歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年07月27日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
【GRANRODEO】違和感がインパクトになって聴いてくれる人の注目を引く
Thu, 27 Jul 2017 00:00:00 +0900


現在全国ツアー中のGRANRODEOがニューシングル「move on! イバラミチ」をリリース! カップリングにはガットギターを情熱的に弾く「エンドレスサマー」と、先輩ギタリストへのオマージュを込めた「恋は mirage」を収録。各曲についてe-ZUKA(Gu)がたっぷり語ってくれた。

──「move on! イバラミチ」は『西遊記』をモチーフにしたアニメ『最遊記RELOAD BLAST』のOP主題歌だけに、やはり中華っぽいところもあって。

「「Pierrot Dansin’」でやった手法ではあるけど、ペンタトニックコードでアジアっぽさを打ち出しています。『西遊記』というと俺の世代は堺正章さんが孫悟空を演じたドラマが有名で、主題歌の「モンキーマジック」をゴダイゴがやっていたんです。そのドラマの頭で「モンキーマジック」が流れるところのインスパイアから、イントロができました。イントロのモチーフがそのままBメロに出てきたり、サビの最後のメロディーにも出てくるのもポイントかな。」

──それによって聴きやすいものになっていますね。

「でも、サビで転調するところは若干違和感があると思います。本来なら半音下のキーに転調するほうがスムーズで自然なんですけど、あまり自然だと当たり前すぎて気持ちが盛り上がらない部分があって。それで、普通より1個上げているので、違和感がある分、それがインパクトになって聴いてくれる人の注目を引くかたちになっています。ただ、その転調の前に誘い水となる音がないから、その音程にスッといけるか不安でしたけど、キーヤン(KISHOWの愛称)はさすがでしたね。カラオケで歌うみなさんも、最初は難しいかもしれないけどチャレンジしてほしいです。」

──歌詞やタイトルとかについては?

「歌詞に関しても“道”という言葉を使ってほしいとか、キーワード提示はあったみたいですね。例えばBメロの3行目の《いばら道》という歌詞は、最初は《電車道》だったんです。でも、アニメの設定には電車がないということになり、それで《いばら道》に変えたり。でも、それが結果的にタイトルにもなったのは、棚からぼた餅みたいな(笑)。」

──カップリングの「エンドレスサマー」は全編ガットギターで弾かれていて、夏っぽさがありながらも今までのGRANRODEOのサマーソングとは違うものになりましたね。

「9月に日本武道館で開催する『G12 ROCK☆SHOW』に向けて、目玉となるような曲が欲しいと思って作りました。ラテンのテイストでダンサブル、みんなで歌えるパートもあるような感じにしたいと思って。それで、ジプシーキングスのようなガットギターのカッティングをやっていますね。」

──全編ガットギターが入った曲はなかったですね。

「「Rain Beat」という曲くらいかな。でも、あれはバラードだったから、ダンスビートでこういうのは初めてですね。本当に音楽に明るい人でないと、ガットギターもエレアコもフルアコも区別がつかないかもしれないですけど、ちょっとした音の違いを楽しんでいただけたらと思います。」

──ガットギターは弦が違いますよね。

「ナイロン弦です。“ガット”と言うくらいなので、きっと昔は羊などの腸で作った弦を使っていたんでしょうね。」

──エレキギターとは弾き方も違うのですか?

「弦が柔らかいからエレキしか弾いたことのない人が弾いたら、きっと戸惑うでしょうね。ジャカジャカ弾く分にはスパニッシュの情熱的な雰囲気が出ていいんですけど、ソロで単音弾きする時はニュアンスがもろに出てしまうので、力の加減が難しいです。これはスパニッシュギターのテクニックですけど、ボディを叩いてパーカッションみたいな音を出すやり方もあって、それもちょっと入れています。あと、ガットギターのソロのあとにエレキのソロも入っているんですけど、そこはサンタナみたいなエモーショナルな感じで弾いているので聴きどころですね。」

──そして、3曲目の「恋は mirage」はイントロが洋楽の「冬の散歩道」を彷彿させますね。

「よくご存知で。サイモン&ガーファンクルです(笑)。あと、レッド・ツェッペリンの「Living Loving Maid」の雰囲気もあったり、ショッキング・ブルーの曲にもこういうのがあったかな?と思うかもしれないけど。結局、自分が聴いてきたものは影響として出てしまうものなので。」

──古い洋楽のロックに触れてきている人はニヤニヤしながら聴いてほしいですね。あと、リズム感も楽しくて。

「そうですね。ドドタタドッタッという、グループサウンズまではいかないけど、オールディーズやロカビリーみたいな50〜60年代のオールドな雰囲気に寄せていて。あと、3月にムッシュかまやつさんが他界されたこともあって、追悼の気持ちを込めています。サビの歌詞に《BANG×3》と出てくるんですけど、ここは僕がデモで書いたものがそのまま使われてて、ザ・スパイダースの「バン・バン・バン」という曲のオマージュです。そういう話で言うと、間奏は完全にチャック・ベリーへのトリビュートです。チャック・ベリーも同じ3月に他界されたので、敬意を表して彼の有名なフレーズを散りばめています。」

──曲がそういう遊び心があるだけに歌詞も遊んでいますね。

「歌詞はスタジオの空き時間に書いていたんですよ。どのくらいで作ってたかな? 空きの2時間くらいでサッと書き上げたんじゃないかな。でも、そういうノリとか勢いが大事な曲なので、それとマッチした歌詞になりましたね。」

──『G12 ROCK☆SHOW』が楽しみになる3曲ですね。ちなみに11月には沖縄で『G7 ROCK☆SHOW』があるのですが、なぜここで“7”?

「毎年、その年の大きな会場の時に“G○”と付けてやっているんですけど、7年目の時だけやってなくて、気付かずに翌年の8年目の時に『G8』をやってしまったから欠番になっていたんです。それで“忘れ歌を、届けにきました。”と。だから、7年目の時にやっていたらこうだったろうと、セットリストも7年目までの曲だけで組む予定です。11月の沖縄じゃ海は楽しめないかもしれないけど、沖縄まで行ってもいいよという方はぜひ!」

取材:榑林史章

シングル「move on! イバラミチ」

2017年8月2日発売
Lantis



【初回限定盤(DVD付)】
LACM-34625 ¥1,800(税抜)



【通常盤】
LACM-14625 ¥1,300(税抜)



【アニメ盤】
LACM-14626 ¥1,300(税抜)
?峰倉かずや・一迅社/最遊記RB PROJECT

ライヴ情報

『「GRANRODEO LIVE TOUR 2017 Pierrot Dancin\'」追加公演』
8/05(土) 大阪・なんばHatch
8/06(日) 大阪・なんばHatch
8/10(木) 東京・Zepp DiverCity Tokyo
8/11(金) 東京・Zepp DiverCity Tokyo

『GRANRODEO LIVE 2017 G12 ROCK☆SHOW 道化達ノ宴』
9/22(金) 東京・日本武道館
9/23(土) 東京・日本武道館

『GRANRODEO LIVE 2017 G7 ROCK☆SHOW
忘れ歌を、届けにきました。』
11/12(日) 沖縄・ミュージックタウン音市場(3Fホール)

GRANRODEO

グランロデオ:“KISHOW”こと声優でヴォーカリストとしても注目されている谷山紀章と、メロディアスな曲からハードなギターサウンド曲までアニメーション音楽に幅広く楽曲を提供し、ギタリストとして活躍中の“e-ZUKA”こと飯塚昌明の2人組ユニット。2005年11月のデビュー以来、HR/HM調の楽曲を中心としつつ、ポップスやフォークなど多彩なジャンルを取り入れた楽曲を発表し続けている。



【関連リンク】
【GRANRODEO】 違和感がインパクトになって 聴いてくれる人の注目を引く
GRANRODEOまとめ
HAN-KUN、ニューアルバムより 新曲「MELODY OF LOVE」のライブ映像公開

【関連アーティスト】
GRANRODEO
【ジャンル】
J-ROCK, インタビュー, okmusic UP\'s vol.155

HAN-KUN、ニューアルバムより新曲「MELODY OF LOVE」のライブ映像公開
Thu, 27 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

