歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年08月15日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
【DAOKO】自分の美しいと思えるものを作れるのがアーティストにとって一番重要なこと
Tue, 15 Aug 2017 10:00:00 +0900


映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌「打上花火」は、米津玄師がプロデュース。さまざまな挑戦と発見があったという今作について、語ってもらった。

──映画主題歌の「打上花火」は米津玄師さんプロデュースの曲ですが、どのようなことイメージしながら表現しました?

「ヒロインのなずなの気持ちになって、典道くんとふたりで見ている情景や想いを想像しながら演じるように歌いました。DAOKOを形成する最大要素である“声”と“詞”が今回は“声”のみだったので、米津さんの歌詞と物語を照らし合わせながら自分なりの解釈で詞を声で表現しました。レコーディングの時、最初は情緒的に歌っていたのですが、米津さんから淡々と歌ってほしいというリクエストがあったので、淡々とした中にもふたりの想いが燃えているように。それが物語の雰囲気や色合いにマッチしていたんです。淡々としていることによって、エモーショナルに聴こえるようになったので、流石のディレクションだなと感動しました。」

──米津さんが作るメロディー、歌詞の魅力については、どのようなことを感じています?

「米津さんは天才的なメロディーメーカーですね。独自の唯一無二のメロディーラインを持ちながらもポップスとしてデザインされていて秀逸という。歌詞の世界観もユーモアにあふれていて。個人的に今回の歌詞は典道くん側から切り取った言葉たちだと感じました。」

──映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を観て、昔のことを思い出したりもしたのでは?

「はい。中学の同級生の男の子ってこんな感じだったなと懐かしくなりました。女の子のほうがちょっぴり大人びているところとか、リアリティーがありましたね。大人でも子供でもないティーンの複雑で繊細なかたちが表現されていたり、どのキャラクターも生々しいんですが、背景はどこかメルヘンチックだったり。現実離れした描写が多々あって、妄想しがちだった10代のあの頃を思い出す作品です。プールサイドの塩素の匂いとか、教室の匂いなど、いろいろな夏の“匂い”が香ってくるような切り取り方や描写に感動しました。」

──夏はお好きですか?

「四季の中で一番夏が好きです。暑いより寒いほうが苦手だし、何より夏の空気感が好きです。青が際立って美しい季節だと思っていて、海や空に浮かぶ雲の近さや質感がたまらなく好きですね。クーラーを効かせた部屋の冷えたフローリングに横たわってアイスを食べるのが夏の醍醐味です。」

──カップリングの「Forever Friends」は同映画の挿入歌ですが、1993年に放送されたテレビドラマ版で使われた曲のカバーですね。

「はい。あのドラマで一番印象に残ったのが、この挿入歌が使われているプールのシーンでした。岩井俊二さんの表現する青の中で鳴り響く、この曲が映像のエモーショナルさを際立たせていたので、あのシーンを思い出しながら自分が声でできる最大限の表現を込めました。初の英語詞とカバー作品だったので、自分で詞を訳したり、発音指導を受けたりと、今までにない表現についての研究をたくさんした曲です。たくさん歌う中で、オリジナリティーのある発音と自分なりの解釈を見つけることができたのもひとつ発見でしたね。」

──通常盤に収録される「Cinderella step」の作詞作曲はDAOKOさんですね。まず絵を描いてから曲作りに取り組んだそうですが、どのような世界、ストーリー、色彩、色味をイメージしながら制作を進めましたか?

「まずアニメの内容に寄り添って、ふたりの男女が踊っている姿を想像した時、メルヘンチックなシーサイドで踊っている風景が浮かんできたんです。これは絵にしたほうが伝わるなと思って、初めての共有の仕方として絵を用いました。」

──編曲を手掛けたサカナクションの江島啓一さんにも、その絵を通じてイメージを伝えて?

「はい。私が作ったデモと、あとは全て絵に込めました。青や紫やピンクの色味も人それぞれ思い浮かべるものは違うと思うので、実際に描くことによって、その色味やトーンを共有できました。私の想像を遥かに超えるミニマルでエモーショナルなダンスアレンジに仕上げていただき、あまりにも秀逸で感動して、初めて聴いた時は涙が出そうでした。」

──今回の3曲もまさにそうですが、最近のDAOKOさんはメロディアスな曲を表現する機会が増えていますね。

「そうですね。もともとラップという表現と出会ったのも偶然的なもので、それが運命でもあったのですが、そもそも自己表現の方法を探していた中で需要と供給が合致したのがラップなんだと思います。なりたいラッパーやラップに影響を受けて育っていなかったので、オリジナルのスタイルが形成されたのだと思うのですが。その他にも絵や写真や詩など、さまざまな自己表現が好きな中で、やはり私は音楽を心から愛していて、日々音楽に救われているんですね。聴いている音楽は多種多様なので、自分もジャンルにとらわれない表現をしたいなと。私が今好きな音楽を混ぜ合わせて自分の音楽にできたら、新しい音楽を生み出すことができると思うんです。なので、今一番やりたいこと、美しいと思うことを、創作活動に反映させていくことが私の幸せであり目標ですね。自分の美しいと思えるものを作れるのが、アーティストにとって一番重要なことだと思います。方法は限らず、自分の表現の可能性を広げ続けていきたいです。」

──小説『ワンルーム・シーサイド・ステップ』も書籍化されましたし、表現の幅は着々と広がっていますね。

「小説を書くのは初めてだったのですが、こんなに自分は言葉を持っているのかと感動したし、またひとつ表現の扉を開いた実感があるので、面白そうだなと思うことは何でもトライして、救い救われるような美しい作品を生きている限りたくさん残したいです。」

取材:田中 大

シングル「打上花火」

2017年8月16日発売
TOY’S FACTORY



【初回限定盤(DVD付)】
TFCC-89631 ¥1,620(税込)
※イラスト描き下ろしジャケット



【通常盤】
TFCC-89632 ¥1,296(税込)

DAOKO

1997年生まれ、東京都出身。ラップシンガー。15歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、12 年に1stアルバム『HYPER GIRL- 向こう側の女の子 -』を発売。15年3月に女子高生にしてアルバム『DAOKO』にてメジャーデビュー。同年8月17日には渋谷WWW での初ワンマンライブを行ない、チケットは即日完売となる。16年に開催したツアー『青色主義』は東京・大阪・韓国4デイズの公演を行ない、大成功を収めた。



