歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年10月13日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
【AK-69 インタビュー】みんなのアンセムを作りたかった
Fri, 13 Oct 2017 19:00:00 +0900


2度目の日本武道館公演当日に両A面ニューシングルをリリース! シェネルの歌声が冴える「I Still Shine feat. Che\'Nelle」、亡き父への思いを歌った「Stronger」の話題から、豪華ゲスト満載の日本武道館に込める想いなどを訊いた。

──両A面ニューシングルから、まずはシェネルさんとの「I Still Shine feat. Che\'Nelle」について聞かせてください。

「俺はシェネルの歌声がすごい素晴らしいと思ってたんですよ。この曲を録る前に勝手にシェネルのヒット曲「Destiny」をリミックスしてたら、それにシェネルのプロデューサーの松尾潔さんが反応してくれて、シェネル本人も喜んでくれたんです。いろいろ運命的につながる感じで、シェネルと曲を作れることになったんです。その時点で曲のアイデアも浮かんでました。ジェイ・Zとアリシア・キーズの「エンパイア・ステイト・オブ・マインド」みたいな、ストロングなメッセージと歌声にもパワーがあるものをやりたいなって。」

──シェネルさんの存在ありきで具体的なイメージが浮かんだと。AK-69さんのバースももちろんですが、シェネルさんのバースも負けないくらい熱いのが新鮮でした。歌詞は全体を通じて、逆境を越えていく強い思いが前面に出てますね。

「そうですね。ただ逆境ってことに関しては、今までは自分の目標に向かって闘う中でのことを歌ってきたけど、今回は私生活とかも含めて視野を広めに歌ってるんです。仕事のことだったり、自分が定めてるプライベートな目標だったり、恋人との問題だったり、みんないろんなことで悩んでると思うんですよ。自分的にもそういうのはあるし。そればっかりは、歯を食いしばってストイックに頑張ったら乗り越えられるってものじゃないし。」

──確かにそうですね。

「それって時間が経たないと癒されないし、逆を言うと時間が経てば大抵のことでも乗り越えられるなって。今はものすごい悲劇だけどいつか乗り越えられるよって、他の人に言ってもらえることで安心できたりするじゃないですか。すっと心が軽くなるような、少しでもみんなの力になったり、勇気の出るようなアンセム的な曲を作りたかったんです。」

──なるほど。では、シェネルさんと実際に共演してみてどんな印象がありますか?

「明るくてすげーいい子なんですよ。一緒に仕事してさらにファンになりました(笑)。でも、とにかく歌がすごい。歌が上手い人はたくさんいるけど、胸にくる波動がある歌を歌える人って数少ない。シェネルの歌を間近で聴いて、改めて彼女はそういうものを持ってるシンガーだって痛感しましたね。」

──一方の「Stronger」は亡くなられたお父さんについて歌った楽曲ですが、すごくリアルな想いが歌われていて。そんな曲に“Stronger”と付けたのはどうしてですか?

「いつもMCでも言ってるけど、オヤジって簡単に言うと馬鹿でひょうきんでいい人だったんです。だから、男として尊敬できる感じがなかったんですよ(笑)。強いて言えば、やさしいところくらいでしたね。でも、息を引き取る日に、まだ大丈夫だろうなと思って病室を出たら、先生に“大丈夫そうにしてるけど、今夜が山なんで覚悟してください。普通の人なら気が狂うぐらいのレベルの辛さです”って言われたんです。それなのにオヤジは最後まで俺らの話を聞いて、涙流しながら頷いて死んでいったんです。それって超人的な精神力だし、オヤジのやさしさって強さからきてたんだって、申し訳ないけど、死んでから初めて尊敬できたんですよ。俺は未熟だな、もっと強くならなきゃいけないって最後に教わったんです。俺は音楽をやっているわけだから、この想いをすぐ歌にしたほうがいいなと思って書きましたね。」

──生々しい想いは、そこからきてたんですね。さて、10月18日には2度目の日本武道館公演が行なわれるわけですけど、豪華ゲスト満載のライヴになりますね。

「前回はあえてひとりで全部やり切るのがコンセプトだったんですけど、次は日本のヒップホップ、音楽シーンを見せられるようなショーにしたいとずっと言ってたんです。その言葉通りにメジャーからインディーまで、俺と関わったキーになるアーティストに出てもらう感じで構成しました。俺が17歳の時にラップをやるきっかけになった名古屋の先輩のG.CUE。ストリートから登り詰めて出会えたUVERworld、清木場俊介。俺たちのガキの頃からキングだったZEEBRA。アンダーグラウンドで確固たる地位を築いてるNORIKIYOとか、般若、DOBERMAN INFINITY…とか、リスペクトする人たちに出てもらえる、自分にしかできない武道館になるだろうなって。」

──それは間違いないでしょう。

「ただ、内容的にはゲストに頼ったショーにするんじゃなく、あくまで俺のショーにするというのは意識してます。自分が何なのかってことを食らわせる、意地とプライドが詰まったステージになると思いますね。」

──おぉ、意地とプライドの詰まった日本武道館ですか!

「そうですね。ぶっちゃけここに漕ぎ着けるまでいろいろあったんです。停滞感を感じてることもあったし、そもそも武道館公演を反対されて、保証人を付けないとゴーできないとか、そういうとこから始まってることなので。でも、いつもみんなに言ってる、目標を達成するために必要なことを積み上げていけば夢は確実に撃ち落とせるってことを、自分が証明したかったんです。そこが今回の俺の大きなメッセージですね。裏側のドラマも知ってもらって、ちょっとでもみんなの勇気や希望になってくれたらと思ってますから。」

──では、日本武道館の先はどんなことを考えてますか?

「もちろん自分のプロジェクトをさらに大きくしたいっていうのは引き続きありつつ、世に知られるべきアーティストを排出できる仕組みをもっと強めていきたいっていうのはありますね。自分の話をすると、近い将来的にアリーナツアーができるくらいになりたいなと思ってます。やっぱり、足踏みはしてたくないなっていうのはすごいありますね。やってできんことはないんじゃないかなっていうのはすごく思ってます。」

取材:土屋恵介

シングル「I Still Shine feat. Che’Nelle / Stronger」

2017年10月18日発売
Def Jam Recordings/Virgin Music



【初回限定盤(DVD付)】
UICV-9259 ¥1,620(税込)



【通常盤】
UICV-5067 ¥1,000(税込)

『DAWN in BUDOKAN』

10/18(水) 東京・日本武道館

AK-69

エーケーシックスティーナイン:孤高のヒップホップアーティスト。“険しい道をあえて選ぶ”という自身の歌詞にもある通り、勝ち上がり辛い環境から、頂点を目指すラッパーである。音楽アワード『MTV VMAJ 2015』にて「BEST HIP HOP ARTIST」を受賞。ニューヨークの“No.1 HIP HOPラジオ局”と名高い『HOT97』に日本人として初のインタビューを受け、同局主催イベントへのライヴ出演も果たす。2016年1月、さらなる"インディペンデント"を求めて、自身が代表を務める『Flying B Entertainment Inc.』を設立。同年4月には米国のヒップホップ名門レーベル『Def Jam Recordings』と電撃契約を果たす。 



【関連リンク】
【AK-69 インタビュー】みんなのアンセムを作りたかった
AK-69まとめ
Jin-Machine、ニューシングルはすべての“売れたい”人たちに捧げる!?

【関連アーティスト】
AK-69
【ジャンル】
okmusic UP\'s vol.158, インタビュー, ヒップホップ, ラップ

Jin-Machine、ニューシングルはすべての“売れたい”人たちに捧げる!?
Fri, 13 Oct 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

自称“日本一面白いヴィジュアル系バンド”のJin-Machineが12月13日にシングル「売れたくて」をリリースすることを発表した。今作はTYPE-A、B、Cの3タイプで展開されJin-Machineの“今”が詰まった選曲となっている。

すべての“売れたい”人たちに捧げるリード曲「売れたくて」は、作詞をfeaturing16が担当。アーティストが歌の中であからさまに表現することの少ない“売れたくて〜”というワードをサビで連呼するなど、Jin-Machineにしかなし得ないストレートな表現とコミカルな歌詞が特徴の楽曲となっている。サウンド面ではメロコアをベースにしながらも、“プログレッシヴ・コミック・ロック”を提唱し続けるJin-Machineらしく、遊び心をふんだんに詰め込んだ奇想天外な展開となっている。今作は“売れたい”というテーマもあいまって、年末年始にかけて開催される様々な宴会で定番カラオケソングになること間違いなし! J-ROCK好きのリスナーはもちろん、売れたいお笑い芸人、さらには“売りたい”営業マンも、この曲で歌って踊れば大盛り上がりになること必至!

