歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年09月05日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
【スピッツ】『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR“THIRTY30FIFTY50”』2017年8月23日 at 横浜アリーナ
Tue, 05 Sep 2017 17:30:00 +0900


 “今日がスピッツ1,000回目のライヴらしいんですよ。本当かどうかわかんないけど、その噂に身を委ねます。ありがとう!”(草野マサムネ/Vo&Gu)、“まあ、1,000回はやっただろ!?”(三輪テツヤ/Gu)、“ここから、また頑張ろうぜ!”(草野)…なんてやり取りも軽快に飛び出した、結成30周年ツアー神奈川編の初日。

 さらに、この日は彼ら初の横浜アリーナ単独公演で、お祝いムードに拍車がかかる。もちろん、アニバーサリーならではの名曲ずくめ。時にギターを弾かずに身体を揺らしながら、キラキラした眼差しで、それらを大切に慈しむように草野は歌う。デビューシングル曲「ヒバリのこころ」も披露。不変の凄みというか、風みたいに駆ける草野の歌とアコギ、しなやかに唸る三輪のエレキ、ゴリッと弾む田村明浩(Ba)のベース、全体をシャープに締める?山龍男(Dr)のドラムが圧倒的に瑞々しく、例えば新曲「ヘビーメロウ」と遜色ないフレッシュさで聴ける。

 「ヒバリのこころ」「ヘビーメロウ」だと、歌詞のシンクロぶりもゾクッときた。《涙がこぼれそうさ》と《泣いてもいいかい?》、《僕らこれから強く生きていこう》と《確かな未来 いらないって言える幸せ》が、時を超えてこんなにも美しくつながるのだから。“なんで売れたかわかんない”という草野のはにかみで名曲「ロビンソン」が始まるなど、その後も鳥肌は止まらず! 以下、リーダー田村の最高なMCです。“不思議でいびつで変わってるのがロックだと思う。30周年は単なる通過点。長くやるのが目的じゃなく、やりたいことを今後もやっていきたいです”。

撮影:内藤順司、石橋俊治/取材:田山雄士

スピッツ

日本のロック・シーンで最も清涼感のある声をもつ男、草野マサムネ(vo&g)を筆頭に、三輪テツヤ(g)、田村明浩(b)、崎山龍男(dr)から成るスピッツは、91年にシングル「ヒバリのこころ」でデビューを果たした。その後、95年に発表したシングル「ロビンソン」(もはやロック・スタンダード!)が大ブレイク。コアなファンのみならず、一般リスナーからの支持もがっちり獲得した。???数々のヒット曲を鑑みると、わりとフォーキーで清潔なギター・ポップ・バンドという印象が強いが、マンチェ・ブーム以降のブリット・ロックを彷彿とさせるナンバーから、アグレッシヴにギターが疾駆するパワー・ポップ・チューンまでを幅広く展開する、懐の深さをもっている。また、滑らかなメロディを隠れみのにしながら、実は男の「身もふたもない理想(男根主義的妄想?)」を主軸にしている草野の歌詞は、スピッツ最大の妙といえるだろう。外では優等生で通っているけど、実はものすごい妄想癖を抱えるパンクロッカー………そんな二面性に着目すると、彼らの世界がよりいっそう見えてくるのではないだろうか。



【関連リンク】
【スピッツ】 『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”』 2017年8月23日 at 横浜アリーナ
スピッツまとめ
【超特急】 『HMV presents BULLET TRAIN 5th Anniversary Special「超フェス」“超”イロモノフェス』 2017年9月1日@豊洲PIT

【関連アーティスト】
スピッツ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.157

【超特急】『HMV presents BULLET TRAIN 5th Anniversary Special「超フェス」“超”イロモノフェス』2017年9月1日@豊洲PIT
Tue, 05 Sep 2017 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 超特急のCDデビュー5周年を記念して5日間連続で行なわれた『超フェス』の最終日。ゲストに迎えたゴールデンボンバー(以下、金爆)のカバー「女々しくて」で超特急がオープニングを飾ったのだが、コーイチ、カイ、タクヤ、ユースケは樽美酒研二風のメイク。タカシは顔面が真っ白(模様をイメージカラーの白で描いたため)、リョウガはカオナシ風、ユーキはKISSのジーン・シモンズ風。インパクト抜群のメイクで踊り、歌声を響かせた7人を、8号車(超特急ファンの愛称)と金爆ファンの熱い歓声が包んだ。

 アッパーな曲を連発した超特急に続いて登場した金爆も遊び心に満ちたライヴを繰り広げた。樽美酒がタクヤのお面を着用しつつTバックを食い込ませて乱舞した「抱きしめてシュヴァルツ」などを経て雪崩れ込んだ「†ザ・V系っぽい曲†」は、超特急も合流。喜矢武 豊、歌広場 淳、樽美酒がエアーギターソロを奏でる場面で、7人もさまざまな楽器を手にしてお立ち台に上がり、鬼龍院 翔のエアーバイオリンを阻止する寸劇で盛り上げた。

 後半の超特急のライヴは金爆がCMをしているラウンドワンに遊びに行く…という設定の演出が盛り込まれていた。ボーリング(ピンに金爆のメンバーの顔が描かれている)、ストラックアウト(ボードが金爆メンバーの顔写真)で遊んだ7人が最後に挑んだのはダーツ。“プロがやってるおまじない”と言われて口紅を塗ったユーキ自身が矢となり、向かった先の的で待ち構えていた歌広場にキスをするという衝撃的な結末を迎えて観客は笑い転げていた。

 本編を「Burn!」で締め括り、アンコールでまず披露されたのは超特急の「Synchronism」。歌い終わった後、5日間の中で共演した各アーティストへの感謝をユーキが感極まりながら語る。そして、ラストの2曲は超特急と金爆のコラボ。“ダンスがカッコ良い曲が我々にも1曲だけあった”と鬼龍院が言い、届けられた「あったかいよ、ユウジ」は11人による壮観のセクシーダンス。「超えてアバンチュール」では全員が大はしゃぎ。じゃれ合ったり、樽美酒が再びタクヤのお面を着用して大暴れしたりと、賑やかなムードのままエンディングを迎えた。金爆のメンバーを見送り、リョウガが“ハッピーエンドで終われたと思います!”と観客に挨拶。連日、魅力的なアーティストたちと共演し、一際たくましくなった7人は、今後さらに大活躍するに違いない。

取材:田中 大

セットリスト

【超特急】

1.女々しくて

2.Kiss Me Baby

3.浮つきWAVES

4.バッタマン

【ゴールデンボンバー】

5.#CDが売れないこんな世の中じゃ

6.酔わせてモヒート

7.抱きしめてシュヴァルツ

8.トラウマキャバ嬢

9.また君に番号を聞けなかった

10.†ザ・V系っぽい曲†

11.女々しくて

【超特急】

12.UNKNOWN

13.SURVIVOR

14.panipani〜Alwaysyou〜HOPE STEP JUMP〜Alwaysyou〜Summer love〜

Alwaysyou

15.PAPAPAPA JUMPERS

16.Burn!

