歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年09月26日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
【BUMP OF CHICKEN】『BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER』2017年9月16日 at 幕張メッセ国際展示場1〜3ホール
Tue, 26 Sep 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 5カ月に及ぶロングツアー『BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER』が幕張メッセを皮切りにスタート。初っ端から、藤原基央(Vo&Gu)、増川弘明(Gu)、直井由文(Ba)、升 秀夫(Dr)のメンバー4人はスタンディングのみで埋め尽くされた観客と正対する真っ向勝負の演奏で攻め続ける。ギミックなし、誠実な歌とプレイで場内を興奮のるつぼ化させていく。イントロから大きな歓声があがる中、藤原の柔らかな歌が会場の四隅まで染み渡り、自然とハンドクラップも起き、熱狂的に受け入れられていた配信シングル曲「記念撮影」。デジタル音とバンドサウンドの融合も曲のスケール感を増幅させ、大きな会場で抜群に映えている。また、TVアニメ『3月のライオン』オープニング曲として書き下ろした「アンサー」もライヴで初披露。光に満ちあふれたポジティブなギターフレーズが印象的で、至福の笑顔を浮かべる人たちの表情こそが、この曲の魅力を物語っていた。

ショー自体は新旧織り交ぜた内容で、約1年振りのツアーということもあり、一曲一曲が大きなリアクションで迎えられる様が印象的だった。さらに、会場の真ん中あたりにはキッズエリアも設けられ、子供たちが心地良いサウンドにノッていた。昨年はバンド結成20周年の大きな節目に到達した彼ら。親から子へ、音楽のバトンが渡されていく。それだけのキャリアを、彼らも積み重ねてきたのだ。その20周年の最後のタイミングでできた「リボン」もプレイ。藤原はアコギを持ち、力強くもやさしいメロディーを解き放つ。贅肉や装飾を完全に取っ払った、シンプル極まりない曲調。だからこそ、歌詞の一語一句が鮮明さを増し、情景が脳裏に浮かぶ豊かな音楽性を見せていた。これから始まるツアーは、多くの人を魅力するに違いない。そう、確信させるツアー初日だった。

撮影:古渓一道/取材:荒金良介

セットリスト

現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。

BUMP OF CHICKEN

96年、幼稚園からの幼なじみで結成された藤原基央(vo&g)、増川弘明(g)、直井由文(b)、升秀夫(dr)の4人から成るBUMP OF CHICKENは、数々のコンテストを荒しまくり、99年3月に<ハイラインレコーズ>からデビュー・アルバム『FLAME VEIN』を発表、活動を本格化する。続いて00年3月には2ndアルバム『THE LIVING DEAD』をリリースし、地道なライヴ活動の甲斐あって、着実に彼らの音楽が認知され始める。(現在は2作品とも廃盤となり、再発盤が発売されている)。

当時、メンバー全員が弱冠20歳とは思えないほどの円熟味、安定感を感じさせるプレイが圧巻であった。なかでも、フロントマンでありソング・ライティングを手掛ける藤原基央の存在が、このバンドを支えているといっても過言ではないだろう。詩人の「山田かまち」を彷彿させる文芸的な歌詞、感情をストレートにぶつけたメロディ??それは過剰に生々しく、いたってリアルな世界を築く。言葉の弾丸を音の銃に詰め込みブッ放す……まさしくそんな感触だ。因みにインディーズ〜メジャーでリリースされている作品全てに隠しトラックが収録されている。

00年9月、<TOY\'S FACTORY>から1stシングル「ダイヤモンド」でメジャー・デビュー。翌01年3月にはメジャー2ndシングル「天体観測」が55万枚を超えるビッグ・セールスを記録し、日本のロック・シーンを背負って立つ存在となっていった。その後、02年2月には、本作を含むメジャー1stアルバム『jupiter』を発表、シングルとアルバムを通じて初のオリコン週間チャート初登場1位を獲得し、その地位を不動のものとした。また、同年夏には、BUMP OF CHICKENの楽曲の世界観・メッセージをもとに制作されたフジテレビ系ドラマ『天体観測』が放送され、インディーズ時代の作品を中心に数多くの楽曲画使用された。

03年3月に、彼らが以前からファンでもあった『ONE PIECE』の映画『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』主題歌に、メジャー6thシングル「sailing day」が起用され、若者のみならず、下は幼稚園生、上は子供を持つ親までの様々な年齢層のファンを引き込んだ。そして04年5月29日、彼らの地元でもある佐倉市民体育館にて完全招待制フリー・ライヴを行い、<スペースシャワーTV>で全国に生中継された。(余談だが、このライヴの際、会場のヴォルテージが最高潮に上がった瞬間、体育館の底が抜けるというアクシデントが起こり、ライヴが一時中断した。)04年8月には、藤原自身がジャケット写真を描いたメジャー2ndアルバム『ユグドラシル』をリリースし、本作もオリコン週間チャート堂々1位を獲得した。

06年3月には、藤原基央が書き下ろしたナムコの人気RPG『TALES OF THE ABYSS』用のサウンドトラック集『SONG FOR TALES OF THE ABYSS』をMOTOO FUJIWARA名義でリリース。その後、山崎貴監督との出会いからコラボレーションが結実するタイアップが実現。07年11月に公開された大ヒットを記録した映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』主題歌を担当。映画の台本と仮編集映像を見て書き下ろされたメジャー13thシングル「花の名」は、映画の素晴らしい内容とも相俟って、この年を代表する大ヒット・シングルとなり、同時発売されたメジャー13thシングル「メーデー」と共にオリコン週間チャート初登場1位、2位を独占するとう快挙を成し遂げた。

07年12月、前作から約3年4ヶ月ぶりとなるメジャー3rdアルバム『orbital period』をリリース。デビュー9年目にして今もなお、購買層を拡大し続け、また若者からの絶対的な信頼と指示を受け続ける。このバンドが発信し続けるメッセージは、これからも多くの人々に大きな感動を与えるであろう。それだけ彼らが創る音楽の影響力の大きさは計り知れない。まさに、“時代が必要とした奇跡のアーティスト”??それがBUMP OF CHICKENなのだ。



【関連リンク】
【BUMP OF CHICKEN】 『BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER』 2017年9月16日 at 幕張メッセ国際展示場1〜3ホール
BUMP OF CHICKENまとめ
THE SxPLAY、中国&日本のファンに向けて スタジオライブの生中継が決定

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.157

THE SxPLAY、中国&日本のファンに向けてスタジオライブの生中継が決定
Tue, 26 Sep 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月10日に北京で開催されたRayark Conでのライブ同時生放送の視聴者数が22万人に達し、10月6日には成都でのライブも決定したTHE SxPLAY。世界1800万DLを超える大ヒット音楽ゲームアプリ“Deemo”の収録曲に収録された最新曲「Guardian」も好評の中、9月27日(水)に行うなスタジオライブの模様を日中のファン向けに生中継することが決定した。

前回の中国向け生中継では初の海外ツアーとなった中国6都市ツアーの経験から完成したばかりの新曲や、改名前の菅原紗由理時代のあの名曲も披露し、さらに中国随一の人気歌手フェイ・ウォンの楽曲をカバーして中国のファンを喜ばせた。

■【生中継情報】

『SxPLAY Studio Show #3』
9月27日(水)21:00〜 ※日本時間
出演:THE SxPLAY with Sin (Pf)
生放送媒体:
・bilibili動画
http://live.bilibili.com/941939
・ニコ生
http://live.nicovideo.jp/watch/lv306920005



【関連リンク】
THE SxPLAY、中国&日本のファンに向けて スタジオライブの生中継が決定
THE SxPLAYまとめ
菅原紗由理まとめ
三浦大知、ドリカム提供「普通の今夜のことを ー let tonight be forever remembered ー」を配信

【関連アーティスト】
THE SxPLAY, 菅原紗由理
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブ, 音楽配信

三浦大知、ドリカム提供「普通の今夜のことを ー let tonight be forever remembered ー」を配信
Tue, 26 Sep 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

