歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年09月28日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
BUCK-TICK、『MTV VMAJ 2017』特別賞受賞&シングル「BABEL」アートワーク公開
Thu, 28 Sep 2017 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月27日に開催されたMTV主催の音楽アワード『MTV VMAJ 2017』で、BUCK-TICKが現在の日本のミュージックシーンにおいて多大な影響を与えた邦楽アーティストとして、特別賞“Inspiration Award Japan”を受賞! 会場では「ICONOCLASM」「New World」の2曲のライブを披露し、キャリアに裏付けられる圧巻のパフォーマンスで来場者を魅了したとのこと。パフォーマンス後には、9月27日より公開の新曲「BABEL」のSPOT映像がYouTubeでの急上昇に入り、再生回数が瞬時に2万回を超えたという。この模様はMTVにて放送の『MTV VMAJ 2017 -THE LIVE-』でオンエアされるので、ぜひチェックしてほしい。

さらに、11月15日にリリースする30周年を記念した第一弾シングル「BABEL」アートワークを発表! 併せてキャリア初のLINE公式アカウントもスタートすると、すでに登録者が7000人を超えたという。

モンスターバンドとしての存在感を大いに示し、30周年を迎え勢いを加速させているBUCK-TICK。10月21日からは埼玉公演を皮切りに、12月28日・29日の日本武道館2Days公演まで続く全国ツアー『THE DAY IN QUESTION 2017』がスタートする。まだまだ続くBUCK-TICKの精力的な活動に注目だ。

■MTV『MTV VMAJ 2017 -THE LIVE-』
10月1日(日)21時〜23時にオンエア

■BUCK-TICK公式LINEアカウント
ID:buck_tick

■シングル「BABEL」SPOT


https://youtu.be/Qmjx_Sqb_qQシングル「BABEL」

2017年11月15日発売



【完全生産限定盤A】(SHM-CD+Blu-ray)
VIZL-1261/¥2,380+税
■CD
1.BABEL
2.Moon さよならを教えて (Takkyu Ishino Remix)
■Blu-ray
「BABEL」 MUSIC VIDEO

【完全生産限定盤B】(SHM-CD+DVD)
VIZL-1262/¥1,880+税

※スペシャルパッケージ仕様
※プレイパス対応 [ダウンロード期限2018年11月30日]
※オーディオディスクにはSHM-CDを採用




【通常盤】(SHM-CD)
VICL-79002/?1,000+税
<収録曲>
1.BABEL
2.Moon さよならを教えて (Takkyu Ishino Remix)

『THE DAY IN QUESTION 2017』

10月21日(土) 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
10月29日(日) 神奈川・川崎市スポーツ・文化総合センター
11月04日(土) 石川・本多の森ホール
11月11日(土) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
11月12日(日) 京都・ロームシアター京都(京都会館) メインホール
11月18日(土) 栃木・栃木県総合文化センター メインホール
11月23日(木・祝) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21
11月26日(日) 北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
12月02日(土) 大阪・オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館) 
12月03日(日) 大阪・オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
12月07日(木) 愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール(旧:名古屋市民会館) 
12月08日(金) 香川・サンポートホール高松 大ホール
12月10日(日) 広島・広島上野学園ホール
12月16日(土) 熊本・熊本県立劇場 演劇ホール
12月17日(日) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
12月23日(土・祝) 群馬・高崎アリーナ
12月28日(木) 東京・日本武道館
12月29日(金) 東京・日本武道館



【関連リンク】
BUCK-TICK、『MTV VMAJ 2017』特別賞受賞 &シングル「BABEL」アートワーク公開
BUCK-TICKまとめ
米津玄師、アルバム『BOOTLEG』の 最速先行試聴会に抽選で1,500名を招待

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, シングル

米津玄師、アルバム『BOOTLEG』の最速先行試聴会に抽選で1,500名を招待
Thu, 28 Sep 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月1日にリリースとなる米津玄師のアルバム『BOOTLEG』の全曲最速先行試聴会の開催が決定! 試聴会は発売に3週間先駆けた10月10日に東京国際フォーラム ホールCにて開催され、抽選で1,500名を招待。

アルバム『BOOTLEG』の全貌を一夜限りで体感できるプレミアムイベント。すでにトラックリストについては公開されていたが、“(+?)”と表記されていた内容については、イベント内にてお披露目となるとのこと。応募受付期間は10月1日までなので、ぜひ早めにチェックしてほしい。

■米津玄師『BOOTLEG』プレミアム全曲先行視聴会

10月10日(火) 東京国際フォーラム ホールC
19:00〜20:30(予定)

<応募方法>
応募期間:9月28日(木)18:00〜10月1日(日)23:59まで
・特設サイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/kenshiyonezu/bootleg/

アルバム『BOOTLEG』

2017年11月1日発売



【ブート盤(初回限定)】(CD+12inchアナログ盤ジャケット+アートイラスト+ポスター+ダミーレコード)
SRCL-9567〜9568/¥4,500+税
【映像盤(初回限定)】(CD+DVD)
SRCL-9569〜9570/¥3,700+税
【初回仕様限定/通常盤】(CD)
SRCL-9571/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.飛燕
02.LOSER
03.ピースサイン
04.砂の惑星(+初音ミク)
05.orion
06.かいじゅうのマーチ
07.Moonlight
08.春雷
09.fogbound(+?)
10.ナンバーナイン
11.???
12.Nighthawks
13.打上花火
14.灰色と青(+?)
■DVD  ※映像盤のみ
1.LOSER Music Video
2.orion Music Video
3.ピースサイン Music Video
4.ゆめくいしょうじょ Music Video

◎全形態共通・初回封入
・『米津玄師 2018 LIVE/Fogbound』チケット最速先行抽選応募券
・『米津玄師 2017 TOUR/Fogbound』(12月開催公演のみ)チケット応募券
応募期間:10月31日(火)12:00〜11月5日(日)23:59
※初回生産分のみ封入、なくなり次第終了。

【ライヴ情報】

『米津玄師 2017 TOUR/Fogbound』
11月01日(水) 大阪・フェスティバルホール
11月02日(木) 大阪・フェスティバルホール
11月04日(土) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
11月05日(日) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
11月08日(水) 埼玉・大宮ソニックシティ
11月09日(木) 埼玉・大宮ソニックシティ
11月18日(土) 徳島・鳴門市文化会館
11月19日(日) 愛媛・松山市民会館
11月23日(木・祝) 福岡・福岡サンパレス
11月24日(金) 福岡・福岡サンパレス
11月26日(日) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール第一
11月29日(水) 新潟・新潟県民会館
12月01日(金) 北海道・ニトリ文化ホール
12月07日(木) 宮城・仙台サンプラザホール
12月09日(土) 福島・ 郡山市民文化センター 大ホール
12月14日(木) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
12月16日(土) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
12月17日(日) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
12月23日(土・祝) 岡山・岡山市民会館
12月24日(日) 広島・上野学園ホール

『米津玄師 2018 LIVE/Fogbound』
1月09日(火) 東京・日本武道館
1月10日(水) 東京・日本武道館



【関連リンク】
米津玄師、アルバム『BOOTLEG』の 最速先行試聴会に抽選で1,500名を招待
米津玄師まとめ
avex×WACK新グループEMPiRE、 ついに全メンバーの素顔を公開!

