歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年09月29日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
GENERATIONS、新曲「BIG CITY RODEO」MV解禁
Fri, 29 Sep 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GENERATIONS from EXILE TRIBEが、10月25日にリリースする新曲「BIG CITY RODEO」のミュージックビデオを公開した。サビで披露されるキャッチーなダンスはファンだけでは無く初めて見る方達も思わず一緒に踊りたくなる様な振り付けとなっている。

また、MVではランボルギーニに乗ったメンバーが登場。大勢の女性達が待つパーティーではキレキレのダンスを、ソロパートではセクシーなダンスも披露している。今までのGENERATIONSとは一味変わった、大人の雰囲気でメンバーの新たな表情を垣間見られる豪華なMVが展開されている。本楽曲は公式サイト内で視聴が始まっており、ファンの間では公開と共に話題を呼び、既に注目が集まっている。

7月5日に自身最高売上記録となるアルバム『涙を流せないピエロは太陽も月もない空を見上げた』リリースしたGENERATIONSは、このアルバムを引っ提げて『GENERATIONS LIVE TOUR 2017“MAD CYCLONE』と題した10都市29公演(追加公演を含む)のライブツアーで全国を駆け巡っている。本作品は、「CD+DVD」「CD」の2形態で、ツアー初日公演からライブで披露されたツアーテーマソングである新曲「MAD CYCLONE」も収録されている。さらに「CD+DVD」には、「BIG CITY RODEO」のMVに加え、さらに「MAD CYCLONE」のMVも収録されている。新たに披露された新曲「BIG CITY RODEO」のMVをチェックして、本作品を手に取ってほしい。

■「BIG CITY RODEO」MV


https://www.youtube.com/watch?v=vZIMc5v-pjEシングル「BIG CITY RODEO」

2017年10月25日発売



【CD+DVD】
RZCD-86393/B/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.BIG CITY RODEO
2.MAD CYCLONE
3.BIG CITY RODEO (Instrumental)
4.MAD CYCLONE (Instrumental)
Special bonus track 太陽も月も (English Version)
■DVD
・BIG CITY RODEO (Music Video)
・MAD CYCLONE (Music Video)



【CD】
RZCD-86394/¥1,000+税
<収録曲>
1.BIG CITY RODEO
2.MAD CYCLONE
3.BIG CITY RODEO (Instrumental)
4.MAD CYCLONE (Instrumental)
Special bonus track 太陽も月も (English Version)

『GENERATIONS LIVE TOUR 2017“MAD CYCLONE』

10月28日(土) 福岡・マリンメッセ
10月28日(土) 福岡・マリンメッセ
11月08日(水) 大阪・大阪城ホール
11月09日(木) 大阪・大阪城ホール
11月24日(金) 三重・三重県営サンアリーナ※追加公演
11月25日(土) 三重・三重県営サンアリーナ
11月26日(日) 三重・三重県営サンアリーナ
12月02日(土) 新潟・朱鷺メッセ
12月03日(日) 新潟・朱鷺メッセ
12月16日(土) 静岡・エコパアリーナ
12月17日(日) 静岡・エコパアリーナ
12月18日(月) 静岡・エコパアリーナ※追加公演



【関連リンク】
GENERATIONS、新曲「BIG CITY RODEO」MV解禁
GENERATIONSまとめ
ZIGGY、『ZIGGY森重樹一の11の挑戦!』第二弾は ボルダリングに挑戦

【関連アーティスト】
GENERATIONS
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, ミュージックビデオ, MV, シングル

ZIGGY、『ZIGGY森重樹一の11の挑戦!』第二弾はボルダリングに挑戦
Fri, 29 Sep 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10年振りとなる、待望のニューアルバム『2017』のリリースを控えたZIGGY。先日公開された最新のミュージックビデオで披露した、衝撃のウエディングドレス姿も記憶に新しい中、話題の動画『ZIGGY森重樹一の11の挑戦!』の第二弾がYouTubeにて公開された。

先日スタートしたこの企画は、デビュー30周年をきっかけに新たな挑戦をして欲しいと願うスタッフやファンのリクエストを元に、森重樹一がさまざまな事を体験するという他では絶対に見る事の出来ない貴重な映像となっている。第一弾のそば打ちに続き、今回の挑戦はオリンピック種目でもある話題のスポーツ・ボルダリング! 年齢を超越した驚異の肉体で、数々の難コースに挑む。果たして、攻略なるか!? ロックレジェンドが何故か壁を登る、究極のミスマッチをご堪能あれ!

そしてアルバム『2017』のリリースを控え、全国で行われるインストアイベントのスケジュールも合せて発表。様々な企画に加え、アーティストと間近で触れ合う貴重な時間、気になる人は要チェック。さらに、アルバムと同時発売となる伝説のライブDVD『ZIGGY LIVE 9002 +』を同時購入の上、インストアイベントに参加してくれたユーザーにはオリジナルのポスターをプレゼントするとのこと。

■レジェンドがボルダリングしてみた! 【ZIGGY森重樹一の11の挑戦(2)】


https://youtu.be/zX6GsrcyHUE【アルバム『2017』インストアイベント】

10月20日(金) HMV大宮アルシェ 店内
20:30 予約&私物サイン会
10月25日(水) 銀座山野楽器 本店7F イベントスペースJamSpot
19:00 トーク&サイン会
10月28日(土) タワーレコード梅田NU茶屋町店 イベントスペース
13:00 サイン会
10月28日(土) タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース
19:00 サイン会
10月29日(日) タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
15:00 アコースティックミニライブ&サイン会
11月04日(土) HMV三宮VIVRE 店内イベントスペース
13:00 サイン会
11月05日(日) タワーレコード広島店 店内イベントスペース
13:00 サイン会
082-240-0063
11月06日(月) タワーレコード福岡パルコ店 店内イベントスペース
19:00 サイン会
11月29日(水) タワーレコード札幌ピヴォ店 店内イベントスペース
19:00 サイン会

アルバム『2017』

2017年10月25日発売



PECF-3185/¥3,700+税
※CD2枚組(DISC-1 オリジナルNew Album、DISC-2 Live at NSB-2017.4.2)
<収録曲>
■Disc1
01.白んだ空に蝶達は舞ってる
02.うたた寝の途中
03.まだ見ぬ景色が見たくて
04.虹を見た
05.月明かりの下で
06.君のままでいいから
07. Don’t stop the R&R music
08.MAKE A STAND
09.I CANNOT GET ENOUGH
10.踊らされたくないのなら
11.頬杖と有限の夜
■Disc2LIVE CD
01.CELEBRATION DAY
02.赤の残像
03.LET\'S DO IT WITH THE MUSIC
04.それゆけ!R&R BAND
05.マケイヌ
06.STEP BY STEP
07.BORN TO BE FREE
08.HEAVEN AND HELL
09.GLORIA
10.WHISKY R&R AND WOMEN
11.静寂の音がただ青過ぎて
12.STAY GOLD
13.I\'M GETTING BLUE
14.EASTSIDE WEST SIDE

DVD+CD『ZIGGY LIVE 9002 +』

2017年10月25日発売



PEBF-3190/¥3,000+税
<収録内容>
■DVD
・日本武道館LIVE(1990年2月20日)
1.SWEET SOUND OF R&R
2.それゆけ! R&R BAND
3.MAKE IT LOUD
4.ONE NIGHT STAND
5.LAZY BEAT
6.HOT LIPS
7.PLAYING ON THE ROCKS
8.DRIVE ME WILD
9.STARTIN’ AGAIN
10.I WANT YOU TO KISS ME ALL NIGHT LONG
11.PASSION REDのおまえを抱いて
12.LAST DANCEはお前に
13.SING MY SONG
14.SHOUT IT OUT LOUD
15.EASTSIDE WESTSIDE
16.I CAN\'T STOP DANCIN\'
17.GLORIA
18.FEELIN\' SATISFIED
19.I\'M GETTING\' BLUE
20.BURNIN\' LOVE
21.HOW
22.CRISIS
23.BORN TO BE FREE (全23曲)
・BONUS TRACK
2月18日スタジオ・リハーサル
2月20日当日リハーサル
■CD
・同LIVEよりリマスタリング音源収録
1.SWEET SOUND OF R&R
2.それゆけ! R&R BAND
3.MAKE IT LOUD
4.ONE NIGHT STAND
5.HOT LIPS
6.I WANT YOU TO KISS ME ALL NIGHT LONG
7.LAST DANCEはお前に
8.SING MY SONG
9.EASTSIDE WESTSIDE
10.I CAN\'T STOP DANCIN\'
11.GLORIA
12.FEELIN\' SATISFIED
13.I\'M GETTING\' BLUE
14.BURNIN\' LOVE
15.HOW
16.CRISIS
17.BORN TO BE FREE



【関連リンク】
ZIGGY、『ZIGGY森重樹一の11の挑戦!』第二弾は ボルダリングに挑戦
ZIGGYまとめ
三月のパンタシア、TVアニメ『Re:CREATORS』と コラボしたMV公開

【関連アーティスト】
ZIGGY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, DVD, アルバム

三月のパンタシア、TVアニメ『Re:CREATORS』とコラボしたMV公開
Fri, 29 Sep 2017 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

