歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年07月21日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
【SpecialThanks】『「Anthem」 Release Tour 2017 ?FINAL!!』2017年7月14日 at 新宿LOFT
Fri, 21 Jul 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 ライヴ終演後、“日本語が多くなったから、自分に響いちゃって…”とMisaki(Vo&Gu)は“あの涙”のわけを説明してくれた。

 SpecialThanksの3rdアルバム『Anthem』レコ発ファイナルは単独では初の新宿LOFTで行なわれ、多くの観客が押し寄せた。Chikai(Gu&Cho)、Hiromu(Ba&Cho)、yoshi(Dr&Cho)、最後にMisakiが登場すると、クイーン風味の「singing」で堂々と幕開け。間髪入れずに疾走感漲る「午走-umahashiru-」に突入すると、フロアーも瞬時に火が付く。また、「DOUNARUNO!?」では曲中に“もっと歌を歌っていきませんか?”と呼びかけ、観客を内側からも激しく焚き付けていった。そして、今ツアーにおいてHiromuが体調不良で4本のライヴに出演できなくなり、藤原美咲(Ba/そこに鳴る)が代役を務めるかたちになったが、この日も特別に「summer drive & summer dive」、初期曲「I don\'t know」を含む4曲にゲストプレイヤーとして参加した。

 中盤、『Anthem』を毎日聴いてほしいとMisakiは作品に対する思いを告げ、みんなのおかげでできた曲だと言うと、「心を震わせて」へとつなぐ。“あなた”に向けて、切実に訴える真っ直ぐな歌詞が胸に突き刺さった。その後は「Mr.DONUT」「tokyoサンセット」、さらに漫画『ちはやふる』とロッテ「トッポ」のコラボレーション企画のために書き下ろした「伝えなきゃ」をこの日、ライヴ初披露! 歌い出しを間違え、やり直す場面は実にMisakiらしかったけれど、これが実にキャッチーな良曲だった。

 ショーも後半に差し掛かり、“『Anthem』の中で特に思い入れのある曲”と前置きし、「we go」をプレイ。歌心あふれるポップ性で観客を明るく照らすと、ここでMisakiは長めのMCを挟む。“『Anthem』を作り始めた頃、なぜ生まれてきたんだろうとか、すごく考えた。自分の曲であなたの人生に彩りを与えたい。歌を歌うのがもっと好きになった曲”と胸中を涙交じりに語りかけ、「happy」を全力で歌い上げる様は、この日のハイライトだった。

 アンコールでは弾き語り調で「LIFE to go」をプレイし、全27曲約2時間に及ぶライヴを完遂。バンドとして、人間として、ひと回りもふた回りも成長を遂げた熱くも温かいショーを観終え、スペサンのこれからがさらに楽しみになってきた。

撮影:梅田慎之介/取材:荒金良介

セットリスト

1.Singing

2.午走 -umahashiru-

3.DOUNARUNO!?

4.Getting on

5.Hey! you!

6.You don’t care about me

7.heavenly

8.summer drive & summer dive

9.I don’t know

10.white lover

11.reach you

12.morning coffee

13.Secret Girl

14.Fu-Fu

15.心を震わせて

16.SWEET

17.Mr. DONUT

18.tokyoサンセット

19.伝えなきゃ

20.snow town

21.you=music I love

22.we go

23.happy

24.everyday

<ENCORE1>

1.LIFE to go

2.HELLO COLORFUL

<ENCORE2>

You say Goodbye

SpecialThanks

スペシャルサンクス:愛知県を拠点に全国展開しているガールズヴォーカルメロディック/ポップパンクバンド。絶対的な歌唱力と表現力の高さ、聴く人全てを釘付けにするMisakiの才能あふれる歌、そしてルックスも兼ね備えたピュアな魅力を軸に、メロディックパンクから王道ポップロックまで日々を進化を追求する本格的バンドサウンドは日本において唯一無二の存在。



【関連リンク】
元記事
SpecialThanksまとめ
【家入レオ】
自分らしさを言い訳せずに音楽を遊んでいきたい

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
SpecialThanks
【ジャンル】
ROCK, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.156

【家入レオ】自分らしさを言い訳せずに音楽を遊んでいきたい
Fri, 21 Jul 2017 00:00:00 +0900


冒険を伴う、想像を超えるいい裏切り。他者に“歌声”以外の全てを委ねた表題曲「ずっと、ふたりで」。そして、カジュアルな自作曲にウルフルズのカバーも! 日本武道館単独公演を経て、彼女のさらなる攻めの姿勢が聴こえてきた。

──まずは目標だった日本武道館のステージに立って感じたことをうかがいたいのですが。

「日本武道館のライヴは私にとってすごく大きなものになりましたね。今後どういうふうに自分が歌っていくのか、すごく影響を与えてくれたステージになりました。恥ずかしい話なんですけど、17歳でデビューして日々生きている中で、自分の中でいろんなことが積み重なって、それがジェンガみたいになって崩れそうになっていたのを、いつもライヴでゼロに戻していた…というところで、今まで私は歌っていて。そういう自分を曝け出すことで、“ここに来てくれたみんなも自分を偽らなくていいんだよ”という感じで歌を届けていたんです。だから、自分を分かってほしいという気持ちがすごく先行していたんだなって。でも、武道館はデビュー前からずっと憧れていたステージで、約1年前からいろんなスタッフさんたちと一緒にコツコツと計画してきた一夜限りのものだったし、“5th Anniversary”という節目で立つ…だから、もう100パーセント、来てくれたみんなのために歌おうっていう気持ちだけでステージに立ったんですね。そうやって自分が歌っていく上で、“私がみんなのために歌うと、それでみんなが笑顔になってくれて、それが自分の幸せだと思えるような大人になっていきたい”っていう次の目標ができましたね。自分が自分のために出すパワーなんてたかが知れていて、“みんなのために歌う”っていう想いで出すパワーってほんとにとてつもないんだなと思いました。」

──レオさんの“みんなのため”という気持ちが伝わったからこそ、お客さんの“レオちゃんと一緒にいい空間を作りたい!”という気持ちもより大きなものになった気がします。

「お互いがお互いを思いやっている感じっていうのはすごくあったと思います。で、“私が一番やりたいことって何だろう?”って思ったら、やっぱり私の歌う曲がその人たちの曲になってほしい。私らしく歌うために今まですごく“自分らしさ”っていうのを大切にしてきたけど、もっともっといろんな人に出会って、その人が思う“家入レオらしさ”っていうのを私が表現できる…それも自由に、面白くできるようになりたいとも思いました。自分らしさを言い訳せずに音楽と遊んでいきたいなって。そういう気持ちになれたからこそ、今回の「ずっと、ふたりで」という曲にも出会えましたし。」

──進化の過程というか、また新たなかたちで未来を切り開いていくみたいな。

「実は今回のドラマの主題歌のお話は日本武道館の前にいただいてまして。で、曲も作っていたんです。でも、日本武道館を終えて“今は自分が書いたものを表現する時じゃないかもしれない”って思って。もっと歌だけに専念してみたい!っていう気持ちがすごく強くなったんです。自分で書くとどうしても自我が出てきちゃうので、そこを1回誰かに預けてみようと、いつかコラボレーションしてみたいなと思っていた杉山勝彦さんにお願いしたら快く引き受けてくださって。そして、このメロディーをもらった時に、すごく歌い甲斐があるというか、そこだけに徹して自分を消しつつも自分が持っているものを全部捧げられる気がして…すごく新しい発見でしたね。」

──さっきの“らしさ”をあえて取っ払ってのコラボによって、“表現者としての家入レオスタイル”が広がりましたね。

「面白いと思いました。自分が思っている可能性以上の歌をいろんな人に届けたいと思ったし、潔いところで歌をもっともっと歌っていきたいと思えた瞬間でしたし。杉山さん、レコーディングに来てくださったんですよ。で、私が歌ったものを聴いて“本当、音楽やってて良かった”と言ってくださった時、すごくいろんなものを感じて。この化学反応をさらに起こしていけたらいいなと思いました。」

──人の紡いだ言葉を歌うことで一番こだわったのは?

「《目の前の君以外 どうだって良いんだよ》というフレーズがすごくズドーン!ときて。私自身も言われたいし、誰かに伝えたい言葉でもあったので、ここの1行が生きるように、“光と影の両方があって、目の前にいる君だったり、あなたなんだよ”って包み込めたらいいなと思って歌いました。」

──そして、2曲目にはご自身が手掛けた「だってネコだから」が。

「この曲はほんとに今の自分がすごく出ていて。こういうふうに今の私の日常には音楽があるんだよっていう。楽器に自然に触れる時間が増えて、ピアノをよく弾くようになったんですよ。私の家のピアノって真っ白で、ピアノを置いている部屋も白いんですね。カーテンを開けていい感じで光が入ってくると部屋全体が真っ白になって、“すごい幸せー。ネコみたいな気分”ってなるんですけど、その時にピアノを弾きながら作った曲なので、すごくナチュラルに生まれました。」

──自然体の家入レオそのもの?

