歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年10月05日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
フレデリック、「TOGENKYO」先行配信&アルバムプレオーダー開始
Thu, 05 Oct 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フレデリックが10月18日にリリースするミニアルバム『TOGENKYO』より、タイトルチューンの「TOGENKYO」が10月6日(金)0:00より先行配信されることがわかった。また、同時にアルバムの先行プレオーダーもスタート!

さらに、10月6日からはフレデリックの出演番組が続々とオンエアされ、6日夜にはスペースシャワーTVのフレデリック特番にて、初回限定盤DVDにも収録されるアコースティックスタジオライブのスペシャルエディションとTOGENKYOのインタビューが放送される予定だ。また、その10月7日夕方には、TOKYO FM・JFN全国ネット『KIRIN BEER "Good Luck" LIVE』にて1時間のライブを生放送。10月11日には、同じくTOKYO FM・JFN全国ネット『SCHOOL OF LOOK!』への生出演も決定し、その他のメディア情報に関してはフレデリックのオフィシャルHPに随時更新されるとのこと。ミニアルバム『TOGENKYO』の詳細が少しづつ明らかになるので、どの番組も逃さずチェックしよう。

■「TOGENKYO」先行配信
10月6日(金)0:00〜
iTunes :https://itunes.apple.com/jp/album/id1287362548?app=itunes&ls=1

アルバム『TOGENKYO』

2017年10月18日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
AZZS-69/¥2,700+税
<収録曲>
■CD
01.TOGENKYO
02.スローリーダンス
03.かなしいうれしい
04.たりないeye
05.ミッドナイトグライダー
06.パラレルロール
07.RAINY CHINA GIRL
■DVD
〈アコースティックスタタジオライブ「FAB!! 〜Frederic Acoustic Band〜」〉
01.ナイトステップ
02.オワラセナイト
03.トウメイニンゲン
04.かなしいうれしい
05.USO
06.KITAKU BEATS
07.たりないeye




【通常盤】(CDのみ)
AZCS-1067/¥2,200+税
<収録曲>
01.TOGENKYO
02.スローリーダンス
03.かなしいうれしい
04.たりないeye
05.ミッドナイトグライダー
06.パラレルロール
07.RAINY CHINA GIRL

<封入応募特典>
A賞:「TOGENKYO」オリジナルカセットテープ 100名様
「TOGENKYO」「たりないeye」の2曲収録
B賞:「TOGENKYO」オリジナルピックキーホルダー 200名様
※申し込み期限:2017年10月25日(水)23:59まで
※プレゼントは抽選になります。詳細は、初回プレス分の商品(初回限定盤・通常盤共通)に封入されるアクセスコード付き応募用紙をご確認ください。

<CDショップ特典>
タワーレコード:A5オリジナルクリアファイル
一般CDショップ:B3オリジナルポスターカレンダー
ファンクラブ「フレハウス」会員限定特典:オリジナル缶バッジ ※2017年9月30日(土)23:59までに予約を済ませた方が対象となります。
※初回限定盤/通常盤共に対象となります。
※特典数量に限りがありますので、無くなり次第終了となります。
※一部のオンラインサイトやCDショップで特典が付かない場合があります。
事前にご予約されるオンラインサイト/CDショップにてご確認下さい。

【ライヴ情報】

『フレデリズムツアー2017 QUATTRO編 〜僕のTOGENKYO〜』
10月21日(土) 愛知・名古屋 CLUB QUATTRO ※SOLD OUT
10月22日(日) 大阪・梅田 CLUB QUATTRO ※SOLD OUT
10月25日(水) 東京・渋谷 CLUB QUATTRO ※SOLD OUT

『フレデリズムツアー2017 〜ぼくらのTOGENKYO〜』
11月11日(土) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
11月12日(日) 香川・高松festhalle
11月19日(日) 北海道・札幌FACTORY HALL
11月25日(土) 石川・金沢EIGHT HALL
11月26日(日) 長野・松本Alecx
12月02日(土) 福岡・DRUM LOGOS
12月03日(日) 広島・CLUB QUATTRO
12月08日(金) 宮城・仙台RENSA
12月09日(土) 新潟・NEXS NIIGATA
12月16日(土) 大阪・Zepp Osaka Bayside
12月17日(日) 愛知・名古屋Zepp Nagoya
12月21日(木) 東京・Zepp Tokyo

『フレデリズムツアー リリリピート公演〜みんなのTOGENKYO〜』
1月13日(土)  東京・新木場STUDIO COAST
1月14日(日)  東京・新木場STUDIO COAST



【関連リンク】
フレデリック、「TOGENKYO」先行配 信&アルバムプレオーダー開始
フレデリックまとめ
UVERworld、日本武道館にて 全国ツアー終幕

【関連アーティスト】
フレデリック
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミニアルバム, 音楽配信

UVERworld、日本武道館にて全国ツアー終幕
Thu, 05 Oct 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

UVERworldが、8月から全国を回ってきた『UVERworld IDEAL REALITY TOUR』のファイナル公演を10月4日に日本武道館 にて開催し、大盛況のうちに幕を閉じた。10月3日、4日と行われた武道館ライブ2日目はSEの「TYCOON」が流れ、期待に満ちたステージが「DECIDED」でスタート。初っ端から一切妥協のない全力のパフォーマンスに会場は一瞬にして熱狂に包まれた。

今回のライブでは、8月にリリースしたばかりのアルバム『TYCOON』の楽曲を中心とした長いツアーの集大成ともいえるセットリストを展開。中盤、「このツアーで一番の熱い瞬間を俺たちで迎えようぜ!」というTAKUYA∞の一言で始まった「IMPACT」では客席が大合唱となり、会場を包む歌声に「こんな最高の一体感、見たことない!」とTAKUYA∞も声を上げた。

最後には「7日目の決意」を披露し、熱気に包まれたファンに「次に会う時はさらに良いライブをする」とTAKUYA∞が約束してツアーにピリオドを打った。「17年間バンドをしてきて、一度も休憩したことはない」と語るその言葉通り、1か月の楽曲制作期間を経て、11月2日からは神戸ワールド記念ホールを皮切りに年末まで全国を回るアリーナツアー『TYCOON TOUR』が控えている。息をつく暇もなく駆け抜ける彼らの足取りから、目が離せない。

【セットリスト】
M-1 TYCOON
M-2 DECIDED
M-3 CORE PRIDE
M-4 WE ARE GO
M-5 Don\'t think.Feel
M-6 一滴の影響
M-7 IDEAL REALITY
M-8 誰が言った
M-9 シリウス
M-10 奏全域
M-11 エミュー
M-12 ナノ・セカンド
M-13 PRAYING RUN
M-14 ALL ALONE
M-15 SHOUT LOVE
M-16 ほんの少し
M-17 Massive
M-18 I LOVE THE WORLD
M-19 Q.E.D.
M-20 零HERE 〜 SE 〜
M-21 IMPACT
M-22 LONE WOLF
M-23 RANGE
M-24 7日目の決意

アルバム『TYCOON』

発売中



【初回生産限定盤】(CD+特典CD+スリーブケース+フォトブック付)
SRCL-9467〜68/¥3,700+税
<収録曲>
■Disc-1
1. TYCOON
2. Q.E.D.
3. シリウス
4. SHOUT LOVE
5. IDEAL REALITY
6. LONE WOLF
7. DECIDED(Album ver.)
8. PRAYING RUN
9. ALL ALONE(Album ver.)
10. 一滴の影響(Album ver.)
11. ほんの少し
12. 僕の言葉ではない これは僕達の言葉(Album ver.)
13.WE ARE GO(Album ver.)
14. Collide
15. 奏全域
16. I LOVE THE WORLD]
17. エミュー
18. 終焉
■Disc-2
「UVERworld KING\'S PARADE 2017 at Saitama Super Arena」
1.Collide
2.Fight For Liberty
3.一滴の影響
4.NO.1
5.PRAYING RUN
6.MONDO PIECE
「UVERworld PREMIUM LIVE on Xmas 2015 at Nippon Budokan 」
7.CHANCE!04
8.I LOVE THE WORLD
9.IMPACT
10.O choir
11.在るべき形

【通常盤】(CD)
SRCL-9469/¥3,000+税
<収録曲>
1. TYCOON
2. Q.E.D.
3. シリウス
4. SHOUT LOVE
5. IDEAL REALITY
6. LONE WOLF
7. DECIDED(Album ver.)
8. PRAYING RUN
9. ALL ALONE(Album ver.)
10. 一滴の影響(Album ver.)
11. ほんの少し
12. 僕の言葉ではない これは僕達の言葉(Album ver.)
13.WE ARE GO(Album ver.)
14. Collide
15. 奏全域
16. I LOVE THE WORLD]
17. エミュー
18. 終焉



【関連リンク】
UVERworld、日本武道館にて 全国ツアー終幕
UVERworldまとめ
【Scheherazade】 “もう一度”があれば、 そこには希望が生じる

【関連アーティスト】
UVERworld
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブレポ, レポート

【Scheherazade】“もう一度”があれば、そこには希望が生じる
Thu, 05 Oct 2017 19:30:00 +0900


Jプログレ界黎明期を支えた伝説のバンド、シェラザードが結成40周年を迎え、全編新曲によるアルバム『once more』を発表した。体調を崩していた時期もあったが、それを乗り越えて楽曲を完成させたというコンポーザーの平山照継(Gu)にメールインタビューに答えてもらった。

──過去にDVD化された2011年11月19日の恵比寿LIVE GATE TOKYOでのライヴの時に“今さら新曲は〜”ということを言われていたので、全新曲のアルバムが出るとは驚きでした。 

「2011年のライヴで言ったことは覚えていませんが、“今さら新曲はやらない”というようなことを言ったのなら、当時のシェラザードは再現バンドであり、セルフカバーでファンに楽しんでもらうという意識(コンセプト)で活動していたと思われます。そのあとに“どうせなら前向きな活動を”と新曲も考え始めたということなのでしょう。」

──新曲はいつ頃から作り始めたのですか? 

