歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年11月14日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
【椎名慶治 インタビュー】活動20周年を迎えるというタイミングで普段はやらないことをするのも面白いかなと
Tue, 14 Nov 2017 17:00:00 +0900


アーティスト活動20周年を迎える椎名慶治のニューシングル「凹凸」(おうとつ)。ソロとして7年、そして高橋まこと(ex.BO?WY)率いるJET SET BOYSのヴォーカルとしての活動を経た、今の彼の歌声は未だ進化を遂げる真っ最中だ。そんな椎名に肉薄!

「 2018年にアーティスト活動20周年を迎える椎名慶治。中学生で自作の楽曲を作り始めた椎名は、解散したSURFACEの相棒であった永谷喬夫と高校で出会い、オリジナルの曲を作り始める。“CDを作ったからどこかに送ってみよう”とオーディションに応募したことがきっかけでアーティストとしての道を進み始めた。」

「「“あっ、20周年か”と思った時に振り返ってみたけど、あまり思い出せなくて。デビューの時のことは衝撃もあったり、新しいことばかりだったから思い出せるんだけど。AXIAのアーティストオーディションにデモテープを送って、8,000組の応募者の中からファイナリストまで残ったんだけど、最後に落とされたんですよ。審査員長が武部聡志さんだったんだけど、そのあとに事務所が決まって、“お前たちのプロデューサーだ”って引き合わされたのも武部聡志さんだったっていう驚きのデビュー秘話を鮮明に思い出したくらいで(笑)。そこからは記憶が曖昧なんですよね。時系列がぐにゃりとしているような感覚で。ひとつひとつの出来事は覚えているんだけど、気付いたら解散まで駆け抜けてた感覚ではありますね」」

「 その武部聡志のプロデュースで制作されたデビューシングル「それじゃあバイバイ」がテレビドラマ『ショムニ』のオープニング曲となり、いきなり世を席捲する。初めて人前で演奏することになったデビュー曲はテレビの音楽番組での披露となり、目の前には3,000人の観客が。その光景と緊張感はとても鮮烈に記憶に残っているという彼は、そこから12年という時間をSURFACEとして走っていくことに。」

「「これがね、悔しかったことや後悔ばかり覚えてるんですよ。後味悪いようなことをずっと引きずっていたりする。音楽活動は辛いことばっかりだし、プレッシャーを感じ続ける日々だけど、それでもどうして続けているかって、やっぱり好きだから。好きじゃなきゃ続けられない。純粋に歌が好きだし、音楽が好き。それ以外は何もない。…カッコ良い(笑)。毎回、産みの苦しみもある。そして、出来上がった時の喜びも。でも、その喜びは忘れていくんですよね。瞬間の喜びは、次の制作の時には苦しみの中で忘れていくんですよ。その繰り返し。でも、“もうこれで満足だ”と思うほどの充実とか充足を感じたら、そこでもう次へ向かう気持ちにはならないとも思うから。やっぱり苦しんで、喜んで、苦しんで。それが力になってきたと思います、この20年」」

「 ソロアーティストとしての活動は今年で7年。そんな繰り返す苦しみのひとつをまた経て、想いを込めたシングル「凹凸」が完成した。プロデュースはソロ活動でともに歩み続ける山口寛雄。今回の「凹凸」を制作するにあたって、久しぶりに顔を合わせ、山口邸で制作を開始したが、しばらく会っていなかったとしても相変わらずのあうんの呼吸感で、求めていた音をすぐに掴み、想像していた音はどんどん楽曲へとかたちを変えていった。」

「「最初はまったくビジョンはなかったんです。JET SET BOYSのツアーが終わったばかりでもあったから。でも、スタッフから“秋口に出すのでバラードはどうでしょう?”という話があったんです。僕自身、バラードは得意なほうではないので、あまり出していないんですが、アーティスト活動20周年を迎えるというタイミングで普段はやらないことをするのも面白いかなとも思って、山口寛雄のところへ出掛けて。ソロでは“バラードだけど跳ねる音”という曲を作っていなかったから、“スウィングしているバラードは新しくていいね”ということでデモ作りしたら、本当にイメージはすぐに楽曲になっていきました。これが“あうん”ですかね(笑)」」

「 歌詞はJET SET BOYSでも一緒に歌詞の共作をしている、椎名の小学校からの同級生でもある作詞家の野口 圭に声を掛け、ともに作り始めた。」

「「言葉を上手い具合にやわらかく、でも重たさもあるような何気ない言葉のやりとりにしたいという想いがあったので、そこを野口とはたくさん話し合いましたね。なかなか着地点に辿り着けなくて、苦心しましたけど。何回も書き直して、書き直してようやく書けました。でも、答えが見えづらい歌なので、どうやって歌おうかって。自分で歌詞を書いてもいますし、楽曲制作もしていたんですが、いつもの自分通りで歌うと届かない感じがして。それでこの曲はねっとりと粘り気のあるような歌い方をしてみたら、すごく合いました」」

「 “歌での表現がJET SET BOYSとして活動する中でどんどん広がっている”と椎名。これまでSURFACEでもソロとしても、歌声の表現に関して考え込むことはなく、直感で歌ってきた。しかし、それはロック界の諸先輩たちと結成したJET SET BOYSでは通用しなかった。テクニカルな進化を、彼らとの活動を通してしてきたことに、改めて気付けた一枚なのだとか。そんなスウィングするバラードとともに収録されたのはライヴユースな「チッ!」。この曲にも想い入れがあると語る。」

「「ベストアルバムのツアーの時に、“これからもまだまだ頑張っていくよ”という宣誓のような新曲もやりたいと思って作ったんです。お客さんとやりとりしたいから、サビはずっと同じフレーズで歌おうと思って。実はこの曲は昨年12月に亡くなった橋口靖正と一緒に作ろうって言ってた曲なんですよね。その時からタイトルは“チッ!”で。橋口と作るはずだった曲をライヴで披露しようと。追悼の曲ではあるんだけど、重たく深く考えてほしくはなくて、一緒に盛り上がってもらいたい。みんなの中で橋口が記憶として残っていてもらいたい、そんな曲です」」

「 2018年への期待感を胸にこのシングルを聴いてほしい。」

取材:えびさわなち

シングル「凹凸」

2017年11月11日発売
UNIVERSAL GEAR



POCS-9172
¥2,700(税抜)

ライヴ情報

『Yoshiharu Shiina LIVE 2017「Ballade」』
11/22(水) 東京・ラドンナ原宿
11/23(木) 東京・ラドンナ原宿
11/25(土) 大阪・Live Restaurant "Flamingo the Arusha"
11/27(月) 愛知・LIVE & DINING Breath
12/01(金) 東京・ラドンナ原宿 ※追加公演

『Yoshiharu Shiina Special Live 2017「BIRTHDAY」』
12/30(土) 東京・品川インターシティホール

『Yoshiharu Shiina Special Live 2017「COUNTDOWN」』
12/31(日) 東京・品川インターシティホール

『Yoshiharu Shiina 20th Anniversary TOUR「タイトル未定」』
[ 2018年 ]
6/30(土) 福岡・DRUM Be-1
7/07(土) 福島・郡山Hip Shot Japan
7/08(日) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
7/14(土) 大阪・心斎橋JANUS
7/15(日) 大阪・梅田Zeela ※男性限定
7/21(土) 北海道・DUCE
7/28(土) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
8/05(日) 東京・渋谷WWW X

椎名慶治

シイナヨシハル:1998年、SURFACEのヴォーカリストとしてシングル「それじゃあバイバイ」でメジャーデビュー。10年6月にSURFACEが解散するが、同年11月にミニアルバム『I』でソロデビュー。ソロ活動と平行して結成したAstronauts(May’n&椎名慶治)では『仮面ライダー フォーゼ』のエンディングテーマを歌い、さらにタッキー&翼への作詞提供など、活動の幅は多岐にわたる。現在、高橋まこと(ex:BO?WY)率いるJET SET BOYSのヴォーカルとしても活動中。2018年5月27日にアーティスト活動20周年を迎える。



【関連リンク】
【椎名慶治 インタビュー】活動20周年を迎えるというタイミングで普段はやらないことをするのも面白いかなと
椎名慶治まとめ
JET SET BOYSまとめ
SURFACEまとめ
SUGIZO、アルバム『ONENESS M』参加アーティスト6名からのコメント&クロスフェード動画を公開

【関連アーティスト】
椎名慶治, JET SET BOYS, SURFACE
【ジャンル】
J-ROCK, okmusic UP\'s vol.159, インタビュー

SUGIZO、アルバム『ONENESS M』参加アーティスト6名からのコメント&クロスフェード動画を公開
Tue, 14 Nov 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