【関連リンク】
【DAOKO】 自分の美しいと思えるものを作れるのが アーティストにとって一番重要なこと
DAOKOまとめ
桑田佳祐、GYAO!にて「オアシスと果樹園」 「若い広場」の完全フル尺MVを独占配信

【関連アーティスト】
DAOKO
【ジャンル】
okmusic UP\'s vol.156, インタビュー, ラップ

桑田佳祐、GYAO!にて「オアシスと果樹園」「若い広場」の完全フル尺MVを独占配信
Tue, 15 Aug 2017 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今年ソロデビュー30周年を迎える桑田佳祐のニューアルバム『がらくた』が8月23日にリリースされることを記念し、映像配信サービス「GYAO!」では、8月14日(月)17時より「オアシスと果樹園」「若い広場」の完全フル尺MVの独占配信を開始! 『ROCK IN JAPAN 2017』での圧倒的なパフォーマンスを繰りひろげた桑田佳祐の最新MVだけに、すべての音楽ファンの方が楽しめる内容となっている。

■GYAO! 「オアシスと果樹園」
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v08611/v0994000000000543457/
■GYAO! 「若い広場」
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v08611/v0994000000000543456/
※配信期間:8月14日(月)17時 〜 9月3日(日)まで

アルバム『がらくた』

2017年8月23日発売



【初回生産限定盤A】(CD+Blu-ray+特製ブックレット)
VIZL-1700/¥4,800+税
【初回生産限定盤B】(CD+DVD+特製ブックレット)
VIZL-1701/¥4,500+税
【初回生産限定盤C】(CD+特製ブックレット)
VIZL-1702/¥3,500+税
【通常盤】
VICL-65000/¥3,300+税
【アナログ盤】 
VIJL-61800〜1/¥4,300+税
※完全生産限定
※オリジナル特典「オリジナルB2ジャケットポスター」付
<収録楽曲>
1. 過ぎ去りし日々 (ゴーイング・ダウン)
2. 若い広場(平成29年度前期・NHK連続テレビ小説「ひよっこ」主題歌)
3. 大河の一滴(UCC BLACK無糖TVCMソング)
4. 簪 / かんざし
5. 愛のプレリュード(JTB 2016 TVCMソング)
6. 愛のささくれ〜Nobody loves me
7. 君への手紙(映画「金メダル男」主題歌/WOWOW開局25周年CMソング)
8. サイテーのワル
9. 百万本の赤い薔薇(フジテレビ系列 全国26局ネット「ユアタイム〜あなたの時間〜」テーマソング)
10. ほととぎす [杜鵑草]
11. オアシスと果樹園(JTB 2017 TVCMソング)
12. ヨシ子さん(WOWOW開局25周年CMソング)
13. Yin Yang(イヤン)(2013年 フジテレビ系木曜劇場「最高の離婚」主題歌)
14. あなたの夢を見ています
15. 春まだ遠く

◎初回生産限定盤特典
・「がらくた」Bonus Disc
奇跡の映像化! 桑田佳祐史上・初のBillboard Live Tokyoでの超プレミア公演から、「若い広場」「君への手紙」「ヨシ子さん」を含むアルバム収録曲のライブ映像を8曲厳選収録。さらに、新たにアレンジされた音源による「悪戯されて」のMUSIC VIDEOを初作品化!
・この夏、大人の夜遊びライブ in 日本で一番垢抜けた場所!! at Billboard Live Tokyo(2017.07.11)
百万本の赤い薔薇
大河の一滴
君への手紙
愛のささくれ〜Nobody loves me
簪 / かんざし
若い広場
オアシスと果樹園
ヨシ子さん
・MUSIC VIDEO
悪戯されて(New Arranged Version)
※初回生産限定盤A(Blu-ray)・初回生産限定盤B(DVD)に付属
・特製ブックレット「がらくた」(全120ページ)
桑田佳祐書き下ろしによるエッセイ集「がらくたノート」/歌詞ブックレット/撮り下ろしフォト
※初回生産限定盤A・初回生産限定盤B・初回生産限定盤Cに付属



【関連リンク】
桑田佳祐、GYAO!にて「オアシスと果樹園」 「若い広場」の完全フル尺MVを独占配信
A Barking Dog Never Bites、“ロックシーンの異端”を 主張する2ndミニアルバム『LIBOWTY』が完成!

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

A Barking Dog Never Bites、“ロックシーンの異端”を主張する2ndミニアルバム『LIBOWTY』が完成!
Tue, 15 Aug 2017 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ジャンルやシーンにおける垣根や概念に囚われることのないスタンスを貫き、爆発力と洗練さを併せ持つライヴパフォーマンスを展開。その圧倒的な演奏力とスクリーモとメロディーを両軸にしたツインヴォーカルがオーディエンスに強烈なインパクトを与えている5人組ラウドロックバンド、A Barking Dog Never Bites。そんな彼らが、Danger Crue“9th Records”から2ndミニアルバム『LIBOWTY』を11月1日にリリースすることがわかった。

“DANCE CORE”を掲げ、打ち込みや同期を一切使わず、どこまでも生々しく不純物の一切ないライヴサウンドにさらに磨きを掛けた今作は、メンバー5人全員の貪欲な探究心によって個性が凝縮・進化、A Barking Dog Never Bitesという音楽を確立した、新たな“ロックシーンの異端”を主張する一枚に仕上がった。

タイトルの『LIBOWTY』は“Liberty”+“bow”(犬の鳴き声) の造語であり、音楽への自由さの強調や再出発の名刺となるような意味が込められている。

2016年5月から12ヶ月連続無料音源配信を行なったフルアルバム『DUODECIMAL』から「BeBelieve」の再録を含む全7曲入りの2ndミニアルバムは、今作のコンセプト“ジャンルを超える本当の意味”を知らしめるものとなりそうだ。

合わせて、インディーズバンド音楽配信サイト「Eggs」では楽曲配信がスタート。フォロワー限定で11月1日リリースの『LIBOWTY』から、新曲「ReBowty」の試聴がいち早く可能となっている。新曲の試聴は8月31日(木)までの期間限定配信。Eggsでは『DUODECIMAL』の全12曲も聴くことができる。


■インディーズバンド音楽配信サイト「Eggs」
https://eggs.mu/about/

ミニアルバム『LIBOWTY』

2017年11月1日発売



NIR-2/¥2,200(税込)
<収録曲>
01.ReBowty
02.Doubt
03.My Name is.
04.Forget in a Moment
05.Bring It On
06.クラックティーンエイジャー
07.BeBelieve -LIBOWTY ver-

<購入特典>
■タワーレコード:TOWER RECORDS x ABDNB「タわーんステッカー(TOWER RECORDS カラー)」
■HMV:HMV x ABDNB「わんわんステッカー(HMVカラー)」
■応援店:わんわんステッカー(通常カラー)
※限定数満了になり次第、特典付商品の取扱いは終了になります。
※ステッカーの絵柄はタワーレコード、HMV、応援店、別絵柄となります。
※応援店の対象店舗についてはまた追って告知いたします。
また、特典対象店ではステッカー特典のほかにさらなる追加特典も現在準備中!
決定次第お知らせします!