三浦大知がDREAMS COME TRUEから提供された新曲「普通の今夜のことを ー let tonight be forever remembered ー」を、9月27日0時よりiTunesやレコチョクなど各デジタル配信サイトで配信限定シングルとしてリリース!  さらに、三浦としては初めての試みとして、Apple Music、LINE MUSIC、AWA、Spotify、Google Play Musicなど各サブスクリプションサービス(定額制音楽配信サービス)でも配信されることが決定した。全世界で6000万人の有料会員(無料会員を含めると1億4000万人)を持つSpotify、2700万人の有料会員を持つApple Musicでは全世界同時に配信となるため、定額制音楽サービスがメインの市場となっている海外のファンの期待も高まっている。

なお、10月10日にリリースされるDREAMS COME TRUEの通算18枚目となるオリジナルアルバム『THE DREAM QUEST」』では、「普通の今夜のことを ー let tonight be forever remembered ー」のセルフカバーが収録されている。

現在、ドリカムの特設サイトでは『THE DREAM QUEST』の収録楽曲の試聴ができるので、三浦大知バージョンとDREAMS COME TRUEバージョンの「普通の今夜のことを ー let tonight be forever remembered ー」を聴き比べしながらそれぞれの楽曲を楽しんでみよう。

■【コメント】

■DREAMS COME TRUE 中村正人 吉田美和
「大知くんがこういうメロディーを歌ったらきっとカッコいいだろうね!」という吉田の一節のメロディーが種となり、音楽の神様と何度もやり取りをして完成した楽曲です。
「どんなときもカッコよくてスマイル全開の大知くんのプライベートが、実はこの詩の世界みたいだったらヤバい!」と変な妄想をする中村。
「普通の今夜のことを ? let tonight be forever remembered ?」をライヴでパフォーマンスをする大知くんを見る日が待ち遠しい。
ちなみに、レコーディング制作中の仮タイトルは「DAICHI」だったので、NEW YORKでも現地のスタッフが「DAICHI!DAICHI!」と連呼していました。

■三浦大知
夢が叶いました。ドリカムさんが三浦大知をイメージして曲を作る。
こんな事が現実になるなんて本当に言葉にならないほど幸せです。
ドリカムさんが紡いでくださった1つ1つの言葉、音、想いを噛み締めながら大切にレコーディングさせていただきました。ドリカムさんに、ドリカムさんが生み出してくださった音楽に、少しでも恩返しができる様にこれから大事に大事に歌わせていただきたいと思います。
最高の楽曲、最高の経験、最高の喜びを今胸に刻み中です。

配信シングル「普通の今夜のことを ー let tonight be forever remembered ー」

2017年9月27日配信スタート



【iTunes】
https://itunes.apple.com/jp/album/id1281872953?app=itunes&ls=1
【レコチョク】
http://recochoku.com/a0/daichi_futsuunokonyanokotowo/
【mu-mo】
http://q.mu-mo.net/of/daichi_170927/
【mora/ハイレゾ】
http://mora.jp/package/43000002/ANTCD-24825_F/
【mora/通常】
http://mora.jp/package/43000002/ANTCD-24799/
【AWA】
https://mf.awa.fm/2yuAglO
【AppleMusic】
https://itunes.apple.com/jp/album/id1281872953?app=apple&ls=1
【LINE MUSIC】
https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000014c433a&cc=JP
【Spotify】
http://open.spotify.com/album/0TkUc0yvMSbByuKufsMhay



【関連リンク】
三浦大知、ドリカム提供「普通の今夜のことを ー let tonight be forever remembered ー」を配信
三浦大知まとめ
DREAMS COME TRUEまとめ
SKY-HI、熱い思いが込められた ライヴ映像「Walking on Water」公開

【関連アーティスト】
三浦大知, DREAMS COME TRUE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 配信

SKY-HI、熱い思いが込められたライヴ映像「Walking on Water」公開
Tue, 26 Sep 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SKY-HIが9月27日に発売する初の映像作品『SKY-HI Tour 2017 Final "WELIVE" in BUDOKAN』より、「Walking on Water」の映像を公開した。

この映像作品には13都市15公演で開催された『SKY-HI HALL TOUR 2017 ~WELIVE~』のファイナルとして、5月2日に行われた初の単独日本武道館公演の模様が全33曲、約2時間40分にわたって収録されている。そんな中「Walking on Water」はSKY-HIの圧倒的なラップスキルを体感出来る楽曲で、曲中には武道館公演に対する熱い思いが込められたMCも挟まれており、当日の会場の熱量を感じることが出来る仕上がりとなっている。

また、映像商品の発売に先駆け配信された『SKY-HI Tour 2017 Final “WELIVE” in BUDOKAN』はライヴ音源としては異例のiTunesの総合チャート1位を獲得するという快挙を成しとげており、その注目度の高さがうかがえる。

9月26日より渋谷タワーレコードでは発売を記念したパネル展も開催されているので、そちらもぜひチェックを!

■「Walking on Water -SKY-HI Tour 2017 Final "WELIVE" in BUDOKAN-」


https://www.youtube.com/watch?v=B-czWljtCQIDVD&Blu-ray『SKY-HI Tour 2017 Final "WELIVE" in BUDOKAN』

2017年9月27日発売



【初回生産限定盤】
(2DVD+2CD+写真集+TOUR STAFF PASS-レプリカ-+金のスカイハイピック)
AVB1-92580〜1/B〜C/¥10,000+税
(Blu-ray+2CD+写真集+TOUR STAFF PASS-レプリカ-+金のスカイハイピック)
AVX1-92584/B〜C/¥10,000+税
<DVD 収録曲>
■"WELIVE" in BUDOKAN
・DISC1
01.Double Down
02.Ms.Liberty
03.BIG PARADE
04.Stray Cat
05.十七歳
06.明日晴れたら
07.Blanket
-Neo Disco Zone-
------------------------------------
08.Limo
09.Count Down
10.TOKYO SPOTLIGHT
------------------------------------
-Dungeon Anthems Zone-
------------------------------------
11.Turn Up
12.Dungeon Survivors
13.As A Sugar
14Welcome To The Dungeon
15.Enter The Dungeon
16.Tyrant Island
17.運命論
------------------------------------
18.Walking on Water
19.Over the Moon
20.ナナイロホリデー
・DISC2
01.センテンス -家出少年-
02.アドベンチャー
03.How Much??
04.Seaside Bound
05.創始創愛
06.アイリスライト
07.スマイルドロップ
08.Silly Game
09.LUCE
10.クロノグラフ
11.〜LIVE, I LOVE, OLIVE〜 (Theme of “WELIVE")
12.カミツレベルベット
13.リインカーネーション
■特典映像
DOCUMENTARY OF SKY-HI Tour 2017 Final "WELIVE" in BUDOKAN
副音声 : SKY-HI & Kensuke (SUPER FLYERS)によるライヴ解説(ダベり)

<Blu-ray 収録曲>
・"WELIVE" in BUDOKAN :
01.Double Down
02.Ms.Liberty
03.BIG PARADE
04.Stray Cat
05.十七歳
06.明日晴れたら
07.Blanket
-Neo Disco Zone-
------------------------------------
08.Limo
09.Count Down
10.TOKYO SPOTLIGHT
------------------------------------
-Dungeon Anthems Zone-
------------------------------------
11.Turn Up
12.Dungeon Survivors
13.As A Sugar
14.Welcome To The Dungeon
15.Enter The Dungeon
16.Tyrant Island
17.運命論
------------------------------------
18.Walking on Water
19.Over the Moon
20.ナナイロホリデー
21.センテンス -家出少年-
22.アドベンチャー
23.How Much??
24.Seaside Bound
25.創始創愛
26.アイリスライト
27.スマイルドロップ
28.Silly Game
29.LUCE
30.クロノグラフ
31.〜LIVE, I LOVE, OLIVE〜 (Theme of “WELIVE")
32.カミツレベルベット
33.リインカーネーション
・特典映像
DOCUMENTARY OF SKY-HI Tour 2017 Final "WELIVE" in BUDOKAN
副音声 : SKY-HI & Kensuke (SUPER FLYERS)によるLIVE解説(ダベり)

