歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年08月24日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
【ねごと】ミステリアスな“スピッツイズム”を継承したい
Thu, 24 Aug 2017 10:00:00 +0900


土屋太鳳主演の映画『トリガール!』とタッグを組んだダブルAサイドシングル「空も飛べるはず / ALL RIGHT」。人力飛行機に青春を懸ける若者たちを描いた作品が、ねごとの持つ片や透明感と、片や疾走感と溶け合い、世代を超えたときめきを与える今作について、蒼山幸子(Vo&Key)が語る。

──今回のシングルは映画『トリガール!』の主題歌&挿入歌な上に、前者はスピッツの名曲カバーということで、少なからずプレッシャーもありませんでしたか?

「いえ、プレッシャーよりも“ぜひやりたいです!”っていう気持ちのほうが大きかったですね。今回は監督から“ぜひ主題歌と挿入歌をねごとにお願いしたい”というお話をいただいて、その時点で「空も飛べるはず」のカバーということも決まっていたのですが…私、日本のバンドで一番好きなんじゃないかと思うくらい、スピッツさんが大好きなんですよ。しかも、映像を観させていただいたら、映画も“青春”というところにフィーチャーしたすごく気持ちが良い作品で。土屋太鳳さん演じる主人公のパワフルさにも惹かれましたし、テンポ感も良くて素敵な映画だったから、その主題歌で「空も飛べるはず」をカバーさせていただけるなんて、こんなに良いお話はないなぁと嬉しかったです。」

──そして、出来上がった「空も飛べるはず」はキラキラとした青春感がありながらも、その光が直射日光ではなく間接照明のように柔らかくて、ノスタルジックな感慨を覚えました。

「ありがとうございます。やっぱり誰もが知る名曲なので、原曲を大切にしながら、ねごとらしさのエッセンスを足していこうという話になったんです。ただ、ガールズバンドがきれいなアレンジをするとかわいい感じになってしまうので、ちょっとガレージ感みたいなものを出したいってギターの沙田瑞紀は言ってました。で、実際にレコーディングしてみたら、良い意味でこの曲の良さに打ちのめされたんですよ。すごい歌詞だなぁ、メロディーだなぁって、カバーをしたことでスピッツさんの偉大さを改めて思い知らされました。」

──よくよく聴くと、結構意味深な歌詞ですからね。ドキッとする言葉が散りばめられている。

「そうなんですよ。含みがあるし、色気があるし、どういうことなんだろう?って想像しちゃう。実は毒があったり、ダークだったり、きっと草野マサムネさんじゃない人が歌ったら、まったく違って聴こえると思うんですね。そこを飛び越える声を持ってらっしゃる上に、メロディーはキャッチーで、ポップシーンでの名曲もたくさんある。だけど、ライヴを観ればちゃんとロックバンドしてるのがスピッツの一番カッコ良いところだと思うんですよ。だから、今回のタイアップで、ねごとを知ってもらいたい気持ちも当然ありますけど、私たちを通してスピッツというバンドや「空も飛べるはず」という曲の存在を知ってほしい想いも大きいんです。内容的にも『トリガール!』という映画は、きっと私たちと同世代だったり、さらに若い世代の人が観る映画のように思うので。」

──ちなみに映画本編で、この曲はエンディングで流れるわけですよね?

「そうです。そのエンドロールもすごく工夫がされていて、人力飛行機で空を飛びながら主人公同士が会話をしているアニメーションの中でねごとの話をしてくださってるんです。そこに監督の愛を感じましたし、挿入歌の「ALL RIGHT」のほうも思ったよりしっかり聴こえる感じになっていて! 主人公たちが体力作りのために自転車で走り始めるシーンに流れるんですけど、情景と曲がものすごく合ってるんですよ。そういった場面的にも“疾走感のある曲だと嬉しいです”というお話もいただいていたので、久々にこういうロックバンド然としたねごとを押し出した曲になったんです。」

──ここのところアルバムの『ETERNALBEAT』だったり、エレクトロな方向性に進んでいらっしゃったので、最初に聴いた時は驚いたのですが、そのお話を聞けば納得です。

「結果的に、これはこれでねごとらしい一曲になったと思います。きっと監督もねごとが持ってるそういった疾走感だったり、透明感に映画のイメージと重なるものを感じてくださったんだと思うんですね。おまけに今回はMVにも太鳳さんが出演してくださっていて、まさに彼女が空を飛んでいる美しい情景で、その場面が「ALL RIGHT」でも一瞬出てきて、2本がつながっているような作りになってるんですよ。撮影の合間には実際にお話もさせてもらって、より『トリガール!』に対して愛着が沸きました。」

──9月1日の『トリガール!』公開を控え、これからねごとの音楽がどんどん世の中に伝わっていくでしょうね。

「ツアーのMCでも話したんですけど、今年は本当に活動的な1年にしたいと考えているんですよ。ねごとを知らなかった層の人にもアプローチしていきたいですし…まぁ、6月に出した「DANCER IN THE HANABIRA」と今作では全然毛色も違うんですけど、どちらもねごとであることに間違いはないので。これをきっかけにスピッツも、私たちの音楽も掘り下げてもらえたら嬉しいですね。」

──バンドサウンドであれ、打ち込み満載のエレクトロであれ、確かに“ねごと節”ってありますよね。

「パッと見はさわやかに見えて、じんわり熱いというか、芯に熱があるような感じはありますよね。」

──その見た目と実体が裏腹なところは、スピッツにも通じるように感じます。

「私もスピッツさんのそういうところが好きなんですよ! とっつきやすいのに棘があって、近付いたら危険な感じもして…すごくミステリアス。今の時代は分かりやすい歌詞が多いけれど、そういう余白のある言葉の書き方に私は魅力を感じるんです。それで今回、ジャケット写真もスピッツの「空も飛べるはず」の色味と、挿入歌のタイトルに、ザ・フーの「キッズ・アー・オールライト」の構図を掛け合わせたオマージュになっているんですよ。もちろん真似はできないですけど、そういったスピッツイズムを私たちも受け継いでいきたいですね。」

取材:清水素子

シングル「空も飛べるはず / ALL RIGHT」

2017年8月30日発売



【初回生産限定盤(DVD 付)】
KSCL 2964〜5 ¥1,300(税抜)



【通常盤】
KSCL 2966 ¥1,000(税抜)
※初回仕様:『トリガール!』
アナザージャケット封入

ねごと

ねごと:『閃光ライオット 2008』(SonyMusic × TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』)で審査員特別賞を受賞したガールズロックバンド。10年9月、1stミニアルバム『Hello!"Z"』でメジャーデビュー。蒼山幸子の透明感あふれる唯一無二の歌声と、オルタナティブなロックエッセンスを軸にエレクトロサウンドを融合し、ポップでファンタジックな世界を作り出す。



【関連リンク】
【ねごと】 ミステリアスな“スピッツイズム”を継承したい
ねごとまとめ
さくらしめじ、ニューシングル発売日の記念イベントに機動救急警察が登場!?