「そうですね。でも、歌詞は結構いろんな人にも当てはまるんじゃないかなって。あと、私史上最大級のコーラスになっています。アレンジも面白くて、J-POPなんだけどひと癖もふた癖もある感じに仕上がりました。」

──ラストのウルフルズのカバー曲「ヒーロー」にはびっくりでした。

「邦楽をカバーするのは初めてで、CMソングのお話をいただいたことで歌いました。でも、ここでウルフルズさんのカバーがくるのが私っぽい。女性アーティストのカバーじゃないんだなと(笑)。トータスさんはすごく個性のある方なので、リスペクトはすごく抱きつつも自分の声の強さで勝負できるように向き合いましたね。」

──まぁ、トータスさんは濃いですからね。

「濃い!(笑)」

──そんな3曲を通して聴いて、“これは何が起きているんだろう?”と思いました。

「もう、家入レオ解放宣言ですよ(笑)。いろんな私を知ってもらいたいし、私も知りたいし。自信が付いた一枚ですね。」

取材:竹内美保

シングル「ずっと、ふたりで」

2017年7月26日発売
Colourful Records/ビクターエンタテインメント



【初回限定盤(DVD付)】
VIZL-1203 ¥1,700(税抜)



【完全生産限定盤】
VIZL-1204 ¥2,200(税抜)
※グッズ付:LEO IEIRI デニムストラップ付きスマホリング



【通常盤】
VICL-37299 ¥1,200(税抜)

DVD&Blu-ray『5th Anniversary Live at 日本武道館』

2017年7月26日発売
Colourful Records/ビクターエンタテインメント



【DVD】
VIBL-861〜2 ¥4,500(税抜)



【Blu-ray】
VIXL-196 ¥5,000(税抜)

『5th Anniversary Live at Zepp』

9/06(水) 東京・Zepp DiverCity Tokyo
9/07(木) 東京・Zepp DiverCity Tokyo
9/12(火) 愛知・Zepp Nagoya
9/13(水) 愛知・Zepp Nagoya
9/20(水) 大阪・Zepp Namba
9/21(木) 大阪・Zepp Namba

家入レオ

イエイリレオ:1994年12月13日生まれ、福岡県出身。13歳で音楽塾ヴォイスの門を叩き、青春期ならではの叫びと葛藤を爆発させた「サブリナ」を完成させた15歳の時、音楽の道で生きていくことを決意。翌年、単身上京。12年2月に「サブリナ」でメジャーデビューを果たし、『第54回日本レコード大賞』最優秀新人賞など数多くの新人賞を受賞。17年2月に迎える5周年を記念した初のベストアルバム『5th Anniversary Best』を発売。同年4月には初の日本武道館公演が決定している。



【関連リンク】
元記事
家入レオまとめ
[Alexandros]、幕張メッセでのライブ映像作品より
「NEW WALL」MVを公開

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, インタビュー, okmusic UP\'s vol.155, シンガーソング・ライター

[Alexandros]、幕張メッセでのライブ映像作品より「NEW WALL」MVを公開
Fri, 21 Jul 2017 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

[Alexandros]が7月26日(水)に発売するBlu-ray & DVD『We Come In Peace Tour & Documentary』より「NEW WALL」のライブバージョンMVを公開! 4月23日(日)に幕張メッセで行なわれた『Tour 2016〜2017 〜We Come In Peace〜』ファイナル公演の模様とツアードキュメンタリーで構成されており、ひと足早く高揚感あれる熱狂の幕張メッセライブが楽しめる。

また、7月26日(水)から東京・西武新宿駅前のユニカビジョンにて[Alexandros]の特集番組が上映されるので、こちらもぜひこちらもチェックを!

■Blu-ray & DVD『We Come In Peace Tour & Documentary』特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/alexandros/

■「NEW WALL」 (Live Makuhari Messe 2017)


https://youtu.be/MMJqHet7vEsBlu-ray & DVD『We Come In Peace Tour & Documentary』

2017年7月26日発売



【Blu-ray 初回限定盤】
UPXH-9021/2/¥7,300 +税
【DVD 初回限定盤】
UPBH-9541/2/¥5,800+税
<収録内容>
■DISC1
ツアーファイナル幕張メッセ公演
■DISC2
ツアードキュメンタリー+初回特典映像:横浜アリーナ&岡山CRAZYMAMA KINGDOM公演から抜粋

◎ツアーファイナル幕張メッセ公演 収録内容(全共通)
ムーンソング
Burger Queen
For Freedom
Kaiju
Claw
Girl A
Kick&Spin
O2  ※2の表記をぶら下がりでお願い致します。
Aoyama
Feel like
The & Tokyo2pm36floor
Buzz Off!
Stimulator
言え
Waitress, Waitress!
クソッタレな貴様らへ
今まで君が泣いた分取り戻そう
Swan
Run Away
Starrrrrrr
NEW WALL
Adventure
ワタリドリ(アコースティック)
SNOW SOUND
かえりみち
Dracula La
Kaiju(アコースティック)
You\'re So Sweet & I Love You
City

◎初回限定盤 特典映像収録曲
『Tour 2016〜2017 〜We Come In Peace〜- 2016.11.16 Yokohama Arena』
ムーンソング
Kaiju 
Kick&Spin 
Forever Young
Don\'t Fuck With Yoohei Kawakami
『-Tour 2016〜2017 〜We Come In Peace〜- 2017.02.12 Okayama CRAZYMAMA KINGDOM』
She\'s Very 
Kaiju 
Claw 
Girl A 
Kick&Spin 
Waitress, Waitress!
Cat 2 
city





【Blu-ray 通常盤】
UPXH-1052/¥5,800+税
<収録内容>
ツアーファイナル幕張メッセ公演、ツアードキュメンタリー

【DVD 通常盤】
UPBH-1434/5/¥4,800+税
<収録内容>
■DISC1:ツアーファイナル幕張メッセ公演
■DISC2:ツアードキュメンタリー

【ユニカビジョン 詳細】

西武新宿駅前のユニカビジョンで[Alexandros]を大特集! Blu-ray & DVD『We Come In Peace Tour & Documentary』から5曲のライブ映像を放映! また、[Alexandros] 特集を高音質サウンドで聴けるスマホアプリAnother Track連動企画&サプライズプレゼントが当たるスマホアプリVISION α連動企画も実施!

放映期間:7月26日(水)〜8月1日(火)

■特設サイト:
http://www.yunikavision.jp/visionalpha/157_alx.html



【関連リンク】
元記事
[Alexandros]まとめ
超特急が『SUMMER STATION』で灼熱のライブ!
かき氷の早食い対決も!?

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
[Alexandros]
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, 発表, ライブ

超特急が『SUMMER STATION』で灼熱のライブ! かき氷の早食い対決も!?
Fri, 21 Jul 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が7月21日(金)、東京・SUMMER STATION LIVEアリーナ(六本木ヒルズアリーナ)で開催されている夏の大型イベント『テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION』に出演した。

ステージに登場したメンバーは夏の始まりを告げるように「Summer love」から爽快にライブをスタート! 続けざまに勢い全開の「Drive on week」を投下すると、超特急のファン8号車は強烈なテンションで盛り上がる。そして、7月26日にリリースされるニューシングル「My Buddy」を披露。以心伝心で前に進んでいく思いを歌った爽やかなポップチューンを熱気あふれる会場に響かせた。

そして、タカシの“サマステ!”“テレ朝!”のコール&レスポンスからメドレーゾーンに突入! 情熱的な「Make it hot!」、バウンシーなビートが強烈な「ライオンライフ」、ドラマチックに展開する「超ネバギバDANCE」などダンスチューンを連続で歌唱し、メンバーも8号車ももはや汗だく状態に。

さらに、ブチアゲチューン「バッタマン」でユースケが渾身シャウトを会場にこだまさせると、疾走感たっぷりな「PAPAPAPA JUMPERS!」を歌唱。ここでいきなりダンサーメンバー5人による、かき氷の早食い対決が開催される。かき氷の冷たさに悶絶するメンバー。ユースケが完食するものの、4人のメンバーが食べきれず、結果的になぜか5人全員で罰ゲームを受けることに。テレビ朝日ということで、カイがドラえもん、ユーキがのび太、リョウガがジャイアン、タクヤがスネ夫、ユースケがしずかちゃんとなってモノマネを披露すると、会場は笑いに包まれた。

会場全体でクロスポーズとジャンプが巻き起こったアツさたっぷりの「Burn!」。強烈な一体感を作り上げてライブ本編が終了するが、アンコールに応えて再びステージに登場! 切れ味抜群の「超えてアバンチュール」を熱量たっぷりにパフォーマンスし、灼熱のライブを締めくくった。まさに、今年の夏も超特急が熱くする!…そんな7人の思いが存分に伝わるライブとなった。

