歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年08月04日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
D\'ERLANGER、トリビュートアルバムでHYDEとACID ANDROIDがメンバーと共演!?
Fri, 04 Aug 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月13日にリリースされるD\'ERLANGERのトリビュートアルバム『D\'ERLANGER TRIBUTE ALBUM 〜Stairway to Heaven〜』に収録されるHYDE 、ACID ANDROIDそれぞれの楽曲にD\'ERLANGERメンバーが参加したことがわかった。気になる共演だが、HYDEの楽曲にはCIPHER(Gt)、SEELA(B)、Tetsu(Dr)の三人が、ACID ANDROIDの楽曲にはkyo(Vo)が参加し、それぞれ混合戦となる両組がどのような仕上がりになっているのか気になるところだ。

また、D\'ERLANGERのオリジナルアルバムでは毎作品オープニングにSEが入るのだが、今回のトリビュートもオリジナルアルバム同様収録される事となった。そのSEを手掛けるのはYOW-ROW(GARI)に決まった。2016年、SCHAFTにVoとして参加し、Remixワークも数多く手がける彼が今回このアルバムにどのような彩を添えてくれるのか、楽しみだ。

アルバム『D\'ERLANGER TRIBUTE ALBUM 〜Stairway to Heaven〜』

2017年9月13日発売



WPCL-12767/¥3,000+税
<参加アーティスト>
ACID ANDROID/Angelo/INORAN×TERU×HISASHI×ピエール中野×ERY/清春/Psycho le C?mu/Justy-Nasty/THE SLUT BANKS/DIR EN GREY/DEZERT/HYDE/MUCC/MERRY/YOW-ROW from GARI/lynch./Rayflower(50音順)



【関連リンク】
D\'ERLANGER、トリビュートアルバムでHYDEとACID ANDROIDがメンバーと共演!?
D\'ERLANGERまとめ
HYDEまとめ
acid androidまとめ
GARIまとめ

【関連アーティスト】
D\'ERLANGER, HYDE, acid android, GARI
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, バンド, アルバム

『EBiDAN THE LIVE 2017』、GYAO!で無料配信決定
Fri, 04 Aug 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月3日(木)・4日(金)に東京国際フォーラム ホールAにて行なわれ、大熱狂のうちに幕を閉じた『EBiDAN THE LIVE 2017 〜Summer Party〜』のライブ映像が、GYAO! MUSIC LIVEにて無料配信されることが決定した。

それに先駆けてGYAO! MUSIC LIVEでは、過去に開催されたEBiDAN THE LIVEの模様をダイジェストで振り返る『EBiDAN THE LIVE History』の無料配信も決定!これさえ見ればEBiDAN THE LIVEの全てがわかる。出演者は、超特急、DISH//、PrizmaX、M!LK、SUPER★DRAGON、EBiSSH、さくらしめじ、MAGiC BOYZ、さとり少年団の9組。チケット即日ソールドアウトのプレミアムライブを見逃すな!

■【配信スケジュール】

■『EBiDAN THE LIVE 2017 〜Summer Party〜』ライブ映像
https://gyao.yahoo.co.jp/music-live/
10月01日〜2018年1月31日
※配信に関しましては変更になる場合がございます。予めご了承ください。

■『EBiDAN THE LIVE History』
https://gyao.yahoo.co.jp/music-live/player/ebidan
8月07日〜9月06日 「History1」
9月07日〜10月06日 「History2」
10月07日〜11月06日 「History3」
11月07日〜12月06日 「History4」
12月07日〜1月06日 「HistoryALL」(History1~4を繋げた完全版)
※配信に関しましては変更になる場合がございます。予めご了承ください。



【関連リンク】
『EBiDAN THE LIVE 2017』、GYAO!で無料配信決定
超特急まとめ
DISH//まとめ
PrizmaXまとめ
M!LKまとめ

【関連アーティスト】
超特急, DISH//, PrizmaX, M!LK, SUPER★DRAGON, EBiSSH, さくらしめじ, MAGiC BOYZ, さとり少年団
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, ライブ, 音楽配信

chelmico、新作『EP』より「Highlight」のMVを公開
Fri, 04 Aug 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

女性2人組HIPHOPユニットのchelmicoが9月6日発売する、約1年ぶりの新作EP『EP』よりリード曲「Highlight」のミュージックビデオを公開した。

■「Highlight」 ミュージックビデオ


https://youtu.be/wq6A3sihFkgEP『EP』配信情報

2017年8月18日配信開始
配信リード曲『Highlight』配信中
『Timeless』も2017年8月4日〜先行配信開始
■iTunes
https://itunes.apple.com/us/album/ep/id1258003769?l=ja&ls=1&app=itunes
■Apple Music
https://itunes.apple.com/us/album/ep/id1258003769?l=ja&ls=1

『EPでたよパーティー』

9月10日(日) 渋谷SOUND MUSEUM VISION
OPEN:16:30/START:17:30
Special Guest:JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB, Tempalay

<チケット>
前売り ¥3,000(税込)/当日 ¥3,500(税込)(要別途1ドリンク代600円)
※成人以上でアルコール飲まれる方は要顔写真付身分証明証
下記のプレイガイドにて販売中
■イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002232810P0030001
■ローチケHMV
Lコード:74275
http://l-tike.com/order/?gLcode=74275
■ぴあ
Pコード: 340-553
http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1736560

