歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年07月24日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
【Fo\'xTails】激しさの中にジャズを取り入れたチャレンジ作
Mon, 24 Jul 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アニメ『時間の支配者』のOPテーマとしてオンエア中の6thシングル「RULER GAME」。これまで全てのシングルがアニメのタイアップに起用されてきたFo\'xTailsに、夢に向かう熱い想いも葛藤もストレートにぶつけた本作について話を訊いた。

──「RULER GAME」はTVアニメ『時間の支配者』のOPテーマ曲ですが、激しさもありつつ今までのFo\'xTailsとは違うアプローチのドラマチックな曲になりましたね。

鳴風
「今回は曲を制作する前にアニメの監督さんたちとお会いして打ち合わせをしたんです。そこで“疾走感とアニメの王道感、さらにジャズの要素”を入れたいという話になって作った曲です。自分自身はジャズギターは弾けないので、そこはリズム隊に任せようと(笑)。」

坂本
「鳴風がピアノとウォーキングベースをデモに入れてきたんですよ。あれは確かにジャズっぽくなる。」

鳴風
「作品のテーマが“時間”なので、ピアノの音で時計の針が進むイメージを出したいなと思って。」

──チャレンジしたシングルなのですね。

鳴風
「そうですね。今までのFo\'xTailsになかった曲を作りたくてサビのメロディーも何回も書き直して。」

takao
「ピアノやイントロのゴリゴリな部分だったり、最初はサウンドのほうが強かったので、サビに耳に残るキャッチーさが欲しいと思って鳴風にお願いしました。」

──歌詞も“時間”という言葉がキーになっていて、《運命の支配者-RULER-は自分さ》と歌っていますよね。

takao
「はい。原作で主人公がトランプを持って闘ったりするところから、“ギャンブル”が頭に浮かんできて、“ルーレット”という言葉を入れていたりしますね。あとは、“過去に戻りたい”や“時間を巻き戻したい”という後悔も描かれている作品なので、自分と重なる部分があるなって。歌詞は松井洋平さんと共作しているんですが、一番伝えたかったのは《止まっていた明日さえも、踏み出していく意志は奪えない》というところですね。今までの人生を俺はこういうふうに進んできたなって思えた歌詞でもあります。」

坂本
「ベースはロックバンドの人間が弾くジャズのイメージになっているとは思うんですけど、そういう部分を1番で出して、2番はもっと攻めて主張していますね。」

──ギターソロは鍵盤とバトルしてるような雰囲気もあるし。

鳴風
「ソロは考えて弾くタイプじゃないんですよ。その時のマインドで…何か言ってたっけ?(笑)」

takao
「いや、曲全体の流れにはこだわってたけど。」

坂本
「グルーブ的なものとか鳴くん節だよね。」

テラ
「今までと違う変則的な曲なので僕はジャズの知的なところを入れられたなと思って、2番でオクターブで下がっていくクロマチックスケールを取り入れています。」

──カップリングの「最低で最愛なヒカリ」は今作の中でもっともラウドに振り切れていますね。

鳴風
「これはtakaoからずーっと“激しい曲やりたい”って言われていたんで、“分かりました”と(笑)。」

takao
「自分の感情をぶつけたかったので、ロックで激しくて速いヤツって言ってて。で、曲を聴いて“バッチシ!”って(笑)。」

テラ
「デモが送られてきてすぐtakaoくんから電話がきて、“聴いた? いいよね”って(笑)。」

takao
「インディーズ時代からFo\'xTailsがやっていたような曲調なんですよ。それでいてサビがメロウで、4つ打ちのリズムにはまっていて、“最高! 言いたいことが全部言える”って。」

──タイトルですが、なぜ“最高”じゃなくて“最低”なのですか?

takao
「自分が追いかけている夢や憧れって光が強すぎる分、“何でこんな夢見ちゃったんだろう?”って思うことがあるんですよ。そう感じるのは自分だけじゃないと思ったので、そういう迷いをぶち壊してほしいと思って書きました。時に猛毒にもなる夢だから“最低で最愛なヒカリ”と。」

──なるほど。打って変わって「curtain」は夏空が似合うような疾走感のある曲ですね。

takao
「この曲は鳴風が曲も歌詞も書いて持ってきて、歌詞はあとで共作しました。鳴風は俺にはないロマンチックな部分があって、人に向けた想いを書いてたんですけど、自分も曲を聴いた時に夏の情景が浮かんだから、“教室”や“放課後”という言葉を入れて青春っぽい感じに落とし込んだんです。」

鳴風
「最初は大事な人が生き甲斐をなくしてたから、元気出してほしいなと思って書いた曲だったんですけど。」

takao
「この曲にも鍵盤が入っているんですが、こっちは生ピアノですね。柔らかい感じがすると思う。」

──これもアニメのタイアップになったら合いそうですね。

坂本
「そうですね。1枚通して言うと、今までのシングルでは自分たちのいろいろなカラーを出した曲を入れようという気持ちが先行してたんですけど、今回は自分たちがやりたいことを優先した感じです。結果、3曲とも表題曲でもいける強さのある曲が揃ったなって。」

テラ
「カップリングはtakaoくんがやりたい曲が採用されたんですけど、歌詞を含めて刺さってきましたね。「最低で最愛なヒカリ」に出てくる夢は自分たちにとっては音楽。追いかける過程で痛みも知るけど、最愛だからこそバンドを続けていくんだって改めて思いました。「curtain」はノスタルジックな曲で、いろいろ思い出しましたね。歌詞のように“登下校の時、あの娘とふたり乗りしたなぁ”とか(笑)。」

──(笑)。あと、ジャケットがカッコ良いですよね。

坂本
「これCGじゃなく実物なんです。よく見ると楽器やマイクのパーツが使われてるんです。」

takao
「ミュージックビデオにもチラッと出てきますよ。初めて全員が演技してるので、それも楽しみにしててください。」

──今年は11月に4周年のライヴもありますね。

takao
「そうなんです。集大成というより、この4年間で俺たちを見つけてくれた人、応援してくれている人への感謝。初めて来る人も含めて“俺たちを見つけてくれてありがとう、これからもよろしくね”って全力で挑みます!」

取材:山本弘子

シングル「RULER GAME」

2017年7月26日発売
Lantis



LACM-14619
?1,300(税抜)

『Fo’xTails 4th Anniversary ONE-MAN Live 〜Thanks 4 given〜』

11/03(金) 大阪・梅田 Zeela
11/18(土) 東京・青山 RizM

Fo\'xTails

フォックステイルズ:2013年11月15日、坂本尭之が中心となり結成されたロックバンド。その個性ある才能を評価され、15年に人気アニメ『黒子のバスケ』第3期ED主題歌「GLITTER DAYS」でLantisよりメジャーデビュー。その後はレコ発ツアー全国8カ所を行脚。熱くアグレッシブなライヴパフォーマンスでオーディエンスを魅了し、注目を浴びている。16年12月には全てのシングル曲を収録した1stフルアルバム『INCEPTION』をリリース



【関連リンク】
【Fo\'xTails】 激しさの中にジャズを取り入れたチャレンジ作
Fo\'xTailsまとめ
<カノエラナ連載 その3> カノ絵日記 〜もっとkwsk知りたいかい?〜 【図解】「たのしいバストの数え歌」を解説

【関連アーティスト】
Fo\'xTails
【ジャンル】
J-ROCK, okmusic UP\'s vol.155, インタビュー

<カノエラナ連載 その3> カノ絵日記 〜もっとkwsk知りたいかい?〜 【図解】「たのしいバストの数え歌」を解説
Mon, 24 Jul 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

カノエラナの初企画、3rd mini album 「カノエ暴走。」の発売を記念して、絵と文によるコラム連載です。カノエのカノエによるカノエワールドぶった斬り企画、さてさて何を暴露するのでしょうか?お楽しみに〜。

おはよう世界、こんばんは世界、カノエです。

最近自分の中でパイナッポーブームがきております。
何故なのかは全く分かりません。
ですがスーパーに行く度に探しております。
パイナッポー…それは…魅惑の果実…。
っと、そんなことはどうでも良いのです。

今回は、3rd mini album「カノエ暴走。」に収録されている3曲目、
アルバムを飾るリード曲の「たのしいバストの数え歌」の謎を紐解いていきましょう。

何故この曲をリードに?と思った方、その考えは正しいです。
推している本人もあまりよく分かっていません。
まずこの曲は、去年のハロウィンのとある出来事によって生み出されました。
東京のハロウィンといえば、年々派手になっていってますよね。右に歩けばゾンビ、
左に歩けばマ●オ、人混みは半端ないし、渋谷のセンター街は満員電車の中のようです。
そう、ハロウィンの日に自分は普通に電車に乗っていたのです。大好きな家に帰る為に。
ごく普通な日常を送っていただけなのです。

だからヨリミツサン(マネージャーさん)から送られてきた翌日のスケジュールを
スクショしただけなのです。カシャリと。

ところがまさかの展開に…目の前にいた血まみれナースのお姉様方が
「きゃーっ撮られたかもなんだけど」
「まぢで?きもーいww」
「まぢさいあくーwww」
と小声でボソボソ言い出したんです。

きっとお酒もテンションのスイッチも入っていたのでしょうね…
分かります…分かりますけどね…
撮りませんよ!!!いくらお姉様方が綺麗でも!!!!
しかもどっちかというとナース服より婦警服のほうがそそるでゲフンゲフン!!!!
……とにかく、どんな方なのか気になった自分は、
電車を降りる時にチラリと振り返ってみたのです。