【関連リンク】
A Barking Dog Never Bites、“ロックシーンの異端”を 主張する2ndミニアルバム『LIBOWTY』が完成!
A Barking Dog Never Bitesまとめ
超特急が写真集発売記念イベントを開催

【関連アーティスト】
A Barking Dog Never Bites
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, リリース, 発売, ミニアルバム, ダンス, メタル, パンク

超特急が写真集発売記念イベントを開催
Tue, 15 Aug 2017 21:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が8月15日(火)、5周年を記念して発売した写真集(主婦と生活社刊)の発売記念イベントを東京・渋谷にあるHMV&BOOKS TOKYOにて開催! 今回はグループの写真集だけでなく、各ソロ写真集(計8冊)が同時発売された。

「第三弾の写真集なんですが、今回はソロの写真集も出させていただきました。超特急というグループが好きな方も、ソロのメンバーが好きな方も楽しめるという内容ではないかと思っています。ソロ写真集に関しては、ロンドン各地で撮らせていただいて、各メンバーのカラーがきちんと出ている写真集になっていると思います。あと、超特急を知らない方でもロンドンという街並みを楽しんでいただけるのではないかと思います」とリーダーのリョウガ。撮影の思い出や見所は「ブリックレーンという街で撮影したのですが、そこはカルチャーの街で。パンを食べたりリラックスしつつ、ロンドンの街を感じながら撮影を楽しめました」(コーイチ)。「僕はマーケットで撮影したのですが、すごくカラフルでした。野菜だったりフルーツだったり、お花屋さんもあって。お気に入りのカットはフルールジュースを選んでいるところ。ちょっと彼女目線なので、1冊を通して僕とデートしているような気持ちになってもらえたらうれしいです」(カイ)「撮影中、雨が降っていたのですが、それが大人っぽい感じを演出してくれたと思っています。好きな写真というと少し違うのですが、思い出に残っているのはリンゴを食べているカット。なぜ、僕はロンドンでリンゴを食べているのだろうと(笑)」(リョウガ)「映画『ノッテッィング・ヒルの恋人』で有名なノッティングで撮影しました。ロンドンの街並みは統一感がありつつも、パステルカラーの壁で彩られていたりして。街を眺めているだけで楽しかったです。途中で、ヒョウが降ったりして、天気が大荒れだったんですけど。撮影の最後に晴れて虹がかかったんです。初めて見るぐらい、すごくきれいなアーチ型で思い出に残りました」(タクヤ)。「ホクストンという街で撮影したんですが、僕はロンドンになじみました! カフェで撮った写真がすごくリラックスして、大人な休日をすごしているような写真なんです。ロンドン在住と言っても過言ではないぐらいなじんでいます(笑)」(ユーキ)「ハイドパークで撮影しました。日本でいうと代々木公園のような場所なんですけど。撮影中に枝を2本ひろって鹿のポーズをとったんです。そして、僕はその前に馬に乗って撮影しているんですよ…馬と鹿、あわせると馬鹿なんですよ! 写真集でも僕のお馬鹿な感じが出てしまいました。よかったら見てください」(ユースケ)「ランドマークロンドンで撮影しました。僕は本場のアフタヌーンティーをいただけたのが印象に残っています。しかも、写真集の写真、すべて盛れてるんです! ロンドンはどこでもおしゃれなので、どこで撮っても自分ってかっこいいんだなって。盛れる場所、ロンドン」と、全員ロンドンを満喫した様子。撮影中のハプニングを聞かれると「ユースケが、薄味のドレッシングに耐えられず、まさかのオレンジジュースをかけて食べてました」(ユーキ)と記者団を笑わせた。

その後、開催されたトークショーには抽選で選ばれた8号車(=ファンの愛称)が集合。どこにも公開されていない秘蔵写真やオフショット映像を見て、大盛り上がりを見せた。

グループ写真集『超特急×London ロンドンからも愛を込めて』

2017年7月7日発売



ページ数:オールカラー80ページ
判型:A4正寸
価格:¥2,500(税抜き)


コーイチ写真集『ドドンパ東京トゥートゥーロンドン』

2017年7月7日発売



ページ数:オールカラー80ページ
判型:A4正寸
価格:¥2,500(税抜き)


カイ写真集『lak~love and kisses~』

2017年7月7日発売



ページ数:オールカラー80ページ
判型:A4正寸
価格:¥2,500(税抜き)


リョウガ写真集『超特急×ロンドン〜リョンドン〜』

2017年7月7日発売



ページ数:オールカラー80ページ
判型:A4正寸
価格:¥2,500(税抜き)


タクヤ写真集『壁ドンより床ドンよりロンドン』

2017年7月7日発売



ページ数:オールカラー80ページ
判型:A4正寸
価格:¥2,500(税抜き)


ユーキ写真集『Freedom Journey』

2017年7月7日発売



ページ数:オールカラー80ページ
判型:A4正寸
価格:¥2,500(税抜き)


ユースケ写真集『どんどん超特急の魅力に気づいちゃう? ロンドン・アイならぬ、超特急アイ〜』

2017年7月7日発売



ページ数:オールカラー80ページ
判型:A4正寸
価格:¥2,500(税抜き)


タカシ写真集『ユニオンジャックであなたの心もジャック!!!!!!!!』

2017年7月7日発売



ページ数:オールカラー80ページ
判型:A4正寸
価格:¥2,500(税抜き)




【関連リンク】
超特急が写真集発売記念イベントを開催
超特急まとめ
上木彩矢が女性ロックユニット結成! 9月15?に1stシングル配信&初ライヴ!!