また、カップリングにはJin-Machineのミサ(※ライブの呼称)での定番曲となっている「マグロに賭けた男たち」を収録。客席をマグロのぬいぐるみが飛び交い、ライブ会場が荒波の漁場と化したような圧巻のパフォーマンスは、競演するアーティストやライブハウス界隈などでも話題を集めている。そのほか、ヴィジュアル系ファンに深くささる「maria.」、featuring16の強い思いから制作された「ハッピー」(仮)、全女性の敵である“ヒモ男”が主人公となっているツッコミどころ満載ソング「パチンコ イェーイ!!!」が収録される予定とのこと。さらに、TYPE-Aには2017年5月に開催した『全日本おもしろ選手権ツアー』初台DOORS公演のミサ音源、TYPE-Bには同年7月に開催した『Jin-Machine TOUR 2017 kiss-キス- 〜愛 miss 優〜』原宿アストロホール公演のミサ音源と、ミサの魅力に触れることができる音源がそれぞれ収録される。いずれもミサに行ったことのないJin-Machine初心者リスナーでも、その独特な会場の雰囲気を体感できるオトクな内容だ。

ニューシングルの発表に併せて、ジャケット写真とアーティスト写真も同時公開。ジャケット写真には大きく“売れたくて”の文字が浮かび、心から売れたいという気持ちがビシビシと伝わってくるデザインとなっている。アーティスト写真は、エッジィでパンキッシュな近代のヴィジュアル系の要素を取り入れており、彼らの姿から強く売れる決意を感じることができるだろう。

10月15日からは全国8都市で開催される『Jin-Machineツアー2017秋 じんましーんのプンプンガッツマン!』と銘打ったワンマンツアーがスタート! シングル「売れたくて」からの楽曲も楽しめそうだ。同ツアー以外にもイベントライブが決定しており、今後のJin-Machineの盛り上がりに期待してほしい。

シングル「売れたくて」

2017年12月13日発売



【TYPE-A】(CD)
YCCW-30066/¥1,800+税
<収録曲>
1.売れたくて
2.マグロに賭けた男たち
3.売れたくて(カラオケ)
4.マグロに賭けた男たち(カラオケ)
5.ようこそJAPAN
6.さくら〜NEVER DIE〜
7.通勤モッシュはエブリデイ
8.パンチ伝説
9.ゴリラ
※5 〜9.「全日本おもしろ選手権ツアー」2017.05.01初台DOORS ミサ音源



【TYPE-B】(CD)
YCCW-30067/¥1,800+税
<収録曲>
1.売れたくて
2.maria.
3.売れたくて(カラオケ)
4.maria.(カラオケ)
5.ようこそJAPAN
6.贈る言葉(トーク)
7.がんばれ!桜、アディオス
8.FIVE
9.さよならアキラメロン
10.スーパーハッピー
※5 〜10.「Jin-Machine TOUR 2017 kiss-キス- 〜愛 miss 優〜」2017.07.09原宿アストロホール ミサ音源

【TYPE-C】(CD)
YCCW-30068/¥1,400+税
<収録曲>
1.売れたくて
2.ハッピー(仮)
3.パチンコ イェーイ!!!
4.売れたくて(カラオケ)
5.ハッピー(カラオケ)(仮)
6.パチンコ イェーイ!!!(カラオケ)

【ライブ情報】

『Jin-Machineツアー2017秋 じんましーんのプンプンガッツマン!』
10月15日(日) 東京・渋谷DESEO
10月18日(水) 宮城・仙台MACANA
10月21日(土) 大阪・MUSE
10月22日(日) 愛知・名古屋REDHALL
10月27日(金) 広島・セカンドクラッチ
10月29日(日) 福岡・DRUM SON
11月03日(金・祝) 埼玉・HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心 VJ-3
11月12日(日) 東京・渋谷チェルシーホテル

『〜ジャシー東名阪主催Tour2017〜 「味わいカーニバル東京編」』
11月07日(火) 東京・池袋CYBER

『BUMP ON da STYLE vol.33』
11月11日(土) 東京・渋谷club asia

『えんそく新章突入記念主催-モラトリアム†パイロキネシス-』
11月18日(土) 東京・新宿BLAZE

『non stylish wave\'17 秋ら100%』
11月21日(火) 東京・高田馬場AREA

<2018年>
『ART POP ENTERTAINMENT PRESENTS 「睦月旅情\'18〜西へ向かって走っちゃえ ! 〜」』
1月13日(土) 兵庫・神戸VARIT.
1月14日(日) 岡山・IMAGE
1月15日(月) 広島・SECOND CRUTCH
1月17日(水) 福岡・DRUM Be-1

【Anli Pollicino Presents 3ヶ月連続 東名阪2マンツアー 三本勝負! 1st round Anli Pollicino VS Jin-Machine】
2018年
1月20日(土) 東京・高田馬場CLUB PHASE
1月27日(土) 愛知・名古屋ell.FITS ALL
1月28日(日) 大阪・阿倍野ROCKTOWN



【関連リンク】
Jin-Machine、ニューシングルはすべての“売れたい”人たちに捧げる!?
Jin-Machineまとめ
陰陽座、TVアニメ『バジリスク』のOPテーマ再び!

【関連アーティスト】
Jin-Machine
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, シングル, リリース, ツアー

陰陽座、TVアニメ『バジリスク』のOPテーマ再び!
Fri, 13 Oct 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

陰陽座(おんみょうざ)が、「バジリスク」シリーズ最新TVアニメ『バジリスク 〜桜花忍法帖〜』のOPテーマを再び手掛けることが明らかになった。そのOPテーマ「桜花忍法帖」をリード曲に据えたNEWシングルが、2018年1月10日にリリースされることも同時に発表された。

山田風太郎による小説「甲賀忍法帖」を原作として2005年に放映されたTVアニメ『バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』のOPテーマ「甲賀忍法帖」を手掛けた陰陽座。同曲はアニメのヒロインである朧の視点で描かれており、シングルでのリリースから13年弱経った今でも、陰陽座ファンのみならず幅広いファンに愛され続け、MVのYouTube再生回数は1600万回をはるかに超える。さらに2016年に発表した楽曲「愛する者よ、死に候え」では主人公の甲賀弦之介の目線を捉えていて、アニメ化より前から現在に至るまで陰陽座が発表し続けている“忍法帖シリーズ”と呼ばれる数々の楽曲は、元々原作の山田風太郎による“忍法帖シリーズ”からのインスピレーションとリスペクトによって制作されているという。

それほどの愛と情熱を持って作品に接してきた陰陽座が、今回アニメ『バジリスク 〜桜花忍法帖〜』のOPテーマとして再び作品に直接関わることは、ファンにとってかなりの朗報であることは間違いなく、陰陽座の飽くことのない熱い魂を注ぎこまれるであろう「桜花忍法帖」は、「バジリスク」シリーズにおける陰陽座の新たな傑作が生まれることに弥が上にも期待が高まる。

シングル「桜花忍法帖(おうかにんぽうちょう)」

2018年1月10日発売



KICM-1819/¥1,300+税
<収録曲>
桜花忍法帖(TVアニメ「バジリスク〜桜花忍法帖〜」オープニングテーマ)他




【関連リンク】
陰陽座、TVアニメ『バジリスク』のOPテーマ再び!
陰陽座まとめ
瀬川あやか、シングル「カレイドスコープ」の最新アートワークを公開!

【関連アーティスト】
陰陽座
【ジャンル】
ニュース

瀬川あやか、シングル「カレイドスコープ」の最新アートワークを公開!
Fri, 13 Oct 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アーティスト&看護師の“二刀流”シンガーソングライターの瀬川あやかが、11月22日(水)に発売する4thシングル「カレイドスコープ」のアートワークを公開した。

「カレイドスコープ」は大切な人と会えない時間の中で揺れ動く遠距離恋愛を描いた至極のラブバラード。その世界観を表現した、季節感漂う真っ白なレースで作られた衣装でぽつんとたたずむ瀬川あやかと、歌詞の一部を表現した、手作りの温かみがある星に囲まれた瀬川あやかの2つのビジュアルで、彼女自身の持ち前のキュートさとポップさも垣間見えるアートワークとなっている。

12月には自身初となるアコースティックライブ『瀬川あやかアコースティックライブ2017 東京・札幌〜つないだ季節の隙間から〜』を開催する予定で、“季節をつなぐ”をテーマに東京は12月3日(日)に青山RizMにて“春”と“夏”公演、そして出身地である北海道の札幌では12月25日(月)に札幌ペニーレーン24にて“秋"と“冬"公演を行う。この年末も瀬川あやかの活動から目が離せない。

シングル「カレイドスコープ」

2017年11月22日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA.04594/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.カレイドスコープ
2.take a chance (「札幌大学」TVCMソング)
3.カレイドスコープ(Inst.)
4.take a chance (Inst.)
■DVD
1.「カレイドスコープ」Music Clip
2. Making of「カレイドスコープ」



【通常盤】(CD)
PCCA.70519/¥1,000+税
■CD
1.カレイドスコープ
2.take a chance (「札幌大学」TVCMソング)
3.カレイドスコープ(Inst.)
4.take a chance (Inst.)

『瀬川あやかアコースティックライブ2017 東京・札幌〜つないだ季節の隙間から〜』

12月03日(日) 東京・青山RizM
・瀬川あやかアコースティックライブ2017 東京〜つないだ季節の隙間から・春〜
開場15:00 開演15:30
・瀬川あやかアコースティックライブ2017 東京〜つないだ季節の隙間から・夏〜
開場18:00 開演18:30
・チケット
対象席種&料金:オールスタンディング¥3,500(税込)ドリンク代別¥600

12月25日(月) 北海道・札幌ペニーレーン24
・瀬川あやかアコースティックライブ2017 札幌〜つないだ季節の隙間から・秋〜
開場13:45 開演14:15
・瀬川あやかアコースティックライブ2017 札幌〜つないだ季節の隙間から・冬〜
開場16:30 開演17:00
・チケット
対象席種&料金:自由席¥3,500(税込)ドリンク代別¥500 ※椅子席と一部スタンディング予定になります。

■最速SNS抽選先行スタート
Twitter:@segaaaaal
Instagram:segawa_ayaka
LINE:瀬川あやかオフィシャルアカウント(※LINEアプリケーションより、瀬川あやかで検索)
受付期間:10月06日(金)21:00〜10月15日(日)23:59 
枚数制限:2枚
当落結果発表日時:10月17日(火)18:00頃〜
入金期限:10月21日(土)23:59まで



【関連リンク】
瀬川あやか、シングル「カレイドスコープ」の最新アートワークを公開!
瀬川あやかまとめ
サイダーガール、対バン公演の第二弾ゲストはおいしくるメロンパン&10月13日21時よりライブ配信決定

【関連アーティスト】
瀬川あやか
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, シングル

サイダーガール、対バン公演の第二弾ゲストはおいしくるメロンパン&10月13日21時よりライブ配信決定
Fri, 13 Oct 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

サイダーガールが11月から行う全国ツアー『サイダーガールツアー2017-2018 サイダーのゆくえ-JUMP ON THE BANDWAGON-』の対バン公演の第二弾ゲストアーティストがおいしくるメロンパンに決定! 12月16日の新潟CLUB RIVERST公演、12月17日金沢vanvan V4公演、1月13日岡山PEPPERLAND公演に出演することが発表された。すでに第一弾ゲストアーティストとしてSHE\'S、cinema staffが発表されており、第三弾も後日発表予定とのことなので楽しみに待っていてほしい。