<CD 収録曲>
■DISC1
01.Double Down
02.Ms.Liberty
03.BIG PARADE
04.Stray Cat
05.十七歳
06.明日晴れたら
07.Blanket
-Neo Disco Zone-
------------------------------------
08.Limo
09.Count Down
10.TOKYO SPOTLIGHT
------------------------------------
-Dungeon Anthems Zone-
------------------------------------
11.Turn Up
12.Dungeon Survivors
13.As A Sugar
14Welcome To The Dungeon
15.Enter The Dungeon
16.Tyrant Island
17.運命論
------------------------------------
18.Walking on Water
19.Over the Moon
20.ナナイロホリデー
■DISC2
01.センテンス -家出少年-
02.アドベンチャー
03.How Much??
04.Seaside Bound
05.創始創愛
06.アイリスライト
07.スマイルドロップ
08.Silly Game
09.LUCE
10.クロノグラフ
11.〜LIVE, I LOVE, OLIVE〜 (Theme of “WELIVE")
12.カミツレベルベット
13.リインカーネーション




【通常盤】
(2DVD)
AVBD-92582〜3/¥5,400+税
(Blu-ray)
AVXD-92585/¥5,400+税
<DVD 収録曲>
■"WELIVE" in BUDOKAN
・DISC1
01.Double Down
02.Ms.Liberty
03.BIG PARADE
04.Stray Cat
05.十七歳
06.明日晴れたら
07.Blanket
-Neo Disco Zone-
------------------------------------
08.Limo
09.Count Down
10.TOKYO SPOTLIGHT
------------------------------------
-Dungeon Anthems Zone-
------------------------------------
11.Turn Up
12.Dungeon Survivors
13.As A Sugar
14Welcome To The Dungeon
15.Enter The Dungeon
16.Tyrant Island
17.運命論
------------------------------------
18.Walking on Water
19.Over the Moon
20.ナナイロホリデー
・DISC2
01.センテンス -家出少年-
02.アドベンチャー
03.How Much??
04.Seaside Bound
05.創始創愛
06.アイリスライト
07.スマイルドロップ
08.Silly Game
09.LUCE
10.クロノグラフ
11.〜LIVE, I LOVE, OLIVE〜 (Theme of “WELIVE")
12.カミツレベルベット
13.リインカーネーション
■特典映像
DOCUMENTARY OF SKY-HI Tour 2017 Final "WELIVE" in BUDOKAN
副音声 : SKY-HI & Kensuke (SUPER FLYERS)によるライヴ解説(ダベり)

<Blu-ray 収録曲>
・"WELIVE" in BUDOKAN :
01.Double Down
02.Ms.Liberty
03.BIG PARADE
04.Stray Cat
05.十七歳
06.明日晴れたら
07.Blanket
-Neo Disco Zone-
------------------------------------
08.Limo
09.Count Down
10.TOKYO SPOTLIGHT
------------------------------------
-Dungeon Anthems Zone-
------------------------------------
11.Turn Up
12.Dungeon Survivors
13.As A Sugar
14.Welcome To The Dungeon
15.Enter The Dungeon
16.Tyrant Island
17.運命論
------------------------------------
18.Walking on Water
19.Over the Moon
20.ナナイロホリデー
21.センテンス -家出少年-
22.アドベンチャー
23.How Much??
24.Seaside Bound
25.創始創愛
26.アイリスライト
27.スマイルドロップ
28.Silly Game
29.LUCE
30.クロノグラフ
31.〜LIVE, I LOVE, OLIVE〜 (Theme of “WELIVE")
32.カミツレベルベット
33.リインカーネーション
・特典映像 :
DOCUMENTARY OF SKY-HI Tour 2017 Final "WELIVE" in BUDOKAN
副音声 : SKY-HI & Kensuke (SUPER FLYERS)によるLIVE解説(ダベり)




【関連リンク】
SKY-HI、熱い思いが込められた ライヴ映像「Walking on Water」公開
SKY-HIまとめ
KEYTALK、老舗ブランドNEW ERAとコラボ

【関連アーティスト】
SKY-HI
【ジャンル】
J-POP, ニュース, DVD, Blu-ray, ヒップホップ, ラップ

KEYTALK、老舗ブランドNEW ERAとコラボ
Tue, 26 Sep 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

KEYTALKと90年以上の歴史を持つ米国のヘッドウェアブランドNEW ERAとの初のコラボレーションが実現! Undervisor 9FIFTYと9TWENTY Cloth Strapと題された2つのアイテムがリリースされる。

Undervisor 9FIFTYは、KEYTALKのロゴをフロント、バックサイドに刺繍を行い、つば裏には彼らの公式キャラクターKEYTALK MONSTERの【タケマサ】が着用している帽子の【ギザギザ】を実寸大に再現。バックのアジャスター部にはKEYTALK公式ロゴのタグ付き。NEWERA定番カラーのブラックと、DENIM素材を使用したインディゴの2色を用意している。

また、9TWENTY Cloth Strapは、KEYTALKのロゴをフロント、バックサイドに刺繍をしたシンプルな仕上がりになっている、【9TWENTY】モデル。バックのアジャスター部にはKEYTALK公式ロゴのタグ付き。ブラック、レッド、グリーン、ブルーの4色展開となっており、どの色を選ぶかも楽しめるアイテムとなっている。

商品はヴィレッジヴァンガード限定で10月1日発売予定とのこと。 NEW ERAと日本のロックアーティストとのコラボは非常に珍しいとのことなので、この機会をお見逃しなく!

■【アイテム情報】

■商品
・Undervisor 9FIFTY BLACK/INDIGO ¥6,000
・9TWENTY Cloth Strap BLACK/RED/GREEN/BLUE ¥4,200

■取り扱い店舗(10月1日発売予定)
・ヴィレッジヴァンガード下北沢店
・ヴィレッジヴァンガードアメリカ村店
・ヴィレッジヴァンガード名古屋中央店
・ヴィレッジヴァンガード新京極店
・ヴィレッジヴァンガード三宮店
・ヴィレッジヴァンガード町田路面店
・ヴィレッジヴァンガード川越ルミネ店



【関連リンク】
KEYTALK、老舗ブランドNEW ERAとコラボ
KEYTALKまとめ
Chara、25周年イヤー締めくくる 『Sympathy』ツアーファイナルが大盛況

【関連アーティスト】
KEYTALK
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, おしゃれ

Chara、25周年イヤー締めくくる『Sympathy』ツアーファイナルが大盛況
Tue, 26 Sep 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Charaが9月24日に東京・昭和女子大学人見記念講堂にて全国ライヴツアー『Sympathy』のファイナル公演を行った。デビュー25周年イヤーの締めくくりとして7月19日にリリースされたニューアルバム『Sympathy』に伴うツアーで、CharaをサポートするAurora Bandのメンバーはマイナーチェンジ。長年ツアーを共にして来たものの初のバンマスとなる白根賢一(Ds)を筆頭に、Charaの楽曲のプロデュースも手がける皆川真人(Key)、名越由貴夫(Gt)、竹本健一(Cho)といったおなじみのメンバーに加え、キタダマキ(Ba)と庵原良司(Ts、As、Ss、Flu他)が初参加。ビックキャバレーのショウを思わせるオープニングナンバー「Sympathy」ではCharaも含むメンバー全員がデイジーの花が施されたベネチアンマスクをつけたままで演奏し、「Darling Tree」ではタヒチアンダンサーのYOSHI2が登場して会場を盛り上げ、水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミ提供曲「Herbie」では打ち込みのリズムトラックを流し、バンドメンバーは巨大なサーチライトを持って、ステージ上で照明の演出を担当。「KILIG」ではChara、皆川、名越がピアノの連弾をし、さらに、「Rachel」ではクマの着ぐるみを着た白根がCharaと踊った後、着ぐるみのままでパワフルなドラムを響かせるなど、これまでにない演出で満員の観客を楽しませた。

