歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年10月10日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
ギャランティーク和恵、シングルリリースを記念してライブ配信が決定
Tue, 10 Oct 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ギャランティーク和恵のニューシングル「輝いて Night Flight」がリリースされた。

2017年で歌手生活15年目を迎えたギャランティーク和恵の新曲は、自身が新宿ゴールデン街に構えるスナック『夜間飛行』の10周年を記念し、作詞に森雪之丞、作・編曲にゲイリー芦屋を迎えて制作された酒と人生と旅を重ねて描く壮大な人生讃歌だ。新宿ゴールデン街は古くから映画、舞台、音楽、芸能の世界の人間たちが夜な夜な集う文化サロンのような名店が並んでおり、スナック『夜間飛行』は、そんな歴史の面影を強く残しつつ10年前にリニューアル。和恵がオーナーとして開いたこの店では、今もなおミュージシャンや映画監督、役者、芸人、イラストレーターなど、さまざまなジャンルのアーティストが集い、交流が生まれているという。

今回コラボレーションに選んだ相手の1人は、歌謡曲、アニメ、ロック、舞台作品と様々なジャンルでヒットを生み出し続ける作詞家・森雪之丞。森とは、和恵が参加するユニット星屑スキャットの3枚目のシングル「ご乱心」の作詞をきっかけに出会い、『夜間飛行』へも度々訪れる中で親交を深めていったのがきっかけだったとのこと。そして作編曲にはゲイリー芦屋を迎え、彼と岸野雄一による「ヒゲの未亡人」のファンであったことから交流が始まり、和恵の歌手10周年を記念して作られた7分にも及ぶ大作のオリジナル曲「果てしなき欲望」以来となるタッグが実現した。なおカップリングには「果てしなき欲望」の作詞を手がけた覆面作詞家・東西蘭月を起用し、表題曲のディスコチューンとは打って変わった語りを交えた深夜のラジオドラマのような味わいある作品に仕上がった。

さらに、今作の発売を記念して10月13日の20時30分よりTwitterのライブ動画配信アプリ「Periscope」にて『夜間飛行』からの生配信を予定している。コメントや和恵への質問は、ハッシュタグ“#夜間飛行10周年”で募集するので、和恵のオフィシャルTwitterアカウントをフォローして、金曜の夜を楽しみに待とう。

■ギャランティーク和恵 オフィシャルTwitter
https://twitter.com/nazo_no_onna_b

■『緊急記者会見!ギャランティーク和恵「十年目の独白(モノローグ)」』

10月13日(金)20:30〜
・出演
ギャランティーク和恵
・ライブ動画配信アプリ「Periscope」
https://www.periscope.tv/

シングル「輝いて Night Flight/十年目の独白(モノローグ)」

2017年10月10日発売



【CD】
MLCD-0009/¥1,200(税込)
<収録曲>
1.輝いて Night Flight
2.十年目の独白(モノローグ)
3.輝いて Night Flight <Instrumental ver.>
4.十年目の独白(モノローグ) <Instrumental ver.>
【配信】
COKM-40159/¥450(税込)日本コロムビア ※1、2のみ配信
<収録曲>
1.輝いて Night Flight
2.十年目の独白(モノローグ)



【関連リンク】
ギャランティーク和恵、シングルリリースを記念してライブ配信が決定
ギャランティーク和恵まとめ
森雪之丞まとめ
【The MANJI】『The MANJI「TRIPLED」RELEASE TOUR』2017年9月27日 at 渋谷CLUB QUATTRO

【関連アーティスト】
ギャランティーク和恵, 森雪之丞
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, 配信, 歌謡曲

【The MANJI】『The MANJI「TRIPLED」RELEASE TOUR』2017年9月27日 at 渋谷CLUB QUATTRO
Tue, 10 Oct 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 その昔、“ロックは子供のもの”という大人たちの発言をよく聞いた。それはネガティブな意味を持っていたけど、自分が大人になった今、それはそれで納得ができる言葉だと思っている。まさにThe MANJIのライヴがそれ! ROLLY(Gu&Vo)、佐藤研二(Ba&Vo)、高橋ロジャー和久(Dr&Vo)という熟練のプレイヤーたちは全員が齢50オーバーだが、ステージの上ではもはやロック少年そのもの。3人のいぶし銀のプレイは余裕があっても隙はなく、緊張感や緊迫感をまといつつも、かつてルーツロックに洗礼を受けた演奏でもって目の前のロック好きのツボをガンガンに突きまくっている。それに対してクラップや歓声で呼応する観客の表情も“楽しい!”のひと言に尽き、フロアーもまたキッズに戻っている。

 また、ニューアルバム『TRIPLED』を引っ提げてのツアーも21本目ということで、アルバムの曲が成長し、十二分に起爆力を発揮していたのも特筆すべきところ。すかんちのドクター田中をプレミアムスーパーゲストとして迎え入れての中盤戦では、センチメンタルなサビを大合唱した「まままままんじ」をはじめ、ロジャーの語りによる“初恋の甘い思い出”を綴ったドラマチックな大曲「ユミコとタクシー」、さらに田中がメインヴォーカルを務めるすかんちの「恋人はアンドロイド」で会場のキッズ感であり、ピースフルなムードが何倍も増すのだった。

 そして、誰もが完全燃焼した心地良い疲労感を噛み締める終演後、場内に客出しのBGMが流れたのだが、それが全員で大合唱した「まままままんじ」の歌声だったことも追記したい。まさに最後の最後までハートウォームな空間がそこにあった。つまり、ロックはそんな永遠の子供たちのものなのである。

撮影:土田 紘/取材:土内 昇

セットリスト

1. MANJIパワーMANJIドリンコ

2. フィフティーショルダー

3. ヘイユー

4. 来るのでっす

5. おまえにほれた

6. Let\'s get FUNKY

7. 恋の奇跡

8. まままままんじ

9. ユミコとタクシー

10. 恋人はアンドロイド

11. 卍 part2

12. ロックンロール中学生

13. 地獄の極楽

14. Fly High☆Me

<ENCORE>

1. TRIPLED

2. ハンティーフラッシャー

The MANJI

ザ・マンジ:すかんちのROLLY、マルコシアス・バンプの佐藤研二、X-RAY/RESISTANCEの高橋ロジャー和久というロック30年選手たちが集結し、熱きパッションを注ぎ込んだロックバンド。2008年に1stアルバム『卍』、翌09年には2ndアルバム『puzzle』を発表。そして、17年7月、“THE 卍”が心機一転バンド名を“The MANJI”と改め、メジャー初となる3枚目のアルバム『TRIPLED』をリリース。



【関連リンク】
【The MANJI】『The MANJI「TRIPLED」RELEASE TOUR』2017年9月27日 at 渋谷CLUB QUATTRO
The MANJIまとめ
大反響のバンドTシャツミュージアムを梅田ロフトにて開催決定