そしたら、なんと、
撮られたと騒いでいたお姉様のお胸から…
立派なパットがはみ出ているではありませんか…。

その瞬間、なぜか脳裏に曲の冒頭である「ABCDEFG〜」のメロディーが浮かんできたのです。
お姉様はお姉様で頑張ってたんだな…何でだろう…涙で霞んで…前が…見えないや状態に陥ってしまい、
帰り道を全力疾走しながらボイスレコーダーにこの曲の元となる部分を吹き込みました。
少し聴くだけだと、変な歌だと思われがちな「たのしいバストの数え歌」、
物語の背景に、1人のシンガーソングライターの怒りを鎮め、更には創作意欲までもを掻き立ててくれたお姉様方がいたことを、
ここに記しておきます。

ミニアルバム『カノエ暴走。』

2017年7月19日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31343/4/¥2,000(税抜)
<収録曲>
■CD
1. 私立カノエ厨学校校歌
2. 沼に落ちて
3. たのしいバストの数え歌
4. ダイエットのうた
5. SNS
6. バレンタインのうた
■DVD
・ご挨拶ワンマンツアー2017「勇者を探して三千里〜ぼっちで広げる旅の地図〜」【弾き語り編】 at HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心
1. トーキョー
2. おーい兄ちゃん
3. 大事にしてもらえよ
・「鉄壁スカート」レコーディングドキュメンタリー 〜漆黒のゴールドウィングで音録ったばい〜



【通常盤】(CD)
WPCL-12704/¥1,500(税抜)
<収録曲>
1. 私立カノエ厨学校校歌
2. 沼に落ちて
3. たのしいバストの数え歌
4. ダイエットのうた
5. SNS
6. バレンタインのうた



【関連リンク】
<カノエラナ連載 その3> カノ絵日記 〜もっとkwsk知りたいかい?〜 【図解】「たのしいバストの数え歌」を解説
カノエラナまとめ
【DIR EN GREY、PIERROT】 『ANDROGYNOS』 2017年7月7日 at 横浜アリーナ

【関連アーティスト】
カノエラナ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, 連載コラム, カノエラナ / カノ絵日記 ~もっとkwsk知りたいかい?~, シンガーソング・ライター

【DIR EN GREY、PIERROT】『ANDROGYNOS』2017年7月7日 at 横浜アリーナ
Mon, 24 Jul 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 “ANDROGYNOS”とは“男女両性の特徴を持つ”という意味で、そこから転じて“性の差異を超えて自由に考え行動しよう”という考え方だということだが、このふたつのバンドのジョイントライヴとして実に上手いタイトルを付けたものだと思う。PIERROTとDIR EN GREY。ともにヴォーカル、ギター2本、ベース、ドラムスの5人編成。所謂ビジュアル系と呼ばれるシーンから同時期にメジャーデビューしており、90年代後半に音楽シーン全体を盛り上げた存在だ。ライヴにおいては一見、観客を突き放すようなパフォーマンスを展開するところも似ている。しかしながら、(少なくとも今となっては)明らかにその音楽性は異なり、しかも一方はある時、突然その歩みを止め、もう一方は自らの持ち場を堅持し続けた。そんな容姿や出自は近いようで本質は遠い2バンドが──それゆえにここまで交わることのなかった同士が、同じステージにて邂逅するというのは、まさに両性具有的なライヴイベントであり、差異を超えて自由に行動しようという意思の感じられるタイトルであった。

 この日の先行はDIR EN GREY。“圧倒的”とはこういうことを言うのだろう。“どうだ!?”と言わんばかりの堂々たるステージだった。まず、京(Vo)のヴォーカルパフォーマンスが素晴らしい。単にレンジが広いだけでなく、ハイトーンからデスヴォイスまで表現力が豊かで、あれだけ激しい歌い方にもかかわらず、最後まで安定した歌声を披露。そんな京の歌を乗せるバンドサウンドはかなりタフでなければならないわけだが、7弦ギター、5弦ベースを駆使したアンサンブルはもちろん、重厚かつ鮮烈。「INCONVENIENT IDEAL」といった意図的にポップさを排除したような楽曲では、オーディエンスはただ立ち尽くすしかない様子で、演奏の緊張感が会場全体を支配し続けた。観客との合唱も悪くないが、DIR EN GREYにはこうしたスリリングな空気の方が似合う気はする。「激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇」を演奏し終えたメンバーがステージを去った後、自分の後ろにいた、おそらくピエラーであろう観客のひとりが“やべぇ、超カッコ良いんだけど!”と歓喜の声を上げていた──この感想が全てを物語っていたような気はする。

 久々の復活となったPIERROTのステージは“熱狂”であり、キリト(Vo)の定番MCから言葉を拝借すれば“狂信”であったと思う。DIR EN GREYのファン=虜も混在しており、初見のオーディエンスも多かったはずではあるが、「MASS GAME」「Adolf」から振りを合わせ、続いて手扇子、ヘドバンを繰り返す、ピエラーたちの統率力の高さはやはり圧倒的なものであった。「AGITATOR」では観客のジャンプで床が明らかに揺れていたほど。PIERROTの楽曲はサビがキャッチーなものが多く、乗りやすいからであろうが、中盤のパンキッシュなナンバーを挟んで、ラストまで尻上がりに場内のテンションが上がっていく。特に「CREATURE」「MAD SKY -鋼鉄の救世主-」「蜘蛛の意図」でのイントロが鳴った瞬間の歓声の大きさは特筆すべき感じだった。ピエラーも楽しそうだったが、ステージ上のメンバーも同様に楽しそうだったのも印象的で、キリトとアイジ(Gu)が寄り添う姿や、潤(Gu)とTAKEO(Dr)とがアイコンタクトしている様子、客席を微笑ましく見つめるKOHTA(Ba)を目の当たりして、虜の人たちの中にも“何かいいな”と感じた人は少なくなかったと思う。キリトは“君たちはひとつに溶けてしまっている”と言っていたが、あそこまではっきりと観客が多幸感に包まれていることが確認できるライヴはそうあるもんじゃない。

取材:帆苅智之

セットリスト

【DIR EN GREY】

1.Revelation of mankind

2.audience KILLER LOOP

3.FILTH

4.空谷の跫音

5.OBSCURE

6.Chain repulsion

7.輪郭

8.INCONVENIENT IDEAL

9. Sustain the untruth

10.THE FINAL

11. AGITATED SCREAMS OF MAGGOTS

12.CHILD PREY

13.Un deux

14.詩踏み

15.激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇

【PIERROT】

1.MASS GAME

2.Adolf

3.ENEMY

4.AGITATOR

5.脳内モルヒネ

6.ドラキュラ

7.THE LAST CRY IN HADES (NOT GUILTY)

8.HELLO

9.新月

10.REBIRTH DAY

11.※自主規制

12.CREATURE

13.MAD SKY -鋼鉄の救世主-

14.蜘蛛の意図

<ENCORE>

HUMAN GATE



【関連リンク】
【DIR EN GREY、PIERROT】 『ANDROGYNOS』 2017年7月7日 at 横浜アリーナ
DIR EN GREYまとめ
PIERROTまとめ
ルイ・トムリンソンがビービー・レクサ参加の新曲MVを公開

【関連アーティスト】
DIR EN GREY, PIERROT
【ジャンル】
ライブ・フェス, ヴィジュアル, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.156

ルイ・トムリンソンがビービー・レクサ参加の新曲MVを公開
Mon, 24 Jul 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ワン・ダイレクションの一員として活躍し続けてきたルイ・トムリンソンが7月21日(金)にソロ第2弾シングル「バック・トゥ・ユー feat. ビービー・レクサ&デジタル・ファーム・アニマルズ」を解禁し、同日深夜にMVを公開した。

ルイ本人と英ロンドン出身で現在人気急上昇中のDJ/ソングライター、デジタル・ファーム・アニマルズの2人によって共作された今回のシングルについてルイは、『この曲はどんなにがんばって忘れようとしても、最後はなぜかその人との仲が戻ってしまう内容の歌なんだけど、あまり悲嘆的な曲にはならないようにしたんだ』と自身のSNSで語っている。手放すことが出来ず結果的にその(愛する)人の元へ戻ることを歌ったロマンチックな内容に仕上がった同シングルには、米ニューヨーク出身のシンガー・ソングライター、ビービー・レクサも参加しており、彼女の甘くパワフルな美声がルイの想い描くラヴ・ソングの世界観をさらに引き立たせている。

また、配信同日にあわせて公開されたMVはルイの故郷である英ドンカスターで撮影され、スポーティーなアスレジャー・ファッションに身を包んだルイに加え、ビービー・レクサも全編にわたり出演。別々に街中を巡り歩く2人が最後には一緒になる様子が描かれており、まさにルイがシングルに込めた『最後はなぜかその人との仲が戻ってしまう』というメッセージが表現されている。また、ルイが特技であるサッカーを披露したり、あどけない表情で笑うシーンなど、全編を通して彼の魅力を感じることができる。現在ソニー・ミュージック洋楽公式Twitterではシングル・リリースと最新MV公開を記念し、ルイから日本のファンにむけたメッセージ・コメント映像(字幕付)も公開中だ。

