「映像作家100人」にも掲載されている。

また、11月17日(日)よりiTunesで全曲試聴もスタートしているので発売前に是非チェックしてほしい。

■EP『GOOD VIBRATIONS』iTunes配信ページ
https://itunes.apple.com/jp/album/id1297193691?app=itunes

■「EYE」MV


https://www.youtube.com/watch?v=skAe0eBdpI4EP『GOOD VIBRATIONS』

2017年11月22日発売



【CD】
COCP-40191/¥2,000+税
<収録曲>
1.EYE + D.A.N
2.THE FLY + tofubeats
3.バース・コーラス + □□□ (クチロロ)
4.Beautiful Dreamer + シャムキャッツ
5.Dependent Dreamers + WONK
6.エイリアンズ(Lovers Version)+ THE NEW SHOES



【LP】
COJA-9329/¥3,000+税
※800枚限定生産



【関連リンク】
堀込泰行、山田健人監督が手掛けた「EYE」のMVを公開
堀込泰行まとめ
キリンジまとめ
J、『放火魔大暴年会』のゲストバンド出演者発表!

【関連アーティスト】
堀込泰行, キリンジ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, EP, 配信

J、『放火魔大暴年会』のゲストバンド出演者発表!
Fri, 17 Nov 2017 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Jが12月30日に渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催するイベント『放火魔大暴年会』のゲストバンドとして、高樹町ミサイルズ、the band apart、DOOMの出演が決定した。

高樹町ミサイルズは2006年にRED SHOES25周年記念イベント出演の際にJが声をかけ、仲野茂(アナーキー)らと結成したスペシャルバンドで、その後、中村獅童が加わり、以降は中村獅童、仲野茂を中心に活動を続け、2017年9月には現メンバーでライブツアーを敢行したことも記憶に新しいところだ。DOOMは、Jソロ活動スタート時から17年間共にプレイしてきたギタリスト藤田タカシ率いるバンドで、2016年に続き参戦が決定!the band apartは今回が初の共演となる。20周年イヤーの最後を飾るにふさわしい仲間達との共演で、2017年の大暴年会も大いに盛り上がることは間違いなさそうだ。

『放火魔大暴年会』

12月30日(土) 渋谷TSUTAYA O-EAST
<スペシャルゲスト>
DOOM/the band apart/高樹町ミサイルズ

DVD&Blu-ray『J 20th Anniversary Live FILM [W.U.M.F.] -Tour Final at EX THEATER ROPPONGI 2017.6.25-』

2017年11月15日発売



【SPECIAL BOX SET(初回生産限定)】(2DVD+CD+PHOTO BOOK)
CTBD-20073〜4/B/¥10,000+税
【SPECIAL BOX SET(初回生産限定)】(Blu-ray+CD+PHOTO BOOK)
CTXD-20075/B/¥10,000+税
※特製三方背ケース仕様
※LIVE&ドキュメント写真集(全80ページ)付き
<収録曲>
■DVD & Blu-ray ※全形態共通
SE.#1(I LOVE THAT!!)
01.break
02.BURN OUT
03.one reason
04.RECKLESS
05.GO with the Devil
06.Die for you
07.I know
08.When You Sleep
09.ACROSS THE NIGHT
10.Go Charge
11.PYROMANIA
12.LIE-LIE-LIE
13.Evoke the world
〈Encore〉
14.Verity
15.Feel Your Blaze
16.Endless sky
〈W Encore〉
17.NEVER END
■CD
01.#1(I LOVE THAT!!)
02.break
03.BURN OUT
04.one reason
05.RECKLESS
06.GO with the Devil
07.Die for you
08.I know
09.When You Sleep
10.ACROSS THE NIGHT
11.Go Charge
12.PYROMANIA
13.Evoke the world
14.Feel Your Blaze
15.Endless sky
16.NEVER END



【通常盤】(2DVD)
CTBD-20079〜80/¥7,800+税



【通常盤】(1Blu-ray)
CTXD-20081/¥7,800+税



【関連リンク】
J、『放火魔大暴年会』のゲストバンド出演者発表!
Jまとめ
DOOMまとめ
the band apartまとめ
高樹町ミサイルズまとめ

【関連アーティスト】
J, DOOM, the band apart, 高樹町ミサイルズ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表

東方神起、2年半ぶりのツアーとなる全国5大ドームツアー開幕
Sun, 12 Nov 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

東方神起の全国5大ドームツアー『東方神起 LIVE TOUR 2017 〜Begin Again〜』が11月11日、札幌ドームで開幕! 2015年開催の『東方神起 LIVE TOUR 2015 〜WITH〜』以来、約2年半ぶりのステージとなる今回。4万人のレッドオーシャン(ペンライト)が埋め尽くす中、ステージに登場するとスタートから最高潮の盛り上がりを見せ、会場中を魅了した。