多彩なゲスト・ヴォーカリストを迎えて制作され、11月29日(水)に発売となるSUGIZOソロ活動20周年のオリジナル作品『ONENESS M』。このアルバムに参加したアーティストの中から、第二弾発表アーティストのTAKURO(GLAY)、京(DIR EN GREY/sukekiyo)、TOSHI-LOW(BRAHMAN)、清春、MORRIE(DEAD END/CREATURE CREATURE)、川上洋平([Alexandros])の6名のコメントが公開となった。

また、アルバム収録曲である「VOICE feat.清春」「感情漂流 feat.辻 仁成」「PHOENIX 〜HINOTORI〜 feat.Toshl」「巡り逢えるなら feat.TERU」「Rebellmusik feat.K Dub Shine」の5曲を試聴できるクロスフェード動画も公開! 使用されている写真も初公開のものとなっている。

さらに、11月14日(火)深夜24時からiTunesにて『ONENESS M』のプレオーダーが全世界116か国で開始され、予約すると「VOICE feat.清春」「感情漂流 feat.辻 仁成」の2曲が先行ダウンロードできるとのこと。アルバムの特設サイトも公開となったので要チェックだ。

■アルバム『ONENESS M』iTunesプレオーダー ※11月14日(火)深夜24時から有効
https://itunes.apple.com/jp/album/1304217080?app=itunes&at=10I3LI

■アルバム『ONENESS M』特設サイト
http://www.sugizo.com/20th/index.html

■【参加アーティスト コメント】

■TAKURO(GLAY)
「僕は毎日スギゾーさんの為にお祈りしています。
「神様、スギゾーさんはあんなに音楽を愛しているのだから
今度生まれかわってもどうか大好きな音楽の1番近くに生まれかわりますように」と。
「人間なんて贅沢は言いません。例えばジョンの丸メガネ、ジミヘンのヒゲとかボウイのジギーの衣装やなんなら、INORAN君の投げるようのピックとか。」
毎日毎日僕は祈っているのです。」

■京(DIR EN GREY/sukekiyo)
「絶望と美
この楽曲の持つ旋律から感じたこの2つのワードを
自分なりに咀嚼し、自分の世界観を滲ませました。」

■TOSHI-LOW(BRAHMAN)
「拝啓 スギちゃん
ソロ作るから言葉入れてよ!的なお誘いを受けて
ああ何か大人数でコーラスをやる感じだと思って
あ〜いいよ〜!なんて軽〜く返事をしたら
俺の音楽経験上に全くない音がビッチリ入った
芸術点の高すぎる楽曲がガツンっと送られてきて
今まで力技だけで音楽をギリ何とか演っちゃってる俺の
頭の先っぽから煙がプスプス焦げつき始めて
何なの!(怒)これは最新型の辱めプレーなの?って時に
スギちゃんから送られてきた曲のへのヒントの言葉
「悪化の一途を辿る世界情勢、睨み合いをやめられない悲しいレベルの各国家、迷走する日本政府、震災後の新しい生き方を模索する日本。できれば最後にはポジティブな方向へ…」
はあ!?このドロ沼の状況の最後にポジティブ!?何々この超難題!?
脳味噌筋肉の俺に難しすぎんだろ〜…って諦めかけてた
レコーディング前日に中津川のフェスで一緒に歌った
仲井戸"CHABO"麗市が最後に朗読したその一言に希望の救いを見つけ
何とか「Garcia」を仕上げることが出来ました
これが正解だったのか合格点に辿りついたかはわからないけど
スギちゃんと一緒にこの曲を作りあげられたことは
これからどんな未来になろうが胸を張って生きられる証になるよ
また夜明けまでフラっフラになるまで飲もうよ
あの日の朝の約束を石巻で実行してくれて
本当にありがとう
心の同志 TOSHI-LOWより」

■清春
「美学を貫き昇天させ、変化させられる人は少ない
お互いの美学が共鳴し合う関係にあるギタリストとヴォーカリストの例も日本にはあまりない
SUGIZO君と知り合い
SUGIZO君を見ていて思う
数少ない、僕にとって理想的な人だと」

■MORRIE(DEAD END/CREATURE CREATURE)
「始めに世界ありき。音楽的才能に恵まれたギタリストは数あれど、音楽を通じて独自の世界を実現しようとしているギタリストは稀にしかいません。SUGIZOはそんな世界を持っている数少ないギタリストの一人だと思っています。そして、ここにSUGIZOの世界と私の世界の融合が果たされました。死、すなわち永遠の無の眠りの果てには何があるのだろうか。そんなことに思いを馳せながら歌いました。あなたの永遠のレクイエムに。」

■川上洋平([Alexandros])
「この度はSUGIZOさんのソロ作品に参戦させていただき、誠に光栄です。しかもTAKUROさんが書いた歌詞を歌えるなんて「RYUICHIさんとTERUさんの気持ちを一瞬でも味わえる」と胸が躍りました。そして実はそのTERUさんにSUGIZOさんとの一席を設けていただき、今回のお話に至ったことも感謝です。」

■アルバム『ONENESS M』 Preview (Short Ver.)


https://youtu.be/wOwBR3FK7eYアルバム『ONENESS M』

2017年11月29日発売



【初回限定盤】(2CD(SHM-CD)+Photo Book+三方背ケース)
UICZ-9099/¥10,000(税抜)
※Photo Book:撮り下ろし写真集+ライナーノーツで約100P]
※マスタリング・エンジニア:スチュワート・ホークス(metropolis)
※プレイパス(R)対応
<収録曲>
■CD1:フィーチャリング・ヴォーカル・アルバム
1.永遠(※ヨミ:トワ)feat. RYUICHI
2.Daniela feat. Yoohei Kawakami
3.絶彩(※ヨミ:ゼッサイ)feat. 京
4.Rebellmusik(※ヨミ:リベルムジーク)feat. K Dub Shine
5.巡り逢えるなら feat. TERU
6.PHOENIX 〜HINOTORI〜 feat. Toshl
7.Garcia feat. TOSHI-LOW
8.感情漂流 feat. 辻仁成
9.VOICE feat. 清春
10.光の涯 feat. MORRIE
■CD2:CD1のヴォーカルレス・インスト・アルバム



【通常盤】(CD(SHM-CD))
UICZ-4411/¥3,000(税抜)
※マスタリング・エンジニア:スチュワート・ホークス(metropolis)
※プレイパス(R)対応
<収録曲>
1.永遠(※ヨミ:トワ)feat. RYUICHI
2.Daniela feat. Yoohei Kawakami
3.絶彩(※ヨミ:ゼッサイ)feat. 京
4.Rebellmusik(※ヨミ:リベルムジーク)feat. K Dub Shine
5.巡り逢えるなら feat. TERU
6.PHOENIX 〜HINOTORI〜 feat. Toshl
7.Garcia feat. TOSHI-LOW
8.感情漂流 feat. 辻仁成
9.VOICE feat. 清春
10.光の涯 feat. MORRIE

【アルバム『ONENESS M』リリースイベント】

11月19日(日)「石巻BLUE RESISTANCE」ライヴ終焉後プレミアムサイン会
11月22日(水)「名古屋Electric Lady Land」ライヴ終焉後プレミアムサイン会
11月23日(木)「大阪ESAKA MUSE」ライヴ終焉後プレミアムサイン会
11月24日(金)「タワーレコード梅田NU茶屋町店」トーク・セッション&サイン会
11月25日(土)「柏PALOOZA」ライヴ終焉後プレミアムサイン会
12月03日(日)「HMV&BOOKS TOKYO」トーク・セッション&サイン会
12月06日(水)「Zepp Tokyo」ライヴ終焉後プレミアムサイン会

■ライヴ終焉後プレミアムサイン会についての詳細はこちら
http://www.universal-music.co.jp/sugizo/news/2017-10-23-event/
■トーク・セッション&サイン会についての詳細はこちら
http://www.universal-music.co.jp/sugizo/news/2017-10-23-event02/

『SUGIZO TOUR 2017 Unity for Universal Truth』

11月19日(日) 宮城・石巻BLUE RESISTANCE
11月22日(水) 愛知・名古屋Electric Lady Land
11月23日(木・祝) 大阪・ESAKA MUSE
11月25日(土) 千葉・柏PALOOZA
12月06日 (水) 東京・Zepp Tokyo

■チケット情報はこちら
http://sugizo.com/2017tour//index.html



【関連リンク】
SUGIZO、アルバム『ONENESS M』参加アーティスト6名からのコメント&クロスフェード動画を公開
SUGIZOまとめ
GLAYまとめ
TAKUROまとめ
京まとめ

【関連アーティスト】
SUGIZO, GLAY, TAKURO, 京, DIR EN GREY, sukekiyo, BRAHMAN, 清春, DEAD END, Creature Creature, MORRIE, [Alexandros]
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, コラボレーション, コラボ, アルバム

