歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年10月23日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
【SING LIKE TALKING インタビュー】特殊ではなく、今の時代らしいポップス
Mon, 23 Oct 2017 10:00:00 +0900


デビュー30周年のアニバーサリーに突入したSING LIKE TALKINGが、40枚目のシングルをリリース! ドラマ『ブラックリベンジ』の主題歌で、サラ・オレインとの初コラボである注目のタイトル曲「闇に咲く花 〜The Catastrophe〜」を中心に、佐藤竹善(Vo&Gu&Key)に話を訊いた。

──「闇に咲く花 〜The Catastrophe〜」はドラマにめちゃくちゃ合いそうな、雰囲気のある楽曲ですね。

「ありがとうございます。かなり壮絶なドラマだし、それとのリンクを目指しました。クラシックとしっかり向き合う創作は初めてだったので、まずモチーフとなったバッハの研究を始めて。何度も聴いてバッハの空気を自分の中に落とし込んで、そこから沸いてくるメロディーを追いかけていく感じでした。」

──バッハを引用した理由というのは?

「ドラマ側からのリクエストです。デュエットであることと、バッハの「ロ短調ミサ」のテイストが欲しいってことで。あとは、締め付けられる感じが欲しいとか。多少の手直しもありながらも、改めてバッハがいろんな音楽のルーツだっていうのが分かって楽しかったですね。作曲的にはサビの後半、5小節目以降にもうワンフック入れました。一番目立つ音のところに不協和音的な和音を付けた上で、ほのかに明るく抜けていくようにしたら、結果的にイメージ通りの曲になりました。」

──これをポップスとしてまとめるのはすごいと思いました。

「でも、ヒップホップとバッハの「カノン」を合わせたアプローチなんかも、10年以上も前に出てますからね(笑)。古いブルーノート楽曲のサンプリングもののクラブミュージックとか、ケンドリック・ラマーがフリージャズに乗せてラップするのとかも見てきたし。今の時代にこういう要求があるのは、さほど特殊ではないんじゃないかな。」

──それにしても、クラシックの要素がふんだんに入ってますよね。

「イントロでの引用に加えて、僕の歌が始まってから3小節…つまり、サビでも「ロ短調ミサ」冒頭、あえて「主よ、憐れみたまえ」の和音の流れをそのまま使ってるんです。」

──サラ・オレインさんとのコラボはいかがでしたか?

「“いつか共演とかしたいですね”なんて話してたら、すぐにドラマの話が来てびっくりでした(笑)。しかも、バッハだし! いろんな偶然が上手く重なったかな。すごくいいキャッチボールができましたよ。自分のイメージを伝えて、歌ってほしいことを試しながら、“こういう歌い方もありますけど、どうですか?”みたいな提案をサラちゃんがしてくれたりもして。バッハが土台になってるので、彼女のクラシックシンガーとしての魅力も活かしたいなと考えてましたね。例えばBメロに細かい譜割りがあまりないようにして、彼女のトーンの伸びを活かしたり。出だしこそ僕が歌ってるけど、次のサビからは同じメロディーのオクターブ上をサラちゃんメインで歌ってて、僕はハモリなんです。とは言いつつも狙いは、いわゆる主従の関係ではなく、両方のメロディーが対等にあって、どっちを主旋律と取るかは聴く人次第っていう。ここもクラシック的な発想かなと思います。」

──確かに、独特のハモリです。

「サラちゃんの高い声って僕は出ないじゃないですか。だけど、今は便利なので、僕がオクターブ下で歌ったものをコンピュータでひとつ上げられて、あのキーで歌ったように試し聴きできるんですよ。このデュエットのニュアンスを家でひとりで作れるから、昔みたいに“歌ってもらうまで分からない”ではなくて、前段階でイメージしやすい。複雑なハモリの曲を自分で上手く組み立てていけたのは、テクノロジーに感謝ですね。歌録りがスムーズに進みました。」

──最後のサビで竹善さんのヴォーカルが前に出てくる感じが、また美しくて。

「たぶんね、そう聴こえるってことなんですよ。サラちゃんが別の応用的なメロディーでどんどん高いほうへ行って…それこそクラシックのクライマックスっぽいイメージで歌ってるから、同じメロディーを繰り返してる僕が前に出たように感じる。」

──サラさんのヴァイオリンも素敵です。

「よりクラシックのムードを出したくてね。僕が作ったヴァイオリンのメロディーもすぐに雰囲気を掴んでくれたし、シンガーとしての存在感と同じく、彼女はヴァイオリニストとしても素晴らしい! それを活かすために、西村には間奏でバッキングに回ってもらいました。ただ、後ろで実はあいつがバロック音階でギターアンサンブルを組み立ててるんです。ヘッドフォンで聴くとよく分かりますよ。これもクラシック的で、ソロの後ろでヴィオラとかがどんな演奏をしてるのか、みたいな概念。西村はクラシックがルーツにあるので、“バロックのブライアン・メイをやってくれ”とお願いして(笑)。」

──仕掛けがいっぱいですね!