EP『EP』

2017年9月6日発売



【初回限定盤】(2CD+T-SHIRT 特殊ケース)
CCA-003/¥3,000+税
※数量限定
【通常盤】(1CD)
CCA-004/¥1,600+税
<収録曲>
■CD1
1.Drive
2.Highlight
3.Honey Bunny
4.Countdown
5.ずるいね
6.Timeless
■CD2※初回限定盤のみ
1.Drive (Instrumental)
2.Highlight (Instrumental)
3.Honey Bunny (Instrumental)
4.Countdown (Instrumental)
5.ずるいね (Instrumental)
6.Timeless (Instrumental)



【関連リンク】
chelmico、新作『EP』より「Highlight」のMVを公開
chelmicoまとめ
Chicago Poodle、5thアルバムより「ずっと煌めく君は僕のダイヤモンド」MV公開

【関連アーティスト】
chelmico
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, ミュージックビデオ, MV, EP, ヒップホップ, ラップ

Chicago Poodle、5thアルバムより「ずっと煌めく君は僕のダイヤモンド」MV公開
Fri, 04 Aug 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Chicago Poodleが、約3年振りのリリースとなる5thアルバム『袖振り合うも多生の縁』のリードトラックとなる「ずっと煌めく君は僕のダイヤモンド」のミュージックビデオを公開した。併せて、アルバムトレーラー映像前篇も同時公開された。

彼らの号泣ソングとして有名な「タカラモノ」の世界観を引き継ぐ珠玉の名曲で、大切な人を失い後悔しても取り戻せることができない切なさ、悲しみを表現した壮大なバラードを和のテイストとCG映像を融合したコントラストで表現。残念ながら今回はフルサイズではなくショートVer.のみの公開となる。また、同タイミングでアルバムトレーラー映像も公開。デビュー当時より自身のラジオ番組でパーソナリティーを務めてきた彼らがラジオ番組風にアルバム収録曲を紹介していく形で、メンバーのアルバムに対する意気込みを感じられる内容になっている。今回は前篇のみの公開となってるが、後篇の公開も楽しみにしておこう。

そして8月5日(土)からは、約3年振りのホールワンマン『犬(one)フェス2017 〜I&喜縁〜』のオフィシャルサイトチケット先行予約受付も開始する。

■「ずっと煌めく君は僕のダイヤモンド」MV Short ver.


https://www.youtube.com/watch?v=W1EnSygPzlM■5thアルバム『袖振り合うも多生の縁』トレーラー映像前篇


https://www.youtube.com/watch?v=E2a7f5dr2go【ライブ情報】

『5th ALBUM RELEASE TOUR〜尾を振り合うも多生の縁〜』
9月30日(土) 愛知・ ell.FITS ALL
10月07日(土) 京都・KYOTO MUSE
10月15日(日) 東京・原宿アストロホール
10月22日(日) 岡山・MO:GLA 
10月28日(土) 愛媛・松山キティホール
10月29日(日) 徳島・club GRINDHOUSE

<チケット>
前売り ¥4,500 /当日 ¥5,000 (税込/全自由/ドリンク代別途必要)
※未就学児の方はご入場できません。

ホールワンマンLIVE『犬(one)フェス2017 〜I&喜縁〜』
12月02日(土) 大阪・森ノ宮ピロティホール
OPEN 16:15 / START 17:00

<チケット>
前売り¥5,000/当日¥5,500(税込/全席指定)
※4歳未満の方のご入場はできません。
■オフィシャルサイト先行(抽選)
受付期間:8月5日(土)12:00〜8月15日(火)23:59
URL:http://pia.jp/v/cp17hp/

アルバム『袖振り合うも多生の縁』

2017年8月16日発売



GZCA-5280/¥3,000+税
<収録曲>
01.ツナグモノ
02.Free Bird
03.Another Story
04.ずっと煌めく君は僕のダイヤモンド
05.愛のレストラン
06.Love Addict
07.PIN0625
08.Made in Smile
09.Plsasure/通り雨の帰り道
10.Shooting Star
11.ふたりひとつ
12.平安の都 京都
-Bonus Track-
La・La・La Love&Peace



【関連リンク】
Chicago Poodle、5thアルバムより「ずっと煌めく君は僕のダイヤモンド」MV公開
Chicago Poodleまとめ
HAN-KUN、新アルバムより新曲「希望の空」MV公開

【関連アーティスト】
Chicago Poodle
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, アルバム

HAN-KUN、新アルバムより新曲「希望の空」MV公開
Fri, 04 Aug 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

湘南乃風のHAN-KUNが8月2日にリリースした5thアルバム『VOICE MAGICIAN V 〜DEEP IMPACT〜』より「希望の空」のミュージックビデオを公開した。「希望の空」は、これから何かに再チャレンジする人/何かを卒業して新しいスタートを切る人達へ向けられたー曲となっており、HAN-KUNが2016年にニューヨーク滞在中にセッションしたWATARU(Steady Music)氏との合作。アルバムのフィナーレを飾る力強くも優しい応援歌となっている。

ニューアルバム『VOICE MAGICIAN V 〜DEEP IMPACT〜』は、2016年のニューヨーク生活で吸収した経験を生かしつつ、その中で感じた日本人レゲエアーティストとして表現出来ることを追求したアルバム。日本を意識した聴きやすさと、世界水準のダンスホールサウンドを融合させた、これまでにないハイブリッドで新しいアプローチの作品に仕上がっている。

