歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年08月27日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
YOSHIKI、ニコニコ動画で『5DAYS 2周年記念SP』放送決定
Sun, 27 Aug 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『YOSHIKI CHANNEL』にて、9月1日(金)17:30より大型特番『5DAYS 2周年記念SP』の放送が緊急決定した。2015年、 彗星のようにニコニコシーンに登場し、瞬く間にアーティストチャンネルナンバーワンを獲得した『YOSHIKI CHANNEL』。現在はナンバーワンの王座を独走し続けるだけではなく、国内外の超豪華ゲストを招いた対談や、7部構成という大型企画での放送など、前人未踏の新境地を開拓し続けている。そんな『YOSHIKI CHANNEL』がこの8月で2周年を迎えることを記念した本番組では、5日間に渡ってYOSHIKI本人および超豪華ゲストが生出演する。

7月にアコースティック形式によるX JAPANのコンサートツアーを大成功に収めたYOSHIKIは、8月26日から単独のプレミアムディナーショー『EVENING WITH YOSHIKI 2017 IN NAGOYA&OSAKA&TOKYO JAPAN』を開催。本番組では、先行受付時点で申込みが殺到し、一般発売前に全てソールドアウトとなったディナーショーの、東京公演の一部を2日間に渡って特別に公開する。そして、この東名阪ツアーの有終の美を飾る東京公演にはスペシャルゲストとして女優の桃井かおりの登壇が緊急決定。さらに、公演後にはYOSHIKIが生出演し、未だ術後のリハビリを続ける中で抱く、音楽への思いや今後について語られる。

また、これまでも「伝説対談SP」として、数々の超大物ゲストを招いてきた『YOSHIKI CHANNEL』。本番組では、ディナーショーにも登壇いただく桃井かおりに加えて、INORAN(LUNA SEA)、シド、GRANRODEO、Plastic Tree、Psycho le Cemuなど過去出演を果たした超豪華ゲスト達が、再びここに集結する。

今回はさらに、YOSHIKIが自身のインスタグラムでツーショット写真を公開し大きな話題を呼んだピコ太郎や、X JAPANの大ファンと公言するCHEMISTRYの川畑要、凛として時雨のピエール中野を初登場ゲストとして出演。ゲストは今後もさらに続々と増えていく予定だ。また番組内では、小室哲哉、GACKT、ゴールデンボンバーなど、豪華ゲストより寄せられたメッセージが披露される。

そして、ニコニコ各ジャンルにおけるナンバーワン達が緊急参戦。YOSHIKIの元に集うトップアーティストとニコニコナンバーワンによる、究極のバトルロワイヤルが新たな歴史に刻まれる。本番組内ではさらに、世界中で絶大な人気を誇るゲーム実況をお届け。ゴールデンボンバーとの前代未聞のゲーム対決から1年半、再びYOSHIKIがゲームの限界に挑戦する。新たな伝説を生みだしそうな、 今回の大型特番。 最後までどうぞお見逃しなく。

YOSHIKI CHANNEL「5DAYS 2周年記念SP」

第1夜:9月1日(金)17:30〜23:00
EVENING WITH YOSHIKI in Tokyo ~ Day1
【第1部】17:30〜18:30 会場密着レポート
【第2部】18:30〜20:00 プレミアムディナー試食レポート
【第3部】20:00〜22:00 ディナーショー生中継
【第4部】22:30〜23:30 YOSHIKI&スペシャルゲストインタビュー
ゲスト:桃井かおり

第2夜:9月2日(土)17:30〜23:00
EVENING WITH YOSHIKI in Tokyo ~ Day2
【第1部】17:30〜18:30 会場密着レポート
【第2部】18:30〜20:00 プレミアムディナー試食レポート
【第3部】20:00〜22:00 ディナーショー生中継
【第4部】22:30〜23:30 YOSHIKI&スペシャルゲストインタビュー

第3夜:9月3日(日)17:00〜19:00
17:00〜19:00 YOSHIKI&ピコ太郎生出演
ゲスト:ピコ太郎、 他

第4夜:9月4日(月)17:00〜19:00
ゲスト:INORAN(LUNA SEA)、 シド、 川畑要(CHEMISTRY)、
ピエール中野(凛として時雨)、 他
※「INORAN BAR」とのコラボレーション放送を予定。 タイムテーブル詳細は後ほど公開。

第5夜:9月5日(火)19:00〜21:00
ゲスト:GRANRODEO、 Plastic Tree、 Psycho le Cemu、 他
※タイムテーブル詳細は後ほど公開。

■番組視聴ページURL
https://secure.ch.nicovideo.jp/bylaw/ch2612527
※放送時間は予定のため変更となる場合がございます。
※生放送以外の時間帯は過去アーカイブ映像をお届けいたします。
※ディナーショーは一部のみの配信となります。
※一部YOSHIKI CHANNEL会員限定放送となります。 (無料視聴部分あり)
※YOSHIKI CHANNEL会員は全編視聴いただけます。
番組全編視聴するには YOSHIKI CHANNELに入会をお願いいたします。



【関連リンク】
YOSHIKI、ニコニコ動画で 『5DAYS 2周年記念SP』放送決定
X JAPANまとめ
YOSHIKIまとめ
メトロノーム、19周年記念ワンマンライブが 大盛況のうちに幕

【関連アーティスト】
X JAPAN, YOSHIKI
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース

メトロノーム、19周年記念ワンマンライブが大盛況のうちに幕
Sun, 27 Aug 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ピコピコ音と生身のロックサウンドのハイブリッド、黒と黄色のコントラストも目に鮮やかなエレクトロ・ポップ・ヴィジュアル系バンド、メトロノームが8月25日(金)、19周年記念ワンマンライブ『しゃーたん&めとたん』を赤坂BLITZで開催した。

タイトルがポップ感満載だが、メトロノーム結成19周年その日であるという「めとたん(=メトロノームの誕生日)」とVOICECODER(ボーカル)のシャラクの誕生日が8月であることの「しゃーたん(=シャラクの誕生日)」を掛け合わせた遊びの効いたもの。二つの誕生日を祝いに来たファンで会場は溢れかえった。

機材トラブルで開演が遅れ、会場はライヴへの期待と開演が遅れていることへの不安にざわざわとしていたが、客電が消えると歓声が沸き起こり、視線が一気にステージに注がれる。SEが流れる中、メトロノームのライヴではおなじみの機械的なナレーションで、19周年をファンの支えで迎えることができた謝辞が告げられ、続けてそれぞれのメンバーがステージに登場すると、今か今かと開演を待ちわびていたファンの気持ちがブースターとなり、激熱のメンバーコールが投げかけられる。19周年記念公演『しゃーたん&めとたん』が、シャラクの「メトロノームだ!」の雄々しい叫びで幕開けした。

スタートから「RE-SET」のリアレンジver.、「朧」「世界はみんな僕の敵」、「空想ヒーロー」とハードで男前の楽曲を会場に叩き込む。ステージに据えられた巨大なLEDに映し出される意匠の凝らされた映像が、パフォーマンスをさらに拡張し、赤坂BLITZをメトロノームの世界に変える。のっけからフルスロットルのTALBO-2(ベース)のリウのベースサウンドは、本人の激しい動きと同様に低く高くうねる。TALBO-1(ギター)のフクスケの指板に向けるクールな視線と、会場に向けるいたずらっぽい笑顔のギャップにファンは狂喜乱舞だ。MCで開演の遅れを謝るシャラクだったが、それを一瞬にして吹き飛ばす灼熱のライヴで会場は笑顔に溢れている。

続けてのゾーンはファンタジックかつダークさも内包した「魔法」、「薔薇と紅蓮」、「ぞんび君」と続く。「薔薇と紅蓮」は悲痛さが滲むサウンドと歌詞、シャラクの魂から叫ぶような歌声が心に突き刺さる。水を打ったように聴き入るファンの目はまさにステージに釘づけ。粒子の細かいミラーボールの光が場内をくるくると舞い、とてつもなく美麗だ。しかしその後間髪入れずに繰り出される「ぞんび君」のイントロでいやがおうでも縦ノリさせられる。

爽やかさとハードさがカオスのテクノSEから続いて披露されたのは「式神ループ」。この曲はまだリウがメトロノームに加入する前の2000年に、まさかの『MD』で無料配布された楽曲。19周年を迎えて新たにアレンジし直された曲は結成当初からのファンは悲鳴にも似た歓声をあげ、曲を知らないファンは独特の怪しい響きのテクノサウンドを純粋に新曲のように楽しんだ。一気にタイムスリップして2017年へ。最新アルバム『CONTINUE』に収録されている「惨敗生活」、「ボク募集中」を続けて披露。ハードロックとも言えるゴリゴリ曲の「惨敗生活」はフクスケとリウのコーラスも重く男らしい。ぐるっと変わってキッチュな遺言書「ボク募集中」はシャラク・ワールド全開のおもちゃのような声色に乗って、すでにファンにも染み着いたコミカルなフリで客席が揺れる。

