歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年10月03日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
『ミスiD2017』のNakanoまる、森岡千織によるMV「笑う女の子」解禁
Tue, 03 Oct 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

オーディション『ミスiD2017』で審査員特別賞を受賞したシンガーソングライター・Nakanoまる(なかのーまる)が、レーベル・花とポップスよりフルアルバム『MOM』にて全国デビューすることが決定。アルバムよりリードトラック「笑う女の子」のMVが解禁された。

MVはカノエラナの「楽しいバストの数え歌」のMVや、みゆはんの「リスキーシフト」のアートワーク等を手がけた森岡千織監督によるもので、Nakanoまる自身が映像とアートワーク全般を森岡監督に依頼するためにクラウドファンディング「はばたいて、Nakanoまる」を立ち上げ、155%達成(155万円)したことで実現したという。映像は歌詞中の《100のうち99は嘘、真実はいつでも1つ》から発案したものとなっており、冒頭からエンディングまでに“99の嘘”をひとつひとつ映像化。24時間ぶっ通しで撮影されたという細部にまでこだわった森岡千織ならではの狂気とポップネスが表現されており、一度聴いたら口ずさみたくなるNakanoまるの独自のポップセンスと見事に融合した渾身の作品となっている。さらに森岡千織監督によるリリックビデオを順次公開予定とのこと。

また、今作に向けてミスiD主催の小林司を始めとした応援の声も続々届いており、レーベルである花とポップスのオフィシャルHPに掲載中なので、こちらも併せてチェックしてほしい。

■花とポップス オフィシャル HP
http://www.hanatopops.com

■「笑う女の子」MV


https://youtu.be/ZnasXUtcM-w■【コメント】

■小林司/ミスiD実行委員長
「ミスiDという、ジャンルや決まりごとを無視した、要するになんでもありのオーディションにNakanoまるは応募してきた。いろいろあって、最後彼女はミスiD2017の「特別賞」を受賞する。なにが「特別」なんだと言われると…なんなんでしょう。そもそもミスiDですらいまだにうまく説明ができない。ただ、この賞は今年からできて、来年はないかもしれない。つまり、Nakanoまるは必然的に「特別」な女の子、です。ミスiDのカメラテストで、初めてアコギ片手に彼女が歌うのを聴いたとき、「あ、特別な声の人っているんだ」と思って、それはいまも変わらない。Nakanoまるの声は、YUKIに似てる、とかいろいろ印象はあると思うけど、僕には聖歌のように聴こえる。最近は自分=歌であることがシンガーソングライターであるような風潮はあるけど、だとしたらNakanoまるはシンガーソングライターではないような気がする。あんまり自分の歌を歌ってないから。「笑う女の子」なんて、誰目線なんだよと聴くたびに思う。でもそれがNakanoまるの最大の魅力なんだと思う。オーディション中もあまりにへんな顔や加工で文字をいれて顔のよくわからない写真ばかりあげるので、「可愛いんだからもっとシンプルに自撮りとか載せないの?」と言っても「ふふふ」みたいな感じでごまかされた。たぶんNakanoまるは自分にそれほど興味がない。理由はよくわからないけど自分にベタベタしていない。なんだろう。でもだから、その声はとても神々しく、天から降りてくるような歌声に聴こえる。まるで濁りがない。それは、この承認欲求の時代にかなり「特別」なことで、だから、Nakanoまるの歌は聖歌みたいに聴こえるのだ。」

■konore/Controversial Spark, 超大陸パンゲア, the rooms
「伸縮自在の女の子を三次元で見つけてしまいました。はねてとんで伸びるのにいつでも真ん中にもどってくるの。こんなに振り回されたら一緒に叫んじゃう。笑いながら!」

■ハグてっぺい/HUG ROCK FESTIVAL主催
「どんな子かって?とにかくいつも「ウフフ♪」「アハハ♪」って笑う女の子で、子供みたいってゆうか、どこか浮世離れしてるおかしな子!楽曲も超自由で、リアルとメルヘンを行ったり来たりしてて、楽しいんだけど胸の奥がキュンってする不思議な感じ!えーっとね、なんか、妖精みたいな子(猫娘説も)がやってきて、キラキラーん☆ってしたら、そこにいる人たちの心がちょっと綺麗になって、喧嘩とかもなくなって、みんな笑顔になるみたいな!なんかお腹減ったねーみたいな!ふと見たらベンチにおにぎり置いてあるみたいな!余計わからなくなった?でもご安心を!そんな子が、『花ポ』と出会って、初の全国流通アルバムを出すんです!!!もうね、凄いよ!どこかフワフワしてた才能ちゃんの前に、はっきりとした道がパーーーーって開けてた感じ!その道を笑いながら、はばたいていく、まるちゃん!なんて素敵!みんな、絶対買わなかのーまる!あ、買わなきゃだよ!ヽ(・∀・)ノ」

■花団ボーカルかず
「マイナスイオンって目に見えないから信じてなかったんですが、このアルバムを聴いたらウソみたいにシュッてなりました。ただ聴き込めば聴き込むほどにまるちゃんの世界観が見えてきて、何かわかりたいような、わかりたくないような気持ちになります。草原で四つ葉のクローバーを探していると思ったら、見つけたクローバーを食べ出すような女の子。まるちゃんの全てというよりは、一部が入ったようなアルバム。きっとこうやってもっとまるちゃんを知りたいとハマっていく人が増えるんだろうなぁと思ってます。ちなみに私はどっぷりハマっております。最後のはんぶんこという曲が大好きです。Nakanoまるに一緒にハマりませんか?プイプイプーイ!」

アルバム『MOM』

2017年11月8日発売



HTP-1019/¥2,500+税
<収録曲>
01.笑う女の子
02.恋
03.恋をした
04.猫にかまけて
05.よかった
06.からっぽ
07.メルヘンチックじゃない
08.やさしい
09.いい日
10.エンドロール
11.はんぶんこ



【関連リンク】
『ミスiD2017』のNakanoまる、 森岡千織によるMV「笑う女の子」解禁
Nakanoまるまとめ
乃木坂46、シングル「いつかできるか ら今日できる」特典映像公開

【関連アーティスト】
Nakanoまる
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, アルバム, リリース, ポップス

乃木坂46、シングル「いつかできるから今日できる」特典映像公開
Tue, 03 Oct 2017 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

乃木坂46が10月11日にリリースする19thシングル「いつかできるから今日できる」の初回仕様限定盤に付属される特典映像の内容が公開となった。収録されるのは、2月に開催の『乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE』でサプライズ発表された『あさひなぐプロジェクト』のメイキング映像で、映画のクランクインからクランクアップまでの様子や、2週間の公演となった舞台の裏側など、映画と舞台それぞれの貴重映像が満載の内容となっている。

また、収録される『あさひなぐプロジェクト』メイキングのダイジェスト映像も公開となったので、気になる方は要チェック!

■「いつかできるから今日できる」 初回仕様限定盤 特典映像

・Type-A「あさひなぐプロジェクト」(起)映画「あさひなぐ」メイキング
・Type-B「あさひなぐプロジェクト」(承)映画「あさひなぐ」メイキング
・Type-C「あさひなぐプロジェクト」(転)舞台「あさひなぐ」メイキング
・Type-D「あさひなぐプロジェクト」(結)舞台「あさひなぐ」メイキング
/「いつかできるから今日できる」ライブ映像(真夏の全国ツアー2017より)

■『あさひなぐプロジェクト』メイキング ダイジェスト映像


https://youtu.be/Zm2Xmz9lkYoシングル「いつかできるから今日できる」

2017年10月11日発売



【初回仕様限定盤 Type-A】(CD+DVD)
SRCL-9572〜3/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
M1:「いつかできるから今日できる」
M2:「不眠症」
M3:「まあいいか?」
M4:「いつかできるから今日できる」〜off vocal ver.〜
M5:「不眠症」〜off vocal ver.〜
M6:「まあいいか?」〜off vocal ver.〜
■DVD
「いつかできるから今日できる」Music Video
「まあいいか?」Music Video
その他、特典映像収録(収録内容は後日発表致します。)

◎初回仕様限定(CD+DVD)盤 共通封入特典
(1)「全国握手会参加券orスペシャルプレゼント応募券」1枚
(2)「乃木坂46メンバー生写真(全45名・全180種のうち1枚ランダム封入)



【初回仕様限定盤 Type-B】(CD+DVD)
SRCL-9574〜5/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
M1:「いつかできるから今日できる」
M2:「不眠症」
M3:「失恋お掃除人」
M4:「いつかできるから今日できる」〜off vocal ver.〜
M5:「不眠症」〜off vocal ver.〜
M6:「失恋お掃除人」〜off vocal ver.〜
■DVD
「いつかできるから今日できる」Music Video
「失恋お掃除人」Music Video
その他、特典映像収録(収録内容は後日発表致します。)



【初回仕様限定盤 Type-C】(CD+DVD)
SRCL-9576〜7/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
M1:「いつかできるから今日できる」
M2:「不眠症」
M3:「My rule」
M4:「いつかできるから今日できる」〜off vocal ver.〜
M5:「不眠症」〜off vocal ver.〜
M6:「My rule」〜off vocal ver.〜
■DVD
「いつかできるから今日できる」Music Video
「My rule」Music Video
その他、特典映像収録(収録内容は後日発表致します。)



【初回仕様限定盤 Type-D】(CD+DVD)
SRCL-9578〜9/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
M1:「いつかできるから今日できる」
M2:「不眠症」
M3:「僕の衝動」
M4:「いつかできるから今日できる」〜off vocal ver.〜
M5:「不眠症」〜off vocal ver.〜
M6:「僕の衝動」〜off vocal ver.〜
■DVD
「いつかできるから今日できる」Music Video
「僕の衝動」Music Video
その他、特典映像収録(収録内容は後日発表致します。)



【通常盤】(CDのみ)
SRCL-9580/¥972+税
<収録曲>
M1:「いつかできるから今日できる」
M2:「不眠症」
M3:「新しい花粉 〜ミュージカル「見知らぬ世界」より〜」
M4:「いつかできるから今日できる」〜off vocal ver.〜
M5:「不眠症」〜off vocal ver.〜
M6:「新しい花粉 〜ミュージカル「見知らぬ世界」より〜」〜off vocal ver.〜