<ENCORE>

1.Synchronism

2.あったかいよ、ユウジ(超特急×ゴールデンボンバー)

3.超えてアバンチュール(超特急×ゴールデンボンバー)

超特急

チョウトッキュウ:今話題のメインダンサー&バックヴォーカルグループ。2011年12月25日結成。12年6月にシングル「TRAIN」でインディーズデビュー。17年4月26日にリリースしたCDデビュー5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」は初のオリコンウィークリーチャート1位、ビルボードチャートHOT100総合1位を獲得。追加公演として初の日本武道館公演(秒速完売)を含めた計24公演に及ぶ全国ツアーを敢行中。ツアー後の8月末には、ジャンルの異なるアクトを迎えた初の主催イベント『超フェス』を5日間に渡って開催する。



【関連リンク】
【超特急】 『HMV presents BULLET TRAIN 5th Anniversary Special「超フェス」“超”イロモノフェス』 2017年9月1日@豊洲PIT
超特急まとめ
ゴールデンボンバーまとめ
シド、ニコ生『YOSHIKI CHANNEL』2周年をお祝い &『NOMAD』リリース記念特番に出演

【関連アーティスト】
超特急, ゴールデンボンバー
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.157, EBiDAN

シド、ニコ生『YOSHIKI CHANNEL』2周年をお祝い&『NOMAD』リリース記念特番に出演
Tue, 05 Sep 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月4日にアルバム『NOMAD』のリリースを控えるシドが、ニコニコ生放送の番組に立て続けに出演した。最初に出演したのはニコニコチャンネル内『YOSHIKI CHANNEL』の特別番組『8DAYS・2周年記念SP』。同番組は『YOSHIKI CHANNEL』の2周年を記念して放送されているもので、『8DAYS・2周年記念SP』と称し、合計8日間にわたってOAされているニコニコ生放送番組。シドは放送4日目の【DAY4】に出演し、『YOSHIKI CHANNEL』の2周年をメンバー全員でお祝いした。

続けて、シド自身の特別番組『シド生出演『NOMAD』リリース記念特番〜ニコ生Special〜』に出演。いよいよ9月6日にリリースとなる『NOMAD』収録曲を題材にしたイントロクイズや、アルバム制作秘話などを語り、番組を盛り上げた。

番組内では、先日「シドギャ集結せよ。」という不可解なメッセージとともに解禁された、9月6日 18時に都内某所で行われるイベントについての詳細も発表。依然、開催場所は不明のままだが、リリースを記念したプレミアムトークイベントが実施されることが判明。入場フリーのイベントとのことなので、ぜひ当日は足を運んでみよう。なお、開催場所については、9月5日(火)18時からシド公式Twitter(@sid_staff)にて順次解禁される。

また、CD発売に先駆けて9月5日に先行配信された『NOMAD』は、配信されるや否や、iTunesロックチャートで2位を獲得。改めて注目度の高さがうかがえる結果になっている。

■『NOMAD』リリース記念プレミアムトークイベント

9月06日(水) 都内某所
18:00〜

アルバム『NOMAD』

2017年9月6日発売



【初回生産限定盤A】(DVD付)
KSCL-2951/2952/¥3,611+税
<収録曲>
■CD 
01. NOMAD
02. XYZ
03. 硝子の瞳
(2017年1月発売シングル/劇場版 「黒執事 Book of the Atlantic」主題歌)
04. スノウ
05. 躾
06. バタフライエフェクト
(2017年5月発売シングル)
07. 低温
08. KILL TIME
09. 螺旋のユメ
(2017年8月発売シングル/ TVアニメ「将国のアルタイル」オープニングテーマ)
10. 普通の奇跡
■DVD
NOMAD -Specialインタビュー映像-



【初回生産限定盤B】(写真集付)
KSCL-2953/2954/¥3,611+税
※32pブックレット写真集付
<収録曲>
01. NOMAD
02. XYZ
03. 硝子の瞳
(2017年1月発売シングル/劇場版 「黒執事 Book of the Atlantic」主題歌)
04. スノウ
05. 躾
06. バタフライエフェクト
(2017年5月発売シングル)
07. 低温
08. KILL TIME
09. 螺旋のユメ
(2017年8月発売シングル/ TVアニメ「将国のアルタイル」オープニングテーマ)
10. 普通の奇跡



【初回仕様限定盤】(CD)
KSCL-2955/¥2,870+税
<収録曲>
01. NOMAD
02. XYZ
03. 硝子の瞳
(2017年1月発売シングル/劇場版 「黒執事 Book of the Atlantic」主題歌)
04. スノウ
05. 躾
06. バタフライエフェクト
(2017年5月発売シングル)
07. 低温
08. KILL TIME
09. 螺旋のユメ
(2017年8月発売シングル/ TVアニメ「将国のアルタイル」オープニングテーマ)
10. 普通の奇跡



【関連リンク】
シド、ニコ生『YOSHIKI CHANNEL』2周年をお祝い &『NOMAD』リリース記念特番に出演
シドまとめ
BUMP OF CHICKEN、全国ツアーの再追加公演が決定

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, アルバム

BUMP OF CHICKEN、全国ツアーの再追加公演が決定
Tue, 05 Sep 2017 19:30:00 +0900


BUMP OF CHICKENが9月よりスタートする全国ツアー『BUMP OF CHICKEN 2017-2018 PATHFINDER』の再追加公演が決定した。今回追加されたのは、10月24日〜25日のZepp Nagoya、11月8日〜9日の新木場STUDIO COAST、11月27日〜28日のZepp Osaka Bayside、年明け1月16日〜17日の神戸ワールド記念ホール、2月10日〜11日のさいたまスーパーアリーナの5カ所10公演。これでツアーは全29公演になり、ファイナルはさいたまスーパーアリーナで迎えることが明らかになった。

再追加公演のうち、東名阪ライヴハウス公演のイープラスプレオーダー1次受付が開始。来週には2次受付が行われる。なお、プレイガイド一般発売は実施されないので参加したい人は注意しておこう。また、神戸およびさいたま公演のチケット販売スケジュールは9月下旬に発表予定だ。

あわせて、ツアーのオフィシャルグッズも発表された。今回も全アイテムが直井由文(B)によるデザイン&プロデュースで、Tシャツ、タオルなどの定番アイテムからサコッシュ、コーチジャケットなどのファッションアイテムも揃っている。詳細はオフィシャルHPのグッズページで確認を。

『BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER』

9月16日(土) 千葉県 幕張メッセ国際展示場1〜3ホール
9月17日(日) 千葉県 幕張メッセ国際展示場1〜3ホール
9月23日(土・祝) 北海道 北海きたえーる
9月24日(日) 北海道 北海きたえーる
10月03日(火) 新潟県 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
10月08日(日) 静岡県 エコパアリーナ
10月09日(月・祝) 静岡県 エコパアリーナ
10月24日(火) 愛知県 Zepp Nagoya
10月25日(水) 愛知県 Zepp Nagoya
10月31日(火) 大阪府 大阪城ホール
11月01日(水) 大阪府 大阪城ホール
11月08日(水) 東京都 新木場STUDIO COAST
11月09日(木) 東京都 新木場STUDIO COAST
11月18日(土) 広島県 グリーンアリーナ
11月19日(日) 広島県 グリーンアリーナ
11月27日(月) 大阪府 Zepp Osaka Bayside
11月28日(火) 大阪府 Zepp Osaka Bayside
12月09日(土) 宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ
12月10日(日) 宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ
12月16日(土) 石川県 石川県産業展示館4号館
12月26日(火) 徳島県 アスティとくしま
<2018年>
1月10日(水) 愛知県 日本ガイシホール
1月11日(木) 愛知県 日本ガイシホール
1月16日(火) 兵庫県 神戸ワールド記念ホール
1月17日(水) 兵庫県 神戸ワールド記念ホール
1月27日(土) 福岡県 マリンメッセ福岡
1月28日(日) 福岡県 マリンメッセ福岡
2月10日(土) 埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
2月11日(日・祝) 埼玉県 さいたまスーパーアリーナ

◎ チケット先行抽選申し込み
・東名阪ライブハウス公演
イープラス抽選販売のみ(プレイガイド一般発売はありません)
プレオーダー受付<1次>
2017年9月5日(火)正午12:00〜2017年9月11日(月)23:59
プレオーダー受付<2次>
2017年9月12日(火)正午12:00〜2017年9月18日(月・祝)23:59
※枚数制限:1人1会場につき2枚まで
http://eplus.jp/bump-of-chicken/
・神戸&さいたま公演
チケット販売スケジュールは9月下旬発表予定



【関連リンク】
BUMP OF CHICKEN、全国ツアーの再追加公演が決定
BUMP OF CHICKENまとめ
WOMCADOLE、「人間なんです」ライヴビデオを公開&ツアー追加公演の詳細発表

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, ツアー

WOMCADOLE、「人間なんです」ライヴビデオを公開&ツアー追加公演の詳細発表
Tue, 05 Sep 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

滋賀で結成された4ピースバンドWOMCADOLE(ウォンカドーレ)が、9月6日リリースのシングル「アオキハルへ」収録楽曲「人間なんです」のライヴビデオを公開した。