毎回フクスケに指名されたメンバーが即興でフリを作る「豆腐メンタル」では先月TSUTAYA O-EASTで行われたPsycho le C?muとの2マンで、この曲にゲスト登場したPsycho le C?muのYURAサマが振り付けた「豆腐を切って好きなメンバーに投げる」フリをシャラクがリサイク…オマージュし、ファンはそれぞれの好きなメンバーに向かってエアー豆腐をたくさん投げた。最新アルバムの曲が続いた後はグッと遡って「確証BIAS A GO! GO!」。LEDに映し出される「GO」と「業(ごう)」の文字に合わせて拳が力いっぱいつき上げられる。

メトロノームのロゴつきの提灯がステージ背面に立体的に浮かび上がると、コミカルなフクスケの煽りの後、会場全員でボンダンス(盆踊り)。祝福ムード満載の楽しい光景が広がった。「プチ天変地異」ではリウが弓でアップライトベースを弾いた後、おもむろに弓を高く投げ上げてから指弾きにシフト。激しく覆いかぶさるように弾き倒し、ロック満載の「プチ天変地異」となった。

メンバーがステージからはけるとほぼ同時に沸き起こったアンコールに応えて登場したフクスケが、ステージセンターのメトロゴ付きのステップに、かっこよく足を置こうとするが完全に空振り、女子のように倒れこむというハプニングで爆笑を起こしながらも、19周年を迎えることができた感謝の気持ちを改めてファンに伝えた。来年は20周年を迎えることに言及し、『来年の8/25も空けとけよ!』と少年のような笑顔を魅せた後、『まだまだ30周年、40周年…と続けたいと思ってるので、よろしく!』と明るく告げ、ファンもはち切れんばかりの笑顔に。その上、嬉しいことに、DASEINとCASCADEとの趣向を凝らした2マンライブが11月11日、12日と開催されることを発表。さらに12月10日には、今年6月に行われたリウのバースデーライブ『りうたん』、今回の『しゃーたん&めとたん』に続き、フクスケのバースデー記念ライブ『ぷくたん』が開催されることも発表。まだまだ発表は続き、渋谷Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにてメトロノーム主催のカウントダウンイベントが12月31日に開催されることも発表した。

フクスケに「筋肉1号、リウ!」と呼び込まれ、不本意げに登場したリウは、最近痩せたからと「スリム1号」と訂正して、反撃とばかりに「スリムじゃない1号」とフクスケを指すコント的なやりとりが。シャラクが呼び込まれると打ち合わせなしのキャイ〜ンのポーズに阿吽の呼吸でフクスケがのっかり、高校の同級生であるアピールで会場をほっこりさせた。

アンコール1曲目に繰り出したのは、2000年になんと『デモテープ』で無料配布された曲「村は1cm」のリアレンジバージョン。ファンタジーと近未来感が交差する不思議な歌詞とサウンドは、現在のメトロノームの進化をまとって全く色あせない。さらに排他感と解放感を併せ持つ「三つ数えろ」から、メンバーと会場のヘッドバンギングがシンクロする「気が狂いそうな時に口ずさむ唄」で客席もステージも混沌と化し、その後に贈られた「アリガト」は、実際の歌詞よりもさらに別の意味合いを深くし、叫ぶように高いシャラクの「アリガトーーーーーー!!」は、プライスレスとしか言いようがない。その後届けられた最新アルバムのリード曲「強くてNEW GAME」でのメトロノームは、その曲名の通りに、昨年秋までの7年間の休止期間は、ゲームでいうところのちゃんと『セーブ』されていて、今はそのセーブデータからNEW GAMEをスタートさせて、さらに進化する旅の途中のように感じさせた。

まだまだ収まらないファンのアンコールによって再び登場したメンバーは「絶望さん」を披露。会場いっぱいのファンによる『絶望でーす!!』の唱和は底抜けに気持ちよく、絶望的なフレーズにも関わらず多幸感が溢れた。「おっきい会場でやりたいんです。もっとおっきい会場が似合うバンドになりたいんです。『ついて来い』なんて偉そうなことは言えませんが、一緒に、どんどん大きくなってどんどん楽しいことをしたいです。…なんで、よろしく」シャラクがポツポツとたどたどしく、不器用に語る。でも言い切る形で。ちょっと照れ臭そうに、「では次、最後の曲…くるくる回って、今のこと忘れちゃダメだよ(笑)」と言ってからドロップしたのは「φD-SANSKRIT」。メトロノームのライブ定番の楽曲で、ファンは腕も身体も大きく揺らし、くるくる回り、満員の会場が波打つ中、涙腺が緩んだファン続出で、楽しくも泣き笑いの感動的な赤坂BLITZとなった。曲中にサラッと「ついてきてね」と言ったシャラクの笑顔が眩しい。

全25曲をたっぷりファンに贈ったメトロノーム。力強く客席を煽り、白い歯を見せて不敵に笑うフクスケ、おそるべき身体能力で跳ねまわりながら顔をくしゃくしゃにして笑うリウ、どちらかというとカッコよさが際立つ中でほほ笑むシャラク、3人のメトロノームのこの先を、昔からのファンも、新しくファンになった人も、友だちの付き添いで来た人も、きっと、ずっと見たい、ついていきたいと思わせるに十分すぎる19周年記念公演となったのではないだろうか。

Photo by 大塚秀美

【セットリスト】
1.RE-SET
2.朧
3.世界はみんな僕の敵
4.空想ヒーロー
5.魔法
6.薔薇と紅蓮
7.ぞんび君
8.式神ループ(テクノコーナー)
9.惨敗生活
10.ボク募集中
11.豆腐メンタル
12.解離性同一人物
13.千年世界
14.確証BIAS A GO! GO!
15.MATSURI
16.自分コンプレックス
17.プチ天変地異
18.ボク偉人伝
[ENCORE]
19.村は1cm
20.三つ数えろ
21.気が狂いそうな時に口ずさむ唄
22.アリガト
23.強くてNEW GAME
[ENCORE 2]
24.絶望さん
25.φD-SANSKRIT

アルバム『CONTINUE』

発売中



【初回生産限定 メト箱】(CD+DVD)
KICS-93471/¥6,000+税
<収録曲>
■CD
01.CONTINUE
02.強くてNEW GAME
03.ボク募集中
04.自分コンプレックス
05.東京ロマンチカ
06.暗いbaby
07.空想ヒーロー
08.豆腐メンタル
09.千年世界
10.惨敗生活
11.形而上気分でRock\'n Roll
12.解離性同一人物
■DVD
第10期 起動 Zepp Tokyo『Please Push Play』
01.残念僕の人生
02.プチ天変地異
03.ねじ式
04.世界はみんな僕の敵
05.僕の右脳 猿の左脳
06.アクアリウム
07.プラネット
08.不機嫌なアンドロイド
09.thank you for my everyday
10.ハロー
11.コンピュータ
12.解離性同一人物
13.三つ数えろ
14.めんどくさい
15.MATSURI
16.PSYCHO-ENEMY
17.絶望さん
[EN-1]
18.メタリア〜ノ?ピコリアーノ!
19.φD-SANSKLIT
20.ボク偉人伝
[EN-2]
21.アリガト
・解離性同一人物 [MUSIC VIDEO]
・強くてNEW GAME [MUSIC VIDEO]



【通常盤】(CD)
KICS-3471/¥3,000+税
<収録曲>
01.CONTINUE
02.強くてNEW GAME
03.ボク募集中
04.自分コンプレックス
05.東京ロマンチカ
06.暗いbaby
07.空想ヒーロー
08.豆腐メンタル
09.千年世界
10.惨敗生活
11.形而上気分でRock\'n Roll
12.解離性同一人物



【関連リンク】
メトロノーム、19周年記念ワンマンライブが 大盛況のうちに幕
メトロノームまとめ
A9、リクエスト中心のアニバーサリーライブにて ツアー、クリスマス&正月ライブを発表

【関連アーティスト】
メトロノーム
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ワンマン, ライブレポ

A9、リクエスト中心のアニバーサリーライブにてツアー、クリスマス&正月ライブを発表
Sun, 27 Aug 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

A9が8月26日(土)に新木場スタジオコーストにて、ほぼリクエスト曲で構成されたファンにとっても貴重な夜になったであろう一夜を真っ赤に染め上げ、自らのアニバーサリーを祝った。

そして、終演後にはまだ見ぬ土地を中心にA9のほうから逢いにいく『13/13』という意味深なタイトルの13本のツアー、クリスマス&正月ライブ『THE BIRTH AND DEATH』も発表。更には告知されていた9月20日リリースのシングル「PENDULUM」のミュージックビデオも解禁。会場を大いに湧かせた。

また、終演後には近日発売予定のA9 13周年記念写真集「5 ELEMENTS PIECES」の今日のために特別にセレクトされた冊子も配布され、発売まで期待の声が上がっている。