【関連アーティスト】
The MANJI
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.158

大反響のバンドTシャツミュージアムを梅田ロフトにて開催決定
Tue, 10 Oct 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年6月、恵比寿LIQUIDROOMにて大盛況のまま幕を下ろしたバンドTシャツミュージアム『BTM(BAND T-shirts Museum)』を、10月16日から10月31日まで、梅田ロフト1Fのロフトマーケットにて開催! 多くのアーティストグッズのデザインやプロダクト制作に携わるLUCK\'A Inc.が創立10周年を記念し、バンドTシャツ約1000枚を集めて開催した無料展示イベント『BTM(BAND T-shirts Museum)』。今回、大阪での開催を望むたくさんの熱い声に応えて急きょ開催されることとなった。

イベントはMrs. GREEN APPLE、RADWIMPS、凛として時雨、UNISON SQUARE GARDENなど、これまで制作に携わった邦楽アーティストのバンドTシャツを展示し、新しいバンドTシャツの魅せ方・価値観を提唱する内容となっている。また、会場限定グッズの販売や、ファッションと邦楽バンドTシャツを融合させた冊子『BT MAGAZINE#00』の配布、Instagramを使った『バンドTシャツ着こなしコンテスト』も開催するので、お近くの方はぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

■『BAND T-shirts Museum@OSAKA』

10月16日(月)〜10月31日(火) 大阪・ロフトマーケット(梅田ロフト 1F)
10:30〜21:00(最終日は18:00閉場)※入場料無料

■コンテンツ
・「BT Magazine Issue #00」の無料配布 ※条件あり
・来場者特典あり
・オリジナルグッズ(梅田ロフト会場限定グッズ)の販売
・バンドTシャツ着こなしコンテスト(Instgram内企画)の実施

BTMオフィシャルサイト:http://luckast.com/btm/artist/ 

■『BAND T-shirts Museum』を 見つけてくれたみなさまへ

■株式会社 楽日 代表取締役 加藤晴久 
「楽日(LUCK\'A Inc.)は2007年4月、六畳一間の一室からスタートしたグッズデザイン、ディレクションを行う制作会社です。大阪(梅田LOFT)に展示されている約1,000種の“バンドTシャツ”は、すべてがバンド、アーティストたちからのメッセージ。私たちは、できる限りデザインや品質の細部までこだわり、共に創る気持ちでひとつの作品としてお届けしています。邦楽シーンにおける“バンドTシャツ”が洋楽のそれとは違う広がりをみせるなか、更なる発展にはカルチャー化、ファッション化も必要か…そんな思いから音楽とファッションを融合させた本展の開催に至りました。レコードジャケットに見立てた展示方法により、たくさんの作品の中から自身の琴線に触れる作品を見つけるような、わくわくする体験をしていただけます。すでに“バンドTシャツ”が身近な方も、そうでない方も、心踊るような繋がりが生まれますように。そして、バンドが奏でる「音」が多くの方々に届きますように。本展示は無料開放となっておりますため、是非、たくさんの方々のご来場をスタッフ一同、心よりお待ちしております。」



【関連リンク】
大反響のバンドTシャツミュージアムを梅田ロフトにて開催決定
Mrs. GREEN APPLEまとめ
RADWIMPSまとめ
凛として時雨まとめ
UNISON SQUARE GARDENまとめ

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE, RADWIMPS, 凛として時雨, UNISON SQUARE GARDEN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, おしゃれ

【THE MODS】『THE MODS TOUR 2017 "ONE SHOT DEAL"』2017年10月9日 at 豊洲PIT
Tue, 10 Oct 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 THE MODSがスタートさせたツアー『THE MODS TOUR 2017 "ONE SHOT DEAL"』の東京公演。タイトルの“ONE SHOT DEAL”が意味する、一発勝負、一撃必殺、1回限り…その言葉通り、バンドの潔さであり、変わらない姿勢をひしひしと実感した。また、そこには“次がある”という考えは持たず、“今が全て”という想いが含まれていることもうかがい知れる。

 リリース作品を引っ提げてのツアーではないからこそのセトリが、ある意味でTHE MODSらしく、一曲一曲が彼らの生き様を物語っていた。この日も絶大な起爆力を発揮した《変えられない このスタイル》と歌う「壊れたエンジン」をはじめ、“みんなの歌です”と披露された《世界が笑っても 俺達は曲げなかった》と歌う「STAY CRAZY」など、どんな状況下でも、どれだけ年齢を重ねようとも、自分が信じるものを諦めないスピリッツを綴ったナンバーが胸を震わせる。以前に知り合いのバンドマンが“俺、THE MODSのライヴを観るといつも泣いてしまうんですよ”と言っていたことをふと思い出したのが、きっと拳を突き上げ、大声で歌っているフロアーの連中も同じだろう。楽曲に込められている生き様は、シチュエーションは違えども観客たちの“リアル=日常”でもあるのだ。

 また、中盤には森山達也(Vo&Gu)がブルーのエドワードジャケットを羽織って、ロカビリーやバップを下地にしたR&Rでフロアーを踊らせるピスーフルなダンスタイムも用意されていたが、本公演での特筆すべきは“リアル=時代”なブロック。「いつの日か…Doomsday War」「UNDER THE GUN 〜市街戦〜」等を歌い終わったあと、森山は“トランプとミサイル大好きな彼奴に届けばいいけどね”と言っていたし、“チキンレースの世の中に!”と言い放ったあとには最強の爆弾を会場に投下した。かつては“レベルソング”や“プロテストソング”とも言われていたのに、恋愛ソングや応援歌ばかり歌うようになったロックやパンク。それを否定はしないが、今の時代に鳴らすべきものを忘れていないか? THE MODSは変わらないスタイルでリアルなロックを鳴らし続けている。

撮影:齋藤ユーリ/取材:石田博嗣

セットリスト

現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。

THE MODS

ザ・モッズ:1981年にアルバム『FIGHT R FLIGHT』でメジャーデビュー。以来、時代に流されることなく、音楽に対する真摯な姿勢を貫き、ファンのみならず多くのアーティストたちにも多大な影響を与え続けてきた。技術や理屈だけでは作り出せないバンド然とした強靭なサウンドと、リーダーである森山の類稀なる歌唱力とカリスマ性が最大の魅力である。



【関連リンク】
【THE MODS】『THE MODS TOUR 2017 "ONE SHOT DEAL"』2017年10月9日 at 豊洲PIT
THE MODSまとめ
イトヲカシ、映画『氷菓』ロケ地で撮影した新ビジュアルを公開

【関連アーティスト】
THE MODS
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.158

イトヲカシ、映画『氷菓』ロケ地で撮影した新ビジュアルを公開
Tue, 10 Oct 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