【関連アーティスト】
米津玄師
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム

avex×WACK新グループEMPiRE、ついに全メンバーの素顔を公開!
Thu, 28 Sep 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

avexとWACKの共同プロジェクト「Project aW」から誕生した新グループ、EMPiRE(エンパイア)の全メンバーが、遂に覆面を脱ぎ素顔を公開した。

EMPiREは8月23日にZEPP TOKYOで開催されたBiSHのフリーライブ『TOKYO BiSH SHiNE3』にて、眼元以外を隠した覆面の衣装でデビュー。当初は“10,000フォロワーで顔の公開”という条件の元で活動が始まった彼女たちだったが、謎のフォロワーの買収によりYUiNA EMPiREのフォロワー数が急激に増加。フォロワーが15,000人に達した時点でYUiNA EMPiREの顔出しが解禁されたが、明らかな不正と思われたため他メンバーの顔出しに関してはWACKとエイベックスの判断で行なわれるという告知がされ、素顔の公開は宙に浮いた状態となっていた。

今までのWACK所属グループと異なる“スクールカースト上位”などと言われていたEMPiREから、さらに来週にも発表があるとのこと。謎のベールを脱いだ彼女たちが巻き起す、今後の活動に注目してほしい。

『WACKのフェス。』

12月08日(金)  東京・ZEPP DIVER CITY
Open17:30/Start18:30
出演:BiS、BiSH、GANG PARADE、EMPiRE and more
<チケット>
料金:¥4,800(税込)
・一般発売日
10月7日(土)10:00〜



【関連リンク】
avex×WACK新グループEMPiRE、 ついに全メンバーの素顔を公開!
EMPiREまとめ
SUGIZO、ソロデビュー20周年アルバムの 豪華参加ヴォーカリスト第二弾発表

【関連アーティスト】
EMPiRE
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, 発表

SUGIZO、ソロデビュー20周年アルバムの豪華参加ヴォーカリスト第二弾発表
Thu, 28 Sep 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SUGIZOのソロデビュー20周年を記念したオリジナル・アルバム『ONENESS M』(11月29日発売)の参加ヴォーカリスト第二弾発表として、5名のヴォーカリストと作詞で1名の参加が発表された。

様々な音楽ジャンルを代表するヴォーカリストをゲストに迎えたフィーチャリングアルバムの第二弾発表の参加ヴォーカリストは、旧知の仲である清春、SUGIZOが敬愛してやまない「DEAD END」のMORRIE、親しい後輩である「DIR EN GREY / sukekiyo」の京、そして心の同志「BRAHMAN」のTOSHI-LOW。さらに「[Alexandros]」の川上洋平が参加し、川上が参加する楽曲の歌詞は「GLAY」のTAKUROが手がけることも発表となった。 なお、先日発表された参加ヴォーカリスト第一弾発表の5名は、RYUICHI、Toshl、TERU、辻 仁成、K Dub Shine。

また、合わせてSUGIZOの新しいアーティスト写真も公開となり、この新アーティスト写真を含めて今回新たに撮影した写真の数々は、初回限定盤のPhoto Book(約100P)に収められる。

10月25日にはアルバムリイシュー2作品が、ロンドンのメトロポリススタジオにて新たにリマスターされて発売される。その1枚は、1997年にリリースされた1stアルバム『TRUTH?』、もう1枚は同年にリリースされたRemix盤3部作から選りすぐりのトラックをコンパイルした『REPLICANTS』。『REPLICANTS』には、未発表曲「ABSTRACT BEAUTY」(REMIX BY DJ Vadim)、「THE SENSUAL KANON」(REMIX BY KISS OF LIFE)の2曲が収録される。

アルバム 『ONENESS M』

2017年11月29日発売



【初回限定盤】(2CD(SHM-CD)+Photo Book+三方背ケース)
UICZ-9099/?10,800(税込)
※CD1:フィーチャリング・ヴォーカル・アルバム
※CD2:CD1のヴォーカルレス・インスト・アルバム
※Photo Book:撮り下ろし写真集+ライナーノーツで約100P
※プレイパス(R)対応

【通常盤】(CD)
UICZ-4411/?3,240(税込)
※CD(SHM-CD):フィーチャリング・ヴォーカル・アルバム
※プレイパス(R)対応

アルバム『TRUTH?』

2017年10月25日発売



UPCY-7360/?2,700(税込)
※ブックレット再編集
※プレイパス(R)対応

アルバム『REPLICANTS』

2017年10月25日発売



UPCY-7361/?2,700(税込)
※未発表曲2曲収録
※既発売トラック11曲+ニュートラック2曲を加えて新編集し、ブックレットも再構築
※プレイパス(R)対応



【関連リンク】
SUGIZO、ソロデビュー20周年アルバムの 豪華参加ヴォーカリスト第二弾発表
SUGIZOまとめ
My Hair is Bad、ニューアルバム『mothers』 トラックリストを公開

【関連アーティスト】
SUGIZO
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, アルバム

My Hair is Bad、ニューアルバム『mothers』トラックリストを公開
Thu, 28 Sep 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

My Hair is Badが11月22日(水)に発売する自身3作目のフルアルバムのタイトルが『mothers』に決まったことが発表された。併せて「運命」「幻」を含む全13 曲のトラックリストも公開となった。

約1年前に発売されたオリジナルアルバム『woman\'s』に連なるかのようにタイトルが『mothers』であること、また、「元彼女として」や「復讐」といった収録曲タイトルなど、ファンならば気になる要素ばかりだが、詳細が明らかになるにはもう少し待つ必要がありそうだ。なお、本作にはCDのみの通常盤のほかに、紙ジャケット仕様、そして「ハイパーホームランツアー」の一環として5月4日に行なった日比谷野外音楽堂でのライブ映像を収録したDVDが付属する初回限定盤も用意されるので、ファンならば必ずおさえておきたいところ。

9月27日に全箇所ソールドアウトの2マンツアー『ミラクルホームランツアー』の最終公演を大阪・なんばHatchで終えたばかりだが、10月7日(土) のZepp Osaka Baysideより始まる、Zeppとライブハウスとの組み合わせによるワンマンツアー『ウルトラホームランツアー』へと間髪入れずに突入していく。このチケットも全公演即日完売で、アルバムへ向けての期待感にますます拍車がかかることになりそうだ。

アルバム『mothers』

2017年11月22日(水)発売



【初回限定盤】 (CD+DVD)
UPCH-2927/?4,200+税
※紙ジャケット仕様
※2017年5月4日日比谷野外音楽堂ワンマンライブ映像DVD
(ハイパーホームランツアー)
【通常盤】 (CD)    
UPCH-20464/?2,800+税

<収録曲>
1.復讐
2.熱狂を終え
3.運命
4.関白宣言
5.いつか結婚しても
6.元彼女として
7.僕の事情
8.噂
9.燃える偉人たち
10.こっちみてきいて
11.永遠の夏休み
12.幻
13.シャトルに乗って