シングル「My Buddy」

2017年7月26日(水)発売



【通常盤】
ZXRC-1113/¥926+税
<収録曲>
「My Buddy」ほか全2曲収録

【Loppi・HMV限定盤】
ZXRC-1114/¥1,111+税
<収録曲>
「My Buddy」ほか全3曲収録

『HMV presents BULLET TRAIN 5th Anniversary Special「超フェス」』


「”超”整中」
8月28日(月) 豊洲PIT
Special Act: 超整中(第二弾発表をお楽しみに)

「"超"芸人フェス」
8月29日(火) 豊洲PIT
Special Act: 超特急 / ココリコ / 椿鬼奴

「"超"スタダフェス」
8月30日(水) 豊洲PIT
Special Act: 超特急 / 私立恵比寿中学

「”超”整中」
8月31日(木) 豊洲PIT
Special Act: 超整中(第二弾発表をお楽しみに)

「”超"イロモノフェス」
9月1日(金) 豊洲PIT
Special Act: 超特急 / ゴールデンボンバー



【関連リンク】
元記事
超特急まとめ
米津玄師、ハチ名義では4年ぶりの楽曲「砂の惑星」MV解禁
OKMusic
ライブ・フェス一覧

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, レポート

米津玄師、ハチ名義では4年ぶりの楽曲「砂の惑星」MV解禁
Fri, 21 Jul 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月21日に発売したニューシングル「ピースサイン」が絶好調の米津玄師が、ハチ名義としてボーカロイド楽曲「砂の惑星」を発表し、同作のMVが公開された。

初音ミクの10周年を記念して作られた今作はハチ名義では4年ぶり、さらに初音ミクを使用した楽曲としては7年ぶりの新曲であり、9月1日から3日に千葉・幕張メッセ国際展示場1〜3ホールにて行なわれるイベント「初音ミク『マジカルミライ 2017』」のテーマソングとなっている。

当楽曲は東京国際フォーラム ホールAで行なわれた「米津玄師 2017 LIVE / RESCUE」で、米津自身の歌唱により初披露され、会場を沸かせた。MVは5年ぶりのタッグとなる制作集団「南方研究所」が手がけており、鋭い目つきのミクが不思議な集団を引き連れ歩く謎めいたストーリーとなっているので、その真相を是非あなたの眼で確認して欲しい。

Photo by Jiro konami

■ニコニコ動画「砂の惑星」MV
http://www.nicovideo.jp/watch/sm31606995

■【ハチ(米津玄師)よりコメント】

ボーカロイドを取り巻く環境も僕が遊んでたころとは随分様変わりしたと思います。
テーマ曲のお話を頂いたのをきっかけに、今ハチとしてミクと曲を作るのであればどういう形にするのが一番最適だろうか?と考えた結果、ああいう形になりました。
自分が見てきたボーカロイドの原風景、あのころ砂場で僕らが作り上げたお城を思い出しながら、懐かしい気持ちと新しい気持ちのちょうどいいところを探していけばそこに「砂の惑星」がありました。

■「砂の惑星」MV


https://youtu.be/AS4q9yaWJkIアルバム『マジカルミライ 2017』

2017年8月2日(水)発売



HMCD-0008/¥2,500(税込)
※数量限定生産のため、無くなり次第販売終了予定となります。
<収録内容>
■DISC 1(CD)
01.砂の惑星/ハチ feat.初音ミク <マジカルミライ2017 テーマソング>
02.Singularity/keisei feat.初音ミク <楽曲コンテスト グランプリ楽曲>
03.エイリアンエイリアン/ナユタン星人 feat.初音ミク
04.孤独の果て/光収容 feat.鏡音リン
05.ツギハギスタッカート/とあ feat.初音ミク
06.ダブルラリアット/アゴアニキ feat.巡音ルカ
07.脱法ロック/Neru feat.鏡音レン
08.Birthday/ryuryu feat.初音ミク
09.DECORATOR/livetune feat.初音ミク
10.マジカルミライ SPECIAL MEGAMIX (「ネクストネスト」「Hand in Hand」「39みゅーじっく!」)/八王子P feat.初音ミク
■DISC 2(DVD)
砂の惑星 /ハチ feat. 初音ミク<マジカルミライ2017 テーマソング>

◎封入特典
・初音ミク「マジカルミライ 2017」ライブチケットプレゼント応募案内
・初音ミク「マジカルミライ 2017」のスペシャル映像をスマートフォン/PCにダウンロードできるSONOCA
※ ダウンロード提供開始は9月11日(月)から



【関連リンク】
元記事
米津玄師まとめ
ハチまとめ
初音ミクまとめ
THE YELLOW MONKEY、“いつもとは少し違った休日”を届けに全国8ヶ所でFCイベント開催!

【関連アーティスト】
米津玄師, ハチ, 初音ミク
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, アルバム, 発表, ボーカロイド

THE YELLOW MONKEY、“いつもとは少し違った休日”を届けに全国8ヶ所でFCイベント開催!
Fri, 21 Jul 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE YELLOW MONKEYが今秋にオフィシャルファンクラブ「BELIEVER.」会員限定イベント「THE YELLOW MONKEY SUPER FC PARTY 2017 ?DRASTIC HOLIDAY-」を開催することがわかった。“ファンの皆さんと一緒にいつもとは少し違った休日を過ごしたい"をコンセプトに企画され、イベント来場者には“イエローのワンポイントをコーディネートに"といったドレスコードが発表された。

イベント当日には開場中に会場ロビーにてフォトブースが設置され、イベント特設ページに写真を投稿いただいた方の中から抽選で各会場10名様に直筆サイン色紙が当たる他、本イベントならではのプレゼント企画も予定されており、ライブツアーとはまた一味違うイベントとなるので、ファンの方は是非参加してほしい。

今回のイベントは10月1日(日) 北海道 釧路市民文化会館(大ホール)を皮切りに、11月5日(日) 三重県文化センター(大ホール)まで、2016 年の再集結後のライブツアーでは訪れていないエリアを中心に全国8ヶ所で開催される。今秋はドキュメンタリー映画の公開、12月9日(土)10日(日)には東京ドーム公演も控えており、2017年後半もその活動から目が離せない。

■「THE YELLOW MONKEY SUPER FC PARTY 2017 ?DRASTIC HOLIDAY-」特設サイト
http://theyellowmonkeysuper.jp/feature/fcparty2017
■THE YELLOW MONKEY ドキュメンタリー映画 特設サイト
http://theyellowmonkey-movie.jp

「THE YELLOW MONKEY SUPER FC PARTY 2017 ?DRASTIC HOLIDAY-」

10月01日(日)  北海道 釧路市民文化会館(大ホール)
10月08日(日)  滋賀 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール(大ホール)
10月09日(月・祝)  鳥取 米子コンベンションセンター
10月15日(日)  沖縄 ミュージックタウン音市場
10月22日(日)  香川 レグザムホール(香川県県民ホール)・大ホール
10月29日(日)  山形 やまぎんホール
11月03日(金・祝)  和歌山 和歌山県民文化会館(大ホール)
11月05日(日)  三重 三重県文化センター(大ホール)

■FC販売(抽選)
FC1次販売:7月21日(金) 18:00〜 8月6日(日)23:59
FC2次販売:8月14日(月) 12:00〜 8月27日(日)23:59
■プレゼント企画
Special.1:ドレスコードフォトセッション
Special.2:電子チケットSUPER くじ



【関連リンク】
元記事
THE YELLOW MONKEYまとめ
Benthamの秋ツアーに夜ダン、東京カランコロン、PELICAN FANCLUBが出演決定
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
THE YELLOW MONKEY
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, 発表, ライブ

Benthamの秋ツアーに夜ダン、東京カランコロン、PELICAN FANCLUBが出演決定
Fri, 21 Jul 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Benthamが初のフルアルバム『Re: Wonder』を提げてまわる秋のツアー「Re: Wonder TOUR 2017」の対バン第4弾として、夜の本気ダンス、東京カランコロン、PELICAN FANCLUBの3組が発表された。10月6日(金)千葉、10月7日(土)宇都宮の2公演に東京カランコロン、10月11日(水)仙台、10月12日(木)新潟の2公演にPELICAN FANCLUB、10月13日(金)松本、10月15日(日)富山の2公演に夜の本気ダンスと、豪華な対バン相手の発表となり、期待は高まるばかりだ。なお10月1日(日)静岡公演の対バン相手は後日発表予定とのこと。

また、ツアーチケットの一般発売は7月22日(土)10:00からプレイガイドで販売をスタートする。売り切れる前に早めにチケットを手に入れておこう!