また、10月18日にリリースするアルバム『SODA POP FANCLUB 1』の発売を記念して、10月13日21:00頃より「CIDER RADIO」の生配信が決定! メンバーによる全曲解説やツアーの見どころなど、ここでしか聴けない盛り沢山の内容となっているので、要チェックだ。

■ライブ配信「CIDER RADIO」

10月13日(金)21:00頃〜
・TwitCasting
http://twitcasting.tv/cidergirl_info
・LINE
https://live.line.me/channels/2132454/upcoming/5641237

アルバム『SODA POP FANCLUB 1』

2017年10月18日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7358/¥3,780(税込)
【通常盤】
UPCH-2138/¥2,700(税込)
<収録曲> ※初回限定盤、通常盤共通
1.(message)
2.メッセンジャー
3.エバーグリーン
4.なまけもの
5.メランコリー
6.グッドモーニング
7.至心酩酊存在証明
8.ナイトクルージング
9.成長痛
10.Fourside Moonside
11.くらし

『サイダーガール TOUR2017-2018 サイダーのゆくえ-JUMP ON THE BANDWAGON-』

11月18日(土) 大阪 梅田CLUB QUATTRO ※ワンマン
11月19日(日) 名古屋 名古屋CLUB QUATTRO ※ワンマン
11月26日(日) 東京 恵比寿LIQUIDROOM ※ワンマン
12月01日(金) 水戸 LIGHT HOUSE w/SHE’S
12月03日(日) 札幌 札幌COLONY ※ワンマン
12月09日(土) 高松 DIME
12月10日(日) 広島 CAVE-BE
12月16日(土) 新潟 CLUB RIVERST w/おいしくるメロンパン
12月17日(日) 金沢 vanvan V4 w/おいしくるメロンパン
<2018年>
1月13日(土) 岡山 PEPPERLAND w/おいしくるメロンパン
1月14日(日) 福岡 LIVE HOUSE Queblick ※ワンマン
1月20日(土) 宇都宮 HEAVEN\'S ROCK VJ-02 w/cinema staff
1月21日(日) 仙台 MACANA w/cinema staff



【関連リンク】
サイダーガール、対バン公演の第二弾ゲストはおいしくるメロンパン&10月13日21時よりライブ配信決定
サイダーガールまとめ
パワーポップの代表作と言えば必ず登場するのがニック・ロウの傑作『レイバー・オブ・ラスト』

【関連アーティスト】
サイダーガール
【ジャンル】
ニュース, 音楽配信

パワーポップの代表作と言えば必ず登場するのがニック・ロウの傑作『レイバー・オブ・ラスト』
Fri, 13 Oct 2017 18:00:00 +0900


通常、パワーポップと言えば、パンク〜ニューウェイヴの流れで説明されることが多い。しかし、本来パワーポップとはビートルズに影響されたグループやシンガーたちによるメロディアスでパワフルなロックのことを言う。有名どころでは、トッド・ラングレン、バッドフィンガー、ナック、ラズベリーズ、エルヴィス・コステロ、ヒューイ・ルイスらの一部の曲は間違いなくパワーポップで、時間を経ても色褪せない名曲はたくさんある。今回、紹介するアルバムはニック・ロウの『レイバー・オブ・ラスト』。本作にはみんなも知ってるパワーポップの名曲「恋するふたり」が収録されている。

■パンク時代以降の世代間ギャップ

70年代中期にパンクロックとAORが登場してから、ロックの世界は大きく変わった。世代間の断絶というか、若者はパンク、レゲエ、スカなどパワフルで政治的な意志を明確にした音楽を好み(若いうちは身体的に元気だからだよ)、青年層以上の世代はAOR、ソウル、ジャズなど落ち着きのあるサウンドを好むようになった。これって大手レコード産業の営業戦略にまんまとはまってしまった結果でもあるんだけど、かつてロック好きだった大人が落ち着いたサウンドばかりでは飽きてしまうのも事実で、やっぱりロックの疾走感というかガツーン!とくるサウンドが聴きたくなるものなのだ。かといって、ハードコアパンクはしんどい…これは僕が当時のロックシーンに感じたそのままの感情で、70年代後半には悶々とした日々を送っていたのだけれど、80年にロックパイルの『セカンズ・オブ・プレジャー』がリリースされ、それまでの鬱屈感から一変、狂喜乱舞することになるのである。ロックのシャープさとポップスのメロディアスさを兼ね備えた人力サウンドこそ、その時に求めていたものであり、まさにそれがパワーポップであった。

■ニック・ロウとスティッフレコード

もちろん、パンク時代の真っ只中にリリースされたエルヴィス・コステロのデビュー盤『マイ・エイム・イズ・トゥルー』(‘77)を聴いた時にも同じような雰囲気を味わっていたんだけど、まだ輪郭が曖昧な感じであった。ところが、ロックパイルのアルバムは完全に“パワーポップ”というジャンルの音楽として提示されていたと思う。日本で言えば、山下達郎が「ライド・オン・タイム」をリリースした時と似ているかもしれない。この作品から新しい時代がスタートするぞ…みたいな感覚。

コステロの『マイ・エイム・イズ・トゥルー』にも、ロックパイルの『セカンズ・オブ・プレジャー』にも関わっているのがニック・ロウだ。ニック・ロウは60年代から活動するブリティッシュロッカーで、早くからCSN&Yやザ・バンドに影響され、パブロックグループのブリンズリー・シュウォーツというグループに在籍したことで知られる。ブリンズリーは残念なことに日本ではあまり知られていないが、ロウはパンク〜ニューウェイヴの影の仕掛け人としてロック界に大きな貢献をしたアーティストである。

ブリティッシュパンクのシーンにおいて大きな足跡を残したスティッフレコードは、デイブ・ロビンソンとジェイク・リヴィエラの共同経営で、第1号リリースはニック・ロウのソロシングル「So It Goes」(‘76)であることからも、ロウが認められていたことが分かる。ブリティッシュパンクのレコード第1号はダムドのシングル「ニューローズ」(’76)だと言われているが、このレコードのプロデュースはロウが手がけており、この後、コステロ、ドクター・フィールグッド、グレアム・パーカー、ナック、プリテンダーズなど、プロデューサーとして大ヒット作を連発する。彼はフォークやカントリーからパンク、テクノまでの幅広いオタク知識を持っていて、70年代後半から80年代半ばにかけてブリティッシュロック界の裏方として大活躍している。

■ソロ活動ではパワーポップを中心に

スティッフレコードの成功で、ジェイク・リヴィエラは新たなレーベル『レイダー』を77年に設立、ここでも第1弾リリースのアーティストはニック・ロウで、シングル「I Love The Sound Of Breaking Glass」(全英チャート7位)と初のソロアルバム『ジーザス・オブ・クール』(ともに‘78)をリリースする。『ジーザス・オブ・クール』は完全なパワーポップ作品で、今でもこの作品を彼の最高傑作に挙げる人が少なくないぐらい、名曲満載の素晴らしい出来であった。そもそもロウはブリンズリーの中期以降からパワーポップを披露していたのだが、ロック界がAORとパンクの極端に二分化したことへの批判もあってか、パンク全盛の頃にパワーポップ全開での勝負に出たわけである。良いメロディーをラウドなロックサウンドに乗せるというロウの新たな仕掛けによって、過去のパワーポップ作品の掘り起こしも始まり、パワーポップは完全に市民権を得ることになるのである。

ちなみに、余談であるが、僕が考えるパワーポップの名曲10曲を挙げるとしたら(順不同)、バッドフィンガー「嵐の恋」「デイ・アフター・デイ」、トッド・ラングレン「アイ・ソー・ザ・ライト」、プリテンダーズ「愛しのキッズ」、ヒューイ・ルイス「パワー・オブ・ラブ」(彼の在籍していたクローバーは、コステロのデビュー作のバックを務めている)、デイブ・エドマンズ「オールモスト・サタデイ・ナイト」、ナック「マイ・シャローナ」、ロックパイル「ナウ・アンド・オールウェイズ」、エルヴィス・コステロ「レス・ザン・ゼロ」、そしてニック・ロウ「恋するふたり(原題:Cruel To Be Kind)」あたりかな。バッドフィンガーが2曲入ってるのは自分でも驚くけど、ベストテンは日によっても気分によっても変わるので悪しからず。

■本作『レイバー・オブ・ラスト』 について

挙げた稀代の名曲「恋するふたり」が収録されているのがロウのセカンドソロ作『レイバー・オブ・ラスト』(‘79)だ。前作の『ジーザス・オブ・クール』と同様、バックメンにはロックパイルのメンバーが揃っており、ロウの他に英ロック界の重鎮デイブ・エドマンズ、アルバート・リー並みの優れたギタリスト、ビリー・ブレムナー、そしてドラムのテリー・ウイリアムスがメンバーである。ゲストにはエルヴィス・コステロ、ヒューイ・ルイス、ボブ・アンドリュース(ブリンズリーのメンバー)、ピート・トーマス(コステロのバックを務めるアトラクションズのメンバー)が参加して花を添えている。

収録されたナンバーは全11曲、シンプルに、ロックンロール、ロッカバラード、カントリー、アメリカンポップスで構成されている。なんと言っても冒頭の「恋するふたり」の出来が抜きん出ているが、実はこの曲、ブリンズリー時代に書かれていたのに、なぜか未発表だったもの。ロウと盟友イアン・ゴムとの共作だ。ブリンズリー時代のロウの最高傑作「(What’s So Funny ‘Bout)Peace, Love, and Understanding」には及ばないまでも、双璧をなす名曲だろう。

演奏面ではビリー・ブレムナーのギターワークが光っている。特に本作ではパーソンズ=ホワイト・ストリングベンダーを駆使し、大いに存在を主張している。ストリングベンダーはバーズのクラレンス・ホワイトとジーン・パーソンズが開発した半自動で弦を半音上げる装置で、アメリカにはアルバート・リー、リッキー・スキャッグス、マーティ・スチュアートら使用している名ギタリストは多いが、日本では中川イサトと、椎名林檎や星野源のバックを務める浮雲で知られるぐらいであろう。名セッションギタリストの徳武弘文は、パーソンズ=ホワイトでなくヒップショットと呼ばれるベンド装置を使用している。

少し話がそれたので戻す。本作には「恋するふたり」以外もパワーポップが満載で、ロウのセンスがキラリと光る、軽いが軽薄ではないナンバーが収録されている。パワーポップ入門用としても格好の作品だと言える。本作が気に入ったら、ロックパイルやデイブ・エドマンズのアルバムもぜひ聴いてみてほしい。きっと新しい発見があると思うよ♪

TEXT:河崎直人

アルバム『Labour of Lust』

1979年作品



【関連リンク】
パワーポップの代表作と言えば必ず登場するのがニック・ロウの傑作『レイバー・オブ・ラスト』
Nick Loweまとめ
怒髪天、恒例の新春公演決定!対バンは人間椅子!!