【関連リンク】
乃木坂46、シングル「いつかできるか ら今日できる」特典映像公開
乃木坂46まとめ
INORAN、自身の誕生日に ツアーファイナルを迎える

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, シングル, 特典

INORAN、自身の誕生日にツアーファイナルを迎える
Tue, 03 Oct 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ソロデビュー20周年を祝し、大胆なリアレンジを施したセルフカバーアルバム『INTENSE/MELLOW』をリリースしたINORAN。それに伴い、『INORAN SOLO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2017 -INTENSE/MELLOW?』と題した全国ツアーを約1か月にわたり実施。9月29日(金)はその最終日にして、毎年恒例のバースデー公演でもあった。LUNA SEAメンバーのソロ活動を見渡しても、始動時と現在とを比べてもっとも大きな変化を感じるのはINORANで、だからこそ楽曲のリアレンジ、アプローチも声量も変わった歌唱の進化も味わい深く楽しい。しかし実は、根底にある熱さ、挑戦心、不器用なまでの真っ直ぐさはずっと不変だったのではないか? そんな問い掛けが脳裏をよぎる濃密な2時間だった。

会場は新木場STUDIO COAST。フロア上方では大きなミラーボールが存在感を示し、開演が近付くにつれ、ステージ上には少しずつキャンドルの灯りが増えていく。自然と手拍子は大きくなって、BGMに乗せてメンバーが登場。INORANは指でフロアを指し示しながら姿を現し、ギターを受け取った。硬く強い音色でコードを一人奏で始め、Ryo Yamagataのドラム、続いてu:zoのベース、Yukio Murataのギターが加わっていく。INORANが左脚をクイッと上げた瞬間、曲調が激しく変化。「Come Away With Me」に歌はなく、4人の放つ音と音とが対話するように重なり合って重厚なグルーヴを生み出し、熱はいやおうなしに高まっていく。「用意はいいか?」(INORAN)の掛け声に続き、「Spirit」へ。例えばこの曲は2001年リリースのAL『Fragment』に収録されている初期曲だが、大胆な変貌を遂げて『INTENSE』に収められていて、一聴すると新曲かと思わされてしまうほど。赤、青といった原色のライトが明滅する中、アッパーに攻め、畳み掛けていく。「Get a feeling」は熱い演奏の中でも落ち着いた歌を聴かせ、一瞬の暗転の後、「grace and glory」を披露。このライヴはライティングが全般的に美しく、空間を鮮やかに彩っていたのも印象深かったことの一つ。この曲では、アンプやドラム台に白く光る電飾を伝わせていて、パープルとグリーンのライの中美しく際立っていた。合の手を入れるように拳を突き上げて歌う観客とINORAN、バンドの呼吸もすべて合っていて、終盤を迎える頃にはステージとフロアが密な一体感で結ばれていた。

「Hey hey、Tokyo! 会いたかったです。 ぎょうさんおるなぁ。盛り上がっていくぜ! 行けるか!」(INORAN)と叫ぶと、「Awaking in myself」へ。後光のような幾多のライトを浴びながら歌い出したのは、美しく清らかなメロディー。演奏は激しく強く、情熱的に昂っていく。INORANもフロアもジャンプを繰り返し、音に身を委ねていた。ずっしりとした重量感と粘り気のあるグルーヴが心地よい「2Lime s」では、ネックをスライドさせて鳴らす譜面化できない音色に、色気が滲む。Murataが弓を駆使してプレイする前衛的なギターソロは枠にハマらない愉しさがあり、ワクワクとさせられた。「Daylight」、そして「千年花」も『INTENSE/MELLOW』でセルフカバーした新たなヴァージョンで披露。情緒的なメロディーは変わらぬままに、轟々と唸るようなヘヴィーなアンサンブルに、時を経て育まれたたくましさ、INORANの内的変化を感じた。「Shine for me tonight」ではアコースティック・ギターを奏でながら、凛とした歌声を響かせる。しっとりとした余韻を残して曲を終えると、キャンドルが揺らめく暗闇の中、大きな拍手が沸き起こった。
 
BGMに乗せ椅子や譜面台が運び込まれセットチェンジ。4人が位置に就くと、「Bar Mellowへようこそ!」とINORAN。ツアーの見どころとなっていたアンプラグド・セッションコーナーで、リラックスしたムードの中、まずは「no options」を披露した。観客の手拍子もリズムに組み込みながら、まさにステージとフロアが分け隔てなく一体となって音楽を奏でていた。INORANはギターのボディーの上で両腕を重ね合わせるようなラフな体勢で歌ったかと思えば、歯切れのよいカッティングを刻み始める。フロア上方には2つのシャンデリアが高い位置で輝いていて、まるでパーティーに招かれたような華やぎを醸し出していた。ギターを爪弾きながらのMCでは、「お酒飲んでますか? 今日の東京は和やかですね〜。男いますか? なんでそんな後ろにいるんですか? 恥ずかしがり屋さんなんですか?  後で期待しちゃいますよ?」「美人さんが多いですね。僕は美人さんがクシャッてした顔が大好きです。後で期待しちゃいますよ?」などと軽妙なトークで笑わせ場を和ませると、「Sakura」へ。マラカスでRyo Yamagataが刻み始めたリズムにMurataのアルペジオが重なり、INORANはバッキング・コードを爪弾く。淡いトーンのライトが織り成す光景は、繊細なアンサンブルが生み出す儚げな美しさと相まって、五感に刻まれる思い出となった。時折鳴らされるウインドチャイムの音色はまるで星の瞬きのようにロマンティックで、夢見心地へと誘われた。Bar Mellowの試みについて、「どこかでまたできればいいね」とINORAN。約5年の活動を共にして来たバンドメンバーだが、「こういうの初めて。すごい新鮮」だと手応えを感じている様子。「こういう場を見せてくれた皆に感謝してます、ありがとうございます。“ラストオーダー”に一曲。皆に感謝の気持ちを込めて」との言葉に続き、届けたのは「Thank you」。INORANはシンプルにコードを奏でながら歌い、Ryoのカホーンが素朴なリズムを繰り出す。メンバーによるコーラス、フロアからの歌声が重なって厚みを増しながらも、リラックスした風通しのよいサウンドに酔わされた。お互いの存在に感謝し合い慈しみ合うような、温かい時間がひたすら心地よかった。

ここで、u:zo仕切りのもと、お祝いタイムへ突入。INORANのソロ20周年及び誕生日を祝して、「ハッピー・バースデー」を会場と声を合わせて歌い始めると、INORANはそれに応えるように手を叩き、笑顔を見せる。すると大きなケーキが入場、「どうもありがとう! でもこのタイミングじゃないんじゃない? (蝋燭の火を)今点けてるしさ(笑)」と照れ隠しなのか毒づきながらも、大きく腕を広げ、フロアからの声をもっともっと!と求めた。「投げたら受け止めてくれますか? J(LUNA SEA)じゃないよ?(笑)」とのジョークにはドッと笑いが…。Jが毎年誕生日ライヴでケーキをフロアに投下することを踏まえての発言で、こんなちょっとした場面にも、バンドとソロ活動を両立した20周年の今のモードが良好であることが伺えて、うれしくなる(結局、ケーキを投げることはなかったが)。「47歳になりました。こんなにたくさんの人に祝ってもらえるなんて、俺は幸せです。今日地球上で一番幸せな人だと思います」と感謝を述べ、「こんな47歳の俺に、もうちょっと何かくれますか?」「強要することじゃないから、コンサートって。でもね、俺、欲しいんだよ!」と、更なる熱い盛り上がりをフロアにリクエスト。コール&レスポンスありきで曲が成り立つような「Ride the Rhythm」でなおのこと観客を引き込んでいった。事実、フロアから受け取った熱を原動力に、グルーヴは次第に生命力を帯びていく。抽象的な表現になるが、そこで鳴っているすべての音がまるで生き物のように大きく育っていくのをまざまざと感じたのだ。これまでも美しい景色をライヴで見せ続けて来た「Beautiful Now」は、何度聴いても色褪せることのない名曲。ギターを鳴らし振り下ろした手をそのまま高く掲げたり、フロアを指さしたりして、全身で想いを表わすINORAN。轟音ではあるが決して濁ることのない澄んだ音の重なりに聴き入る時間でもあった。

いよいよライヴは終盤を迎え、「Rightaway」からは怒涛の展開。「ジャンプ、ジャンプ!」とシャウトして煽るINORANの姿からは、20周年を迎えてなお、その場に留まることなく高く跳びたい、遠くへ飛んでいきたい、新しい景色を見たい、という前傾姿勢しか読み取れなかった。フロアを2分割してのコール&レスポンス対決を盛り込んで全体の熱を高めた「Get Laid」は、どこまでも荒々しく。ラスト、声を長く伸ばして歌い終えると、そのまま「raize」へと雪崩れ込んだ。舞い降りた銀テープを観客が掴んで振り上げる様子は、2Fから見下ろすとまるで水面のように眩くきらめいていた。胸に手を当てるなどして、熱く歌詞を噛みしめるように歌っていたINORANは、やがてフロアに下りて右から左へと闊歩。観客はもちろん熱狂したが、それでもなお足りない、とでも言うかのように大きく両手を広げて煽り、熱を求め続けていた。しばしの間があって、再びギターを手にすると、INORANは本ツアーを回想しつつ、「皆の近くに行った時、皆の熱を感じて。『まだここに立ってられるんだな。20周年を越えても』という感想を抱きました」と、今後についても言及。「聴いてくれる人がいないと、音楽は成り立たないと思うので」とも語り、年末12月28日(木)・29日(金)のアコースティックライヴ(FCイベント)開催を発表。終演を待たずして次の約束を示しファンを喜ばせ、「まさか20年も歌い続けると思わなかったし、まさかこんな声が枯れる毎日を送るとは思わなかった(笑)」「不器用でも下手くそでも、想いは絶対伝えたほうがいい」と真摯に言葉を続ける。「どうやって伝えようか?」と方法に迷ったとしても、大事な人にはとにかく想いを伝えたほうがいいと熱弁し、「不器用でも下手くそでも、信じてやってきました。その積み重ねて今があると思うので」と、歌で、音楽で想いを伝えようとしてきた自負を覗かせながら、「それが、下手くそからちょっと下手くそが取れたぐらいの俺が言える、皆へのお返しのプレゼントです」と結んだ。率直で飾りのない言葉には強い実感がこもっていて、強く胸を打たれた。
 