三月のパンタシアが、8月30日にリリースしたシングル「ルビコン」とTVアニメ『Re:CREATORS』がスペシャルコラボレーションしたミュージックビデオを9月29日に公開した。本編の映像を贅沢に使用し、アニメの登場キャラクター・アルタイルとその創造主であるシマザキセツナのストーリーを追ったスペシャルエディションとなっているので、「ルビコン」と『Re:CREATORS』の世界観に浸ってみてはいかがだろうか。

■「ルビコン」MV


https://youtu.be/DDG6z3t9Kmsシングル「ルビコン」

2017年8月30日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2959〜2960/¥1,500+税
※トールデジパック仕様
<収録曲>
■CD
1. ルビコン
作詞・作曲:aokado 編曲:ゆうゆ、aokado イラスト:萩原あさ美
2. リマインドカラー 〜茜色の記憶〜
作詞・作曲・編曲:buzzG
3. ルビコン -Instrumental-
■DVD 
ルビコン -Music Video-



【期間生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2962〜2963/¥1,500+税
※描き下ろしアニメジャケット・デジパック仕様
<収録曲>
■CD
1. ルビコン
2. リマインドカラー 〜茜色の記憶〜
3. ルビコン -TV Size-
■DVD
「Re:CREATORS」ノンクレジットエンディング



【通常盤】(CD)
KSCL-2961/¥1,100+税
<収録曲>
1. ルビコン
2. リマインドカラー 〜茜色の記憶〜
3. ルビコン -Instrumental-



【関連リンク】
三月のパンタシア、TVアニメ『Re:CREATORS』と コラボしたMV公開
三月のパンタシアまとめ
Gacharic Spin、日比谷野音ワンマンライブ映像を 東名阪の映画館で上映決定

【関連アーティスト】
三月のパンタシア
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, ネットカルチャー

Gacharic Spin、日比谷野音ワンマンライブ映像を東名阪の映画館で上映決定
Fri, 29 Sep 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Gacharic Spinが6月24日に行なった『Gacharic Spin Special Live〜2017 春〜 ライバー大宴祭 20170624 日比谷野外大音楽堂』のライブ映像『Gacharic Spin “ライバー大宴祭”The Movie』を映画館で上映することを発表した。10月27日(金)に東京・新宿ピカデリー、11月3日(金・祝)に名古屋・ミッドランドスクエアシネマ、11月4日(土)には尼崎・MOVIXあまがさきの3ヶ所で上映される。『Gacharic Spin “ライバー大宴祭”The Movie』のDVD化は予定されておらず、劇場だけの再演となりファン必見の内容となる。しかも、上映後にはメンバーも登場しトークイベントとハイタッチでお見送りも実施する。劇場でしか手に入らないお土産付きということもあり、チケットを絶対確保したいところだ。

■【Gacharic Spinメンバー コメント】

「日比谷野外大音楽堂のLIVE映像を映画館の大きなスクリーンで見れるなんてすごく嬉しいです!前回の上映会は東京だけでしたが今回は名古屋&関西でも上映されるので1人でも多くの人にみてもらいたいなと。メンバー全員で見に行きます(笑)初めての方!まずここから私達を見て感じて知って欲しいです。ライブバンドとしてやってきたこともたくさん詰まっているし、いろんな仲間も登場して過去最高のお祭り騒ぎになってるので絶対楽しいです!!」

『Gacharic Spin “ライバー大宴祭”The Movie』上映情報

10月27日(金) 東京・新宿ピカデリー 19時〜
11月03日(金・祝) 名古屋・ミッドランドスクエアシネマ 17時〜
11月04日(土) 尼崎・MOVIXあまがさき 17時〜
<チケット>
¥4,000(税込)※別途手数料がかかります
メンバートークイベント&ハイタッチ会、プレゼント付き
■ファンクラブ先行:10月6日(金)〜10月11日(火)※10月1日(日)23:59までの新規登録者も対象
■一般発売:ローソンチケット10月17日(火)〜(限定数販売のため無くなり次第終了となります)



【関連リンク】
Gacharic Spin、日比谷野音ワンマンライブ映像を 東名阪の映画館で上映決定
Gacharic Spinまとめ
LEO今井、アルバム『Film Scum』を 10月よりライブ会場限定で販売開始

【関連アーティスト】
Gacharic Spin
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 映画

LEO今井、アルバム『Film Scum』を10月よりライブ会場限定で販売開始
Fri, 29 Sep 2017 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LEO今井が、「コロちゃんパック」仕様のCDアルバム『Film Scum』をライブ会場で生産限定グッズとして販売をスタートすることを発表した。「コロちゃんパック」とは、日本コロムビアが1981年より企画制作してきたキッズ向けのキャラクターソングや、童謡などの音楽(当初はカセット、現在はCD)と絵本を組み合わせた人気シリーズ。そのタイトルは1,600を超え、累計売上枚数は約1,000万枚を超える隠れたヒット商品となっている。

『Film Scum』は、LEO今井が現在放送中のテレビ東京ドラマ『デッドストック 〜未知への挑戦〜』で初めて制作した劇伴から抜粋した楽曲や、歌入り新曲「On Videotape」「Stumbling」などが収録されたアルバム。アートワークは作品全体の世界観を踏襲したデザインとなっており、歌詞(対訳)、ロングインタビュー、各曲解説、あとがきをちりばめた36ページブックレットも同梱した生産限定盤スペシャルパッケージとなっているとのこと。

「コロちゃんパック」仕様CDアルバム『Film Scum』は、ワンマンライブツアー『TOKYO LIGHTS 17』を皮切りにソロセットで行うワンマンライブ『SAPPORO LIGHTS』公演でライブ会場限定グッズとして販売をスタート! さらなる高純度のLEO今井をチェックしたい方は生産限定盤のため、お早めにLEO今井ライブ会場に足を運んで手に入れてほしい。

『LEO IMAI ワンマンツアー “TOKYO LIGHTS 17”』

10月14日(土) 大阪・LIVE SPACE CONPASS
出演:LEO IMAI [ LEO今井 岡村夏彦 シゲクニ 白根賢一 ]
チケット:前売¥4,000/当日¥4,500

10月19日(木) 東京・渋谷WWW
出演:LEO IMAI [ LEO今井 岡村夏彦 シゲクニ 白根賢一 ]
チケット:前売¥4,000/当日¥4,500

『LEO今井 ソロセットワンマンライブ “SAPPORO LIGHTS”』

11月17日(金) 北海道・札幌 円山夜想
<チケット>
前売¥3,500 当日¥4,000
・一般発売
9月30日(土)AM10:00〜
受付URL:http://eplus.jp/leoimai/

アルバム『Film Scum』

2017年10月14日発売



CEG-1/¥3,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.Dead Stock 1
2.Dead Stock 2*
3.Dead Stock 3
4.Dead Stock 4
5.On Videotape
6.Dead Stock 5*
7.Dead Stock 6
8.Dead Stock 7*
9.Dead Stock 8*
10.Stumbling**
*未配信曲
**未発表新曲
1〜4、6〜9:テレビ東京『デッドストック〜未知への挑戦』劇伴インスト曲
5、10:歌入り楽曲

◎特典
36ページブックレット:歌詞(対訳付)、ロングインタビュー、各曲解説、あとがき

■iTunes購入ページURL
https://itunes.apple.com/jp/album/film-scum-ep/id1273984452



【関連リンク】
LEO今井、アルバム『Film Scum』を 10月よりライブ会場限定で販売開始
LEO今井まとめ
strange world\'s end、ツアーのロードムービー公開 &ツーマンイベント開催決定

【関連アーティスト】
LEO今井
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, ツアー

strange world\'s end、ツアーのロードムービー公開&ツーマンイベント開催決定
Fri, 29 Sep 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

strange world\'s endが2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』のリリースツアーを収録したロードムービーを公開した。

こちらは9月2日のリリースツアーファイナルワンマン『生命循環』の際、来場特典で配布されたDVD-Rの映像に、そのワンマンの様子を追加収録した完全版。バンドの貴重なオフショットも多数見られる仕上がりになっている。

なお、そのワンマンの際に2年間サポートドラマーを務めたフルカワリュウイチの正式加入と、10月30日(月)に新宿JAMでクロメとのツーマンイベント『全滅』の開催も発表された。 2バンドの未発表音源を収めたCD-Rが無料配布されることも決定しているので、ぜひ会場に足を運んでみてほしい。

■『『living dead』 -strange world\'s end 2nd Album「やっぱり、お前が死ねばいい。」 Release Tour 2017 Road Movie- 』


http://www.youtube.com/watch?v=Pw5_iptRYMo

【関連リンク】
strange world\'s end、ツアーのロードムービー公開 &ツーマンイベント開催決定
strange world\'s endまとめ
SANABAGUN.、新メンバーでのビジュアル解禁 &新体制でのツアーも開始

【関連アーティスト】
strange world\'s end
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

SANABAGUN.、新メンバーでのビジュアル解禁&新体制でのツアーも開始
Fri, 29 Sep 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月24日に開催した『VS SANABAGUN ROUND3』にてメンバーチェンジを行ったSANABAGUN.が、新メンバーで望む年末のツアー『SANABAGUN. TOUR -Suggestion-』での最新ビジュアルを解禁した。 同ツアーは全国5都市を巡るものとなり、初の東京2DAYS含むバンドとしても新たな試みとなるツアーとなっているとのこと。チケットは9月29日21時より先行予約を開始!