【関連リンク】
My Hair is Bad、ニューアルバム『mothers』 トラックリストを公開
My Hair is Badまとめ
SWEEP、新曲「if…」を配信リリース &渋谷VUENOSの19周年イベントを主催

【関連アーティスト】
My Hair is Bad
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム

SWEEP、新曲「if…」を配信リリース&渋谷VUENOSの19周年イベントを主催
Thu, 28 Sep 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SWEEPの新曲「if...」がiTunes、レコチョクなど各配信サイトにて9月27日にリリースされた。

夏の終わりであるこの季節に相応しい、哀愁漂う美しいメロディーチューンに仕上がっているとのこと。MVも公開しており、テレビ朝日で放送中のTV番組『秘湯ロマン』にレギュラー出演している女優・梨木まいがセクシーな水着姿で出演している。

また、10月6日にはライブハウス・VUENOSの19周年を祝したSWEEP主催のレギュラーイベント『GOOD VIBES』を開催! 実力派のシンガーが集結し、生バンドで名曲の数々をカバーする一夜限りのスペシャルな内容となっているので、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

■「if...」MV


https://youtu.be/o8g-j5no-tI配信楽曲「if…」

2017年9月27日公開



¥250(税込)
・iTunes Stores
https://itunes.apple.com/jp/album/if-single/id1278790162
・レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1005709133/?ds=A1008454289

『VUENOS 19th Anniversary”GOOD VIBES”』

10月 6日(金) 東京・VUENOS
OPEN 17:30 START 18:00
<出演>
・HOST&Produce
SWEEP with GV BAND
・GV Singers
AIECOINA/青野紗穂/KAIKI/kyte/草ケ谷遥海/KODAI(X4)/スズキ/未来/Lydia
※この日は全出演者カバー曲のみの披露となります。あらかじめご了承ください。
<チケット>
前売券¥3500
9月20日(水)12:00〜販売開始
・イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002239097P0030001



【関連リンク】
SWEEP、新曲「if…」を配信リリース &渋谷VUENOSの19周年イベントを主催
Sweepまとめ
中村千尋、ニューアルバムのジャケットは『やれたかも委員会』作者の完全描き下ろし

【関連アーティスト】
Sweep
【ジャンル】
J-POP, ニュース, R&B, 音楽配信

中村千尋、ニューアルバムのジャケットは『やれたかも委員会』作者の完全描き下ろし
Thu, 28 Sep 2017 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

中村千尋が11月8日にリリースする3枚目のミニアルバム『女の袋とじ』のキービジュアルと、アーティスト写真が発表された。今作のジャケットは、リアルで生々しいエピソードが読者の共感を呼び、瞬く間にネットで拡散されて話題となった漫画『やれたかも委員会』の作者・吉田貴司による完全描き下ろし。表ジャケットは生活感あふれる部屋で女性が一人寂しく足の爪を切っているという、ミニアルバムに収録される楽曲に登場する女性達のホンネが垣間見えるようなビジュアルだ。リアジャケットは、『やれたかも委員会』のパロディーとなっており、中村千尋本人も吉田貴司テイストで登場するとのことなので、ぜひ手に取って確認してほしい。

今作は「カサネテク」を企画したCMプランナー・関俊洋と中村千尋が再びタッグを組み、“普段見せることのない女性たちのホンネ”を描くことをコンセプトにした作品。歌詞を関俊洋、中村千尋で共作した楽曲「潮時チェッカー」「失恋の神さま」など、女子の“あるある”を徹底的に追求した内容となっているとのこと。CMソングのブレイクを経て、シンガーソングライターとして確実なステップアップを果たした中村千尋にぜひ注目してほしい。

ミニアルバム『女の袋とじ』

2017年11月8日発売



NCRO-0001/¥1,500+税
<収録曲>
1. 失恋の神さま
2. 潮時チェッカー
3. A子さんとBくん
4. あたしにおっぱいがあったなら
5. カサネテク
6. あたしなんて



【関連リンク】
中村千尋、ニューアルバムのジャケットは『やれたかも委員会』作者の完全描き下ろし
中村千尋まとめ
9mm Parabellum Bullet 菅原卓郎、 メインMCによるLINE LIVE番組がスタート!

【関連アーティスト】
中村千尋
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, リリース, ミニアルバム

9mm Parabellum Bullet 菅原卓郎、メインMCによるLINE LIVE番組がスタート!
Thu, 28 Sep 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9mm Parabellum Bulletがこれまでスタジオライブやトーク番組などを行なってきたLINE LIVEにて、菅原卓郎(Vo&Gu)のメインMCによる9mmレギュラー配信番組『Waltz on LINE LIVE』が9月29日からスタート! 初回には中村和彦(Ba)、かみじょうちひろ(Dr)が登場し、生放送でお送りするとのこと。バンドの近況や10月からスタートする『9mm Parabellum Bullet TOUR 2017 "BABEL on Life Line" 』についての公開ミーテイングを予定しているので、ぜひチェックしてほしい。

■LINE LIVE 9mmレギュラー配信『Waltz on LINE LIVE』

・配信日時
2017年9月29日(金)21:00〜
・出演
9mm Parabellum Bullet
・配信チャンネル
LIVEミュージック(@linelive_music)
https://live.line.me/channels/73/upcoming/5386432

『9mm Parabellum Bullet TOUR 2017 "BABEL on Life Line" 』

10月12日(木) 京都・磔磔 ※SOLD OUT
10月13日(金) 三重・松阪M\'AXA ※SOLD OUT
10月20日(金) 山形・酒田MUSIC FACTORY ※SOLD OUT
10月22日(日) 青森・Quarter
10月27日(金) 富山・MAIRO
10月28日(土) 長野・CLUB JUNKBOX
11月03日(金・祝) 東京・Zepp Tokyo
<チケット>
・京都〜長野公演 前売¥3,800(税込/Drink代別)
・東京公演 前売¥4,300(税込/Drink 代別)



【関連リンク】
9mm Parabellum Bullet 菅原卓郎、 メインMCによるLINE LIVE番組がスタート!
9mm Parabellum Bulletまとめ
家入レオ、大原櫻子、藤原さくら、配信楽曲「恋のはじまり」がチャート1位を記録&REC映像の公開も

【関連アーティスト】
9mm Parabellum Bullet
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, ツアー

家入レオ、大原櫻子、藤原さくら、配信楽曲「恋のはじまり」がチャート1位を記録&REC映像の公開も
Thu, 28 Sep 2017 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月27日にリリースした家入レオ、大原櫻子、藤原さくらによる配信限定シングル「恋のはじまり」が、発売初日にしてiTunes 、レコチョク、moraなどの主要配信サイトのチャートで1位を記録! SNSでは、ビクター仲良し3人娘の快挙に「嬉しすぎる!」などと祝福の声が続出した。

同楽曲はビクターエンタテインメント所属のレーベルメイトである3人が、2017年3月12日にパシフィコ横浜にて開催した『ビクターロック祭り 番外編 IchigoIchie Join 6 家入レオ×大原櫻子×藤原さくら』にてサプライズで披露した楽曲で、家入レオが2人を想って作詞・作曲したものとのこと。3人が10月8日大阪城ホールにて開催する『ビクターロック祭り2017大阪×MBS音祭〜supported by uP!!!』で再び集うこととなり、好評を博した同楽曲を約7ヶ月のときを経て音源化し、配信限定でリリースことに至ったという。イベント当日は「恋のはじまり」も披露される予定とのことなので、ぜひ足を運んでほしい。

さらに、9月28日18:00からLINE LIVEビクター公式チャンネルで生放送されるビクター音楽情報番組『6時のラジオ』にて、「恋のはじまり」のレコーディング映像を紹介! WEB初公開となる貴重な映像なので、要チェック!