8月5日(土)・6日(日)にはアルバムリリースを記念し、アパレルブランド「Nesta Brand」とのコラボレーションイベントを実施。9月からはアルバムと同じく『DEEP IMPACT』の名を冠した全国ツアーの開催が決定しており、こちらのチケットも現在絶賛発売中。ニューアルバムとあわせて「心に深く突き刺さる衝撃」を体感しに、現場まで足を運んで頂きたい。

■「希望の空」ミュージックビデオ


https://youtu.be/dtREtX8kvRgアルバム『VOICE MAGICIAN V 〜DEEP IMPACT〜』

2017年8月2日発売



【初回生産限定盤 (DVD付)】(CD+DVD)
TFCC-86594/¥4,167+税
【通常盤 】(CD)
TFCC-86595/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
01.V
02.DEEP IMPACT
03.TEPPEN!!
04.NEXT TO YOU
05.MELODY OF LOVE
06.RUN THE WORLD
07.WANNA BE FREE
08.ETERNAL FIRE
09.RESPECT
10.無問題
11.PULL UP
12.希望の空
■DVD ※初回生産限定盤のみ
LIVE DVD「MAGIC MOMENT SHOW CASE@Billboard Live 2017」

【ライブ情報】

『Nesta Brand × HAN-KUN
SUMMER JAM 2017
-DEEP IMPACT Release Tour-』
8/5(土)湘南、8/6(日)大阪 の日程で、アルバム発売を記念したフリーライブイベントを開催。詳細はオフィシャルHPにて。

『HAN-KUN TOUR 2017 「LEGEND 〜DEEP IMPACT〜」』
http://han-kun.134r.com/topics/legend_deepimpact



【関連リンク】
HAN-KUN、新アルバムより新曲「希望の空」MV公開
HAN-KUN まとめ
湘南乃風まとめ
ジャズの入門編としても最適な BS&Tの大ヒット作『血と汗と涙』

【関連アーティスト】
HAN-KUN , 湘南乃風
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 新曲, レゲエ

ジャズの入門編としても最適なBS&Tの大ヒット作『血と汗と涙』
Fri, 04 Aug 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

60年代中期から、アメリカのロック界を牽引してきたアル・クーパー。70年代を見据えて、彼が目を付けたのは管楽器を導入したロックであった。クーパーの呼びかけで集まったのは、ジャズやクラシックの経験者で譜面の読めるミュージシャンたち。68年にリリースされたブラッド・スウェット・アンド・ティアーズのデビュー作『子供は人類の父である(原題:Child Is Father To The Man)』は、文字通りブラスロックというジャンルを確立した画期的な作品となった。この作品以降、シカゴ、チェイスなどのブラスロックグループが次々に現れ、70年代前半のロックを活気付けることになるのだが、クーパーのワンマンさに嫌気がさした他のメンバーが造反、リーダーが追い出されるという皮肉な結果となってしまう。そして、新メンバーのデビッド・クレイトン・トーマスを迎えてリリースしたのが、今回紹介する『血と汗と涙(原題:Blood, Sweat, and Tears)』(‘69)で、本作は翌年のグラミーを受賞(年間最優秀アルバム)するなど、世界的な大ヒットとなった。

■ロック界に大きな影響を与えたフォークリバイバルの波

アメリカ東海岸で50年代後半に巻き起こったフォークリバイバルは、ブルース、フォーク、ジャグバンド、オールドタイムなど、アメリカのルーツ音楽を蘇らせる活動であったが、徐々に大きなムーブメントへと広がっていった。60年代にデビューしたポピュラー音楽のアーティストはほとんど全員といってもいいぐらい、フォークリバイバルに大きな影響を受けていた。それは70年代に登場したパンクムーブメントと少し似ているかもしれない。まぁ、それぐらいさまざまな方面に大きな影響を与えた動きであったのだ。

ボブ・ディラン、ポール・バターフィールド、ジョニ・ミッチェルらはフォークリバイバルの申し子であり、アル・クーパーもまたその中のひとりであった。アル・クーパーの才能は抜きん出ており、60年代中頃にはミュージシャンとしてもクリエイターとしても一目置かれる存在となっていた。彼の経歴については、前に『フィルモアの奇跡』を取り上げた時に少し触れたので、興味のある人はそちらの記事をご覧いただきたい。

クーパーはフォークリバイバルで様々な音楽を知り、それをポピュラー音楽の世界で応用しようと活動、彼の率いたブルース・プロジェクトというグループは、彼の在籍時には3枚のアルバム(スタジオ作品は1枚のみで、残りはライヴ盤)しか残していないが、ブルース、フォーク、ジャズ、カントリーなどのスタイルの曲をロックにアレンジするという、まるで研究者のような視点で音楽に取り組んでいたのである。

■ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズの結成

ブルース・プロジェクトを脱退したクーパーは、自分の好きなロックやジャズやクラシックを融合させた新しい音楽を模索し、ブルースやR&Bにはよく用いられていた管楽器を導入することを思いついた。ただ、クーパーの考えを実現するためには、ハイレベルのテクニックを持った演奏家たちに参加してもらう必要があった。しかし、彼の人脈をフルに活用することで、短期間に当時としては最高のメンバーが集まった。