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, レポート

上木彩矢が女性ロックユニット結成! 9月15?に1stシングル配信&初ライヴ!!
Tue, 15 Aug 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

上木彩矢が女性ロックユニット、SONIC LOVER RECKLESS(ソニックラヴァーレックレス)を結成! 9月15?に1stシングルを配信リリース、初ライヴを行なうことが決定した。

SONIC LOVER RECKLESSは、「1/3の純情な感情」などの代表曲で知られるSIAM SHADEのベーシスト・NATCHIN(ナッチン)サウンドプロデュースのもと、NATCHIN??のバンド「21g」の?性ギタリスト・mi-ya(ミーヤ)と共に、上?が参加して結成された。

上?が楽曲参加した発表会イベントでmi-yaと共演したのをきっかけに、mi-yaの男勝りなハードギターに惚れ込み、SIAM SHADE時代より交流のあったNATCHINに声をかけ、NATCHINをサウンドプロデューサーとしてmi-yaとのユニットを結成。“ロックンロールの持つストレートな?や魅?をもう?度世に問いたい”という意気込みをもって、ハードなロックサウンドをベースにした、?性ならではの妖艶さを兼ね備えたユニットになっている。

デビューシングル曲となる「PHOENIX」は、作曲をmi-ya、作詞は上?彩?が?がけた、ギターサウンドを押し出したハードナンバー。ハードロックギターの持つ破壊的な?強さを表現するようにmi--yaが曲を書き、混沌とする世の中を?刺しつつも?きることの?強さとロックの?強さを重ね合わせた歌詞を上?がライティング。タイトルの“PHOENIX”に上?が込めた想いは、“輪廻天性”という?葉に象徴される“永遠”だという。このキーワードが、SONIC LOVER RECKLESSの今後の活動に対する決意の表われでもある。「PHOENIX」はCDに先?して、9?15?より配信限定シングルとしてリリースされる。

シングル配信開始となる9?15?(金)には、上?彩?のバースデーワンマンライヴが下北沢gardenで?なわれるが、そこでSONIC LOVER RECKLESSも初ライヴを実施し、1stシングル「PHOENIX」をはじめ、楽曲を初披露する予定。今後もさまざまな?楽フェスやイベントなどで、2?の活躍が観られるかもしれないので要注目だ。

なお、このライヴに参加したファンには、当?限定で1stシングル「PHOENIX」のスペジャルサンプラーCDが無料でプレゼントされる。

シングル「PHOENIX」

2017年10月2日発売



品番未定/価格未定
※iTunes、amazonほか主要サイトで9月15日より先?配信。
<収録曲>
01.PHOENIX
02.Rock N? Roll Revolution
03.TRAGIC SKY

「AYAKAMIKI BIRTHDAYLIVE 2017【宴】」

9月15日(金) 東京 下北沢GARDEN
OPEN /START:18:30 / 19:00
料金:全立見¥5,500(税込) / DRINK代別¥600
※3歳以上チケット必要
チケット発売中!



【関連リンク】
上木彩矢が女性ロックユニット結成! 9月15?に1stシングル配信&初ライヴ!!
SONIC LOVER RECKLESSまとめ
上木彩矢まとめ
SIAM SHADEまとめ
UROBOROSまとめ

【関連アーティスト】
SONIC LOVER RECKLESS, 上木彩矢, SIAM SHADE, UROBOROS, LOVEBITES
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ユニット, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ライブ, 音楽配信

けやき坂46(ひらがなけやき)、追加メンバー9名決定
Tue, 15 Aug 2017 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

欅坂46内にあるグループ、けやき坂46(ひらがなけやき)の追加メンバー最終オーディションが8月13日(日)に都内某所で行なわれた。審査は6月から全国各地で行なわれ、1万5千人の応募者の中から見事に勝ち抜いた合格者9名が新メンバーとなった。

けやき坂46(ひらがなけやき)は、3カ月遅れて欅坂46に合流した長濱ねるが1人メンバーとして結成、オーディションの開催が発表となり、2016年5月8日に11名の合格者と長濱の12名で、けやき坂46(ひらがなけやき)がグループとして活動を開始した。当時は欅坂46のアンダーグループ的な立ち位置での活動であったが、最近では欅坂46よりも先に全国ツアーを開催するなど独自の活動を展開しており、人気も急上昇してきている。

現在のひらがなメンバーと同様に、今回のオーディションでも3次審査通過者が最終審査前にSHOWROOMで配信を行ない、オーディションへの熱い想いを直接伝え、ファンも巻き込んだ形式のオーディションとして大きな話題を集めていた。

当日の合格発表直後にも新メンバーがそれぞれSHOWROOMを配信、合格の喜びを伝えた。デビューから光のような速さで成長を続ける欅坂46、けやき坂46は今回のオーディションで総勢41名となった。

■けやき坂46(ひらがなけやき)追加メンバー 合格者一覧

・金村 美玖(かねむら みく)
2002年9月10日生まれ おとめ座 O型 埼玉県出身
・河田 陽菜(かわた ひな)
2001年7月23日生まれ しし座 B型 山口県出身
・小坂 菜緒(こさか なお)
2002年9月7日生まれ おとめ座 O型 大阪府出身
・富田 鈴花(とみた すずか)
2001年1月18日生まれ やぎ座 A型 神奈川県出身
・丹生 明里(にぶ あかり)
2001年2月15日生まれ みずがめ座 AB型 埼玉県出身
・濱岸 ひより(はまぎし ひより)
2002年9月28日生まれ てんびん座 A型 福岡県出身
・松田 好花(まつだ このか)
1999年4月27日生まれ おうし座 A型 京都府出身
・宮田 愛萌(みやた まなも)
1998年4月28日生まれ おうし座 A型 東京都出身
・渡邉 美穂(わたなべ みほ)
2000年2月24日生まれ うお座 不明 埼玉県出身



【関連リンク】
けやき坂46(ひらがなけやき)、追加メンバー9名決定
けやき坂46まとめ
欅坂46まとめ
奥田民生ハンドメイドMV第4弾は味わい深い“影絵”仕様

【関連アーティスト】
けやき坂46, 欅坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, グループ

奥田民生ハンドメイドMV第4弾は味わい深い“影絵”仕様
Tue, 15 Aug 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月6日リリースのオリジナルアルバム『サボテンミュージアム』収録曲から、自ら監修・制作した“ハンドメイド”MVを7週連続で公開中の奥田民生。その第4弾「白から黒 MV mix OT special(mono)」が解禁となった。奥田が素材から作り上げたという“影絵”を用いたMVとなっていて、モノクロの世界観が楽曲をより味わい深く表現している。