メンバーとスタッフに労いの言葉を掛け、「素晴らしいお前たちがいるから、いつでもここはオープンしてる。また遊びに来いよ? それをこれからも全力で受け止めるつもりです」(INORAN)と観客に向けて宣言し、最後の曲「All We Are」へ。無数の白いライトに射られながら、優しく語り掛けるかのような、歌うような旋律を爪弾くINORAN。ひたひたと高鳴っていく想いをそのまま音にしたような、メリハリのあるエモーショナルなアンサンブルに惹き込まれていく。「最後、皆声出そうぜ!」(INORAN)という呼び掛けで、大サビでは会場全体が声を合わせると、多幸感に満たされていく。4人はステージ中央に集まって肩を組み、「また会おうぜ! どうもありがとう!」(INORAN)の挨拶に続き、深く長い礼をした。INORANは一人残り、「年末も会おうぜ!」と両手でハートマークを作り、笑顔でステージを後にした。

一方的にステージから何かを与えられるのではなく、ステージとフロアとが共に熱のやり取りをしながら高め合っていく、この光に満ちた場所を胸に、終演後、会場を出た後もそれぞれの居場所で生きていく――INORANは、この会場に居合わせた一人一人の心にそんな強さを与えようとしているように思えた。時には不器用にもがきながら、決して満足せず音楽的挑戦を重ね、20周年を経てなおINORANは新しい景色を熱く追い求めていくのだろう。そう確信する記念すべき夜となった。

取材・文:大前多恵
撮影:RUI HASHIMOTO(SOUND SHOOTER)

アルバム『INTENSE/MELLOW』

2017年8月23日発売



【初回限定盤】(2CD+DVD+52P写真集スペシャルパッケージ仕様)
KICS-93516〜7/¥9,074+税
<収録曲> ※初回限定盤、通常盤共通
■DISC-1 INTENSE SIDE
M1.Ride the Rhythm
M2.Spirit
M3.千年花
M4.Daylight
M5.Determine
M6.raize
■DISC-2 MELLOW SIDE 
M1.Shine for me tonight
M2.Your Light is Blinding
M3.no options
M4.Sakura
M5.Beautiful Now
M6.人魚
M7.Thank you



【通常盤】(2CD)
KICS-3516〜7/¥3,241+税



【関連リンク】
INORAN、自身の誕生日に ツアーファイナルを迎える
INORANまとめ
小野正利、デビュー25周年を記念して カバーアルバム『VS』をリリース

【関連アーティスト】
INORAN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ツアー, ライブレポ, レポート

小野正利、デビュー25周年を記念してカバーアルバム『VS』をリリース
Tue, 03 Oct 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

小野正利がデビュー25周年を記念して、洋楽カバーをメインとした2枚組アルバム『VS』を12月13日にリリースすることがわかった。

小野は1992年にデビューし、同年に3rdシングル「You\'re the Only・・・」がミリオンヒットし紅白歌合戦に出場。2009年にはGALNERYUSに加入し、日本の正統派H.R/H.Mを代表するバンドでも超絶ハイトーンボーカルで輝きを放ち、瞬く間にメタルボーカリストとしても不動のポジションを築いた。なお、9月リリースされたGALNERYUSのアルバム『ULTIMATE SACRIFICE』は、デイリーチャートで6位を記録し、正統派J-METALバンドとしては異例の躍進を見せている。

小野正利の25年の時を経た魅力を再認識させ、新たな話題性、飛躍が期待される今作の詳細続報を震えて待て!

アルバム『VS』

2017年12月13日発売



【2CD】
WPCL-12810/11/¥3,300+税

アルバム『ULTIMATE SACRIFICE』/GALNERYUS

2017年9月27日発売



WPCL-12714/¥2,800+Tax
<収録曲>
1. ENTER THE NEW AGE (Music: SYU / Lyrics: TAKA)
2. HEAVENLY PUNISHMENT (Music & Lyrics: SYU)
3. WINGS OF JUSTICE (Music & Lyrics: SYU)
4. THE SHADOW WITHIN (Music & Lyrics: SYU)
5. WITH SYMPATHY (Music: YUHKI / Lyrics: SHO, TAKA)
6. WHEREVER YOU ARE (Music & Lyrics: SYU)
7. RISING INFURIATION (Music: YUHKI / Lyrics: SHO, TAKA)
8. BRUTAL SPIRAL OF EMOTIONS
 I. Blinded By Anger (Music: SYU)
 II. Burning Within (Music & Lyrics: SYU)
 III. Soul Carried By The Wind (Music & Lyrics: SYU)
9. ULTIMATE SACRIFICE
 I. Wishing To Liberate (Music & Lyrics: SYU)
 II. The Battle In Desperation (Music: SYU / Lyrics: TAKA)
 III. The Reality In The End (Music & Lyrics: SYU)
 IV. Phantasmagoria (Music & Lyrics: SYU)
 V. The Living And The Dead (Music: SYU)

◎購入者特典
同アルバムを全国のCDショップ/E-コマースでご購入いただくと、先着特典として特製ステッカーをご提供致します。
※一部店舗ではお渡しが無い場合がありますので、予約・ご購入の際に特典の有無をご確認下さい。
※先着(予約者優先)となりますので、無くなり次第終了となります。



【関連リンク】
小野正利、デビュー25周年を記念して カバーアルバム『VS』をリリース
小野正利まとめ
GALNERYUSまとめ
Czecho No Republic × SKY-HI、 「タイムトラベリング」MVをフル公開

【関連アーティスト】
小野正利, GALNERYUS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, メタル, アニメ

Czecho No Republic × SKY-HI、「タイムトラベリング」MVをフル公開
Tue, 03 Oct 2017 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Czecho No Republic × SKY-HIによるシングル「タイムトラベリング」のフルバージョンのMVが公開された。本作品の監督を務めるのは、Dragon Ash、KREVA、ASIAN KUNG-FU GENERATIONなど数多くのアーティストの作品を手掛ける須永秀明。楽曲と演者の持つ疾走感をダイナミックに描写しつつ、タイトルの“タイムトラベリング=時間の旅”を感じる演出を取り入れた、切なくも爽快な内容に仕上がっている。特に今回のコライトの醍醐味とも言える「タイムトラベリング」歌詞中で春夏秋までを武井(Vo&Ba)が投げかけ、そこへSKY-HIが概念としての冬を盛り込んだ両者の世界観が見事に交錯するシーンでは、疾走感が最高潮に達する圧巻のラストパートとなっているので必見だ。

両者が初めて都内某会議室でミーティングを行った6月下旬から、互いに意見を交わし合い深夜まで力を振り絞ったレコーディング、初共演であり初披露となった『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』での灼熱のステージ、関東近郊の某倉庫でのMV撮影までは、わずか2か月間足らずだったという。短くも濃い白昼夢のようなスピードで駆け抜けた一夏の両者の絆が、画面を通して伝わるMVとなっている。

また、シングル「タイムトラベリング」でのコライトの経緯等がわかる両者のロングインタビューを公開中! より深く「タイムトラベリング」を理解できる内容になっているので、こちらもぜひチェックしてほしい。

■Czecho No Republic × SKY-HI ロングインタビュー
http://eggman.jp/special/special-6598/

■「タイムトラベリング」MV


https://www.youtube.com/watch?v=RESN17dQzvkシングル「タイムトラベリング」

2017年9月27日発売



【初回盤】(CD+DVD)
COZA-1377/8/¥1,800(税込)
<収録曲>
■CD
1.タイムトラベリング
2.For You(Acoustic Arrangement)
3.MUSIC(チェコと12人の仲間たち)
■DVD
1.タイムトラベリング MUSIC VIDEO
2.Czecho No Republic × SKY-HI密着ドキュメンタリー
3.「タイムトラベリング」【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017】



【通常盤】(CD)
COCA-17371/¥1,000(税込)
<収録曲>
1.タイムトラベリング
2.For You(Acoustic Arrangement)
3.MUSIC(チェコと12人の仲間たち)



【関連リンク】
Czecho No Republic × SKY-HI、 「タイムトラベリング」MVをフル公開
Czecho No Republicまとめ
SKY-HIまとめ
ボカロPバルーンが須田景凪名義で 活動スタート&新曲のタイアップ決定

【関連アーティスト】
Czecho No Republic, SKY-HI
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボ, ミュージックビデオ, MV, シングル

ボカロPバルーンが須田景凪名義で活動スタート&新曲のタイアップ決定
Tue, 03 Oct 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

人気ボカロPのバルーンが、須田景凪(すだけいな)名義での活動をスタート。 ダンロップのスタッドレスタイヤ“WINTER MAXX 02”のプロモーションとなるアニメーション動画のテーマ曲として新曲「アマドール」を書き下ろしたとのこと。 雪が降る冬の札幌・小樽の街を舞台にカップル、親子、仕事仲間の3組のさまざまな想いが交錯するアニメーション動画には、漫画『最終兵器彼女』等で知られる漫画家・高橋しんをはじめ、監督の川又浩、キャラクターデザイン・作画監督の土屋堅一、アンサー・スタジオといった豪華メンバーが参加している。 アニメーションは、10月11日よりダンロップの特設サイトにて公開予定。

「シャルル」「雨とペトラ」「レディーレ」等のボカロ楽曲を投稿してきた彼だが、これまでの作品とは違い、須田景凪として自身の声で描いた楽曲を歌う活動を行っていくとのこと。「シャルル」「メーベル」等のセルフカバー楽曲も非常に人気もあり、今後の活動を楽しみにしたい。



【関連リンク】
ボカロPバルーンが須田景凪名義で 活動スタート&新曲のタイアップ決定
バルーンまとめ
須田景凪まとめ
LACCO TOWER、 初の男女限定ワンマン開催決定

【関連アーティスト】
バルーン, 須田景凪
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ボーカロイド

LACCO TOWER、初の男女限定ワンマン開催決定
Tue, 03 Oct 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年で結成15周年を迎え、アルバム『遥』を引っさげての全国ワンマンツアーを行なっているLACCO TOWERが、2日間にわたって初の『男女限定ワンマンライブ』を開催することを発表! 11月19日に渋谷CYCLONEにて『女性限定ワンマンライブ「姫君ノ宴」』を、12月7日下北沢 LIVEHOLICにて『男性限定ワンマンライブ「殿方ノ宴」』を開催する。さらに両日ともメンバーである松川ケイスケ(Vo)と塩?啓示(Ba)の生誕祭を兼ねており、スペシャルな2日間になることは間違いない。 チケットは10月4日12時よりオフィシャル先行で受付を開始するとのことなので、プレミアムチケットになることは必至の貴重なライブにぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