MCで「私たちの自分を信じる力を持って帰ってね」と語りかけたCharaは、9月21日でデビュー26年目、来年の1月で50歳を迎えることに触れ、「進化系一筆書きアーティストだから、先のことはわからないけど、好きなことをやればいいんじゃない?」と変わらぬ姿勢を強調。新たなバンドアンサンブルによる親密なムードの中で、アルバム収録曲を中心にデビューのきっかけとなった「Break These Chain」や初期の代表曲「Happy Toy」「タイムマシーン」「やさしい気持ち」など、全18曲を優しく、神秘的に歌い上げた。

アンコールでは「ありがとう。楽しかったです」と感謝の気持ちを伝え、「また来てね。多分、本当にお祝いやるから」とバースデーライヴ開催に向けた意気込みを語った。続けて、「最後にロマンチックなことが全て正しい方向にいけばいいなっていう思いで書いた曲です。ライブが終わったら、同じ月を見ながら家に帰って、いい夢をみたいね」とあいさつし、センチメンタルなシーズンにぴったりなラブソング「Sweet Sunshine」で締めくくった。

しかし、ライヴはこれだけでは終わらなかった。白根を含むメンバー全員がステージ前方に出て、ラインナップをしている最中に再び、クマの着ぐるみが登壇し、ドラムを叩き始めると、メンバーはビートに合わせて後ろ向きでダンス。観客の大きな拍手に見送られてメンバーがステージを去った後、クマの着ぐるみはステージ中央のCharaに歩み寄った。着ぐるみを外すと、そこには、この日も披露した「Funk」の作詞も担当していた愛息HIMIの姿が! 2人はそのまま肩を組んで笑顔でステージを降りた。オフマイクで紹介もなかったため、HIMIであることに気づいた人は少なかったかもしれないが、母と息子のステージ上での共演が実現した記念すべきライヴとなった。

なお、バースデーライヴは現在、検討中で詳細は未定。決定次第、オフィシャルHPで発表されるとのこと。

(c)山田智和

【セットリスト】
1. Sympathy
2. Funk
3. Love pop
4. Darling Tree
5. Tiny Dancer
6. Stars☆☆☆
7. Herbie
8. KILIG
9. 小さなお家
10. Rachel
11. Duca
12. 月と甘い涙
13. スカート
14. Happy Toy
15. タイムマシーン
16. Break These Chain
EC1. やさしい気持ち
EC2. Sweet Sunshine

■参加ゲスト
Kan Sano、岸田 繁(くるり)、kensuke ushio(agraph)、ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)、mabanua、BASI(韻シスト)、TAKU(韻シスト)



【関連リンク】
Chara、25周年イヤー締めくくる 『Sympathy』ツアーファイナルが大盛況
Charaまとめ
ギターウルフ主催『SHIMANE JETT FES』 タイムテーブル発表

【関連アーティスト】
Chara
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ツアー, ライブレポ

ギターウルフ主催『SHIMANE JETT FES』タイムテーブル発表
Tue, 26 Sep 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ギターウルフ30周年プロジェクトとしてギターウルフ・セイジの故郷、島根県松江市の古墳の丘古曽志公園にて10月7日(土)に開催される野外フェス『シマネジェットフェス -ヤマタノオロチライジング- 2017』、そして翌日に行なわれる『シマネジェットフェス 後夜祭』のタイムテーブルテーブルが発表された。

■【ギターウルフ・セイジ コメント 】

「みんな、でっかい湖が見渡せる古墳の丘から発信するオレの熱い気持ちを受けとめに来てくれ!」

【イベント情報 】

『GUITAR WOLF 30th Anniv.企画 シマネジェットフェス -ヤマタノオロチライジング2017』
10月07日(土) 島根県松江市古墳の丘古曽志公園
前売り ¥4,500 (高校生以下無料)/ 当日 ¥5,000

『シマネジェットフェス後夜祭』
10月08(日)  松江AZTiC canova
14:00-22:00 (限定200人)
前売り ¥2,500 / 当日 ¥3,000

問い合わせ : guitarwolf@dum-dum.tv
http://www.jettfes.com/



【関連リンク】
ギターウルフ主催『SHIMANE JETT FES』 タイムテーブル発表
ギターウルフまとめ
KANA-BOON、山崎紘菜出演の 「それでも僕らは願っているよ」MV公開

【関連アーティスト】
ギターウルフ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ

KANA-BOON、山崎紘菜出演の「それでも僕らは願っているよ」MV公開
Tue, 26 Sep 2017 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

KANA-BOONが9月27日発売のニューアルバム『NAMiDA』より、リード曲「それでも僕らは願っているよ」のMVを公開した。

アルバムのラストに収録されている「それでも僕らは願っているよ」は、今年に入り大きな壁にぶつかった中で、谷口鮪(Vo&Gt)の中から、サビで歌われる「さぁ すべて/涙とともに流してしまえよ/きりがないほど打ちのめされるけど/それでも僕らは願ってしまう/明日は笑っていられますように」という言葉と共に、自然と湧き出るように生まれた一曲。 自分自身、バンド自身に向き合った曲であると同時に、躓きの連続に打ちのめされる日々を送る人々と、その“涙"を全力で肯定する、力強い希望の歌になっている。

今回のMVでは、真っ直ぐに前を見据えたバンドの演奏シーンに加え、1人の女性の心象風景を織り交ぜ、希望を取り戻していくイメージを映像化。女優の山崎紘菜がその凛とした佇まいと眼差しで、楽曲に一層の力強さを与えている。

10月14日からは地元・大阪を皮切りに全国ツアーもスタート。発売日にはLINE LIVE『テライブ』に出演するなど、精力的に活動中のKANA-BOONに要注目だ。

■KANA-BOON オフィシャルHP
http://www.kanaboon.com
http://kanaboon.jp

■「それでも僕らは願っているよ」MV


https://youtu.be/WTl01_D_kMoアルバム『NAMiDA』

2017年9月27日発売



【完全生産限定盤】(CD+グッズ)
KSCL-2969〜2970/¥3,500+税
※「ナミダマの特製ハンカチーフ」(シルク製・50cm×50cmバンダナ・サイズ)
※どうでもいいオマケ015封入
<収録曲>
1.ディストラクションビートミュージック
2.人間砂漠
3.Fighter
4.way back no way back
5.バイバイハロー
6.涙
7.Wake up
8.Ride on Natsu
9.ラストナンバー
10.バトンロード
11.一番星
12.それでも僕らは願っているよ



【通常盤】(CD)
KSCL-2971/¥2,800+税
※初回仕様:どうでもいいオマケ015封入
<収録曲>
1.ディストラクションビートミュージック
2.人間砂漠
3.Fighter
4.way back no way back
5.バイバイハロー
6.涙
7.Wake up
8.Ride on Natsu
9.ラストナンバー
10.バトンロード
11.一番星
12.それでも僕らは願っているよ



【関連リンク】
KANA-BOON、山崎紘菜出演の 「それでも僕らは願っているよ」MV公開
KANA-BOONまとめ
Large House Satisfaction、ニューアルバムより 「ニヤ」MV公開&アートワーク解禁

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, アルバム

Large House Satisfaction、ニューアルバムより「ニヤ」MV公開&アートワーク解禁
Tue, 26 Sep 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Large House Satisfactionが10月25日にリリースするアルバム『Highway to Hellvalley』より、楽曲「ニヤ」のMVを公開! 併せて同楽曲の先行配信を開始し、アルバムのジャケットも解禁された。

MVの監督を担当したのは彼らと親交が深い加藤マニ。メンバーの地元である大田区大森で撮影されており、バンドの本質に触れられる様な仕上がりになっているとのこと。また、CDジャケットは小林賢治(Ba)が担当し、この先彼らにどの様な未来が待っているのかと期待が高まるようなデザインになっている。

さらに、『抜けた牙を探しに行くツアー』の開催も決定。12月25日のツアーファイナル公演は東京・渋谷TSUTAYA O-WESTでのワンマンライヴとなっており、チケット一般発売は10月1日から開始するとのこと。ツアータイトルにある“抜けた牙”を見つかられたのかを、確かめに足を運んでみてはどうだろうか。

■アルバム『Highway to Hellvalley』iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/highway-to-hellvalley/id1281443415

