歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年10月06日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
MONKEY MAJIK、全国6か所をまわるホールツアーが10月14日よりスタート
Fri, 06 Oct 2017 22:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年の4月から7月まで全国47都道府県のライブハウスをめぐるツアー『LIVE HOUSE-原点回帰-』を開催していたMONKEY MAJIK。10月14日からは“REPRISE=再開”という意味を込めた、全国6か所をまわるホールツアー『MONKEY MAJIK JAPAN TOUR 2017 -REPRISE-』をスタートする。前回のツアーで“原点回帰”を掲げ、日本を再発見した彼らのライブをお見逃しなく。

またツアー会場限定の特典として、バックステージへのご招待も! グッズの缶バッジコレクションの中に「ご招待券」が入っていた方を終焉後のバックステージへの招待し、メンバーとの写真撮影が行なえるとのこと。さらに、会場にはメンバーの等身大パネルがお出迎えするとのことなのでこちらも楽しみにしていてほしい。

■BLUE MOON presents 『MONKEY MAJIK JAPAN TOUR 2017 -REPRISE-』

10月14日(土) 神奈川・カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)ホール
10月21日(日) 福岡・福岡国際会議場メインホール
11月03日(金・祝) 大阪・オリックス劇場
11月05日(日) 愛知・愛知県芸術劇場大ホール
11月18日(土) 岡山・倉敷芸文館
11月23日(木・祝) 宮城・仙台サンプラザホール

◎ツアーグッズ ライブ会場特典について
■その1:会場限定バックステージ&写真撮影ご招待!
「缶バッジコレクション(全18種)」をご購入いただき、商品の中に「ご招待券」が封入されていたお客様は、
各公演終演後に予定しているバックステージ&メンバーとの写真撮影にご参加いただけます。
※ご招待券に記載された月日の公演のみ有効です。
※当日の公演のライヴチケットをお持ちの方のみ参加可能です。
※CD/DVDブース、mu-moショップでのご購入は対象外となります。ご了承ください。
■その2:会場限定メンバー等身大パネル設置!
会場にてメンバー等身大パネルがお出迎え。
メンバーからの直筆メッセージも予定しております。
ご来場記念に、ぜひメンバーと一緒に素敵な一枚を撮影してください。

■MONKEY MAJIKのコメント


https://youtu.be/VELOzB9tyPA

【関連リンク】
MONKEY MAJIK、全国6か所をまわる ホールツアーが10月14日よりスタート
MONKEY MAJIKまとめ
VAMPS主宰『HALLOWEEN PARTY 2017』にMUCC、MIYAVI、kyo(D\'ERLANGER)出演決定

【関連アーティスト】
MONKEY MAJIK
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー

VAMPS主宰『HALLOWEEN PARTY 2017』にMUCC、MIYAVI、kyo(D\'ERLANGER)出演決定
Fri, 06 Oct 2017 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月27日から3日間にわたって幕張メッセにて開催されるVAMPS主宰のハロウィン・ライヴ・イベント『HALLOWEEN PARTY 2017』の第4弾の出演者として、10月27日のスペシャルゲストとしてkyo(D\'ERLANGER)、10月28日には初登場となるMIYAVI、さらに10月29日のメインアクトとして3年ぶりにMUCCの登場が決定した。

MUCC、kyo、MIYAVIは出演アーティストによるセッション・バンド“HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA”にも出演し、28日のメインアクトとして出演する氣志團も参加することが併せて発表された。

引き続き28日、29日は“and more”とあることから、さらなる恐怖のラインナップの続報も待ちたいが、チケット一般発売は10月7日(土)からの為、後悔しないように早めのチケット入手をお勧めする。

■『HALLOWEEN PARTY 2017』特設サイト
http://hwp2017.vampsxxx.com/

『HALLOWEEN PARTY 2017』

10月27日(金)・28日(土)・29日(日)  幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
開場14:30/開演16:00

<出演アーティスト>
■10月27日(金)
VAMPS / coldrain / sads / BREAKERZ / MY FIRST STORY / ROTTENGRAFFTY / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
Special Guest: kyo(D’ERLANGER)
■10月28日(土)
VAMPS / 氣志團 / BREAKERZ / ももいろクローバーZ / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA ...and more
Special Guest: MIYAVI
■10月29日(日)
VAMPS / ゴールデンボンバー / BREAKERZ / MUCC / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA ...and more

<HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA参加アーティスト>
■10月27日(金)
VAMPS / kyo(D’ERLANGER) / coldrain / sads / Shinya (DIR EN GREY / SERAPH) / 逹瑯 (MUCC) / 柩 (GREMLINS / NIGHTMARE) / BREAKERZ / MY FIRST STORY / ROTTENGRAFFTY / 分島花音
■10月28日(土)
明希 (シド) / VAMPS / 氣志團 / Shinya (DIR EN GREY / SERAPH) / 逹瑯 (MUCC) / 柩 (GREMLINS / NIGHTMARE) / BREAKERZ / MIYAVI / 分島花音 ...and more
■10月29日(日)
青木隆治 / 明希 (シド) / VAMPS / ゴールデンボンバー / Shinya (DIR EN GREY / SERAPH) / MUCC / 柩 (GREMLINS / NIGHTMARE) / BREAKERZ / 分島花音 ...and more

※五十音順表記
※スペシャルバンド「HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA」は、公演日によって参加アーティストが変わります。
※当公演はハロウィン・ライヴです。仮装してご参加ください。仮装していただけないと…亡霊たちの機嫌が悪くなってしまいますのでご注意ください!

【チケット料金 (税込)]
¥9,300 (スタンディングブロック指定 / 指定席)
※3歳未満入場不可、3歳以上要チケット
・チケット一般発売
2017年10月7日(土) 10:00



【関連リンク】
VAMPS主宰『HALLOWEEN PARTY 2017』にMUCC、MIYAVI、kyo(D\'ERLANGER)出演決定
kyoまとめ
MIYAVIまとめ
MUCCまとめ
VAMPSまとめ

【関連アーティスト】
kyo, MIYAVI, MUCC, VAMPS, HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA, D\'ERLANGER
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, 発表

フェロ☆メンがプロデュースする舞台『AnGeL fAlL』詳細発表
Fri, 06 Oct 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

実力派人気声優 諏訪部順一、鳥海浩輔によるユニット『フェロ☆メン』が自身の完全プロデュースにより開催する音楽朗読劇『AnGeL fAlL』の詳細が明らかになった。

公演は1月27日、28日の2日間で全3公演を行ない、それぞれの結末が異なるマルチエンディングストーリーになっているため全公演が見逃せない内容になりそうだ。劇作家・演出家の藤沢文翁が演出・脚本を手がける他、メインキャストのフェロ☆メン(諏訪部順一・鳥海浩輔)に加え、井上和彦、能登麻美子の出演が決定。同イベントのチケットは、11月29日発売のフェロ☆メン6thシングル「オペラ」を10月7日(土)〜11月5日(日)の期間中に全国のアニメイト(アニメイトオンラインを除く)で全額前金にて御予約された方に、抽選予約申込シリアルが配布されるので、そちらで購入することが出来るとのこと。公演に参加したい方は是非、期間中に予約してシリアルをゲットしていただきたい。なお、「オペラ」は10月6日より放送開始予定のTVアニメ『Dies irae』エンディングテーマに決定している。是非アニメとともに楽曲もチェックして欲しい。新たなフィールドへと活躍の場を広げ続ける彼らの今後の展開もお見逃しなく。

■『AnGeL fAlL(エンジェルフォール)』

1月27日(土) 舞浜アンフィシアター
夜公演:開場17時/開演18時
1月28日(日) 舞浜アンフィシアター 
昼公演:開場11時30分/開演12時30分  夜公演:開場16時30分/開演17時30分
<出演>
フェロ☆メン(諏訪部順一・鳥海浩輔)、井上和彦、能登麻美子 他
<チケット>
¥8,500(税込)
※3公演いずれもストーリーの結末が異なる、マルチエンディング公演です。
※その他詳細は後日発表します。

シングル「オペラ」

2017年11月29日発売



【A-Type】
COCA-17378/¥1,204+税
<収録曲>
1.オペラ (TVアニメ「Dies irae」エンディングテーマ)
2.AnGeL fAlL
3.オペラ (Instrumental)
4.AnGeL fAlL (Instrumental)

【B-Type】
COCA-17379/¥1,204+税
<収録曲>
1.オペラ (TVアニメ「Dies irae」エンディングテーマ)
2.AnGeL fAlL 【inversion】
3.オペラ (Instrumental)
4.AnGeL fAlL (Instrumental)

※10月7日(土)〜11月5日(日)までの期間中、
全国のアニメイト(アニメイトオンライン除く)にて全額内金予約された方に先着で
音楽朗読劇『AnGeL fAlL(エンジェルフォール)』のチケット抽選予約申込シリアルをプレゼント!