【関連アーティスト】
Nick Lowe
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!

怒髪天、恒例の新春公演決定!対バンは人間椅子!!
Fri, 13 Oct 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

怒髪天が東京・新木場Studio Coast公演にて10月9日に、恒例の新春公演『トーキョー・ブラッサム』を2012年以来5年ぶりに開催することを発表した。

2018年の新春公演は2本立て! 初日の1月24日では対バン企画『トーキョー・ブラッサム "新春椅子取り合戦"』と題して人間椅子を迎え、2日目の1月25日は『新春独り相撲 初夢場所』と題した怒髪天のワンマンライブを東京・恵比寿LIQUIDROOMにて開催する。チケットは、10月13日21:00よりFC先行受付開始。

■新春公演『トーキョー・ブラッサム』

『怒髪天 presents トーキョー・ブラッサム "新春椅子取り合戦" 』
1月24日(水) 恵比寿LIQUIDROOM
act:怒髪天 / 人間椅子
開場18:30 / 開演19:15
前売 ¥4,000(税込/Drink別)
保護者1名につき3才以下1名まで無料、4才以上及び2名以上チケット必要
チケット発売日:2017年11月25日(土)

『新春独り相撲 初夢場所 』
1月25日(木) 恵比寿LIQUIDROOM
act:怒髪天
開場18:45 / 開演19:30
前売 ¥4,000(税込/Drink別)
保護者1名につき3才以下1名まで無料、4才以上及び2名以上チケット必要
チケット発売日:2017年11月25日(土)

<ファンクラブ先行受付> 
受付期間:2017/10/13(金)21:00 〜 2017/10/19(木)23:00
※会員の方はFCサイトhttp://dohatsuten.jp/jiseikai/にて詳細をご確認下さい。
※10月11日(水)時点でご入会手続き完了、および会員の方が対象です。

シングル「赤ら月」

発売中



【初回限定盤A】(CD+DVD)
TECI-558 /?2,200+税
<収録曲>
■CD
1、赤ら月 
2、恋ノ猛毒果実(ヨミ:コイノ ポイズン フルーツ)
3 、愛のおとしまえ(舞台「サンバイザー兄弟」より)
■DVD
2017年1月8日(日)長野CLUB JUNK BOX「2017年新春公演 "謹賀新年、ネオ元旦。2017年は二度明ける。" 」全19曲をノーカット完全収録。
1.酒燃料爆進曲(おめでとうVer)2.ホトトギス 3.夕暮れ男道 4.オレとオマエ 5.団地でDAN!RAN!
6.喰うために働いて生きるために唄え! 7.蒼き旅烏 8.サムライブルー 9.そのともしびをてがかりに
10.つきあかり 11.DO RORO DERODERO ON DO RORO 12. 人生○×絵描きうた
13.マンイズヘヴィ 14.せかいをてきに 15.セイノワ 16.プレイヤーI 17.歩きつづけるかぎり
EN1. オトナノススメ EN2.実録!コントライフ



【初回限定盤B】(CD+CD)
TECI-559/?2,200+税
<収録曲>
■CD1
1、赤ら月 
2、恋ノ猛毒果実(ヨミ:コイノ ポイズン フルーツ)
3 、愛のおとしまえ(舞台「サンバイザー兄弟」より)
■CD2
昭和歌謡曲カバーミニアルバム
1. ラ・セゾン(歌:増子直純)
2. 夏の扉(歌:増子直純)
3 . 1/2の神話(歌:増子直純、岡本真依(ひめキュンフルーツ缶))
4.絶体絶命(歌:増子直純、谷尾桜子(ひめキュンフルーツ缶))



【通常盤】(CD)
TECI-561/?1,200+税
<収録曲>
1、赤ら月 
2、恋ノ猛毒果実(ヨミ:コイノ ポイズン フルーツ)
3 、愛のおとしまえ(舞台「サンバイザー兄弟」より)



【関連リンク】
怒髪天、恒例の新春公演決定!対バンは人間椅子!!
怒髪天まとめ
人間椅子まとめ
Cocco、20周年記念武道館ライブ2daysが初のLIVEアルバムに!

【関連アーティスト】
怒髪天, 人間椅子
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

Cocco、20周年記念武道館ライブ2daysが初のLIVEアルバムに!
Fri, 13 Oct 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Coccoの記念すべき20周年記念ライブがBlu-ray/DVD化と、初のLIVEアルバムとしてリリースされることが決定した。Blu-ray/DVDは先だって放送されたWOWOWの映像とは別編集を加え、全身全霊をかけて歌い上げた40曲を完全収録。20周年イヤーの締め括りに相応しい伝説のライブ映像作品のリリースとなる。

この『Cocco 20周年記念 Special Live at日本武道館 2days 〜一の巻×二の巻〜』は、一の巻はデビュー初期のバンドメンバーと、二の巻は最新のツアーメンバーを中心としたミュージシャンとともにステージに立つという二夜に渡って行われたスペシャルライブ。初日〜一の巻〜はデビュー曲「カウントダウン」で幕を開け、2001年リリースのベスト盤『ベスト+裏ベスト+未発表曲集』にのみ収録されているファン待望のライブ初披露となった名曲「もくまおう」で幕を閉じる濃密なセットリスト。〜二の巻〜では、久しぶりとなる「Heaven\'s hell」やSINGER SONGER名義でリリースした「オアシス」、最新アルバム『アダンバレエ』収録の「有終の美」など幅広いレパートリーを演奏し、計三種類の衣装も披露。セットリストや演出も異なる二公演で一組となる20周年の集大成ライブとなった。

そして、映像とともにCocco初となるLIVEアルバムとしてのリリースも決定。こちらには初回限定盤にボーナストラックが2曲収録。20周年イヤー最後のライブとなった8月27日に行われたSWEET LOVE SHOWER 2017のライブより、武道館では演奏されていない「愛うらら」と「Way Out」の収録が決定。こちらも聴き逃すことのできない2曲である。

1997年3月21日、シングル「カウントダウン」で衝撃のデビューを飾ってから20年。音楽シーンに数々の名曲を残し続け、音楽以外にも小説や絵本を描き、舞台や映画に出演するなど表現の場を広げながらも、常に唯一無二の存在として活動を続けてきたCocco。他にも各初回限定盤には豪華仕様&特典が付いており、W購入による全員プレゼント企画もあり、20周年を締め括る華やかな作品となりそうである。

Blu-ray&DVD『Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days 〜一の巻×二の巻〜』

2017年12月6日(水)発売



【Blu-ray 初回限定盤】 
VIZL-1274/¥9,200+税
【Blu-ray 通常盤 】
VIXL-203〜204/¥8,500+税
【DVD 初回限定盤】 
VIZL-1275/¥8,200+税
【DVD 通常盤】    
VIBL-869〜870/¥7,500+税
<収録曲>
■Disc.1 〜一の巻〜 2017年7月12日
1. -PROLOGUE-
2. カウントダウン
3. 水鏡
4. けもの道
5. 走る体
6. やわらかな傷跡
7. Drive you crazy
8. Raining
9. しなやかな腕の祈り
10. コーラルリーフ
11. 陽の照りながら雨の降る
12. 手の鳴るほうへ
13. ありとあらゆる力の限り
14. ポロメリア
15. 強く儚い者たち
16. 樹海の糸
17. 音速パンチ
18. Rainbow
19. 焼け野が原
20. 風化風葬
21. もくまおう
■Disc.2 〜二の巻〜 2017年7月14日
1. -PROLOGUE-
2. 焼け野が原
3. ドロリーナ・ジルゼ
4. 強く儚い者たち
5. 遺書。
6. Raining
7. 箱舟
8. キラ星
9. やわらかな傷跡
10. 樹海の糸
11. Heven\'s hell
12. 手の鳴るほうへ
13. オアシス
14. カウントダウン
15. 絹ずれ〜島言葉〜
16. 音速パンチ
17. BEAUTIFUL DAYS
18. blue bird
19. Never ending journey
20. ジュゴンの見える丘
21. 有終の美

◎ 初回限定盤特典
(1) 20周年記念 Cocco等身大パネルミニチュア版(1/26スケール)
(2) 20周年記念 豪華“金ピカ"パッケージ
(3) 豪華40Pブックレット付
(4) 同時発売となるLIVE ALとのW購入者限定プレゼント応募ハガキ封入(Cocco2018カレンダー応募者全員プレゼント)

