歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年10月27日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
【May’n ライヴレポート】『May’n 28th Birthday Special LIVE “PEACE of SMILE”』2017年10月21日 at 豊洲PIT
Fri, 27 Oct 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 May’nが10月21日、豊洲PITにて自身の28歳を祝したスペシャルライヴ『May’n 28th Birthday Special LIVE “PEACE of SMILE”』を開催した。

 ファンを“仲間”と呼ぶアーティストは珍しくないが、その絆をここまでの説得力で表現する人物は初めて見たかもしれない。“28歳、スタート!”という号令から幕を開けたMay’nのバースデーライヴは、驚くばかりにパワフル&ハイテンション。“大好きな仲間と、大好きな場所=ライヴで、大好きな音楽に囲まれて本当に幸せです!”というMCが本音であることも、満面の笑みと力強い声から明らかだ。

 炎が噴き上がりヘドバンを招く「Banggin’ Your Head」、キレの良いビートが胸の高鳴りとシンクロする「終わらない夢」、リリカルな幸福感に包まれる「重ねたその手のように」等、発表したばかりのアルバム『PEACE of SMILE』の楽曲が描く景色も全てがポジティブ。喉の手術にデビュー10周年と、前作からの4年でさまざまな変化を経て彼女が見出した答えは、支えてくれたファンの声を信じること。その想いを表したバラード「君との今日、わたしの声」のドラマチックな響きに、場内からは波のような拍手が沸いた。生バンドとダンサーによる躍動的なパフォーマンスも、ライヴを想定して作られたアルバムを見事に具現化して、彼女自身も“我を忘れた瞬間が何度もありました”と漏らすほどヒートアップ。

 アンコールではサプライズ登場したWake Up, Girls!とともにコラボ曲「One In A Billion」も披露し、今日のために作った「バースデイ!〜PEACE of SMILE」でタオルを振って迎えた一体感あふれるフィナーレには、1ミリの虚飾も迷いもなかった。嘘のない自分を届ける強さを得たMay’n。彼女なら“これから、もっと最高の未来が待ってる!”という宣言を、きっと実現するだろう。

取材:清水素子

セットリスト

1.May\'n☆Space

2.Smile:D

3.DOLCE

4.Brain Diver

5.Banggin\' Your Head

6.ゴ〜〜ジャス

7.ユニバーサル・バニー

8.終わらない夢

9.重ねたその手のように

10.君との今日、わたしの声

11.ダイアモンド クレバス

12.恋しさと せつなさと 心強さと

13.キミシニタモウコトナカレ

14.本当の声をあなたに預けたくて

15.運命の太陽

16.AMICITIA

17.Belief

18.夜明けのロゴス

19.Shine A Light

<ENCORE1>

1.One In A BillioN(Wake Up, May\'n!)

2.射手座☆午後九時 Don\'t be late

<ENCORE2>

バースデイ!〜PEACE of SMILE

May’n

メイン:アーティスト名の“May’n”は本名から由来している以外に、いつも本人が胸に秘めている“みんなのメインテーマになる曲を歌っていきたい”という想いが込められている。2008年にTVアニメ『マクロスF』にて銀河の歌姫シェリル・ノームの歌を担当し、その年に発売されたシングル2作品はともにオリコンウィークリーチャート初登場3位を獲得し大ブレイク。10年1月には自身初となる日本武道館単独コンサートを成功させた。直接歌を届けられるライヴを国内外問わず精力的に開催し、その圧倒的な歌唱力と伸びのあるハイトーンヴォイスで魅了し続けている。 




【関連リンク】
【May’n ライヴレポート】『May’n 28th Birthday Special LIVE “PEACE of SMILE”』2017年10月21日 at 豊洲PIT
May’nまとめ
lynch.、最新作「BL?OD THIRSTY CREATURE」トレーラー映像を公開

【関連アーティスト】
May’n
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.159

lynch.、最新作「BL?OD THIRSTY CREATURE」トレーラー映像を公開
Fri, 27 Oct 2017 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

lynch.が11月8日(水)に発売する最新作『BL?OD THIRSTY CREATURE』のトレーラー映像が公開された。今作は新曲収録CDに加えBlu-ray付きの数量限定生産盤、DVD付きの初回限定盤、通常盤の3形態。Blu-rayには今年8月11日に日比谷野外大音楽堂で行われた全国ツアー『TOUR\'17「THE SINNER STRIKES BACK」』ファイナルの完全ノーカットLive映像の他に多数の特典映像を収録。また36Pにわたるフォトブックも封入された超豪華盤となっている。

このリリースを提げて、全10会場をまわる全国ツアー『TOUR\'17「THE BL?ODTHIRSTY CREATURES」』やリリース記念サイン会を展開しているlynch.。年末は『ROTTENGRAFFTY presents ポルノ超特急 2017』や『20TH ANNIVERSARY MUCC祭「えん7 FINAL」in武道館』などのイベント出演も決まっており、2018年3月11日(日)には幕張メッセ国際展示場でワンマンライブ『13th ANNIVERSARY -XIII GALLOWS-』を控えている。

■「BL?OD THIRSTY CREATURE」 トレーラー映像


https://youtu.be/_pwgTyJ0KpQシングル「BL?OD THIRSTY CREATURE」発売記念サイン会

11月05日(日)13:30〜 タワーレコード梅田NU茶屋町店
11月11日(土)17:00〜 タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース
11月18日(土)15:00〜 HMV&BOOKS HAKATA
11月26日(日)13:00〜 タワーレコード渋谷店 B1 CUTUP STUDIO
12月17日(日)16:00〜 タワーレコード札幌PIVOT店
■詳細
http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t10304/

【ライブ情報】

『TOUR\'17「THE BL?ODTHIRSTY CREATURES』
10月20日(金) EX THEATER ROPPONGI
10月31日(火) 名古屋DIAMOND HALL
11月04日(土) なんばHatch
11月12日(日) 浜松窓枠
11月19日(日) 福岡DRUM LOGOS
12月01日(金) 仙台RENSA
12月02日(土) 新潟LOTS
12月09日(土) 高松オリーブホール
12月10日(日) 広島CLUB QUATTRO
12月16日(土) 札幌PENNY LANE 24

MUCC対バンツアー『えん7』
12月18日(月) 札幌PENNY LANE24

葉月単独公演「奏艶」
12月23日(土) 品川インターシティ
1部 13:00/13:30/2部 17:00/17:30

『ROTTENGRAFFTY presents ポルノ超特急 2017』
12月24日(日) 京都パルスプラザ

『20TH ANNIVERSARY MUCC祭「えん7 FINAL」in武道館』
12月27日(水) 日本武道館

lynch.COUNTDOWN LIVE『2017-2018』
12月31日(日) Zepp Nagoya

『13th ANNIVERSARY -XIII GALLOWS-』
3月11日(日) 幕張メッセ国際展示場
※時間、チケット情報などの詳細は後日発表。

シングル「BL?OD THIRSTY CREATURE」

2017年11月8日(水)発売



【数量限定生産盤】(CD+Blu-ray)
KICM-91812/¥6,667+税
※特殊パッケージ仕様、フォトブック付属、オーディオコメンタリー(副音声)
<収録曲>
■CD
1.BL?OD
2.CREATURE
3.THE WHIRL
■Blu-ray
・「TOUR\'17『THE SINNER STRIKES BACK』FINAL -2017.8.11 at 日比谷野外大音楽堂- Live映像(完全ノーカット版)」
<特典映像>
・『「THE JUDGEMENT DAY」 -2017.4.18 at 新木場STUDIO COAST- Live映像』(3曲)
・「CREATURE」Music Video
・LIVE「MOON」DIRECTOR\'S CUT -HAZUKI ver.-
・LIVE「MOON」DIRECTOR\'S CUT -REO ver.-
・LIVE「MOON」DIRECTOR\'S CUT -YUSUKE ver.-
・LIVE「MOON」DIRECTOR\'S CUT -ASANAO ver.-

【初回限定盤】(CD+DVD)
KICM-91813/¥5,000+税
※特殊パッケージ仕様
<収録曲>
■CD
1.BL?OD
2.CREATURE
3.THE WHIRL
■DVD
「TOUR\'17『THE SINNER STRIKES BACK』FINAL -2017.8.11 at 日比谷野外大音楽堂- Live映像」

【通常盤】(CD)
KICM-1812/¥1,389+税
<収録曲>
1.BL?OD
2.CREATURE
3.THE WHIRL



【関連リンク】
lynch.、最新作「BL?OD THIRSTY CREATURE」トレーラー映像を公開
lynch.まとめ
影山ヒロノブ、40周年記念カバー&ベストアルバム2作品同時発売決定

【関連アーティスト】
lynch.
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, トレーラー, シングル, リリース, 発売

影山ヒロノブ、40周年記念カバー&ベストアルバム2作品同時発売決定
Fri, 27 Oct 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LAZY のボーカル“ミッシェル”としてデビューし、2017年にアーティスト活動40周年を迎える影山ヒロノブが、2018年2月14日にアニソンカバーアルバムと、40周年記念ベストを同時リリースすることを発表した。