【関連アーティスト】
ねごと
【ジャンル】
J-ROCK, okmusic UP\'s vol.156, インタビュー

さくらしめじ、ニューシングル発売日の記念イベントに機動救急警察が登場!?
Thu, 24 Aug 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

さくらしめじが8月23日に、 ニューシングル「あやまリズム」のリリース記念イベントを東京ドームシティラクーアガーデンステージで行った。この日はさくらしめじがエンディング主題歌を担当しているTBS系で現在放送中のアニメ「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド〜機動救急警察〜」よりサイクロンインターセプターも応援にかけつけた。

夏の陽射しが沈みゆく中、笑顔で「さくらしめじです! 本日は僕たちの5枚目のシングル《あやまリズム》のリリース記念イベントにお越し頂きありがとうございます! 今日はみんなで楽しみましょう!」と挨拶。早速この日1曲目となる「ひだりむね」を披露。先日YoutubeでMVの再生回数が200万回を突破し、さくらしめじの代表作とも言えるこの曲が始まると、会場は一瞬にして手拍子の渦に包まれた。

MCをはさみ、今回のカップリング「ケセラセラララ」、1stシングル「いくじなし」と2人の息の合ったハーモニーを聴かせ、一体となった会場はさらに盛り上がりをみせた。

「今年の4月にそこのTOKYO DOME CITY HALLでワンマンをして、そして今日ここラクーアでリリースイベントができて、とても嬉しいです! いつか今度は、あの東京ドームでライブがしてみたいですね。」と田中が話すと、実は一度ゆずのライブを東京ドームに観に来たというエピソードに。

それ以来、ライブ本番前のテンション上げとしてゆずの「夏色」を熱唱しているということで、今回特別にステージ上で披露すると、会場は大きな歓声と手拍子に包まれた。続いて、今作のカップリングに収録されている初となるカヴァー曲、Every Little Thingの「fragile」を披露。夏の暑さをやわらげるような、さくらしめじならではのアコースティックサウンドが優しく会場に響きわたった。

「本当に今日は暑い中、みなさん来てくださり、ありがとうございました。これからもさくらしめじ、そしてドライブヘッドをよろしくお願いいたします!」と挨拶すると、最後に今作のリード曲であり、現在放送中のTBS系アニメ「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察」のエンディング主題歌になっている「あやまリズム」を披露。2人の歌声の後ろでは、応援にかけつけたサイクロンインターセプターがコミカルにリズムに乗り、この日一番の大きな手拍子の中、会場は大いに盛り上がりライブは幕を閉じていった。

【セットリスト】
1.ひだりむね
2.ケセラセラララ
3.いくじなし
4.fragile
5.あやまリズム

Photo by 埼玉 泰史



【関連リンク】
さくらしめじ、ニューシングル発売日の記念イベントに機動救急警察が登場!?
さくらしめじまとめ
EXILE AKIRAプロデュースで 「24karats」と「VANS 」が初コラボ

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ワンマン, ライブレポ, レポート

EXILE AKIRAプロデュースで「24karats」と「VANS 」が初コラボ
Thu, 24 Aug 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ファッションブランド「24karats」が 8月24日、10周年を記念してEXILE AKIRAプロデュースのもと、スニーカーブランド「VANS」との初コラボレーションモデル、「VANS×24karats Collaboration Produced by EXILE AKIRA」を発売した。

今回のコラボレーションは24karats10 周年を記念した特別企画。EXILE AKIRAがデザインから全面プロデュースを手掛け、初のVANSとのコラボレーションが実現した。デザインのベースは24karatsのウェアとも相性の良いVANSの定番モデルOld Skoolを起用し、レトロ フューチャーな迷彩のグラフィックを大胆にまとった存在感のあるリミテッドモデルが完成。また、サイドテープに刻まれた「TWO FOUR KARATS」のブランドネームや、お互いのロゴをバランス良く配置した シューズ BOX やオリジナルショッピングバックなど、コラボレーションに相応しいプレミアムな仕様になっている。

■24karats ONLINE STORE (24 カラッツ オンラインストア)
http://www.24karats.jp

【SHOP LIST】


■24karats TOKYO
〒153-0051
東京都目黒区上目黒 1-16-10 FS ビル 1F
TEL. 03-3714-3003 OPEN12:00-20:00

■24karats NAGOYA
〒460-0011
名古屋市中区大須 3-13-9 大須ビル 1F E 号室
TEL. 052-269-0383 OPEN12:00-20:00

■24karats OSAKA
〒550-0015
大阪府大阪市西区南堀江 2-4-3
TEL. 06-4390-4600 OPEN12:00-20:00

■24karats OSAKA UMEDA
〒〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町 5-15 HEPFIVE 5F
TEL. 06-4390-4600 OPEN12:00-20:00

■24karats FUKUOKA
〒810-0041
福岡市中央区大名 1-14-15 プリオ大名III1F
TEL. 092-737-4477 OPEN12:00 -20:00

■ABC-MART 渋谷店
〒150-0041
東京都渋谷区神南 1-11-5
TEL. 03-3477-0602 OPEN11:00-21:00



【関連リンク】
EXILE AKIRAプロデュースで 「24karats」と「VANS 」が初コラボ
EXILE AKIRAまとめ
BiSH、3回目のZEPP TOKYOフリーライブ開催 &セカンドアルバム発売決定

【関連アーティスト】
EXILE AKIRA
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボレーション, LDH, コラボ, 発売

BiSH、3回目のZEPP TOKYOフリーライブ開催&セカンドアルバム発売決定
Thu, 24 Aug 2017 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSHが、8月23日にZEPP TOKYOにてフリーライブ「TOKYO BiSH SHiNE3」を開催した。昨年一昨年も開催され、BiSHにとって恒例行事となっており一昨年はハシヤスメ・アツコ、リンリンのお披露目、昨年はアユニ・Dのお披露目が行われる等、例年重要な発表が行われてきた。今年は平日にもかかわらず早朝から入場整理券を求める列が連なり、配布開始から20分で全ての整理券が配布され、会場には超満員となる2,700人の清掃員が集結した。