この映像は、7月30日に大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINEにて行なった、バンドにとって初の大阪ワンマン公演『瀧昇 二本目 二〇一七 独奏山崎濁流編』の模様を収めたもの。ソールドアウトした同公演は、夏場ならではの凄まじい熱気と熱狂に包まれる中、アンコールで「人間なんです」を披露。ディレクションは、2017年1月に公開した楽曲「アルク」のライヴビデオの監督をした福島吉人が務めているとのこと。

さらに、『俺達のアオキハルへツアー』の追加公演に出演するゲストバンドも発表となった。11月10日の京都・KYOTO MUSE公演にthe equal lights、Swimy、the unknown forecastの3組、11月22日の東京・渋谷 TSUTAYA O-WEST公演にmol-74が出演。また、11月22日のO-WEST公演にはもう1バンドの出演が予定されており、後日最終発表される。

■「人間なんです」ライヴビデオ


https://youtu.be/ZDRPmvis6f8シングル「アオキハルへ」

2017年9月6日発売



UNCR-03/¥1,296(税込)
<収録曲>
1.アオキハルヘ
2.人間なんです
3.69
4.繭

『俺達のアオキハルへツアー』

9月16日(土) 広島・HIROSHIMA 4.14
w/ircle、ユビキタス、さよならポエジー and more
9月17日(日) 福岡・graf
w/さよならポエジー 、the Thursday
9月30日(土) 愛知・APOLLO BASE ※SOLDOUT
w/ハルカミライ
10月01日(日) 滋賀・B-FLAT
w/KAKASHI
10月15日(日) 東京・渋谷TSUTAYA O-Crest  ※SOLDOUT
w/Unblock
11月10日(金) 京都・KYOTO MUSE
w/the equal lights、Swimy、the unknown forecast
11月22日(水) 東京・渋谷TSUTAYA O-WEST
w/mol-74、+1BAND



【関連リンク】
WOMCADOLE、「人間なんです」ライヴビデオを公開&ツアー追加公演の詳細発表
WOMCADOLEまとめ
the equal lightsまとめ
mol-74まとめ
Swimyまとめ

【関連アーティスト】
WOMCADOLE, the equal lights, mol-74, Swimy, the unknown forecast
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, ツアー

KICK THE CAN CREW、KEYTALK、銀杏BOYZなど8月30日リリースの作品から5作を紹介
Tue, 05 Sep 2017 18:30:00 +0900


フリーマガジンokmusic UP\'s vol.156(8/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、8月30日リリースの作品5作を紹介!

1.『KICK!』/KICK THE CAN CREW
2.「セツナユメミシ」/KEYTALK
3.「骨」/銀杏BOYZ
4.「呼吸」/菅田将暉
5.『Last Dance Refrain』/八王子P

『KICK!』/KICK THE CAN CREW

Album 8/30 Release



SPEEDSTAR RECORDS
【初回限定盤(DVD付)】
VIZL-1228 ¥4,000(税抜)
【通常盤】
VICL-64834 ¥3,000(税抜)

“待ってました”と声をあげてしまったKICKの復活作! 14年振りとなるアルバムのリードトラック「千%」は過去曲のリリックの一部をところどころに織り交ぜた遊び心も嬉しく、14年という長い月日を《経て からの ここ》に帰ってきてくれた、という事実に目頭が熱くなった。このアルバムはもちろん、彼らの復活がカンフル剤となって、元気がないと言われがちな音楽シーンを盛り上げてくれるに違いない。
TEXT:佐藤志保

「セツナユメミシ」/KEYTALK

Single 8/30 Release



Getting Better Records
【初回限定盤(DVD付)】
VIZL-1221 ¥1,800(税抜)
【通常盤】
VICL-37309  ¥1,200(税抜)

首藤義勝(Vo&Ba)作のタイトル曲はアニメ『境界のRINNE』OPテーマとして、原作の奇想天外な世界観も反映した書き下ろし。和のテイストも感じる胸高鳴るバンドサウンドと調和する、ツインヴォーカルでのメロディーが美しく心地良い。《一瞬の夢》《刹那の憂い》と儚い夢を描いた歌詞も耳心地良く、曲の世界にどっぷり浸れる。個人的には切ない夏を歌った、寺中友将(Vo&Gu)作のミドルチューン「さよならを。夏、」も好き!
TEXT:フジジュン

「骨」/銀杏BOYZ

Single 8/30 Release



初恋妄℃学園
【初回生産限定盤】
SKOOL-041E ¥1,200(税抜)
※7インチ紙スリーブ仕様
【通常盤】
SKOOL-041 ¥1,200(税抜)
※初回生産盤の在庫が終了次第、通常盤に切り替わります

3カ月連続シングルリリース第二弾は、2016年に安藤裕子に楽曲提供し、自身主演のドラマ『奇跡の人』のEDテーマとしても使用された「骨」をバンドサウンドで再録。ねっとりした歌声で《骨までしゃぶらせて》と女性視点で恋心を歌うこの曲は、峯田和伸だからこそ表現し切れる美しくヘヴィな純愛ソング。「援助交際」を再録した「円光」は、アレンジやサポートメンバーとのグルーブも抜群。バンドの充実がしっかり伝わってくる。
TEXT:フジジュン

「呼吸」/菅田将暉

Single 8/30 Release



EPIC Records Japan
【初回生産限定盤(DVD付)】
ESCL-4904〜5 ¥1,667(税抜)
【通常盤】
ESCL-4906 ¥1,000(税抜)

菅田将暉の歌声には、テクニカルなギターもうねるようなベースラインも必要ない。そう思ってしまうほど真っ直ぐで澄んだ声が突き刺さる表題曲は、直球すぎるほどのロックチューン。清々しさとともに音楽への真摯な姿勢や覚悟も伝わってくる。自由への渇望を飾らない歌詞で歌ったカップリング曲「雨が上がる頃に」も胸を熱くさせ、演技のみならず歌も一流であるということが、この作品を通してうかがえる。
TEXT:佐藤志保

『Last Dance Refrain』/八王子P

EP 8/30 Release



Toy\'s Factory
【初回盤(DVD付)】
TFCC-86597 ¥2,315(税抜)
【通常盤】
TFCC-86598 ¥1,667(税抜)

初音ミクの誕生10周年を祝って八王子Pが発表した作品は、彼女の魅力を誰よりも分かっているからこそ生み出せる新たな電脳音楽世界。エレクトロを用いたダンスミュージックをベースに無限の可能性を提示する全8曲は、ボーカロイドのさらなる発展と進化を示唆している。とにかくkz(livetune)とタッグを組んだ「名作!傑作!マスターピース!feat.初音ミク」のユーモラスさにはあっぱれ!
TEXT:佐藤志保



【関連リンク】
KICK THE CAN CREW、KEYTALK、銀杏BOYZなど 8月30日リリースの作品から5作を紹介
KICK THE CAN CREWまとめ
KEYTALKまとめ
銀杏BOYZまとめ
菅田将暉まとめ

【関連アーティスト】
KICK THE CAN CREW, KEYTALK, 銀杏BOYZ, 菅田将暉, 八王子P
【ジャンル】
ニュース, okmusic UP\'s vol.156, リリース

Saku、12月に渋谷WWWリベンジワンマン開催!
Tue, 05 Sep 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライダーのSakuが、12月19日にワンマンライヴ『2017もおつかれーしょん? 〜このままSakuっとおわれるか!!〜』 を開催することを発表した。

2015年のメジャーデビュー時にリリースパーティーを行なった、Sakuにとって思い出深い場所、渋谷WWWでの開催となる。サブタイトル『このままSakuっとおわれるか!!』には、デビュー時にソールドアウトできなかった悔しさがこもっており、今回は完売を目指してのリベンジライブとのこと。

現在、すでにチケットのオフィシャル先行受付を実施中。先着順での受付となるので、気になる方は早めにチェックを。

■Sakuワンマンライブ 『2017もおつかれーしょん? 〜このままSakuっとおわれるか!!〜』

12月19日(火) 渋谷WWW
※学生の方は通常通りチケットをご購入いただき、当日会場にて学生証提示で500円キャッシュバックいたします。
※オフィシャル先行期間(先着順):9月4日(月)20:00〜9月13日(水)23:59
先行特典「ワンマンオリジナルステッカー&即興ソングCDR」プレゼント!!