■「ニヤ」MV


https://youtu.be/MGEEt2VTFWwアルバム『Highway to Hellvalley』

2017年10月25日発売



KTJD-0002/¥1,759+税

【ライヴ情報】

『抜けた牙を探しに行くツアー』
11月03日(金) 千葉・千葉LOOK
11月10日(金) 大阪・心斎橋Pangaea
11月11日(土) 長野・伊那gramhouse
11月17日(金) 愛知・名古屋CLUB
11月22日(水) 大分・SPOT
11月23日(木) 福岡・小倉FUSE
11月24日(金) 福岡・UTERO
12月01日(金) 新潟・REVERST

『抜けた牙を探しに行くツアー FINALワンマン』
12月25日(月) 東京・渋谷 TSUTAYA O-WEST
<チケット一般発売>
10月1日(日)〜 料金:¥3,000
・ローソン
http://l-tike.com/order/?gLcode=76248
・ぴあ
http://w.pia.jp/t/lhs-t/
・e+
http://eplus.jp/lhs1225/



【関連リンク】
Large House Satisfaction、ニューアルバムより 「ニヤ」MV公開&アートワーク解禁
Large House Satisfactionまとめ
クミコ with 風街レビュー、アナログ盤発売記念イベントにクリス松村の出演が決定

【関連アーティスト】
Large House Satisfaction
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, リリース, 音楽配信

クミコ with 風街レビュー、アナログ盤発売記念イベントにクリス松村の出演が決定
Tue, 26 Sep 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

クミコ with 風街レビューが11月3日のレコードの日に発売するアナログ盤『デラシネ d?racin?』のリリースを記念し、11月2日に二子玉川蔦屋家電 2Fラウンジスペースにて開催するプレミアムイベントに、スペシャルゲストとして約2万枚のアナログレコードやCDを所有する“歌謡曲マニア"として知られるクリス松村の出演が決定した。

イベントではクミコ・松本・クリス松村によるトークショーが開かれ、アルバムに収録される各楽曲の解説や各々のアナログ盤への想い、さらには松本隆の数々の大ヒット曲についてクリス松村が自身の思いを語る、貴重な機会になりそうだ。また、トークショー後にはクミコによる生ライブとサイン会も予定されている。

本イベントに参加する方法は、二子玉川蔦屋家電店頭か二子玉川蔦屋家電オンラインショッピングサイトで、9月27日に発売されるクミコ with 風街レビューのCDアルバム『デラシネd?racin?』を購入した方に先着で優先観覧エリア入場券とサイン会参加券が配布される。また、10月9日に東京・恵比寿 ザガーデンホールで行われるクミコのワンマンライブ会場でCDを購入した方にも先着で優先エリア入場券とサイン会参加券が配布されるとの事。

また、アルバムの1曲目、オープニングを飾る「不協和音」を作曲したシンガーソングライター・七尾旅人と、アルバムのジャケットを書き下ろした漫画家・近藤ようこからもニューアルバムに関してコメントが到着しているので、こちらもぜひチェックしてほしい。

■【各関係者よりコメント】

■クリス松村
松本隆さんの詞と出逢って40年以上経ちますが、常に心の琴線にふれる詞を書き続けてくださっています。最初は、自分がまだ知らない世界。憧れの世界…そんな感じでした。体験したこともないのになぜかノスタルジーな世界に引き込まれていく不思議もありました。松本さんの作品で表現、感情の表しかたをたくさん学んだ気がします。
大人になった今、今回のクミコさんの作品を聴いていて、松本さんの詞の世界を感じる自分が松本さんの世界にやっと追いついたような心地よさを感じました。
これは、メロディー、サウンドとともにクミコさんの歌声だからこそだと思います。クミコさんの歌声は常に心の隣にあるような優しく説得力のある歌声。時の流れを感じながら、クミコさんの歌声にのって松本さんの描かれる文字のひとつひとつがスーッと体に入ってくる不思議な感覚。
歳を重ねてわかる生きることの素晴らしさも感じました。

■七尾旅人
松本隆さんの詞に曲を添える日が来るとは、まるで真昼の夢みたいでした。
クミコさんのこれまでの歌を拝聴したら、シャンソンを出発点としながらも、そこだけには到底収まりきれない、深く大きな世界がありました。人間の明暗のすべてを抱きとめるような、慈愛に満ちた声。
この声に、あえて現在進行形の作曲家たちと、自在な歌詞をぶつけることで、鮮度の高いポップスを織りあげようという、とても冒険的なアルバムコンセプトと感じました。
クミコさん本来の温かみや大きさが現れるように、注意深くメロディを想像していきました。
得難い時間でした。感謝しております。

■近藤ようこ
ジャケットイラストの依頼をいただいた時は驚きました。
しかも松本隆さんのご指名とのこと。「なぜ私を」と思いましたが、もちろん喜んでお引き受けしました。
クミコさんの柔らかな声にマッチした絵になっていたらいいのですが。

アルバム『デラシネ d?racin?』

2017年9月27日発売
※アナログレコードの発売は11月3日(金・祝)レコードの日



【CD】
COCP-40092/¥2,778+税
<収録曲>
M01. 不協和音(作詞:松本 隆、作曲:七尾旅人、編曲:冨田恵一)
M02. 消しゴム(作詞:松本 隆、作曲:吉澤嘉代子、編曲:冨田恵一)
M03. フローズン・ダイキリ(作詞:松本 隆、作曲:横山 剣、編曲:冨田恵一)
M04. しゃくり泣き(作詞:松本 隆、作曲:村松崇継、編曲:冨田恵一)
M05. さみしいときは恋歌を歌って(作詞:松本 隆、作曲:秦 基博、編曲:冨田恵一)
M06. 枝垂桜(作詞:松本 隆、作曲:亀田誠治、編曲:冨田恵一)
M07. セレナーデ(作詞:松本 隆、作曲:シューベルト、編曲:冨田恵一)
M08. 恋に落ちる(作詞:松本 隆、作曲:永積 崇、編曲:冨田恵一)
M09. 砂時計(作詞:松本 隆、作曲:つんく、編曲:冨田恵一)
M10. 輪廻(作詞:松本 隆、作曲:菊地成孔、編曲:冨田恵一)



【アナログ盤】
COJA-9328/¥4,320(税込)

『クミコwith風街レビュー』アルバム「デラシネ d?racin?」リリース記念 トーク&サイン会

11月02日(木) 二子玉川蔦屋家電 2Fラウンジスペース
開始時間:19:00
出演:クミコ、松本 隆 スペシャルゲスト:クリス松村
<参加方法>
二子玉川蔦屋家電店頭か二子玉川蔦屋家電オンラインショッピングサイトにて、『デラシネ d?racin?』を購入
https://store.shopping.yahoo.co.jp/ftk-tsutayaelectrics/mmuscocp40092.html



【関連リンク】
クミコ with 風街レビュー、アナログ盤発売記念イベントにクリス松村の出演が決定
クミコまとめ
クミコ with 風街レビューまとめ
松本隆まとめ
yonige、『点』劇場公開記念イベントで 山田孝之に楽曲提供を発言 !?

