歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年08月14日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
【lynch.】『TOUR\'17「THE SINNER STRIKES BACK」』2017年8月11日 at 日比谷野外大音楽堂
Mon, 14 Aug 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 文字通りの復活を宣言する作品が『SINNERS-EP』、さらには同作を引っ提げた全国ツアーのタイトルが“THE SINNER STRIKES BACK”。lynch.は自らが負った傷を改めて刻み込むことで、新たな歴史を歩み始めた。その自虐的とも捉えられる行為が、彼らの覚悟の言明であったことは言うまでもない。27本を数えた国内転戦のファイナルに選ばれた会場は、東京・日比谷野外大音楽堂。チケットは完売となり、急遽、機材席を開放しての当日券が販売されるほどだった。活動再開の場となった東京・新木場スタジオコースト公演(2017年4月18日)を超える動員につながったのは、何よりも各地で強烈なパフォーマンスを繰り返してきたからこそだろう。

 lynch.のあるべき姿は、この日も明らかだった。葉月(Vo)、玲央(Gu)、悠介(Gu)、晁直(Dr)、そして今春からともにステージを作り上げてきた人時、Ryo(defspiral)、天野攸紀、Natsuki(元DuelJewel)という4人のサポート・ベーシスト。変則的な編成ながら、そこに妙な違和感はない。むしろ、lynch.の魅力はライヴにおいてより発揮されるという、これまで同様の事実を、「EVOKE」に始まった序盤の5曲だけで当たり前のように叩き付けてくる。中盤には奇跡的な現象もあった。葉月が亡き友人に捧げた「KALEIDO」をエモーショナルに歌い上げているさなか、その情感を後押しするかのように雨がポツリポツリと降り始めたのである。じっくりと聴かせ、その後の余韻も堪能させる手腕はlynch.の特性のひとつだが、アルバム『AVANTGARDE』からの「UNELMA」、脱退した明徳(Ba)の心情に思いを馳せた「SORROW」へと続くこのセクションは、なおさら特別なものに感じられた。後半は勢いよく駆け抜けていく構成。観客の声も大きく、開演時からは気温も下がりつつあったが、確実に場内の温度は高まっている。“いろいろあったけど、もう絶対に止まらねぇから! そんな約束の歌”(葉月)と最後にコールされたのは「TRIGGER」。新作の実質的なオープニングトラックをこの位置に配したことで、結果的に彼らの未来への希求が重みをもって響いた気がしてならない。 

 二度のアンコールが行なわれる前には、2018年3月11日に千葉・幕張メッセ国際展示場において、結成13周年記念公演『13th ANNIVERSARY -Xlll GALLOWS-』が決定したことが発表になった。“この夢みたいな現実は、いつでも起こせます。そう、lynch.ならね!”と言い放った葉月を始め、この“野音”で目にした壮観たる光景は、メンバーそれぞれが自信を深める要素となった違いない。13階段を上る新たな審判の日に向けた、lynch.の躍進に大いに期待したい。

撮影:江隈麗志/取材:土屋京輔

セットリスト

1. EVOKE

2. BLACK OUT DESTROY

3. GREED

4. DAMNED

5. VANISH

6. MIRRORS

7. INVINCIBLE

8. NEEDLEZ

9. NEW PSYCHO PARALYZE

10. KILLING CULT

11. KALEIDO

12. UNELMA

13. SORROW

14. AMBIVALENT IDEAL

15. THE FATAL HOUR HAS COME

16. ALL THIS I’LL GIVE YOU

17. THE OUTRAGE SEXUALITY

18. DIES IRAE

19. pulse_

20. TRIGGER

<ENCORE1>

1.EVILLY

2.I BELIEVE IN ME

3.GALLOWS

4.LIGHTNING

<ENCORE2>

1.MOON

2.INVADER

lynch.

リンチ:2004年8月、葉月と玲央と晁直の3人で結成。同年12月よりライヴ活動をスタートさせ、06年に悠介、10年に明徳が加入し現在の5人となり、6年にわたるインディーズでの活動にも終止符を打つ。11年6月、アルバム『I BELIEVE IN ME』でメジャー進出。その後もコンスタントに作品を発表し、ライヴ活動を続けるが、16年にメンバー脱退により活動を自粛。17年4月の新木場STUDIO COASTでのライヴで活動を再開し、同年5月に5人のゲストベーシストを迎えたEP『SINNERS-EP』を発表する。



【関連リンク】
【lynch.】 『TOUR\'17「THE SINNER STRIKES BACK」』 2017年8月11日 at 日比谷野外大音楽堂
lynch.まとめ
【04 Limited Sazabys】 『Human Communication tour』 2017年8月7日 at TSUTAYA O-EAST

【関連アーティスト】
lynch.
【ジャンル】
ヴィジュアル, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.156

【04 Limited Sazabys】『Human Communication tour』2017年8月7日 at TSUTAYA O-EAST
Mon, 14 Aug 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 『Human Communication tour』はリリースに関係なく、行ったことがない土地、出会いを求めて対バン相手を選び、新たな刺激を生み出したいという主旨で組まれたツアー。トップバッターは寝屋川発のガールズバンド、yonigeが登場。サポートは元toricotのkomaki(Dr)が務め、牛丸ありさ(Vo&Gu)のクールな歌声を金看板に、ごっきん(Ba&Cho)のグルービーな極太ベースが楽曲を力強く牽引。どこか陰のある切ない美メロに胸を打たれた。続く岡崎体育は激しいダンスとともに、仕掛けやフック盛りだくさんの楽曲を次々と繰り出す。1曲終わるごとに場内は異様なザワザワ感に包まれ、観る者を骨抜きにするエンタメ性を発揮。

 さぁ、この個性極まる対バン勢に04 Limited Sazabysはどう立ち向かうのか? 歌モノの「Letter」、2ビートの「climb」とワンツーパンチのごとく幕開けでスタートし、序盤から湯気が立ち昇る大沸騰ぶり。それもそのはず、演奏にドシッとした安定感が備わり、天高く突き抜けるGEN(Vo&Ba)の少年のような声はより一層冴え渡っていて、半年前に初の日本武道館公演を終えたことで自信を漲らせているよう。その上で「nem…」のアウトロで遊び心を見せたりと、枠に収まらない自由度も獲得。

 そして、中盤の「Night on」〜「mahoroba」の大人びた曲調の連打にも大興奮。また、「Feel」の爆発的なエモーション、さらにアンコールで披露した「Horizon」は自分の可能性を信じ、まだ見ぬ場所を目指そう!と語りかけてくる、底なしの楽曲エネルギーに感服した。

撮影:Viola Kam (V\'z Twinkle Photography)/取材:荒金良介

セットリスト

【yonige】

1.さよならプリズナー

2.our time city

3.アボカド

4.センチメンタルシスター

5.さよならアイデンティティー

6.最愛の恋人たち

【岡崎体育】

1.Explain

2.Walk Of Death

3.Voice Of Heart2

4.FRIENDS

5.Q-DUB

【04 Limited Sazabys】

1.Letter

2.climb

3.fiction

4.escape

5.days

6.nem…

7.labyrinth

8.ghost

9.Night on

10.mahoroba

11.Grasshopper

12.imaginary

13.Feel 

14.monolith

<ENCORE>

1.Horizon

2.Terminal

04 Limited Sazabys

フォーリミテッドサザビーズ:2008年に名古屋にて結成。15年4月に1stフルアルバム『CAVU』で日本コロムビアよりメジャーデビュー。16年4月2日&3日に地元・名古屋のモリコロパーク(愛・地球博記念公園)で開催した初の主宰野外フェス『YON FES』は計2万人を動員。9月に2ndフルアルバム『eureka』をリリース。17年2月11日に行なった日本武道館でのワンマンライヴは即日完売と成功を収め、同年4月1日&2日には2年目となる『YON FES 2017』を開催した。



【関連リンク】
【04 Limited Sazabys】 『Human Communication tour』 2017年8月7日 at TSUTAYA O-EAST
04 Limited Sazabysまとめ
<カノエラナ連載 その6> カノ絵日記 〜もっとkwsk知りたいかい?〜 【図解あり】「バレンタインのうた」を解説

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys
【ジャンル】
J-ROCK, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.156

<カノエラナ連載 その6> カノ絵日記 〜もっとkwsk知りたいかい?〜 【図解あり】「バレンタインのうた」を解説
Mon, 14 Aug 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

カノエラナの初企画、3rd mini album 「カノエ暴走。」の発売を記念して、絵と文によるコラム連載です。カノエのカノエによるカノエワールドぶった斬り企画、さてさて何を暴露するのでしょうか?お楽しみに〜。

