歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年07月22日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
【サイダーガール】僕たちが届ける感情になってほしい
Sat, 22 Jul 2017 00:00:00 +0900


3ピースバンドのサイダーガールがメジャーデビューシングル「エバーグリーン」を完成させた。全員が作詞作曲できる強みを生かし、独自の“炭酸系サウンド”をブラッシュアップした傑作だ。詩として美しい歌詞も秀逸!

──本作には3人が1曲ずつ作詞作曲した3曲が収録されていますが、そのテーマは“夏の初恋”だと。テーマを決めてから制作したのですか?


「最初に夏に出すことが決まって、そのリリースの日が僕たちの初ライヴの日から3年後の2017年7月26日になりそうだと。それでそれぞれが作った曲を集めて、歌詞を夏に寄せていったんです。“初恋”っていうのは僕が決めたんですけど、メジャーデビューが初めてなので、それに掛けて初恋をテーマにしようと。」

──同じテーマなのに三者三様の“夏の初恋”像が描かれていますね。それぞれの個性が出たというか。


「そうですね。でも、それぞれこういう曲でくるだろうなって予想はできていて(笑)。Yurinくんは激しめというかアップテンポで、フジムラはバラードっぽい曲だろうなと。そういう曲が得意だから。みんな得意分野できたと思っています。」

──メジャーデビューだからこそ得意分野で?

フジムラ
「俺はそうかもしれない。」

Yurin
「僕は好き勝手に書いたらそうなっちゃいました。」

──曲も良いのですけど、歌詞も良くて。3人とも詩人として素晴らしいというか。臨場感があるだけではなく、温度や匂いも感じられるような歌詞になっていますよね。

Yurin
「前のアルバム(3rdミニアルバム『ジオラマインサイダー』&4thミニアルバム『ジオラマアウトサイダー』)がリアルさや生活感をテーマにしていたので、それが無意識のうちに今のサイダーガールの根底の部分を引っ張っていってるのかなって。日常の情景を入れがちです(笑)。」

──では、3曲ある中で知さんが作詞作曲の「エバーグリーン」が表題曲になった経緯は?


「今までの作品の表題曲をやらせてもらってるんで、今回も僕がやりたいって最初にふたりに提案して。今までのサイダーガール像のレールに乗るものを作りたいと思っていました。歌詞もできる限り“ザ・サイダーガール”みたいなものにしたかったので、客観的に自分が見たサイダーガールを考えていたら、すごい時間がかかってしまって…。書き直しもして、TDチェックの日にまた歌を録り直してもらったっていう。」

──それは大変でしたね。


「僕よりYurinくんが大変でした(苦笑)。でも、今回は歌詞にこだわりたくて。曲を聴かなくても読みものとしてハッとなるものを作りたかったんです。初恋をテーマにしたいって決めて、自分の初恋を書き起こしたんですけど、自分のことを語りすぎになっちゃったので、そうじゃなくて、いろんな人の初恋になるように野球に例えてみようと。」

──そこで初恋を野球になぞらえようと思う発想がすごいなって思いました。


「僕、サッカー部だったんですけどね(笑)。でも、野球のゲームをしたり、高校野球の動画を観るのは好きで。高校野球って1回切りじゃないですか。僕らもメジャーデビューするけど、それも1回しかない!って気持ちでやらないとダメだなって。だから、「エバーグリーン」では初恋のことも歌ってるし、初めてやるってことに対しても歌ってます。」

──その歌詞ですが、《初恋は三遊間抜けて僕は一塁踏んだ》って歌い出しからしてキラーフレーズですよね! 


「あざとく狙ってはいるんですけど(笑)。サビと同じくらい歌い出しって大事だと思っていて…カラオケにも歌い出しって映るじゃないですか。《三遊間》って歌った途端に野球のことだって分かると思ったんで。」

──続くYurinさん作詞作曲の「光って」も読みものになり得る歌詞ですよね。

Yurin
「僕は歌詞を最初にガーッて書いたら、あまり変えないんです。しかも、歌い終わったら過去のものになるんで、どうだったかな…(読み返して)夏っぽい曲と歌詞にしようと思って書いたんですけど、出来上がった時にそんなに夏感はなくて。でも、他のふたりが夏色の強い曲を書いてくれたんで、大丈夫だろうと(笑)。夏(「エバーグリーン」)、1年経って(「光って」)、また夏(「茜色」)みたいな位置付けで、そう思ってもらえたらいいなということで2曲目になりました。」

──アルバムみたいな流れですね。

Yurin
「そうですね。曲は短いですけど、コンセプトもあってアルバムっぽい作り方になりました。」

──そして、フジムラさん作詞作曲の「茜色」は、“潮騒”“影”“雲”“海の香り”“月の光”“アイスキャンディー”と、夏っぽさと儚さを兼ね備えた絶妙なキーワードが並んでいますね。

フジムラ
「最初、もっと抽象的な歌詞だったんですけど、人や物に例えてみようってなって。風景や情景描写で攻めたかったんです、昔から情景描写は大好きだったので。」

──歌詞の世界を体感できるように思えます。特に“アイスキャンディー”という響きが効いていますね。

フジムラ
「“アイスキャンディー”は仮タイトルだったんです。単語もサビの最後のほうに入れたいって思ってて。映えるようになって良かったなぁって思います。」

──三者三様でどれも余韻が残る曲ばかりなのですが、ずしんとした重みがないんですよね。そこがいい!

フジムラ
「僕らの歌詞ってそこまで絶望的じゃないんですよね。寝れば治るくらいの重みなので(笑)。」

──だからこそ、日常に寄り添えるんだと思います。ちなみにライヴに対するイメージはありますか?


「ただ盛り上がるんじゃなく、僕たちが届ける感情にみんながなってくれるっていうところは目指していきたいですね。3曲それぞれに伝えたい色、感情があるので、それにお客さんがなってほしいなって思います。」

取材:高橋美穂

シングル「エバーグリーン」

2017年7月26日発売
UNIVERSAL J



【ラバーバンド付き初回限定盤】
UPCH-7333 ¥1,944(税抜)



【通常盤】
UPCH-5917 ¥1,296(税抜)

『サイダーガールTOUR2017-2018 サイダーのゆくえ-JUMP ON THE BANDWAGON-』

11/18(土) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
11/19(日) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
11/26(日) 東京・恵比寿LIQUIDROOM
12/03(日) 北海道・札幌COLONY
【2018年】
1/14(日) 福岡・LIVE HOUSE Queblick

サイダーガール

サイダーガール:シュワシュワとはじける炭酸の泡は爽快感、その泡はあっという間に消えてなくなってしまう儚さ。そしてどんな色にも自在に変化していく。そんな“炭酸系サウンド”を目指して2014年5月、動画サイトを中心に活動していたボーカロイドを使用して音楽活動をしていた知、フジムラで結成。同年7月26日に下北沢CLUB251にて行なった初ライヴのチケットは即日完売した。その3年後、17年7月26日にシングル「エバーグリーン」でメジャーデビューを果たす。



【関連リンク】
元記事
サイダーガールまとめ
【ラックライフ】
『「生きてるだけで丸儲け」ワンマンツアー』
2017年7月8日 at TSUTAYA O-WEST

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
サイダーガール
【ジャンル】
ROCK, インタビュー, okmusic UP\'s vol.155