湘南乃風のHAN-KUNが8月2日にリリースする通算6枚目・シリーズ5作目のニューアルバム『VOICE MAGICIAN V 〜DEEP IMPACT〜』より新曲「MELODY OF LOVE」のライブ映像を公開した。4月30日に行なわれた「MAGIC MOMENT SHOW CASE@Billboard Live 2017」の模様となり、ニューアルバムの初回生産限定盤には同ライブを全編収録したDVDも付属される。

今作は昨年のニューヨーク生活で吸収した経験を生かしつつ、その中で感じた日本人レゲエアーティストとして表現出来ることを追求した同アルバム。制作工程も前作までとは異なり、「MADE IN JAPAN」に重きを置き全曲国内でレコーディングし、日本を意識した聴きやすさと、世界水準のダンスホールサウンドが融合した、ハイブリッドで新しいアプローチの作品に仕上がっている。

HAN-KUNは8月5日・6日にはアルバムリリースを記念した「Nesta Brand」とのコラボレーションイベントを実施。また、9月からはアルバムと同じく『DEEP IMPACT』の名を冠した全国ツアーの開催が決定しており、チケットも現在絶賛発売中だ。

■「MELODY OF LOVE」(Live at Billboard LIVE TOKYO)


https://youtu.be/0QJFtZq_VKEアルバム『VOICE MAGICIAN V 〜DEEP IMPACT〜』

2017年8月2日(水)発売



【初回生産限定盤】 (CD+DVD)
TFCC-86594/¥4,167+税
【通常盤】 (CD)
TFCC-86595/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
01. V
02. DEEP IMPACT
03. TEPPEN!!
04. NEXT TO YOU
05. MELODY OF LOVE
06. RUN THE WORLD
07. WANNA BE FREE
08. ETERNAL FIRE
09. RESPECT
10. 無問題
11. PULL UP
12. 希望の空
■DVD ※初回生産限定盤
LIVE DVD「MAGIC MOMENT SHOW CASE@Billboard Live 2017」



【関連リンク】
HAN-KUN、ニューアルバムより 新曲「MELODY OF LOVE」のライブ映像公開
HAN-KUN まとめ
湘南乃風まとめ
大原櫻子、スペシャルCD封入特典施策発表 &裏ツアードキュメントのティザー映像公開

【関連アーティスト】
HAN-KUN , 湘南乃風
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, アルバム

大原櫻子、スペシャルCD封入特典施策発表&裏ツアードキュメントのティザー映像公開
Thu, 27 Jul 2017 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大原櫻子の7枚目となるシングル「マイ フェイバリット ジュエル」発売記念スペシャルキャンペーンとして、プレゼント応募抽選へ参加でき、タイトル曲のミュージックビデオのLIMITED Ver.が視聴できるシリアルコードが初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤(初回仕様)に封入される事が発表となった。

応募抽選プレゼント内容はミュージックビデオやジャケットの色彩と連動しタイトルロゴが使われた「MFJスペシャルキーホルダー」、そして流麗なタイトルロゴが大きくデザインされた「MFJエコトートバック」の2種類で、それぞれ抽選でのプレゼントとなっている。 今回はこのシリアルコードでプレゼント応募抽選参加だけでなく、「マイ フェイバリット ジュエル」ミュージックビデオLIMITED Ver.視聴が出来る。「マイ フェイバリット ジュエル」ミュージックビデオは公開されているShort ver.の段階で映像美が評判となっており初回限定盤AのDVDへ特典収録されるフルバージョンも期待されているが、メインのミュージックビデオでは一切観ることのできない本人歌唱映像を中心に構成されたリミッテッドバージョンも注目だ。プレゼント応募抽選への参加も「マイ フェイバリット ジュエル」ミュージックビデオLIMITED Ver.視聴も8月14日(月)12:00正午までの期間限定となっているのがご注意願いたい。

この発表と同時に、「マイ フェイバリット ジュエル」ミュージックビデオLIMITED Ver.の一部と、初回限定盤Bの特典映像としてDVDへ収録される昨年の裏ツアードキュメント「CONCERT TOUR 2016 〜CARVIVAL〜番外編」の一部がティザー映像としてYouTubeで公開されているので是非チェックして欲しい。

■シングル「マイ フェイバリット ジュエル」初回限定盤Bティザー


https://youtu.be/-Tksqtyr3gs【シングル「マイ フェイバリット ジュエル」 CD封入特典】

発売記念スペシャルキャンペーンプレゼント応募&スペシャル視聴

<対象商品>
7th Single「マイ フェイバリット ジュエル」
初回限定盤A (VIZL-1225)/初回限定盤B (VIZL-1226)/通常盤 初回仕様(VICL-37312)
<キャンペーン内容>
1.プレゼント応募抽選内容 
A賞)MFJスペシャルキーホルダー…50名様 
B賞)MFJエコトートバック…100名様
2.「マイ フェイバリット ジュエル」ミュージックビデオLIMITED Ver.期間限定視聴
※応募頂いた後に視聴可能になります。1つのシリアルコードにつき3回まで視聴可能。
<各応募締切・視聴可能期間日時> 
2017年8月14日(月)12:00正午まで

※詳しくは、初回限定盤A (VIZL-1225)/初回限定盤B (VIZL-1226)/通常盤 初回仕様(VICL-37312)の
封入チラシまで。

シングル「マイ フェイバリット ジュエル」 

2017年8月9日(水)発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1225/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1:マイ フェイバリット ジュエル
2:Jet Set Music!
3:ALIVE
※フジテレビ系『ライオンのグータッチ』テーマソング 
■DVD
「マイ フェイバリット ジュエルMusic Video」収録



【初回限定盤B】(CD+DVD)
VIZL-1226/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1:マイ フェイバリット ジュエル
2:Jet Set Music!
3:ALIVE
※フジテレビ系『ライオンのグータッチ』テーマソング 
■DVD
「CONCERT TOUR 2016 〜CARVIVAL〜 番外編



【通常盤】(CD)
VICL-37312/¥1,200+税
<収録曲>
1:マイ フェイバリット ジュエル
2:Jet Set Music!
3:ALIVE
※フジテレビ系『ライオンのグータッチ』テーマソング 



【関連リンク】
大原櫻子、スペシャルCD封入特典施策発表 &裏ツアードキュメントのティザー映像公開
大原櫻子まとめ
YUKI、故郷で15周年記念ツアーがファイナル

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, トレーラー, シングル, 特典

YUKI、故郷で15周年記念ツアーがファイナル
Thu, 27 Jul 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

広島グリーンアリーナ公演(4月29日)を皮切りにスタートした「YUKI concert tour“Blink Blink"2017」(全13 公演)が、7月23 日に函館アリーナ(北海道)でツアーファイナルを迎えた。函館はYUKIが生まれ育ち、19歳まで暮らしていた街。バンド時代に何度か函館でライブを行っているが、ソロになってからは地元・函館でワンマンライブを行うのは2005年以来ということもあり、YUKIはもちろんのこと、3,800人の観客たちにも特別な高揚感をもたらしたツアーファイナル公演になった。

今回のツアーは今年3 月にリリースした8thアルバム『まばたき』を携えたツアーではあったが、ソロデビュー15周年の年に行うツアーということもあり、YUKIは「15周年のお祭りをファンのみんなと一緒にお祝いしたい」という思いを込めて、新旧織り交ぜたメニューを用意。アルバム『まばたき』の1曲目を飾っていた「暴れたがっている」がライブの幕開けを告げる。“暴れている"でも“暴れたい"でもなく、“暴れたがっている"という瞬間の衝動を歌詞にしたこの曲は、ライブの始まりにとても似合っていた。歌詞に刻んだ“あなたがいたから私がいるんだ"という思いは、YUKIの中で決して変わることがないんだと、心から信じられる歌になった「プレゼント」。15年前に鮮烈な印象を残したソロデビュー曲「the end of shite」。ソロになったばかりの頃の不安と希望を刻んだ「プリズム」。(この曲を聞きながら、YUKIが「NHK紅白歌合戦」にソロとして初出場したときのことを思い出したファンもきっと多かったことだろう)。ライブに欠かせない曲へと成長した「ランデヴー」「ワンダーライン」「WAGON」。YUKIの新境地を開いてくれた「JOY」や「恋愛模様」など、イントロが流れた瞬間から曲タイトルやメロディがすぐに思い浮かび、客席にいるひとりひとりの人生や思い出と重なり合っている曲が、最新アルバム『まばたき』収録曲と共にメニューに並んだ。