Photo by MIKI FUJIWARA

A9 2017-2018 LIVE TOUR『13/13 -Thirteen&Thirteen』

12月08日(金) 松坂M\'AXA
12月10日(日) 和歌山SHELTER
12月11日(月) 徳島club GRINDHOUSE
12月14日(木) 米子AZTiC laughs
12月16日(土) 福岡 DRUM Be-1
12月17日(日) 佐賀GEILS
1月11日(木) 水戸LIGHT HOUSE
1月14日(日) 高崎club FLEEZ
1月19日(金) 宇都宮HEAVEN\'S ROCK VJ-2
1月21日(日) 秋田Club SWINDLE
1月27日(土) 甲府CONVICTION
<チケット>
オールスタンディング  ¥4,800(税込・ドリンク別) 
※整理番号順入場
当日券 全公演 ¥500UP

Christmas&New Year Special Live『BIRTH AND DEATH』

12月24日(日) ディファ有明(Tokyo)
【2018年】
1月06日(土) 松下IMPホール(Osaka)

<チケット>
・大阪 指定席 ¥6,480(税込 ) 
・東京 指定席 ¥6,480(税込・ドリンク別) 
・当日券 全公演¥500UP



【関連リンク】
A9、リクエスト中心のアニバーサリーライブにて ツアー、クリスマス&正月ライブを発表
A9まとめ
[Alexandros]、12月に東名阪ツアーを開催

【関連アーティスト】
A9
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ライブレポ

[Alexandros]、12月に東名阪ツアーを開催
Sun, 27 Aug 2017 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

[Alexandros]が12月から『[Alexandros] Tour 2017 "NO MEANING"』を東名阪で開催することを発表した。12月4日・5日がZEPP OSAKA BAYSIDE、11日・12日がZEPP NAGOYA、そして19日・20日がZEPP TOKYOの全6公演となる。

オフィシャルファンクラブ「[Alexandros]CREW」では9月5日より、モバイルサイト「[Alexandros]MOBILE」では9月12日より会員を対象にチケットの先行予約申し込みを受け付ける。

『[Alexandros] Tour 2017 "NO MEANING"』

12月04日(月) 大阪 ZEPP OSAKA BAYSIDE
12月05日(火) 大阪 ZEPP OSAKA BAYSIDE
12月11日(月) 名古屋 ZEPP NAGOYA
12月12日(火) 名古屋 ZEPP NAGOYA
12月19日(火) 東京 ZEPP TOKYO
12月20日(水) 東京 ZEPP TOKYO



【関連リンク】
[Alexandros]、12月に東名阪ツアーを開催
[Alexandros]まとめ
ポタリ、地元・名古屋のみのワンマン終焉! 秋には新たなツアーも!!

【関連アーティスト】
[Alexandros]
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, ツアー, チケット

ポタリ、地元・名古屋のみのワンマン終焉!秋には新たなツアーも!!
Sun, 27 Aug 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ポタリが8月26日(土)、地元・名古屋に限ったワンマンライヴ「真夏の王女たち」を名古屋Electric Lady Landで開催! 数々のイベント出演、CDリリースを経て、今年1月に同会場でワンマンライヴを開催した時よりもさらにパワーアップした姿を満員のお客さんに十二分に見せつけた。

そして、ライヴ中には秋ツアーの日程を発表! しかも、秋のツアーでは本日のワンマンライヴの中から厳選した楽曲のライヴ映像を配布し、すべての会場で異なる楽曲を1曲ずつ来場者全員に限定配布する。ポタリとしては、ライヴ映像の配布は初の試みだ。

“夏はレコーディング漬けだった”というなつ(Vo)のMCもあったため、新作の発表も予想される。そんなポタリから、ますます目が離せなくなりそうだ。

「ポタリing TOUR 2017 〜魔法のカケラ持って行きますから〜」

10月07日(土) 愛知 「RIZE UP CIRCUIT 2017」(SPADE BOX、APOLLO BASE、Heartland サーキットイベント)
10月15日(日) 東京 shibuya eggman(BabySitterレコ発企画)
10月20日(金) 神奈川 横浜BAYSIS
11月10日(金) 石川 金沢VanVanV4
11月13日(月) 東京 渋谷TSUTAYA O-Crest
11月14日(火) 千葉 千葉LOOK
11月21日(火) 山口 周南rise
11月23日(木) 岡山 岡山image
11月24日(金) 大阪 福島2nd LINE
11月26日(日) 福島 郡山PEAK ACTION
11月28日(火) 宮城 仙台MACANA
11月29日(水) 新潟 新潟GOLDEN PIGS BLACK
and more...



【関連リンク】
ポタリ、地元・名古屋のみのワンマン終焉! 秋には新たなツアーも!!
ポタリまとめ
YOSHIKI、名古屋よりプレミアムディナーショー開幕

【関連アーティスト】
ポタリ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ガールズバンド, 発表, ライブ, ツアー, ワンマン, ライブレポ, レポート

YOSHIKI、名古屋よりプレミアムディナーショー開幕
Sun, 27 Aug 2017 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月26日(土)、YOSHIKIのプレミアムディナーショー『EVENING WITH YOSHIKI 2017 IN NAGOYA&OSAKA&TOKYO JAPAN』が初開催となる名古屋で初日の幕を開けた。

2017年で4年目を迎える本公演は、通常キャパ1万人以上の会場でしか見れないYOSHIKIのパフォーマンスが、手の届く距離で堪能できる、年に一度の貴重なチャンスという事もあり、初開催となる名古屋、そして大阪、東京を合わせた全7公演分のチケットが発売後すぐソールドアウト。例年通り申し込みが殺到した為、名古屋公演と大阪公演は、今回特別にショーレイアウト確定後に急遽追加席を販売するほどの反響ぶり。各国の音楽の殿堂を制し、ワールドワイドに活動するYOSHIKIのパフォーマンスを、これほどまでの至近距離で見られるのは、このプレミアムディナーショーだけの特権だ。限られたチケットを手にしたこの日の来場客500人を前に、ライブは約3時間半に及び行われた。

会場の入り口では、ピアノに座りパフォーマンスをするYOSHIKI、そして「日本人男性初の表紙起用」と各メディアに取り上げられ大きな話題になっている、28日発売『VOGUE JAPAN』の表紙、2つの巨大なパネルと共に、ライトアップされたドラムセットとクリスタルピアノが出迎えてくれる。天井にはいくつものシャンデリアが光り輝き、美しくセッティングされたテーブルには本人監修のこだわりのディナー。YOSHIKIオリジナルワインや、この日の為だけに用意されたオリジナルグッズ等の手土産の数々、そしてディナーショー限定で販売されるグッズは、毎年ファンの間で大きな注目を集めている。

名曲「THE LAST SONG」から始まったショーでは、12月13日に待望のBlu-ray&DVDリリースが決定したドキュメンタリー映画『WE ARE X』の主題歌「La Venus」や、天皇陛下御即位10年奉祝曲「Anniversary」、2012年、2013年ゴールデングローブ賞テーマ曲「Golden Globe Theme」など、YOSHIKIが手掛けた数々の名曲たちが披露された。ストリングスと、この日の為に海外から招いたゲストボーカリストのケイティ・フィッツジェラルドとアシュリー・ナイトがステージに花を添え、計15曲、リクエストコーナーでのUNFINISHED、ROSE OF PAIN、LONGINGを含め計18曲が演奏された。

また、煌びやかなYOSHIKIMONOを身にまとったモデルたちのファッションショーや、yoshikittyの登場、そしてYOSHIKIが実際に撮影で着用した衣装のチャリティーオークションも行われ、場内が白熱する場面も。この日は私物や撮影時に使用された全5アイテムが出品されオークション落札合計額は、なんと総額730万円。これらは、YOSHIKIが運営する米国非営利公益法人501(c)(3) 「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じて全額寄付される。

アコースティックで魅せた、X JAPAN日本ツアーから約1カ月。物凄い反響を呼んだあのライブツアーの余韻も感じられるような今回のディナーショー会場のファンの熱気は、いまだリハビリに挑み自分と戦いながら前へ進もうとするYOSHIKIにとって大きな力となっているだろう。YOSHIKIはこの日、「加速したようにいろいろな事が起こり、いろんな事を考えた。フィルムのように今でも心を駆け巡る。」と、 自身の手術からここに辿り着くまでの道のりを振り返り、「それでもその瞬間にしかできない音があると思っている。」と、これからも前に進み続ける覚悟、そして、こうして2017年もディナーショーのステージに立てる事の喜びと感謝を口にした。

『EVENING WITH YOSHIKI 2017』は26日・27日の名古屋公演を終えた後、29日・30日に大阪公演、9月1日・2日に東京公演を行う。大阪公演のみ特別追加席がまだ若干数受付可能。年に一度のスペシャルな空間、一度は堪能するべき。

【セットリスト】
1.THE LAST SONG
2.FOREVER LOVE
3.GOLDEN GLOBE
4.ROSA
5.KURENAI
6.MIRACLE
7.ANNIVERSARY
8.薔薇のように咲いて 桜のように散って
9.HELLO KITTY THEME
10.I\'LL BE YOUR LOVE
11.LA VENUS
12.SWAN LAKE
13.RIVER OF THE LIGHT
14.WITHOUT YOU
15.ENDLESS RAIN

『EVENING WITH YOSHIKI 2017 IN NAGOYA ,IN OSAKA, IN TOKYO』

【名古屋公演】
8月27日(日) 名古屋マリオットアソシアホテル
OPEN:17時 / DINNER START:18時 / SHOW TIME:19時30分
チケット料金:86,400円(税込) SOLD OUT!