アニソンカバーアルバムは、豪華盤【40th Anniversary Edition】と通常盤【Normal Edition】の2形態にてリリース。40周年イヤーの記念リリースとして、2017年に毎月1曲ずつ、アニソンカバー曲をアコースティックアレンジにて配信リリースしてきた楽曲が、ついに、アルバムとしてパッケージリリースされることとなる。楽曲は「Get Wild」「カントリーロード」など、アニソンとして幅広く支持を得ているポピュラーな楽曲の他、「草原のマルコ」などの名曲から、「God Knows...」などの2000年以降のヒットソングなど、幅広い人気楽曲を多数収録。さらに、豪華盤には、2017年9月に開催された、40周年記念ライブの映像が収録されたBD&DVD の他、40周年記念オリジナルアルバム『A.O.R』のメイキング映像収録のDVD や、フォトブックなど、フルボリュームなファン必須のマストアイテムとなっている。

ベストアルバムはアニメ『ドラゴンボールZ』『聖闘士星矢』『宇宙船サジタリウス』『鬼神童子ZENKI』、特撮『電撃戦隊チェンジマン』『鳥人戦隊ジェットマン』などをはじめ、コロムビアに残した名曲の数々をCD2枚に詰め込んだ40周年記念に相応しいベストアルバムとなる。

アルバム『誰がカバーやねんアニソンショー』

2018年2月14日発売



【Normal Edition】(CD)
LACA-15700/¥3,000+税
【40th Anniversary Edition】(3CD+1BD+2DVD+フォトブック)
LACA-35700/¥15,000+税
<収録曲> ※予定・曲順未定
・裏切りの夕焼け
・ THE REAL FOLK BLUES
・ 薔薇は美しく散る
・ 好敵手
・ カントリーロード
・ Get Wild
・ 炎のたからもの
・ 草原のマルコ
・ ルパン三世 愛のテーマ
・ God knows…
ほか全12曲収録予定

ベストアルバム『影山ヒロノブBEST(仮)』

2018年2月14日発売



COCX-40115〜6/¥3,000+税
※2CD
<収録曲> ※予定・曲順未定
・電撃戦隊チェンジマン
・スターダストボーイズ
・光戦隊マスクマン
・ザ・ヘッドマスターズ
・聖闘士神話〜ソルジャー・ドリーム〜
・CHA-LA HEAD-CHA-LA
・鳥人戦隊ジェットマン
・WE GOTTA POWER
・鬼人童子ZENKI
ほか



【関連リンク】
影山ヒロノブ、40周年記念カバー&ベストアルバム2作品同時発売決定
影山ヒロノブまとめ
LAZYまとめ
フェロ☆メン、シングル購入特典はチケットフォルダに決定

【関連アーティスト】
影山ヒロノブ, LAZY
【ジャンル】
アニメ・声優, ニュース, アルバム, リリース, 発売

フェロ☆メン、シングル購入特典はチケットフォルダに決定
Fri, 27 Oct 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

実力派人気声優の諏訪部順一と鳥海浩輔によるユニット“フェロ☆メン”の6thシングル「オペラ」のアニメイト購入特典情報が解禁された。アニメイトにて同作品をA-type・B-type同時購入すると先着にて特典の『「オペラ」チケットフォルダ』がゲットできる。詳細は是非店舗等で確認して欲しい。

更に、11月5日までの期間中にアニメイトで全額内金にて同作を予約すると、フェロ☆メン プロデュースにより開催する音楽朗読舞台『AnGeL fAlL』の抽選予約申込シリアルを配布中。公演をご覧になりたい方は是非早めに予約しよう。なお、同公演にはフェロ☆メンの2人に加え、能登麻美子、井上和彦、中村悠一が参加する。公演は、1月27日(夜公演のみ ※開場:17時/開演:18時)、1月28日(昼夜2公演 ※昼の部=開場:11時30分 開演:12時30分/夜の部=開場:16時30分 開演:17時30分)の全3公演に渡り、舞浜アンフィシアターで開催される。すべての回の結末が異なるマルチエンディングストーリーとなっている。是非最新シングル「オペラ』を予約して、公演にも足を運んで欲しい。

シングル「オペラ」

2017年11月29日発売



【A-Type】
COCA-17378/¥1,204+税
<収録曲>
1.オペラ (TVアニメ「Dies irae」エンディングテーマ)
2.AnGeL fAlL
3.オペラ (Instrumental)
4.AnGeL fAlL (Instrumental)

【B-Type】
COCA-17379/¥1,204+税
<収録曲>
1.オペラ (TVアニメ「Dies irae」エンディングテーマ)
2.AnGeL fAlL 【inversion】
3.オペラ (Instrumental)
4.AnGeL fAlL (Instrumental)

※10月7日(土)〜11月5日(日)までの期間中、
全国のアニメイト(アニメイトオンライン除く)にて全額内金予約された方に先着で
音楽朗読劇『AnGeL fAlL(エンジェルフォール)』のチケット抽選予約申込シリアルをプレゼント!

音楽朗読劇『AnGeL fAlL』

1月27日(土) 舞浜アンフィシアター
夜公演:開場17時/開演18時
1月28日(日) 舞浜アンフィシアター 
昼公演:開場11時30分/開演12時30分  夜公演:開場16時30分/開演17時30分
<出演>
フェロ☆メン(諏訪部順一・鳥海浩輔)、井上和彦、能登麻美子 他
<チケット>
¥8,500(税込)
※3公演いずれもストーリーの結末が異なる、マルチエンディング公演です。
※その他詳細は後日発表します。



【関連リンク】
フェロ☆メン、シングル購入特典はチケットフォルダに決定
フェロ☆メンまとめ
諏訪部順一まとめ
鳥海浩輔まとめ
NoisyCell、初自主企画ワンマン開催&デジタルシングル配信決定

【関連アーティスト】
フェロ☆メン, 諏訪部順一, 鳥海浩輔
【ジャンル】
アニメ・声優, ニュース, シングル

NoisyCell、初自主企画ワンマン開催&デジタルシングル配信決定
Fri, 27 Oct 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

NoisyCellが初の自主企画ライブ『LIGHTSHIP CRUISE 1』を12月12日(火)に新代田FEVERにて開催することを発表した。更に、翌13日には新曲「Letter」がデジタル配信リリースされることがわかった。

今回初となる自主企画は『LIGHTSHIP CRUISE 1』と名付けられ、“NoisyCell”という灯火をともし、誰も見たことのない未来を目指して進むという意図があるとのこと、勢いづくNoisyCellの強い意志が感じられる。そして、Survive Said The Prophetとのライブツアー『WABI SABI TOUR』のファイナル公演にて初披露されたこの楽曲タイトルは「Letter」、会場にいるオーディエンスの気持ちを一つに高めた壮大な楽曲に仕上がっている。その他2曲とそのインストゥルメンタル楽曲を収録した形でデジタルリリースされるとのこと。配信サイトなどの詳細はまた追って発表されるとのことで、こちらも合わせてチェックしてほしい。

自主企画ワンマンライブ『LIGHTSHIP CRUISE 1』

12月12日(火) 新代田FEVER
Open 19:00 / Start 19:30

配信楽曲「Letter」

2017年12月13日(水)配信開始



<収録曲>※予定
・Letter 他2曲
・Instrumental Track 3曲



【関連リンク】
NoisyCell、初自主企画ワンマン開催&デジタルシングル配信決定
NoisyCellまとめ
ハルカトミユキ、横尾初喜監督が手掛けた「手紙」MVを公開

【関連アーティスト】
NoisyCell
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, リリース, 発売, 配信

ハルカトミユキ、横尾初喜監督が手掛けた「手紙」MVを公開
Fri, 27 Oct 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ハルカトミユキが11月3日に配信する新曲「手紙」のMUSIC VIDEOが解禁! この楽曲は映画『ゆらり』の主題歌となっているが、今回のMVも同じ監督の横尾氏が手掛けている。

「手紙」はシンプルで美しいバラード、歌詞は若かりし時の甘えや自意識過剰による後悔と今は亡き親愛なる人への郷愁を綴ったもの。MVは水辺に佇むハルカトミユキの2人とそれを包むように広がる美しい街並み。その間に、映画のシーンが散りばめられ非常に相乗効果の高い作品に仕上がっている。

また、今作「手紙」の配信に際しては更に4曲、計5曲が同時に行われる。2曲目は結成して最初に作った曲「夏のうた」で、今では入手困難となっているこの曲の2017年9月に行った野音でのライブバージョン。3曲目も2017年2月25日の5周年ツアーファイナル、赤坂ブリッツでの感動的な「夜明けの月」のライブバージョン。残り2曲は2015年にYOUTUBE上だけで発表されたままとなっていたカバー音源を初めて商品化。4曲目はVo.ハルカのル-ツの一つでもある70年代フォークの名曲「流星」(オリジナル:吉田拓郎)、5曲目は発表当時に選曲の意外性と抜群の愛称の良さが話題となった「Story of my life」(オリジナル:ONE DIRECTION)。という充実の内容となっている。

ハルカトミユキが歌う主題歌の映画『ゆらり』は11月4日(土)より全国順次ロードショーを開始。気鋭の劇作家・脚本家の西條みつとしのストーリーと横尾初喜監督による演出により、公開前から期待値が非常に高い作品に上がっている。