YUKIの「函館、ただいま!」の声に、すぐさま観客が「おかえり」と返してくれた場面、「めんこいっしょ?(笑)」「なまら楽しい」など、いくつもの函館弁が飛び出したMCや「言わせてもらってもいいですか? 函館が生んだスーパースター・YUKIです。これ、本当に函館で言いたかったから嬉しいです(笑)」というMCは、まさに地元ならでは。同会場で前日に行ったセミファイナル公演では「こんにちはニューワールド」で感極まり、涙を堪えながら最後まで歌いきったYUKIがいた。19歳まで暮らした函館には忘れることができないたくさんの思い出と出会いがある。今はなくなってしまった場所もあるだろうし、新しくできたものもいくつもあるけれど、ファイナル公演のMCでYUKIは函館アリーナの向いにある函館市民会館でピアノの発表会や成人式をやったことや、「全部知っている場所だから、すごく不思議で、すごく切ない感じがする」と言っていた。自分一人で生きていると勝手に思い込んでいた10代の頃のYUKI。自分の中で膨らみすぎた感情を抑えることができなくて、いつも苛立っていたYUKIの思春期。そのもやもやした思いを毎日日記に書いていたことや、プロの歌手になりたいのに、どうしたらいいのかわからなかった自分が、この地元・函館にいたこと。YUKIは「それを思い出すのと同時に、すごく恥ずかしい記憶ばかり出てくる。(当時は)ぜんぜん上手く生きられなかった」と涙ぐんでいたけれど、「今もぜんぜん立派になんてなっていないけれど、私はここ函館にいたころとぜんぜん変わらないんだってことがわかった。私はずっと函館っ子で、函館が私を育ててくれたんだなって。私の核はここ函館でできているんです」「お父さん、お母さん、函館、私を生んでくれてありがとう」と言ったYUKIをみんなの優しい拍手が包み込んだ。

YUKIのライブはツアーごとにテーマを設け、そのつど趣向を凝らした衣装も大きな見どころのひとつ。今回は登場時に身に付けていたピンク色のふわふわもこもこの衣装から、大きなマントや羽飾りがどんどん取りはずされて、YUKIが次第に身軽になっていき、シルバーのトゲトゲがたくさんついた衣装で歌った「レディ・エレクトリック」では、大型スクリーンにリアルタイムで映し出されたYUKIの手や体から放電しているような閃光がいくつも放たれて、まるでYUKI自体がエネルギー体になっているかのようだった。後半の衣装は、これまで彼女があまり衣装では着てこなかったであろうデザインを施した、さし色の赤が効いた黒のパンタロンスーツで、新たなYUKIを感じさせてくれた。

「tonight」後のインターバルで、ウェイクボードに乗ったYUKIや風力発電の大きな羽に掴まっているYUKI、ロケットの燃料タンクにしがみ付いて月に行ったYUKIなど、クスッと笑える合成映像がスクリーンに流れたり、「バスガール」ではスクリーンの中にバスガイドに扮したYUKIがいたり、この曲の最後には「はい、チーズ」の合図で、客席を背にして会場のお客さんと記念撮影をしたりと、楽しい映像演出がいくつも散りばめられていた。
「JOY」のあとにY字型の花道の先にあるセンターステージに移動し、バンドとコーラス、トロンボーンとトランペットの2人が加わった編成で「Hello!」をアコースティックバージョンで届け、「私はいつでもなりたい自分を書いてきました。まだまだなりたい自分には遠いです。だからまだまだ歌詞を書いていくと思います」と言ったあと、アコギを弾きながら「相思相愛」を歌った彼女は「たぶん、今この会場の中で私がいちばん幸せ」と飛びきりの笑顔を見せた。“私にしか歌えない歌があるんだ"という決意と願いを、ツアーファイナルの地に選んだ地元・函館でも届けることができた「聞き間違い」。ペイントが施された白のフライングVを真っ赤なマニキュアを塗った指で力強くかき鳴らしながら歌った「鳴いてる怪獣」。コール&レスポンスが会場に華やかに広がった「WAGON」。ライブの最後に選んだのは、自分の気持ちのスタートラインを見逃さないようにと、YUKIが自分に向けて書いた手紙のような「トワイライト」だった。

地元・函館で暮らしていたころのYUKI、東京で暮らし始めたころのYUKI、そして現在のYUKIが、まるで1本の線で繋がっていているかのような「Blink Blink」のステージには、YUKIが歌い続けてこなければ生まれなかった音楽と歌と声があり、決して見ることができなかった景色があった。これからもYUKIはYUKIにしか歌えない歌を歌い続けるために、拘りと楽しさを両手に抱えて軽やかに進んでいく。この街で暮らしていた頃のYUKIも今のYUKIも未来のYUKIに繋がっているんだと思えたツアーファイナルだった。

photo by Yoji Kawada
text by 松浦靖恵

【セットリスト】
1:暴れたがっている
2:プレゼント
3:ドラマチック
4:ハローグッバイ
5:名も無い小さい花
6:the end of shite
7:私は誰だ
8:こんにちはニューワールド
9:tonight
10:レディ・エレクトリック
11:プリズム
12:ひみつ
13:バスガール
14:メランコリニスタ
15:ランデヴー
16:ワンダーライン
17:JOY
18:Hello!
19:相思相愛
20:恋愛模様
21:2人のストーリー
22:聞き間違い
23:さよならバイスタンダー
24:鳴いてる怪獣
25:WAGON
26:トワイライト



【関連リンク】
YUKI、故郷で15周年記念ツアーがファイナル
YUKIまとめ
Yasei Collective、ツアーファイナルで追加公演を発表

【関連アーティスト】
YUKI
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ツアー, レポート

Yasei Collective、ツアーファイナルで追加公演を発表
Thu, 27 Jul 2017 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Yasei Collectiveが5月に発売したニューアルバムを引っさげての全国ツアー『Yasei Collective Live Tour 2017 "FINE PRODUCTS"』最終公演を7月22日(土)に東京・新代田FEVERにて開催した。

ソールドアウトとなった本公演では、Yasei Collectiveのライブを前に、DJ荒内佑(cero)、MONO NO A WARE、WONKが熱いパフォーマンスを披露し来場した観客を楽しませた。

熱気に包まれた会場にYasei Collectiveのメンバーが登場すると、ミュージシャンズ・ミュージシャンとしても名高い彼らの第一音を聴き逃すまいと満員の会場は固唾を呑む。待望のツアー・ファイナルは『FINE PRODUCTS』収録曲、ファンキーなサウンドの「Interlude-3」からスタート。アルバム・レコーディングからアレンジを加え、ジャム・チューンとして昇華させたパフォーマンスを繰り広げる。開始直後からクライマックスのようなテンションで会場のファンは音に体を委ね踊り始めた。

割れんばかりの大喝采の中、リーダーの松下マサナオ[Ds]が「ヤセイコレクティブです。最後までよろしく」と挨拶をし、同アルバム収録の「Shinkado」へと流れ込む。"音"を"楽"しむために再構築されたであろう独特なアレンジの中で、別所和洋[Keys]のシンセが複雑な音階を刻み、縦横無尽に音が空間を往復する。青緑の照明と合わさり、まるで宇宙空間を遊泳しているような錯覚さえ覚えた。間髪入れずに披露した「radiotooth」では、斎藤拓郎[Gt,Voc,Synth]のボコーダーを駆使したギターサウンドや、中西道彦[Ba,Synth]のシンセ&ベースが唸る。圧倒的なパフォーマンスに会場の熱気は最高潮、大喝采が巻き起こった。

改めて松下が来場したファンと出演アーティストに感謝の意を伝えると、アルバム『FINE PRIDUCTS』収録の夢に誘うようなメズマライズな楽曲「Interlude-1」「Uncle S」、そして2013年リリースのSG曲「CHAT LOW」へと展開していく。激しい音圧の中にも、色艶を感じさせるライブにファンは酔いしれた。