【大阪公演】
8月29日(火) RITZ CARLTON大阪
8月30日(水) RITZ CARLTON大阪
OPEN:17時30分 / DINNER START:18時30分 / SHOW TIME:20時
チケット料金:86,400円(税込) 残席残り僅か

【東京公演】
9月01日(金) グランド・ハイアット東京
OPEN:17時30分 / DINNER START:18時30分 / SHOW TIME:20時
チケット料金:86,400円(税込) SOLD OUT!

追加公演『BREAKFAST (LUNCH) WITH YOSHIKI IN TOKYO 2017 〜今年もYOSHIKIと朝食を〜』
9月02日(土) グランド・ハイアット東京
OPEN:11時 / Breakfast START:11時45分 / SHOW TIME:13時
チケット料金:75,600円(税込) SOLD OUT!

9月02日(土) グランド・ハイアット東京
OPEN:17時30分 / DINNER START:18時30分 / SHOW TIME:20時
チケット料金:86,400円(税込) SOLD OUT!



【関連リンク】
YOSHIKI、名古屋よりプレミアムディナーショー開幕
X JAPANまとめ
YOSHIKIまとめ
ねごと×『トリガール!』スペシャルイベント開催決定

【関連アーティスト】
X JAPAN, YOSHIKI
【ジャンル】
ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ライブレポ

ねごと×『トリガール!』スペシャルイベント開催決定
Sun, 27 Aug 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

映画『トリガール!』の9月1日(金)全国公開と、主題歌/挿入歌であるねごとのニューシングル「空も飛べるはず / ALL RIGHT」の8月30日(水)発売を記念して、8月30日(水)にスペシャルイベントの開催が決定した。スペシャルイベントには、映画『トリガール!』から土屋太鳳、矢本悠馬の登壇、ねごと ミニライブが予定されている。観覧はフリーとなっており、優先エリアへのご入場には、ねごとのニューシングル「空も飛べるはず / ALL RIGHT」を対象店舗にてご購入いただいた方に先着にて配布される「整理番号付き特典券」が必要となる。詳しくは、ねごとオフィシャルHPまで!

なお、GAYO!では、GYAO!音楽映像デイリーランキング1位を獲得した「空も飛べるはず」のミュージックビデオフルバージョンが、8月29日(火)23:59まで公開中。そちらもチェックしよう。

■GYAO! 「空も飛べるはず」ミュージックビデオ
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00100/v10011/

映画『トリガール!』スペシャルイベント

<イベント参加方法>
下記対象店舗にて、8月30日(水)発売(8月29日(火)商品店着)となる、ねごとのニューシングル 「空も飛べるはず / ALL RIGHT」をお買い上げいただいたお客様に先着にて「整理番号付き特典券」をお渡し致します。「整理番号付き特典券」をお持ちの方には、イベント優先エリアにご入場&イベント終了後、ねごとメンバーよりサイン色紙をプレゼントさせていただきます。「整理番号付き特典券」をお持ちでない方も、フリースペースにてご覧いただけます。ご来場者が多数の場合、ご入場をお断りする場合もございます。予めご了承ください。

<対象店舗>
池袋東武百貨店CDショップ五番街
タワーレコード 渋谷店
タワーレコード 新宿店
タワーレコード 池袋店
タワーレコード 秋葉原店
※ご予約者優先で「整理番号付き特典券」をお渡し致します。
※「整理番号付き特典券」は8月29日(火)入荷日から、対象店舗にてご購入頂いた方に順次配布致します。
※「整理番号付き特典券」は数に限りがございます。無くなり次第配布終了となりますので、ご了承ください。
※「整理番号付き特典券」は年齢に関係なく、お一人様に付き1枚必要となります。
※イベントスペースへの入場は整理番号順になります。「整理番号付き特典券」の番号はランダムでの配布とさせていただきます。
※ご購入いただいた「整理番号付き特典券」付商品は、その他の店頭購入特典は特典対象外となります。ご了承ください。
※イベント当日は「整理番号付き特典券」を忘れずにお持ち下さい。
※「整理番号付き特典券」をお持ちでない方も、フリースペースにてご覧いただけます。ご来場者が多数の場合、ご入場をお断りする場合もございます。予めご了承ください。
※当日、時間に限りがございますので、ねごとメンバーによるサイン色紙プレゼントに関しましては途中で終了させていただく場合がございます。

<イベント会場詳細>
8月30日(水) 東武百貨店池袋店 8F屋上スカイデッキ広場 18:00 START
※「整理番号付き特典券」をお持ちのお客様は、17:30にご集合頂きます。
【内容】映画『トリガール!』より土屋太鳳、矢本悠馬の登壇 & ねごと ミニライブ

<リリースイベント参加に際しての注意事項>
・イベント当日、諸事情によりイベント自体が中止となる場合がございます。
・いかなる機材による写真撮影、動画撮影、録音行為は禁止します。(撮影補助機材の使用も禁止致します)
・当日の事故・混乱防止のため、イベントでは様々な制限を設けさせて頂くことがございます。
・当日の状況により、企画内容については変更の可能性がございます。
・「整理番号付き特典券」の再発行はいたしません。紛失等にはご注意ください。
・当日は、会場周辺での座り込み集会等は、他のお客様のご迷惑となりますので禁止とさせていただきます。
・会場周辺での徹夜等は、固くお断りいたします。
・運営の妨げとなる行為をされますと会場より退場していただきます。最悪の場合、イベント自体を中止することもございます。
・当日マスコミ・メディアの取材・撮影が入る場合がございます。

シングル「空も飛べるはず / ALL RIGHT」

2017年8月30日(水)発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL 2964-2965/¥1,300+税
<収録曲>
■CD
1.空も飛べるはず
2.ALL RIGHT
3.空も飛べるはず -Instrumental-
4.ALL RIGHT -Instrumental-
■DVD
空も飛べるはず ?Music Video-
ALL RIGHT ?Music Video-



【通常盤】(CD)
KSCL 2966/¥1,000+税
※初回仕様 「トリガール!」アナザージャケット封入
<収録曲>
1.空も飛べるはず
2.ALL RIGHT
3.空も飛べるはず -Instrumental-
4.ALL RIGHT -Instrumental-



【関連リンク】
ねごと×『トリガール!』スペシャルイベント開催決定
ねごとまとめ
ガガガSP主催「長田大行進曲2017」第4弾アーティストなど続々発表! あの代表曲の新MVも!!

【関連アーティスト】
ねごと
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, キャンペーン, 発表, リリース, 映画

ガガガSP主催「長田大行進曲2017」第4弾アーティストなど続々発表! あの代表曲の新MVも!!
Sun, 27 Aug 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

バンド結成20周年を記念して開催されるガガガSP主催フェス『長田大行進曲2017』 。その第4弾出演者とステージ割り、エリアマップなどが発表となった。今回ラインナップされたのは、メガマサヒデ、花団、巨乳まんだら王国、THE SKIPPERS、POT、SIX LOUNGEといった独自のスタイルで我が道を行くタフなバンドやミュージシャンたちで、そんな彼らが新旧問わず一堂に集結! いわゆる昨今の都市型フェスとは一線を画した、ライヴハウスを主戦場としたガガガSPならではと言えるような“カオスフェス”の様相を呈している。

さらに、各出演者のステージ割りも発表。ガガガSPの地元である神戸の地名が付いた長田・須磨ステージ(左右のメインステージ)と板宿ステージ(サブステージ)の3ステージで行なわれる模様で、併せて会場内のエリアマップなども明らかになった。

また、ガガガSPは『長田大行進曲2017』 開催に先駆け、バンド結成20周年を記念して発売したアルバム『オールタイムベスト〜勘違いで20年!〜』に収録されている代表曲「線香花火」2017ver.のMVを公開。ガガガSPのとてつもない熱量がビシビシと伝わってくるライヴMV、フェス参加へ向けてぜひチェックを!

なお、『長田大行進曲2017』 の最終出演者とタイムテーブル発表は9月初頭を予定している。チケットは2日通し券がソールドアウトとなっており、各日1日券のみがプレイガイドや各店頭で発売中。

■『長田大行進曲2017』特設サイト
http://gagagasp.jp/nagatafes2017/

■「線香花火2017ver.」MV


https://youtu.be/5aZePk34RvA『ガガガSP 主催フェス「長田大行進曲2017」』

日程:9月30日(土)、10月1日(日)
会場:神戸空港島内 多目的広場 野外特設ステージ
時間:開場10:00 / 開演11:00 / 終演21:00予定
料金:前売1日券¥6,480 / 2日券¥11,880 ※2日券はソールドアウト!