ビッケブランカ、Spotify限定「OK Google」のCMソングを担当
Tue, 14 Nov 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ビッケブランカの最新アルバム『FEARLESS』の収録曲「Moon Ride」が、11月14日から12月13日までSpotify限定で流れるGoogle Homeのオーディオ広告に起用された。

また、Spotifyが2017年のニューアーティストを応援する企画『Early Noise 2017』のアーティストの1人に選出され、CM起用で話題となった楽曲「Slave of Love」がSpotifyのバイラルチャート(日本)で1位獲得、Spotify限定ビッケブランカ選曲プレイリスト「ピアノのススメ 〜You can play the piano〜」が公開されるなど、現在Spotify内で大きな反響を呼んでいる。

7月メジャー1stフルアルバム『FEARLESS』をリリースし、タワレコメン選出や、全国20局のラジオ局でパワープレイが決定。さらに、そのアルバムを携えて現在行っている『ビッケブランカ FEARLESS TOUR 2017』赤坂BLITZファイナル公演のチケットがソールドアウトで大盛況。さらに、ディズニーカバーアルバム『Thank You Disney』に『アナと雪の女王』の「レット・イット・ゴー」が収録されており、「すごい、鳥肌がたった」「アレンジがかっこよすぎ」と絶賛するコメントが殺到し、週間 USEN HIT J-POPランキング(11月1日付)で8位にランクイン。

ビッケブランカの勢いはまだまだ止まらない。

■「Moon Ride」MV


https://www.youtube.com/watch?v=hPWpRQb-az4

【関連リンク】
ビッケブランカ、Spotify限定「OK Google」のCMソングを担当
ビッケブランカまとめ
シェネル、デビュー10周年ツアーがいよいよスタート!

【関連アーティスト】
ビッケブランカ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 音楽配信

シェネル、デビュー10周年ツアーがいよいよスタート!
Tue, 14 Nov 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今年デビュー10周年を迎えたシェネルによる『10th ANNIVERSARY JAPAN TOUR 2017』が、11月13日にビルボードライブ大阪にてスタートした。

2012年の『ビリーヴ ジャパン・ツアー』以来で5年ぶりとなる、まさにファン待望の来日ツアー。チケットがソールドアウトとなったツアー初日の大阪公演は満席の熱気の中、ロサンゼルスから来たパワフルなバンドと共にシェネルがオーディエンスを盛り上げた。

また、代表的なヒット曲「ベイビー・アイラブユー」「ビリーヴ」「Happiness」「Destiny」も披露し、ファンは大満足の様子であった。日本語でのMCを懸命に頑張るシェネルの姿にグッときたオーディエンスも多そうだ。

11月17日にせまった川崎公演では、スペシャル演出としてダンサー4名が追加で加わることが明らかになり、アニバーサリーイヤーの締めくくりとなる来日ツアーへの期待値はピークを迎えている。

12月6日には初のオールタイムベストアルバム『10th Anniversary ALL TIME BEST』のリリースを控えるなか、来年2月公開の映画『今夜、ロマンス劇場で』の主題歌に書き下ろした新曲「奇跡」が同アルバムに初収録されることが決まった。

エキサイティングな話題が続くシェネルから目が離せない。

『シェネル 10th ANNIVERSARY JAPAN TOUR 2017』

※終了分は割愛
『かわさきジャズ2017』
11月17日(金) 神奈川・ミューザ川崎シンフォニーホール
11月20日(月) 愛知・名古屋ブルーノート

アルバム『10th Anniversary ALL TIME BEST』

2017年12月6日発売



【初回限定スペシャルプライス盤】
UICV-9263/¥1,980+税
【初回限定デラックス盤】(CD+DVD)
UICV-9262/¥3,200+税
※ベストヒット・ノンストップPVミックス収録のDVD付
<収録楽曲>※曲順未定
「(タイトル未定)」※新曲
「Happiness」 フジテレビ系ドラマ『ディア・シスター』主題歌 [2014]
「Destiny」 TBS系 金曜ドラマ『リバース』主題歌 [2017]
「君に贈る歌 〜Song For You」 [2015]
「ビリーヴ」 映画『BRAVE HEARTS 海猿』主題歌 [2012]
「ベイビー・アイラブユー (English Ver.)」 メガヒット![2011]
「ラブ・ウィズ・DJ」デビュー曲[2007]
「フィール・グッド」 [2010]
「シャナナ☆(English Ver.)[2014]」
「バーニング・ラヴ」 burnエナジードリンク・キャンペーンソング [2013]
「アイシテル」 TBS系「CDTV」2013年8月度OPテーマ [2013]
「ストーリー」 レコチョク TV-CMソング TBS系『CDTV』2012年3月度EDテーマ [2012]
「ずっと(English Ver.)」 [2014]
「タッチ(クロース・トゥ・ユー)」 NIVEAブランド TV-CMソング [2012]
「Always Love U」 2014年度大阪城3DマッピングスーパーイルミネーションCMソング [2014]
「愛の歌」テレビ朝日系「musicるTV」2013年度1月度オープニングテーマ [2013]



【関連リンク】
シェネル、デビュー10周年ツアーがいよいよスタート!
シェネルまとめ
ザ・ストライプス、日本ツアー完遂&U2トリビュートアルバムに参加

【関連アーティスト】
シェネル
【ジャンル】
洋楽, ニュース, ツアー

ザ・ストライプス、日本ツアー完遂&U2トリビュートアルバムに参加
Tue, 14 Nov 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今夏『フジロックフェスティバル』最終日のRED MARQUEEのヘッドライナーを務めたザ・ストライプスが、11月6日から13日まで全5公演のジャパンツアーを行った。

このツアーは、最新作『スピッティング・イメージ』のリリースツアー。日本に来る前は今年2回目の全英ツアー、リアム・ギャラガーのアイルランド公演のサポートアクト、そしてアメリカで数公演を行っていた。

最終日の11月13日渋谷TSUTAYA O-EAST公演はソールドアウト。1曲目「ビハインド・クローズド・ドアーズ」で勢いよくスタートすると、最後までロックンロールなショウを展開。メロディアスで軽快な新作の曲はよりソリッドにパンキッシュに演奏され、「ゲット・イントゥ・イット」など1st&2ndアルバムの人気曲は新たなアレンジで演奏し、ブルージーな深みを持たせるなど、会場いっぱいに入ったオーディエンスは最後まで彼らのパフォーマンスを楽しみ、歓声を送った。MCは「ありがとうございます」など短く少なめだが、ライヴはテンポよく進む。

本編最後の「スカムバッグ・シティー」ではラスト・サビ前にオーディエンスに「座って」もらい、サビが始まると一気にジャンプ。熱く爽快な瞬間だった。アンコールではトム・ペティの「Anything That\'s Rock \'n\' Roll」を演奏し追悼の意を捧げ、最後は名曲デビュー・シングル「ブルー・カラー・ジェーン」で締めた。

『フジロックフェスティバル』出演も含めると、公演での来日はこれが7回目。今回のツアー中もメンバーは「日本のオーディエンスは素晴らしい」と何度も話し、日本でのライヴを楽しんでいた。早くも「また観たい!」という声が多く挙がっている。

2018年は2月〜3月のポール・ウェラーのUKアリーナツアーのサポートアクトや、ヨーロッパ、アメリカツアーなど、ツアーが続く。

さらに、アイルランド限定発売のU2トリビュートアルバム『The Joshua Tree - New Roots』に参加することも決定。アイルランドのラジオ局がU2の『ヨシュア・トゥリー(30周年記念盤)』リリースの際に企画したもので、ザ・ストライプスは「トリップ・スルー・ユア・ワイアーズ」をカバーしている。原曲で印象的なハーモニカの音色は、ザ・ストライプスのサウンドには欠かせない得意とするところで、相性のいいカバーになっている。

なお、今作はチャリティアルバムで、収益はLauraLynn Children\'s Hospiceという施設に送られるという。

Photo by Yoshika Horita

アルバム『スピッティング・イメージ』 

発売中



【日本独自企画デラックス盤】
UICR-9039/¥2,800+税
※ボーナストラック+3曲
※紙ジャケ&ポスター封入

【通常盤】
UICR-1130/¥2,500+税
※ボーナストラック2曲収録



【関連リンク】
ザ・ストライプス、日本ツアー完遂&U2トリビュートアルバムに参加
The Strypesまとめ
U2まとめ
J、20周年ライヴ映像作品より「ACROSS THE NIGHT」の映像公開

【関連アーティスト】
The Strypes, U2
【ジャンル】
洋楽, ニュース, ツアー, ライブレポ

J、20周年ライヴ映像作品より「ACROSS THE NIGHT」の映像公開
Tue, 14 Nov 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Jの映像作品『J 20th Anniversary Live FILM [W.U.M.F.]-Tour Final at EX THEATER ROPPONGI 2017.6.25-』から、珠玉のバラードソング「ACROSS THE NIGHT」のライヴ映像が公開された。