「Re: Wonder TOUR 2017」

9月08日(金) 名古屋Electric Lady Land(ワンマン)
9月10日(日) 岡山ペパーランド
w/グッドモーニングアメリカ
9月12日(火) 広島CAVE-BE
w/グッドモーニングアメリカ
9月15日(金) 熊本B.9 V2
w/ドラマチックアラスカ
9月16日(土) 福岡DRUM SON
w/ドラマチックアラスカ
9月18日(月・祝) 松山W studio RED
w/SAKANAMON
9月20日(水) 高松DIME
w/SAKANAMON
9月22日(金) 神戸太陽と虎
w/SAKANAMON
10月01日(日) 静岡Live House UMBER
10月06日(金) 千葉LOOK
w/東京カランコロン
10月07日(土) HEAVEN\'S ROCK Utsunomiya
w/東京カランコロン
10月11日(水) 仙台LIVE HOUSE enn2nd
w/PELICAN FANCLUB
10月12日(木) 新潟CLUB RIVERST
w/PELICAN FANCLUB
10月13日(金) 松本alecx
w/夜の本気ダンス
10月15日(日) 富山Soul Power
w/夜の本気ダンス
10月20日(金) 大阪 umeda TRAD(ワンマン)
10月21日(土) 赤坂BLITZ(ワンマン)

アルバム『Re: Wonder』

2017年7月26日発売



【CD+DVD盤】
PCCA.04549/¥3,000+税
【CD Only盤】
PCCA.04550/¥2,500+税
【Bentham屋盤】(CD+グッズ)
SCCA.00053/¥3,500+税
<収録曲>
■CD
1.Chicago
2.透明シミュレーション
3.White (Album Ver.)
4.今さら
5.Sunny
6.戸惑いは週末の朝に
7.ファンファーレ
8.エスケープ
9.Heartbreaker
10.survive
11.センチメンタル
12.激しい雨
13.クラクション・ラヴ
■DVD
(1)恵比寿LIQUID ROOMワンマンライブ後編11曲の映像収録(2017.10.27) 
(2)おまけ映像として、レギュラーラジオの映像版「ベンプレTV」も収録



【関連リンク】
元記事
Benthamまとめ
夜の本気ダンスまとめ
東京カランコロンまとめ
PELICAN FANCLUBまとめ

【関連アーティスト】
Bentham, 夜の本気ダンス, 東京カランコロン, PELICAN FANCLUB
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, ライブ, ツアー

BRAHMAN、映画『あゝ、荒野』主題歌を収録したシングルを10月4日にリリース
Fri, 21 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BRAHMANが10月4日にニューシングルをリリース! ハードコアに寄った前作「不倶戴天」が動なら、今作は静。「今夜」、「ナミノウタゲ」共にじっくりと歌を聴かせる、BRAHMANのアナザーサイドとも言える楽曲だ。 TOSHI-LOWの力強くも優しいボーカル、歌を引き立たせながらも、細やかかつ大胆に展開する演奏が、胸の奥底からじわりと湧き上がるような熱量で曲全体を包み込む。

今作は他にも注目すべき点がある。「今夜」に細美武士(MONOEYES / the HIATUS)、「ナミノウタゲ」にハナレグミがゲスト参加しているのだ。2人のコーラスがそれぞれの歌にグッと幅を持たせ、楽曲をさらに魅力的なものにしている。そして、そのクオリティの高さでファンを常に熱狂させている初回限定盤付属DVDは、もちろん今回も期待通りの内容に仕上がっている。今回は、6月15日に新木場STUDIO COASTにて行われたTour「戴天」最終公演の模様を収録。KO(SLANG)を迎え、鬼気迫る熱演を見せたオープニング曲「守破離」や、ステージに飛び入りするその瞬間からフロアの空気をがっちり掴んだILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)をフィーチャーした「ラストダンス」など、出来る限りの生々しさであの晩の興奮をパックしている。さらに、「不倶戴天」に引き続き、今回も同内容の7インチが同時リリースされる。

さらなるトピックとして、「今夜」が映画主題歌に決定していることも見逃せない。これはBRAHMANにとって初めての試みだ。この曲が、寺山修司原作、菅田将暉&ヤン・イクチュンがダブル主演をつとめる映画『あゝ、荒野』を彩る。

初の日本武道館単独公演の開催が発表され反響を呼んでいるBRAHMAN。しかし、彼らにはまだまだ進むべき道があり、やるべきことがある。とどまることを知らない4人の勢いは、さらなる着地点を既に見据えている。

シングル「今夜 / ナミノウタゲ」

2017年10月4日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TFCC-89633/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
1. 今夜
※映画「あゝ、荒野」主題歌
※CHORUS: 細美武士(the HIATUS / MONOEYES)
2. ナミノウタゲ
※CHORUS:ハナレグミ
■DVD
Tour「戴天」LIVE & DOCUMENTS
《収録予定曲》
・守破離 GUEST:KO(SLANG)
・不倶戴天
・怒涛の彼方
・ラストダンス GUEST:ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)
他 全12曲収録予定

【通常盤】(CD)
TFCC-89634/¥1,000+税
<収録曲>
1. 今夜
2. ナミノウタゲ

【アナログ 7inch】
TFKC-38029/?1,000+税
<収録曲>
side A:今夜
side B:ナミノウタゲ

【ライヴ情報】

『BRAHMAN 八面玲瓏』
2018年2月9日(金) 日本武道館
開場 17:30 開演 19:00
アリーナスタンテ?ィンク? ¥6,000(税込) 
スタント?指定席 ¥6,000(税込)
※全券種に日本武道館[八面玲瓏]記念メタ?ル付き



【関連リンク】
元記事
BRAHMANまとめ
細美武士まとめ
ハナレグミまとめ
80‘s音楽シーンの仕掛け人、ピーター・ゲイブリエルの『So』は全英1位、全米2位の大ヒット作

【関連アーティスト】
BRAHMAN, 細美武士, ハナレグミ
【ジャンル】
ROCK, ライブ・フェス, ニュース, シングル, 発表, リリース

80‘s音楽シーンの仕掛け人、ピーター・ゲイブリエルの『So』は全英1位、全米2位の大ヒット作
Fri, 21 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ジェネシスを脱退したピーター・ゲイブリエルは、ソロアーティストとして良心的な作品を生み出し続けた。特に初期の4枚(タイトルは全て“ピーター・ゲイブリエル”である)は芸術性が高い割に好セールスも記録、同時代のアーティストに与えた影響は大きく、80年代ロックの方向性を決定付けるほどの力があった。今回紹介する『So』は彼の6枚目のソロ作品で、スタジオアルバムでは初めて“ピーター・ゲイブリエル”ではないタイトルが付けられた作品となる。シングルカットされた「スレッジハマー」が全米1位を獲得する大ヒットとなり、アルバムも大成功を収めた。

■ジェネシス=ゲイブリエル

1967年に結成されたジェネシスは、演劇的な要素を持つプログレッシブロックグループであった。僕がこのグループを知ったのは中学生の時で、彼らの3rdアルバム『怪奇骨董音楽箱(原題:Nuesery Cryme)』(‘71)がリリースされた頃だ。購入理由は、この邦題に惹かれたからという単純なものだ。この時代のロック好きの若者は、ほとんどがハードロックとプレグレに入れあげていたのだが、クリムゾン、イエス、EL&Pらに押されて、ジェネシスのファンは少数派であった。しかし、このアルバムはフィル・コリンズ(そう、あの人です)と名ギタリストであるスティーブ・ハケットが参加した最初のアルバムであり、完成度は極めて高く、中でも作詞のほとんどのヴォーカルを担当するピーター・ゲイブリエルのカリスマ性に、子供ながらも魅せられてしまった。

この後もジェネシスは『フォックストロット』(‘72)、『ライブ』(’73)、『月影の騎士』(’73)と順調にアルバムをリリースするのだが、74年に2枚組の大作『幻惑のブロードウェイ』を出した後、個人的問題を理由にゲイブリエルはジェネシスを脱退する。ツアーに出るより家族と一緒の時間を過ごしたいというような話も当時は出回っていたが、その本当の理由は分からない。ただ、ゲイブリエル自身は、おそらくジェネシスでできることはやりきったのだろうと思う。

ジェネシスというグループは、ゲイブリエルの考える音楽を創造するために存在したと言っても過言ではない。ジェネシスが他のプログレのグループと根本的に違うのは、演奏面で弾きすぎないところにある。ゲイブリエル以外のメンバーが目立つことは決してなく、ゲイブリエルのパフォーマンスを最大限に引き出すためにメンバーは存在していると言ってもいい。それも押し付けられて嫌々やるのではなく、それがグループとして最善だという考えからである。だから、僕はジェネシスとはピーター・ゲイブリエルそのものだと思うのだ。

■セールスよりも芸術性を重んじたゲイブリエルのソロ

結局、ジェネシスを脱退した2年後の1977年、キング・クリムゾンのロバート・フリップやトニー・レヴィンの協力を得て『ピーター・ゲイブリエル(邦題は『I』)』でソロデビューを果たす。巷ではAORやパンクロックが人気を博していたが、そんなことはお構いなく、ジャンル分けができないゲイブリエル・サウンドを展開している。ジャケットデザインはジェネシス脱退直前の『幻惑のブロードウェイ』と同じくヒプノシスが担当しており、素晴らしい仕事をしている。音楽的にはポップさよりも芸術性を重んじたジェネシス的な展開が垣間見える仕上がりであったが、セールス的にも悪くなかった。