「2012年の夏頃からです。」

──それはやはりシェラザードでやるためのものになるのですか? 曲によっては平山さんのソロプロジェクトであるTERU\'S SYMPHONIAでもやれそうなものがあるなと思ったのですが。

「もちろんシェラザードのためだけの創作です。私の作るものなので、テルシン向きの楽曲も出てくるでしょうね。」

──1992年の再結成の時に発表したアルバム『Scheherazade』にも新曲が収録されていましたが、やはりその時とはバンドに対する意識だったり、作ろうとした曲のイメージは違ったのでしょうか?

「1992年の時も今回も、あと2002年にもシェラザードで2曲作っておりますが、基本は同じですね。新曲を作る時は前向きな活動を意図しています。現在、私にとって活動できるバンドはシェラザードのみですので、ノヴェラ、テルシン、シェラザードの垣根を取っ払ったようなものになればとは思ってました。」

──今回のアルバムですが、どんなビジョンを持って制作されたのですか? 何かメンバーと話し合ったりされたのでしょうか?

「上記のようなことを意識していましたね。特にメンバーと話し合ったわけではありません。他のメンバーの楽曲提供があればコンセプトも変わっていたかもしれませんが、なかったのでこういうかたちにさせてもらいました。」

──1曲目の「ROCK\'N ROLL DIVA」は重ためのR&Rナンバーなのですが、パソコンを買って、初めてDAW(音楽制作ソフトウェア)を使って作った曲だそうですね。

「まだパソコンも使えず、DAWなど入れてみたものの、さっぱり分かりませんでした(笑)。なので、デフォルトの状態でしか打ち込めなかったのです。テンポチェンジや拍子の設定も分からず、とりあえずそのまま打ち込んでみようということで作り始めました。専門用語も分からず、“デフォルト”の意味さえ知りませんでしたから苦労しました…。」

──「虚言」は2曲目にして10分オーバーの大曲なのですが、ドラマチックな展開であり、歌詞が描く世界で引き込まれて、時間的な長さはまったく感じませんでした。 

「最初は5〜6分の曲になればと思っていました。インストのメロと歌メロが基本同じなので、自然な流れが作れて長く感じさせないのかもしれませんね。」

──ナチュラルな歌声とハイトーンとを使い分けて、歌詞の中の“あなた”と“君”を演じているのは、まさに五十嵐さんのヴォーカルならではと思うのですが、それもイメージされていたのですか? 

「もちろん五十嵐の音域を意識して考えました。男と女の会話が成り立つと。本の主人公の彼氏と読み手の彼女が出会う、2次元と3次元の不思議な世界ですね。筒井康隆さんの『虚人たち』や映画『ネバーエンディング・ストーリー』などにヒントを得ました。」

──「GAIA VIRUS」はスリリングなサウンドと歌詞の持つ緊迫感がリンクしていて、映画のクライマックスシーンを観ているような感覚になりました。

「私が時々作るSF系です(笑)。独自のギターリフの曲を作ってみたくて。」

──あと、《どんな命でも 守るべきなのか?》というフレーズで終わるのも意味深で。

「“命を大切に”という漠然とした命題に疑問を持っていたので。自分たちの命を奪う命、それが有るとすれば敵ですからね。地球もひとつの命だとするとそれを脅かす存在は排除しなければ…。」

──「揺るぎなき世界」はやさしさと温もりのあるメッセージソングだなと。《これはドラマじゃない》という言葉がリアルで印象的でした。

「これは震災を体験した時から、避けては通れない問題だと思っていました。自分も被災者ながらテレビで流される映像は夢でも見ている気分でしたので、《これはドラマじゃない》なのです。」

──「Get to My Heart You Turn it Up」はブリッジ部分のピアノソロなど、ジャジーなアプローチもあるのですが、軽快なものではなく、どこか鬱屈しているような感じで。《傷つきたくなかっただけさ 逃げたわけじゃない》というフレーズにも共感してしまうのですが…。

「私は無類の酒飲みでしたが、家庭の事情などから断酒を余儀なくされ、5年半前から1滴も飲んでおりません。その切なさと酒を彼女に見立てた、何とも言えない曲です。なので、鬱屈してるのは正解でしょう。ジャジーなアプローチは過去に「魅惑劇」などでも実践しておりますが、シェラザードはこういうアプローチも似合うと思いますね。難しいですが(笑)。」

──ライヴの絵が浮かぶHRチューン「Child in Time」は、“そらに星が投げられる”“地球のネジが巻かれる”“悠久のとき”…と過去曲を匂わす言葉であり、フレーズが散りばめられているのが印象的でした。

「シェラザード流のHRナンバーですね。斬新でメロディック、初めてドロップDで録音しました。私は変則チューニングは嫌いなのですが…。歌詞は知っている人だけがニヤリとできるというファンサービスのようなものです。」

──「夜の散文詩」は内なる闇に向かっている感じで、もがき疲れているような印象を受けたのですが。

「この曲は入院中に病室にパソコンとギターなどを持ち込んで作りました(手術前ですが)。ある種の死刑宣告であったので、正に暗中模索です…。」

──こういう曲のヴォーカルのディレクションも平山さんがされるのですか?

「五十嵐が歌うことを想定して曲は作りますので、一切のオーダーはしません。40年の付き合いですから(笑)。お任せです。」

──ラストを飾る「Once More Something」はサウンドはポップに弾けていて、《どんなことでも どうでも良い 折りたたんでポッケに仕舞え!》というメッセージもあって、鬱々とした気持ちを蹴散らすような印象がありました。《ときめいたことは 生きてること 生まれて死ぬまで 生きていた だけ》のフレーズがアルバムを締めるのも興味深いなと。

「この曲も入院中に作り、退院してから歌詞を乗せました。客観的に見ますと生きていること(命そのもの)に意味はありませんが、主観的には一番大事なもの(意味のあるもの)になります。説明は難しいですが、まだ生きていけるという想いが書かせた歌詞でありましょう。《ポッケに仕舞え》は恥ずかしいですね(笑)。」

──今回のレコーディング等で何かエピソードがあれば教えてください。

「今回のアルバムの曲は私が作った順番に収まっています。リリースが決まって曲順を考えましたが、これ以外の選択肢は考えられませんでした。」

──平山さんの中で今回の収録曲で、思い入れのある曲を挙げるとするとどれになりますか? 

「どれか1曲となると「揺るぎなき世界」でしょうか。自分で作りながら涙が止まりませんでした。おかしな話でしょうが、ほんとです。」

──このアルバムに“one more”というタイトルを掲げた想いを教えてください。

「“one more”…“もう一度”のひと言に尽きますね。“もう一度”があれば、そこには希望が生じます。日々の生活、いろいろあると思います。嫌なこと、辛いこと、哀しいこと。でも、生きていればこそです。どうせ死ぬんだからそれまで生きてりゃ良いのです。ダメでも“もう一度”があります。」

──今回のアルバムですが、どんな作品が作れたと実感していますか?

「現在のシェラザードの姿です。40年前と変わっていないのかもしれないし…。聴いてもらえれば一目瞭然、って感じのアルバムに仕上がったと思います。」

取材:石田博嗣

アルバム『once more』

2017年9月27日発売
NEXUS/KING RECORDS



【完全限定プレス盤】
KICS-93526 ¥3,300(税抜)
※紙ジャケット&SHM-CD仕様
【通常盤】
KICS-3526 ¥3,000(税抜)

『シェラザード結成40周年&ニュー・アルバム「once more」発売記念ライヴ』

10/14(土) 大阪・心斎橋 soma 
10/21(土) 東京・吉祥寺 ROCK JOINT GB

Scheherazade

シェラザード:1977年3月に大阪で結成。79年に『ロッキンf』誌のアマチュアバンドコンテストでグランプリを獲得するが解散。しかし、関西ライヴハウスシーンで人気を二分していた山水館のメンバーと合体し、ノヴェラが誕生。関西HR/HM系はもちろん、ノヴェラが影響を与えたバンドは数知れないことは周知の通り。シェラザードは99年に再結成され、初めてのアルバム『Scheherazade』をリリース。その後も不定期ながら再集結し、2010年に『オール・フォー・ワン』を、11年に『THE ORIGINAL~Songs for Scheherazade』を発表した。



【関連リンク】
【Scheherazade】 “もう一度”があれば、 そこには希望が生じる
Scheherazadeまとめ
PITBULL、ヒット曲「バッド・マ ン」がHondaのCMソングに!