イトヲカシが11月3日にリリースするシングル「アイオライト/蒼い炎」のジャケット写真と、新ビジュアルを公開した。

メディアでは顔出しをしたことがない彼らだが、今回公開した新ビジュアルでは鏡で顔を隠し、どこか謎めいた雰囲気で見る人の好奇心をくすぐっている。思わずじっと見入ってしまうような鮮やかな緑に囲まれた背景は、新曲「アイオライト」が主題歌に決定している映画『氷菓』ロケ地である旧吉田邸だという情報も。先日もロケ地でフリーライヴを開催し、大盛況に終わったイトヲカシだが、今回の試みも遊び心に富んだ2人ならではの試みだ。

11月にリリースを控え、今後もますます活動が増えるであろうイトヲカシに注目してほしい。

シングル「アイオライト/蒼い炎」

2017年11月3日発売



【CD+DVD】
¥1,700(税込)
【CD】
¥1,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.アイオライト
2.蒼い炎
3.アイオライト(Instrumental)
4.蒼い炎(Instrumental)
■DVD
「アイオライト」Music Video



【関連リンク】
イトヲカシ、映画『氷菓』ロケ地で撮影した新ビジュアルを公開
イトヲカシまとめ
[Alexandros]、話題のCMソングを11月29日にシングルリリース決定

【関連アーティスト】
イトヲカシ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, 発表, 映画

[Alexandros]、話題のCMソングを11月29日にシングルリリース決定
Tue, 10 Oct 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

岡田将生出演のクロレッツのCMソングとして話題になっている[Alexandros]の新曲「明日、また」が11月29日にシングルリリースされることが決定。さらに、同作のジャケットと新アーティスト写真が公開された。

「明日、また」は彼等の基本姿勢である“誰に何を言われようと自分の意思を押し通すんだ”という意思と、自分のことを信じる大切さを力強く発信する歌詞が印象的な作品で、2017年の各地の夏フェスで披露した際には会場を一瞬で沸かせた高揚感あふれる楽曲となっている。カップリングには、伊勢丹新宿店本館で開催された『ヨウジヤマモト×[Alexandros]カプレセルコレクション』の会場でのみ流されていた「Come Closer」、さらにライヴで盛り上がること必至の「I Don\'t Believe In You」と、バンドの新機軸となるようなアプローチが詰まった計3曲が収録されている。

今回は通常盤に加え、完全生産限定盤としてラバーバンド付き盤もリリース。新しくなった[Alexandros]ロゴと「明日、また」の歌詞の中でも象徴的なフレーズとなる“WE\'RE THE LIGHT”がデザインされた、今回限りのレア感満載のグッズとなっており、完全生産限定盤は数量に限りがあるので、10月中の予約をおすすめする。また、「明日、また」の特設サイトがオープンしたので、こちらもぜひチェックしてほしい。

■「明日、また」特設サイト
http://smarturl.it/alexandros_spsite

■【川上洋平(Vo&Gu)コメント】

「現在アレキはほぼ毎日のように曲作りをしており、山のように(中にはウンザリするほどクソみたいなものも)あるのですが、その中から今この瞬間に発表したい楽曲を厳選致しました。内容について色々書こうと思ったのですが、そもそも曲について語るなんてよくわからない話なので“聴いてください”とだけ書いておきます。その他にも2曲程、久々にB面曲をこしらえました。3曲とも全く違った作風になっているのでカルビ、ハラミ、塩タンを堪能するように11/29の日に楽しんでもらえればと思います。」

シングル「明日、また」

2017年11月29日発売



【完全生産限定盤】(CD+ラバーバンド)
UPCH-7379/¥1,700+税
<収録曲>
1.明日、また
2.Come Closer
3.I Don\'t Believe In You



【通常盤】(CD)
UPCH-5929/¥1,200+税

【「明日、また」特典情報】

■タワーレコード全店 及びタワーオンライン
オリジナルポスター (A2サイズ)
※一部取扱いのない店舗もございます

■TSUTAYA RECORDS全店
応募ハガキ付オリジナルポストカード(サイン入りポスターを抽選でプレゼント)
※一部取扱いの無い店舗がございます。

■Amazon.co.jp
Amazonオリジナルポスター (A2サイズ)

■HMV全店 及びHMVオンライン
オリジナルポストカード
※一部取扱いのない店舗もございます

■オリジナル特典 リバーシブルポスター (A2サイズ) 配布店
※こちらの特典ポスター配布店に関しては近日ご案内いたします。

■ミニロゴステッカー
※こちらのミニロゴステッカー配布店に関しては近日ご案内いたします。
※各特典ポスターの絵柄に関しては後日発表いたします。
※いずれのチェーンも初回限定盤(UPCH-7379)、通常盤(UPCH-5929)が対象となります。
※先着での配布となりますのでご了承下さい。



【関連リンク】
[Alexandros]、話題のCMソングを11月29日にシングルリリース決定
[Alexandros]まとめ
SANABAGUN.、ハーレーダビッドソンとのコラボMV公開

【関連アーティスト】
[Alexandros]
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, CMソング

SANABAGUN.、ハーレーダビッドソンとのコラボMV公開
Tue, 10 Oct 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SANABAGUN. が、ハーレーダビッドソンとのコラボ楽曲「We in the street」のMVを公開した。現在、ハーレーダビッドソン ジャパンが手掛けるアーバン・ストリート・カルチャー・プロジェクト『STREET×STREET』にて、キャペーンヒーローを務めるSANABAGUN.。キャンペーンサイトでは、高岩遼(Vo)と隅垣元佐(Gu)が大型バイクの免許取得にチャレンジするなど、さまざまなコラボを行っている。なお、このMVは 9月24日渋谷WWW X公演を最後に脱退した小杉隼太(Ba)が在籍する最後の映像作品となる。

さらに、『SANABAGUN. TOUR - Suggestion - 』にpowered by HARLEY-DAVIDSONとしてハーレーが全面協力することも決定。チケットは10月14日より一般発売開始となる。

■「We in the street」MV


https://youtu.be/GHSHk49TxXI『SANABAGUN. TOUR -Suggestion-
powered by HARLEY-DAVIDSON』

11月23日(木・祝) 大阪 Music Club JANUS
11月24日(金) 名古屋 CLUB QUATTRO
11月26日(日) 福岡 BEAT STATION
12月08日(金) 札幌 DUCE
12月15日(金) 渋谷WWW X
12月16日(土) 渋谷WWW X



【関連リンク】
SANABAGUN.、ハーレーダビッドソンとのコラボMV公開
SANABAGUN.まとめ
SKY-HI、優しさにあふれる世界観を表現した「Marble」MV公開

【関連アーティスト】
SANABAGUN.
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボ, MV, ヒップホップ

SKY-HI、優しさにあふれる世界観を表現した「Marble」MV公開
Tue, 10 Oct 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SKY-HIの新曲「Marble」のMVが公開された。同曲は多種多様な人々が混ざり合うことによって作りあげられている世界、そこに生まれる様々なドラマ、その世界に生きることの喜びや苦しみをリリックに込めた、SKY-HIの新章開幕とも言えるメッセージソング。 若手注目クリエイターSpikey Johnが手がけるMVは、楽曲の持つ優しさに溢れる世界観を、照明を駆使した演出で色鮮やかに力強く表現している。

また、「Marble」を収録するデジタルアルバム 『Marble』は、iTunesの総合チャート1位を連日獲得しており、その注目の高さが伺える。10月11日からは、上海、台湾、香港、LA、NY、PARIS、LONDONでの初海外公演を含む24箇所25公演行われるライヴハウスツアー『SKY-HI Round A Ground 2017』もスタート。 精力的な活動を続けるSKY-HIから今後も目が離せない!