海外メディアの取材に対し当初ワン・ダイレクションの活動休止に反対していたルイは『1Dが休止に入る前の最後の年、僕はこれまでにないくらい自信を持てたんだ』と心境の変化を語っており、ソロ・アーティストとして本格始動することを決意した彼が贈る、世界的ヒットを記録した「ジャスト・ホールド・オン」に続く待望のニューシングル「バック・トゥ・ユー feat. ビービー・レクサ&デジタル・ファーム・アニマルズ」と、今後の彼の活動に世界中のファンから期待と注目が集まる。

■「バック・トゥ・ユー feat. ビービー・レクサ&デジタル・ファーム・アニマルズ」iTunes購入リンク
https://itunes.apple.com/jp/album/back-to-you-feat-bebe-rexha-digital-farm-animals-single/id1253396093?app=itunes&ls=1
■ルイ・トムリンソン 字幕付コメント
https://twitter.com/INTSonyMusicJP/status/888534082069479425

■「バック・トゥ・ユー feat. ビービー・レクサ&デジタル・ファーム・アニマルズ」MV


https://www.youtube.com/watch?v=-HjpL-Ns6_A配信シングル「バック・トゥ・ユー feat. ビービー・レクサ&デジタル・ファーム・アニマルズ」

2017年7月21日より配信開始



【関連リンク】
ルイ・トムリンソンがビービー・レクサ参加の新曲MVを公開
Louis Tomlinsonまとめ
ワン・ダイレクションまとめ
コラブロ、アルバム『ホーム』を9月27日にリリース&2018年2月に来日公演が決定

【関連アーティスト】
Louis Tomlinson, ワン・ダイレクション
【ジャンル】
洋楽, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表

コラブロ、アルバム『ホーム』を9月27日にリリース&2018年2月に来日公演が決定
Mon, 24 Jul 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

スーザン・ボイルやポール・ポッツなど数々のスターを生んだ、イギリスの大人気オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』の2014年度優勝者であるコラブロのニューアルバム『ホーム』が、9月27日(水)に発売される。

今作はメンバーが4人となってから初のオリジナルアルバムとなり、彼らの十八番とも言えるミュージカルナンバーの他、フランク・シナトラのカヴァー、そしてグループ初となるオリジナル・ソングも収録という、ボリューム感満載の1枚に仕上がっている。そして、2018年2月には約2年半ぶりとなる単独来日公演も決定。アルバムの初回生産限定盤の購入者を対象に、アルバム封入先行を実施する。一般発売に先駆け、初回限定盤のみに来日公演チケットの先行受付詳細が封入となり、ますますアルバムへの期待値は膨らむばかりだ。

アルバム『ホーム』

2017年9月27日発売



価格:¥2,500+税
<収録曲> ※()内はオリジナル出典
1.This is the moment | 時が来た(ジキルとハイド)
2.Empty Chairs at Empty Tables | カフェ・ソング(レ・ミゼラブル)
3.Beauty and the Beast | 美女と野獣(美女と野獣)
4.Til I Hear You Sing | 君の歌を聞けるまで(ラヴ・ネヴァー・ダイズ)
5.Send in the Clowns |悲しみのクラウン(リトル・ナイト・ミュージック)
6.That‘s life | ザッツ・ライフ(フランク・シナトラ カヴァー)
7.Don\'t Rain on My Parade | パレードに雨を降らせないで(ファニー・ガール)
8.Bui Doi | ブイ・ドイ(ミス・サイゴン)
9.December,1963(Oh What a Night) | あの素晴らしき夜(ジャージー・ボーイズ)
10.Journey to the Past | ジャーニー・トゥ・ザ・パスト(アナスタシア)
11.He Lives in You | ヒー・リヴズ・イン・ユー(ライオン・キング)
12.For Good | 永遠に(ウィキッド)
13.Lighthouse | ライトハウス (オリジナル・ソング)

◎初回生産分限定盤 仕様
・アルバム封入先行(来日公演先行受付の詳細を封入)
・三方背BOX仕様
・メンバーによるメッセージカード封入予定

【単独来日公演 詳細情報】

2018年2月に約2年半ぶりの単独来日公演決定。
公演、チケット詳細は9月にLive Nation Japanオフィシャル・サイトにて発表予定。
https://www.livenation.co.jp/



【関連リンク】
コラブロ、アルバム『ホーム』を9月27日にリリース&2018年2月に来日公演が決定
Collabroまとめ
UEBO、シングル「Moonlight Wedding」夏限定SPパッケージをライブ会場&WEBにて販売

【関連アーティスト】
Collabro
【ジャンル】
洋楽, ニュース, アルバム, 発表, 新曲, リリース, ライブ

UEBO、シングル「Moonlight Wedding」夏限定SPパッケージをライブ会場&WEBにて販売
Mon, 24 Jul 2017 19:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

注目のシンガーソングライター・UEBO(ウエボー)が、シングル「Moonlight Wedding」にミニトートバッグが付属したスペシャルパッケージを今夏限定で発売することが決定した。販売期間は8月20日〜9月30日までで、購入できるのもUEBOが出演する当日のライブハウス会場とWEB STOREのみという特別限定販売となる。

CDシングルは全4曲入り。タイトル曲「Moonlight Wedding」はアコースティックなレゲエサウンドに乗せた、夏のウェディングソングの新定番だ。さらに元DRY&HEAVY “The K"が手掛けたリミックスも収録! 耳に心地いいラヴァーズレゲエがフロアをやさしく揺らすダブワイズな一曲に仕上がっている。また、カップリングにはライブでも人気の「JOURNEY」を収録している。

一方、付属のミニトートバッグはヤシの実をあしらった夏らしい小物入れに最適なサイズで、ライブ会場販売分とWEB STORE販売分で販売されるカラーも異なるとのこと。こちらは8月20日(日)鎌倉LOOPにて開催されるワンマンライブ『Kamakura Dreamin\'』から販売スタートとなるので、気になる人は早めのチェックを!

シングル「Moonlight Wedding」【UEBO夏限定スペシャルパッケージ】

2017年8月20日〜9月30日までの期間限定発売



品番:MSE-0010
※ミニトートバッグ付き
・会場販売用とWEB STORE販売用でカラーが異なります。
・画像の色と商品の色が異なる場合がございます。
<収録内容>
M1 「Moonlight Wedding」
M2 「JOURNEY」
M3 「Moonlight Wedding (K\'s Sunset Lovers Mix)」
M4 「Moonlight Wedding Inst」 オリジナルカラオケ

【シングル「Moonlight Wedding」UEBO夏限定スペシャルパッケージ 販売会場】

「ワンマンライブ “Kamakura Dreamin\'“」
8月20日(日) 鎌倉LOOP

「月刊STAYG 9月号」
9月08日(金) 神戸CASHBOX

「香川裕光×UEBO 〜KAGABO LIVE 2017〜」
9月10日(日) 広島 caf? Dining Stella

「宮本毅尚 “Will you marry me 〜CD発売記念ライブ〜」
9月24日(日) 名古屋sunset BLUE

「PALOOZA presents UEBO meets 森広隆 2MAN Circuit!」
9月29日(金) 柏PALOOZA



【関連リンク】
UEBO、シングル「Moonlight Wedding」夏限定SPパッケージをライブ会場&WEBにて販売
UEBOまとめ
魔法少女になり隊、1stフルアルバムの全貌解禁!

【関連アーティスト】
UEBO
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 発表, リリース, 特典

魔法少女になり隊、1stフルアルバムの全貌解禁!
Mon, 24 Jul 2017 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

魔法少女になり隊が9月27日(水) にリリースする1stフルアルバム『魔法少女になり隊〜まだ知らぬ勇者たちへ〜』の全貌が、開設されたばかりのアルバム特設サイトにて一挙公開された。

“完全無敵の初回盤X”はCD+DVDという2枚組のゲームソフト仕様スペシャル・パッケージとなり、CDにはシングル「KI-RA-RI」「革命のマスク」「ヒメサマスピリッツ」や、7月の自主企画ライブで披露された新曲「完全無敵のぶっとバスターX」のほか全13曲を収録。また、DVDには7月2日(日)に東京・渋谷で開催されたライブ『魔法少女になりな祭2017』から「ヒメサマスピリッツ」「BA・BA・BA ばけ〜しょん」「完全無敵のぶっとバスターX」「冒険の書1」の4曲と、シングル「KI-RA-RI」「革命のマスク」「ヒメサマスピリッツ」と、新曲「完全無敵のぶっとバスターX」の最新MVが収録される豪華盤となっている。さらに、通常盤には彼らのインディーズ時代の代表曲ともいえる「冒険の書1」を新たに再アレンジ・再レコーディングした「冒険の書1-album ver.-」がボーナストラックとして収録される。

そのオリジナリティーある世界観と楽曲で、国内外から加速度的に注目度を増し続ける魔法少女になり隊。この夏は全国各地で開催されるフェスへの出演が決定している中、8月26日〜27日の2日間、台湾で開催されるライブイベント『NO FEAR FESTIVAL 2017(2017無懼音樂祭)』への出演を発表! バンド初のアジア進出が決定した。

■アルバム『魔法少女になり隊〜まだ知らぬ勇者たちへ〜』特設サイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/mahousyoujoninaritai/1st-album/