アルバム『Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days 〜一の巻×二の巻〜』

2017年12月6日(水)発売



【初回限定盤】(4CD)  
VICL-64884〜64887/¥4,800+税
【通常盤】(4CD)      
VICL-64888〜64891/¥4,500+税
<収録曲>
■〜一の巻〜
1.カウントダウン
2. 水鏡
3. けもの道
4. 走る体
5. やわらかな傷跡
6. Drive you crazy
7. Raining
8. しなやかな腕の祈り
9. コーラルリーフ
10. 陽の照りながら雨の降る
11. 手の鳴るほうへ
12. ありとあらゆる力の限り
13. ポロメリア
14. 強く儚い者たち
15. 樹海の糸
16. 音速パンチ
17. Rainbow
18. 焼け野が原
19. 風化風葬
20. もくまおう
■〜二の巻〜
1. 焼け野が原
2. ドロリーナ・ジルゼ
3. 強く儚い者たち
4. 遺書。
5. Raining
6. 箱舟
7. キラ星
8. やわらかな傷跡
9. 樹海の糸
10. Heven\'s hell
11. 手の鳴るほうへ
12. オアシス
13. カウントダウン
14. 絹ずれ〜島言葉〜
15. 音速パンチ
16. BEAUTIFUL DAYS
17. blue bird
18. Never ending journey
19. ジュゴンの見える丘 20. 有終の美

◎ 初回限定盤特典
(1)ボーナストラック2曲収録
20周年イヤー最後のライブとなった、8月27日のSWEET LOVE SHOWER 2017でのライブより、「愛うらら」「Way Out」を収録
(2)20周年記念 豪華“金ピカ"パッケージ
(3)同時発売となるLIVE Blu-ray/DVDとのW購入者限定プレゼント応募券封入(Cocco2018カレンダー応募者全員プレゼント)



【関連リンク】
Cocco、20周年記念武道館ライブ2daysが初のLIVEアルバムに!
Coccoまとめ
EXILE TAKAHIRO、ソロ・ミニアルバム『All-The-Time Memories』発売決定!

【関連アーティスト】
Cocco
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, DVD, Blu-ray, アルバム, リリース

EXILE TAKAHIRO、ソロ・ミニアルバム『All-The-Time Memories』発売決定!
Fri, 13 Oct 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

EXILE TAKAHIROが待望のソロ・ミニアルハ?ム『All-The-Time Memories』を12月6日に発売することが明らかになった。2年ふ?りにソロ活動を始動させた10月4日発売のシングル「EternalLove」に続いて、音楽プロデューサーに亀田誠治氏を迎えて制作された今作ミニアルバムには、様々な季節を意識した楽曲が収録される。一年を通して、いつ聴いても楽しんでもらえるアルバムにしたいというTAKAHIROの想いをコンセプトに、タイトルは『All-The-Time Memories』と名付けられた。

王道のバラードから、ロックやロカビリーといった幅広いジャンルの楽曲を収録し、TAKAHIRO自身か?作詞作曲を手掛けたオリシ?ナルソンク?や、TAKAHIROが亀田氏とライティングセッションを行って共作した楽曲、さらにはGLAYのTAKURO氏による書き下ろし楽曲「Irish Blue」も収録される。泣けるバラードから激しいロック、楽しげなロカビリーから切なさ漂う哀愁ソングまで、非常にバラエティに富んだアルバムになっている。

映像作品としては、「Irish Blue」「memories」といった新作Music Videoに加え、シングルとしてリリースされた「Eternal Love」のMusic Videoが、全編セリフ入りの約30分にも及ふ?ショートフィルム版として再編集されて収録される。巨匠 堤幸彦氏による笑いあり、感動ありの一途なラブ・ストーリーになっており、不器用ながら実直な想いが感動を呼ぶ恋愛物語の結末がどう展開していくのか、この作品で明らかとなる。

さらにEXILEの黒木啓司フ?ロテ?ュース「THE NINE WORLDS presents 九楽舞 博多座」て?のTAKAHIROのライフ?映像が特別収録されるということだ。TAKAHIROのワイルドな歌声と迫力ある演奏が魅力的な「GLORIA」や、EXILEの名曲「運命のヒト」のアコーステックバージョン、EXILE THE SECONDとのスペシャルコラボとなった「Together」「Choo Choo TRAIN」の2曲など、九楽舞 博多座でしか観ることのできなかった見応え満載のライブ映像が収録される。 映像付商品の初回盤には、アルハ?ムを制作する過程を写真に収めたメイキンク?フォトフ?ックも付属するとのことで、ミニアルバムとは思えない超豪華な収録内容となっている。

ミニアルバム『All-The-Time Memories』

2017年12月6日発売



【CD+Blu-ray】
RZCD-86430/B/¥3,800+税
【CD+DVD】
RZCD-86429/B/¥3,000+税
【CD only】
RZCD-86431/¥2,000+税
<収録曲>
■CD ※順不動
Eternal Love
Irish Blue
memories
Alone
SUNSET KISS
BLACK BEANZ
春へ
■DVD/Blu-ray ※順不動
Eternal Love (Short Film)※約30分収録予定
Irish Blue (Music Video)
memories (Music Video)
THE NINE WORLDS presents『九楽舞 博多座』ライフ?映像
・GLORIA
・You
・以心伝心
・運命のヒト
・Together
・Choo Choo TRAIN



【関連リンク】
EXILE TAKAHIRO、ソロ・ミニアルバム『All-The-Time Memories』発売決定!
EXILE TAKAHIROまとめ
lynch.、“赤”の世界観が表現された「CREATURE」のMV公開

【関連アーティスト】
EXILE TAKAHIRO
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, リリース, ミニアルバム

lynch.、“赤”の世界観が表現された「CREATURE」のMV公開
Fri, 13 Oct 2017 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月8日にリリースするlynch.のシングル「BL?OD THIRSTY CREATURE」から、リード曲「CREATURE」のミュージックビデオが公開された。監督はUVERworldやASIAN KUNG-FU GENERATIONをはじめ、数多くのアーティストの映像制作を手掛ける大喜多正毅が担当し、赤をイメージカラーとした世界観の中で、楽曲の持つ攻撃性とエネルギッシュさが表現された渾身の映像となっている。

今作は新曲収録CDに加えてBlu-ray付きの数量限定生産盤、DVD付きの初回限定盤、通常盤の3形態で発売。数量限定生産盤のBlu-rayには2017年8月11日に日比谷野外大音楽堂で行われた全国ツアー『TOUR’17「THE SINNER STRIKES BACK」』のファイナル公演を完全ノーカットで収録したライブ映像の他に、多数の特典映像が収録されるとのこと。また36Pにわたるフォトブックも封入された超豪華盤だ。10月21日よりリリース記念サイン会も実施されるので要チェック!

さらに、シングル「BL?OD THIRSTY CREATURE」を提げて、全10会場をまわる全国ツアー『TOUR\'17「THE BL?ODTHIRSTY CREATURES」』が10月20日のEX THEATER ROPPONGI公演を皮切りにスタートし、2018年3月11日には幕張メッセ国際展示場でワンマンライブ『13th ANNIVERSARY -XIII GALLOWS-』を開催。チケットなどの詳細は後日発表とのことなので、続報を待とう。

■「CREATURE」MV


https://youtu.be/Py3K3AcC5VMシングル「BL?OD THIRSTY CREATURE」

2017年11月8日発売



【数量限定生産盤】(CD+Blu-ray)
KICM-91812/¥6,667+税
<収録曲>
■CD (3形態共通)
1.BL?OD
2.CREATURE
3.THE WHIRL
■Blu-ray
・TOUR\'17『THE SINNER STRIKES BACK』FINAL -2017.8.11 at 日比谷野外大音楽堂- Live映像(完全ノーカット版)
・特典映像(『THE JUDGEMENT DAY』 -2017.4.18 at 新木場STUDIO COAST- Live映像3曲)
・「CREATURE」Music Video
・LIVE「MOON」DIRECTOR\'S CUT( -HAZUKI ver.- | -REO ver.- | -YUSUKE ver.- | -ASANAO ver.-)
※特殊パッケージ仕様、フォトブック付属、オーディオコメンタリー(副音声)

【初回限定盤】(CD+DVD)
KICM-91813/¥5,000+税
■DVD
・TOUR\'17『THE SINNER STRIKES BACK』FINAL -2017.8.11 at 日比谷野外大音楽堂- Live映像
※特殊パッケージ仕様

【通常盤】(CD)
KICM-1812/¥1,389+税

◎購入者特典
・TOWER RECORDS:ラバーキーホルダー
・HMV:ラバーキーホルダー
・TSUTAYA:ラバーキーホルダー  ※上記3法人はデザイン同一の色違い仕様
・ネオウィング:2Lアーティストフォト(メンバー集合絵柄)
・セブンネット:オリジナルステッカー(ジャケ写仕様)
・ライカエジソン:アーティストフォト(メンバー個人絵柄4枚セット)
・ジールリンク:アーティストフォト(アーティスト写真絵柄)
・ メーカー共通特典:2017.8.11日比谷野外大音楽堂スタッフパス仕様ステッカー
詳細:http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t10303/

【ライブ、イベント情報】

TOUR\'17『THE BL?ODTHIRSTY CREATURES』
10月20日(金) 東京・EX THEATER ROPPONGI
10月31日(火) 愛知・名古屋DIAMOND HALL 
11月04日(土) 大阪・なんばHatch
11月12日(日) 静岡・浜松窓枠
11月19日(日) 福岡・DRUM LOGOS 
12月01日(金) 宮城・仙台RENSA
12月02日(土) 新潟・LOTS 
12月09日(土) 香川・高松オリーブホール 
12月10日(日) 広島・CLUB QUATTRO 
12月16日(土) 北海道・札幌PENNY LANE 24

『「BL?OD THIRSTY CREATURE」発売記念サイン会 』
10月21日(土)東京・SHIBUYA TSUTAYA 2F 特設会場 18:30〜
11月05日(日)大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店 13:30〜
11月11日(土)愛知・タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース 17:00〜
11月18日(土)福岡・HMV&BOOKS HAKATA 15:00〜
11月26日(日)東京・タワーレコード渋谷店 B1 CUTUP STUDIO 13:00〜
12月17日(日)北海道・タワーレコード札幌PIVOT店 16:00〜
詳細:http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t10304/

