歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年07月31日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
【夜の本気ダンス】『No rain, new days o\'scene』2017年7月4日 at EX THEATER ROPPONGI
Mon, 31 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 POLYSICSやCreepy Nutsらとの対バンを含めた1カ月に及ぶこのツアーで、夜の本気ダンスはまたひと回り頼もしくなった。「Ride」でさわやかに発進したかと思えば、「Crazy Dancer」でギラギラと熱を放射。「for young」では、まず“上に飛べますか?”と米田貴紀(Vo&Gu)がオーディエンスをジャンプさせたのち、西田一紀(Gu)、マイケル(Ba)、鈴鹿秋斗(Dr)が裏拍を感じる横ノリのリズムで会場を揺らすなど、ソールドアウトのファイナルワンマンを好調に進めていく。前半のハイライトは「This is pop」。おそらくこれが噂の“new mix”バージョンで、西田のトレモロ奏法が痛快に炸裂しまくっていて、全体的に切れ味と妖艶さが増していた。

 “ウチの鈴鹿がね、会社員を辞めて初のファイナルなんですよ”“俺、9年間働いてたしな。みんながどれだけしんどいか知ってんねん! なのに、平日からこんなに集まってくれてほんまにありがとう!!”…そんなマイケル→鈴鹿の掛け合いで盛り上げ、中盤ではノンストップメドレー“HONKI DANCE TIME”へ! 「Japanese Style」「B!tch」といったアップナンバーの破壊力もさることながら、曲のつなぎがすこぶる鮮やかで、セッション感あふれるパフォーマンスに痺れっぱなし。ハッとさせるブレイクを挟み、7秒くらい無音で溜めてから始める「fuckin\' so tired」など、これまでにない味わいがあり、その驚きと歓喜でよりガンガン踊れる。ノリの生み出し方が多彩になってきたのだと思う。

 表題曲をはじめ、2ndシングル「SHINY E.P.」のポップエッセンスがメニューに加わったのももちろん大きい。さらに、8月リリースの新曲「TAKE MY HAND」をアンコールで初披露! 夜ダンらしいオリエンタル感全開のギターフレーズと前のめりかつパワフルなビートが増し増しで楽しめる上、フジテレビ系木曜劇場『セシルのもくろみ』(7月13日22:00放送開始)の主題歌に決まっていることを踏まえると、今後の代表曲になるのは間違いない。MCでも“俺らの曲をきっかけにドラマの視聴率が上がってくれたらええなと思う!”と鈴鹿が熱く語っていたので、ぜひオンエアをお見逃しなく!

 いつの間にか米田がメガネを外してエキサイトしていたり、西田の超マイペースなMCがあったりしながら、ライヴはダブルアンコールまで大盛況のうちに終了した。そして、11月から『ZENKOKU O-BAN-DOSS TOUR』を開催することも発表! 夜ダン史上最長の全18公演を行なう対バンツアーで、彼らは新たなステップを踏み出す。

撮影:浜野カズシ/取材:田山雄士

セットリスト

1. Ride

2. Crazy Dancer

3. for young

4. By My Side

5. Show down

6. Blush

7. This is pop

8. Japanese Style

9. fuckin\' so tired

10. B!tch

11. You gotta move

12. Logical heart

13. escape with you

14. Dance in the rain

15. SHINY

16. THREE

17. Without You

18. Feel so good

19. WHERE?

<ENCORE1>

1. TAKE MY HAND

2. 戦争

<ENCORE2>

Only Seventeen

夜の本気ダンス

ヨルノホンキダンス:2008年に結成された、京都出身の4人組ダンスロックバンド。踊れて泣ける100パーセントのダンスロックとライヴパフォーマンスを武器に着実に支持を獲得し、全国のイベントやフェスに出演を果たす。満を持して、16年3月9日にアルバム『DANCEABLE』でGetting Better Recordsよりメジャーデビュー。同年9月をもってギターの町田建人が脱退し、10月に西田一紀の加入を発表。



【関連リンク】
【夜の本気ダンス】 『No rain, new days o\'scene』 2017年7月4日 at EX THEATER ROPPONGI
夜の本気ダンスまとめ
BLUE ENCOUNT、8月4日より新曲「SUMMER DIVE」をストリーミング配信&MV同時公開

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ライヴレポート

BLUE ENCOUNT、8月4日より新曲「SUMMER DIVE」をストリーミング配信&MV同時公開
Mon, 31 Jul 2017 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTが新曲「SUMMER DIVE」を8月4日にストリーミング限定で配信し、同時にMVも公開することを発表した。

「SUMMER DIVE」は、BLUE ENCOUNTが今年の夏フェスのアンセムに掲げる新曲。バンド史上最多となる夏フェスに出演することも決定しており、新曲「SUMMER DIVE」は、そんな叩き上げのライブ・バンドであるブルエンから、フェスをオーディエンス全員で楽しめるように送り出された楽曲となっている。これまでライブでは「LIVER」が会場全体でタオル回しを行なう定番曲になっていたが、より派手に、より楽しくチューニングされた新曲はさらなる盛り上がりを約束するだろう。

さらに「SUMMER DIVE」の配信とMV公開決定に伴い、新しいアーティスト写真が解禁された。楽曲の世界観とリンクした“夏を遊んでやる"という、チャーミングで挑発的な表情が印象的な写真にも是非注目してほしい。

ストリーミング限定配信「SUMMER DIVE」

2017年8月4日(金)より配信開始



■ ストリーミング配信URL
https://kmu.lnk.to/YgauwWN
※配信日:8月4日(金)

『TOWER RECORDS presents Bowline 2017 curated by BLUE ENCOUNT &TOWER RECORDS』

10月01日(日) 北海道 サッポロファクトリーホール
10月11日(水) 宮城 仙台PIT
10月23日(月) 福岡 DRUM LOGOS
10月25日(水) 広島 BLUE LIVE 広島
11月03日(金・祝) 東京 新木場STUDIO COAST
11月10日(金) 沖縄 ミュージックタウン音市場
<出演> 
BLUE ENCOUNT、他
※各会場での対バンアーティストは後日発表

<オフィシャル先行>
※受付期間:8月3日(木)12:00〜8月13日(日)23:59
http://w.pia.jp/t/bowline-of/



【関連リンク】
BLUE ENCOUNT、8月4日より新曲「SUMMER DIVE」をストリーミング配信&MV同時公開
BLUE ENCOUNTまとめ
一握の砂、II tone clan、3poLstar☆☆☆による合同イベント『#ひふみのうたげvol.1』が大盛況の内に終幕

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, 発表, 新曲

一握の砂、II tone clan、3poLstar☆☆☆による合同イベント『#ひふみのうたげvol.1』が大盛況の内に終幕
Mon, 31 Jul 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

一握の砂、II tone clan、3poLstar☆☆☆の3組の音楽ユニットで結成され、注目を集めている#ひふみのうたげが主催するイベント『#ひふみのうたげ vol.1』が、7月29日渋谷J-POP CAFEにて開催された。

当日は、雨にも関わらず押し寄せたファンが今や遅しと開場を待つ盛況っぷり。スタート間もなく会場は人で溢れていた。#ひふみのうたげの3組によるノンストップライブから幕を切ったイベントは、スタートから熱気に包まれる。クオリティの高いパフォーマンスがあいまって、さらに熱気が高まる中、満を持してトリに再び#ひふみのうたげが登場。会場の盛り上がりは最高潮になった。

この日のイベントは?4時?間強にも及ぶ長丁場であったにも関わらず、始まりから終わりまでその長さを物とも感じさせない程の熱気と盛り上がりに包まれていた。このような観る者、聴く者を魅了するライブイベントが他にあったであろうか? 圧巻の一言である。

イベント終了後には#ひふみのうたげのメンバーから、2017年9月23(土)『#ひふみのうたげ主催vol.2』の発表が。さらに、この日の『#ひふみのうたげ vol.1』に合わせて、twitterアカウント(@123utg)も開設されたので、今後発表される動きに注目だ。

Photo by IKUMI、ゆきちゃん
Text by 小林一二三

『#ひふみのうたげ vol.2』

9月23日(土) 東京・J-POPCAFE



【関連リンク】
一握の砂、II tone clan、3poLstar☆☆☆による合同イベント『#ひふみのうたげvol.1』が大盛況の内に終幕
#ひふみのうたげまとめ
一握の砂まとめ
II tone clanまとめ
3poLstar☆☆☆まとめ

【関連アーティスト】
#ひふみのうたげ, 一握の砂, II tone clan, 3poLstar☆☆☆
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ユニット, コラボ, ライブハウス, ライブレポ

宇多田ヒカル、「Forevermore」が配信チャートを席巻! フルバージョンのMVを8月16日に公開!
Mon, 31 Jul 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

宇多田ヒカルがEPICレコードジャパン移籍後、第二弾となる「Forevermore」が7月28日より配信スタート。TBS系 日曜劇場「ごめん、愛してる」主題歌である同曲が、iTunes、レコチョクなど、国内主要配信サイトにて10冠を達成。また、日本国外でも、台湾のiTunesでは総合1位を獲得したほか、香港、フィリピン、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシアなど、各国・地域のJ-POPチャートで1位を獲得。あわせて9冠を達成した。

7月10日に配信がスタートしていた「大空で抱きしめて」と同じく、ハイレゾ音源の配信を行なっているmoraでは、総合ランキングにおいて通常音源で1位、ハイレゾ音源で2位を獲得。レコチョクでも総合、ハイレゾ両方で1位。e-onkyoでも1位と、全国のソニーストアでハイレゾ音源試聴を展開してきたこともあり、宇多田ヒカルの楽曲に対し、より高音質を求めるリスナーの増加がみてとれる結果となった。本楽曲の配信に伴い、「大空で抱きしめて」のランキングもアップし、iTunes、レコチョクなどではトップ10圏内に2曲が同時ランクインしている。

さらに、「大空で抱きしめて」の特設歌詞サイトが大好評につき、「Forevermore」の特設歌詞サイトもオープン! このサイトはファンがTwitterで歌詞に関して投稿した内容により、日ごとに歌詞のデザインレイアウトが変化。歌詞のどの部分に注目が集まってるか立体的に見ることができる面白い仕様になっている。また、Twitterの宇多田ヒカルSTAFFオフィシャルアカウント(@hikki_staff)をフォローのうえ、特設歌詞サイトに投稿すると、抽選で10名にTシャツが当たるキャンペーンも実施中。応募は8/25(金)まで。