次週は予告編通り「MTRY MV mix OT special(mono)」が公開予定。8月29日(火)まで毎週火曜に「新ミュージックビデオ+翌週公開の予告映像」が明らかになり、最後の9月5日(火)にあの1曲が公開される。

■「白から黒 MV mix OT special(mono)」MV


https://youtu.be/UzMgHBO1cXI■「MTRY」予告編


https://youtu.be/pIF7UVS-iVMアルバム 『サボテンミュージアム』

2017年9月6日発売



【CD】
RCMR-0007/¥3,000+税
※紙ジャケ仕様
【アナログ盤】
RCMR-4002/¥3,500+税
<収録曲>
01.MTRY
02.いどみたいぜ
03.サケとブルース
04.エンジン
05.ミュージアム
06.俺のギター
07.白から黒
08.歩くサボテン
09.ゼンブレンタルジャーニー
10.明日はどっちかな
11.ヘイ上位
※アナログ盤はSideAとSideBに分かれて収録されます。



【関連リンク】
奥田民生ハンドメイドMV第4弾は味わい深い“影絵”仕様
奥田民生まとめ
桑田佳祐×『ひよっこ』のスペシャルコラボが NHK『SONGスペシャル』で実現!!

【関連アーティスト】
奥田民生
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, ミュージックビデオ, MV, トレーラー, アルバム, 新曲, リリース, 発売

桑田佳祐×『ひよっこ』のスペシャルコラボがNHK『SONGスペシャル』で実現!!
Tue, 15 Aug 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ニューアルバム『がらくた』のリリースを控える桑田佳祐が、8月24日(木)放送のNHK『SONGSスペシャル』に出演することが決定した。8月23日リリースのニューアルバム『がらくた』から、MVが公開された「オアシスと果樹園」や放送中の連続テレビ小説『ひよっこ』の主題歌「若い広場」をはじめ、新曲もふんだんに披露。テレビ初披露の曲も複数あり、見逃せない内容となっている。それに加え、ソロ活動30周年を記念して、特別に「波乗りジョニー」や「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」なども披露するという。

また、ライヴには『ひよっこ』に出演中のヒロイン・有村架純や元・向島電機乙女寮の面々が登場し、桑田佳祐とコラボするという、ドラマファンであれば誰しもが夢見た展開に! NHKのスタジオで行なわれたライヴの後半、ステージに現れた『ひよっこ』のメンバーは、「若い広場」に合唱で参加。ドラマの出演者と桑田が肩を組んで歌うという奇跡のシーンに、会場は大興奮した。

また、有村架純演じる谷田部みね子と乙女寮の面々が桑田の楽屋を訪問し、それぞれの方言や訛りでトークを展開する場面も! 番組のナレーションも増田明美が担当し、まさに桑田佳祐と朝ドラ『ひよっこ』の世界観が融合した超豪華特集番組となるので、お見逃しなく!

■NHK『SONGSスペシャル』

NHK・総合テレビ 8月24日(木)22:00〜22:50
出演:桑田佳祐
連続テレビ小説『ひよっこ』より、
有村架純(谷田部みね子役)、佐久間由衣(助川時子役)、小島藤子(秋葉幸子役)、藤野涼子(兼平豊子役)、松本穂香(青天目澄子役)、八木優希(夏井優子役)
ナレーション:増田明美

アルバム『がらくた』

2017年8月23日発売



【初回生産限定盤A】(CD+Blu-ray+特製ブックレット)
VIZL-1700/¥4,800+税
【初回生産限定盤B】(CD+DVD+特製ブックレット)
VIZL-1701/¥4,500+税
【初回生産限定盤C】(CD+特製ブックレット)
VIZL-1702/¥3,500+税
【通常盤】(CDのみ)
VICL-65000/¥3,300+税
【アナログ盤】(重量盤2LP+オリジナル特典「オリジナルB2ジャケットポスター」付き)
VIJL-61800〜1/¥4,300+税



【関連リンク】
桑田佳祐×『ひよっこ』のスペシャルコラボが NHK『SONGスペシャル』で実現!!
桑田佳祐まとめ
MAGIC OF LiFEのギタリスト・山下拓実が休養を発表

【関連アーティスト】
桑田佳祐
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, アルバム, 新曲, リリース, 発売, ポップス, テレビ番組, 音楽番組, 出演

MAGIC OF LiFEのギタリスト・山下拓実が休養を発表
Tue, 15 Aug 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MAGIC OF LiFEのギタリスト・山下拓実が病気による休養を発表した。病名はバセドウ病で、休養期間は約一ヶ月。担当医師と山下、そしてバンドメンバーで慎重に話し合った結果、バンド活動の継続は治療を遅らせるだけでなく、現在のコンディションではギタリストとして十分なパフォーマンスを届けることが困難と判断し、休養を決断した。

山下が復帰するまでは、サポートギタリストの参加や山下を除いたメンバーでのアコースティック編成での活動となり、イベントやライブごとに具体的な発表が行なわれる予定との事。



【関連リンク】
MAGIC OF LiFEのギタリスト・山下拓実が休養を発表
MAGIC OF LiFEまとめ
オメでたい頭でなにより、ライブが中盤で中止に! 全曲披露ワンマンライブ開催を発表!

【関連アーティスト】
MAGIC OF LiFE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表

オメでたい頭でなにより、ライブが中盤で中止に!全曲披露ワンマンライブ開催を発表!
Tue, 15 Aug 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

オメでたい頭でなによりが8月13日(日)、下北沢GARDENにて『レコ発「〇」ワンマン〜夏の大宴会〜』を開催した。チケットはソールドアウトで開演前からフロアーの熱気は最高潮となる中、最新ミニアルバム「○」に収録されている「えんがちょ!」を皮切りに、オメでたい頭でなによりらしいフロアーと一体感のあるライブが展開していく。しかし、ライブが中盤に差し掛かった頃、会場の気温が上がりすぎてしまい、ライブを中断するというアクシデントが発生! 中断中メンバー、スタッフ、お客さんが一体となり、体調不良の人の手助けや、メンバー自らが水をフロアーのお客さんに配ったりなどして状況の改善を図ったが、お客さんの安全を第一として、このまま最後までライブを続行することが難しい状況と判断し、メンバーとスタッフの出した答えは、みんな笑顔でオメでたく終われるように"リベンジ公演を開催する"という決断を下すことに…。ライブの中止を発表してから、安全を考慮し、3曲を歌いライブは終了となった。振替公演に関しては、後日公式HP・ツイッターなどで発表予定とのこと。