■「手紙」MV


https://youtu.be/6Bxk0zK1uB4配信楽曲「手紙」

2017年11月3日(金)配信開始



<収録曲>
M1: 手紙(映画『ゆらり』主題歌) 
M2: 夏のうた(Live at 日比谷野外大音楽堂[2017/09/02]) 
M3: 夜明けの月 (Live at AKASAKA BLITZ[2017/02/25])
M4: 流星(吉田拓郎カバー) 
M5: Story of my life(ONE DIRECTIONカバー)

映画『ゆらり』

2017年11月4日より全国順次公開
<公開館情報>
11月04日(土) 池袋シネマ・ロサ / 茨城 土浦セントラルシネマ
11月11日(土) ミッドランドシネマ名古屋空港 / 岡山メルパ
11月25日(土) 大分別府ブルーバード劇場 / 長野 上田映劇 / 大阪シアターセブン

■映画「ゆらり」公式サイト
http://yurari-movie.com/



【関連リンク】
ハルカトミユキ、横尾初喜監督が手掛けた「手紙」MVを公開
ハルカトミユキまとめ
メガマソ、解散前最後の最新アーティスト写真を公開

【関連アーティスト】
ハルカトミユキ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 配信, 主題歌, 映画, 音楽配信

メガマソ、解散前最後の最新アーティスト写真を公開
Fri, 27 Oct 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月23日(木・祝)に北とぴあ さくらホールにて行なわれる『MEGAMASSO FINAL LIVE “世界が正しい夜に、ここにいて。”』を最後に解散することを発表したメガマソ。そのラストライブを前に、新衣装をまとった最新であり、最後となるアーティスト写真を公開した。それぞれのキャラクターを活かした“今まで”と“これから”が表現されている。

また、11月1日(水)から一部CDショップにて旧譜キャンペーンが実施される。各店舗にてオリジナルコメントDVDなどの特典が配布されるので是非足を運んでほしい。

『MEGAMASSO FINAL LIVE “世界が正しい夜に、ここにいて。”』

11月23日(木・祝) 北とぴあ さくらホール
開場/開演時間:16:30/17:00

【旧譜キャンペーン】

キャンペーン期間内対象店にてメガマソ対象商品をいずれか1枚ご購入いただいたお客様に、オリジナル特典をプレゼント致します。同時にライカエジソン大阪店にて衣装展を実施!一部店舗にて直筆コメントカードも設置。

<実施期間>
2017年11月1日(水)〜11月12日(日)
※衣装展と旧譜キャンペーンの日程は同日となります。
※一部在庫切れの商品も御座いますのでご了承ください。
※期間終了後のご対応はできかねます。
<対象商品>
【アルバム】
『ニシュタリ』(DDCB-94008/DDCB-14038)
『ふとん史/ザ セカンドニムバス』(DDCB-94012/DDCB-14049/DDCB-14050)
『天使崩壊』(DDCB-94014/DDCB-14053)
【シングル】
「St.Lily」(DDCB-94002/DDCB-14029/DDCB-14030)、
「MISS WAVES/VIPER」(DDCB-94004/DDCB-94005/DDCB-14033)
※初回限定盤、通常盤どちらも対象。
<対象店舗/特典内容>
・タワーレコード新宿店 オリジナルコメントDVD
・ライカエジソン全店 オリジナルDVD(MATSUMOTOプロデュース メガマソ王決定戦SP)
・Little HEARTS.全店 オリジナルコメントDVD
・ZEAL LINK全店 オリジナルコメントDVD
・自主盤倶楽部 オリジナルDVD(3文字しりとり対決)
・Brand X オリジナルコメントDVD+アー写4枚セット(最新アー写1枚含)
・five Stars オリジナルコメントDVD
<衣装展に関して>
場所:ライカエジソン大阪店内
・本キャンペーン対象作品の衣装を各メンバー1点展示致します。
※衣装の撮影は可能ですが、触れない様お願い致します。



【関連リンク】
メガマソ、解散前最後の最新アーティスト写真を公開
メガマソまとめ
南部のローカルソウルを一挙に世界に広めたオーティス・レディングの名作『オーティス・ブルー』

【関連アーティスト】
メガマソ
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, 解散

南部のローカルソウルを一挙に世界に広めたオーティス・レディングの名作『オーティス・ブルー』
Fri, 27 Oct 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

このコーナーで紹介しているアルバムは、僕自身がリアルタイムで聴いたものが多いけど、今回紹介する作品は50年以上前にリリースされているだけに、残念ながら後追いで聴いたもの。70年代前半、関西のアマチュア・ロックシーンはブルースとサザンソウルのバンドがめちゃくちゃ多かった。その火付け役となったのが、アレサ・フランクリンやオーティス・レディングであった。アレサは以前に取り上げたので、今回は極めつきのサザンソウルシンガー、オーティス・レディングの『オーティス・ブルー』を紹介する。本作は全米R&Bチャートで1位を獲得、ロックフェスに登場して大喝采を浴びるなど、オーティスの名が世界に知れ渡るきっかけとなった名作中の名作である。

■モータウンソウルとメンフィスソウル

60年代前半、ロックがまだロックンロールであった頃、アメリカで大きなヒットを飛ばしていたのはモータウンレコードに所属するソウル歌手やグループ。モータウン所属のアーティストはバックミュージシャンも含めて黒人ばかりで、R&Bやブルース色をあまり出さないポピュラー音楽っぽいソウルであった。それは白人のマーケットを意識しての戦略だったわけだが、北部在住の黒人や白人層に見事にはまり、大ヒットを生み出し続けていた。デビュー間もないビートルズやローリング・ストーンズらがカバーすることで、モータウンの洗練されたサウンドはイギリスでも喝采を浴びていた。

ただ、アメリカは広く、都会よりは断然田舎のほうが多いわけで、田舎の黒人や白人にとっては、モータウンはあまりにもポップすぎた。そんなわけで、南部を中心とした一般大衆はもう少し地味な、教会などで演じられるゴスペルっぽいサウンドを必要としていたのだが、そこで登場してきたのがテネシー州メンフィスに拠点を置くスタックスレコード。スタックスレコードは南部の田舎のリスナーをターゲットにしたインディーズレーベルであり、モータウンと比べると、よりアーシーでゴスペルライクな泥臭いソウルミュージックを提供していた。また、スタックスの特徴は黒人と白人の混合で音楽作りをしていたところにあった。メンフィスソウル(サザンソウルと言い換えても良い)の魅力は、ゴスペル臭さを中心としたソウルであることは間違いないのだが、カントリー的なサウンドの要素も持ち合わせているところにその良さがあったのだ。

■ゴージャスさが魅力のモータウンと シンプルさが魅力のスタックス

モータウンにはマービン・ゲイ、ジャクソン5、スプリームス、テンプテーションズ、スモーキー・ロビンソンなどの大スターがいて、全米レベルのセールスを誇っていたが、それとは対照的にスタックスにはどえらい歌唱力を持ったシンガーがいた。それがオーティス・レディングである。ただし、スタックスは弱小レーベルでもあり、当初はアメリカ南部でのみ知られる渋い歌手に過ぎなかった。しかし、64年にヴォルト(スタックスの傍系レーベル)から初のアルバムをリリース、大手レコード会社のアトランティックがスタックスを配給することになってからは、全米市場が見込めるようになる。ルーファス・トーマス、サム&デイブ、ウィリアム・ベル、ジョニー・テイラー、エディー・フロイドなど、モータウンの煌びやかさはないが、ヒット曲を複数持つ南部ソウルのスターたちが登場してくる。

■関西的なスタンスのサザンソウル

60年代半ばのサザンソウル黎明期、スタックスからリリースされたレコードは関西(大阪と京都)で絶大な支持を集め、ソー・バッド・レビュー、サウス・トゥ・サウス、スターキング・デリシャス、激突モモンガ・パート2など、サザンソウルを模したグループが次々とロックシーンに登場し、70年代中期のライヴハウスで大人気となる。当時、日本全国レベルでサザンソウルが受けていたわけではないと思うが、ブルースを別にすれば、関西のロックシーンにおいてはサザンソウルのグループやシンガーが抜きん出て人気があった。それは何故か。おそらく、サザンソウルのテイストが関西の雰囲気にぴったり合っていたからだと思うのだ。都会的なモータウンは東京っぽくて、泥臭いスタックスは大阪的なのである。

■先にイギリスで火が付いたオーティス

アメリカ南部、ジョージア州出身のオーティスは、リトル・リチャードとサム・クックを手本にしながらも、泥臭くて魂のこもった歌唱で勝負したサザンソウルのクリエイターである。62年にバラードナンバーのシングル「These Arms Of Mine」(Volt)でデビュー、味わい深いサウンドで、当時すでにサザンソウル的な片鱗を見せているのはさすが。64年には自身初のアルバム『Pain In My Heart』をリリース、その圧倒的な歌唱力でソウル界のみならずロック界でも大いに騒がれた。特にイギリスではビートルズやストーンズがオーティスのすごさについて語ったおかげで、アルバムはチャートの上位に食い込んでいる。65年に『Sings Soul Ballads』と『Otis Blue』の2枚を、66年に本作『Otis Blue』をリリース、どれも甲乙付けがたい名作で、その人気はどんどん広がっていく。とはいってもまだアメリカ南部とイギリスであったが…。