そして、楽曲配信と同時にYouTubeで公開した「Forevermore」のミュージックビデオ(Short Ver.)が 、約4日間で早くも再生回数45万回を突破。全編にわたり、宇多田ヒカルによる生命力あふれるコンテンポラリーダンスが注目され、公開後には急上昇ランク最高位2位を記録した。「早くフルバージョンを見たい」という好評に応え、フルバージョンのミュージックビデオを8月16日に配信すると発表している。M-ON!では、ミュージックビデオのメイキングドキュメンタリー特番を8月26日(土)22時に放送。この特番では、今回監督をつとめたJamie-James Medina(ジェイミー・ジェームス・メディナ)氏や、振付を担当したFukiko Takase氏など、ミュージックビデオに関わったスタッフの貴重なインタビューのほか、撮影直後の宇多田ヒカルへのインタビューなど、ミュージックビデオ制作の裏側を公開予定。 宇多田ヒカルに関するメイキング番組が作られるのは、活動休止直前のライブ『WILD LIFE』のメイキング特番以来、約6年ぶりなのでぜひチェックを。

『M-ON! 20th Anniversary×宇多田ヒカル【Forevermore】MUSIC VIDEO DOCUMENT』

初回放送:8月26日(土)22:00〜23:00
リピート放送:8月29日(火)21:00〜22:00

■「Forevermore」MV(Short Version)


https://youtu.be/sLlYBsZSAmU配信シングル「Forevermore」

2017年7月28日配信スタート



【iTunes】
https://itunes.apple.com/jp/album/id1258447983?at=10lpgB&ct=4547366320930_al&app=itunes
【mora】※ハイレゾ音源
http://mora.jp/package/43000001/4547366320916/
【レコチョク】
http://recochoku.com/s0/forevermore/



【関連リンク】
宇多田ヒカル、「Forevermore」が配信チャートを席巻! フルバージョンのMVを8月16日に公開!
宇多田ヒカルまとめ
Aimerの新曲「花の唄」を梶浦由記がプロデュース

【関連アーティスト】
宇多田ヒカル
【ジャンル】
ニュース, シンガーソング・ライター, 配信, 主題歌

Aimerの新曲「花の唄」を梶浦由記がプロデュース
Mon, 31 Jul 2017 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Aimerが10月14日公開の劇場版『「Fate/stay night [Heaven\'s Feel]」I.presage flower』の主題歌である「花の唄」を収録したシングルを、10月11日に発売する事がわかった。

Aimerは2015年発表の関連作品である「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」のオープニングテーマを担当しており、そのオープニングテーマ「Brave Shine」はiTunes総合シングルチャート1位を記録した他、香港、シンガポール、インドネシア、タイなどのアジア各国でも1位を獲得する大ヒットとなり、Aimerの代表曲の1つだ。

さらに、新曲「花の唄」は『Fate/stay night [Heaven\'s Feel]』の劇伴音楽を手掛ける梶浦由記が楽曲提供・プロデュースを手掛けていることも発表。Aimerと『Fate/stay night』の待望の再会を、梶浦由記がいったいどんな風に演出するのか? 早くも期待は膨らむばかりだ。

(c)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

■劇場版『Fate/stay night [Heaven\'s Feel]』公式サイト
http://www.fate-sn.com/

シングル「ONE / 花の唄 / 六等星の夜 Magic Blue ver.」

2017年10月11日(水) 発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SECL-2209/¥1,500+税
<収録内容>
■CD
M1「ONE」
M2「花の唄」
※劇場版「Fate/stay night [Heaven\'s Feel]」I.presage flower主題歌
M3「六等星の夜 Magic Blue ver.」
M4「糸」
※トヨタホームTVCMソング・中島みゆきカバー
■DVD
「zero」「歌鳥風月」MUSIC VIDEO収録



【通常盤】(CD)
SECL-2211/¥1,250+税
<収録内容>
M1「ONE」
M2「花の唄」
※劇場版「Fate/stay night [Heaven\'s Feel]」I.presage flower主題歌
M3「六等星の夜 Magic Blue ver.」
M4「糸」
※トヨタホームTVCMソング・中島みゆきカバー

【ライブ情報】

『Aimer Live in 武道館 "blanc et noir"』
8月29日(火)  東京都・日本武道館
開場/開演:18:00/19:00 
※全席SOLD OUT

『Aimer LIVE TOUR 17/18 “hiver"』
11月16日 (木) 埼玉県・和光市民文化センター サンアゼリア
11月23日 (木・祝) 北海道・札幌わくわくホリデーホール
11月26日 (日) 静岡県・アクトシティ浜松 大ホール
12月02日 (土) 新潟県・新潟県民会館
12月08日 (金) 岡山県・岡山市民会館
12月10日 (日) 兵庫県・神戸国際会館 こくさいホール
12月16日 (土) 宮城県・東京エレクトロンホール宮城
12月17日 (日) 群馬県・群馬ベイシア文化ホール 大ホール
12月24日 (日) 愛知県・名古屋国際会議場センチュリーホール
<2018年>
1月14日 (日) 長野県・レザンホール(塩尻市文化会館)
1月20日 (土) 広島県・広島上野学園ホール
1月21日 (日) 京都府・ロームシアター京都 メインホール
1月23日 (火) 大阪府・フェスティバルホール
1月27日 (土) 福岡県・福岡サンパレスホテル&ホール
2月21日 (水) 東京都・NHKホール



【関連リンク】
Aimerの新曲「花の唄」を梶浦由記がプロデュース
Aimerまとめ
梶浦由記(FictionJunction)まとめ
THE ALFEE、31回目の夏イベントで 通算ライブ本数の最多記録を更新!

【関連アーティスト】
Aimer, 梶浦由記(FictionJunction)
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, シングル, 新曲, リリース, アニメ, 主題歌, 映画

THE ALFEE、31回目の夏イベントで通算ライブ本数の最多記録を更新!
Mon, 31 Jul 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今年デビュー43年目を迎えたTHE ALFEEが7月29日(土)30日(日)の2日間、横浜アリーナで『31st Summer Best Hit Alfee2017夏フェスタ』と題した夏イベントを敢行した。7月30日(日)の公演をもって通算本数2639本という日本のバンドとしては最多となる記録を更新。完売となった本公演は2日間で述べ24,000人を動員しプラチナチケットとなった。

コンサートがスタートすると3人は天から舞い降りるかのように、ゴンドラでステージに登場! 最新曲「あなたに贈る愛の歌」、名曲「星空のディスタンス」はもちろん、昨年デビューアルバムをリリースしたThe KanLeKeeZの楽曲やメンバー出演で話題になっているタマホームのテーマソングを披露し、観客は生のタマホームの演奏に歓喜に包まれた。

更にアンコールでは前述のThe KanLeKeeZも登場し、グループサウンズでTHE ALFEEとは一味違ったステージで魅了。さらに「SWEAT & TEARS」では観客の頭上から約2万個の風船がアリーナを埋めつくように降り、観客のボルテージは最大限に! 12,000人全員でこぶしを高く振り上げ大合唱する場面も。

そしてアンコールには『この夏はデビュー44年目に突入する夏です、膨大な時間が流れ、人も街も変わって行く中で唯一変わらないのはこの場所で3人で歌っていることです。ライブハウスのころから変わっていない。やり続ける意志、継続する力は変わり行く時代で3人で掴んだと思う。今日の日を遠い夏の忘れられない思い出としたい。30年後に会いましょう。アルフィーは永遠です』との高見沢の言葉に観客から盛大な拍手が送られた。

この後、高見沢俊彦のソロプロジェクト・Takamiyのライブが9月2日(土)3日(日)の2日間、パシフィコ横浜で開催予定。更にTHE ALFEEの秋のツアースケジュールも発表され、年末までファンの楽しみは終わらない。

Photo by HAJIME KAMIIISAKA

【ライブ情報】

『THE ALFEE Best Hit Alfee 2017秋フェスタ』
10月05日(木) サンシティ越谷市民ホール
10月07日(土) 宇都宮市文化会館
10月08日(日) 静岡市民文化会館
10月11日(水) 市川市文化会館
10月14日(土) 神戸国際会館・こくさいホール
10月15日(日) びわ湖ホール
10月18日(水) 相模女子大学グリーンホール
10月28日(土) 広島文化学園HBGホール
10月29日(日) 高知市文化プラザかるぽーと
11月04日(土) 東京国際フォーラム・ホールA
11月18日(土) よこすか芸術劇場
11月19日(日) まつもと市民芸術館
11月23日(木・祝) 桐生市市民文化会館シルクホール
11月25日(土) 鹿児島市民文化ホール第一
11月26日(日) アルモニーサンク北九州ソレイユホール(旧九州厚生年金会館)
11月30日(木) 大宮ソニックシティ
12月02日(土) 本多の森ホール[金沢]
12月09日(土) 名古屋国際会議場センチュリーホール
12月10日(日) 名古屋国際会議場センチュリーホール
12月17日(日) 東京エレクトロンホール宮城

『Best Hit Alfee Final 2017 冬フェスタ』
12月23日(土・祝) 日本武道館
12月24日(日) 日本武道館
12月29日(金) 大阪城ホール

『Takamiy 真夏の夜の夢2017 -Night of Pacifico-』
※Takamiyソロライブ
9月02日(土) パシフィコ横浜 国立大ホール
9月03日(日) パシフィコ横浜 国立大ホール



【関連リンク】
THE ALFEE、31回目の夏イベントで 通算ライブ本数の最多記録を更新!
THE ALFEEまとめ
<カノエラナ連載 その4> カノ絵日記 〜もっとkwsk知りたいかい?〜 【図解】「ダイエットのうた」を解説

【関連アーティスト】
THE ALFEE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ライブ

<カノエラナ連載 その4> カノ絵日記 〜もっとkwsk知りたいかい?〜 【図解】「ダイエットのうた」を解説
Mon, 31 Jul 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

カノエラナの初企画、3rd mini album 「カノエ暴走。」の発売を記念して、絵と文によるコラム連載です。カノエのカノエによるカノエワールドぶった斬り企画、さてさて何を暴露するのでしょうか?お楽しみに〜。

おはよう世界、こんばんは世界、カノエです。

最近、公園で草負けしました。
なんだか自分が都会に染まっている気がして、
ちょっとさみしくなりました。
めっちゃ痒かったです。

っと、そんなことはどうでも良いのです。

今回は、3rd mini album「カノエ暴走。」に収録されている4曲目、アルバムサブリード曲「ダイエットのうた」の謎を紐解いていきましょう。

そもそも何故この曲が出来上がったのか、、、
そのヒントは自分のマネージャーさんの「ヨリミツサン」との会話の中にあります。

やはり女子(?)としては自分の体型にあーだこーだ言いたくなるじゃないですか。
最近太ったかな、とか痩せたな、とか。
だから私達も極々普通に帰り道に女子(?)らしく会話をしていただけなのです。