配信楽曲「パクチー」

2017年8月9日配信



【iTunes】
https://itunes.apple.com/jp/artist/saku/id1082930122?app=itunes&ls=1
【レコチョク】
http://recochoku.jp/artist/2000332922/
【mora】
http://mora.jp/artist/473744/



【関連リンク】
Saku、12月に渋谷WWWリベンジワンマン開催!
Sakuまとめ
AK-69、シェネル参加の新曲を『FREEDOM aozora 2017九州』でサプライズ発表

【関連アーティスト】
Saku
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, ライブ, ワンマン

AK-69、シェネル参加の新曲を『FREEDOM aozora 2017九州』でサプライズ発表
Tue, 05 Sep 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

AK-69のニューシングルのタイトルが「I Still Shine feat. Che\'Nelle」に決定。表題どおり、シェネルがフィーチャリングされることも発表された。

この情報が解禁されたのは、9月2日に行なわれた『FREEDOM aozora 2017九州』のステージ上。AK-69はショーの途中、新曲についてまだ情報出しがされていなかったコラボレーションをここで発表するとコメント、そして「拍手で迎えてくれ、シェネル!!」と、パフォーマンスを終えたばかりの彼女をステージに呼び込み、コラボレーションをすることを発表した。

シェネルは、「ワッツアップ、AK!! 楽しみー!」と登場。ハグを交わしたAK-69はMCを続け、「シェネルとはレーベルメートということもあり、彼女の歌声にほんとに惚れ込んでて、彼女と一緒に曲を作りたいと思っていた。そして出来上がったのが「I Still Shine feat. Che\'Nelle」という曲。“いろんな逆境のなかにいても、やまない嵐はない、明けない夜はない”、というそんなみんなが勇気を持てるような曲をChe\'Nelleと作ったんでぜひとも聴いてください。でっけえ拍手を!」と言うとシェネルがワンコーラスをアカペラで披露。このサプライズ発表に会場は数度目のピークを迎えた。

シングルは、AK-69の日本武道館公演『DAWN IN BUDOKAN』当日の10月18日にリリース。既報の「Stronger」に加え、1stアルバム『DAWN』より「Hangover」のリミックス、「Hangover -Space Dust Club Remix-」を収録。そして初回盤に付属するDVDには「I Still Shine feat. Che\'Nelle」のMVが収められる。

シングル「I Still Shine feat. Che\'Nelle / Stronger」

2017年10月18日発売



【初回盤】(CD+DVD)
UICV-9259/¥1,500+税
【通常盤】(CD)
UICV-5067/¥926+税
<収録曲>
■CD
1. I Still Shine feat. Che\'Nelle
2. Stronger
3. Hangover -Space Dust Club Remix-
■DVD
I Still Shine feat. Che\'Nelle (Music Video)
Stronger(Music Video)

・シングル「I Still Shine feat. Che\'Nelle / Stronger」 特典情報
1.TSUTAYA(オリジナル絵柄):A2ポスター
2.GEO(オリジナル絵柄):A2ポスター
3.タワーレコード(オリジナル絵柄):A2ポスター
4.ローソンHMV(オリジナル絵柄):A2ポスター
5.WonderGOO(オリジナル絵柄):B2告知ポスター
6.ファンクラブ限定(オリジナル絵柄):A2ポスター
※特典は先着となり数に限りがあります。ご予約をお勧めいたします。
※一部取扱いのない店舗もございます。詳しくは各CDショップにてご確認ください。



【関連リンク】
AK-69、シェネル参加の新曲を『FREEDOM aozora 2017九州』でサプライズ発表
AK-69まとめ
シェネルまとめ
バンドハラスメント、歪んだ愛情を描いた「解剖傑作」MV公開

【関連アーティスト】
AK-69, シェネル
【ジャンル】
ニュース, シングル, 発表, リリース, ヒップホップ

バンドハラスメント、歪んだ愛情を描いた「解剖傑作」MV公開
Tue, 05 Sep 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

名古屋発の4人組バンド・バンドハラスメントの新曲「解剖傑作」のMVが公開された。

「解剖傑作」は、10月4日リリース 2nd シングルのリード曲。 監督に小笹竜馬を迎えた今作は、色と共に音が印象的に映え、一種虚無的だが、歪んだ愛情を描いた楽曲の世界観を如実に反映した作品に。バンドハラスメントの新しい一面が垣間見えるMVとなっているので、シングルのリリースに先駆けてぜひチェックしてほしい。

■「解剖傑作」MV


https://youtu.be/iV0hgQBUQwQシングル「解剖傑作」

2017年10月4日発売



SANPA-0002 /¥1,000+税
<収録曲>
1.解剖傑作
2.一人隠れんぼ



『僕と少女の解剖ツアー」』

10月13日(金) 鹿児島 SR-HALL
10月14日(土) 大分 club SPOT
10月17日(火) 福岡 Queblick
11月05日(日) 神戸 太陽と虎
11月15日(水) 渋谷 Milkyway
12月04日(月) 大阪 Pangea
12月15日(金) 名古屋



【関連リンク】
バンドハラスメント、歪んだ愛情を描いた「解剖傑作」MV公開
バンドハラスメントまとめ
安室奈美恵、新曲「Showtime」が TBSドラマ『監獄のお姫さま』主題歌に決定!

【関連アーティスト】
バンドハラスメント
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD, ツアー

安室奈美恵、新曲「Showtime」がTBSドラマ『監獄のお姫さま』主題歌に決定!
Tue, 05 Sep 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

安室奈美恵の新曲「Showtime」がTBS系火曜ドラマ『監獄のお姫さま』の主題歌に決定! 「Showtime」は、“ショータイム”を繰り広げる女性たちのキャッチーでアップテンポなポップソングで、主題歌決定と同時に、情報番組では音源が初解禁されている。

今回の主題歌提供は、ドラマサイドからの強い希望で実現。TBSドラマプロデューサーの宮崎真佐子は、“罪を犯した女性たちの一世一代の復讐劇を通して、普通に生きることの幸せや、貫きたい正義を描く本作。バカみたいで恥ずかしいけど、でもどこかかっこいい女たちの生き様を爽快に、力強く、盛り上げてくれる素敵な主題歌です”と主題歌に期待を抱いたコメントを発表している。安室奈美恵は、“とても光栄に思っております。ドラマで繰り広げられる“リベンジ計画”を“ショータイム”に例え、女性らしくポップな楽曲に仕上げました。この楽曲で、ドラマをより盛り上げるお手伝いができれば嬉しいです”と語っており、ドラマとともに楽曲にも注目だ。

2017年10月にスタートする『監獄のお姫さま』は、人気脚本家・宮藤官九郎が満を持して手掛ける“おばさん犯罪エンターテインメント”で、小泉今日子がTBSドラマでは16年ぶりの主演となることでも話題。さらに、満島ひかり、伊勢谷友介、夏帆、坂井真紀、森下愛子、菅野美穂といった超豪華女優・俳優陣が名を連ねており、『逃げるは恥だが役に立つ』『カルテット』など、話題性抜群のドラマが続いている火曜ドラマ枠での放送ということもあり注目度も高い。

■TBS系火曜ドラマ「監獄のお姫さま」特設ページ
http://www.tbs.co.jp/pripri-TBS/



【関連リンク】
安室奈美恵、新曲「Showtime」が TBSドラマ『監獄のお姫さま』主題歌に決定!
安室奈美恵まとめ
キャロル・キング、『つづれおり』全曲再現ライヴ&オリジナルアルバム全3アイテムを一挙リリース

【関連アーティスト】
安室奈美恵
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, TVドラマ, 主題歌

キャロル・キング、『つづれおり』全曲再現ライヴ&オリジナルアルバム全3アイテムを一挙リリース
Tue, 05 Sep 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

キャロル・キングの名盤『つづれおり』の全曲再現ライヴの模様を完全収録した『つづれおり:ライヴ・イン・ハイド・パーク』の日本盤が9月27日に発売。 また、日本独自企画の『つづれおり』アナログ盤、7インチ紙ジャケSACDマルチ・ハイブリッド盤も同時リリースされる。