【関連リンク】
フェロ☆メンがプロデュースする舞台 『AnGeL fAlL』詳細発表
フェロ☆メンまとめ
諏訪部順一まとめ
鳥海浩輔まとめ
瀬川あやか、東札で『季節をつなぐ』 アコースティックライブ開催決定

【関連アーティスト】
フェロ☆メン, 諏訪部順一, 鳥海浩輔
【ジャンル】
アニメ・声優, ニュース, 舞台

瀬川あやか、東札で『季節をつなぐ』アコースティックライブ開催決定
Fri, 06 Oct 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

瀬川あやかが、自身初となるアコースティックライブ『瀬川あやかアコースティックライブ2017 東京・札幌〜つないだ季節の隙間から〜』を開催することを発表した。今回のアコースティックライブは、“季節をつなぐ”がテーマとなる。東京は12月3日(日)に青山RizMにて“春”と“夏”公演、そして札幌は12月25日(月)に札幌ペニーレーン24にて“秋”と“冬”公演を開催。東京・札幌で昼公演と夜公演の2部制のライブとなり、季節・距離・想いをつないだアコースティックラブとなり、その詳細も気になるところだ。チケットはSNS先行受付がスタートしているため、詳細はオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

また10月7日(土)にはFM北海道・AIR-G\'にて放送中のレギュラー番組「瀬川あやかの『笑えば委員会』」(土・19:30〜)にて、11月22日(水)に発売される4thシングル「カレイドスコープ」が初オンエアされることも決定している。デビュー前からライブでもピアノの弾き語りで歌われてきた、ファンにとっても思い入れの強いこの曲。今回のシングルリリースにあたり、今の瀬川あやかが手を加えることで、新たに生まれ変わった「カレイドスコープ」となっている。先日歌詞検索サービス「歌ネット」で先行公開された歌詞は、リアルタイムランキングで1位を獲得するなど、すでに話題となっており、その全貌が楽しみなところだ。北海道エリア以外でもradiko.jpのプレミアム会員などのアプリで、全国どこでも聴くことができるので、あわせてチェックしてほしい。

『瀬川あやかアコースティックライブ2017 東京・札幌〜つないだ季節の隙間から〜』

「瀬川あやかアコースティックライブ2017 東京・札幌〜つないだ季節の隙間から・春〜」
12月03日(日) 東京・青山RizM
OPEN/START:15:00/15:30
「瀬川あやかアコースティックライブ2017 東京・札幌〜つないだ季節の隙間から・夏〜」
12月03日(日) 東京・青山RizM
OPEN/START:18:00/18:30
<チケット>
オールスタンディング¥3,500(税込)ドリンク代別¥600

「瀬川あやかアコースティックライブ2017 東京・札幌〜つないだ季節の隙間から・秋〜」
12月25日(月) 札幌・ペニーレーン24
OPEN/START:13:45/14:15
「瀬川あやかアコースティックライブ2017 東京・札幌〜つないだ季節の隙間から・冬〜」
12月25日(月) 札幌・ペニーレーン24
OPEN/START:16:30/17:00
<チケット>
自由席¥3,500(税込)ドリンク代別¥500
※椅子席と一部スタンディング予定になります。

■最速SNS抽選先行受付 お申し込みはこちらから
・Twitter:@segaaaaal
・Instagram:segawa_ayaka
・LINE:瀬川あやかオフィシャルアカウント(※LINEアプリケーションより、瀬川あやかで検索)
■受付期間:10月6日(金)21:00〜10月15日(日)23:59 
■枚数制限:2枚
■当落結果発表日時:10月17日(火)18:00頃〜
■入金期限:10月21日(土)23:59まで

新曲「カレイドスコープ」初オンエア情報

AIR-G\'「瀬川あやかの『笑えば委員会』」
10月07日(土)19:30〜



【関連リンク】
瀬川あやか、東札で『季節をつなぐ』 アコースティックライブ開催決定
瀬川あやかまとめ
EMPiRE、フリーダウンロードで 初楽曲「EMPiRE is COMiNG」公開!

【関連アーティスト】
瀬川あやか
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース

EMPiRE、フリーダウンロードで初楽曲「EMPiRE is COMiNG」公開!
Fri, 06 Oct 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月23日にZEPP TOKYOで開催されたBiSHのフリーライブ『TOKYO BiSH SHiNE3』にて、覆面の衣装で登場し、フォロワーが1万人を超えなければ顔出しNGという条件と共に始動した、WACKとエイベックスの共同プロジェクトとして誕生したグループ『EMPiRE』が、待望の初楽曲のフリーダウンロードをEMPiRE オフィシャルホームページにてスタートした。

BiS、BiSH、GANG PARADEに続く、WACK発の新グループ『EMPiRE』。1万人のフォロワーの条件をクリアするまでに、謎のフォロワー買収の不正が行われる等のトラブルがありながらも、先週ようやくメンバー全員の素顔が公開され話題となっていたが、待望の初楽曲公開をオフィシャルホームページでのフリーダウンロード、SoundCloudでのストリーミングという形でドロップ。今回配信された楽曲「EMPiRE is COMiNG」は、作詞JxSxK、そして作曲松隈ケンタという最強タッグが手がけたもの。BiSHやBiS、GANG PARADEとの音楽性の違いがどうなるか等、早くから注目されてきたが、実際の音源はどのようなサウンドになっているのか気になる方は、是非御自分の耳で確かめてみてほしい。素顔公開、楽曲フリーダウンロードといよいよ始動し始めた帝国『EMPiRE』、更に来週にも新たな発表があるというので、目が離せない。

■EMPiRE 「EMPiRE is COMiNG」FREE DOWNLOAD
オフィシャルHP:http://empire-official.com
ストリーミング: https://soundcloud.com/user-599268784/empire-is-comingmixv3/s-VQB0F



【関連リンク】
EMPiRE、フリーダウンロードで 初楽曲「EMPiRE is COMiNG」公開!
EMPiREまとめ
堀込泰行、ニューEPを11月にリリース &D.A.N.とのコラボ曲を800枚限定販売

【関連アーティスト】
EMPiRE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 新曲

堀込泰行、ニューEPを11月にリリース&D.A.N.とのコラボ曲を800枚限定販売
Fri, 06 Oct 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

堀込泰行が様々なアーティストとコラボレーションした楽曲を収録した、EP『GOOD VIBRATIONS』を11月22日(水)にリリースすることを発表した。このEPには8月にアナログと配信でリリースしたYASUYUKI HORIGOME AND THE NEW SHOESによる「エイリアンズ(Lovers Version)」とUCC上島珈琲が運営するウェブマガジン『UCC DRIPAR』の企画で、□□□(クチロロ)と制作した「バース・コーラス」に加えて、新たにシャムキャッツ、D.A.N.、tofubeats、WONKを共作した全6曲を収録する。

さらに、EPの発売に先駆けてD.A.Nとのコラボ曲「EYE」の7inchを11月3日(金・祝)の「レコードの日」に発売! ジャケットも公開し、この7inchは800枚限定生産となっているので完売必須アイテムとなりそうだ。またD.A.N.とのコラボ曲「EYE」は、堀込泰行がパーソナリティを担当している東海ラジオ MUSIC PROGRAM『TOKAIRADIO × TSUTAYA LIFESTYLE MUSIC 929』(20:00〜21:00)の10月26日(木)放送回にて初オンエアされる予定となっている。「EYE」は10月27日(金)からiTunesとApple Musicで先行配信もスタート!

7inch「EYE」

2017年11月3日発売



COKA-54/¥1,389+税
※800枚限定生産
<収録曲>
A面:EYE + D.A.N
B面:EYE + D.A.N(Instrumental)

EP『GOOD VIBRATIONS』

2017年11月22日発売



【CD】
COCP-40191/¥2,000+税
【 LP】
COJA-9329/¥3,000+税
※800枚限定生産
<収録曲>
1.EYE + D.A.N
2.THE FLY + tofubeats
3.バース・コーラス + □□□ (クチロロ)
4.Beautiful Dreamer + シャムキャッツ
5.Dependent Dreamers + WONK
6.エイリアンズ(Lovers Version)+ THE NEW SHOES



【関連リンク】
堀込泰行、ニューEPを11月にリリース &D.A.N.とのコラボ曲を800枚限定販売
堀込泰行まとめ
【Hi-STANDARD】 2017年のまったく新しいHi-STANDARD

【関連アーティスト】
堀込泰行
【ジャンル】
J-POP, ニュース, リリース, EP, 音楽配信

【Hi-STANDARD】2017年のまったく新しいHi-STANDARD
Fri, 06 Oct 2017 19:00:00 +0900


Hi-STANDARDの18年振りとなるオリジナルアルバム『THE GIFT』がリリースされた。痛快なパンクロックに喜怒哀楽と嘘のないメッセージを詰め込んだ楽曲たちは、ハイスタを知らない若い世代にも必ず響くだろう。全ロックファン必聴だ!