ヨ「どうやったら痩せるんやろか」
カ「(唐突やな…)さぁ〜運動するしかないんじゃないですかね」
ヨ「運動かぁ…最近動いてないからなぁ…鍛えたいよなぁ…少林寺やりたいなぁ」
カ「(っょぃ…)なんか手軽に痩せれたりとかしないですかね」
ヨ「う〜ん…やっぱインナーマッスルから鍛えんとあかんよな!」
カ「インナーマッスル!?…インナーマッスルですか…」
ヨ「(なんかくねくねしながら)インナーマッスル鍛えましょ〜?」
カ「(駄目だ…究極に疲れが溜まっててヨリミツサンがおかしくなっている…まぁでもここは合わせとくか)…インナーマッスル鍛えましょ?」
ヨ「リズムに合わせて体動かしたら楽しく鍛えられるよなぁ!」
カ「……!!!!!成る程そういうことですね!!!」
ヨ「急にどしたん!?」
カ「曲なんとなく出来たんではよ帰りましょ!ね!!」
ヨ「えぇえ〜早速走るんかいぃいい痩せるぅぅうう」

とまぁ、このような感じで出来上がったのがこの曲です。

実際自分もダイエットの経験があるし、
悩む気持ち、焦る気持ちがすごく分かります。
気軽に「最近太ったよね」とか「前の方が良かったなぁ」とかつべこべ言ってくるヤツはこっちから願い下げだし、そんなの自分が一番わかっとるわいちいち口に出して言わなくていいよデリカシー無さすぎだよどっかに置き忘れてきたのかよ早く迎えに行けよ寂しがってるだろってなるので、
そんな時は心の中で「うるせぇよバカ」と呟くとスッキリします。

誰かの為に頑張るダイエット、
自分の為に頑張るダイエット、
それぞれ原動力は違うとは思いますが、
この曲を聞いて少しだけでもほんわかしてほしいなぁと思います。

ライブで動けてなおかつ楽しく汗がかけてしまうという魔法の楽曲「ダイエットのうた」、男女関係無くみんなでスリムなスペシャルボデーを手に入れましょう。

気になったそこのアナタはまずミュージックビデオをチェック!

■「ダイエットのうた」Music Video


https://youtu.be/yzdgQe6OG0Uミニアルバム『カノエ暴走。』

2017年7月19日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31343/4/¥2,000(税抜)
<収録曲>
■CD
1. 私立カノエ厨学校校歌
2. 沼に落ちて
3. たのしいバストの数え歌
4. ダイエットのうた
5. SNS
6. バレンタインのうた
■DVD
・ご挨拶ワンマンツアー2017「勇者を探して三千里〜ぼっちで広げる旅の地図〜」【弾き語り編】 at HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心
1. トーキョー
2. おーい兄ちゃん
3. 大事にしてもらえよ
・「鉄壁スカート」レコーディングドキュメンタリー 〜漆黒のゴールドウィングで音録ったばい〜



【通常盤】(CD)
WPCL-12704/¥1,500(税抜)
<収録曲>
1. 私立カノエ厨学校校歌
2. 沼に落ちて
3. たのしいバストの数え歌
4. ダイエットのうた
5. SNS
6. バレンタインのうた



【関連リンク】
<カノエラナ連載 その4> カノ絵日記 〜もっとkwsk知りたいかい?〜 【図解】「ダイエットのうた」を解説
カノエラナまとめ
スピッツ、10-FEET、indigo la Endなど 7月リリースの作品から16作を紹介

【関連アーティスト】
カノエラナ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, 連載コラム, カノエラナ / カノ絵日記 ~もっとkwsk知りたいかい?~, シンガーソング・ライター

スピッツ、10-FEET、indigo la Endなど7月リリースの作品から16作を紹介
Mon, 31 Jul 2017 19:30:00 +0900


フリーマガジンokmusic UP\'s vol.155(7/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、7月5日〜26日リリース作品16作を紹介!

1.『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』/スピッツ
2.『Dim The Lights』/MONOEYES
3.『そこには思いっきり愛があるからな』/ank
4.『Crying End Roll』/indigo la End
5.『and…』/上白石萌音
6.『Familia』/sumika
7.『BAKUDANIUS』/爆弾ジョニー
8.『Sympathy』/Chara
9.「太陽の月」/10-FEET
10.『A GOOD TIME』/never young beach
11.『DOPELAND』/BIGMAMA
12.『ALL LEAD TRACKS』/MY FIRST STORY
13.『神様、僕は気づいてしまった』/神様、僕は気づいてしまった
14.「エンジェルベイビー」/銀杏BOYZ
15.「虹 / シンプル」/高橋優
16.『FOOLs』/go!go!vanillas

『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』/スピッツ

Album 7/5 Release



UNIVERSAL J
UPCH-7329〜31
¥4,212(税込)

最新リマスタリング仕様の結成30周年記念シングル・コレクション・アルバム。デビュー時の「ヒバリのこころ」から近作「雪風」「みなと」までを押さえ、入門盤としてはもちろん、長く聴いてきた人でも気付きそびれていた名曲があったりするので、全国民に勧めたい。素晴らしい新曲も3曲あります。「ヘビーメロウ」「歌ウサギ」で“醒めない”ロックマインドを、ビートパンク「1987→」で偉大な軌跡を感じて涙。
TEXT:田山雄士

『Dim The Lights』/MONOEYES

Album 7/5 Release



EMI Records
UPCH-20454
¥2,592(税込)

前アルバムも素晴らしかったが、この2ndアルバムはスコット・マーフィー(Ba&Cho)がリードヴォーカルを務めた楽曲も収録され、バンドとしてひと回りもふた回りも成長を遂げた傑作。メロコアやオルタナのテイストはありながら、もはやMONOEYESとしか言えない独自のサウンドを構築。どこか切なげなメロディーの充実ぶりにも心酔しっぱなし。個人的には唯一日本語詞を用いた「ボストーク」が好きだ。
TEXT:荒金良介

『そこには思いっきり愛があるからな』/ank

Mini Album 7/12 Release



ank
ANK-003
¥1,200(税抜)

2分20秒の中で曲がドラマチックに展開する「あつく生きたい」に、おおっ!となる男女3ピースバンドの新作。誰もが抱える大小さまざまな悩みを取り上げ、前向きになれるメッセージをエネルギッシュな演奏とともに歌い上げる全6曲を収録。メロコアバンドと思わせ、それだけに止まらないアレンジが幅広いリスナーにアピールしそうだ。ぱっと聴き、女声に聴こえない紅一点、まやみき(Vo&Ba)の歌声もユニーク。
TEXT:山口智男

『Crying End Roll』/indigo la End

Album 7/12 Release



unBORDE/WARNER MUSIC JAPAN
【初回生産限定盤(DVD付)】
WPZL-31341〜2 ¥3,500(税抜)
【通常盤】
WPCL-12676 ¥3,000(税抜)

川谷絵音(Vo&Gu)が音楽を担当するドラマ『ぼくは麻里のなか』のオープニングテーマ「鐘泣く命」も含む1年半振りのニューアルバム。昨今のシティポップに通じる魅力も持ちながら、音楽に対する感性が研ぎ澄まされているという意味で、洗練を感じさせるサウンドメイキングが作品全体をアダルトオリエンテッドなものに。そこが一番の聴きどころ。儚げな詞の世界観も、外連に頼らないクールなサウンドにマッチしている。
TEXT:山口智男

『and…』/上白石萌音

Album 7/12 Release



PONY CANYON
PCCA-04544
¥2,593(税抜)

前作のカバーアルバム『chouchou』で、その圧巻の歌唱力に魅了された人も少なくないだろう。待望のオリジナルアルバムでは、より作品と向き合い、秦 基博、藤原さくら、内澤崇仁(androp)らが手がけた楽曲が、彼女の魅力を多角的に、最大限に引き出している。やさしくも凛としていて、時にミュージカルのようで、まさに“演じるように歌う”と評されるのも納得の表現力に感服だ。“女優さんのアルバム”と侮るべからず!
TEXT:土内 昇

『Familia』/sumika

Album 7/12 Release



[NOiD]/murffin discs
【初回プレス生産限定盤(DVD付)】
NOID-0019 ¥4,500(税抜)
【通常盤】
NOID-0020 ¥2,800(税抜)

再生1秒からエンターテイナー性が止まらない。美しく響くコーラスであっさりと魅了される「Answer」は、蔦谷好位置プロデュース。笑ってしまうくらいにハッピーなポップソングで幕を開け、歪んだギター音とバイオリンが奏でるビートロックに胸がときめき、インスト曲では遊び心も見せるサプライズ満載の傑作だ。壮大に締め括る「Door」を聴いてから抑え切れなくなったsumikaへの期待には、快感さえ覚える。
TEXT:千々和香苗

『BAKUDANIUS』/爆弾ジョニー

EP 7/12 Release



Ki/oon Music
KSCL-2933〜4
¥1,667(税抜)
※期間限定生産盤
※お友達にあげる用CD付
※期間:〜2017年9月30日

1年半の活動休止を経て、昨年6月に活動再開。今年2月に“ほとんど新曲”という異例なライヴ盤をリリースした爆弾ジョニーのスタジオ盤。すでにライヴでは披露しており、前作にも収録された曲ばかりだが、1曲目「EVe」からライヴ盤との印象の違いに驚かされた。前作で気付かなかった歌詞やメロディーの繊細さ、演奏力やアレンジ力の高さ。強さ、やさしさ、哀愁も見える、少し大人になった彼らの新たな始まりと言える一枚だ。
TEXT:フジジュン

『Sympathy』/Chara

Album 7/19 Release



Ki/oon Music
【初回生産限定盤(2CD)】
KSCL-2924〜5 ¥3,500(税抜)
【通常盤初回仕様】
KSCL-2926 ¥3,000(税抜)

約2年4カ月振りのオリジナルアルバムには、“共鳴”を覚えた豪華ゲストが集結! そんな中でも、くるりの岸田繁、水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミの参加曲が新鮮だ。岸田らしい穏やかなアコースティックサウンドとストリングスが映える「Tiny Dancer」、程良くバウンシーなダンスビートで夏を演出したケンモチ作の「Herbie」。いずれも、Charaは抜群の表現力で応えている。愛の意味を無邪気に探り求めながら。
TEXT:田山雄士

「太陽の月」/10-FEET

Single 7/19 Release



EMI Records
【完全生産限定盤(DVD+GOODS付)】
UPCH-89338 ¥2,300(税抜)
※“みんなでフェスで掲げよう!”10-FEET 20周年記念フラッグ付
【初回生産限定盤(DVD付)】
UPCH-89339 ¥1,800(税抜)
【通常盤】
UPCH-80475 ¥1,000(税抜)

「アンテナラスト」「ヒトリセカイ」と歌もの路線のシングルが続いたが、この17thシングル表題曲はその極め付けのような楽曲ではないか。すでにライヴでも披露しているが、ゆったりしたテンポ感に乗り、スッと胸から出てきたような素直な日本語詞とメロディーが胸に染み入る。普段のMCのごとく構えてない、TAKUMA(Vo&Gu)の人間味や温度感がダイレクトに伝わってくる曲調。また名曲の誕生だ。
TEXT:荒金良介