■「恋のはじまり」特設サイト
http://www.jvcmusic.co.jp/koinohajimari/

配信楽曲「恋のはじまり」

2017年9月27日配信開始



・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1281857547?app=itunes&ls=1
・レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1005759864/
・mora
http://mora.jp/package/43000005/VE3WA-17981/

※ダウンロードすると抽選でオリジナルグッズが当たるキャンペーンに応募できます!
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Information/A023686.html

『ビクターロック祭り2017大阪×MBS音祭〜supported by uP!!!』

10月8日(日) 大阪城ホール
14:00開場 / 15:00開演
出演(50音順) :家入レオ、大原櫻子、竹原ピストル、藤原さくら、LOVE PSYCHEDELICO(Premium Acoustic Set) 

<チケット情報>
一般発売:9月16日(土) AM10 :00〜
■チケットぴあ
・初日特電:0570-02-9580(9/16 10:00〜18:00)
・通常電話:0570-02-9999(9/16 10:00〜)※Pコード:340-275
・http://w.pia.jp/t/jvc-mbs/
■店舗:ぴあ店舗、セブン‐イレブン、サークルK・サンクス
■ローソンチケット
・初日特電:0570-084-691(9/16 10:00〜18 : 00)
・通常電話:0570-084-005(9/16 18:00〜)※Lコード:57491
http://l-tike.com/jvc-mbs
■店舗:ローソン店舗、ミニストップ
■CNプレイガイド
・初日特電:0570-08-9904(9/16 10:00〜18:00)
・通常電話:0570-08-9999(9/16 18:00〜)
http://www.cnplayguide.com
■店舗:ファミリーマート店舗
■イープラス http://eplus.jp/vrmmbs
■楽天チケット http://r-t.jp/victorrock
■Yahoo !チケット http://r.y-tickets.jp/rockmatsuri-osaka2017

※受付席種:指定席 7,020円
※枚数制限:4枚



【関連リンク】
家入レオ、大原櫻子、藤原さくら、配信楽曲「恋のはじまり」がチャート1位を記録&REC映像の公開も
家入レオまとめ
大原櫻子まとめ
藤原さくらまとめ
レオン・ラッセル、遺作で見せた心からの叫び

【関連アーティスト】
家入レオ, 大原櫻子, 藤原さくら
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボレーション, コラボ, 音楽配信

レオン・ラッセル、遺作で見せた心からの叫び
Thu, 28 Sep 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2016年11月13日に亡くなったレオン・ラッセルの最後のアルバム『ラスト・レコーディング〜彼方の岸辺で』が9月27日発売された。今作は彼が生前最後に録音した曲の数々を収録。2016年、心臓手術から回復しつつある中で、レオン・ラッセルは今作の制作を通して、新しい成功を手応えとして得ることができた。

彼が新たな活動のきっかけを得ることになったのは2010年、エルトン・ジョンとのコラボ作『ザ・ユニオン』のおかげで、これによってレオンは再び脚光を浴び、大規模なツアーと新作を録音する機会に恵まれる。

レオン・ラッセルの妻のジャン・ブリッジズは、“彼のやりたい事が活かされた最後のレコーディングだった。『ラスト・レコーディング〜彼方の岸辺で』は、レナード・コーエンの遺作となってしまった『ユー・ウォント・イット・ダーカー』と通じるものがある”と語る。

オープニングを飾る「オン・ア・ディスタント・ショア」では、《誰かの葬儀が/ここで始まろうとしている》と、レオン・ラッセルは彼の特徴ある声を震わせながら歌う。そして、《僕の番なのかも知れない》と……。一方、彼の娘であるシュガリー、ノエル、ココの3人は、この曲でDio Do Waddy Waddyとバックヴォーカルに参加し、流麗な演奏はその歌詞《バイオリンの調べが聞こえる/こうして物語は終わるのか/そして僕は彼岸で途方に暮れている》を彩る。こうして、感動的な名作は幕を開けていく。

今作はレオン・ラッセルが偉大なるアメリカンジャズやポップスタンダードからインスピレーションを受けた作品で、レオン自身の名曲中の名曲3曲「マスカレード」「ハミングバード」「ア・ソング・フォー・ユー」もラリー・ホールのオーケストラアレンジで再び収録。ほかには、ブルージーな「ブラック・アンド・ブルー」、壮大な「オン・ザ・ウォーターフロント」、まるでかつての友人ジョー・コッカーが歌っているような「ラヴ・ディス・ウェイ」などが聴ける。これらの曲がいつしかスタンダードになるか、いつまでもお気に入りの歌になるか。いずれにせよレオン・ラッセルは、この『ラスト・レコーディング〜彼方の岸辺で』を前にして誇らしげに笑うだろう。

“レオンはずっとスタンダード・ナンバーを書きたいと思っていた”とジャンは付け加える。“ああいう音楽こそが重要だと彼は思っていた。多くの歌が消えていく中で、スタンダードはいつまでも生き続けると”。

自身も時代を超える音楽とは無縁でないレオン・ラッセルだが、1960年代にフランク・シナトラ、ローリング・ストーンズやビーチ・ボーイズらのアルバムにピアノで参加し、優秀なスタジオミュージシャンとしてまず注目を浴びる。70年代には、自身のレーベル、シェルター・レコーズを立ち上げ、ソロとしての活動を始める。野性味あふれる長髪と、獰猛とも言える仕事への姿勢で、ラッセルは20世紀以降独自の道を邁進してきた。ジョージ・ハリスン主催の『バングラディッシュ・コンサート』にも出演。ゴールドディスク認定アルバムを次々と発表していった。

“レオンは不器用なロマンチストだったわ。心の優しい人”――妻のジャンは説明する。

“私からすると、彼はずっと、親しい人たち以外からは謎めいた存在だった。でも、このアルバムは、自分の感情を見せるチャンスだったの。「ジャスト・リーヴズ・アンド・グラス」という曲では彼の心からの叫びを聞くことができる。あれはウソじゃない。彼は感情的な人で、ライヴではそれを見せていた。『ラスト・レコーディング〜彼方の岸辺で』はそんな彼の肖像よ。正確な肖像”。

アルバム『ラスト・レコーディング〜彼方の岸辺で』

発売中



SICX-93/¥2,400+税
※デラックス版
※解説・歌詞・対訳付き
※デジパック仕様
<収録曲>
01.オン・ア・ディスタント・ショア
02.ザ・ナイト・ウィ・フェル・イン・ラヴ
03.ラヴ・ディス・ウェイ
04.ヒア・ウィズアウト・ユー
05.インサイド・ザ・ナイト
06.マスカレード
07.ブラック・アンド・ブルー
08.スイート・ヴァレンタイン
09.ジャスト・リーヴズ・アンド・グラス
10.ラヴ・オブ・マイ・ライフ
11.オン・ザ・ウォーターフロント
12.イージー・トゥ・ラヴ
13.ハミングバード
14.ザ・ワン・アイ・ラヴ・イズ・ロング
15.ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー・フロム・ヒア
16.ア・ソング・フォー・ユー