翌年の78年、2ndソロとなる『ピーター・ゲイブリエル(邦題は『II』)』をリリース、前作と比べると少しはキャッチーで、パンクやニューウェイブ的な香りがするものの、やはりゲイブリエルらしい真摯さが感じられる作品となった。大人向けの良質なロックで、かといってAOR感はまったくないのだからすごいと思う。

さて、ジェネシス時代とはまったく違うゲイブリエルの才能が開花するのはここからだ。80年にリリースされた『ピーター・ゲイブリエル(邦題は『III』)』はデジタル時代ならではのシンセサイザーを取り入れつつも、人力の演奏も大切にするというスタンスで新境地を切り開くことに成功し、以降のゲイブリエルにとって大きな存在となる民俗音楽へのアプローチも少し感じられて心地良い。今となっては少し古臭くも感じるが、ゲイトエコーを使ったスティーブ・リリー・ホワイトのプロデュースが光っている。ポップさがあまり感じられないにもかかわらず、全英チャートで1位を獲得するのだから、80年代初頭の混沌としたロックシーンも捨てたものではないと思う。

次作の『ピーター・ゲイブリエル(邦題は『IV』)』は82年にリリース、同年には80年代の音楽シーンにとって重要なワールドミュージックのイベントとなる『WOMAD』の第1回目が開催されている。ゲイブリエルの舵取りで行なわれたこのイベントによって、アフリカをはじめ、トルコ、イスラエル、インド、パキスタンなどのアーティストに、世界中の注目が集まることになる。日本のレコード店でもワールドミュージックのコーナーができたり、専門店までが登場するのは、ゲイブリエルのおかげだと言ってもいいだろう。話が前後するが、この『IV』は彼の代表作であり、80‘sロック史に残る傑作である重要作である。彼のクリエイティビティーがもっとも冴えていたのは、この時期であろう。

■本作『So』について

そして、ソロになって初のライヴ盤『プレイズ・ライブ』(‘83)をリリース。収録ナンバーはこれまでのソロ4枚から選曲されており、トニー・レヴィンをはじめとする気心の知れたメンバーと緊張感のある演奏を繰り広げている。

ライヴ盤リリース以降は『WOMAD』の準備や自身の充電(ワールドミュージックの勉強?)のために時間を割いていたようで、本作『So』のリリースは前作『IV』から4年振りとなっている。

本作を聴いて、僕はこれまでにないポップさに驚いた。前作『IV』をリリースした後、『WOMAD』でワールドミュージックに急接近したことや、フィル・コリンズのソロアルバムが大ヒットしたこと、同じくジェネシスのマイク・ラザフォードもマイク&ザ・メカニックスを率いてポップなヒットを飛ばしていることなど、かつての同僚が脚光を浴びていることで、ゲイブルエル自身もポップな道を選んだのだろうか。その辺りの事情は分からないが、心境の変化があったことは間違いない。本作に収録された「スレッジハマー」はR&Bをベースにした軽快なナンバーで、このPVはMTVで大きな注目を集め、あっと言う間に世界中で大ヒットした。

収録ナンバーは「スレッジハマー」のように、どれもキャッチーなメロディーを持ち、これまでのような芸術的要素は少ない。それだけにビッグセールスにつながったのだろうが、ゲイブリエルは魂を売ったのかと聞かれたら「それは違う」と僕は答える。ゲイブリエルは、世界のワールドミュージックを研究し、それらが意外と商業的な性質を持っていることに気づいたのではないか。芸術的な要素がなくても良いポピュラー音楽は存在するという当たり前の事実を、ゲイブリエルは発見したのではないだろうか。

本作は、後にニール・ヤングやエミルー・ハリスらのプロデューサーとしても名を知られるカナダ人のダニエル・ラノアと、ゲイブリエルの共同プロデュースで、ケイト・ブッシュ、ユッスー・ンドゥール、ポリスのスチュアート・コープランドら豪華なゲストを迎えている。サウンドはシンセと人力演奏をバランス良く配置し、ゲイブリエルが影響を受けたR&Bやソウルを中心にアフリカンポップスは取り入れるが、安易なデジタルサウンドは排除するといった、ゲイブリエルらしい哲学のもとで制作されている。

『So』は80年代の傑作にとどまらず、ロック史に残る傑作の一枚なので、聴いたことがないという人は、この機会にぜひ聴いてほしい。新しい発見がきっとあると思うよ♪

TEXT:河崎直人

アルバム『So』

1986年発表作品



<収録曲>
1. Red Rain
2. Sledgehammer
3. Don\'t Give Up
4. That Voice Again
5. Mercy Street
6. Big Time
7. We Do What We\'re Told
8. This Is The Picture
9. In Your Eyes




【関連リンク】
元記事
Peter Gabrielまとめ
Genesisまとめ
乃木坂46、新曲「逃げ水」MVは
個性豊かな“伊丹家"の設定に注目

OKMusic

【関連アーティスト】
Peter Gabriel, Genesis
【ジャンル】
ROCK, 洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!

乃木坂46、新曲「逃げ水」MVは個性豊かな“伊丹家"の設定に注目
Fri, 21 Jul 2017 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月9日(水)に発売する乃木坂46の18thシングル「逃げ水」のMVが遂に公開! 撮影は7月上旬に福島県会津若松市で行なわれた。三期生で初のWセンターとなった大園桃子と与田祐希が、広大で不思議なお屋敷“伊丹家"に見習いの侍女として迎えられ、たくさんの出来事に出会っても、決して驚いてはいけないというお達しのもと、侍女として働くストーリーが描かれている。18thシングル選抜メンバーは、非現実的な普段の自分にはないキャラクター設定で撮影が行なわれたため、終始笑いの絶えない楽しい撮影現場となったそうだ。

監督は数多くのアーティストのMVを手掛け、乃木坂46では「シークレットグラフィティー」「あの教室」「ないものねだり」のMVや個人PVも手掛けている山岸聖太氏が担当。今回公開された個性豊かな“伊丹家"の詳細な設定にも注目したい。

■「逃げ水」MV


https://youtu.be/nhrXbPlpdQQシングル「逃げ水」

2017年8月9日発売



【初回仕様限定(CD+DVD)盤】
・Type-A
SRCL-9489〜9490/¥1,650(税込)
<収録曲>
■CD
M1:「逃げ水」
M2:「女は一人じゃ眠れない」(2017年8月25日公開『ワンダーウーマン』イメージソング)
M3:「ひと夏の長さより・・・」(『お台場みんなの夢大陸2017』テーマソング)
M4:「逃げ水」〜off vocal ver.〜
M5:「女は一人じゃ眠れない」〜off vocal ver.〜
M6:「ひと夏の長さより・・・」〜off vocal ver.〜
■特典映像
「逃げ水」「女は一人じゃ眠れない」Music Video DVD
その他、特典映像収録(後日発表させて頂きます。)

・Type-B
SRCL-9491〜9492/¥1,650(税込)
<収録曲>
■CD
M1:「逃げ水」
M2:「女は一人じゃ眠れない」(2017年8月25日公開『ワンダーウーマン』イメージソング)
M3:「アンダー」
M4:「逃げ水」〜off vocal ver.〜
M5:「女は一人じゃ眠れない」〜off vocal ver.〜
M6:「アンダー」〜off vocal ver.〜
■特典映像
「逃げ水」「アンダー」Music Video DVD
その他、特典映像収録(後日発表させて頂きます。)

・Type-C
SRCL-9493〜9494/¥1,650(税込)
<収録曲>
■CD
M1:「逃げ水」
M2:「女は一人じゃ眠れない」(2017年8月25日公開『ワンダーウーマン』イメージソング)
M3:「ライブ神」
M4:「逃げ水」〜off vocal ver.〜
M5:「女は一人じゃ眠れない」〜off vocal ver.〜
M6:「ライブ神」〜off vocal ver.〜
■特典映像
「逃げ水」「ライブ神」Music Video DVD
その他、特典映像収録(後日発表させて頂きます。)

・Type-D
SRCL-9495〜9496/¥1,650(税込)
<収録曲>
■CD
M1:「逃げ水」
M2:「女は一人じゃ眠れない」(2017年8月25日公開『ワンダーウーマン』イメージソング)
M3:「未来の答え」
M4:「逃げ水」〜off vocal ver.〜
M5:「女は一人じゃ眠れない」〜off vocal ver.〜
M6:「未来の答え」〜off vocal ver.〜
■特典映像
「逃げ水」「未来の答え」Music Video DVD
その他、特典映像収録(後日発表させて頂きます。)

◎初回仕様限定(CD+DVD)盤 共通封入特典
・全国握手会参加券 or スペシャルプレゼント応募券1枚
・乃木坂46メンバー生写真1枚(全184種のうち1種ランダム封入)