圧倒的なパフォーマンスを披露した後には、ツアー全体的に"微妙"だったという別所(Keys)の物販紹介。ファンに暖かく見守られながら別所がグッズを紹介するも、松下が「ファイナルでもダメだったわ(笑)」と一蹴。超絶テクニックを披露した直後の別所のたどたどしいMCに、会場は暖かい笑いに包まれた。フジロックへの出演や夏フェスへの参加をファンに伝えた後、後半戦ではドラムが色っぽいメロウなチューン「Tabaco」、複雑に音が重なる「Demode re」へと流れ込み、美しい旋律の「Uncle B」のラストでは、斎藤のギターソロに満員の会場が手を上げ大喝采を送った。

続く「Interlude-2」は、アルバム・レコーディング時には1分程だった楽曲を、映画を思わせる壮大なスケールの約8分のトラックへと大胆にアレンジ。後半の松下のドラムは手数が圧倒的で、まるで"千手観音"のようだった。

「今日は本当にありがとうございました」と短く感謝を伝えると、中西のオクターバーを介したベースが"唄い踊る"「Alowari」、そして最新アルバムのリードトラック「HELLO」へと続く。"Yasei Collective史上最もテクニックを要する楽曲"とされる「HELLO」では、別所の速弾き、中西のベースとシンセ・ベースの驚異の同時弾き、松下の人間離れしたドラミング、斎藤の"声をギターで弾く"独特なヤセイ・サウンドが重なり、圧巻のステージを演出。突出した演奏テクで観客を魅了した「HELLO」で本編は終了した。

鳴り止まない拍手の中再登場したメンバーは、アンコールで最新アルバムのラストトラック「Quinty」を熱演し、"ヤセイ味“あふれる濃密な全国ツアーを締めくくった。

そんなアンコールのステージ上で、追加公演『FINE PRODUCTS FROM THE PAST』を10月14日に下北沢・BASEMENT BARで開催されることが発表された。更なるアレンジが施されたInterlude楽曲たちも披露されるとのことなので、追加情報はYasei Collective HP/SNSを是非チェックして欲しい。

Photo by Kana Tarumi

【セットリスト】
1.Interlude-3
2.Shinkado
3 .radiotooth
4.Interlude-1
5.Uncle S
6.CHAT-LOW
7.Tabaco
8.Demode re
9.Uncle B
10.Interlude-2
11.Alowari
12.HELLO
-Encore-
Enc1.Quinty

アルバム『FINE PRODUCTS』

2017年5月24日発売



DDCZ-2157/¥2,000+税
<収録曲>
1. HELLO
2. Interlude-1
3. Shinkado
4. Interlude-2
5. Pitout
6. Interlude-3
7. Uncle S
8. Interlude-4
9. Quinty




【関連リンク】
Yasei Collective、ツアーファイナルで追加公演を発表
Yasei Collectiveまとめ
さくらしめじ、ライブハウスツアーに 福岡・名古屋公演が決定

【関連アーティスト】
Yasei Collective
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ツアー, セットリスト, ライブレポ

さくらしめじ、ライブハウスツアーに福岡・名古屋公演が決定
Thu, 27 Jul 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フォークデュオ、さくらしめじによる初のライブハウスツアー『菌育 in the 家(はうす)』の来年1月、2月に開催される2公演の詳細が解禁となった。今年の7月よりスタートしたこのライブハウスツアーは、昨年行なった『菌活』(全47都道府県をライブしてまわる活動)でまいた、さくらしめじの胞子をさらに育てるために、約1年をかけて日本各地のライブハウスで月1回ライブを行なっていくもの。 今回発表されたのは、2018年の1月の福岡INSAと2月のNAGOYA CLUB QUATTRO。 既にチケットがSOLD OUTになっている公演もあるので、特設サイトでチェックしておこう。

■菌育 in the 家(はうす)特設サイト
http://sakurashimeji.com/kiniku/

■【さくらしめじコメント 】

■田中雅功
福岡と名古屋のみなさんと一緒に楽しめるライブを、僕たちも楽しみにしています!みなさんぜひ来てください!

■?田彪我
2018年も「菌」からはじまり、「菌」で終わる年にしたいと思います!

『菌育 in the 家(はうす)』

<2018年>
1月20日(土) 福岡・INSA
2月12日(月祝) 愛知・NAGOYA CLUB QUATTRO



【関連リンク】
さくらしめじ、ライブハウスツアーに 福岡・名古屋公演が決定
さくらしめじまとめ
ふくろうず、ニューアルバムのアートワーク解禁 &内田万里ソロツアー発表

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, ユニット, 発表, ライブ, ツアー

ふくろうず、ニューアルバムのアートワーク解禁&内田万里ソロツアー発表
Thu, 27 Jul 2017 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ふくろうずが9月6日(水)に発売するニューアルバム『びゅーてぃふる』のアルバムのアートワークと収録楽曲を解禁! ジャケットはVo,の内田万里の顔を上半分、“びゅーていふる"と書かれた吹き出しのボードで隠したインパクトのあるデザインになっており、アー写もメンバー3人の名字を記したボードで同様に顔を隠しているユニークなものになっている。

また、加えてVo内田万里のソロツアーも解禁された。 今回は「花より男子ツアー」と銘打ち、東京2箇所、岡山、福岡でのスペシャルなゲストを迎えての公演と弾き語りの地方では初となるワンマンライブを京都で開催する。スペシャルゲストの山中さわお(the pillows)、小山田壮平、ホリエアツシ(STRAIGHTENER)、ジョンB & ザ・ドーナッツ!(ジョンB、真城めぐみ)という強者達と内田万里とがどんな化学反応を起こすのか、間違いなく面白いことになりそうなので是非足を運んでほしい。もちろん、ニューアルバムを引っ提げての結成10周年のツアーも要チェックだ!

アルバム『びゅーてぃふる』

2017年9月6日(水)発売



TKCA−74549/¥2593+税
<収録曲> 
1. びゅーてぃふる
2. デイドリーム
3. カノン
4. 光
5. スローモーション
6. ジミー
7. ムーンライト
8. ピンクエレファントの憂鬱
9. ソナチネ
10. サンライズ・サンセット


【ライブ情報】

■ふくろうず
『君とびゅーてぃふる ツアー』
9月15日(金) 大阪・南森町 天満教会 
9月16日(土) 名古屋・今池 TOKUZO 
9月23日(土) 東京・青山 草月ホール

■内田万里 
『内田万里の花より男子ツアー』
10月21日(土) 岡山・蔭凉寺
出演:内田万里(ふくろうず) / 山中さわお(the pillows) / 小山田壮平
10月22日(日) 福岡・住吉神社能楽殿
出演:内田万里(ふくろうず) / 山中さわお(the pillows) / 小山田壮平
10月29日(日) 東京・CAY
出演:内田万里(ふくろうず) / 山中さわお(the pillows) / ホリエアツシ(STRAIGHTENER)
11月04日(土) 東京・晴れたら空に豆まいて
出演:内田万里(ふくろうず) / ジョンB & ザ・ドーナッツ!(ジョンB、真城めぐみ)
11月11日(土) 京都・拾得
出演:内田万里(ふくろうず) ※ワンマンライブ



【関連リンク】
ふくろうず、ニューアルバムのアートワーク解禁 &内田万里ソロツアー発表
ふくろうずまとめ
coldrain、5thアルバム『FATELESS』リリース &全国ツアーを発表

【関連アーティスト】
ふくろうず
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ツアー

coldrain、5thアルバム『FATELESS』リリース&全国ツアーを発表
Thu, 27 Jul 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

coldrainがワーナーミュージック移籍第一弾となる5thアルバム『FATELESS』を10月11日にリリース! さらに、それに伴う全国ツアー『FATELESS JAPAN TOUR 2017』の開催も発表した。

200本を超える海外ツアーやDOWNLOAD FES(UK)やROCK AM RING(GER) SOUNDWAVE(AUS)といった世界最大級の海外ロックフェスでのキャリアを経て屈指のライヴバンドとして成長を遂げた彼らの通算5枚目のフルアルバムとなる今作は、INCUBAS、SLASH、STORY OF THE YEAR、ALTERBRIDGEなどを手掛けたElvis Basketteをプロデューサーに起用! 彼らの持ち味であるメロディアスでラウドなロックの発展系を提示する最高傑作が完成した。