■【男女限定ワンマンライブ】

■女性限定
『LACCO TOWER 女性限定ワンマンライブ「姫君ノ宴」〜SHIBUYA CYCLONE 20TH ANNIVERSARY〜』
11月19日(日) 東京・渋谷CYCLONE
※松川ケイスケ(Vo)生誕祭を兼ねてのスペシャルワンマン
<注意>
・女性のみ参加ができる公演となります。
・男性がチケットを購入された場合でも、当日入場をお断りさせていただきます。
・その際、チケット代金の払戻しはいたしかねます。

■男性限定
『LACCO TOWER 男性限定ワンマンライブ「殿方ノ宴」』
12月07日(木) 東京・下北沢 LIVEHOLIC
※塩?啓示(Ba)生誕祭を兼ねてのスペシャルワンマン
<注意>
・男性のみ参加ができる公演となります。
・女性がチケットを購入された場合でも、当日入場をお断りさせていただきます。
・その際、チケット代金の払戻しはいたしかねます。

<チケット>
料金:前売り¥3,800(両日)
・オフィシャル先行チケット
10月4日(水)12:00〜10月9日(月)23:59
URL:http://eplus.jp/laccotower/

アルバム『遥』

2017年8月23日発売



COCP-40093/¥3,000+税
<収録曲>
1.遥
2.喝采
3.純情狂騒曲
4.葉桜
5.夜鷹之星
6.火花
7.擬態
8.夕顔
9.葵
10.夕立

『LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」』

LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」〜遥なる福岡〜
10月08日(日) 福岡Queblick
LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」〜遥なる名古屋〜
10月15日(日) 名古屋CLUB QUATTRO
LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」〜遥なる高崎〜
10月21日(土) 高崎clubFLEEZ
LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」〜遥なるフィナーレ〜
10月28日(土) Zepp DiverCity Tokyo



【関連リンク】
LACCO TOWER、 初の男女限定ワンマン開催決定
LACCO TOWERまとめ
vistlip、マスク着用でヒーローの 表と裏を表現した「It」のMVを公開

【関連アーティスト】
LACCO TOWER
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ワンマン

vistlip、マスク着用でヒーローの表と裏を表現した「It」のMVを公開
Tue, 03 Oct 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

結成10周年を迎えたvistlipが11月8日にリリースするシングル「It」のMV(short ver.)を公開! MVではメンバーそれぞれが白を基調としたレザーのマスクを着用しており、顔の一部が隠れた姿からはいつもと違ったメンバーの表情を見ることが出来る。また、アナログな電球を用いたセットや小物で演出した独特な空間でのパフォーマンスは、今までにない彼らの世界観に仕上がっている。

さらに、MVに併せてシングル「It」の各パッケージに付属されるDVDのトレーラー映像も公開された。メンバー全員が催眠術を初体験したオリジナル映像「ROUGH the vistlip」や、MVメイキングを少しだけ見ることができるので、気になる人は早速チェックしてほしい。

11月8日にリリースするシングル「It」に続き、二か月連続で通算20枚目となる節目のニューシングルを12月6日にリリースするvistlip。2018年1月には、2017年7月7日に開催した結成10周年の記念ライブ『Guns of Liberty』を収録したDVDのリリースを控えており、活発な動きを見せている。今後も貴重な情報が待機中とのことなので、引き続きvistlipのニュースに注目だ!

■【海(Gu)MVコメント】

「今回は電球を使った小物やセットと、メンバーそれぞれつけてるマスクで、歌詞で表されてるヒーローの表と裏側の二面性を表現しました。僕の趣味趣向のせいか、だいぶダークヒーローな感じの仕上がりにはなってしまってますが…あくまでコンセプトとしてはヒーローです。1サビで智(Vo)が指を指す場面があるんですが、そこでマスクを装着した智と、素の智が切り替わる所が個人的にはとても気に入っています。衣装もいつもより少し強めなイメージで揃えたので、曲の力強さに良い具合にハマったんではないかなと思っています。」

■「It」MV(short ver.)


https://youtu.be/5n0Pp1FOttY■シングル「It」トレーラー


https://youtu.be/9_-RxYUC3mcシングル「It」

2017年11月8日発売



【LIMLTED EDITION】(CD+DVD)
MJSS-9200〜9201/¥1,500+税
※初回生産限定盤
<収録曲>
■CD
1.It  
■DVD
ROUGH the vistlip

◎初回生産仕様(3形態共通)
メンバートレーディングカード(全10種類)



【vister】(CD+DVD)
MJSS-9207〜9208/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.It 
■DVD
「It」Music video&making



【lipper】(CD)
MJSS-9202/¥1,000+税
<収録曲>
1.It 
2.Persona

シングル「タイトル未定」

2017年12月6日発売



【LIMITED EDITION】(CD+DVD) 
MJSS-09209〜10/¥1,500+税
※初回生産限定盤
【vister】(CD+DVD)
MJSS-09211〜12/¥1,500+税
【lipper】(CD)
MJSS-09213/¥1000+税

※収録内容:未定

『10th Anniversary Tour Encounter the Phantoms』

10月21日(土) 宮城・仙台RENSA
11月03日(金) 福岡・DRUM LOGOS
11月16日(木) 愛知・名古屋DIAMOND HALL
11月24日(金) 大阪・BIGCAT
12月01日(金) 東京・豊洲PIT
12月03日(日) 石川・金沢EIGHT HALL
12月13日(水) 北海道・札幌PENNY LANE24



【関連リンク】
vistlip、マスク着用でヒーローの 表と裏を表現した「It」のMVを公開
vistlipまとめ
DieByForty、scatterbrain、Jessy\'s Elegyによるスプリットアルバム発売!

【関連アーティスト】
vistlip
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, DVD, シングル

DieByForty、scatterbrain、Jessy\'s Elegyによるスプリットアルバム発売!
Tue, 03 Oct 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

仏・英・日と、様々な言語を使った美しいメロディを優しく、破壊的に変幻自在に絡み合わせる進化型ロックバンド・DieByForty。内省的かつファンタジックな風景を激しいノイズサウンドに絡め、独特の世界観へと昇華させるscatterbrain。重厚サウンドを劇的に展開し唯一無二のグルーヴに仕上げるJessy\'s Elegy。この3組の完全新作が収録されたスプリットアルバム『The Perfect Plan』が10月4日にリリースされる。

同アルバムは、3バンド各6曲入りのミニアルバムを1枚のCDに収録するという実験的な手法を使ったボリューム満点の内容となっており、スリリングかつ統一感のある不思議な作品として成立しているとのこと。また、90年代の影響を色濃く受けた現在のインディーズバンドのカタログ的な要素を持っており、それが一つのマスターピースになった仕上がりになっている。さらに、高田メタル(MEANING/ELLEGARDEN)から届いたコメントも必見だ。

10月15日には3バンドが出演するリリースイベントも開催し、2018年1月には下北沢 Club Queにてツアーファイナル公演も行なうので、こちらも要チェック!

■【高田メタル(MEANING /ELLEGARDEN)コメント】

出会いは億千万。
友達の友達は皆友達だ。
日本よ。これが新しいオルタナティブロックのエッフェル攻撃ぜよ。

アルバム『The Perfect Plan』

2017年10月4日発売



NHCR-1155/¥2000+税
<収録曲>
1.A Loud Song (Like An Ocean of Stars)
2.Ten Years (Like An Ocean of Stars)
3.Morning Call (Like An Ocean of Stars)
4.The End (Like An Ocean of Stars)
5.Lowboost (feat.Maki Nishimura) (Like An Ocean of Stars) / Maki Nishimura
6.Ames Soeurs (Like An Ocean of Stars)
7.nowhere land (in the nowhere land)
8.twilight (in the nowhere land)
9.it (in the nowhere land)
10.twin rabbits (in the nowhere land)
11.innocence (in the nowhere land)
12.tiny shiny (in the nowhere land)
13.stratosphere (Filtering Lights From the Projector)
14.telephone (Filtering Lights From the Projector)
15.hero (Filtering Lights From the Projector)
16.your star (Filtering Lights From the Projector)
17.残光 (Filtering Lights From the Projector)
18.live (Filtering Lights From the Projector)

『THE PERFECT PLAN Tour 2017/18』

10月15日(日) 東京・渋谷 乙 ※3バンド同時レコ発ライブ
10月22日(日) 東京・渋谷HOME ※DieByForty出演
11月23日(木) 大阪・三国ヶ丘FUZZ ※DieByForty出演
11月24日(金) 兵庫・Art House ※DieByForty出演
11月25日(土) 大阪・para-dice, Osaka ※DieByForty出演
12月03日(日) 茨城・つくばParkdiner ※DieByForty出演
12月16日(土) 東京・赤坂 Club Tenjiku ※DieByForty、scatterbrain出演
<2018年>
1月23日(火) 東京・下北沢 Club Que ※3バンドツアーファイナル



【関連リンク】
DieByForty、scatterbrain、Jessy\'s Elegyによるスプリットアルバム発売!
DieByFortyまとめ
scatterbrainまとめ
Jessy\'s Elegyまとめ
欅坂46、黒のスーツで踊る「風に吹かれても」MV公開

【関連アーティスト】
DieByForty, scatterbrain, Jessy\'s Elegy
【ジャンル】
ニュース, バンド, コラボ, アルバム, リリース

欅坂46、黒のスーツで踊る「風に吹かれても」MV公開
Tue, 03 Oct 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

欅坂46待望の5thシングル「風に吹かれても」のMVが公開となった。これまでの表題曲とはイメージの異なる、クールで爽やかな作品となった「風に吹かれても」。“笑わないアイドル”と評されることも多い欅坂46だが、今作ではメンバーの弾ける笑顔も印象的である。

監督は「二人セゾン」「不協和音」のMVを手掛けた新宮良平、振付は引き続き世界的なダンサーのTAKAHIRO(上野隆博)が担当。テンポが早く、細やかな振付が黒のスーツスタイルと絶妙にマッチしている。

■「風に吹かれても」MV


https://youtu.be/Xl-iDUt7U24シングル「風に吹かれても」

2017年10月25日発売



【初回仕様限定盤TYPE-A】(CD+DVD)
SRCL-9581〜9582/¥1,528+税
【初回仕様限定盤TYPE-B】(CD+DVD)
SRCL-9583〜9584/¥1,528+税
【初回仕様限定盤TYPE-C】(CD+DVD)
SRCL-9585〜9586/¥1,528+税
【初回仕様限定盤TYPE-D】(CD+DVD)
SRCL-9587〜9588/¥1,528+税
【通常盤】(CD)
SRCL-9589/¥972+税
 