「 Hi-STANDARDの最新アルバムが出た。夢じゃなかろうか?と思うが、本当のことだ。アルバムとしては1999年6月にリリースされた『MAKING THE ROAD』以来だから、実に18年振り。今、こうしてハイスタが再び活動して、新作をリリースするなんて当時を知ってるファンにとってはあり得ないことだし、若いロックファンにはピンとこないかもしれないが。実際にこうして再び3人が集い、他のバンドでは絶対に替えのきかないハイスタ・サウンドを鳴らしている。それもよくある再結成のような古いロックの刷り直しではなく、現役バリバリの若いロックバンドに負けない、初期衝動のような勢いと新鮮さにあふれた、ハイテンションで痛快なパンクロックだったのだから嬉しくなってしまう。」

「 2011年、東日本大震災の後に開催された『AIR JAM 2011』で活動を再開してロックファンの度肝を抜き、昨年10月には16年半振りのシングル「Another Starting Line」をサプライズリリースしたことも記憶に新しい。そして、同年12月にはカバーシングル「Vintage & New, Gift Shits」をリリースし、継続的に続く活動に“もしかして…?”という嬉しい予感もあったが。今年7月に街灯看板で『THE GIFT』のリリースが発表された時は、その嬉しすぎるギフトに、僕を含むファンは狂喜乱舞した。フラゲ日にアルバムを入手した僕は家に着くまで待ち切れず、電車の中で封を開ける。こんな気持ち、いつぶりだろう?とワクワクしながら家に着き、早速CDを再生。1曲目「All Generations」を聴いた瞬間、初めてハイスタを聴いた20年前の感覚がフラッシュバックした。胸の高鳴りが止まらなかった。そこからはボーナストラックを含む全16曲、興奮したり、感動したりと感情を揺さぶられながら夢中で聴いた。そして、聴き終わった後に心底驚いた。18年待った最新作が、大きく膨れ上がった期待を遥かに上回る作品だったからだ。」

「 新たな所信表明を歌う「All Generations」、ファンへの贈り物というだけでない“GIFT”の意味にハッとする「THE GIFT」、フェイク野郎への怒りを歌った「Going Crazy」、抜群のカバーセンスで聴かせる「My Girl」、大人になってしまった自分たちを歌う少しセンチな「We\'re All Grown Up」、壮大に美しく壮大にアルバムを締め括る「Free」…と、タフでシンプルなパンクロックで表現する喜怒哀楽、そして嘘のないメッセージはどれもが感情に直接訴えかけてきたし、どれもがハイスタ楽曲の真骨頂だった。個々が積み重ねたキャリアやスキルも惜しみなく発揮し、飾ることなく現在を鳴らす3人は揺らぐことのない強い意志と信念を持つ、僕らのよく知るHi-STANDARDでありながら、2017年のまったく新しいHi-STANDARDでもあった。ライターとしてどうかと思うが、今作に関しては言葉を重ねるほどに嘘っぽくなってしまう気がするので、まだ聴いていない人はとにかく聴いてほしい。18年振りのアルバム云々とか関係なく、何も知らない若い世代にも必ず響く楽曲がそこにあるから! 間もなく、自身初のアリーナ公演も含む全国ツアーが始まる。ライヴ会場で観る、最新型のHi-STANDARDも楽しみで仕方がない。」

文:フジジュン

アルバム『THE GIFT』

2017年10月4日発売
PIZZA OF DEATH RECORDS



PZCA-81
¥2,500(税抜)



【関連リンク】
【Hi-STANDARD】 2017年のまったく新しいHi-STANDARD
Hi-STANDARDまとめ
AK-69、「I Still Shine feat. Che\'Nelle」ティザー映像を公開

【関連アーティスト】
Hi-STANDARD
【ジャンル】
J-ROCK, okmusic UP\'s vol.158, インタビュー

AK-69、「I Still Shine feat. Che\'Nelle」ティザー映像を公開
Fri, 06 Oct 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

AK-69がソールドアウトを記録した武道館公演『DAWN in BUDOKAN』当日の10月18日にリリースする超待望のニューシングル「I Still Shine feat. Che\'Nelle」のティザー映像を公開した。Che\'Nelle(シェネル)を迎え、魂を燃やし続け、輝きを放つことを決意表明する2人のリリックに注目が集まる「I Still Shine feat. Che\'Nelle」のミュージックビデオは、登場する人物はシンプルにアーティスト、AK-69とChe\'Nelleの基本ふたり、そしてその舞台は海原と砂浜という視覚を癒すようなすがすがしささえ感じさせる、シンプルだからこそメッセージが立った、スケール感の大きい力強い映像に仕上がった。

AK-69自身が「止まねぇ嵐はねぇよ / 明けねぇ夜などねぇ So / 暗いトンネルを抜け / 新しい自分はすぐそこ」という弱気になっている人の背中を黙って押してくれるような優しさを感じるリリックそのものが具体的な世界観になったかのようだ。「Che\'Nelleの歌声は前からファンというか。本当にいい歌声だな。ってのはずっと思っていて、ある時にChe\'Nelleの「Destiny」がドラマの主題歌で走っている時に、この歌のリミックスやってみようかなと思って勝手に作らせてもらったんですよ、ビートジャック的な。それをアップしたら、Che\'Nelleとプロデューサーの松尾潔さんが反応してくれて、それで会うことになって、それで曲も一緒に作れるんじゃないかと思って」と語っている通り、力強くもどこまでも伸びるChe\'Nelleのパフォーマンスの実力を惹き出したAK-69のプロデュースも光る。

一方のChe\'Nelleは「ワクワクしたわ。こういう形でのコラボレーションは、多分初めてなんじゃないかしら。これまでやったデュエットは、もっと落ち着いた感じだったから、こういうアーバン・テイストの曲ができたのは凄く嬉しかった。AK-69とは数ヶ月前に初めて会ったんだけど、彼の音楽は大好きよ。凄くカッコイイと思ったわ。新しいことに挑戦できたのも嬉しかった。で、一緒に共演したわけだけど、最高よ」とこの作品に充実の手応えを感じている。アーティスト同志のある意味奇跡のコラボレーションとなっているこの楽曲、そしてミュージックビデオは必見だ。

■「I Still Shine feat. Che\'Nelle」


https://www.youtube.com/watch?v=oGLiy9l7aNsシングル「I Still Shine feat. Che‘Nelle / Stronger」

2017年10月18日(水)発売



【初回盤】(CD+DVD)
UICV-9259/¥1,620(税込)
<収録曲>
■CD
1.I Still Shine feat. Che\'Nelle
2.Stronger
3.Hangover -Space Dust Club Remix-
■DVD
I Still Shine feat. Che\'Nelle (Music Video)



【通常盤】(CD)
UICV-5067/¥1,000(税込)
<収録曲>
1.I Still Shine feat. Che\'Nelle
2.Stronger
3.Hangover -Space Dust Club Remix-



【関連リンク】
AK-69、「I Still Shine feat. Che\'Nelle」ティザー映像を公開
AK-69まとめ
『風街ガーデンであひませう 2017』、 作詞家・松本 隆をリスペクトするアー ティストが多数出演

【関連アーティスト】
AK-69
【ジャンル】
ニュース, コラボレーション, トレーラー, シングル, ヒップホップ, ラップ

『風街ガーデンであひませう 2017』、作詞家・松本 隆をリスペクトするアーティストが多数出演
Fri, 06 Oct 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2015年に開催された作詞家・松本 隆の活動45周年記念イベント『風街レジェンド』に続く、“風街プロジェクト”の新たな公演『風街ガーデンであひませう 2017』が10月6日から3日間にわたって開催。今回は「サッポロ生ビール黒ラベル」の発売40周年を記念したイベントとなっており、10月5日に前夜祭として『風街前夜祭 2017』が行なわれ、スペシャルプレミアムトーク「風街座談会」に松本 隆、リリー・フランキー、妻夫木聡が登壇した。

プレミアムトークでは、『風街ガーデンであひませう 2017』の“あひませう”にちなんで「赤いスイートピー」(松田聖子)、「ヒマラヤ・ブルー」(KinKi Kids)、「魔女」(小泉今日子)、「セクシャルバイオレットNo.1」(桑名正博)、「Woman“Wの悲劇”より」(薬師丸ひろ子)の歌詞に関するエピソードを披露。また、松本が「君は天然色」(大瀧詠一)、リリー・フランキーが「瞳はダイアモンド」(松田聖子)、妻夫木が「風をあつめて」(はっぴいえんど)の歌詞をそれぞれ朗読する貴重なシーンも。

「“歌詞はこうあるべき”という概念を松本さんが解体してくれた。いまのミュージシャンも影響を受けてますよ」(リリー・フランキー)、「青春や恋の描き方にキュンキュンしますね。時代を超えた魅力があると思います」(妻夫木)という松本作品に対する思いが伝わるコメントも印象的だった。この日は“風街ミニライブ”も開催され、ライブを披露した、かせきさいだぁと中森泰弘(HICKSVILLE)は「はっぴいえんどの“夏なんです”に影響を受けて作りました」とかせきが語った「じゃっ夏なんで」からスタート。さらに、はっぴいえんどの「夏なんです」「暗闇坂むささび変化」、中島 愛の「星間飛行」などを演奏。ギターと歌のシンプルなスタイルで松本 隆の歌詞を表現していたとのこと。続いて登場した持田香織(Every Little Thing)は、「空いろのクレヨン」(はっぴいえんど)、「SWEET MEMORIES」(松田聖子)、「風をあつめて」(はっぴいえんど)をアコースティックサウンドとともにシックに歌い上げ、イベントの幕開けを飾った。

『風街ガーデンであひませう 2017』は10月6日から8日の3日間の公演をすべて東京・恵比寿ザ・ガーデンホールで開催する。各日の出演者と、松本 隆の作詞による予定演奏曲も公開されているので、気になった方はぜひチェックしてほしい。また会場ロビーにはラウンジバー“BAR風街”が用意され、完璧な生ビ―ルを目指した“PERFECT黒ラベル”などが楽しめるので、秋が深まってきた恵比寿でゆっくりお酒を味わいながら、松本 隆の歌詞の世界を堪能してみてはいかがだろうか。

■サッポロ生ビール黒ラベルPresents 『風街ガーデンであひませう2017』

10月06日(金)開場18:00/開演19:00
10月07日(土)開場17:00/開演18:00
10月08日(日)開場17:00/開演18:00
※全会場:恵比寿ザ・ガーデンホール