『A GOOD TIME』/never young beach

Album 7/19 Release



SPEEDSTAR RECORDS
【初回限定盤(DVD付)】
VIZL-1196 ¥3,800(税抜)
【通常盤】
VIZL-64814 ¥2,600(税抜)
※初回プレスのみツアーチケット先行抽選受付用シリアル番号封入

炎天下の気怠さも、心地良いポップサウンドで届けるのがネバヤンらしさ。のどかに流れる時間と、あっと言う間に過ぎる月日のジレンマでさえ、彼らが音楽に乗せることで“楽しい時間”となって愛おしくなる。安部勇磨(Vo&Gu)が歌う叙情的な歌詞からは、なんてことのない幸せがほんのりと香り、子供の頃に戻ったように純粋な気持ちが蘇る。少し大人になってしまった今だからこそ見つけられる、夏の楽しさがここにある。
TEXT:千々和香苗

『DOPELAND』/BIGMAMA

Single 7/19 Release



RX-RECORDS/UK.PROJECT
RX-134
¥1,400(税抜)

今年3月にリリースしたアルバム『Fabula Fibula』収録の「愛はハリネズミのように」の世界を掘り下げたスピンオフ曲「CRYSTAL CLEAR」に加え、小説家・住野よる氏が同曲に感化されて描き下ろした掌編小説が収めれた、コンセプチュアルで異色な今作。アルバムを聴いた上で今作を聴くと楽しみも倍増だが、独創性あふれる世界観を美しく堂々と鳴らす歌と演奏は、前知識なしでもどっぷり浸れるはず。
TEXT:フジジュン

『ALL LEAD TRACKS』/MY FIRST STORY

Mini Album 7/19 Release



INTACT RECORDS
【初回盤】
INRC-0021 ¥1,800(税抜)
【通常盤】
INRC-0022 ¥1,600(税抜)
【Amazon限定 オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団- 盤】
INRC-0024 ¥2,000(税抜)
※数量限定

昨年11月の日本武道館公演において、壮絶極まりないライヴを見せつけた彼らの次なる一手が気になっていたが、表題に偽わりなしの全曲タイアップ付きという驚きの内容の本作。ゲーム『オルタンシア・サーガ』第三部主題歌の「REVIVER」を筆頭に、よりシャープかつボトムを太くした楽曲が勢揃い。Hiro(Vo)の歌声も楽曲の根底にある感情を劇的に炙り出し、熱くも切なく迫ってくる。
TEXT:荒金良介

『神様、僕は気づいてしまった』/神様、僕は気づいてしまった

Mini Album 7/26 Release



Atlantic/WARNER MUSIC JAPAN
【初回限定盤(DVD付)】
WPZL-31270〜1 ¥2,500(税抜)
【通常盤】
WPCL-12532 ¥2,000(税抜)

彗星のごとく登場した4人組覆面ロックバンドの1stミニアルバム。TBS系ドラマ『あなたのことはそれほど』の主題歌として書き下ろしたメジャーデビューシングル曲「CQCQ」をはじめ、切っ先鋭いギターサウンドに乗せて、現代に漂う“難しい感情”をタブーなしでぶちまけている。バンド名で敬遠する人が多いかもしれませんが、意外と真っ当です。メロディーも楽曲もポップで質が高い。
TEXT:田山雄士

「エンジェルベイビー」/銀杏BOYZ

Single 7/26 Release



初恋妄℃学園
SKOOL-040E
¥1,200(税抜)

先日行なわれたツアーで、7月から3カ月連続でシングルリリースすることを発表。その1発目であり、ライヴで初披露したタイトル曲。自分の世界を変えてくれたロックンロールへの愛を歌った、疾走感と高揚感に満ちた表題曲。胸掻きむしる激しくノイジーなサウンドに乗せた、峯田和伸(Vo&Gu)の真っ直ぐな歌声とメロディーが胸に響き、銀杏BOYZがまたひとつ突き抜けた印象を受けるとともに、次作が本当に楽しみになる。
TEXT:フジジュン

「虹 / シンプル」/高橋優

Single 7/26 Release



unBORDE/WARNER MUSIC JAPAN
【通常盤】
WPCL-12689 ¥1,200(税抜)
【期間生産限定盤(DVD付)】
WPZL-31329〜30 ¥4,150(税抜)
【秋田CARAVAN MUSIC FES2017盤】
WPCL-12742 ¥2,500(税抜)
※高橋なまはげスタジアム・クッション付

両A面仕様の17thシングル。「虹」は『2017 ABC 夏の高校野球応援ソング』および『熱闘甲子園』テーマソングで、マイノリティーの気持ちを汲み取るのが上手い高橋らしさが情熱的に爆発し、渾身の雑草魂あふれるヴォーカルで魅了する。サビの見上げる目線がたまらない。「シンプル」は花王ビオレ スキンケア洗顔料『うるおいジェリー』のCMソング。人生のビタースウィートに触れつつも、自然体を尊重してくれる。
TEXT:田山雄士

『FOOLs』/go!go!vanillas

Album 7/26 Release



Getting Better Records
【完全限定生産盤(DVD付)】
VIZL-1195 ¥3,300(税抜)
※スペシャルパッケージ仕様
【通常盤】
VICL-64812 ¥2,700(税抜)

夏に相応しいポップかつカラフル、トロピカルなところもある3rdアルバム。フォーキーな歌心を持ったロックンロールが彼らの真骨頂だが、それだけに止まらない広がりはブラックミュージックの影響が大きい。その意味では「ラッキースター」「バイバイカラー」「グッドドギー」が聴きどころだが、柳沢進太郎(Gu)が作詞作曲に加え、ヴォーカルも務めたパワフルな「ストレンジャー」も聴き逃せない。
TEXT:山口智男



【関連リンク】
スピッツ、10-FEET、indigo la Endなど 7月リリースの作品から16作を紹介
スピッツまとめ
MONOEYESまとめ
indigo la Endまとめ
上白石萌音まとめ

【関連アーティスト】
スピッツ, MONOEYES, indigo la End, 上白石萌音, ank, sumika, 爆弾ジョニー, 10-FEET, MY FIRST STORY, Chara, BIGMAMA, never young beach, 銀杏BOYZ, 神様、僕は気づいてしまった, 高橋優, go!go!vanillas
【ジャンル】
ニュース, okmusic UP\'s vol.155, レビュー, CD, リリース

chay、アルバム『chayTEA』がモチーフの豪華オリジナルティーカップを限定販売
Mon, 31 Jul 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月に約2年ぶりのアルバム『chayTEA』をリリースしたchay。8月1日からはアルバムを引っさげた全国ツアー『chay Tour 2017“chayTEA"』をスタートする彼女が、共創・体験型プラットフォーム「WIZY(ウィジー)」でアルバムをモチーフにした特製ティーカップを限定販売することが決定した。

約2年ぶりにリリースしたアルバム『chayTEA』は、2015年にリリースしたシングルから収録し、先日、夏にぴったりの爽やかな楽曲「真夏の惑星」等の新録8曲を加え、アルバムのラストには50万ダウンロードを記録した「あなたに恋をしてみました」のウェディングバージョンを収録した全14曲のベスト盤とも言える濃厚なアルバムとなっている。そんなアルバムを聴きながらティータイムを楽しんでもらえるようなティーカップを作りたいという想いから制作をスタート。「以前からオリジナルのティーカップをつくることが夢だった」と語るchayが細部までこだわり、アルバムのジャケットともシンクロさせた豪華オリジナルティーカップで、制作の過程はWIZYサイトでも紹介予定との事。さらに、ご購入いただいた方全員の名前を入れたスペシャルメッセージカードと、さらに、数量限定でchayの直筆サイン入りポストカード(未公開カット)も付いてくる豪華内容となっている。

アルバム『chayTEA』の世界観を詰め込んだ“chay監修"の豪華ティーカップ、限定生産なのでぜひこの機会に手に入れてみてはいかがだろうか。なお、全国ツアーの各会場にはティーカップの実物も展示されるので、こちらも楽しみにしていてほしい。

■アルバム『chayTEA』発売記念!オリジナルティーカップ制作プロジェクト
https://wizy.jp/project/30/

■【chayよりコメント】

私の2ndアルバム『chayTEA』のリリースを記念して、このアルバムをより楽しんでいただけるような
オリジナルティーカップをつくってみたいなぁと思い、WIZYさんとプロジェクトを立ち上げました。
仕事や学校から疲れて帰ってきてホッと一息つきたい時に、アルバム『chayTEA』を聴きながらこのティーカップでTEA Timeを楽しんでください!

■【アルバム『chayTEA』発売記念! オリジナルティーカップ制作プロジェクト】

プロジェクト期間:2017年7月31日(月)正午〜2017年9月3日(日)23:59
お届け予定日:2017年10月頃予定
<商品詳細>
・限定オリジナルティーカップセット《直筆サイン入りポストカード付》
¥5,320(税込・送料込)
・限定オリジナルティーカップペアセット《直筆サイン入りポストカード付》
¥8,820(税込・送料込)
※それぞれスペシャルメッセージカード付き

※サポートには、クラブレコチョク会員登録/ログインが必要です。
※WIZY以外での販売はございません。

アルバム『chayTEA』

2017年6月14日発売



【通常盤】
WPCL-12645/¥3,000+税
<収録曲>
M1-恋のはじまりはいつも突然に
(NTTドコモdヒッツCMソング)
M2-真夏の惑星
M3-それでしあわせ
(フジテレビ系ドラマ 木曜劇場『早子先生、結婚するって本当ですか?』主題歌)
M4-12月の雨
(日本テレビ系水曜ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」オープニングテーマ)
M5-Be OK!
M6-恋はアバンチュール
M7-運命のアイラブユー
M8-好きで好きで好きすぎて
(日本テレビ系『スッキリ!!』2015年10月テーマソング)
M9-Kiss me
M10-笑顔のグラデーション
(GMOクリック証券競泳日本代表応援CMテーマ曲)
M11-Don\'t Let Me Down
M12-You
M13-結婚しようよ
M14-あなたに恋をしてみました(Wedding ver.)