また、現在コラボレーション中のハーレー・ダビッドソンとのタイアップソングのMVを10月に公開予定。こちらは9月に脱退した小杉隼太(Bass.)のSANABAGUN.として最後の勇姿となっている。

■『SANABAGUN. TOUR -Suggestion-』チケット先行予約

受付期間:9月29日(金)21:00〜10月4日(水)23:00
当落確認・入金期間:10月6日(金)13:00〜10月8日(日)21:00
枚数制限:お一人様4枚まで
チケット発券開始日:各公演日21日前 14:00〜
受付URL:http://www.vintage-rock.com/ticket.html (PC・モバイル共通)

『SANABAGUN. TOUR -Suggestion-』

11月23日(木・祝) 大阪・Music Club JANUS
11月24日(金) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
11月26日(日) 福岡・BEAT STATION
12月08日(金) 北海道・札幌DUCE
12月15日(金) 東京・渋谷WWW X
12月16日(土) 東京・渋谷WWW X
<チケット>
全公演共通
前売¥3,500(税込・1ドリンク別)



【関連リンク】
SANABAGUN.、新メンバーでのビジュアル解禁 &新体制でのツアーも開始
SANABAGUN.まとめ
筋肉少女帯、20年ぶりのオリジナルアルバムの詳細解禁

【関連アーティスト】
SANABAGUN.
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, チケット

筋肉少女帯、20年ぶりのオリジナルアルバムの詳細解禁
Fri, 29 Sep 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

筋肉少女帯が10月25日にリリースするアルバム『Future!』のジャケット写真とアーティスト写真、そして収録楽曲詳細が解禁された。 今作は1997年発表のアルバム『最後の聖戦』以来、カバー及びセルフカバー曲を一切含まない、20年ぶりとなる筋肉少女帯純度100%の完全オリジナルフルアルバム。アートワークは、2曲目に収録されている「ディオネア・フューチャー」にもある“ディオネア(食虫植物)”がモチーフになっており、筋肉少女帯ならではの毒々しさと奇想天外な美しさを表現し、収録楽曲に増々興味が沸いてくるデザインになっている。

収録楽曲のタイトルを眺めているだけでもジャンルに囚われない唯一無二の筋肉少女帯ワールドが繰り広げられているだろうことは想像できるが、今回MVなる楽曲「エニグマ」は超絶テクニック合戦のプログレメタル曲だというのでこちらの公開も楽しみにしていてほしい。その他、「わけあり物件」はパチスロ「闇芝居」のテーマソングに決まっており、ラストを飾る「T 2(タチムカウver.2)」はDDTプロレスリング・入江茂弘選手の入場テーマソングになっているというのでこちらも期待していてほしい。

さらに限定盤A、B、通常盤それぞれに筋少トレカ1枚(全10種)ランダム封入されているとのこと。限定盤A(CD+Blu-ray)、限定盤B(CD+DVD)に付属の“「猫のテブクロ」完全再現+11(赤坂版)LIVE”には、アルバム完全再現パートが全曲収録されるという豪華特典ディスクとなっており、ファン垂涎の内容とのことなのでこちらも注目だ。

そして、9月29日25時〜27時にTOKYO FM/JFN系列全国38局ネットで放送のラジオ『やまだひさしのラジアンリミテッドF』でアルバム『Future!』より「サイコキラーズ・ラブ」を初オンエアすることが決定! いち早く新曲を聴きたいファンは、要チェックだ。さらに秋にはアルバムを引っ提げてのツアーも決定しているので、是非アルバムの世界観を体感しに生のライブに足を運んでほしい。

アルバム『Future!』

2017年10月25日発売



【初回限定盤A】(CD+Blu-ray)
TKCA-74581/¥5,000+税
<収録曲>
■CD
01.オーケントレイン
02.ディオネア・フューチャー
03.人から箱男
04.サイコキラーズ・ラブ
05.ハニートラップの恋
06.3歳の花嫁
07.エニグマ
08.告白
09.奇術師
10.わけあり物件
11.T 2(タチムカウver.2)
■Blu-ray
「猫のテブクロ」完全再現+11(赤坂版)LIVE
2017年3月20日 赤坂BLITZ公演よりアルバム完全再現パートを全曲収録

【初回限定盤B】(CD+DVD)
TKCA-74582/¥4,500+税
<収録曲>
■CD
01.オーケントレイン
02.ディオネア・フューチャー
03.人から箱男
04.サイコキラーズ・ラブ
05.ハニートラップの恋
06.3歳の花嫁
07.エニグマ
08.告白
09.奇術師
10.わけあり物件
11.T 2(タチムカウver.2)
■DVD
「猫のテブクロ」完全再現+11(赤坂版)LIVE
2017年3月20日 赤坂BLITZ公演よりアルバム完全再現パートを全曲収録

【通常盤】(CD)
TKCA-74583/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.オーケントレイン
02.ディオネア・フューチャー
03.人から箱男
04.サイコキラーズ・ラブ
05.ハニートラップの恋
06.3歳の花嫁
07.エニグマ
08.告白
09.奇術師
10.わけあり物件
11.T 2(タチムカウver.2)
※それぞれに、筋少トレカ1枚(全10種)ランダム封入

ニューアルバム『Future!』購入者対象インストアイベント

10月27日(金) タワーレコード新宿店
<内容>
トークイベント<当日限定スペシャルポストカード付>
<イベント参加方法>
ご予約者優先でタワーレコード新宿店にて2017年10月25日(水)発売のアルバム『Future!』の初回限定盤A:TKCA-74581/初回限定盤B:TKCA-74582/通常盤:TKCA-74583のうち
いずれか1枚をお買い上げいただいた方に、先着で整理番号付きイベント参加券を1枚差上げます。ご予約いただいたお客様には優先的に整理番号付きイベント参加券を確保し、対象商品ご購入時にお渡しいたします。

【オンエア情報】

TOKYO FM/JFN系列全国38局ネット『やまだひさしのラジアンリミテッドF』
9月29日(金)25時−27時
筋肉少女帯ニューアルバム『Future!』より「サイコキラーズ・ラブ」初オンエア



【関連リンク】
筋肉少女帯、20年ぶりのオリジナルアルバムの詳細解禁
筋肉少女帯まとめ
ギタリストとしての魅力ならジョン・メイヤー・トリオ名義の『トライ! ライブ・イン・コンサート』が一番!

【関連アーティスト】
筋肉少女帯
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース

ギタリストとしての魅力ならジョン・メイヤー・トリオ名義の『トライ! ライブ・イン・コンサート』が一番!
Fri, 29 Sep 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

21世紀に入ってから、スーパーギタリストに注目が集まることが増えた。その功労者はデレク・トラックスやトレイ・アナスタシオであり、今回紹介するジョン・メイヤーもそのひとり。ソロ名義の作品はソウルやヒップホップの香りのするポップロックであるが、ジョン・メイヤー・トリオ名義のアルバムでは、ロックスピリットに満ちた骨太のサウンドが聴ける。2005年にリリースされた『トライ! ライブ・イン・コンサート』は、ロックアーティストとしてのジョン・メイヤーが堪能できる傑作ライヴ盤だ。

■ポップアーティストとしてのメイヤー

2001年にリリースされたジョン・メイヤーのデビュー作『ルーム・フォー・スクエア』を聴いた時、流行りのポップロックだという印象しかなく、アメリカだけで400万枚以上も売れていることが理解できなかった。確かに歌はべらぼうに巧いし、曲作りもデビュー時にすでに完成されていて、プロフェッショナルさは感じたが、はっきり言ってアメリカにそんな奴はゴロゴロいるからね。しかし、新人で400万枚というセールスは圧倒的なものだけに、彼には日本に住む僕には分からない、ファンを熱狂させる何か秘密があるのかもしれないと思い始めていた。デビューアルバムからシングルカットされた「ノー・サッチ・シング」や「ホワイ・ジョージア」は全米のラジオ局でオンエアされ大ヒット(日本ではそこまで売れていない)、彼のツアーチケットも完売が続き、ますます人気はアップしていく。

ノストラダムスの予言ははずれ、人類は滅亡せずに新世紀に突入したわけだが、その頃のアメリカのロック界は、デレク・トラックスやジョン・フルシアンテ(レッチリのメンバー)、トレイ・アナスタシオ(フィッシュのメンバー)など、60〜70年代初頭を彷彿させるスーパーギタリストが登場し、長尺曲を演奏するジャムバンドのようなスタイルに人気が集まっていた時代である。ジャック・ジョンソンやドノヴァン・フランケンレイターのように、アコースティックな感覚を活かしたオーガニックスタイルも注目されていて、時代はまさに60年代のフラワージェネレーションへと逆行していたような雰囲気であった。

2003年、メイヤーのセカンド作『ヘヴィアー・シングス』がリリースされた。この作品もアメリカだけで300万枚のセールスとなり、全米チャート1位を獲得、シングルカットされた「ドーターズ」でグラミー賞を受賞、この頃からは日本でも人気を集めるようになった。このセカンドは前作よりもヒップホップやソウルに影響されるようになっており、骨太になった印象を受けたことは間違いないが、それでもまだ僕は彼の人気の秘密は理解できないでいた。

■『クロスロード・ギター・フェスティバル』の驚くべき演奏

2004年、エリック・クラプトンが凄腕ギタリストを集めた『クロスロード・ギター・フェスティバル』の記念すべき第1回目が開催された。このフェスは先に述べたようにスーパーギタリストに人気が集まっていた時期だけに、大きな話題となった。参加メンバーもブルース、ロック、カントリー、ブルーグラス、ジャズ、フュージョンまで、アメリカを代表する世界的ギタリストがこぞって参加していて、老いも若きも楽しめる文字通りのお祭りであった。さすがクラプトン、フェス出場者の人選は文句なしの…はずだった。でも、プログラムを見ると、こんなところにジョン・メイヤーの名前が挙がっている。彼以外はギタリストとしての知名度も名声もあるアーティストばかりなのに、ポップロッカーのメイヤーが出ていることに僕は違和感を感じていた。