そんなオメでたい頭でなによりだが、10月29日(日)大阪 阿倍野ロックタウンROCKTOWN、11月5日(日)川崎CLUB CITTA\'にて、ワンマンライブ「オメでたい頭でいっぱいです!〜ザ・ベストライブ〜」の開催を発表。この公演は、オメでたい頭でなによりのこれまでの持ち曲全てを披露し、さらに新曲も披露する、まさに"ベストライブ"になることも発表されている。当公演のチケットは、8月28日まで先行受付中で、先行予約特典としてラバーバンドが付く。

■【メンバーコメント】

8/13下北沢GARDENのワンマンにお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。
そして途中で中断せざるをえなくなってしまったことを心よりお詫び申し上げます。

公演中、途中で会場の気温が上がりすぎて、人がどんどん倒れてしまう状況になってしまって、これ以上続けることは危ない、危険であるという判断となり、我々も悔しいなかでの決断だったのですが、途中で中止という形となってしまいました。

またここで振替公演をさせて頂こうと思っておりますので、詳細決定次第、お知らせ致します。

今後も、この悔しい想いをバネにどんどんデカイところでやれるように頑張っていきますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

オメでたい頭でなにより一同

【ライブ情報】

『オメでたい頭でいっぱいです!〜ザ・ベストライブ〜』
10月29日(日) 大阪 阿倍野ROCKTOWN
11月05日(日) 神奈川 川崎CLUB CITTA\'

<チケット>
3,777円
先行販売中(8月28日23:59まで)
※先行予約特典「ライブ会場限定ラババン」付
eplus.jp/omedeta2017/

ミニアルバム『◯』

2017年7月7日発売



OMECD-003/¥1,777(税抜)
<収録曲>
1. えんがちょ!
2. 海老振り屋
3. WAになってともに
4. VIVA!ハピバ
5. 七夕リアン☆リターンズ
6. ぼよよんラウド
7. 宴もたけなわプリンセス



【関連リンク】
オメでたい頭でなにより、ライブが中盤で中止に! 全曲披露ワンマンライブ開催を発表!
オメでたい頭でなによりまとめ
三月のパンタシア、「ルビコン」MVフルサイズをGYAO!にて独占公開&ワンマンライヴのチケットを発売!

【関連アーティスト】
オメでたい頭でなにより
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ワンマン, ライブレポ, レポート

三月のパンタシア、「ルビコン」MVフルサイズをGYAO!にて独占公開&ワンマンライヴのチケットを発売!
Tue, 15 Aug 2017 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ボーカル・みあを中心としたプロジェクト“三月のパンタシア”が8月30日にリリースする4thシングル「ルビコン」の発売を記念し、表題曲「ルビコン」のMVがフルサイズでGYAO!にて独占公開された。「ルビコン」はTVアニメ「Re:CREATORS」のエンディング・テーマになっており、今回公開されたMVでは、境界線で隔てられた二つの世界で生きる二人の少女たちの友情を描いている。また、ジャケットイラストと連動しているところも見どころだ。

そして、11月25日に行われる初ワンマンライヴ『三月のパンタシア ワンマンライブ〜きみとわたしの物語〜』のチケットを8月15日正午より発売開始している。 待望の生ライヴをぜひ体感してみてはいかがだろうか。

デビューシングル「はじまりの速度」は、TVアニメ「キズナイーバー」のエンディング・テーマに起用され、OVA「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」のオープニング・テーマ、TVアニメ「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」のエンディング・テーマと、次々とアニメタイアップ曲を担当している、三月のパンタシア。2017年3月にリリースされたファーストアルバム『あのときの歌が聴こえる』は、iTunesアニメチャートで1位を記録するなど、着実にその支持を集めてきている。

■GYAO!「ルビコン」MV
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v10712/v0993900000000548837/

『三月のパンタシア ワンマンライブ〜きみとわたしの物語〜』

11月25日(土) 東京・shibuya duo MUSIC EXCHANGE
開場16:30/開演17:30
<チケット先行予約>
8月15日(火)12:00〜8月27日(日)23:00
・申し込みURL
http://l-tike.com/384/

シングル「ルビコン」

2017年8月30日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2959〜2960/¥1,500+税
※トールデジパック仕様
<収録曲>
■CD
1.ルビコン
2.リマインドカラー 〜茜色の記憶〜
3.ルビコン -Instrumental-
■DVD
ルビコン -Music Video-

【通常盤】(CD)
KSCL-2961/¥1,100+税
<収録曲>
1.ルビコン
2.リマインドカラー 〜茜色の記憶〜
3.ルビコン -Instrumental-

【期間生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2962〜2963/¥1,500+税
※描き下ろしアニメジャケット・デジパック仕様
<収録曲>
■CD
1.ルビコン
2.リマインドカラー 〜茜色の記憶〜
3.ルビコン -TV Size-
■DVD
「Re:CREATORS」ノンクレジットエンディング



【関連リンク】
三月のパンタシア、「ルビコン」MVフルサイズをGYAO!にて独占公開&ワンマンライヴのチケットを発売!
三月のパンタシアまとめ
原田知世、デビュー35周年記念映画祭に 音楽プロデューサーの伊藤ゴローと登壇

【関連アーティスト】
三月のパンタシア
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アニメ, ワンマン

原田知世、デビュー35周年記念映画祭に音楽プロデューサーの伊藤ゴローと登壇
Tue, 15 Aug 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

原田知世のデビュー35周年を記念して、これまでの出演作品13作品を2週間にわたり日替わりで上映する、原田知世映画祭「映画と私」がヒューマントラストシネマ渋谷で現在開催中だ。そんな中、8月11日(金・祝)は「SPECIAL MUSIC DAY」と題し、ライヴ映像作品『MELTING SUN & ICE MOON』が初めてスクリーンで上映された。そして、上映前にはトークショーが開催され、原田知世と音楽プロデューサーの伊藤ゴローが出演した。

200人の満員の観客の前に、さわやかな水色のワンピースで登場した原田知世。まずは、女優としてのこれまでのキャリアを振り返り、「時間をかけてじっくりと作品を作り上げていく映画の現場が好きですし、良い作品と良いタイミングで出会えてきた幸せな女優人生でした」と語った。また、「10代の頃の作品は、そのときにしかないきらめきを作品の中に記録していただけたので、どれも宝物になっています」と語った上で、今回の上映作品の中で特に印象深かった作品は?との問いに、20代の最後に改めて芝居と向き合うきっかけとなったという『落下する夕方』と、大好きな作品である『サヨナラCOLOR』の2本を挙げた。