■1stフルアルバム『魔法少女になり隊〜まだ知らぬ勇者たちへ〜』特報


https://youtu.be/hmoXuX8T95cアルバム『魔法少女になり隊〜まだ知らぬ勇者たちへ〜』

2017年9月27日(水)発売



【完全無敵の初回盤X】(CD+DVD)
SRCL-9525〜9526/¥3,703+税
※ゲームソフト仕様スペシャル・パッケージ
<収録曲>
■CD
1. START〜まだ知らぬ勇者たちへ〜
2. 完全無敵のぶっとバスターX
3. my!show!time!
4. KI-RA-RI
5. ハッピーエンドの魔法
6. 革命のマスク
7. first star
8. ヒトリ サク ラジオ
9. Call me From Hell
10. アルテ魔ダンテ
11. ヒメサマスピリッツ
12. 願い星
13. END〜まだ知らぬ勇者たちへ〜
■DVD
・[魔法少女になりな祭] LIVE AT 2017.07.02 SHIBUYA / TOKYO
1. ヒメサマスピリッツ
2. BA・BA・BA ばけ〜しょん
3. 完全無敵のぶっとバスターX
4. 冒険の書1
・MUSIC VIDEO 2016.09-2017.09
1. KI-RA-RI
2. 革命のマスク
3. ヒメサマスピリッツ
4. 完全無敵のぶっとバスターX

【通常盤】(CD)
SRCL-9527/¥2,685+税
<収録曲>
1. START〜まだ知らぬ勇者たちへ〜
2. 完全無敵のぶっとバスターX
3. my!show!time!
4. KI-RA-RI
5. ハッピーエンドの魔法
6. 革命のマスク
7. first star
8. ヒトリ サク ラジオ
9. Call me From Hell
10. アルテ魔ダンテ
11. ヒメサマスピリッツ
12. 願い星
13. END〜まだ知らぬ勇者たちへ〜
-BONUS TRACK-
冒険の書1-album ver.-

【2017夏 FES・イベント出演情報 】

『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』
8月06日(日) 茨城・国営ひたち海浜公園
出演ステージ:WING STAGE
出演時間:18:10〜出演

『KHB七夕ライブ』
8月08日(火) 仙台・勾当台公園野外音楽堂
出演時間:未定

『GLICO LIVE NEXT』
8月09日(水) 大阪・心斎橋 JANUS
開場 / 開演]:18:30 / 19:00
出演:魔法少女になり隊、ポルカドットスティングレイ、Yonige

『TREASURE 05X』
8月11日(金) 愛知・名古屋 E.L.L.
出演時間]:定

『NO FEAR FESTIVAL 2017(2017無懼音樂祭』
日程:8月26日(土)、27日(日)※出演日程未定(どちらか1日)
会場: 台湾・台中市圓滿?外劇場 Taichung Fulfillment Amphitheatre
出演時間:未定
出演:UNISON SQUARE GARDEN / Virgin Crab Band / ANARCHY STONE / Aftertalk / Leola / 妄想キャリブレーション / 魔法少女になり隊...and more(順不同)
※出演者随時発表



【関連リンク】
魔法少女になり隊、1stフルアルバムの全貌解禁!
魔法少女になり隊まとめ
欅坂46、初の野外ワンマン2daysが大盛況のうちに幕

【関連アーティスト】
魔法少女になり隊
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, トレーラー, アルバム, 発表

欅坂46、初の野外ワンマン2daysが大盛況のうちに幕
Mon, 24 Jul 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月19日に1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』をリリースした欅坂46が、7月22日(土)と23日(日)の2日間富士急ハイランド・コニファーフォレストにて初野外ワンマンライブを開催し、2日間合計で25,000人を動員した。

今回のライブタイトルは【欅共和国2017】と題され、ステージセットも大きなお城のような壮大なステージとなった。冒頭ではマーチング隊をイメージした衣装でメンバーが登場し行進と旗を使ったダンスで魅せる。大きなフラッグがステージに掲げられ、いよいよライブがスタートする。

再度Overtureで登場し、1曲目はデビューシングル「サイレントマジョリティー」でスタートする。曲とともに凄まじい量の水柱があがり客席だけでなくメンバーも1曲目からびしょ濡れの演出で度肝を抜く。ステージの屋根部分まで届きそうな水柱は野外ライブならではの光景である。

立て続けに2ndシングル「世界には愛しかない」のイントロが流れ、サビでは花道を大きく使ったパフォーマンスを披露し、最後のサビでは観客が膨らませたジェット風船が一斉に空に上がりまさに歌詞のように大空に虹がかかっており、満面の笑顔のメンバーが印象的だった。

そして、3rdシングル「二人セゾン」が披露され、冒頭からクライマックスのような演出が続き客席のボルテージはいきなり最高潮に達した。

その後続く、ユニット曲でも水を使った演出が続き7曲目で、グループ内で先駆けて全国ツアーを開催中の
けやき坂46が登場する。けやき坂46として単独全国ツアーを経験していることでライブパフォーマンスも大きく成長していることが伺えた。

ライブ後半の欅坂46とけやき坂46勢揃いで披露したダンスナンバーでは今までよりさらに一体感と迫力を増し、観客を圧倒していた。本編のクライマックスは、けやき坂46の中で人気のアッパーチューン「誰よりも高く跳べ!」、“笑わない"と言われる欅坂46の中でも笑顔でパフォーマンスする「手を繋いで帰ろうか」で締めくくられた。

アンコールでは意表を突く、坂道AKBの楽曲「誰のことを一番 愛してる?」を欅坂46メンバーで披露し客席を驚かせた。そして「不協和音」では平手のシャウトとともに火花が上がり、“カッコイイ"アイドルの“カッコイイ"ステージの真骨頂を見せつけた。最後は欅坂46とけやき坂46の全員で歌う「W-KEYAKIZAKAの詩」で幸せいっぱいの空間の中ライブは締めくくられた。

22日(土)の公演はここで終了したが、23日(日)は鳴りやまぬアンコールからダブルアンコールへ。再度ステージ時に登場したメンバー。『欅坂46は、今年初の全国ツアーを開催します! 欅坂46のパワーを皆さんに届けたいと思うので是非遊びに来てください!!』と平手が語ると、続けて『そして、今日は初めて、この曲をみなさんの前で披露したいと思います。1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』の中から....「危なっかしい計画」!!!!!』と叫び、この日初パフォーマンスとなるとびっきりのサマーチューン『危なっかしい計画』を披露。思わぬサプライズに客席は興奮の渦が巻き起こった。

他のアイドルと一線を画すと言われる欅坂46が、初の野外ワンマンライブで更にその表現の幅を広げていった2日間は初の野外とは思わせない迫力のパフォーマンスと全国ツアーで披露されるであろうアルバム曲への期待が膨れ上がるライブであった。光のような速さでで成長を続ける欅坂46、8月2日から開催される全国ツアーも見逃せない。

■【セットリスト】

M1 サイレントマジョリティー
M2 世界には愛しかない
M3 二人セゾン
M4 青空が違う
M5 僕たちの戦争
M6 渋谷からPAROCOが消えた日
M7 ひらがなけやき
M8 僕たちは付き合ってる
M9 大人は信じてくれない
M10 エキセントリック
M11 また会ってください
M12 制服と太陽
M13 微笑みが悲しい
M14 割れたスマホ
M15 語るなら未来を…
M16 誰よりも高く跳べ!
M17 手を繋いで帰ろうか
EN1 誰のことを一番 愛してる?
EN2 不協和音
EN3 W-KEYAKIZAKAの詩
D-EN 危なっかしい計画  ※23日(日)のみ

アルバム『真っ白なものは汚したくなる』

発売中



【初回仕様限定盤TYPE-A】(2CD+DVD)
SRCL-9482〜9484/¥4,611+税
【初回仕様限定盤TYPE-B】(2CD+DVD)
SRCL-9485〜9487/¥3,981+税
【通常盤】(CDのみ)
SRCL-9488/¥2,500+税

『欅坂46 全国アリーナ・ツアー2017(タイトル未定) 』

8月02日(水) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
8月03日(木) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
8月09日(水) 福岡・福岡国際センター
8月10日(木) 福岡・福岡国際センター
8月16日(水) 愛知・日本ガイシホール
8月17日(木) 愛知・日本ガイシホール
8月22日(火) 宮城・ゼビオアリーナ仙台
8月23日(水) 宮城・ゼビオアリーナ仙台
8月25日(金) 新潟・朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
8月29日(火) 千葉・幕張メッセ 国際展示場4〜6ホール
8月30日(水) 千葉・幕張メッセ 国際展示場4〜6ホール



【関連リンク】
欅坂46、初の野外ワンマン2daysが大盛況のうちに幕
欅坂46まとめ
河合奈保子、『NHK紅白歌合戦』などで披露した 全97曲を収めた映像作品を発表

【関連アーティスト】
欅坂46
【ジャンル】
ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, ライブ

河合奈保子、『NHK紅白歌合戦』などで披露した全97曲を収めた映像作品を発表
Mon, 24 Jul 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1980年代に活躍したアイドル・河合奈保子が出演した『NHK紅白歌合戦』『レッツゴーヤング』など、NHKに残る歌唱シーンを収めた3枚組DVD『河合奈保子 プレミアムコレクション 〜NHK紅白歌合戦&レッツゴーヤング etc.〜』が8月30日にリリース。彼女の誕生日にあたる7月24日に、その収録内容が発表された。

DVD-BOXには1980年から1995年に放送された『NHK紅白歌合戦』『レッツゴーヤング』を始め、『ヤングスタジオ101』『NHK歌謡コンサート』など、NHKに残るテレビ番組の中からセレクトした歌唱シーン97曲が収録される。河合奈保子のテレビ歌唱シーンが商品化されるのはこれが初めてで、アイドルからアーティストへと変化していく軌跡が蘇ってくる作品となっている。