■一夜にしてスーパースターに

さて、彼の人生が一変する事態が起きる。67年、オーティスはカリフォルニア州で開催予定の最初期のロックフェス『モンタレー・ポップ・フェスティバル』への参加を要請されたのである。ヒッピー文化が盛り上がっていた時期だけに、20万人以上のオーディエンスが集まり、バーズ、ジェファーソン・エアプレイン、ママス&パパス、アニマルズ、グレイトフル・デッドら、当時大人気のアーティストがこぞって出演している。出演者の多くがすでにスーパースターであったが、ジャニス・ジョプリン、ジミ・ヘンドリックス、オーティス・レディングの3組はニューカマーで、このフェスの壮絶なステージングで3組とも夜が明ける頃にはスーパースターとなっていた。中でもオーティスは黒人、ほぼ白人ばかりの大観衆の前で歌うのは初めてのことで、かなり緊張したようだが、ここでも圧倒的な歌唱力を聴かせ、大いに受けた。

■そして…

一夜にして全米に知られることになったオーティスであったが、その半年後の67年12月、飛行機事故によりツアーメンバーのバーケイズのメンバーとともに死去。まだ26歳の若さであった。思えば、このフェスでスターになったジャニスとジミヘンも、ともに1970年に27歳で亡くなるという奇妙な偶然があった。オーティスの死後リリースされた『The Dock Of Bay』(‘68)は初の全米1位アルバムとなったのだが、この作品は死の3日前にレコーディングされた文字通りの遺作である。その後もアルバムのリリースは続くが、アウトテイクやあまり出来の良くないライヴなどで、オーティス最高の歌唱が聴けるのは、生前のそれも初期の4〜5作品に限られると思う。

■本作『Otis Blue』について

僕がオーティスの最高作(この意見がもっとも多いかも)だと思うのは、やはり本作『Otis Blue』(‘65)である。彼が師匠と崇めるサム・クックのカバーが3曲(内緒だけど、どれもオリジナルより素晴らしい)、オーティスのオリジナルが3曲、他はソロモン・バーク、ウィリアム・ベル、スモーキー・ロビンソン(モータウン!)、B.B・キング、ローリング・ストーンズの曲を取り上げている。全収録曲はどれも文句の付けようがなく、特に「Respect」「Change Is Gonna Come」「I’ve Been Loving You Too Long」といった彼の代表曲は震えるほどの名唱。本作は“人類の宝”と言っても過言ではない名作中の名作だと思う。

アルバムのバックを務めるのは、ブッカーT&ザ・MG’s。彼らはアメリカ南部を代表するミュージシャンで、映画『ブルース・ブラザーズ』でも活躍していたので、知ってる人も多いだろう。ベーシストのドナルド・ダック・ダンは、2012年に日本でのスタックス公演のために来日し、残念ながら宿泊していた東京都内で亡くなっている。

オーティス・レディングを聴いたことがないという人がいれば、この機会にぜひ聴いてみてほしい。100年にひとり出るか出ないかのシンガーなので、聴けばきっと心を動かされるはず♪

TEXT:河崎直人

アルバム『Otis Blue』

1965年作品



【関連リンク】
南部のローカルソウルを一挙に世界に広めたオーティス・レディングの名作『オーティス・ブルー』
Otis Reddingまとめ
SPICY CHOCOLATE、漫画家の白石ユキとのコラボMV公開

【関連アーティスト】
Otis Redding
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!

SPICY CHOCOLATE、漫画家の白石ユキとのコラボMV公開
Fri, 27 Oct 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

少女マンガ家・白石ユキ先生の代表作『あのコの、トリコ。』と、SPICY CHOCOLATEとの胸きゅん必須のコラボミュージックビデオが期間限定で公開スタートした。なお、公開期間は2018年1月19日(金)18:00までとなっている。

■白石ユキ×SPICY CHOCOLATE ミュージックビデオ


https://youtu.be/ON31RB3gfcAアルバム『スパイシーチョコレート BEST OF LOVE SONGS』

2017年10月11日発売



【初回盤A】(CD+DVD)
UICV-9251/¥3,500+税
<収録曲>
■CD ※全形態共通
01.君のことが好きだったんだ feat. BENI, Shuta Sueyoshi (AAA) & HAN-KUN」
02.ずっと feat. HAN-KUN & TEE 
03.I miss you feat. 清水翔太
04.あなたと明日も feat. ハジ→ & 宇野実彩子 (AAA)
05.うれし涙 feat. シェネル & MACO
06.しあわせ feat. Ms.OOJA & SALU
07.信ジルモノ feat. YU-A, AK-69 & HAN-KUN from 湘南乃風
08.愛スルモノ feat. SHOCK EYE, lecca & SIMON
09.Last Forever feat. 加藤ミリヤ & SKY-HI
10.同じ空 feat. ナオト・インティライミ & 安田レイ
11.ミスキャスト feat. 大橋卓弥 (スキマスイッチ) & 奇妙礼太郎
12.二人で feat. 西内まりや & YU-A
13.ずっとマイラブ feat. HAN-KUN & TEE
14.キミと未来 feat. Ms.OOJA & 寿君
■DVD
「君のことが好きだったんだ feat. BENI, Shuta Sueyoshi (AAA) & HAN-KUN」(新曲)
「ずっと feat. HAN-KUN & TEE 」(黒島結菜出演)
「I miss you feat. 清水翔太」(小島藤子出演)
「あなたと明日も feat. ハジ→ & 宇野実彩子(AAA)」(木下優樹菜出演)
「うれし涙 feat. シェネル & MACO」(今井華出演)
「しあわせ feat. Ms.OOJA & SALU」(田中美保出演)
「信ジルモノ feat. YU-A, AK-69 & HAN-KUN from 湘南乃風」
「愛スルモノ feat. SHOCK EYE, lecca & SIMON」
「Last Forever feat. 加藤ミリヤ & SKY-HI」
「同じ空 feat. ナオト・インティライミ & 安田レイ」
「ミスキャスト feat. 大橋卓弥 (スキマスイッチ) & 奇妙礼太郎」(市川紗椰出演)
「二人で feat. 西内まりや & YU-A」
「ずっとマイラブ feat. HAN-KUN & TEE」(浅田舞出演)
「キミと未来 feat. Ms.OOJA & 寿君」(鈴木奈々出演)

【初回盤B】(2CD)
UICV-9252/3/¥2,980+税
<収録曲>
■CD
【初回盤A】と共通
■MIXCD
1
つたえきれない feet. SHOCK EYE & TAK-Z
あれからの二人は。 feat. TAK-Z & 寿君
幸せドライブ feat. RYO the SKYWALKER & pukkey
ともに歩こう feat. NATURAL WEAPON & WATARU
ひとつだけの feat. TAK-Z & 當山みれい
2
I LOVE YOU feat. RUEED & 大城美友
ベイビーガール feat. RAY & 當山みれい
君に会いたい... feat. 青山テルマ & RYO the SKYWALKER
サヨナラさえ言えたなら feat. Dear & CORN HEAD
最後のWish feat. 中村舞子 & NG HEAD
3
それでも君が好き feat. JASMINE, SKY-HI & 寿君
出逢った頃のままで。 feat. TAK-Z & 寿君
Tun up!! feat. MUNEHIRO & 卍LINE
FREE FREE!! feat. HAN-KUN & Ami
Turn It Up feat. AK-69 & Havana Brown
4
キミをもっと feat. BES & 宮田悟志
片想い feat. 山口リサ & TAKAFIN
素直になりたい / 8utterfly & J-REXXX
SAKURA / KIRA & JASMINE
恋人つなぎ / MUNEHIRO & TAKAFIN
5
運命のカギ / RAY & FUKI
Love is the answer feat. MUNEHIRO & Miss Monday
そこに愛は feat. CHEHON & NATURAL WEAPON
ナンバーワン feat. SIMON & Emi Meyer
6
約束 feat. BES & N.O.B.U!!!
ヤッホー feat. RYO the SKYWALKER
ナナナアイアイ feat. KEN-U, BIGGA RAIJI, DOMINO KAT & MICKY RICH
またね feat. RYO the SKYWALKER, KEN-U, BIG BEAR, KYO虎, MUNEHIRO & CHOP STICK

【通常盤】(CD)
UICV-1085/¥2,500+税
<収録曲>
【初回盤A】と共通



【関連リンク】
SPICY CHOCOLATE、漫画家の白石ユキとのコラボMV公開
SPICY CHOCOLATEまとめ
三浦大知、倖田來未、Dream Amiらがディズニーの名曲たちを大胆カバー!