「ACROSS THE NIGHT」は、ソロデビュー20周年を記念してリリースされたベストアルバム『W.U.M.F.』の発売時に行われた収録曲リクエスト投票で1位に輝いた初期バラード。共に歩んできたファンにとっては数多くの思い出が詰まった大切な1曲となっており、20周年記念ツアーのファイナル公演においても重要な意味をなす楽曲となった。

そんなJは年末12月30日、31日にこの20周年を締めくくるライヴを渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催する。初日12月30日は『放火魔大暴年会』と題し、近日中に出演ゲストも発表されるとのこと。翌大晦日は、毎年恒例のファンクラブ限定カウントダウンライヴが行われる。

また、LUNA SEAとしても12月に待望のフルアルバムをリリース。そしてクリスマスにはさいたまスーパーアリーナ2days公演、さらに年明けからは全国ホールツアーも決定している。

■「ACROSS THE NIGHT -J 20th Anniversary Live FILM W.U.M.F.-」MV


https://youtu.be/HyEXuh39i8YDVD&Blu-ray『J 20th Anniversary Live FILM [W.U.M.F.] -Tour Final at EX THEATER ROPPONGI 2017.6.25-』

2017年11月15日発売



【SPECIAL BOX SET(初回生産限定)】(2DVD+CD+PHOTO BOOK)
CTBD-20073〜4/B/¥10,000+税
【SPECIAL BOX SET(初回生産限定)】(Blu-ray+CD+PHOTO BOOK)
CTXD-20075/B/¥10,000+税
※特製三方背ケース仕様
※LIVE&ドキュメント写真集(全80ページ)付き
<収録曲>
■DVD & Blu-ray ※全形態共通
SE.#1(I LOVE THAT!!)
01.break
02.BURN OUT
03.one reason
04.RECKLESS
05.GO with the Devil
06.Die for you
07.I know
08.When You Sleep
09.ACROSS THE NIGHT
10.Go Charge
11.PYROMANIA
12.LIE-LIE-LIE
13.Evoke the world
〈Encore〉
14.Verity
15.Feel Your Blaze
16.Endless sky
〈W Encore〉
17.NEVER END
■CD
01.#1(I LOVE THAT!!)
02.break
03.BURN OUT
04.one reason
05.RECKLESS
06.GO with the Devil
07.Die for you
08.I know
09.When You Sleep
10.ACROSS THE NIGHT
11.Go Charge
12.PYROMANIA
13.Evoke the world
14.Feel Your Blaze
15.Endless sky
16.NEVER END



【通常盤】(2DVD)
CTBD-20079〜80/¥7,800+税



【通常盤】(1Blu-ray)
CTXD-20081/¥7,800+税

【ライブ情報】

『J 2017 放火魔大暴年会』
12月30日(土) 渋谷TSUTAYA O-EAST
OPEN 17:00/START 18:00
※出演ゲスト近日公開!

『F.C.Pyro. Members\' Only 〜\'17-\'18 COUNT DOWN LIVE〜』
12月31日(日) 渋谷TSUTAYA O-EAST
OPEN 22:00/START 23:00
※ファンクラブ限定公演



【関連リンク】
J、20周年ライヴ映像作品より「ACROSS THE NIGHT」の映像公開
Jまとめ
LUNA SEAまとめ
EXILE TAKAHIRO、アルバムの新ビジュアル公開&待望のコラボ映像も収録

【関連アーティスト】
J, LUNA SEA
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray

EXILE TAKAHIRO、アルバムの新ビジュアル公開&待望のコラボ映像も収録
Tue, 14 Nov 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

EXILE TAKAHIROが12月6日にリリースするミニアルバム『All-The-Time Memories』の新ビジュアルとジャケット写真が公開となった。

今作のジャケットは10月に発売されたシングル「Eternal Love」に引き続きスタイリストの野口強がプロデュース。写真はニューヨークを拠点に『Vogue』等のファッション誌でも活躍するカメラマンのTAKAYによって撮り下ろされた。 きれいな朝日を背に、遥か先を力強いその眼差しで見据えるTAKAHIROの姿が、アーティストとして新たなページを描き出したことを体現している新ビジュアルが完成した。

また、2016年に京セラドーム大阪で行われた『HiGH&LOW THE LIVE』ファイナルでのACE OF SPADES×PKCZ(R) feat. 登坂広臣「TIME FLIES」のライヴ映像が初収録されることも決定。同作には未収録だった、超豪華なアーティスト達のコラボレーションによる圧巻のパフォーマンスの初の商品化となる。

さらに、アルバムの映像コンテンツとして、「BLACK BEANZ」のMVもコンパイル。「memories」「Irish Blue」と合わせて新作MVが3作も収録されるということで、どんな作品へと仕上がるのか、楽しみに待とう。

そして、本作に収録される「Alone」の音源も公開に! TAKAHIROと亀田誠治による共作曲で、深い愁いを感じるメロディと切ない言葉たちで綴られた歌詞が象徴的な楽曲だ。 EXILE mobile、EXILEオフィシャルHPで試聴できるのでぜひチェックしてほしい。

ミニアルバム『All-The-Time Memories』

2017年12月6日発売



【CD+Blu-ray】
RZCD-86430/B/¥3,800+税
【CD+DVD】
RZCD-86429/B/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1.Eternal Love
2.Irish Blue
3.memories
4.Alone
5.SUNSET KISS
6.BLACK BEANZ
7.春へ
■DVD、Blu-ray
「memories」MV
「Irish Blue」MV
「BLACK BEANZ」MV
Eternal Love(Short Film)※約30分収録予定
<HiGH&LOW THE LIVE@京セラドーム大阪>
TIME FLIES / ACE OF SPADES×PKCZ(R) feat. 登坂広臣
<THE NINE WORLDS presents『九楽舞 博多座』>
GLORIA
以心伝心
You
運命のヒト
Together
Choo Choo TRAIN

◎仕様
・ミニアルバムの制作過程を追った100Pのドキュメント・フォトブック収録
・豪華BOXケース&デジパック仕様
◎全国主要CDショップ特典
『All-The-Time Memories』B2サイズポスター
※特典は先着となります。
※一部取り扱いのない店舗もございます。



【CD only】
RZCD-86431/¥2,000+税
<収録曲>
1.Eternal Love
2.Irish Blue
3.memories
4.Alone
5.SUNSET KISS
6.BLACK BEANZ
7.春へ

◎全国主要CDショップ特典
『All-The-Time Memories』B2サイズポスター
※特典は先着となります。
※一部取り扱いのない店舗もございます。



【関連リンク】
EXILE TAKAHIRO、アルバムの新ビジュアル公開&待望のコラボ映像も収録
EXILE TAKAHIROまとめ
ACE OF SPADESまとめ
PKCZ(R)まとめ
登坂広臣まとめ

【関連アーティスト】
EXILE TAKAHIRO, ACE OF SPADES, PKCZ(R), 登坂広臣, 亀田誠治
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, 発表, ミニアルバム

“美しきエレクトロポップデュオ”ハーツの来日公演&国内盤発売決定
Tue, 14 Nov 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

その端正なルックスと耽美なエレクトロニックサウンドでヨーロッパ全土において絶大な人気を誇る、美しきエレクトロポップデュオ=ハーツの約7年ぶりとなる単独来日公演が来年1月に決定。これを記念して通算4作目となる最新アルバム『デザイア〜衝動〜』の国内盤がリリースされることがわかった。

2010年に発売された1stアルバム『ハピネス』が英チャートで最高4位を獲得して同年のデビュー作として最も売れた作品となり、英NMEアワード『最優秀新人バンド』賞を授賞するなど鮮烈なデビューを飾ったハーツは、続く2013年に発表した2ndアルバム『エグザイル〜孤高〜』ではヨーロッパを中心に9カ国でトップ10入りをするなど、不動の人気を獲得。フルアルバムとしては約2年ぶりとなる本作『デザイア〜衝動〜』は、メンバー自ら「情熱、苦悩、そして渇望に溢れた今までの作品でベストの一つ」と語っているように、これまでのダークな世界観を踏襲しつつ、ハーツ史上最もキャッチーでポップなエレクトロ・アルバムに仕上がっており、最高傑作の呼び声が高い。

スイスやチェコ、フィンランドをはじめヨーロッパ各国でトップ10入りするなど、すでに全欧チャートを席巻している本作を引っ提げての単独来日公演は、2018年1月29日赤坂ブリッツにて開催される。「ビューティフル・ワンズ」や「レディ・トゥ・ゴー」など、盛り上がり必至の最新ヒットシングルを携えたパフォーマンスは見逃せない。

■【来日公演情報】

2018年1月29日(月) 東京・マイナビBLITZ赤坂
OPEN 18:00 / START 19:00

■「レディ・トゥ・ゴー」MV


https://www.youtube.com/watch?v=PP2G3dm_fscアルバム『デザイア〜衝動〜』

2018年1月発売予定



◎ 配信/輸入盤
発売中
https://itunes.apple.com/jp/album/id1235730678?at=10lpgB&ct=886446342184_al&app=itunes



【関連リンク】
“美しきエレクトロポップデュオ”ハーツの来日公演&国内盤発売決定
HURTSまとめ
ヨシケン、ベストアルバム『Fuckin! The best Vol.2』を全世界配信リリース!