あわせて、高音質CD「UHQCD」を採用したベスト盤『河合奈保子 ゴールデン☆ベスト』も同時リリースされることが発表されており、こちらも気になる方はぜひチェックしてほしい。

DVD『河合奈保子 プレミアムコレクション 〜NHK紅白歌合戦&レッツゴーヤング etc.〜』

2017年8月30日発売



COBA-6966-8/¥16,500+税
<収録内容>
1980年から1995年までNHKで放送された「NHK紅白歌合戦」「レッツゴーヤング」などのテレビ番組の中から、河合奈保子の歌唱シーンを収録いたしました。アイドルからアーティストへと変化していく、河合奈保子の軌跡が3枚組のDVDで甦ります。

アルバム『河合奈保子 ゴールデン☆ベスト』

2017年8月30日発売



COCP-40070/¥2,200+税
※高音質CD「UHQCD」採用
<収録曲>
1. スマイル・フォー・ミー
2. 大きな森の小さなお家(うち)
3. ヤング・ボーイ
4. 17才
5. ムーンライト・キッス
6. ラブレター
7. 夏のヒロイン
8. けんかをやめて
9. Invitation
10. エスカレーション
11. UNバランス
12. 疑問符
13. 唇のプライバシー
14. ジェラス・トレイン
15. デビュー〜Fly Me To Love
16. THROUGH THE WINDOW〜月に降る雪〜
17. 涙のハリウッド
18. ハーフムーン・セレナーデ



【関連リンク】
河合奈保子、『NHK紅白歌合戦』などで披露した 全97曲を収めた映像作品を発表
河合奈保子まとめ
DOBERMAN INFINITY、初主催イベントにて 豪華アーティスト14組と熱いパフォーマンスを披露

【関連アーティスト】
河合奈保子
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, アルバム, 発表, 名曲, テレビ番組

DOBERMAN INFINITY、初主催イベントにて豪華アーティスト14組と熱いパフォーマンスを披露
Mon, 24 Jul 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DOBERMAN INFINITYが初主催する『D.Island 2017』が7月22日(土)に東京・新木場 STUDIO COASTで開催され、豪華アーティスト14組が出演。さらにスペシャルゲストとしてコーラスグループのDEEPも登場し、DOBERMAN INFINITYも入れ総勢15組による、D.Islandでしか実現できない最高の夏フェスの幕開けとなった。

DOBERMAN INFINITYと言えば、デビュー1年目にも関わらずZepp Tokyoでのワンマンライブが即ソールドアウトとなり、2年目には全国Zepp ツアー及び幕張メッセとインテックス大阪での追加公演を開催。3年目となった今年はホールツアー全国11カ所、14公演を成功させ、その直後に3周年記念ライブを幕張メッセで2DAYS開催し約50,000人を動員するなど確実に実力を魅せてきている。6月 には2nd Mini Album「#PLAY」をリリースし、オリコンアルバムウィークリーチャート 4位を獲得するなど、今もっとも勢いのあるグループ。そんな彼らの初の試みとなった『D.Island 2017』は、みんなで楽しめる“空間"。自身の楽曲である「D.Island feat. m-flo」がコンセプトになっていて具現化したものだといい、メインステージだけではなく、DJステージ、飲食、いろんなエリアを使用し、DOBERMAN INFINITYにしか表現できない、まさに新感覚フェスを創り上げた。

イベントには、スダンナユズユリー、CREAM、JAY\'ED、LL Brothers、TEE、DJ HAL、DJ KEKKE、DJ SELECT、NAKKID、JOMMY、DJ YUA、DJ U.S.K、MC BULL、スペシャルゲストしてDEEPが出演。各グループがアップテンポな曲からバラードまで自身の楽曲を次々披露し、会場に集まった2400人を魅了していく中、最後に登場したのはもちろんDOBERMAN INFINITY。なんと、自身の楽曲でメインステージ全アーティストのそれぞれのイメージに合った楽曲をスペシャルコラボレーション。ここでしか観られない光景にファンは大興奮し会場はさらなる熱気に包まれた。

D.Islandを終えてSWAYは『僕たち初のプロデュースイベント「D.Island 2017」! 最初はどうなるかと、開催できるか不安もありましたが、今日皆さんの喜んでくださっている姿をみれて本当に嬉しく思います。参加してくださったアーティストの皆さん、スタッフさん、そして今日会場に集まってくださった皆さん、本当に皆さんがいないと実現できなかったです。ありがとうございます!』と感謝の気持ちを伝え、KUBO-Cは『自分たちにとっても来てくださった皆さんにとっても最高の空間(島)で何もかも忘れて楽しむ事が出来て良かったです!』と感想を述べた。

続いてP-CHOは『今回のラインナップは、みんな何かしらで繋がりがあって、D.Islandという空間を一緒に作り上げることができて、リハからみんな引き込まれている感じがあって、フェスってやっぱいいなと思いました。またみんなが発信する音楽で、ここからパワーや元気や素敵な場所になっていくと実感しました』と手ごたえを口にし、KAZUKIは『GSさんを始め4人のお兄さん方が先頭に立って動いてくださって、自分は最高のパフォーマンスで盛り上げられたなという想いで挑みました。このメンバーと参加してくださったアーティスト、ファンの皆さんと一緒にD.Islandを創ることができてめちゃくちゃ楽しかったですし、自分たちの夏の空間を表現できたのはとても最高でした』と想いを語った。

今回中心となって制作に関わったというGSは、『僕たちのたくさんの仲間やリスペクトするアーティスト、そういう人たちと自分たちを音楽で繋いでそれを皆さんにお届けしたい、そういう場にしたいなという想いが強かった』とイベントへの想いを明かし、『来年もぜひ音楽とたくさんの素敵なアーティストの皆さんと一緒に、楽しい空間をファンの皆さんへお届けしていきたいです。楽しみに待っていてください!』と力強く意気込んだ。

今後も各地のフェス出演を控えているDOBERMAN INFINITYが、今夏を熱く盛り上げることは間違いない。そんな彼らは先日、DOBERMAN INFINITYにとって“初づくし"となる作品を9月から3ヶ月連続でリリースすることを発表した。その第1弾となる作品が、“AK-69"との夢のタッグが実現した、初のコラボレーションシングル。こちらは9月13日にリリースすることが決定している。さらに7月24日には、世界的に爆発的なヒットをしているスニーカーケアブランド『Crep Protect(クレップ プロテクト)』とコラボレーションをしたDOBERMAN INFINITY×Crep Protectペーパークリーナーを8月1日から発売することを発表。発売に先駆け、コラボミュージックビデオ「Put Your Kicks UP」も公開した。計り知れないパワーで勢い増すDOBERMAN INFINITYに今後も注目したい。



【関連リンク】
DOBERMAN INFINITY、初主催イベントにて 豪華アーティスト14組と熱いパフォーマンスを披露
DOBERMAN INFINITYまとめ
DEEPまとめ
CREAMまとめ
JAY\'EDまとめ

【関連アーティスト】
DOBERMAN INFINITY, DEEP, CREAM, JAY\'ED, TEE, DJ Hal
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, ヒップホップ, ライブハウス, ライブ, ライブレポ

【イトヲカシ】『second one-man tour「中央突破」』2017年7月16日 at Zepp Tokyo
Mon, 24 Jul 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 ライヴは生モノ――。そんな聞き飽きた常套句も、紛れもない真実なのだと教えられるようなステージだった。路上ライヴをベースに支持の裾野を広げてきたイトヲカシが、3カ月にわたり16都市を回ってきた2ndワンマンツアーの最終日。CMでお馴染みの「スタートライン」から幕開けたステージは、自らの思い定めた王道でシーンを“中央突破”するという想いから名付けられたアルバムのツアーに相応しく、誰もが心を震わせる珠玉のメロディーで、頭から己の王道力を爆発させていった。抜けの良い伊東歌詞太郎の歌声は音源とまったく遜色ないものの、そこにパワフルなドラムビートと宮田“レフティ”リョウ(Ba&Gu&Key)のコーラスが加わって生まれる熱は、間違いなくライヴでしか体験できないもの。伊東がアコギを置いて“Everybody, Clap Your Hands!”と誘った「ハートビート」の湧きようも、満員のZepp Tokyoならではだ。

 ここで“やっぱり故郷なんですよ、東京は。みなさんにとっても東京が好きになってもらえるようなライヴにできたらな”と意気込みを語り、“僕らはチャレンジが好きなので”と初披露したのは「アイスクリーム」。テレビ東京 木ドラ25『さぼリーマン甘太朗』のエンディングテーマでもある新曲を軽快に届けると、熱っぽい息遣いがセクシーな「あなたが好き」、アコギでの弾き語りからロックサウンドへと躍動的に展開する「ヒトリノセカイ」ではライヴ特有の“瞬間の美学”を観せつける。特にやさしさと怒りすらも覗く荒々しさまでを緩急豊かに描いた後者は不思議な“生”のエネルギーを湛えて、ともすれば諦めの色の強かった音源とはまるで違う感覚を覚えたのが印象的だった。“全員に対する応援歌として、今日も歌わせていただきたいと思います”と前置いた「さいごまで」でも力強い歌声と柔らかなウィスパーの対比で聴く者の胸を掴み、“みんなで歌ってライヴを作り上げます!”と煽った「トワイライト」からは声を合わせて一体感を創り出す。「ドンマイ!!」ではクラップの嵐の中、宮田が右耳が詰まって医者に行った話、伊東が貸したお金をユーロで返してもらった話を“ドンマイトーク”として披露したのも、この日だけのお楽しみだろう。