■「Mable」MV公開


https://www.youtube.com/watch?v=QgGuyKiahJ8配信限定アルバム『Marble』

2017年10月11日配信開始
iTunes独占先行配信:2017年10月6日〜10日



■iTunes独占先行配信
¥600(税込)
※プライスオフ価格

■全CP通常配信
¥1050(税込)
<収録曲>
1.Marble
2.Bitter Dream
3.Double Down
4.スマイルドロップ \'16
5.ナナイロホリデー
6.As A Sugar
7.Stray Cat
8.Limo
9.TOKYO SPOTLIGHT
10.Over the Moon

・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1286962931?app=itunes&ls=1
・AWA
https://mf.awa.fm/2yCSWin
・AppleMusic
https://itunes.apple.com/jp/album/id1286962931?app=apple&ls=1
・LINE MUSIC
https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000014c4264&cc=JP

『SKY-HI Round A Ground 2017』

10月11日(水) 北海道・帯広MEGA STONE
10月12日(木) 北海道・札幌PENNY LANE24
10月20日(金) 台湾・ATT SHOW BOX
10月22日(日) 香港・E-Max Music Zone
10月25日(水) 千葉・柏PALOOZA
10月27日(金) 神奈川・横浜Bay Hall
10月28日(土) 滋賀・滋賀U STONE
11月01日(水) 山口・周南RISING HALL
11月07日(火) 群馬・高崎clubFLEEZ
11月08日(水) 埼玉・西川口Hearts
11月12日(日) ロサンゼルス・Troubadour
11月15日(水) ニューヨーク・SOB\'s
11月18日(土) パリ・Glazart
11月19日(日) ロンドン・Bush Hall
11月22日(水) 長野・長野CLUB JUNK BOX
11月24日(金) 富山・富山MAIRO
11月25日(土) 福井・福井 響のホール
11月27日(月) 香川・高松festhalle
11月29日(水) 長崎・長崎DRUM Be-7
11月30日(木) 大分・大分DRUM Be-0
12月02日(土) 山形・山形ミュージック昭和セッション
12月09日(土) 岐阜・岐阜club G
12月11日(月) 東京・豊洲PIT
12月12日(火) 東京・豊洲PIT



【関連リンク】
SKY-HI、優しさにあふれる世界観を表現した「Marble」MV公開
SKY-HIまとめ
城 南海、カバーアルバムには川島なお美への想いを込めた曲も収録

【関連アーティスト】
SKY-HI
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV, アルバム, 配信, ヒップホップ

城 南海、カバーアルバムには川島なお美への想いを込めた曲も収録
Tue, 10 Oct 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

城 南海のカバーアルバム『ユキマチヅキ』の収録曲が決定! テレビ東京『THEカラオケ★バトル』で番組最多となる10冠を達成し、“絶対女王”と言われている奄美出身の歌姫・城 南海。冬をテーマにしたカバーアルバムとなる今作は収録曲の一部をTwitterで一般募集し、のべ1080件の応募、計506曲もの冬の歌が集まった。その中で応募数の多かった楽曲から、幅広い世代に聞かれている楽曲、城の想い入れのある楽曲などが選出された。

特にその中でも応募数が多く、城南海自身強い想い入れもあったのが、中島美嘉が2008年にリリースした「ORION」。この曲は2015年10月に番組で自身初となる100点を獲得した曲で、番組でも「特別な想いで歌わせていただきました」と涙でコメントした。そして番組でも明らかになっていなかった、この"特別な想い”というのが、川島なお美の存在。2人はかねてから深く親交があり、城が100点を獲得したこの回の番組収録に川島も出演予定だったが、体調を崩し、番組収録直前に他界。城は川島への想いを胸に「ORION」を熱唱し、涙の100点を獲得するに至った。収録中も「なお美さんが聴いていてくれているような感じがした」という城自身にとって特別な楽曲が今回のアルバムにも収録が決定した。その他「サイレント・イヴ」、「なごり雪」、「Everything」等の冬のカバー曲のほか、現在BSジャパンにて放送中のドラマ『池波正太郎時代劇 光と影』の主題歌であるオリジナルの新曲「サヨナラよりも伝えたかったこと」を加えた全10曲が収録予定である。

11月26日からは中電ホールを皮切りに、東名阪福と自身初となる全国ホールツアー『ウタアシビ冬2017』もスタート予定しており、アルバム『ユキマチヅキ』とともに期待が集まる。

アルバム『ユキマチヅキ』

2017年11月22日発売



PCCA.04593/¥2,593+税
<収録予定曲>
1.ORION(中島美嘉:2008年) 
2.いい日旅立ち(山口百恵:1978年)
3.サボテンの花(チューリップ:1975年)
4.Snow Crystal(藤井フミヤ:1996年)
5.12月の雨(荒井由実:1974年)
6.冬がはじまるよ(槇原敬之:1991年)
7.Everything(MISIA:2000年)
8.サイレント・イヴ(辛島美登里:1990年)
9.なごり雪(かぐや姫:1974年/イルカ:1975年)
10.サヨナラよりも伝えたかったこと(オリジナル)

『ウタアシビ冬2017』

11月26日(日) 愛知・名古屋 中電ホール
12月02日(土) 福岡・スカラエスパシオ
12月09日(土) 東京・東京国際フォーラム ホールC
12月17日(日) 大阪・サンケイホールブリーゼ

『ウタアシビ2017冬 番外編 岡山公演』
12月16日(土) 岡山・岡山市民会館
特別ゲスト:まゆみゆ



【関連リンク】
城 南海、カバーアルバムには川島なお美への想いを込めた曲も収録
城 南海まとめ
大原櫻子、新曲はいきものがかり水野による“失恋バラード”

【関連アーティスト】
城 南海
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム

大原櫻子、新曲はいきものがかり水野による“失恋バラード”
Tue, 10 Oct 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大原櫻子のニューシングル「さよなら」を11月22日にリリースすることが決定し、同作のジャケットと新ビジュアルが公開された。8枚目のシングルとなる今作は、作詞・作曲を水野良樹(いきものがかり)が手がけたナンバー。 曲について大原は「“さよなら”というタイトルを、まさか水野さんからいただけるとは思っていませんでした。失恋ソングに少しドキッとしました。とても綿密に、色々とご相談させていただきながらレコーディングしました。切ないラブソング、というだけではなく、別れたあとに感じる、生の胸の痛みを伝えられると嬉しいです。そして、聴いて悲しくなる曲ではなく、むしろ“いい恋に出会えた”と振り返り、喜びを感じてもらえるような歌です。この秋冬、多くの方に寄り添える楽曲になりますように」とコメントしている。また、公開したジャケットビジュアルも、ただのラブソングでない優しさ切なさ前向きさも感じるデザインとなっている。