『chay Tour 2017“chayTEA"』

8月01日(火)  仙台・Rensa
8月04日(金)  広島・CLUB QUATTRO
8月05日(土)  福岡・BEATSTATION
8月09日(水)  名古屋・CLUB QUATTRO
8月10日(木)  大阪・BIGCAT
8月19日(土)  東京・昭和女子大人見記念講堂



【関連リンク】
chay、アルバム『chayTEA』がモチーフの 豪華オリジナルティーカップを限定販売
chayまとめ
+α/あるふぁきゅん。、アルバムツアースタート! 圧巻の歌唱力でオーディエンスを魅了

【関連アーティスト】
chay
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, キャンペーン, リリース

+α/あるふぁきゅん。、アルバムツアースタート!圧巻の歌唱力でオーディエンスを魅了
Mon, 31 Jul 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

規格外の歌唱力と唯一無二の声色を操る女性シンガー+α/あるふぁきゅん。が5月に発売されたニューアルバム『ALMATIC.』を引っ提げ、東京・原宿アストロホールからツアーをスタートさせた。モノクロのシフォンコートにショートパンツ、右腿にレザーのガーターを身に付けた+α/あるふぁきゅん。がステージへ颯爽と現れ「初日!東京!」と叫ぶ。1曲目にTVアニメ「エルドライブ ?lDLIVE」のオープニングテーマとして話題になった「Our Sympathy」でライブがスタートすると、オーディエンスは歓喜の声を上げ最初からヒートアップ。ニューアルバムからのオリジナル曲を中心に人気ボカロ曲も披露し、フロアは最後まで熱気に包まれ大いに盛り上がった。

MCでは「アルバム『ALMATIC.』の収録曲はオリジナル曲が殆どなのでそれでも、わざわざCDを買ってくれてこうやってチケットを買ってライブに来てくれるみんなに本当にありがとうと言いたい」と感謝を述べた+α/あるふぁきゅん。多彩な表現力と圧倒的な歌唱力に魅了された1時間半だった。

8月11日(金・祝)大阪 、12日(土)名古屋、そして8月19日には原宿Astro Hallでの追加公演が決定している。圧巻の歌唱力をまだ未体験の人は是非とも+α/あるふぁきゅん。の歌声を聴きに会場へ足を運んで欲しい。

photo by コザイリサ

「+α/あるふぁきゅん。ワンマンライブ『ALMATIC.tour』」

8月11日(金・祝) 大阪・アメリカ村 FANJtwice
8月12日(土) 愛知・SPADE BOX
<追加公演>
8月19日(土) 東京・原宿 Astro Hall
スペシャルゲスト:majiko
(1)開場14:00/開演14:30
(2)開場17:30/開演18:00

全会場オールスタンディング ¥4,000 (税込・入場時別途ドリンク代必要・整理番号付き)
※6歳未満入場無料・小学生以上有料 / 小学生以下は要保護者同伴

◎特典詳細
ALMATIC.tourに2回ご来場頂くと、オリジナルB2ポスターを全員にプレゼント!!
※公演当日 グッズ販売スペースにて入場チケット(2公演分)をお見せください。
チケット裏面にポスターお渡し済の印を捺印させて頂きます。

アルバム『ALMATIC.』

2017年5月24日発売



【初回限定盤(DVD付)】
TKCA-74501/ ?3,000(+税)
全12曲収録 ※初回・通常同一内容
<収録曲>
M-1. STARGAZER
M-2. AIRGIRL-WARS
M-3. ENDLESS“I” 
M-4. moonshine
M-5. invisible myth
M-6. fly me to the dark
M-7. ソノサキ
M-8. Our sympathy 
M-9. SHOUT LOUDER
M-10. 天ノ弱
M-11. 脳漿炸裂ガール(あるふぁ×クプラ)
M-12. 桜ノ雨
<DVD収録内容> ※初回限定盤のみ
・ENDLESS“I”(Music Video)
・ENDLESS“I”(Music Video Making)
【通常盤】
TKCA-74502/ ?2,300(+税)
全12曲収録 ※初回・通常同一内容



【関連リンク】
+α/あるふぁきゅん。、アルバムツアースタート! 圧巻の歌唱力でオーディエンスを魅了
+α/あるふぁきゅん。まとめ
柴田淳、2年8ヶ月ぶりとなる オリジナルアルバム『私は幸せ』のリリースを発表

【関連アーティスト】
+α/あるふぁきゅん。
【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース, アルバム, ツアー, ライブレポ

柴田淳、2年8ヶ月ぶりとなるオリジナルアルバム『私は幸せ』のリリースを発表
Mon, 31 Jul 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

柴田淳がオリジナルアルバムとしては2014年12月にリリースした『バビルサの牙』以来約2年8ヶ月ぶりとなる、自身11枚目のニューアルバム『私は幸せ』を9月20日(水)にリリースすることを、自身が担当するTOKYO FMのレギュラー番組『antenna*柴田淳のドクハク』内で発表した。

同番組内や自身のブログ・Twitterなどでニューアルバムのレコーディングを行なっていたことは公表していた為、ファンの間ではニューアルバム発売への期待が高まっていた中、この日初めてリリース日とタイトルと商品仕様が発表された。柴田淳自身、『自分で2年8ヶ月前で途方に暮れてる自分を迎えに行ったアルバム』と語っているこのアルバムは全10曲が収録され、初回限定盤と通常盤の2形態でのリリースとなる。しかもそれぞれのブックレットに使用されている写真には1枚も重複がないという、ファン垂涎の仕様となっているほか、初回限定盤はスリーブケース仕様、更には豪華32ページフォトブックが封入されるという、どちらも揃えたくなる贅沢なパッケージ展開となっている。

そして、アルバムリリース発表と同時に、シックな白い衣装に身を包み物憂げな表情を浮かべる柴田淳の新アーティスト写真も公開された。ジャケット写真、収録曲名、そして収録曲のオンエア解禁は8月下旬に予定されているが、シンガー“柴田淳"の魅力が満載されることが間違いないニューアルバム『私は幸せ』について、期待は高まるばかりだ。

■【柴田淳よりコメント】

2年8ヶ月の前作を作った時の私は、もう電池が切れていたように思います。そこから今日まで、人間のやり直しのような日々だった気がします。
内容は今まで以上にストレートで、憎しみをそのまま表現しています。優しい歌はありません。
そこにはもう2年8ヶ月前までの柴田淳は居ないかもしれません。
どんなに変わろうと、この声でリスナーは引き戻されてしまうかもしれませんが、一曲目の「理由」という曲は、「あなたが居なくても世界は回る」と突き放しています。「あなたの生まれた意味なら、無かったらどうするの?」と、追い詰めるほどです。
そんな歌を作りながら、私は柴田淳を一生懸命連れ戻したような、2年8ヶ月前まで迎えに行ったような、そんな自分の子供を探し回る親のような気分で、一枚を作り上げた気がします。
永遠に思春期のような柴田淳を今後もどう育てていけばいいかは、未だわかりませんが、今の私の記録として聴いて頂けたら幸いです。
そして、今までも今も常に問いてることの答えをタイトルにしました。このタイトルをどう発音するかは、リスナーに委ねたいと思います。
30代最後にメロディを作り、40歳になり歌詞を書きました。そんな時期に制作し、印象的な作品達にもなりました。どうぞ聴いて下さい。

アルバム『私は幸せ』

2017年9月20日(水)発売



【初回限定盤】(CD+初回限定ブックレット+フォトブック)
VIZL-1208/¥4,000+税
※スリーブケース仕様
【通常盤】(CD+通常ブックレット)
VICL-64819/¥3,000+税



【関連リンク】
柴田淳、2年8ヶ月ぶりとなる オリジナルアルバム『私は幸せ』のリリースを発表
柴田淳まとめ
今年の『SUMMER SONIC』のマリンステージで絶対聴きたい洋楽5曲!

【関連アーティスト】
柴田淳
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, アルバム, 発表

今年の『SUMMER SONIC』のマリンステージで絶対聴きたい洋楽5曲!
Mon, 31 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月19日、20日の2日間、東京と大阪の2都市で開催される『SUMMER SONIC』は、カテゴライズやジャンル分けといったナンセンスをすべて取り払ったオールジャンルミュージックの祭典として君臨する日本を代表する都市型音楽フェスティバルで、他の追随を許さぬ規模とクオリティーをキープしながら数々の伝説となる名場面を残してきました。今回はヘッドライナー2組を含む「今年の『SUMMER SONIC』のマリンステージで絶対聴きたい洋楽5曲!」をご紹介します。

■1. 「Boom Boom Pow」(’09)/The Black Eyed Peas

ヘッドライナーを飾った2007年以来、10年振りの出演となるブラック・アイド・ピーズ。2011年からの活動休止を経て、結成20周年を迎えた2015年に再結成したが、活動再開後の活動にファーギーの姿はなく、ファンをヤキモキさせてきていたが、先月、ウィル・アイ・アム(will.i.am)が『Ahlan!』誌の取材に対し、「彼女の代わりはいないけれど、今後も女性アーティストとは活動していく」という発言したことにより、ファーギーが脱退したことが遂に明らかになった。2009年発表の5作目のアルバム『The E.N.D.』ではエレクトロ時代に乗ったエレクトロなサウンドとビジュアルを取り入れ、シングルカットした「Boom Boom Pow」はBEP史上初となるビルボードチャート1位を記録。出演は1日目、18:10から。


https://youtu.be/4m48GqaOz90■2. 「Good Times」(’17)/ALL TIME LOW

2003年、メンバーが高校生時代に結成されたアメリカのメリーランド州出身のパンクバンド、オール・タイム・ロー。『SUMMER SONIC』には2年振りの出演となるが昨年も来日している通り、日本でも頻繁にライヴを観せてくれるバンドのひとつだ。「Good Times」は先月リリースされたアルバム『Last Young Renegade』に収録されている楽曲で、キャッチーなメロディーで歌われる青春の1ページをオープンエアのマリンステージで聴くことができたら暑さも汗も一気に吹き飛んで爽快な気分になれるだろう。「忘れたくない」と思えるような良かった時代を共に過ごした仲間と聴いて昔話に盛り上がるのもよし、ひとりでしんみり想い出に浸るもよしな一曲。出演は1日目、14:15から。


https://youtu.be/biIVveqO5TQ■3. 「Amnesia」(’14)/5 Seconds of Summer

オーストラリア出身の4人組ロックバンド、ファイヴ・ソス(5SOS)ことファイヴ・セカンズ・オブ・サマー。2011年にシドニーで結成され、2013年にワン・ダイレクションのオープニングアクトとしてツアーに参加し、翌年、バンド名をタイトルとしたデビューアルバム『5 Seconds of Summer』で華々しいデビューを飾った。「Amnesia」はそのアルバムから3枚目にシングルカットされた楽曲で、そのメロディーメーカーはあのグッド・シャーロットのマッデン兄弟である。また、影響を受けたアーティストとして前述のオール・タイム・ローも名を連ねている通り、パンクよりのロックバンドとも表現される。出演は1日目、16:50から。


https://youtu.be/DCCJCILiX3o■4. 「Summer」(’14)/Calvin Harris

今年のヘッドライナーであるカルヴィン・ハリスのアルバム4枚目『Motion』に収録されているのが「Summer」。UKシングルチャートの1位を記録、アメリカでも100万枚以上を売り上げ、このミュージックビデオは2015年のブリット・アワードにてブリティッシュ・アーティスト・ビデオ・オブ・ザ・イヤーにノミネートされている。カルヴィン・ハリスはスコットランド出身の世界のトップDJであり、過去にはカイリー・ミノーグやリアーナ、ニーヨ、ケシャなどのミュージシャンの楽曲プロデュースを手がけたこともあることで知られている。真夏の恋を歌ったこの楽曲を聴くことはできるのだろうか? 出演は1日目、19:40から。


https://youtu.be/ebXbLfLACGM■5. 「Everlong」(’97)/Foo Fighters

初出演にしてヘッドライナーを飾るのは、アメリカの誇るロックバンド、フー・ファイターズ。彼らの2枚目のシングル作品として世に放たれたのがこの名曲「Everlong」だ。このミュージックビデオは、1988年のMTVビデオ・ミュージック・アウォードにて、ベスト・ロック・ビデオにノミネートされた。今回、どの曲をピックアップしようか悩んだが、真夏のスタジアムで数万人が大合唱するのにこの曲はどうしたって外せないだろう。今年は2年前にデイヴの骨折のせいでキャンセルしたイギリスの『Glastonbury Festival』にリベンジ出演をして話題になった彼らが、日本ではどんなステージを魅せてくれるのかに期待が集まる。出演は2日目、19:30から。


https://youtu.be/eBG7P-K-r1YTEXT:早乙女‘dorami’ゆうこ



【関連リンク】
今年の『SUMMER SONIC』のマリンステージで絶対聴きたい洋楽5曲!
The Black Eyed Peasまとめ
ALL TIME LOWまとめ
5 Seconds of Summerまとめ
Calvin Harrisまとめ

【関連アーティスト】
The Black Eyed Peas, ALL TIME LOW, 5 Seconds of Summer, Calvin Harris, Foo Fighters
【ジャンル】
ライブ・フェス, 洋楽, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!