おはよう世界、
こんばんは世界、
カノエです。

夏アニメも折り返し地点ですね。
世間はお盆真っ只中…カノエもお休み中です。
こんな夏の日には腹一杯のもちとうきびが食べたいです。

っと、そんなことはどうでも良いのです。

今回は、3rd mini album「カノエ暴走。」に収録されている6曲目、アルバム本編の最後を飾る「バレンタインのうた」の謎を紐解いていきましょう。

これまた季節外れな…と思った方がほとんどでしょう。
自分でも思っております。
ワンマンのセットリストに唯一入れていないくらいには季節外れやなと思っております。
だがしかし、どうしてもこのアルバムに入れたかったのです。
何故かって?答えは簡単です。
暴走しているからです。

この曲は、30秒動画から生まれました。
バレンタインのあの独特なキャッキャウフフな雰囲気をなんとかしてぶち壊してみたかったからです。

この曲の主人公は、ちょっとだけ(?)愛情表現が下手っぴな恋する女の子(佐倉優子ちゃん)です。茶髪のロングヘアーです。
彼氏さん(奥原宗馬くん)のほうも少し抜けている設定です。黒縁メガネです。
ちなみに私は、曲の主人公がはっきりしている場合、その主人公のキャラ設定をきっちり図と文にしたりして書いておく派です。
誕生日、血液型、見た目、性格、好きな食べ物、パンツの色…。
そうしていかないと、自分の中でキャラクターが動いた時にブレが生じたりするので、きちんと設定を作るようにしています。
「恋する地縛霊」とかは特に凝ってますね。

この曲の主人公は、割と行動的ですごく動かしやすかったです。
ただ流してなんとなく聴くだけだと、「この子ヤバい子じゃん」となってしまうのですが、紐解いてみると、ちょっと不器用で恥ずかしがり屋なかわいい女の子なのです。
ちょっとだけズレてますけどね。
でも自分はそういう恋もあってもいいと思っています。みんな同じようなことをしててもつまらない。いろんな恋の形があっていいと思っています。

だからこれからも色んな角度で色んな歌を歌っていきたいなぁ。

ミニアルバム『カノエ暴走。』

2017年7月19日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31343/4/¥2,000(税抜)
<収録曲>
■CD
1. 私立カノエ厨学校校歌
2. 沼に落ちて
3. たのしいバストの数え歌
4. ダイエットのうた
5. SNS
6. バレンタインのうた
■DVD
・ご挨拶ワンマンツアー2017「勇者を探して三千里〜ぼっちで広げる旅の地図〜」【弾き語り編】 at HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心
1. トーキョー
2. おーい兄ちゃん
3. 大事にしてもらえよ
・「鉄壁スカート」レコーディングドキュメンタリー 〜漆黒のゴールドウィングで音録ったばい〜



【通常盤】(CD)
WPCL-12704/¥1,500(税抜)
<収録曲>
1. 私立カノエ厨学校校歌
2. 沼に落ちて
3. たのしいバストの数え歌
4. ダイエットのうた
5. SNS
6. バレンタインのうた

【カノエラナ ワンマンツアー】

11月16日(木) 北海道・cube garden
11月22日(水) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
11月24日(金) 福岡・イムズホール
12月01日(金) 大阪・umeda TRAD
12月04日(月) 東京・恵比寿リキッドルーム



【関連リンク】
<カノエラナ連載 その6> カノ絵日記 〜もっとkwsk知りたいかい?〜 【図解あり】「バレンタインのうた」を解説
カノエラナまとめ
ウルフルズ、25周年を祝うツアーが大盛況のうちに閉幕

【関連アーティスト】
カノエラナ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, 連載コラム, カノエラナ / カノ絵日記 ~もっとkwsk知りたいかい?~

ウルフルズ、25周年を祝うツアーが大盛況のうちに閉幕
Mon, 14 Aug 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デビュー25周年を迎え、11枚目のアルバム『人生』をリリースしたウルフルズが、そのアルバムを引っさげた「ウルフルズ ツアー2017 人生〜デビュー25周年やな!せやせや!〜」。各会場で大盛況を収めながら全12公演を駆け抜けた本ツアーが、8月13日(日)にサンパレスホール福岡で幕を閉じた。

最新アルバムのジャケット写真にもある「人生」という文字をモチーフにした迫力ある舞台セットが組まれ、会場は開演前から観客の熱気に包まれる。会場BGMがフェードアウトし、客電が暗転されると、軽快なリズムとともにまずはサンコンJr.(Dr)が登場! 続いてジョンB(B)、ウルフルケイスケ(Gt)の順に登場し、「こいよ!」のイントロがスタート。歌始まりと同時に舞台に設置されたポップアップでトータス松本(Vo)が勢いよく登場すると会場はさらに熱気の渦となった。

デビュー曲「やぶれかぶれ」も序盤に披露されヒートアップしていくメンバー。観客に応えるかのように、「笑えれば」「それが答えだ!」などの代表曲を次々と披露。「それが答えだ!」ではトータス松本のダンスも披露され、会場は大盛り上がり! またMCでは、25周年を迎えられた事にメンバーそれぞれが、ファンに向けて感謝を自身の言葉で伝えた。

後半戦の「せやなせやせや人生は」ではトータス松本が派手な着物、金の扇子と豪華な衣装を着こなし登場。エネルギッシュな姿に観客は釘付けに! さらにライブは進み、「ガッツだぜ!!」が始まると観客が待っていましたと言わんばかりに大合唱。

『25周年、こうやって振り返ると色々な事を思い出します。またこうやってウルフルズをずっと続けて行きます。』 とトータス松本。最後は「バカヤロー」で本編を締めくくった。鳴り止まない拍手の中、アンコールでは「SUN SUN SUN\'95」「ツギハギブギウギ」「バンザイ〜好きでよかった〜」を披露し、全20曲を披露した同ライブは大盛況の末、幕を閉じた。

また、この後、毎年恒例のウルフルズの野外ライブが大阪 万博記念公園もみじ川芝生広場にて開催される。今年は9月23日(土・祝)に開催が決定。今年のヤッサは25周年イヤーの集大成になるライブになる事間違いないので、是非チェックして頂きたい。

Photo by 石井亜希

■【セットリスト】

1.こいよ!
2.やぶれかぶれ
3.すっとばす
4.おれを夢中にさせないで
5.笑えれば
6.それが答えだ!
7.しあわせ
8.迷ったら Do It
9.はげしくやさしく
10.せやなせやせや人生は
11.ガッツだぜ!!
12.ツーツーウラウラ
13.サムライソウル
14.ええねん
15.バカサバイバー
16.もーあかんブギ
17.バカヤロー
[ENCORE]
1.SUN SUN SUN\'95
2. ツギハギブギウギ
3.バンザイ〜好きでよかった〜

『クリアアサヒ Presents OSAKAウルフルカーニバル ウルフルズがやって来る!ヤッサ2017 〜ウルフルズ25祭!!〜』

9月23日(土・祝)  大阪・万博記念公園もみじ川芝生広場
※雨天決行・荒天中止
OPEN 13:30 / START 15:30
(ピクニックエリア入場→13:30 / スタンディングエリア→14:00)



【関連リンク】
ウルフルズ、25周年を祝うツアーが大盛況のうちに閉幕
ウルフルズまとめ
アンティック-珈琲店-、初のコンセプトシングル 「イケない妄想×アブない珍獣」を10月に発売

【関連アーティスト】
ウルフルズ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ライブ, ツアー, セットリスト, ライブレポ

アンティック-珈琲店-、初のコンセプトシングル「イケない妄想×アブない珍獣」を10月に発売
Mon, 14 Aug 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月13日、品川インターシティホールにて夏の風物詩ライブ『SUMMER DIVE』を開催したアンティック-珈琲店-が、4枚目となるニューシングル「イケない妄想×アブない珍獣」を10月4日にリリースする事を会場でサプライズ発表した。

メンバーが出逢って10年の月日が立つ今年の『SUMMER DIVE』は、確実に演奏、パフォーマンスがパワーアップしたライブとなった。そして終始、カフェっ仔のことを大切に思う気持ちを"MUSIC"と"MC"に乗せ、会場内にいるすべての人逹を温かい感動で包みこんでいた。

シングル「イケない妄想×アブない珍獣」のリリースはライブのラストにサプライズ発表された。発表されるや否や、会場からは割れんばかりの大歓声が! その後には初披露となる同曲のMVがフルで流れる場面も。ここで終わると思いきや、新衣装であるハロウィン衣装に着替えたアンカフェメンバーがサプライズで登場! 新曲「イケない妄想×アブない珍獣」を初披露し、ライブ会場は一瞬にして一足早いハロウィンパーティーのダンスフロアーと化していた。

今年の『SUMMER DIVE』はアンカフェが日本中、いや世界中のカフェっ仔たちを再び、踊らせるアーティストになることを期待したいと思える日になった。是非来年もあっと驚かせるパフォーマンスでカフェっ仔たちを魅了してほしい!