■DAY 1
・出演
上白石萌音、さかいゆう、冨田ラボ・冨田恵一、中島 愛、秦 基博、吉澤嘉代子
風街レジェンドGUEST:南 佳孝
・予定演奏曲
「赤いスイートピー」「いつか晴れた日に」「Woman“Wの悲劇”より」「さらばシベリア鉄道」「スタンダード・ナンバー」
「スローなブギにしてくれ(I want you)」「星間飛行」「タイム・トラベル」「パラレル」「瞳はダイアモンド」「魔女」ほか
■DAY 2
・出演
クミコ、手嶌 葵、冨田ラボ・冨田恵一、畠山美由紀、ハナレグミ、藤井 隆、堀込泰行
風街レジェンドGUEST:斉藤由貴
・予定演奏曲目
「風の谷のナウシカ」「キャンディ」「罌粟」「 情熱」「砂の女」「絶望グッドバイ」「卒業」
「代官山エレジー」「Tシャツに口紅」「初戀」「真冬物語」「瑠璃色の地球」ほか
■DAY 3
・出演
安藤裕子、上中丈弥(THEイナズマ戦隊)、OKAMOTO’S、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、中川翔子、森高千里、ROLLY ほか
風街レジェンドGUEST:太田裕美
・予定演奏曲目
「綺麗ア・ラ・モード」「セクシャルバイオレットNo.1」「てぃーんず ぶるーす」「七夕の夜、君に逢いたい」
「ないものねだりのI WANT YOU」「はっぴいえんどメドレー」「ビーズ細工」「木綿のハンカチーフ」
「夜行性」「指切り」「レモネードの夏」ほか

各日コンサート終演後「CLUB風街」開催!「CLUB風街」DJ:砂原良徳
予定演奏曲目/全曲作詞:松本 隆

<チケット好評発売中!>
スタンディング¥7,800(税込・1drink付)
※未就学児入場不可
・プレイガイド
ローソンチケット http://l-tike.com 0570-084-003(Lコード:71280)
チケットぴあ http://t.pia.jp/ 0570-02-9999(Pコード:337-943)
イープラス http://eplus.jp  

主催:ディスクガレージ/BS朝日/J-WAVE 
メディアパートナー:朝日新聞社
特別協賛:サッポロビール 
協力:恵比寿ガーデンプレイス/恵比寿ザ・ガーデンホール
企画制作:ディスクガレージ/BS朝日/プエルタ デル ソル/オフィスオーガスタ/日本コロムビア
お問合せ:ディスクガレージ 050-5533-0888(平日 12:00〜19:00)

『風街ガーデンであひませう2017』公式サイト
http://kazemachi-garden.com



【関連リンク】
『風街ガーデンであひませう 2017』、 作詞家・松本 隆をリスペクトするアー ティストが多数出演
松本隆まとめ
持田香織まとめ
リリー・フランキーまとめ
かせきさいだぁまとめ

【関連アーティスト】
松本隆, 持田香織, リリー・フランキー, かせきさいだぁ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース

城南海、冬がテーマのカバーアルバムのタイトルが『ユキマチヅキ』に決定
Fri, 06 Oct 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月22日(水)に発売される、城南海のカバーアルバムのタイトルが『ユキマチヅキ』に決定した。これまで発売したカバーアルバムで春をテーマにした『サクラナガシ』、夏をテーマにした『ミナミカゼ』に続き、今作は“冬”をテーマにしたアルバムタイトルとなっている。このアルバムに収録される楽曲の一部をTwitterにて募集したところ、600件を越える応募があり、冬の曲が集まったとのこと。その収録曲の全貌も気になるところだ。さらにこのカバーアルバムにはオリジナルの新曲として、10月3日(火)20時からBSジャパンにて放送がスタートした『池波正太郎時代劇 光と影』の主題歌である「サヨナラよりも伝えたかったこと」も収録。そしてこの曲は10月7日(土)19時30分より、地元・鹿児島のFM鹿児島にて放送中のレギュラー番組『アイランドホーム presents♪ 城南海のAi Radio!』にて初オンエアされることも決定した。カバーにオリジナルにと、両方の魅力が詰まった新作に期待が集まるばかりだ。

城南海は、11月26日(日)の名古屋・中電ホールを皮切りに、東名阪福と自身初となる全国ホールツアー『ウタアシビ冬2017』を開催することも決定している。

アルバム『ユキマチヅキ』

2017年11月22日(水) 発売



PCCA.04593/¥2,593(+税)
<収録予定>
・サヨナラよりも伝えたかったこと(オリジナル曲:BSジャパン 火曜ドラマ『池波正太郎時代劇 光と影』主題歌)他、カバー曲を収録予定

『ウタアシビ冬2017』

11月26日(日) 名古屋・中電ホール
12月02日(土) 福岡・スカラエスパシオ
12月09日(土) 東京国際フォーラム ホールC
12月17日(日) 大阪・サンケイホールブリーゼ
<チケット>
一般発売中
全席指定¥6,480(税込)

■番外編 岡山公演
12月16日(土)  岡山市民会館
特別ゲスト:まゆみゆ
<チケット>
全席指定¥4,500(指定・税込)/学生¥3,500(指定・税込)※当日学生証確認後1,000円返金



【関連リンク】
城南海、冬がテーマのカバーアルバムのタイトルが『ユキマチヅキ』に決定
城 南海まとめ
最高のアメリカンロック・グループの ひとつ、トム・ペティ&ザ・ハートブ レイカーズの代表作『破壊』

【関連アーティスト】
城 南海
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム

最高のアメリカンロック・グループのひとつ、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの代表作『破壊』
Fri, 06 Oct 2017 18:00:00 +0900


この10月2日、心不全で亡くなったばかりのトム・ペティ。彼はパンクやテクノといった流行には無縁の、無骨なロックンローラーだった。死ぬまでディランとバーズを愛し続けた彼の音楽スタイルは、80年代中期に登場したオルタナティブカントリーやアメリカーナ系のアーティストに大きな影響を与えたが、彼がいなければアメリカのロックシーンは違うものになっていただろう。今回は追悼の意を込めて、彼の出世作となった3rdアルバム『破壊』を紹介する。

■ディランズ・チルドレン

60年代に登場したボブ・ディランはアメリカのポピュラー音楽界において、まさしく巨人と呼ぶに相応しい存在であり、ビートルズと並んで20世紀のポピュラー音楽界を代表するアーティストである。だからこそ、ディランに影響されたミュージシャンは数多く、ザ・バーズ、ブルース・スプリングスティーン、エリオット・マーフィー、サミー・ウォーカー、デヴィッド・ボウイ、ルー・リード、スティーヴ・アールなど枚挙にいとまがない。

ディランズ・チルドレンと呼ばれる彼らはディランの歌い方だけでなく、政治的なスタンスやライフ・スタイルも似ている場合が多く、ボブ・ディランというひとりのアーティストが音楽ジャンルになっていると言っても過言ではない。というか、50年代のエルビス・プレスリーと60年代のボブ・ディランこそが、アメリカのロックを開拓し、70年代以降のアメリカ音楽シーンを創り上げたとも言える。

■ザ・バーズのアメリカンロックへの 大きな貢献

中でもザ・バーズはディランの代表曲のひとつである「ミスター・タンブリンマン」(‘65)でデビュー、ディランが編み出したフォークロックを一般のポピュラー音楽ファンに浸透させ、フォークロックというジャンルを世界的に広めたイノベーター的存在であった。アメリカ西海岸の音楽シーンにおいてバーズの影響は大きく、73年に解散するまで、フォークロック、アシッドロック、カントリーロックなど、後のアメリカンロックへとつながる基礎を築いていく。一世を風靡したクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング、イーグルス、リンダ・ロンスタット、ジャクソン・ブラウンらの音楽も、その基盤にはバーズの生み出した音楽があり、そしてそれらのルーツにボブ・ディランがいたのである。

■アメリカンロックの王道を行く トム・ペティ

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズがデビューしたのは76年。当時、パンクロックとAOR、フュージョンが人気を集めていた頃なのに、ペティの音楽は無骨なまでのストレートなアメリカンロックで、日本で聴いている音楽ファンは少なかったと思う。あまり宣伝をしなかったせいもあるだろうが、スプリングスティーン、エリオット・マーフィー、ボブ・シーガーら、ディランズ・チルドレンでかつ王道のアメリカンロックを演奏するパフォーマーたちがすでに存在していただけに、似たようなサウンドを持つペティの存在感は薄かったのだ。

しかし、アメリカ人は王道のアメリカンロックが大好きであり、似たようなグループがいくつかあっても、アメリカ国内ではそれなりに売れていたようだ。デビュー作『トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ』は1年ぐらいかけて先にイギリスでヒット、その後アメリカでもロングセラーとなっている。彼らが在籍していたのはシェルター・レコードで、この会社はレオン・ラッセルとデニー・コーデルが設立し、ラッセル人脈のアーティストをリリースするマニアックなレーベルであった。マイナーなロックが好きな僕にとってみればシェルターは名盤の宝庫であり、今でも地味だが好きな作品が多数ある。ポップなアメリカンロックのペティが在籍していたのは少し不思議であったけれど、信頼するレーベルに所属していただけに彼の名前は記憶に残った。この作品には彼らの代表曲というだけでなく、アメリカンロックの代表曲のひとつとして知られる「アメリカン・ガール」が収録されている。2000年代に入ってもテイラー・スイフトやシュガーランドといったアーティストがカバーしている名曲だ。