【関連アーティスト】
クミコ, クミコ with 風街レビュー, 松本隆
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボレーション, コラボ

yonige、『点』劇場公開記念イベントで山田孝之に楽曲提供を発言 !?
Tue, 26 Sep 2017 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

山田孝之主演のショートフィルム『点』劇場公開記念キャスト登壇舞台挨拶付き上映会が9月25日にシネマート新宿にて実施された。『点』は9月23日からシネマート新宿で限定公開され、公開初日と2日目は即時チケット完売し、立ち見が出るほどの大盛況に。イベントには山田孝之、yonige(牛丸ありさ、ごっきん)、石川慶監督が登壇。企画から撮影に至るまでの制作秘話を披露し、会場を沸かせた。

最初に本作が完成した感想を聞かれると、山田孝之は「最初にみんなで打ち合わせした時から、(監督が)微妙な空気感が漂う作品にしたいと話していて。見事にそうなっていて見ている側も微妙な気持ちになりました」とコメント。yonigeの牛丸ありさも、「yonigeの楽曲が元々、白でも黒でもないグレーな感じだったので、それを監督がうまく汲み取って撮影してくれて、yonigeっぽいジメジメした映画ができたことをうれしく思います」と答えた。石川監督も、楽曲からインスパイアされて映像作品を作るという今回のオファーについて、「僕としては初めてで。はじめオファーが来たときは、意味がなかなか分からなくて何をやるのだろうと思って。山田さん、中村さん、「ワンルーム」。この3 つで何か作ろうと思って少し広げてみて考えたら面白いアイデアが色々出てきて。自分では新しかったし、楽しかったです」と語った。

今回のコラボが実現したきっかけは、5年ほど前に牛丸から山田へSNSで「ライヴを見に聞きてほしい」と呼びかけたこと。「私がただ一方的な(山田さんの)ファンで。ちょうどSNSを山田さんが始められたので、冗談のような感じで』『いつかライヴ来てください』って送ったら、返事が返ってきまして。『売れてなくてもライヴ行くよ。ちゃんとかっこいいんだろうな』という感じで返事を送ってくれて。その4年後、本当にライヴに来てくれました」と牛丸が話すと、山田は「某SNSは偽物のアカウントがいまして。それがそんなかっこいい回答しちゃって、約束しやがってと。でも、(yonigeは)信じているだろうから、傷つけちゃいかんと思って。俺が行くしかないじゃんと。それで、YouTubeにあるMVを見て、良かったので。そういうきっかけだったけど、(ライヴを)見に行きたいなと思って。結果良かったです」と答え、会場を沸かせた。

さらに、「今後一緒に作品を手掛ける機会があるとすれば、どんな作品を作りたいか」と問いかけられると、牛丸は「私が山田さんに楽曲提供。山田さんに歌ってもらって」と提案、山田も「それは面白いですね。今年23歳の女の子が書いた歌詞を、今年34になるおっさんが歌うという。最高ですね。気持ち込めて歌います。爆発的なヤツがいいですね」と話し、「逆もいいですね。僕が書いた詩で歌ってもらうという」と山田からの逆提案もあり、会場の笑いを誘った。

また、サプライズで10月14日より大阪のシネマート心斎橋にて1週間限定公開が決定したことが発表され、会場はさらに熱気に包まれた。最後に石川監督は「今回劇場で公開することができて、普段劇場に足を運ぶことがない人も結構来てくれているという話も聞いてて、まだもうちょっと公開続きますし、大阪でもありますので、ぜひまわりに良かったよって言ってもらえると嬉しいです」と挨拶。ごっきんが「いくら売れても、こんな体験ができるバンドは、なかなかいないと思うので幸せかみしめながら、皆さんにもジワジワ広げていただけたらと思います」と話すと、山田はすかさず、「こんな感じですけど、ごっきんライブの時は口が悪いので、それがいいので、ぜひライブに行ってみてください」と突っ込み、舞台挨拶を締めくくった。

■『点』予告編


https://www.youtube.com/watch?v=lGT9JChevvEアルバム 『girls like girls』

発売中



WPCL-12716/¥2,300+税
<収録曲>
1.ワンルーム
2.さよならプリズナー
3.各駅停車
4.バイ・マイ・サイ
5.スラッカー
6.おうまさん
7.沙希
8.とけた、夏
9.また明日
10.トーキョーサンセットクルーズ

ショートフィルム『点』

9月23日(祝)よりシネマート新宿にて1週間限定公開
10月14日(土)より大阪・シネマート心斎橋にて1週間限定公開決定

キャスト:山田孝之 中村ゆり 天光眞弓
監督・脚本:石川慶
主題歌:yonige 「ワンルーム」(unBORDE / WARNER MUSIC JAPAN)
製作:unBORDE / WARNER MUSIC JAPAN
制作プロダクション:ヘッドクォーター
制作協力:STARDUST PROMOTION
配給:S・D・P

■ショートフィルム『点』オフィシャルHP
http://www.ten-film.com/



【関連リンク】
yonige、『点』劇場公開記念イベントで 山田孝之に楽曲提供を発言 !?
yonigeまとめ
グッドモーニングアメリカ、新曲MVオフショット &アルバム初回限定盤収録映像を公開

【関連アーティスト】
yonige
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 主題歌, 映画

グッドモーニングアメリカ、新曲MVオフショット&アルバム初回限定盤収録映像を公開
Tue, 26 Sep 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

グッドモーニングアメリカが10月4日に発売するアルバム『502号室のシリウス』収録より新曲「風と鳴いて融けてゆけ」MVのオフショットを公開した。オフショットは前編と後編に分かれており、前編では先に公開されたMVでも話題になった、金廣が初めてのスカイダイビングに挑戦する様子に密着。後編では荒野の中、暑さと砂埃と戦いながら熱演をする4人の様子がドキュメンタリー風に収められている。

また、アルバム初回限定盤DVDに収録される、8月1日に東京・SHIBUYA TSUTAYA O-Crestにて行われたオフィシャルファンクラブ「グドモクルー」限定LIVE『今宵会』の1曲目「そして今宵は語り合おう」の映像も同時公開されているので、こちらも是非チェックして頂きたい。

■「風と鳴いて融けてゆけ」MVメイキング前編


https://youtu.be/i_xiyMQTou8■「風と鳴いて融けてゆけ」MVメイキング後編


https://youtu.be/rN-oMxg-cjk■「そして今宵は語り合おう」(アルバム『502号室のシリウス』初回限定盤DVD収録)


https://youtu.be/iAw1wnDd1Ckアルバム『502号室のシリウス』

2017年10月4日発売



初回限定盤】(CD+DVD)
COZP−1379〜80/¥3,333+税
※「プレイパス」コード封入
<収録曲>
■CD
01.ハルカカナタ
02.花火
03.ダンスダンスダンス
04.風と鳴いて融けてゆけ
05.あなたの事だよ
06.The Sheeple
07.煙に巻かれたい
08.フライデイナイト
09.アンカーズアウェイ
10.星は変わらない
11.ハブーブの後に
12.She\'s…
■DVD
オフィシャルファンクラブ「グドモクルー」限定LIVE『今宵会』SHIBUYA TSUTAYA O-Crest 2017.8.1
01.そして今宵は語り合おう
02.2014年6月25日我思ふ
03.春が迎えに来るまで
04.下らない毎日が
05.たった6文字じゃ
06.STAY WITH ME
07.世界終わらせないで
08.ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ
09.言葉にならない



【通常盤】(CD)
COCP−40117/¥2,778+税
※「プレイパス」コード封入
<収録曲>
01.ハルカカナタ
02.花火
03.ダンスダンスダンス
04.風と鳴いて融けてゆけ
05.あなたの事だよ
06.The Sheeple
07.煙に巻かれたい
08.フライデイナイト
09.アンカーズアウェイ
10.星は変わらない
11.ハブーブの後に
12.She\'s…

『502号室のシリウスツアー』

12月15日(金) 千葉LOOK
<2018年>
1月13日(土) 京都MUSE
1月14日(日) 神戸太陽と虎
1月20日(土) 八王子Match Vox
1月21日(日) 横浜BAYSIS
1月27日(土) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
1月28日(日) 仙台MACANA
2月03日(土) 岡山IMAGE
2月04日(日) 浜松FORCE
2月10日(土) 福岡CB
2月11日(日) 広島CAVE-BE
2月12日(月・祝) 高松DIME
2月18日(日) 札幌BESSIE HALL
2月24日(土) 水戸LIGHT HOUSE
2月25日(日) 前橋DYVER
3月03日(土) 松本ALECX
3月04日(日) 金沢vanvanV4



【関連リンク】
グッドモーニングアメリカ、新曲MVオフショット &アルバム初回限定盤収録映像を公開
グッドモーニングアメリカまとめ
DOBERMAN INFINITY、3ヶ月連続リリースのラストは 初のXmasバラード

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

DOBERMAN INFINITY、3ヶ月連続リリースのラストは初のXmasバラード
Tue, 26 Sep 2017 11:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DOBERMAN INFINITYが3ヶ月連続リリースのラストを飾るシングルを11月22日にリリースすることを発表した。