【関連アーティスト】
SPICY CHOCOLATE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボ, ミュージックビデオ, MV, アルバム

三浦大知、倖田來未、Dream Amiらがディズニーの名曲たちを大胆カバー!
Fri, 27 Oct 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

人々にさまざまな夢や希望を与え続けているディズニー作品。そんなディズニーの名曲を日本のミュージシャンたちが心を込めて歌うアルバム『Thank You Disney』が、10月25日にリリースされる。エグゼクティブ・プロデューサーを務めるのは映画監督、振付師、プロデューサー、ディレクターと幅広く活躍し、コンサート映画『マイケル・ジャクソンTHIS IS IT』やディズニー作品『ディセンダント』の監督でもあるケニー・オルテガ。今回の作品は、彼の手によって各曲とも大胆にアレンジされているのが特徴だ。

1曲目はシンガーソングライター、ビッケブランカによる『アナと雪の女王』の大ヒットナンバー「レット・イット・ゴー」。緻密なコーラスワークを武器にしているビッケブランカらしく、彼のヴォーカルに重なるコーラスが壮大に響く。さらに得意のファルセットも随所に効いていて、まさにアルバムの幕開けにふさわしい。続く『ライオン・キング』の「愛を感じて」を歌うのは、突き抜けるパワフルなヴォーカルで注目のシンガーBeverly。こちらもコーラスが加わり、物語の舞台でもあるアフリカの広大な大地を思わせるアレンジで、Beverlyの声が心地良く冴え渡っている。

そして、ここまで外に向かっていたエネルギーをいったん落ち着かせるのが、実力派アーティスト三浦大知。シンプルな構成で『ピノキオ』の「星に願いを」を、夜の道を照らす光のように柔らかなヴォーカルで聴かせる。AAAの西島隆弘と宇野実彩子は“歌ってみた”という動画で「美女と野獣」をカバーしているが、今回はオルテガのアレンジバージョンを収録。お互いに声の性質を知り尽くす2人ならではのハーモニーは聴きどころのひとつだろう。

『ズートピア』の日本版主題歌「トライ・エヴリシング」を担当した経験を持つDream Amiは、『塔の上のラプンツェル』の「輝く未来」を担当。彼女のキュートな歌声に添った弾けるようなアレンジで、夢にあふれた子どもたちを笑顔にしてくれる。「レット・イット・ゴー」で日本中を魅了したMay J.がこのアルバムで歌うのは、ケニー・オルテガが監督した『ディセンダント』の「If Only」。新しいバージョンの歌いまわしはフェイクが細かく入っていて、高い歌の技術を誇る彼女にとっても未知の世界だったと語っている。その分、悪を背負っている、という複雑な主人公の葛藤がさらにフォーカスされて聴こえてくるようだ。

今作ではフレッシュなダンス&ヴォーカルグループが何組も参加。『アラジン』の「ホール・ニュー・ワールド」は5人組ダンス&ヴォーカルグループのlol -エルオーエル-が務め、8人組男性ヴォーカルグループのSOLDEMOは『魔法にかけられて』の「想いを伝えて」、5人組男性ダンス&ヴォーカルグループのU-KISSは『ズートピア』の「トライ・エヴリシング」、SKE48は『ハイスクール・ミュージカル』の「みんなスター!」をそれぞれ軽快に聴かせる。

バンドとしては4ピースのMONKEY MAJIKが登場し、『トイ・ストーリー2』から「ホエン・シー・ラウド・ミー」をしっとりと歌い上げる。一方、ソロアーティストはAKB48の柏木由紀、BiSHのアイナ・ジ・エンド、女子中高生から注目されているミラクル ベル マジック、女優としても活躍するドラマーのシシド・カフカなど意外な顔ぶれが、普段のイメージとは違うヴォーカルを披露している。そして、アルバムのラストを飾るのは、倖田來未。彼女が『魔法にかけられて』の「そばにいて」を選んだのは、彼女らしく歌いたいとのことで、あえて男性の楽曲に挑戦したという。「音域は2オクターブ半くらいあった」と語っているように、倖田來未の低音のカッコ良さは必聴だ。

バラエティーに富んだアーティストが参加しているので、言うまでもなく楽曲のカラーは多彩だ。さらに、この楽曲はこんな表現もあるのか!?と新たな発見がある、実に興味深い一枚となっている。

TEXT:桂泉晴名

■プロデューサー・コメント映像


https://www.youtube.com/watch?v=6jk8ac4DpEM■『Thank You Disney』トレーラー映像


https://www.youtube.com/watch?v=T18YwpQlDeY■『Thank You Disney』アルバム全曲試聴


https://www.youtube.com/watch?v=UYsWJa15-h8アルバム『Thank You Disney』

2017年10月25日発売



AVCD-93755/¥2,700(税込)
<収録曲>
01 レット・イット・ゴー / ビッケブランカ
※『アナと雪の女王』より
02 愛を感じて / Beverly
※『ライオン・キング』より
03 星に願いを / 三浦大知
※『ピノキオ』より
04 美女と野獣 / 西島隆弘 & 宇野実彩子
※『美女と野獣』より
05 輝く未来 / Dream Ami
※『塔の上のラプンツェル』より
06 イフ・オンリー / May J.
※『ディセンダント』より
07 ホール・ニュー・ワールド / lol -エルオーエル-
※『アラジン』より
08 想いを伝えて/ SOLIDEMO
※『魔法にかけられて』より
09 ユール・ビー・イン・マイ・ハート / シシド・カフカ
※『ターザン』より
10 ホエン・シー・ラヴド・ミー / MONKEY MAJIK
※『トイ・ストーリー2』より
11 パート・オブ・ユア・ワールド / アイナ・ジ・エンド(BiSH)
※『リトル・マーメイド』より
12 悪の力を呼び覚ませ / Miracle Vell Magic
※『ディセンダント2』より
13 トライ・エヴリシング / U-KISS
※『ズートピア』より
14 夢はひそかに /柏木由紀
※『シンデレラ』より
15 みんなスター / SKE48
※『ハイスクール・ミュージカル』より
16 そばにいて /倖田來未
※『魔法にかけられて』より



【関連リンク】
三浦大知、倖田來未、Dream Amiらがディズニーの名曲たちを大胆カバー!
ビッケブランカまとめ
Beverlyまとめ
三浦大知まとめ
西島隆弘まとめ

【関連アーティスト】
ビッケブランカ, Beverly, 三浦大知, 西島隆弘, 宇野実彩子, Dream Ami, lol, SOLIDEMO, シシド・カフカ, MONKEY MAJIK, BiSH, Miracle Vell Magic, U-KISS, 柏木由紀, SKE48, 倖田來未
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, K-POP, 女性アイドル, ニュース, アルバム, 名曲, 映画

大原櫻子、シングル「さよなら」収録曲&予告動画第二弾解禁
Fri, 27 Oct 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大原櫻子の2017年3枚目となる11月22日発売のニューシングル「さよなら」のCD全収録曲と初回限定盤「B」の特典映像の内容が発表となった。CDの2曲目は久しぶりに本人も作詞に参加した新曲「everyday」。表題曲とはまた違った本人の少しかわいらしい一面の聴ける曲となっている。3曲目「Paper Plane」はこれまでにも何曲か一緒した事のあるleonnが作詞、作曲をMIXAKISSAが手掛けたナンバーが収録されている。全曲少しずつ違った表情が楽しめる3曲となっているので是非聴いて欲しい。

また、初回限定盤「B」の特典映像も発表となった。「さよなら」のレコーディング模様、ミュージックビデオ撮影の過程が収められた「Making of さよなら」が収録される。本人もターニングポイントと言っている楽曲制作の一部模様が収められた貴重なメイキング映像となるだろう。あとはミュージックビデオの公開が待たれるところだが、さよならの世界感が垣間見れる予告編第二弾の映像が公開されたので、それを観て楽しみにしていて欲しい。

■「さよなら」予告編 第二弾


https://youtu.be/9IwxYRwg26wシングル「さよなら」

2017年11月22日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1286/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.さよなら
2.everyday
3.Paper Plane
■DVD
「さよなら」MV



【初回限定盤B】(CD+DVD)
VIZL-1287/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.さよなら
2.everyday
3.Paper Plane
■DVD
Making of さよなら