葉月単独公演『奏艶』
12月23日(土) 東京・品川インターシティ 
1部 13:00/13:30 2部 17:00/17:30

lynch.COUNTDOWN LIVE『2017-2018』
12月31日(日) 愛知・Zepp Nagoya

MUCC対バンツアー『えん7』
12月18日(月) 北海道・札幌PENNY LANE24 17:45/18:30

『13th ANNIVERSARY -XIII GALLOWS- 』
2018年3月11日(日) 東京・幕張メッセ国際展示場
※時間、チケット情報などの詳細は後日発表。



【関連リンク】
lynch.、“赤”の世界観が表現された「CREATURE」のMV公開
lynch.まとめ
THE YELLOW MONKEY、釜山国際映画祭のレッドカーペットに登場

【関連アーティスト】
lynch.
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, ツアー

THE YELLOW MONKEY、釜山国際映画祭のレッドカーペットに登場
Fri, 13 Oct 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

15年振りに再集結した日本が誇るロックバンド、THE YELLOW MONKEY。彼らの2016年のツアーに密着した映画『オトトキ』が第22回釜山国際映画祭ワイド・アングル部門へ正式出品され、開幕式にて日本人ロックバンドとして初めて釜山国際映画祭のレッドカーペットに登場した。

この復活劇の1年間を追いかけたのは、現代アーティスト・ピュ〜ぴるのドキュメンタリー作品『ピュ〜ぴる』や、2015年公開の自身初の長編劇映画『トイレのピエタ』で数々の映画賞に輝くなど、今注目の新進気鋭の監督、松永大司である。本作品の釜山国際映画祭でのワールドプレミア上映に続き、第30回東京国際映画祭においても特別招待作品としてジャパンプレミア上映が予定されている。

また、11月11日の全国公開に先駆けて行われる10月13日(金)のワールドプレミア上映にて、同映画の主題歌として書き下した新曲「Horizon」が解禁となる。作詞・作曲はギターの菊地英昭が担当、映画の世界観と深く共鳴しあい、作品を彩っている。

今回の釜山国際映画祭ではスペースシャワーTVがオフィシャルカメラとしてTHE YELLOW MONKEYに密着、その模様が11月5日(日)20:30〜21:00「THE YELLOW MONKEY ドキュメンタリー映画『オトトキ』公開記念SPECIAL」としてオンエア予定。 ※リピート放送あり:11月10日、11月18日

■番組の詳細や視聴方法はこちらから
http://www.spaceshowertv.com/program/special/1711_theyellowmonkey_sp.html

■【メンバーコメント】

■吉井和哉
初めてで緊張したんですけど、真面目すぎたかな。もう1回歩きたい。

■菊地英昭
松永監督が撮るとなれば、何か待ち構えてるんじゃないかって思ってましたが、まさか釜山でこういう体験ができるとは!

■廣瀬洋一
海を見渡せる感じなど、すごく映画と相性がいい街だなと思いました。いつかライブで来たいです。

■菊地英二
素晴らしい作品ができて、こういう所までこれちゃうっていうのは、ロックを信じてやってきてよかったな。

■映画 『オトトキ』最新予告映像


www.youtube.com/watch?v=Igr87-jGHxo映画 『オトトキ』詳細

出演:THE YELLOW MONKEY / 吉井和哉 菊地英昭 廣瀬洋一 菊地英二 監督:松永大司
制作プロダクション:ブースタープロジェクト
配給:ティ・ジョイ
製作:映画「オトトキ」製作委員会
(c)2017映画「オトトキ」製作委員会
■公式サイト
http://theyellowmonkey-movie.jp/

特典付きムビチケ: 9月30日(土)より発売中
※一部劇場除く
※ムビチケカードは対応劇場でのみ使用可能なカードタイプの前売券となります。

当日上映料金:通常料金
※料金設定は各上映劇場によって異なります。ご鑑賞いただく劇場のHP等にてご確認ください。



【関連リンク】
THE YELLOW MONKEY、釜山国際映画祭のレッドカーペットに登場
THE YELLOW MONKEYまとめ
松尾レミ(GLIM SPANKY)がキャロル・キングを歌唱した新CM公開

【関連アーティスト】
THE YELLOW MONKEY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 主題歌, 映画

松尾レミ(GLIM SPANKY)がキャロル・キングを歌唱した新CM公開
Fri, 13 Oct 2017 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GLIM SPANKYの松尾レミがキャロル・キングの楽曲「I Feel The Earth Move」を歌唱した、花王「ビオレu 潤い美肌」のCMがスタート! CMは花王オフィシャルサイトにて公開されているので、ぜひチェックしてほしい。

■花王「ビオレu 潤い美肌」CM
http://www.kao.co.jp/bioreu/body_w/uruoibihada/

アルバム『BIZARRE CARNIVAL』

2017年9月13日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-69116/¥3,700(税抜)
<収録曲>
■CD 
1. THE WALL
2. BIZARRE CARNIVAL
3. The Trip
4. 吹き抜く風のように
5. Velvet Theater
6. END ROLL 
7. Sonntag  
8.ビートニクス 
9. 美しい棘  
10. 白昼夢  
11. アイスタンドアローン
■DVD  
『GLIM SPANKY 野音ライブ 2017』
2017年6月4日@比谷野外大音楽堂(約60分収録予定)

Medium【通常盤】(CD)
TYCT-60107 /¥2,700(税抜)
<収録曲>
1. THE WALL
2. BIZARRE CARNIVAL
3. The Trip
4. 吹き抜く風のように
5. Velvet Theater
6. END ROLL 
7. Sonntag  
8.ビートニクス 
9. 美しい棘  
10. 白昼夢  
11. アイスタンドアローン

【ライブ情報】

『BIZARRE CARNIVAL Tour 2017-2018』
10月14日(土) 長野県・松本 ALECX
10月20日(金) 熊本県・熊本 B.9 V1
10月22日(日) 福岡県・福岡 DRUM LOGOS
10月28日(土) 北海道・札幌 PENNY LANE24
11月03日(金・祝) 京都府・京都 磔磔
11月05日(日) 広島県・広島 CLUB QUATTRO
11月11日(土) 石川県・金沢 EIGHT HALL
11月12日(日) 新潟県・新潟 studio NEXS
11月17日(金) 宮城県・仙台 Rensa
11月18日(土) 福島県・郡山 HIPSHOT JAPAN
11月23日(木・祝)大阪府・大阪 なんばHatch
11月25日(土) 岡山県・岡山 YEBISU YA PRO
11月26日(日) 島根県・松江 B1
12月02日(土) 高知県・高知
12月03日(日) 香川県・高松 DIME
12月09日(土) 静岡県・清水 SOUND SHOWER ark
12月10日(日) 愛知県・名古屋 DIAMOND HALL
<2018年>
1月05日(金) 東京都・新木場 STUDIO COAST
1月06日(土) 東京都・新木場 STUDIO COAST

『GLIM SPANKY『BIZARRE CARNIVAL Tour 2017-2018 in Hong Kong』
1月13日(土) 香港・Music Zone@E-Max, KITEC
会場URL:https://www.e-maxmusiczone.com.hk/tc/

『GLIM SPANKY 『BIZARRE CARNIVAL Tour 2017-2018 in Taipei』
1月20日(土) 台湾・THE WALL公館
会場URL:https://thewall.tw/grounds/gongguan



【関連リンク】
松尾レミ(GLIM SPANKY)がキャロル・キングを歌唱した新CM公開
GLIM SPANKYまとめ
コレサワ、ゆるキャラバンドを結成!?

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, TVCM, CMソング

コレサワ、ゆるキャラバンドを結成!?
Fri, 13 Oct 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライター・コレサワが各地のゆるキャラを集め、“コレサワゆるキャラバンド”を結成することがわかった。バンドメンバーは、うなりくん、さのまる、しんじょう君、ふっかちゃんの4体で、コレサワがリーダーを務める。これはコレサワの“面白いことをやって、日本を元気にしたい!”という思いから実現されたもので、10月17日(火)に行なう、ゆるキャラバンド結成の記者会見でバンド名も発表となるとのこと。

メンバー選定はそれぞれコレサワとゆかりのあるゆるキャラたちで構成されており、 さのまるはコレサワが掲載されたスポーツ新聞を読む姿をツイッターにアップしたことがきっかけでメンバー入り。コレサワが深谷ねぎが好きだったことから深谷出身のふっかちゃん、海外旅行に憧れがあることから成田市出身のうなりくん、コレサワと同レーベル・日本クラウン所属の先輩演歌歌手三山ひろしの強烈な後押しにより高知出身しんじょう君がそろった。また、担当パートは安定の人気を誇るふっかちゃんがベース、さのまるは頭のどんぶりをスティックでたたく姿をイメージしてドラム、特技がギターというしんじょう君、キーボードはうなりくん、となっている。

さらに、12月14日(木)に行なわれる『コレサワ ワンマンツアー 2017 君の街にいくカラー 〜仲間編〜』渋谷WWW公演にて、ゆるキャラバンド初披露を予定しているとのことだ。ツアーは全公演ソールドアウトとなっているので、チケットをお持ちの方は楽しみにしていてほしい。

■【コレサワ コメント】

「バンドを組んでも仲良くやっていけないと思ってずっと諦めていましたが、気の合う仲間を見つけたのでバンドを組んでみました。リーダーとして、ビシバシやっていきたいとおもいます! そしてこのバンドで、日本中を笑顔にしたい! 地域活性化に一役買えたら嬉しいです! 記者会見で初めて顔を合わせるので、ゆるキャラたちのよき代弁者になれたら嬉しいです!」

【ライブ情報】

『コレサワ ワンマンツアー 2017 君の街にいくカラー』」
〜ぼっち編〜
10月28日 (土) 札幌musica hall cafe
11月03日 (金・祝) 新潟ブルーカフェ
11月04日 (土) 仙台コーヒー
11月11日 (土) 浜松窓枠Cafe AOZORA
11月12日 (日) someno kyoto
11月17日 (金) 広島Live Juke
〜仲間編〜
12月06日 (水)福岡 Queblick 
12月08日 (金)名古屋ell.SIZE
12月09日 (土)アメリカ村 FANJ twice 
12月14日(木)渋谷WWW  ※ゆるキャラバンドの出演はこの日のみ
12月15日(金)渋谷WWW