【関連アーティスト】
Scheherazade
【ジャンル】
J-ROCK, okmusic UP\'s vol.158, インタビュー

PITBULL、ヒット曲「バッド・マン」がHondaのCMソングに!
Thu, 05 Oct 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ピットブルのヒット・シングル「バッド・マン feat. ロビン・シック, ジョー・ペリー & トラヴィス・バーカー」が、Honda『STEP WGN SPADA』CMソングに起用されることが決定した。この曲はピットブルの2017年にリリースした記念すべきキャリア10作目のアルバム『クライメート・チェンジ』に収録されており、同アルバムはフロー・ライダー、ランチマネー・ルイスをフィーチャリングした疾走感溢れる痛快トラック「グリーンライト」から、ボブ・マーリーの息子スティーブン・マーリーとコラボレーションを果たしたアコースティック風レゲエ&ラップ・トラック「オプションズ」など、ヴァラエティに溢れる楽曲を収録した最高傑作だ。

YouTube動画総再生回数90億回以上、シングル・セールス7,000万枚超、グラミー受賞歴を誇る“世界No.1お祭り番長"こと、ピットブル。今回このCMソング起用を記念し、iTunesストアでは10月5日から期間限定で『クライメート・チェンジ』と、大ヒット・アルバム『プラネット・ピット』(ニーヨ他フィーチャリング「ギヴ・ミー・エヴリシング」収録)と『グローバル・ウォーミング』(「ゲット・イット・スターテッド feat.シャキーラ」)の3作品がプライス・オフとなっている。

■アルバム『クライメート・チェンジ』購入リンク
https://itunes.apple.com/jp/album/id1206203871?app=itunes&ls=1

■Honda「STEP WGN SPADA」CM


https://youtu.be/zjQGYSEHttoアルバム『クライメート・チェンジ』

2017年3月29日発売



SICP4374/¥2200+税
<収録曲>
01. We Are Strong feat. Kiesza/ウィ・アー・ストロング feat. カイザ
02. Bad Man feat. Robin Thicke, Joe Perry & Travis Barker
/バッド・マン feat. ロビン・シック, ジョー・ペリー & トラヴィス・バーカー
03. Greenlight feat. Flo Rida & LunchMoney Lewis
/グリーンライト feat. フロー・ライダー&ランチマネー・ルイス〜俺らはいつでも青信号〜
04. Messin\' Around with Enrique Iglesias/メッシン・アラウンド with エンリケ・イグレシアス
05. Better On Me feat. Ty Dolla /ベター・オン・ミー feat. タイ・ダラー・サイン
06. Sexy Body/セクシー・ボディ(ピットブル&ジェニファー・ロペス)
07. Freedom/フリーダム
08. Options feat. Stephen Marley/オプションズ feat. スティーブン・マーリー
09. Educate Ya feat. Jason Derulo/エデュケイト・ヤ feat.ジェイソン・デルーロ
10. Only Ones To Know feat. Leona Lewis /オンリー・ワンズ・トゥ・ノウ feat.レオナ・ルイス
11. Dedicated feat. R. Kelly & Austin Mahone/デディケイテッド feat. R.ケリー&オースティン・マホーン
12. Can\'t Have feat. Steven A. Clark & Ape Drums/キャント・ハヴ feat. スティーヴン・A・クラーク & エイプ・ドラムス
13. FREE.K /フリーク ※
14. Greenlight (TJR Extended Mix) /グリーンライト(TJR Extended Mix) ※
15. Options (Chuckie Remix)/オプションズ(TJR Extended Mix) ※
16. Bad Man (DJ Drew Remix) /バッド・マン(TJR Extended Mix) ※
※: 13~16曲は国内盤ボーナストラック



【関連リンク】
PITBULL、ヒット曲「バッド・マ ン」がHondaのCMソングに!
PITBULLまとめ
LUNA SEA、アルバム『LUV』リリース &全国ホールツアーが決定!

【関連アーティスト】
PITBULL
【ジャンル】
洋楽, ニュース, アルバム, TVCM

LUNA SEA、アルバム『LUV』リリース&全国ホールツアーが決定!
Thu, 05 Oct 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LUNA SEAが前作『A WILL』から4年振りとなる9作目のオリジナルアルバム『LUV』を、12月20日にリリースすることがわかった。2017年5月29日に行なわれた日本武道館ライヴのMCで、RYUICHI(Vo)から「12月のさいたまスーパーアリーナ公演までには必ずみんなに届けたい」と語っていた通り、遂にその言葉が現実となった。

今作のテーマはずばり“愛”。痛みや悲しみを伴う愛、ストレートな愛、包み込むような愛、屈折した愛、共に四半世紀を歩んできたファンに対する普遍的な愛など様々な愛のカタチをより壮大に、美しく激しく鮮やかなサウンドアプローチで構築した、まさにLUNA SEAならではの世界観が存分に発揮された最新作となるようだ。

また、発売日である12月20日に全国CDショップに並ぶ初回盤、通常盤とは別にオフィシャルファンクラブ“SLAVE”会員のみが購入可能の「SLAVE限定プレミアムBOX」も制作されており、こちらは10月5日18:00より受注がスタート! こちらの限定BOXには最新アルバムに加えて2016年9月にZepp Nagoyyaで行なわれたSLAVE限定GIGの模様を収めた映像作品や、2017年5月に行なわれた日本武道館公演からセレクトしたライヴCD、さらに100ページにわたる豪華写真集などが封入されたスペシャルパッケージとなっている。この機会を逃すと二度と手に入らない期間限定の完全受注生産となるので、SLAVEの皆はぜひチェックしておこう! さらに、『LUV』のリリース直後の12月23日、24日に開催する『さいたまスーパーアリーナ2days』では、『LUV』の「さいたまスーパーアリーナ会場限定盤」が各日限定5,000枚のみ用意されるとのこと。この会場限定盤には2016年のスーパーアリーナ公演2日間のセットリストから厳選されたライヴCD音源が封入される。同公演のチケットは絶賛発売中なので、クリスマスは是非さいたまスーパーアリーナで過ごすことをお勧めしたい。

そして、アルバム『LUV』を携えて約3年振りとなる全国ホールツアーも決定! 昨今は首都圏のアリーナ、スタジアムクラスの会場を中心としたライヴが多かったLUNA SEAだが、『LUV』の熱をより近くで感じることが出来るホールツアーは必聴必見だ。今回はファミリーチケットも用意されており、広い世代にまたがるファンに対するメンバーの心遣いも垣間見える。チケットは10月16日からファンクラブ先行販売がスタートし、一般発売は12月16日より全国各プレイガイドにて発売を開始する。

アルバム『LUV』

2017年12月20日発売



【SLAVE限定PREMIUM BOX】(2CD+Blu-ray or DVD)
Blu-ray:PDCJ-1100/DVD:PDCJ-1101
¥18,519+税(Blu-ray、DVD共通)
※期間限定完全受注生産
■CD
9th ALBUM 『LUV』
■LIVE CD
2017年5月29日 「日本武道館」公演よりセレクト
■LIVE Blu-ray or DVD
2016年9月24日「SLAVE限定GIG Zepp Nagoya」公演を再編集し映像化
◎仕様
・LUNA SEAオフィシャルファンクラブSLAVE会員限定スペシャルパッケージ
・豪華特殊BOX仕様
◎特典
・(PHOTO BOOK)オリジナル100ページ豪華写真集
・(GOODS)スタッフパスレプリカ & B2ポスター
■受付期間
10月5日(木)18:00〜10月29日(日)23:59

【さいたまスーパーアリーナ会場限定盤】(2CD)
PROJ-1017/8/¥4,630+税
※2017年12月23、24日開催のさいたまスーパーアリーナ公演会場にて各日5,000枚限定販売!
■CD
9th ALBUM 『LUV』
■LIVE CD
2016年12月23、24日 さいたまスーパーアリーナ公演よりセレクト

【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7373/¥3,980+税
■CD
9th ALBUM 『LUV』
■DVD
「Limit」MUSIC VIDEO+「Hold You Down」MUSIC VIDEO&メイキング映像
◎仕様
スペシャルスリーブケース仕様

【通常盤】(CD)
UPCH-2144/¥3,0000+税
■CD
9th ALBUM 『LUV』

【ライヴ情報】

『LUNA SEA The Holy Night 2017』
12月23日(土・祝) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
12月24日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
<チケット>
前売¥9,500(税込/全席指定)※3歳以上有料

『LUNA SEA LUV TOUR 2018』
<2018年>
1月27日(土) 千葉・森のホール21
1月28日(日) 千葉・森のホール21
2月03日(土) 神奈川・カルッツかわさき
2月04日(日) 神奈川・カルッツかわさき
2月10日(土) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
2月11日(日) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
2月24日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
2月25日(日) 宮城・仙台サンプラザホール
3月03日(土) 石川・本多の森ホール
3月04日(日) 石川・本多の森ホール
3月10日(土) 茨城・茨城県立県民文化センター
3月11日(日) 茨城・茨城県立県民文化センター
3月17日(土) 広島・上野学園ホール
3月18日(日) 広島・上野学園ホール
3月24日(土) 大阪・フェスティバルホール
3月25日(日) 大阪・フェスティバルホール
3月31日(土) 福岡・福岡サンパレス
4月01日(日) 福岡・福岡サンパレス
<チケット>
12月16日(土)AM10:00より各プレイガイドにてチケット全国一斉発売!
指定席¥9,800(税込)
ファミリーチケット:大人¥9,800(税込)高校生以下¥2,200(税込)