ところがフェスでのメイヤーの演奏を聴いて、ようやく全てが理解できたのである。デビュー作にもセカンド作にも収録されていないブルースギタリストとしての彼がそこにいた。それはスティーヴィー・レイ・ヴォーンのような粘っこいソロと、ファンク寄りのパワフルなリズムカッティングの両面を併せ持つ素晴らしいギタープレイであった。彼はスタジオとライヴとのパフォーマンスをあえて変えるタイプなのだろう。彼のすごいアルバムセールスの秘密が、ライヴパフォーマンスにあったことを初めて僕は認識したのである。

このフェスを観てぶっ飛んだ僕は、改めて『ルーム・フォー・スクエア』と『ヘヴィアー・シングス』を聴き直した。すると、『ヘヴィアー・シングス』に収録の「Only Heart」には彼のブルースフィールあふれるギターワークが収められていた。抑えてはいるけれど、スーパーギタリストとしてのメイヤーが確かにそこにいたのである。要するに彼はシンガーソングライターとギタリストという二足の草鞋を履いているのだ。まるで、大谷翔平のように。僕はブルースギタリストとしてのメイヤーが好きなので、彼がギタリストとしてアルバムを作るのを待つことにした。

■本作『トライ! ライブ・イン・コンサート』について

僕の気持ちを汲んでくれたのか、そのチャンスはすぐにやってきた。メイヤーは2005年、彼のギターパフォーマンスを中心にしたグループ、ジョン・メイヤー・トリオを結成する。ドラムにはザ・ローリング・ストーンズやニール・ヤングのツアーメンバーとしても知られる、現代最高の奏者のひとりであるスティーブ・ジョーダン。ザ・フー、ジュリア・フォーダム、ジェフ・ベック他数多くのセッション作で知られるピノ・パラディーノがベースで参加、まさにスーパートリオである。

アルバムに収録されているのは全部で11曲。最初から最後までトップギアで飛ばしまくり、弾きまくっている。彼のギターが好きな者にとっては、文句なしの1時間だ。メイヤーのスタジオ作品しか聴いたことがない人間からすると、おそらく別人だと思うだろう。それぐらい別の音楽である。ロックスピリットにあふれたガッツのあるプレイはアドレナリン全開で、あっと言う間に終わってしまう印象だ。ライヴだけに普通は少しぐらい粗が目立つものだが、そこは本物のスーパートリオだけに、高度なパフォーマンスを繰り広げ、躍動感に満ちている。

ブルースナンバーが少ないのが意外だが(本当はもっとブルースやりたかったと思うけど、プロデューサーあたりからヒット曲も入れてくれとか言われたんだろうなあ…)、表の顔はポップロックのアーティストなので、そこは仕方ないところ。

収録曲のうち、レイ・チャールズとジミヘンのカバーが1曲ずつで、以外はオリジナルで勝負している。『ヘヴィアー・シングス』に収録されたヒット曲「ドーターズ」はサザンソウル風のアレンジになっていて、僕はオリジナルよりも本作の演奏のほうが好きだ。アルバムのサウンドはロックナンバーについてはエリック・クラプトンの影響を受けていて、ブルースナンバーではスティーヴィー・レイ・ヴォーンの影響が見られる。メイヤーとしては本作をオマージとして彼らに捧げたのかもしれない。

本作は優れたライヴアルバムであり、時代錯誤的ではあるが痛快なロックアルバムだ。本作以降はソロ作品もポップロック志向ではなく、カントリーやブルースといった自身のルーツと向き合っているのだが、おそらく本作をリリースすることで、メイヤーは自分が何をすべきなのかをしっかりと把握したのだろう。セールス的にはもちろんソロ作が良いのだろうけど、僕としてはジョン・メイヤー・トリオ名義の新作をリリースしてほしいと願っている。

TEXT:河崎直人

アルバム『トライ! ライブ・イン・コンサート』

2005年作品



【関連リンク】
ギタリストとしての魅力ならジョン・メイヤー・トリオ名義の『トライ! ライブ・イン・コンサート』が一番!
John Mayerまとめ
BRAHMAN、映画『あゝ、荒野』 主題歌「今夜」のMV公開

【関連アーティスト】
John Mayer
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!

BRAHMAN、映画『あゝ、荒野』主題歌「今夜」のMV公開
Fri, 29 Sep 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BRAHMANが10月4日にリリースするニューシングル「今夜 / ナミノウタゲ」から、「今夜」のミュージックビデオが公開された。当楽曲は菅田将暉とヤン・イクチュンがダブル主演を務める映画『あゝ、荒野』(原作:寺山修司)の書き下ろし主題歌となっている。

今回、初のミュージックビデオ作品を手掛けることとなった岸善幸監督をはじめ、撮影監督の夏海光造ほか『あゝ、荒野』のスタッフが集結しロケを敢行。映画が持つ独特な世界観がMVにも引き継がれた。モノクロのざらついた質感の映像から始まる今作。リングの上で、路上で、もうひとりの主役である“新宿”の街と共に息づく人々に寄り添うようにパフォーマンスするメンバーの表情に注目して欲しい。岸監督は「BRAHMANの主題歌『今夜』を聴いたのは最終編集のころ。その瞬間、僕は、2年をかけた映画がようやく完成できると確信しました。今回、TOSHI-LOWさん、KOHKIさん、MAKOTOさん、RONZIさんと一緒にMVをつくりました。舞台は映画と同じ新宿。彼らは新次やバリカンのように激しく、やさしく、フォトジェニックで、僕は映画の撮影がいまだ続いているような錯覚に陥りました。たぶん、きっと、もう一つの『あゝ、荒野』をつくっていたからかもしれません。是非ご覧ください」とコメントしている。

また、映画の舞台となる新宿のタワーレコード新宿店では「今夜」の発売、並びに映画『あゝ、荒野』の公開を記念して、映画『あゝ、荒野』×「BRAHMAN」Special Exhibitionを開催。MVや映画で着用した衣装や、劇中写真等の展示が行われる。

■「今夜」MV


https://youtu.be/G4LUegu-yVcシングル「今夜/ナミノウタゲ」 

2017年10月4日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TFCC-89633/¥2.000+税
【通常盤】(CD)
TFCC-89634/¥1.000+税
<収録曲>
■CD
1.今夜
2.ナミノウタゲ
■DVD ※初回限定盤のみ
Tour『戴天』LIVE&DOCUMENTARY
01.守破離 GUEST:KO (SLANG)
02.GOIN\' DOWN
03.賽の河原
04.SEE OFF
05.SPECULATION
06.EPIGRAM
07.ONENESS
08.終夜
09.FOR ONE\'S LIFE
10.怒涛の彼方
11.NEW SENTIMENT
12.警醒
13.不倶戴天
14.ラストダンス GUEST:ILL-BOSSTINO (THA BLUE HERB)
15.不倶戴天

?アナログ7inch 「今夜/ナミノウタゲ」 

2017年10月4日発売



TFKC-38029/¥1.000+税
<収録曲>
side A:今夜
side B:ナミノウタゲ

『BRAHMAN 「八面玲瓏」』  

2018年2月9日(金) 日本武道館
開場17:30 開演 19:00
<チケット>
アリーナスタンディング ¥6,000( 税込 )
スタンド指定席 ¥6,000( 税込 )
※全券種に日本武道館[八面玲瓏]記念メダル付き

■特設サイト  
http://brahman.site



【関連リンク】
BRAHMAN、映画『あゝ、荒野』 主題歌「今夜」のMV公開
BRAHMANまとめ
EBiDAN 39&KiDSによる『星男祭 2017』が スターダストchにて配信決定

【関連アーティスト】
BRAHMAN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 主題歌, 映画

EBiDAN 39&KiDSによる『星男祭 2017』がスターダストchにて配信決定
Fri, 29 Sep 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月25日に東京・渋谷区文化総合センター大和田さくらホールにて開催された、EBiDAN 39&KiDSによるイベント『星男祭 2017』のライブ映像を10月13日にスターダストチャンネルで独占配信することが決定!