続いて、78年にリリースされた2ndアルバム『ユア・ゴナ・ゲット・イット!』は、前作よりもシャープなサウンドで全米23位まで上昇、世界中の若者がパンクロックに夢中になっていたが、やはり彼らの音作りはシンプルかつキャッチーなアメリカンロックであった。これはもう不器用と呼ぶ以外にないと思いつつも、その潔さにどこかリスペクト感も抱いていた。驚いたのは、このアルバムではペティのヴォーカルがバーズのリードヴォーカリストであるロジャー・マッギンに似ていたことだ。知らずに聴いていれば、マッギンの新譜だと思っただろう。それぐらいペティの歌はマッギンそっくりであった。

どういういきさつかは分からないが、2ndアルバム以降、ペティのヴォーカルはどんどんマッギンへ傾倒していく。ペティの師匠にあたるマッギンも、77年にリリースした5枚目のソロ『サンダーバード』で、ペティの「アメリカン・ガール」をカバーしているのが面白いところ。また、ペティがリッケンバッカーのギターを使うのはマッギンの影響であるし、マッギンがリッケンバッカーを使うのはビートルズからの影響である。

■本作『破壊』について

そして、79年にリリースされ、全米チャートで2位を獲得したのが3rdアルバムの本作『破壊(原題:Damn The Torpedoes)』である。アルバムのリリースまでに、シェルター・レコードがメジャーレーベルのMCAに買収され、それを嫌がったペティはMCAを相手に訴訟(契約解除を要求して)を起こすことになるのだが、最終的には和解しMCA傘下のバックストリート・レコードから出すことになった。この作品でもペティのヴォーカルはマッギン風であるが、マッギンの声でディラン風に歌うという新たなスタイルも披露している(「ヒア・カムズ・マイ・ガール」)。

アルバムの出来は素晴らしく、ハートブレイカーズ名義のスタジオ録音作品としては最高ではないかと思う。特に3曲のシングルヒット(「危険な噂(原題:Don’t Me Like That)」「逃亡者(原題:Refugee)」「ヒア・カムズ・マイ・ガール」)はどれも文句なしにカッコ良いし、メロディーも良い。そして、アルバム最後を締め括る「ルイジアナ・レイン」は、ボニー・タイラーのために書いた曲で、僕の中ではペティの最高の曲の一つだと思う。90年代のオルタナカントリー的なサウンドで、アメリカンルーツロックの代表的な一曲である。ディランズ・チルドレンとしての面目躍如といったところかもしれない。本作はこれまでの2作にはなかった重厚さのあるアメリカンロックに仕上がっていて、イギリスっぽいポワーポップの香りもするところが特徴だろう。

ハートブレイカーズのギタリスト、マイク・キャンベルとキーボードのベンモント・テンチの本作でのプレイは秀逸で、彼らふたりの力量が本作の価値を高めているのは言うまでもない。彼らは現在も多くのセッションやプロデュースをこなしていて、特にアメリカーナ系の作品においては欠かせない人材となっている。

■ペティの死

10月2日、自宅で心不全の状態で発見されたのだが、9月の末あたりまで、ハートブレイカーズ結成40周年のワールドツアーを元気に行なっており、スケジュールを見るとかなりハードな日程なので、過労死ではないだろうか。今月、10月20日には彼の67回目の誕生日を迎えるはずだった。アメリカンロックの世界で大きな業績を残したトム・ペティの冥福を祈りたいと思う。

TEXT:河崎直人

アルバム『Damn The Torpedoes』

1979年作品



【関連リンク】
最高のアメリカンロック・グループの ひとつ、トム・ペティ&ザ・ハートブ レイカーズの代表作『破壊』
Tom Petty And The Heartbreakersまとめ
【さとり少年団】 現役男子高校生、“さとり少年団”デビュー!

【関連アーティスト】
Tom Petty And The Heartbreakers
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!

【さとり少年団】現役男子高校生、“さとり少年団”デビュー!
Fri, 06 Oct 2017 18:00:00 +0900


男子高校生3人組のダンス&ヴォーカルユニット“さとり少年団”が1stシングル「ヘルプ ユー」でついにデビュー! 今作を引っ提げた初のリリースイベント直後のメンバーにライヴに対するスタンスと「ヘルプ ユー」について訊いた。

──1stシングル「ヘルプ ユー」のリリースが決定し、つい先ほど初のリリースイベントが行なわれましたが(9月16日@千葉・西武船橋店 カーニバル広場)、手応えはどうでした?

謙信
「あっと言う間でしたね! 新曲も披露しましたし、素敵なイベントになったと思います。」

永玖
「初めてのリリースイベントだったし、テンションも上がっていて。始める前は不安もあったけど、すごく楽しかったです。」

颯斗
「ストリートライヴはずっとやってきたんですけど、いつも以上に緊張しましたね。でも、ステージに出たらファンのみなさんがすごく応援してくれて。サプライズには驚きましたけど(笑)。」

──イベント中にTBSの伊東 楓アナウンサーとドライブヘッド 01MKII サイクロンインターセプター(アニメのキャラクター)が登場し、1stシングル「ヘルプ ユー」がアニメ『トミカハイパーレスキュードライブヘッド〜機動救急警察〜』の10月クールオープニング主題歌になることが発表されたという。

謙信
「いつか主題歌を担当してみたいという夢があったので、それが叶って嬉しかったですね。」

──さとり少年団は2015年に結成されて、これまではストリートライヴ中心の活動を行なってきましたが。

颯斗
「はい。ミューザ川崎で定期的にストリートライヴをやらせてもらっていました。」

謙信
「機材のセッティングやバミリ(立ち位置にガムテープを貼る作業)も自分たちでやっていたんですよ。」

永玖
「最初は大変でしたね。ダンスしながら歌うのも初めてだったし…。」

颯斗
「ダンスは小学校1年生の時からやってるんですけど、お客さんの前でパフォーマンスするのは初めてで、最初は自己紹介やMCも棒読みだったんですよ。で、お客さんから“棒読みキャラなんだね”って言われたり(笑)。」

謙信
「(笑)。僕はさとり少年団に入ってからダンスを始めたので、ぜんぜん慣れてなくて。最初は顔が強ばってたけど、2年経ってだいぶ成長できたと思います。」

颯斗
「“どうやったら楽しんでもらえるか?”とか“この曲はどう表現するか?”って、やっと考えられるようになったので。」

永玖
「うん。もちろんまだまだだし、もっと練習しないといけないんですけど。」

──では、1stシングル「ヘルプ ユー」について聞かせてください。ロックテイストのナンバーですが、最初に聴いた時の印象は?

永玖
「純粋に“カッコ良い!”って思いました。ずっと“アップテンポの曲が欲しいね”って話してたのですごく嬉しかったし、聴いた瞬間は気持ちが高ぶりました。」

颯斗
「初めて聴いた時は“キター!”って感じでした(笑)。すごくカッコ良いし、お客さんを巻き込める曲になるなって。」

謙信
「“ヘルプ ユー”って“あなたを助けます”という意味じゃないですか。今まではファンの方やスタッフのみなさんに助けてもらうことが多かったから、この曲をきっかけにして、みんなを助けられる逞しい自分たちを見せられたらいいなって思ってます。」

颯斗
「“助けてあげるよ”っていう。頼れるさとり少年団になりたいですね!」

──ステージで披露する時も強い気持ちになれるのでは?

颯斗
「そうなんですよ。すごく前向きな曲だから、パフォーマンスする時の表情もポジティブになるというか。」

謙信
「自然と変わってくるよね。」

永玖
「“俺がいるから大丈夫。逃げずに一緒に戦おう”という熱い友情を歌ってますからね。」

颯斗
「強いメッセージだよね。」

謙信
「この曲を歌うことになって筋トレを始めたんですよ。まずは自分を鍛えようかなって。」

颯斗
「体力作りも大事だからね(笑)。」

──(笑)。シングルのA盤には「gomenne」を収録していますが。

颯斗
「以前からライヴでやっていた曲で、ファンのみなさんから“いつ音源になりますか?”と言われていたので、収録できて嬉しいです。曲調はザ・バラードって感じですね。」

永玖
「失恋ソングだね。」

颯斗
「そう。“ごめんね”が上手く伝えられないっていう…。これって恋愛だけじゃないと思うんです。友達同士の喧嘩にも当てはまると思うし。」

──そして、B盤には「It`s My JK Life」。

永玖
「一番盛り上がる曲ですね。この曲、初めて3人で作詞にアイデアを出させてもらったんです。」

颯斗
「曲を渡されて3人それぞれ考えて。」

謙信
「僕は“夢を叶えよう”みたいなアイデアを出しました。」

永玖
「僕は“Have a good time”という楽しい感じで。」

颯斗
「ふたりがそうくると思ったから、僕は恋愛のアイデアを提案したんです。」

謙信
「“理想の高校生活じゃないけど、頑張っていこう”という歌ですね。」

──C盤には「BREAK ME DOWN」のリアレンジバージョンが収録されるとのことですが。

颯斗
「この曲はこれまでもライヴでずっと歌っていて。手作りのCDを作って、5,000枚手売りできたらCDデビューができるという企画に挑戦したんですけど、達成した時は嬉しかったですね。」

謙信
「うん。それが「ヘルプ ユー」につながったし。」

颯斗
「今回収録されるのはリアレンジバージョンなんですけど、完成はまだなので僕たちも楽しみです!」

──では最後に、さとり少年団の次の目標は何ですか?