ライブでは12月20日発売される再始動シングル「Reboot」の初パフォーマンスから、大ヒット曲までを詰め込んだ、これが東方神起と言わんばかりのパフォーマンスを魅せ、この2年間の距離をあっという間に縮めるステージを披露。そんな中、この日一番のサプライズとなったのは「Begin 〜Again Version〜」の初歌唱。曲が流れると静寂に包まれ、歌いだすと同時にどよめきが起き、最後には自然と涙と温かい空気に包まれた。また、この東方神起の名バラードを再録した「Begin 〜Again Version〜」は再始動シングル「Reboot」に収録されることもオフィシャルHPにて発表された。

復帰記念アルバムのタイトルであった『Begin Again』。アルバムを引き下げての『Begin Again』全国5大ドームツアーの開催、そして「Begin〜Again Version〜」の披露と再始動シングル「Reboot」への収録。ここにアルバム、ツアー、シングルと東方神起の再始動『Begin Again』という完成系がツアー開幕で垣間見えた。

またこの日、京セラドーム大阪3DAYSの追加公演も発表。自己最多ドーム公演数となる全国5大ドーム17公演、78万人動員の自身最大規模のツアーになる予定だ。

『東方神起 LIVE TOUR 2017 〜Begin Again〜』

11月11日(土) 北海道・札幌ドーム
11月25日(土) 東京・東京ドーム
11月26日(日) 東京・東京ドーム
11月27日(月) 東京・東京ドーム
12月02日(土) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム
12月03日(日) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム
12月20日(水) 東京・東京ドーム
12月21日(木) 東京・東京ドーム
12月26日(火) 大阪・京セラドーム大阪
12月27日(水) 大阪・京セラドーム大阪
12月28日(木) 大阪・京セラドーム大阪
<2018年>
1月12日(金) 愛知・ナゴヤドーム
1月13日(土) 愛知・ナゴヤドーム
1月14日(日) 愛知・ナゴヤドーム
1月19日(金) 京セラドーム大阪
1月20日(土) 京セラドーム大阪
1月21日(日) 京セラドーム大阪



【関連リンク】
東方神起、2年半ぶりのツアーとなる全国5大ドームツアー開幕
東方神起まとめ
THE PINBALLS、ニューミニアルバム『NUMBER SEVEN』より「蝙蝠と聖レオンハルト」MV公開

【関連アーティスト】
東方神起
【ジャンル】
K-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ツアー, ワンマン, ライブレポ, レポート

THE PINBALLS、ニューミニアルバム『NUMBER SEVEN』より「蝙蝠と聖レオンハルト」MV公開
Fri, 17 Nov 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月6日に発売する7曲入りのミニアルバム『NUMBER SEVEN』をもってメジャー進出を果たす、4人組ロックバンドTHE PINBALLSが、同ミニアルバムのリード曲「蝙蝠と聖レオンハルト」のミュージックビデオを公開した。メンバーによる激しい演奏シーンを軸に展開される映像の舞台は、過去は煌びやかであったであろうさびれたホテル。裸の電球が激しく揺れ、無表情のベルボーイが奥の部屋へと迎え入れる。不気味な笑みを浮かべるピエロ、宝石を見つめる赤いドレスの女などそれぞれの部屋で起きている様々な時間が曲の世界観を引き立てている。

なお、「蝙蝠と聖レオンハルト」は、テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』12月度エンディングテーマに決定。その他、ミニアルバム『NUMBER SEVEN』の詳細・特典情報はオフィシャルHPをチェックしよう。さらにこの作品を持って、2018年2月に東名阪ワンマンツアー『NUMBER SEVEN tour 2018』を敢行する。ライヴで培ってきた王道ロックサウンドを武器にフロアを揺らす彼らのパフォーマンスを見逃さないでほしい。

■「蝙蝠と聖レオンハルト」MV

ミニアルバム『NUMBER SEVEN』

2017年12月6日発売



COCP-40198/¥1,944(税込)
<収録曲>
1.蝙蝠と聖レオンハルト(テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』12月度エンディングテーマ) 
2.七転八倒のブルース
3.that girl
4.ひとりぼっちのジョージ
5.神は天にいまし
6.重さのない虹
7.ワンダーソング


https://www.youtube.com/watch?v=7o7LCTaMlHg『NUMBER SEVEN tour 2018』

2月10日 (土) 名古屋CLUB UPSET
2月11日 (日) 大阪 Shangri-La
2月23日 (金) 渋谷 CLUB QUATTRO
<チケット>
一般発売日:11月3日(金・祝)



【関連リンク】
THE PINBALLS、ニューミニアルバム『NUMBER SEVEN』より「蝙蝠と聖レオンハルト」MV公開
THE PINBALLSまとめ
音楽番組「LOVE or NOT♪」、第10回のゲストは前回に引き続き今市隆二憧れの“露崎春女”

【関連アーティスト】
THE PINBALLS
【ジャンル】
J-ROCK, アニメ・声優, ニュース, ミュージックビデオ, MV, ミニアルバム













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1