第1弾は9月13日にAK-69と初のコラボレーションシングル「Shatter」をリリース。そして、第2弾は10月4日に初の映像作品となるDVD&Blu-ray『iii -three-』のリリースを間近に控えているが、初尽くしとなる第3弾は今年最後の作品を飾るにふさわしい、初のXmasソングへの挑戦となるウィンターラブバラードに。「Xmasという幸せにあふれた季節に贈る、今幸せを感じている人には一番近くにいる人の大切さを改めて感じてほしい。そして、傷ついた経験を持つ人には、この曲で隣に寄り添うことができれば」という想いで制作された、DOBERMAN INFINITYにとって新境地となる楽曲である。

なお、カップリングはうってかわってこれぞドーベルというXmasパーティを描いた楽曲となっているとのこと。続報をお楽しみに。

シングル「タイトル未定」

2017年11月22日発売



【CD+DVD】
XNLD-10009/B/¥1,500+税
【CD】
XNLD-10010/¥1,000+税
【CD A盤】(FC SHOP/mobile SHOP限定盤)
XNLD-10011/¥1,000+税
【CD B盤】(FC SHOP/mobile SHOP限定盤)
XNLD-10012/¥1,000+税
<収録曲>
1.タイトル未定
2.タイトル未定
全2曲収録予定

◎店頭特典
D.I全員分のオリジナルメッセージ付きXmasカードをプレゼント(全4種ランダム)
・We are D.I OFFICIAL CD/DVD SHOP、LDH official mobile CD/DVD SHOP特典




【関連リンク】
DOBERMAN INFINITY、3ヶ月連続リリースのラストは 初のXmasバラード
DOBERMAN INFINITYまとめ
イトヲカシ、映画『氷菓』ロケ地でフリーライヴ開催

【関連アーティスト】
DOBERMAN INFINITY
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, グループ, CD

イトヲカシ、映画『氷菓』ロケ地でフリーライヴ開催
Tue, 26 Sep 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

イトヲカシが9月23日に映画『氷菓』のロケ地である旧安中高校にてフリーライヴを開催した。これは同映画の主題歌に決定している新曲「アイオライト」を収録したシングルの発売決定を記念して行われたもので、群馬県にある旧安中高校は映画の舞台となる“神山高校”のロケ地で、前日からの悪天候にも関わらず会場には300人以上ものファンが駆けつけ、かねてより路上ライヴを活動の一軸とするイトヲカシらしいイベントとなった。

この日は映画『氷菓』主題歌である「アイオライト」をアコースティックver.で初披露したほか、新曲「蒼い炎」、ストレートな歌詞が印象的な「あなたが好き」など計5曲をパフォーマンス。屋外、しかも廃校での開催ということで天候が心配されていたが、後半は雲がすっかり晴れイトヲカシの上空だけ暑いほどの快晴に。2人の“晴れ男"っぷりが発揮され、フリーライヴは大成功となった。

ニューシングル「アイオライト/蒼い炎」は11月3日にリリース。 映画『氷菓』公開と同時発売となるので、今から期待を膨らませて待とう。

【セットリスト】
トワイライト
蒼い炎
あなたが好き
アイオライト
Thank you so much!!

シングル「アイオライト/蒼い炎」

2017年11月3日発売



【CD+DVD】
¥1,700(税込)
【CD】
¥1,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.アイオライト
2.蒼い炎
3.アイオライト(Instrumental)
4.蒼い炎(Instrumental)
■DVD
「アイオライト」MV

映画『氷菓』

11月3 日(金・祝)全国公開
出演:山?賢人/広瀬アリス/小島藤子/岡山天音/天野菜月/眞島秀和/貫地谷しほり(特別出演) /本郷奏多/斉藤由貴
監督・脚本:安里麻里
原作:米澤穂信『氷菓』(角川文庫刊)
主題歌:イトヲカシ「アイオライト」 エイベックス・トラックス
公式サイト:http://hyouka-movie.jp/
(c)2017「氷菓」製作委員会



【関連リンク】
イトヲカシ、映画『氷菓』ロケ地でフリーライヴ開催
イトヲカシまとめ
Hilcrhyme、2ヶ月連続リリースとなる新曲は 真矢ミキ主演の社会派人情ドラマ主題歌に

【関連アーティスト】
イトヲカシ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブ, 映画

Hilcrhyme、2ヶ月連続リリースとなる新曲は真矢ミキ主演の社会派人情ドラマ主題歌に
Tue, 26 Sep 2017 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Hilcrhymeが11月22日にシングル「涙の種、幸せの花」をリリースすることが決定した。10月18日には2017年第一弾のシングル「恋の炎」のリリースも決定しており、2ヶ月連続リリースとなる。

楽曲「涙の種、幸せの花」は10月7日スタートの東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『さくらの親子丼』の主題歌として書き下ろし曲で、メンバーのTOCは“誰かにとっての居場所となりたい、という思いを込めて作りました”とコメントしているとのこと。同楽曲は、聴き手の心を癒すようなHilcrhyme真骨頂のバラードに仕上がっているので、ドラマの初回放送からぜひ注目してほしい。 なお、シングルの初回限定盤DVDには「涙の種、幸せの花」のMVが収録される。

ドラマ『さくらの親子丼』は女優・真矢ミキが主演を務め、古本屋「九十九堂書店」の主人・九十九さくら(52)を演じる。その古本屋の奥には“たまりば”と呼ばれる一室があり、どこからともなく“行き場を無くした人々”が集まる。すると、主人のさくらは、深く詮索するでもなく「親子丼」を出す。相手が誰であろうと無料。空腹が満たされた“行き場のない人”は、少しずつ自分のことをさくらに話し始める。さくらはそれを聞き、「泣きたいときは泣けばいい。落とした涙の粒だけ幸せの花が咲くんだから」と彼らを支えていくという社会派人情ドラマ。 脚本は清水有生が担当する(「3年B組金八先生」ほか)。

■【コメント】

■真矢ミキ
「ドラマの思いが散らばっている“涙の種 幸せの花”何度も聞いてみました。心の深いところに染み入ります。支えてくれる人がいる そして支えてくれる歌がある それだけで、また生きようと思える…また生きたいと思う。Hilcrhymeさんありがとう。」

■東海テレビ『さくらの親子丼』プロデューサー・遠山圭介
「行き場を失った人たちの心を温かく受け止める主人公・九十九さくら。今回仕上げていただいた楽曲は、そんなさくらの心情が美しい言葉とメロディで表現されています。制作の段階からドラマの意図や想いをお話しさせていただきましたが、まさにさくらを通じて伝えたかった想いをギュッと込めていただいたと感動しています。“こんなに頼れる人がそばにいてくれたらいい”と素直に思える楽曲。土曜の夜、じっくり魅せるオトナのドラマにピッタリの主題歌です! 」

シングル「涙の種、幸せの花」

2017年11月22日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7370/¥1,700+税
(UPCX-5479/UPBX-1853)
【通常盤】
UPCH-5930/¥1,100+税
<収録曲>
■CD
1.涙の種、幸せの花
2.涙の種、幸せの花 -Original Instrumental-
他未定
■DVD ※初回限定盤のみ
涙の種、幸せの花 -Video Clip-

東海テレビ・フジテレビ系全国ネット『さくらの親子丼』

10月7日(土)スタート(全8回)
毎週土曜日23時40分〜24時35分
<キャスト>
九十九さくら/真矢ミキ
二宮あざみ/吉本実憂
九十九恭子/本仮屋ユイカ
中西俊太/塚田僚一(A.B.C-Z)
・オフィシャルHP
http://tokai-tv.com/oyakodon/



【関連リンク】
Hilcrhyme、2ヶ月連続リリースとなる新曲は 真矢ミキ主演の社会派人情ドラマ主題歌に
Hilcrhymeまとめ
家入レオ、大原櫻子、藤原さくらによる 楽曲「恋のはじまり」が急遽配信限定リリース決定!