永玖
「主題歌という目標は叶ったので…」

颯斗
「次はワンマンライヴですね!」

謙信
「そうだね。実現できたら、すごい幸せだろうな。」

颯斗
「そのためには曲を増やさないとね。頑張ります!」

取材:森 朋之

シングル「ヘルプ ユー」

2017年11月15日発売
SDR



【A盤】
ZXRC-1120 ¥1,000(税込)



【B盤】
ZXRC-1121 ¥1,000(税込)



【C盤】
ZXRC-1122 ¥1,000(税込)

『デビューシングル「ヘルプ ユー」 リリースイベント』

10/08(日)13時〜 千葉・流山おおたかの森S・C
10/15(日)13時〜 神奈川・タワーレコード川崎店
10/21(土)13時〜 埼玉・ららぽーと富士見
10/28(土)13時〜 東京・ららぽーと立川立飛

さとり少年団

サトリショウネンダン:2015年結成。スターダストプロモーション所属の若手男性アーティスト集団EBiDAN(恵比寿学園男子部)の永玖、謙信、颯斗からなる3人組ダンス&ヴォーカルユニット。デビュー前から毎月ストリートライヴを重ね、実力派グループとしての基礎を築く。そんな2年間のストリートライヴ武者修業を経て、17年11月にシングル「ヘルプ ユー」で満を持してデビュー!



【関連リンク】
【さとり少年団】 現役男子高校生、“さとり少年団”デビュー!
さとり少年団まとめ
Ken主宰『PARTY ZOO 2017』 出演者紹介映像を公開

【関連アーティスト】
さとり少年団
【ジャンル】
J-POP, okmusic UP\'s vol.158, インタビュー, EBiDAN

Ken主宰『PARTY ZOO 2017』出演者紹介映像を公開
Fri, 06 Oct 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月22日(水)、23日(木)の2日間に渡ってZepp Tokyoにて開催されるL\'Arc〜en〜CielのKenが主宰するライブイベント『PARTY ZOO 2017』、2日目となるDAY2の出演バンドのMVを中心に出演者を紹介する映像『PARTY ZOO 2017 TRAILER MOVIE』が公開された。

DAY2の出演者は、A9、BAROQUE、MUCC、sukekiyo、Ken with Naughty starsが出演。DAY1は、様々なミュージシャンが入り乱れてのセッション満載の1日となりアリス九號、彩冷えるが交わる『アリビエ(アリス九號×彩冷える)』、YUKKE BIRTHDAY UNITの『HAPPY FARM』、オリジナルメンバー3人による『kannivalism』、8月の『MIDNIGHT PARTY ZOO』で衝撃のライブを魅せた『コーン杉並』、本家kazuma率いる『Merry Go Round Respects』、こちらも本家お墨付きありの『X SUGINAMI』、Kenのセッションバンド『Ken with Naughty stars』、そして出演者総出の『PARTY ZOO SONG』。

『PARTY ZOO』ならでは、その日しか見る事の出来ないSPECIALな2日間のチケットは各プレイガイドでも10月7日から発売される。

■『PARTY ZOO 2017 TRAILER MOVIE』


https://www.youtube.com/watch?v=x68QRdVndXQ『PARTY ZOO 2017』

「PARTY ZOO 2017 DAY1」
11月22日(水) Zepp Tokyo
OPEN 16:45 / START 17:30
出演:
「アリビエ(アリス九號×彩冷える)」Vo.将(A9) / Gt.夢人(ベル) / Gt.虎(A9) / Ba.沙我(A9) / Dr.KENZO(BVCCI HAYNES、GREMLINS)
「HAPPY FARM」Vo.maya(LM.C) / Gt.悠介(lynch.) / Gt.冬真(CL?WD) / Ba.YUKKE(MUCC) / Dr.莎奈(ユナイト)
「kannivalism」Vo.怜(BAROQUE) / Gt.圭(BAROQUE) / Ba.YUCHI(sukekiyo) / Dr.ICCHAN.
「コーン杉並」Vo.taama(ROACH) / Gt.ミヤ(MUCC) / Gt.奈緒(アルルカン) / Ba.Sacchan(DEZERT) / Dr.SORA(DEZERT)
「Merry Go Round Respects」Vo.kazuma(gibkiy gibkiy gibkiy) / Gt.aie(gibkiy gibkiy gibkiy) / Gt.ミヤ(MUCC) / Ba.愁 / Dr.sakura(gibkiy gibkiy gibkiy)
「X SUGINAMI」Vo.団長(NoGoD) / Gt.ミヤ(MUCC) / Gt.ヒロト(A9) / Ba.Masa(NOCTURNAL BLOODLUST) / Dr.DAISUKE(Jupiter)
「Ken with Naughty stars」Vo. & Gt. Ken / Gt.虎(A9) / Ba.沙我(A9) / Dr.Nao(A9) / Key.匠(sukekiyo)
「PARTY ZOO SONG」Ken with Naughty All Stars

「PARTY ZOO 2017 DAY2」
11月23日(木祝) Zepp Tokyo
OPEN 15:45 / START 16:30
出演:A9、BAROQUE、MUCC、sukekiyo、Ken with Naughty stars

<チケット>
・1階スタンディング前売券 ¥7,000(税込・ドリンク代別) 当日券 ¥8,000(税込・ドリンク代別)
・2階指定席前売券 ¥8,000(税込・ドリンク代別) 当日券 ¥9,000(税込・ドリンク代別)
■各プレイガイドで、10月7日(土)11:00〜販売開始
・チケットぴあ http://w.pia.jp/t/party-zoo/ 0570-02-9999 Pコード:347-202 
・ローソンチケット http://l-tike.com/partyzoo 0570-084-003 Lコード:76936
・イープラス http://eplus.jp/party-zoo/
・Ticket Every!先着受付中 https://ticket-every.jp/all/mp/partyzoo2017



【関連リンク】
Ken主宰『PARTY ZOO 2017』 出演者紹介映像を公開
L\'Arc〜en〜Cielまとめ
Kenまとめ
桑田佳祐、ソロデビュー30年周年記念 MV集『MVP』リリースを発表

【関連アーティスト】
L\'Arc〜en〜Ciel, Ken
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース

桑田佳祐、ソロデビュー30年周年記念MV集『MVP』リリースを発表
Fri, 06 Oct 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月6日(金)に桑田佳祐本人へスタッフから、“MVP”の称号を贈る表彰状が授与されると共に、同日に迎えたソロ30周年を記念してミュージックビデオ集『MVP』が12月13日(水)に発売されることが発表された!

1987年10月6日にソロとしてのファーストシングル「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」をリリースしてから、サザンオールスターズの活動とは別にソロ名義でも、「祭りのあと」「波乗りジョニー」「白い恋人達」「明日晴れるかな」・・・といった各時代時代を彩った曲から、最新の「若い広場」「オアシスと果樹園」まで、数多の名曲・ヒット曲を生み出してきた桑田佳祐。2017年10月6日(金)をもって満30年を迎えたソロ活動の数々の輝かしい功績は誰しもが知るところだが、そんな記念すべき日を祝うべく、桑田のスタッフから『MVP』の称号を贈る表彰状が贈られた。

そして、その称号に呼応して表彰状の文中では、ソロ30周年を記念してミュージックビデオ集、その名も『MVP』を12月13日(水)に発売することが宣言された。表彰状の淵に並べられたバラエティ豊かな数々の写真と過去のミュージックビデオの名場面が表すように桑田佳祐のミュージックビデオは、緻密に作りこまれた世界観と楽しいアイデアが盛り込まれていることで評価が高い。これまでにパッケージされていない作品も多いため期待も高まるが、今回発表されたのは作品のタイトル『MVP』と、12月13日という発売日のみ。その他の作品の詳細内容は後報とのことで、新たな情報発表をお待ちいただきたい。

30周年記念ミュージックビデオ集『MVP』

2017年12月13日(水)発売



詳細後報



【関連リンク】
桑田佳祐、ソロデビュー30年周年記念 MV集『MVP』リリースを発表
桑田佳祐まとめ
SPICY CHOCOLATE、ラブソングベス トのリリースイベント開催決定

【関連アーティスト】
桑田佳祐
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, リリース

SPICY CHOCOLATE、ラブソングベストのリリースイベント開催決定
Fri, 06 Oct 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SPICY CHOCOALTEが収録楽曲総ダウンロード総数200万ダウンロード越えの最強ベストアルバム『スパイシーチョコレート BEST OF LOVE SONGS』のリリースを記念したイベントを開催することを発表した。BENI、HAN-KUN、MACO、Ms.OOJA、TEE、YU-A、寿君が駆けつけ、今世紀最高の“告白ソング”新曲「君のことが好きだったんだ feat. BENI, Shuta Sueyoshi(AAA)&HAN-KUN」の初パフォーマンス(※Shuta Sueyoshi(AAA)の出演は無し)をはじめリリースをセレブレートするスペシャルパフォーマンスが展開される予定。まさにアルバム通りのベストで豪華なイベントとなること間違いなし。このイベントの詳細はユニバーサルミュージックの下記サイトへ。30組60名の当選者、またタワーレコード渋谷店にて、このベストアルバムを予約もしくは購入した方が招待される。