毎年恒例となっている同イベントには、EBiDAN TOKYO(STAR BOYSプロジェクト)のほか、EBiDAN SENDAI、EBiDAN NAGOYAからの選抜メンバーに加え、ゲストにスタメンKiDS、ZeBRA☆STARが出演しているとのこと。さらに『星男祭2015』でユニット結成されたSUPER★DRAGONがスペシャルゲストとして2年ぶりに登場! 全国のEBiDAN研究生の中から選抜されたメンバーを引き連れて披露した「BAD BOY」のライブステージは必見だ。

テレビ番組企画“STAR BOYSプロジェクト”でEBiDAN TOKYOから選抜された新ユニット、STAR BOYSのお披露目ステージでは4チームに分かれて春夏秋冬をイメージした曲を季節ごとにパフォーマンス! チケットはソールドアウトし、700人を超える満席の会場での大盛況を収めた貴重なステージをぜひ見てほしい。

■『星男祭 2017』視聴方法

10月13日(金) 17:00〜 配信開始
アーカイブ視聴は有料会員(月額400円税別)のみ視聴可能
スターダストチャンネル :http://stardust-ch.jp/



【関連リンク】
EBiDAN 39&KiDSによる『星男祭 2017』が スターダストchにて配信決定
EBiDAN 39&KiDSまとめ
Brian the Sun、TVアニメ『3月のライオン』ED曲 「カフネ」シングルリリースを発表

【関連アーティスト】
EBiDAN 39&KiDS
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN

Brian the Sun、TVアニメ『3月のライオン』ED曲「カフネ」シングルリリースを発表
Fri, 29 Sep 2017 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Brian the Sunが10月から第2シリーズの放送が始まるTVアニメ『3月のライオン』のEDテーマとして書き下ろした新曲『カフネ』を、3rdシングルとして11月15日にリリースすることを発表した。

初回生産限定盤としてリリースされるブライアン盤には特典DVDとして2017年に行われた全国ツアーファイナルのLIVE映像を収録、また期間生産限定盤としてリリースされるライオン盤には同アニメのエンディングノンクレジット映像が特典DVDとして収録されることも明らかになり、ブライアン盤とライオン盤のジャケットも公開された。また、9月29日より同アニメの最新ロングPVも公開となっており、いち早く新曲「カフネ」の音源も聴く事ができる第2シリーズの見どころ満載の内容となっているので、こちらもチェックして欲しい。

Brian the Sunは2017年に結成10周年を迎え、10月1日と10月9日に大阪・東京で主催イベント『ブライアンフェス』を開催する。同イベントにはTHE ORAL CIGARETTESや04 Limited Sazabys、感覚ピエロ、HAPPYなど同世代の人気バンドに加えSPECIAL OTHERSやアルカラなど先輩バンドも出演するなど豪華ラインナップに注目が集まっている。

Brian the Sun 10th Anniversary Special『ブライアンフェス』

10月01日(日) なんばHatch
出演:Brian the Sun / アルカラ / HAPPY / 04 Limited Sazabys
10月09日(月・祝) 赤坂BLITZ
出演:Brian the Sun / 感覚ピエロ / THE ORAL CIGARETTES / SPECIAL OTHERS
<チケット>
1F スタンディング・2F 指定席/¥4,500(税込)
※入場時1drink¥500別途必要

シングル「カフネ」

2017年11月15日発売



【ブライアン盤】(DVD付初回生産限定盤)
ESCL-4926〜7/¥1,759+税
【ライオン盤】(DVD付期間生産限定盤)
ESCL-4929〜30/¥1,759+税



【通常盤】
ESCL-4928/¥1,000+税



【関連リンク】
Brian the Sun、TVアニメ『3月のライオン』ED曲 「カフネ」シングルリリースを発表
Brian the Sunまとめ
【ふくろうず】 『君とびゅーてぃふる ツアー』 2017年9月23日 at 草月ホール

【関連アーティスト】
Brian the Sun
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, リリース

【ふくろうず】『君とびゅーてぃふる ツアー』2017年9月23日 at 草月ホール
Fri, 29 Sep 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 結成10周年を迎えたふくろうずがニューアルバム『びゅーてぃふる』を提げた東名阪を回るツアー『君とびゅーてぃふる ツアー』を開催し、東京・草月ホールでファイナルを迎えた。

 内田万里(Vo&Key)、安西卓丸(Ba&Vo)、石井竜太(Gu)に加えて、元メンバーの高城琢郎(Dr)がサポートメンバーとして参加。オリジナルメンバーが揃ったライヴは2ndアルバム『ごめんね』収録の「街はいつも雨のよう」で始まった。続けて初期の楽曲「トゥーファー」を披露し、序盤から会場の雰囲気をふくろうずの世界へと一気に変えていく。

 最新アルバムのタイトル曲「びゅーてぃふる」のMV同様、この日は内田が着物、サポートの高城を含む男性メンバーも和装で、ステージ上には紙ふうせんなども置かれていて“和”の雰囲気が漂っている。最新アルバムの楽曲を中心に組まれたセットリストで臨んだライヴは、10周年という節目ではあるが、アルバム作り同様、変に力むことなく、やりたいことをやっているのが伝わってくる。

 終盤、「びゅーてぃふる」を歌った後に内田が“音楽だけじゃなく言葉でも伝えなきゃなと思ってきたんですが、今日この場所ではちゃんと音楽で伝えたいと思います。本当に今日、来てくれてありがとう”と感謝の気持ちを伝えたように、全ての想いを音楽に込めて届けてくれたライヴとなった。

 10月から11月にかけて内田の弾き語り企画が行なわれるが、12月24日にふくろうず結成10周年スペシャルワンマンライヴ『ごめんね、ありがとライブ』が東京・日経ホールで開催されることも発表された。10周年アニバーサリーイヤーはまだまだ楽しませてくれそうだ。

撮影:中島未来/取材:田中隆信

セットリスト

1.街はいつも雨のよう

2.トゥーファー

3.デイドリーム

4.カノン

5.ガーリーズハイ!

6.グッドナイトイズカミング

7.フラッシュバック!

8.ジミー

9.スローモーション

10.ピンクエレファントの憂鬱

11.ソナチネ

12.ループする

13.サタデーナイト

14.テレフォンNo.1

15.ハートビート

16.びゅーてぃふる

17.ごめんね

18.サンライズ・サンセット

19.光

<ENCORE>

1.マイアミ

2.すばらしい世界

ふくろうず

ふくろうず:2007年に東京で結成。15年10月、ミニアルバム『ベイビーインブルー』をリリース。同月、3D映像ライヴを西麻布SUPER DELUXEにて開催すると、2回公演がソールドアウト。12月からは東名阪ツアーを開催。2016年1月から放送されたドラマ『ワカコ酒 Season2』のオープニングテーマに『ベイビーインブルー』の収録曲「いま何時?」が決定し、メンバーのカメオ出演も話題に。同年7月に5thアルバム『だって、あたしたちエバーグリーン』を発表し、11月にはアルバムリリースツアーを東名阪で開催した。



【関連リンク】
【ふくろうず】 『君とびゅーてぃふる ツアー』 2017年9月23日 at 草月ホール
ふくろうずまとめ
ナッシング・バット・シーヴス、 2年振りにジャパンツアー開催発表

【関連アーティスト】
ふくろうず
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.158

ナッシング・バット・シーヴス、2年振りにジャパンツアー開催発表
Fri, 29 Sep 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月13日にリリースしたばかりの2ndアルバム『ブロークン・マシーン』で、同チャートにおける自身最高位の全英アルバム・チャート初登場2位を獲得したナッシング・バット・シーヴスが、2018年1月に2年振りのジャパンツアーで来日することが決定した。単独ツアーでの来日は約2年振り、来日自体は『サマーソニック2016』以来約1年半ぶりとなる。来日決定に際し、日本のファンへ向けてメンバーから動画メッセージも到着した。

■日本ファンへのコメント動画URL
https://twitter.com/INTSonyMusicJP/status/913599856643522560

『NOTHING BUT THIEVES JAPAN TOUR 2018』

1月16日(火) 大阪 umeda TRAD
1月17日(水) 東京 渋谷 duo music exchange
<チケット>
オールスタンディング¥6,500(税込/別途1ドリンク)
※未就学児入場不可
■一般発売:10月14日(土)
受付URL:https://www.creativeman.co.jp/event/nbt2018/

アルバム『ブロークン・マシーン | Broken Machine』

発売中



【国内盤CD】
¥2,200+税 / 解説・歌詞・対訳付き
※国内盤ボーナストラック収録
※初回仕様限定 紙ジャケット
※ボーナストラック収録



【関連リンク】
ナッシング・バット・シーヴス、 2年振りにジャパンツアー開催発表
ナッシング・バット・シーヴスまとめ
SKY-HI、配信限定アルバム『Marble』を iTunesにて先行配信決定

【関連アーティスト】
ナッシング・バット・シーヴス
【ジャンル】
洋楽, ニュース, アルバム, ツアー

SKY-HI、配信限定アルバム『Marble』をiTunesにて先行配信決定
Fri, 29 Sep 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SKY-HIが10月11日にリリースする配信限定アルバム『Marble』が、iTunesにてプライスオフ価格600円で先行配信されることが決定! 先行配信は10月6日〜10日の期間限定となっており、ジャケットも公開された。

今作は新曲の「Marble」「Bitter Dream」に加え、ライブの定番曲8曲を収録。台湾、香港、ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ロンドンでの初海外公演を含んだ23箇所24公演のツアー『SKY-HI Round A Ground 2017』の予習にも最適な内容となっているとのこと。また、10月6日から各CPにて単曲配信する楽曲「Marble」は、新たな試みを盛り込んだSKY-HIの新章開幕とも言えるメッセージソング。SKY-HIはインタビューなどで“自身の代表曲ともいえる仕上がりになっている”と語っているという。現在、音源は一切公開されていないが、その仕上がりに期待が高まる。

配信限定アルバム『Marble』

2017年10月11日配信開始
iTunes独占先行配信:2017年10月6日〜10日



■iTunes独占先行配信
¥600(税込)
※プライスオフ価格

■全CP通常配信
¥1050(税込)
<収録曲>
1.Marble
2.Bitter Dream
3.Double Down
4.スマイルドロップ \'16
5.ナナイロホリデー
6.As A Sugar
7.Stray Cat
8.Limo
9.TOKYO SPOTLIGHT
10.Over the Moon