【関連リンク】
LUNA SEA、アルバム『LUV』リリース &全国ホールツアーが決定!
LUNA SEAまとめ
SWAY(DOBERMAN INFINITY)、 「MANZANA」の初脱ぎMVを公開

【関連アーティスト】
LUNA SEA
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, アルバム, 発表, ツアー

SWAY(DOBERMAN INFINITY)、「MANZANA」の初脱ぎMVを公開
Thu, 05 Oct 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DOBERMAN INFINITYのMCであるSWAYが11月1日にヒップホップ名門レーベルDef Jam Recordingsよりリリースするソロ・デビュー・シングル「MANZANA」のミュージックビデオが公開された。「スペイン語で「りんご」を意味するこのタイトル(=「MANZANA」)、"Def Jam"という禁断の果実をかじり、生まれた、新たな"SWAY"がソロという次のステージに立つ、そんな熱くて深い決意、想いがこめられている」とSWAY自身が熱く語るとおり、このミュージックビデオには、初脱ぎ、初ダンス、初はだし、といった“初づくし"が並んだ今までにない新境地なトライアルが詰まっている。

EXILE ATSUSHI全国ツアーのダンサー、コレオグラファーとして知られるMABUの振り付けによるダンサーを引き連れてのSWAYの「初ダンス」は、「ライヴでファンが覚えて踊って欲しい」と本人も言うとおりサビ・パートは非常にわかりやすく、踊りやすい印象的なものとなっており、スニーカー・フリークである彼があえて全スタイリングで靴を履かない「初はだし」、そして30代に入って初めてジムに通い作り上げたという体を披露する「初脱ぎ」で臨んだファン必見のミュージックビデオに仕上がった。中毒性が強いどこか危険な香りがただようサウンドとリズム、テーマは禁断の果実=リンゴと、官能な世界が広がるSWAYのソロ・プロジェクト、要注目だ!

さらに、10月7日(土)に東京で、10月8日(日)には大阪で行なわれるSWAYとの「手厚い握手会」の詳細が決定した。詳細は以下より確認を!
http://www.universal-music.co.jp/sway-d/news/2017-10-03/

■「MANZANA」MV


https://www.youtube.com/watch?v=JW0n-kHnVz0■「MANZANA」 TEASER


https://youtu.be/VnbEn9F_jZMシングル「MANZANA」

2017年11月1日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
UICV-9264/ ?2,200(税込)
<収録曲>
■CD
1. MANZANA
2. Lullaby
3. La Vida Loca
4. Acting Myself
■DVD
「MANZANA 」Music Video / 「MANZANA」Music Video Making)



【初回限定盤B】(CD+動画ダウンロードカード)
UICV-9265/?1,800(税込)
<収録曲>
■CD
1. MANZANA
2. Lullaby
3. La Vida Loca
4. Acting Myself
■動画ダウンロードカード
「MANZANA 」Recording Making Movie / 「MANZANA」Jacket Making Movie)



【通常盤】(CD)
UICV-5068/ ?1,200(税込)
<収録曲>
1. MANZANA
2. Lullaby
3. La Vida Loca
4. Acting Myself



【FC, mobile限定盤】(CD+DVD+SWAYデザイン・フィンガーバンド)
※SWAYデザイン・フィンガーバンドはフリーサイズです。
※フィンガーバンドはCDと一緒に同梱してお届けとなります
※We are D.I OFFICIAL CD/DVD SHOP, LDH official mobile CD/DVD SHOP限定商品です。
<収録曲>
■CD
1. MANZANA
2. Lullaby
3. La Vida Loca
4. Acting Myself
■DVD
「MANZANA」Music Video / 「MANZANA」Music Video Making
PROV-5014/?3,240(税込)



【関連リンク】
SWAY(DOBERMAN INFINITY)、 「MANZANA」の初脱ぎMVを公開
SWAYまとめ
DOBERMAN INFINITYまとめ
プレスリーやシナトラ等を収録! 映画『ブレードランナー 2049』の サウンドトラック配信開始!

【関連アーティスト】
SWAY, DOBERMAN INFINITY
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, MV, シングル, 発表, リリース

プレスリーやシナトラ等を収録!映画『ブレードランナー 2049』のサウンドトラック配信開始!
Thu, 05 Oct 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日本では10月27日(金)に全国ロードショーとなる映画『ブレードランナー 2049』のオリジナル・サウンドトラックが、10月5日に全世界配信となった。

ハンス・ジマーとベンジャミン・ウォルフィッシュによるスコアをメインに、エルヴィス・プレスリー、フランク・シナトラ、そして今年の米ビルボード・ミュージック・アワードで2冠に輝いた女性シンガーソングライター<ローレン・デイグル>の新曲「オールモスト・ヒューマン」など計24曲が収録されている。ローレン・デイグルの「オールモスト・ヒューマン」は、2019年を舞台にした前作「ブレードランナー」と本作「ブレードランナー 2049」をつなぐ3本の短編映画のうちの一つで、渡辺信一郎監督によるアニメーション「ブレードランナー ブラックアウト2022」のエンドロールで聴くことができる。

全世界で話題沸騰中の映画「ブレードランナー 2049」を彩るサウンドトラックにも要注目だ。

■『ブレードランナー 2049』 オリジナル・サウンドトラック iTunes購入先
https://itunes.apple.com/jp/album/id1291056782?at=10lpgB&ct=886446760872_al&app=itunes
■映画『ブレードランナー 2049』 オフィシャルHP
http://www.bladerunner2049.jp/

■『ブレードランナー ブラックアウト 2022』映像


https://www.youtube.com/watch?v=MKFREpMeao0■『ブレードランナー 2049』 日本版予告映像


https://www.youtube.com/watch?time_continue=21&v=H_nLQWk1gNY配信アルバム『ブレードランナー 2049 / Blade Runner 2049』

2017年10月5日配信



<収録曲>
01. 2049 / 2049
02. Sapper\'s Tree / サッパーズ・ツリー
03. Flight to LAPD / フライト・トゥ・LAPD
04. Summer Wind / サマー・ウィンド <フランク・シナトラ>
05. Rain / レイン
06. Wallace / ウォレス
07. Memory / メモリー
08. Mesa / メサ
09. Orphanage / オーファニージ
10. Furnace / ファーネス
11. Someone Lived This / サムワン・リヴド・ディス
12. Joi / ジョイ
13. Pilot / パイロット
14. Suspicious Minds / サスピシャス・マインド <エルヴィス・プレスリー>
15. Can\'t Help Falling In Love / 好きにならずにいられない <エルヴィス・プレスリー & ザ・ジョーダナリーズ>
16. One For My Baby (And One More For The Road) / ワン・フォー・マイ・ベイビー <フランク・シナトラ>
17. Hijack / ハイジャック
18. That\'s Why We Believe / ザッツ・ホワイ・ウィ・ビリーヴ
19. Her Eyes Were Green / ハー・アイズ・ワー・グリー
20. Sea Wall / シー・ウォール
21. All The Best Memories Are Hers / オール・ザ・ベスト・メモリーズ・アー・ハーズ
22. Tears In The Rain / ティーアーズ・イン・ザ・レイン
23. Blade Runner / ブレードランナー
24. Almost Human / オールモスト・ヒューマン <ローレン・デイグル>



【関連リンク】
プレスリーやシナトラ等を収録! 映画『ブレードランナー 2049』の サウンドトラック配信開始!
Elvis Presleyまとめ
Frank Sinatraまとめ
乃木坂46、「僕の衝動」「My rule」 MV2曲を一挙公開

【関連アーティスト】
Elvis Presley, Frank Sinatra
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 映画, サウンドトラック

乃木坂46、「僕の衝動」「My rule」MV2曲を一挙公開
Thu, 05 Oct 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

乃木坂46が10月11日にリリースする19thシングル「いつかできるから今日できる」より、三期生楽曲「僕の衝動」とアンダーメンバー楽曲「My rule」のMVを一挙に公開した。

9月上旬に栃木県「ふるさとの村」で撮影された「僕の衝動」のMVは、とある村に残された伝統行事を開拓していこうと若い女の子達が立ち上がるという内容になっている。自然が豊富な場所だけあって、普段なかなか都内では見つける事が難しいカエルやサワガニを見つけては戯れ癒されるメンバー。また畑を耕すシーンでは、何度も撮影する事で畑が耕され過ぎてしまい、場所を転々と移動して撮影するなど苦労した一面もあったそうだ。映画監督・映像ディレクターとしてポルノグラフィティ―のMVを手掛け、乃木坂46では西野七瀬の個人PVでも指揮を執った荒船泰廣氏が手掛けた所にも注目したい。