■SPICY CHOCOLATE『スパイシーチョコレート BEST OF LOVE SONGS』リリース記念イベント詳細
http://www.universal-music.co.jp/spicy-chocolate/news/2017-10-06/
■タワーレコード渋谷店予約購入方法詳細
http://www.universal-music.co.jp/spicy-chocolate/news/2017-10-06-2/

アルバム『スパイシーチョコレート BEST OF LOVE SONGS』

2017年10月11日発売



【初回盤A】(CD+DVD)
UICV-9251/¥3,500+税
<収録曲>
■CD
01.君のことが好きだったんだ feat. BENI, Shuta Sueyoshi (AAA) & HAN-KUN」
02.ずっと feat. HAN-KUN & TEE 
03.I miss you feat. 清水翔太
04.あなたと明日も feat. ハジ→ & 宇野実彩子 (AAA)
05.うれし涙 feat. シェネル & MACO
06.しあわせ feat. Ms.OOJA & SALU
07.信ジルモノ feat. YU-A, AK-69 & HAN-KUN from 湘南乃風
08.愛スルモノ feat. SHOCK EYE, lecca & SIMON
09.Last Forever feat. 加藤ミリヤ & SKY-HI
10.同じ空 feat. ナオト・インティライミ & 安田レイ
11.ミスキャスト feat. 大橋卓弥 (スキマスイッチ) & 奇妙礼太郎
12.二人で feat. 西内まりや & YU-A
13.ずっとマイラブ feat. HAN-KUN & TEE
14.キミと未来 feat. Ms.OOJA & 寿君
■DVD
「君のことが好きだったんだ feat. BENI, Shuta Sueyoshi (AAA) & HAN-KUN」(新曲)
「ずっと feat. HAN-KUN & TEE 」(黒島結菜出演)
「I miss you feat. 清水翔太」(小島藤子出演)
「あなたと明日も feat. ハジ→ & 宇野実彩子(AAA)」(木下優樹菜出演)
「うれし涙 feat. シェネル & MACO」(今井華出演)
「しあわせ feat. Ms.OOJA & SALU」(田中美保出演)
「信ジルモノ feat. YU-A, AK-69 & HAN-KUN from 湘南乃風」
「愛スルモノ feat. SHOCK EYE, lecca & SIMON」
「Last Forever feat. 加藤ミリヤ & SKY-HI」
「同じ空 feat. ナオト・インティライミ & 安田レイ」
「ミスキャスト feat. 大橋卓弥 (スキマスイッチ) & 奇妙礼太郎」(市川紗椰出演)
「二人で feat. 西内まりや & YU-A」
「ずっとマイラブ feat. HAN-KUN & TEE」(浅田舞出演)
「キミと未来 feat. Ms.OOJA & 寿君」(鈴木奈々出演)



【初回盤B】(2CD)
UICV-9252/3/¥2,980+税
<収録曲>
■CD
01.君のことが好きだったんだ feat. BENI, Shuta Sueyoshi (AAA) & HAN-KUN」
02.ずっと feat. HAN-KUN & TEE 
03.I miss you feat. 清水翔太
04.あなたと明日も feat. ハジ→ & 宇野実彩子 (AAA)
05.うれし涙 feat. シェネル & MACO
06.しあわせ feat. Ms.OOJA & SALU
07.信ジルモノ feat. YU-A, AK-69 & HAN-KUN from 湘南乃風
08.愛スルモノ feat. SHOCK EYE, lecca & SIMON
09.Last Forever feat. 加藤ミリヤ & SKY-HI
10.同じ空 feat. ナオト・インティライミ & 安田レイ
11.ミスキャスト feat. 大橋卓弥 (スキマスイッチ) & 奇妙礼太郎
12.二人で feat. 西内まりや & YU-A
13.ずっとマイラブ feat. HAN-KUN & TEE
14.キミと未来 feat. Ms.OOJA & 寿君
■MIXCD
1
つたえきれない feet. SHOCK EYE & TAK-Z
あれからの二人は。 feat. TAK-Z & 寿君
幸せドライブ feat. RYO the SKYWALKER & pukkey
ともに歩こう feat. NATURAL WEAPON & WATARU
ひとつだけの feat. TAK-Z & 當山みれい
2
I LOVE YOU feat. RUEED & 大城美友
ベイビーガール feat. RAY & 當山みれい
君に会いたい... feat. 青山テルマ & RYO the SKYWALKER
サヨナラさえ言えたなら feat. Dear & CORN HEAD
最後のWish feat. 中村舞子 & NG HEAD
3
それでも君が好き feat. JASMINE, SKY-HI & 寿君
出逢った頃のままで。 feat. TAK-Z & 寿君
Tun up!! feat. MUNEHIRO & 卍LINE
FREE FREE!! feat. HAN-KUN & Ami
Turn It Up feat. AK-69 & Havana Brown
4
キミをもっと feat. BES & 宮田悟志
片想い feat. 山口リサ & TAKAFIN
素直になりたい / 8utterfly & J-REXXX
SAKURA / KIRA & JASMINE
恋人つなぎ / MUNEHIRO & TAKAFIN
5
運命のカギ / RAY & FUKI
Love is the answer feat. MUNEHIRO & Miss Monday
そこに愛は feat. CHEHON & NATURAL WEAPON
ナンバーワン feat. SIMON & Emi Meyer
6
約束 feat. BES & N.O.B.U!!!
ヤッホー feat. RYO the SKYWALKER
ナナナアイアイ feat. KEN-U, BIGGA RAIJI, DOMINO KAT & MICKY RICH
またね feat. RYO the SKYWALKER, KEN-U, BIG BEAR, KYO虎, MUNEHIRO & CHOP STICK



【通常盤】(CD)
UICV-1085/¥2,500+税
<収録曲>
01.君のことが好きだったんだ feat. BENI, Shuta Sueyoshi (AAA) & HAN-KUN」
02.ずっと feat. HAN-KUN & TEE 
03.I miss you feat. 清水翔太
04.あなたと明日も feat. ハジ→ & 宇野実彩子 (AAA)
05.うれし涙 feat. シェネル & MACO
06.しあわせ feat. Ms.OOJA & SALU
07.信ジルモノ feat. YU-A, AK-69 & HAN-KUN from 湘南乃風
08.愛スルモノ feat. SHOCK EYE, lecca & SIMON
09.Last Forever feat. 加藤ミリヤ & SKY-HI
10.同じ空 feat. ナオト・インティライミ & 安田レイ
11.ミスキャスト feat. 大橋卓弥 (スキマスイッチ) & 奇妙礼太郎
12.二人で feat. 西内まりや & YU-A
13.ずっとマイラブ feat. HAN-KUN & TEE
14.キミと未来 feat. Ms.OOJA & 寿君



【関連リンク】
SPICY CHOCOLATE、ラブソングベス トのリリースイベント開催決定
SPICY CHOCOLATEまとめ
吉澤嘉代子、インストアライブで 新曲「残ってる」を披露

【関連アーティスト】
SPICY CHOCOLATE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, レゲエ

吉澤嘉代子、インストアライブで新曲「残ってる」を披露
Fri, 06 Oct 2017 13:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

吉澤嘉代子が2ndシングル「残ってる」の発売を記念して、10月5日タワーレコード渋谷店B1F『CUTUP STUDIO』にてインストアライブを開催した。

この日のイベントを待ったファンが集まり、準備されたイベント券配券が終了、会場は超満員に。バカリズム原作、脚本、主演ドラマ『架空OL日記』主題歌「月曜日戦争」からスタート。「綺麗」、「手品」、「真珠」を立て続けに歌唱。「手品」では、おなじみの演出で冒頭に紐がハンカチになる手品を披露し、ハンカチを振ると会場からは拍手に包まれた。最後に新曲「残ってる」をサポートギターのKASHIFとのアコースティック編成で熱唱し、集まったファンを楽しませた。吉澤は「夏から秋にかけて、季節が変わった時に一人ぼっちで帰る女の子を書きました。私がとても好きな曲で、ぴったりな季節に出したいなと思って、今回リリースしました。初回盤には私にとって大事なツアー(『獣ツアー 2017』)の映像が、ほぼ丸っと入っているので、ぜひ見てもらえたら嬉しいです」とコメント。

なお、吉澤嘉代子は、10月7日ヴィレッジヴァンガード下北沢店でのインストアイベントを残しており、10月6日放送の日本テレビ系『バズリズム02』の“Pick UP お試しリポーターが行く。コーナー”に登場するので、ぜひチェックしてほしい。

『「残ってる」発売記念インストアイベント』

10月07日(土) 東京・ヴィレッジヴァンガード下北沢店 店内イベントスペース
20:15〜 サイン&チェキお渡し会
イベント詳細はこちら: http://bit.ly/2fGnTyq

シングル「残ってる」

2017年10月4日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
CRCP-10386/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
1.残ってる
2.残ってる -ヒ?アノと歌-
3.怪盗メタモルフォーセ? -CM Version-
■DVD
「獣ツアー 2017」2017年5月7日 東京国際フォーラム ホールC ライフ?映像
01.ユートヒ?ア
02.ラフ?ラフ?
03.ねえ中学生
04.らりるれりん
05.えらは?れし子供たちの密話
06.屋根裏
07.人魚
08.綺麗
09.地獄タクシー
10.麻婆
11.カフェテリア
12.ふ?らんこ乗り
13.一角獣
-ENCORE-
月曜日戦争
フレフレフラレ



【通常盤】(CD)
CRCP-10387/¥926+税
<収録曲>
1.残ってる
2.残ってる -ヒ?アノと歌-
3.怪盗メタモルフォーセ? -CM Version-



【関連リンク】
吉澤嘉代子、インストアライブで 新曲「残ってる」を披露
吉澤嘉代子まとめ
PKCZ(R)×HiGH&LOW、映画試写会 &プレミアムライブを開催

【関連アーティスト】
吉澤嘉代子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, 新曲, レポート

PKCZ(R)×HiGH&LOW、映画試写会&プレミアムライブを開催
Fri, 06 Oct 2017 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『PKCZ(R)×HiGH&LOW 完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOW』が11月6日(月)と7日(火)の2日間にわたって横浜アリーナで開催される。当日はPKCZ(R)をはじめ、ゆかりのあるアーティストが続々登場しライブパフォーマンスを繰り広げるのに加え、映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』の完成披露試写会が11月11日の一般公開に先駆けて行われるとのこと。

同イベントは2016年夏に横浜赤レンガパークで開催された『PKCZ(R)×HiGH&LOWのコラボレーション・ライブ』に続く第2弾となっており、2016年のイベントでは15組ものアーティストが出演しただけに今回はどんなアーティストが登場するのか楽しみにしていてほしい。また、イベントのチケットは10月28日の一般発売に先駆けて10月7日正午より先行発売がスタートする。詳細はイベント公式サイトをチェック!