 “楽しみ方を強要するアーティストが一番ダサイからね。楽しんでくれ、自由に!”。そんな伊東の言葉を体現するかのように「SUMMER LOVER」で思い思いに振られるタオルや拳にも、「スターダスト」での伊東の叫ぶようなヴォーカルにも、本編ラスト曲「Thank you so much!!」の感動的な大合唱にも、実に自由なエモーションが吹き荒れていた。その根本にあるのは、MCで伊東が語った通り“10歳の子が“いいな”と思って、その子が70歳になっても“やっぱりいいな”と思うような曲を目指していきたい”というポリシー。事実、アンコールで初披露された映画『氷菓』の主題歌「アイオライト」も、疾走感あるバンドサウンドとキャッチーなメロディーの組み合わせが“王道”な一曲で、彼らの有言実行ぶりを浮き彫りにしていた。

 “いつも会いたいです。前を向いたときにあなたがいてくれるからライヴができる。今があるのは昔があるから。絶対に忘れない、全てはつながっている…パズルのピースのように”。そう伝えて宮田が弾くピアノをバックにふたりだけのステージで届けられた「パズル」は、子守歌のようにやさしく聴く者の心を揺さぶって、挑戦に満ちたファイナルを締め括った。己が定めた王道をブレなく突き進む彼らの、あふれる感情がもたらすブレを味わえたステージ。そこには今を“生きる=ライヴ”する人間の偽りのない真実がある。

撮影:田中聖太郎/取材:清水素子

セットリスト

1.スタートライン

2.東方見聞ROCK

3.カナデアイ

4.ハートビート

5.アイスクリーム

6.あなたが好き

7.ヒトリノセカイ

8.さいごまで

9.トワイライト

10.ドンマイ!!

11.Never say Never

12.SUMMER LOVER

13.スターダスト

14.Thank you so much!!

<ENCORE>

1.アイオライト

2.パズル

イトヲカシ

イトヲカシ:伊東歌詞太郎(Vo)と宮田“レフティ”リョウ(Ba&Gu&Key)によるふたり組音楽ユニット。中学時代からの同級生であり、初めて結成したバンドのメンバーだったふたり。卒業後、別々の音楽活動を経て再会し、各々が培った音楽を一緒に発信すべく2012年にイトヲカシを結成。並行して、インターネットの世界に音楽を投稿、さまざまなアーティストへの楽曲提供やプロデュースワーク、サポートミュージシャンなどの活動をそれぞれが個々で行なっている。16年9月にシングル「スターダスト/宿り星」でメジャーデビューを果たした。



【関連リンク】
【イトヲカシ】 『second one-man tour「中央突破」』 2017年7月16日 at Zepp Tokyo
イトヲカシまとめ
SUGIZO、アルバム5作連続リリースの発表で 20th Anniversaryが本格始動!

【関連アーティスト】
イトヲカシ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.156

SUGIZO、アルバム5作連続リリースの発表で20th Anniversaryが本格始動!
Mon, 24 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ソロ活動20周年となる2017年7月9日にニューアルバム『ONENESS』のリリースと、ライヴ・ツアー『Unity for Universal Truth』の開催を発表したSUGIZOが、さらに珠玉の4作品をリリースする事がわかった。

昨年リリースされた、破壊と構築を繰り返した究極のエクスペリメンタル・アルバム『音』のアナログ盤&ハイレゾ盤、そして鬼才クリエイター達によるリミックスアルバム『SWITCHED-ON OTO』。さらに、1997年11月19日にリリースされた幻のファーストソロ・アルバム『TRUTH?』、同じく1997年にリリースされたリミックス3部作『REPLICANT LUCIFER』『REPLICANT PRAYER』『REPLICANT TRUTH?』から選りすぐりのトラックをコンパイルしたフルアルバム『REPLICANTS』。この幻の名盤2枚が、リマスター盤として、現代に美しく蘇る。

SUGIZOの進化は決して留まる事なく、尚も加速を増してゆく。 遂に全貌を見せ始めた20th Anniversaryプロジェクト。破壊と再構築を超えた先にのみ見出される、20年間の存在意義と、過去と未来の邂逅……ここから訪れる全てを、全霊で体感せよ。

【リリース情報】

アルバム『ONENESS』
2017年11月リリース

アルバム『音』
2017年9月リリース
※Vinyl Record & High-Resolution Audio

リミックスアルバム『SWITCHED-ON OTO』
2017年9月リリース
※Remixer:SYSTEM7、Logic System、Richard Devine、HATAKEN、藤井 麻輝(minus(-))、ATOLS …and more!!

アルバム『TRUTH?』
2017年10月リリース
※リマスター盤

アルバム『REPLICANTS』
2017年10月リリース

【ツアー情報】

11月19日(日)  石巻 BLUE RESISTANCE
11月22日(水)  名古屋 Electric Lady Land
11月23日(木・祝)  大阪 ESAKA MUSE
11月25日(土)  柏 PALOOZA
12月06日(水)  東京 Zepp Tokyo



【関連リンク】
SUGIZO、アルバム5作連続リリースの発表で 20th Anniversaryが本格始動!
SUGIZOまとめ
人生の晴れ舞台を彩ってくれる、プロポーズソング5選

【関連アーティスト】
SUGIZO
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, ライブ, ツアー

人生の晴れ舞台を彩ってくれる、プロポーズソング5選
Mon, 24 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

♪僕の髪が肩まで伸びて〜と歌う、吉田拓郎の「結婚しようよ」(72年)の時代から、多くのミュージシャンが歌い続けてきたプロポーズソング。ネット調べによると既婚者でしっかりプロポーズをした人は約4割、なんとなく言葉で伝えた人が約6割だそう。結婚なんて人生の中でもかなりの大事件、できるるならロマンチックで思い出に残るプロポーズをしたいもんですが。いざとなると照れくさかったり、なかなかそうはいかないもの。つうことで、今回はプロポーズを考えてる人、結婚を夢見てる人の背中を押すプロポーズソングをセレクト。結婚15年目の僕に言わせると、結婚する時にあまり盛り上がりすぎると、その後のギャップに耐えられないから、ほどほどがいいんじゃねぇかとも思いますが(笑)。

■1. 「Wherever you are」(’10)/ONE OK ROCK

10年リリース、ワンオクの出世作と言えるアルバム『Nicheシンドローム』収録。16年、NTTドコモのCMソングに起用されるや大きな反響を呼び、リリースから5年半が経ったアルバムのセールスが再び急上昇するという、珍しい事態を起こしたこの曲。ゆったりした曲調にTaka(Vo)の存在感と圧倒的な歌唱力が映える、美しくやさしいバラードソング。英語メインの歌詞の中で《愛してるよ 二人は一つに》といった、少し恥ずかしいくらいの日本語フレーズが印象に残る名曲。プロポーズの時に歌ったら、めちゃくちゃカッコ良いんじゃないでしょうか? ちなみにワンオクメンバーは今年2月にRyota(Ba)、6月にTomoya(Dr)が結婚を発表。この曲でプロポーズしたかは知らないけど、守るものができて、ますます逞しく男らしくなっていくであろうバンドの今後も楽しみです!


https://youtu.be/7GKy1K_98gQ■2. 「Yell」(’16)/超特急

平均年齢22歳程度。結婚を歌うにはまだちょっと早い気もする超特急が、ドラマ『お義父さんと呼ばせて』の主題歌として挑戦したウェディング・ソング。《新しいドアをノックして 未来の鍵を今ふたりであけて》と歌う、純粋で真っ直ぐなコーイチとタカシの歌声はキラキラした曲調にぴったりマッチしてるし、歌詞に合った幸福感溢れたダンスも思わず笑みがこぼれ、結婚15年にもなる僕も結婚式を思い出して、思わずキュンとしてしまった。取材の際、「結婚っていいもんですか?」とタクヤくんに聞かれてドキッとして、即答できなかった僕。次に誰かに同じ質問を聞かれた時は「結婚自体はそうでもないけど、家族ができるってのはいいもんだよ」と即答しようと思う。


https://youtu.be/KfP2-foIGOE■3. 「関白」(’05)/SEAMO

《まず厳しい話になるがOK? 聞いておけ俺の本音》と始まる、SEAMO解釈による、さだまさしの「関白宣言」のラップカバー。今どき亭主関白なんて流行らないし、そんなことしたら嫁さんに愛想付かされるのが関の山だけど。《愚痴は言うな! 俺は言うが 黙って聞いて つまらないギャグでも笑って》と遠慮がちに関白を宣言して、《息子が不調の時もある その時愛情を持って頼む》なんて下ネタも挟みながら、《好きだ宇宙一 オマエしかいないんだ》と照れくさい愛の言葉も告げるこの曲くらいの威張りん坊なら許してもらえるかも? オリジナルの「関白宣言」がリリースされたのが79年、SEAMOの「関白」がリリースされたのが05年。言ってもあれから12年も経っているので、そろそろ誰かが《LINEは見るな お互いのために》みたいな“現代Ver.”をリメイクしてもいい頃じゃない?