シングル「イケない妄想×アブない珍獣(イケナイモウソウ アブナイモンスター)」

2017年10月4日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
JBCW-6013/¥2,000(税込)
<収録曲>
■CD
01,イケない妄想×アブない珍獣
02,イケない妄想×アブない珍獣 〜イケてるMIX〜
03,イケない妄想×アブない珍獣 (カラオケ)
■DVD
・「イケない妄想×アブない珍獣」MUSIC VIDEO
・Making of「イケない妄想×アブない珍獣」

【通常盤A】(CD)
JBCW-6014/¥1,000(税込)
<収録曲>
01,イケない妄想×アブない珍獣
02,天手古舞

【通常盤B】(CD)
JBCW-6015/¥1,000(税込)
<収録曲>
01,イケない妄想×アブない珍獣
02,バルーンガール

【ライブ情報】

『LIVE CAFE TOUR\'17「Antic Halloween Party〜イケない妄想×アブない珍獣〜」』
10月06日(金)  愛知 名古屋SPADEBOX
10月09日(月・祝)  大阪 阿倍野ROCKTOWN
10月14日(土)  東京 新宿ReNY

『LIVE CAFE TOUR\'17「Antic Halloween Party〜イケない仮装大会〜」』
10月15日(日)  東京 新宿ReNY
開場16:00/開演16:30



【関連リンク】
アンティック-珈琲店-、初のコンセプトシングル 「イケない妄想×アブない珍獣」を10月に発売
アンティック-珈琲店-まとめ
柴田淳、ニューアルバムJK写は “黒しばじゅん”と“白しばじゅん”の対比に注目

【関連アーティスト】
アンティック-珈琲店-
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, バンド, シングル, 発表, 新曲, ライブ, ライブレポ

柴田淳、ニューアルバムJK写は“黒しばじゅん”と“白しばじゅん”の対比に注目
Mon, 14 Aug 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

柴田淳が9月20日(水)にリリースする約2年8ヶ月ぶりのニューアルバム『私は幸せ』のジャケット写真が、スペシャルページにて初公開された。

ジャケット写真は、“黒しばじゅん"と“白しばじゅん"が対になるレイアウトとなっており、初回限定盤は“黒"い衣装、通常盤は先日公開された新アーティスト写真と同じ“白"い衣装に身を包んでいる。また初回限定盤はレース、通常盤は髪の毛で意味深な表情を隠しているが、これも柴田淳自身が『優しい歌はありません』と語った全10曲入りとなるこのアルバムの全体像を想起させるものに。柴田淳自身はこのジャケットについて「女の子ではなく『女』の柴田淳を撮って貰いました。」と語っている。

また、すでに初回限定盤と通常盤それぞれのブックレットに使用されている写真には1枚も重複がないということが公表されているが、スリーブケース仕様の初回限定盤に使用されている写真は、封入される豪華32ページフォトブックと合わせてすべて黒い衣装、通常盤はすべて白い衣装で統一されているので、是非とも両方を手に取って、“黒しばじゅん"“と“白しばじゅん"を見比べてもらいたい。

さらに、8月27日(日)放送の自身が担当するTOKYO FMのレギュラー番組『antenna*柴田淳のドクハク』の中で、アルバム収録の全曲名が発表され、さらにアルバムリード曲が初オンエアされることが決定した。そしてこの後も新たな発表が続々と控えているので、これらもしっかりチェックして、アルバム『私は幸せ』のリリースに備えて欲しい。

■アルバム『私は幸せ』スペシャルページ
http://www.jvcmusic.co.jp/shibatajun/shiawase/

■【柴田淳よりコメント】

40歳を迎え、いい加減「可愛い女の子」と言われて喜んでいる時代は終わったなと思いました。
これからは「色気のあるいい女」と言われるようにならなければ、と…。
しかしながら、見せかけなら簡単に見破られるという、本当に内面が滲み出てしまう年代です。
そんな厳しいお年頃の私を、今大活躍なされているカメラマン・間仲宇氏に撮って頂きました。
間仲氏の醸し出す空気に乗せられて、私自身も知らなかった大人な私が沢山現われました。
今回はその写真を存分に使用したフォトブックを作りました。
大人な柴田淳を楽しんで下さい。

アルバム『私は幸せ』

2017年9月20日(水)発売



【初回限定盤】 
VIZL-1208/¥4,000+税
※初回限定ブックレット+豪華32ページフォトブック+スリーブケース仕様



【通常盤】
VICL-64819/¥3,000+税



【関連リンク】
柴田淳、ニューアルバムJK写は “黒しばじゅん”と“白しばじゅん”の対比に注目
柴田淳まとめ
まだまだ夏を感じたいあなたに! 2017年のおすすめサマーチューン

【関連アーティスト】
柴田淳
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, アルバム, 発表, リリース

まだまだ夏を感じたいあなたに! 2017年のおすすめサマーチューン
Mon, 14 Aug 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

お盆ですね。暑中お見舞い申し上げます。『フジロック』でひさびさにドシャッと雨を浴びたり、行こうとしていた花火大会が台風の影響でいきなり流れたり、おいしいアイスを求めて街へふらふら繰り出したり、ミスチルのライヴで青春のキラキラを回想したり。相変わらずわけのわからないことをやっている日々です。異常気象のため、夏がいつまで続くのか読めませんが、まだまだ終わらない感じもするので、2017年の夏曲をお届け!

■1.「On my way」(\'17)/I Don\'t Like Mondays.

まずは、夏が似合う色男たち=“アイドラ”ことI Don\'t Like Mondays.のナンバーから。最新EP『SUMMER』のリードトラックで、野外で聴くとハマりそうな壮大な曲調、ナチュラルで清々しいヴォーカル、疾走感あふれるギターサウンド、グングン前に進んでいけるようなビートなど、全てがツボを押さえていてたまりません。聴こえてくるポジティブなメッセージを含め、夏を素敵に彩ってくれるはず。チャラいバンドだと勘違いしていたらもったいない! この機会にぜひ彼らの魅力に触れてみてください。


https://www.youtube.com/watch?v=EgFSV7SDX_c■2.「Tシャツ」(\'17)/サニーデイ・サービス

今年6月に突如Apple MusicとSpotifyでストリーミング配信されたニューアルバム『Popcorn Ballads』の収録曲。“夏ど真ん中!”な内容でありつつ、無性に愛らしさが薫るMVも話題を呼びましたよね。曲はサニーデイ・サービス史上最短となる1分弱のロックンロールチューン。あっと言う間に過ぎちゃう楽しい感じが、夏の刹那そのまんまと言えるかも。8月が終わる前にやっておいたほうがいいことって何でしたっけ? これを聴けば、急に思い出せる気がします。


https://www.youtube.com/watch?v=W6flqhRtCM8■3.「打上花火」(\'17)/DAOKO × 米津玄師

話題のアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌に決まった、DAOKOと米津玄師のコラボ曲。米津が作詞・作曲・プロデュースを手がけた、切ないピアノの旋律をはじめとする繊細なサウンドの中、ふたりのヴォーカルが時に儚く、時にキラキラとした生命力を伴って交わり、夏の美しい風景へ溶けていく感じに、なんだか泣きそうになってしまいます。DAOKOの声の凄みを味わうにも打って付け。2017年っぽい素敵さ、かなりの高純度で詰まっているのでは?


https://www.youtube.com/watch?v=-tKVN2mAKRI■4.「太陽もひとりぼっち」(\'17)/Qyoto

京都出身の大学生を中心に結成した新人6人組バンド、その名も“Qyoto(きょうと)”。「太陽もひとりぼっち」はそんな彼らの記念すべきデビューシングル曲で、フジテレビ“ノイタミナ”で放送のアニメ『DIVE!!』(原作は森絵都による飛び込みが題材の青春スポーツ小説)のオープニングテーマに大抜擢され、じわじわ注目を集めています。青春時代の切なさやポジティブさを含んだ歌詞と清涼感に富んだアレンジは、夏にベストマッチ! 情熱的なヴォーカルに麗しいバイオリンの音色など聴きどころも多いので、早めにチェックしておいてほしいです。


https://www.youtube.com/watch?v=_7ujKpud1xQ■5.「サマージャム2020」(\'17)/スチャダラパー

先月の『フジロック』でも披露された、スチャダラ夏の名曲「サマージャム\'95」の現在版。SHINCOのクールなトラックに乗せた、BoseとANIのノスタルジーたっぷりな掛け合いはそのままに、《時は流れて21世紀》ってのを絶妙に伝える世相反映がさすがでございます。しかも、斜に構えていた昔の自分たちを認めた上で、もう正直に《夏大好き》と言っちゃう愛くるしさ&カッコ良さ。長年のファンなら、なおさらグッとくるはずです。今年の夏は「サマージャム2020」で《H O to the T》!


https://www.youtube.com/watch?v=_cquo_tzrcc&t=12sTEXT:田山雄士



【関連リンク】
まだまだ夏を感じたいあなたに! 2017年のおすすめサマーチューン
I Don\'t Like Mondays. まとめ
サニーデイ・サービスまとめ
DAOKO × 米津玄師まとめ
Qyotoまとめ

【関連アーティスト】
I Don\'t Like Mondays. , サニーデイ・サービス, DAOKO × 米津玄師, Qyoto, スチャダラパー
【ジャンル】
ライブ・フェス, 洋楽, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!