【ラックライフ】『「生きてるだけで丸儲け」ワンマンツアー』2017年7月8日 at TSUTAYA O-WEST
Sat, 22 Jul 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 一歩ずつ、確かに一歩ずつには違いないが、ツアーをやるたび、会場の規模は大きくなってきた。そして、目に見えるそんな手応えを糧に前に進んできたその歩みはこの日、ラックライフのワンマン史上最大キャパとなるTSUTAYA O-WESTに辿りついた。ずっと憧れていたステージに立てた喜びに思わず感極まったPON(Vo&Gu)をはじめ、この日、バンドが満員の観客に印象付けたのは、一曲入魂――どの曲もクライマックスという気持ちで演奏する姿だった。いつも通りに、いや、いつも以上にペース配分など考えずに1曲目からぶっ飛ばした演奏は、PONの向こう意気が表れたものには違いないが、パワフルすぎるLOVE大石のドラムによるところも大きいようだ。もちろん、ふたりががむしゃらになれるのは、曲を彩るikoma(Gu)とグルーブを作り出すたく(Ba)が確実なプレイで支えているからこそ。ライヴハウスでお客さんの目を見て、歌を歌いたいというずっと変わらない想いを、何度も語りながらメジャー1stアルバム『Life is beautiful』の全13曲に加え、新旧の代表曲を披露。ファンキーな「ラブリープリティーミュージック」では彼らのライヴには珍しい横ノリという魅力が加わった。

 中盤以降は逸る気持ちを抑え、「君の匂い」「モーメント」「名前を呼ぶよ」などをじっくりと聴かせた。それでも熱がこもるところがラックライフ。オレスカバンドのホーン隊を迎え、本編最後の「サニーデイ」を賑やかに盛り上げると、アンコールでは疾走感に満ちた新曲「リフレイン」を披露。最後の最後まで、彼らは全力で駆け抜けた。

撮影:MASANORI FUJIKAWA/取材:山口智男

セットリスト

1.赤い糸

2.初めの一歩

3.view

4.素晴らしい世界

5.フールズ

6.ラブリープリティーミュージック

7.変わらない空

8.shutto

9.風が吹く街

10.ブレイバー

11.その手とこの手

12.君の匂い

13.アイトユウ

14.モーメント

15.タイムライト

16.君のこと

17.名前を呼ぶよ

18.サニーデイ

<ENCORE>

1.リフレイン

2.ハルカヒカリ

ラックライフ

ラックライフ:2005年、同じ高校のクラスメイトで結成された大阪・北摂出身の4ピースギターロックバンド。前身バンドを経て08年3月にバンド名を現在の“ラックライフ”に改名。大阪、東京を中心に活動を続け、16年3月にはラックライフ8周年記念イベントを大阪なんばHatchにて開催し、800人を動員した。同年5月、シングル「名前を呼ぶよ」でメジャー進出を果たした。



【関連リンク】
元記事
ラックライフまとめ
【Mrs. GREEN APPLE】
『ゼンジン未到とロワジール〜東京編』
2017年7月15日 at 日比谷野外大音楽堂

OKMusic
ライブ・フェス一覧

【関連アーティスト】
ラックライフ
【ジャンル】
ROCK, ライブ・フェス, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.155

【Mrs. GREEN APPLE】『ゼンジン未到とロワジール〜東京編』2017年7月15日 at 日比谷野外大音楽堂
Sat, 22 Jul 2017 00:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 梅雨明け間近の東京、むせ返る熱気、蝉の声。立見席までぎっしり満員の日比谷野外大音楽堂に、Mrs. GREEN APPLEが夏を連れてきた。大森元貴(Vo&Gu)がバンドロゴを染め抜いた大旗を掲げる威風堂々の入場シーンから、1曲目「StaRt」で波に乗ると、「リスキーゲーム」では早くもタオル回しで大はしゃぎ。藤澤涼架(Key)のピアノによる、絶妙なループ感が気持ち良い「アンゼンパイ」から、若井滉斗(Gu)が猛烈ラウドギターをかき鳴らす「ナニヲナニヲ」へ。暑さに負けず、メンバー全員気合満点だ。

 「HeLLo」では、?野清宗(Ba)がご機嫌なファンクベースを、「Oz」ではクールなシンセべースを弾く。大森がハンドマイクに持ち替えてステージを駆け抜ければ、藤澤も負けじと、キーボードを離れて踊りまくる。自由自在のフォーメーション。ミセスのライヴは、目で観る喜びが本当に大きい。立て続けに、ディスコビートの「VIP」、山中綾華(Dr)のパンキッシュな豪快ドラムが聴ける「CONFLICT」、日本のお祭りビートを取り込んだ「No.7」など、アッパーなダンスロックの連発は、ミセスの得意分野だ。一転して、アコースティックセットで歌われた「ノニサクウタ」は、暮れなずむ野音の空と、時折吹く涼風によく似合う、心温まるスローバラード。ミセスの曲調の多彩さは、ライヴの空気の中でこそ、その魅力を最大限に堪能できる。

 この日はバンド結成4年、デビュー2年を祝う記念の野音。大森が感謝の言葉を述べ、“一緒に答えを探しに行きましょう”と呼びかける。続けて演奏した新曲「On My MiND」は、ともに夢を追い、答えを探す者同士をつなぐ、力強いメッセージソング。シンプルなエイトビートで突っ走る、痛快な一曲だ。

 ここからライヴ後半、とことんポップでハッピー、キャッチーでダンサブルな楽曲を並べて一気に加速する。夏のアンセム「サママ・フェスティバル!」では、大森と藤澤が噴水器を背負って客席に飛び込み、客席を駆け回った。「Just a Friend」は、アメリカのヒットチャートにあってもおかしくない、ミセス流ティーンポップの傑作チューン。コーラスを大合唱する、一体感も最高だ。「うブ」「WHOO WHOO WHOO」(未CD化曲)ではスタジアムEDM並みの強力な重低音が轟き、野音をダンスフロアーに変えた。陽はすっかり落ち、ステージの照明が一段と美しく輝き始める。“みんなの歌です”と紹介した「In the Morning」から、「愛情と矛先」へ。あちこちで一緒に歌う声が聴こえてくる。ミセスの歌はみんなの歌、ある思いを共有する時代の共通言語になりつつある。

 いろんな時の気持ちが蘇ってきた。楽しかった。忘れられない1日になった。すべての歴史が今日に詰まってる――メンバーひとりずつのMCのあと、本編ラストを締め括る1曲は、「庶幾の唄」。山中のドラムがうきうきするビートを刻み、藤澤のフルートがハッピーなフィーリングを運んでくる。どんなに曲調が変遷しようと、ミセスはミセス。ポップで前向きで、聴く者をハッピーにしてくれるフィーリングは過去も現在も変わらない。

 アンコールでは、ピカピカの新曲が聴けた。ドラマ『僕たちがやりました』オープニング曲「WanteD! WanteD!」は、重低音をブーストしたEDMのサウンドを大胆に取り入れ、くるくる変わる景色が楽しいミセス流のポップEDMチューン。いきなりライヴの定番になりそうな、ポテンシャル抜群の1曲だ。

 楽しい時間は、もうすぐ終わる。感動を隠し切れない大森が語り出す。小学生の時に音楽を始めてから、全てを音楽に賭けてきたこと。その裏側で、さまざまな葛藤や不安があったこと。そして今、観ている景色に感謝していること。“みんながいてくれたから、僕は本当に幸せです。メジャー3年目もどうぞよろしく”。ラストチューン「我逢人」を演奏するメンバーの顔に迷いはない。そこにはただ、漲る自信と未来への希望があるだけだ。

 ライヴタイトルの“ゼンジン未到”とは、バンドがアマチュア時代の2014年〜2015年に行なっていたイベントのタイトルだった。過去を受け継ぎ、その先の未来へ。Mrs. GREEN APPLEはいよいよ、本当のトップバンドへの道を見据えて走り始めた。

撮影:ウチダ アキヤ/取材:宮本英夫

セットリスト

1.StaRt

2.リスキーゲーム

3.アンゼンパイ

4.ナニヲナニヲ

5.HeLLo

6.Oz

7.Speaking

8.VIP

9.WaLL FloWeR

10.CONFLICT

11.No.7

12.ノニサクウタ

13.On My MiND

14.サママ・フェスティバル!