『つづれおり:ライヴ・イン・ハイド・パーク』は、2016年7月3日に、ロンドンのハイド・パークで行なわれた『つづれおり』45周年を記念したコンサートの模様を収めたもので、『つづれおり』を史上初めて全曲演奏し、それに加えて、彼女の作品の中から人気の楽曲を収録。当日は65,000人以上もの熱狂的なオーディエンスが集まった。

伝説となった1973年のセントラル・パーク公演以来の大規模なコンサートとなった、このハイド・パークでの歴史的なパフォーマンスは、彼女にとって1989年以来初の英国公演となったと同時に『つづれおり』を全曲ステージ上で披露した初めての経験となった。ステージではキャロルがフル編成のバンドを率いる姿が見られるほか、彼女の圧巻の楽曲群から自身のお気に入りの楽曲も数曲披露されている。『つづれおり』オリジナル盤に参加したギタリスト、ダニー・“クーチ”・コーチマーがバンドメンバーとして名を連ね、ゲストとしてキャロルの娘ルイーズ・ゴフィンが「地の果てまでも」(人気テレビシリーズ『ギルモア・ガールズ』のテーマ曲として、母娘デュオが再録音した曲)などをキャロルと共演。ローレンス・オリヴィエ賞を受賞した『ビューティフル:キャロル・キング・ミュージカル』のウエスト・エンド版のキャストたちが参加している。

ポップ・カルチャーという生地に文字通り織り込まれた『つづれおり』は、ビルボード・アルバム・チャートで15週間にわたって1位を記録し、6年間チャートに留まったという大ヒットアルバム。また、キャロル・キングはこのアルバムで、グラミー賞の最優秀アルバム賞、最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞を含む4部門を受賞。「ソー・ファー・アウェイ」、「イッツ・トゥー・レイト」、「アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ」、「君の友だち」をはじめ、今も時代を超えるスタンダードとして歌い継がれている楽曲が数多く詰まった、まさにロック・ポップス史上の残る大名盤。

今作は、日本盤ならではのコンテンツが満載。詳細はオフィシャルHPにて。

アルバム『つづれおり:ライヴ・イン・ハイド・パーク』

2017年9月27日発売



SICP31074〜5/¥4,200(税抜)
・完全生産限定盤(CD+DVD)
・英文ライナー(翻訳付):キャロル・キング (2016年「ハイド・パーク・コンサート・プログラム」からの抜粋、自伝「ナチュラル・ウーマン」からの抜粋)
・ダニー・コーチマー特別インタビュー(日本盤のみ)
・日本盤書下ろし解説:萩原健太
・歌詞・対訳付

<収録曲>
■CD
1. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ
2. ソー・ファー・アウェイ
3. イッツ・トゥー・レイト
4. ホーム・アゲイン
5. ビューティフル
6. ウェイ・オーヴァー・ヨンダー
7. 君の友だち
8. 地の果てまでも with ルイーズ・ゴフィン
9. ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー with ルイーズ・ゴフィン
10. スマックウォーター・ジャック
11. つづれおり
12. ナチュラル・ウーマン
13. メドレー・イントロ
14. ゴフィン&キング・メドレー:サヨナラ・ベイビー、泣きたい気持ち、ゴー・アウェイ・リトル・ガール、朝からゴキゲン、ワン・ファイン・デイ
15. ヘイ・ガール
16. チェインズ
17. ジャズマン
18. アップ・オン・ザ・ルーフ
19. ロコモーション
20. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ(with 「ビューティフル:ザ・キャロル・キング・ミュージカル」キャスト)
21. 君の友だち(リプリーズ)
■DVD
1. オープニング/キャロルへのお祝いコメント(インストゥルメンタル・ミュージック・ベッド:イッツ・トゥー・レイト、ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー、ソー・ファー・アウェイ、ナチュラル・ウーマン)
2. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ
3. ソー・ファー・アウェイ
4. イッツ・トゥー・レイト
5. ホーム・アゲイン
6. ビューティフル
7. ウェイ・オーヴァー・ヨンダー
8. 君の友だち
9. 地の果てまでも with ルイーズ・ゴフィン
10. ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー with ルイーズ・ゴフィン
11. スマックウォーター・ジャック
12. つづれおり
13. ナチュラル・ウーマン
14. サヨナラ・ベイビー
15. 泣きたい気持ち
16. ゴー・アウェイ・リトル・ガール
17. 朝からゴキゲン
18. ワン・ファイン・デイ
19. ヘイ・ガール
20. チェインズ
21. ジャズマン
22. アップ・オン・ザ・ルーフ
23. ロコモーション
24. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ(with 「ビューティフル:ザ・キャロル・キング・ミュージカル」キャスト)
25. 君の友だち(リプリーズ)


アルバム『つづれおり』

2017年9月27日発売



【アナログ盤】(モービル・フィデリティ盤+日本制作ジャケット)
SIJP 55/¥4,800(税抜)
※完全生産限定盤
・日本盤初発売時のライナーノーツ復刻:朝妻一郎
・日本盤ライナーノーツ:萩原健太、歌詞・対訳付き、ファミリーツリー掲載
<収録曲>
■SIDE ONE
1. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ
2. ソー・ファー・アウェイ
3. イッツ・トゥー・レイト
4. ホーム・アゲイン
5. ビューティフル
6. ウェイ・オーヴァー・ヨンダー
■SIDE TWO
1. 君の友だち
2. 地の果てまでも
3. ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー
4. スマックウォーター・ジャック
5. つづれおり
6. ナチュラル・ウーマン

【7インチ紙ジャケット仕様SACDマルチ・ハイブリッド盤】
SICP 10120/¥4,200(税抜)
※完全生産限定盤
・日本盤初発売時のライナーノーツ復刻:朝妻一郎
・特別対談:朝妻一郎×湯川れい子
・特別寄稿:寒梅 賢(元キングレコード:キャロル・キング担当ディレクター)
・本作からカットされた日本盤シングル・復刻ジャケット2種封入(「イッツ・トゥー・レイト」「ソー・ファー・アウェイ」)
・日本盤ライナーノーツ:萩原健太、歌詞・対訳付き、ファミリーツリー掲載
<収録曲>
1. アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ
2. ソー・ファー・アウェイ
3. イッツ・トゥー・レイト
4. ホーム・アゲイン
5. ビューティフル
6. ウェイ・オーヴァー・ヨンダー
7. 君の友だち
8. 地の果てまでも
9. ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー
10. スマックウォーター・ジャック
11. つづれおり
12. ナチュラル・ウーマン
BONUS TRACKS
13. アウト・イン・ザ・コールド
14. スマックウォーター・ジャック(ライヴ)




【関連リンク】
キャロル・キング、『つづれおり』全曲再現ライヴ&オリジナルアルバム全3アイテムを一挙リリース
Carole Kingまとめ
『風街前夜祭2017』に松本隆、妻夫木聡、リリー・フランキー出演決定

【関連アーティスト】
Carole King
【ジャンル】
洋楽, ニュース, CD, DVD, アルバム, リリース

『風街前夜祭2017』に松本隆、妻夫木聡、リリー・フランキー出演決定
Tue, 05 Sep 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

作詞家・松本隆をリスペクトするアーティスト達が一堂に集結する『風街』最新プロジェクト『風街ガーデンであひませう2017』の開催に先がけて、前日となる10月5日に松本隆、妻夫木聡、リリー・フランキーが出演する『風街前夜祭2017』が行なわれることが発表された。

1日5,000枚のチケットが両日完売の大盛況で幕を閉じた伝説のコンサート『風街レジェンド』から2年。10月6日から3日間にわたり行なわれる、松本隆との接点を持つアーティスト達が一堂に会する『風街ガーデンであひませう2017』の全貌が、ついに明らかに。

10月5日の『風街前夜祭2017』は、サッポロ生ビール黒ラベル発売40周年を記念し、スペシャルゲストにサッポロ生ビール黒ラベルのCMキャラクターを務める妻夫木聡、リリー・フランキー、そして今回のイベントの主役である松本隆を迎える。貴重な3人の組み合わせによる『スペシャル“風街”座談会』や『風街ミニライブ』、そして会場ロビーには『BAR LOUNGE風街』がオープンし、松本隆作品を聴きながらお酒に酔いしれることができる一夜となる。チケットは現在発売中。