そして、アンダーメンバー楽曲「My rule」。9月上旬に横浜市で撮影されたこのMVは、一見シンプルな歌とダンスだが、よく見てみると?!というヒントが隠されたMVとなっており、何を踊っていたのかは、ラストのシーンで発覚するという仕掛けになっている。“最後にわかる仕掛け"の為に、ダンスの振付やフォーメーションなど、非常に時間がかかった力作となった。ラストのシーンでは、渡辺みり愛が水をかけられ過ぎて、目の前が真っ白になるという体験を初めてしたというエピソードも。「マウスコンピューター」のCMなどを手掛けるクリエイティブディレクターで、乃木坂46では齋藤飛鳥の個人PVを手掛けて頂いた林希氏と、「Sony Shibuya Project」「へーベルハウス」の特設サイトなど多岐にわたり映像演出を行なっている古屋蔵人氏が手掛けた渾身のMVである。

■「僕の衝動」


https://youtu.be/28_iwrB04lw■「My rule」


https://youtu.be/4fKQ90em1kMシングル「いつかできるから今日できる」

2017年10月11日発売



【初回仕様限定盤 Type-A】(CD+DVD)
SRCL-9572〜3/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
M1:「いつかできるから今日できる」
M2:「不眠症」
M3:「まあいいか?」
M4:「いつかできるから今日できる」〜off vocal ver.〜
M5:「不眠症」〜off vocal ver.〜
M6:「まあいいか?」〜off vocal ver.〜
■DVD
「いつかできるから今日できる」Music Video
「まあいいか?」Music Video
その他、特典映像収録(収録内容は後日発表致します。)

◎初回仕様限定(CD+DVD)盤 共通封入特典
(1)「全国握手会参加券orスペシャルプレゼント応募券」1枚
(2)「乃木坂46メンバー生写真(全45名・全180種のうち1枚ランダム封入)



【初回仕様限定盤 Type-B】(CD+DVD)
SRCL-9574〜5/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
M1:「いつかできるから今日できる」
M2:「不眠症」
M3:「失恋お掃除人」
M4:「いつかできるから今日できる」〜off vocal ver.〜
M5:「不眠症」〜off vocal ver.〜
M6:「失恋お掃除人」〜off vocal ver.〜
■DVD
「いつかできるから今日できる」Music Video
「失恋お掃除人」Music Video
その他、特典映像収録(収録内容は後日発表致します。)



【初回仕様限定盤 Type-C】(CD+DVD)
SRCL-9576〜7/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
M1:「いつかできるから今日できる」
M2:「不眠症」
M3:「My rule」
M4:「いつかできるから今日できる」〜off vocal ver.〜
M5:「不眠症」〜off vocal ver.〜
M6:「My rule」〜off vocal ver.〜
■DVD
「いつかできるから今日できる」Music Video
「My rule」Music Video
その他、特典映像収録(収録内容は後日発表致します。)



【初回仕様限定盤 Type-D】(CD+DVD)
SRCL-9578〜9/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
M1:「いつかできるから今日できる」
M2:「不眠症」
M3:「僕の衝動」
M4:「いつかできるから今日できる」〜off vocal ver.〜
M5:「不眠症」〜off vocal ver.〜
M6:「僕の衝動」〜off vocal ver.〜
■DVD
「いつかできるから今日できる」Music Video
「僕の衝動」Music Video
その他、特典映像収録(収録内容は後日発表致します。)



【通常盤】(CDのみ)
SRCL-9580/¥972+税
<収録曲>
M1:「いつかできるから今日できる」
M2:「不眠症」
M3:「新しい花粉 〜ミュージカル「見知らぬ世界」より〜」
M4:「いつかできるから今日できる」〜off vocal ver.〜
M5:「不眠症」〜off vocal ver.〜
M6:「新しい花粉 〜ミュージカル「見知らぬ世界」より〜」〜off vocal ver.〜



【関連リンク】
乃木坂46、「僕の衝動」「My rule」 MV2曲を一挙公開
乃木坂46まとめ
カイ(超特急)、アシックスショート ムービーに出演!

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, MV, シングル, 発表, リリース

カイ(超特急)、アシックスショートムービーに出演!
Thu, 05 Oct 2017 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急 カイが「アシックス」の新たなブランドメッセージ「I MOVE ME(ワタシを、動かせ。)」を表現したショートムービー『Hello Me』の主演である土屋太鳳の相手役として登場することが明らかになった。

1960年代の高度経済成長期に上京し、女子高生であるタオ(土屋太鳳)が渋谷を歩いていると、すれ違った人にぶつかり倒れてしまう。目を覚ましたタオは、現代の渋谷にタイムスリップ。2017年の現代は、女性が活躍する社会になっていることに驚き、生活に戸惑いながらも青年・カイ(超特急 カイ)との出会いで成長していく。動画は全10話で構成されており、過去と未来の東京を舞台にした、女性が力強く一歩を踏み出すストーリーとなっている。

■ショートムービー特設サイト
https://www.asics.com/jp/ja-jp/blog/hellome



【関連リンク】
カイ(超特急)、アシックスショート ムービーに出演!
超特急まとめ
the peggies、FM-FUJIにて 初のレギュラーラジオ番組がスタート

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 出演

the peggies、FM-FUJIにて初のレギュラーラジオ番組がスタート
Thu, 05 Oct 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

胸キュンオルタナポップ3ピースバンドのthe peggiesが、FM-FUJIにてレギュラーラジオ「the peggies ペフエム FUJI」を開始することが明らかになった。 メンバー3人での初となるレギュラーラジオは10月7日(土)23:00から初回放送がスタート! 10月から12月の3か月間、中学校からの同級生である3人の独特なゆるさとかわいらしさと初々しさを感じさせるラジオとなる予定だ。メンバーそれぞれのコーナーもあり、みく(Dr)とマキコ(Ba)の“気になる!?エンタメコーナー”や、ゆうほ(Vo&Gu)の“お悩み相談コーナー”、また“the peggies 今週のおすすめの1曲コーナー”などを紹介する。どんなラジオ、どんなトークを繰り広げていくのかを楽しみにしてほしい。

また12月2日に出演するイベント『DECEMBER\'S CHILDREN』のチケットが、3次先行・最終先行の受付を開始しているので、こちらもぜひチェックを!

■FM-FUJI『the peggies ペフエム FUJI』

放送日時:毎週土曜日 23:00〜23:30
初回放送:10月7日(土)
メッセージ受け付け:ppp@fmfuji.jp
配信(1):radiko.jpプレミアム(スマートフォン/PCで全国から聴けます)
配信(2):LISMO WAVE(全キャリアiPhone/au全スマートフォンで全国から聴けます)

■FM-FUJI HP
http://www.fmfuji.jp/

シングル「BABY!」

2017年9月6日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL-4907〜4908/¥1,389+税
<収録曲>
■CD
1.BABY!
2.ずっと
■DVD
BABY! Music Video



【通常盤】(CD)
ESCL-4909/¥972+税



【関連リンク】
the peggies、FM-FUJIにて 初のレギュラーラジオ番組がスタート
the peggiesまとめ
【SILENT SIREN】 「ジャストミート」は、SILENT SIRENの新定番

【関連アーティスト】
the peggies
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, チケット

【SILENT SIREN】「ジャストミート」は、SILENT SIRENの新定番
Thu, 05 Oct 2017 10:00:00 +0900


全国ツアー中のSILENT SIRENが新曲「ジャストミート」をリリース! 高校野球をヒントに制作され、可愛い恋の歌ながらバンドとしてのロックテイストが詰まった曲に仕上がっている。

──「ジャストミート」は高校野球を観て作詞したそうで。

すぅ
「グランドに立った時の野球部員って、すごく輝いてるじゃないですか。それに、自分の好きなことを全力でやっている姿は無条件でカッコ良いし、キラキラしてるし。そういう人を全力で追いかける女の子をテーマにして書きました。」

──女の子の気持ちに野球用語を織り交ぜて表現した歌詞にはユーモアがあって、演奏はそれとは逆にロックで、イントロでの駆け下りる感じのところとかすごく良いですね。

すぅ
「シンプルでストレートなポップロックだけど、ちょっと癖のある感じで、細かく聴くとみんな難しいことをしているよねっていう。合わせるのが難しい分、キマるとすごくカッコ良いです。特にイントロの二拍三連、サビ前の休符、私個人としては歌いながらAメロを弾くのが難しかったけど、フレーズとしてはグッとくるものが多いと思います。」

あいにゃん
「テンポもサイサイの曲では2番目に速くて。」

──ベースのソロっぽいところもあって。

あいにゃん
「落ちサビの前のところですね。ちょっと余韻を楽しむみたいな雰囲気で、ラインがすごくメロディアスです。私の中では歌メロもそうですけど、ちょっとエモさのある感じだなと思っていて、そこが好きですね。」

──ツアー中のレコーディングだったんですよね。

すぅ
「みんな時間がない中で、すごく頑張ってやっていた記憶があります。この曲に限らずいろいろなことを並行してやっていたので、訳が分からん状態で、みんな必死でした(笑)。」

ひなんちゅ
「それだけにドラムは苦戦しました。いつもっぽくないけどサイサイらしいという感じを意識していて…いつもは2コーラス目のAメロでベースが動くんですけど、今回はベースがステイで、私がツインペダルで変化を付けているんです。そういうやり方は初めてだったので、リズム隊としては新しかった。」