配信楽曲「Marble」

2017年10月6日配信開始



全CP ¥257(税込)

『SKY-HI Round A Ground 2017』

10月11日(水) 北海道・帯広MEGA STONE
10月12日(木) 北海道・札幌PENNY LANE24
10月20日(金) 台湾・ATT SHOW BOX
10月22日(日) 香港・E-Max Music Zone
10月25日(水) 千葉・柏PALOOZA
10月27日(金) 神奈川・横浜Bay Hall
10月28日(土) 滋賀・滋賀U STONE
11月01日(水) 山口・周南RISING HALL
11月07日(火) 群馬・高崎clubFLEEZ
11月08日(水) 埼玉・西川口Hearts
11月12日(日) ロサンゼルス・Troubadour
11月15日(水) ニューヨーク・SOB\'s
11月18日(土) パリ・Glazart
11月19日(日) ロンドン・Bush Hall
11月22日(水) 長野・長野CLUB JUNK BOX
11月24日(金) 富山・富山MAIRO
11月25日(土) 福井・福井 響のホール
11月27日(月) 香川・高松festhalle
11月29日(水) 長崎・長崎DRUM Be-7
11月30日(木) 大分・大分DRUM Be-0
12月02日(土) 山形・山形ミュージック昭和セッション
12月09日(土) 岐阜・岐阜club G
12月11日(月) 東京・豊洲PIT
12月12日(火) 東京・豊洲PIT



【関連リンク】
SKY-HI、配信限定アルバム『Marble』を iTunesにて先行配信決定
SKY-HIまとめ
中島みゆき、「慕情」が全国有線リクエスト1位獲得! 慕情川柳キャンペーンもスタート!

【関連アーティスト】
SKY-HI
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, アルバム, 音楽配信

中島みゆき、「慕情」が全国有線リクエスト1位獲得!慕情川柳キャンペーンもスタート!
Fri, 29 Sep 2017 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ドラマ劇場『やすらぎの郷』の主題歌となっていた中島みゆきのシングル曲「慕情」が、全国有線音楽放送協会調べによる“全国有線リクエスト”(集計期間9月9日〜15日)で第1位に輝いたことを記念して、9月29日より『慕情川柳 キャンペーン』をTwitterにて開催する。キャンペーンは、“中島みゆきの「慕情」を聴いたあなただからこそ書ける心の唄を川柳で募集”というもので、長年連れ添った相手に伝えたい感謝の気持ちや、普段は照れくさくて言えそうにない気持ちなどを詠った川柳の投稿を呼びかける内容となっている。最優秀賞1名、優秀賞1名、佳作3名に豪華賞品がプレゼントされ、最優秀賞にはYamahaスピーカー・アンプセットと、JTB旅行券(5万円分)が贈られるという豪華な内容。応募はヤマハミュージックコミュニケーションズ公式アカウントをフォローの上、ハッシュタグ「#慕情で川柳」をつけてツイートすることで可能とのことなので、詳しくはキャンペーン特設ページをチェックしてほしい。

「慕情」はドラマ劇場『やすらぎの郷』の監督を務める倉本聰からのオファーを受けて中島みゆきが心を込めて描き下ろした、やさしくも温かい眼差しで人生を歌い上げた愛の唄。同曲は、万葉集の三大構成の一つ“相聞歌(そうもんか)”=“恋歌”が由来となった11月22日リリースのアルバム『相聞』にも最後に収録されており、まさに「慕情」こそが、アルバムを代表する“恋歌”になっているという。「慕情」で歌われる“限りない愚かさ”と“限りない慕情”の二つの感情が、『相聞』収録曲全10曲を通して色々な視点で表現されたアルバムの発売が待ち遠しい。

また、『相聞』のリリースと同じ日に中島みゆきのサウンドプロデューサーである瀬尾一三のアルバム『時代を創った名曲たち〜瀬尾一三作品集 SUPER digest〜』が発売。1969年のJ-POPの黎明期から仕事始め、現在に至るまで現役の編曲家・音楽プロデューサーとして日本の音楽シーンを「編曲(アレンジ)」で支えてきた巨匠の2枚組み名曲集。中島みゆきの「糸」「空と君のあいだに」の大ヒット曲を含む全26曲が収録されるとのことなので、こちらも楽しみにしていてほしい。

■中島みゆきシングル「慕情」キャンペーン特設ページ
http://www.yamahamusic.co.jp/bojosenryu/
■ヤマハミュージックコミュニケーションズ公式Twitterアカウント
https://twitter.com/YMC_harajuku

シングル「慕情」

2017年8月23日発売



YCCW-30064/¥1,000(税抜)
<収録曲>
1. 慕情
2. 人生の素人(しろうと)
3. 慕情(TV-MIX)
4. 人生の素人(しろうと)(TV-MIX)

■Amazon(特典あり)
http://www.amazon.co.jp/dp/B072K4Y3HJ/
■Amazon(特典なし)
http://www.amazon.co.jp/dp/B071WVTXBW/

アルバム『相聞』

2017年11月22日発売



YCCW-10315/¥3,000(税抜)
<収録曲>
1. 秘密の花園
2. 小春日和
3. マンハッタン ナイト ライン
4. 人生の素人(しろうと)
5. 移動性低気圧
6. 月の夜に
7. ねこちぐら
8. アリア - Air - *2016年 平原綾香への提供曲のセルフカバー
9. 希(ねが)い
10. 慕情

■Amazon(特典あり)
http://www.amazon.co.jp/dp/B075JCKM7N/
■Amazon(特典なし)
http://www.amazon.co.jp/dp/B075K9SLJL/

アルバム『時代を創った名曲たち〜瀬尾一三作品集 SUPER digest〜』

2017年11月22日発売



YCCW-10313〜4/¥3,241(税抜)
<収録曲>
■Disc-1
1. 落陽(1973)*AL『LIVE’73』より/よしだたくろう
2. 22才の別れ(1974)*AL『三階建の詩』より /かぐや姫
3. 岬めぐり(1974)/山本コウタローとウイークエンド
4. 白い冬(1974)/ふきのとう
5. 我が良き友よ(1975)/かまやつひろし
6.『いちご白書』をもう一度(1975)/バンバン
7. 星のマリオネット(1978)/谷山浩子
8. オリビアを聴きながら(1978)/杏里
9. 順子(1979)*AL『逆流』より/長渕剛
10. Mr.メトロポリス(1980)*AL『Mr.メトロポリス』より/八神純子
11. ボーンフリー・スピリット(1980)/ロブバード
12. Season(1980)/門あさ美
13. 万里の河 (1980) /CHAGE and ASKA
■Disc-2
1. めぐり逢いはすべてを越えて(1982)/NSP
2. 夕映えよ心の鳩を抱け(1983)/雅夢
3. 教室(1985)/森川美穂
4. 火の鳥(1986)/渡辺典子
5. ドリーミー・ドリーマー(1988)/石川優子
6. 壊れかけのRadio(1990)/?永英明
7. 糸(1992)*AL『EAST ASIA』より/中島みゆき
8. 天使の休息(1992)/久松史奈
9. 空と君のあいだに(1994)/中島みゆき
10. 激情(1996)/工藤静香
11. 愛詞(あいことば)(2013)/中島美嘉
12. 泣いてもいいんだよ(2014)/ももいろクローバーZ
13. アリア-Air-(2016)*AL『LOVE』より/平原綾香

『中島みゆき「夜会工場」VOL.2』

11月26日(日) 東京・府中の森芸術劇場 どりーむホール
12月02日(土) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
12月04日(月) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
12月05日(火) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
12月11日(月) 大阪・フェスティバルホール
12月13日(水) 大阪・フェスティバルホール
12月14日(木) 大阪・フェスティバルホール
<2018年>
1月09日(火) 大阪・フェスティバルホール
1月11日(木) 大阪・フェスティバルホール
1月12日(金) 大阪・フェスティバルホール
1月23日(火) 東京・Bunkamura オーチャードホール
1月25日(木) 東京・Bunkamura オーチャードホール
1月26日(金) 東京・Bunkamura オーチャードホール
1月30日(火) 東京・Bunkamura オーチャードホール
2月01日(木) 東京・Bunkamura オーチャードホール
2月02日(金) 東京・Bunkamura オーチャードホール
2月17日(土) 愛知・愛知県芸術劇場 大ホール
2月18日(日) 愛知・愛知県芸術劇場 大ホール



【関連リンク】
中島みゆき、「慕情」が全国有線リクエスト1位獲得! 慕情川柳キャンペーンもスタート!
中島みゆきまとめ
THE YELLOW MONKEY、2017年の『メカラ ウロコ』はヤフオクドームで開催決定

【関連アーティスト】
中島みゆき
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 主題歌

THE YELLOW MONKEY、2017年の『メカラ ウロコ』はヤフオクドームで開催決定
Fri, 29 Sep 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE YELLOW MONKEYが、2017年12月28日(木)に福岡 ヤフオク!ドームで『THE YELLOW MONKEY SUPER メカラ ウロコ・28 -九州SPECIAL-』を開催することを発表した。また、3ヶ月連続配信リリースの第二弾となる「Stars」が10月27日(金)から主要配信サイトでリリースされることがわかった。さらに、11月11日(土)に2009年にリリースされて以来、入手困難となっていた『メカラ ウロコ・LIVE DVD BOX』がアンコールプレスされることも明らかになった。