吉澤嘉代子、人気楽曲「残ってる」が待望の音源化
Mon, 31 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

吉澤嘉代子が2ndシングル「残ってる」を10月4日にリリースすることがわかった。「残ってる」は音源化を待望されていた人気曲だ。夏から秋にかけて季節に取り残されてしまった女性を主人公にした世界観に、誰もが心の中に一人はいるであろう忘れられない誰かを思い出させる楽曲に仕上がっている。

初回限定盤には、2017年5月7日、東京国際フォーラム ホールCで開催された「獣ツアー 2017」のライブ映像をまるごと収録予定との事で、今回が初のライブDVD付きシングルとなる。また、カップリングにはSHISEIDO『インクストローク アイライナー』Web CMに書き下ろした新曲「怪盗メタモルフォーゼ」を収録。講談社の女性誌ともコラボし、人気モデルをフィーチャーした3バージョンのWeb CMがすでに展開されており、話題を集めている。

なお、シングルリリースに先駆け、カップリング曲「怪盗メタモルフォーゼ -CM Version-」が、8月2日より、iTunes、レコチョクをはじめとした配信サイトにて一斉先行配信がスタート。こちらもぜひチェックしてほしい。

■SHISEIDO「インクストローク アイライナー」Web CM (FRaU モデル:鈴木えみ)


https://youtu.be/-mSnA-slxgI■SHISEIDO「インクストローク アイライナー」Web CM (VOCE モデル:林田岬優)


https://youtu.be/t5mVH9vxwrk■SHISEIDO「インクストローク アイライナー」Web CM (ViVi モデル:藤井サチ)


https://youtu.be/PKPhDMcjaU4シングル「残ってる」

2017年10月4日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
CRCP-10386/¥2,778+税
【通常盤】(CD)
CRCP-10387/¥926+税
<収録曲>
■CD
・残ってる
・怪盗メタモルフォーゼ -CM Version-
含む、全3曲
■DVD
・2017年5月7日、東京国際フォーラム ホールCで開催された「獣ツアー 2017」のライブ映像をまるごと収録予定



【関連リンク】
吉澤嘉代子、人気楽曲「残ってる」が待望の音源化
吉澤嘉代子まとめ
Wienners、再録ベストアルバム から「子供の心」のMVを公開

【関連アーティスト】
吉澤嘉代子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, シングル, リリース, CMソング

Wienners、再録ベストアルバムから「子供の心」のMVを公開
Mon, 31 Jul 2017 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Wiennersが8月16日にリリースする、全22曲入りの再録ベストアルバム『BEST NEW RETAKES』から「子供の心」のMVを公開した。今作は生まれくる全ての子ども達と、お母さん、お父さんに捧げる愛の歌となっているので、全国のWiennersファンは是非チェックして欲しい。

結成から9年かけてバンドが生み出してきた楽曲達の中から、ライブセットで光る選りすぐりの21曲を新メンバーで改めてレコーディング作業を行ない、新たに生まれ変わった今回の再録ベストアルバムの初回限定盤のDVDには、昨年11月に行なわれた「GOKOH TOUR 2016」のFINAL ONEMAN(恵比寿LIQUIDROOM)のライブ映像を全11曲収録! また、ボーナストラックに「カンフーモンキー」という新曲が収録されることも明らかになった。そして、今作のリリースに合わせて8月28日(月)の酒田公演を皮切りに約1ヶ月に渡る「BEST NEW RETAKES TOUR 2017」と題した全国ワンマンツアーを開催。チケットは絶賛発売中なので全国のファンはソールド前に早めに手に入れよう!

■「子供の心」MV


https://youtu.be/5sBaNmoUumAアルバム『BEST NEW RETAKES』

2017年8月16日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
NBPC-0042/43/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1.-W-
2.Cult pop suicide
3.レスキューレンジャー
4.ジュリアナ ディスコ ゾンビーズ
5.VIDEO GIRL
6.BECAUSE I LOVE IT
7.Idol
8.FUTURE
9.龍宮城
10.シャングリラ
11.TOKYO concert session
12.Justice 4
13.MUSASHINO CITY
14.十五夜サテライト
15.子供の心
16.ELECTRIC FOR YOU
17.ASTRO BOY
18.蒼天ディライト
19.LOVE ME TENDER
20.Love2060%
21.Venus
*ボーナストラック:カンフーモンキー
■DVD
GOKOH TOUR 2016 FINAL @恵比寿LIQUIDROOM
1.ジュリアナ ディスコ ゾンビーズ
2.ドリームビート
3.Go Anti Go
4.おおるないとじゃっぷせっしょん
5.ASTRO BOY
6.Justice4
7.龍宮城
8.さよなら浦島太郎
9.蒼天ディライト
10.姫君バンケット
11.午前6時



【通常盤】(CD)
NBPC-0044/¥2,400+税
<収録曲>
1.-W-
2.Cult pop suicide
3.レスキューレンジャー
4.ジュリアナ ディスコ ゾンビーズ
5.VIDEO GIRL
6.BECAUSE I LOVE IT
7.Idol
8.FUTURE
9.龍宮城
10.シャングリラ
11.TOKYO concert session
12.Justice 4
13.MUSASHINO CITY
14.十五夜サテライト
15.子供の心
16.ELECTRIC FOR YOU
17.ASTRO BOY
18.蒼天ディライト
19.LOVE ME TENDER
20.Love2060%
21.Venus
*ボーナストラック:カンフーモンキー

『Wienners BEST NEW RETAKES TOUR 2017』

8月28日(月)  酒田hope
※ゲストアクトあり
8月30日(水)  札幌SOUND REW
9月01日(金)  仙台enn 3rd
9月14日(木)  名古屋CLUB UPSET
9月15日(金)  大阪Shangri-La
9月17日(日)  福岡Queblick
9月28日(木)  渋谷WWW X



【関連リンク】
Wienners、再録ベストアルバム から「子供の心」のMVを公開
Wiennersまとめ
SuG、9月の日本武道館公演をもって無期限活動休止

【関連アーティスト】
Wienners
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, アルバム, リリース

SuG、9月の日本武道館公演をもって無期限活動休止
Mon, 31 Jul 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SuGが9月2日(土)に日本武道館で開催するライブ『HEAVY POSITIVE ROCK』をもって、無期限活動休止することをオフィシャルサイトにて発表した。オフィシャルHPにて、メンバー全員のコメントを掲載している。

■【コメント】

いつもSuGを応援して頂き誠にありがとうございます。
2007年より活動を行なってきたSuGですが無期限活動休止のご報告をさせて頂きます。

バンド活動10周年を迎えるにあたりメンバー・スタッフとも今後の活動についての話し合いを重ねた結果、2017年9月2日の日本武道館公演をもちまして、無期限活動休止とさせて頂くという決断に至りました。
突然のお知らせとなりましたことを心より深くお詫び申し上げます。
また、これまで活動を応援頂いたファンの皆さま、関係者の皆さまに心から感謝申し上げます。
これからの5人の新しい活動と挑戦をご支援頂ければ幸いです。

重ね重ねになりますが、SuGを愛して下さった皆様へ厚く御礼申し上げます。

2017年7月31日
FamEntertainment株式会社
SuG・スタッフ一同



【関連リンク】
SuG、9月の日本武道館公演をもって無期限活動休止
SuGまとめ
NoGoD、現メンバー10周年の集大成となる フルアルバムを9月20日にリリース

【関連アーティスト】
SuG
【ジャンル】
ヴィジュアル, ニュース, バンド, 発表, ライブ, 活動休止

NoGoD、現メンバー10周年の集大成となるフルアルバムを9月20日にリリース
Mon, 31 Jul 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

NoGoDが7月29日(土)に渋谷TSUTAYA O-EASTで行なわれたライヴイベント「CRUSH OF MODE ?HYPER HOT SUMMER\'17-DX」にて、2017年9月20日に、約1年半ぶりとなるフルアルバム『proof』をリリースすることを発表した。

この日は昼下がりから夜まで、TSUTAYA O-EASTのメインステージと、特設のサブステージをフルに使い、多くのアーティストが出演するお祭りとも言えるイベント。NoGoDはトリとして登場した。

最新シングル「Arlequin(ハーレクイン)」のアーティスト写真でヴォーカルの団長が扮する紅い道化師衣裳でライヴを行なうのはこの日がはじめて。Kのドラムと華凛のベースがマシンガンのように下腹に響くイントロから、2.5次元感漂うハマりすぎる妖しい道化師の登場に会場はのっけから大きく波打つ。ステージフロントに置かれた台の上で両手を広げる団長が大きくのけぞりKyrieのギターがうねる。ステージはシュールで魅惑のサーカス小屋に変わった。

間髪入れずに放ったのは「絶望、バイバイ。」。強い力で背中を押す追い風のように、心を鼓舞するメッセージが広く会場に伝わっていく。リズムに合わせて大きく身体を前後に動かすファンはステージと完全に同期して、激しくも美しい光景が広がっていった。