【通常盤】(CDのみ)
SRCL-9497/¥1,050(税込)
<収録曲>
M1:「逃げ水」
M2:「女は一人じゃ眠れない」(2017年8月25日公開『ワンダーウーマン』イメージソング)
M3:「泣いたっていいじゃないか?」(日本テレビ『ライオンスペシャル 第37回 全国高等学校クイズ選手権』応援ソング)
M4:「逃げ水」〜off vocal ver.〜
M5:「女は一人じゃ眠れない」〜off vocal ver.〜
M6:「泣いたっていいじゃないか?」〜off vocal ver.〜



【関連リンク】
元記事
乃木坂46まとめ
chay、新曲「恋はアバンチュール」が
山本美月主演ドラマ『東京アリス』主題歌に決定

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, ミュージックビデオ, シングル, 発表

chay、新曲「恋はアバンチュール」が山本美月主演ドラマ『東京アリス』主題歌に決定
Fri, 21 Jul 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

chayの最新アルバム『chayTEA』に収録されている「恋はアバンチュール」が、Amazon プライム・ビデオで独占配信される山本美月主演のドラマ『東京アリス』の主題歌に決定した。同曲はアップテンポのリズムが特徴的で、今までのchay の印象とは違った歌詞など、今回のアルバムの中でも非常にチャレンジをした楽曲となっている。

さらに、同じくアルバムに収録されている「恋のはじまりはいつも突然に」「You」の2曲も同ドラマのエンディングテーマとして起用される。「恋のはじまりはいつも突然に」はシングルとしてもリリースされた楽曲で、これぞchayといえるレトロポップサウンドが印象的だ。対照的な「You」は、“いつまでも 君は君のままでいいよ 自分のこと嫌いな 君が好きだよ"というフレーズが印象的なバラードとなっており、語りかけるような歌声にも注目してほしい。

『東京アリス』は人気漫画家・稚野鳥子原作の少女コミックで、“おしゃれがしたい"、“恋愛がしたい"、“いい仕事がしたい"、“結婚がしたい"と、人生の岐路に立つ同級生4人組がシェアハウスで暮らしながら、恋愛や仕事、ファッションなど…それぞれの幸せを追い求めていく姿を描いたストーリーとなっている。自身の経験を基にした等身大の歌詞や、明るく華やかな楽曲の世界観から20代女子から絶大な人気を誇るchayが、3つ異なる表情を見せる楽曲達でドラマを盛り上げていく。

定期的に開催している弾き語りライブ『chay\'s room』や、6月にアルバムリリース記念で行なった弾丸路上ライブツアーを経て、アルバム『chayTEA』を引っさげ約1年8ヶ月ぶりのツアーをスタートさせるchay。このドラマで起用される楽曲をいち早く、ライブ会場でチェックして頂きたい!

アルバム『chayTEA』

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31310/11/¥3,500+税
【通常盤】(CDのみ)
WPCL-12645/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
M1-恋のはじまりはいつも突然に(NTTドコモdヒッツCMソング)
M2-真夏の惑星
M3-それでしあわせ(フジテレビ系ドラマ 木曜劇場『早子先生、結婚するって本当ですか?』主題歌)
M4-12月の雨(日本テレビ系水曜ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」オープニングテーマ)
M5-Be OK!
M6-恋はアバンチュール
M7-運命のアイラブユー
M8-好きで好きで好きすぎて(日本テレビ系『スッキリ!!』2015年10月テーマソング)
M9-Kiss me
M10-笑顔のグラデーション(GMOクリック証券競泳日本代表応援CMテーマ曲)
M11-Don\'t Let Me Down
M12-You
M13-結婚しようよ
M14-あなたに恋をしてみました(Wedding ver.)
■初回生産限定盤DVD
弾き語りライブ「chay\'s room」vol3~5からカバー曲を含む厳選したパフォーマンスを収録
M1-True Colors
M2-12月の雨
M3-それでしあわせ
M4-笑えれば
M5-糸
M6-Together
M7-好きで好きで好きすぎて

『chay Tour 2017“chayTEA"』

8月01日(火)  仙台・Rensa
8月04日(金)  広島・CLUB QUATTRO
8月05日(土)  福岡・BEATSTATION
8月09日(水)  名古屋・CLUB QUATTRO
8月10日(木)  大阪・BIGCAT
8月19日(土)  東京・昭和女子大人見記念講堂



【関連リンク】
元記事
chayまとめ
「第10回CDショップ大賞2018」
クラシック部門前期推薦盤、10作品を発表

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
chay
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, アルバム, TVドラマ, 主題歌

「第10回CDショップ大賞2018」クラシック部門前期推薦盤、10作品を発表
Fri, 21 Jul 2017 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ショップ店員の目利きによって作品が選ばれる『CDショップ大賞』。この賞では部門賞も選出しており、クラシック賞に関しては第8回より、前期(1月〜6月発売)と後期(7月〜12月発売)の年2回に分けて推薦盤を発表。CDショップ・クラシック担当の有志がそれぞれ推薦した作品を「クラシック賞の推薦盤」としている。「第10回CDショップ大賞2017 クラシック前期推薦盤」では、以下の10作品が発表された。

※必ずしも推薦盤の中から部門賞「クラシック賞」が決定されるということではありません。
※アーティスト名五十音順

■飯森範親(指揮)山形交響楽団 『モーツァルト:交響曲全集』

“邦人演奏家による初の快挙”
飯森範親の指揮のもと、数々の名演をリリースしてきた山形交響楽団か? 10 年かけて完成させた日本人による初の全集。 番号順に収められ、モーツァルトの成長とともに聴き進めていく楽しみか?味わえます。一部オリシ?ナル楽器を使ったヒ? リオト?奏法による演奏は、特に第 1~6 番に豊かな表情を加えています。
(山野楽器 営業本部 チーフ MD 峯岡 隆)

■加藤訓子 『J.S.ハ?ッハ:マリンハ?のための無伴奏作品集』

“優秀録音か?引き立てる、マリンハ?とハ?ッハの美しい出会い”
ライヒやヘ?ルトといった現代の作曲家たちから篤く信頼される世界的ハ?ーカッショニスト、加藤訓子の英 LINN4 枚目の アルハ?ムは、初のハ?ッハ作品集となりました。無伴奏チェロ、無伴奏ウ?ァイオリンを中心に全てマリンハ?のソロて?収め、 この楽器ならて?はの、現代作品とはまた違った表現を楽しませてくれます。今回もまた録音か?たいへん秀逸て?、と?こか らともなく響いてくるような高音域を、す?っしりと豊かな低音か?支える心地よい音場を作り出します。日本発売分のみ SACD というのも嬉しいところて?す。
(HMV 商品本部 クラシックハ?イヤー 久保 昭)

■小山実稚恵 『ハ?ッハ:コ?ルトヘ?ルク変奏曲』

“初録音のコ?ルトヘ?ルクは、圧倒的な表現力”
彼女にとって初のハ?ッハアルハ?ムか?完成。1987 年のテ?ヒ?ュー以来、30 作目にして初めてのハ?ッハというのはある意味 驚きを持って迎えられましたか?、そこにあるのは熟考された確固たる概念と、安定感のあるテクニックか?同居した比類 の無い演奏て?す。やはり 1 曲目の「アリア」から引き込まれます。
(タワーレコート?商品本部洋楽部 CLASSIC ハ?イヤー 北村 晋)

■シ?ョナサン・ノット(指揮)東京交響楽団 『ショスタコーウ?ィチ:交響曲10番』

“渾身の演奏は、ショスタコーウ?ィチ演奏の新たな夜明け”
これまて?にもいくつかあった日本におけるショスタコーウ?ィチ演奏史の中て?も、指折りの記録といっていい壮絶な演奏。 怒涛の第二楽章(トラック 2)は、4 分少して?駆け抜ける快速なか?らも、目先に流されない確固たる精神力と技術力の高さ により聴く者の胸を打ちます。今後の展開か?楽しみなノット&東京響の最新盤。
(タワーレコート?商品本部洋楽部 CLASSIC ハ?イヤー 北村 晋)

■藤木大地 『死んた?男の残したものは』

“古今東西の名歌をウィーンか?認めた美声て?聴く”
今年、ウィーン国立歌劇場へのテ?ヒ?ューも果たしたカウンターテナー、藤木大地のテ?ヒ?ュー・アルハ?ム。耳にすっと馴 染む、まっすく?て?美しい歌声か?ます?大きな魅力て?す。イキ?リス民謡と日本の歌を中心に、名曲は?かりを控えめな編曲て? 収めており、豪華な共演陣と共に、豊かな音楽性て?その美しさをたっふ?りと引き出します。中て?も、武満徹と谷川俊太 郎による傑作『死んた?男の残したものは』は力加減のたいへん難しい作品て?すか?、歌い込まれた迫真の表現て?切々と聴 かせています。
(HMV 商品本部 クラシックハ?イヤー 久保 昭)