THE YELLOW MONKEYが企画する公演『メカラ ウロコ』とは結成7周年にあたる1996年に“普段のツアーではやらないような事に挑戦しよう”と、日本武道館にて初開催された。以降、ファンの中でもお馴染みのこのタイトルは、結成10周年や2001年活動休止直前のドーム公演など特別公演のタイトルとしても使われている。ここでしかない驚きときっかけを持ち帰ってもらう為に、毎回趣向を凝らした選曲と演出が人気を博している公演。これまでは東京で開催されてきたが、今年は初めての福岡 ヤフオク!ドームでの開催となる。兼ねてより実施してきた、災害等を中心とした支援基金『バラ色募金』が2017年も継続され、2017年は九州北部豪雨災害の復興への支援金となる。2017年の『メカラ ウロコ・28』は-九州SPECIAL-と題し、THE YELLOW MONKEYの王道楽曲で臨む。2016年のバンド再集結から、日本を盛り上げたいという気持ちでツアータイトルに“SUPER JAPAN”を掲げ、ライブ活動を行なってきたが、2017年の締めくくりは、この一大公演で盛り上がることは間違いない。

■【THE YELLOW MONKEYメンバーコメント】

■吉井和哉
「イエローモンキーの再集結にはバンド的にも、人間的にも様々なリベンジが用意されています。僕は常々「初めてドームをやる時は福岡ドームでやりたいんだ」と言ってきました。
しかしその夢は叶わず、2001年の東京ドームを最後にバンドは解散しました。今年ついにバンドの誕生日である12月28日に福岡ドームで開催されることになりました。大好きな九州での大忘年会、「今年の汚れは今年のうちに!」 」

■菊地英昭
「初の東京以外でのメカラ ウロコ☆物凄く心躍ってます!自然の力には人は抗えないですよね。でも人同士の間ではできることはある。6年前、THE YELLOW MONKEYとしては何もできなったのですが、なんと今回は九州スペシャルということで少しでも九州地方にパワーを振りかけることができたらなぁと思ってます!!」

■廣瀬洋一
「デビュー当時、まだ人気が全国的になる前から熱烈に愛してくれた相性抜群の九州で、バンドの誕生日を祝えるなんて本当に感無量です。今年は“自分達が想うVery best of The Yellow Monkey”な選曲で臨もうと思っています。福岡ドームで“相思相愛のロックンロールショウ”を分かち合いましょう」

■菊地英二
「メカラ ウロコ史上初の地方公演、それに加えて九州での初ドームと初めてのことばかりで期待に胸が膨らみます。今年は私たちの思う王道な楽曲をメインに構成して、お互いに心底楽しめる様な内容にしたいと思ってます。このバンドが生まれた日に、九州の地で皆様と素敵な夜を過ごせる事を今から心待ちにしてます」

『THE YELLOW MONKEY SUPER メカラ ウロコ・28 ?九州SPECIAL-』

12月28日(木) 福岡ヤフオク!ドーム
<チケット>
■SUPER指定席¥15,120(税込)
※FC一次先行限定販売 ※SUPER指定席特典(特典は会場でのお渡しになります) ※電子チケットのみ(スマートフォン・フィーチャーフォン)
特典(1) オリジナルスノードーム
特典(2) アリーナ前方座席
特典(3) 特製ラミネートPASS付
特典(4) 専用グッズ販売エリア利用可(販売内容は同様)
■指定席¥9,720(税込)
※6歳以上はチケット必要(但し、6歳未満でも座席が必要な場合はチケット必要)
■U-25周年最後列指定席¥2,500(税込)
※スタンド及びアリーナ最後列となります ※1992年以降生まれの公式メルマガを登録された方が対象となります。
■一般発売:11月25日(土)AM10:00〜

配信楽曲「Stars」

2017年10月27日(金)配信開始



各主要配信サイトにてリリース



【関連リンク】
THE YELLOW MONKEY、2017年の『メカラ ウロコ』はヤフオクドームで開催決定
THE YELLOW MONKEYまとめ
BO?WY、解散宣言をした伝説のライブを 新たに発掘されたオリジナルフィルムで映像化

【関連アーティスト】
THE YELLOW MONKEY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 新曲, リリース, 配信

BO?WY、解散宣言をした伝説のライブを新たに発掘されたオリジナルフィルムで映像化
Fri, 29 Sep 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年にデビュー35年目を迎えたBO?WY。1987年12月24日に東京・渋谷公会堂で解散発表があった伝説的ライブが、2017年に新たに発見されたオリジナルフィルムを用いて編集され、高画質の完全版として発売されることになった。

この映像作品『BO?WY 1224 -THE ORIGINAL-』は、BO?WY 35周年プロジェクトの集大成として発売されるもの。2017年に倉庫から発掘されたオリジナルフィルムを、LAのスタジオで4Kスキャニングしデジタル映像データ化。BO?WY作品を数多く手がけた映像ディレクターである前島輝氏が、30年の時を経て新たに編集を施し、初のHDおよび4K・HDR化、及び初の16:9画角での登場となる。音源も新たにリマスターされたものを使用。そして幻の“「ONLY YOU」の中の空白の数十秒”が初めて復元されて収録されている。商品は3形態となっており、「DVD」、「Blu-ray」、そしてもう一つの形態は、日本の音楽ソフトでは初となる「4K Ultra HD Blu-ray」の3形態でリリースされる。

また、『BO?WY 1224 -THE ORIGINAL-』発売を記念し、一夜限りの先行上映会が12 月12 日に東京・大阪で開催される。こちらのチケットは10月7日から発売となる。またこの発売に合わせて告知映像も公開されている。

■『BO?WY 1224 -THE ORIGINAL-』告知映像


https://youtu.be/O6kCMe4TUg8イベント『BO?WY1224 -THE ORIGINAL- ONE-NIGHT PREVIEW 1212』

12月12日(火) Zeppダイバーシティ
12月12日(火) Zepp 大阪ベイサイド
<料金>
a)¥6,400(税込)=チケット代:¥1,000(税込)+ DVD:¥5,400(税込)
b)¥7,480(税込)=チケット代:¥1,000(税込)+ BD:¥6,480(税込)
c)¥13,960円(税込)=チケット代:¥1,000(税込)+ 4K Ultra HD+BD(5.1ch):¥12,960(税込)
■一般発売:2017年10月7日(土) 18:00〜
チケット受付URL:www.uconnect-ticket.jp
※ドリンク代¥500別
※チケットは、お近くのファミリーマートにてお受取ください。
※DVD、BD、4K Ultra HD Blu-ray+Blu-rayの発送は、ユニバーサルミュージックストアより行います。
※発送先につきましては、U-CONNECT会員登録(無料)へご登録をいただいておりますご住所へ発送させていただきます。

Blu-ray&DVD『BO?WY 1224 -THE ORIGINAL-』

2017年12月24日(日)発売



【DVD】
UPBY-5064/¥5,000+税
【Blu-ray(5.1ch)】
UPXY-6046/¥6,000+税
【Ultra HD Blu-ray +Blu-ray(5.1ch)】
UPZY-9001/¥12,000+税
<収録曲>
01.LIAR GIRL
02.ANGEL PASSED CHILDREN
03.BLUE VACATION
04.ハイウェイに乗る前に
05.GIGOLO&GIGOLET
06.PSYCHOPATH
07.CLOUDY HEART
08.MARIONETTE
09.わがままジュリエット
10.LONGER THAN FOREVER
11.季節が君だけを変える
12.WORKING MAN
13.B・BLUE
14.RENDEZ-VOUS
15.HONKY TONKY CRAZY
16.PLASTIC BOMB
17.BEAT SWEET
18.IMAGE DOWN
19.NO. NEW YORK
[アンコール]
20.MEMORY
21.ONLY YOU
22.DREAMIN\'



【関連リンク】
BO?WY、解散宣言をした伝説のライブを 新たに発掘されたオリジナルフィルムで映像化
BO?WY まとめ
ageHaが15周年パーティーを3ヵ月連続で開催! 第1回目のスペシャルゲストはAFROJACK!

【関連アーティスト】
BO?WY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, リリース, 発売

ageHaが15周年パーティーを3ヵ月連続で開催!第1回目のスペシャルゲストはAFROJACK!
Fri, 29 Sep 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ageHaの15周年を祝うアニバーサリーパーティー『THE BEST PARTY』が10月13日を皮切りに、3か月に渡って連続開催されることがわかった。

10月に#01公演、11月に#02&#03公演、12月には#04公演と、3ヶ月に渡って開催されるアニバーサリーパーティーの先陣を切るのは、EXILE TRIBEが属するLDHとも親交の深い世界のスーパースター・AFROJACK(アフロジャック)。オランダ出身のAFROJACKは、グラミー賞に輝き世界中のヒットチャートを賑わせ、名だたるビッグフェスでヘッドライナーを務めており、もはや説明不要の人物といってもいいだろう。2016年4月にageHaに登場し、歴史を塗り替えた彼は2017年には日本初開催の『EDC JAPAN』にも登場している。

“オトナの夜のワンダーランド”という不変のテーマを掲げたageHa15年目の夜に、お楽しみがいっぱいのオモチャ箱のようなパーティーが待ち受ける。時代とともに激しく変化を遂げるダンスミュージックシーンだが人種や国境を超え、あらゆる人々が一緒になって楽しめるエンタテイメント空間という変わらぬ目標をキープするageHaの記憶に残る夜をぜひ体感してほしい。