【関連リンク】
コレサワ、ゆるキャラバンドを結成!?
コレサワまとめ
ACID ANDROID、ニューアルバム『GARDEN』より2曲を先行配信&アルバム先行試聴会決定

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, バンド, シンガーソング・ライター, コラボ

ACID ANDROID、ニューアルバム『GARDEN』より2曲を先行配信&アルバム先行試聴会決定
Fri, 13 Oct 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

L\'Arc-en-Ciel yukihiro(dr)のソロプロジェクトACID ANDROIDが今秋リリース予定のニューアルバム『GARDEN』より新曲2曲を10月20日(金)から先行配信することが明らかになった。これまでLIVEで演奏されてきていた「roses」「ashes」と題された2曲ともにファン待望の音源化となる。

7年ぶりとなる新音源は、ACID ANDROID初となる配信先行リリースとなる。ギターにTHE NOVEMBERS 小林祐介を迎え、自身が愛してやまない80年代シンセポップ / エレクトロポップをACID ANDROID流に昇華した、メロディアスな作品に仕上がっている。

そして、フルアルバム『GARDEN』の配信は11月24日(金)より開始予定だが、一足先の10月27日(金)のWWW XにはLIVEの後、同会場にて『GARDEN』の先行試聴会の開催が決定。また、新曲の先行配信を前に旧譜3タイトルの配信もスタートしているので要チェック。

配信楽曲「roses / ashes」

2017年10月20日(金)



TODR-014
※iTunes、レコチョク、music.jp、 dwango.jp、オリコンミュージックストア、Amazon、mora、Google Play Music、ARTIST DELIフルにて配信


配信アルバム『GARDEN』

2017年11月24日(金)



※iTunes、レコチョク、music.jp、 dwango.jp、オリコンミュージックストア、Amazon、mora、Google Play Music、ARTIST DELIフルにて配信


『アルバム『GARDEN』先行試聴会』

10月27日(金)WWW Xにて行われるLIVE後に同会場にて行われる。試聴会では『GARDEN』全曲の試聴に加え、「roses」ミュージックビデオ(フルver.)の初公開も!

『ACID ANDROID LIVE2017 #2 @WWW X 〜AFTER HOURS〜』
10月27日(金) SHIBUYA WWW X
open 21:15 / start 21:30 ※22:30終了予定
<チケット料金>
all standing ¥1,300(tax in)
※drink代 別
※未就学児童入場不可 ※整理番号有り   
一般発売:2017年10月13日(金) 18:00〜   
・e+
http://eplus.jp/acidandroid/1027/
・ぴあ
http://w.pia.jp/t/acidandroid-as/
・ローソンチケット
http://l-tike.com/acidandroid/

『ACID ANDROID LIVE2017 #2 』

10月27日(金) SHIBUYA WWW-X 
11月11日(土) UMEDA BANANA HALL 



【関連リンク】
ACID ANDROID、ニューアルバム『GARDEN』より2曲を先行配信&アルバム先行試聴会決定
acid androidまとめ
L\'Arc〜en〜Cielまとめ
氷川きよし、アニメ『ドラゴンボール超』のOP曲で初アフレコに挑戦!

【関連アーティスト】
acid android, L\'Arc〜en〜Ciel
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 配信

氷川きよし、アニメ『ドラゴンボール超』のOP曲で初アフレコに挑戦!
Fri, 13 Oct 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フジテレビ系アニメ『ドラゴンボール超』のオープニング曲「限界突破×サバイバー」で初のアニメソングに挑戦している氷川きよしが初のアフレコに挑戦した。

氷川が歌う『ドラゴンボール超』のオープニング曲「限界突破×サバイバー」は、2月5日よりフジテレビ系全国ネットで放送開始。それに先駆け1月31日に『ドラゴンボール超』で孫悟空を演じる声優・野沢雅子のギネス記録認定式にゲストとして参加している。放送初日となる2月5日より「限界突破×サバイバー」のテレビサイズを配信限定リリースすると、7月22日に千葉・幕張メッセ、7月29日に大阪・インテックス大阪で行われた、イベント『ジャンプビクトリーカーニバル2017』に登場し、同楽曲のフルサイズを初歌唱した。8月26日には世界最大級のアニソンイベント『アニサマ2017』にサプライズ出演し、2万7,000人の観客を盛り上げると、同日よりフルサイズの配信をスタート。そしていよいよ10月25日に「限界突破×サバイバー」が収録されたCDが発売を迎える。

今回の「限界突破×サバイバー」が収録されたCDは「ドラゴンボール超×氷川きよし」名義となっており、オリジナルカラオケに加え、3タイプのインストゥルメンタル、サブタイトル、予告などのさまざまなバージョンが収録される予定。あわせて「ドラゴンボール超」ノンテロップ・オープニング映像のDVD付きとなっている。さらにお馴染みの道着を着た氷川きよしのイラストが描かれた、カードゲーム『スーパードラゴンボールヒーローズ』のヒーローアバターカードも付属され、そのビジュアルも話題を呼んでいる。

今回のアフレコは、そのイラスト絵柄が「ドラゴンボール超」番組内の“今週の見どころ紹介”コーナーに登場することになり、氷川が急遽“氷川きよし”役で声をあてることになったことから実現したもの。氷川にとってアニメのアフレコへの挑戦は初めてとなる。孫悟空役の野沢雅子とともにアフレコに臨んだ氷川は、最初に野沢と「ドラゴンボール超」のタイトルコールを収録した。二人で「ドラゴンボール超!」と声を合わせると、野沢は「ばっちり!」と太鼓判。氷川が続けて「オッス!氷川きよしです!今日のみどころは、究極のサイヤ人対決!!この後すぐ!絶対観てくれよ!!」とセリフを練習すると、野沢は「すごく、私っぽい。アニメをよく観てくれているのが分かる。「オッス!」の“オ”に力を入れて元気よく、それと「よくみてくれよ」の“よ”に力を入れると「うん!見る見る!」ってなるから」と助言した。さらにアフレコに臨んだ氷川は「(野沢の)アドバイスが勉強になりました。とてもやりやすくなりました」と感想を語っている。

その後、CDの発売日である10月25日に誕生日を迎える野沢雅子を祝って、氷川からバースデイケーキをサプライズで贈呈。氷川がこぶしを入れつつ、『ハッピー・バースデイ・トゥー・ユー』と歌うと、野沢は「うれしい!なんて幸せ!ありがとうございます」と感謝を述べた。この日のアフレコ終了後、野沢は氷川のアフレコについて「とてもよかったです!セリフの間がよかったですね」と語り、氷川は「アニメのアフレコは昔から憧れだったので、今回ちょっとだけ参加させていただき、とても光栄でした。野沢さんともまたお会いできて、CD発売にむけて励みになりました」と感想をよせている。

なお、この映像は11月12日にフジテレビにて放送される予定。

(c) バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

【配信情報】

「限界突破×サバイバー」 FULL Size
COKM-40150
配信CP:フジメロ、特撮アニメ♪フル、レコチョク、iTunes、他 
価格:
・シングル単曲 ¥239+税
・着うたフル ¥300+税
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1273026033?app=itunes
■レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1008205218/

「限界突破×サバイバー」 TV Size
COKM-40092
配信CP:フジメロ、特撮アニメ♪フル、レコチョク、iTunes、他
価格:
・シングル単曲 ¥239+税
・着うたフル ¥300+税
・着うた ¥100+税 
・メロディコール/待ちうた ¥100+税

シングル「限界突破×サバイバー」

2017年10月25日発売



COZC-1387〜8/¥1,204+税
※CD+DVD
※初回生産限定特典:氷川きよしイラストが描かれたスーパードラゴンボールヒーローズ・ヒーローアバターカード
<収録曲>
■CD
1.限界突破×サバイバー 作詩:森 雪之丞/作曲:岩崎貴文/編曲:籠島裕昌
2.限界突破×サバイバー(オリジナル・カラオケ)
3.限界突破×サバイバー(インストゥルメンタル・A Type)
4.限界突破×サバイバー(インストゥルメンタル・B Type)
5.限界突破×サバイバー(インストゥルメンタル・C Type)
6.限界突破×サバイバー(サブタイトル)
7.限界突破×サバイバー(予告)※M3〜M7:作曲:岩崎貴文/編曲:住友紀人
■DVD
ドラゴンボール超(スーパー)ノンテロップ・オープニング映像



【関連リンク】
氷川きよし、アニメ『ドラゴンボール超』のOP曲で初アフレコに挑戦!
氷川きよしまとめ
B\'z、アルバム『DINOSAUR』収録曲公開&初回特典に『RIJF』ライブ映像も

【関連アーティスト】
氷川きよし
【ジャンル】
アニメ・声優, ニュース, 演歌, レポート

B\'z、アルバム『DINOSAUR』収録曲公開&初回特典に『RIJF』ライブ映像も
Fri, 13 Oct 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

B’zが11月29日にリリースする、デビュー30周年のアニバーサリーイヤーにおくる通算20作目のオリジナル・アルバム『DINOSAUR』の収録内容が決定した。前作から約3年ぶりのリリースとなる本作には、2017年6月にB\'z再始動を飾ったシングル「声明 / Still Alive」、11月から新TVCMがスタートするセブン-イレブンタイアップソング「CHAMP」、タイトルナンバー「Dinosaur」など全13曲を収録する。

さらに、初回限定盤の特典DVDとBlu-rayには初登場にしてこの夏を席巻した『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』のライブ映像を完全収録することも発表となった。熱狂のオープニングからアンコール「ultra soul」までの全11曲はまさに必見だ。12月からスタートする全国ツアー『B\'z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR"』で、今現在のB\'zを封じ込めた『DINOSAUR』がどう解き放たれるのか、こちらも乞うご期待!