■特別サイト
http://www.110107.com/Leon_Russell



【関連リンク】
レオン・ラッセル、遺作で見せた心からの叫び
Leon Russellまとめ
GLAY、楽曲「聖者のいない町」が ドラマ『マクガイバー』のエンディング曲に決定

【関連アーティスト】
Leon Russell
【ジャンル】
洋楽, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, アルバム, 発表, リリース, 発売, ポップス

GLAY、楽曲「聖者のいない町」がドラマ『マクガイバー』のエンディング曲に決定
Thu, 28 Sep 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月12日に発売し、オリコン1位を獲得したアルバム『SUMMERDELICS』に収録されている楽曲「聖者のいない町」が、全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ)開局5周年記念で放送される、80年代に人気を博した大ヒットドラマ『冒険野郎マクガイバー』のリブート版『マクガイバー』のエンディング
曲に決定! 同楽曲はDlifeの10月新ドラマのエンディング曲に決定したことは発表されていたが、今回正式に『マクガイバー』のエンディングであることが明らかになったとのこと。

『マクガイバー』は、主人公が独創的発想と創意工夫でさまざまな危機を乗り越えていくという、知識と機転が勝負のミッション連発なドラマとなっている。TERU(Vo)が持つ声の力強さを感じられる壮大なロックゴスペルナンバーの「聖者のいない町」は、まさにGLAYの新しいロックの形をつきつめた楽曲であり、銃器に頼らず様々な科学の知識で対抗していく、新しいアクションドラマ『マクガイバー』にぴったりの曲になっているので、ぜひ注目してほしい。

■【TAKURO(Gu) コメント】

「この度、『マクガイバー』のエンディング曲に決定した「聖者のいない町」は、GLAYの持っているプログレッシブ・ロックな部分を強く押し出した曲です。展開が複雑で、バラードの部分もあり、激しくかわる部分もあり、ライブで演奏するのがとっても楽しみな曲です。また、僕らもデビューして20年以上たちますけれども、長くやってきたからこそ見える風景がたくさんあります。同じエンターテイメントとして、今後も一生懸命やっていきますので、応援していただければ嬉しいです。Dlifeも5周年ということで、以前もGLAYの曲を起用してくださったりして、すごく深い繋がりを感じています。今後とも素晴らしいエンターテイメントを、皆さんに見せつづけていきましょう! 僕らも頑張ります! 『マクガイバー』、Dlifeでお楽しみに!」

アルバム『SUMMERDELICS』

2017年7月12日発売



【CD only盤】
PCCN-00028/¥3,000+税
【CD+2DVD盤】
PCCN-00027/¥5,000+税
【5CD+3Blu-ray+グッズ 盤 (G-DIRECT限定Special Edition)】
LSGC-0002/¥22,963+税
豪華BOX仕様
※GLAY Official Store G-DIRECT(https://gdirect.jp/store/)での販売となります
<収録曲>
■CD
1.シン・ゾンビ
2.微熱?girlサマー
3.XYZ
4.超音速デスティニー
5.ロングラン
6.the other end of the globe
7.デストピア
8.HEROES
9.SUMMERDELICS
10.空が青空であるために
11.Scoop
12.聖者のいない町
13.Supernova Express 2017
14.lifetime
■DVD
Single Track Only Live @函館アリーナ(ライヴ全曲収録)

ドラマ『マクガイバー』

10月7日(土)無料初放送スタート
毎週土曜21:00〜22:00  
※再放送:毎週土曜13:00〜14:00/(字)毎週土曜26:47〜27:32
■第1話『新たなる旅立ち』ストーリー    
秘密組織で働くエージェントのマクガイバーは、軍事経験もある元CIAエージェントのジャックと分析官で恋人のニッキともに、上司パトリシア・ソーントンの指示のもと、ある金庫室への潜入を試みていた。生物兵器と見られる容器の回収任務はなんとか成功するが、突如謎の男に邪魔され、マクガイバーとニッキは撃たれてしまう。それから3カ月後、マクガイバーはニッキを亡くして傷つきながらも、奪われた生物兵器を回収すべく、任務に復帰する。
■キャスト
アンガス・マクガイバー:ルーカス・ティル/宮野真守
ジャック・ダルトン:ジョージ・イーズ/土田大

【ライブ情報】

■『GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”』
9月30日(土) 大阪城ホール
10月01日(日) 大阪城ホール
10月07日(土) セキスイハイムスーパーアリーナ
10月08日(日) セキスイハイムスーパーアリーナ
10月21日(土) 広島グリーンアリーナ
10月22日(日) 広島グリーンアリーナ
10月25日(水) 日本武道館
10月27日(金) 日本武道館
10月28日(土) 日本武道館
11月03日(金・祝) 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
11月04日(土) 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
11月11日(土) 横浜アリーナ
11月12日(日) 横浜アリーナ
11月15日(水) 大阪城ホール
11月16日(木) 大阪城ホール
11月25日(土) マリンメッセ福岡
11月26日(日) マリンメッセ福岡
12月09日(土) さいたまスーパーアリーナ
12月10日(日) さいたまスーパーアリーナ
12月16日(土) 日本ガイシホール
12月17日(日) 日本ガイシホール
※2018年3月台湾・台北アリーナの詳細は後日発表いたします。

■追加公演『GLAY ARENA TOUR 2017 “HAKODATE WINTERDELICS”』
12月23日(土・祝) 函館アリーナ
12月24日(日) 函館アリーナ

■『GLAY HALL TOUR 2017 “AUTUMNDELICS”』
10月11日(水) とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)
11月20日(月) なら100年会館
12月05日(火) 三重県文化会館大ホール

■『GLAY TERU Produce "HALLOWEENDELICS" SPECIAL NIGHT』
10月31日(火) 東京・Zepp DiverCity
出演:TERU(GLAY)、SPYAIR、GREMLINS、DJ Mass MAD Izm*、HALU、持山翔子

■『GLAY TAKURO Solo Project 2nd Tour “Journey without a map 2017"』
11月21日(火) 大阪・Zepp Namba
11月30日(木) 新潟・新潟LOTS
12月11日(月) 東京・Zepp Tokyo
12月18日(月) 愛知・Zepp Nagoya
12月21日(木) 北海道・函館・金森ホール
12月27日(水) 神奈川・Motion Blue yokohama ※2部編成
12月28日(木) 神奈川・Motion Blue yokohama ※2部編成



【関連リンク】
GLAY、楽曲「聖者のいない町」が ドラマ『マクガイバー』のエンディング曲に決定
GLAYまとめ
『未確認フェスティバル2017』ファイナリストの 注目5ピースバンド、FAITHが全国デビュー!