桑田佳祐、話題の新曲「オアシスと果樹園」先行配信&MVを公開
Mon, 14 Aug 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

桑田佳祐が8月23日にリリースするニューアルバム『がらくた』より、「オアシスと果樹園」の先行配信がスタート! さらにミュージックビデオも公開された。

一足早く先行配信された、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』の主題歌である「若い広場」が様々なチャートで1位を席巻している中、先日開催された『ROCK IN JAPAN FESTIVAL2017』に出演した際にも、そのアップテンポなサウンドと桑田にしか書けないポップセンス炸裂のメロディが約7万人の観客の心を鷲掴みにし、一際熱く盛り上がりを見せた「オアシスと果樹園」。当楽曲はJTBの2017年TV CMソングとして書き下ろされた楽曲で、人生を旅に見立てて甘く切ない恋路を歌う歌詞と、アップテンポでダイナミックなサウンドが混ざり合い、これぞ桑田佳祐の真骨頂ともいうべき仕上がりに、発売前から名曲の呼び声も高い。また初回生産限定盤A・B・Cに同梱される桑田書き下ろしのエッセイ集「がらくたノート」からオフィシャルHPで公開中の1篇には、CM撮影の日程が迫る中、締め切りに焦りながら曲を書いたという興味深いエピソードが記されている。このエピソードはオフィシャルHPでも公開されているので、読みながら曲を聴くと一層楽しむことができるので、ぜひともアクセスを!

ミュージックビデオでは、桑田佳祐が“オアシス"そして“果樹園"を想起させる土地、ハワイの大自然の中で楽曲を熱唱するシーンを軸に、歌詞の世界観を表現するような甘酸っぱくもどこか切ない恋の記憶を表現した映像が交錯する。桑田の歌、そしてフィルムカメラで撮ったかのようなノスタルジックな質感の主観的な映像により、それがまるで観る人の人生、記憶の一部をフラッシュバックしているかのように錯覚する作品に仕上がっている。夏の終わりの切なさも相まって、観る人の胸をキュッと締め付けること間違いなしだ。また、YOUTUBEで公開されたミュージックビデオには、初回生産限定盤A・Bに同梱されるボーナスディスクより、桑田佳祐史上・初のBillboard Live TOKYOでの超プレミア公演から厳選収録したライブ映像のトレーラーを見ることができる。

間も無く発売を迎える桑田佳祐のニューアルバム『がらくた』。「オアシスと果樹園」をはじめとして、すでにこれだけ世の中に浸透している曲がふんだんに盛り込まれたオリジナルアルバムは前例にないのではないだろうか。もはや近年の桑田佳祐の集大成であり、ベストアルバムと言っても過言ではない超大作であることは間違いない。ぜひ発売を楽しみにしていただきたい!

■GYAO「オアシスと果樹園」MV視聴ページ
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v08611/v0994000000000543457/
■「オアシスと果樹園」 先行配信ページ
・iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1250905199?app=itunes&ls=1
・レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1005451111/
・sas-fan.net
http://special.sas-fan.net/special/garakuta/al/

■「オアシスと果樹園」MV(Full ver. + AL『がらくた』Bonus Discトレーラー)


https://youtu.be/PtpeHZUh8z8アルバム『がらくた』

2017年8月23日発売



【初回生産限定盤A】(CD+Blu-ray+特製ブックレット)
VIZL-1700/¥4,800+税
【初回生産限定盤B】(CD+DVD+特製ブックレット)
VIZL-1701/¥4,500+税
【初回生産限定盤C】(CD+特製ブックレット)
VIZL-1702/¥3,500+税
【通常盤】
VICL-65000/¥3,300+税
【アナログ盤】 
VIJL-61800〜1/¥4,300+税
※完全生産限定
※オリジナル特典「オリジナルB2ジャケットポスター」付
<収録楽曲>
1. 過ぎ去りし日々 (ゴーイング・ダウン)
2. 若い広場(平成29年度前期・NHK連続テレビ小説「ひよっこ」主題歌)
3. 大河の一滴(UCC BLACK無糖TVCMソング)
4. 簪 / かんざし
5. 愛のプレリュード(JTB 2016 TVCMソング)
6. 愛のささくれ〜Nobody loves me
7. 君への手紙(映画「金メダル男」主題歌/WOWOW開局25周年CMソング)
8. サイテーのワル
9. 百万本の赤い薔薇(フジテレビ系列 全国26局ネット「ユアタイム〜あなたの時間〜」テーマソング)
10. ほととぎす [杜鵑草]
11. オアシスと果樹園(JTB 2017 TVCMソング)
12. ヨシ子さん(WOWOW開局25周年CMソング)
13. Yin Yang(イヤン)(2013年 フジテレビ系木曜劇場「最高の離婚」主題歌)
14. あなたの夢を見ています
15. 春まだ遠く

◎初回生産限定盤特典
・「がらくた」Bonus Disc
奇跡の映像化! 桑田佳祐史上・初のBillboard Live Tokyoでの超プレミア公演から、「若い広場」「君への手紙」「ヨシ子さん」を含むアルバム収録曲のライブ映像を8曲厳選収録。さらに、新たにアレンジされた音源による「悪戯されて」のMUSIC VIDEOを初作品化!
・この夏、大人の夜遊びライブ in 日本で一番垢抜けた場所!! at Billboard Live Tokyo(2017.07.11)
百万本の赤い薔薇
大河の一滴
君への手紙
愛のささくれ〜Nobody loves me
簪 / かんざし
若い広場
オアシスと果樹園
ヨシ子さん
・MUSIC VIDEO
悪戯されて(New Arranged Version)
※初回生産限定盤A(Blu-ray)・初回生産限定盤B(DVD)に付属
・特製ブックレット「がらくた」(全120ページ)
桑田佳祐書き下ろしによるエッセイ集「がらくたノート」/歌詞ブックレット/撮り下ろしフォト
※初回生産限定盤A・初回生産限定盤B・初回生産限定盤Cに付属

『WOWOW presents桑田佳祐 LIVE TOUR 2017 「がらくた」 supported by JTB』

10月17日(火) 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
10月18日(水) 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
10月28日(土) 広島グリーンアリーナ
10月29日(日) 広島グリーンアリーナ
11月11日(土) 東京ドーム
11月12日(日) 東京ドーム
11月18日(土) ナゴヤドーム
11月19日(日) ナゴヤドーム
11月25日(土) 福岡 ヤフオク!ドーム
11月30日(木) 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
12月01日(金) 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
12月09日(土) アスティとくしま
12月10日(日) アスティとくしま
12月16日(土) 京セラドーム大阪
12月17日(日) 京セラドーム大阪
12月23日(土・祝) 札幌ドーム
12月30日(土) 横浜アリーナ
12月31日(日) 横浜アリーナ



【関連リンク】
桑田佳祐、話題の新曲「オアシスと果樹園」先行配信&MVを公開
桑田佳祐まとめ
サザンオールスターズまとめ
MAGiC BOYZ、PES(RIP SLYME)プロデュースの新曲で市井由理とコラボ

【関連アーティスト】
桑田佳祐, サザンオールスターズ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, リリース

MAGiC BOYZ、PES(RIP SLYME)プロデュースの新曲で市井由理とコラボ
Mon, 14 Aug 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MAGiC BOYZが8月30日に発売する1stアルバム『第一次成長期〜Baby to Boy〜』の【コラボしてたの!?盤】に、市井由理とのコラボ曲「パーリーしようよ」が収録される事が発表された。

これまで数多くのアーティストとコラボしてきたMAGiC BOYZが、アルバム制作にあたり新たなコラボ相手として、EAST END×YURIとして活動し、元祖女子ラッパーでもある市井由理に、新たな道を切り開いた先輩として是非コラボをお願いしたい!とオファーしたところ『私に何かできる事があれば』とまさかのOKをいただき、楽曲制作がスタート。打合せを進めていく中で、市井から『今回のコラボであれば、是非RIP SLYMEのPES君にお願いしたい』という強い希望があり、PES (RIP SLYME)が楽曲のプロデュースを行なう事が決定し、コラボ曲が完成した。

「パーリーしようよ」は、いつまでも仲間と一緒にいたい・パーティーしていたいという、楽しい時間が終わってしまう少し切ない気持ちが表現された、MAGiC BOYZと同世代も市井由理と同世代も共通で、誰もが共感する、夏の終わりにぴったりの楽曲となっている。音楽活動が20年振りとは思えないほど変わらない市井由理の歌声とMAGiC BOYZメンバーとのコラボ、さらに歌詞には、EAST END×YURIといえば「DA.YO.NE」という事で、「だよね」の言葉も盛り込まれており、こちらも聴き逃せない。

■【各アーティストよりコメント】

■MAGiC BOYZ
・トーマ
市井由理さんは、僕の勝手なイメージだとすごくガツガツした感じの人かなと思っていたんですが、初めてあった時にすごく気さくに話しかけてくれてめちゃくちゃ優しい人でした! 曲の中には、あの「だよね」という言葉が使われていたり、とても綺麗な声が入っていたりと、僕達マジボには出来ないことをやってくださって今までにない曲になったと思います! しかも元々大好きなRIP SLYMEのPESさんがプロデュースしてくださって、本当に幸せです! 老若男女全員、絶対にチェックしてくさい!