【関連アーティスト】
HURTS
【ジャンル】
洋楽, ニュース, CD, アルバム, ライブ

ヨシケン、ベストアルバム『Fuckin! The best Vol.2』を全世界配信リリース!
Tue, 14 Nov 2017 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ロックシンガー・ヨシケンが5月31日に配信リリースした初のベストアルバム『Fuckin\'! The Best Vol.1』に続き、今回も全曲リマスターを施したシリーズ2作目ベストアルバム『Fuckin! The best Vol.2』を12月1日に音楽配信にて世界発売する。今作には2017年5月に赤坂BLITZで行なったワンマンライブで披露した「Edge Of Life」のライブ音源も含まれるとのことだ。また、同曲のライブ映像も公開となっているので、併せてチェックしてほしい。

さらに『Fuckin! The best Vol.2』の発売日である12月1日には、新宿ヘッドパワーにてワンマンライブの開催も決定。ぜひ足を運んでほしい。

■「Edge Of Life」ライブ映像 2017年5月31日@赤坂BLITZ


https://www.youtube.com/watch?v=eZCQniisvbY配信アルバム『Fuckin! The best Vol.2』

2017年12月1日発売



¥1,800(税込)
<収録曲>
1.BOY MEETS GIRL
2.最後のキス
3.アルティスタ
4.傷だらけの天使達
5.失恋時代
6.Edge Of Life (赤坂BLITZ Live)
7.音楽室
8.Pearl
9.朝日の中のイノセント
10.ひまわり
11.北斗七星
12.終わらない約束

『2017年末Special ヨシケンワンマンライブ
「Year-end Rock Party 今年もありがとな!」
2017俺の生き様をお前の胸に焼きつけろ!』

12月01日(金) 東京・新宿ヘッドパワー
開場18:30 開演19:00
出演:ヨシケン ※O.Aあり
<チケット>
前売り¥3,000/当日¥3,500 (ドリンク別)



【関連リンク】
ヨシケン、ベストアルバム『Fuckin! The best Vol.2』を全世界配信リリース!
ヨシケンまとめ
SKY-HI、初のアメリカ公演は熱狂のステージに!

【関連アーティスト】
ヨシケン
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, ワンマン, 音楽配信

SKY-HI、初のアメリカ公演は熱狂のステージに!
Tue, 14 Nov 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

上海、台湾、香港、ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ロンドンでの海外公演を含む24ヶ所25公演のライヴハウスツアー『SKY-HI Round A Ground 2017』をスタートさせたSKY-HI。初となるアメリカ公演がロサンゼルスの名門ライヴハウスTroubadourにて開催された。

11月12日当日、開演前から会場には人があふれ、熱気に包まれており、ゲストアクトのMeakuの熱いライヴに続き、SKY-HIがステージに登場。「Wassup!!」という掛け声とともに「リインカーネーション」でライヴがスタート。「No Chill」「Purple Haze」と、序盤から真骨頂とも言えるラップ曲を畳み掛けるように披露し、オーディエンスの心を掴んだ。

そして、ダンサーを呼び込み「Blame It On Me」「Stray Cat」からメドレーへとダンスを交えたステージングで会場を盛り上げ、英語でのMCを挟み、ロサンゼルスでのスタジオセッションによって制作された「Bitter Dream」、Logicの「1-800-273-8255」のBEAT JACK曲「0570-064-556」から、このツアーに先駆けて発表された「Marble」での圧倒的な表現力で言語の壁を越えオーディエンスを魅了した。

その後、英語で「自分はさまざまなスタイルで音楽をやっているけど、それをあなたは好きかもしれないし嫌いかもしれない… だけど今は僕が出来ることのすべてをここで出していきますの聴いて下さい」と語り、「アイリスライト」「LUCE」他、定番楽曲をキーボードの演奏と共に披露。

再度ダンサーを呼び込み、ライヴでおなじみとなっているダンス寸劇「センテンス」の海外ツアーバージョンで後半戦をスタートし、MIYAVIとのコラボレーション楽曲「Gemstone」を披露後、コール&レスポンスでオーディエンスをあおり、終盤戦に突入。「Double Down」「ナナイロホリデー」「スマイルドロップ」とオーディエンス待望の曲で会場の熱気は最高潮に達し、ライヴは終了したが、鳴り止まぬアンコールに応え、再度ステージに登場。感謝の気持ちを伝え、「愛ブルーム」を披露し、会場は多幸感に包まれ、ライヴは終焉を迎えた。

初のアメリカでの公演ながら、オーディエンスのハートを掴む熱いパーフォーマンスを披露し、新たな一歩を踏み出したSKY-HI。 ツアーは、ファイナルとなる豊洲PIT2DAYSまで、ノンストップで続く。

【セットリスト】
1. リインカーネション
2. No Chill
3. Purple Haze
4. Tylant Island
5. Turn Up(U.S.edition)
6. Walking on Water
7. As A Sugar
8. Blame It On Me
9. Stray Cat
10. Limo 〜 Countdown 〜 TOKYO SPOTLIGHT
11. Bitter Dream
12. 0570-064-556
13. Marble
14. アイリスライト
15. LUCE
16. クロノグラフ
17. Over the Moon
18. センテンス
19. Jack the Ripper
20. Gemstone
21. Double Down
22. ナナイロホリデー
23. スマイルドロップ
<ENCORE>
1.愛ブルーム

『SKY-HI Round A Ground 2017』

※終了分は割愛
11月15日(水) アメリカ・ニューヨーク SOB\'s
11月18日(土) フランス・パリ Glazart
11月19日(日) イギリス・ロンドン Bush Hall
11月22日(水) 長野・CLUB JUNK BOX
11月24日(金) 富山・MAIRO
11月25日(土) 福井・響のホール
11月27日(月) 香川・高松festhalle
11月29日(水) 長崎・DRUM Be-7
11月30日(木) 大分・DRUM Be-0
12月02日(土) 山形・ミュージック昭和セッション
12月09日(土) 岐阜・club G
12月11日(月) 東京・豊洲PIT
12月12日(火) 東京・豊洲PIT



【関連リンク】
SKY-HI、初のアメリカ公演は熱狂のステージに!
SKY-HIまとめ
AAAまとめ
西城秀樹、NHK出演映像集発売記念でヒット曲一挙配信スタート

【関連アーティスト】
SKY-HI, AAA
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ヒップホップ, ライブ, ライブレポ, レポート

西城秀樹、NHK出演映像集発売記念でヒット曲一挙配信スタート
Tue, 14 Nov 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

西城秀樹のNHK出演映像集大成DVD3枚組『HIDEKI NHK Collection〜若さと情熱と感激と〜』のリリースを記念し、ヒット曲を配信リリースすることが決定した。

今回配信されるのは、70〜80年代に発売したシングルA面曲を2タイトルにまとめた、『70\'sシングルA面コレクション』『80\'sシングルA面コレクション』。通常配信のみならず、ハイレゾでも配信される。10年以上前に8曲のみ「着うた」「着うたフル」にて配信してきたが、今回の配信はシングルA面全62曲におよび、これだけまとまった形では初めてであり、ハイレゾでの配信は全曲初めてとなる。

1972年3月25日発売のデビューシングル「恋する季節」から1989年7月21日発売「リバーサイドで逢いましょう」まで、西城が70〜80年代に発表したシングルA面曲62曲を配信するが、オリコンランキング・ベスト10に入った曲及び自身の売上ベスト30のシングルはすべて網羅しており、通常配信だけでなくハイレゾでも配信(96kHz/24bit)する。歌唱の特徴でもある“ため息”から“絶叫”まで、そのダイナミクスを存分に楽しめる。

また、11月17日には西城秀樹のデビューアルバム『ワイルドな17才』を通常配信する。今後、オリジナルアルバム、カバーアルバム、ライヴアルバムも順次配信予定とのことなので、こちらもお見逃しなく。

なお、今回の3タイトルのアルバム配信は12月25日までの“期間限定特典”として、どの配信アルバムを購入しても、1974年の「傷だらけのローラ」宣伝用ポスター画像(1974年当時のサイン入り)をダウンロード(レコチョク、mora、e-onkyoにて対応)できる。ヒデキからのクリスマスプレゼントをゲットしよう!