◎初回仕様限定盤共通封入特典
「全国握手会イベント参加券orスペシャルプレゼント応募券」1枚封入
「メンバー生写真」ランダム1枚封入




【関連リンク】
欅坂46、黒のスーツで踊る「風に吹かれても」MV公開
欅坂46まとめ
グドモ、ファン選曲ベストアルバムを発売 &第1弾楽曲投票がスタート

【関連アーティスト】
欅坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, AKB, MV, CD, シングル

グドモ、ファン選曲ベストアルバムを発売&第1弾楽曲投票がスタート
Tue, 03 Oct 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

グッドモーニングアメリカがドラムのペギが加入し現メンバーで活動開始してから10周年、アルバム『未来へのスパイラル』にてメジャーデビューを果たしてから5周年を迎える来年2018年に、初のベストアルバムを発売することを発表した。

ベストアルバムは「応援してくれているファンと一緒にアルバムをつくりたい」とのメンバーの想いから、インディーズ時からこれまでに発表した楽曲の中よりファン投票によって収録曲を決定する。第1弾の投票は共創型プラットフォーム「WIZY(ウィジー)」上で、10月4日発売の5thアルバム『502号室のシリウス』購入者限定にて行なわれ、アルバムに封入されている投票用シリアルコードより楽曲投票が可能になっている。さらに、投票に参加した方には、もれなく新曲「上手に言えないや」をプレゼント。家族愛をテーマに歌ったこの新曲は、投票した方のみが受け取ることができる貴重な楽曲となる。

ベストアルバムの発売日やその他詳細は後日発表される予定。日本コロムビアの特設サイトでは、ベストアルバム投票対象楽曲の試聴も開始しているので、ぜひチェックしてみよう。

■【楽曲投票について】

投票期間:2017年10月3日(火)正午〜2017年12月31日(日)23:59まで
投票された方には、もれなく新曲「上手に言えないや」のダウンロードコード(プレイパス)をプレゼント。
※投票には5thアルバム『502号室のシリウス』内に封入されているシリアルコードが必要になります。
※投票には、クラブレコチョク会員登録(無料)/ログインが必要となります。
※新曲「上手に言えないや」のダウンロードコード(プレイパス)は、投票後10日以内にWIZY上のマイページ「お知らせ」からプレゼントいたします。

投票用URL:https://wizy.jp/project/44/
投票対象楽曲試聴ページ:http://columbia.jp/goodmorningamerica/best/

アルバム『502号室のシリウス』

2017年10月4日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
COZP−1379〜80/¥3,333+税
※「プレイパス」コード封入
<収録曲>
■CD
01.ハルカカナタ
02.花火
03.ダンスダンスダンス
04.風と鳴いて融けてゆけ
05.あなたの事だよ
06.The Sheeple
07.煙に巻かれたい
08.フライデイナイト
09.アンカーズアウェイ
10.星は変わらない
11.ハブーブの後に
12.She\'s…
■DVD
オフィシャルファンクラブ「グドモクルー」限定LIVE『今宵会』SHIBUYA TSUTAYA O-Crest 2017.8.1
01.そして今宵は語り合おう
02.2014年6月25日我思ふ
03.春が迎えに来るまで
04.下らない毎日が
05.たった6文字じゃ
06.STAY WITH ME
07.世界終わらせないで
08.ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ
09.言葉にならない



【通常盤】(CD)
COCP−40117/¥2,778+税
※「プレイパス」コード封入
<収録曲>
01.ハルカカナタ
02.花火
03.ダンスダンスダンス
04.風と鳴いて融けてゆけ
05.あなたの事だよ
06.The Sheeple
07.煙に巻かれたい
08.フライデイナイト
09.アンカーズアウェイ
10.星は変わらない
11.ハブーブの後に
12.She\'s…



【関連リンク】
グドモ、ファン選曲ベストアルバムを発売 &第1弾楽曲投票がスタート
グッドモーニングアメリカまとめ
吉澤嘉代子、シングル「残ってる」初回限定盤付属の ライブDVDダイジェスト映像を公開

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース

吉澤嘉代子、シングル「残ってる」初回限定盤付属のライブDVDダイジェスト映像を公開
Tue, 03 Oct 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

吉澤嘉代子が10月4日にリリースする2ndシングル「残ってる」の初回限定盤に付属されるライブDVDのダイジェスト映像が公開された。初回限定盤付属のライブDVDには、2017年5月7日に東京国際フォーラム ホールCで開催した『獣ツアー 2017』の映像がほぼまるごと収録されており、吉澤初のライヴDVD付きシングルとなっているとのこと。公開した映像では、「ユートピア」「えらは?れし子供たちの密話」「人魚」「地獄タクシー」「麻婆」「月曜日戦争」の6曲をダイジェストで楽しむことができる。

また、10月3日からは東京、名古屋、大阪の3か所で「残ってる」発売記念のインストアイベントを開催。10月6日には日本テレビ系「バズリズム02」内の「Pick UP お試しリポーターが行く。」コーナーにも登場するとのことなので、放送を楽しみにしていてほしい。

■「残ってる」初回限定盤付属ライブDVD ダイジェスト


https://youtu.be/ArsS2u6alqAシングル「残ってる」

2017年10月4日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
CRCP-10386/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
1.残ってる
2.残ってる -ヒ?アノと歌-
3.怪盗メタモルフォーセ? -CM Version-
■DVD
「獣ツアー 2017」2017年5月7日 東京国際フォーラム ホールC ライフ?映像
01.ユートヒ?ア
02.ラフ?ラフ?
03.ねえ中学生
04.らりるれりん
05.えらは?れし子供たちの密話
06.屋根裏
07.人魚
08.綺麗
09.地獄タクシー
10.麻婆
11.カフェテリア
12.ふ?らんこ乗り
13.一角獣
-ENCORE-
月曜日戦争
フレフレフラレ




【通常盤】(CD)
CRCP-10387/¥926+税
<収録曲>
1.残ってる
2.残ってる -ヒ?アノと歌-
3.怪盗メタモルフォーセ? -CM Version-

シングル「残ってる」発売記念インストアイベント

10月03日(火) 愛知・HMV栄イベントスペース
19:00〜 サイン&チェキお渡し会

10月04日(水) 大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店 6Fイベントスペース
19:00〜 サイン&チェキお渡し会

10月05日(木) 東京・タワーレコード渋谷店B1F「CUTUP STUDIO」
19:00〜 ミニライヴ&サイン会

10月07日(土) 東京・ヴィレッジヴァンガード下北沢店 店内イベントスペース
20:15〜 サイン&チェキお渡し会

『お茶会ツアー2017』

10月23日(月) 静岡・浜松 窓枠
10月28日(土) 北海道・札幌 Fiesta
10月29日(日) 宮城・仙台 retro Backpage
10月31日(火) 青森・1/3
11月02日(木) 京都・紫明会館
11月05日(日) 福岡・住吉能楽殿
11月06日(月) 熊本・早川倉庫
11月08日(水) 長崎・香港上海銀行
11月12日(日) 愛知・名古屋 三楽座
11月13日(月) 神奈川・横浜O-SITE
11月17日(金) 岡山・MO;GLA
11月18日(土) 兵庫・神戸 月世界
11月20日(月) 東京・SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
11月21日(火) 東京・SHIBUYA PLEASURE PLEASURE



【関連リンク】
吉澤嘉代子、シングル「残ってる」初回限定盤付属の ライブDVDダイジェスト映像を公開
吉澤嘉代子まとめ
DAOKO、岡村靖幸プロデュースによる シングル「ステップアップLOVE」の詳細を解禁!

【関連アーティスト】
吉澤嘉代子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, DVD, シングル

DAOKO、岡村靖幸プロデュースによるシングル「ステップアップLOVE」の詳細を解禁!
Tue, 03 Oct 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

岡村靖幸プロデュースによる4thシングル「ステップアップLOVE」を10月18日にリリースするDAOKO。TVアニメ『血界戦線&BEYOND』のエンディングテーマとなっている同作のアートワーク、収録内容、さらにDAOKOと岡村靖幸が同居したスペシャル版アーティスト写真を公開した。

同作は3形態でのリリースとなっており、期間限定盤のジャケットは血界戦線のアニメーションを使用したスペシャルエディットver、通常盤AはDAOKOビジュアル、通常盤Bは岡村靖幸ビジュアルと3つのアートワークが解禁! また期間限定盤付属のDVDには、個々にしか収録されないエディットの映像『血界戦線 SPECIAL EDITION MUSIC VIDEO 』を収録し、CDのカップリング曲に『血界戦線&BEYOND』の音楽を担当する岩崎太整が作曲・編曲をした「TOKYO-KICK-ASS」が収録。通常盤Aのカップリングは岡村靖幸の名曲「カルアミルク」のDAOKOカバーが収録され、通常盤Bには映画『We Love Television?』主題歌の岡村靖幸による「忘らんないよ」を収録した豪華な内容となっている。

(c) 1990 by Sony Music Artists Inc.

シングル「ステップアップLOVE」

2017年10月18日発売



【期間限定盤】(CD+DVD)
TFCC-89643/¥1,204+税
<収録曲>
■CD
1.ステップアップLOVE(DAOKO×岡村靖幸)
作詞:DAOKO、岡村靖幸
作曲・編曲・プロデュース:岡村靖幸
2.TOKYO-KICK-ASS/DAOKO
作詞:DAOKO
作曲:岩崎太整、DAOKO
編曲:岩崎太整
■DVD
血界戦線 SPECIAL EDITION MUSIC VIDEO
(c) 1990 by Sony Music Artists Inc.