【通常盤】(CD)
VICL-37344/¥1,200+税
<収録曲>
1.さよなら
2.everyday
3.Paper Plane

【シングル「さよなら」予約・購入特典】

<ライブ会場予約>
いずれかの形態のCDをライブ会場で予約されるとライブ会場限定特典さよならステッカーシートをもれなくプレゼント。
※ライブ会場限定特典さよならステッカーシートが付く場合はオリジナル店舗特典は付きません。
<対象店舗予約・購入>
下記対象店にて CDシングル「さよなら」をご予約・ご購入の方に先着で、下記のオリジナル特典ポストカードをプレゼント。
※オリジナルポストカードの絵柄は6種類です。対象店により絵柄は異なります。
※特典は無くなり次第終了となります。
※対象店は随時追加となる可能性があります。
※一部お取扱いの無い店舗等もございますので、詳しくはお近くの店舗へお問い合わせ下さい。
■絵柄A
タワーレコード 全国各店 / タワーレコードオンライン
■絵柄B
HMV 全国各店 / ローチケHMV
■絵柄C
TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング ※TSUTAYAオンラインショッピングはご予約分のみ対象です。
■絵柄D
Amazon.co.jp
※Amazon.co.jp では、特典つき商品のカートがアップされます。特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。
■絵柄E
Rakuten ブックス
※Rakuten ブックスでは、特典つき商品のカートがアップされます。特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。
■絵柄F
・セブンネットショッピング
・山野楽器CD/DVD取り扱い店舗 / 山野楽器オンラインショップ
・新星堂全国各店/WonderGOO全国各店/新星堂WonderGOO楽天市場店
(一部取扱いの無い店舗もございます。)
・JEUGIA 全国各店
・ビクターエンタテインメントオンラインショップ
・上新電機ディスクピア日本橋店
・ミヤコ イオンモール大日店
・ミヤコ アリオ鳳店
・ミヤコ イオンモール伊丹昆陽店
・CD PLAZA WAVE WOW店
・玉光堂パセオ店
・バンダレコードイオンモール利府店
・バンダレコードイオンモール石巻店
・バンダレコード 福島西道路店
・新星堂 カルチェ5柏店
・バンダレコード イオン板橋店
・ラムタラメディアワールドアキバ
・新星堂 国分寺駅ビル店
・バンダレコードららぽーと海老名店
・バンダレコードイオンモール長久手店
・フタバ図書TERAワンダーシティ店
・BOOKSなかだ ファボーレ店
・BOOKSなかだ イオンかほく店
・ハイパーブックス 彦根店
・M.S.BIG 大和郡山店
・M.S.BIG りんくう泉南店
・ブックセンターコスモ津山店
・フタバ図書広店
・フタバ図書MEGA祇園中筋店
・フタバ図書GIGA呉駅レクレ店
・フタバ図書GIGA広島駅前店
・フタバ図書TERA広島府中店
・フタバ図書Λlti福山本店
・フタバ図書GIGA祗園店
・フタバ図書Λltiアルパーク店
・フタバ図書GIGAフレスタモール岩国店
・平惣 川内店
・フタバ図書TERA福岡東店
・フタバ図書GIGA福岡春日店
・ブックスミスミ オプシア
・ブックスミスミ 鹿屋店
・その他全国一般CDショップ



【関連リンク】
大原櫻子、シングル「さよなら」収録曲&予告動画第二弾解禁
湘南乃風、野外ワンマンツアーのファイナル公演を映像化決定

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, リリース

湘南乃風、野外ワンマンツアーのファイナル公演を映像化決定
Fri, 27 Oct 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今夏に開催した“湘南乃風”史上初となる野外ワンマンライブツアー『SummerHolic 2017』の映像化が早くも決定! ツアーファイナルとなった神奈川・横浜赤レンガ 野外特設ステージで、およそ20,000人のファンを沸かせた灼熱のライブが蘇る!

ワンマンツアーは関東地区、東海地区、関西地区で開催され、各会場で昼・夜公演をそれぞれ異なる演出で『昼公演は“濡れたまんまでイッちゃって!!太陽の下で踊れ!【SUN SPLASH】"』『夜公演は“夜空に響け愛のうた!!星の光と炎の乱舞!【STAR LIGHT】"』と題して行ない、過去類を見ないスペシャルな公演内容と圧倒的なパフォーマンスで、来場したオーディエンスを沸かせた。今作は、1日に2公演を行ったファイナルの神奈川・横浜赤レンガ 野外特設ステージから、夜公演【STAR LIGHT】を余すところなく収録している。同公演では、湘南乃風を代表する楽曲「純恋歌」「睡蓮花」はもちろんのこと、最新コンセプトアルバム『踊れ』から「PAN DE MIC」「Winner」や、ライブでは久しぶりの歌唱となる「Real Riders」「OH YEAH」など、新旧問わず披露され、最初から最後までアガりっぱなし! オープニングの地元チアリーディングによるキレのあるダンスパフォーマンス、全公演に帯同したSNKZ DANCERSによるパフォーマンス、ライブ終了後に打ち上げられる特大の花火と、野外ライブでなければ絶対に体感できない演出の数々も見どころのひとつ。夏だからこそ、野外だからこそ、湘南乃風だからこそできるライブを体感してほしい。

■『SummerHolic 2017 -STAR LIGHT- at 横浜 赤レンガ 野外ステージ』 ティザー映像


https://youtu.be/vvLyoHagJEMBlu-ray&DVD『SummerHolic 2017 -STAR LIGHT- at 横浜 赤レンガ 野外ステージ』

2017年12月20日(水)発売



【初回盤】
■Blu-ray(2disc)
TFXQ-78155/¥8,100(税込)
■DVD(3disc)
TFBQ-18197/¥7,020(税込)
【通常盤】
■Blu-ray(1disc)
TFXQ-78156/¥6,000(税込)
■DVD(2disc)
TFBQ-18198/¥5,000(税込)
<収録曲>
1.爆音Breakers
2.Born to be WILD
3.KING OF THE WILD
4.Winner
5.覇王樹
6.GAMES SHONAN PLAY
7.ダンシング マップ
8.Real Riders
9.応援歌
10.我楽多
11.紅
12.BIG UP
13.Baddest
14.PAN DE MIC
15.黄金魂
16.純恋歌
17.睡蓮花
18.バブル
19.SHOW TIME
20.JUMP AROUND
21.OH YEAH
22.Summer Holidays
23.はなび

◎初回限定盤特典
ボックスケース+40Pフォトブックレット+Wジャケット仕様
スペシャル特典映像付属(詳細は11月11日に発表予定)
◎予約購入者特典
ライブ写真両面B3ポスター



【関連リンク】
湘南乃風、野外ワンマンツアーのファイナル公演を映像化決定
湘南乃風まとめ
GLAY、55thシングルのジャケ解禁! リード曲の試聴&先行配信開始!

【関連アーティスト】
湘南乃風
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, DVD, Blu-ray, レゲエ

GLAY、55thシングルのジャケ解禁! リード曲の試聴&先行配信開始!
Fri, 27 Oct 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月22日(水)にリリースとなるGLAYの55thシングル「WINTERDELICS.EP〜あなたといきてゆく〜」のCD&配信ジャケットが解禁された。また、各配信サイトにて同シングルのリード曲「あなたといきてゆく」の試聴と先行配信がスタートした。

今回のシングルはCDパッケージと配信商品でジャケットの絵柄が異なり、配信用のジャケットはカップルが手を繋いで歩いている後ろ姿が映し出されたデザイン。その二人の後ろ姿からはまさに“あなたといきてゆく”様を感じ取る事が出来る。しかし、この写真内で女性の手を握る男性の後ろ姿、どこかで見たことがある気がしないだろうか…。またCDジャケットの写真は“あなたといきてゆく”を体現した配信用ジャケット写真と、GLAYのメンバーが笑顔で肩を組んでいる写真がフォトフレームに入っており、部屋の片隅に飾られた生活の一部を表すデザインになっており、急遽メンバーの発案により企画されたジャケット案とのこと。発売情報解禁よりも前からツアーで披露してきた同作のリード曲「あなたといきてゆく」が、ライブを重ねる毎に成長していき、GLAYとファンにとって大切な思い出となっていく様を表現している一枚だ。

「あなたといきてゆく」は「ずっと2人で…」や「HOWEVER」など数々の名曲を手がけたTAKURO作詞作曲による渾身の名ラブバラード。そして今作には他にもGLAYの人気バラード曲「時計」、「Satellite of love」の再録などを収録したGLAY渾身のバラード集になっている。また、CD+DVD盤のDVDには「SUMMERDELICS」のミュージックビデオが収録されることも決定。このミュージックビデオは全編が“The World of GOLDEN EGGS”のアニメーションで制作されており、必見の作品となっているので、ぜひジャケット写真と共に手元に残してほしい。

■「あなたといきてゆく」試聴&配信一覧はこちら
http://www.glay.co.jp/special_winterdelics/

シングル「WINTERDELICS.EP〜あなたといきてゆく〜」

2017年11月22日発売



【CD+DVD盤】
PCCN.00029/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
1.あなたといきてゆく
2.時計(再録)
3.Satellite of love(再録)
4. Joker(LIVE from VISUAL JAPAN SUMMIT 2016)
5.「SUMMERDELICS」reprise
■DVD
・あなたといきてゆくMUSIC VIDEO
・シン・ゾンビ MUSIC VIDEO
・XYZ MUSIC VIDEO
・あなたといきてゆく(LIVE from Never Ending Supernova 17.5.15 市川市文化会館)
・BE WITH YOU(LIVE from Never Ending Supernova 17.5.15 市川市文化会館)
・the other end of the globe(LIVE from TOKYO SUMMERDELICS 17.7.31 お台場)
・HOWEVER(LIVE from TOKYO SUMMERDELICS 17.7.31 お台場)

【CD Only盤】
PCCN.00030/¥1,200+税

配信シングル「WINTERDELICS.EP〜あなたといきてゆく〜」

2017年11月22日配信開始

【ライブ情報】

『GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”』
10月27日(金) 日本武道館
10月28日(土) 日本武道館
11月03日(金・祝) 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
11月04日(土) 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
11月11日(土) 横浜アリーナ
11月12日(日) 横浜アリーナ
11月15日(水) 大阪城ホール
11月16日(木) 大阪城ホール
11月25日(土) マリンメッセ福岡
11月26日(日) マリンメッセ福岡
12月09日(土) さいたまスーパーアリーナ
12月10日(日) さいたまスーパーアリーナ
12月16日(土) 日本ガイシホール
12月17日(日) 日本ガイシホール
※2018年3月台湾・台北アリーナの詳細は後日発表いたします。

『GLAY ARENA TOUR 2017 “HAKODATE WINTERDELICS”』
12月23日(土・祝) 函館アリーナ
12月24日(日) 函館アリーナ