開演を待ちわびる清掃員の熱気の中、いつも通り前説にBiSHマネージャーの渡辺淳之介が登場。通常の注意事項に加え、4月にプロジェクト発足が宣言された、WACKとエイベックスによる共同プロジェクト「Project aW」の5名のメンバーが目元以外を全て隠した黒づくめの衣装で登場。グループ名を「EMPiRE」(エンパイア)として活動をしていく事を宣言、オフィシャルHPと、グループ及び各メンバーのTwitterアカウントを開設を告げ、フォロワーが1万人を突破次第、メンバーの素顔を公開する事が発表された。

BiSHのLIVEはインディーズ1stアルバム収録の「SCHOOL GIRLS,BANG BANG」から始まり、直近のミニアルバムより「GiANT KiLLERS」収録の全曲を始め、「デパーチャーズ」「Is this call??」「primitive」など最近のライブでは披露していなかった人気楽曲を歌唱し、「ALL YOU NEED IS LOVE」「beautifulさ」で本編終了。鳴り止まないアンコールの中、BiSHメンバーが登場すると11月29日に、『KiLLER BiSH』に続く、メジャーセカンド・アルバムの発売、更に11月から学生限定&女性限定ツアーを開催することがMCで発表され、会場は大歓声に包まれた。最後には定番「BiSH-星が瞬く夜に-」を全力でパフォーマンスし、夏の恒例行事を締めくくった。

初のミニアルバム『GiANT KiLLERS』が前作『KiLLER BiSH』に続き2作連続となるiTunesアルバム総合チャート1位を獲得、7月22日に単独ワンマン公演として7000名の清掃員(=BiSHファンの総称)を集客し、自身最大キャパシティとなる幕張メッセイベントホールをソールドアウト、大型ロックフェス「MONSTER bash 2017」への出演等、快進撃が止まらない”楽器を持たないパンクバンド\'こと\'BiSH。ニューアルバムの発売も決定し、更に勢いを加速していくBiSHから目が離せない。

【セットリスト】
M01 SCHOOL GIRLS, BANG BANG
M02 GiANT KiLLERS
M03 VOMiT SONG
M04デパーチャーズ
M05 OTNK
M06 社会のルール
M07 Is this call??
M08 スパーク
M09 primitive
M10 ぴらぴろ
M11 MONSTERS
M12 Marionette
M13 Nothing.
M14 ALL YOU NEED IS LOVE
M15 beautiful さ
-ENCORE-
M16 BiSH- 星が瞬く夜に-

アルバム『未定』

2017年11月29日(水)発売



【初回生産限定盤】(CD+Blu-ray)
AVCD-93752/B/¥10,000+税
※仕様未定
※AL:全13曲収録予定
※Blu-ray Disc:Live映像、Music Video収録予定

【CD+DVD】
AVCD-93753/B/¥5,800+税
※AL:全13曲収録予定
※DVD:Live映像収録予定

【CD】
AVCD-93754/¥3,000+税
※AL:全13曲収録予定



【関連リンク】
BiSH、3回目のZEPP TOKYOフリーライブ開催 &セカンドアルバム発売決定
BiSHまとめ
フー・ファイターズ、新曲公開&MVで家族と初共演

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, アルバム, 発表, リリース, ライブ, ライブレポ, レポート

フー・ファイターズ、新曲公開&MVで家族と初共演
Thu, 24 Aug 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

先日開催された『サマーソニック2017』のヘッドライナーとして3万人を熱狂させたライヴも記憶に新しいフー・ファイターズ。9月15日(金)に世界同時発売となるニューアルバム『コンクリート・アンド・ゴールド』からの先行配信曲第2弾となる「ザ・スカイ・イズ・ア・ネイバーフッド」をミュージック・ビデオとともに公開した。

『サマソニ』ででも披露した先行シングル「ラン」同様、デイヴ・グロール自らが監督を手がけ、バンド史上初めて家族との共演を果たしている。それが誰なのかは映像を観れば一目瞭然。そこも見どころの1つだ。

また、フー・ファイターズは「ザ・スカイ・イズ・ア・ネイバーフッド」のMV公開とその映像世あわせ、GPS機能を活用した天体観測サービスもスタートさせた。3D範囲内にある実際の星座マップを設定すると、自分の位置にある星空を認識させることができる。

発売まで1カ月を切ったニュー・アルバム『コンクリート・アンド・ゴールド』。現在iTunesでアルバムを予約すると「ラン」と「ザ・スカイ・イズ・ア・ネイバーフッド」の2曲をいち早く入手することができる。

■「ザ・スカイ・イズ・ア・ネイバーフッド」 天体観測サービス
https://sky.foofighters.com/
※携帯限定。海外サービスのため、機種などによって正しく起動しない可能性有)
■フー・ファイターズ 『コンクリート・アンド・ゴールド』 iTunes予約リンク
https://itunes.apple.com/jp/album/id1249068417?app=itunes&ls=1
■フー・ファイターズ ソニー・ミュージック オフィシャルHP
http://www.sonymusic.co.jp/foofighters
■フー・ファイターズ 海外オフィシャルHP
http://www.foofighters.com

■【デイヴ・グロール(Vo&Gu)コメント】

「ある晩、横になりながら星空を眺めていたとき、これらの星々にも同じように生命の営みがあるんじゃないかと感じて、それで俺は“空は俺達の住む近所"なんじゃないかって思ったんだ。この大宇宙の森羅万象を生き抜くために俺達はしっかりしなきゃいけないってね。この時点でまだサウンドは無く、タイトルだけが頭にあった。だから毎日歩きまわっては頭の中で色々メロディーを巡らせていたよ。」

■「ザ・スカイ・イズ・ア・ネイバーフッド」MV


http://smarturl.it/FFSKYアルバム『コンクリート・アンド・ゴールド』

2017年9月15日発売



¥2200+税
※国内盤CD全11曲
※解説・歌詞・対訳付き




【関連リンク】
フー・ファイターズ、新曲公開&MVで家族と初共演
Foo Fightersまとめ
松崎しげる主催『黒フェス2017』のMCを 伊津野亮、橋本梨菜が担当

【関連アーティスト】
Foo Fighters
【ジャンル】
洋楽, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 新曲

松崎しげる主催『黒フェス2017』のMCを伊津野亮、橋本梨菜が担当
Thu, 24 Aug 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月6日に開催される松崎しげる主催の『黒フェス2017〜白黒歌合戦〜』で、当日に会場を盛り上げてくれるMCが発表された。全体の司会を務める男性MCは、2016年に続き日本一黒いDJ&ナレーターの伊津野亮。女性MCには、日本一黒いグラビアアイドルの橋本梨菜が担当する。橋本は“クロい人”界に突如現れた風雲児と呼ばれ、“なにわのブラックダイヤモンド”を自称し、“日本一黒いグラドル”としてグラビア界に風穴を開ける存在として活躍中! 今回は松崎との雑誌の対談でお互い黒さについて話し、意気投合したことがMCを務めるきっかけになったとのことだ。