【通常盤A】(CD)
TFCC-89644/¥1,080+税
<収録曲>
1.ステップアップLOVE(DAOKO×岡村靖幸)
作詞:DAOKO、岡村靖幸
作曲、編曲&プロデュース:岡村靖幸
2. カルアミルク/DAOKO
作詞・作曲:岡村靖幸
編曲:小島英也(ORESAMA)



【通常盤B】(CD)
TFCC-89645/¥1,296+税
<収録曲>
1.ステップアップLOVE(DAOKO×岡村靖幸)
作詞:DAOKO、岡村靖幸
作曲、編曲&プロデュース:岡村靖幸
2.忘らんないよ/岡村靖幸
作詞 ・作曲・編曲・プロデュース:岡村靖幸

『Cygames presents DAOKO TOUR 2017-2018 “THANK YOU BLUE”』

11月26日(日) 大阪 BIG CAT
11月29日(水) 名古屋ボトムライン
12月02日(土) 福岡 DRUM Be-1
12月08日(金) 仙台 darwin
12月10日(日) 札幌 sound lab mole
【2018年】
1月11日(木) Zepp Diver City

<チケット料金>
前売り ¥4,200 / 当日 ¥4,700(税込み/ドリンク代別)オールスタンディング(入場整理番号付)
チケット一般発売 全公演 10月14日(土)



【関連リンク】
DAOKO、岡村靖幸プロデュースによる シングル「ステップアップLOVE」の詳細を解禁!
DAOKOまとめ
岡村靖幸まとめ
椎名林檎、セルフカバー曲「おいしい季節」配信開始 &明治ザ・チョコレート新CMソングに

【関連アーティスト】
DAOKO, 岡村靖幸
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボ, シングル, リリース

椎名林檎、セルフカバー曲「おいしい季節」配信開始&明治ザ・チョコレート新CMソングに
Tue, 03 Oct 2017 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

椎名林檎が2017年第2弾となる配信シングル「おいしい季節」を10月3日に配信リリース! 同楽曲は2011年に女優・栗山千明への提供曲として椎名林檎の作詞・作曲・プロデュースによって制作したもので、演奏は東京事変のメンバーが務めたことでも話題を呼んだという。今回はその楽曲「おいしい季節」を、2012年の東京事変ラストライブで披露されたアレンジを元にセルフカバーで録音された、満を辞してのリリースとなっているとのこと。椎名が信頼を寄せるお馴染みの音楽家が集い、とろけるように甘美な旋律を煌びやかに、ビターに表現している。iTunes、レコチョク他、各主要音楽配信サイトにて順次配信が開始となっているので要チェック!

さらに、「おいしい季節」を起用した「明治 ザ・チョコレート」の新CMが10月3日より全国オンエア! “Bean to Bar" というコンセプトを掲げ、チョコレートの新たな価値観を提示する商品を、色取り取りのパッケージと割れて解けてゆくチョコレートがスローモーションで空間を浮遊する幻想的な映像で表現された“無重力空間編”のCMをYouTubeにて公開。チョコレートを味わう刹那のように甘美で蠱惑的な音楽が寄り添ったCMも併せて注目してほしい。

■無重力空間編「世界中の唇を奪え」


https://youtu.be/LlijtYD6e5c■無重力空間編「チョコレートは文化になりたい」


https://youtu.be/RA6EzSJv_wc配信シングル「おいしい季節」

2017年10月3日配信開始



・iTunes
http://po.st/TCS_it
・レコチョク
http://po.st/TCS_re
・mora(ハイレゾ配信)
http://po.st/TCS_mo
・e-onkyo(ハイレゾ配信)
http://po.st/TCS_eo
・サブスクリプション型配信(定額制)
配信サイト:Apple Music、LINE MUSIC、Spotify、Google Play Music、AWA、KKBOXほか



【関連リンク】
椎名林檎、セルフカバー曲「おいしい季節」配信開始 &明治ザ・チョコレート新CMソングに
椎名林檎まとめ
東京事変まとめ
栗山千明まとめ
斎藤ネコまとめ

【関連アーティスト】
椎名林檎, 東京事変, 栗山千明, 斎藤ネコ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CMソング, 音楽配信

大森靖子、30人限定の弾き語りライブを開催&終演後にはインタビューも!
Tue, 03 Oct 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターの大森靖子が、9月30日にYahoo! JAPAN 本社17階 LODGEスタジオで30人限定の弾き語りライブを開催した。9月27日に発売したアルバム『MUTEKI』に収録の新曲「流星ヘブン」のミュージックビデオを見て、GYAO!とYouTubeで配信された2パターンから間違い探しをして、全て正解した方から抽選で30名を招待したもの。大森のファンの中でもコア中のコアなファン30人が集結し、ライブ&生配信という、いつものライブとは少し違った雰囲気の中で大森は14曲+αを披露した。

配信が始まる少し前に、会場に登場した大森。拍手がわき起こりお客さんの間から「かわいい」と声が上がる。大森は「今日どうしてもやってほしい曲はある?」とリクエストを募り、お客さんから「音楽を捨てよ、そして音楽へ」や「東京秘めごと」などが挙がると、「やりましょう。OK、OK。じゃあ、最初はみんなで歌ってほしいんだけど良いかな」と、声をかけてライブ配信がスタートした。

1曲目はリクエスト通り「音楽を捨てよ、そして音楽へ」で、お客さんによる<音楽は魔法ではない>という合唱で始まった。この曲を1曲目からやるあたりは、さすが大森靖子といった感じだ。アコギをかき鳴らしながら、大森の歌声が観客の歌と重なり、大森の歌声は次第にパワフルさを増す。時には足を踏みならして、感情のままに歌っているといった雰囲気だ。続けて「TOKYO BLACK HOLE」では、一転して消え入りそうなほど小さな声で歌い、サビでは雄叫びのような声を響かせる。ギターもポロポロとつま弾くような雰囲気から荒々しい演奏まで、歌と一体化して多彩な表情を見せた。髪が顔にかかろうがおかまいなしで音楽に没頭する大森を、30人が食い入るように見つめた。

「こんばんは。昔はもっと狭い規模感で5年くらいやってたこともあったから、今日みたいなのは昔のライブハウス時代に近いイメージかな。今日は配信でライブすることの良いところを見てもらえるのが嬉しいです」と大森。会場にはどことなく緊張感が漂っていたが、それもまた大森のライブにとっては栄養素。続く「マジメになるとついチャカしたくなるところもあるけど、今日は楽しんでください」という言葉に、何かをやってくれそうな期待感が滲んだ。

音源ではバンドサウンドで収録している曲も、弾き語りで披露された。「みっくしゅじゅーちゅ」は音源ではポップでかわいらしさのあるロックサウンドだが、弾き語りになってもポップな雰囲気は変わらず。たまにシャウトしたりと、ライブならではのレアなバージョンで聴かせていた。神聖かまってちゃんのの子をフィーチャリングした「非国民的ヒーロー」のコーラス部分でもお客さんに「一緒に歌ってください」と言って、かけ合いを楽しんだ大森。曲の持つ楽しさや勢いはそのままに、より言葉が突き刺さるライブならでは演奏と歌を30人はじっくり楽しんだ。

ステージと客席の距離感は非常に近く、しかも大森は積極的にお客さんとコミュニケーションを取りにいく。配信が「流星ヘブン」のMV映像に切り替わった間は、「今日何か嫌なことがあった人いる?」「こんな大森靖子効果があったよ!とか、何かあった?」など、いろいろなことを質問する。お客さんも「リリイベで友だちができました」など答えていて、会場はなごやかな雰囲気。ライブ配信に戻って「呪いは水色」を歌った時は、客席に入っていってお客さんと指切りしたり、お客さんのひざの上に座って歌うなど仕掛けていった。ちょっとドギマギするお客さんの反応もむしろ嬉しそうで、お客さんのメガネを取って自分でかけたりとイタズラ放題で、そんな様子に客席からは笑いもこぼれた。

最後に「自分で自由を不自由にしないでほしい。あなた自身を美しくしてほしい。誰一人同じ人はいない、全然違う30人の個性がある。それは絶対に誰にも剥がされないのだから」とメッセージを伝えて、「マジックミラー」を歌った。語りかけるようなしっとりしとした歌から、徐々に高揚感がわき上がるようなメロディ。ちょっと涙ぐんでいるような様子のお客さんもいて、30人の観客は大森の言葉と歌声に心をグッと掴まれていた。

配信が終了した後もライブは続き、そこでは「さっちゃんのセクシーカレー」他、「歌謡曲」を歌おうとするも歌詞が浮かばず、「最初なんだっけ?」とお客さんに聞きながら思い出しているうちに、田村直美の「ゆずれない願い」の一節になってしまう場面も。会場に笑いと拍手が沸き起こる中、「今日はタダでしたけど、人生的に元を取れましたか?」と大森流で締めくくった。

ほぼノンストップで、最新アルバム『MUTEKI』収録曲以外も多数披露したライブ。アコギ1本の演奏と歌は、大森の感情が魂から溢れ出している雰囲気。それをこの至近距離で聴くとより生々しく、大森の背負う傷や痛みがそのまま伝わってくるようで、擦り傷がヒリヒリと痛むような感覚で胸を締め付けられた60分だった。このレアな経験をした30人にとっては、一生忘れられない一夜になっただろう。

終演後にちょっとしたインタビューの時間があったので、この日のライブについて聞いてみた。

ーーでは、まず今日の感想を。
「今日はお客さんが来てくださっての配信で。配信の時は家で見ている方に見やすいようにと映り方を意識するのですが、今日はそれを意識しつつ目の前にいるお客さんのことも意識しなければいけなくて。そういうことをやるのは今まで経験がほとんどなかったので、貴重な経験になりました。家でパソコンの画面を見てくださっている方にも、いつもとは違うライブ感を楽しんでいただけたと思います。あと縷縷夢兎の東佳苗さんがセットを飾って世界観を作ってくださったので、とても華やかで素敵な画面映りになっていたと思います」

ーー今日やった曲の選曲は、事前に考えていたのですか?
「いえ、何も考えてなくて。その場で、この曲の後にこの曲をやったら自分的にグッとくるな〜とか、その場の雰囲気を感じつつ、パッと思いついてやった曲もあるし。最近は自分の中で、「みっくしゅじゅーちゅ」の後に「非国民的ヒーロー」をやるのがハマってて。この流れをやるのは多いかもしれないです。今日は逆になっちゃったけど」

ーー「みっくしゅじゅーちゅ」とか、バンドサウンドの曲もアコギ1本でやっていて。
「弾き語りのライブはずっと続けていて。CD音源ではロック調やピコピコしたサウンドにアレンジされている曲でも、ファンの方から「この曲を弾き語りでやってほしい」という声をたくさんいただきます。そういう声に応えて実際にやってみると、意外にこの曲は上手く出来るじゃん!とか、この曲は弾き語りっぽいから出来そうと思っていたけど、やってみたら意外とそうでもなかったとか。いろいろな発見があって面白いです」