また、10月6日から3日間にわたり開催される『風街ガーデンであひませう2017』の追加アーティストとして、10月7日の公演にハナレグミの出演が発表。同日の公演にはすでに、堀込泰行、畠山美由紀、そして冨田ラボの出演が発表されており、オリジナルメンバーの揃い踏みに期待が高まる。さらに10月8日の公演には、上中丈弥(THEイナズマ戦隊)の出演も発表。それぞれどのような楽曲を披露するのか、この日限りの貴重なコラボレーションにも期待がかかる。なお、10月7日の公演に出演する“風街レジェンドGUEST”、斉藤由貴の実演楽曲に、松本隆&筒美京平のゴールデン・コンビによる「卒業」「初戀」「情熱」の大ヒット3部作もアナウンス。こちらも貴重な“風街"体験となること間違いなしだ。

さらに、各日のコンサート終演後には、松本隆作品のみで構成されるDJ パーティ『CLUB風街』も開催。10月6日から8日のDJには砂原良徳の出演がアナウンスされ、松本隆作品のオンパレードで会場を極上の“風街”空間に盛り上げる。イベントの全貌、そして出演アーティストより到着したコメントは、公式ホームページでチェックしてほしい。

■松本隆 コメント

作詞活動45周年を迎えたときに、詞の朗読を含めた2枚組のアルバムを出して、そのコンサートを東京で行いました。5年ごとにやっていこうかと話していたのですが、あと3年待てなくて、47年目の今年も開かせていただくことになりました。
今回のイベントは、南 佳孝さん、斉藤由貴さん、太田裕美さんのようなレジェンドたちと、いまの音楽シーンを引っ張っている若手たちを融合させていることが特徴です。

最前線の人たちが、「風の谷のナウシカ」や「セクシャルバイオレットNo.1」などをどんな風にカバーしてくれるのか非常にたのしみです。バンドメンバーもドラム、ベース、ギター、ピアノと日本有数のプレーヤーが、いま日本で聴ける最も上質な音楽をお届けします。
スタンダードな曲からレアな曲まで、3日間で合計6時間の「連続松本隆体験」をすると、心が解放されて不思議な力が湧いてくるんです。
僕は一昨年の45周年のときにそれを体験して、ちょっとびっくりしましたが、その感動が今回もあると思います。どんな3日間になるか、僕自身も本当に楽しみにしています。

恵比寿ザ・ガーデンホール全体が“風街”と化す、前夜祭も含めた奇蹟の4日間にご注目を。

【イベント情報】

『サッポロ生ビール黒ラベルPresents「風街前夜祭2017」 』
10月05日(木) 恵比寿ザ・ガーデンホール
出演:妻夫木聡 / 松本 隆 / リリー・フランキー

『サッポロ生ビール黒ラベルPresents「風街ガーデンであひませう2017」 』
■DAY 1
10月06日(金) 恵比寿ザ・ガーデンホール
出演:上白石萌音 / さかいゆう / 冨田ラボ・冨田恵一 / 中島 愛 / 秦 基博 / 吉澤嘉代子
風街レジェンドGUEST:南 佳孝 ※コンサート終演後「CLUB風街」開催
「CLUB風街」DJ:砂原良徳
【予定演奏曲目 / 全曲作詞:松本 隆 / 演奏:風街ガーデンばんど】
赤いスイートピー / Woman“Wの悲劇”より / さらばシベリア鉄道 / スタンダード・ナンバー / スローなブギにしてくれ(I want you) / 星間飛行 / タイム・トラベル / パラレル / 瞳はダイアモンド / 魔女 ほか
■DAY 2
10月07日(土) 恵比寿ザ・ガーデンホール
出演:クミコ / 手嶌 葵 / 冨田ラボ・冨田恵一 / 畠山美由紀 / ハナレグミ / 藤井 隆 / 堀込泰行
風街レジェンドGUEST:斉藤由貴 ※コンサート終演後「CLUB風街」開催有
「CLUB風街」DJ:砂原良徳
【予定演奏曲目 / 全曲作詞:松本 隆 / 演奏:風街ガーデンばんど】
風の谷のナウシカ / キャンディ / 罌粟 / 情熱 / 砂の女 / 絶望グッドバイ / 卒業 / 代官山エレジー / Tシャツに口紅 / 初戀 / 真冬物語 / 瑠璃色の地球 ほか
■DAY 3
10月08日(日) 恵比寿ザ・ガーデンホール
出演:安藤裕子 / 上中丈弥(THEイナズマ戦隊) / OKAMOTO\'S / 田島貴男(ORIGINAL LOVE)/ 中川翔子 / ROLLY ほか
風街レジェンドGUEST:太田裕美 ※コンサート終演後「CLUB風街」開催有
「CLUB風街」DJ:砂原良徳
【予定演奏曲目 / 全曲作詞:松本 隆 / 演奏:風街ガーデンばんど】
綺麗ア・ラ・モード / セクシャルバイオレットNo.1 / てぃーんず ぶるーす / ないものねだりのI WANT YOU / はっぴいえんどメドレー / ビーズ細工 / 木綿のハンカチーフ / 夜行性 / 指切り / レモネードの夏 ほか

演奏:『風街ガーデンばんど』
鈴木正人(音楽監督・Bass)/ 八橋義幸(Guitar)/ 松本圭司(Keyboards)/ ハタヤテツヤ(Keyboards)/ 玉田豊夢(Drums)/ 平陸(Drums)

※都合により出演者が変更になる場合がございます。予め御了承下さい。
※各日で演奏曲目は異なります。
※都合により曲目が変更になる場合がございますので、予め御了承下さい。



【関連リンク】
『風街前夜祭2017』に松本隆、妻夫木聡、リリー・フランキー出演決定
松本隆まとめ
リリー・フランキーまとめ
布袋寅泰、アルバム『Paradox』完全数量限定盤 封入グッズを公開

【関連アーティスト】
松本隆, リリー・フランキー
【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース

布袋寅泰、アルバム『Paradox』完全数量限定盤封入グッズを公開
Tue, 05 Sep 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月25日にリリースとなる布袋寅泰のニューアルバム『Paradox』の完全数量限定盤 Paradox Boxセットに封入されるグッズのデザインが公開。

公開されたデザインはマフラータオル、Tシャツ、トートバッグの3種。どれもブラックの地にタイトルロゴをシンプルに配した意匠で、ファンにとってはたまらないグッズになりそうだ。

また、『Paradox』を引っ提げた全国ツアー『HOTEI Live In Japan 2017 〜Paradox Tour〜』がリリースの翌日10月26日からベイシア文化ホールにてスタート。さらに、12月25日のツアーファイナル横浜アリーナ公演『HOTEI Paradox Tour 2017 The FINAL 〜Rock\'n Roll Circus〜 』は、最終公演ならではの選曲が予定されているとのこと。『〜Rock\'n Roll Circus〜』のタイトルにふさわしいツアーファイナルとなるに違いない。 なお、この最終公演でパフォーマンスされた数曲は、完全数量限定盤 Paradox Boxセット特典「フューチャー・ダウンロード・パス」にてダウンロードができる予定だ。

アルバム『Paradox』

2017年10月25日発売



【完全数量限定盤 Paradox Boxセット】 (2CD+フューチャー・ダウンロード・パス+Paradoxグッズセット)
TYCT-69122 ¥10,000+税
【通常盤】(CD)
TYCT-60110 ¥3,000+税

『HOTEI Live In Japan 2017 〜Paradox Tour〜』

10月26日(木) ベイシア文化ホール
10月30日(月) NHKホール
11月04日(土) SAYAKAホール
11月05日(日) 日立市民会館
11月11日(土) 鹿児島市民文化ホール 第1ホール
11月12日(日) 荒尾総合文化センター 大ホール
11月16日(木) 仙台サンプラザホール
11月17日(金) 滋賀県立文化産業交流会館
11月19日(日) 市川市文化会館
11月24日(金) 広島JMSアステールプラザ大ホール
11月26日(日) よこすか芸術劇場
12月02日(土) カルッツ かわさき
12月03日(日) 長野市芸術館
12月10日(日) 福岡サンパレスホテル&ホール
12月16日(土) オリックス劇場
12月17日(日) オリックス劇場
12月22日(金) 名古屋国際会議場 センチュリーホール