10月11日からはZepp Sapporoを皮切りにツアーもスタート。ライヴ会場で「さよなら」を予約すると、特典として限定のさよならステッカーシートがもれなくついてくることも発表されたのでぜひチェックしてほしい。

シングル「さよなら」

2017年11月22日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1286/¥1,500+税
??DVD
「さよなら」MV



【初回限定盤B】(CD+DVD)
VIZL-1287/¥1,500+税





【通常盤】(CD)
VICL-37344/¥1,200+税

◎CD購入特典
いずれかの形態のCDをライブ会場で予約購入すると、ライブ会場限定特典「さよならステッカーシート」をもれなくプレゼント。
※ライブ会場限定特典さよならステッカーシートが付く場合はオリジナル店舗特典は付きません
◎配信特典
iTunes Store、レコチョク、mora、music.jp、ドワンゴ、オリコン他、主要配信サイトで11月22日より配信決定。一部配信サイトにて、デジタルブックレットを期間限定で全員にプレゼント!
・デジタルブックレット付き(全プレ)
iTunes Store、レコチョク、mora、オリコンミュージックストア
・メッセージボイス付き(全プレ)
レコチョク
※詳細は後日HPで発表


『大原櫻子 4th TOUR 2017 AUTUMN 〜ACCECHERRY BOX〜』

10月11日(水) 北海道・Zepp Sapporo
10月18日(水) 大阪・Zepp Namba
10月19日(木) 大阪・Zepp Namba
10月25日(水) 東京・Zepp Tokyo
10月26日(木) 東京・Zepp Tokyo
11月02日(木) 愛知・Zepp Nagoya



【関連リンク】
大原櫻子、新曲はいきものがかり水野による“失恋バラード”
大原櫻子まとめ
いきものがかりまとめ
13歳の天才SSW、Grace VanderWaalの1stアルバムが完成!

【関連アーティスト】
大原櫻子, いきものがかり
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, ツアー

13歳の天才SSW、Grace VanderWaalの1stアルバムが完成!
Tue, 10 Oct 2017 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

数々のスーパースターを生んだオーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』で昨年優勝した13歳の天才シンガーソングライター、グレース・ヴァンダーウォールの待望の1stフルアルバム『ジャスト・ザ・ビギニング』が11月3日に全世界同時リリースとなることが決定した。

収録曲は全曲本人による書き下ろしで、グレッグ・ウェルズ(ケイティ・ペリー、アデル)、イド・ズミシュラニー (ショーン・メンデス、カミラ・カベロ)、ショーン・ダグラス(チェインスモーカーズ、デミ・ロバート)等の多数のヒット作を手がけた大物プロデューサーもアルバム制作に参加し、より進化したアルバムに仕上がった。グレースは、「ファンのみなさんの存在がアルバム作りの過程のモチベーションになりました。みなさん気に入ってもらえること、そしてここからますます素晴らしいことが起こることを心から願っています」と語っている。

また、アルバムにも収録されるヒット曲「ムーンライト」の日本版MVを公開するなど、2017年6月の初来日以来、日本が大好きになったグレース。そんな日本のファンに向けてアルバムの日本盤は特別仕様となる。Honda NシリーズのCMソングとして話題を呼んでいる「オーバー・ザ・レインボー(虹の彼方に)」や、代表曲「アイ・ドント・ノウ・マイ・ネーム」などボーナス・トラック4曲が収録される他、初回生産限定盤のみ日本オリジナル・ジャケットとなることも決定。海外盤とは違い、グレースが正面をしっかりと見つめる印象深いジャケット写真となっている。

さらに、10月10日より全国の対象店舗にて『I?GRACE』スペシャル・キャンペーンがスタート。 直筆サイン入り生チェキ写真などが抽選で当たるなどファンなら見逃せないキャンペーンとなっているので、今すぐ詳細をオフィシャルHPにてチェック!

アルバム『Just the Beginning』

2017年11月3日発売



SICP-5618/ ¥1,920+税(期間限定スペシャル・プライス)
※日本盤のみ歌詞対訳、ライナーノーツ付、ボーナス・トラック4曲収録
※初回生産限定盤のみ、日本盤オリジナルジャケ写、三方背BOX仕様
<収録曲>
1. ムーンライト
2. シック・オブ・ビーイング・トールド
3. バーント
4. ジャスト・ア・クラッシュ
5. ソー・マッチ・モア・ザン・ディス
6. エスケープ・マイ・マインド
7. トーク・グッド
8. フローレッツ
9. インセイン・サムタイムズ
10. ア・ベター・ライフ
11. シティ・ソング
12. ダークネス・キープス・チェイシング・ミー
■日本盤ボーナス・トラック
13. オーバー・ザ・レインボー(虹の彼方に)
14. アイ・ドント・ノウ・マイ・ネーム
15. ラングス
16. ホープ・フォー・チェンジ



【関連リンク】
13歳の天才SSW、Grace VanderWaalの1stアルバムが完成!
Grace VanderWaalまとめ
白波多カミン with Placebo Foxes、10月15日のライヴをもって活動終了

【関連アーティスト】
Grace VanderWaal
【ジャンル】
洋楽, ニュース, アルバム, 発表

白波多カミン with Placebo Foxes、10月15日のライヴをもって活動終了
Tue, 10 Oct 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

京都出身のシンガーソングライターの白波多カミンが2015年に結成したバンド“白波多カミン with Placebo Foxes”が、10月15日のライヴをもって活動を終了することを発表した。ライヴは、2016年3月にリリースしたメジャーデビューアルバム『空席のサーカス』をプロデュースした百々和宏のバンド“百々和宏とテープエコーズ”との対バンイベント。ラストライヴにぜひ足を運んでほしい。

■【白波多カミン コメント】

「白波多カミンwith Placebo Foxes 、2017年10月15日を最後のライブにすることに決めました。私はこのバンドを愛してます。このバンドで制作できたアルバム、「空席のサーカス」は宝物です。メンバーのそれぞれの活動、次のステップで音楽していくことが良いと思いました。応援してくださった皆様、お世話になった皆様、ありがとうございました。最後のライブ、このバンドで放つ1音1音を大切にお別れします。見届けてください」

■『夜のお供 vol.2』

10月15日(日) 東京・Zher the ZOO YOYOGI
出演:百々和宏とテープエコーズ/白波多カミンwith PLACEBO FOXES

アルバム『空席のサーカス』

2016年3月23日発売



COCP-39495/¥2,500+税
<収録曲>
1.姉弟 
2.おかえり。 
3.いますぐ消えたい 
4.バタフライ 
5.サンセットガール
6.生命線 
7.嫉妬 
8.ハロースター 
9.普通の女の子 
10.なくしもの