15.Just a Friend

16.うブ

17.WHOO WHOO WHOO

18.In the Morning

19.愛情と矛先

20.庶幾の唄

<ENCORE>

1.WanteD! WanteD!

2.我逢人

Mrs. GREEN APPLE

ミセス・グリーンアップル:2013年4月結成の5人組バンド。作詞、作曲、編曲の全てをヴォーカル&ギターの大森元貴が手掛けており、7月8日にミニアルバム『Variety』でメジャーデビュー。17年1月に発表したセルフタイトルの2ndフルアルバム『Mrs. GREEN APPLE』はオリコン初登場9位、デジタルチャートでは7位を記録。4月には自身初の映像作品『In the Morning Tour - LIVE at TOKYO DOME CITY HALL 20161208』をリリースした。 



【関連リンク】
元記事
Mrs. GREEN APPLEまとめ
平尾昌晃さん、肺炎のため死去
OKMusic
ライブ・フェス一覧

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE
【ジャンル】
ROCK, ライブ・フェス, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.156

平尾昌晃さん、肺炎のため死去
Sat, 22 Jul 2017 22:45:00 +0900


作曲家で歌手の平尾昌晃さんが7月21日(金)午後11時40分、肺炎のため東京都内の病院で死去。79歳だった。

平尾さんは2年前に肺がんを患い、闘病しながら仕事をこなしていた。しかし、今年5月に体調を崩し入院、一時は回復したものの、7月中旬に症状が悪化したため再度入院し療養していたが、数日前に容体が急変したという。葬儀・告別式は近親者で行ない、秋頃に音楽葬を計画しているとのこと。

平尾さんはミッキー・カーチス、山下敬二郎とともに「ロカビリー三人男」として日劇ウエスタンカーニバルの看板スターとして活躍後、作曲家として布施明の「霧の摩周湖」、梓みちよの「渚のセニョリーナ」で第9回日本レコード大賞作曲賞を受賞。その後も五木ひろしの「よこはまたそがれ」、小柳ルミ子の「瀬戸の花嫁」、アグネス・チャンの「草原の輝き」など多くのヒット作を生み、歌手としても畑中葉子とのデュエット「カナダからの手紙」を大ヒットさせた。また、その一方で、74年に平尾昌晃音楽学校(現平尾昌晃ミュージックスクール=HMSを創立し、1980年代に入るとNHKの人気番組『レッツゴーヤング』の司会などにも携わり、『ものまねバトル』の審査員など幅広く活動していた。



【関連リンク】
元記事
平尾昌晃まとめ
平尾昌晃/畑中葉子まとめ
イトヲカシ、2017年も防衛省「自衛官募集」TVCMソングに抜擢!
OKMusic

【関連アーティスト】
平尾昌晃, 平尾昌晃/畑中葉子
【ジャンル】
J-POP, ニュース

イトヲカシ、2017年も防衛省「自衛官募集」TVCMソングに抜擢!
Sat, 22 Jul 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

イトヲカシの新曲「譲り葉の下で」が、防衛省「自衛官募集2017」TVCMソングに2017年も決定した。今回起用されたのは未発表の楽曲となる。“成長”をテーマとしたCMに、ボーカル伊東歌詞太郎の優しくも芯のある歌声が絶妙にマッチしている。イトヲカシといえば、2016年の「自衛官募集2016」TVCMソングとして「半径10メーターの世界」を書き下ろしたのも記憶に新しい。前回に続いて早くも二度目の抜擢となったが、聞くところによると同じアーティストが二年連続でCMソングを務めるのは極めて異例のことだという。

先月にファーストフルアルバム『中央突破』を発売し、7月16日(日)にはZepp Tokyoで見事ツアーファイナルを大成功させたばかりのイトヲカシ。放送中のテレビ東京 木ドラ25『さぼリーマン甘太朗』エンディングテーマに「アイスクリーム」が起用されたのに続き、新曲「アイオライト」が映画『氷菓』主題歌に抜擢と嬉しいニュースばかりの彼らだが、その注目度はまだまだ上がる一方のようだ。

CMは7月21日(金)よりWEB・電車内広告・テレビにて順次オンエア開始とのこと。イトヲカシと迎える真夏本番に備えて、この新曲「譲り葉の下で」も忘れずにチェックしたい。

■防衛省「自衛官募集2017」公式ホームページ
http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/cm/

アルバム『中央突破』

発売中



【CD+DVD】
AVCD-93695/¥3,000+税
【CD】
AVCD-93696/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
01.スタートライン
02.カナデアイ
03.宿り星 
04.あなたが好き 
05.はちみつ色の月
06.さいごまで 
07.ドンマイ!!
08.半径10メーターの世界
09.ヒトリノセカイ
10.スターダスト
■DVD
1.スターダスト(Music Video)
2.宿り星(Anime Music Video)
3.さいごまで(Music Video)
4.カナデアイ(Anime Music Video)
5.半径10メーターの世界(東放学園version)
6.スタートライン(Music Video)



【関連リンク】
元記事
イトヲカシまとめ
氷室京介、フィルムコンサートツアー
『THE COMPLETE OF LAST GIGS』開幕

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
イトヲカシ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CMソング

氷室京介、フィルムコンサートツアー『THE COMPLETE OF LAST GIGS』開幕
Sat, 22 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

氷室のソロデビュー記念日にあたる2017年7月21日に、全国36カ所37公演行われるフィルムコンサートツアー『THE COMPLETE OF LAST GIGS』が調布市グリーンホールよりスタートした。

会場内で販売されるツアーグッズを求めて、多くのファンが早朝から会場に列を作り、正午には1,000人を超すファンが詰めかけ、開場前から既に熱気に包まれていた。会場内には、ドームツアーで本人が来ていたステージ衣装や、写真なども飾られており、長年支えてきたファンにとって、通常のツアーとはまた趣きを変え、氷室京介を近くに感じる事ができる。

長年氷室を支えてきたツアースタッフが、このフィルムコンサートも作り上げており、往年の氷室のライブを彷彿とさせる迫力ある音響と、フィルムコンサートだという事を忘れさせる様な、映像にピタリと合った煌びやかな照明に、ファンの歓声が合いまって、通常のライブかと錯覚する空間が完成していた。そしてこのツアーの為に既に発売されている映像作品とは全く違う編集が施された映像もまた、長年、氷室の映像作品を手掛けてきたディレクターHiguchinskyによって、新たに作り上げられている。そんな完璧と言える空間の中、フィルムコンサートがスタート。感動的なオープニング映像が流れると皆息を飲むように見つめる中、1曲目のDREAMIN\'がスタート。その瞬間一気にフィルムコンサートから、ライブハウス状態に変わり、総立ちとなった客席は最高潮に盛り上がりを見せていた。

氷室自身がドームライブでのMCで語った様に、自分が還暦を迎える頃にアルバムを発売しようと思うと、ファンに約束をしていた。その約束が守られるなら、2020年にアルバムを発売する事になるのだが、その時に、ツアーとまでの贅沢は言わない。が、もう一度だけで良いからステージに立つ氷室を見たい。この日集まった大勢のファンは、そう思っているに違いない。ライブ活動無期限休止から1年以上。このフィルムコンサートツアーは、氷室ロスとなっている大勢のファンの心の隙間を、少しだけでも埋めてくれる事になるだろう。10月20日の金沢市文化ホール公演まで、熱い熱いツアーが続いていく。