https://youtu.be/HiMSX4o05ZM■4. 「365日のラブストーリー。」(’11)/ソナーポケット

プロポーズソングの代表選手として、忘れちゃいけないのがソナポケ。11年にリリースしたこの曲で人気を集め、ラブソングやプロポーズソングの名曲を次々と排出。ソナポケの曲をきっかけに交際が始まったり、結婚したり、恋人同士でライヴに行ったりと、全国のカップルに幸せを届けてきた彼ら。以前、取材で「ひとつのアーティストが、1曲しかプロポーズソングを歌っちゃいけないという決まりはない」と断言し、「聴く人にもいろんなタイミングやシチュエーションがあるから、さまざまなかたちのプロポーズソングを出し続ける」とその意義を語っていたことが忘れられない。恋人に愛の言葉を届けたいけど、照れくさくって言えないなんて人はカラオケでも行って、ソナポケの力を借りて告白しよう。


https://youtu.be/3noiLnhGHq4■5. 「告白」(’08)/ファンキーモンキーベイビーズ

08年リリース、ファンモン8枚目のシングル。《君に伝えたいことがある》と始まる告白は、《それ以上の言葉を もっと上手に届けたいけど》と言いながら、大好きな気持ちをたどたどしく伝え、《やっぱ大好きしか出てこない》と結ぶ、ちょっとイラつくくらい不器用で女々しい男の物語だが。この歌詞の持つリアリティーに、世の中はそんな上手に愛を伝えられない人がほとんどで、この曲に勇気をもらった人がたくさんいるんだろうなと想像できたし、歯の浮くような愛の言葉や詐欺師のような巧みな言葉がなくても、しっかりと気持ちの伝わる彼らの歌の力に改めて感心した。ちなみにファンモン作品の特徴だった、ジャケットの有名人シリーズ。この作品で起用されていたのは船越英一郎でした!(笑)


https://youtu.be/FtGrJkXuC60TEXT:フジジュン



【関連リンク】
人生の晴れ舞台を彩ってくれる、プロポーズソング5選
ONE OK ROCKまとめ
超特急まとめ
SEAMOまとめ
ソナーポケットまとめ

【関連アーティスト】
ONE OK ROCK, 超特急, SEAMO, ソナーポケット, ファンキーモンキーベイビーズ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!

WANIMAの楽曲「CHARM」がキッコーマンの企業ムービータイアップソングに決定
Mon, 24 Jul 2017 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

WANIMAの楽曲「CHARM」がキッコーマン株式会社が公開した企業ムービー「おいしいって、金メダル。」篇のタイアップソングに決定した。さまざまな人たちの輝いている様子と笑顔が印象的に描かれており、海外からのお客様をもてなす日本人ホストファミリーと多様な国の友人たちとのパーティーを楽しむ日本人留学生や、空手の試合を見守る人々の輝いている姿が映し出されている。

なお、ムービーにはキッコーマン株式会社がサポート契約を結ぶ、空手日本代表の荒賀選手(男子・組手)、清水選手(女子・形)も出演しているので、こちらもチェックしてほしい。

■キッコーマン企業ムービー「おいしいって、金メダル。」篇(60秒)
https://kikkoman-sports.jp/tokyo2020/

■【WANIMAよりコメント】

CHARMを使って頂きありがとうございます。この時代をともに。この歌はお守りに。



【関連リンク】
WANIMAの楽曲「CHARM」が キッコーマンの企業ムービータイアップソングに決定
WANIMAまとめ
BURNOUT SYNDROMESのツーマンツアーに ラックライフ、LAMP IN TERRENらが参戦

【関連アーティスト】
WANIMA
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CMソング

BURNOUT SYNDROMESのツーマンツアーにラックライフ、LAMP IN TERRENらが参戦
Mon, 24 Jul 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

先日解禁した9月7日(木)からスタートするBURNOUT SYNDROMESの全国ツーマンツアー『Butterfly in the stomach II』の第一弾ゲストが発表された。

ライブではラックライフ(名古屋)、LAMP IN TERREN(東京)、ココロオークション(大阪)、Halo at 四畳半(高松)と共演。また、福岡公演の開催も決定し、対バン相手は後日発表されるとの事なので続報を期待して待とう。

■『Butterfly in the stomach II』先行予約ページ
※受付期間:7月24日(月)12:00 - 7月27日(木)23:59
https://l-tike.com/st1/burnoutsyndromes-hp2

『Butterfly in the stomach II』

9月07日(木) 愛知県:池下CLUB UPSET
w/ラックライフ
9月08日(金) 東京都:新代田Fever
w/LAMP IN TERREN
9月22日(金) 大阪府:梅田Shangri-La
w/ココロオークション
10月13日 (金)  香川県:高松DIME
w/Halo at 四畳半
10月27日(金) 福岡県:DRUM SON
w/後日発表



【関連リンク】
BURNOUT SYNDROMESのツーマンツアーに ラックライフ、LAMP IN TERRENらが参戦
BURNOUT SYNDROMESまとめ
ラックライフまとめ
LAMP IN TERRENまとめ
ココロオークションまとめ

【関連アーティスト】
BURNOUT SYNDROMES, ラックライフ, LAMP IN TERREN, ココロオークション, Halo at 四畳半
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, 出演, ツアー

夜の本気ダンス、話題のドラマスピンオフ企画『セシルボーイズ』の主題歌を担当
Mon, 24 Jul 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

夜の本気ダンスが初めてドラマ主題歌として楽曲提供した、フジテレビ木曜劇場『セシルのもくろみ』のドラマ本編から派生した“イケメンだらけ"のスピンオフ企画ドラマ『セシルボーイズ(CECILE BOYS)』の放送が決定。さらに、『セシルボーイズ』の主題歌も夜の本気ダンスが担当することがわかった。

木曜劇場『セシルのもくろみ』の男性版として、旬な“若手イケメン"ばかりが集結したドラマのスピンオフ企画『セシルボーイズ』は、全5話が地上波・フジテレビ運営動画配信サービスFOD(フジテレビオンデマンド)で放送される。ドラマ『セシルのもくろみ』本編に登場する女性ファッション誌「VANITY」の“弟版"男性ファッション誌「MEN\'S VANITY」を舞台に、所属する“若手イケメンモデル5人"の日常の一コマをコミカルかつドキュメンタリックに展開。見渡す限り女性だらけで緊張感漂うドラマ本編とは打って変わって、イケメンたちの知られざる悩みと生き様、その魅力に笑いと緊迫感をもって迫っていく。「イケメン」とは何かを突き詰めることで、人間の普遍的なものとは何かを浮き彫りにしていく真実と虚構の境目漂うフェイクドキュメンタリーになっている。

『セシルボーイズ』の主題歌は、夜の本気ダンスの「BIAS」に決定。楽曲「BIAS」は、当然まだどこにも披露されたことのないバンドの最新曲で、現状リリース日も未定となっている。是非ドラマ『セシルボーイズ』を観て主題歌もチェックしていただきたい。

■ドラマ『セシルのもくろみ』公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/Cecile/
■FOD(フジテレビオンデマンド)
http://fod.fujitv.co.jp/

シングル「TAKE MY HAND」

2017年8月9日発売



VICL-37301/¥1,200+税
※全国ツアーチケット最速先行予約シリアルナンバー封入
<収録内容>
1, TAKE MY HAND 
※フジテレビ系全国ネット木曜劇場「セシルのもくろみ」主題歌
2, This is pop (new mix)
3, HONKI DANCE TIME (Japanese Style 〜 fuckin\' so tired 〜 Only Nineteen 〜 B!tch 〜 You gotta move 〜 Logical heart)



【関連リンク】
夜の本気ダンス、話題のドラマスピンオフ企画『セシルボーイズ』の主題歌を担当
夜の本気ダンスまとめ
「GYAO!」が『ランティス特集』で影山ヒロノブ、JAM Project、GRANRODEO、OLDCODEXなどの映像を配信

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, シングル, 新曲, TVドラマ, 主題歌

「GYAO!」が『ランティス特集』で影山ヒロノブ、JAM Project、GRANRODEO、OLDCODEXなどの映像を配信
Mon, 24 Jul 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

映像配信サービスGYAO!では、影山ヒロノブ、JAM Project、GRANRODEO、OLDCODEXなど人気アニソンレーベル「ランティス」を代表するアーティストの約40作品の映像を7月24日(月)より配信開始する。今後も新曲などを続々更新する予定とのことだ。

■アニソン満載!ランティス特集
アーティスト:影山ヒロノブ、JAM Project、GRANRODEO、OLDCODEXなど
内容:40作品の音楽映像を配信
配信日時:7月24日(月)15:00〜
URL:https://gyao.yahoo.co.jp/special/lantis/



【関連リンク】
「GYAO!」が『ランティス特集』で影山ヒロノブ、JAM Project、GRANRODEO、OLDCODEXなどの映像を配信
影山ヒロノブまとめ
JAM Projectまとめ
GRANRODEOまとめ
OLDCODEXまとめ

【関連アーティスト】
影山ヒロノブ, JAM Project, GRANRODEO, OLDCODEX
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, アニメ

BUCK-TICK、30周年オールタイムベストの発売日決定
Mon, 24 Jul 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKの30周年ベストアルバム『CATALOGUE 1987-2016』の発売日が2017年9月20日(水)に決定した。この作品はデビュー30周年を記念し、レーベル4社の枠を超えて編纂されるキャリア最大規模のオールタイムベスト。1987年のデビューから現在までのシングル、アルバム収録曲を対象にファンからのリクエスト投票を募り、リクエスト結果に基づいて収録曲が決定するという、ファンとメンバーの想いを詰め込んだ30周年ベストアルバムだが、この度6月末に締め切ったリクエスト投票の最終結果が特設サイトにて公開された。