「それでいて、基本的なサウンドはエレクトロにしたかったんです。近頃はトロピカルハウスの要素を入れつつ、古い音楽と融合させるのだったり、今の時代との架け橋になる最新のアレンジは常に意識してますね。Aメロで鳴ってる“コンコン”ってシンセとか、“ザーン”って音のパッドとかってトレンドなんだけど、ルーツは80\'sにあったりするので。SING LIKE TALKINGはリアルタイムで80\'sを知ってる分、若い世代とは違う感覚で鳴らせるかもしれない。100パーセント旬の音にしちゃうと後々で懐メロにしか聴こえなくなるのも、時代時代で見てきたんで。スティーヴィー・ワンダーやスティーリー・ダン、ポール・サイモンといった方々から、大切なものを学んだと思ってます。」

──カップリング曲の「Howl」、「闇に咲く花 〜The Catastrophe〜」のリミックス2曲についても聞かせてください。

「「Howl」はハードでブルージーな陰影があるギターインストで、これもドラマのエグいシーンに合うかも(笑)。リミックスはMichael Kanekoさんには“元の和音進行やメロディーの印象をなるべくそのままにしてほしい”とお願いして、逆にKan Sanoくんには“全部自由にやってください”と伝えました。どちらも素敵な仕上がりです。」

取材:田山雄士

シングル「闇に咲く花〜The Catastrophe〜」

2017年10月25日発売
UNIVERSAL J



UPCH-5927
¥1,296(税込)

ライヴ情報

『佐藤竹善 with The Jazz Creatures
Your Christmas Night 2017』
12/07(木) 新潟・新潟市音楽文化会館
12/08(金) 石川・北國新聞 赤羽ホール
12/16(土) 愛知・名古屋ブルーノート ※2公演
12/17(日) 山口・Jazz Club BILLIE

『SING LIKE TALKING LIVE TOUR 2018』
1/20(土) 東京・豊洲PIT
1/27(土) 大阪・Zepp Namba
2/12(月) 愛知・Zepp Nagoya
2/24(土) 宮城・仙台PIT
3/25(日) 東京・TOKYO DOME CITY HALL

SING LIKE TALKING

シングライクトーキング:1988年にシングル「Dancin\' With Your Lies」でデビュー。ロックやソウル、ファンク、AORのエッセンスが漂うポップスが魅力で、メンバーはソロ活動も行なっている。2015年より、デビュー30周年に向けた“カウントアップ・スペシャルライヴ”企画を実施中。



【関連リンク】
【SING LIKE TALKING インタビュー】特殊ではなく、今の時代らしいポップス
SING LIKE TALKINGまとめ
サウンドクリエイター・保刈久明、多彩なゲストと新たな音世界を構築した3rdアルバムをリリース

【関連アーティスト】
SING LIKE TALKING
【ジャンル】
J-POP, okmusic UP\'s vol.158, インタビュー

サウンドクリエイター・保刈久明、多彩なゲストと新たな音世界を構築した3rdアルバムをリリース
Mon, 23 Oct 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

新居昭乃、谷山浩子、やなぎなぎ、Annabel、手嶌葵 等を手がけるサウンドクリエイター・保刈久明の3rdアルバム『Lamp & Pendulum』が11月20日にリリースされることがわかった。前作『Trip to the Ciel』から約3年ぶりとなるオリジナルアルバムでは、Annabel、新居昭乃、細海 魚、rionos、ROCKY CHACKといった多彩なゲストを迎え、『光を司る王のランプと時間を象徴する女王の振り子ふたつが出会うとき解き放たれるまったく新しい世界』をコンセプトに更なる新しい音世界を全8曲にわたって構築している。

アルバムはピュアハートオンラインショップにて先行発売を予定。さらに一般発売、配信は2018年1月17日を予定しているとのこと。尚、彼のルーツを集約し、各方面から高い評価を得てsold outしていた1stアルバム『DOZE』のリマスター紙ジャケット版も同時発売されるので、こちらも是非チェックしてほしい。

■ピュアハートオンラインショップ
https://pureheartlabel.stores.jp

■『Lamp & Pendulum』PV


https://www.youtube.com/watch?time_continue=72&v=P1alIAXQYQ4アルバム『Lamp & Pendulum』

2017年11月20日発売



¥1,800(税込)
<収録曲>
1.El rey y la reina(feat.Annabel) 
2.A Sketch of the New City
3.King\'s Lamp
4.Planet Dream(feat.Akino Arai)
5.Queen\'s Pendulum (feat.Sakana Hosomi) 
6.アポロンの庭(feat.rionos)    
7.Because of Love(feat.ROCKY CHACK)
8.A Moment and Light(feat.Akino Arai)

・musicians
Annabel : words & vocal (1)
Akino Arai : words & vocal (4,8) / words (7)
Sakana Hosomi : accordion, synthesizer, a. guitar (5) & wurlitzer (5,7)
rionos : words & vocal (6)
ROCKY CHACK
(Taro Yamashita, Noe Arima) : vocal (7)
・sounds
Recorded at Ho st.,Tokyo
Mastering : Ryuichi Kojima (Apple Paint Factory Studio)
・art
Art direction : Senmu Hidaka (sei2graphics)
Jacket artwork : Akino Arai

All songs composed and produced by Hisaaki Hogari



【関連リンク】
サウンドクリエイター・保刈久明、多彩なゲストと新たな音世界を構築した3rdアルバムをリリース
保刈久明まとめ
Annabelまとめ
新居昭乃まとめ
rionosまとめ

【関連アーティスト】
保刈久明, Annabel, 新居昭乃, rionos, ROCKY CHACK
【ジャンル】
J-POP, ニュース, トレーラー, アルバム, 発表, 発売

京(DIR EN GREY/sukekiyo)考案の服飾ブランド『マダラニンゲン』がモデルに逹瑯(MUCC)、YUCHI(sukekiyo)を起用
Mon, 23 Oct 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