『KYOSUKE HIMURO THE COMPLETE FILM OF LAST GIGS“俺たちは氷室京介を卒業できない。これが俺たちの矜持だ!”』

7月31日(月) 前橋市民文化会館大ホール
8月03日(木) 相模女子大学グリーンホール
8月05日(土) 栃木県総合文化センター
8月09日(水) 南相馬市民会館ゆめはっとホール
8月10日(木) 仙台電力ホール
8月11日(金) 盛岡市民文化ホール大ホール
8月13日(日) 秋田市文化会館大ホール
8月16日(水) リンクモア平安閣市民ホール
8月19日(土) わくわくホリデーホール
8月20日(日) 帯広市民文化ホール大ホール
8月24日(木) 新潟市音楽文化会館
8月27日(日) コラニー文化ホール大ホール
9月02日(土) 宮崎市民プラザオルブライトホール
9月04日(月) 大分・iichiko音の泉ホール
9月06日(水) 長崎市民会館文化ホール
9月07日(木) 熊本森都心プラザ・プラザホール
9月08日(金) 鹿児島市民文化ホール第二
9月10日(日) 米子市公会堂
9月11日(月) 岡山市民会館
9月12日(火) 周南市文化会館
9月13日(水) JMSアステールプラザ大ホール
9月16日(土) サンポートホール高松
9月17日(日) 高知市文化プラザ・かるぽーと
9月18日(月) ひめぎんホール・サブホール
9月25日(月) ロームシアター京都サウスホール
9月26日(火) 森ノ宮ピロティホール
9月27日(水) 森ノ宮ピロティホール
9月28日(木) あましんアルカイックホール大ホール
9月29日(金) びわ湖ホール中ホール
10月03日(火) 静岡市民文化会館中ホール
10月04日(水) 市川市文化会館 大ホール
10月09日(月) 名古屋文理大学文化フォーラム大ホール
10月10日(火) 岐阜市民会館大ホール
10月13日(金) 三重県文化会館中ホール
10月19日(木) ホクト文化ホール中ホール
10月20日(金) 金沢市文化ホール



【関連リンク】
元記事
氷室京介まとめ
BLUE ENCOUNTが『Bowline』キュレーターに!
今回は初の対バンツアー!

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
氷室京介
【ジャンル】
ROCK, ニュース, ツアー, ライブレポ

BLUE ENCOUNTが『Bowline』キュレーターに! 今回は初の対バンツアー!
Sat, 22 Jul 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

タワーレコードが毎回1組のアーティストをキュレーターとし、そのアーティストと共同で出演アーティストの選定や企画を行うライブイベント『Bowline』。第11回目となる今回はBLUE ENCOUNTがキュレーターとして、<RESPECT>をテーマに、10月1日(日)の札幌公演を皮切りに、仙台、福岡、広島、東京、沖縄の全国6カ所での公演が決定した。

今回の<RESPECT>をテーマにした2017年秋の『Bowline』は、その名の通りBLUE ENCOUNTが敬愛するアーティストの対バン形式での開催となり、『Bowline』としては初めての試みとなる。また、開催を記念しAbemaTVとタワーレコードのコラボ番組「TOWER ROCK!」では、ゲストにBLUE ENCOUNTを迎え、8月4日(金)に「TOWER ROCK! Bowline特集」の放送が決定している。なおチケットは7月21日(金)19:00より、BLUE ENCOUNTオフィシャルモバイルサイト「LIVER\'S CREW」会員先行での受付がスタート、出演アーティストについては後日発表する。

■【BLUE ENCOUNT コメント】

「あのアーティストがいたから音楽に興味を持てた。同じ意志を持つ仲間がいるからバンドに夢があった。音楽を手にとってくれるあなたがいるから。俺らは音楽を続けられている。「Bowline 2017」BLUE ENCOUNTがキュレーターを担当させてもらう時がいよいよやってきました。気合十分。アーティスト、スタッフ、そしてこれを読んでくれているあなた「音楽を愛する人」その偉大なる全ての人たちに尊敬と感謝の思いを込めて音を鳴らす旅。それがブルエンのBowline。あなたがいなくちゃこの旅ははじまらない」

『TOWER RECORDS presents Bowline 2017 curated by BLUE ENCOUNT &TOWER RECORDS』

10月01日(日) 北海道・サッポロファクトリーホール
10月11日(水) 宮城・仙台PIT
10月23日(月) 福岡・DRUM LOGOS
10月25日(水) 広島・BLUE LIVE 広島
11月03日(金・祝) 東京・新木場STUDIO COAST
11月10日(金) 沖縄・ミュージックタウン音市場

<出演>
BLUE ENCOUNT、他
※各会場での対バンアーティストは、後日発表。

<チケット>
前売:各会場¥4,300(税込・1ドリンク別)
※小学生以上有料/未就学児童入場不可

■BLUE ENCOUNT OFFICIAL MOBILE SITE 「LIVER\'S CREW」先行
受付期間 7月21日(金)19:00〜7月27日(木)23:59
「LIVER\'S CREW」URL  https://lc.blueencount.jp/
■オフィシャル先行
受付期間 8月3日(木)12:00〜8月13日(日)23:59
URL http://w.pia.jp/t/bowline-of/
■一般発売
9月2日(土)10:00〜

AbemaTV『TOWER ROCK!Bowline特番』

8月4日(金) 23:30-25:00
チャンネル:AbemaSPECIAL2
URL:https://abema.tv/channels/special-plus/slots/9BndRgTsbnEmYs

キュウソネコカミのヤマサキセイヤとヨコタシンノスケがMCのAbemaTV「TOWER ROCK!」。今回は、この秋のBowlineのキュレーターをつとめるBLUE ENCOUNTを迎え、Bowlineトークが炸裂!1回目から10回目までのBowlineライブ映像も限定放送いたします。

Blu-ray&DVD『TOUR2017 break“THE END"Makuhari Messe 20170320』

2017年9月6日発売



【Blu-ray】 
KSXL-247/¥4,537+税
【DVD】
KSBL-6287/¥3,611+税




【関連リンク】
元記事
BLUE ENCOUNTまとめ
SuG・武瑠、スタイルブック発売記念イベント開催決定
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, 発表, ライブ, ツアー

SuG・武瑠、スタイルブック発売記念イベント開催決定
Sat, 22 Jul 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SuGのヴォーカリストである武瑠が8月10日に発売する、初めてとなるスタイルブック「VISION -Life Style Book-」。その発売を記念して、8月12日(土)にタワーレコード新宿店にて発売記念イベントを開催することが決定! サイン会に加え、製作秘話やこだわりに迫るトーク会も行なわれる予定だ。会場となるタワーレコード新宿店にて本作を購入した方が参加対象となる。

「VISION -Life Style Book-」は武瑠の人生観、美学、創造性を一冊に凝縮したスタイルブック。セルフスタイリングによる最新7DAYSコーデをはじめ、武瑠がデザイナーを務めるmillion dollar orchestrAの最新アイテムを着用したスペシャルフォトグラフ、SuGの曲づくりやアートワークを図解化したMusic Product Chartなど、魅力的なコンテンツが詰め込まれている。さらには、ベルリンでのプライベート旅行記や本人コラム、MYコレクション等も収録される。盛り沢山の内容に加え、なんと武瑠の自宅も初公開するとのこと。ファン必見のスタイルブックに期待は高まる一方だ。

【SuG 武瑠 スタイルブック「VISION -Life Style Book-」タワーレコード新宿店購入者向けイベント
詳細】

日時:8月12日(土)18:00スタート
場所:タワーレコード新宿店 7F イベントスペース
内容:トーク&サイン会
集合時間:17:30(イベント開始30分前) / 集合場所:7Fエレベーター横階段
参加方法:ご予約者優先でタワーレコード新宿店にて8月10日発売(8月10日(木)商品入荷)武瑠スタイルブック「VISION -Life Style Book-」をお買い上げの方に先着で、「整理番号付イベント参加券」を1枚お渡しいたします。参加券は予定枚数がなくなり次第配布終了となります。参加券をお持ちの方はトーク終了後のサイン会にご参加頂けます。
※当日、お買い上げ頂いた商品にサイン致しますので、忘れずにお持ち下さい。
※「整理番号付イベント参加券」の整理番号はランダムとなります。
※「整理番号付イベント参加券」は購入枚数分差し上げます。
お問い合わせ:タワーレコード新宿店 03-5360-7811(11:00 ? 23:00)