フランク・ザッパやバッファロー・スプリングフィールドと活動していたベースの達人ジム・フィールダー、ジャズドラマーとしても活動していたボビー・コロンビー、クーパーとブルース・プロジェクトに参加していたギタリストのスティーブ・カッツ、クラシックとジャズを股にかけるアレンジャーでサックス奏者のフレッド・リプシウス、トランペットには後にドリームスやブレッカー・ブラザーズでブレイクするランディ・ブレッカー、同じくトランペットのジェリー・ワイス、リプシウスと同じくアレンジャーでもあるトロンボーン奏者のディック・ハリガン、そしてキーボードとギターを担当するアル・クーパーの8人でグループはスタートする。

■高い音楽性を持った都会派ロックグループ

これらの8人で、デビューアルバムは録音された。プロデュースは6人目のザ・バンドと呼ばれたジョン・サイモンが担当、クーパーとも旧知の仲だけに、レコーディングは順調に進んだようだ。68年にリリースされた『子供は人類の父である』は室内楽のような小品から管楽器入りのジャズっぽい作品までが収録されており、それまでにない前衛的なロックサウンドであったにもかかわらず、チャートでは47位まで上昇する。この作品はブラスロックと呼べる曲はあるものの、まだ管楽器中心のサウンドではなく、洒落たアレンジの都会派ロックというイメージである。今聴くとカッツのギターの音は少々古臭いが、他のメンバーの演奏は素晴らしく、当時のロックグループに与えた影響は大きいものであったはずだ。

しかし、リリース直後からグループ内の勢力図は変わりつつあり、グループのまとめ役はクーパーの盟友カッツとコロンビーのふたりとなり、前述したようにクーパーはグループからの脱退を余儀なくされるのである。クーパーの脱退と併せてブレッカーとワイスも脱退し、新メンバーを集めての再スタートを切ることになる。

■ブラスロックとしての真価は新生BS&Tになって発揮される

クーパーが脱退したあと、新たにヴォーカリストとしてロックシンガー然としたデビッド・クレイトン・トーマスを迎える。ブレッカーとワイスの代わりにはルー・ソロフ、チャック・ウインフィールド、ジェリー・ハイマンの3人が加入、中でもルー・ソロフはジャズの一流どころと共演してきた名プレーヤーである。それにしても名アレンジャーが複数いるロックグループなど彼らの他に存在せず、BS&Tは知が結集された稀有の集合体であった。

■本作『血と汗と涙』について

そして、68年の終わり、彼ら渾身の2ndアルバム『血と汗と涙』がリリースされ、一躍世界のトップグループへと躍り出るのである。シングルカットされた「スピニング・ホイール」「ユーヴ・メイド・ミー・ソー・ヴェリー・ハッピー」「アンド・ホエン・アイ・ダイ」の3曲はどれもトップ3以内に入り、特に「スピニング・ホイール」は世界中で大ヒットし、僕が彼らのことを知ったのもこの曲がきっかけであった。確か、中2の時(1971年)だったと思うが、ラジオでこの「スピニング・ホイール」を知り、シングル盤を買いに行ったのである。それまでもずっとロックを聴いていたが、管楽器を中心にした彼ら独特のグルーブに惹かれ、結局アルバムも購入することになった。シングルヒットされた3曲はもちろん、ブラスセクションのアレンジとフィールダー、コロンビーのリズムセクションに魅了されたのだが、これは今聴いても本当にすごいと思う。

やっぱり、シングルヒットした「スピニング・ホイール」はブラスロックの形態が確立された名曲中の名曲だろう。デビッド・クレイトン・トーマスの骨太のヴォーカルとファンキーなホーンアレンジ、フィールダーとコロンビーのシンコペーションの効いた絶妙のコンビネーション、牧歌的で前衛ジャズ的な後半の進行など、どこを取っても名演がたっぷり詰まっている。中でもロックの曲として始まるのに、間奏部分は完全なジャズになって、またロックに戻ってくるっていう部分のカッコ良さは鳥肌ものだ。この曲(他にもこのパターンは多い)のおかげで、中学生の若造にもちゃんとジャズの聴き方が身に付いたのである。

本作中、一番長い「ブルース・パート2」は長いオルガンのプロローグのあと、超絶テクのドラムソロが続き、完全なジャズのサックスソロになる。次いで、ここからはクリームの「サンシャイン・ラヴ」「スプーンフル」がパロディー的に登場、このあたりでようやくトーマスがブルースを歌い、だんだんとオーティス・レディングのようなサザンソウル的演奏になるという大作で、この曲は
できるだけ大音量で聴くのが正しい。

本作のプロデュースはジェイムス・ウイリアム・ガルシオ。彼はシカゴのプロデューサーでもあり、ブラスロックグループの魅力を引き出すのは誰よりも上手かった。前作ではジョン・サイモンが担当であったが、これに関しては間違いなくガルシオが適役で、だからこそ本作がこれだけの評価を得たのだと思う。

本作はロックの歴史に新しい1ページを付け加えたというだけでなく、ロックとジャズのそれぞれの魅力をリスナーに伝えることができたところに、もっとも大きな功績があるではないかと僕は思う。ロックとジャズの魅力を一度に知りたいという人は、ぜひ本作を聴いてみてください!