京(DIR EN GREY/sukekiyo)が考案したキャラクタ―・ゼメキス家の母であるマイエル・ゼメキスがデザイナーを務める服飾ブランド“マダラニンゲン”がセカンドラインブランド“DUNES BY MADARANINGEN”を発表。そのモデルに逹瑯(MUCC/Vocal)、YUCHI(sukekiyo/Bass)を起用したプレビューショットを公開した。

マダラニンゲンは、11月3日(金・祝)〜11月17日(金)に東京・ラフォーレ原宿にてPOP UP SHOPをオープンすることも決定しており、期間内に“DUNES BY MADARANINGEN”の作品も初披露されることが明らかになった。店頭では、“闇が潜む日本の美で構築する退廃のモード”を掲げるマダラニンゲンの独特な世界観が詰まったムービーの上映や写真作品の展示も予定されている。また期間中には、マダラニンゲンの3rd collection“黒色の嬲り”シリーズのアイテムだけでなく、“DUNES BY MADARANINGEN”から人気の高いサングラス、ベレー帽を始め、ワンポイント刺繍のカットソーやロゴを施したキーホルダー、ラグマットが店頭で購入可能となる。

独自の自由な表現と世界観を全身で感じながら纏うことができるアイテムを展開し、迎合すること無く追求していく姿勢を示すマダラニンゲン。今後の動向にも要チェックだ。

■【マダラニンゲン/DUNES BY MADARANINGEN POP UP SHOP】

■11月03日(金・祝)
マダラニンゲン 3rd collection「黒色の嬲り」発売
DUNES BY MADARANINGEN サングラス・ベレー帽・サスペンダー・ベルト発売
■11月05日(日)
DUNES BY MADARANINGENカットソー4種・ラグマット発売
■11月07日(火)
DUNES BY MADARANINGEN キーホルダー発売
■11月11日(土)
新作アクセサリー予約受付開始・サンプル展示

<POP UP SHOP情報>
11月03日(金・祝)〜11月17日(金)
会場:ラフォーレ原宿 2階 CONTAINER
営業時間:11:00〜21:00
※最終日は、19:00に閉店致します。



【関連リンク】
京(DIR EN GREY/sukekiyo)考案の服飾ブランド『マダラニンゲン』がモデルに逹瑯(MUCC)、YUCHI(sukekiyo)を起用
京まとめ
DIR EN GREYまとめ
sukekiyoまとめ
MUCCまとめ

【関連アーティスト】
京, DIR EN GREY, sukekiyo, MUCC
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, 発表, おしゃれ

DADARAY、川谷絵音作詞作曲の「少しでいいから殴らせて」MV公開
Mon, 23 Oct 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゲスの極み乙女。のメンバーである休日課長(Ba)と、ゲスの極み乙女。やindigo la Endのライブとレコーディングでサポートを務め、katyusha名義でも活動しているえつこ(Key)、REIS(Vo)の3人組ユニット・DADARAYが12月6日にリリースするアルバム『DADASTATION』のジャケット写真、及びアルバム収録曲の「少しでいいから殴らせて」のMVを公開した。

フォトグラファーにオノツトムを迎えて撮影されたアルバム『DADASTATION』のジャケット写真はREISの凛とした表情が印象に残る、POPでありながら可憐なデザイン。同作1曲目に収録の「少しでいいから殴らせて」は作詞作曲を川谷絵音(ゲスの極み乙女。/indigo la End)が手掛け、MVはゲスの極み乙女。「勝手な青春劇」のMVも担当した柿本ケンサクが監督を務めており、Instagramを思わせる正方形の画角の中《少しでいいから殴らせて》というインパクトのある歌から始まる。ジャケット写真のアートワークとも通ずるカラフルな世界観のもと、メンバー3人とサポートメンバーであるindigo la Endの長田カーティス、佐藤栄太郎の演奏が収められている個性的な仕上がりになっている。また、REISとえつこが休日課長をビンタするシーンにも注目だ。

DADARAYは11月からは東名阪でインストアイベントも予定しているので、こちらも是非チェックしてほしい。

■【川谷絵音 コメント】

「(「少しでいいから殴らせて」について)殴っても、その後仲直りすればいいさ。自分勝手だけどみんなそんなもん。サウンドは浮遊感もありつつサビは80年代の歌謡曲をイメージしました。しかしMVは正方形でインスタ仕様とかなり今っぽい雰囲気です。このギャップを楽しんでください。」

■「少しでいいから殴らせて」MV


https://youtu.be/j98-yxQe-lcアルバム『DADASTATION』

2017年12月6日発売



WPCL-12807/¥3,000+税
<収録曲>
1.少しでいいから殴らせて
2.場末
3.大人やらせてよ (DADA ver.)
4.美しい仕打ち
5.誰かがキスをした
6.ダダステーション
7.トモダチ
8.WOMAN WOMAN
9.僕らのマイノリティ
10.For Lady (Remix by YYIOY)
11.イキツクシ
12.東京Σ
13.優しく鬼に

【『DADASTATION』発売記念インストアライブ】

11月12日(日) 大阪・HMVグランフロント大阪店 店内イベントスペース
11月24日(金) 愛知・HMV栄店 店内イベントスペース
12月01日(金) 東京・HMVエソラ池袋店 店内イベントスペース
12月10日(日) 東京・タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース



【関連リンク】
DADARAY、川谷絵音作詞作曲の「少しでいいから殴らせて」MV公開
DADARAYまとめ
ゲスの極み乙女。まとめ
indigo la Endまとめ
Perfume、最新MV集は最新のテクノロジーが集結した豪華な仕上がりに!