2002年12月31日、新木場に誕生した多目的エンタテイメントスペース“STUDIO COAST”でスタートしたフェス型クラブイベント“ageHa”。世界でも類をみない音響・照明システムと、広大なスペースの中で世界中のトップDJが集うパーティとして、今では年間20万人以上を集客する国内最大規模のフェス型クラブイベントに成長し、母体となるSTUDIO COASTも含めると50万人以上を動員する日本随一のヴェニューとなっている。

■ageHa 15周年特設ページ
http://w.ageha.com/thebest/

■『ageHa’s 15th ANNIVERSARY “THE BEST PARTY #01” feat.AFROJACK』


https://www.youtube.com/watch?v=i_aOaN4iUT4■MOVE NIGHT Presents 『ageHa’s 15th ANNIVERSARY “THE BEST PARTY #01” feat.AFROJACK』

10月13日(金) 新木場・新木場ageHa
OPEN 23:30
<チケット>
DOOR:TBA
ageHa Member:¥4,000
International Coupon:TBA(All Foreign I.D Holders)
VIP TABLE:ASK to reserve@ageha.com
<出演>
・SPECIAL GUEST
AFROJACK
・LINE UP
MITOMI TOKOTO
JapaRoLL
・DANCER CYBERJAPAN DANCERS
東京夜蝶倶楽部-AGEHA PERFOEMANCE CREW-
・VJ
REZ
・LIGHTING
LIGHTIST FUTURE/MIURA



【関連リンク】
ageHaが15周年パーティーを3ヵ月連続で開催! 第1回目のスペシャルゲストはAFROJACK!
Afrojackまとめ
MITOMI TOKOTOまとめ
JapaRoLLまとめ
【ベリーグッドマン】 5枚目にして“新たな挑戦”が多いアルバムになった

【関連アーティスト】
Afrojack, MITOMI TOKOTO, JapaRoLL
【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース, EDM

【ベリーグッドマン】5枚目にして“新たな挑戦”が多いアルバムになった
Fri, 29 Sep 2017 10:00:00 +0900


ドラマ『伊藤くん A to E』の主題歌「Pain, Pain Go Away feat. MUTSUKI from Softly」が話題のベリーグッドマン。同曲を収録した5枚目のアルバム『SING SING SING 5』が完成した。3人の歌声を活かしつつ新しいことにも挑戦した新作について、Rover(Vo&Gu&Tp)とMOCA(Vo&MC)が語ってくれる。

──5thアルバム『SING SING SING 5』が完成しましたが、今回はどんな作品にしようと思って作りましたか?

Rover
「“SING SING SING”というのをずっとアルバムのタイトルにしてきているので、自分たちなりにいい曲を盛り込むということと、過去のアルバムよりもいい作品にするという感じで作り始めました。13曲中7曲にタイアップが付いているんですけど、これだけでも前作を超えたんじゃないかって思ってます(笑)。」

MOCA
「例えば「Pain, Pain Go Away feat. MUTSUKI from Softly」は『伊藤くん A to E』というドラマの主題歌なんですが、初めて女性ヴォーカルをフィーチャーした作品になっていますし、5枚目にして“新たな挑戦”が多いアルバムになったと思います。」

Rover
「これは書き下ろした曲なんですけど、伊藤くんという主人公の男性がいて、彼にまつわるAからEまでの女性の物語になっていて、伊藤くんがメインではありますが、女性のキャラクターを描いていると知って、“これは女性が歌ったほうがいいな”と思って女性ヴォーカルを迎えることにしたんです。」

MOCA
「ミュージックビデオで阿佐ヶ谷姉妹さんと共演したことはありましたけど、レコーディングでコラボするのは今回が初めてで。タイアップをいただくと大喜利じゃないですけど、お題をもらって作るわけだから、それはそれで楽しかったですね。」

Rover
「あべのハルカス3周年のテーマソングの「Anniversary」も雲を突き抜けるような爽快感と“3周年おめでとう”というメッセージを込めて作ったので、自分たちがこれまでに作った曲とはまた違う感じのものになりましたね。そういう意味では作り方も変わりますし、良い意味で責任感を持って臨める感じはします。」

──収録曲それぞれにいろいろなチャレンジがありそうですが、特にこの部分が新しいというのをいくつか教えてください。

Rover
「さっき少し話しましたが、やっぱり「Pain, Pain Go Away feat. MUTSUKI from Softly」ですね。初めてのフィーチャリング曲というのもありますけど、女性ヴォーカルのキーやテンポ感など、その人に合わせることも考えながら作ったりしたので、初めてプロデュースみたいなことをさせてもらった曲でもあります。あと、「大切なもの」は結構苦労しました。今まで作ってこなかったような“ザ・J-POP”みたいな曲で、サウンド感とメロディーラインも美しい感じになったなって。歌詞も言葉としては大したことを言ってるわけではないんですけど、シンプルな言葉で伝えたいと思ったので、レコード会社のスタッフと詰めて作りました。いろいろ助けてもらいましたから、自分たちだけの作品ではないと思っています。」

──MOCAさんはどうですか?

MOCA
「新しい試みということだと「とにかくこの瞬間だけはアイドルになりたくて」ですね。これは僕がタイトルを先に考えてRoverに作ってもらったんですけど、“とにかく”というのをシリーズ化したいんです。「とにかくラップがしたくて」とか「とにかく裏声で歌いたくて」とか(笑)。遊び感覚から生まれた曲ですけど、こういう曲があるからこそ、「ハイライト」や「大切なもの」のような曲がより生きてくると思うんです。“これも同じヤツらが歌ってるの!?”って。なので、まだ予定は何もないんですが、“とにかく”シリーズは次のアルバムでもやりたいなって思ってます。」

Rover
「面白いことは何でも挑戦したいよね。」

MOCA
「あと、「Intro 〜5〜」も。」

Rover
「そうそう。いつもイントロを最後に作るんですけど、最初“イントロ、どうする?”みたいな内容の1分30秒ぐらいの会話にしようと思っていたら、長いってボツになって(笑)。歌ものにしようかと思ったりもしたんですが、最終的にシンプルに“ワン、ツー、ワンツースリーフォー、5!”っていうのになりました。」

MOCA
「5秒のイントロね(笑)。どこかの番組のジングルとかにも使えると思うので、この曲のタイアップもまだ諦めてません!(笑)」

Rover
「僕らはリリースのペースが早いので、考え込むよりも直感で作っていったほうがいいと思ってるんです。待ってくれてる人たちもどんどん新曲が出たほうが楽しいでしょう? 別に“過去に自分らが出した曲と似てるやん”って言われたとしても、今の自分たちが出せば新しいものだと思うので、1週間に1枚、アルバムを出していきたいぐらいです。」

MOCA
「病気になるわ!(笑)」

──初回限定盤のDVDには『ベリー・バンド・セッション Vol.1』という映像が収録されるということですが。

Rover
「はい。意外とベリーグッドマンってバンドと合うんじゃないかってずっと言われてて、実際にバンドでツアーを回ろうかという話も過去に出たことがあったんです。でも、やっぱりビビってしまうというか…時間もお金もかかりますし、合う合わないっていうのもやってみないと分からないじゃないですか。だったら、まずは映像作品というかたちでやってみようと。」

MOCA
「やってみたら楽しかったね。」

Rover
「ストリングスを入れてのバンドセッションだったので、プログラミングしたサウンドとはまた違う楽しみ方ができますし、このDVD目当てで買ってもらってもいいぐらいの内容になっています。」

──これはファンの人たちにも新鮮ですし、嬉しい内容ですね。そして、年末から年をまたいでツアーも決定していて。

MOCA
「前回のツアーで3人の距離が縮まったというか、演出じゃないところで絡んだり、自然とそういう変化がライヴの中に表れてきています。」

Rover
「そうだね。今回のツアーはホールツアーということで不安もありますが、振り返ると僕らも結構ライヴをやってきてるので楽しんでやれたらいいかなと思ってます。ファイナルの中野サンプラザが終わった時に、“少しは一人前になれたかな”って思えるように頑張ります!」

取材:田中隆信

アルバム『SING SING SING 5』

2017年10月4日発売
UNIVERSAL J



【初回限定盤(DVD付)】
UPCH-7356 ¥3,780(税込)




【通常盤】
UPCH-2137 ¥2,500(税込)

『“てっぺんとるぞ宣言”ツアー 2017-2018 〜超好感男と貴方〜』

12/29(金) 大阪・オリックス劇場
12/30(土) 大阪・オリックス劇場
[ 2018年 ]
1/08(月) 福岡・福岡市民会館
1/14(日) 愛知・愛知県芸術劇場大ホール
1/27(土) 東京・中野サンプラザ

ベリーグッドマン

ベリーグッドマン:Rover、MOCA、HiDEXによる大阪出身のヴォーカルユニット。2013年11月に結成し、14年4月にCDデビュー。16年3月にシングル「ありがとう〜旅立ちの声〜」でメジャーデビューを果たし、同年10月にはメジャー1stアルバム『SING SING SING 4』をリリース。今後さらに黄金トリニティーを築き、オンリーワンでナンバーワンを目指す!



【関連リンク】
【ベリーグッドマン】 5枚目にして“新たな挑戦”が多いアルバムになった
ベリーグッドマンまとめ
フレデリック、ツアー追加公演に新木場2デイズ開催 &「TOGENKYO」MV公開

【関連アーティスト】
ベリーグッドマン
【ジャンル】
J-POP, okmusic UP\'s vol.157, インタビュー













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1