あいにゃん
「Aメロのすぅがリズムっぽくギターを弾いているところで、ベースも一緒のフレーズで弾いていて。そこもきっと新鮮に聴いてもらえるんじゃないかな。」

ゆかるん
「テンポが速いから細かく指を動かさなくちゃいけなくて、最初は付いていくのが大変でした。でも、大変であればあるほどキマるとカッコ良いので頑張りました。8月末の『サイサイフェス2017』で初披露したんですけど、初めて聴くはずなのにお客さんがすごく盛り上がってくれて。タオルを振ってサビ終わりでタオルを上に投げるというのを、みんな一緒にやってくれました。ライヴでやるごとに成長していく曲じゃないかと思いますね。」

──カップリング曲の「フユメグ」は、温かいメロディーだけどリズムは跳ねた感じで新しい冬曲という感じですね。

あいにゃん
「“冬はバラード”というお決まりをぶち壊して、ワンマン以外でもセトリに入れられる曲になったと思います。」

ひなんちゅ
「サビが二段階なのが新しくてエモいですね。」

──ギターソロのあとにピアノと歌だけになるところも。

ゆかるん
「シンプルだけどちょっとずつフレーズを変えているし、すぅの歌とピアノだけになるところは左手だけオクターブ上げて弾いていて、全体に温かみのある、幸せな気持ちになれるような、やさしいピアノになったと思います。」

──最後にハーモニーが加わるところは冬っぽい。

すぅ
「「恋い雪」(2014年12月発表の7thシングル)や「I×U」(2013年10月発表の4thシングル)は生のストリングスが入ってて、その音をフィーチャーしていたんですけど、今回は生ではないので、その分どこかでエモさや冬感を出したくて。生ストリングスがなくても壮大さが出るように作りました。」

──歌詞が男の子目線ですよね。

すぅ
「“寒いよ”と愚痴ってる女の子を笑って見ているみたいな。愛おしすぎて笑うって、すごくないですか? 男性のあふれ出る嬉しさを冬のシチュエーションで書けたのは、自分のことながら結構な成長だと思います。SILENT SIRENとしても、そういう曲ができたらもうひとつステップアップできるんじゃないかと思っていたし。」

──あいにゃんのほうが、こういう歌詞は好きそうですけど。

あいにゃん
「私のほうがミドルで幸せな歌詞を書きがち(笑)。今までのSILENT SIRENとは違う冬ソングが生まれて、自分たちでもすごく新鮮です。でも一点、この時期はひながひとりの仕事でタイに行っていて、練習ができない事態に。ただ、この曲を暑いタイで聴いてると思ったら、それがおかしくて(笑)。」

ひなんちゅ
「タイで聴いても幸せな冬を感じましたよ(笑)。実はこういう曲って東南アジアではウケるんです。インドネシアとかでやったらすごく盛り上がると思う。」

ゆかるん
「東南アジアはバラードとかBPMが遅い曲のほうが好まれる傾向にあるらしいですよ。」

すぅ
「確かに! 「恋い雪」とかバラードがすごく人気だし。」

あいにゃん
「合唱みたいにみんな歌ってくれるしね。きっとそういう曲になるんじゃないかな?」

──ツアーも終盤ですが、ファイナルの武道館に向けては?

ゆかるん
「前半は場所によってセトリを変えたりして、その場所ごとにその時にしかできないライヴを楽しんでもらえたと思いますね。後半戦は会場がホールになるので前半戦との変化もまた楽しんでもらえると思います。」

あいにゃん
「夏フェスにすごくたくさん出させていただいて、その中でたくさん成長できたと思うので、そこで得たものをツアー後半戦ではぶつけていきたいですね。」

ひなんちゅ
「プレッシャーは日々感じていますけど、演奏面ではないところでみんなに何をどう伝えるかということを、すごくいろいろ考えながらやっていますね。」

すぅ
「ツアーの中で音楽的な成長もあれば、自分たちと向き合う時間もたくさんあったし、フェスの期間を経てもっとバンドとして強くなってツアーに戻れたらいいなと思ってます。日本武道館ではこの1年で得た全てをぶつけるつもりで臨みます!」

取材:榑林史章

シングル「ジャストミート」

2017年10月11日発売
EMI Records



【初回限定盤A(DVD付)】
UPCH-89363 ¥1,836(税込)



【初回限定盤B(DVD付)】
UPCH-89364 ¥1,836(税込)



【通常盤】
UPCH-80484 ¥1,200(税込)

『5th ANNIVERSARY SILENT SIREN
LIVE TOUR 2017 「新世界」』

10/08(日) 福岡・国際会議場 メインホール
10/09(月) 福岡・国際会議場 メインホール
10/28(土) 大阪・国際会議場グランキューブ大阪メインホール
10/29(日) 大阪・国際会議場グランキューブ大阪メインホール
11/03(金) 福島・郡山市民文化センター 大ホール
11/13(月) 東京・日本武道館
11/14(火) 東京・日本武道館

SILENT SIREN

サイレントサイレン:2010年夏、人気ファッション誌で活躍中の読者モデルたちで結成。等身大の彼女たちの音楽活動は原宿を中心に瞬く間にお洒落大好き女の子の間で話題となる。12年2月にデビューアルバム『サイサイ』を、7月には2ndアルバム『ラブシル』をリリースし、9月にゆかるんが加入。同年11月にシングル「Sweet Pop!」でメジャーデビューを果たし、15年1月には日本武道館での単独公演を成功させた。16年年末にユニバーサルミュージックEMI Recordsへの移籍を発表。同時にロゴ、バンド表記を全大文字へと一新した。



【関連リンク】
【SILENT SIREN】 「ジャストミート」は、SILENT SIRENの新定番
SILENT SIRENまとめ
須澤紀信、「夢の続き」のライブ映像 &シングル特設ページも公開

【関連アーティスト】
SILENT SIREN
【ジャンル】
J-POP, okmusic UP\'s vol.157, インタビュー

須澤紀信、「夢の続き」のライブ映像&シングル特設ページも公開
Thu, 05 Oct 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月4日にリリースとなった須澤紀信のデビューシングル「はんぶんこ/夢の続き」。須澤のデビューのきっかけとなったコンテスト『The 7th Music Revolution JAPAN FINAL』で審査員として出会った作詞家・松井五郎から、愛情と期待の籠ったコメントが届いた。またリリースに伴い「はんぶんこ/夢の続き」の特設ページもオープン! 須澤本人のこのCDについての想いを込めたコメントやCD情報のほか、トレーラー動画やライブ情報を随時更新しているので要チェックだ。

さらに、TBSテレビ「噂の!東京マガジン」の10月〜12月エンディングテーマに決まった「夢の続き」のライブ映像を公開。この映像は9月28日に下北沢CLUB Queで行われたライブを収録したもので、10月7日からはシングルリリースを記念したライブも決定しているので、ぜひ足を運んでほしい。

また、シングル収録曲「はんぶんこ」のMVも公開中。同曲はどんな感情も分け合える素晴らしさとかけがえのない人と出逢えた喜びを歌い上げた一曲で、須澤はこの曲を書き上げた20歳の時点で「これから歌い続けていける曲を“見つけた”」と語っていたとのこと。MVでは日常にある“兄から弟へ、夫から妻へ、彼氏から彼女へ”の“はんぶんこ”を素朴なタッチで描かれており、現代社会で希薄になりつつある本当の繋がりを気づかせてくれる映像となっている。

■「はんぶんこ/夢の続き」特設ページ
http://www.yamahamusic.co.jp/hanbunko/

■【作詞家・松井五郎 コメント】

「数年前コンテストの審査員で彼の歌をはじめて聴いた。まず「はんぶんこ」そのタイトルが印象に残った。清涼感のある声質も好感を持たれるに違いないと思った。所謂嫌われない声だ。ただそれは敵ができにくいとも言える。否定されない創造者は強くなれない。となればその声でなにを歌うかだ。その意味で彼の詞は武器になるだろう。語彙に込められたエネルギーは相当なものがある。そこに描かれている世界は「日常」であり「平凡」である。とは言え、日記のように在る事を綴っているわけではない。須澤紀信というフィルターを通して誰もが経験或いは体感している「物語」に昇華している。歌の中に誰もが「自分」を発見できるはずだ。未完な部分もないではない。作品によっては必然性を欠く言葉の羅列も気になる時がある。しかし、間違いなく創造力は心をつかむ力がある。10年後20年後の須澤紀信がどこに立っているかはわからないが、はじまりに立ち会うだけの価値はある。」

■「夢の続き」Live Movie


https://youtu.be/_l_3R8F8v8I■「はんぶんこ」MV


https://youtu.be/JBORLiTGfj0シングル「はんぶんこ/夢の続き」

2017年10月4日発売



YCCW-30065/¥1,111(税抜)
<収録曲>
1. はんぶんこ
2. 夢の続き
3. 君は誰かのヒーロー
4. 友だち
5. はんぶんこ(instrument)
※プレイパス対応商品:https://playpass.jp/

『リリース記念ライブ2017』

10月07日(土) 大阪・Eggs presents FM802 MINAMI WHEEL 2017出演
10月11日(水) 愛知・新栄SPADE BOX
10月17日(火) 東京 吉祥寺 曼荼羅
10月30日(月) 愛知・今池 3Star
10月31日(火) 愛知・車道 3Star
11月02日(木) 愛知・名城大学薬学部(学園祭)
11月03日(金) 愛知・名古屋ヴィジュアルアーツ(学園祭)
11月06日(月) 東京・恵比寿 天窓switch
11月24日(金) 愛知・池下 UPSET ※オープニングアクト
11月25日(土) 東京・吉祥寺 sutekina
11月30日(木) 東京・下北沢 CLUB Que
*公演の詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。