また、昨年は全米Warped Tour41カ所に出演したため日本の夏フェスは出演できずでしたが今年は過去最多のフェスに出演する。海外で猛者と競演してきた圧倒的スケール感のライヴは日本のオーディエンスを圧倒すること必至だ。

アルバム『FATELESS』

2017年10月11日発売



【初回限定盤(CD+LIVE CD)】
WPCL-12765/66/¥3,000+税
【通常盤(CD)】
WPCL-12764/¥2,500+税

「FATELESS JAPAN TOUR 2017」

10月29日(日)  横浜BAY HALL
11月03日(金・祝)  水戸ライトハウス
11月08日(水)  仙台Rensa
11月10日(金)  札幌PENNY LANE24
11月18日(土)  金沢EIGHT HALL
11月19日(日)  富山SOUL POWER
11月21日(火)  福岡DRUM LOGOS
11月23日(木・祝)  高松オリーブホール
11月24日(金)  神戸太陽と虎
12月04日(月)  京都MUSE
12月06日(水)  広島クアトロ
12月08日(金)  ZEPP NAGOYA
12月10日(日)  長野JUNK BOX
12月15日(金)  なんばHATCH



【関連リンク】
coldrain、5thアルバム『FATELESS』リリース &全国ツアーを発表
coldrainまとめ
瀬川あやか、恋のもどかしさを描いた 新曲「どんなに...」MV公開

【関連アーティスト】
coldrain
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

瀬川あやか、恋のもどかしさを描いた新曲「どんなに...」MV公開
Thu, 27 Jul 2017 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アーティスト&看護師の“二刀流"シンガーソングライター瀬川あやかが、8月18日(金)に発売する3rdシングル「どんなに.../Have a good day!」より「どんなに...」のミュージックビデオを公開した。

TBS系恋愛バラエティ「恋んトス season6」エンディングテーマとして書き下ろされた、ミディアムポップに乗せた歯がゆい恋の片想いソング「どんなに...」。千葉県いすみ市で約10時間かけて撮影したミュージックビデオは、恋のはじまりに気持ちを伝えたいけど伝えられないもどかしさを描いたストーリーのシーンと、柔らかい光の中歌うシーンで構成されている。階段を駆け上がるシーンでは、灼熱の中、神社の階段をのべ200段駆け上がったり、海や、かき氷、いすみ鉄道など、夏を感じさせる映像が、また恋の切なさを助長させるミュージックビデオとなっている。

また、両A面シングルのもう1曲「Have a good day!」は、瀬川あやか自身も出演しているルスツリゾートTVCMソングとして北海道でオンエアされおり、すでに話題となっている。

■「どんなに...」MV Short ver.


https://youtu.be/X_vkpwgoUN8シングル「どんなに.../Have a good day!」

2017年8月18日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA.04555/¥1,500(税込)
<収録曲>
■CD
1.どんなに...(TBS系恋愛バラエティ「恋んトス season6」エンディングテーマ)
2.Have a good day! (「ルスツリゾート 2017」TVCMソング)
3.どんなに... (Inst.)
4.Have a good day! (Inst.)
■DVD
1.「どんなに...」Music Clip
2. Making of「どんなに...」
3. Digest of “SegaWanderful" LIVE TOUR 2017 札幌公演 



【通常盤】(CD Only)
PCCA.70515/¥1,000(税込)
<収録曲>
1.どんなに...(TBS系恋愛バラエティ「恋んトス season6」エンディングテーマ)
2.Have a good day! (「ルスツリゾート 2017」TVCMソング)
3.どんなに... (Inst.)
4.Have a good day! (Inst.)


シングル「Have a good day!/どんなに...」

2017年8月18日発売



【北海道限定盤】(CD+MAP)
BRCA.70031/¥1,000 (税込)
※ルスツリゾート撮影スポット 瀬川あやか手書きMAP
<収録曲>
1.Have a good day! (「ルスツリゾート 2017」TVCMソング)
2.どんなに... (TBS系恋愛バラエティ「恋んトス season6」エンディングテーマ)
3.Have a good day! (Inst.)
4.どんなに... (Inst.)




【関連リンク】
瀬川あやか、恋のもどかしさを描いた 新曲「どんなに...」MV公開
瀬川あやかまとめ
ドラマチックアラスカ、ミニアルバムリリース &全国対バンツアー決定

【関連アーティスト】
瀬川あやか
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, ミュージックビデオ, MV, シングル, リリース

ドラマチックアラスカ、ミニアルバムリリース&全国対バンツアー決定
Thu, 27 Jul 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ドラマチックアラスカが11月に新作ミニアルバムをリリースし、 同作を引っさげた全国19ヶ所の対バンツアーを開催することを発表した。ミニアルバムは前作から約1年ぶりとなる11月8日に発売。ツアーは12月6日に彼らのホーム・神戸太陽と虎を皮切りにスタートとなる。

ファンクラブ先行は8月6日23時59分まで受付中!

ミニアルバム『タイトル未定』

2017年11月8日発売

『ドラマチックアラスカ 「イッツ ア ワンダフル ワールド ツアー (仮)」 』


12月06日(水) 兵庫 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
12月11日(月) 茨城 水戸 LIGHT HOUSE
12月12日(火) 栃木 HEAVEN\'S ROCK宇都宮VJ-2
12月19日(火) 長野 松本ALECX
12月20日(水) 新潟 新潟CLUB RIVERST
<2018年>
1月09日(火) 宮城 仙台LIVE HOUSE enn 2nd
1月11日(木) 秋田 Club Swindle
1月12日(金) 岩手 盛岡the five morioka
1月14日(日) 北海道 札幌COLONY
1月25日(木) 香川 高松DIME
1月26日(金) 高知 X-pt.
2月02日(金) 福岡 Queblick
2月03日(土) 大分 club SPOT
2月04日(日) 宮崎 SR BOX
2月09日(金) 岡山 IMAGE
2月10日(土) 山口 LIVE rise SHUNAN
3月04日(日) 大阪 梅田Shangri-La
3月05日(月) 愛知 名古屋UPSET
3月07日(水) 東京 渋谷CHELSEA HOTEL

<チケット情報>
・FC先行:8月6日(日)23:59まで
・HP1次先行:8月9日(水)18:00〜8月20日(日)23:59
・一般発売:9月30日(土)12:00〜



【関連リンク】
ドラマチックアラスカ、ミニアルバムリリース &全国対バンツアー決定
ドラマチックアラスカまとめ
家入レオ、ニューシングル発売記念フリーライブに 川口春奈がサプライズ登場

【関連アーティスト】
ドラマチックアラスカ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, リリース, 発売, ミニアルバム, ツアー

家入レオ、ニューシングル発売記念フリーライブに川口春奈がサプライズ登場
Thu, 27 Jul 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

家入レオが日本テレビ系 日曜ドラマ「愛してたって、秘密はある。」主題歌「ずっと、ふたりで」をリリースした7月26日に、その発売を記念してラゾーナ川崎プラザにてスペシャルフリーイベントを開催した。イベント中盤にはサプライズ・スペシャルゲストとして、家入が会いたかったという川口春奈が登場、会場は大盛況となった。

家入にとって、リリース記念フリーイベントは4thアルバム「WE」発売タイミングとなる2016年7月9日に同ラゾーナ川崎プラザで行って以来約1年ぶりで、同会場での開催はデビュー年2012年発売セカンドシングル「Shine」からはじまって4回目。この日は朝からあいにくの雨にもかかわらずイベントスタート前から多くのファンで賑わいを見せた。イベント直前になると雨も上がり18時をまわると青のワンピースをまとった家入がステージに登場。昨年の5月リリースシングル「僕たちの未来」を力強くも高らかに歌い上げると、会場からは大きな手拍子が沸き起こり、一気に盛り上がりをみせた。さらに「みなさんこんにちは〜〜〜!家入レオです!今日は朝から雨が降ってたじゃないですか?でも雨止んだ〜〜〜〜!!」と叫ぶと大きな拍手が起こり、「後ろも見えてるよ〜!たくさん集まってくれてありがとう!短い時間だけど最後までよろしく!」「これだけ大きい会場だと、ライブに適した曲が良いんじゃないかと思いまして、一曲持ってきてるんですよ。ラゾーナのみんな盛り上がっていけますか?」と話すと、デビュー曲でライブの定番曲となった「サブリナ」を披露し集まった観客を煽ると大きな歓声が沸き起こり、会場は大きな熱気に包まれた。