『HOTEI Paradox Tour 2017 The FINAL 〜Rock\'n Roll Circus〜』
12月25日(月) 横浜アリーナ



【関連リンク】
布袋寅泰、アルバム『Paradox』完全数量限定盤 封入グッズを公開
布袋寅泰まとめ
ブルエン、新曲「VS」が『銀魂』新OPに決定&11月よりツアーも開催

【関連アーティスト】
布袋寅泰
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 特典

ブルエン、新曲「VS」が『銀魂』新OPに決定&11月よりツアーも開催
Tue, 05 Sep 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTの新曲「VS」(読み:ヴァ―サス)が、10月より放送されるテレビ東京系アニメ『銀魂』ポロリ篇のオープニングテーマに決定した。過去にも同シリーズに楽曲「DAY×DAY」を提供したことがあり、今回は二度目のタッグとなる。彼らの新曲がアニメをどのように彩るのか、楽しみにしておこう。

なお、「VS」を収録したシングルを11月29日にリリースすることも決定。 『銀魂』描き下ろしジャケットの期間生産限定盤と初回生産限定盤、通常盤の3形態で発売され、初回生産限定盤には9月5日に行なわれるSPYAIRとの対バンライヴ『SPYAIR × BLUE ENCOUNT <LOCK ON!!!!>』でのBLUE ENCOUNTのライヴを収録したDVDが特典として付属する。さらに初回生産限定盤と通常盤には、サマーアンセム「SUMMER DIVE」も収録される。

11月からは、今シングルを引っ提げた東名阪ワンマン&2マンライヴ『TOUR2017-2018 〜VS〜』を開催。ワンマンではファンから寄せられたリクエストをもとにセットリストを決定する方式を採用している。リクエストを受け付けるツアー特設サイトは既に公開されており、インディーズ楽曲を含む2010年以降にリリースされた楽曲が対象。なお、2マンの対バンアーティストは追って発表されるとのこと。チケットのLIVER\'S CREW先行申込みは9月10日23時59分まで受付中なので、お見逃しなく。

さらに、本ツアーの先行受付チケットが、映像作品『TOUR2017 break“THE END”Makuhari Messe 20170320』に封入されることも決定。こちらの受付期間は9月11日12時から9月17日23時59分まで受付を行なう。あわせてチェックを。

シングル「VS」

2017年11月29日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD) 
KSCL 2975〜2976/¥2,500+税
<収録曲>
■CD
1.VS
2.SUMMER DIVE
3.曲名未定
■DVD
2017年9月5日に行われるSPYAIRとの対バンライブ SPYAIR × BLUE ENCOUNT <LOCK ON!!!!>でのBLUE ENCOUNTのライブを収録

【通常盤】(CD) 
KSCL 2977/¥1,204+税
<収録曲>
1.VS
2.SUMMER DIVE
3.曲名未定

【期間生産限定盤】 (CD)
KSCL 2978/¥1,111+税
※『銀魂』アニメ絵柄描き下ろしジャケット
<収録曲> 
1.VS
2.SUMMER DIVE
3.VS (TV size)
4.VS (Instrumental / TV size)

DVD & Blu-ray『TOUR2017 break“THE END”Makuhari Messe 20170320』

2017年9月6日発売



【DVD】
KSBL-6287〜8(2枚組)/¥3,611+税
<収録曲>
01.THE END
02.HEART
03.DAY×DAY
04.Survivor
05.JUMP
06.ルーキー ルーキー
07.ロストジンクス
08.TA・WA・KE
09.アンバランス
10.スクールクラップ
11.HEEEY!
12.LOVE
13.さよなら
14.涙
15.city
16.GO!!
17.THANKS
18.LIVER
19.JUST AWAKE
20.ONE
21.もっと光を
22.NEVER ENDING STORY

Making of TOUR2017 TOUR2017 break“THE END”
※全国9都市10公演で行なわれた各地でのドキュメンタリー映像を収録

■初回仕様特典:ハイスクールブルエンくんステッカー封入



【Blu-ray】
KSXL-247/¥4,537+税
<収録曲>
01.THE END
02.HEART
03.DAY×DAY
04.Survivor
05.JUMP
06.ルーキー ルーキー
07.ロストジンクス
08.TA・WA・KE
09.アンバランス
10.スクールクラップ
11.HEEEY!
12.LOVE
13.さよなら
14.涙
15.city
16.GO!!
17.THANKS
18.LIVER
19.JUST AWAKE
20.ONE
21.もっと光を
22.NEVER ENDING STORY

Making of TOUR2017 TOUR2017 break“THE END”
※全国9都市10公演で行なわれた各地でのドキュメンタリー映像を収録

■初回仕様特典:ハイスクールブルエンくんステッカー封入

『TOUR2017-2018 〜VS〜 』

11月27日(月) 名古屋ダイヤモンドホール ※ワンマン
11月28日(火) 名古屋ダイヤモンドホール ※2マン
11月30日(木) 大阪なんばHatch ※ワンマン
12月01日(金) 大阪なんばHatch ※2マン公演
<2018年>
1月17日(水) 新木場STUDIO COAST ※ワンマン
1月18日(木) 新木場STUDIO COAST ※2マン公演



【関連リンク】
ブルエン、新曲「VS」が『銀魂』新OPに決定&11月よりツアーも開催
BLUE ENCOUNTまとめ
セカオワのSaori、藤崎彩織名義で処女小説発表

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, DVD, Blu-ray, ツアー, ワンマン, オープニング

セカオワのSaori、藤崎彩織名義で処女小説発表
Tue, 05 Sep 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SEKAI NO OWARIのSaoriこと藤崎彩織初の小説『ふたご』が10月28日に出版されることがわかった。

とあるバンドの結成前夜を描いた本作は、構想から5年以上もの月日をかけて綴られたもの。いつも一人ぼっちでピアノだけが友達だった中学生の夏子と、不良っぽく見えるけれども人一倍感受性の強い、高校生の月島。彼は自分たちのことを「ふたごのようだと思っている」と言うのだが、いつも滅茶苦茶な 行動で夏子を困惑させ、夏子の友達と恋愛関係になり、夏子を苦しめる。 それでも月島に惹かれる夏子は、誘われるままにバンドに入り、彼の仲間と共同生活を行うことになる。自分ひとりでは何もできなかった少女が少年に導かれるままに成長し、自らの力で居場所を見つけようとする姿を描いた、感動の青春小説だ。藤崎は雑誌『文學界』でエッセイ「読書間奏文」を連載しており、その文筆活動にも注目が集まっている。

全国の書店では、『文春文庫 秋100ベストセレクション』フェアが開催中。また、 特設サイトでは『ふたご』の序章の手書き原稿が公開されるほか、セカオワメンバー4人の“おすすめ本”の紹介コーナー、今回のキャンペーンの写真を撮影した際のPR動画も展開されている。



【関連リンク】
セカオワのSaori、藤崎彩織名義で処女小説発表
SEKAI NO OWARIまとめ
uchuu,、東京・大阪にてワンマンライヴ開催決定

【関連アーティスト】
SEKAI NO OWARI
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

uchuu,、東京・大阪にてワンマンライヴ開催決定
Tue, 05 Sep 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月6日に新作EP『KEEP ON』をリリースするuchuu,が、9月15日からスタートする『uchuu,1st e.p. release tour 2017「KEEP ON」』のファイナル公演として、12月2日に東京・代官山UNIT、12月10日には大阪・心斎橋Music Club JANUSにてワンマンライヴを開催することを発表した。

“Crossover Music Creators”をテーマに制作し、新体制では初のリリースとなる今作では、そのテーマ通り様々な音楽要素をクロスオーヴァーさせてuchuu,にしか出来ないサウンドに仕上がっているという。作品同様、進化と変化を遂げ続ける彼らのライヴにぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

また、『KEEP ON』封入の用紙にはワンマンライヴのチケット先行予約の詳細が記載されているとのこと。いち早くチケットが手に入るチャンスとなっているので、見逃さないようチェックしてほしい。