【関連アーティスト】
DADARAY, ゲスの極み乙女。, indigo la End
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

Perfume、最新MV集は最新のテクノロジーが集結した豪華な仕上がりに!
Mon, 23 Oct 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Perfumeが約3年半ぶりに発売するミュージックビデオクリップ集『Perfume Clips 2』のジャケット写真と、その予約特典を発表した。

初回限定盤のジャケットでは、2014年に発売された『Perfume Clips』と同様、収録されるミュージックビデオの1場面が並びレンチキュラー加工された特別豪華なパッケージとなっており、通常盤のジャケットは撮影などで使われる箱馬と呼ばれる木箱が3つ重ねてあるシンプルなデザインとなっている。収録内容に関しては「Spring of Life」から最新曲「If you wanna」まで、Perfume渾身のMusic Clip全16曲を豪華収録。そして初回限定盤にはTV-SPOT集や、メンバーが『Perfume Clips 2』収録全曲を観ながら振り返る「Perfume Clips 2上映コメンタリー」などの映像、そして各監督による全曲解説のブックレットも封入される。なお予約特典はポスターとなり、絵柄は後日発表される予定だ。

また、Perfumeは10月28日(土)にNHK総合テレビで放送される『内村五輪宣言!〜TOKYO 2020開幕 1000日前スペシャル〜』に出演し、「TOKYO GIRL」を披露する。この番組では、NHK2020情報サイトとTwitter(♯nhk1000days)で「1000日後はどんな自分になりたいですか?」というメッセージを募集しており、全国から集まったメッセージによってPerfumeのスペシャルパフォーマンスが完成するという。映像演出はPerfumeの映像を手がけ、リオ・デ・ジャネイロオリンピック閉会式のフラッグ・ハンド・オーバーセレモニーにも参加していたライゾマティクスの真鍋大度チームが務めるとのこと。

オリンピックの1000日前、2020年に向けて期待が高まる夜の東京を彩る。その最新のテクノロジーを駆使した映像に乞うご期待!

■NHK2020情報サイト
https://www.nhk.or.jp/tokyo2020/1000days/
■Perfume Lighting Projectサイト
https://perfume-lighting-project.tokyo/

Blu-ray&DVD『Perfume Clips 2』

2017年11月29日発売



【初回限定盤】
■Blu-ray盤(2Blu-ray+特典ブックレット+スペシャルパッケージ)
UPXP-9010/1/¥7,020(税込)
■DVD盤(2DVD+特典ブックレット+スペシャルパッケージ)
UPBP-9012/3/¥5,940(税込)
◎スペシャルパッケージ仕様
◎初回限定盤付属の特典Blu-ray/DVDには『Perfume Clips 2』上映コメンタリー、TV-SPOT集 他収録
◎各監督による全曲解説の特典ブックレット「Perfume Clips 2-PRODUCTION NOTE-」付
<収録曲>
■DISC1(本編DISC)※全形態共通
01.Spring of Life
02.Spending all my time
03.未来のミュージアム
04.Magic of Love
05.1mm
06.Sweet Refrain
07.Cling Cling
08.DISPLAY
09.Hold Your Hand
10.Relax In The City
11.Pick Me Up
12.STAR TRAIN
13.FLASH
14.TOKYO GIRL
15.Everyday
16.If you wanna
■DISC2(特典DISC)※初回限定盤のみ
・Perfume Clips 2上映
・TV-SPOT集



【通常盤】
■Blu-ray盤(Blu-ray)
UPXP-1012/¥4,320(税込)




【通常盤】
■DVD盤(DVD)
UPBP-1012/¥3,240(税込)

◎予約購入特典
・初回限定盤または通常盤をご予約いただいた方に、特典ポスターをプレゼント。
・予約特典のため、数に限りがございますので詳細は各CDショップにお問い合わせください。
・一部の店舗やWEBでは、特典のお取り扱いがない場合もございます。



【関連リンク】
Perfume、最新MV集は最新のテクノロジーが集結した豪華な仕上がりに!
Perfumeまとめ
VAMPS主宰『HALLOWEEN PARTY 2017』にFLOWと中島美嘉が参戦!

【関連アーティスト】
Perfume
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, DVD, Blu-ray, 発表, 発売, テレビ番組, 出演

VAMPS主宰『HALLOWEEN PARTY 2017』にFLOWと中島美嘉が参戦!
Mon, 23 Oct 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

VAMPS主宰の日本最大級のハロウィン・ライヴ・イベント『HALLOWEEN PARTY』。開催がいよいよ間近となった10月23日、その第6弾出演者が発表された。

10月28日(土)のメインアクトとして、来年メジャーデビュー15周年を迎えるFLOWがHALLOWEEN PARTYに初登場! 更に10月29日(日)のメインアクトには、2005年に開催されたHALLOWEEN PARTYの前身イベント『HALLOWEEN OF THE LIVING DEAD』以来の出演となる中島美嘉が決定した。

FLOW、中島美嘉はそれぞれHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAにも出演。また27日のHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAに、布袋寅泰のモノマネ芸人として知られるペレ草田が、3年連続出演する事も発表された。