『GLAY HALL TOUR 2017 “AUTUMNDELICS”』
11月20日(月) なら100年会館
12月05日(火) 三重県文化会館大ホール

『GLAY TERU Produce "HALLOWEENDELICS" SPECIAL NIGHT』
10月31日(火) 東京・Zepp DiverCity
出演:TERU(GLAY)、SPYAIR、GREMLINS、DJ Mass MAD Izm*、HALU、持山翔子

『GLAY TAKURO Solo Project 2nd Tour “Journey without a map 2017"』
11月21日(火) 大阪・Zepp Namba
11月30日(木) 新潟・新潟LOTS
12月11日(月) 東京・Zepp Tokyo
12月18日(月) 愛知・Zepp Nagoya
12月21日(木) 北海道・函館・金森ホール
12月27日(水) 神奈川・Motion Blue yokohama ※2部編成
12月28日(木) 神奈川・Motion Blue yokohama ※2部編成



【関連リンク】
GLAY、55thシングルのジャケ解禁! リード曲の試聴&先行配信開始!
GLAYまとめ
堀込泰行、ニューEPのジャケ写公開

【関連アーティスト】
GLAY
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, シングル, 音楽配信

堀込泰行、ニューEPのジャケ写公開
Fri, 27 Oct 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

堀込泰行が11月22日(水)にリリースする、様々なアーティストとコラボレーションした楽曲を収録したEP『GOOD VIBRATIONS』のジャケット写真が公開された。また、このEP『GOOD VIBRATIONS』の発売記念イベントが東名阪で開催されることに加え、各店舗別の購入者特典も同時に発表された。

このEPには8月にアナログと配信でリリースしたYASUYUKI HORIGOME AND THE NEW SHOESによる「エイリアンズ(Lovers Version)」とUCC上島珈琲が運営するウェブマガジン『UCC DRIPAR』の企画で□□□(クチロロ)と制作した「バース・コーラス」、そして新たにシャムキャッツ、D.A.N.、tofubeats、WONKと共作した全6曲を収録する。10月27日(金)からEP『GOOD VIBRATIONS』の予約注文とD.A.N.とのコラボ曲「EYE」の先行配信がiTunesとApple Musicでスタートし、EPの発売に先駆け「EYE」の7inch(800枚限定生産)が11月3日(金・祝)の“レコードの日”に発売される。

なお、堀込泰行がパーソナリティを担当している、東海ラジオ MUSIC PROGRAM『TOKAIRADIO × TSUTAYA LIFESTYLE MUSIC 929』(20:00-21:00)の11月2日(木)放送回にてレコードの日の2017年イメージキャラクターを一緒に務めている女優の“のん”がゲスト出演するとのこと、ふたりのどんな話しが飛び出すか、こちらも併せてチェックしてほしい。

東海ラジオ『TOKAIRADIO × TSUTAYA LIFESTYLE MUSIC 929』

11月2日(木)26:00-27:00
※この週は日本シリーズ中継の為、オンエア時間が変更となります。

EP『GOOD VIBRATIONS』発売記念イベント

12月02日(土)15時〜  代官山蔦屋3号館2階 イベント・スペース
12月08日(金)19時〜 梅田蔦屋書店4th ラウンジ
12月09日(土)16時〜 草叢BOOKS新守山店
※イベント参加券の配布や詳細内容につきましては後日発表とさせて頂きます。
■EP『GOOD VIBRATIONS』発売記念イベント情報/イベントページ
http://columbia.jp/horigomeyasuyuki/live.html

EP『GOOD VIBRATIONS』

2017年11月22日発売



【CD】
COCP-40191/¥2,000+税
<収録曲>
1.EYE + D.A.N
2.THE FLY + tofubeats
3.バース・コーラス + □□□ (クチロロ)
4.Beautiful Dreamer + シャムキャッツ
5.Dependent Dreamers + WONK
6.エイリアンズ(Lovers Version)+ THE NEW SHOES



【LP】
COJA-9329/¥3,000+税
※800枚限定生産

7inch「EYE」

2017年11月3日発売



COKA-54/¥1,389+税
※800枚限定生産
<収録曲>
A面:EYE + D.A.N
B面:EYE + D.A.N(Instrumental)



【関連リンク】
堀込泰行、ニューEPのジャケ写公開
堀込泰行まとめ
永原真夏、約8か月ぶりの新作EPをタワーレコード限定でリリース

【関連アーティスト】
堀込泰行
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボレーション, EP

永原真夏、約8か月ぶりの新作EPをタワーレコード限定でリリース
Fri, 27 Oct 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

永原真夏の新作EPが遂に完成! 11月22日にタワーレコード限定でEP『HAPPY GO LUCKY』をリリースすることが発表された。

約8か月ぶりのリリースとなる今作は、永原真夏らしさが全面に出たアッパーチューン「HAPPY GO LUCKY」や、ソウルフルかつハッピーなラブソング「アポロ」の新曲2曲に加えて、ライブ会場等のみで販売していた3rd EP『みえないちから』から「みえないちから」の新録バージョン、「この愛がそうだよ」のアコースティックバージョン、「ロックンロール」のライブバージョンを収録したスペシャル盤となっているとのこと。

■【永原真夏 コメント】

こんにちわ!永原真夏です。
この度、新作EPが完成いたしました。
タイトルは「HAPPY GO LUCKY」。
意味は、のんきな、楽天的な、行き当たりばったりの、運任せの………など。
テーマにしたのは、ちゃんと意味のあるもの。パワー溢れること。生きていること。
自由であること。同時に責任を持つこと。
他人と遊ぶたくましさを持つこと。
ひとりぼっちを好きになること。
かなしいきもちを知ること。
うれしいきもちを疑わないこと。
グルーヴすること。讃えること。
そしてなにより、明るく、素直であること!
運任せに、のんきにいこう。
明日は明日の風が吹くのだ!
風に任せてどこまでいこうか、
ありったけのパワーを込めました。
ばかで、浅はかでも、一向に構わん。
とってもハッピーな歌を、この星に捧げます。

EP『HAPPY GO LUCKY』

2017年11月22日発売



DDCB -94017/¥1300(税込み)
<収録曲>
1.HAPPY GO LUCKY
2.アポロ
3.みえないちから(Midnight Ver.)
4.この愛がそうだよ(With Guiter Ver.)
5.ロックンロール(LIVE)

『永原真夏 秋の行楽ツアー2017「歌声フォルテシモ」』

11月03日(金・祝) 島根・松江市大根島HOME野外特設ステージ 
※『アライバリズム2017』
12月16日(土) 福岡・public bar Bassic 
※『爆心地は心臓』



【関連リンク】
永原真夏、約8か月ぶりの新作EPをタワーレコード限定でリリース
永原真夏まとめ
SEBASTIAN Xまとめ
スピードスターレコーズ25周年記念MV番組がLINE LIVEで放送開始

【関連アーティスト】
永原真夏, SEBASTIAN X
【ジャンル】
J-POP, ニュース, リリース, EP

スピードスターレコーズ25周年記念MV番組がLINE LIVEで放送開始
Fri, 27 Oct 2017 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ビクターエンタテインメント内のレーベル、スピードスターレコーズによるマンスリーMV番組「SPV」がLINE LIVEビクターエンタテインメントチャンネルで10月より放送されることが明らかになった。

1992年10月に創立され今年で25年を迎えるスピードスターレコーズ。その記念として始まる『SPV』は、25年の間制作されてきたミュージックビデオのカタログから毎月10曲をセレクトし紹介していくマンスリーレギュラー番組だ。初回放送は10月27日(金)23:00よりスタートし、以降毎月最終金曜日の夜に放送される。

記念すべき第1回目のアーティストラインナップはアルカラ、UA、くるり、GRAPEVINE、斉藤和義、SPECIAL OTHERS、竹原ピストル、つじあやの、THE BACK HORN、星野 源の10組を予定している。

なお、LINE MUSICほか各サブスクリプションサービスにて、番組内で紹介された楽曲より選曲したプレイリスト「SPV #01」が公開される。

■【LINE LIVE情報】

番組名『SPV』
https://live.line.me/channels/520/upcoming/5833480

<#1>
10月27日(金)23:00-24:00予定
Line up ※五十音順
アルカラ / UA / くるり / GRAPEVINE / 斉藤和義 / SPECIAL OTHERS / 竹原ピストル / つじあやの / THE BACK HORN / 星野 源
<#2>
11月24日(金)放送予定

■プレイリスト「SPV #01」※番組終了後に公開
https://jvcmusic.lnk.to/spv



【関連リンク】
スピードスターレコーズ25周年記念MV番組がLINE LIVEで放送開始
THE YELLOW MONKEY、3ヶ月連続配信リリース第二弾「Stars」MV公開!