この日の前日にNoGoDは2度目の10周年を迎えた。ギターのShinnoがNoGoDのメンバーとなって現在の5人のNoGoDで迎える10年だ。メンバーにとってはもちろん、ファンにとっても特別なこと。MCで団長が感慨深く10周年を迎えた喜びと感謝を告げ、さらにその記念すべき年にリリースするフルアルバム『proof』を9月20日にリリースする嬉しい報告をファンに直接伝えた。そのあと、10年の想いを詰めて、Shinnoが原曲を担当した壮大なバラード「輪廻天昇」を情感たっぷりに届けたNoGoD。切なさを含む歌詞も、特にこの日は特別な意味を大きく含んで響き、照明が会場全体を照らしす中、これからも続いていくファンとNoGoDの未来を強く感じさせた。

そこから色気と疾走感が混在する「emotional disorder」で会場では再び拳が突き上がる。さらに「祝福の唄」で会場にいる全員でシンガロング。『だからNoGoDは音楽を届け続ける』、その想いが心の奥の奥まで沁みわたっていく。「祝福の唄」がこの日のNoGoDのラストナンバーだったが、生音に拘るNoGoDのサウンドによって直接的に、歌詞の通り『限りあるこの瞬間が永久の光に変わる』のを、感じることができたのではないだろうか。

今までのNoGoDも色あせることなく、さらに深みのある輝きを持つ存在へと。『proof』は現在のメンバーで駆け抜けてきた10年の集大成であり、NoGoDの変わらない信念と、続いていく想いと、進化していく未来を証明するアルバムになるだろう。

また、アルバム『proof』リリース発表を記念して、今年リリースした2作のシングルリード曲「Missing」「Arlequin」のミュージックビデオがキングレコード公式YouTubeチャンネルにてフル尺視聴できるようになった。『proof』の初回限定プレス盤にはこの2曲のMusic Videoに加えて、アルバムリード曲となる「break out!」のMusic Videoを収録したDVDが同梱される。またシングル「Arlequin」にライヴバージョンで収録されていた「DREAMER」のスタジオレコーディング版が『proof』通常盤にボーナストラックとして収録される。

■「Missing」MV


https://www.youtube.com/watch?v=sOgVKQOY63c■「Arlequin」MV


https://www.youtube.com/watch?v=K16u3a2jRoQアルバム『proof』

2017年9月20日発売



【初回限定プレス盤】(CD+DVD)
KICS-93522/¥3,600+税
【通常盤】(CD Only)
KICS-3523/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01. In the cage...(Instrumental)
02. break out!
03. Arlequin
04. 蜃気楼
05. ヘンリエッタ
06. proof
07. 矜持と共に (Instrumental)
08. forever
09. 煽動
10. Missing
11. Tonight!
12. DREAMER ※通常盤のみ収録
■DVD ※初回限定プレス盤のみ同梱
「Missing」
「Arlequin」
「break out!」
Music Video 収録

『NoGoD TOUR -2017 AUTUMN [pr?f]』

9月30日(土)  横浜BAYSIS
10月01日(日)  町田THE PLAYHOUSE
10月07日(土)  苫小牧ELL.CUBE
10月08日(日)  札幌CUBE GARDEN
10月14日(土)  高崎CLUB FLEEZ
10月15日(日)  浦和ナルシス
10月21日(土)  仙台HOOK
10月22日(日)  新潟GOLDEN PIGS -RED STAGE-
10月28日(土)  名古屋Electric Lady Land
10月29日(日)  神戸VARIT.
10月31日(火)  広島SECOND CRUTCH
11月03日(金・祝)  福岡DRUM Be-1
11月04日(土)  熊本Be-9 V2
11月05日(日)  鹿児島SR HALL
11月12日(日)  長野JUNK BOX
11月18日(土)  本八幡ROUTE14
11月19日(日)  水戸LIGHT HOUSE
11月23日(木・祝)  金沢AZ
11月25日(土)  KYOTO MUSE
11月26日(日)  OSAKA MUSE
12月02日(土)  渋谷CLUB QUATTRO



【関連リンク】
NoGoD、現メンバー10周年の集大成となる フルアルバムを9月20日にリリース
NoGoDまとめ
lynch.、全10会場をまわる全国ツアーを開催

【関連アーティスト】
NoGoD
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, バンド, アルバム, 発表, ライブ, ライブレポ

lynch.、全10会場をまわる全国ツアーを開催
Mon, 31 Jul 2017 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

lynch.が7月30日(日)に富山MAIROでのワンマンライブにて、今秋より全国ツアーを開催することを発表した。このツアーは10月20日(金)のEX THEATER ROPPONGIを皮切りに全10会場をまわるもので、8月12日(土)正午よりチケットの先行受付が開始となる。

現在走行中の『TOUR\'17「THE SINNER STRIKES BACK」』は、5月31日にリリースした作品『SINNERS-EP』を提げた全国ツアーで、残すは追加公演の3公演となった。8月3日(木)大阪BIGCAT、8月5日(土)名古屋DIAMOND HALL、8月11日(金祝)日比谷野外大音楽堂のチケットは現在販売中。ツアーファイナルである8月11日(金・祝)日比谷野外大音楽堂でも、今後の活動における発表があるようなので、是非とも注目してほしい。

【ライブ情報】

『lynch.TOUR\'17「THE SINNER STRIKES BACK」』
8月03日(木)  大阪BIGCAT
8月05日(土)  名古屋DIAMOND HALL
8月11日(金・祝)  日比谷野外大音楽堂
※終了文は割愛

『lynch.2017年秋ツアー(仮)』
10月20日(金)  EX THEATER ROPPONGI
10月31日(火)  名古屋DIAMOND HALL
11月04日(土)  なんばHatch
11月12日(日)  浜松窓枠
11月19日(日)  福岡DRUM LOGOS
12月01日(金)  仙台RENSA
12月02日(土)  新潟LOTS
12月09日(土)  高松オリーブホール
12月10日(日)  広島CLUB QUATTRO
12月16日(土)  札幌PENNY LANE 24



【関連リンク】
lynch.、全10会場をまわる全国ツアーを開催
lynch.まとめ
『Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes』約3万5千人を動員! 桜井和寿、小林武史、秦基博によるコラボステージも!!

【関連アーティスト】
lynch.
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, バンド, 発表, ツアー

『Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes』約3万5千人を動員!桜井和寿、小林武史、秦基博によるコラボステージも!!
Mon, 31 Jul 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2005年からスタートし、毎年日本の音楽シーンを代表するミュージシャンが出演してきた『ap bank fes』。記念すべき第10回目の開催となった今年は、7月22日から石巻・牡鹿半島を中心に開催されている、アート・音楽・食の総合フェスティバル『Reborn-Art Festival 2017』の一環として行われた。

これまでも伝説に残る貴重なシーンを数多く生み出してきた『ap bank fes』だが、今年もメモリアルな場面があった。3日間のオープニングとクロージングでは、桜井和寿と『Reborn-Art Festival』の実行委員長・小林武史が“Reborn-Art Session”の名義で7月21日に配信した、同イベントのコンセプトソング「What is Art?」を初披露。その他、桜井がボーカルを務めるBank Bandが「夏の魔物」(スピッツ/1991年)をカバーしたり、秦基博と桜井が「ひまわりの約束」(秦基博/2014年)でコラボレーション、大森靖子が「掌」(Mr.Children/2003年)をカバー、竹原ピストルと桜井が「RAIN」(竹原ピストル/2014年)で共演するなど、オーディエンスにとってサプライズだらけの3日間となった。

ライブエリア以外の会場でも『Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes』ならではの充実ぶり。『Reborn-Art Festival 2017』の会場である石巻を中心とした地域から集まった店が並ぶフードエリアには、牡蠣やほやなど宮城県産の新鮮な魚介類や、東北のクラフトビールなど魅力的なメニューがずらりと並ぶ。また、「『Reborn-Art Festival 2017』を石巻だけでなく東北全体のお祭りごとと思ってもらいたい」という思いから、岩手や山形など東北各地からの出店も集められた。“−YOCOCHO−”と名づけられたエリアはバーや居酒屋のように各店にカウンターやテーブルがある店構えとなっており、まさに街の飲食店が並ぶ“横丁”のよう。訪れた客達が店員との会話を楽しみながらゆっくり食事をできる場となっていた。

被災して使われなくなった大漁旗を活用して作ったバッグや、牡鹿半島の女性たちが漁網で手作りしたアクセサリーなど、雑貨ショップに並ぶグッズからも東北の復興への思いが感じられた。現代美術家のパルコキノシタや、アートユニットのYotta(ヨタ)など、石巻・牡鹿半島で行われている『Reborn-Art Festival 2017』の参加アーティストによる『OFFICIAL ART WORKSHOP』も開催。木像づくりやドローイングなどのアート体験ができるワークショップは大人から子どもまで多くの人たちで賑わっていた。ここで作られた作品の一部は、『Reborn-Art Festival 2017』の会場に展示されるという。

『Reborn-Art Festival 2017』は、石巻・牡鹿半島エリアを中心に9月10日まで開催される。アート作品の展示や、全国の人気シェフ・地元のお母さんたちが振る舞う料理を楽しめるほか、「51日間、毎日どこかで音楽が鳴っているプログラム」を開催中。これまでは、『Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes』にも出演したスガ シカオ、Salyu、Awesome City Club、GAKU-MCなどが、石巻市街地の街角や、アート作品の傍といった特別な場所でライブを披露し、その一部は『Reborn-Art Festival』のオフィシャルInstagramアカウントにてライブ配信された。プログラムの内容は数日前に発表。もしくは当日ゲリラ的に行われることもあるため、随時『Reborn-Art Festival』のオフィシャルサイトやSNSをチェックしておこう。7月31日(月)にも、藤巻亮太×小林武史×四家卯大、Salyu×小林武史によるライブを開催!