詳細はこちら
https://sug-web.jp/contents/110495

EP『AGAKU』

2017年7月5日発売



【STANDARD EDITION】
PCCA-04548/¥1,111+税
<収録曲>
SE. mark
M1. AGAKU
M2. 赤春
M3. CUT



【LIMITED EDITION】
PCCA-04547/¥1,574+税
<収録曲>
■CD
SE. mark
M1. AGAKU
M2. 赤春
M3. CUT
■DVD
「AGAKU」Music Video
「AGAKU」Music Video Shooting OFFSHOT

【SuG ライブ情報 】

「39 LIVE ADDICT chapter2 AGAKU」
7月21日(金) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
7月22日(土) 福島・郡山CLUB#9
7月28日(金) 福岡・福岡DRUM Be-1
7月29日(土) 広島・広島Cave-Be 
https://sug-web.jp/pages/sug_10thanniversary/#live2

「39 LIVE ADDICT chapter3 SuGフェス 2017」
8月01日(火) 東京・SHIBUYA TSUTAYA O-EAST
出演アーティスト:ミオヤマザキ/SILENT SIREN/Gacharic Spin/SuG
8月05日(土) 大阪・梅田Banana Hall
出演アーティスト:LSN/SMOKING ON BITTER MOON/SuG
8月06日(日) 愛知・名古屋E.L.L(Electric Lady Land)
出演アーティスト:LSN/SMOKING ON BITTER MOON/SuG
8月08日(火) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
出演アーティスト:SHIN/GREMLINS/SuG
https://sug-web.jp/pages/sug_10thanniversary/#live3

「日本武道館公演<HEAVY POSITIVE ROCK>」
9月02日(土) 東京・日本武道館
https://sug-web.jp/pages/sug_10thanniversary/#budokann



【関連リンク】
元記事
SuGまとめ
REBECCA、新宿バルト9での上映会登壇映像が限定公開
OKMusic
ヴィジュアル一覧

【関連アーティスト】
SuG
【ジャンル】
ROCK, ヴィジュアル, ニュース

REBECCA、新宿バルト9での上映会登壇映像が限定公開
Sat, 22 Jul 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月25日に全国19劇場20スクリーンにて一夜限りで、1985年12月25日に行なわれた『REBECCA WOLRD CONCET TOUR』の渋谷公会堂公演の全編が限定公開された。新宿バルト9では上映前にREBECCAのメンバーが登場し、当時の思い出や7月25日からスタートするツアー『REBECCA LIVE TOUR 2017』で新曲を披露するという発表と盛りだくさんな登壇会も! しかし、スケジュールの関係上、メンバーが登壇できたのは新宿の会場だけで、登壇の様子を見ることができたのは全3,500名の動員中400名のみであったため、他会場への来場者からも登壇会の様子が見たいという声が上映会後もネット等でも多数見受けられた。そんな多くの声を受け、期間限定で登壇会の模様が『Sony MusicオフィシャルYou Tube』内にて公開された。

■REBECCAスペシャルサイト
http://www.110107.com/rebecca_85-86

■「2017年6月25日新宿バルト9 REBECCA登壇」 (公開期間:2017年8月31日12:00まで)


https://youtu.be/hDMcqAKyJsgDVD『REBECCA LIVE \'85-\'86 -Maybe Tomorrow & Secret Gig Complete Edition』

2017年7月26日(水)発売



¥6,000+税
<収録内容>
■DISC1
収録映像1985.12.25 REBECCA WORLD CONCERT TOUR 〜Maybe Tomorrow in 渋谷公会堂
■DISC2
収録映像1986.11.1早稲田大学シークレットギグ「REBECCA SPECIAL LOVE LETTER

1985年10月に発売された稀代の名曲「フレンズ」、同1985年11月にREBECCAにとって初のアルバムチャート1位を獲得したJ-POP史における金字塔となる名盤『REBECCA IV〜Maybe Tomorrow』を発売。アルバム発売後の11月28日から始まった「REBECCA WORLD CONCERT TOUR 〜Maybe Tomorrow」のハイライトともなる渋谷公会堂のパフォーマンスを全18曲ノーカットで完全収録した本作は、まさしく大ブレイクの瞬間をとらえた貴重なライブ映像。更に当時の貴重なステージ図面やセットリスト等が掲載された資料をまとめたブックレット、ツアー用に販売されたオリジナルチケットのレプリカ版も封入されている。

アナログ復刻盤『REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜』

2017年7月26日(水)発売



MHJL-17 /¥4,500+税

1985年11月1日発売のREBECCAの4枚目のアルバム、REBECCAとして初のチャート1位を獲得、大ブレイクを果たした代表作。ロックバンドのアルバムとして初のミリオンセラーを記録したことでも有名、日本の音楽シーンの名盤を完全生産限定盤にて復刻! リマスタリングはGOH HOTODA氏、カッティングエンジニアに、バーニー・グランドマン氏と世界的エンジニアが手掛けた。USAプレス盤にて発売。


『REBECCA LIVE TOUR 2017』

2015年夏、20年振りの再結成LIVEを開催したREBECCA。過去の焼き直しではない、いま、現在を熱く燃やし、未来さえも夢見させてくれる。圧倒的なステージに、多くの観客が熱狂した。そして2017年、28年振りのライブツアーを開催。

7月25日(火) 大阪フェスティバルホール
7月26日(水) 大阪フェスティバルホール
8月15日(火) 中野サンプラザホール 
8月16日(水) 中野サンプラザホール 
8月18日(金) 愛知県体育館
8月19日(土) 愛知県体育館
8月26日(土) 仙台サンプラザホール 
8月31日(木) 仙台サンプラザホール
9月01日(金) 日本武道館 

チケット:¥9,800(税込)



【関連リンク】
元記事
レベッカまとめ
THE 夏の魔物、セルフタイトルを掲げたアルバム発売!
アルバムのレコ発として初クアトロワンマン決定!

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
レベッカ
【ジャンル】
ROCK, ニュース, DVD, リリース

THE 夏の魔物、セルフタイトルを掲げたアルバム発売!アルバムのレコ発として初クアトロワンマン決定!
Sat, 22 Jul 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE 夏の魔物が10月25日に1stアルバム「THE 夏の魔物」を発売することを発表した。セルフタイトルを掲げる今作は初めて全曲にわたり、シン・マモノBAND(越川和磨、えらめぐみ、中畑大樹、ハジメタル)によってのレコーディングを実施!  また、販売形態として「TYPE-A盤」と「TYPE-B盤」が発売され、収録曲などの詳細は後日明らかにされる。

そして、このアルバムのレコ発として、初の渋谷クラブクアトロでのワンマン公演『クアトロの魔物』が10月26日(木)に開催されることが決定! 当日はアルバム同様にシン・マモノBANDが演奏を務めるバンド形態でのライブとなる。

『THE 夏の魔物ワンマン クアトロの魔物 』

10月26日 渋谷クラブクアトロ
18:30開場/19:30開演
出演:THE 夏の魔物
チケット:前売券3000円
※THE 夏の魔物はバンド編成での出演となります
Gt.越川和磨
Ba.えらめぐみ
Dr.中畑大樹
Key.ハジメタル

■オフィシャル先行
http://w.pia.jp/t/mamono/



【関連リンク】
元記事
THE 夏の魔物まとめ
Chicago Poodle、5thアルバムリリースイベント追加公演決定

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
THE 夏の魔物
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, アルバム, 発表, リリース, ライブ

Chicago Poodle、5thアルバムリリースイベント追加公演決定
Sat, 22 Jul 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Chicago Poodleが8月16日にリリースする約3年振りの5thアルバム『袖振り合うも多生の縁』の発売を記念した、リリース記念イベントの追加公演を発表した。

今回発表されたイベントはリリース週の8月15日(火)の京都を皮切りに6都市8公演で開催される。イベント内容はアコースティックミニライブとアルバム購入者対象によるCDジャケットサイン会。デビュー前からその美声で多くの人を立ち止まらせたピアノボーカル花沢の歌声を間近で聴けるチャンス!