様々なジャンルの出演者が混ざり、カオスな状態に入った『黒フェス2017』。ぜひ会場にてその景色を確かめて欲しい。

■『黒フェス2017〜白黒歌合戦〜』オフィシャルHP
http://kurofes.net

■『黒フェス2017〜白黒歌合戦〜』

9月06日(水) 東京・豊洲PIT
17時開場/18時開演
※飲食、物販、外エリアは16時より開場
<出演>
松崎しげる/Iris(オープニングアクト)/サンボマスター/高橋洋子/TEE/ときめき?宣伝部/祭nine./宮前杏実(ex.SKE48)/ミラクルひかる/ももいろクローバーZ/八代亜紀/吉田山田/MILLEA(オープニングアクト)
■MC
伊津野亮/橋本梨菜
■応援
三遊亭円楽/国広富之(トミー)
■飲食ブース
日本橋たいめいけん/お茶の水/大勝軒/ビィズ・ショコラ
<チケット>
ぴあ:http://w.pia.jp/t/kurofes-d/
ローソン:http://l-tike.com/kurofes
イープラス:http://eplus.jp/kurofes/



【関連リンク】
松崎しげる主催『黒フェス2017』のMCを 伊津野亮、橋本梨菜が担当
松崎しげるまとめ
The STRUMMERS、未公開映像収録作品を発表

【関連アーティスト】
松崎しげる
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース

The STRUMMERS、未公開映像収録作品を発表
Thu, 24 Aug 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1985年、ヴォーカルのイワタを中心に東京で結成されたパンク・ロック・バンド、The STRUMMERS。2017年5月9日に永眠したヴォーカルIWATA氏の追悼企画として、1992年4月17日に行われた『ROCK ROBBER TOUR』のファイナル、クラブチッタ川崎でのライブCDをこの度デジタルリマスターとして再発(オリジナルは、1992年9月25日発売「SHOUT&SHOUT!」)することが決まった。今作は同ライブの未公開映像を収録したDVDと合わせた2枚組となって復刻発売になるという。

The STRUMMERS不変のパンクスピリッツを200%堪能できるフルスロットルのライブCDであり、更に同ライブの未公開映像&当時の収録時間事情でCDから洩れた3曲のライブ映像をボーナス収録した14曲DVD付。炸裂するメンバー4人のパンクスピリッツを全身で体感出来る熱狂と興奮のライブ盤となっている。

■「SHOUT&SHOUT!」DVDダイジェスト


https://youtu.be/Eh4Wj1DdH8cアルバム『SHOUT&SHOUT!』

2017年9月6日発売



TKCA-74554/¥2,593+税 
<収録曲>
■CD
1.THE YOUNG PUNKS
2.路地裏の不良少年-GO BOYS GO-
3.ROCK ROBBER
4.HOT ROAD
5.理由なき世代
6.I FOUGHT THE LAW
7.C\'MON EVERYBODY
8.BREAK OUT
9.THE BASEMENT ROCKERS
10.PUNK BOY
11.20世紀の終わり
12.EVERYDAY EVERYBODY
13.心のS.O.S.
14.探し続けよう
15.DREAMIN\' BOY (Sha-la-la)
16.HARD RAIN BOMB
17.POLICE ON MY BACK
18.BASEMENT GANGSTER (THE BASEMENT ROCKERSII)
19.CRAZY RAT RACE
20.BACK TO THE STREET
21.ANGRY YOUNG KIDS
22.MACHINE GUN R&R
23.SOUL SHAKEDOWN R&R
24.SHOUT&SHOUT!
25.STAND AGAIN
26.SO YOUNG
27.白い暴動
28.ハートせつなく(スタジオ新録音(当時))
■DVD
01.THE YOUNG PUNKS *
02.ROCK ROBBER
03.理由なき世代
04.THE BASEMENT ROCKERS
05.EVERYDAY EVERYBODY
06.心のS.O.S.
07.探し続けよう
08.HARD RAIN BOMB
09.ANGRY YOUNG KIDS
10.SOUL SHAKE DOWN R&R
11.[ending theme] THE WILD FOUR
〈BONUS映像〉(CD未収録曲)
12.ONE WAY STREET
13.明日なき街角
14.3 -6-5 (in the cancer city)
(未公開=*以外)



【関連リンク】
The STRUMMERS、未公開映像収録作品を発表
The STRUMMERSまとめ
EXILE TAKAHIRO、亀田誠治プロデュースによる シングル「Eternal Love」リリース決定

【関連アーティスト】
The STRUMMERS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, アルバム, 発表, リリース, パンク

EXILE TAKAHIRO、亀田誠治プロデュースによるシングル「Eternal Love」リリース決定
Thu, 24 Aug 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

EXILE TAKAHIROのニューシングル「Eternal Love」が10月4日にリリースされる事が決定した。EXILEのボーカリストとしての活動に加え、俳優として映画やドラマに出演するなど幅広い活動を展開してきたTAKAHIROが、より深く自身の音楽と向き合う為に、再びソロとしての活動を始動させる!

作品を制作するにあたり自身の音楽性を最上の形で表現したいとのTAKAHIRO自身の想いのもと、初めて音楽プロデューサーを迎える形で制作に取り掛かった。そのプロデューサーには、これまでGLAY、平井堅、JUJUら数々のアーティストのプロデュースにその才能を発揮すると共に、「東京事変」や「Bank Band」のメンバーとしても活動するなど、日本の音楽業界において確固たる地位を築いてきたミュージシャンである亀田誠治氏を起用。TAKAHIROと亀田氏による楽曲構成段階から互いにコミュニケーションを取る度にお互いの理解を深めながら制作された今作は、美しいメロディと、普遍的で心に響く純粋な想いが込められたラブバラードへと仕上がった。

そんな珠玉のラブバラードのMusic Videoは「明日の記憶」や「トリック」、「SPEC」などのヒットで知られる堤幸彦監督が、楽曲の世界観をストーリーへと落とし込む形で、感動の恋愛物語を制作。映画やドラマに加え、今年7月には初の主演舞台「MOJO」でも迫真の演技を披露するなど、役者としても着実にステップアップを続けるTAKAHIROの表現力という部分も注目の作品となる。

さらに、今作のカップリングには、TAKAHIROが初めて自身で作詞作曲を手掛けた「SUNSET KISS」も収録される。夏の終わりに甘い恋心が燃え上がる、爽やかさと色気が同居したセクシーなポップソングとなっている。心がときめく事間違いなしという楽曲に仕上がっているので、楽曲試聴がスタートしたHPを是非チェックしてみてほしい。