【関連リンク】
白波多カミン with Placebo Foxes、10月15日のライヴをもって活動終了
白波多カミン with Placebo Foxesまとめ
白波多カミンまとめ
百々和宏まとめ
百々和宏とテープエコーズまとめ

【関連アーティスト】
白波多カミン with Placebo Foxes, 白波多カミン, 百々和宏, 百々和宏とテープエコーズ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, 活動休止

クミコのデビュー35周年記念コンサートに松本隆&村松崇継が登場
Tue, 10 Oct 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シャンソニエの老舗、銀座の銀巴里でプロデビューして今年でデビュー35周年を迎え、作詞家・松本隆と17年ぶりにプロジェクトを組んで作り上げたニューアルバム『デラシネ』が話題を呼んでいる歌手・クミコが、10月9日に東京・恵比寿 ザ・ガーデンホールにて『デビュー35周年記念 クミコ・ザ・ベスト・コンサート 1982-2017』と銘打ったコンサートを開催した。

同公演は、松本隆の作詞家生活47周年記念イベント『風街ガーデンであひませう2017』の最終公演として行われたもので、10月5日の前夜祭で妻夫木聡、リリー・フランキーと松本隆によるトークショーで開幕。6、7、8日の3日間にわたって、ゆかりのアーティストたちによるフェス形式のコンサートが行われ、この日がファイナル。今回のステージは、クミコの35年にわたる活動期間の全時代のヒット曲と、最新アルバム『デラシネ』からの全曲を網羅した選曲で構成された。

約750人の熱烈なファンで満席の中での2部構成で、第1部は「今日は、あまりうしろを振り返らないようなコンサートになりそうな予感がします。1部は新しいアルバム『デラシネ』を全部歌わせていただきます。すべて詞は松本隆さんが書き下ろしてくださいました」とあいさつし、松本隆作品から「恋に落ちる」をはじめ、「不協和音」「フローズン・ダイキリ」「砂時計」「輪廻」などを披露。ゲストの作曲家&ピアニスト・村松崇継が紹介され、彼のピアノ演奏でシューベルト作曲「セレナーデ」を歌うと、村松は「伴奏しながら歌に吸い込まれそうです」と絶賛した。

その後、松本を呼び込んだクミコは「このアルバムのどの曲もお好きだと思いますが、村松さんが作曲された『しゃくり泣き』はどうですか?」と質問すると、松本は「素晴らしい曲です。詞はふつうです」と返答。村松は「最初、この詞がきたとき、この2人はどういう方たちなのかなと思いました。どういう経緯でこういうことになったのかと…。自分の中でストーリーがわき、イマジネーションがかき立てられる詞でした。映像音楽を作っているような感覚で作らせていただきました」と同詞について語り、その村松のピアノ伴奏で「しゃくり泣き」を披露し、1部を締めくくった。

第2部は、中島みゆき作詞・作曲の「十年」をはじめ、2010年の「NHK紅白歌合戦」に初出場して歌った「INORI〜祈り〜」、シャンソン歌手・バルバラの名作「わが麗しき恋物語」、NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」「マッサン」で流れた「広い河の岸辺」、つんく♂作曲&プロデュース×湯川れい子作詞による「うまれてきてくれて ありがとう」、シャンソンの名曲「愛の讃歌」「ラストダンスは私と」など全23曲を熱唱。デビュー35周年にふさわしい幅広い選曲で、息をのむステージを展開した。

なお、同イベントの7日の最後には、松本から1985年に「卒業」をデビュー曲として提供された女優・斉藤由貴が出演。騒動後初めて公の場に姿を現し、「皆さま、今晩は。斉藤由貴です。松本隆さんとお会いしたのは、たぶん33年ぐらい前。『卒業』という曲を渡されて、『初戀』『情熱』という漢字二文字熟語3部作をいただきました。どれもが私にとっては大切な宝物です。そして、この『風街ガーデン』で歌っていいよと言っていただけたので、こうしていま、皆さまの前に立っています。お話したいことはたくさんあるような気もするんですけれども、何より皆さまは、もうきゅうきゅうの状態で2時間近く立っていらして、くたくただと思います」と観客を気遣いながら、同3部作を披露している。

Photo by 中嶌英雄

■【セットリスト】

■第1部
1.恋に落ちる
2.さみしいときは恋歌を歌って
3.消しゴム
4.不協和音
5.フローズン・ダイキリ
6.枝垂桜
7.砂時計
8.輪廻
9セレナーデ
10.しゃくり泣き

■第2部 
11.十年
12.愛しかないとき
13.INORI〜祈り〜
14.一本の鉛筆
15.わが麗しき恋物語
16.愛の追憶
17.広い河の岸辺
18.うまれてきてくれて ありがとう
19.百万本のバラ
20.愛の讃歌
21.幽霊

■アンコール
1.ラストダンスは私と
2.フローズン・ダイキリ

アルバム『デラシネ d?racin?』

発売中



COCP-40092/¥2,778+税
<収録曲>
1. 不協和音
2. 消しゴム
3. フローズン・ダイキリ
4. しゃくり泣き
5. さみしいときは恋歌を歌って
6. 枝垂桜
7. セレナーデ
8. 恋に落ちる
9. 砂時計
10. 輪廻




【関連リンク】
クミコのデビュー35周年記念コンサートに松本隆&村松崇継が登場
クミコまとめ
松本隆まとめ
村松崇継まとめ
Brian the Sun、結成10周年記念フェス開催で『3月のライオン』新ED披露

【関連アーティスト】
クミコ, 松本隆, 村松崇継
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, ライブレポ

Brian the Sun、結成10周年記念フェス開催で『3月のライオン』新ED披露
Tue, 10 Oct 2017 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Brian the Sunが、結成10周年を記念したイベント『ブライアンフェス』を10月9日に赤坂BLITZにて開催した。このイベントはBrian the Sunの地元である大阪と、東京で開催されチケットが即完した東京公演には感覚ピエロ、THE ORAL CIGARETTES、SPECIAL OTHERSが出演。高校2年の頃に結成したBrian the Sunの10周年に花を添えた。また、10月1日に地元・大阪なんばHatchで行われた大阪会場にはアルカラ、04 Limited Sazabys、HAPPYが出演し、節目のイベントを飾った。

東京公演の最後に登場したBrian the Sunは、「ホンマに音楽やってて良かったと思ってます。みんな足を運んでくれて、ほんで最後までおってくれてありがとうございます」と語り、本編10曲アンコール2曲を披露。アンコールでは10月14日から始まるTVアニメ『3月のライオン』第2シリーズのエンディングテーマ曲「カフネ」を初披露。そして最後にはメンバー全員が歌唱する新曲「the Sun」も披露して幕を閉じた。

「カフネ」は3rdシングルとして11月15日にリリースも予定されており、ライヴ終了後には2018年2月から行われる全国ツアーの開催も発表! 結成10周年を迎えたBrian the Sun、今後の活動にも注目だ。