その後トークコーナーに突入。「今日は「ずっと、ふたりで」リリース記念スペシャルフリーイベントということで、(こんなにたくさんの方々に集まって頂き)本当にありがとうございます!!ドラマもみんな観てくれてますか?すごい面白いですよね。私も一視聴者として楽しませて頂いてます。今日はここで、なんとですねえ、スペシャルゲストに登場していただきま〜〜〜す!スペシャルゲスト、川口春奈さんです!!!」と呼び込むと共に、ステージに川口春奈が登場すると、会場からは割れんばかりの拍手と大歓声があがった。2人のクロストークでは、家入が真っ先に「主題歌聴いて頂けましたか?」と聞くと、「めっちゃ歌ってますよ家で。歌詞も切ないけど前向きになれて本当にドラマにぴったりだなあと!!」と主題歌の感想を述べた。

さらに、「私、川口春奈さんと同じ年なんですよ〜」と家入が続けると川口からは「同じ九州ですしね!私が長崎で家入さんも…」、「そう、福岡なんです。」と同年齢で同じ九州出身であることに盛り上がりをみせた。さらに「一人暮らし、長いんですよねー?私今年デビュー5周年なんですけど、10周年なんですよね?」と家入が紹介すると会場からは周年のふたりへ拍手が湧き上った。 そして、トークは同年代ならではの女子トークへ。「一人暮らしということで自炊もするんですか?」と家入が質問すると川口は「料理しますよ。和食が多いですけど。適当にささっと作ります。肉じゃがとか野菜が多くとれるものを」と答え、その答えに家入は「女子力高〜い!」と感嘆の声をあげた。

その後も家入から個人的に川口のインスタグラムをチェックしていることを伝えると、川口が「私もフォローしてますよ」と答え、家入が「うそー!?」と驚きの声を上げる一幕も。その後家入は「ワンちゃん飼ってらっしゃって、私も今年か来年飼いたいなあと思ってるんです。あ、でもネコも飼いたいな。」と会場を笑わせた。

そして、最後に「今日せっかく来て下さったので「ずっと、ふたりで」を聴いて頂けますか?」と話すと、この日発売となった新曲、日本テレビ系日曜ドラマ「愛してたって、秘密はある。」主題歌となる「ずっと、ふたりで」をライブ初披露し、この日会場に集まった2000人を魅了し、川口も「生で聴けた〜!ドラマをちょうど撮っている最中なので、色んなことを思い出しながら聴いてました。」と感想を述べ、イベントは大盛況にて終了した。

【イベント情報】

『家入レオ 「ずっと、ふたりで」リリース記念スペシャルフリーイベント』
7月30日(日) アスナル金山 明日なる!広場
1回目 12:00 START / 2回目 17:00 START
※天候によりイベント内容を変更する場合がございますので、予めご了承下さい。
8月05日(土)  あべのキューズモール 3F スカイコート
1回目 13:00 START / 2回目 17:00 START

『13th シングル「ずっと、ふたりで」発売記念CDショップ3店舗限定 1DAYサーキットお渡し会』
7月29日(土)12:00  SHIBUYA TSUTAYA 2F 特設会場
7月29日(土)14:00  タワーレコード渋谷店 3F イベントスペース
7月29日(土)16:00  タワーレコード新宿店 7F 特設カウンター

シングル「ずっと、ふたりで」

2017年7月26日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1203/¥1,700+税
<収録曲>
■CD
1.ずっと、ふたりで
2.だってネコだから
3.ヒーロー
4.ずっと、ふたりで(Instrumental)
5.だってネコだから(Instrumental)
6.ヒーロー(Instrumental)
■DVD  
1.ずっと、ふたりで Music Video
2.ずっと、ふたりで MV Making Movie
3.それぞれの明日へ Music Video Another Version



【完全生産限定盤】(CD+GOOGS)
VIZL-1204/¥2,200+税
※LEO IEIRI デニムストラップ付きスマホリング
<収録曲>
1.ずっと、ふたりで
2.だってネコだから
3.ヒーロー
4.ずっと、ふたりで(Instrumental)
5.だってネコだから(Instrumental)
6.ヒーロー(Instrumental)



【通常盤】(CD)
VICL-37299/¥1,200+税
<収録曲>
1.ずっと、ふたりで
2.だってネコだから
3.ヒーロー
4.ずっと、ふたりで(Instrumental)
5.だってネコだから(Instrumental)
6.ヒーロー(Instrumental)

Blu-ray&DVD『5th Anniversary Live at 日本武道館』

2017年7月26日発売



【DVD】
VIBL-861/¥4,500+税
<収録曲>  ※Blu-ray&DVD共通
僕たちの未来
Shine
太陽の女神
miss you
君に届け
Silly
チョコレート
君がくれた夏
Message
Hello
I promise you
Free
Too many
Lady Mary
恍惚
Bless You
For you
a boy
純情
Party Girl
Hello To The World
サブリナ
Linda
それぞれの明日へ
Last Song
全25曲



【Blu-ray】
VIXL-196/¥5,000+税



【関連リンク】
家入レオ、ニューシングル発売記念フリーライブに 川口春奈がサプライズ登場
家入レオまとめ
Yun*chi、哀愁感漂う失恋バラード「HIMAWARI*」のMV公開

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブ, レポート

Yun*chi、哀愁感漂う失恋バラード「HIMAWARI*」のMV公開
Thu, 27 Jul 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月2日発売に約2年ぶりとなる新作ミニアルバム『Canvas*』を発表するYun*chiが、同作より第2弾となる「HIMAWARI*」のMVを公開した。

「HIMAWARI*」は、“ひまわり”の季節が来ると思い出す忘れられない恋心を歌った、誰もが経験したことのある心象風景をYun*chiのボーカルが見事に描いている珠玉のミディアムバラード。撮影は葉山海岸でおこなわれ、Yun*chiのナチュラルな表情と楽曲の世界観が夏の終わりを感じさせる、哀愁感漂う失恋バラードが見事に映像で表現されている。

また、この曲はNHK-FM『ミュージックライン』8・9月エンディングテーマに起用されており、レコチョク、iTunesでも先行配信がスタートしている。

■「HIMAWARI*」MV


https://youtu.be/IvkT9cKrFxQミニアルバム『Canvas*』

2017年8月2日発売



CRCP-40523/¥2,130+税
<収録曲>
1. 今僕のいる場所が理想と違っても
2. HIMAWARI*
3. Trendy Night*
4. Kare Kano*
5. Again*
6. Seaside In Dream*
7. Thank U*



【関連リンク】
Yun*chi、哀愁感漂う失恋バラード「HIMAWARI*」のMV公開
Yun*chiまとめ
高橋優、シングルリリース記念で 公開収録フリーイベントを開催

【関連アーティスト】
Yun*chi
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, ミニアルバム

高橋優、シングルリリース記念で公開収録フリーイベントを開催
Thu, 27 Jul 2017 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

高橋優のニューシングル「虹 / シンプル」のリリースを記念して、7月30日にゲートシティ大崎B1アトリウムにてJFN「高橋優のリアラジ」の公開収録を開催することを発表した。

このイベントは観覧フリーとのことだ。ステージ前方の優先観覧エリアへの入場には「優先観覧エリア入場整理券」が必要となり、「優先エリア入場整理券」を持参すると整理番号順に優先観覧エリアに入場できる。

また、CDの購入者限定で応募できる企画も実施! 8月7日の夜に1台クルーザーを貸切り、東京都内某所から出航。「虹」にちなんでレインボーブリッジのイルミネーションを背景に高橋が登場するというイベントに、「虹」の7色にかけて7組14名の当選者を招待する。

両イベントとも、ラジオのレギュラー番組である『高橋 優のリアラジ』の特別公開収録となっており、この2つのイベントの模様は後日オンエアされる。

■【イベント情報】

■高橋 優ニューシングル「虹/シンプル」リリース記念リアラジ特別公開収録
7月30日(日) 東京 ゲートシティ大崎B1 アトリウム
13:00〜(12:30 優先入場開始)
内容:トーク/ミニライヴ
観覧方法:観覧フリーですが、ステージ前方の優先観覧エリアへの入場には「優先観覧エリア入場整理券」(整理番号入り)が必要です。「優先エリア入場整理券」をお持ちの方は、整理番号順に優先観覧エリアにご入場頂けます。