先日行なわれたVAMPSの神戸公演では、HUNTER×HUNTERのクロロの仮装をしたHYDEが大きな話題となったが、幕張メッセでの各出演者の本気の仮装とパフォーマンスに期待は高まるばかりである。

『HALLOWEEN PARTY 2017』

10月27日(金) 幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール
10月28日(土) 幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール
10月29日(日) 幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール

<出演>
■10月27日(金) 
VAMPS / coldrain / sads / BREAKERZ / MY FIRST STORY / ROTTENGRAFFTY / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
Special Guest: kyo(D\'ERLANGER)
《HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA参加アーティスト》
VAMPS / kyo(D\'ERLANGER) / coldrain / sads / Shinya (DIR EN GREY / SERAPH) / 逹瑯 (MUCC)
柩 (GREMLINS / NIGHTMARE) / BREAKERZ / ペレ草田 / MY FIRST STORY / ROTTENGRAFFTY / 分島花音

■10月28日(土) 
VAMPS / 氣志團 / BREAKERZ / FLOW/ ももいろクローバーZ / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
Special Guest: MIYAVI
《HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA参加アーティスト》
明希 (シド) / 氣志團 / VAMPS / Shinya (DIR EN GREY / SERAPH) / 逹瑯 (MUCC) / 柩 (GREMLINS / NIGHTMARE) / BREAKERZ / FLOW /MIYAVI / 分島花音

■10月29日(日) 
VAMPS / ゴールデンボンバー / 中島美嘉 / BREAKERZ / MUCC / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
Special Guest: YOSHIKI×HYDE 
青木隆治 / 明希 (シド) / VAMPS / ゴールデンボンバー/ 中島美嘉 / Shinya (DIR EN GREY / SERAPH) / 柩 (GREMLINS / NIGHTMARE) / BREAKERZ / MUCC / 分島花音

<チケット>
・チケットぴあ
http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1741934  
・ローソンチケット
http://l-tike.com/vampshwp2017  
・イープラス
http://eplus.jp/halloweenparty/  

※当公演はハロウィン・ライヴです。仮装してご参加ください。
仮装していただけないと…亡霊たちの機嫌が悪くなってしまいますのでご注意ください!



【関連リンク】
VAMPS主宰『HALLOWEEN PARTY 2017』にFLOWと中島美嘉が参戦!
VAMPSまとめ
HYDEまとめ
OBLIVION DUSTまとめ
FLOWまとめ

【関連アーティスト】
VAMPS, HYDE, OBLIVION DUST, FLOW, 中島美嘉
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, 発表

スゴイ人はやっぱりスゴイ!今も変わらずそう感じさせる5組
Mon, 23 Oct 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“クロマニヨンズってブルーハーツのパクリじゃね!?”とか、ニルヴァーナの「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」が場内BGMで流れると“あ、マンウィズ(MAN WITH A MISSION)だ!”とか、フェスやライヴハウスに行くとそんな耳を疑う声に意外と出会います。でも、自分が若かったらオリジナル事情は分からないと思うし、同じような勘違いをしていたこともあるので、今回はレジェンドの現在、ふたつ目以降のキャリアなどに注目して書いてみました。名前がどう変われど、スゴイ人はやっぱりスゴイ!

■1.「どん底」(\'17) /ザ・クロマニヨンズ

ちょっと前のこと。深夜にテレビをパチッと付けたら、クロマニヨンズが元気に「どん底」を演奏していました。《どん底だから あがるだけ》って日本の政治もそうだなぁ、なんて。ご存知、甲本ヒロト(Vo)と真島昌利(Gu)が織りなすシンプルな言葉にメロディー、そして力強いビートが背中を押すロックンロールは、ブルーハーツ〜ハイロウズを経て今なお瑞々しいままで、いつも時代にリンクしたメッセージを届けてくれています! 小林勝(Ba)と桐田勝治(Dr)をヴィジュアル系のシーンで知った場合(※小林はSADS、桐田はGargoyle)、バンドの成り立ちがより面白く思えたりも。


https://www.youtube.com/watch?v=YsI9OJXNEEY■2.「Silver tongue」(\'11)/GHEEE

近藤智洋(Vo&Gu/ex.PEALOUT)、深沼元昭(Vo&Gu/PLAGUES、Mellowhead)、Hisayo(Ba/tokyo pinsalocks、a flood of circle)、YANA(Dr/ZEPPET STORE、vez)によっていわゆる“新生スーパーバンド”的に結成されたGHEEE(ギー)も、気付けば今年で10周年。メンバーそれぞれに掛け持ちをしながらとはいえ、その活動はタフに続き、11月にはアニバーサリーを祝う5thアルバム『CINQ』をリリースします。近藤&深沼の切れ味鋭いツインヴォーカルはもちろん、タイトなリズム、英詞やスピード感の光るナンバーがとにかく他にないカッコ良さ、グルーヴなので、もっともっと聴かれてほしい!


https://www.youtube.com/watch?v=6KJVGHZr98k■3.「Nightless City」(\'15) /THE PREDATORS