そして、後半は伊藤ゴローが加わり、ライヴ映像作品『MELTING SUN & ICE MOON』についてのトーク。2010年にアルバム『eyja』を携えて行われた全国ツアーの東京公演を収録したものだが、映像作家・中野裕之のディレクションによる追加映像を加えた作品としても完成度の高いものになっている。このトークショーにあたり久しぶりに作品を見直したという原田は、「懐かしさとともに、ステージ上にいるメンバーやステージから見た観客の方のイメージを鮮明に思い出しました」と語った。それに対し伊藤が「当時の(原田の)雰囲気は、全体的に緊張感があったよね(笑)」と振ると、「あのときのステージは、目線や身体の動きにも決まりがあったので、どちらかというとお芝居をしているような感覚でした」と返した。

トークショーの最後には、35周年記念アルバム『音楽と私』収録の「ときめきのアクシデント」を伊藤のギターをバックにしっとりと歌唱。思いがけないプレゼントに観客からは大きな拍手が送られた。

原田知世映画祭「映画と私」は、8月18日(金)まで開催中。中でも17日上映の『彼女が水着に着替えたら』と18日上映の『私をスキーに連れてって』の2本は、貴重な35mmフィルムでの上映となる。

デビュー35周年記念『原田知世映画祭「映画と私」』

ヒューマントラストシネマ渋谷にて8月18日(金)まで開催中!
http://www.ttcg.jp/human_shibuya/

『原田知世 35周年アニバーサリー・ツアー“音楽と私”』
9月01日(金) ロームシアター京都 サウスホール
9月23日(土・祝) 山形・シェルターなんようホール(南陽市文化会館)
10月07日(土) 福岡・電気ビルみらいホール
10月14日(土) 広島・東広島芸術文化ホール くらら
11月28日(火) 東京・Bunkamuraオーチャードホール

原田知世 35周年記念アルバム『音楽と私』

2017年7月5日発売



【初回限定盤】(SHM-CD+DVD)
UCCJ-9213/¥3,888(税抜)
<収録曲>
■CD
1. 時をかける少女 (1983年)
2. ロマンス (1997年)
3. 地下鉄のザジ(Zazie dans le m?tro) (1983年)
4. ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ (1983年)
5. 天国にいちばん近い島 (1984年)
6. ときめきのアクシデント (1982年)
7. 愛のロケット (1997年)
8. 空と糸 -talking on air- (2002年)
9. うたかたの恋 (2014年)
10. くちなしの丘 (2007年)
11. 雨のプラネタリウム (1986年)
■DVD
「ロマンス」と「時をかける少女」のミュージックビデオを収録



【通常盤】(SHM-CD)
UCCJ-2141/¥3,240(税込)
<収録曲>
1. 時をかける少女 (1983年)
2. ロマンス (1997年)
3. 地下鉄のザジ(Zazie dans le m?tro) (1983年)
4. ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ (1983年)
5. 天国にいちばん近い島 (1984年)
6. ときめきのアクシデント (1982年)
7. 愛のロケット (1997年)
8. 空と糸 -talking on air- (2002年)
9. うたかたの恋 (2014年)
10. くちなしの丘 (2007年)

原田知世35周年記念アルバム『音楽と私』【12インチ・アナログ】

2017年8月23日発売



UCJJ-9007/¥3,888(税抜)
※初回プレス完全限定生産
※購入はこちらから
http://store.universal-music.co.jp/product/ucjj9007/

アルバム『私の音楽 2007-2016』

2017年8月23日発売



UCCJ-2145/¥3,240(税抜)
※SHM-CD
<収録曲>
1. 時をかける少女 (『music & me』より)
2. きみとぼく (『music & me』より)
3. くちなしの丘 (『music & me』より)
4. きっと言える (『encontro -出会い-』より)
5. FINE (『eyja』より)
6. Giving Tree (『eyja』より)
7. フール・オン・ザ・ヒル (『LOVE LOVE LOVE』より)
8. フロスティ・ザ・スノーマン (『Christmas Songs』より)
9. ヴィヴォ・ソニャンド (『ゲッツ/ジルベルト+50』より)
10. My Dear (『noon moon』より)
11. 名前が知りたい (『noon moon』より)
12. 夢の人 (『恋愛小説』より)
13. ドント・ノー・ホワイ feat. ジェシー・ハリス (『恋愛小説』より)
14. September (『恋愛小説2〜若葉のころ』より)
Bonus Track
15. ノスタルジア feat. Tomoyo Harada (moose hill 『DESERT HOUSE』より)

DVD『MELTING SUN & ICE MOON』

2017年8月23日再発売



UPBY-5060/1/¥4,104(税抜)
※DVD 2枚組



【関連リンク】
原田知世、デビュー35周年記念映画祭に 音楽プロデューサーの伊藤ゴローと登壇
原田知世まとめ
アルスマグナ、初のDVDシングルは ボーカロイド“アルスロイド”をフィーチャー

【関連アーティスト】
原田知世
【ジャンル】
J-POP, ニュース, DVD, レポート

アルスマグナ、初のDVDシングルはボーカロイド“アルスロイド”をフィーチャー
Tue, 15 Aug 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2.5次元コスプレダンスユニット、アルスマグナ初のDVDシングルの表題曲がアルスマグナのボーカロイド・アルスロイドをフィーチャーした「チョークスリーパーまり子先生」に決定! アルスマグナの名を世に知らしめた代表曲「ギガンティックO.T.N.」や「プラス男子」を彷彿させる超高速ボカロナンバーで5人のシンクロダンスが楽しみな作品だ。現在リリックビデオが公開されているのでアルスメイト(アルスマグナファン総称)は是非チェックしてみよう。

また、DVDシングル初回限定盤Aには、表題曲のMVとメイキング映像に加え「チョークスリーパーまり子先生」「Eureka moment」音源2曲を収録したCDが、初回限定盤BにはMVとラジオドラマメイキング映像を収録したDVDにラジオドラマを収録したCDが付属。通常盤には表題曲MVに特典映像が隠されている。