DVD『HIDEKI NHK Collection〜若さと情熱と感激と〜』

2017年11月15日発売



DQBX-1225/¥16,500+税
※ソニーミュージックショップ、西城秀樹ファンクラブ会員、西城秀樹コンサート2017年10月の3会場にて、先行予約受付を行います。



【関連リンク】
西城秀樹、NHK出演映像集発売記念でヒット曲一挙配信スタート
西城秀樹まとめ
コレサワ、ゆるキャラたちとの「死ぬこと以外かすり傷」MV公開

【関連アーティスト】
西城秀樹
【ジャンル】
J-POP, ニュース, DVD, 配信, 歌謡曲

コレサワ、ゆるキャラたちとの「死ぬこと以外かすり傷」MV公開
Tue, 14 Nov 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

コレサワがゆるキャラ達と結成したバンド“コレちゃんズ”が、バンド名義では初となるMV「死ぬこと以外かすり傷」を公開した。

コレちゃんズはコレサワが「地域活性化」と「日本を元気に!」をテーマに全国のゆるキャラ達に声をかけて結成した、5体組ゆるキャラバンド。 本楽曲はコレサワが8月9日に発売したアルバム『コレカラ―』の収録曲で、楽曲のポジティブな世界観がコレちゃんズの活動目的と合致するということで、本MVの制作が決定した。

今回監督を務めたのは、ウチボリシンペと共にこれまでもコレサワのMVの制作に携わってきた吉川エリ。ゆるキャラのMVを制作するのは今回が初だが、楽曲のイメージとコレちゃんズの「みんなを元気にしたい!」という思いが表現された作品となった。

コレちゃんズは、コレサワのワンマンツアー『君の街にいくカラー』の12月14日の渋谷WWWにて初お披露目することが決定している。チケットはソールドアウトとなっているが、今後追加ライヴが決定した際にはぜひ足を運んでみてほしい。

■「死ぬこと以外かすり傷 コレちゃんズver.」MV


https://youtu.be/nYVKpQisx9w■【コレちゃんズ メンバーコメント】

■コレサワ
みんなの魅力が沢山詰まったかわいいミュージックビデオが出来ました!!12月14日のお披露目ライブ頑張ります!

■うなりくん
大好きなお友だちとバンドを組むことができてとっても嬉しかったなぁ☆撮影のときは、みんなとっても上手だった〜☆ぼくも、練習の成果を発揮したよ!ミュージックビデオで僕の必殺奏法「高速ジャットタッチ」は見てくれたかな?いまはライブに向けて必殺奏法に磨きをかけてるんだ♪みんなで応援してくれるとうれしいな☆うな。

■さのまるあこがれのコレサワちゃんとバンドがくめて うれしい!!ドラムのえんそー はじめてで ふあんだったけど みんなで はげましあいながらできて とってもたのしかった♪ミュージックビデオでは じっさいよりカッコよくうつってて(>人<;)
ホンバンにむけて いっぱいれんしゅーするね!!!!コレちゃんズとオーエンしてくれるみんなでサイコーのライブにしよー!!!

■しんじょう君
撮影は緊張したけど、練習のせいかがだせてた感じかなー☆ チョッパーもだいたいうまくいったし☆実際のミュージックビデオを見たけど、とてもすごかったよー☆ これは完全にコレちゃんズで紅白うたがっせんが射程けんないに入ってる感じだよー☆ この星の一等賞に音楽でなるつもりだから、みんな応援してねー☆

■ふっかちゃん
普段、仲良くしているキャラのお友達と一緒にバンドデビューできるなんて、ホントに夢みたい!!撮影はちょっぴり緊張したけど、と〜〜〜っても楽しかったぁ♪
みんないい感じに仕上がっててサイコ〜にかっこいい♪今はライブにむけて猛練習ちぅ〜!
ふっかちゃんの華麗なギター演奏をお楽しみに〜Y(o≧ω≦o)Y

アルバム『コレカラー』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
CRCP-40521/¥3,333+税 
※コレカラーキラキラケース仕様
<収録曲>
■CD
1.SSW
2.死ぬこと以外かすり傷
3.君のバンド
4.あたしを彼女にしたいなら
5.たばこ
6.失恋ソングを歌ったあとに
7.お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな
8.君とインドカレー
9.阪急電車と2DK
10.女子諸君
11.24歳
12.これから
■DVD
「SSW」MV
「たばこ」MV
「あたしを彼女にしたいなら」MV
「君のバンド」MV
「J-POP」(ライヴ)(2017年2月5日 コレサワ ワンマンショー「コレシアター03」にて収録)
「最終電車」(ライヴ)(2017年2月5日 コレサワ ワンマンショー「コレシアター03」にて収録)
「コレサワの超難関ジェスチャークイズ」



【通常盤】(CD)
CRCP-40522/¥2,778+税
<収録曲>
1.SSW
2.死ぬこと以外かすり傷
3.君のバンド
4.あたしを彼女にしたいなら
5.たばこ
6.失恋ソングを歌ったあとに
7.お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな
8.君とインドカレー
9.阪急電車と2DK
10.女子諸君
11.24歳
12.これから




【関連リンク】
コレサワ、ゆるキャラたちとの「死ぬこと以外かすり傷」MV公開
コレサワまとめ
コレちゃんズまとめ
【超特急 インタビュー】限界を超えて次のステージへ――デビュー5周年の大舞台で見せる挑戦と飛躍

【関連アーティスト】
コレサワ, コレちゃんズ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV

【超特急 インタビュー】限界を超えて次のステージへ――デビュー5周年の大舞台で見せる挑戦と飛躍
Tue, 14 Nov 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

この春夏に5万5,000人を動員した全国ツアーより、追加公演となった初の日本武道館公演がBlu-ray化。30分メドレーにビジュアルポイ等、スペシャルなメニューを盛り込み、その後の進化への大きなきっかけにもなったライヴで超特急の魅力を丸ごと楽しんでほしい。

──5周年記念の日本武道館ライヴですが、ツアーの追加公演とはいえ、メニューのまったく異なる、本当に特別なライヴでしたね。

ユーキ
「そうですね。“僕たちのアニバーサリーライヴが始まるよ”という意味を込めて、冒険の始まりを歌う「One/O Signal」を1曲目に持ってきたり、リフターで7メートル上から登場したり。終始お祭り騒ぎの目まぐるしいライヴだったから、本番前も本当にドタバタだったんですけど、映像を観ると楽しそうな表情をしていて、アニバーサリーに相応しいものになったと思います。」

ユースケ
「会場入りしてからの確認事項も多くて、個人的には焦ったまま本番を迎えたんですけど、4曲目の「超えてアバンチュール」でファンである8号車さんたちのコールを受けた時に不安が一気に吹き飛んで! “これは今楽しまないと損する!”っていう気持ちになれて、武道館の一体感を改めて感じることができました。」

カイ
「1本のライヴの中でメンバーがいろんなところから出てくるんですよね。最初はリフターに乗って上からで、その後はセンターステージ、トロッコで客席の後ろ…と縦横無尽なステージの使い方ができたんで、観ていても面白いんじゃないかな。」

──リフターで7メートル上空から登場するオープニングで、高所恐怖症のタクヤさんは大丈夫でした?

タクヤ
「結構怖かったですよ! もう、演出も構成もてんこ盛りのライヴで、中でもやっぱりメドレーは印象深いかなぁ。ツアーで15分のメドレーはやっていたんですけど、30分ノンストップっていうのは初めてだったし。最終的な確認は当日に会場入りしてからだったんで、すごくバタバタしていたんですけど、いろんな曲を聴けるのはファンである8号車からしたら、すごく嬉しいことじゃないですか。このツアーでメドレーというものが掴めたので、今後も活用していきたいです。」

リョウガ
「「What’s going on?」とか本当に久しぶりで、しかも炎が噴き上がって熱すぎた! そんな中で前に出なきゃいけなかったり、生死の境を彷徨う思いをしましたね。」

カイ
「メドレーでは各自ソロパートもあって。僕なんてひとりで客席を横断する、たった30秒とかのためだけにトロッコが用意されていてびっくりしました。ただ、本番では舞台裏を移動していたから、他のメンバーのソロは観られなかったんですよ。なので、映像で確認してみたら、それぞれ解釈が違っていて新鮮でしたね。“あっ、こんな感じなんだ!”って(笑)。」

──後半のビジュアルポイも幻想的な映像になっていて、大きな観どころですね。

コーイチ
「もう、みんな頑張って練習しましたよ! 普段から持ち歩いてて、特にタカシは休憩時間もずーっと練習してた。」

タカシ
「僕、初めてやることって絶対に苦戦するんですよ。でも、ステージで観せるものだから絶対に失敗できないし、自然と“いいところを観せたいから頑張ろう!”っていう気持ちになれて、本当に必死でしたね。」