長田・須磨ステージ(左・右メインステージ)、板宿ステージ(サブステージ)の3ステージ制

■9月30日(土)
「長田・須磨ステージ」出演者
ET-KING、175R、SA、感覚ピエロ、ガガガSP、STANCE PUNKS、KNOCK OUT MONKEY、爆弾ジョニー、花団、マキシマム ザ ホルモン、MOROHA、ヤバイTシャツ屋さん、夜の本気ダンス、忘れらんねえよ and more...

「板宿ステージ」出演者
オメでたい頭でなにより、巨乳まんだら王国、後藤雪絵、Theサード、POT、まつたけなぎさ、メガマサヒデ、流血ブリザード

■10月1日(日)
「長田・須磨ステージ」出演者
eastern youth、THEイナズマ戦隊、ガガガSP、かりゆし58、銀杏BOYZ、SABOTEN、サンボマスター、SIX LOUNGE、ジャパハリネット、ドラマチックアラスカ、My Hair is Bad and more...

「板宿ステージ」出演者
ギャーギャーズ、暗闇ひとりぼっち、THE SKIPPERS、DATSUN320、東狂アルゴリズム、ドブ色バレッタ、ユウテラス、ユタ州

両日OPアクト:大阪紅牛會



【関連リンク】
ガガガSP主催「長田大行進曲2017」第4弾アーティストなど続々発表! あの代表曲の新MVも!!
ガガガSPまとめ
メガマサヒデまとめ
花団まとめ
THE SKIPPERSまとめ

【関連アーティスト】
ガガガSP, メガマサヒデ, 花団, THE SKIPPERS, POT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, 発表, パンク, ライブ

Perfume、ニューシングルリリース記念!特別画像をオフィシャルインスタにて公開!!
Sun, 27 Aug 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月30日にニューシングル「If you wanna」を発売するPerfumeが、ニューシングル発売を記念してPerfume オフィシャルInstagramにて特別画像を公開した。2016年4月のアルバム『Cosimic Explorer』発売時も129枚の画像を一気にアップし全体でアルバムのジャケットのデザインを作り上げ、またその中に動画コンテンツも入れ込むなど新しいインスタの使用方法として大変話題になったが、今回の特別画像でもシングル「If you wanna」のジャケットデザインが横に並んでおり、それをスライドしていくとPerfumeらしい手の込んだ仕掛けを見ることができるようになっている。気になる人は是非チェックしてほしい。

また、9月1日(金)・2日(土)の2日間でCD購入者を対象としたイベントが企画されており、詳細は近日中に発表される予定だ。CD予約特典ポスター絵柄も公開中だ。

■Perfume 公式インスタグラム
https://www.instagram.com/prfm_official/

シングル「If you wanna」

2017年8月30日発売



【完全生産限定盤】(CD+DVD)
UPCP-9016/¥2,430(税込)
※スペシャルパッケージ仕様
<収録曲>
■CD
1.If you wanna
2.Everyday
3.If you wanna - Original Instrumental -
4.Everyday - Original Instrumental -
■DVD
・Everyday - Video Clip -
・Everyday - メイキング映像 -
・TOKYO GIRL - Perfume Fes!! 2017 -
・宝石の雨 - Perfume Fes!! 2017 ?

【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCP-9017/¥1,900(税込)
※スリーブケース仕様
<収録曲>
■CD
1.If you wanna
2.Everyday
3.If you wanna - Original Instrumental -
4.Everyday - Original Instrumental -
■DVD ※初回限定盤
・Everyday - Video Clip ?
・Perfume View



【関連リンク】
Perfume、ニューシングルリリース記念! 特別画像をオフィシャルインスタにて公開!!
Perfumeまとめ
瀬川あやか、『恋んトス』の世界観を存分に表現!

【関連アーティスト】
Perfume
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, リリース, 発売

瀬川あやか、『恋んトス』の世界観を存分に表現!
Sun, 27 Aug 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

北海道富良野市出身、アーティスト&看護師の“二刀流”シンガーソングライター瀬川あやかが、8月23日(水)に赤坂サカスで開催された『恋んトスLIVE2017』に出演! 8月18日にリリースした3rdシングル「どんなに.../Have a good day!」に収録の「どんなに...」がTBS恋愛バラエティー『恋んトス season6』のエンディングテーマとしてオンエア中で、彼女の他にも同番組にまつわるアーティストとしてベリーグッドマン、ericaが出演した。

瀬川あやかが「どんなに...」の歌唱中、スクリーンには『恋んトス season6』の名場面が映し出され、歌詞と相まって『恋んトス』の世界観に会場は包み込まれた。この曲は番組のために初めて書き下ろしに挑戦した曲で“番組スタッフの意向に応えられているのか自信がなく、本当に私には無理かもしれない、と思ったこともあったけど、ファンやスタッフの皆さんを思い出して完成することができました”と楽曲の制作秘話を語る場面も。その後、同シングルに収録の「Have a good day!」、そして昨年6月にリリースしたメジャーデビュー曲「夢日和」で会場を盛り上げた。

9月以降も、東京・大阪など各地でのイベント出演も予定している瀬川あやか。今後の活動にも注目が集まる。

■「どんなに...」MV(Short ver.)


https://youtu.be/X_vkpwgoUN8【イベント情報】

「瀬川あやか×晴田悠加 2マンLIVE」
9月02日(土) 東京 代官山LOOP

オンコロPresents「Remember Girls Power!!2017」
9月10日(日) 東京 duo MUSIC EXCHANGE

「テレビ大阪YATAIフェス!2017」
9月17日(日) 大阪 大阪城公園 太陽の広場

「Yamaha Acoustic Mind 2017〜THE SESSION〜」
9月18日(月) 東京 赤坂BLITZ

「丸本莉子弾き語りライブツアー『ココロノコエがするほうへ』東京公演ツアーファイナル」
9月28日(木) 東京 月見ル君想フ

「Make Happy Special!!」
10月06日(金) 東京 代官山LOOP

「FM802 MINAMI WHEEL 2017」
10月09日(月) 大阪 ミナミエリア ライヴハウス20ヵ所以上

「MITSUBACHI FES 2017 in TOKYO〜5th Anniversary〜」
10月21日(土) 東京 恵比寿LIQUID ROOM



【関連リンク】
瀬川あやか、『恋んトス』の世界観を存分に表現!
瀬川あやかまとめ
超特急が『a-nation』に登場! 5万5000人の前で変顔を披露!?

【関連アーティスト】
瀬川あやか
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, ポップス, 出演, ライブ, ライブレポ, レポート, エンディング

超特急が『a-nation』に登場!5万5000人の前で変顔を披露!?
Sun, 27 Aug 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が8月26日・27日の2日間にわたり行われた『a-nation2017』の初日に登場した。デビュー5周年を記念した史上最大級のワンマンツアーも終了したばかりで、ダイナミックなライブパフォーマンスを飛躍的に進化させつつある彼ら。味の素スタジアムを埋めつくした5万5千人を前に、この日も全身全霊のステージングを叩きつけて、大観衆に忘れられないインパクトを残した。

これまで延べ560万人を動員し、2017年で16年目を迎えるこの国内最大級のビッグフェスに超特急が参加するのは、2016年に続き2度目。この日のために作られたゴージャスな和装に身を包み、まずは最新シングル「My Buddy」で優しく、和やかにライブの幕を開けた。腕でハートの形を作ったりと可愛らしい振りつけを、今にも敵を倒しに行きそうな屈強な出で立ちでニコニコと踊るレアな光景は、今日ならではのスペシャルなもの。続いてa-nationとは縁の深いglobeの名曲「Love again」を、メリハリの利いたダンスで躍動的に届けてゆく。真夏の空の下で聴く爽快なダンスチューンは“気持ちいい"の一言で、コーイチも上衣を片肌脱いでセクシーにアピール。リーダーのリョウガは「この時間の間だけでも8号車(超特急ファンの呼称)になってライブを一緒に楽しんでいただけたらと思っております」と呼びかけ、続いてカイも「このa-nationという最高のお祭りを盛り上げていきたいので、みなさん一緒に声出してくれますか!」とオーディエンスを誘ってスタジアムを湧かせた。

後半戦では、ひたすらオーディエンスとの一体感を楽しむことに。「a-nationのみなさん、どうも改めまして、超特急って言います。よかったらバッテンダンス、一緒にやってくださいね!」とユースケが号令しての「Burn!」では全員で勢いよく腕を交差させて、「今だけは超特急と一つになってくれ!」とサビを大合唱する。さらにアリーナ客席へと突き出したセンターステージに7人で駆け出すと、ラストの「バッタマン」で5万5千人と共にバッタダンスを繰り出したり、メンバー同士で肩車をしたりと和気藹々かつパワフルなパフォーマンスを次々に繰り出して、ユースケは「これが超特急!」とシャウト! 顔を真っ赤にしながら全力の変顔を次々に披露して8号車以外の人々の度肝を抜き、「超特急は強ぇぞ!」と歌ったタカシのキメ台詞を全身で証明してみせた。

広大なスタジアムを堂々と駆け回り、また一つ逞しい成長を遂げた彼らの次のライブは、8月28日から豊洲PITで行われる『超フェス』5デイズ。各日異なるジャンルのアーティストを迎えての初の主催イベントでも、彼ららしいバラエティ豊かなステージを繰り広げてくれるに違いない。

【セットリスト】
1.My Buddy
2.Love again
3.Burn!
4.バッタマン

Blu-ray『BULLET TRAIN CHRISTMAS ONEMAN SHOW 2016 愛す。in Wonder Land』

2017年9月20日発売



ZXRB-3024/¥6,944+税
<収録曲>
■Blu-ray
Opening〜Overture
01.Seventh Heaven
02.Kiss Me Baby
03.Burn!
04.超えてアバンチュール
05.LIBIDO
06.One/O Signal
07.ライオンライフ
08.Beasty Spider
09.We Can Do It!
10.Whiteout
11.Snow break
12.バッタマン(battle_ver.)
13.Yell
14.Fantasy Love Train〜君の元までつながるRail〜
15.Peace of LOVE
16.Always you
[アンコール]
17.走れ!!!!超特急〜fanfare
18.バッタマン
19.Clap Our Hands!
【特典映像】
Making of 愛す。in Wonder Land with Ryoga



【関連リンク】
超特急が『a-nation』に登場! 5万5000人の前で変顔を披露!?
超特急まとめ
中島 愛の復帰第2弾シングルは これまで見せなかった表情が満載!