また、アルバムツアー『5th ALBUM RELEASE TOUR 〜尾を振り合うも多生の縁〜』のプレリクエストチケット販売が7月24日(月)12:00よりスタートする。早めにチケットをゲットしよう!詳細はオフィシャルHPへ。

アルバム『袖振り合うも多生の縁』リリース記念イベント

【追加公演】
8月15日(火) 京都 JEUGIA三条本店 5F J-SQUARE
18:30〜
8月16日(水) 大阪 タワーレコード難波店5Fイベントスペース
19:00〜
8月17日(木) 愛知 名古屋パルコ 西館1F イベントスペース
18:30〜
8月18日(金) 神奈川 モザイクモール港北 4Fエスカレーター前広場
18:00〜
8月19日(土) 兵庫 イオンモール伊丹昆陽 緑の広場
13:00〜
8月19日(土) 大阪 天王寺ミオ 本館11Fライトガーデン
17:00〜
9月02日(土) 神奈川 タワーレコード横浜ビブレ店 店内イベントスペース
14:00〜
9月02日(土) 東京 HMV&BOOKS TOKYO 7F イベントスペース
19:00〜
※各会場詳細はオフィシャルHPへ。

【CDご予約会】
7月29日(土) 大阪 時空の広場
15:00〜/17:00〜※観覧フリー!!
8月06日(日) 京都 イオンモール久御山店1F 憩いの広場
13:00〜※観覧フリー!!

FM徳島25周年「風゜のサマーミーティング」
7月30日(日) 徳島 徳島シビックホールセンター

「Voice from CASHBOX at サンファーレ広場」
8月13日(日) 兵庫 そごう神戸店2F サンファーレ広場(屋上)
12:00〜※観覧フリー!!
出演者:Chicago Poodle/伊沢ビンコウ/アルケミスト/UEBO/Cooley High Harmony

※CDご予約特典:オリジナルうちわ

【ライブ情報】

『5th ALBUM RELEASE TOUR 〜尾を振り合うも多生の縁〜』
9月30日(土) ell.FITS ALL(愛知)
10月07日(土) KYOTO MUSE(京都)
10月15日(日) 原宿アストロホール(東京)
10月22日(日) MO:GLA(岡山)
10月28日(土) 松山キティホール(愛媛)
10月29日(日) club GRINDHOUSE(徳島)
<チケット>
前売り¥4,500/当日¥5,000 (税込/全自由/ドリンク代別途必要)
※未就学児の方はご入場できません。
<プレリクエスト先行抽選販売>
【チケット販売URL】http://l-tike.com/
【受付期間】7月24日(月)12:00〜7月31日(月)23:59
【当落発表・入金期間】8月3日(木)〜8月7日(月)23:00

『犬(one)フェス2017 〜I & 喜縁〜』
12月02日(土)  森ノ宮ピロティホール
時間:OPEN 16:15 / START 17:00
<チケット>
前売り ?5,000 / 当日 ?5,500(税込/全席指定)
※4歳未満の方のご入場はできません。

アルバム『袖振り合うも多生の縁』

2017年8月16日発売



GZCA-5280/¥3,000+税
<収録曲>
01.ツナグモノ
02.Free Bird
03.Another Story
04.ずっと煌めく君は僕のダイヤモンド
05.愛のレストラン
06.Love Addict
07.PIN0625
08.Made in Smile
09.Plsasure/通り雨の帰り道
10.Shooting Star
11.ふたりひとつ
12.平安の都 京都
-Bonus Track-
La・La・La Love & Peace



【関連リンク】
元記事
Chicago Poodleまとめ
aiko、デビュー20年目最初のライブはZepp Tokyo!
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
Chicago Poodle
【ジャンル】
ROCK, ニュース, 発表, リリース

aiko、デビュー20年目最初のライブはZepp Tokyo!
Sat, 22 Jul 2017 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現在、ライブハウスツアー『Love Like Rock vol.8』の真っ只中であるaikoが、7月20日(木)にZepp Tokyoにてデビュー20年目に突入して初めてのライブを行った。aikoは1998年7月17日にシングル「あした」でメジャーデビューした。

この日、会場を満員で埋め尽くしたファンからは祝福の声が上がる中、「今日は皆さん、大事な“スタートの1日”に来てくれて本当にありがとうございます!20年目1発目のライブ、みんなと一緒に楽しい時間を過ごしたいと思います!」と歓声に応えた。

終盤には「これから20年目もみんなに頼りまくっていきたいと思うので、よろしくお願いします!」とデビュー20年目への意気込みを語り、ライブを締めくくった。

7月21日(金)にも同じくZepp Tokyoでライブを実施。新潟、仙台、高松でのライブを経て、9月7日(木)にZepp Tokyoで行われるツアーファイナルまで残すところ10公演、aikoは全力でこの夏全国を駆け巡る。

Photo by 岡田貴之

aiko Live Tour『Love Like Rock vol.8』

7月29日(土) 東京 Zepp Tokyo
7月30日(日) 東京 Zepp Tokyo
8月12日(土) 新潟 新潟LOTS
8月13日(日) 新潟 新潟LOTS
8月19日(土) 宮城 チームスマイル・仙台PIT
8月20日(日) 宮城 チームスマイル・仙台PIT
8月26日(土) 香川 高松festhalle
8月27日(日) 香川 高松festhalle
9月06日(水) 東京 Zepp Tokyo
9月07日(木) 東京 Zepp Tokyo

※終了分は割愛
※全公演チケットSold Out



【関連リンク】
元記事
aikoまとめ
フジファブリックの山内総一郎が初となる
弾き語りソロワンマン開催を発表

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブ, ツアー, ライブレポ, レポート

フジファブリックの山内総一郎が初となる弾き語りソロワンマン開催を発表
Sat, 22 Jul 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フジファブリックのフロントマンである山内総一郎が、大阪・福岡の2箇所で初となる弾き語りソロワンマンライブ「山内総一郎ソロLIVE "Mellow"」を開催する事が決定した。

山内はフジファブリックの活動に加えソロの弾き語りで、これまでも「RISING SUN ROCK FESTIVAL」「WILD BUNCH FEST.」J-WAVE「トーキョーギタージャンボリー」など幾度もフェスやアコースティックイベントへ出演し、弾き語りには大きな定評がある。

今回の「山内総一郎ソロLIVE "Mellow"」は、山内の弾き語りでの魅力を最大化したライブとなる事は間違いない。アコースティックギターの繊細なニュアンスまで聞くことができるのはもちろん、カバー曲も演奏する自由なセットリスト、ソロならではの多彩なアレンジなど、フジファブリックのバンドとしてのライブとはまた違った魅力を感じて貰える内容となる。また、カバー曲も披露する予定となっているので、こちらにもぜひ注目してほしい。

なお、チケットの最速先行受付は7月21日(金)18:00からスタート。この機会をお見逃しなく!