TEXT:河崎直人

アルバム『Blood, Sweat & Tears』

1969年発表作品



1. VARIATIONS ON A THEME BY ERIK SATIE
2. SMILING PHASES
3. SOMETIMES IN WINTER
4. MORE AND MORE
5. AND WHEN I DIE
6. GOD BLESS THE CHILD
7. SPINNING WHEEL
8. YOU\'VE MADE ME SO VERY HAPPY
9. BLUES-PART II
10. VARIATION ON A THEME BY ERIK SATIE
11. MORE AND MORE (Live)
12. SMILING PHASES (Live)



【関連リンク】
ジャズの入門編としても最適な BS&Tの大ヒット作『血と汗と涙』
Blood, Sweat & Tearsまとめ
Shout it Out主催“ぶつかり稽古”東京公演にAqua Timez出演決定

【関連アーティスト】
Blood, Sweat & Tears
【ジャンル】
ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!

Shout it Out主催“ぶつかり稽古”東京公演にAqua Timez出演決定
Fri, 04 Aug 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Shout it Outが先輩バンドに対バンを挑む、ぶつかり稽古2マンライブツアー『虎の威を借り、狩られる狐〜Season 2 〜』の東京公演のゲストとして、Aqua Timezの出演が発表された。Shout it Outの山内彰馬(Vo&Gt)、細川千弘(Dr)ともに、生まれて初めて買ったCDがAqua Timezの楽曲であることを公言してきており、バンドマンを志す前から聴いていた先輩の胸を借りることに、気合いもひとしおとのこと。現在、チケット先行受付中で、東京公演の一般発売は8月5日(土)より開始される。大阪公演と名古屋公演のゲストは、後日発表される。

Shout it Out presents 2MAN LIVE TOUR『虎の威を借り、狩られる狐〜Season 2 〜』

■東京編
9月08日(金) 新宿LOFT
虎)Aqua Timez
■大阪編
9月15日(金) Music Club JANUS
虎)後日発表
■名古屋編
9月22日(金) APOLLO BASE
虎)後日発表

<チケット>
前売り 2,800円/当日 3,300円 
※ともにドリンク代別



【関連リンク】
Shout it Out主催“ぶつかり稽古”東京公演にAqua Timez出演決定
Shout it Outまとめ
カノエラナ、アルバム『カノエ暴走。』リリースパーティ“カノエ厨学校”を開校

【関連アーティスト】
Shout it Out
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ツアー, チケット

カノエラナ、アルバム『カノエ暴走。』リリースパーティ“カノエ厨学校”を開校
Fri, 04 Aug 2017 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

カノエラナが7月30日に代官山UNITにて、3枚目のミニアルバム『カノエ暴走。』のリリースパーティーとして『今日もわやわや vol.4649 〜カノエ厨学夏休みの巻〜』を開校した。カノエ先生による終業式終了のアナウンスの後、校歌を斉唱。「私立カノエ厨学校校歌」というなんともカノエらしい1曲を歌い上げ、本日も勇者たちをカノエワールドに引き込んでいく。

今回のアルバムのリード曲となっている「たのしいバストの数え歌」では“あなたが好きなの何カップ?”と斬新な問いかけから始まり、巨乳に対する嫉妬が表現されていたりと面白い一曲。「谷間なんてできたことがねぇ!!!」という歌詞の部分では、やけくそになっているように見えて思わず笑ってしまった。MCでは地元である佐賀・唐津弁を使い、歌っている時のかっこよさとは全く違う雰囲気で急に可愛さが増す。方言は地方出身の強みだと私は思う。そして、身長の小さい彼女は同じく身長の小さい子をいつも気遣う。その優しさも好きになる理由の一つ。背中に刺繍で“鹿江暴走”と書かれた黒い特攻服を羽織って出てきたが、次の曲のために特攻服は脱ぎ捨て“かわいこちゃんズ”と名付けたダンサー二人とレッツトライだダイエットー!ということで、会場中みんなでエクササイズを開始。一息ついて、「SNS」「沼に落ちて」とアルバムの中から二曲続けて演奏し「恋する地縛霊」「ヒトミシリ」と大人気の二曲を続けて披露。3回まわってワン!と鳴き、会場の空気が最高潮になったところで第一部が終了した。

第二部では隠れた名曲「あなたとわたし、あかねいろ」をピアノで弾き語るところからスタート。一部とはガラッと雰囲気の違うステージに勇者たちは酔いしれる。そこからは「大事にしてもらえよ」「恋とか愛とかそーいうの」と恋愛ソングが続く…と思いきや「鉄壁スカート」と爆弾をぶち込む! タイトルも歌詞もぶっ飛んでいるが、本人曰くこの曲が一番口ずさんでいる人が多かったらしく、カノエファンは変態が多いのかと笑っていた。その後、本編最後に持ってきたのは未発表曲「セミ」。グッとくる歌詞と彼女らしい表現で感情が揺さぶられた。

一瞬にして過ぎ去った本編だったが、“カノエラナがゆっくりな曲で終わるわけがないんですよ! さぁ、ぶち上がって行きましょう!”とアンコールが始まった。ライヴで盛り上がる3曲をぶち込んできたカノエに対し、勇者たちも負けじと騒ぎ倒す。アンコール含む全17曲、約2時間のステージがとても短く感じたが、今秋のワンマンツアー(東名阪福札の全5公演)も発表された今後のカノエの進化に期待だ!

text by かっちゃん
photo by 木村篤史

セットリスト

<第一部>

1.私立カノエ厨学校校歌

2.カノエラナです。

3.たのしいバストの数え歌

4.トーキョー

5.ダイエットのうた

6.SNS

7.沼に落ちて

8.恋する地縛霊

9.ヒトミシリ

<第二部>

1.あなたとわたし、あかねいろ

2.大事にしてもらえよ

3.恋とか愛とかそーいうの

4.鉄壁スカート

5.セミ(新曲)

<ENCORE>

1.シャトルラン

2.真夏に片想い?