ーー今日は30人という規模感でしたが、そこはいかがでしたか?
「昔は5人とか10人とか、それこそ1人という時もあって。そんな時期が5年くらいあって。自分の経験としても、お客さんが少ない時のほうが難しくて緊張感もあると思っていたので、今日は30人全員を絶対に説得するというか、同じ気持ちになってもらうとか、ここは違うねというところを発見してもらうとか、そういう風になってもらおうと思っていました。それに弾き語りライブは頻繁にやっているので、そこで成長して来た曲をやることが多くて。だから、今日のライブも今までの全部の積み重ねかなって」

ーー今日、この30人に伝えたいと思っていたことは?
「最後のMCでも言いましたけど、マイノリティに成り下がらないでほしい、自分の個性がカッコ良いんだと思ってほしいということ。それは前からずっと思っていますけど、最近は特に強く思います。「カッコ良いよ」と、まずは私がみんなに言って。…何様だって感じですけど(笑)、私のファンにはまずは私が言ってあげたいし、お互いに言い合えるようになりたい。互いに「最高だよね」って。こういう話をすると私がマイノリティの味方をしていると言う人がいるけど、そう言われない、それが当たり前の世界になってほしい。

ーーまたこういう企画があったら?
「またいつでも!」

Photo by 萩原宏樹
Text by 榑林史章

■【セットリスト】

音楽を捨てよ、そして音楽へ
TOKYO BLACK HOLE
みっくしゅじゅーちゅ
非国民的ヒーロー
ミッドナイト清純異性交遊
呪いは水色
オリオン座
君に届くな
あまい
東京秘めごと
少女漫画少年漫画
ハンドメイドホーム
アナログシンコペーション
マジックミラー

アルバム『MUTEKI』

2017年9月27日発売



【CD+DVD】
AVCD-93734/B/¥5,724(税込)
【CD】
AVCD-93735/¥3,240(税込)
<収録曲>
■CD
01 流星ヘブン
02 みっくしゅじゅーちゅ
03 愛してる.com
04 SHINPIN
05 新宿
06 TOKYO BLACK HOLE
07 焼肉デート
08 生kill the time 14 you、、?
09 子供じゃないもん17
10 絶対彼女
11 ミッドナイト清純異性交遊
12 夏果て
13 あたし天使の堪忍袋
14 Over The Party
15 マジックミラー
16 呪いは水色
17 アナログシンコペーション
18 お茶碗
19 君と映画
20 ハンドメイドホーム
■DVD
・大森靖子 LIVE TOUR 超移動式楽園kitixxxgaia@Zepp DiverCity 2017.7.20
01 ドグマ・マグマ
02 非国民的ヒーロー
03 イミテーションガール
04 きゅるきゅる
05 地球最後のふたり
06 ピンクメトセラ
07 LADY BABY BLUE
08 マジックミラー
09 夢幻クライマックス かもめ教室編
10 M
11 オリオン座
12 君に届くな
13 最終公演
14 あまい
15 TOKYO BLACK HOLE
16 音楽を捨てよ、そして音楽へ
17 アナログシンコペーション
18 draw (A) drow
19 ミッドナイト清純異性交遊
20 IDOL SONG
21 絶対彼女
・流星ヘブンMusic Video
  流星ヘブン[零]
  流星ヘブン[弐]



【関連リンク】
大森靖子、30人限定の弾き語りライブを開催 &終演後にはインタビューも!
大森靖子まとめ
Slowdive、待望の来日公演 『JAPAN TOUR 2017』決定!

【関連アーティスト】
大森靖子
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ライブレポ, レポート

Slowdive、待望の来日公演『JAPAN TOUR 2017』決定!
Tue, 03 Oct 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

90年代シューゲイザーを代表するバンド、Slowdive(スロウダイヴ)の待望の来日公演『JAPAN TOUR 2017』が決定! 大阪は12月11日(月)にBIG CAT、東京は12月12日(火)に赤坂BLITZでの2カ所の公演が発表された。チケットは10月3日(火)12時から主催者先行予約を受付中とのこと。

Slowdiveは1995年に解散するも19年ぶりの2014年に再結成。同年の『FUJI ROCK FESTIVAL』での初来日は伝説的なライブとなった。そして2017年1月、突如22年ぶりとなる新曲を公開し、5月には新作『スロウダイヴ』をリリース。2017年の『FUJI ROCK FESTIVAL』では浮遊感漂う轟音で観客を魅了した彼らの貴重な来日公演にぜひ注目してほしい。

■『JAPAN TOUR 2017』

12月11日(月) 大阪・BIG CAT
開場18:00/開演19:00
チケット:¥6,800(前売り/スタンディング/ドリンク代別途)
Info:06-6535-5569(SMASH WEST)

12月12日(火) 東京・赤坂BLITZ
開場18:00/開演19:00
チケット:¥6,800(1Fスタンディング/2F指定席/ドリンク代別途)
Info:03-3444-6751(SMASH)

<主催者先行予約>
10月03日(火)12:00 〜10月09日(月)23:59
受付URL:https://l-tike.com/st1/slowdiveticket
<プレイガイド最速先行>
10月11日(水)18:00〜10月15日(日)23:00
受付URL:http://l-tike.com/slowdive2017
<一般発売>
10月21日(土)10:00〜開始
http://l-tike.com/slowdive2017



【関連リンク】
Slowdive、待望の来日公演 『JAPAN TOUR 2017』決定!
Slowdiveまとめ
銀杏BOYZ、「エンジェルベイビー」「骨」 「恋は永遠」の12インチ盤を日本武道館公演で販売

【関連アーティスト】
Slowdive
【ジャンル】
ライブ・フェス, 洋楽, ニュース

銀杏BOYZ、「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」の12インチ盤を日本武道館公演で販売
Tue, 03 Oct 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

銀杏BOYZが「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」の12インチ(初回限定カラーヴィニール盤)を、 10月13日に開催される日本武道館公演の会場で販売する事が決定した。

なお、11月3日(金)の「レコードの日」から、通常盤の一般販売を行なう事も決定。お取り扱い店舗等の詳細は後日発表予定との事なので、続報を楽しみに待とう。

■「レコードの日」公式HP
http://xn--u9j9gocyg7c6671b.jp/

シングル「エンジェルベイビー」

2017年10月13日(金)発売



SKOOL-043/¥1,800+税
※レコード12inch、45回転、初回限定カラーヴィニール(紫)仕様
<収録曲>
SIDE A:エンジェルベイビー
SIDE B:二回戦

シングル「骨」

2017年10月13日(金)発売



SKOOL-044/¥1,800+税
レーベル:初恋妄℃学園
※レコード12inch、45回転、初回限定カラーヴィニール(赤)仕様
<収録曲>
SIDE A:骨
SIDE B:円光

シングル「恋は永遠」

2017年10月13日(金)発売



SKOOL-045/¥1,800+税
※レコード12inch、45回転、初回限定カラーヴィニール(白)仕様
<収録曲>
SIDE A:恋は永遠
SIDE B:二十九、三十



【関連リンク】
銀杏BOYZ、「エンジェルベイビー」「骨」 「恋は永遠」の12インチ盤を日本武道館公演で販売
銀杏BOYZまとめ
PUFFY、『ちびまる子ちゃん』新エンディング曲を担当 &アニメーションでの出演も

【関連アーティスト】
銀杏BOYZ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, シングル

PUFFY、『ちびまる子ちゃん』新エンディング曲を担当&アニメーションでの出演も
Tue, 03 Oct 2017 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

全国FNS系列で放送中のアニメ『ちびまる子ちゃん』の新エンディング主題歌を、PUFFYが担当することが発表された。タイトルは「すすめナンセンス」で、10月8日(日)放送分からオンエアされるとのこと。(一部地域を除く)

「すすめナンセンス」は『ちびまる子ちゃん』の主題歌として老若男女誰からも愛される楽曲「おどるポンポコリン」と同じく、原作者であるさくらももこが作詞、織田哲郎が作曲を担当しているとのこと。タイトル通りのナンセンスかつコミカルな世界をPUFFYが歌い、完成したエンディング主題歌のアニメーション映像にはお馴染みのキャラクターが登場する中、アニメで描かれたPUFFYも登場してストーリーを盛り上げる。

■【コメント】

■PUFFY(大貫亜美・吉村由美)コメント
「まさか自分達が、ちびまる子ちゃんのエンディング主題歌を歌うことになるなんて。そしてそのまさかが現実にやってくる日がくるなんて。摩訶不思議な歌詞には相当のことがない限りは驚かないPUFFYですが、今回は摩訶不思議+笑ってしまい歌えないというパンチありすぎの歌詞。こんな歌詞を歌えるのは、PUFFY以外いないんじゃないでしょうか、と我ながら思いました。そして最高に楽しい作品になりました。」

■さくらももこ コメント
「久しぶりに、ものすごくナンセンスな歌が作りたいと思ったんです。ナンセンスな歌といえば私にとって織田哲郎さんなんです。『おどるポンポコリン』と『走れ正直者』以来の、織田哲郎&さくらももこナンセンスワールドを作りたいと思ったとき、パッとPUFFYが浮かんだのです。本当にとても愉快な歌ができました。こんなに面白い創作ができて喜びでいっぱいです。」

■織田哲郎 コメント
「PUFFYの二人と初めて会ったのはもう20年以上も前なのに二人の変わってなさったら何なの。びっくり。そして二人が歌い始めた途端にそこはすっかり心地よいPUFFYワールド。さくらももこさんの独特の世界感がPUFFY色に広がってとても素敵な作品に仕上がったと思います。 」

『ちびまる子ちゃん』 番組情報

毎週日曜日 夕方6時〜 
フジテレビ(FNS)28局ネットにて放送中
・キャスト
まる子(声:TARAKO)
お父さん(声:屋良有作)
お母さん(声:一龍斎貞友)
おじいちゃん(声:島田 敏)
おばあちゃん(声:佐々木優子)
お姉ちゃん(声:豊嶋真千子) 他
・スタッフ
原作:さくらももこ
脚本・制作協力:多田弘子(さくらプロダクション)
プロデューサー:狩野雄太(フジテレビ)、田中伸明(日本アニメーション)
監督:高木 淳(日本アニメーション)
制作:フジテレビ 日本アニメーション