・リュウト
市井由理さんとお会いするのは、レコーディングの時で2回目だったんですが、共通の話題で盛り上がり、緊張感が完全になくなり和気あいあいと楽しく出来た事をよく覚えています! 市井さんの活動再開で1番最初にMAGiC BOYZとコラボして頂き、さらにPESさんにプロデュースしていただいて出来た「パーリーしようよ」は、夏のエモさ全開となっております! 是非聴いて下さい!

・マヒロ
ぼくは少し人見知りなところがあるんですが、市井由理さんの方から話しかけてくれたり、とてもフレンドリーで元気な方で、すぐに仲良くなることができました!
EAST END×YURIや当時のお話も聞かせてくださって、アイドルでラップをしたら色々な人に「ブーブー」言われたとか、学校終わりにそのままレッスンに行ったとか、共感できる部分が多くてとても面白かったです!
この曲は夏の終わりにぴったりの、とてもエモい感じで、曲調もしっとりしているのでチルしながら聴いてもらえると思います。

・ジョー
DJの選曲をやってる時に「SO.RE.NA」をかけてたら、両親に「「DA.YO.NE」知らないでしょ?」って言われて家でかけてくれるようになって。面白い曲だったのでDJイベントに出演した時にもかけました!
「DA.YO.NE」は20年以上前の曲ってきいてたけど、レコーディングの時にYURIさんの声きいたら「DA.YO.NE」の時のままだったからビックリしました。
だいぶエモい感じの仕上がりになってて、お気に入りです!

■市井由理
お久しぶりです。
市井由理です。
今回MAGiC BOYZ君のアルバムに 1曲参加させてもらいました。
20年振りのレコーディングで…ドキドキでしたが…すごく楽しかったです▽(ハートマーク)
EAST END×YURIの頃から知り合いだったRIP SLYMEのPES君に楽曲提供してもらい、マジボ君の新たな魅力と私の懐かしい感じが絶妙な最高にかっこいい曲になりました。 ぜひたくさんの方に聴いてほしいです。
おっ、その言葉〜なつかしい。 と思ったアナタ… 歳がバレます…笑

アルバム『第一次成長期 〜Baby to Boy〜』

2017年8月30日(水)発売



【コラボしてたの!?盤】
ZXRC-2022/¥2,963+税
※初回生産分限定 トレーディングカード全4種ランダム封入
<収録曲>
■DISC[1]
1.マジボのテーマ〜Baby to Boy〜 ※新曲
2.Do The D-D-T!!
3.illson feat.NIPPS、オカモトレイジ(OKAMOTO\'S)
4.MAGiC SPELL〜かけちゃうぞ!ぴっぴっぴっ〜
5.未発表 ※新曲
6.DK GO!!! ※新曲
7.調子のってる?
8.MAGiC RiDE 2017
9.Oh!!!受験☆Night Fever
10.未発表 ※新曲
11.ありのままでマジボ
12.3.141592
■DiSC[2]
1.『ずら』との遭遇! MAGiC BOYZ×YOUNG-G(Stillichimiya)&原田喜照
2.イラッとするコト マヒロ×DOTAMA
3.お茶の国から トーマ×DJみそしるとMCごはん 
4.1,2,3 リュウト×SKY-HI
5.10000000000YEN  MAGiC BOYZ×餓鬼レンジャー
6.ON & ON MAGiC BOYZ×GAGLE
7.パーリーしようよ MAGiC BOYZ×YURI (EAST END×YURI)

【純マジボ盤】
ZXRC-2021/¥2,500+税
※初回生産分限定 トレーディングカード全4種ランダム封入
<収録曲>
1.マジボのテーマ〜Baby to Boy〜 ※新曲
2.Do The D-D-T!!
3.ハミダス
4.illson feat.NIPPS、オカモトレイジ(OKAMOTO\'S)
5.MOTE☆MAGiC 2017
6.未発表 ※新曲
7.MAGiC SPELL〜かけちゃうぞ!ぴっぴっぴっ〜
8.オレでしょ??
9.DK GO!!! ※新曲
10.調子のってる?
11.MAGiC RiDE 2017
12.ドンマイ〜The Shock Doctorine Mix〜
13.Oh!!!受験☆Night Fever
14.未発表 ※新曲
15.ありのままでマジボ
16.3.141592

【秘宝盤】
ZXRC-2023/¥5,093+税
※HMV限定発売スペシャルパッケージ
<収録曲>
■CD
純マジボ盤と同内容
■DVD<収録曲数・分数未定>
「ワンマンライブ 2017春〜大漁祭〜」ライブ本編・バックステージ映像
・Photobook
某日開催されたMAGiC BOYZご褒美旅行の模様を撮影!
・折込式15,000字インタビューペーパー
夜のマジボ赤?裸?々トーク



【関連リンク】
MAGiC BOYZ、PES(RIP SLYME)プロデュースの新曲で市井由理とコラボ
MAGiC BOYZまとめ
市井由理まとめ
EAST END×YURIまとめ
PESまとめ

【関連アーティスト】
MAGiC BOYZ, 市井由理, EAST END×YURI, PES, RIP SLYME
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボレーション, EBiDAN, アルバム, 新曲, ヒップホップ

J、赤坂BLITZ 3daysにて年末の渋谷O-EAST 2days開催を発表
Mon, 14 Aug 2017 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ソロ20周年を迎え、オールタイムベストアルバム『W.U.M.F.』のリリースから全国ツアーと駆け抜けてきたJが8月11日・12日・13日の3日間に渡って赤坂BLITZにてライヴを開催した。

コンセプトを打ち出し臨んだ3夜の初日となった11日は、2枚組のベルトアルバムの中から、熱く激しいアッパーチューンをまとめたDISC 1にフォーカスしたセットリストが組まれ、息つく間も無い怒涛の展開で、DISC 1収録曲全16曲が余すところなく披露された。

2日目の12日は、毎年恒例のファンクラブ限定によるJのバースデーライヴ。今年はJソロ20周年とオフィシャルファンクラブ“F.C.Pyro."発足15周年が重なり、お祝いムードも倍増。例によってケーキの雨が降らされたフロアには、Jからの感謝の言葉も相まって、終始幸福感に満ちた笑顔が広がっていた。

最終日となった3日目は、ベストアルバムのDISC 2から、メロディーと世界観が際立つミディアム&バラード系ナンバーの楽曲を中心に披露された。

一言一言に思いを込めて歌い上げていくその様は、いつもとは一味違うムードで、静かながらも深く熱い音の塊が、客席を包み込んでいった。Jは『この3日間は、まさに今の俺を映し出したような3日間になった。その思いや熱を、また次の年末ライヴに繋げていきたいと思う。』と語り、最後はベストアルバムのリクエスト最上位曲の一つで、初期バラードの名曲「ACROSS THE NIGHT」でこの3日間を締めくくった。

Jの言葉にもあったように、年末の12月30日・31日の2日間に渡り、渋谷TSUTAYA O-EASTでのライヴも発表され、20周年イヤーを締めくくるべく、この熱はまだまだ色めき加速していくようだ。また11月15日には、6月25日EXシアター六本木で開催された、全国ツアーファイナル公演の模様が収められたLIVE 映像作品もリリースされるので、是非楽しみにしていてほしい。

Photo by 旭里奈(8月11日&12日) / 橋本塁(8月13日)

■【セットリスト】

■8月11日 Day.1 -Focus on DISC.1-
1. NEVER END
2. If you can see me
3. one reason
4. here we go
5. Vida Rosa
6. RECKLESS
7. addiction
8. GO with the Devil
9. Sixteen
10. Die for you
11. Go Charge
12. Evoke the world
13. break
14. PYROMANIA
[Encore]
1. Feel Your Blaze
2. Go Charge

■8月12日 Day.2 -Focus on F.C.Pyro. 15th anniv.-
1. Go Charge
2. PYROMANIA
3. one reason
4. RECKLESS
5. I know
6. Sixteen
7. GO with the Devil
8. Die for you
9. ACROSS THE NIGHT
10. Verity
11. blank
12. break
13. Evoke the world
[Encore]
1. Feel Your Blaze
2. Endless sky