シングル「カフネ」

2017年11月15日発売



【ブライアン盤】(DVD付初回生産限定盤)
ESCL-4926~7/¥1,759+税
【ライオン盤】(DVD付期間生産限定盤)
ESCL-4929~30/¥1,759+税
【通常盤】(CD)
ESCL-4928/¥1,000+税
※ブライアン盤DVDには『パトスとエートス』ツアーファイナル公演のライヴ映像、ライオン盤DVDにはTVアニメ『3月のライオン』エンディングのノンクレジット映像を収録

Brian the Sun TOUR 2018『the Sun』

2月22日(木) 千葉・LOOK
2月24日(土) 神奈川・横浜BAYSIS
2月25日(日) 栃木・宇都宮HEAVEN\'S ROCK VJ-2
3月03日(土) 愛媛・松山Double-u studio(ワンマン)
3月08日(木) 広島・CAVE-BE
3月11日(日) 北海道・BESSIE HALL(ワンマン)
3月14日(水) 鹿児島・SR HALL
3月15日(木) 宮崎・SR BOX
3月17日(土) 大分・カンタループII
3月21日(水) 宮城・仙台LIVE HOUSE enn 2nd(ワンマン)
3月24日(土) 兵庫・神戸VARIT.
3月25日(日) 香川・高松DIME
3月31日(土) 京都・KYOTO MUSE
4月01日(日) 岡山・livehouse IMAGE(ワンマン)
4月07日(土) 新潟・CLUB RIVERST(ワンマン)
4月08日(日) 石川・金沢VANVAN V4(ワンマン)
4月14日(土) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO(ワンマン)
4月22日(日) 東京・赤坂BLITZ(ワンマン)
5月19日(土) 福岡・BEAT STATION(ワンマン)
5月27日(日) 大阪・なんばHatch(ワンマン)



【関連リンク】
Brian the Sun、結成10周年記念フェス開催で『3月のライオン』新ED披露
Brian the Sunまとめ
感覚ピエロまとめ
THE ORAL CIGARETTESまとめ
SPECIAL OTHERSまとめ

【関連アーティスト】
Brian the Sun, 感覚ピエロ, THE ORAL CIGARETTES, SPECIAL OTHERS, 04 Limited Sazabys, HAPPY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, ライブ, ツアー, エンディング

夜ダン、史上最大規模の全国ワンマンツアー開催決定
Tue, 10 Oct 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2ndアルバム『INTELLIGENCE』のリリースを控える夜の本気ダンスが、LINE LIVE番組『はんなり!インテリ!ラララライン!』にて、バンド史上最大規模となる全国ワンマンツアー『Kotteri ! intelli ! One Man Show!』の開催決定を発表した。

11月10日よりスタート予定のツアー『ZENKOKU O-BAN-DOSS TOUR』は対バンを伴うツアーになるが、『Kotteri ! intelli ! One Man Show!』の9公演はすべてワンマン形式となる。なお、同公演のチケットは『INTELLIGENCE』に封入されるシリアルナンバーを使うと最速で先行予約に応募することができるので、ぜひチェックを! こちらのチケット一般発売は、11月25日に開始となる。

■『Kotteri ! intelli ! One Man Show!』

<2018年>
1月07日(日) 東京・新木場STUDIO COAST
1月10日(水) 福岡・DRUM Be-1
1月12日(金) 広島・CLUB QUATTRO
1月13日(土) 香川・高松festhalle
1月24日(水) 北海道・札幌PENNY LANE24
1月26日(金) 宮城・仙台Rensa
1月27日(土) 新潟・studio NEXS
2月10日(土) 愛知・名古屋ReNY limited
2月16日(金) 大阪・なんばHatch

アルバム『INTELLIGENCE』

2017年10月11日発売



【CD+DVD】
VIZL-1236/¥3,500+税
【CD】
VICL-64841/¥2,800+税

<収録曲>
■CD
1.Call out
2.Eve
3.Bye Bye My Sadness
4.TAKE MY HAND
5.Can‘t You See!!!
6.Without You
7.Heart Beat
8.SEA
9.SHINY
10.BIAS
11.Weekender
12.LIBERTY

■DVD収録内容
「No rain,new days o‘ scene」 TOUR FINAL
(2017年7月4日 EX THEATER ROPPONGI)
Ride〜Crazy Dancer - HONKI DANCE TIME ? Japanese Style〜fuckin\' so tired〜B!tch〜You gotta move〜Logical Heart〜escape with you〜Dance in the rain〜WHERE?
「鈴鹿秋斗のインテリジェンスへの道」
※シリアルナンバー付チラシ封入




【関連リンク】
夜ダン、史上最大規模の全国ワンマンツアー開催決定
夜の本気ダンスまとめ
Aimer、三木孝浩監督&浜辺美波出演「花の唄」MV公開

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, ツアー

Aimer、三木孝浩監督&浜辺美波出演「花の唄」MV公開
Tue, 10 Oct 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月14日公開の劇場版『Fate/stay night [Heaven\'s Feel]」I.presage flower』の主題歌で、同アニメの劇伴音楽を担当する梶浦由記がプロデュースを手掛けるAimerの新曲「花の唄」のMVが公開された。

監督を務めたのは、映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』や『青空エール』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』等を手がけてきた三木孝浩。2ndシングル「Re:pray」以来、AimerのMVを制作するのは今回で2度目となる。また、第7回東宝『シンデレラ』オーディションにてニュージェネレーション賞を受賞し、『君の膵臓をたべたい』の他、数々の映画やドラマにて大注目の若手女優・浜辺美波が出演。MVはミステリアルかつダークな空間に包まれながらも、色とりどりの花に囲まれた浜辺が対照的に美しく、神秘的に描かれており、劇場版『Fate/stay night [Heaven\'s Feel]』の世界観を彷彿させる演出にも注目だ。

■【三木孝浩監督 コメント】

「「花の唄」のミュージックビデオを作るにあたり、この楽曲がとてもエモーショナルで、劇場版「Fate/stay night [Heaven\'s Feel]」I.presage flowerの世界とすごくシンクロした歌だったので、ミュージックビデオもその世界へのリスペクトを込めつつ、少女の内なる葛藤を幻想的に表現したいと思いました。また主演の浜辺美波ちゃんは以前お仕事でご一緒してて、その透明感とどこか憂いある表情が今回描きたいテーマにピッタリだったのでオファーしました。Aimerの唯一無二のその歌声とともに美波ちゃんの繊細で儚い表情をミュージックビデオで楽しんでもらえたら嬉しいです!」

■「花の唄(Short Ver.)」MV


https://youtu.be/bNTi5CofFZEシングル「ONE / 花の唄 / 六等星の夜 Magic Blue ver.」

2017年10月11日発売



【期間生産限定盤】
「花の唄 / ONE / 六等星の夜 Magic Blue ver.」(CD)
SECL-2212/¥1,500+税
※「Fate/stay night [Heaven\'s Feel]」描きおろしイラストSPパッケージ
※2018年3月末日までの期間生産限定
<収録曲>
1.花の唄
2.ONE
3.六等星の夜 Magic Blue ver.
4.糸
5.花の唄 Movie ver.