2005年結成の、こちらもスーパーバンド。山中さわお(Vo&Gu/the pillows)、JIRO(Ba/GLAY)、ナカヤマシンペイ(Dr/ストレイテナー)で始動し、異色の3ピースが話題を呼びました。当初はニルヴァーナのようなオルタナサウンドがメイン。ナカヤマが“今はテナーに専念したい”との理由で円満脱退、高橋宏貴(Dr/Scars Borough、ELLEGARDEN)にバトンタッチして少し経つと、ラモーンズのパンクテイストも目立ってきています。曲作りにしろベースプレイにしろ、JIROのセンスが新鮮に感じられるはず! 2018年1月には、全国ツアーと限定シングルのリリースも決定です。アクティブ。


https://www.youtube.com/watch?v=PIzbvVue8dY■4.「? la mode」(\'17)/TWEEDEES

TWEEDEES(トゥイーディーズ)は、ソロシンガーや女優として知られる清浦夏実(Vo)と、CymbalsやFROGで活動してきた沖井礼二(Ba)が、2015年に組んだバンド。最近では、NHK Eテレで放送のアニメ『おじゃる丸』のエンディングテーマ「プリン賛歌」を担当したり、清浦がNHK連続テレビ小説『わろてんか』で歌唱参加したりと、じわじわ注目を集めています。そして、3rdフルアルバムの制作も着々と進んでいるとか!? 抜けるようなヴォーカル、躍動するベースライン(リッケンバッカー)、ポップス〜ロックの王道を貫くさわやかな楽曲に、ぜひ触れてみてください!


https://www.youtube.com/watch?v=CT7Pa3S5WQ8■5.「抱きしめたい」(\'17) /The Birthday

ラストは元ミッシェル・ガン・エレファントのふたり=チバユウスケ(Vo&Gu)とクハラカズユキ(Dr)が現在もパワフルにロックンロールを鳴らすバンド、The Birthday。元てるる...のヒライハルキ(Ba)を含め、2006年に結成、2011年には元My Little Loverのフジイケンジ(Gu)が加入し、精力的な活動を続けています。今年5月に9thアルバム『NOMAD』をリリース。この「抱きしめたい」然り、最近は胸にどっしり響く楽曲がますます増え、深いやさしさを感じさせるというか。そうした喜びを聴き手に抱かせるあたりが、さすがだなあとあらためて思うのです。痺れる!


https://www.youtube.com/watch?v=vEmRik-tQBYTEXT:田山雄士



【関連リンク】
スゴイ人はやっぱりスゴイ!今も変わらずそう感じさせる5組
ザ・クロマニヨンズまとめ
THE HIGH-LOWSまとめ
THE BLUE HEARTSまとめ
GHEEEまとめ

【関連アーティスト】
ザ・クロマニヨンズ, THE HIGH-LOWS, THE BLUE HEARTS, GHEEE, PEALOUT, THE PREDATORS, the pillows, GLAY, ELLEGARDEN, Scars Borough, ストレイテナー, a flood of circle, ZEPPET STORE, vez, プレイグス, TWEEDEES, Cymbals, FROG, The Birthday, てるる..., My Little Lover
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!

SCANDAL、初の対バンツアーは“バチバチやりあうだけじゃない”
Mon, 23 Oct 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SCANDALが東名阪3都市で開催した初の対バンツアー『SCANDAL TOUR 2017“SCANDALの対バンツアー”』が10月21日の大阪公演で終了した。この対バンツアーはSCANDALが“今ライブがカッコいい”とリスペクトする3バンドをゲストに迎え開催され、初日の東京公演にはUNISON SQUARE GARDEN、愛知公演には愛知出身の04 Limited Sazabys、そして最終日のZepp Osaka Baysideで行なった大阪公演にはBLUE ENCOUNTがゲスト出演した。

SCANDALのバンド結成地でもある大阪での公演は、両バンドが“キラーチューン祭り”とも言えるセットリストで観客を盛り上げる。MCでRINA(Dr&Vo)は「10月22日でデビューして9年が経つんです。遊びじゃできない年数だなと思います。こういう対バンができる日が来るって自分たちでも思ってなかったけど、今日はブルエンのお客さんともブルエンのメンバーともしっかり握手できた気がしていて。対バンってバチバチやりあうだけじゃないんだな、仲間をちゃんと増やせる場所なんだなと思ってすごく嬉しい気持ちです。」とファンへの感謝の想いを伝えた。HARUNA(Vo&Gu)はBLUE ENCOUNT田邊駿一(Vo)の熱いMCを受け取り、「もっと最高の、人生で一番いい日にしていきませんか?」とファンに呼び掛ける。そして、この対バンツアーで披露するために制作した新曲「恋するユニバース」ほか全11曲をパフォーマンスし、SCANDALにとって初となる対バンツアーは幕を閉じた。

10月22日にSCANDAL初の配信限定シングル「恋するユニバース」をリリースすると、iTunesトップアルバム1位、mora総合最新アルバムランキング1位、レコチョクアルバムランキングデイリー1位など、各音楽配信サイトで1位を獲得。このリリース日はSCANDALがメジャーデビューシングル「DOLL」をリリースした日でもあり、デビュー9周年の記念日を最高の形でスタートする形になった。

初の47都道府県ツアー、夏フェス出演、そして初の東名阪対バンツアーとライブを軸に駆け抜けてきた2017年。まだまだSCANDALの勢いは止まらない。

【セットリスト】
■BLUE ENCOUNT
01. opening
02. MEMENT
03. D.N.K
04. Survivor
05. VS
06. LIVER
07. LAST HERO
08. NEVER ENDING STORY
09. ロストジンクス
10. DAY×DAY
11. もっと光を
■SCANDAL
01. LOVE SURVIVE
02. テイクミーアウト
03. お願いナビゲーション
04. STANDARD
05. Rising star
06. FREEDOM FIGHTERS
07. 太陽スキャンダラス
08. 恋するユニバース
09. Image
10. 瞬間センチメンタル
11. SCANDAL BABY