■『uchuu, 1st e.p. release tour“KEEP ON”ONEMAN LIVE』

12月02日(土) 東京・代官山UNIT
開場17:00/開演17:30

12月10日(日) 大阪・心斎橋Music Club JANUS
開場17:00/開演17:30

<チケット>
・前売:¥3,000(税込)※ドリンク代別
・チケット先行販売
9月5日(火)18:00 〜 2017年9月13日(水)23:59まで
※詳細はEP『KEEP ON』に封入の用紙に記載

『uchuu,1st e.p. release tour 2017「KEEP ON」』

9月15日(金) 愛知・名古屋APOLLO BASE
出演:ircle/polly/RAF CHRONICLE
9月22日(金) 広島・セカンド・クラッチ
出演:ポタリ/Marry-che LIE/天道虫/simploop
10月19日(木) 宮城・仙台MACANA
出演:Radicalism(仙台)/Eveletor(仙台) and more
10月31日(火) 岡山・CRAZY MAMA 2nd room
出演:the quiet room/CRAZY VODKA TONIC
11月01日(水) 福岡・graf
出演:the quiet room/CRAZY VODKA TONIC

EP『KEEP ON』

2017年9月6日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
PECF-9027/¥2,000+税
【通常盤】(CD)
PECF-3179/¥1,389+税
<収録曲>
■CD
1.Keep on living in my music,
2.over myself
3.未来都市
4.am 2:35
5.TimeLINE
■DVD
1.secretspace
2.HELLO
3.夜間飛行
4.SI(G)N SEKAI
5.未来都市



【関連リンク】
uchuu,、東京・大阪にてワンマンライヴ開催決定
uchuu,まとめ
“西川貴教”名義初楽曲「BIRI x BIRI」の詳細解禁

【関連アーティスト】
uchuu,
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, ワンマン

“西川貴教”名義初楽曲「BIRI x BIRI」の詳細解禁
Tue, 05 Sep 2017 08:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“西川貴教”名義の配信シングル「BIRI x BIRI」の詳細が発表された。同楽曲は9月22日公開映画『スクランブル』のイメージソングとして制作され、作曲は海外作家を起用し、作詞には西川も参加。さらに、ゲストボーカルとしてShuta Sueyoshi(AAA)が参加し、息の合ったコラボレーションを披露している。詳細発表と同時に視聴も開始しとなり、配信は西川の誕生日である9月19日からスタートする。

■配信シングル「BIRI x BIRI」視聴
http://www.sonymusic.co.jp/artist/takanorinishikawa/discography/ESXX01712B01A

配信シングル「BIRI x BIRI」

2017年9月19日配信開始



Takanori Nishikawa feat. Shuta Sueyoshi (AAA)

映画『スクランブル』

オークション会場から搬出された世界に2台の37年型ブガッティを奪うはずだったアンドリュー(スコット・イーストウッド)とギャレット(フレディ・ソープ)のフォスター兄弟。しかし、落札したのが残忍なマフィアのモリエールだったために、兄弟は囚われの身に。命が助かる条件は、敵対するマフィアのクレンプが所有する62年型フェラーリ250GTOを1週間で盗むこと。寄せ集めチームで、犯罪史上最大の強奪作戦に挑むはずが、インターポールに追われ、アンドリューの恋人・ステファニーを人質に取られ、挙句の果てにはクレンプに計画を知られてしまう。だが、実はピンチさえも兄弟の〈計画〉だった──。

監督:アントニオ・ネグレ 製作:ピエール・モレル(『96時間』シリーズ)
脚本:マイケル・ブラント/デレク・ハース(『ワイルド・スピード×2』)
出演:スコット・イーストウッド『ワイルド・スピード アイスブレイク』、フレデリック・ソープ、アナ・デ・アルマス『ブレードランナー2049』

■映画『スクランブル』オフィシャルHP
http://gaga.ne.jp/scramble/
(c) 2016 OVERDRIVE PRODUCTIONS ?KINOLOGY? TF1 FILMS PRODUCTION ?NEXUS FACTORY



【関連リンク】
“西川貴教”名義初楽曲「BIRI x BIRI」の詳細解禁
西川貴教まとめ
AAAまとめ
T.M.Revolutionまとめ
LOVE PSYCHEDELICO、4年ぶりの新作を引っ提げ 待望の全国ツアーが開幕

【関連アーティスト】
西川貴教, AAA, T.M.Revolution
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボレーション, 映画, 音楽配信

LOVE PSYCHEDELICO、4年ぶりの新作を引っ提げ待望の全国ツアーが開幕
Tue, 05 Sep 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LOVE PSYCHEDELICOが9月1日、約2年ぶりとなる全国ツアー『Live Tour 2017 LOVE YOUR LOVE』を静岡のLive House 浜松窓枠にてスタートさせた。

2017年に結成20年目を迎えたLOVE PSYCHEDELICOは、7月5日に4年ぶりとなるオリジナルアルバム『LOVE YOUR LOVE』をリリース。その新作は長いキャリアを通じ、初めて自らミックス作業を手掛け、さらなる理想の追求を始めた新たな節目の作品となったが、全12公演からなる今回のツアーでは今まさに大きな一歩を踏み出そうとしている、その足元を確かめるようにNAOKIの地元である静岡のライヴハウスをツアー初日の地に選択。ステージとオーディエンスの強い結びつきから生まれるあたたかいムードのもとでライヴは行なわれた。

スタジオワークを極めた楽曲に今の時代の息吹きをもたらし、その躍動感がオーディエンスを惹きつけてやまない彼らのライヴだが、今回のツアーではバンドを新たに編成。「Last Smile」「Your Song」「My last fight」といったロッククラシック然とした名曲の数々は、今までと異なるアングルからその魅力が鮮やかに、ダイナミックに提示され、熱いラテンの血がたぎる「Might Fall In Love」やドラマティックな「Place Of Love」をはじめとする新作の楽曲は豊かな色彩と未体験の高揚感に彩られた新たな風景を見せてくれた。そして、その風景はこれから始まるツアーの各会場それぞれの色やタッチで書き加えられ、その場でしか見ることが出来ない絵に昇華されることになるはずだ。20年のキャリアを経てなお、LOVE PSYCHEDELICOが切り開こうとしている理想の音楽イメージを共有するべく、期待感を携え、ツアー各会場に足を運んでいただきたい。

■LOVE PSYCHEDELICO スペシャルサイト
http://www.jvcmusic.co.jp/delico/

『LOVE PSYCHEDELICO Live Tour 2017 LOVE YOUR LOVE』

9月09日(土) 仙台Rensa
9月10日(日) Zepp DiverCity (TOKYO)
9月24日(日) Zepp Namba
10月01日(日) 札幌PENNY LANE 24
10月06日(金) 高松オリーブホール
10月13日(金) Zepp Nagoya
10月14日(土) 広島CLUB QUATTRO
10月27日(金) 新潟LOTS
11月10日(金) 福岡DRUM LOGOS
11月17日(金) 金沢EIGHT HALL
11月24日(金) 中野サンプラザ

アルバム『LOVE YOUR LOVE』

発売中



【初回限定盤】(2CD)
VIZL-1176/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
VICL-64802/¥3,000+税
<収録楽曲>
■DISC -1-
1. Might Fall In Love
2. Feel My Desire
3. Birdie
4. This Moment
5. 1 2 3
6. Good Times, Bad Times
7. You\'ll Find Out
8. Rain Parade
9. Beautiful Lie
10. C\'mon, It\'s My Life(Album Mix)
11. Love Is All Around
12. Place Of Love
13. No Wonder
■DISC -2- ※初回限定盤のみ付属
1. 1 2 3(Demo Acoustic Version)
2. Love Is All Around(Demo Acoustic Version)
3. Birdie(Demo Acoustic Version)
4. Place Of Love(Demo Acoustic Version)



【関連リンク】
LOVE PSYCHEDELICO、4年ぶりの新作を引っ提げ 待望の全国ツアーが開幕
LOVE PSYCHEDELICOまとめ

【関連アーティスト】
LOVE PSYCHEDELICO
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ユニット, アルバム, ライブ, ツアー













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1