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, 配信

THE YELLOW MONKEY、3ヶ月連続配信リリース第二弾「Stars」MV公開!
Fri, 27 Oct 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE YELLOW MONKEYが3ヶ月連続配信リリースの第二弾となる「Stars」Music Videoを公開した。9月13日に配信リリースした第一弾「ZIGGY STARDUST」に続く、第二弾の「Stars」はチケット発売後すぐにソールドアウトが発表された12月9日(土)・10日(日)の東京ドーム公演『THE YELLOW MONKEY SUPER BIG EGG 2017』や、12月28日(木)の福岡 ヤフオク!ドーム公演『THE YELLOW MONKEY SUPER メカラ ウロコ・28 -九州SPECIAL-』に向けて制作された“ドーム映え”する楽曲。“地味派手”をテーマにバンドの一発録りの緊張感とビンテージサウンドにこだわりながら、最新のテクノロジーも取り入れた大人の余裕と経験を感じさせるロックに仕上がっている。

今作のMusic Videoを手がけるのは数々のMusic VideoやCM、ファッション映像などを幅広く手がける映像ディレクターの中村剛。THE YELLOW MONKEYとは5月にリリースしたデビュー25周年新録ベストアルバムのMusic Video「TYM\'s hacking movie」に続いて2度目のタッグを組む。また、今作には演奏するメンバーの周りに奇妙なコスチュームを身につけたダンサー達が登場。国内外で活躍する振付ユニットair:manが振付を担当し、クールでスタイリッシュな世界にワンポイントのユーモアが加わることで、より印象的な作品に仕上がった。ドームステージを心待ちにまずは配信リリース、Music Videoで「Stars」をチェックしてほしい。

■「Stars」MV


https://www.youtube.com/watch?v=UeM3oa8wwt4配信楽曲「Stars」

2017年10月27日配信開始



各主要配信サイトにてリリース
・レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1008816079/
・iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1296690648?app=itunes

配信楽曲「ZIGGY STARDUST」

2017年9月13日配信開始



Amazon デジタルミュージックストア、Prime Music 限定リリース
・Prime Music
https://www.amazon.co.jp/primemusic/theyellowmonkey

【ライブ情報】

『THE YELLOW MONKEY SUPER BIG EGG 2017』
12月09日(土) 東京ドーム
12月10日(日) 東京ドーム
■東京ドーム特設サイト
http://theyellowmonkeysuper.jp/feature/bigegg2017

『THE YELLOW MONKEY SUPER メカラ ウロコ・28 ?九州SPECIAL-』
12月28日(木) 福岡ヤフオク!ドーム
<チケット>
■SUPER指定席¥15,120(税込)
※FC一次先行限定販売 ※SUPER指定席特典(特典は会場でのお渡しになります) ※電子チケットのみ(スマートフォン・フィーチャーフォン)
特典(1) オリジナルスノードーム
特典(2) アリーナ前方座席
特典(3) 特製ラミネートPASS付
特典(4) 専用グッズ販売エリア利用可(販売内容は同様)
■指定席¥9,720(税込)
※6歳以上はチケット必要(但し、6歳未満でも座席が必要な場合はチケット必要)
■U-25周年最後列指定席¥2,500(税込)
※スタンド及びアリーナ最後列となります ※1992年以降生まれの公式メルマガを登録された方が対象となります。
■一般発売:11月25日(土)AM10:00〜



【関連リンク】
THE YELLOW MONKEY、3ヶ月連続配信リリース第二弾「Stars」MV公開!
THE YELLOW MONKEYまとめ
『ParaFes 2017』のヘッドライナーでWANIMAが出演!

【関連アーティスト】
THE YELLOW MONKEY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 音楽配信

『ParaFes 2017』のヘッドライナーでWANIMAが出演!
Fri, 27 Oct 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月15日に両国国技館にて開催される、超人たちによるスポーツと音楽の祭典『ParaFes 2017』のヘッドライナーとしてWANIMAの出演が決定した。 

『ParaFes 2017』は2018年3月に行なわれる平昌パラリンピックに向けてトップアスリート達による想像を超えた驚きのパフォーマンスや、一流ミュージシャン、ダンサーによる壮大な 音と光のコラボレーションなど、目で見る、耳で聞く、という感覚を超えて、体の芯に響きわたる唯一無二のエンターテイメントフェスティバル。今回発表されたWANIMAのほか、“和製スティービーワンダー”と言われる歌声を持つ木下航志、世界が注目する両手のないピアニスト・Johnatha Bastos、パラスポーツの“音”で新たな音楽を創るブレイクビーツユニット・HIFANAが出演が決定している。一夜限りの特別なショーをお楽しみに!

席種は一般席、車いす席、アクセシブルシート、聴覚障がい者対応席の全4種となっており、チケットの一般発売は10月28日に開始するとのことなので、詳しくは『ParaFes 2017』オフィシャルサイトまたはキョードー東京ページまで!

■『ParaFes 2017』

11月15日(水) 東京・両国国技館
出演:WANIMA、木下航志、Johnatha Bastos、HIFANA
ゲスト:斎藤工、中村壱太郎
<チケット>
一般発売:10月28日(土)10時〜開始
<席種概要>
全4種 :一般席、車いす席、アクセシブルシート、聴覚障がい者対応席
■一般席
1申し込み4枚まで 1枚¥2,020

※車いす席、アクセシブルシート、聴覚障がい者対応席につきましては、オフィシャルサイトをご覧ください。



【関連リンク】
『ParaFes 2017』のヘッドライナーでWANIMAが出演!
WANIMAまとめ
木下航志まとめ
Johnatha Bastosまとめ
HIFANAまとめ

【関連アーティスト】
WANIMA, 木下航志, Johnatha Bastos, HIFANA
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, 洋楽, ニュース, チケット

奥田民生、新プロジェクトの名前は『カンタンカンタビレ』
Fri, 27 Oct 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

奥田民生が、新プロジェクト“カンタンカンタビレ"を始動させ、その模様をレーベル公式YouTubeチャンネルで公開した。

オリジナルアルバム『サボテンミュージアム』発売から2カ月、公開された第1弾映像では、アナログレコーディング最盛期に大活躍した名機で現在は入手困難という “アナログ1/2インチテープ"を使用する“8トラックオープンリールテープレコーダー「TEAC 33-8」"、“アナログミキサー「TASCAM M-208」"を紹介し、これからこれらを使用して宅録スタイルのDIYレコーディングを行うと説明。次回からギター・ベース・ボーカル・コーラスなどのレコーディング行程を、奥田自ら視聴者へ向け、わかりやすく解説しながら作業を進め、音のバランスを調整する最終工程であるミックス作業まで行う。最終的に「TASCAM 112MKII」カセットテープレコーダーに録音され完成したマスター音源は、後日配信が行われる予定。希少なレコーディング機材などが随所に登場し、アナログレコーディングの楽しさをたっぷり伝えてくれそうだ。

なお、今回は2015年に奥田がCharに提供した「トキオドライブ」をレコーディングするとのこと。今後も様々なアーティストに提供してきた楽曲のセルフカバーを中心に、随時レコーディング・配信をしていく模様だ。続報を楽しみに待とう。

■RCMR公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/RCMROfficialYouTubeChannel_jp

■“カンタンカンタビレ #1 「トキオドライブ」" 映像公開スケジュール

10月26日(木)〜11月1日(水)毎日18:00公開(全7本) 

■【DIYでアナログレコーディング】


https://youtu.be/4WwrqGLks_M

【関連リンク】
奥田民生、新プロジェクトの名前は『カンタンカンタビレ』
奥田民生まとめ
小沢健二とSEKAI NO OWARI、それぞれの視点からシングルを語る新コンテンツを解禁

【関連アーティスト】
奥田民生
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

小沢健二とSEKAI NO OWARI、それぞれの視点からシングルを語る新コンテンツを解禁
Fri, 27 Oct 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月6日にリリースされた小沢健二とSEKAI NO OWARIのコラボシングル「フクロウの声が聞こえる」にまつわるエピソードが凝縮された映像“小沢健二とSEKAI NO OWARI 「フクロウの声が聞こえる」短篇 ”が同作の特設サイトで公開され、話題を呼んだ。その短篇映像は前菜、スープ、主菜、デザートと4幕に分かれて楽曲の歌詞にある“チョコレートのスープ”の謎に迫るという内容だったが、今回はApple Musicだけの為に再編集が施されたプレミアム映像“フクロウの声が聞こえるディナー・テーブル・カラオケ”が公開された。

プレミアム映像では、リアルタイムで「フクロウの声が聞こえる」を聞きながらスタジオ作業を思い起こしていく内容が収録されており、アレンジや楽器の録音方法について共同作業をした5人それぞれの視点からのコメントを、楽曲と一緒に楽しめることができるコンテンツになっているのでぜひチェックしてほしい。

■Apple Music「フクロウの声が聞こえるディナー・テーブル・カラオケ」
http://po.st/IHearanOwlapple1

■「フクロウの声が聞こえる」短篇


https://youtu.be/Az5VqT5wKWAシングル「フクロウの声が聞こえる」

2017年9月6日発売



TYCT-39063/¥1,200(税抜)
<収録曲>
・フクロウの声が聞こえる
・シナモン(都市と家庭)
・フクロウの声が聞こえる instrumental
・シナモン(都市と家庭) instrumental



【関連リンク】
小沢健二とSEKAI NO OWARI、それぞれの視点からシングルを語る新コンテンツを解禁
小沢健二まとめ
SEKAI NO OWARIまとめ

【関連アーティスト】
小沢健二, SEKAI NO OWARI
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 音楽配信













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1