【関連リンク】
須澤紀信、「夢の続き」のライブ映像 &シングル特設ページも公開
須澤紀信まとめ
Angelo、天使の日に11周年目の アニバーサリーライブで熱演

【関連アーティスト】
須澤紀信
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, シングル, リリース

Angelo、天使の日に11周年目のアニバーサリーライブで熱演
Thu, 05 Oct 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11周年を迎えるAngeloが10月4日(天使の日)、Anniversary公演を豊洲PITにて開催した。会場は祝うべく集結したファンによって早くも熱気に包まれ、オープニングSEから歓声がステージに向けられた。9月27日に発売した最新アルバム『HETERODOX』のエンド曲「RESISTANT BACTERIA」からスタートし、『STRING』と今作のアルバムを象徴するべく畳みかけた激しい曲を披露し、これまでにリリースしてきた曲達へバトンを繋いだ。

MCでキリトから「水曜日という平日に集まってくれて本当にありがたいです。ツアーが年内までで仙台で終わっているのですが、来年も1月5日、6日に赤坂BLITZにて追加公演行います、ツアーではHETERODOXの世界を追求していきたいと思います」と、11月から始まるツアーへの意気込みも語り、2018年の追加公演のスケジュールも発表し、11周年を祝うライブを駆け抜けた。

Angelo Tour「REVERSAL OF HETERODOXY」

11月17日(金)  EX THEATER ROPPONGI 
11月22日(水)  TSUTAYA O-EAST 
11月23日(祝)  YOKOHAMA Bay Hall
11月28日(火)  新宿BLAZE
11月29日(水)  新宿BLAZE
12月07日(木)  umeda TRAD日(旧AKASO)
12月09日(土)  名古屋DIAMOND HALL
12月14日(木)  広島CLUB QUATTRO 
12月16日(土)  熊本B.9 v1
12月17日(日)  福岡DRUM LOGOS 
12月23日(祝)  札幌PENNY LANE24
12月25日(月)  TSUTAYA O-EAST日(FC限定)
12月30日(土)  仙台Rensa 
<2018年>
1月05日(金) 東京 赤坂BLITZ
1月06日(土) 東京 赤坂BLITZ



【関連リンク】
Angelo、天使の日に11周年目の アニバーサリーライブで熱演
Angeloまとめ
SCANDAL、「恋するユニバース」の MV&ティザー公開!

【関連アーティスト】
Angelo
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, ライブ, ワンマン, ライブレポ, レポート

SCANDAL、「恋するユニバース」のMV&ティザー公開!
Thu, 05 Oct 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SCANDALが10月22日にリリースする配信限定シングル「恋するユニバース」のティザーをYouTubeにて、MVをGYAO!にて公開した。MVはすでに公開されているアニメーションムービーとは異なり、女性ならではの魅力や色気を感じさせる映像に仕上がっている。

なお、10月6日より東名阪での対バンツアーが始まるSCANDALだが、ツアー会場限定で「恋するユニバース」のiTunes予約注文者を対象に特典の配布が決定! ライブチケットを持っていない人も対象となるのでシングルを予約のうえ、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。また、ライブ会場に足を運べない方には応募抽選でサイン入り特典のプレゼントを実施するとのこと。詳細はオフィシャルHPにて掲載中なので、ぜひチェックしてほしい。

■「恋するユニバース」MV
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v08107/v0993900000000548888/
配信:10月5日(木)12:00 〜 11月4日(土)23:59

■SCANDAL オフィシャルHP
http://www.scandal-4.com/

■「恋するユニバース」ティザー


https://youtu.be/9k41jvgq8HI配信シングル「恋するユニバース」

2017年10月22日配信開始



<収録内容>
1.恋するユニバース
2ふたり
3.キミと夜と涙(Billboard Live OSAKA 2017.08.21)
4.声(Billboard Live OSAKA 2017.08.21)

■「するユニバース」先行配信中!
https://erj.lnk.to/9ecTdWN
■iTunes予約注文
https://itunes.apple.com/jp/album/id1279715067?at=10lpgB&ct=4547366330779_wn&app=itunes

『SCANDAL TOUR 2017 “SCANDALの対バンツアー"』

10月06日(土) Zepp Tokyo
出演:SCANDAL / UNISON SQUARE GARDEN 
10月20日(金) Zepp Nagoya
出演: SCANDAL / 04 Limited Sazabys 
10月21日(土) Zepp Osaka Bayside
出演: SCANDAL / BLUE ENCOUNT



【関連リンク】
SCANDAL、「恋するユニバース」の MV&ティザー公開!
SCANDALまとめ
Ivy to Fraudulent Gameの寺口宣明が 歌と雑談を生配信!

【関連アーティスト】
SCANDAL
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 特典, ツアー, 音楽配信

Ivy to Fraudulent Gameの寺口宣明が歌と雑談を生配信!
Thu, 05 Oct 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Ivy to Fraudulent Gameの寺口宣明(Vo&Gu)によるLINE LIVE番組(ビクターエンタテインメントチャンネル)の生配信が10月5日(木)21:00〜実施されることが決定した。

Ivy to Fraudulent Game待望の1stアルバムは12月6日に発売が決定。タイトルは現状未定となっているが、DVDが付属する完全生産限定盤とCDのみの通常盤の2種類でのリリースとなる。アルバム全体の収録曲数はまだ未確定ながら、今作のために新録された数曲に加え、過去作を再レコーディングした音源も収められるという、特別感あふれる作品になる予定だ。

過去作とは言いつつも現在も彼らのライヴで主軸に置かれている、現場でも欠かすことのできない楽曲を4曲(「青写真」「アイドル」「dulcet」「+」)収録。こちらの4曲は現在廃盤になっており、入手することが困難な状況になってしまっているため、リスナーにとっては嬉しい。

そして、今回の『歌と雑談』と題された生配信番組は、本業であるバンドのヴォーカリストとしてではなく、あくまでも一人の歌い手として、その場で歌いたいと思った曲を自由に歌い、合間で無駄話を挟みながら進行していくという。この番組によって初めてIvy to Fraudulent Gameというバンドを知る方にとっても、十分楽しめる内容になりそうだ。

■『Ivy to Fraudulent Game 寺口宣明の “歌と雑談”』

配信日時:10月5日(木)21:00〜
https://live.line.me/channels/520/upcoming/5467643

アルバム『タイトル未定』

2017年12月6日発売



【完全生産限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1264/¥2,800+税
【通常盤】(CD)
VICL-64881/¥2,300+税

【アルバム予約・購入特典情報】

■アルバム予約特典・購入者特典タワーレコード限定早期予約キャンペーン
<キャンペーン内容>
対象商品を期間中にご予約いただいた方に、早期予約キャンペーン限定特典
「Ivy to Fraudulent Game オリジナルB1サイズポスター」(サイズ:B1/728mm×1030mm)をプレゼント!
<対象店舗>
TOWER RECORDS 全国各店 / TOWER RECORDS ONLINE
<受付期間>
9月15日(金)20時〜10月15日(日)23:59(店舗は各店の閉店時間まで)

■チェーン別オリジナル購入特典
・TOWER RECORDS 全国各店 / TOWER RECORDS ONLINE
Ivy to Fraudulent Gameオリジナルステッカー(TOWER RECORDS ver.)
・HMV全国各店/ローチケHMV
Ivy to Fraudulent Gameオリジナルステッカー(HMV ver.)
・TSUTAYA RECORDS 全国各店/ TSUTAYA オンラインショッピング
Ivy to Fraudulent Gameオリジナルステッカー(TSUTAYA ver.)
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
・Amazon.co.jp
Ivy to Fraudulent Gameオリジナルステッカー (Amazon.co.jp ver.)
※Amazon.co.jp では、特典付き商品のカートがアップされます。特典をご要望のお客様は特典付き商品をお買い求め下さい。
※上記各特典ともに数に限りがございます。お早めにご予約下さい。
※また、一部、特典の取扱いが無い店舗もございます。予めご了承下さい。
※確実に入手をご希望の方は、事前に各店舗様へご確認いただくことをお奨めいたします。



【関連リンク】
Ivy to Fraudulent Gameの寺口宣明が 歌と雑談を生配信!
Ivy to Fraudulent Gameまとめ
氷川きよし×『ドラゴンボール超』、 ヒーローアバターカードは“氷”マーク!?

【関連アーティスト】
Ivy to Fraudulent Game
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売

氷川きよし×『ドラゴンボール超』、ヒーローアバターカードは“氷”マーク!?
Thu, 05 Oct 2017 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月25日にCDリリースとなる、氷川きよしが歌うフジテレビ系『ドラゴンボール超』のオープニング曲「限界突破×サバイバー」。そのジャケット写真および氷川きよしイラストが描かれた『スーパードラゴンボールヒーローズ』ヒーローアバターカードのビジュアルを公開!