【関連アーティスト】
Hilcrhyme
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, リリース, ヒップホップ, TVドラマ, 主題歌

家入レオ、大原櫻子、藤原さくらによる楽曲「恋のはじまり」が急遽配信限定リリース決定!
Tue, 26 Sep 2017 06:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ビクターエンタテインメント所属のレーベルメイトである家入レオ、大原櫻子、藤原さくらの3人による楽曲「恋のはじまり」が9月27日より主要配信サイトにて配信限定リリースすることが急遽決定!

元々の出会いは2014年、大原櫻子がデビュー直後に家入レオのライヴを観覧し挨拶したことがきっかけで、その後2015年にメジャーデビューした藤原さくらのライヴへ家入と大原が一緒に足を運び、楽屋で3人揃って会話したことが始まりだったという。もともと大原は家入のファンで、藤原と家入は同じ福岡出身、しかも大原はデビュー前の藤原のライヴを見ていたという偶然も重なって、友情だけでなくお互いの活動を尊重し合う関係になっているとのこと。

そんな仲良しの3人が2017年3月12日にパシフィコ横浜にて開催した『ビクターロック祭り 番外編 IchigoIchie Join 6 家入レオ×大原櫻子×藤原さくら』にてサプライズで披露した楽曲が「恋のはじまり」。同公演に向け“この日しか出来ない特別なことが出来たら”と、スタッフ発信ではなく3人が秘密で進めていく中、“2人を想って作った”という家入レオ作詞・作曲の楽曲だ。

10月8日に開催する『ビクターロック祭り2017大阪×MBS音祭〜supported by uP!!!』において、竹原ピストル、LOVE PSYCHEDELICOという先輩方と共に、家入レオ、大原櫻子、藤原さくらの3人が大阪の地に再び集うこととなり、好評を博した同楽曲をリリースする運びとなったとのこと。同イベントでも披露される予定なので、ぜひライヴに足を運んでほしい。

■【家入レオ、大原櫻子、藤原さくら コメント】

■家入レオ、大原櫻子、藤原さくら
「3月にパシフィコ横浜で歌った「恋のはじまりが」がリリースできることになってとても嬉しいです。」
■家入レオ
「この曲は櫻子ちゃんとさくらちゃんの2人が歌ってくれたらどんな風に響くだろうと思って歌詞を1こずつ磨きつつ、恋のウキウキした気持ちをギュッと閉じ込めました。」
■大原櫻子、藤原さくら
「本当にかわいい曲で、歌っていて幸せな気持ちになる曲です。」
■家入レオ、大原櫻子、藤原さくら
「ぜひみなさんも歌ってみてください!」

配信楽曲「恋のはじまり」

2017年9月27日配信開始



・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1281857547?app=itunes&ls=1
・レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1005759864/
・mora
http://mora.jp/package/43000005/VE3WA-17981/

『ビクターロック祭り2017大阪×MBS音祭〜supported by uP!!!』

10月8日(日) 大阪城ホール
14:00開場 / 15:00開演
出演(50音順) :家入レオ、大原櫻子、竹原ピストル、藤原さくら、LOVE PSYCHEDELICO(Premium Acoustic Set) 

<チケット情報>
一般発売:9月16日(土) AM10 :00〜
■チケットぴあ
・初日特電:0570-02-9580(9/16 10:00〜18:00)
・通常電話:0570-02-9999(9/16 10:00〜)※Pコード:340-275
・http://w.pia.jp/t/jvc-mbs/
■店舗:ぴあ店舗、セブン‐イレブン、サークルK・サンクス
■ローソンチケット
・初日特電:0570-084-691(9/16 10:00〜18 : 00)
・通常電話:0570-084-005(9/16 18:00〜)※Lコード:57491
http://l-tike.com/jvc-mbs
■店舗:ローソン店舗、ミニストップ
■CNプレイガイド
・初日特電:0570-08-9904(9/16 10:00〜18:00)
・通常電話:0570-08-9999(9/16 18:00〜)
http://www.cnplayguide.com
■店舗:ファミリーマート店舗
■イープラス http://eplus.jp/vrmmbs
■楽天チケット http://r-t.jp/victorrock
■Yahoo !チケット http://r.y-tickets.jp/rockmatsuri-osaka2017

※受付席種:指定席 7,020円
※枚数制限:4枚



【関連リンク】
家入レオ、大原櫻子、藤原さくらによる 楽曲「恋のはじまり」が急遽配信限定リリース決定!
家入レオまとめ
大原櫻子まとめ
藤原さくらまとめ
欅坂46、5thシングルの収録楽曲& “クールでカッコいい”新アーティスト写真を公開

【関連アーティスト】
家入レオ, 大原櫻子, 藤原さくら
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, コラボレーション, コラボ, 音楽配信

欅坂46、5thシングルの収録楽曲&“クールでカッコいい”新アーティスト写真を公開
Tue, 26 Sep 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

欅坂46が10月25日にリリースする5thシングルのアーティスト写真と収録楽曲を解禁! 新ビジュアルは今までの欅坂46とまたガラッと変わり、黒のタイトスーツに身を包み、センターの平手友梨奈はバッサリと髪を切り、“今まで以上にクールでカッコいい"ビジュアルに仕上がっている。

また、表題曲のタイトル「風に吹かれても」にあわせて他収録楽曲タイトルも発表となった。

リリースの度に、予想を超えるインパクトを残し続ける欅坂46。今後されるであろう、楽曲やミュージックビデオの公開も見逃せない。

シングル「風に吹かれても」

2017年10月25日(水)発売



【初回仕様限定盤 TYPE-A】(CD+DVD)
SRCL-9581〜9582/¥1,528+tax
<収録曲>
■DISC1 -CD-
1.風に吹かれても
2.それでも歩いてる
3.結局、じゃあねしか言えない
4.風に吹かれても off vocal ver.
5.それでも歩いてる off vocal ver.
6.結局、じゃあねしか言えない off vocal ver.
■DISC 2 -DVD-
1.風に吹かれても Music Video
2.月曜日の朝、スカートを切られた Music Video
3.特典映像 A ※近日詳細発表

【初回仕様限定盤 TYPE-B】(CD+DVD)
SRCL-9583〜9584/¥1,528+tax
<収録曲>
■DISC1 -CD-
1.風に吹かれても
2.それでも歩いてる
3.NO WAR in the future
4.風に吹かれても off vocal ver.
5.それでも歩いてる off vocal ver.
6.NO WAR in the future off vocal ver.
■DISC 2 -DVD-
1.風に吹かれても Music Video
2.それでも歩いてる Music Video
3.特典映像 B ※近日詳細発表

【初回仕様限定盤 TYPE-C】(CD+DVD) 
SRCL-9585〜9586/¥1,528+tax
<収録曲>
■DISC1 -CD-
1.風に吹かれても
2.それでも歩いてる
3.避雷針
4.風に吹かれても off vocal ver.
5.それでも歩いてる off vocal ver.
6.避雷針 off vocal ver.
■DISC 2 -DVD-
1.風に吹かれても Music Video
2.避雷針 Music Video
3.特典映像 C ※近日詳細発表

【初回仕様限定盤 TYPE-D】(CD+DVD)
SRCL-9587〜9588/¥1,528+tax
<収録曲>
■DISC1 -CD-
1.風に吹かれても
2.それでも歩いてる
3.波打ち際を走らないか?
4.風に吹かれても off vocal ver.
5.それでも歩いてる off vocal ver.
6.波打ち際を走らないか? off vocal ver.
■DISC 2 -DVD-
1.風に吹かれても Music Video
2.波打ち際を走らないか? Music Video
3.特典映像 D ※近日詳細発表

【通常盤】(CD)
SRCL-9589/¥972+tax
<収録曲>
1.風に吹かれても
2.それでも歩いてる
3.再生する細胞
4.風に吹かれても off vocal ver.
5.それでも歩いてる off vocal ver.
6.再生する細胞 off vocal ver.

※詳細はforTUNEmusicをご参照下さい。
http://fortunemusic.jp/



【関連リンク】
欅坂46、5thシングルの収録楽曲& “クールでカッコいい”新アーティスト写真を公開
欅坂46まとめ

【関連アーティスト】
欅坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, シングル, 発表













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1