3.夏の祭りのわっしょい歌

【カノエラナ ワンマンツアー】

11月16日(木) 北海道・cube garden
11月22日(水) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
11月24日(金) 福岡・イムズホール
12月01日(金) 大阪・umeda TRAD
12月04日(月) 東京・恵比寿リキッドルーム



【関連リンク】
カノエラナ、アルバム『カノエ暴走。』リリースパーティ“カノエ厨学校”を開校
カノエラナまとめ
BLUE ENCOUNT、新曲「SUMMER DIVE」配信開始 &MV公開

【関連アーティスト】
カノエラナ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, レポート

BLUE ENCOUNT、新曲「SUMMER DIVE」配信開始&MV公開
Fri, 04 Aug 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTの新曲「SUMMER DIVE」が8月4日よりストリーミング限定で配信が開始され、同時にミュージックビデオと特設サイトも公開された。

「SUMMER DIVE」は、BLUE ENCOUNTがこの夏フェスのアンセムに掲げる新曲。叩き上げのライブバンドであるブルエンから、この最高なシーズンに、フェスをオーディエンス全員で楽しむ為に生み出された楽曲だ。同時に公開されたBLUE ENCOUNTの特設サイトでは、新曲「SUMMER DIVE」に関する情報はもちろん、BLUE ENCOUNTがキュレーターを務める“Bowline”対バンツアー、幕張ワンマンライブのDVD&Blu-ray『TOUR2017 break“THE END”Makuhari Messe 20170320』の情報がまとめられている。また、サイト上では謎のカウントダウンや導火線に火がついた爆弾が設置されており、まだ発表されていない重大ニュースが待ち構えているようだ。是非チェックしてみよう。

なお、8月3日(木)12:00よりBLUE ENCOUNTがキュレーションを務める『TOWER RECORDS presents Bowline 2017 curated by BLUE ENCOUNT &TOWER RECORDS』のチケットオフィシャル先行がスタートしている。こちらもチェックしてみよう。

■BLUE ENCOUNT 特設サイト
http://blueencount.jp/special2017/

■「SUMMER DIVE」ミュージックビデオ


https://youtu.be/8oZbbiTtDT4『TOWER RECORDS presents Bowline 2017 curated by BLUE ENCOUNT &TOWER RECORDS』

10月01日(日) 北海道 サッポロファクトリーホール
10月11日(水) 宮城 仙台PIT
10月23日(月) 福岡 DRUM LOGOS
10月25日(水) 広島 BLUE LIVE 広島
11月03日(金・祝) 東京 新木場STUDIO COAST
11月10日(金) 沖縄 ミュージックタウン音市場

<出演>
BLUE ENCOUNT 他
※各会場での対バンアーティストは、後日発表。
<チケット>
前売:各会場¥4,300(税込・1ドリンク別)
※小学生以上有料/未就学児童入場不可
■オフィシャル先行
受付期間:8月3日(木)12:00〜8月13日(日)23:59
URL http://w.pia.jp/t/bowline-of/
■一般発売:9月2日(土)10:00〜

配信楽曲「SUMMER DIVE」

配信中



■ストリーミング限定配信 
https://kmu.lnk.to/YgauwWN



【関連リンク】
BLUE ENCOUNT、新曲「SUMMER DIVE」配信開始 &MV公開
BLUE ENCOUNTまとめ
桑田佳祐、ニューアルバム『がらくた』初回盤特典発表

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, 発表, 新曲, 配信, 音楽配信

桑田佳祐、ニューアルバム『がらくた』初回盤特典発表
Fri, 04 Aug 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

桑田佳祐が8月23日にリリースする約6年半ぶりのアルバム『がらくた』の初回盤特典の内容が発表された。初回生産限定盤A・Bには、7月10日(月)・11日(火)の2日間にわたり、六本木のBillboard Live Tokyoで開催された超プレミアムライブ『この夏、大人の夜遊びin日本で一番垢抜けた場所!! supported by ニッポンハム / Billboard Live 10th Anniversary』から、「若い広場」「君への手紙」「ヨシ子さん」を含むアルバム収録曲のライブ映像を8曲厳選収録することが決定した。

Billboard Live Tokyoに登場するのは彼の長いキャリアの中でも、初めてのことであるだけでなく、2日間でわずか600人しか体験できなかった超プレミアムなライブ。“最前列まで約20cm”とも報じられ、観客とのハイタッチや握手も繰り返された。その場にいた人数は少なかったものの、場の空気はいつも通り数万人もの観客がそこにいるかのような盛り上がりだった。さらに、「若い広場」「オアシスと果樹園」などいくつかの曲は、ライブ初披露でもあっただけに、これはまさに「奇跡の映像化」といえるだろう。臨場感たっぷりに再現するライブ映像をぜひともお楽しみいただきたい!また、アナログ盤に封入される特典も「オリジナルB2ジャケットポスター」に決定。こちらもぜひお手にとっていただき、アヒルの人形が印象的なジャケット画像をぜひ大きなサイズで楽しんで欲しい。

豪華な特典ディスクが発表となったニューアルバム『がらくた』。ファンならずとも必携のアイテムである。初回生産限定盤ということで、どうしても数に限りがあるこのアイテム。これまで内容が明らかになっていなかったにも関わらず、すでに相当数の予約が入っているため、ぜひ早めのご予約を。