■アルバム『DINOSAUR』収録内容

<CD>※曲順未定
・Dinosaur
・声明 [UCC BLACK無糖 TVCMソング]
・Still Alive [TBS系 日曜劇場「A LIFE〜愛しき人〜」主題歌]
・CHAMP [「セブン-イレブン」タイアップソング]
・愛しき幽霊
・King Of The Street
・Purple Pink Orange
・ハルカ
・それでもやっぱり
・Queen Of The Night
・弱い男
・ルーフトップ
・SKYROCKET

<初回限定盤特典DVD、Blu-ray>
『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』
1.さまよえる蒼い弾丸
2.Liar! Liar!
3.さよなら傷だらけの日々よ
4.有頂天
5.裸足の女神
6.イチブトゼンブ
7.Still Alive
8.衝動
9.juice
10.ギリギリchop
11.ultra soul

アルバム『DINOSAUR』

2017年11月29日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
BMCV-8052/¥4,500+税
【初回限定盤】(CD+Blu-ray)
BMCV-8053/¥4,500+税
【通常盤】(CD)
BMCV-8054/¥3,000+税
<収録曲>※曲順未定
■CD
・Dinosaur
・声明 [UCC BLACK無糖 TVCMソング]
・Still Alive [TBS系 日曜劇場「A LIFE〜愛しき人〜」主題歌]
・CHAMP [「セブン-イレブン」タイアップソング]
・愛しき幽霊
・King Of The Street
・Purple Pink Orange
・ハルカ
・それでもやっぱり
・Queen Of The Night
・弱い男
・ルーフトップ
・SKYROCKET
■初回限定盤DVD、Blu-ray
『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』
1.さまよえる蒼い弾丸
2.Liar! Liar!
3.さよなら傷だらけの日々よ
4.有頂天
5.裸足の女神
6.イチブトゼンブ
7.Still Alive
8.衝動
9.juice
10.ギリギリchop
11.ultra soul

『B\'z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR" 』

12月14日(木) 北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
12月16日(土) 北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
12月17日(日) 北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
12月23日(土・祝) 福岡・ヤフオク!ドーム
12月24日(日) 福岡・ヤフオク!ドーム
12月30日(土) 愛知・ナゴヤドーム
12月31日(日) 愛知・ナゴヤドーム
1月07日(日) 東京・東京ドーム
1月08日(月・祝) 東京・東京ドーム
1月13日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
1月14日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
1月20日(土) 福井・サンドーム福井
1月21日(日) 福井・サンドーム福井
1月27日(土) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
1月28日(日) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
2月01日(木) 大阪・京セラドーム大阪
2月03日(土) 大阪・京セラドーム大阪
2月04日(日) 大阪・京セラドーム大阪
<注意>
・ナゴヤドーム公演は、カウントダウン公演ではなく、通常公演となります。
・さいたまスーパーアリーナ公演は、スタジアムモードでの公演となります。



【関連リンク】
B\'z、アルバム『DINOSAUR』収録曲公開&初回特典に『RIJF』ライブ映像も
B\'zまとめ
【Wienners ライヴレポート】『BEST NEW RETAKES TOUR 2017 FINAL ONEMAN』2017年9月28日 at 渋谷WWW X

【関連アーティスト】
B\'z
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, アルバム

【Wienners ライヴレポート】『BEST NEW RETAKES TOUR 2017 FINAL ONEMAN』2017年9月28日 at 渋谷WWW X
Fri, 13 Oct 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 現在のメンバーで代表曲の数々をリレコーディングしたベストアルバム『BEST NEW RETAKES』を引っ提げ、全国7カ所を回った初のワンマンツアー。そのファイナル公演は、“ぶっ飛べるのか!? 最高の1日にしようぜ!”という玉屋2060%(Vo&Gu)の雄叫びからスタート。“ベスト盤によるベスト盤のライヴだぞ”という∴560∵(Ba&Cho)の言葉通り、ベスト盤の全曲にベスト盤に入り切らなかった曲も加えた全28曲を、たっぷり2時間かけて披露した。

 瞬殺のショートパンクチューンとエレポップなダンスチューンが絶妙に絡み合いながら、アンセミックなロックナンバーとサイケなプログレナンバーも飛び出す奇想天外なWiennersワールドをこれでもかと観せつけ、“全ての景色が観られるのがWiennersです!”と玉屋は宣言。終始、エネルギッシュな演奏と、玉屋とアサミサエ(Vo&Key&Sampler)が掛け合いながら歌うオリエンタルかつノスタルジックなメロディーにフロアーを埋めた観客がモッシュ、クラウドサーフィン、ジャンプ、シンガロングで応え、床はずっと揺れっぱなし。それもWiennersのライヴの醍醐味のひとつである。いつも大暴れしているような印象があるが、「十五夜サテライト」のタイトなアンサンブルや長尺で観客を踊らせた「シャングリラ」からは、玉屋の巧みなカッティング、多彩なKOZO(Dr)のリズムも含め、勢いだけじゃないバンドの実力もうかがえた。そんなアピールは2時間のワンマンだからこそ。最後は玉屋が客席にダイブ。“終わり! どうもありがと!!”と締め括った。

撮影:星野健太/取材:山口智男

セットリスト

1.Cult pop suicide

2.ジュリアナディスコゾンビーズ

3.レスキューレンジャー

4.VIDEO GIRL

5.天地創造

6.FUTURE

7.Idol

8.カンフーモンキー

9.Blitzkrieg POP

10.BECAUSE I LOVE IT

11.さよなら浦島太郎

12.南無阿弥陀仏のリズムに乗って

13.MUSASHINO CITY

14.TOKYO concert session

15.Justice 4

16.龍宮城

17.十五夜サテライト

18.ELECTRIC FOR YOU

19.ASTRO BOY

20.シャングリラ

21.Hello,Goodbye

22.子供の心

23.蒼天ディライト

24.LOVE ME TENDER

25.Love2060%

26.Venus

<ENCORE>

1.姫君バンケット

2.TRY MY LUCK

Wienners

ウィーナーズ:2009年初頭、玉屋2060%を中心に吉祥寺弁天通りにて結成。パンク畑出身の瞬発力と鋭さを持ちつつも、どこかやさしくて懐かしい香りを放つ男女ツインヴォーカルの4人組ロックバンド。予測不可能だけど体が反応してしまう展開、奇想天外かつキャッチーなメロディーで他に類を見ない音楽性とユーモアを武器にさまざまなシーン、世代、カルチャーを節操なく縦断し続けている。



【関連リンク】
【Wienners ライヴレポート】『BEST NEW RETAKES TOUR 2017 FINAL ONEMAN』2017年9月28日 at 渋谷WWW X
Wiennersまとめ
夜の本気ダンス、最新アルバムより初回盤付属DVDのダイジェストを公開

【関連アーティスト】
Wienners
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.158

夜の本気ダンス、最新アルバムより初回盤付属DVDのダイジェストを公開
Fri, 13 Oct 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

夜の本気ダンスが10月11日にリリースした待望の2ndアルバム『INTELLIGENCE』より、初回限定盤に付属するDVDのダイジェスト映像が公開された。今作の大注目コンテンツである、全国ツアー『No rain,new days o‘ scene』ツアーファイナルの模様はもちろんのこと、ファン注目の『鈴鹿秋斗のインテリジェンスへの道』の一部を垣間見ることができるので、DVD付の初回限定盤とCDのみの通常盤のどちらを購入するか迷っていた方には、こちらの映像をご覧いただくことで決断の後押しになるかもしれない!

そして、最新アルバム『INTELLIGENCE』のリリースを記念して、なんと夜の本気ダンスにまつわるクイズに挑戦することができるサイト“『INTELLIGENCE』発売記念 コッテリ!インテリ!クイズ!”が10月12日より『INTELLIGENCE』特設サイト内にオープン! こちらはその名の通り、夜の本気ダンスについてどれだけ知識があるのか、夜の本気ダンス“インテリ指数”を計ることができるという画期的なクイズサイト。出題されるのは全20問で、<バンド編>、<メンバープライベート編>、<最新アルバム『INTELLIGENCE』編>という3つのカテゴリー別で出題、全ての問題に答えると追って“夜の本気ダンス インテリ指数”がメールで届き、メールにはTwitterで使える特製の“夜の本気ダンスアイコン”がもれなくプレゼントされる。さらに、インテリ指数を90点以上獲得した方の中から抽選で限定10名様に、サイン入りオリジナルTシャツがプレゼントされるという嬉しい特典も! アルバム『INTELLIGENCE』特設サイト内からアクセスの上、ふるって問題解答にトライしていただきたい。

■夜の本気ダンス 『INTELLIGENCE』発売記念 コッテリ!インテリ!クイズ!
http://www.jvcmusic.co.jp/honkidance/intelligence/

■2ndアルバム『INTELLIGENCE』 初回盤付属DVDダイジェスト


https://youtu.be/_6r_eKe-Powアルバム『INTELLIGENCE』

2017年10月11日発売



【CD+DVD】
VIZL-1236/¥3,500+税
【CD】
VICL-64841/¥2,800+税
<収録曲>
■CD
1.Call out
2.Eve
3.Bye Bye My Sadness
4.TAKE MY HAND
5.Can‘t You See!!!
6.Without You
7.Heart Beat
8.SEA
9.SHINY
10.BIAS
11.Weekender
12.LIBERTY
■DVD収録内容
「No rain,new days o‘ scene」 TOUR FINAL
(2017年7月4日 EX THEATER ROPPONGI)
Ride〜Crazy Dancer - HONKI DANCE TIME ? Japanese Style〜fuckin\' so tired〜B!tch〜You gotta move〜Logical Heart〜escape with you〜Dance in the rain〜WHERE?
「鈴鹿秋斗のインテリジェンスへの道」

※シリアルナンバー付チラシ封入



【関連リンク】
夜の本気ダンス、最新アルバムより初回盤付属DVDのダイジェストを公開
夜の本気ダンスまとめ

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, アルバム













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1