【関連アーティスト】
GLAY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, TVドラマ, エンディング

『未確認フェスティバル2017』ファイナリストの注目5ピースバンド、FAITHが全国デビュー!
Thu, 28 Sep 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

長野県伊那市発、『未確認フェスティバル2017』ファイナリストの5ピースバンド、FAITHが11月15日に1stミニアルバム『2×3 BORDER』を全国リリースすることを発表した。

今作は8月26日に彼らのホームである伊那GRAMHOUSEで行なった初自主企画『Time Leap vol.1』に合わせてライヴ会場限定で発売となったミニアルバムが予想を超える反響だったため、全国盤として装いを新たにリリースされることが決定したとのこと。このたび、メンバーの自然体な雰囲気が印象深い新装ジャケットとアーティスト写真も公開された。なお、同作の収録曲より、リリックビデオ公開中の「Summer」の先行配信がスタートしている。

FAITHは平均年齢17歳。ドリチュラーあかり(Vo)、コバヤシレイ(Gu&Vo)、ヤジマレイ(Gu&Vo)、荒井藤子(Ba)、メランソンルカ(Dr)の5人からなり、別々の高校に通うメンバーが伊那GRAMHOUSEに集まり、2015年に結成された。メンバーのうち、3名が日米のハーフだという。

長野在住で活動する彼らは地元でライヴ活動を始めると、まったくの無名にも関わらず、その高校生らしからぬパフォーマンスのパワーにじわじわ噂が広がり、今夏開催の10代限定夏フェス『未確認フェスティバル2017』ではエントリー総数3199組の中からファイナリストに抜擢されるなど、耳の早いリスナーや10代を中心に注目度が高まっている。

ドリチュラーあかりの瑞々しく伸びやかな歌声と、英詞ながらも耳に残るワードセンス、海外のルーツを感じさせるポップでエヴァ―グリーンな本格派のサウンドをぜひ体感してみてほしい。各CDショップでは予約もスタートされているので、チェックしてみよう!

■「Summer」先行配信
【ストリーミング】
・LINE MUSIC
https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000014c33b9&cc=JP
・Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/id1287389060?app=apple
・Spotify
http://open.spotify.com/album/7K5Hif4F8vG0pqLvTMQ26u
【ダウンロードサイト】
・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1287389060?app=itunes
・レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1005721996/

■「Summer」リリックビデオ


https://youtu.be/UB9T3-dPUWUミニアルバム『2×3 BORDER』

2017年11月15日発売



¥1,500(税込)
<収録曲>
01.Take me away from here
02.Bana Pla
03.distance
04.DON\'T FALL
05.Summer
06.September 7th
07.Kian



【関連リンク】
『未確認フェスティバル2017』ファイナリストの 注目5ピースバンド、FAITHが全国デビュー!
FAITHまとめ
乃木坂46、“若様軍団”注目の「失恋お掃除人」MV公開

【関連アーティスト】
FAITH
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, 発表, リリース, 発売, ミニアルバム, 配信, 音楽配信

乃木坂46、“若様軍団”注目の「失恋お掃除人」MV公開
Thu, 28 Sep 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月11日にリリースされる乃木坂46の19thシングル「いつかできるから今日できる」のカップリング収録曲「失恋お掃除人」のMVが公開となった。

9月上旬に千葉県で撮影されたこのMVは、事件の後処理が専門で、実際は捜査することがない、とある警察の部署にいる“若様軍団”の4名が、“国宝級の割り箸の危機を救うことができるのか!?”という、パロディー色全開の内容に仕上がっている。

タイトル通り“掃除人”ということで、ダンスではほうきで掃除している姿を取り入れる徹底ぶり。また、若月佑美がイメージする若様軍団は“和風がテーマ”で、本人がMVで着ている衣装もこだわった一面だそう。

映画監督、CMディレクター、演出家として幅広く活躍し、乃木坂46では「白米様」「ブランコ」「意外BREAK」「ライブ神」など多数のMVを手掛ける伊藤衆人が監督として指揮を執ったこのMV。若月佑美が三期生の梅澤美波、阪口珠美、山下美月を従える、新たな派生軍団“若様軍団”の今後に注目したい。

■「失恋お掃除人」MV


https://youtu.be/rbC5P-F8oQcシングル「いつかできるから今日できる」

2017年10月11日発売



【初回仕様限定盤 Type-A】(CD+DVD)
SRCL-9572〜3/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
M1:「いつかできるから今日できる」
M2:「不眠症」
M3:「まあいいか?」
M4:「いつかできるから今日できる」〜off vocal ver.〜
M5:「不眠症」〜off vocal ver.〜
M6:「まあいいか?」〜off vocal ver.〜
■DVD
「いつかできるから今日できる」Music Video
「まあいいか?」Music Video
その他、特典映像収録(収録内容は後日発表致します。)

◎初回仕様限定(CD+DVD)盤 共通封入特典
(1)「全国握手会参加券orスペシャルプレゼント応募券」1枚
(2)「乃木坂46メンバー生写真(全45名・全180種のうち1枚ランダム封入)



【初回仕様限定盤 Type-B】(CD+DVD)
SRCL-9574〜5/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
M1:「いつかできるから今日できる」
M2:「不眠症」
M3:「失恋お掃除人」
M4:「いつかできるから今日できる」〜off vocal ver.〜
M5:「不眠症」〜off vocal ver.〜
M6:「失恋お掃除人」〜off vocal ver.〜
■DVD
「いつかできるから今日できる」Music Video
「失恋お掃除人」Music Video
その他、特典映像収録(収録内容は後日発表致します。)



【初回仕様限定盤 Type-C】(CD+DVD)
SRCL-9576〜7/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
M1:「いつかできるから今日できる」
M2:「不眠症」
M3:「My rule」
M4:「いつかできるから今日できる」〜off vocal ver.〜
M5:「不眠症」〜off vocal ver.〜
M6:「My rule」〜off vocal ver.〜
■DVD
「いつかできるから今日できる」Music Video
「My rule」Music Video
その他、特典映像収録(収録内容は後日発表致します。)



【初回仕様限定盤 Type-D】(CD+DVD)
SRCL-9578〜9/¥1,528+税
<収録曲>
■CD
M1:「いつかできるから今日できる」
M2:「不眠症」
M3:「僕の衝動」
M4:「いつかできるから今日できる」〜off vocal ver.〜
M5:「不眠症」〜off vocal ver.〜
M6:「僕の衝動」〜off vocal ver.〜
■DVD
「いつかできるから今日できる」Music Video
「僕の衝動」Music Video
その他、特典映像収録(収録内容は後日発表致します。)



【通常盤】(CDのみ)
SRCL-9580/¥972+税
<収録曲>
M1:「いつかできるから今日できる」
M2:「不眠症」
M3:「新しい花粉 〜ミュージカル「見知らぬ世界」より〜」
M4:「いつかできるから今日できる」〜off vocal ver.〜
M5:「不眠症」〜off vocal ver.〜
M6:「新しい花粉 〜ミュージカル「見知らぬ世界」より〜」〜off vocal ver.〜



【関連リンク】
乃木坂46、“若様軍団”注目の「失恋お掃除人」MV公開
乃木坂46まとめ
BURNOUT SYNDROMES、読書の秋にブックトーク &ミニLive開催決定

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, ユニット, グループ, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス

BURNOUT SYNDROMES、読書の秋にブックトーク&ミニLive開催決定
Thu, 28 Sep 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

関西出身の“青春文學ロックバンド”BURNOUT SYNDROMESが、10月15日(日)に枚方 蔦屋書店でブックトーク&ミニライヴを開催することが決定した。

2016年リリースのフルアルバム『檸檬』のタイトルも梶井基次郎の小説から影響を受けているなど、多くの楽曲に本や小説からインスピレーションがあるBURNOUT SYNDROMES。言葉や本、小説を大切にしているバンドということで、今回のイベントが実現した。枚方 蔦屋書店でアーティストが本について語るイベントは初めてのこと。アコースティック形式のミニライヴもあるので、ぜひイベントに足を運んでみてほしい。

■イベント詳細
http://real.tsite.jp/hirakata/event/2017/09/burnout-syndromeslive.html

配信限定シングル「ハイスコアガール」

発売中



¥250(税込)

■iTunes予約
https://itunes.apple.com/jp/album/id1272056470?at=10lpgB&ct=4547366329339_al&app=itunes



【関連リンク】
BURNOUT SYNDROMES、読書の秋にブックトーク &ミニLive開催決定
BURNOUT SYNDROMESまとめ
桐嶋ノドカ×小林武史×ryo(supercell) 新プロジェクト第1弾シングル、ティザー動画公開

【関連アーティスト】
BURNOUT SYNDROMES
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, シングル, 配信, ライブ

桐嶋ノドカ×小林武史×ryo(supercell)新プロジェクト第1弾シングル、ティザー動画公開
Thu, 28 Sep 2017 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

OORONG MANAGEMENT所属のシンガーソングライター、桐嶋ノドカがニューシングル「言葉にしたくてできない言葉を」を11月22日にリリースすることが決定した。

このシングルは音楽プロデューサーの小林武史とryo(supercell)がタッグを組んで彼女をプロデュースする新プロジェクトの第1弾シングルで、自身が初主演を務める映画『爪先の宇宙』の主題歌と挿入歌、自ら作詞を手がけた楽曲なども収録される。また、新曲の制作風景を収めたティザー動画も公開となった。

■映画『爪先の宇宙』公式HP
http://www.comico.jp/articleList.nhn?titleNo=6832
(c)「爪先の宇宙」製作委員会・manni/comico
(c)manni/comico

■【桐嶋ノドカ コメント】

「これまでにない濃密なやりとりの中で生まれた大切な楽曲達です。いい歌って何だ?という根本的な問いに真摯に、自由に、向き合って作りました。結果、三者三様の音楽に対する意地の様なものを、ひとつの作品に込めることが出来たと思います。早く皆さんに聴いていただきたいです」

■「言葉にしたくてできない言葉を」Teaser Video -Prototype-


https://youtu.be/zV4HQngDPMAシングル「言葉にしたくてできない言葉を」

2017年11月22日(水) 発売



【TYPE-A】(CD+Blu-ray)
KIZM-509/510/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.言葉にしたくてできない言葉を (映画「爪先の宇宙」主題歌)
作詞・作曲:ryo (supercell) 編曲:小林武史,ryo (supercell)
2.夜を歩いて(映画「爪先の宇宙」挿入歌)
作詞:桐嶋ノドカ 作曲・編曲:ryo (supercell)
3.How do you feel about me ? ※表記:「me」と「?」の間に半角スペース
作詞・作曲・編曲:ryo (supercell)
■Blu-ray
・「言葉にしたくてできない言葉を」Music Video
・桐嶋ノドカ×爪先の宇宙 コラボレーションMOVIE (3曲予定)

【TYPE-B】(CD ONLY)
KICM-1816/¥1,200+税
<収録曲>
1.言葉にしたくてできない言葉を (映画「爪先の宇宙」主題歌)
作詞・作曲:ryo (supercell) 編曲:小林武史,ryo (supercell)
2.夜を歩いて(映画「爪先の宇宙」挿入歌)
作詞:桐嶋ノドカ 作曲・編曲:ryo (supercell)
3.How do you feel about me ?  ※表記:「me」と「?」の間に半角スペース
作詞・作曲・編曲:ryo (supercell)
4.未定(TYPE-Bのみ収録)

※収録内容・仕様などは変更になる場合がございます。



【関連リンク】
桐嶋ノドカ×小林武史×ryo(supercell) 新プロジェクト第1弾シングル、ティザー動画公開
桐嶋ノドカまとめ
小林武史まとめ
supercellまとめ
【グッドモーニングアメリカ】 自然体の自分たちが出せたアルバム

【関連アーティスト】
桐嶋ノドカ, 小林武史, supercell
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, ユニット, コラボ, トレーラー, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, 主題歌, 映画

【グッドモーニングアメリカ】自然体の自分たちが出せたアルバム
Thu, 28 Sep 2017 10:00:00 +0900


前作『鉛空のスターゲイザー』以来、約1年振りとなるニューアルバム『502号のシリウス』が完成! 自主企画フェス『八王子天狗祭 2017』を前に、その勢いはさらに増していきそうだ。そんな同作について金廣真悟(Vo&Gu)に訊いた。

──前作『鉛空のスターゲイザー』のリリース、全国ワンマンツアー後、ライヴ活動を休んだ時期があったわけですが。

「はい。ここ数年はずっと年1でアルバムを出して、ライヴも続けてきて、同じような1年のルーティーンが続いていたし、アウトプットばかりだったから、 “ツアーが終わったら1カ月休もう”って決めてたんです。その時期にポリープ除去の手術も受けたので、結局3カ月くらいライヴをやってなかったんですけど。」

──インプットが必要なタイミングだったわけですね。

「そうですね。手術のあとはしばらくしゃべれなかったので、全然人に会ってなかったし。料理が好きなので新しいレシピを試したり、あとは小説を読んだり、映画やアニメを観たりしてましたね。その後はいろんな場所に遊びに行ってました。五島列島とか淡路島に行って、現地の人と仲良くなったり。本当は北海道まで行こうと思ってたんだけど、あまりにも楽しすぎて“このままじゃダメになる”と思ったので(笑)、家に戻って今回のアルバムの曲作りを始めました。休む前にも何曲か書いていたので、復帰後に作った曲と合わせて、ふたつの時期に分かれている感じです。」

──前半と後半ではモードが違った?

「だいぶ違いますね。休む前は不安とか悩みとかでゴチャゴチャになっていた部分もあったし、その感じが出ている曲もあります。例えば「ダンスダンスダンス」とか。」

──《悔いのない生き方どんなもの?》というフレーズもありますからね。

「はい。でも、その後は“頑張っていかないとな”という気持ちになって。そのあとにできたのがリード曲の「風と鳴いて融けてゆけ」なんです。すごく悩みながら作った曲なんですけど、最初のメロディーと歌詞が出てきた時に“これはいいかもしれない!”って思いましたね。「コピペ」みたいにカタカナのフレーズでフックを作る曲とはまったく違うし、ちょっと詩的な感じもあるじゃないですか。“どれだけフックを作れるかな”と思ってたんだけど、しっかり押し出せる曲になりましたからね。この曲ができたことでちょっとホッとしたし、アルバム制作に向けて良いスタートが切れました。休んだあとの曲作りはもっと自然な感じだったんですよ。“頑張っていかないと”から“よし、じゃあ、頑張るか”という気持ちになってたし、素直なスタンスで作れたので。」

──アルバムの最後に収録されているバラードナンバー「She’s...」のメロディーなんて、本当に素晴らしいですよね。

「ありがとうございます。「She’s...」は僕もすごく気に入ってるんですよ。どちらかと言うと洋楽的なメロディーの曲なんですが、アレンジもシンプルで、上手く表現できたなって。グッドモーニングアメリカは“疾走感があって、踊れる”というイメージがあると思いますけど、こういう曲も得意技なんですよね。」

──レコーディングはどうでした?