■『若い広場Full ver. +アルバム『がらくた』トレーラー』


https://youtu.be/32SIXAogkYIアルバム『がらくた』

2017年8月23日発売



【初回生産限定盤A】(CD+Blu-ray+特製ブックレット)
VIZL-1700/¥4,800+税
【初回生産限定盤B】(CD+DVD+特製ブックレット)
VIZL-1701/¥4,500+税
【初回生産限定盤C】(CD+特製ブックレット)
VIZL-1702/¥3,500+税
【通常盤】
VICL-65000/¥3,300+税
【アナログ盤】(重量盤2LP/オリジナル特典「オリジナルB2ジャケットポスター」付/完全生産限定)
VIJL-61800〜1/¥4,300+税
<収録曲>
■CD
01.過ぎ去りし日々(ゴーイング・ダウン)
02.若い広場
03.大河の一滴
04.簪 / かんざし
05.愛のプレリュード
06.愛のささくれ〜Nobody loves me
07.君への手紙
08.サイテーのワル
09.百万本の赤い薔薇
10.ほととぎす [杜鵑草]
11.オアシスと果樹園
12.ヨシ子さん
13.Yin Yang(イヤン)
14.あなたの夢を見ています
15.春まだ遠く
■初回生産限定盤A・B特典「がらくた」Bonus Disc
『この夏、大人の夜遊びライブ in 日本で一番垢抜けた場所!!at Billboard Live Tokyo(2017.07.11)』
01.百万本の赤い薔薇
02.大河の一滴
03.君への手紙
04.愛のささくれ〜Nobody loves me
05.簪 / かんざし
06.若い広場
07.オアシスと果樹園
08.ヨシ子さん
※初回生産限定盤A(Blu-ray)・初回生産限定盤B(DVD)に収録



【関連リンク】
桑田佳祐、ニューアルバム『がらくた』初回盤特典発表
桑田佳祐まとめ
『GYAO! SUMMER HOUSE』、EDEN KAIをゲストに迎えたライヴ&トークイベントを開催!

【関連アーティスト】
桑田佳祐
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表, リリース

『GYAO! SUMMER HOUSE』、EDEN KAIをゲストに迎えたライヴ&トークイベントを開催!
Fri, 04 Aug 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

動画配信サービス『GYAO!』の世界観を体験できる海の家『GYAO! SUMMER HOUSE』が、期間限定で江の島片瀬海岸東浜にオープン! 人気リアリティー番組『テラスハウス アロハエステート』に出演し話題を集めた、ハワイ在住の18歳・ギタリスト&ウクレレ奏者のEDEN KAIを迎え、8月3日ライヴ&トークイベント『GYAO!SUMMER HOUSE SUNSET TIME 〜EDEN KAI〜』を開催した。

当日は、『テラスハウス アロハエステート』の卒業ソング「モノガタリ(Monogatari)」をはじめ、今年6月にリリースしたアルバム『Music For You』の収録曲など、アンコール曲含め合計9曲を披露。今回のイベントで初めて江の島に来たというEDEN KAI。“僕は泳げないのですが(笑)、このエリアの方はみんな親切で、江の島に住みたいなと思うくらい好きになりました。ハワイから日本に帰国したときには、自分が今までに訪れたことのない未知の場所を発見し、長い人生において行かないと損をしてしまう場所がたくさんあることを実感する。”と、語ったという。彼にとって、今回の江の島も思い出深い場所となっただろう。

暮れ行く夕日を背景にギターとウクレレの音色が響き渡る、お客さんとの一体感あふれる情感がこもったプレミアムなイベントとなった。なお、『GYAO! SUMMER HOUSE』は8月31日(木)までオープンしているとのこと。

■【EDEN KAI コメント】

「I’m Home」
東日本大震災の時に、宮城県石巻市から「第2勝丸」というボートが ハワイに流れ着いて、ハワイの人が修理して送り返したという信じられない話があり、それについての曲です。

「Late Night Shanty」
ウクレレは海との相性がぴったりですね。今日はこのロケーションで演奏できることができて大変光栄です。この曲はハワイの海に影響されて作った曲です。
?
「モノガタリ(Monogatari)」
この場所はリラックスができますね、演奏を聴いていて眠たくなったりしませんでしたか?(笑)僕は少し眠りそうになりましたが。この曲はリアリティー番組「テラスハウス アロハエステート」に出演しているときに作りました。

セットリスト

1.Hyperbola

2.Dearly / fill the space

3.Music For You

4.I‘m Home

5.Late night Shanty

6.Memories of this place

7.モノガタリ (Monogatari)

8.Beautiful stars

9.She Saw Me Dance



【関連リンク】
『GYAO! SUMMER HOUSE』、EDEN KAIをゲストに迎えたライヴ&トークイベントを開催!
EDEN KAIまとめ
イトヲカシ、ドラマED曲「アイスクリーム」を 15時間限定の“15(イチゴ)配信“

【関連アーティスト】
EDEN KAI
【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース

イトヲカシ、ドラマED曲「アイスクリーム」を15時間限定の“15(イチゴ)配信“
Fri, 04 Aug 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

イトヲカシが新曲「アイスクリーム」のちょっと変わった先行配信を発表! 8月9日の配信リリースに先駆けて、8月8日からdwango限定の先行配信が行なわれる。ドラマ『さぼリーマン甘太朗』のロゴに使用されている”イチゴ”にかけ、15時間限定で破格の15円という“15(イチゴ)配信”となっているとのこと。