■堀米ゆす?子(ウ?ァイオリン) アレクサント?ル・ラサ?レフ(指揮) 日本フィルハーモニー交響楽団<フ?ルッフ> シ?ョアン・ ファレッタ(指揮) チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 <フ?ラームス> 『フ?ルッフ:ウ?ァイオリン協奏曲第 1 番、 フ?ラー ムス:ウ?ァイオリン協奏曲』

“世界的奏者による風格の味わい”
ウ?ァイオリン協奏曲の2大名曲を、妖艶かつ濃厚に奏て?ているさすか?の名演て?す。 特にフ?ルッフの第1楽章!オーケストラの充実した重低音と溶け合い、名器ク?ァルネリ・テ?ル・シ?ェスの豊かな響きか? ホールを満たしています。堀米ゆす?子自身て?綴られたエッセイも楽しい。
(山野楽器 営業本部 チーフ MD 峯岡 隆)

■OBSESSION(三舩優子&堀越彰) 『OBSESSION』

“ヒ?アノ×ト?ラムのテ?ュオか?聴かせる新しい音楽表現の楽しみ”
CD やコンサートはもちろん、教育活動なと?て?も多彩な活躍をみせるヒ?アノの三舩優子と、山下洋輔との共演なと?て?知ら れるト?ラムの堀越彰によるユニット OBSESSION のファースト・アルハ?ム。クラシックの名曲から近現代作品まて?を二 人のアレンシ?て?収録しています。シチェト?リンやアルヘ?ニスなと?て?はシ?ャス?のエッシ?を効かせた激しい攻防て?、異色の テ?ュオならて?はの音楽的な真剣勝負の醍醐味を堪能させてくれます。また、ホ?ロテ?ィンやサティて?は遊ひ?心と優しい対 話か?楽しめ、2 つの楽器か?織り成す別の側面を聴かせます。二人の今後の展開に大きな可能性を感し?るアルハ?ムて?す。
(HMV 商品本部 クラシックハ?イヤー 久保 昭)

■宮下宣子&三浦はつみ 『サクハ?ットの祈り』

“日本のサクハ?ット演奏史に残る、歴史的演奏”
日本の女性トロンホ?ーン奏者の草分け的な存在て?あり、最近て?はトロンホ?ーンの古楽器サクハ?ットのハ?イオニアとして も知られる宮下宣子のソロと、オルカ?ン伴奏による貴重なアルハ?ムか?登場。サクハ?ットの柔らかな音色と芳醇なオルカ? ンの響きの調和か?美しく、多くの方々に聴いてもらいたい盤て?す。誰もか?知っている 5 曲目の「主よ、人の望みの喜ひ? よ」の自然な響きをます?は一聴を。
(タワーレコート?商品本部洋楽部 CLASSIC ハ?イヤー 北村 晋)

■山田姉妹 『あなた』

“あの頃の歌か?、今生まれ変わる"
昭和の有名な曲を、音楽大学の声楽科を優秀な成績て?卒業した平成生まれの双子か?歌いあけ?るこの CD は、発売以来話 題を呼んて?います。ストレートに歌い上け?る彼女たちのテ?ュオは、驚くほと?純粋に歌詞に込められた感情や、楽曲の素 晴らしさを聴き手に伝えてくれます。特に 1 曲目「翼をくた?さい」や、10 曲目の「なこ?り雪」は胸を打つ感動か?!
(タワーレコート?商品本部洋楽部 CLASSIC ハ?イヤー 北村 晋)

■渡辺玲子(ウ?ァイオリン)江口玲(ヒ?アノ) 『AIR & DANCE on Violin』

“名人芸を名器て?聴かせる、小品の楽しみ"
名手渡辺玲子によるウ?ァイオリン名曲集。とにかく楽しい 1 枚。ヒ?アノの江口玲も歌心満点の伴奏て?す。クラシック音 楽を楽しむならこの曲、という選曲も見事。「は?らの騎士」のワルツに聴かれるような 1736 年製ク?ァルネリ・テ?ル・ シ?ェス「ムンツ」と、ホロウ?ィッツか?愛した 1912 年製ニューヨーク・スタインウェイ CD75 の見事な融合と優秀な録 音か?、このCDを魅力あるものにしています。
(山野楽器 営業本部 チーフ MD 峯岡 隆)

【CDショップ大賞とは】

ショップ店員の目利きによって真に売りたい!聴かせたい作品を選ぶこの賞。年間を通しCDショップ大賞を盛り上げていくために、ノミネート作品の投票・発表を一次(前期)、二次(後期)と2回に分けて実施致します。一次(前期)ノミネート作品は、2016年1月1日〜2016年6月30日に発売された邦楽の新譜(ベスト盤を除く)を対象とし、2017年7月14日〜7月30日に行ないます。一次ノミネート作品の発表は 2017 年 8 月上旬の予定て?す。CD ショッフ?店員による熱いコメントはノミネート発表後、全日本 CD ショッフ?店員組合のホームヘ?ーシ?て?こ?覧になる事か?出来ます。
http://www.cdshop-kumiai.jp/

二次(後期)ノミネート投票は、一次ノミネート作品を除く、2017 年 1 月 1 日〜12 月 31 日まて?に発売された作品を対 象とし、二次ノミネート作品として約10作品選出されます。その後、一次ノミネート作品と二次ノミネート作品を対象 として最終投票を経て、「第10 回CDショッフ?大賞2018」の大賞発表及ひ?授賞式を 2018 年 3 月に実施する予定て?す。

【全日本 CD ショッフ?店員組合とは】

全日本CDショッフ?店員組合とは、全国の任意のCDショッフ?店員て?構成された名称て?、一般的な組合とは異なり、組合費を徴収しておりません。また組合への参加は任意となっています。実行委員と呼は?れるCDショッフ?店員による会議を毎月開き、CDショッフ?大賞の開催に向けて協議しています。また音楽の目利き、CDショッフ?店員ならて?はの“店頭発の情報発信”を、WEBサイトを媒介としなか?ら行っています。特定非営利活動法人ミューシ?ックソムリエ協会か?事務局として運営の中心を担い、全国のCDショッフ?店員の有志による参加の元、運営されています。
http://www.cdshop-kumiai.jp/



【関連リンク】
元記事
飯森範親(指揮)山形交響楽団まとめ
加藤訓子まとめ
小山実稚恵まとめ
藤木大地まとめ

【関連アーティスト】
飯森範親(指揮)山形交響楽団, 加藤訓子, 小山実稚恵, 藤木大地, 堀米ゆす?子, アレクサント?ル・ラサ?レフ, 日本フィルハーモニー交響楽団, フ?ルッフ, シ?ョアン・ ファレッタ, チェコ・フィルハーモニー管弦楽団, フ?ラームス, OBSESSION, 三浦はつみ, 山田姉妹, 渡辺玲子, 江口玲, 宮下宣子, シ?ョナサン・ノット(指揮)東京交響楽団
【ジャンル】
ニュース, クラシック

グドモ、自身初となる台湾での海外公演を発表
Fri, 21 Jul 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月19日にファンクラブイベント「今宵会」、7月20日には自主企画ライブ「凌ぎ合う」を開催し、金廣真悟(Vo,G)がポリープ手術から復活するグッドモーニングアメリカ。ライブ活動を再開した勢いそのままに、自身初となる台湾での海外公演を発表した。

9月23日に台北・The Wall Live Houseにて開催される「Wake Up 2018 ウォームアップ・ライヴ」は、台湾のロックフェス「Wake Up Festival 2018」のウォーミングアップの意味合いをもつイベントになる。また、10月14日に札幌のライブハウス6ヶ所にて同時開催されるサーキットイベント「ROCK DIVERSITY」に出演することも決定。こちらもあわせて是非チェックしてほしい。

【ライブ情報】

『Wake Up 2018 ウォームアップ・ライヴ 』
9月23日(土) The Wall Live House (台北市文山區羅斯福路四段200號B1)
出演:グッドモーニングアメリカ with スペシャルゲスト
開場:18:30 開演:19:30
http://wakeupfestival.com.tw/#news-lightbox

『ROCK DIVERSITY』
開催日:10月14日(土)
会場:BESSIE HALL/COLONY/Klub Counter Action/KRAPS HALL/Sound Lab mole/SPIRITUAL LOUNGE
https://no-maps.jp/event/rock-diversity



【関連リンク】
元記事
グッドモーニングアメリカまとめ
EXILE USAとINORANが「テキーラの日」記念イベントにてPR大使に任命
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, ライブ

EXILE USAとINORANが「テキーラの日」記念イベントにてPR大使に任命
Fri, 21 Jul 2017 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

EXILE USA(※)とINORANがメキシコ大使館(東京・永田町)で行なわれた「テキーラの日」の記念イベントに出席し、テキーラPR大使に任命された。

メキシコ大使館商務部では、もっとテキーラを手軽に楽しんで頂けるように、毎年7月24日を「テキーラの日」として記念することとなり、7月24日に先駆けて開催された当イベントで、日本でテキーラのプロモーションに貢献したとしEXILE USAとINORANが招待され、感謝状の授与とテキーラPR大使の任命式を実施。自身もテキーラ・マエストロの資格を持つEXILE USAは『BARでプレミアムテキーラに出会ってから大好きになりました。ダンスとも相性がよく世界一踊れるお酒だと思った。』と語ると、『テキーラは楽しいお酒ということをもっと広めていきたい。さらに勉強して自分のテキーラをプロデュースすることが夢です』と意気込む。