「自分ひとりでゼロから作った曲もありますけど、メンバーとセッションしながら作った曲もあるんですよ。フレーズや題名を持ち寄って、“こういう曲を作りたい”という話をして、そこから音を出しながら構成やアレンジを考えて。そういうスタイルも気負わずにやれたかなって思います。」

──セッションでアレンジを作り込んでいくスタイルも進化してる実感がありますか?

「どうだろう? もともとは化学変化を期待して始めたんですよね。4人で音をぶつけ合うことで面白いものができるんじゃないかって。今回はさらにシンプルになっていると思います。基本的にはその場でできることしかやってないというか、あとで作り込むことが少なかったので。だから、一定のBPMではないんです。クリックは使ってるんだけど、曲の流れによってリズムが揺れている。そこには良い部分と悪い部分があると思うんだけど、全体的に自然体の自分たちが出せたアルバムになってますね。以前からドラムのペギは“ノー・エディットでやりたい”って言ってたんだけど、それに近い感じだと思います。アレンジがシンプルな分、ライヴを通して変化していくところも大きいんじゃないかな。」

──バンドの本当の演奏力、表現力が問われるやり方ですよね。

「そこはもう、各々が自分に向き合うしかないので。ライヴもレコーディングもそうだけど、全てが今までやってきたことの結果ですからね。」

──『鉛空のスターゲイザー』の取材の時は、たなしんさんが“ベーシストとして悩むこともあったけど、やっと立ち直ってきた”という発言もありましたが…。

「まぁ、あれは中学生が悩んでるようなものなので(笑)。いろいろぶつかって、闘っていけばいいと思うし、全然大丈夫ですよ。」

──では、最後に11月11日にエスフォルタアリーナ八王子で行なわれる自主企画フェス『八王子天狗祭 2017』についても聞かせてください。グッドモーニングアメリカの他、a flood of circle、ゴールデンボンバー、四星球、04 Limited Sazabys、忘れらんねえよなどが出演するという。めちゃくちゃ盛り上がりそうですね。

「去年に続いて2回目の“ハチテン”なんですけど、すごく良いメンツが揃ってくれて。年下のバンドもいますけど、どちらかと言うと自分たちと同世代のバンドが多いんですよ。呼びたくて呼ばせてもらったバンドばかりだし、他とは違う雰囲気のフェスになると思います。“八王子に遊びに来てほしい”という想いは変わらないんですが…バンドを結成した場所だし、八王子に育ててもらったので。絶対に去年よりもさらにいいフェスにしたいという気持ちで準備しているので、楽しみにしていてほしいですね。」

取材:森 朋之

アルバム『502号室のシリウス』

2017年10月4日発売
日本コロムビア



【初回限定盤(DVD付)】
COZP-1379〜80 ¥3,333(税抜)



【通常盤】
COCP-40117 ¥2,778(税抜)

『グッドモーニングアメリカ主催 「八王子天狗祭 2017」』

11/11(土) 東京・エスフォルタアリーナ八王子

グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカ:ギターロック、メロコアなどを融合した音楽性、圧倒的なライヴパフォーマンスによって急激に注目度を高め、13年5月に発表したメジャーデビュー作でもある1stフルアルバム『未来へのスパイラル』がオリコンチャート11位を記録。14年には2ndアルバム『inトーキョーシティ』、15年には3rdアルバム『グッドモーニングアメリカ』を発表し、同年11月には初の日本武道館公演を成功させた。



【関連リンク】
【グッドモーニングアメリカ】 自然体の自分たちが出せたアルバム
グッドモーニングアメリカまとめ
WEBER、メジャーデビュー後のファーストツアーを LIVE DVDとしてリリース決定!

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
J-ROCK, okmusic UP\'s vol.157, インタビュー

WEBER、メジャーデビュー後のファーストツアーをLIVE DVDとしてリリース決定!
Thu, 28 Sep 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

WEBERが3rdシングル「大切なひと。大切だったひと。」の発売日である9月27日に、後楽園ラクーアにてリリースイベントを実施! 新曲の「大切なひと。大切だったひと。」をはじめ、カップリングの「モノクローム」や、人気曲である「鮮やかなREASON」などを、卓越したパフォーマンスで魅せ、集まった大勢のファンを沸かせた。

そんな中、リーダーのJが「新曲の『大切なひと。大切だったひと。』は、聴く人それぞれの受け取り方が出来る楽曲です。僕らWEBERの活動を通じて、様々な人に、この楽曲のメッセージをしっかりと届けて、その人たちの活力になれるようにしたいです!」とコメント、

また、メジャーデビュー後のファーストツアーをLIVE DVDとしてリリースすることも発表された。2ndシングル「BALLON /笑顔が叶いますように」を引っさげて全国8都市11公演を行なったツアーのO-EAST追加公演の模様が映像化されるとのこと。しかも、初回限定盤は初Zepp LIVE『WEBER First Zepp Live “Adventure”』を収録した2DVDスペシャル盤! 今年メジャーデビューを飾ったWEBERの軌跡が詰まった内容となっている。

DVD『WEBER STORY LIVE2017 #BALLON_笑顔が叶いますように』

2017年11月22日発売



【初回限定盤】(2DVD)
UPBH-9546/6,980(税込)
【通常盤】(DVD)
UPBH-1443/¥4,000(税込)


シングル「大切なひと。大切だったひと。」

2017年9月27日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
UPCH-7354/¥2,000(税込)
<収録曲>
■CD
M1:大切なひと。大切だったひと。  
※映画「僕らのライブ大事件」主題歌
M2:モノクローム
■DVD
「大切なひと。大切だったひと。」Mucsic Video

【初回限定盤B】(CD+DVD)
UPCH-7355/¥2,000(税込)
<収録曲>
■CD
M1:大切なひと。大切だったひと。  
※映画「僕らのライブ大事件」主題歌
M2:モノクローム
■DVD
「大切なひと。大切だったひと。」Dance Shot ver.

【通常盤】(CD)
UPCH-5923/¥1,200(税込)
<収録曲>
M1:大切なひと。大切だったひと。  
※映画「僕らのライブ大事件」主題歌
M2:モノクローム
M3:何度でもHappy Birthday



【関連リンク】
WEBER、メジャーデビュー後のファーストツアーを LIVE DVDとしてリリース決定!
WEBERまとめ

【関連アーティスト】
WEBER
【ジャンル】
J-POP, ニュース, DVD, リリース, 発売













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1