■レインボーブリッジクルージング リアラジ特別公開収録
8月07日(月) 都内某所
夜予定
内容:トーク
※集合時間・集合場所などの詳細は当選通知をもって、ご当選者様にお知らせいたします。

シングル「虹 / シンプル」

発売中



【期間生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31329/30/¥4,150+税
<収録曲>
■CD
1.虹
2.シンプル
3.白米の味
4.Fitting /メガネツインズ(高橋優&亀田誠治)
■DVD
全国ホール&アリーナツアー 2016-2017「来し方行く末」 横浜アリーナ 2017.4.1
※初の横浜アリーナ公演を全曲収録(153分、24曲)
1.TOKYO DREAM
2.(Where\'s)THE SILENT MAJORITY?
3.太陽と花
4.アイアンハート
5.拒む君の手を握る
6.Cockroach
7.象
8.君の背景
9.花のように
10.運命の人
11.さくらのうた
12.8月6日
13.素晴らしき日常
14.光の破片
15.産まれた理由
16.BE RIGHT
17.パイオニア
18.Mr.Complex Man
19.明日はきっといい日になる
20.泣ぐ子はいねが
21.BEAUTIFUL
22.ロードムービー
23.福笑い
24.リーマンズロック



【通常盤】(CD)
WPCL-12689/¥1,200+税
<収録曲>
1.虹
2.シンプル
3.白米の味
4.Fitting /メガネツインズ(高橋優&亀田誠治)



【関連リンク】
高橋優、シングルリリース記念で 公開収録フリーイベントを開催
高橋優まとめ
神様、僕は気づいてしまった、 1stミニアルバムからリード曲のMVを公開

【関連アーティスト】
高橋優
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, CMソング

神様、僕は気づいてしまった、1stミニアルバムからリード曲のMVを公開
Thu, 27 Jul 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

神様、僕は気づいてしまったが1stミニアルバム『神様、僕は気づいてしまった』のリード曲「わたしの命を抉ってみせて」のMVを公開。MVはTBS系 火曜ドラマ『あなたのことはそれほど』主題歌でもあり、現在YouTube動画再生数1,000万再生に迫る勢いの「CQCQ」以来の新作となる。

1stミニアルバム『神様、僕は気づいてしまった』は前述したドラマ主題歌「CQCQ」を含むタイアップ曲3曲の他、今回MVが公開された「わたしの命を抉ってみせて」などの新曲4曲を含む全7曲収録。8月19日には『SUMMER SONIC 2017 RAINBOW STAGE』にて初めてライヴアクトを行なうことも決定しており、これからも目が離せない。

■「わたしの命を抉ってみせて」MV


https://youtu.be/YShUwrlc2kMミニアルバム『神様、僕は気づいてしまった』

2017年7月26日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
¥2,500+税
<収録曲>
■CD
1.わたしの命を抉ってみせて
2.宣戦布告
3.CQCQ
4.僕の手に触れるな
5.天罰有れかしと願う
6.大人になってゆくんだね
7.だから僕は不幸に縋っていました

■DVD
1.だから僕は不幸に縋っていました MV
2.Making of だから僕は不幸に縋っていました
3.僕の手に触れるな MV
4.Making of 僕の手に触れるな



【通常盤】
¥2,000+税
<収録曲>
1.わたしの命を抉ってみせて
2.宣戦布告
3.CQCQ
4.僕の手に触れるな
5.天罰有れかしと願う
6.大人になってゆくんだね
7.だから僕は不幸に縋っていました




【関連リンク】
神様、僕は気づいてしまった、 1stミニアルバムからリード曲のMVを公開
神様、僕は気づいてしまったまとめ
Anly、LINE LIVE生配信 &全国7都市ツアー先行予約実施

【関連アーティスト】
神様、僕は気づいてしまった
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, MV, 発表, リリース, ミニアルバム

Anly、LINE LIVE生配信&全国7都市ツアー先行予約実施
Thu, 27 Jul 2017 11:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月31日の「Sony Aquarium 2017」オープニングを記念して開催される「Anly Special Live in Sony Store Ginza powered by mora」のライブの模様を銀座プレイス4階ソニーショールーム/ソニーストア銀座からLINE LIVEで生配信することが発表となった。

また、10月から始まる2度目の全国ツアー『Anly Live Tour ☆北斗七星☆』の“LINE LIVE・先行予約"が実施される。Anly公式アカウントを“ともだち追加”すると、 ツアー先行予約の特設ページへアクセスするURLが記載されたメッセージを受け取ることができるので、そこから先行予約の申し込みをすることができる。

また、「Sony Aquarium 2017」開催期間中の7月31日〜8月13日には、全国5都市のソニーショールーム/ソニーストアにて新曲「北斗七星」のハイレゾ音源を、展示の最新オーディオで試聴できる他、期間限定で「北斗七星」ミュージックビデオのフルバージョンが店内展示の高画質モニターにて放映される。

「北斗七星」ハイレゾ音源は、CD発売日と同じ8月9日にハイレゾ対応配信ストアにて購入が可能だ。

『“Anly” Special Live in Sony Store Ginza powered by mora』

7月31日(月) 東京 ソニーショールーム/ソニーストア 銀座 銀座プレイス4F
12:30〜/18:00〜(各回30分程、事前予約制)
※スペシャルライヴは先着予約制、7月20日11時よりWebにてお申込みいただきます。

全国ツアー『Anly Live Tour ☆北斗七星☆ 』

10月10日(火) 仙台・LIVE HOUSE enn 2nd
10月11日(水) HEAVEN\'S ROCK宇都宮 VJ-2
10月14日(土) 福岡・Queblick
10月15日(日) 広島・BACK BEAT
10月19日(木) 名古屋・CLUB QUATTRO
10月20日(金) 梅田・CLUB QUATTRO
10月24日(火) 渋谷・CLUB QUATTRO

チケット料金:All Standing ¥4,000(税込)
※ドリンク代別、整理番号付
※未就学児童は入場不可、小学生以上はチケットが必要となります。

全国ツアー『Anly Live Tour ☆北斗七星☆ 』の“LINE LIVE・先行予約"”

■応募期間
7月31日18:00〜8月2日12:00(エントリー・抽選制)

■LINE LIVE配信視聴URL
https://live.line.me/channels/73/upcoming/4134701

シングル「北斗七星」

2017年8月9日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9451〜9452/¥1,500(税込)
<収録曲>
■CD
1. 北斗七星
2. ie
3. この闇を照らす光のむこうに -anly only version-
4. 北斗七星 -instrumental-
5. ie -instrumental-

■DVD(初回盤のみ収録)
・北斗七星 Music Video
・Making of Music Video
・北斗七星 Live at Harajuku ASTROHALL 2017.6.17



【通常盤】(CD)
SRCL-9453/¥1,200(税込)
<収録曲>
1. 北斗七星
2. ie
3. この闇を照らす光のむこうに -anly only version-
4. 北斗七星 -instrumental-
5. ie -instrumental-



【関連リンク】
Anly、LINE LIVE生配信 &全国7都市ツアー先行予約実施
Anlyまとめ
コレサワ、メジャーデビュー日にLINE LIVE生配信 &LINE MUSICでアルバム全曲独占配信スタート

【関連アーティスト】
Anly
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブ, 夏フェス, 音楽配信

コレサワ、メジャーデビュー日にLINE LIVE生配信&LINE MUSICでアルバム全曲独占配信スタート
Thu, 27 Jul 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月9日にアルバム『コレカラー』でメジャーデビューを果たす覆面シンガーソングライターのコレサワが、同じく8月9日にLINE LIVE(ラインライブ)にて『コレサワのLINE LIVE、デビューしちゃったんだカラー』と題した生配信を行うことが決定した。配信のアカウントは、LIVE ミュージックアカウント(@ linelive_music)となっているので、まずはこちらのアカウントをフォローして視聴しよう!