配信シングル「恋するユニバース」

2017年10月22日配信開始



<収録内容>
1.恋するユニバース
2ふたり
3.キミと夜と涙(Billboard Live OSAKA 2017.08.21)
4.声(Billboard Live OSAKA 2017.08.21)

■「するユニバース」先行配信中!
https://erj.lnk.to/9ecTdWN
■iTunes予約注文
https://itunes.apple.com/jp/album/id1279715067?at=10lpgB&ct=4547366330779_wn&app=itunes

【ライブ情報】

『BEST★Xmas 2017』
12月24日(日) 東京・赤坂BLITZ
<チケット>
¥4,860+ドリンク代
・一般発売
11月25日(土)10:00〜

『SUPER SHIBUYA EXPO LIVE Powered by mixi, Inc.』
11月02日(木) 東京・Shibuya O-EAST
出演:SCANDAL、SPECIAL OTHERS、サイプレス上野とロベルト吉野
<チケット>
前売り/All Standing¥4,000(税込・ドリンク別・整理番号付)
・一般発売
8月27日(日)10:00〜
公式サイト: http://supershibuyaexpolive.com/

『KOYABU SONIC 2017』
11月05日(日) 大阪・インテックス大阪 5号館&2号館
KOYABU SONIC 2017公式HP:http://www.koyabusonic.com

『毎日がクリスマス 10TH ANNIVERSARY!』
12月20日(水) 神奈川・横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール
出演:SCANDAL、KEYTALK
・一般発売
11月11日(土)10:00〜
OFFICIAL WEB SITE:http://holynight.jp

『MERRY ROCK PARADE 2017』
12月23日(土) 愛知・ポートメッセなごや 1号館〜3号館
1日券¥7,560(税込)/2日券¥14,040(税込)
OFFICIAL WEB SITE: http://www.merryrockparade.jp/



【関連リンク】
SCANDAL、初の対バンツアーは“バチバチやりあうだけじゃない”
SCANDALまとめ
BLUE ENCOUNTまとめ
ペンタトニックス、新録5曲を追加したクリスマス・アルバムをリリース

【関連アーティスト】
SCANDAL, BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 音楽配信

ペンタトニックス、新録5曲を追加したクリスマス・アルバムをリリース
Mon, 23 Oct 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

声だけで世界を魅了するアカペラグループ“ペンタトニックス”が、昨年全米1位を獲得したクリスマス・アルバムに新録音源5曲を追加した最新クリスマス・アルバム『ペンタトニックス・クリスマス(ジャパン・デラックス・エディション)』 を11月22日(水)に発売することが決定した。

9月に、メンバーのベース担当・アヴィが惜しまれながらグループを脱退し、現在4人体制で活動を続けるペンタトニックスだが、今作では、ベース・パートにゲスト・ベース・ヴォーカルを加えた作品も収録しており、見事なハーモニーに仕上がっている。さらには、ジェニファー・ハドソンを迎えたゴスペル楽曲や、ストリングスを加えた楽曲が収録されるなど、一段と壮大なスケールとなっている。

また、本作に新録されたクリスマス・キャロル「飼い葉の桶で/Away In Manger」のMVが公開されており、緑が深い森の中でメンバー4人が手拍子と共にコーラスを奏で、温かな静寂さに包まれた作品となっている。この楽曲についてメンバーのスコットは“僕達がアヴィ抜きで初めてレコーディングした曲の一つだった。僕達は4人しかいなくて、ケヴィンだけになったリズム・セクションで、リズムとベースをどうやって創ろうか考えた。それで、指を鳴らす音、手を叩く音を取り入れ、それぞれメンバー内で担当を分け、ケヴィンが所々でベースを歌ったんだ。リラックスしていて、すごく親密な雰囲気のアレンジになっているよ”と語っている。ペンタトニックスが贈る最高にハッピーなクリスマス・アルバムは、今年のホリデー・シーズンをさらにハッピーに盛り上げてくれるだろう。

■「飼い葉の桶で/Away In Manger」MV


https://www.youtube.com/watch?v=GjtYtBGrP6Yアルバム 『ペンタトニックス・クリスマス(ジャパン・デラックス・エディション)』

2017年11月22日(水)発売



¥2,400+税
※解説・歌詞・対訳付
※初回限定: 日本オリジナル・ステッカー封入
<収録曲>
1.神の御子は今宵しも
2.神が喜びを下さるように(ほしかげさやけき)
3.ホワイト・クリスマス feat.マンハッタン・トランスファー
4.クリスマスを我が家で
5.アップ・オン・ザ・ハウストップ
6.ザ・クリスマス・シング・アロング ★オリジナル曲
7.コヴェントリー・キャロル
8.ハレルヤ ★レナード・コーウェンのカバー
9.コールデスト・ウィンター ★カニエ・ウェストのカバー
10.グッド・トゥ・ビー・バッド ★オリジナル曲
11.メリー・クリスマス、ハッピー・ホリデイ  ★イン・シンクのカバー
12.ひいらぎかざろう  ★新録
13.輝く日を仰ぐとき feat.ジェニファー・ハドソンJennifer Hudson ★新録
14.飼い葉の桶で ★新録
15.レッツ・イット・スノー! レッツ・イット・スノー! レッツ・イット・スノー!  ★新録
16.ハレルヤ feat. ザ・ストリング・モブ ★新録