■【山内総一郎よりコメント】

みなさん、弾き語りのワンマンです。
弾き語りはちょこちょこイベントやフェスに呼んで頂いたりしてやってきましたが、もっともっと自分が好きな歌をゆっくり歌える場を作りたいと思うようになり、この度『Mellow』というタイトルでワンマンライブを行うことになりました。
これから不定期でやっていくことになりそうですが、その日、その時、その場所ならでは、を詰め込んだステージにしたいと思っていますので、みなさん是非来て下さい!!

「山内総一郎ソロLIVE "Mellow"」

9月22日(金)  福岡県・Gate\'s7
9月27日(水)  大阪府・Music Club JANUS

■FAB CHANNEL会員限定最速チケット先行
※受付期間:7月21日(金)18:00〜7月30日(日)23:59
http://ch.fujifabric.com/mellow2017/



【関連リンク】
元記事
フジファブリックまとめ
ザ・スミスの名盤『ザ・クイーン・イズ・デッド』がデラックス/エクスパンデッド化
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
ROCK, ニュース, ライブ

ザ・スミスの名盤『ザ・クイーン・イズ・デッド』がデラックス/エクスパンデッド化
Sat, 22 Jul 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ザ・スミスの最高傑作であり、最も偉大なロック・アルバムの1枚としても広く知られる『ザ・クイーン・イズ・デッド』が新たにリマスターされ、デラックス/エクスパンデッド化して10月20日にリリースされる。なお、日本盤の発売は後日発表される予定とのこと。

ザ・スミスの残してきたアルバムがこうした形で再発売されるのは初めてとなる。これは今年4月のレコード・ストア・デイのためにリリースされたアナログ・シングル「心に茨を持つ少年(デモ・ミックス)」と、6月にリリースされ、イギリスの公式アナログ・チャートの1位となった『ザ・クイーン・イズ・デッド』の2枚のアナログ限定盤に続くリイシュー作品となる。

デラックス・エディション(3CD / 1 DVD box set)? Disc.1は2017リマスター・アルバム、Disc.2にはデモ、シングルBサイド、オルタナティヴ・ヴァージョンなどが収録され、全13曲中9曲が未発表トラック。Disc.3は、1986年8月5日に<グレート・ウッズ・センター・フォー・ザ・パフォーミング・アーツ>での公演を収録した「ライヴ・イン・ボストン」で、こちらは全曲が未発表ライヴ・テイクとなる。DVDにはオリジナル・アルバムの2017リマスター 24ビット96kHzのPCMステレオ・ハイレゾ音源と、デレク・ジャーマンによるフィルム「ザ・クイーン・イズ・デッド」が収録される。また、デラックス・エディション5LP boxも同時にリリースされることがわかった。

この作品についてモリッシーは『オーディエンスがいいと思ってくれる、一般的な批評家たちがいいと思ってくれる、またラジオ局がいいと思ってくれるだろうとただ期待しながら、レコーディングをし続けることは出来ない。異常な天才科学者がこれを認めてくれるだろうか?そう考えた時に初めて人は進化するのだ――これこそが、ザ・スミスが『ザ・クイーン・イズ・デッド』で成し遂げた飛躍だった』と語る。さらにジョニー・マーも『『ザ・クイーン・イズ・デッド』は作るのも大変だったが、永遠に残る傑作だ』付け加える。日本盤の発売が今から待ち遠しいが、まずは収録曲などの情報を見て、その気持ちをさらに高ぶらせてほしい。

アルバム『The Queen Is Dead ?Deluxe edition-/?Expanded edition-』

2017年10月20日発売(日本盤はおってアナウンス予定)



<収録曲>
■CD1 ? Original album: 2017 master
1. ‘The Queen Is Dead’
2. ‘Frankly, Mr. Shankly’
3. ‘I Know It’s Over’
4. ‘Never Had No One Ever’
5. ‘Cemetry Gates’
6. ‘Bigmouth Strikes Again’
7. ‘The Boy With The Thorn In His Side’
8. ‘Vicar In A Tutu’
9. ‘There Is A Light That Never Goes Out’
10. ‘Some Girls Are Bigger Than Others’

■CD2 ? Additional recordings
1. ‘The Queen Is Dead’(full version)
2. ‘Frankly, Mr. Shankly’(demo)
3. ‘I Know It’s Over’(demo)
4. ‘Never Had No One Ever’(demo)
5. ‘Cemetry Gates’(demo)
6. ‘Bigmouth Strikes Again’(demo)
7. ‘Some Girls Are Bigger Than Others’(demo)
8. ‘The Boy With The Thorn In His Side’(demo mix)
9. ‘There Is A Light That Never Goes Out’(take 1)
10. ‘Rubber Ring’(b-side)
11. ‘Asleep’(b-side)
12. ‘Money Changes Everything’(b-side)
13. ‘Unloveable’(b-side)

Tracks 1-7 and 9 are previously unreleased.
Track 8 was released on 7” for Record Store Day.
Tracks 10 and 11 are 2017 masters of b-sides from ‘The Boy With The Thorn In His Side’.
Tracks 12 and 13 are 2017 masters of b-sides from ‘Bigmouth Strikes Again’.

■CD3 ? ‘Live in Boston’ ? previously unreleased
1. ‘How Soon Is Now?’(5.25)
2. ‘Hand In Glove’(2.58)
3. ‘I Want The One I Can’t Have’(3.24)
4. ‘Never Had No One Ever’(3.29)
5. ‘Stretch Out And Wait’(3.09)
6. ‘The Boy With The Thorn In His Side’(3.34)
7. ‘Cemetry Gates’(3.01)
8. ‘Rubber Ring/What She Said/Rubber Ring’(4.17)
9. ‘Is It Really So Strange?’(3.23)
10. ‘There Is A Light That Never Goes Out’(4.09)
11. ‘That Joke Isn\'t Funny Anymore’(4.51)
12. ‘The Queen Is Dead’(5.08)
13. ‘I Know It\'s Over’(7.39)

Recorded at the Great Woods Center For The Performing Arts on 5th August 1986.

■DVD
‘The Queen Is Dead’ on 96kHz / 24-bit PCM stereo.
‘The Queen is Dead ? A Film by Derek Jarman’.



【関連リンク】
元記事
The Smithsまとめ
DOBERMAN INFINITY、AK-69との夢のタッグが実現!
コラボシングル「Shatter」を9月13日にリリース!

OKMusic
洋楽一覧

【関連アーティスト】
The Smiths
【ジャンル】
ROCK, 洋楽, ニュース, アルバム, 発表, リリース

DOBERMAN INFINITY、AK-69との夢のタッグが実現!コラボシングル「Shatter」を9月13日にリリース!
Sat, 22 Jul 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DOBERMAN INFINITYが9月、10月、11月と3 ヶ月連続でリリースする、その第1弾作品は互いにリスペクトするアーティスト“AK-69"との夢のタッグが実現! 初のコラボレーションシングルとなるDOBERMAN INFINITY×AK-69名義での「Shatter」を9月13日にリリースすることが決定した。

「ALL ROUND HIP HOP」をテーマに掲げデビューから3 年間で瞬く間に人気アーティストへと駆け上がり今勢いに乗るDOBERMAN INFINITYと伝説的なHIP HOPレーベル「Def Jam Recordings」の日本での再始動後初のアーティストとして電撃契約を果たした孤高のHIP HIPアーティスト"AK-69"との奇跡のドリームタッグ。ライブ等の現場では元々リンクがあり、メンバーSWAYからAK-69へのオファーから始まった。HIP HOP というジャンルの中で日本の音楽業界に一石を投じ続けている2組とあって、初めての共同制作とは思えないほど息のあった、新たなHIP HOPアンセムが誕生した。