さらに、LINE MUSICにてメジャーデビューアルバム「コレカラー」の全曲独占配信もスタートしている。アルバムの発売が待ち切れないという人は、ぜひこの機会にチェックしてみてほしい。

■LINE LIVE『コレサワのLINE LIVE、デビューしちゃったんだカラー』

8月9日(水)20:00〜
出演者:コレサワ、他
https://live.line.me/channels/73/upcoming/4208567
※番組内容、開始時間は予告なく変更となる可能性がございます。

アルバム『コレカラー』

2017年8月9日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
CRCP-40521/¥3,333+税 
※コレカラーキラキラケース仕様
<収録曲>
■CD
1.SSW
2.死ぬこと以外かすり傷
3.君のバンド
4.あたしを彼女にしたいなら
5.たばこ
6.失恋ソングを歌ったあとに
7.お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな
8.君とインドカレー
9.阪急電車と2DK
10.女子諸君
11.24歳
12.これから
■DVD
「SSW」MUSIC VIDEO
「たばこ」MUSIC VIDEO
「あたしを彼女にしたいなら」MUSIC VIDEO
「君のバンド」MUSIC VIDEO
「J-POP」(LIVE)(2017年2月5日 コレサワ ワンマンショー「コレシアター03」にて収録)
「最終電車」(LIVE)(2017年2月5日 コレサワ ワンマンショー「コレシアター03」にて収録)
「コレサワの超難関ジェスチャークイズ」




【通常盤】(CD)
CRCP-40522/¥2,778+税 
<収録曲>
1.SSW
2.死ぬこと以外かすり傷
3.君のバンド
4.あたしを彼女にしたいなら
5.たばこ
6.失恋ソングを歌ったあとに
7.お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな
8.君とインドカレー
9.阪急電車と2DK
10.女子諸君
11.24歳
12.これから



【関連リンク】
コレサワ、メジャーデビュー日にLINE LIVE生配信 &LINE MUSICでアルバム全曲独占配信スタート
コレサワまとめ
BRADIO、メジャーデビューシングル 「LA PA PARADISE」を10月11日にリリース

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 音楽配信

BRADIO、メジャーデビューシングル「LA PA PARADISE」を10月11日にリリース
Thu, 27 Jul 2017 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

中野サンプラザのワンマン公演でメジャーデビューを発表したBRADIOが、メジャー1stシングル「LA PA PARADISE」を10月11日に発売することがわかった。

今作には、これまでにサザンオールスターズ、桑田佳祐、玉置浩二、布袋寅泰、JUDY AND MARY、ウルフルズ等を手掛けてきた名プロデューサー藤井丈司を抜擢。メンバー、スタッフ共に「メジャーデビュー1発目にふさわしい、BRADIOらしさあふれる楽曲」と口を揃える程の仕上がりになっている。楽曲の解禁はまだ先になるが、YouTubeにてレコーディングの一部がアップされているので、要チェックを。なお、初回盤のDVDにはMVの他、貴重なメイキングビデオを収録予定。

また、シングルのリリースに伴い、東京、名古屋、大阪にてZeppワンマンツアー『LA☆PA!PA!PA! PARADISE TOUR 2017』を行なうことが決定し、7月26日から8月1日まで先行予約を受付中。詳細はオフィシャルHPをチェックしてほしい。

シングル「LA PA PARADISE」

2017年10月11日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31360~61/¥2,200+税
【通常盤】(CD)
WPCL-12713/¥1,000+税
※収録内容は後日発表


■BRADIO「LA PA PARADISE 〜制作の裏側〜」


https://youtu.be/GhHLfWmFZQk『BRADIO LA☆PA!PA!PA!PARADISE TOUR 2017』

10月27日(金) 愛知 Zepp Nagoya
10月28日(土) 大阪 Zepp Osaka Bayside
11月12日(日) 東京 Zepp Tokyo
※小学生以上有料?未就学児童無料(大人1名につき子供1名まで同時入場可)



【関連リンク】
BRADIO、メジャーデビューシングル 「LA PA PARADISE」を10月11日にリリース
BRADIOまとめ
MUCC、ツアー追加公演はメンバーの生誕祭に

【関連アーティスト】
BRADIO
【ジャンル】
ニュース, バンド, シングル, 発表, リリース, ファンク

MUCC、ツアー追加公演はメンバーの生誕祭に
Thu, 27 Jul 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今年結成20周年を迎え、『哀愁とアンティークと痛みも葬るツアー』と題したツアーを敢行中のMUCCが、同ツアーの追加公演を発表した。

7月26日はメンバーのミヤ(Gt)の誕生日でもあるが、ステージからオーディエンスへの嬉しいサプライズプレゼントとなった。

同ツアーはチケット発売後またたく間に全会場ソールドアウトとなった人気ツアーで、追加公演は多くのファンからの声に応える形で急きょ決定したものだ。 追加となったのは8月12日渋谷WWW、8月21日、22日 下北沢GARDENの3公演で、『Happy Birthday SATOち』、『Happy Birthday 逹瑯』のサブタイトルが付けられ、 SATOち(Dr)と逹瑯(Vo)の誕生日に絡んだ公演となる。

『哀愁とアンティークと痛みも葬るツアー 』

7月29日(土) 愛知 名古屋ボトムライン 
7月30日(日) 愛知 名古屋ボトムライン 
8月01日(火) 兵庫 神戸太陽と虎
8月02日(水) 兵庫 神戸太陽と虎
8月05日(土) 東京 目黒鹿鳴館 
8月06日(日) 東京 目黒鹿鳴館 

<追加公演>
『Happy Birthday SATOち』 
8月12日(土) 東京 渋谷WWW

『Happy Birthday 逹瑯』
8月21日(月) 東京 下北沢GARDEN
8月22日(火) 東京 下北沢GARDEN

※未就学児童入場不可

アルバム『新痛絶』

2017年8月9日(水)発売



【完全限定生産盤】(2CD+PLUS)
¥4,649+tax
※3,000枚限定販売
※多角レンチキュラージャケット+撮り下ろし写真入りブックレット

【通常盤】(2CD)
¥3,500+tax

アルバム『新葬ラ謳』

2017年8月9日(水)発売



【完全限定生産盤】(2CD+PLUS)
¥4,649+tax
※3,000枚限定販売
※多角レンチキュラージャケット+撮り下ろし写真入りブックレット

【通常盤】(2CD)
¥3,500+tax



【関連リンク】
MUCC、ツアー追加公演はメンバーの生誕祭に
MUCCまとめ
VAMPS、全国ツアーを締めくくるアリーナ公演開催 &VIPチケット販売も決定

【関連アーティスト】
MUCC
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, ツアー

VAMPS、全国ツアーを締めくくるアリーナ公演開催&VIPチケット販売も決定
Thu, 27 Jul 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2年半ぶりのニューアルバム『UNDERWORLD』を提げ、現在全国ツアー中のVAMPSがアリーナ公演を開催することが発表された。すでに9月のU.S.公演も発表されており、国内外での活動をさらに広げる形だ。

また、このアリーナ公演ではVIPチケットの販売も決定している。詳細はオフィシャルHPまで!

■『VAMPS LIVE 2017 UNDERWORLD』

※終了分は割愛
9月02日(土) 北海道 ZEPP SAPPORO
9月03日(日) 北海道 ZEPP SAPPORO
9月17日(日) 宮城 SENDAI PIT
9月18日(月・祝) 宮城 SENDAI PIT
※6歳未満のお客様のご入場はお断りいたします。

10月21日(土) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
11月05日(日) 千葉 幕張メッセ イベントホール

<チケット料金>(税込)
・VIP TICKET ¥54,000 (指定席)
VAMPSとミート&グリート / ロイヤルボックスシート(スタンド席)での鑑賞 / VIP 特典グッズ付 / オリジナルVIP PASS / VIP専用入退場レーンのご利用 / VIP専用グッズ販売レーンのご利用
・アリーナスタンディングブロック指定 ¥9,720
・スタンド座席指定 ¥9,720
※年齢を問わず、お一人様1枚のチケットが必要です。
※6歳未満のお客様はスタンディングエリアにはご入場いただけませんので指定席をご利用ください。



【関連リンク】
VAMPS、全国ツアーを締めくくるアリーナ公演開催 &VIPチケット販売も決定
VAMPSまとめ

【関連アーティスト】
VAMPS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ツアー, チケット













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1