【関連リンク】
ペンタトニックス、新録5曲を追加したクリスマス・アルバムをリリース
Pentatonixまとめ
三代目 J Soul Brothers、12月13日にシングル&ライブ映像作品をダブル・リリース

【関連アーティスト】
Pentatonix
【ジャンル】
洋楽, ニュース, グループ, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表, 発売

三代目 J Soul Brothers、12月13日にシングル&ライブ映像作品をダブル・リリース
Mon, 23 Oct 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが、12月13日にニューシングル「J.S.B. HAPPINESS」とLIVE DVD/Blu-ray『三代目J Soul Brothers LIVE TOUR 2016-2017 “METROPOLIZ"』をダブルリリースすることが発表された。

ニューシングルは、メンバー全員出演で早くも話題沸騰中の江崎グリコポッキーCMソングとなっている「J.S.B. HAPPINESS」を待望のCD化。去る3月にリリースしたベストアルバムから約9か月ぶりのリリースの発表に、SNSでは『これ以上に嬉しいことなんてない!』『シングルもDVDもずっと待ってました!』など喜びのツイートが飛び交い、早くも多くの期待が寄せられている。

またLIVE DVD/Blu-ray Disc『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2016 - 2017 "METROPOLIZ"』は、商品情報が公開されたオフィシャルサイトによると2月17日・18日・19日に行なわれた京セラドーム大阪公演を収録した内容となっており、豪華フォトブック&スリーブ仕様の超豪華な初回限定生産盤は特に注目を集めることだろう。

先日の“史上最多"年間ドーム公演数を樹立したニュースの記憶も新しい三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE。11月に開催される東京ドーム最終追加公演情報も要CHECKだ。



【関連リンク】
三代目 J Soul Brothers、12月13日にシングル&ライブ映像作品をダブル・リリース
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEまとめ
10-FEET、アルバム『Fin』収録曲「1 size FITS ALL」MVをGYAO!にて24時間限定独占配信

【関連アーティスト】
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, LDH, DVD, Blu-ray, シングル, リリース, ダンス

10-FEET、アルバム『Fin』収録曲「1 size FITS ALL」MVをGYAO!にて24時間限定独占配信
Mon, 23 Oct 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10-FEETが11月1日にリリースするアルバム『Fin』収録曲の「1 size FITS ALL」のMVを映像配信サービス・GYAO!にて、10月23日12時より24時間限定で独占先行配信! アルバムのオープニングナンバーである同楽曲のMVは、重厚なサウンドながら疾走感溢れるカット割りが見どころ。また、この独占先行配信の記念企画として、24時間以内に視聴回数が1万回を突破するとGYAO!公式Twitterでメンバーの“マル秘情報”が発表されるとのことなので、こちらも要チェックだ。

■「1 size FITS ALL」MV 配信概要

■配信日程
10月23日(月)12:00〜
■配信URL
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00101/v12441/v0871400000000550474/
■GYAO!公式Twitter
https://twitter.com/Yahoo_GYAO



【関連リンク】
10-FEET、アルバム『Fin』収録曲「1 size FITS ALL」MVをGYAO!にて24時間限定独占配信
10-FEETまとめ
Goodbye holiday、2018年1月に2ndミニアルバム『ドッペルゲンガー』発売決定

【関連アーティスト】
10-FEET
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

Goodbye holiday、2018年1月に2ndミニアルバム『ドッペルゲンガー』発売決定
Mon, 23 Oct 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Goodbye holidayが、2018年1月24日(水)に自身2枚目となるミニアルバム『ドッペルゲンガー』をリリースすることを発表した。

7曲入りの本作に収録される新曲「Writing Life」は、現在テレビ東京系列にて毎週水曜夕方6時25分から放送中のアニメ『遊☆戯☆王VRAINS』の11月からのエンディング曲に決定した。作詞を担当したBa.福山はこの楽曲について「十代ど真ん中を突き抜けた『遊☆戯☆王』、そのEDを担当させて頂けるとは夢にも思いませんでした。この曲は当時の自身へ宛てたものです。誰かの味方になりますよう願いを込めて」とコメントしている。更に、本作には福原遥主演の映画『女々演(じょじょえん)』の主題歌「きらり」も収録される。映画は2018年公開予定。

更に、2018年1月27日(土)にはバンドの地元・広島にて自主企画が開催される事も決定。同時に、phatmans after schoolの出演も発表された。phatmans after schoolの他にも、ライブ活動を行う中で曲だけでなく人柄も素晴らしいと感じたバンド、共に高め合えたバンドを招いたイベントとなる予定。出演者の続報を楽しみに待とう。

ミニアルバム『ドッペルゲンガー』

2018年1月24日(水)発売



【初回盤】(CD+DVD)
AVCD-93798B/¥2,700(税込)
【通常盤】(CD)
AVCD-93799/¥2,000(税込)
※収録楽曲、初回盤DVDの収録内容は後日発表。

『Goodbye holiday presents BAND/wagon(バンドワゴン)』

1月27日(土) 広島CLUB QUATTRO
出演:Goodbye holiday / phatmans after school and more…
<チケット>
前売¥3,500(ドリンク別)
■オフィシャルサイト先行:10月23日(月)12:00〜10月29日(日)23:00



【関連リンク】
Goodbye holiday、2018年1月に2ndミニアルバム『ドッペルゲンガー』発売決定
Goodbye holidayまとめ

【関連アーティスト】
Goodbye holiday
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, リリース, 発売, ミニアルバム













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1