■8月13日 Day.3 -Focus on DISC.2-
1. Graceful days
2. I know
3. ray of light
4. Mirage #9
5. walk along
6. white
7. When You Sleep
8. Heaven
9. baby baby
10. blank
11. NOWHERE
12. Endless sky
[Encore]
1. Tomorrow
2. ACROSS THE NIGHT

DVD&Blu-ray『J 20th Anniversary Live FILM [W.U.M.F.] -Tour Final at EX THEATER ROPPONGI 2017.6.25-』

2017年11月15日(水)発売



■SPECIAL BOX SET(初回生産限定)
【2DVD+CD+PHOTO BOOK】
CTBD-20073〜4/B/¥10,000+税
【Blu-ray+CD+PHOTO BOOK】
CTXD-20075/B/¥10,000+税
■F.C.Pyro.×mu-mo限定 SPECIAL BOX SET(完全受注生産)
【2DVD+CD+PHOTO BOOK】
CTBD-20076〜7/B/¥10,000+税
【Blu-ray+CD+PHOTO BOOK】
CTXD-20078/B/¥10,000+税
■通常盤
【2DVD】
CTBD-20079〜80/¥7,800+税
【Blu-ray】
CTXD-20081/¥7,800+税

<収録曲>
■2DVD / Blu-ray
01. break
02. BURN OUT
03. one reason
04. RECKLESS
05. GO with the Devil
06. Die for you
07. I know
08. When You Sleep
09. ACROSS THE NIGHT
10. Go Charge
11. PYROMANIA
12. LIE-LIE-LIE
13. Evoke the world
[Encore]
14. Verity
15. Feel Your Blaze
16. Endless sky
[W Encore]
17.NEVER END
■CD
未定(演奏曲よりセレクト)

【ライブ情報】

『J 2017 放火魔大暴年会』
12月30日(土)  渋谷TSUTAYA O-EAST
OPEN 17:00/START 18:00

『F.C.Pyro. Members\' Only 〜\'17-\'18 COUNT DOWN LIVE〜』
12月31日(日)  渋谷TSUTAYA O-EAST
OPEN 22:00/START 23:00
※ファンクラブ限定公演



【関連リンク】
J、赤坂BLITZ 3daysにて年末の渋谷O-EAST 2days開催を発表
Jまとめ
Hilcrhyme・TOCがプロデュースする “日本人のためのアイウエアブランド”とは?

【関連アーティスト】
J
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, ライブ, ライブレポ

Hilcrhyme・TOCがプロデュースする“日本人のためのアイウエアブランド”とは?
Mon, 14 Aug 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

HilcrhymeのTOCがプロデュースするアイウエアブランド『One Blood』のオンラインストアが8月14日(月)にグランドオープンした。

Hilcrhymeといえばサングラス、と言えるくらい17年前から音楽活動を通じてアイウエアスタイルを貫いているTOC ならではのこだわりで、ブランドのコンセプトは日本人の骨格にも合う『日本人のためのアイウエア』だ。サングラスが似合わないと思っている方にも馴染み、性別を問わず、フォーマルにもカジュアルにもアレンジできる3種類のサングラスを第1弾アイテムとして展開する。

TOC自身も様々な場面で愛用しており、9月13日(水)に発売となるDVD/BD『Hilcrhyme結成10周年特別公演「朱ノ鷺二〇一七」at朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター』でも着用しているので、そちらの方でも是非チェックしてほしい!

■『One Blood』オンラインストア
http://oneblood.jp

■【TOCよりコメント】

日本人による日本人のための、アジアンフィッティングのアイウエアブランドです。
日常にいつもアイウエアがあることを浸透させたいと思っているので、どうぞ宜しくお願いします。

Blu-ray &DVD『Hilcrhyme 10周年記念特別公演「朱ノ鷺二〇一七」at 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター』

2017年9月13日発売



【Blu-ray】
UPXH-1056/¥6,800+税



【DVD】
UPBH-1440/¥5,800+税


Blu-ray &DVD『春夏秋冬物語 』

2017年9月13日発売



【Blu-ray】
UPXH-1057/¥4,800+税



【DVD】
UPBH-1441/¥3,800+税


『Hilcrhyme 10周年記念特別公演「朱ノ鷺二〇一七」at 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター &春夏秋冬物語UNIVERSAL MUSIC STORE限定SPECIAL PACKAGE』

2017年9月13日発売



【2Blu-ray Disc+2LIVE AL+フォトブック】
PDXJ-1004/¥13,600+税
【2DVD+2LIVE AL+フォトブック】
PDBJ-1011/¥11,600+税
<収録内容>
(1)Disc1:「朱ノ鷺二〇一七」LIVE映像
(2)Disc2:映画「春夏秋冬物語」本編 /Specialメイキング映像
(3)2CD:Hilcrhyme 10周年記念特別公演「朱ノ鷺二〇一七」LIVE AL
(4)Special Photobook 

※UNIVERSAL MUSIC STORE 限定パック
※完全受注生産盤
※2017年8月14日(月)23:59までの予約限定商品
http://store.universal-music.co.jp/artist/hilcrhyme/?s13=20170913#itemTitle




【関連リンク】
Hilcrhyme・TOCがプロデュースする “日本人のためのアイウエアブランド”とは?
Hilcrhymeまとめ
TOCまとめ
CRAZY WEST MOUNTAIN、2年ぶりのシングル発売 &ワンマンライヴを発表

【関連アーティスト】
Hilcrhyme, TOC
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 発売, ヒップホップ

CRAZY WEST MOUNTAIN、2年ぶりのシングル発売&ワンマンライヴを発表
Mon, 14 Aug 2017 13:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

遊び心満載の5人組ロックバンド、CRAZY WEST MOUNTAIN(読み:クレイジー ウエスト マウンテン)が8月11日、下北沢SHELTERにて開催した主催イベント『ヤッホー!〜山の日2017〜』のアンコールで10月4日に約2年ぶりのシングル「トレイルラン」をタワーレコード新宿店、渋谷店で限定販売することを発表! そして、リード曲「トレイルラン」を初披露した。
 
今作は約2年ぶりのリリースとのことで、都内でのライヴ活動を中心に培ってきた経験を元に、ダンサブルな躍動感と洋楽的なスケール感に満ち溢れた作品に仕上がっているという。「トレイルラン」は“Are you ready?”とリスナーに問いかけながらも、その背中を優しく押しながら“一緒に前に進んで行こう!”という真っ直ぐな姿勢に、新たなCRAZY WEST MOUNTAINの所信表明とも受け取れ、彼らの今後のスケール・アップを期待させる一曲だ。

また、現在、カップリング曲「Mr.オンタイム」のミュージックビデオがYouTubeにて公開中だ。全編ハワイ撮影で製作された意欲作となっており、ボーカル・鶴岡が兄の結婚式でハワイを訪れる機会を狙って企画されたもので、監督・主演・撮影(iPhone)・編集などの全てを鶴岡が担当し、製作費ゼロで仕上げられている。いつまでも彼女に待ちぼうけを喰らっている一人の優しい男の姿を、ハワイ・オアフ島の絶景ポイントと共に楽しめる、夏にぴったりの気持ちいい作品に仕上がっているので、こちらも要チェック。

さらに、約1年ぶりとなるワンマンライヴが11月22日に彼らのホームグラウンドである新宿ロフトにて開催されることも発表された。2016年11月に渋谷CHELSEA HOTELで開催されたワンマンライヴはソールドアウトし、成功を収めた彼ら。今まさに体感しておくべきバンドであることは間違いない! なお、このワンマンライヴに「トレイルラン」のCDを持ってきてくれた方には、受付で500円がキャッシュバック。チケット販売情報については、公式サイトなどで後日発表される。

■「Mr.オンタイム」 MV


https://youtu.be/YUw8CEQOCDIシングル「トレイルラン」

2017年10月4日発売



MEGA-1005/¥500(税込)
※タワーレコード新宿店、渋谷店限定発売
<収録曲>
M1. トレイルラン
M2. Mr.オンタイム

CRAZY WEST MOUNTAIN ワンマンライブ 2017
『ようこそ!〜NEW AGE CRAZY〜』

11月22日(水) 東京・新宿LOFT
開場 18:30/開演19:30
<チケット>
前売¥2,500/当日¥3,000(共に1ドリンク別途)
※タワーレコード店舗限定シングル「トレイルラン」持参で当日500円キャッシュバック
※高校生学割¥500キャッシュバック(学生証提示あり)
・チケット先行発売
受付期間:8月15日(水)12:00〜8月27日(日)23:00
http://eplus.jp/cwm-hp17/



【関連リンク】
CRAZY WEST MOUNTAIN、2年ぶりのシングル発売 &ワンマンライヴを発表
CRAZY WEST MOUNTAINまとめ
超特急、『めざましライブ』にて『警視庁いきもの係』豪華キャスト陣とコラボ!