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, 夏フェス, ライブレポ

中島 愛の復帰第2弾シングルはこれまで見せなかった表情が満載!
Sun, 27 Aug 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

復帰後第2弾アニメタイアップとして、TVアニメ『ネト充のススメ』オープニングテーマを担当することを発表した中島 愛だが、その楽曲「サタデー・ナイト・クエスチョン」を収録したシングルが10月25日にリリースされる。

表題曲「サタデー・ナイト・クエスチョン」はフジファブリックのメンバーである加藤慎一が作詞、山内総一郎が作曲を手掛け、メンバーがレコーディングにも全面参加した、まさにフジファブリックとコラボした楽曲に仕上がっている。インパクトのあるイントロから始まり、どこか切なくも主人公が希望を見出せるような雰囲気を持つ『ネト充のススメ』の世界観が存分に味わえる楽曲となった。

そして、MV(1cho.)とジャケット写真も解禁された。今までの中島 愛のMVには珍しく夜のシーンがメインとなっていて、室内でどこか憂いだ表情を見せる女性が、次第に外の世界を凛々しく歩んでいくものへと展開。衣装面も室内のどこか親近感を覚える温かい服装から、夜の街を歩く大胆なものへと表情を変えていき、さまざまな中島 愛の姿が楽しめる。

また、カップリング曲には『魔法陣グルグル』のエンディング曲「ROUND&ROUND&ROUND」にも参加したマルチアーティストのボンジュール鈴木、そしてNegiccoのリミックスなどを手がけるサウンドプロデューサーのTomgggが参加していることもわかった。

バンドとのコラボ曲、マルチクリエイターたちとのカップリング曲、今まで見せなかった表情満載のアートワークなど、精力的に挑戦し続ける中島 愛の新たな魅力が感じられるパッケージとなる。

同時に、シングルリリース記念のインストアイベント情報も発表された。日程、内容は下記の通り。

■「サタデー・ナイト・クエスチョン」MV


https://youtu.be/49_6BAovJpkシングル「サタデー・ナイト・クエスチョン」

2017年10月25日発売



VTCL-35261/¥1,300+税
<収録曲>
01.サタデー・ナイト・クエスチョン
02.タイトル未定
03.サタデー・ナイト・クエスチョン-Instrumental-
04.タイトル未定 -Instrumental-

【インストアイベント情報】

10月28日(土)16:00〜 大阪 タワーレコード梅田NU茶屋町店(ミニライヴ&握手会)
10月28日(土)19:30〜 大阪 アニメイト大阪日本橋(animate O.N.SQUARE HALL)(ミニライヴ&ポスターお渡し会)
10月29日(日)13:00〜 愛知 アニメイト名古屋(第3太閤ビル)(ミニライヴ&握手会)
11月05日(日)15:00〜 東京 アニメイト新宿B2F animate hall SHINJUKU(ミニライヴ&ポスターお渡し会)
11月05日(日)18:00〜 東京 AKIHABARAゲーマーズ本店(トーク&ポスターお渡し会)
※詳細は各チェーンのHPでご確認ください。



【関連リンク】
中島 愛の復帰第2弾シングルは これまで見せなかった表情が満載!
中島 愛まとめ
フジファブリックまとめ
ボンジュール鈴木まとめ
打首獄門同好会、『戦獄絵巻』ツアーのゲストに 岡崎体育、ヤバイTらが参戦!

【関連アーティスト】
中島 愛, フジファブリック, ボンジュール鈴木
【ジャンル】
アニメ・声優, ニュース, バンド, シンガーソング・ライター, MV, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, アニメ, 声優, オープニング

打首獄門同好会、『戦獄絵巻』ツアーのゲストに岡崎体育、ヤバイTらが参戦!
Sun, 27 Aug 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

来年3月11日の日本武道館ワンマンライブに向けた勢力拡大計画の一つとして『47都道府県ライブ制覇』を敢行中の打首獄門同好会が、
その計画名を冠した『戦獄絵巻』ツアーのゲストアーティストを発表!  岡崎体育、ヤバイTシャツ屋さん、バックドロップシンデレラ、オメでたい頭でなにより、ビレッジマンズストア、HUMANDRIVEといった豪華な盟友たちが参戦する。 (※ゲストアーティストの出演日については特設ページまで)

■「目指せ武道館!!2017-2018 戦獄絵巻」特設ページ
https://sengokuemaki.com
■「秋盤」特設ページ
https://sengokuemaki.com/aki

【ライブ情報】

『戦獄絵巻』(対バンあり)
「富山の陣」10月14日(土) 富山Soul Power
「福井の陣」10月15日(日) 福井 響のホール
「鳥取の陣」10月21日(土) 米子AZTiC laughs
「島根の陣」10月22日(日) 出雲APOLLO
「徳島の陣」10月25日(水) 徳島club GRINDHOUSE
「広島の陣」10月26日(木) 広島セカンド・クラッチ
「香川の陣」10月27日(金) 高松DIME
「秋田の陣」11月04日(土) 秋田LIVESPOT2000
「山形の陣」11月05日(日) 山形ミュージック昭和 SESSION
「和歌山の陣」11月10日(金) 和歌山GATE
「青森の陣」11月18日(土) 弘前Mag-Net
「岩手の陣」11月19日(日) 盛岡the five morioka
「奈良の陣」11月26日(日) 奈良NEVER LAND
「滋賀の陣」12月08日(金) 滋賀U★STONE
「三重の陣」12月09日(土) 松阪M\'AXA
「岐阜の陣」12月10日(日)岐阜CLUB ROOTS
「宮崎の陣」12月16日(土) 宮崎SR BOX
「大分の陣」12月17日(日) 大分DRUM Be-0

打首獄門同好会『日本武道館ワンマンライブ(タイトル未定)』
2018年3月11日(日)
詳細後日発表!!

シングル「秋盤」

2017年10月11日(水)発売



282-LDKCD/¥1,200(税抜)
<収録曲>(曲順未定)
ニクタベイコウ!
SAWAYAKA
10獄食堂へようこそ feat.青木亞一人
New Gingeration(LIVE)
全4曲
ーおまけー
「New Gingeration」のライブ映像(ストリーミング)



【関連リンク】
打首獄門同好会、『戦獄絵巻』ツアーのゲストに 岡崎体育、ヤバイTらが参戦!
打首獄門同好会まとめ
岡崎体育まとめ
ヤバイTシャツ屋さんまとめ
バックドロップシンデレラまとめ

【関連アーティスト】
打首獄門同好会, 岡崎体育, ヤバイTシャツ屋さん, バックドロップシンデレラ, オメでたい頭でなにより, ビレッジマンズストア, HumanDrive
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ツアー

CHiCO with HoneyWorksがツアーファイナルで来春に初の日本武道館公演開催を発表
Sun, 27 Aug 2017 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

CHiCO with HoneyWorksが8月26日(土)に日比谷野外大音楽堂にて行なった、夏の全国ツアー・ファイナル公演で来春3月16日(金)に初の日本武道館ワンマンライブの開催を発表した。

7月30日(日)福岡 BEAT STATIONを皮切りに、全国9箇所をまわった真夏の2ndライブハウス・ツアー『i LiVE you』の千秋楽。初となる日比谷野外音楽堂でのワンマンライブは、サブタイトルに「ナツのシナリオ」と銘打ち、ツアー・ファイナルを飾るにふさわしい特別な一夜となった。

ステージにチコハニバンドが登場すると自然と拍手が発生し、「ウルフ」のイントロでCHiCOが現れた瞬間、この日を心待ちにしたオーディエンスからの大歓声で迎えられた。立て続けに「identity」とスタートから攻めの選曲で、それに負けじとオーディエンスも拳を上げる。

「今日はスペシャルなライブにしたいと思うので楽しんでいってください!」(CHiCO)