ユースケ
「僕は靴下で練習してました。練習用のポイは当たると超痛いんですよ!」

ユーキ
「そんな中、アゲるだけじゃない超特急の姿もあって。本編最後の「gr8est journey」では伝えたい想いや夢、野望が自分たちの表情にも表れていたので、観ていてグッとくるものがありました。」

タカシ
「賑やかな超特急が多いからこそ、「Peace of LOVE」みたいな落ち着いた曲が際立つんですよね。リフターを使った演出だったり、手振りのみでのダンスも新鮮で、少しは5周年の成長を観せられたんじゃないかなぁ。」

コーイチ
「堂々としてたよね。武道館という舞台で全力でやってるにもかかわらず、キャラじゃない部分も垣間見えたりして。例えば普段クールなカイがニコッと笑ってたり、ユースケも騒ぐだけじゃなくカッコ良い部分もあったり…どこか余裕のある超特急になったんだなぁっていう印象を受けましたね。」

──一方で限定盤2種の特典のメイキング映像では、前作に引き続きリョウガさんがナレーションを担当しているという。

リョウガ
「前回と同じく好きにやらせていただいて、失敗しても面白ければOKになってるから、楽しんでもらえるとは思います。ただ、タクヤは怒るかも…結構いじってるんで。」

タクヤ
「…えぇ!?」

カイ
「リョウガ、いつもタクヤをいじってんじゃん!(笑) まぁ、超特急の曲の3分の2以上はやっているライヴなので、これを観ておけば今後のライヴでもピンとくるだろうし、入門編的な感じもありますね。初回生産完全限定盤にはライヴのビジョンで流した映像も付いてくるんですけど、あれも1日かけて撮影しましたから。」

リョウガ
「Loppi・HMV限定盤にはライヴCDも付いているので、年末年始のアリーナツアーに向けて観まくり、聴きまくってほしいです。」

──そうすれば、より楽しめるものになると。

タクヤ
「はい。今までで最大規模のアリーナツアーになるので、階段を上った感じがして楽しみです。」

ユースケ
「横浜アリーナとか、僕ら普通にゴールデンボンバーさんのライヴを観に行ってたから不思議な感じ。」

カイ
「個人的にも横浜が地元なんで思い入れがありますね。小さい時からいろいろ観に行ってたんで嬉しいです。」

コーイチ
「僕はファイナルの大阪城ホール。目の前の城天(しろてん)で小さい頃から踊っていて、いつか立ちたいと思っていたから、“超特急が僕の夢も乗せてくれたんだなぁ”と感動ですね。」

タカシ
「自分も大阪城ホールにはお客さんとして行っていたので、そのステージで今までとは違う自分を観せていきたい。」

ユーキ
「12月24日&25日のクリスマスライヴと東名阪のアリーナライヴでは内容も変わるんですよ。毎公演でその日限りの姿を観せて超特急の幅の広さを伝えていきますから、ぜひ楽しみにしていてください!」

取材:清水素子

Blu-ray『Bullet Train 5th Anniversary Tour 2017 Super Trans NIPPON Express』

2017年11月15日発売
SDR



【初回生産完全限定盤】
ZXRB-3025〜6 ¥8,888(税込)
※Blu-ray 2枚組
【Loppi・HMV限定盤】
ZXRB-3027 ¥8,888(税込)
※Blu-ray 1枚&CD 2枚組



【通常盤】
ZXRB-3028 ¥4,800(税込)

『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2017-2018
the end for beginning』

12/24(日) 千葉・幕張メッセイベントホール
12/25(月) 千葉・幕張メッセイベントホール
12/27(水) 神奈川・横浜アリーナ
12/30(土) 愛知・日本ガイシホール
[ 2018年 ]
1/06(土) 大阪・大阪城ホール

超特急

チョウトッキュウ:今話題のメインダンサー&バックヴォーカルグループ。2011年12月25日結成。12年6月にシングル「TRAIN」でインディーズデビュー。17年4月26日にリリースしたCDデビュー5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」は初のオリコンウィークリーチャート1位、ビルボードチャートHOT100総合1位を獲得。8月末には、ジャンルの異なるアクトを迎えた初の主催イベント『超フェス』を5日間に渡って敢行。12月から2018年1月にかけて自身最大規模となるアリーナツアーを開催予定。



【関連リンク】
【超特急 インタビュー】限界を超えて次のステージへ――デビュー5周年の大舞台で見せる挑戦と飛躍
超特急まとめ
EXILE・世界、モンゴル孤児とのダンス交流会で特別レッスン

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, okmusic UP\'s vol.159, インタビュー, EBiDAN

EXILE・世界、モンゴル孤児とのダンス交流会で特別レッスン
Tue, 14 Nov 2017 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LDH JAPANが運営するダンススタジオ“EXPG STUDIO TOKYO”で11月12日、モンゴル児童保護施設“太陽の子どもたち”の孤児15名を招き、EXPG STUDIOの生徒27とのダンス交流会が行われた。

交流会にはEXILEのパフォーマーでもある世界が率いるダンスユニットFANTASTICSと、シンガーのLeolaがゲストとして駆け付け、ダンスレッスンやパフォーマンスを披露した。

太陽の子どもたちは、貧困などさまざまな事情で行き場を失った子どもたちを保護する施設で、6歳から18歳までの子どもたちを家族の一員として育てながら、将来的に自立ができるように、教育をはじめ伝統文化の伝承を支援している。

FANTASTICSの木村慧人の「サインバイノー(こんにちは)」のモンゴル語のあいさつにより、和やかな雰囲気でスタートした交流会。世界がインストラクターとして、EXILEの「Choo Choo TRAIN」の振付、ロールダンスをレクチャーした。最初は緊張した表情を見せていたモンゴルの子どもたちも、時間が経つにつれ笑顔を見せ、ダンスでコミュニケーションを楽しんだ。

モンゴル語や英語を織り交ぜながら熱心に指導した世界は、「本当に楽しんでくれていた。一番小さい子が前列の真ん中にいたのですが、最初は恥ずかしがっていたのですが、だんだんみんなと一緒に踊っていくうちに表情がほぐれていくのが見ていて微笑ましかった」と、反応を喜んだ。

レッスン後はEXPG STUDIOのキッズダンサーによるダンスパフォーマンスや、施設で制作したという民族衣装をまとったモンゴルの子どもたちが、舞踏や馬頭琴の演奏、曲芸など、モンゴルの伝統芸能を披露。独特な音楽や舞に、EXPGのキッズダンサーやFANTASTICSメンバーも釘付けになった。

交流会のラストでは、アーティストのLeolaが自身の楽曲「Rainbow」をギターで弾き語り。続けて、モンゴルの子どもたちも知っているというKiroroの「生きてこそ」では、Leolaを囲うように輪を作り、EXPGのキッズダンサーだけでなく、モンゴルの子どもたちも一緒になって歌った。Leolaは「一緒に歌うことで同じ時間を過ごしているという証を作れたと思いました。歌詞を見ずに最初から最後まで全部歌っている姿をみて胸を打たれました」と感動を口にした。

交流会を終え、世界は「言葉もわからないけど、ダンスや歌で交流できることの素晴らしさを改めて感じた」と語り、「境遇とか、いろいろなことで苦しんでいる子もいると思います。それを抱えて生きていくというのはすごく大変だと思いますが、そのなかで少しでも僕らやLDHのやっていることが、国を超えた感じがして感動する一日でした」と手応えを口にした。Leolaも「苦しいことを越えて、ここにたどり着いている子ばかりなのに、笑顔や一生懸命歌ったり踊ったりしている姿を見て、自分が歌っている意味や、歌に対しての気持ちを改めて考えたいなと思いました」と振り返った。

施設の子供たちは、兵庫・尼崎などで開催したチャリティーコンサートのほか、各地で音楽やダンスを通じて交流を図るために来日している。来日メンバーは、施設でモンゴルの伝統芸能を習得した子供たちと卒業生で、施設では来日メンバーに選ばれることが最大の夢だという。この施設は、日本の一般財団法人「ベルナ・チャイルドサポート」が2008年から生活支援、教育支援、医療支援、自立支援活動を行っている。



【関連リンク】
EXILE・世界、モンゴル孤児とのダンス交流会で特別レッスン
EXILEまとめ
FANTASTICSまとめ
Leolaまとめ
Ivy to Fraudulent Game、1stアルバムのインストアイベント&先行試聴キャンペーンを解禁!