■「チョークスリーパーまり子先生」リリックビデオ


https://www.youtube.com/watch?v=C_Rckvzg_5wDVDシングル「チョークスリーパーまり子先生」

2017年10月4日発売



【初回限定盤A】(DVD+CD)
¥1,759(税抜)
<収録曲>
■DVD
1. チョークスリーパーまり子先生 Music Video
2. チョークスリーパーまり子先生 Music Videoメイキング
■CD
1. チョークスリーパーまり子先生
2. Eureka moment

【初回限定盤B】(DVD+CD)
¥1,759(税抜)
<収録曲>
■DVD
1. チョークスリーパーまり子先生 Music Video
2. ラジオドラマ「アキラ危機一髪!」メイキング
■CD
1. ラジオドラマ「アキラ危機一髪!」

【通常盤】(DVD)
¥1,000(税抜)
※シークレットチャプターアリ!!幻の特典映像が見れるかも!?
<収録曲>
1. チョークスリーパーまり子先生 Music Video




【関連リンク】
アルスマグナ、初のDVDシングルは ボーカロイド“アルスロイド”をフィーチャー
アルスマグナまとめ
THE BACK HORN、結成20周年を記念して 下北沢SHELTERにて招待制スペシャルライヴ開催決定

【関連アーティスト】
アルスマグナ
【ジャンル】
J-ROCK, K-POP, ニュース, トレーラー, DVD, シングル

THE BACK HORN、結成20周年を記念して下北沢SHELTERにて招待制スペシャルライヴ開催決定
Tue, 15 Aug 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE BACK HORNが10月18日に発売する『BEST THE BACK HORN II』のリリースを記念して、2018年1月21日に下北沢SHELTERにて招待制スペシャルライブを開催することを発表した。下北沢SHELTERは、THE BACK HORNの結成後に初めてワンマンライヴを行なったライヴハウス。2018年に迎える結成20周年を記念して、10月18日に発売する通算2作目のベストアルバム『BEST THE BACK HORN II』の購入者から、抽選で220名を招待するプレミアムライヴとなっている。

さらに、THE BACK HORN 20th Anniversary特設サイトで実施中の『BEST THE BACK HORN II』DISC-2の収録曲を決めるファン投票の参加者から抽選で10名を招待! 企画の開始から終了までの全期間においてTwitterで投票楽曲とともに “#バクホンベスト2”のハッシュタグを入れた投稿が対象となる。サイトでは対象となる楽曲のリストが公開され、好きな曲を選んで投票することができるとのこと。

■『BEST THE BACK HORN II』リリース記念スペシャルライヴ

2018年1月21日(日) 東京・下北沢SHELTER
<チケット>
入場無料(ドリンク代別)
※入場には招待券と身分証明書の提示が必要となります。
※チケットの発売は行いません。
<応募対象>
(1)10月18日(水)発売『BEST THE BACK HORN II』封入の応募ハガキにてお申込み頂いた方の中から、抽選で220名様をご招待致します。
(2)THE BACK HORN 20th Anniversary特設サイト内、『BEST THE BACK HORN II』DISC-2収録曲を決めるファン投票の参加者から、抽選で10名様をご招待致します。twitterで #バクホンベスト2のハッシュタグを入れて投票楽曲を投稿した方全てが対象となります。投票受付は8月23日(水)23:59まで。期間終了後、当選された方にリプライもしくはダイレクトメッセージにてご連絡をさせて頂きます。
※特設サイト
http://thebackhorn.com/feature/20th_anniversary

アルバム『BEST THE BACK HORN II』

2017年10月18日発売



【TYPE-A】(2CD+DVD BEST THE BACK HORN II&エモーションピクチャー Vol.3)
VIZL-1237/¥4,500+税
【TYPE-B】(2CD BEST THE BACK HORN II)
VICL-64842〜64843/¥3,200+税
<収録曲>
■CD1
01.覚醒
02.戦う君よ
03.閉ざされた世界
04.世界中に花束を
05.シリウス
06.シンフォニア
07.バトルイマ
08.シンメトリー
09.コワレモノ
10.ビリーバーズ
11.悪人
12.その先へ
13.魂のアリバイ
14.With You
15.あなたが待ってる
16.孤独を繋いで
■CD2
新曲「グローリア」、インディーズ期の再録「無限の荒野」「泣いている人」2曲、そして10曲のファン投票曲収録した全13曲収録予定。
※収録楽曲は投票集計後に発表となります。
■DVD ※TYPE-Aのみ
・Music Video集「エモーションピクチャー Vol.3」
1.戦う君よ
2.閉ざされた世界
3.シリウス
4.世界中に花束を
5.シンフォニア
6.バトルイマ
7.シンメトリー
8.コワレモノ
9.ビリーバーズ
10.悪人
11.その先へ
12.With You
13.あなたが待ってる
14.孤独を繋いで
15.泣いている人
・Extra Video
1.戦う君よ(葛藤編)
2.戦う君よ(狂乱編)
3.戦う君よ(妄執編)
4.戦う君よ(鬱屈編)
5.シンフォニア(1cut ver.)

【ライヴ情報】

スプリットツアー『Pyramid ACT』
9月09日(土) 大阪・Zepp Osaka Bayside
9月13日(水) 愛知・NAGOYA DIAMOND HALL
9月14日(木) 東京・Zepp Tokyo
https://pyramid-act.amebaownd.com

『KYO-MEIワンマンライブ』〜第三回夕焼け目撃者〜
10月21日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂

『マニアックヘブンツアーVol.11』
11月03日(金・祝) [GIG]BOTTOM LINE [GALLERY]BL cafe
11月05日(日) [GIG]Rensa [GALLERY]東京エレクトロンホール宮城 501・502展示室
11月10日(金) [GIG]DRUM Be-1 [GALLERY]DRUM SON
11月15日(水) [GIG]PENNY LANE24 [GALLERY]ターミナルプラザことにパトス
11月26日(日) [GIG]umeda TRAD [GALLERY]バナナホール
12月01日(金) [GIG]高松DIME [GALLERY]MONSTERS CAF?
12月02日(土) [GIG][GALLERY]HIROSHIMA CLUB QUATTRO
12月22日(金) [GIG]金沢AZ(ホール) [GALLERY]金沢AZ(スタジオ)
12月24日(日) [GIG][GALLERY]新木場STUDIO COAST
http://maniacheaven.com



【関連リンク】
THE BACK HORN、結成20周年を記念して 下北沢SHELTERにて招待制スペシャルライヴ開催決定
THE BACK HORNまとめ

【関連アーティスト】
THE BACK HORN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, バンド













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1