その後も「ラズベリー*モンスター」「ハートの主張」とアッパーチューンが続き、客席が赤やピンクのライトで鮮やかに染まった。CHiCOが一旦ステージを後にすると、チコハニバンドのAtsuyuK!(Dr)、Hiroki169(Ba)、中西(Gt)、事務員G(Key)、そしてバンマスのOji(Gt)がそれぞれソロパートで繋いでいくジャムセッションで魅せる。客席のボルテージが上がってきたところで、スペシャルライブならではのコラボコーナーがスタートした。

そして、再びCHiCOがステージに登場した瞬間、客席の誰もが感激の声をあげた。なんと最新シングル「ツインズ」のジャケット写真に描かれているCHiCOが着ている、真っ赤なダリアの髪飾りとあの浴衣姿で現れたからだ。

「次はスペシャルゲストコーナーです!早速呼んでみましょう、halca!」(CHiCO)

CHiCOの呼び込みで登場したのは、第1回「ウタカツ!」オーディションで準グランプリに輝いた新鋭女性ボーカリストhalca。ターコイズブルーの帯が映えるカラフルな浴衣でステージに華を添えた。今回のライブハウス・ツアーで8公演のオープニングアクトを務めた彼女と共に、HoneyWorksのカバー曲「可愛くなりたい。」で初コラボを叶えた。

「もう一人スペシャルなゲストが!」と続けざまにCHiCOがステージに招き入れたのは、爽やかなエメラルドグリーンの浴衣に身を包んだ大人気女性ボーカリストsana。通称“チコサナ”と呼ばれ、ライブでコラボをする度に客席から大歓声が巻き起こるこの2人が披露したのは、こちらもHoneyWorksのカバー曲の「大嫌いなはずだった。」、そしてチコサナの掛け合いと疾走感が気持ちいいロックなアッパーチューン「ロデオ」。会場の蒸し暑さを吹き飛ばすかのようなお祭り騒ぎとなった。

チコサナのほっこりトークが繰り広げられる中、2人が向かった先は、客席中央に設けられたサブステージ。360°オーディエンスに囲まれた中で披露したのは、サビの可愛らしい振り付けが印象的な「これ青春アンダースタンド」、そして夏祭りでの恋模様を描いた大人気楽曲「東京サマーセッション」。“夏休みの野外ライブ、浴衣姿で歌うチコサナ”という夢のようなコラボが実現した。

その後もチコハニの勢いは止まらない。最新シングル「ツインズ」では、CHiCOが赤いタンバリンを片手に軽やかにステップを踏みながら、可愛らしく歌い上げる。同曲のカップリングの「ラブホイッスル」。この曲は、今回のツアーグッズの“特製ラブホイッスル”を使ってオーディエンスも演奏に参加できるという、まさに“みんなでつくるライブ”が体感できる一曲だ。

ライブも中盤に差し掛かり、気づけば空は夕暮れ時。汗ばんだ身体をクールダウンさせるCHiCO with HoneyWorksのバラード、通称“チコバラ”のコーナーへ。壮大なラブソング「Love Letter」、ハニワのカバーナンバー「ママ」をしっとりと歌い上げた。

夢のような時間もラストスパートへ突入する頃、「なんと…まだゲストを呼んでいるんです!」ろCHiCO。まさかの展開に歓喜の声が上がる中、颯爽とステージに現れたのは、大人気男性ロック・アニソンシンガーGero。ハニワの大人気楽曲「金曜日のおはよう」を熱唱。2人に合わせてオーディエンスも手を大きく振り、会場全体が揺れた。

大きな歓声でGeroを送り出したその後も、コール&レスポンスが定番となっているキラーチューン「イノコリ先生」、「カヌレ」、「恋色に咲け」と、勢いは留まることを知らない。「ホーリーフラッグ」ではCHiCOがダンサーとともに客席を練り歩き、たくさんの“ミニホーリーフラッグ”が空を彩った。本編ラストは、大ヒット曲「アイのシナリオ」で会場一体となった最高のパフォーマンスを見せ、大歓声の中ステージを後にした。

ツアーTシャツに着替えて再びステージに登場したメンバーがアンコール1曲目に選んだのは、大ヒット曲「プライド革命」。Hiroki169が「全員声出せ!」と煽ると、オーディエンスもありったけの力で手を挙げ、大声で応えた。

ツアー真っ只中の8月6日にデビュー3周年を迎えたCHiCO with HoneyWorks。3周年への感謝と4年目への意気込みを語るCHiCOが次に歌い始めたのは、デビュー曲「世界は恋に落ちている」だ。CHiCOが客席へマイクを向けると、たちまち大合唱となり感動的な瞬間が生まれた。

「ここでCHiCO with HoneyWorksから重大発表があります!!」(CHiCO)

ドラムロールが鳴り響き、ステージ左右に掲げられた垂れ幕が降りて発表されたのは、2018年3月16日、初の日本武道館ワンマンライブ決定!という今日1番のサプライズにオーディエンスは盛大な拍手で祝福した。ラストナンバーとなった「今日もサクラ舞う暁に」では会場一体となってタオルを振り回し、圧巻の光景が広がった。

「来年の武道館ワンマンライブに向けて、これからも頑張っていきますので、また遊びに来てくれますか? みんな、大好きだー!!!」

CHiCOが夜空へ、そしてオーディエンスへ向かって叫び、この夏、みんなと作ってきた初の野外ワンライブ「ナツのシナリオ」は大盛況にて幕をとじた。

終演後には、来場者全員に真っ赤な“CHiCO with HoneyWorks日本武道館ワンマンライフ?決定記念特製水風船”が配られた。

【セットリスト】
M1「ウルフ」
M2「identity」
M3「ラズベリー*モンスター」
M4「ハートの主張」
M5「可愛くなりたい。」 ゲストボーカル:halca
M6「大嫌いなはずだった。」 ゲストボーカル:sana
M7「ロデオ」 ゲストボーカル:sana
M8「これ青春アンダースタンド」 ゲストボーカル:sana
M9「東京サマーセッション」 ゲストボーカル:sana
M10「ツインズ」
M11「ラブホイッスル」
M12「Love Letter」
M13「ママ」
M14「金曜日のおはよう」 ゲストボーカル:Gero
M15「イノコリ先生」
M16「カヌレ」
M17「恋色に咲け」
M18「ホーリーフラッグ」
M19「アイのシナリオ」
<アンコール>
M20「プライド革命」
M21「世界は恋に落ちている」
M22「今日もサクラ舞う暁に」

■『LAWSON presents CHiCO with HoneyWorks 初の日本武道館ワンマンライフ?!!』

2018年3月16日(金) 日本武道館
開場 17:30 / 開演 18:30
<チケット情報>
早割指定席:¥6,000(税抜)
エントリー期間:2017年8月26日〜10月1日
※期間限定で販売する一番おトク!な料金のチケットです。
※一般指定席 ¥6,500(税抜)

ファミリーシート:¥12,500(税抜)/2枚〜
エントリー期間:2017年9月4日〜 受付
※座ったままて?も見やすい、スタント?席内の着席指定の期間限定販売チケットて?す。
※1枚あたり¥6,250(税抜)

ローチケ超速先行受付中!!
https://l-tike.com/cwhw-bk/

チケット/公演に関する詳細はCHiCO with HoneyWorks日本武道館ワンマンライブ特設ページへ!

■CHiCO with HoneyWorks日本武道館ワンマンライブ特設ページ
http://www.chicoxxx.com/budokan/

シングル「ツインズ」

2017年8月9日(水)発売



【CHiCO with HoneyWorks盤】(初回仕様限定盤)
SMCL-499/¥1,241 +税
※HoneyWorksヤマコ描きおろしポスタージャケット
※特製!クリアsummerポーチ(CHiCO絵柄)
<収録曲>
1. ツインズ
2. ラブホイッスル
3. ツインズ -instrumental-
4. ラブホイッスル -instrumental-



【アニメ盤】(期間生産限定盤)
SMCL-500/¥1,241 +税
※TVアニメ「プリプリちぃちゃん!!」描きおろしポスタージャケット
※特製!クリアsummerポーチ(プリプリちぃちゃん!!絵柄)
<収録曲>
1. ツインズ
2. ラブホイッスル
3. ツインズ -instrumental-
4. ラブホイッスル -instrumental-



【関連リンク】
CHiCO with HoneyWorksがツアーファイナルで 来春に初の日本武道館公演開催を発表
CHiCO with HoneyWorksまとめ
【三月のパンタシア】 その場で生まれた生の感情を素直に歌うことができた

【関連アーティスト】
CHiCO with HoneyWorks
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, バンド, ライブ, ツアー, ワンマン, ライブレポ, レポート

【三月のパンタシア】その場で生まれた生の感情を素直に歌うことができた
Sun, 27 Aug 2017 10:00:00 +0900


女性ヴォーカル“みあ”を中心としたプロジェクト、三月のパンタシアが新段階に突入! 新章の幕開けを飾るニューシングル「ルビコン」に込めた真っ直ぐな想いと、ついに決定した初のワンマンライヴに向けた意気込みを訊いた。

──まずは今年3月にリリースした1stアルバム『あの時の歌が聴こえる』から振り返っていただけますか?