「ONE / 花の唄 / 六等星の夜 Magic Blue ver.」 (CD+DVD)
SECL-2209/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.ONE
2.花の唄
3.六等星の夜 Magic Blue ver.
4.糸
■DVD
「zero」「歌鳥風月」MV収録





【通常盤】(CD)
「ONE / 花の唄 / 六等星の夜 Magic Blue ver.」
品番:SECL-2211/¥1,250+税
<収録曲>
1.ONE
2.花の唄
3.六等星の夜 Magic Blue ver.
4.糸



【関連リンク】
Aimer、三木孝浩監督&浜辺美波出演「花の唄」MV公開
Aimerまとめ
『ビクターロック祭り』番外編イベントにキイチビールら4組追加

【関連アーティスト】
Aimer
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV, CD, 映画

『ビクターロック祭り』番外編イベントにキイチビールら4組追加
Tue, 10 Oct 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『ビクターロック祭り』の番外編となるイベント『Dog Run Circuit\'17』の追加出演者が発表された。“ずっとロック、これからもロック”を合言葉に2014年に初開催した『ビクターロック祭り』はこれまで幕張メッセにて4回の開催をしており、また10月8日には大阪編が開催されたばかりだ。11月11日に行なう『Dog Run Circuit\'17』は、その『ビクターロック祭り』の番外編として2016年に初めて新宿で開催され、現在ライブシーンにて活躍中のアーティストが多数出演したことで話題となった。

今回追加で発表されたアーティストは、キイチビール&ザホーリーティッツ、the engy、SUSHIBOYS、Yullie-Echoの4組。 すでに発表されているアーティストと合わせ、北は北海道、南は沖縄よりフレッシュなアーティストが集結したイベントとなっているので、ぜひチェックしてほしい。 チケットは各プレイガイドにて発売中!

■ビクターロック祭り番外編 『Dog Run Circuit\'17』

11月11日(土) 東京・下北沢BASEMENT BAR、THREE
■出演
Althea、-KARMA-、キイチビール&ザホーリーティッツ、クロロフィルム、the engy、SUSHIBOYS、絶景クジラ、セプテンバーミー、Turns blue、VELDE、ペンギンラッシュ、むぎ(猫)、Yullie-Echo、and more
■チケット
・チケットぴあ
http://pia.jp/ 0570-02-9999(Pコード:344-014)
・ローソンチケット
http://l-tike.com/ 0570-084-003(Lコード: 76316)
・イープラス
http://eplus.jp/
・下北沢BASEMENT BAR店頭
・下北沢THREE店頭



【関連リンク】
『ビクターロック祭り』番外編イベントにキイチビールら4組追加
キイチビール&ザホーリーティッツまとめ
the engyまとめ
SUSHIBOYSまとめ
Yullie-Echoまとめ

【関連アーティスト】
キイチビール&ザホーリーティッツ, the engy, SUSHIBOYS, Yullie-Echo
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ

SPICY CHOCOLATE、LINE LIVEでリリース記念イベントを生配信
Tue, 10 Oct 2017 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SPICY CHOCOLATEが『スパイシーチョコレート BEST OF LOVE SONGS』のリリースを記念して10月10日にスペシャルイベントを開催。この模様がLINE LIVEにて生配信されることがわかった。当日は、SPICY CHOCOLATEのほか、BENI、HAN-KUN、TEE、MACO、Ms.OOJA、YU-A、寿君らも出演。 収録楽曲総ダウンロード総数200万ダウンロード越えの最強ベストのリリイベをお見逃しなく!

■LINE LIVE「『スパイシーチョコレート BEST OF LOVE SONGS』の リリース記念イベント特番」

10月10日(火)16:30〜
出演者:KATSUYUKI a.k.a. DJ CONTROLER(SPICY CHOCOLATE) /BENI/HAN-KUN/TEE/MACO/Ms.OOJA/YU-A
/寿君
番組予約URL:https://live.line.me/channels/2132200/upcoming/5572221



【関連リンク】
SPICY CHOCOLATE、LINE LIVEでリリース記念イベントを生配信
SPICY CHOCOLATEまとめ
BENIまとめ
HAN-KUN まとめ
TEEまとめ

【関連アーティスト】
SPICY CHOCOLATE, BENI, HAN-KUN , TEE, MACO, Ms.OOJA, YU-A, 寿君
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ヒップホップ, レゲエ

INCEPTION OF GENOCIDE、レコ発ツアーファイナルシリーズにMEANING、HONE YOUR SENSE等が参戦決定
Tue, 10 Oct 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

INCEPTION OF GENOCIDEが1stミニアルバム『Bullseye』を引っさげ行なっているリリースツアーのファイナルシリーズ名古屋編の全ゲスト出演者を発表。さらに東京編『Genocide Festival』の第一弾ゲスト出演者も同時に解禁した。

ファイナルシリーズの名古屋編のゲスト出演者は、大阪編に引き続きDoes It Escape Again、盟友・Victim of Deception、MEANINGという激アツの4マンが決定! さらに東京編の2会場同時開催で行なう『Genocide Festival』第一弾はレーベルメイト・HONE YOUR SENSEと長崎から盟友・HOTOKEの2組が決定。どちらも開催を楽しみにしてほしい。

「INCEPTION OF GENOCIDE 1st mini Album『Bullseye』Release TOUR 〜FINAL SERIES〜」

11月17日(金)  アメ村DROP
出演:INCEPTION OF GENOCIDE / UZMK / Does It Escape Again / Breathe my Words / Chased by Ghost of HYDEPARK
11月19日(日)  新栄RAD SEVEN
出演:INCEPTION OF GENOCIDE / MEANING / Does It Escape Again / Victim of Deception

「INCEPTION OF GENOCIDE presents “Genocide Festival"vol.1」

12月02日(土)  渋谷CYCLONE / GARRET ※2会場同時開催
出演:INCEPTION OF GENOCIDE / HONE YOUR SENSE / HOTOKE / and more…

ミニアルバム『Bullseye』

発売中



WLR-1043/¥1,728(税込)
<収録曲>
1.Crisis
2.Bullseye
3.Living this life
4.Beating
5.The end of your time
6.Footsteps


■「Bullseye」MV


https://youtu.be/h4kaiRwzqG4

【関連リンク】
INCEPTION OF GENOCIDE、レコ発ツアーファイナルシリーズにMEANING、HONE YOUR SENSE等が参戦決定
INCEPTION OF GENOCIDEまとめ
MEANINGまとめ
HONE YOUR SENSEまとめ
ゲスの極み乙女。が『週刊文春』と“因縁の”コラボ!

【関連アーティスト】
INCEPTION OF GENOCIDE, MEANING, HONE YOUR SENSE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, ツアー













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1