【関連アーティスト】
EXILE, FANTASTICS, Leola
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH

Ivy to Fraudulent Game、1stアルバムのインストアイベント&先行試聴キャンペーンを解禁!
Tue, 14 Nov 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月6日にメジャー進出第一弾作品となる1stアルバム『回転する』をリリースするIvy to Fraudulent Game(アイヴィー・トゥ・フロウジュレント・ゲーム)が、同作の購入者を対象としたインストアイベントの開催を発表した。インストアイベントは札幌、福岡、名古屋、東京、大阪といった5大都市にあるタワーレコードの各店舗にて実施を予定しており、イベント内容は各地で異なるとのこと。

さらに、アルバム『回転する』の先行試聴キャンペーンも実施されることも決定! 11月22日(水)よりアルバム収録曲「革命」「青写真」の2曲が全国のタワーレコード対象店舗にて展開されるとのことなので、ぜひ足を運んでみてほしい。また、チェーン別オリジナル特典になっている“Ivy to Fraudulent Gameオリジナルステッカー”の画像も併せて公開。タワーレコード、HMV、TSUTAYA、amazon.co.jpでそれぞれカラーが異なったクールなデザインになっているのでこちらも要チェック。

■【アルバム『回転する』リリース記念 インストアイベント】

12月10日(日) 北海道・タワーレコード札幌ピヴォ店 店内イベントスペース
16:30集合/17:00スタート
対象店舗:タワーレコード札幌ピヴォ店
内容:メンバーよりスペシャルグッズをプレゼント致します。ライブは実施いたしません。

12月20日(水) 福岡・タワーレコード福岡パルコ店
18:45集合/19:00スタート
対象店舗:タワーレコード福岡パルコ店
内容:メンバーよりスペシャルグッズをプレゼント致します。ライブは実施いたしません。

12月21日(木) 愛知・タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース
18:30集合/19:00スタート
対象店舗:タワーレコード名古屋パルコ店/タワーレコード名古屋近鉄パッセ店
内容:メンバーよりスペシャルグッズをプレゼント致します。ライブは実施いたしません。

<2018年>
1月05日(金) 東京・タワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIO
18:30集合/19:00スタート
対象店舗:タワーレコード渋谷店
内容:ライブ、またスタッフよりスペシャルグッズを差し上げます。

1月10日(水) 大阪・ROCKTOWN(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 あべのキューズモール4F)
18:30集合/19:00スタート
内容:ライブ、またスタッフよりスペシャルグッズを差し上げます
注意事項 : 当選された方は、当日ご入場されます際、ドリンク代 ¥600 を頂きますので予めご了承くださいませ。

■インストアイベントに関する詳細はこちら
http://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A025784/10.html

■【アルバム『回転する』 先行試聴キャンペーン】

11月22日(水)よりスタート
■実施店
<タワーレコード>
札幌ピヴォ店、盛岡店、仙台パルコ店、渋谷店、新宿店、横浜ビブレ店、川崎店、高崎OPA店、八王子店、町田店、池袋店、秋葉原店、吉祥寺店、イオンレイクタウン店、浦和店、津田沼店、アリオ亀有店、ららぽーとTOKYO-BAY店、グランツリー武蔵小杉店、上田店、金沢フォーラス店、名古屋パルコ店、名古屋近鉄パッセ店、モレラ岐阜店、静岡店、梅田NU茶屋町店、梅田大阪マルビル店、京都店、難波店、神戸店、あべのHoop店、アリオ八尾店、明石店、広島店、福岡パルコ店
※詳細はお近くの店舗へお問い合わせください。
■先行試聴内容
01. 革命
02. 青写真

アルバム 『回転する』

2017年12月6日発売



【完全生産限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1264/¥2,800+税
※特殊パッケージ仕様
※76Pブックレット付属
<収録曲>
■CD
1. Contrast with your beauty.
2. 最低
3. 何処か / somewhere
4. 青写真
5. dulcet
6. +
7. アイドル
8. 何時か / sometime
9. 革命
■DVD
2017年9月に開催されたシークレットライヴの映像を収録。
Utopia
Dear Fate,
劣等
E.G.B.A.
夢想家
青二才

◎封入特典
スペシャルグッズ応募ハガキ封入
(応募締切:2017年12月20日消印有効)



【通常盤】(CD)
VICL-64881/¥2,300+税
<収録曲>
1. Contrast with your beauty.
2. 最低
3. 何処か / somewhere
4. 青写真
5. dulcet
6. +
7. アイドル
8. 何時か / sometime
9. 革命

◎封入特典
スペシャルグッズ応募ハガキ封入
(応募締切:2017年12月20日消印有効)

【アルバム『回転する』チェーン別オリジナル購入特典】

・TOWER RECORDS 全国各店 / TOWER RECORDS ONLINE
Ivy to Fraudulent Gameオリジナルステッカー(TOWER RECORDS ver.)
・HMV全国各店/ローチケHMV
Ivy to Fraudulent Gameオリジナルステッカー(HMV ver.)
・TSUTAYA RECORDS 全国各店/ TSUTAYA オンラインショッピング
Ivy to Fraudulent Gameオリジナルステッカー(TSUTAYA ver.)
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
・Amazon.co.jp
Ivy to Fraudulent Gameオリジナルステッカー (Amazon.co.jp ver.)
※Amazon.co.jp では、特典付き商品のカートがアップされます。特典をご要望のお客様は特典付き商品をお買い求め下さい。
※上記各特典ともに数に限りがございます。お早めにご予約下さい。
※また、一部、特典の取扱いが無い店舗もございます。予めご了承下さい。
※確実に入手をご希望の方は、事前に各店舗様へご確認いただくことをお奨めいたします。



【関連リンク】
Ivy to Fraudulent Game、1stアルバムのインストアイベント&先行試聴キャンペーンを解禁!
Ivy to Fraudulent Gameまとめ
湘南乃風、野外ツアーの模様を収めた映像作品のJK写&収録内容を公開

【関連アーティスト】
Ivy to Fraudulent Game
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, 特典

湘南乃風、野外ツアーの模様を収めた映像作品のJK写&収録内容を公開
Tue, 14 Nov 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

湘南乃風が関東地区、東海地区、関西地区で開催された野外ワンマンツアー『SummerHolic 2017』の模様を収めたBD&DVDを12月20日(水)にリリースする。

各会場、昼・夜公演それぞれ異なる演出となり、過去類を見ないスペシャルな公演内容と圧倒的なパフォーマンスで、来場したオーディエンスを沸かせた『SummerHolic 2017』。今作は1日に2公演を行なったファイナルの地、関東公演@神奈川・横浜赤レンガ 野外特設ステージから、夜公演【STAR LIGHT】を余すところなく収録。そして、初回限定盤には昼公演【SUN SPLASH】の中から厳選された映像が特別に収録されることも決定した。

同時にジャケット写真も公開。特に初回限定盤のジャケットは空撮の写真となり、ライブ会場となった横浜赤レンガを空から見渡したスケールの大きさを感じさせるアートワークとなっている。さらに初回限定盤は昼・夜公演から選りすぐりのライブ写真を抜粋した、特大ボリュームの40Pブックレットも付属するという超豪華盤仕様だ。ブックレットには写真以外に、メンバーそれぞれがライブを振り返って書き起こした回顧録も掲載されているので、ファンの方は是非チェックしてほしい。

■BD&DVD『SummerHolic 2017 -STAR LIGHT- at 横浜 赤レンガ 野外ステージ』 ティザー映像


https://youtu.be/cRPi8sW1La8BD&DVD『SummerHolic 2017 -STAR LIGHT- at 横浜 赤レンガ 野外ステージ』

2017年12月20日(水)発売



【初回盤】
■Blu-ray(2disc)
TFXQ-78155/¥8,100(税込)
■DVD(3disc)
TFBQ-18197/¥7,020(税込)
【通常盤】
■Blu-ray(1disc)
TFXQ-78156/¥6,000(税込)
■DVD(2disc)
TFBQ-18198/¥5,000(税込)
<収録内容>
01. 爆音Breakers
02. Born to be WILD
03. KING OF THE WILD
04. Winner
05. 覇王樹
06. GAMES SHONAN PLAY
07. ダンシング マップ
08. Real Riders
09. 応援歌
10. 我楽多
11. 紅
12. BIG UP
13. Baddest
14. PAN DE MIC
15. 黄金魂
16. 純恋歌
17. 睡蓮花
18. バブル
19. SHOW TIME
20. JUMP AROUND
21. OH YEAH
22. Summer Holidays
23. はなび
■初回限定盤 / 昼公演
01. 睡蓮花
02. 炎天夏
03. 湾岸highway
04. カラス
05. PAN DE MIC
06.曖歌
07.晴ル矢
08.Joker
09.Freeeeeeeee
10.晴伝説

※BD/DVD 初回限定盤 仕様:ボックスケース+40Pフォトブックレット+Wジャケット
※予約購入者特典:ライブ写真両面B3ポスター



【関連リンク】
湘南乃風、野外ツアーの模様を収めた映像作品のJK写&収録内容を公開
湘南乃風まとめ

【関連アーティスト】
湘南乃風
【ジャンル】
J-POP, ニュース, グループ, トレーラー, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売, レゲエ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1