【関連アーティスト】
CRAZY WEST MOUNTAIN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, シングル, 発表, 発売

超特急、『めざましライブ』にて『警視庁いきもの係』豪華キャスト陣とコラボ!
Mon, 14 Aug 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が8月13日(日)、東京・みんなの夢大陸 スマイルランド HOT SUMMERスタジアムにて開催されている、フジテレビ夏の恒例イベント『お台場みんなの夢大陸2017 めざましライブ』に出演した。野外の大ステージは超満員で、ライブ観覧エリア外からも含めて約6000人を動員した。また、主題歌を担当するドラマ『警視庁いきもの係』の出演者である橋本環奈、長谷川朝晴、清原翔、横山だいすけがゲスト参加し、超特急とゲスト4人は番組のエンディングで流れる「My Buddy」の“いきものダンス"をコラボした。

今年で10周年を迎えた『めざましライブ』に3年連続で出演している超特急は、めざましくんのイラストをあしらった白いスーツでステージに登場。「Summer love」「Drive on week」をパフォーマンスし、勢い全開でライブをスタート。メンバー7人は8号車(超特急のファン)とともに、野外の会場で一体となって強烈な熱気を放っていく。MCでカイは、「『めざましライブ』10周年おめでとうございます! 15周年、20周年と続いていく思いますが、その際には全て超特急が立ち会いたいと思ってます!」と『めざましライブ』への愛着を口にした。

ライブに戻ると、タカシが8号車と「めざまし!」「三宅さん!」のコールアンドレスポンスをし、情熱的なラテンチューン「Make it hot!」を披露。激しく場面展開するアップチューン「ライオンライフ」で会場をガンガンに盛り上げたかと思えば、「Beasty Spider」ではクールなかっこよさで8号車を魅了。パワフルなサビがインパクト大な「超ネバギバDANCE」では、ジャケットの下に着ていた三宅アナのTシャツを見せたりと、会場の熱量はますます上昇した。エナジーみなぎる超特急は、「みんな、濡れてもいいですか!」の声とともに「PAPAPAPA JUMPERS!」で広い客席に駆け降り、会場の至るところで8号車に水鉄砲を発射。湧き上がる会場のボルテージは、「バッタマン」でさらにアップ。「夢大陸ー!」「めざましー!」の強烈なシャウトをお台場に響かせたユースケは、めざましくん人形を客席へと大遠投。そしてカイの「一緒に踊って声出して!」の煽りから、メンバーと8号車は「Burn!」でクロスポーズとジャンプで盛り上がる。会場は興奮のるつぼとなってライブ本編は終了。

熱烈な8号車のアンコールでステージに戻った超特急は、ドラマ『警視庁いきもの係』に出演する4人をステージに呼び込む。橋本の「みなさん一緒に踊りましょう!」の声から、4人も交えてドラマの主題歌「My Buddy」をパフォーマンス。会場全体が、爽やかなメロディに合わせてキャッチーな“いきものダンス"を繰り広げた。

曲が終わると、横山は「緊張しました〜」とひと安心の表情。橋本は「ドラマのエンディングで踊ってるんですけど、初めて超特急のみなさんの顔を見て踊れました」と満足げ。長谷川は「いや〜、もう1回やりたいです」と上手く踊れなかったと後悔の弁。清原も「裏で長谷川さんともう1回踊ります(笑)」と“いきものダンス"のリベンジを誓う。

そして、メンバー7人は超アッパーなビートが炸裂する「超えてアバンチュール」を披露。会場の熱気を最高潮へと高め、ハイボルテージなライブはフィニッシュとなった。『めざましライブ』でしか見られないコラボも実現するなどボリュームたっぷりの終始アツさ溢れるライブに会場からは笑顔があふれるばかりだった。

■【セットリスト】

M1. Summer love
M2. Drive on week
M3.
a. Make it hot!
b. ライオンライフ
c. Dance number
d. Beasty Spider
e. 超ネバギバDANCE
M4. PAPAPAPA JUMPERS
M5.バッタマン
M6.Burn!
M7.My Buddy
M8.超えてアバンチュール

『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2017-2018 the end for beginning 』

12月24日(日) 千葉・幕張メッセイベントホール
12月25日(月) 千葉・幕張メッセイベントホール
12月27日(水) 神奈川・横浜アリーナ
12月30日(土) 愛知・日本ガイシホール
<2018年>
1月06日(土) 大阪・大阪城ホール
http://bullettrain.jp/tour2017-2018/



【関連リンク】
超特急、『めざましライブ』にて『警視庁いきもの係』豪華キャスト陣とコラボ!
超特急まとめ
【ウルフルズ】 『ウルフルズ ツアー2017 人生 〜デビュー25周年やな!せやせや!〜』 2017年8月3日 at 中野サンプラザホール

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 出演, ライブ, ライブレポ, TVドラマ

【ウルフルズ】『ウルフルズ ツアー2017 人生〜デビュー25周年やな!せやせや!〜』2017年8月3日 at 中野サンプラザホール
Mon, 14 Aug 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 祝デビュー25周年。大ヒットあり、活動休止あり、波乱万丈の25年を経た4人が笑顔でステージに揃い、バンドに人生を重ねてきた満員の観客が拍手と歓声で讃える。なんて素晴らしい光景だろう。序盤からデビュー曲「やぶれかぶれ」、2ndアルバム表題曲「すっとばす」と古参ファンにはたまらない選曲で盛り上げ、「それが答えだ!」ではトータス松本(Vo)が渾身のダンスを披露して大喝采を浴びる。トータスは持ち前のショーマンシップに円熟の歌を加え、最新アルバム『人生』からの「せやなせやせや人生は」など、新機軸の演歌ロックを堂々と歌い上げる。ド派手なスパンコール付きの着物に金の扇子、こんな衣装が似合ってしまうヴォーカリストはトータス以外あり得ない。お馴染み「ガッツだぜ!!」もディスコというよりまるで祭囃子のよう。ギターと歌だけの気迫漲るイントロに鳥肌が立った「サムライソウル」、そして人生肯定応援歌の決定版「ええねん」では、ウルフルケイスケ(Gu)がステージにひざまずき、魂のギターソロをかきむしる。ジョンB(Ba)の一番のお気に入りだという「バカサバイバー」のベースはどこまでも太くしなやかに、サンコンJr.のドラムはディスコもソウルもフォークロックも、どんな曲調でも完璧なビートでバンドを支える。サポートキーボードの浦清英も含め、アンサンブルは完璧だ。アンコールは「SUN SUN SUN’95」と、一同大合唱になった「バンザイ〜好きでよかった〜」。トータスが“まだまだ新人の心構えでやっていきます”と力強く宣言する。せやな、せやせや。人生まだまだこれからや。

撮影:石井亜希/取材:宮本英夫

セットリスト

1.こいよ!

2.やぶれかぶれ

3.すっとばす

4.おれを夢中にさせないで

5.笑えれば

6.それが答えだ!

7.しあわせ

8.迷ったら Do It

9.はげしくやさしく

10.せやなせやせや人生は

11.ガッツだぜ!!

12.ツーツーウラウラ

13.サムライソウル

14.ええねん

15.バカサバイバー

16.もーあかんブギ

17.バカヤロー

<ENCORE>

1.SUN SUN SUN’95

2.バンザイ〜好きでよかった〜

ウルフルズ

ウルフルズ:1988年、大阪・中津にて結成。92年5月にシングル「やぶれかぶれ」でデビュー。シングル「ガッツだぜ!!」「バンザイ 〜好きでよかった〜」をはじめ、ヒット曲を生み出す。中でもアルバム『バンザイ』は100万枚を超える大ヒットを記録など、精力的な活動で功績を残すが、2009年7月、大阪・万博記念公園での野外ライヴ『ヤッサ09FINAL!!』をもって活動休止。しかし、14年2月25日に再始動を発表すると、同日にデジタルシングル「どうでもよすぎ」、5月に6年半振りのオリジナルアルバム『ONE MIND』をリリース、さらに8月には恒例の野外ワンマンライヴ『ヤッサ』、秋には全国ツアーを開催し、完全復活を果たした。



【関連リンク】
【ウルフルズ】 『ウルフルズ ツアー2017 人生 〜デビュー25周年やな!せやせや!〜』 2017年8月3日 at 中野サンプラザホール
ウルフルズまとめ
Mr.Children、デビュー25周年を記念して「GYAO!」でライヴ映像を配信

【関連アーティスト】
ウルフルズ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.156

Mr.Children、デビュー25周年を記念して「GYAO!」でライヴ映像を配信
Mon, 14 Aug 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デビュー25周年を迎えるMr.Childrenのアニバーサリーイヤーを記念し、映像配信サービス「GYAO!」内人気アーティストのライヴ映像を配信するサービス「GYAO! MUSIC LIVE」が、8月14日(月)より今までのライヴのセレクション映像を配信! 