■【EXILE TAKAHIROコメント】

「久しぶりのソロシングルということもあり、新鮮な気持ちで、想いを込めて、制作させていただきました。心から尊敬する亀田さんと一緒に楽曲作りに取り掛かり、最高な楽曲が生まれました。この楽曲を少しでも多くの皆さんに体感していただく事が出来たらと、希望に満ち溢れています。今までの活動の中で培ったことや、吸収してきたものを活かしながらも、表現者として、より広く、深く追求し、皆様に新たな感動を届けていきたいと思いますので、そんな想いが詰まった今作を、是非楽しんでいただけたらと思います。
これからも応援宜しくお願いいたします!」

シングル「Eternal Love」

2017年10月4日発売



【CD+DVD】
RZCD-86399/B/¥1,800+税
【CD only】
RZCD-86400/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.Eternal Love
2.SUNSET KISS
3.Eternal Love (Instrumental)
4.SUNSET KISS (Instrumental)
■DVD
Eternal Love(Music Video)

◎ 全国主要CDショップ特典
EXILE TAKAHIRO B2サイズポスター
※特典は先着となります。
※一部取り扱いのない店舗もございます。



【関連リンク】
EXILE TAKAHIRO、亀田誠治プロデュースによる シングル「Eternal Love」リリース決定
EXILE TAKAHIROまとめ
EXILEまとめ
亀田誠治まとめ
MAGiC BOYZ×YURI、「パーリーしようよ」MV公開 &2組での初ライブ決定!

【関連アーティスト】
EXILE TAKAHIRO, EXILE, 亀田誠治
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, MV, シングル, リリース

MAGiC BOYZ×YURI、「パーリーしようよ」MV公開&2組での初ライブ決定!
Thu, 24 Aug 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MAGiC BOYZ が8月30日に発売するファーストアルバム『第一次成長期〜Baby to Boy〜』の【コラボしてたの!?】盤収録曲、市井由理のコラボ曲「パーリーしようよ」のMVが公開された。

「パーリーしようよ」はPES (RIP SLYME)プロデュースの楽曲で、いつまでも仲間と一緒にいたい・パーティーしていたいという、楽しい時間が終わってしまう少し切ない気持ちを夏の終わりに重ねて表現した、誰もが共感できる、ちょっぴりエモーショナルな楽曲。ミュージックビデオは、新進気鋭の映像監督かとうみさとが手掛け、MAGiC BOYZメンバーのひと夏の思い出がぎっしり詰まった見所満載の映像に仕上がっており、彼らを優しく見守るような市井由理の20年ぶりの歌唱シーンも必見だ。

さらに、9月3日午後に東京都内で行われる、MAGiC BOYZのアルバムリリース記念イベントに市井由理のゲスト出演が決定し、「パーリーしようよ」をMAGiC BOYZ×YURIでライブ初披露する事も発表。会場と時間の詳細は後日発表となるので、この機会を絶対に見逃さないようチェックしたい。

■MAGiC BOYZ 「第一次成長期〜Baby to Boy〜」特設サイト
http://magic-boyz.com/seichouki
■MAGiC BOYZ オフィシャルHP
http://www.magic-boyz.com
■市井由理 Instagram
https://www.instagram.com/yuri_ichii/

■「パーリーしようよ」MV


https://youtu.be/WOmTcrk5bDYアルバム『第一次成長期〜Baby to Boy〜』

2017年8月30日発売



【純マジボ盤】
ZXRC-2021/¥2,500+税
※初回生産分限定 トレーディングカード全4種ランダム封入
<収録曲>
01.マジボのテーマ〜Baby to Boy〜
02.Do The D-D-T!!
03.ハミダス
04.illson feat.NIPPS、オカモトレイ
(OKAMOTO\'S)
05.MOTE☆MAGiC 2017
06.俺の髪は黒
07.MAGiC SPELL〜かけちゃうぞ!ぴっぴっぴっ〜
08.オレでしょ??
09.DK GO!!! ※新曲
10.調子のってる?
11.MAGiC RiDE 2017
12.ドンマイ〜The Shock Doctorine Mix〜
13.Oh!!!受験☆Night Fever
14.でも、ダメ、ゼッタイ
15.ありのままでマジボ
16.3.141592

【コラボしてたの!?盤】
ZXRC-2022/¥2,963+税
※初回生産分限定 トレーディングカード全4種ランダム封入
<収録曲>
■CD DISC1
01.マジボのテーマ〜Baby to Boy〜
02.Do The D-D-T!!
03.illson feat.NIPPS、オカモトレイジ(OKAMOTO\'S)
04.MAGiC SPELL〜かけちゃうぞ!ぴっぴっぴっ〜
05.俺の髪は黒
06.DK GO!!!
07.調子のってる?
08.MAGiC RiDE 2017
09.Oh!!!受験☆Night Fever
10.でも、ダメ、ゼッタイ
11.ありのままでマジボ
12.3.141592
■CD DISC2
01.『ずら』との遭遇! MAGiC BOYZ×YOUNG-G(Stillichimiya)&原田喜照
02.イラッとするコト マヒロ×DOTAMA
03.お茶の国から トーマ×DJみそしるとMCごはん 
04.1,2,3 リュウト×SKY-HI
05.10000000000YEN  MAGiC BOYZ×餓鬼レンジャー
06.ON&ON MAGiC BOYZ×GAGLE
07.パーリーしようよ MAGiC BOYZ×YURI(EAST END×YURI)

【秘宝盤】
ZXRC-2023/¥5,093+税
※HMV限定発売スペシャルパッケージ
※Photobook
・某日開催されたMAGiC BOYZご褒美旅行の模様を撮影!
※折込式15,000字インタビューペーパー
・夜のマジボ赤?裸?々トーク
<収録曲>
■CD
01.マジボのテーマ〜Baby to Boy〜
02.Do The D-D-T!!
03.ハミダス
04.illson feat.NIPPS、オカモトレイジ(OKAMOTO\'S)
05.MOTE☆MAGiC 2017
06.俺の髪は黒
07.MAGiC SPELL〜かけちゃうぞ!ぴっぴっぴっ〜
08.オレでしょ??
09.DK GO!!! ※新曲
10.調子のってる?
11.MAGiC RiDE 2017
12.ドンマイ〜The Shock Doctorine Mix〜
13.Oh!!!受験☆Night Fever
14.でも、ダメ、ゼッタイ
15.ありのままでマジボ
16.3.141592
■DVD<収録曲数・分数未定>
・「ワンマンライブ 2017春〜大漁祭〜」ライブ本編
・バックステージ映像



【関連リンク】
MAGiC BOYZ×YURI、「パーリーしようよ」MV公開 &2組での初ライブ決定!
MAGiC BOYZまとめ
YURIまとめ
RIP SLYMEまとめ
GYAO! SUMMER HOUSE開催した#ハッシュタグ、 STARBOYS、TOONBOYS出演イベントが配信決定