『PUFFYのCHKERU TOUR 2017』

11月04日(土) 奈良・NEVER LAND
11月05日(日) 兵庫・神戸VARIT.
11月11日(土) 滋賀・U★STONE
11月12日(日) 和歌山・CLUB GATE
11月23日(木) 京都・磔磔
11月25日(土) 大阪・寝屋川VINTAGE
11月26日(日) 大阪・寝屋川VINTAGE
<チケット>
料金:前売¥5,400(税込)※1Drink別
一般発売日 : 10月07日(土)



【関連リンク】
PUFFY、『ちびまる子ちゃん』新エンディング曲を担当 &アニメーションでの出演も
PUFFYまとめ
lynch.、新作のビジュアル解禁 &リリース記念イベント開催決定

【関連アーティスト】
PUFFY
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, ユニット, アニメ, エンディング

lynch.、新作のビジュアル解禁&リリース記念イベント開催決定
Tue, 03 Oct 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

lynch.が11月8日にリリースする新作のタイトルが「BL?OD THIRSTY CREATURE」に決定し、アーティスト写真とジャケット写真も解禁! 併せて収録内容やリリース記念イベント、特典情報も発表された。今作は新曲を収録したCDに加え、Blu-ray付きの数量限定生産盤、DVD付きの初回限定盤、通常盤の3形態でリリースする。Blu-rayには2017年8月11日に日比谷野外大音楽堂で行われた全国ツアー『TOUR\'17「THE SINNER STRIKES BACK」』のファイナル公演を完全ノーカットで収録した映像に加え、特典映像も収録される。

さらに同作を提げて、10月20日に行なうEX THEATER ROPPONGI公演を皮切りに全10会場をまわる全国ツアー『TOUR\'17「THE BL?ODTHIRSTY CREATURES」』を開催! 2018年には3月11日に幕張メッセ国際展示場でのワンマンライブ『13th ANNIVERSARY -XIII GALLOWS-』も決定している。

10月5日からは2017年のライブ写真が展示される写真展『lynch.PHOTO EXHIBITION』、そして10月9日よりメンバー・悠介(Gu)による写真展『A collection of fragments』が、それぞれ東京・ギャラリーコウゲツで開催されるので、こちらも注目してほしい。

「BL?OD THIRSTY CREATURE」

2017年11月8日発売



【数量限定生産盤】(CD+Blu-ray)
KICM-91812/¥6,667+税
<収録曲>
■CD
1.BL?OD
2.CREATURE
3.THE WHIRL
(3形態共通)
■Blu-ray
・TOUR\'17『THE SINNER STRIKES BACK』FINAL -2017.8.11 at 日比谷野外大音楽堂- Live映像(完全ノーカット版)
・特典映像(『THE JUDGEMENT DAY』 -2017.4.18 at 新木場STUDIO COAST- Live映像3曲)
・「CREATURE」Music Video
・LIVE「MOON」DIRECTOR\'S CUT( -HAZUKI ver.- | -REO ver.- | -YUSUKE ver.- | -ASANAO ver.-)
※特殊パッケージ仕様、フォトブック付属、オーディオコメンタリー(副音声)

【初回限定盤】(CD+DVD)
KICM-91813/¥5,000+税
■DVD
・TOUR\'17『THE SINNER STRIKES BACK』FINAL -2017.8.11 at 日比谷野外大音楽堂- Live映像
※特殊パッケージ仕様

【通常盤】(CD)
KICM-1812/¥1,389+税

◎購入者特典
・TOWER RECORDS:ラバーキーホルダー
・HMV:ラバーキーホルダー
・TSUTAYA:ラバーキーホルダー  ※上記3法人はデザイン同一の色違い仕様
・ネオウィング:2Lアーティストフォト(メンバー集合絵柄)
・セブンネット:オリジナルステッカー(ジャケ写仕様)
・ライカエジソン:アーティストフォト(メンバー個人絵柄4枚セット)
・ジールリンク:アーティストフォト(アーティスト写真絵柄)
・ メーカー共通特典:2017.8.11日比谷野外大音楽堂スタッフパス仕様ステッカー
詳細:http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t10303/

【ライヴ、イベント情報】

TOUR\'17『THE BL?ODTHIRSTY CREATURES』
10月20日(金) 東京・EX THEATER ROPPONGI
10月31日(火) 愛知・名古屋DIAMOND HALL 
11月04日(土) 大阪・なんばHatch
11月12日(日) 静岡・浜松窓枠
11月19日(日) 福岡・DRUM LOGOS 
12月01日(金) 宮城・仙台RENSA
12月02日(土) 新潟・LOTS 
12月09日(土) 香川・高松オリーブホール 
12月10日(日) 広島・CLUB QUATTRO 
12月16日(土) 北海道・札幌PENNY LANE 24

『「BL?OD THIRSTY CREATURE」発売記念サイン会 』
10月21日(土)東京・SHIBUYA TSUTAYA 2F 特設会場 18:30〜
11月05日(日)大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店 13:30〜
11月11日(土)愛知・タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース 17:00〜
11月18日(土)福岡・HMV&BOOKS HAKATA 15:00〜
11月26日(日)東京・タワーレコード渋谷店 B1 CUTUP STUDIO 13:00〜
12月17日(日)北海道・タワーレコード札幌PIVOT店 16:00〜
詳細:http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t10304/

葉月単独公演『奏艶』
12月23日(土) 東京・品川インターシティ 
1部 13:00/13:30 2部 17:00/17:30

lynch.COUNTDOWN LIVE『2017-2018』
12月31日(日) 愛知・Zepp Nagoya

MUCC対バンツアー『えん7』
12月18日(月) 北海道・札幌PENNY LANE24 17:45/18:30

『13th ANNIVERSARY -XIII GALLOWS- 』
2018年3月11日(日) 東京・幕張メッセ国際展示場
※時間、チケット情報などの詳細は後日発表。

【写真展情報】

■『lynch.PHOTO EXHIBITION』
10月05日(木)〜08日(日)11:00〜18:30(最終日は17:30まで)
東京・ギャラリーコウゲツ(渋谷区恵比寿南1-5-2)
※展示されている写真は受注販売。
※入場料は全会場1,000円(ピクチャーチケット・入場記念フォトカード付き・当日券のみ)

2017年4月18日に新木場スタジオコーストで行なわれた復活ライブ『THE JUDGMENT DAY』と、5月に東名阪の3会場で行なわれたファンクラブ限定ライブ『TOUR\'17「DEADLY DEEP KISSES」-SHADOWS ONLY-』、6月9日からファイナルの日比谷野外大音楽堂まで約2ヶ月間に渡り27都市27公演を大成功に収めた全国ツアー『lynch.TOUR\'17 「THE SINNER STRIKES BACK」』の写真展。

■『A collection of fragments』
10月09日(月・祝)〜11日(水)10:00〜18:00(最終日は17:30まで)
東京・ギャラリーコウゲツ(渋谷区恵比寿南1-5-2)
※『YSK Photo Box「A collection of fragments」』の数量限定再販と、第二弾『YSK Photo Box「A collection of fragments #2」』を会場販売。
※ 入場料は全会場1,000円(ピクチャーチケット・当日券のみ)
メンバー・悠介が今まで撮りためてきた写真が展示され、メンバープロデュースLIVE(2016年2月開催)の会場にて即完売した『YSK Photo Box「A collection of fragments」』の数量限定再販と、第二弾『YSK Photo Box「A collection of fragments #2」』を販売。



【関連リンク】
lynch.、新作のビジュアル解禁 &リリース記念イベント開催決定
lynch.まとめ
BLUE ENCOUNT、新曲「VS」のスポット映像を公開 &ツアーのチケット先行を開始

【関連アーティスト】
lynch.
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, シングル, リリース

BLUE ENCOUNT、新曲「VS」のスポット映像を公開&ツアーのチケット先行を開始
Tue, 03 Oct 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

テレビ東京系アニメ『銀魂』ポロリ篇のオープニングテーマとしてオンエアされている、BLUE ENCOUNTの新曲「VS」(読み:ヴァーサス)のスポット映像公開がYouTubeにて公開された。同映像は10月1日に『銀魂』ポロリ篇の初回放送でもオンエアされたものだ。

新曲「VS」は、ニューシングルとして11月29日にリリースされるナンバーで、スポット映像ではまだ公開されていないMVの一部が楽しめる内容になっている。また、スポット内ではCDリリースに先駆けて同楽曲を10月24日に先行フル配信することが発表されているので、いち早く聴きたいファンはぜひチェックしてほしい。

さらに、「VS」をひっさげて行われる東名阪のワンマン&ツーマンツアー『TOUR2017-2018 〜VS〜』のチケットLINE先行が10月2日20時よりスタート! こちらも併せて要チェックだ。

■シングル「VS」TV-SPOT


https://youtu.be/QMCSP-N0Ppcシングル「VS」

2017年11月29日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD) 
KSCL 2975〜2976/¥2,500+税
<収録曲>
■CD
1.VS
2.SUMMER DIVE
3.曲名未定
■DVD
2017年9月5日に行われるSPYAIRとの対バンライブ SPYAIR × BLUE ENCOUNT <LOCK ON!!!!>でのBLUE ENCOUNTのライブを収録

【通常盤】(CD) 
KSCL 2977/¥1,204+税
<収録曲>
1.VS
2.SUMMER DIVE
3.曲名未定

【期間生産限定盤】 (CD)
KSCL 2978/¥1,111+税
※『銀魂』アニメ絵柄描き下ろしジャケット
<収録曲> 
1.VS
2.SUMMER DIVE
3.VS (TV size)
4.VS (Instrumental / TV size)

『TOUR2017-2018 〜VS〜 』

11月27日(月) 名古屋ダイヤモンドホール ※ワンマン
11月28日(火) 名古屋ダイヤモンドホール ※2マン
11月30日(木) 大阪なんばHatch ※ワンマン
12月01日(金) 大阪なんばHatch ※2マン公演
<2018年>
1月17日(水) 新木場STUDIO COAST ※ワンマン
1月18日(木) 新木場STUDIO COAST ※2マン公演

<チケット>
前売¥4,300(税込)※ドリンク別
・LINE抽選先行
10月02日(月)20:00〜10月08日(日)23:59
・一般発売
10月28日(土)10:00〜
※お一人様1申し込みにつき、最大4枚まで(複数公演申込可)
※チケット発券時に1枚108円の発券手数料と1枚216円のシステム利用料



【関連リンク】
BLUE ENCOUNT、新曲「VS」のスポット映像を公開 &ツアーのチケット先行を開始
BLUE ENCOUNTまとめ

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 新曲, ツアー, チケット, オープニング













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1