今作はAK-69がスペシャルゲストとして参加したDOBERMAN INFINITYの3周年特別記念公演で初めて披露。アンコール1発目として大型ビジョンにスペシャル映像と共に互いのロゴが交わる演出が映し出された瞬間、会場全員がどよめき、6人の登場と共に一気にあがった大歓声の中、大きな盛り上がりを魅せこのコラボレーションに秘める大きなパワーと様々な期待をまざまざと感じさせた。

一際特別な存在感を放つAK-69とのコラボレーションは、DOBERMAN INFINITYの3 ヶ月連続リリースの第一弾として余りある大きな花火となることだろう。

■【AK-69&DOBERMAN INFINITYからのコメント 】

■AK-69
「日本の音楽シーンに風穴を空ける為に、俺たちは動いたんです。」

■DOBERMAN INFINITY
「自分たちのレベルを上げるため、目の前の壁をぶち壊すために、このコラボを熱望しました。今交わることに意味があると感じ、お互いに溜め込んだパワーをこの“Shatter"という曲に込めました。」

シングル「Shatter」/DOBERMAN INFINITY×AK-69

2017年9月13日(水)発売



【CD+DVD】
XNLD-10004/B/¥1,000(税抜き)
※MV収録
【CDのみ】
XNLD-10005/¥463(税抜き)
※mumoショップ/LDH mobile/We are D.I/会場限定
【CD+D.I×AK-69ダブルネームTシャツ】
¥2,315(税抜き) 
※mumoショップ/LDH mobile/We are D.I/会場限定
【CD+D.I×AK-69ダブルネームタオル】
¥1,481(税抜き) 
※mumoショップ/LDH mobile/We are D.I/会場限定



【関連リンク】
元記事
DOBERMAN INFINITYまとめ
AK-69まとめ
三代目 J Soul Brothers 登坂広臣、
ソロプロジェクトを始動!

OKMusic

【関連アーティスト】
DOBERMAN INFINITY, AK-69
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, CD, シングル, リリース

三代目 J Soul Brothers 登坂広臣、ソロプロジェクトを始動!
Sat, 22 Jul 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

三代目 J Soul Brothers のボーカリスト、登坂広臣がソロプロジェクトを始動! 同時に、7月27日(木)にデジタル・シングル「WASTED LOVE」をリリースする事を発表した。

記念すべきソロ第1弾のデジタル・シングル「WASTED LOVE」は世界のトップDJ・音楽プロデューサーであり、三代目 J Soul Brothersの大ヒット楽曲「Summer Madness」でプロデュースを担当しているAfrojackとの共同制作。EDM・TRAP MUSIC・HIP HOP等のクラブミュージックを基盤としたポップミュージックで、登坂広臣がアムステルダム(オランダ)でAfrojackと共にトラックまでも拘り、作詞も手掛けた渾身の1曲が完成したとのことだ。

さらに、登坂広臣の象徴的な存在となるシンボルマークも同時に解禁! このシンボルマークのデザインは、三代目 J Soul Brothersのアルバム・ジャケットやツアーロゴなどのデザインを手掛けてきたmo’design inc. 溝口基樹氏によるもの。登坂広臣の美しくも妖艶な世界観が表現されており、このシンボルマークは登坂広臣の象徴的な存在となる。

デジタル・シングル「WASTED LOVE」

2017年7月27日発売



【関連リンク】
元記事
HIROOMI TOSAKAまとめ
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEまとめ
Afrojackまとめ
シド、「螺旋のユメ」MVは甲冑同士のバトルシーンが必見!

【関連アーティスト】
HIROOMI TOSAKA, 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE, Afrojack
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, シングル, リリース, 音楽配信

シド、「螺旋のユメ」MVは甲冑同士のバトルシーンが必見!
Sat, 22 Jul 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シドが8月2日(水)にリリースするニューシングル「螺旋のユメ」のMVを公開した。その監督を務めたのは、ポルノグラフィティ、MISIA、さユり、THE ORAL CIGARETTESなどのMVを手掛ける荒船泰廣。主人公が囚われた姫を敵から救い出すというストーリーで、CGを得意とする荒船監督だけに大迫力のCGで描かれており、甲冑同士のバトルシーンは必見だ。まさに?甲冑いい(かっちょいい)?仕上がりとなっている。

同MVだがYouTubeではShort ver.の公開だが、Gyao!では7月31日までの期間限定でフルver.が公開されているとのことなので見逃さないように!

また、CD発売に先駆けて「螺旋のユメ」のフル先行配信もスタートしたので、いち早くフルver.をゲットを!

■「螺旋のユメ」MV


https://youtu.be/mWYX2_4RbCsシングル「螺旋のユメ」

2017年8月2日(水)発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2943/2944/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
M1.螺旋のユメ
M2.螺旋のユメ ?Instrumental-
■DVD
・螺旋のユメ(Music Video)
・螺旋のユメ(Photo Session / Music Video Making)

【通常盤】(CD)
KSCL-2945/¥800+税
<収録曲>
M1.螺旋のユメ
M2.螺旋のユメ ?Instrumental-

【期間限定通常盤(アニメ盤)】(CD+DVD)
KSCL-2946/2947/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
M1.螺旋のユメ
M2.螺旋のユメ ?Instrumental-
M3.螺旋のユメ -TV Size-
■DVD
・螺旋のユメ(Music Video)
・TVアニメ「将国のアルタイル」ノンクレジット オープニング映像



配信限定『螺旋のユメ-Special Edition-』

配信中



<収録内容>
1. 螺旋のユメ
2. 螺旋のユメ -Short Ver.-
3. モノクロのキス (Live from『SID 10th Anniversary LIVE』)
4. V.I.P (Live from 『SID 10th Anniversary LIVE』)

・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1258095953?at=10lpgB&ct=4547366323337_al&app=itunes
・レコチョク
http://recochoku.com/s0/rasennoyume/
・Mora
http://mora.jp/package/43000001/4547366322088/

※配信楽曲「螺旋のユメ -Short Ver.-」はシングル「螺旋のユメ」の【期間限定通常盤(アニメ盤)】に収録の「螺旋のユメ -TV Size-」と同じ楽曲です。
※配信楽曲「モノクロのキス (Live from『SID 10th Anniversary LIVE』)」は、シングル「ENAMEL」のCDに収録されている「モノクロのキス (Live from『SID 10th Anniversary TOUR 2013』)」と同じ楽曲です。


アルバム『NOMAD』

2017年9月6日(水)発売



【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
KSCL-2951/2952/¥3,611+税
【初回生産限定盤B】(CD+写真集)
KSCL-2953/2954/¥3,611+税
【初回仕様限定盤】(CD) 
KSCL-2955/¥2,870+税


『SID TOUR 2017』


9月23日(土・祝) 千葉:松戸・森のホール21
9月24日(日) 千葉:松戸・森のホール21
10月01日(日) 福岡:福岡市民会館
10月08日(日) 神奈川:厚木市文化会館
10月12日(木) 大阪:オリックス劇場
10月15日(日) 新潟:新潟テルサ
10月21日(土) 群馬:ベイシア文化ホール(群馬県民会館)
10月27日(金) 東京:東京国際フォーラム ホールA 
11月03日(金・祝) 兵庫:神戸国際会館 こくさいホール
11月04日(土) 京都:ロームシアター京都 メインホール
11月07日(火) 埼玉:大宮ソニックシティ 
11月11日(土) 愛知:日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
11月12日(日) 愛知:日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
11月21日(火) 東京:中野サンプラザホール
11月23日(木・祝) 宮城:東京エレクトロンホール宮城
11月25日(土) 北海道:わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)



【関連リンク】
元記事
シドまとめ
OKMusic
ヴィジュアル一覧
ROCK一覧

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
ROCK, ヴィジュアル, ニュース, MV, シングル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1