「インディーズデビューからそれまでの1年半の活動の集大成となるアルバムだったので、そこをひとつの区切りとして次のステージに進みたいっていう気持ちがありました。今回のシングルは新たな1歩を踏み出す、まさにその1歩目となるシングルなので、すごく気合いが入る部分はありましたし、自分の経験をちゃんと歌に投影して、物語の中に入っていけるようにしたいという想いもありました。」

──アルバムからは初となる通算4枚目のシングル「ルビコン」に投影した自分の経験というのはどんなものですか?

「この曲に関しては、まずかぎかっこが付いているサビの歌詞《「大丈夫だよ」》と《「一人じゃないんだ」》っていう部分を心のど真ん中に伝えられないと成立しないと思ったんですね。シンプルな言葉なので、その裏側に圧倒的な強い想いがないと歌えないなと思って。そこで自分のこれまでを振り返って、どう言ってもらえたら心が突き動くのかなって考えたら、“あの時にもらったあの言葉だな”って思える経験があったんです。自分がすごくしんどくて、顔を上げられなくて、うつむいてばかりいた時に、グッと手を引っ張ってくれた。真っ直ぐに前を見て、真っ直ぐな言葉で、まずそういう自分を怒ってくれた。でも、その言葉ひとつひとつには愛があって…だからこそ、“大丈夫だから。ひとりで抱え込まないで”っていう言葉に涙がボロボロ出てきて。その人の言葉はちゃんと信じたいと思ったし、その人のためにも自分は変わらなきゃ、ちゃんと前に進まなきゃって、心の底から思えたんですね。その時に感じたことを曲の根っこにしたら物語全体が自分の中にストンと落ちて。」

──この曲の中のふたりは離れ離れの場所にいますよね。

「そうですね。アニメ『Re:CREATORS』のEDテーマとして使っていただいているので、アニメとも寄り添える曲にしたいなと思って。アニメが“現実世界”と“創造世界”というふたつの世界がキーワードになってるんです。だから、“どんなに離れて遠い場所にいても心はいつも側にあるんだよ”っていう想いを意識して歌ってます。寂しいんだけど、心のつながりや絆を信じているからこそ、未来に進むことができるんだっていうことを大切に歌いました。実際のレコーディングでは、今は違う場所にいるので、歌っていくうちにどんどん寂しくなって余計に恋しく思ってしまったんですけど、サビでちゃんとあの時のことを思い出せたから“私は大丈夫だ”って思えて。“これからも自分の足で歩いていくんだ”っていう気持ちも生まれたし、素直に自分の感情を乗せて歌えたなと思います。」

──“ルビコン”というタイトルに込めた想いというのは?

「“ルビコン川を渡る”っていう古代ローマの故事から付けたんですけど、“もうあとには戻れないという重大な決意をする”って意味があるんです。ふたつの世界の間にある境界線を越えて重大な決意をするっていうニュアンスが曲の世界観ともぴったりだなって。」

──みあさんの人生におけるルビコン川というと?

「音楽活動を始めたことですね。すぐに決断できることではなかった…当時、すごく悩んでいることがあったんです。自分に自信がなくて、うじうじと悩んでいたんですね。そんな自分も嫌いだったので、自分が好きなことにがむしゃらになれたら、必死になれたら、そんな自分を変えられるんじゃないかっていう想いもあって、まったく知らない世界に飛び込みました。」

──変われました?

「うん、そうですね。初期の頃は誰かのためになる歌を歌いたいって思っているけど、誰にも必要としてもらえないんじゃないかってネガティブに考えてしまうこともあって。でも、少しずつ自分の歌が好きだって言ってくれる人に出会えて、その言葉ひとつひとつに励まされ、好きなことを続けていいんだって思えるようになったんです。そう思えてからは、それまで勝手に抱えていた不安やわだかまりがなくなったし、例え転んだとしても必ず立ち上がって歌い続けていくんだっていう覚悟もできました。そうやって変われたのは、やっぱり自分の表現したものを好きだって言ってくれたり、期待してくれたりするファンやスタッフのみなさんのおかげだなって思いますね。」

──2曲目には小説『茜色の記憶』のテーマソング「リマインドカラー 〜茜色の記憶〜」が収録されてますが、とても繊細な表現をされてますよね。

「この曲は小説の主人公である、くるみちゃんになったつもりで歌いました。すごく悲しいし、辛いんだけど、泣いちゃダメだ、笑っていなきゃっていう、この曲の主人公の健気さにグッときたので、その泣き笑い感をどうしても伝えたかったんですね。だから、これまでは切ない泣き曲だと、痛みを放出するようにダイナミックな表現をしていたんですけど、今回は心の中に痛みや苦しさは隠して、頑張ってやさしく微笑むように歌おうとするけど、どうしても我慢できなくなって、ところどころであふれ出してしまう感情を表現したくて。表現として難しい部分ではありましたけど、生まれてきた感情を素直に歌えたので、ちゃんと1歩を踏み出すことができた作品になったという自信があるし、その真っ直ぐな想いが心の真ん中に届くといいなと思いますね。」

──そして、初のワンマンライヴも決定しました!

「ずっとやりたいって言い続けてきたことなので、その願いが叶うっていう嬉しさがありますね。そのために自分がやらないといけないこともたくさんあって。日々格闘中なんですけど、それすらも楽しくて、すごくワクワクしてます。当日はみんなが楽しくて幸せになれる空間にしたいし、その場で生まれた生の感情をひとりひとりに歌っていきたい。そうやってみんなでつながっていって、そこにはひとつの大きな愛しかない!っていうライヴにできたら一番幸せだなって思いますね。」

取材:永堀アツオ

シングル「ルビコン」

2017年8月30日発売
Ki/oon Music



【初回生産限定盤(DVD付)】
KSCL-2959〜60 ?1,500(税抜)
※トールデジパック仕様



【通常盤】
KSCL-2961 ?1,100(税抜)



【期間生産限定盤(DVD付)】
KSCL-2962〜3 ?1,500(税抜)
※描き下ろしアニメジャケットデジパック仕様

『三月のパンタシア ワンマンライブ 〜きみとわたしの物語〜』

11/25(土) 東京・shibuya duo MUSIC EXCHANGE

三月のパンタシア

サンガツノパンタシア:どこか憂いを秘めたヴォーカリスト“みあ”の歌声に、多くの人気ネットミュージシャンやイラストレーターらが魅了され、結成されたプロジェクト。みあの歌声で紡がれるストーリーが、時にやさしく、時に切なく、聴き手の心に寄り添い多くの共感を呼んでいる。作品の世界観を彩る美しくどこかノスタルジックなイラストや、イラストと連動して作り上げられている映像作品も話題だ。2016年6月にシングル「はじまりの速度」でメジャーデビューを果たした。そして17年8月30日にTVアニメ『Re.CREATORS』エンディングテーマ「ルビコン」をリリース。



【関連リンク】
【三月のパンタシア】 その場で生まれた生の感情を素直に歌うことができた
三月のパンタシアまとめ
M!LK待望の初アルバム『王様の牛乳』は 2年半の想いが“ギュウギュウ”に詰まった一枚

【関連アーティスト】
三月のパンタシア
【ジャンル】
okmusic UP\'s vol.156, インタビュー, ネットカルチャー

M!LK待望の初アルバム『王様の牛乳』は2年半の想いが“ギュウギュウ”に詰まった一枚
Sun, 27 Aug 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

全国各地にぷらっと行くM!LK初のトークイベント「ぷらっとM!LK in 浜松」で、M!LKの1stアルバム『王様の牛乳』が11月22日に発売されることが明らかになった。デビューシングル「コーヒーが飲めません」から2年半のそれぞれの想いが“ギュウギュウ”に詰まった一枚となっている。

さらに、アルバムのビジュアルとなる新アーティスト写真も解禁された。今回は首元と腰巻きのメッシュスカートにメンバーカラーがカラフルに施された白い王子様風の衣装に、それぞれの個性をモチーフにし、メンバーカラーで作られたオリジナルの大きなイスが特徴的だ。

そして、9月9日(土)夕方からは東京でリリースイベントが開催されることも決定! また、M!LK結成3周年を記念したワンマンライヴ「M!LK 3rd anniversary『白黒牛乳ワールド in パシフィコ横浜』」が12月1日(金)に控えており、大注目の謎のユニットBLACK M!LKとの対決も要注目! こちらのチケットは、M!LKオフィシャルLINEで先行受付中だ。

■「M!LK 3rd anniversary『白黒牛乳ワールド in パシフィコ横浜』」特設サイト
http://sd-milk.com/gyunyuworld2017/
■M!LK オフィシャルライン
LINE ID:sd_milk



【関連リンク】
M!LK待望の初アルバム『王様の牛乳』は 2年半の想いが“ギュウギュウ”に詰まった一枚
M!LKまとめ

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, CD, アルバム, 発表, リリース, 発売, ポップス, ライブ, ワンマン













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1