【関連アーティスト】
MAGiC BOYZ, YURI, RIP SLYME
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, MV, アルバム, 発表

GYAO! SUMMER HOUSE開催した#ハッシュタグ、STARBOYS、TOONBOYS出演イベントが配信決定
Thu, 24 Aug 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月23日、映像配信サービス「GYAO!」が江ノ島で展開している“GYAO! SUMMER HOUSE”にて、イベント『GYAO! SUMMER HOUSE CHEERZ パフォーマンス&特典会』が開催された。

同イベントは次世代スター応援アプリ“CHEERZ for JUNON”とのコラボレーションとなっており、アプリ上でパフォーマンス時間を争奪し合った3組のアーティストが、それぞれの持ち時間(1位:25分、2位:15分、3位:1分)でパフォーマンスを行なった。当日は、3位のTONEBOYSから、2位のSTARBOYS、見事1位を獲得した#ハッシュタグの順番でパフォーマンスを披露! 久しぶりの晴天となった江ノ島の空の下、TONEBOYSの歌声からスタートし、10分という持ち時間ながらメドレーを披露するなど意欲的なライブを繰り広げる。続いて、2位のSTARBOYSは愉快なトークやアップテンポナンバーのみならず、夕暮れ時のビーチに映えるバラードで少し大人な雰囲気で魅せていた。1位の#ハッシュタグは25分という持ち時間をいかした構成でダンスを交えながら、オーディエンスと一体感のあるステージングで見事にトリを飾り、会場を大いに盛り上げていたとのこと。

同イベントの模様は、9月6日より「GYAO!」にてアーカイブ配信を予定しているので、当日会場に足を運べなかった方も、ぜひチェックしてほしい。

photo by Y.Saijo



【関連リンク】
GYAO! SUMMER HOUSE開催した#ハッシュタグ、 STARBOYS、TOONBOYS出演イベントが配信決定
吉田山田、約1年8か月ぶりとなる 5枚目のアルバム発売決定

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, コラボレーション

吉田山田、約1年8か月ぶりとなる5枚目のアルバム発売決定
Thu, 24 Aug 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

吉田山田が8月22日(火)夜に「吉田山田祭り直前SP!重大発表あり?!」と題したLINE LIVE生配信にて、約1年8か月ぶりとなるアルバムの発売を発表した。

吉田山田史上初となるスーパーデラックス盤と称した完全生産限定盤を含む、3形態のリリースも合わせて発表された。そのスーパーデラックス盤には、8月26日(土)に東京・上野水上野外音楽堂にて開催される「吉田山田祭り2017」のライブ映像をBlu-rayにて完全収録! 吉田山田がBlu-rayにてライブ映像作品を発売することも初となる。そして、更にファン涎垂の“吉田山田スタッフTシャツ"、特製フォトブックレット、プレミアムイベント応募券までが付いた超豪華盤となる。その他にもDVD付きのデラックス盤、ボーナストラック入りのボーナストラック盤の全3形態でリリースを行なう。収録内容などはオフィシャルサイトにて随時更新されていくので、確認してほしい。

そして、先に発表されていた、9月からの「吉田山田ツアー2017」は実はアルバムを引っさげた全国ツアーだったことも明かされた。初日の9月17日(日)の神奈川・YOKOHAMA Bay Hallを皮切りに10月29日(日)新潟・新潟LOTSまでの前半15公演は<Acoustic Set>と題して、二人だけの弾き語り公演を行ない、11月11日(土)の広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO公演からツアーファイナルとなる12月24日(日)の大阪・森ノ宮ピロティホールまでの後半6公演は<Band Set>と題して、バンド編成での公演となり、異なる演出にも期待が高まる。ツアーのチケットは現在発売中!

アルバム『変身』

2017年11月1日(水)発売



【スーパーデラックス盤】(CD+Blu-ray+スタッフTシャツ)
SCCA.00058/¥9,800+税
※BOX仕様
※CD収録内容:全11曲収録
※収録曲は後日発表します
※Blu-ray収録内容:吉田山田祭り2017@2017.08.26 上野恩賜公園水上音楽堂ライブ映像(全曲収録)
※特製フォトブックレット
※“吉田山田スタッフ"Tシャツ (サイズをKIDS/S/M/L/XLよりお選びいただけます)
※プレミアムイベント応募券封入 ※2018年1月に都内某所にて開催します。

【デラックス盤】(CD+DVD)
PCCA.04590/¥3,500+税
※CD収録内容:全11曲収録
※DVD収録内容:「街」MV、「RAIN」MV、撮り下ろしロケ企画映像
※封入特典:イベント参加券

【ボーナストラック盤】(CD only)
PCCA.04589/¥2,500+税
※CD収録内容:11曲+ボーナストラック1曲の全12曲収録
※封入特典:イベント参加券


【ライブ情報】

『吉田山田ツアー2017』
<Acoustic Set>
9月17日(日) 神奈川・YOKOHAMA Bay Hall
9月23日(土・祝) 北海道・札幌PENNY LANE24
9月30日(土) 鳥取・米子 AZTiC laughs
10月01日(日) 島根・松江 AZTiC canova
10月05日(木) 静岡・Live House 浜松窓枠
10月07日(土) 兵庫・神戸VARIT.
10月08日(日) 京都・KYOTO MUSE
10月09日(月・祝) 長野・松本 Sound Hall a.C
10月14日(土) 香川・高松festhalle
10月15日(日) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
10月21日(土) 岐阜・club-G
10月22日(日) 石川・金沢Eight Hall
10月25日(水) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
10月28日(土) 福島・郡山HIPSHOT JAPAN
10月29日(日) 新潟・新潟LOTS
<Band Set>
11月11日(土) 広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO
11月12日(日) 福岡・ももちパレス (福岡県立ももち文化センター)
12月08日(金) 東京・東京国際フォーラム ホールC
12月09日(土) 愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
12月17日(日) 宮城・仙台Rensa
12月24日(日) 大阪・森ノ宮ピロティホール
※チケット絶賛発売中
■特設サイト
http://yoshidayamada.com/tour2017/

『吉田山田祭り2017』
8月26日(土) 東京・上野水上野外音楽堂 (上野恩賜公園野外ステージ)
開場/開演 16:15/17:00
※チケットソールドアウト!