■『PKCZ(R)×HiGH&LOW 完成披露試写 会&PREMIUM LIVE SHOW』

11月06日(月)&7日(火) 神奈川・横浜アリーナ
開場17:00/開演18:00
<公演内容>
・映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』の先行上映会
・PKCZ(R)×HiGH&LOWのコラボレーションLIVE
LIVE出演アーティスト:PKCZ(R)and more…
<チケット>
・価格(税込/指定)
¥8,500(映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』劇場前売り鑑賞券付)
・先行販売
10月7日(土)12:00〜
・一般発売日
10月28日(土)10:00〜

■『PKCZ(R)×HiGH&LOW 完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOW』公式サイト
http://high-low.jp/event/



【関連リンク】
PKCZ(R)×HiGH&LOW、映画試写会 &プレミアムライブを開催
PKCZ(R)まとめ
桑田佳祐、GYAO!にてライブ映像 「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」を配信

【関連アーティスト】
PKCZ(R)
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, 映画

桑田佳祐、GYAO!にてライブ映像「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」を配信
Fri, 06 Oct 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

桑田佳祐のソロデビュー30周年を記念して、 10月6日より映像配信サービス「GYAO!」にて「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」のライブ映像を配信することがわかった。同曲は1987年の10月6日にリリースされたソロデビュー曲で、本映像は2017年夏に15年ぶりに出演した『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』でのライブ映像となっている。

アルバム『がらくた』が発売から1ヶ月以上が経ってもなお様々な音楽チャートを席巻し話題となっている桑田佳祐の圧倒的なライブパフォーマンスは、往年のファンの方はもちろん、すべての音楽ファンの方にも楽しんで頂けること間違いなし。現在、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』特集で配信中の楽曲「ヨシ子さん」のライブ映像と共に大盛り上がりした会場の熱気をぜひ体感してほしい。



【関連リンク】
桑田佳祐、GYAO!にてライブ映像 「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」を配信
桑田佳祐まとめ
SKY-HI、アルバム『Marble』が iTunes総合チャート1位を獲得 &ティザー映像公開

【関連アーティスト】
桑田佳祐
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

SKY-HI、アルバム『Marble』がiTunes総合チャート1位を獲得&ティザー映像公開
Fri, 06 Oct 2017 11:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月11日より配信開始となるデジタルアルバム『Marble』が、10月6日よりプライスオフ価格にてiTunesで独占配信がスタート! 優しさに溢れた世界観がカラフルに表現されている、収録曲「Marble」のティザー映像も公開されたのでぜひチェックしてほしい。また、同アルバムはiTunesの総合チャートで1位と好スタートを切っている。

『Marble』は、10月11日からスタートする上海、台湾、香港、LA、NY、PARIS、LONDONでの初海外公演を含む24箇所25公演で行われる『SKY-HI Round A Ground 2017』に先駆けて配信された、新曲2曲とライブでお馴染みの8曲を収録したSKY-HIの入門編とも言える内容となっている。新曲「Marble」は多種多様な人々が混ざり合うことによって作りあげられている世界、そこに生まれる様々なドラマ、その世界に生きることの喜びや苦しみをリリックに込めたSKY-HIの新章開幕とも言えるメッセージソングで、TrackメーカーにKM、アレンジャーにChaki Zulu、トランペットにAtsuki Yumoto(FIRE HORNS)を迎えて制作された優しさに溢れるトラックと、言葉のデリバリーにこだわった心に届くSKY-HIのRAPが創り上げるPOPSとHIP HOPの新たな交差点とも言える仕上がり。そして、SKY-HIの新たな代表曲ともいえる1曲だ。

■「Mable」ティザー映像


https://www.youtube.com/watch?v=wZFhw-lcMCw配信限定アルバム『Marble』

2017年10月11日配信開始
iTunes独占先行配信:2017年10月6日〜10日



■iTunes独占先行配信
¥600(税込)
※プライスオフ価格

■全CP通常配信
¥1050(税込)
<収録曲>
1.Marble
2.Bitter Dream
3.Double Down
4.スマイルドロップ \'16
5.ナナイロホリデー
6.As A Sugar
7.Stray Cat
8.Limo
9.TOKYO SPOTLIGHT
10.Over the Moon

・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1286962931?app=itunes&ls=1
・AWA
https://mf.awa.fm/2yCSWin
・AppleMusic
https://itunes.apple.com/jp/album/id1286962931?app=apple&ls=1
・LINE MUSIC
https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000014c4264&cc=JP

配信楽曲「Marble」

2017年10月6日配信開始



全CP ¥257(税込)
・Spotify
http://open.spotify.com/album/2zBKHuHFtiQPBENzRnBSrz
・mora
http://mora.jp/package/43000002/ANTCD-24978/
・レコチョク
http://recochoku.com/a0/skyhi_marble/
・mu-mo
http://q.mu-mo.net/of/skyhi_171006/

『SKY-HI Round A Ground 2017』

10月11日(水) 北海道・帯広MEGA STONE
10月12日(木) 北海道・札幌PENNY LANE24
10月20日(金) 台湾・ATT SHOW BOX
10月22日(日) 香港・E-Max Music Zone
10月25日(水) 千葉・柏PALOOZA
10月27日(金) 神奈川・横浜Bay Hall
10月28日(土) 滋賀・滋賀U STONE
11月01日(水) 山口・周南RISING HALL
11月07日(火) 群馬・高崎clubFLEEZ
11月08日(水) 埼玉・西川口Hearts
11月12日(日) ロサンゼルス・Troubadour
11月15日(水) ニューヨーク・SOB\'s
11月18日(土) パリ・Glazart
11月19日(日) ロンドン・Bush Hall
11月22日(水) 長野・長野CLUB JUNK BOX
11月24日(金) 富山・富山MAIRO
11月25日(土) 福井・福井 響のホール
11月27日(月) 香川・高松festhalle
11月29日(水) 長崎・長崎DRUM Be-7
11月30日(木) 大分・大分DRUM Be-0
12月02日(土) 山形・山形ミュージック昭和セッション
12月09日(土) 岐阜・岐阜club G
12月11日(月) 東京・豊洲PIT
12月12日(火) 東京・豊洲PIT



【関連リンク】
SKY-HI、アルバム『Marble』が iTunes総合チャート1位を獲得 &ティザー映像公開
SKY-HIまとめ
山地まり、内藤ルネとコラボした キュートなMVを公開

【関連アーティスト】
SKY-HI
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, アルバム, 音楽配信

山地まり、内藤ルネとコラボしたキュートなMVを公開
Fri, 06 Oct 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

女優・タレント・モデルとして幅広く活躍している山地まりが、10月18日にリリースになるメジャーデビューシングル「明日はきっといい天気」の表題曲のMVをYouTubeにて公開した。“Roots of Kawaii”と称される内藤ルネとのコラボレーションにより創り出されたキュートなビジュアルにより、視覚的にも楽しめる映像作品となっており、可愛い振りのネコダンスにもぜひ注目してほしい。

また、リリース日の10月18日には池袋サンシャインシティ噴水広場での発売記念イベントも決定しているので、足を運んでみてはいかがだろうか。

■「明日はきっといい天気」MV


https://www.youtube.com/watch?v=m5S44yPQgDUシングル「明日はきっといい天気」

2017年10月18日発売



【初回盤】(CD+DVD)
COZA-1381-2/¥1,944+税
<収録曲>
■CD
1.明日きっといい天気
2.Our Place
3.YOURSELF
■DVD
「明日はきっといい天気」ミュージックビデオ、メイキング映像 収録



【通常盤】(CD)
COCA-17376/¥1,389+税

【「明日はきっといい天気」発売記念イベント】

10月18日(水) 東京・サンシャインシティ B1噴水広場
18:30〜 ミニライブ&特典会
10月22日(日) 東京・ヴィレッジヴァンガード渋谷本店 B2F
18:00〜 ミニライブ&特典会



【関連リンク】
山地まり、内藤ルネとコラボした キュートなMVを公開
山地まりまとめ
Ivy to Fraudulent Game、シークレット ライブから「Dear Fate,」の映像を公開

【関連アーティスト】
山地まり
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1