今作には、氷川が歌う「限界突破×サバイバー」とそのオリジナルカラオケ、番組内で使用されている同曲のバージョン違いのインストゥルメンタルを収録したCDに、『ドラゴンボール超』のノンテロップオープニング映像を収録したDVDが付属する。さらに、初回生産限定特典として、氷川きよしイラストが描かれた『スーパードラゴンボールヒーローズ』のヒーローアバターカードを封入した、まさに“『ドラゴンボール超』×氷川きよし”のコラボレーション感あふれる作品となる。

氷川にとって初のテレビアニメ主題歌となる「限界突破×サバイバー」は、疾走感あふれるサウンドと氷川の歌唱力で史上最強のヒーローソングとの呼び声も高く、『ドラゴンボール』ファンはもとより、多くのアニメファンから支持を集めている。同曲は7月22日に千葉・幕張メッセ、7月29日に大阪・インテックス大阪で行なわれた『週刊少年ジャンプ』『Vジャンプ』『最強ジャンプ』の3誌が主催するイベント『ジャンプビクトリーカーニバル2017』で初披露されたとのこと。さらに、8月26日には埼玉・さいたまスーパーアリーナでのアニメソング史上最大の祭典『アニメロサマーライブ2017』で披露し、大きな話題となった。

(c)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

■【氷川きよし コメント】

「フジテレビ系列で放送中の「ドラゴンボール超」の主題歌「限界突破×サバイバー」を歌わせていただいております。子供の頃から大好きだったドラゴンボールの主題歌を歌えるなんて、夢ではないかと思いました。それが実現して、テレビで僕の歌が流れ、配信となり、そして、ついにそれが収録されたCDの発売が決定致しました。本当にうれしいです! 今回のCDには、放送中のオープニング映像のDVDと、ドラゴンボールの胴着を着た僕のイラストが描かれたスーパードラゴンボールヒーローズのヒーローアバターカードが付いています。なんと悟空は胸に「亀」マークですが、ぼくは氷川なので「氷」マークとなっています! たくさんの方に聴いていただいて、永久保存版でコレクションしていただけましたらうれしいです。よろしくお願い致します。」

シングル「限界突破×サバイバー」

2017年10月25日発売



COZC-1387〜8/¥1,204+税
【CD+DVD】
<収録曲>
■CD
1.限界突破×サバイバー 作詩:森 雪之丞/作曲:岩崎貴文/編曲:籠島裕昌
2.限界突破×サバイバー(オリジナル・カラオケ)
3.限界突破×サバイバー(インストゥルメンタル・A Type)
4.限界突破×サバイバー(インストゥルメンタル・B Type)
5.限界突破×サバイバー(インストゥルメンタル・C Type)
6.限界突破×サバイバー(サブタイトル)
7.限界突破×サバイバー(予告)※M3〜M7:作曲:岩崎貴文/編曲:住友紀人
■DVD
ドラゴンボール超(スーパー)ノンテロップ・オープニング映像

◎初回生産限定特典
氷川きよしイラストが描かれたスーパードラゴンボールヒーローズ・ヒーローアバターカード

配信楽曲「限界突破×サバイバー」

配信中



■FULL Size
COKM-40150
シングル単曲¥239円+税/着うたフル¥300+税
・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1273026033?app=itunes
・レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1008205218/
・配信CP
レコチョク、iTunes、フジメロ、特撮アニメ♪フル、他 

■TV Size
COKM-40092
シングル単曲¥239+税/着うたフル¥300+税/着うた¥100+税
メロディコール・待ちうた¥100+税
・配信CP
フジメロ、特撮アニメ♪フル、レコチョク、iTunes、他



【関連リンク】
氷川きよし×『ドラゴンボール超』、 ヒーローアバターカードは“氷”マーク!?
氷川きよしまとめ
中島美嘉、1人2役を演じた シングル「A or B」のMV公開

【関連アーティスト】
氷川きよし
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボ, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, ポップス, アニメ, 演歌, 主題歌, オープニング

中島美嘉、1人2役を演じたシングル「A or B」のMV公開
Thu, 05 Oct 2017 08:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月25日にリリースする中島美嘉のシングル「A or B」のMVが10月5日より、オフィシャルYouTubeチャンネルとGYAO!にて公開された。前作「恋をする」に続くラブ・ポップチューンとなる本作のMVは、2つの選択で揺れ動く恋心を鮮やかに描いた歌詞がストーリー仕立てで再現されおり、“A”と“B”の2役を中島が演じる。撮影ではヨーロッパをイメージした街並みに大量の雨を降らせ、その中を楽しげに歩く姿など、歌詞の内容を表現するために演技を自ら考えていたという。また、初めてチャレンジしたという分身シーンや2役同時に登場する場面での演技も、対照的な2人に見える事を意識した表情から中島美嘉の表現力の高さが伺えるのも見どころだ。

なお、「A or B」のMVとメイキングはシングルの初回盤に付属するDVDに収録されるので、発売を楽しみに待っていてほしい。

■GYAO!「A or B」MV
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v08382/v0993900000000548887/
配信期間:10月5日(木)8:00 〜 11月4日(土)23:59

■「A or B」MV


https://youtu.be/q8ndx9DVtW4シングル「A or B」

2017年10月25日発売



【初回盤】(CD+DVD)
ICL-3430〜4301/¥1,620(税込)
<収録曲>
■CD ※初回盤、通常盤共通
1.A or B
2.Happy Life(中島美嘉×Salyu) 
3.A or B -instrumental-
■DVD
A or B MUSIC VIDEO&MAKING



【通常盤】(CD)
AICL-3430〜4301/¥1,258(税込)

『MIKA NAKASHIMA FULL COURSE TOUR 2017〜YOU WON\'T LOSE〜』

11月02日(木) 広島・東広島芸術文化ホールくらら 大ホール
11月04日(土) 愛知・愛知県芸術劇場 大ホール
11月12日(日) 新潟・新潟テルサ
11月19日(日) 神奈川・秦野市文化会館 大ホール
11月22日(月) 福岡・福岡国際会議場
11月23日(木・祝) 大阪・大阪国際会議場 メインホール
11月26日(日) 群馬・渋川市民会館 大ホール
12月03日(日) 栃木・佐野市文化会館 大ホール
12月10日(日) 青森・弘前市民会館
12月17日(日) 岐阜・飛騨氏文化交流センター スピリットガーデンホール
12月22日(金) 東京・日本青年館ホール
12月23日(土・祝) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
12月29日(金) 東京・Bunkamuraオーチャードホール



【関連リンク】
中島美嘉、1人2役を演じた シングル「A or B」のMV公開
中島美嘉まとめ
Hilcrhyme、刺激的な歌詞が話題の シングル「恋の炎」のMV公開

【関連アーティスト】
中島美嘉
【ジャンル】
J-POP, ニュース

Hilcrhyme、刺激的な歌詞が話題のシングル「恋の炎」のMV公開
Thu, 05 Oct 2017 06:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Hilcrhymeが10月18日にリリースする約1年ぶりのシングル「恋の炎」のショートMVが公開された。MVは9月上旬に神奈川県の工場で撮影され、夕方から明け方までの約10時間をかけて行なわれたとのこと。女性にアプローチする男性目線の情景が描かれており、妖艶な女性の動きにシンクロするように燃え上がる“炎”が感情の高ぶりを表現しているという。

同楽曲は男女が出会って惹かれ合い、満たされていくまでの“本気の恋”を描いた作品で、アタック感あるTOCのスキルフルなラップと、情熱的なアコースティックギターのストロークが印象的。《俺、これ以上ないってくらい滾ってる》《上と下で激しく交代》などの刺激的な歌詞が公開直後から歌詞サイトのアクセスランキングで1位を獲得するなど話題になっている。

また、日本テレビ系「バズリズム02」パワープレイ、読売テレビ「音力」10月度エンディング・テーマ、読売テレビ「すもももももも!ピーチCAF?」10月度エンディング・テーマと、トリプル・タイアップが決定しているのでそちらでも流れるMVをぜひチェックしてほしい。

■「恋の炎(short ver.)」MV


https://www.youtube.com/watch?v=Jm6Gf6eHsJkシングル「恋の炎」

2017年10月18日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7357/¥3,000(税抜)
<収録曲>
■CD
1. 恋の炎
2. アフターストーリー
※映画「春夏秋冬物語」主題歌/TOKYO MXドラマ「今夜もLL?(LIVE&LOVE)」主題歌
3. Magic Time
※夏祭り in サンリオピューロランド タイアップソング
■DVD ※初回限定盤のみ
1. 恋の炎 ?Music Video-
2. Hilcrhyme TOUR 2017 “SIDE BY SIDE"東京公演ライブ映像



【通常盤】(CD)
UPCH-5924/¥1,250(税抜)

『Hilcrhyme Official FC 4Seasons“桃源郷"Tour 2017』

<TALK&LIVE>
11月28日(火) 愛知・ElectricLadyLand
11月29日(水) 大阪・BIG CAT
12月05日(火) 新潟・LOTS
12月07日(木) 東京・新宿ReNY
全席スタンディング
会員¥3900(税込)ドリンク代別途



【関連リンク】
Hilcrhyme、刺激的な歌詞が話題の シングル「恋の炎」のMV公開
Hilcrhymeまとめ

【関連アーティスト】
Hilcrhyme
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, ヒップホップ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1