【関連リンク】
吉田山田、約1年8か月ぶりとなる 5枚目のアルバム発売決定
吉田山田まとめ
シナリオアート、2か月連続ツーマンイベント開催発表

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, リリース, 発売, ライブ, ツアー

シナリオアート、2か月連続ツーマンイベント開催発表
Thu, 24 Aug 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シナリオアートが11月10日(金)と12月15日(金)に2か月連続でツーマン形式の自主企画を開催する事を発表した。会場となる東京・TSUTAYA O-Crestは、シナリオアートがメジャーデビュー直後に自主企画をおこなった所縁のあるライブハウスで、9月におこなうアコースティックワンマンとは打って変わり、ステージと観客との距離が近い会場で、熱いバンド演奏を繰り広げる予定。ゲストは、シナリオアートがリスペクトするアーティストを各月毎に迎え、ツーマンならではのロングセットで、二者による濃厚な一夜になる予定。気になるゲストは後日発表する。

シナリオアートのモバイルサイト「シナリオライブラリ」では、8月23日より会員を対象にチケットの先行予約申し込みを受け付ける。9月のアコースティック東京公演が即日ソールドアウトとなった彼らの自主企画「Chapter」。今回もチケット情報を見逃さない様にチェックしよう!

【イベント情報】

『[Chapter #15]-November moon-』
11月10日(金) 東京・TSUTAYA O-Crest
OPEN 19:00 / START 19:30
※対バンあり

『[Chapter #16]-December moon-』
12月15日(金) 東京・TSUTAYA O-Crest
OPEN 19:00 / START 19:30
※対バンあり

<チケット>
前売券 3,600円(税込・D別)/当日券 4,100円(税込・D別)
・一般発売日 9月30日(土)
・「シナリオライブラリ」先行あり
受付期間 8月23日(水)18:00 〜 8月30日(水)23:59
受付URL:http://www.sma-ticket.jp/artist/scenarioart

シングル「サヨナラムーンタウン」

2017年9月6日発売



KSCL-2968/¥1,165+税
<収録曲>
1.サヨナラムーンタウン
2.ハローグッバイ
3.サヨナラムーンタウン Instrumental (クミコと歌おうver.)
4.サヨナラムーンタウン Instrumental (コウスケと歌おうver.)



【関連リンク】
シナリオアート、2か月連続ツーマンイベント開催発表
シナリオアートまとめ
三月のパンタシア、渋谷でイラストパネル展開催発表

【関連アーティスト】
シナリオアート
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表

三月のパンタシア、渋谷でイラストパネル展開催発表
Thu, 24 Aug 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

三月のパンタシアの4thシングル「ルビコン」のリリースを記念して、8月29日より渋谷のHMV&BOOKS TOKYOにてパネル展の開催が決定した。これまでに彼女たちの作品を彩ってきた、イラストレーター浅見なつ、bob、萩原あさ美等の手掛けたイラストの数々が展示される。当日はテイクフリーのオリジナルしおりも配布予定となっている(なくなり次第配布終了)。是非店舗に足を運んで三月のパンタシアの世界観を楽しんで欲しい。

なお、同日8月29日にはニコニコ生放送にてトーク+スタジオライブ特番も放送が決定しているので是非チェックを!

ニコニコ生放送特別番組『三月のパンタシア、ニューシングル「ルビコン」発売前日ライブ&トーク特番!』

8月29日(火)21:00〜(開場は20:50〜)
<番組説明>
三月のパンタシアの8月30日にリリースされる4thシングル「ルビコン」発売を記念し、リリース前日となる8月29日に3回目のライブ&トーク生放送をおこないます!
http://live.nicovideo.jp/watch/lv303967803

■お便りの投稿を募集中!
募集テーマ:夏とわたしの物語
あなたの夏の思い出を教えてください!たくさんのお便りお待ちしております。投稿していただいた方の中から抽選でプレゼントも!ペンネームを添えてお送りください。
http://otayori.nicovideo.jp/form/input/lv303967803?mode=pc

シングル「ルビコン」

2017年8月30日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2959 〜 KSCL-2960/¥1,500+税



【期間生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2962 〜 KSCL-2963/¥1,500+税



【通常盤】
KSCL-2961/¥1,100+税

小説『茜色の記憶』

2017年8月28日発売



ISBN978-4-8137-0309-9/¥570+税



【関連リンク】
三月のパンタシア、渋谷でイラストパネル展開催発表
三月のパンタシアまとめ
ルクセンブルクのジャズトリオDock In Absoluteと 小林香織(Sax)が共演

【関連アーティスト】
三月のパンタシア
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ネットカルチャー

ルクセンブルクのジャズトリオDock In Absoluteと小林香織(Sax)が共演
Thu, 24 Aug 2017 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フランス語圏と日本の交流コンサートシリーズ『TANDEM(タンデム)』の第7回目が9月6日(水)に東京・代官山「晴れたら空に豆まいて」にて開催される。出演アーティストはルクセンブルクが誇る若手ジャズトリオ・Dock In Absolute(ドック・イン・アブソリュート)、日本からは活躍目覚ましいサックス奏者・小林香織。

『TANDEM(タンデム)』は在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、在日ルクセンブルク大公国大使館/music:LX、在日ベルギー大使館及びケベック州政府在日事務所の公演により行なわれており、8月19日(土)に東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールにて開催されたジェーン・バーキンの『バーキン - ゲンズブール ザ・シンフォニック』公演が記憶に新しい。

■『Tokyo Walker 海外交流コンサート“TANDEM”』

9月06日(水) 東京・晴れたら空に豆まいて
1st show:open 18:30 start 19:00
2nd show:open 21:00 start 21:30 
※入替制
<チケット>
前売¥5,000/当日¥5,500/2公演通し¥8,000円(会場のみの発売)
イープラス:http://eplus.jp
Pコード : 340-938
http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1737277
晴れたら空に豆まいて:(Tel)03 5456 8880
お問い合わせ : ポッションエッズ TEL 03-6459-2212 (平日11〜18時)
※ドリンク代別途 600円
※整理番号順のご入場となります
※ファンクラブ先行及び優先入場あり
※未成年の方は保護者同伴に限り入場可、チケット必要



【関連リンク】
ルクセンブルクのジャズトリオDock In Absoluteと 小林香織(Sax)が共演
小林香織まとめ
Dock In Absoluteまとめ
東方神起、ソウル・東京・香港での 『東方神起 ASIA PRESS TOUR』で再始動宣言

【関連アーティスト】
小林香織, Dock In Absolute
【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース

東方神起、ソウル・東京・香港での『東方神起 ASIA PRESS TOUR』で再始動宣言
Thu, 24 Aug 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2日間3都市での『東方神起 ASIA PRESS TOUR』にて東方神起の再始動が幕を開けた。東方神起は8月21日午前11時、ソウル・中区(チュング)新羅ホテルにて、アジアツアープレスツアーをスタートすると、同日午後7時30分、東京・六本木ヒルズ51階ヒルズクラブにて日本向け記者会見を行い、22日午後7時には香港プラザハリウッドショッピングセンターで最後の記者会見を実施。2日間で3都市にわたる『東方神起 ASIA PRESS TOUR』にて各地メディアとファンへ向けた再始動の宣言を終えたとのこと。