この投票結果をもとに、ベストアルバムにはBUCK-TICKのベストレパートリーがSHM-CD2枚に収録されることになる。そして同日リリースとなる初回限定盤はディスク5枚組となり、特典ディスクとしてDisc-3とDisc-4に30年の活動から厳選したライブ音源がSHM-CD2枚に収録され、さらにDisc-5には貴重なライブ映像が映像ディスク(Blu-ray/DVD)に収録される。名実ともに超豪華なオールタイムベストとなる全5枚組の初回限定盤は決して買い逃すことのないよう、ぜひとも予約をおすすめしたい。

さらに対象期間中に本作品をご予約頂いた方に先着で“30th Anniversary オリジナルカレンダー2017-2018"をプレゼントする早期予約キャンペーンの実施も発表された。作品の収録内容の詳細は後日発表とのことなので、ファンリクエストの最終結果を楽しみつつ、続報に期待しよう。

■Debut 30thAnniversary Project 特設サイト
http://www.jvcmusic.co.jp/b-t/30th

【早期予約キャンペーン 詳細情報】

アルバム『CATALOGUE 1987-2016』 (VIZL-1238/VIZL-1239/VICL-70235)のうち、初回限定盤A(VIZL-1238)・ 初回限定盤B(VIZL-1239)をいずれか1枚ご予約・ご購入いただきました方に先着で“30th Anniversary オリジナルカレンダー2017-2018"をプレゼント!

■対象期間
2017年7月24日(月)正午12:00〜8月20日(日)23:59まで
※早期予約キャンペーン特典のお渡しは商品ご購入時となります。
※早期予約キャンペーン特典の絵柄やサイズは追ってご案内いたします。

■対象チェーン
・タワーレコード全国各店/タワーレコード オンライン
・HMV全国各店/ローチケHMV
・TSUTAYA全国各店/TSUTAYAオンライン※TSUTAYAオンラインは予約分のみとなります。
・新星堂全国各店/WonderGOO全国各店/新星堂WonderGOO楽天市場店(一部店舗除く)
・文真堂書店/タイムクリップCD取扱い各店
・Amazon
・楽天ブックス
・ビクターエンタテインメント オンラインショップ

アルバム『CATALOGUE 1987-2016』

2017年9月20日発売



【初回限定盤A】(4SHM-CD+Blu-ray)
VIZL-1238/¥12,000+税
【初回限定盤B】(4SHM-CD+DVD)
VIZL-1239/¥11,000+税
【通常盤】(2SHM-CD)
VICL-70235〜70236/¥3,000+税
<収録曲>
■Disc-1 & 2
「CATALOGUE 1987-2016」 :
ファンリクエスト投票結果にメンバー選曲を加えたスタジオ音源収録
※通常盤と同内容
■Disc-3 & 4 「LIVE AUDIO SELECTION」
ライブ音源収録
※2SHM-CD特典ディスク
■Disc-5 「LIVE VISUAL SELECTION」
ライブ映像収録
※Blu-ray / DVD特典ディスク

Anniversary Special Live「BUCK-TICK 2017 “THE PARADE"〜30th anniversary〜」

9月23日(土) 東京:お台場野外特設会場J地区
9月24日(日) 東京:お台場野外特設会場J地区
開場:16:00 開演:17:30
※両日共通
※開場時間が変更になりましたのでご注意ください。
変更前:開場15:30(予定) → 変更後:16:00



【関連リンク】
BUCK-TICK、30周年オールタイムベストの発売日決定
BUCK-TICKまとめ
スカの祭典『SKAViLLE JAPAN \'17』、 ローチケにてプレリクエスト受付中!

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, アルバム, 発表, リリース

スカの祭典『SKAViLLE JAPAN \'17』、ローチケにてプレリクエスト受付中!
Mon, 24 Jul 2017 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1997年より毎年開催されているスカの祭典『SKAViLLE JAPAN』が遂に20回目を迎え、10月22日(日)に東京・日比谷野外大音楽堂にて開催される。

出演アーティスト第1弾で発表されているのは、Oi-SKALL MATES、COOL WISE MAN、KEMURI、THE TOKYO LOCALS、ONE TRACK MIND、SEVEN STEPの6組。今後も追加発表があるとのことだ。

ローソンチケットでは先行抽選予約を受付中! 現在受付中の一次先行抽選予約は7月25日 23時までとなっている。なお、一般販売は8月5日にスタートする。

■『SKAViLLE JAPAN \'17』

10月22日(日) 東京・日比谷野外音楽堂
開場/開演:14:30/15:30
出演者:Oi-SKALL MATES / COOL WISE MAN / KEMURI / THE TOKYO LOCALS / ONE TRACK MIND / SEVEN STEP / and more
チケット:全席指定 4,000円

【チケット一次先行抽選予約 受付】
・受付日程
〜7月25日(火)23:00
・当落&入金期間
7月27日(木)15:00〜7月31日(月)23:00
・入金者発券期間
8月5日(土)12:00〜 各公演日 開演時間まで
・受付URL(PC・mobile共通)
http://l-tike.com/concert/skaville
※お申し込み時にローソンWEB会員(無料)の登録が必要
※1公演4枚までお申し込み可能

【チケット二次先行抽選予約 受付】
・受付日程
7月28日(金)13:00〜7月31日(月)23:00
・当落&入金期間
8月2日(水)15:00〜カード決済のみ
・入金者発券期間
8月5日(土)12:00〜各公演日 開演時間まで
・受付URL(PC・mobile共通)
http://l-tike.com/concert/skaville
※お申し込み時にローソンWEB会員(無料)の登録が必要
※1公演4枚までお申し込み可能



【関連リンク】
スカの祭典『SKAViLLE JAPAN \'17』、 ローチケにてプレリクエスト受付中!
Oi-SKALL MATESまとめ
COOL WISE MANまとめ
KEMURIまとめ
ONE TRACK MINDまとめ

【関連アーティスト】
Oi-SKALL MATES, COOL WISE MAN, KEMURI, ONE TRACK MIND, SEVEN STEP, THE TOKYO LOCALS
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, チケット, 当落

妄キャリが上海『BILIBILI WORLD 2017』に出演!
Mon, 24 Jul 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

妄想キャリブレーションが7月22日、上海万博展覧館にて開催された『BILIBILI WORLD 2017』内のメインステージに立ち、胡奏者・桐子とのコラボで自身の代表曲である「桜色ダイアリー」等をステージに集まった約2,000人の観客の前で披露した。

現在、ロンドン、上海、香港、台湾と計4都市を巡る海外ツアー中の妄キャリ。今回の上海公演では、中国の人気動画配信サイト「BILIBILI動画」でも配信中の、自身の冠番組「妄キャリのアジアでアイドルやっチャイナ」をひっさげての出演。同番組は「1年以内に中華圏での単独公演開催」を目標に2017年4月より放送スタート。中国語が堪能な桐子を教師役に、生徒役の妄キャリが毎週中国語を勉強しており、この日のステージも、自己紹介やMCも中国語でおこなうなど、日々の学習の成果をのぞかせた。

ライブパートでは、桐子による二胡の演奏で上海でも人気のTVアニメ「冴えない彼女の育てかた♭」EDテーマ「桜色ダイアリー」および「青春プロローグ」を披露。ステージ上にも“冴えカノ”のアニメ映像が映し出され、現地のアニメファンも大満足のパフォーマンスを見せた。なお『BILIBILI WORLD 2017』は、7月21〜23日の3日間開催され、チケットは全日ソールドアウト。3日間で約50,000人動員した。

また妄キャリは、今後も香港「ACG Hong Kong 2017」、台湾「NO FEAR FESTIVAL 2017」への出演も決定しており、さらに海外デビューアルバム・Moso Calibration『GREATEST HITS WORLD∞SELECTION?』を欧州全土で8月4日に発売するなど、日本国内の枠に収まらない、積極的な海外展開を見せていくことになっている。

■【桜野羽咲 コメント】

「『BILIBILI WORLD 2017』ありがとうございました!日本のアニメやアイドルが大好きな気持ちがとても伝わってきて、上海の方の熱量に驚きました!あと“冴えカノ”のタイトルを日本語でもわかってくれたのもびっくりしました。私たちはいま中国語を勉強中で、今回の遠征で少しだけみなさんとお話できたのがとても嬉しかったです。1年以内に中華圏での単独公演をめざしたいので、もっともっと中国語の勉強もがんばります!」

【妄想キャリブレーション 海外ツアースケジュール 】

香港「ACG Hong Kong 2017」
8月01日  Hong Kong Convention & Exhibition Centre

台湾「NO FEAR FESTIVAL 2017」
8月26日〜27日 台中 圓滿?外劇場

シングル「桜色ダイアリー」

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9424〜9425/¥1,574+税
【通常盤】(CD)
SRCL-9426/¥1,204+税
【アニメ盤<期間生産限定盤> 】(CD+DVD)
SRCL-9427〜9428/¥1,574+税



【関連リンク】
妄キャリが上海『BILIBILI WORLD 2017』に出演!
妄想キャリブレーションまとめ
MR.BIG、ファン参加型MV制作決定 &9月来日公演で披露も!

【関連アーティスト】
妄想キャリブレーション
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, ライブレポ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1