<ライヴ写真>
撮影:橋本塁(SOUND SHOOTER)、高田梓(SOUND SHOOTER)

<フードエリア&ワークショップ写真>
撮影:中野幸英、鈴木省一、岩橋仁子、福井馨



【関連リンク】
『Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes』約3万5千人を動員! 桜井和寿、小林武史、秦基博によるコラボステージも!!
桜井和寿まとめ
小林武史まとめ
秦 基博まとめ
藤巻亮太まとめ

【関連アーティスト】
桜井和寿, 小林武史, 秦 基博, 藤巻亮太, Salyu, 四家卯大, スガ シカオ, Awesome City Club, GAKU-MC
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブレポ, 動員

家入レオ、ニューシングル発売記念SPフリーイベント第2弾を名古屋にて開催
Mon, 31 Jul 2017 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

家入レオが7月30日(日)、ニューシングル「ずっと、ふたりで」の発売記念スペシャルフリーイベント第二弾を愛知県にて開催した。

会場となったのは名古屋・アスナル金山 明日なる広場!。夏休みの日曜ということもあってフリーライブは12時〜と17時〜の2回にわたって開催された。家入にとって、名古屋でのリリース記念フリーイベントは12thシングル「僕たちの未来」発売タイミングとなる2016年5月15日に同アスナル金山で行って以来約1年2か月ぶりとなった。

イベントスタート前から多くのファンで会場が賑わいを見せる中、いよいよ家入が登場。「みなさんこんにちは、家入レオでーす! こんなにたくさん集まって頂いて本当にありがとうございます!!! お天気心配だったんですけど、なんとかもちましたね! 良かったー! みんなのお蔭です!」という挨拶の第一声に続けて、「今は夏休みということで、学生さんもたくさん来て頂いてるようですが…みんなかわいいねー!(会場からのレスポンスに応えて) ありがとう! 私より年下かー! 胸がキュンとするね(笑)」などたっぷりとトークを繰り広げた後、昨年同会場でリリースイベントを行なった前作シングル「僕たちの未来」からライブはスタート。集まった約1,500人の観客からは大きな手拍子が起こり、会場は一気に沸きあがった。

そして「7月26日の発売日にラゾーナ川崎でイベントを行なったんですが、主題歌を担当させて頂いている『愛してたって、秘密はある。』に出演されている川口春奈さんがサプライズで来てくれたんですー!」と話すと観客から「今日はー?!」との声が。それに対し、家入は「今日は家入レオで我慢して!」と答え会場が笑いに包まれる一幕も。その後、新曲「ずっと、ふたりで」を情感たっぷりに歌い上げ、集まった観客を大いに魅了する中、1回目のイベントは終了となった。

続く2回目のイベントでは、「家入レオの夏といえばの曲がありまして! 夏の雰囲気を感じながら、大切な人を思って聴いて頂けたらと思います。」と話し、「君がくれた夏」を披露。うだるような暑さの中で清涼感たっぷりに切なくもしっとりと歌い上げると会場からは大きな拍手が沸き起こった。そして、新曲「ずっと、ふたりで」に関して、「『愛してたって、秘密はある。』というドラマの主題歌になっていて、今回の楽曲は自分で作詞・作曲をしていない初めての曲になります。5周年で開催した日本武道館公演で感じたことに抗わず、“シンガーに徹する"という挑戦をしました。」と話し、最新曲の「ずっと、ふたりで」を披露。計2回のイベントで約3,000人の観客が集まりこの日のイベントは大盛況のうちに終了した。

そんな家入は来る8月には大阪でのリリースイベント第3弾(8月5日@あべのキューズモール/2回公演)や各所での夏フェス/イベント出演を、9月にはワンマンライブツアー"5th Anniversary Live at Zepp"東名阪6公演の開催を控えているが、新たに10月に2年ぶりとなる学園祭ライブツアーを行うことが決定した。今年行われる学園祭ライブは全国5か所となり、10月21日(土)に愛知・名古屋商科大学、10月28日(土)に神奈川・日本大学生物資源科学部、11月4日(土)に京都・佛教大学、11月5日(日)に岡山県・吉備国際大学、11月12日(日)に東京都・昭和女子大学にて開催となっているので、是非足を運んでいただきたい。

また、8月4日(金)にはテレビ朝日系『ミュージックステーション』への生出演や日本テレビ系『バズリズム』などへの出演も決定しているので、各番組で新曲「ずっと、ふたりで」をぜひチェックしてみよう!

シングル「ずっと、ふたりで」

2017年7月26日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1203/¥1,700+税
<収録曲>
■CD
1.ずっと、ふたりで
2.だってネコだから
3.ヒーロー
4.ずっと、ふたりで(Instrumental)
5.だってネコだから(Instrumental)
6.ヒーロー(Instrumental)
■DVD
1.ずっと、ふたりで Music Video
2.ずっと、ふたりで MV Making Movie
3.それぞれの明日へ Music Video Another Version




【完全生産限定盤】(CD+GOODS)
VIZL-1204/¥2,200+税
※LEO IEIRI デニムストラップ付きスマホリング
■CD
1.ずっと、ふたりで
2.だってネコだから
3.ヒーロー
4.ずっと、ふたりで(Instrumental)
5.だってネコだから(Instrumental)
6.ヒーロー(Instrumental)





【通常盤】(CD)
VICL-37299/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.ずっと、ふたりで
2.だってネコだから
3.ヒーロー
4.ずっと、ふたりで(Instrumental)
5.だってネコだから(Instrumental)
6.ヒーロー(Instrumental)

DVD&Blu-ray『5th Anniversary Live at 日本武道館』

2017年7月26日発売



【DVD】
VIBL-861/¥4,500+税
<収録内容>
僕たちの未来 / Shine / 太陽の女神 / miss you / 君に届け / Silly / チョコレート / 君がくれた夏 / Message / Hello / I promise you / Free / Too many / Lady Mary / 恍惚 / Bless You / For you / a boy / 純情 / Party Girl / Hello To The World / サブリナ / Linda / それぞれの明日へ / Last Song



【Blu-ray】
VIXL-196/¥5,000+税
<収録内容>
僕たちの未来 / Shine / 太陽の女神 / miss you / 君に届け / Silly / チョコレート / 君がくれた夏 / Message / Hello / I promise you / Free / Too many / Lady Mary / 恍惚 / Bless You / For you / a boy / 純情 / Party Girl / Hello To The World / サブリナ / Linda / それぞれの明日へ / Last Song

【ライブ情報】

『5th Anniversary Live at Zepp』
9月06日(水) Zepp DiverCity Tokyo
9月07日(木)  Zepp DiverCity Tokyo
9月12日(火)  Zepp Nagoya
9月13日(水)  Zepp Nagoya
9月20日(水)  Zepp Namba
9月21日(木)  Zepp Namba

『家入レオ 5th Anniversary FanClub Event 2017』
10月20日(金) 豊洲PIT
18:00 OPEN/19:00 START

『学園祭ツアー』
10月21日(土) 愛知県・名古屋商科大学
10月28日(土) 神奈川県・日本大学生物資源科学部
11月04日(土) 京都府・佛教大学
11月05日(日) 岡山県・吉備国際大学
11月12日(日) 東京都・昭和女子大学



【関連リンク】
家入レオ、ニューシングル発売記念SPフリーイベント第2弾を名古屋にて開催
家入レオまとめ
SPYAIR、3年目となる富士急ハイランド公演にて アルバム発売&全国ホールツアー開催を発表

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, キャンペーン, ライブ

SPYAIR、3年目となる富士急ハイランド公演にてアルバム発売&全国ホールツアー開催を発表
Mon, 31 Jul 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SPYAIRが7月29日(土)富士急ハイランド・コニファーフォレストにて、単独野外ライブ『JUST LIKE THIS 2017』を開催した。

同会場で3年目の夏を迎える今年、チケットは発売とともに即日完売、SPYAIR夏の恒例イベントとして定着しつつある。ロックスター達に憧れてバンドを始め、ロックスター達が立ったライブフェスのステージに憧れ、そこを目指してストリートライブからスタートした彼らならではの大規模な野外ステージ。今年掲げた“ROCK KINGDOM"というテーマをまさに象徴するステージセットと演出で前年をはるかに超えるパフォーマンスで終始オーディエンスを魅了した。

1年に1度だけのこのライブにかける彼らの熱い意気込みが込められた書き下ろし楽曲「THE WORLD IS MINE」をイベントの公式テーマソングに掲げ、会場限定でリリースし、見事完売! ライブではこのテーマソングはもちろん、8月30日にリリースされる東海テレビ・フジテレビ系全国ネット オトナの土ドラ『ウツボカズラの夢』主題歌「MIDNIGHT」の2曲の新曲を初披露、15,000人のファンを熱狂させた。

アンコールのMCではIKE(Vo)より2年ぶりとなる5枚目のオリジナルアルバム『KINGDOM』を10月11日発売することが告知されると、場内に割れんばかりの大きな歓声が上がった。またこのアルバムを携え、来年1月からの全国ホールツアーが発表された。4人のロックスターによって築かれた夢の“ロック王国"は見事に実現され、全国制覇の旅に出動する。

さらに8月30日のニューシングル「MIDNIGHT」の先行配信がスタートした。こちらも8月5日(土)から放送のドラマ『ウツボカズラの夢』スタートに先がけチェックしよう!

■LINE MUSIC『JUST LIKE THIS 2017』プレイリスト
https://lin.ee/d12eW7t/lnms

■【セットリスト】

01. THE WORLD IS MINE
02. LIAR
03. イマジネーション
04. GLORY
05. COME IN SUMMER
06. Blowing
07. ファイアスターター
08. RAGE OF DUST
09. Come on
10. No where, Now here
11. Be with
12. I want a place
13. Stand by me
14. BRING IT ON 〜Battle of Rap〜
15. ROCKIN\' OUT
16. Turning Point
17. THIS IS HOW WE ROCK
18. JUST ONE LIFE
19. ジャパニケーション
20. サムライハート(Some Like It Hot!!)
21. JUST LIKE THIS
22. 現状ディストラクション
-アンコール-
23. MIDNIGHT
24. My Friend
25. SINGING

アルバム『KINGDOM』

2017年10月11日(水)発売



【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
AICL-3411〜2/¥3,694+税
【初回生産限定盤B】(2CD)
AICL-3413〜4/¥3,426+税
【通常盤】(CD)
AICL-3413〜4/¥2,593+税

シングル「MIDNIGHT」

2017年8月30日(水)発売



AICL 3404/¥1,111+税
<収録曲>
M1. MIDNIGHT
M2. The Way of My Life
M3. MIDNIGHT (inst.) 
M4. The Way of My Life (inst.)

『SPYAIR TOUR 2018 ?KINGDOM ?』

1月26日(金)  中野サンプラザ
1月28日(日)  沼津市民文化センター
1月30日(火)  大宮ソニックシティ
2月03日(土)  東京エレクトロンホール宮城
2月04日(日)  浦安市文化会館
2月08日(木)  川崎市スポーツ・文化総合センター
2月12日(月・祝)  神戸国際会館 こくさいホール
2月17日(土)  新潟テルサ
2月18日(日)  郡山市民文化センター 中ホール
2月25日(日)  桐生市市民文化会館 シルクホール
3月11日(日)  厚木市文化会館
3月17日(土) わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
3月21日(水・祝)  石川・本多の森ホール
3月23日(金)  長良川国際会議場
3月25日(日)  ロームシアター京都
3月31日(土)  広島文化学園HBGホール
4月01日(日)  岡山市民会館
4月05日(木)  福岡サンパレス ホテル&ホール
4月07日(土)  レクザムホール・小ホール
4月08日(日)  松山市総合コミュニティセンター・キャメリアホール
4月12日(木)  大阪・フェスティバルホール
4月14日(土)  名古屋国際会議場センチュリーホール



【関連リンク】
SPYAIR、3年目となる富士急ハイランド公演にて アルバム発売&全国ホールツアー開催を発表
SPYAIRまとめ
超特急、新曲「My Buddy」MV再生数300万回を記念し期間限定Instagramをスタート!

【関連アーティスト】
SPYAIR
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, アルバム, 発表, ライブ, ツアー, ワンマン













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1