会見では、各地の主要メディアが全集結し、香港ではなんと約1000人が集結! 待ち望まれていた東方神起の再始動への注目度の高さを改めて証明したプレスツアーとなった。日本での記者会見では、ユンホが「本当にお久しぶりです。感無量です。今日は2人で挨拶することができて、すごく嬉しいです」と2人での活動再開への心境を語り、チャンミンからは「待っててくださった時間を後悔させないように2人で全力で頑張る姿をみせたい」と再始動への意気込みを語った。

さらに、記者会見では全国5大ドームツアーの開催と、復帰記念アルバム『FINE COLLECTION〜Begin Again〜』のリリースが本人の口から発表された。全国5大ドームツアーは、11月11日より札幌、東京、福岡、大阪、愛知をまわり約、65万人を動員を予定している。札幌ドームを含む3度目の全国5大ドームツアーは、海外アーティストとして初の快挙でもあり、ユンホは「東方神起のライブを見たら、夢や希望が伝わるライブができたら嬉しい。」とコメントをしている。

また、『FINE COLLECTION〜Begin Again〜』は2011年以降の全シングル(13タイトル)と、全アルバム(4タイトル)から選ばれた楽曲に加え、新たに再レコーディングをした3曲を収録した全40曲を予定。映像には、全23曲のMVを収録した豪華復帰記念アルバムになっており、チャンミンは「思い出の入っている曲ばかり。特に、昔より成長した、歌や、日本語の発音、感情もそう。そういうのをもっと見せたいと思っていた3曲を再レコーディングした。ファンが喜ぶ自信作」と紹介した。

再始動の発表で各国から熱烈な歓迎を受けた東方神起。その影響力は規格外の人気だということを証明した2日間となった。

【東方神起 LIVE TOUR 2017 〜Begin Again〜】

11月11日(土) 北海道・札幌ドーム
11月25日(土) 東京・東京ドーム
11月26日(日) 東京・東京ドーム
11月27日(月) 東京・東京ドーム
12月02日(土) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム
12月03日(日) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム
12月20日(水) 東京・東京ドーム
12月21日(木) 東京・東京ドーム
12月26日(火) 大阪・京セラドーム大阪
12月27日(水) 大阪・京セラドーム大阪
12月28日(木) 大阪・京セラドーム大阪
【2018年】
1月12日(金) 愛知・ナゴヤドーム
1月13日(土) 愛知・ナゴヤドーム
1月14日(日) 愛知・ナゴヤドーム

<チケット>
スーパープレミアムシート ¥24,800(税込) ※ファンクラブ継続年数6年目(継続回数5回)の方限定
プレミアムシート ¥24,800(税込) ※ファンクラブ先行、Yahoo!チケットプラス先行限定
S席一般指定(ペンライト付) ¥11,800(税込) ※ファンクラブ先行、Yahoo!チケット先行限定
S席着席指定(ペンライト付) ¥11,800(税込) ※ファンクラブ先行、Yahoo!チケット先行限定
S席着席指定 ¥10,800(税込) ※ファンクラブ先行、Yahoo!チケット先行限定
S席一般指定 ¥10,800(税込)

アルバム『FINE COLLECTION〜Begin Again〜』

2017年10月25日発売



【初回限定盤】(3CD+Blu-ray)
AVCK-79392 POS:498806479392/1/¥6,800(税抜)
※スマプラ対応
※スペシャル仕様(サイズ:305mm×157mm×23mm)
※撮り下ろしフォトブックレット付
※ジャケットサイズカード(全6種類中1種ランダム封入)
<収録曲>
■CD
・Disc-1
01.Why? [Keep Your Head Down]
02.B.U.T (BE-AU-TY)
03.Humanoids
04.MAXIMUM
05.Catch Me ?If you wanna-
06.Spinning
07.Something
08.Superstar
09.OCEAN
10.I Don’t Know
11.Sweat
12.ANDROID
13.SCREAM
14.Rising Sun <再録Ver(仮)>
・Disc-2
01.Duet
02.One More Thing
03.Weep
04.White
05.Telephone
06.Wedding Dress
07.逢いたくて逢いたくてたまらない
08.Time Works Wonders
09.Cheering
10.In Our Time
11.Thank you my girl
12.Believe In U
13.どうして君を好きになってしまったんだろう?<再録Ver(仮)>
・Disc-3
01.シアワセ色の花
02.サクラミチ
03.Chandelier
04.君のいない夜
05.I love you
06.With Love
07.I Know
08.STILL
09.Calling
10.愛をもっと
11.One and Only One
12.TREE OF LIFE
13.Bolero<再録Ver(仮)>
■Blu-ray
・Music Clip
Why? [Keep Your Head Down]
I Don\'t Know
Superstar
B.U.T (BE-AU-TY)
Duet
Winter Rose
STILL
ANDROID
Catch Me -If you wanna-
I Know
Humanoids
In Our Time
OCEAN
SCREAM
Very Merry Xmas
White
Something
TREE OF LIFE
Sweat
Time Works Wonders
Spinning
Chandelier
サクラミチ
・Making Clip
ALBUMジャケット撮影 Off Shot Movie

◎封入特典
撮り下ろしフォトブックレット(AVCK-79389と共通)
ジャケットサイズカード(全6種類中1種ランダム封入)

【初回限定盤】(3CD+DVD)
AVCK-79389 POS:498806479389/1/¥5,800(税抜)
※スマプラ対応
※スペシャル仕様(サイズ:305mm×157mm×23mm)
※撮り下ろしフォトブックレット付
※ジャケットサイズカード(全6種類中1種ランダム封入)
<収録曲>
■CD
AVCK-79392と共通
■DVD
AVCK-79392と共通

◎封入特典
撮り下ろしフォトブックレット(AVCK-79389と共通)
ジャケットサイズカード(全6種類中1種ランダム封入)

【通常盤】(3CD)
AVCK-79401 POS:498806479401/0/¥3,500(税抜)
※スマプラ対応
<収録曲>
■CD
AVCK-79392と共通

◎初回封入特典
ジャケットサイズカード(全6種類中1種ランダム封入)



【関連リンク】
東方神起、ソウル・東京・香港での 『東方神起 ASIA PRESS TOUR』で再始動宣言
東方神起まとめ

【関連アーティスト】
東方神起
【ジャンル】
K-POP, ニュース, アルバム, リリース, ツアー, 再始動













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1