「アイスクリーム」はテレビ東京の木曜ドラマ25『さぼリーマン甘太朗』のエンディングテーマで、“王道のJ-POP”を提言し続けている彼らのキャッチーさに加え、少しノスタルジックなメロディーが印象的な作品に仕上がっているという。

配信楽曲「アイスクリーム」

【配信日】2017年8月9日
【先行配信】2017年8月8日9:00〜24:00



<先行配信URL>
http://r.dwango.jp/i801Lwb5
※dwango.jpにて15時間限定/15円で配信実施
※イトヲカシ スペシャルポストカード付き



【関連リンク】
イトヲカシ、ドラマED曲「アイスクリーム」を 15時間限定の“15(イチゴ)配信“
イトヲカシまとめ
大原櫻子、ニューシングル発売記念フリーライブ開催 &「会場で一緒に歌って盛り上がろう企画」を発表

【関連アーティスト】
イトヲカシ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, シングル, 新曲, TVドラマ, エンディング, 音楽配信

大原櫻子、ニューシングル発売記念フリーライブ開催&「会場で一緒に歌って盛り上がろう企画」を発表
Fri, 04 Aug 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大原櫻子が、8月9日にリリースするニューシングル「マイ フェイバリット ジュエル」の発売直後にアコースティック編成で行うフリーライブが東京・お台場パレットプラザ(ヴィーナスフォート前)で開催されることが明らかになった。

フリーライブは昨年7月の川崎ラゾーナプラザで実施されて以来となる。バンド編成でのパフォーマンスクオリティにも定評のあるカノジョだが、今回は今年“唯一"となるアコースティック編成との事なので、パワフルかつ表現力のあるカノジョの歌声を身近に堪能できるこの夏最注目のフリーライブとなるだろう。

更にこのフリーライブではシングルにカップリング収録のハイテンションなナンバー「Jet Set Music!」が初披露される事も決定した。これは大原櫻子本人がこの「Jet Set Music!」をファンと一緒にハイテンションに歌いたいとの強い想いから決定した。後日一緒に歌って欲しいパートが何らかの形で発表されるので、そちらもチェックし一緒に歌って夏の暑さを吹き飛ばして欲しい。

そして、このフリーライブ会場ではニューシングル「マイ フェイバリット ジュエル」を購入した方を対象に、話題のニュービジュアルが使用されたB2ポスターのスタッフによるプレゼントが行われる。ニューシングル「マイ フェイバリット ジュエル」初回限定盤(A) VIZL-1225、初回限定盤(B)VIZL-1226、通常盤(初回仕様)VICL-37312に封入されているチラシの隅に【MFJ大原櫻子】と記載された三角の部分のみをお持ち頂いた方を対象として行われる。会場でもCD販売は行われており、且つライブ会場限定特典オリジナルクリアファイルが付いてくる。

イベント当日は優先観覧エリアが設けられる予定となっており、整理券等の詳細は後日ビクターHP、オフィシャルHPで発表される予定となっているので要注意だ。

■ニューシングル「マイ フェイバリット ジュエル」発売記念 今年唯一のアコースティックフリーライブ

8月11日(祝・金) 東京・お台場パレットプラザ(ヴィーナスフォート前) 
18時スタート
■http://www.palette-town.com/plaza/
※荒天や雨天の場合、予告無く中止となる場合がございますのでご了承願います。
※イベント優先観覧エリアが設けられる予定ですが、優先エリアの入場整理券配布等の詳細は後日ビクターHP、オフィシャルHPで発表される予定となっております。
※ポスタープレゼントはライブ終了後より会場内の指定場所にてスタッフよりお渡しします。
※ポスターの数には限りがございます事をご了承願います。
※ポスターのプレゼント方法、および会場CD販売等の詳細は後日、ビクターHP、オフィシャルHPで発表される予定となっております。
※ライブ会場限定特典オリジナルクリアファイルも数に限りがあるのでご了承願います。
※本会場でのCD販売にはオリジナル店舗特典(ステッカー or フォトカード)は付きません

シングル「マイ フェイバリット ジュエル」

2017年8月9日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1225/¥1,500+税
<収録曲>
■CD 
M1:マイ フェイバリット ジュエル
(作詞:秦 基博 作曲:秦 基博 編曲:河野 圭 プロデュース:秦 基博)
M2:Jet Set Music!
(作詞:leonn 作曲:杉恵ゆりか 編曲・プロデュース:小名川高弘 )
M3:ALIVE
(作詞 小名川高弘 作曲 小名川高弘 編曲・プロデュース 小名川高弘)
※フジテレビ系『ライオンのグータッチ』テーマソング 
■DVD
「マイ フェイバリット ジュエル」Music Video




【初回限定盤B】(CD+DVD)
VIZL-1226/¥1,500+税
<収録曲>
■CD 
M1:マイ フェイバリット ジュエル
M2:Jet Set Music!
M3:ALIVE
■DVD
「CONCERT TOUR 2016 〜CARVIVAL〜」番外編




【通常盤】(CD)
VICL-37312/¥1,200+税
<収録曲>
M1:マイ フェイバリット ジュエル
M2:Jet Set Music!
M3:ALIVE




【関連リンク】
大原櫻子、ニューシングル発売記念フリーライブ開催 &「会場で一緒に歌って盛り上がろう企画」を発表
大原櫻子まとめ

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, シングル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1