最新曲「himawari」やドラマ主題歌として大ヒットした「HANABI」をはじめ、「innocent world」「Tomorrow never knows」「終わりなき旅」など、厳選したライヴ映像を配信するとのこと。往年のファンの方はもちろん、新しいファンの方も楽しめる内容となっているので要チェックだ。

■GYAO!「Mr.Children 25th Anniversary Live Selection」

■配信期間
8月14日(月)正午 〜 9月13日(水)
■配信URL
https://gyao.yahoo.co.jp/music-live/player/mrchildren
■配信楽曲
1.「himawari」 (Live ver.)
2.「innocent world」 from TOUR POPSAURUS 2012
3.「Tomorrow never knows」 from Stadium Tour 2015 未完
4.「口笛」 from TOUR 2015 REFLECTION
5.「終わりなき旅」 from Stadium Tour 2015 未完
6.「HANABI」 from TOUR 2015 REFLECTION
7.「365日」 from TOUR POPSAURUS 2012
8.「未完」 from Stadium Tour 2015 未完



【関連リンク】
Mr.Children、デビュー25周年を記念して「GYAO!」でライヴ映像を配信
Mr.Childrenまとめ
三月のパンタシア、初ワンマンライブ『きみとわたしの物語』の開催を発表

【関連アーティスト】
Mr.Children
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 新曲

三月のパンタシア、初ワンマンライブ『きみとわたしの物語』の開催を発表
Mon, 14 Aug 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ボーカル・みあを中心としたプロジェクト“三月のパンタシア”が、初ワンマンライヴ『三月のパンタシア ワンマンライブ〜きみとわたしの物語〜』を渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて11月25日(土)に開催することを発表した。ファンの前に姿を現すのは、5月にさいたまスーパーアリーナで行なわれた『MUSIC THEATER 2017』以来2度目となる。これまでライヴパフォーマンスの配信も行ってきたが、満を持しての“生”ライヴとなるこの日を、見逃さないように!

三月のパンタシアはデビューシングルとなった、TVアニメ「キズナイーバー」のエンディングテーマ「はじまりの速度」をはじめ、OVA「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」のオープニングテーマ、TVアニメ「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」のエンディングテーマと、次々にアニメタイアップ曲を担当。今年3月にリリースした1stアルバム『あのときの歌が聴こえる』がiTunesアニメチャートで1位を記録するなど着実に支持を集めている。

『三月のパンタシア ワンマンライブ〜きみとわたしの物語〜』

11月25日(土) 東京・shibuya duo MUSIC EXCHANGE
開場16:30/開演17:30
<チケット先行予約>
8月15日(火)12:00〜8月27日(日)23:00
申し込みURL:http://l-tike.com/384/

シングル「ルビコン」

2017年8月30日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2959〜2960/¥1,500+税
※トールデジパック仕様
<収録曲>
■CD
1.ルビコン
2.リマインドカラー 〜茜色の記憶〜
3.ルビコン -Instrumental-
■DVD
ルビコン -Music Video-

【通常盤】(CD)
KSCL-2961/¥1,100+税
<収録曲>
1.ルビコン
2.リマインドカラー 〜茜色の記憶〜
3.ルビコン -Instrumental-

【期間生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2962〜2963/¥1,500+税
※描き下ろしアニメジャケット・デジパック仕様
<収録曲>
■CD
1.ルビコン
2.リマインドカラー 〜茜色の記憶〜
3.ルビコン -TV Size-
■DVD
「Re:CREATORS」ノンクレジットエンディング



【関連リンク】
三月のパンタシア、初ワンマンライブ『きみとわたしの物語』の開催を発表
三月のパンタシアまとめ
MAGiC BOYZ、1stアルバムから収録曲「DK GO!!!」のMV公開

【関連アーティスト】
三月のパンタシア
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アニメ, ライブ, ワンマン

MAGiC BOYZ、1stアルバムから収録曲「DK GO!!!」のMV公開
Mon, 14 Aug 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MAGiC BOYZが8月30日に発売する1stアルバム『第一次成長期〜Baby to Boy〜』に収録される新曲「DK GO!!!」のミュージックビデオを公開した。
 
「DK GO!!!」は2017年の春に高校生になったMCメンバーがリアルに感じた“高校生あるある”をテーマにした楽曲で、現役高校生でなくても、当時を思い出して思わず「あるある!」と言いたくなるような内容や、「ちょっと男子〜!」等ついつい一緒に歌いたくなるようなキーワードが盛り込まれた、夏にぴったりのパーティーチューン。2016年夏に発売し話題となった「Do The D-D-T!!」と同じく、トラックをmel houseのYohji Igarashi、リリックを抹a.k.a.ナンブヒトシが手掛けており、既にライブではかなりの盛り上がりを見せている。

そんな同曲のミュージックビデオは加藤マニが手掛け、歌詞に盛り込まれているあるあるネタに遊び心満載でリアルに再現。抹a.k.a.ナンブヒトシがカメオ出演している他、楽曲に参加している、MAGiC BOYZと同じ事務所の女子グループ・桜エビ〜ずのメンバー川瀬あやめ・芹澤もあも同級生役として出演。こちらも見所の一つとなっている。

■「DK GO!!!」ミュージックビデオ


https://youtu.be/gFeozcrtYjAアルバム『第一次成長期〜Baby to Boy〜』

2017年8月30日発売



【純マジボ盤】
ZXRC-2021/¥2,500+税
※初回生産分限定トレーディングカード全4種ランダム封入
<収録曲>
01.マジボのテーマ〜Baby to Boy〜 ※新曲
02.Do The D-D-T!!
03.ハミダス
04.illson feat.NIPPS、オカモトレイジ(OKAMOTO\'S)
05.MOTE☆MAGiC 2017
06.未発表 ※新曲
07.MAGiC SPELL〜かけちゃうぞ!ぴっぴっぴっ〜
08.オレでしょ??
09.DK GO!!! ※新曲
10.調子のってる?
11.MAGiC RiDE 2017
12.ドンマイ〜The Shock Doctorine Mix〜
13.Oh!!!受験☆Night Fever
14.未発表 ※新曲
15.ありのままでマジボ
16.3.141592



【コラボしてたの!?盤】
ZXRC-2022/¥2,963+税
※初回生産分限定トレーディングカード全4種ランダム封入
<収録曲>
■CD DISC[1]
01.マジボのテーマ〜Baby to Boy〜 ※新曲
02.Do The D-D-T!!
03.illson feat.NIPPS、オカモトレイジ(OKAMOTO\'S)
04.MAGiC SPELL〜かけちゃうぞ!ぴっぴっぴっ〜
05.未発表 ※新曲
06.DK GO!!! ※新曲
07.調子のってる?
08.MAGiC RiDE 2017
09.Oh!!!受験☆Night Fever
10.未発表 ※新曲
11.ありのままでマジボ
12.3.141592
■CD DiSC[2]
01.『ずら』との遭遇! MAGiC BOYZ×YOUNG-G(Stillichimiya)&原田喜照
02.イラッとするコト マヒロ×DOTAMA
03.お茶の国から トーマ×DJみそしるとMCごはん 
04.1,2,3 リュウト×SKY-HI
05.10000000000YEN  MAGiC BOYZ×餓鬼レンジャー
06.ON & ON MAGiC BOYZ×GAGLE



【秘宝盤】
ZXRC-2023/¥5,093+税
※HMV限定発売スペシャルパッケージ
※Photobook(某日開催されたMAGiC BOYZご褒美旅行の模様を撮影!)
※折込式15,000字インタビューペーパー(夜のマジボ赤?裸?々トーク )
<収録曲>
■CD
01.マジボのテーマ〜Baby to Boy〜 ※新曲
02.Do The D-D-T!!
03.ハミダス
04.illson feat.NIPPS、オカモトレイジ(OKAMOTO\'S)
05.MOTE☆MAGiC 2017
06.未発表 ※新曲
07.MAGiC SPELL〜かけちゃうぞ!ぴっぴっぴっ〜
08.オレでしょ??
09.DK GO!!! ※新曲
10.調子のってる?
11.MAGiC RiDE 2017
12.ドンマイ〜The Shock Doctorine Mix〜
13.Oh!!!受験☆Night Fever
14.未発表 ※新曲
15.ありのままでマジボ
16.3.141592
■DVD<収録曲数・分数未定>
・「ワンマンライブ 2017春〜大漁祭〜」ライブ本編・バックステージ映像



【関連リンク】
MAGiC BOYZ、1stアルバムから収録曲「DK GO!!!」のMV公開
MAGiC BOYZまとめ

【関連アーティスト】
MAGiC BOYZ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, ミュージックビデオ, アルバム, 発表, 新曲, リリース













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1