また、INORANも『テキーラやテキーラが好きな人たちはとてもハッピーでその雰囲気が最初は好きになりました。自分の限定ボトルをプロデュースさせてもらったことを通じテキーラの奥深さを学んだ』とテキーラの魅力を伝えた。

※USA=正式表記は『U』の上に点二つ



【関連リンク】
元記事
INORANまとめ
EXILEまとめ
高橋 優、新曲「虹」MVで
甲子園ヒーローたちの“今”に迫る

OKMusic

【関連アーティスト】
INORAN, EXILE
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ニュース, レポート

高橋 優、新曲「虹」MVで甲子園ヒーローたちの“今”に迫る
Fri, 21 Jul 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

高橋 優が2017ABC夏の高校野球応援ソングと『熱闘甲子園』のテーマソングとして書き下ろした新曲「虹」のMVが完成した。今回の楽曲は、テーマソングの楽曲制作に向けて高橋自ら、全国各地の球場へ足を運び、高校野球を生で観戦して、そこで感じたものを「虹」に込めたという。

高橋は『“虹"という存在は見るのが貴重だったり、見られたら「ラッキー!」と思うが、今回、「曲作りの旅」で野球をしている球児を見た時に、あの人たちは「ラッキー」を待っているのではなくて、あの人たち自身がそういう存在になっている気がしたんです。ファインプレーがあったり、逆に悔しくて泣いている選手がいたり、その様がもう虹よりも価値のある景色だと感じました。そこから「虹を待つな、虹になれ」という言葉がテーマになった』と「虹」の制作秘話を語ったが、この「虹」のMVでは、かつて、高校球児として日本を沸かせた二人の甲子園のヒーローにスポットライトを当て、ドキュメンタリータッチで描かれた作品となっている。

一人は2005年夏の甲子園準決勝で、田中将大(現ニューヨークヤンキース)率いる駒大苫小牧と激突、エースとして好勝負を演じた大阪桐蔭の辻内崇伸。そしてもう一人は古木克明。それぞれ、栄光と挫折を繰り返しながら、今も野球への情熱を忘れず、自らが再び虹になろうと戦い続けている“今”に密着した映像となっている。また、高橋はかつて甲子園で活躍した二人の写真の前で熱唱、「虹を待つな、虹になれ」というメッセージが響く感動的な作品となっており、二人の紹介文などの手書き文字はすべて高橋が書いている。

このMVのYouTube限定バージョンでは、MV内にはない辻内と古木のインタビューも見ることができる。この「虹」を含む全4曲収録の両A面シングル「虹/シンプル」は7月26日に発売、また昨年初めて開催された高橋優自身主催の野外音楽フェスが、今年も9月2日、3日の2日間、秋田県由利本荘市にて「秋田CARAVAN MUSIC FES 2017」として開催が決定している。

■「虹」MV(YouTube限定エディットバージョン)


https://youtu.be/YBM6Jvmc4Woシングル「虹/シンプル」

2017年7月26日発売



【期間生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31329/30/¥4,150+税
<収録曲>
■CD
1.虹 
※2017ABC夏の高校野球応援ソング / 「熱闘甲子園」テーマソング
2.シンプル 
※花王 ビオレ「スキンケア洗顔料」「うるおいジェリー」CMタイアップソング
3.白米の味 
※JA全農あきた「あきたこまち」CMソング
4.Fitting /メガネツインズ(高橋 優&亀田誠治)
■DVD
全国ホール&アリーナツアー 2016-2017「来し方行く末」 横浜アリーナ 2017.4.1
※初の横浜アリーナ公演を全曲収録(153分、24曲)
1.TOKYO DREAM
2. (Where\'s)THE SILENT MAJORITY?
3. 太陽と花
4. アイアンハート
5.拒む君の手を握る
6. Cockroach
7. 象
8. 君の背景
9. 花のように
10. 運命の人
11. さくらのうた
12. 8月6日
13. 素晴らしき日常
14. 光の破片
15. 産まれた理由
16. BE RIGHT
17. パイオニア
18. Mr.Complex Man
19. 明日はきっといい日になる
20. 泣ぐ子はいねが 
21. BEAUTIFUL
22. ロードムービー
23. 福笑い
24. リーマンズロック



【通常盤】(CD)
WPCL-12689/¥1,200+税
<収録曲>
1.虹 
※2017ABC夏の高校野球応援ソング / 「熱闘甲子園」テーマソング
2.シンプル 
※花王 ビオレ「スキンケア洗顔料」「うるおいジェリー」CMタイアップソング
3.白米の味 
※JA全農あきた「あきたこまち」CMソング
4.Fitting /メガネツインズ(高橋 優&亀田誠治)



【関連リンク】
元記事
高橋優まとめ
新宿JAMにて8月に『MARCH OF THE MODS』開催!
クラウドファンディングで35周年記念盤の制作も!

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
高橋優
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, ミュージックビデオ, MV, シングル, 主題歌

新宿JAMにて8月に『MARCH OF THE MODS』開催! クラウドファンディングで35周年記念盤の制作も!
Fri, 21 Jul 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

80年代のミュージックシーンを牽引してきた伝説のライブハウス・新宿JAM。1980年10月にオープン以来、 スピッツ、 エレファントカシマシ、 筋肉少女帯らを輩出してきたが今年12月31日をもって閉店する。

その新宿JAMにおいて、同じく80年代のモッズシーン創世記の代表となるレーベル『RADIATE RECORDS』が8月26日(土)に主催インベト『MARCH OF THE MODS』を開催! 現在の日本のモッズシーンを代表するグループが集結する今年4回目の同イベントでは、 カドカワストア、 ケツジツと組み、 公開Live Recordingという形で、 35周年記念盤を制作するクラウドファンディングプロジェクトを実施している。

この記念ライブ盤は 35年間の『MARCH OF THE MODS』の歴史を振り返るだけではなく、 次の時代への新たなマイルストーンとなる1枚となるはずだ。ぜひ、 この音楽プロジェクトに参加してほしい。

■今この瞬間を刻もう!35周年記念ライブ盤プロジェクト
http://store.kadokawa.co.jp/shop/k/k301705000305/
締切:2017年7月23日(日)

『MARCH OF THE MODS 35th Anniversary Special Party』

8月26日(土) 新宿JAM
時間:開場 14:00 Allnight
価格:前売 ¥3000(D別)、当日 ¥3,500(D別)
<出演>
■バンド
the GENO LONDON
THE GEAR
THE FAVE RAVES
LUI & HIS SWINGIN\' MOJO GANG
BLUESHARP NATSUKO BAND
Secret Carnival Workers
Motel’s Sofa
THE MONKEY
PHELGE
NERVOUS HEARTS
THE ZIP
…and more
■DJ
Manabu K.Dove
Akiharu Suetsugu
Rei Ishii (the numbers!)
Masao Kawano (LE CERCLE ROUGE)
佐藤志朗 (FACING FACTS)
…and more



【関連リンク】
元記事
androp、新曲「SOS! feat. Creepy Nuts」MVで
Creepy Nutsと踊り狂う!?

OKMusic
ROCK一覧
ニュース一覧

【関連アーティスト】

【ジャンル】
ROCK, ニュース, ライブ

androp、新曲「SOS! feat. Creepy Nuts」MVでCreepy Nutsと踊り狂う!?
Fri, 21 Jul 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

andropが8月23日に発売するニューシングル「SOS! feat. Creepy Nuts」はスタンリー・キューブリック監督の映画『2001年宇宙の旅』で有名な交響曲「ツァラトゥストラはかく語りき」を大胆にサンプリングしたサマーチューン。その新曲「SOS! feat. Creepy Nuts」のMVと新ビジュアルが公開された。

印象的なイントロに合わせて登場するandropメンバーのビジュアルから、すぐに『今までのandropと違う!?』と感じるこのMV。なんとメンバーが日焼け風メイクにサングラスや、頬にチークを塗り、浮き輪や虫取り網などを持って登場するのだが、これらはメンバー本人がスタッフと一緒に前日に発案した企画だという。

今作は、andropとCreepy Nutsが前日に集合し、監督からの『明日撮影をしますが何も決まっていません』という大胆な言葉から始まったもので、打ち合わせでは限られた時間でアイデアを出し合った。「チアガール」と話が出れば翌日の撮影に参加出来るチアガールをその場で探したり、「振り付け」と話が出れば『メンバーそれぞれが考えた振り付けを持ち寄り、撮影現場で一番良い振り付けにしよう』と監督が言い出したり…。打合せ終了後には衣裳をメンバー自身が買いに走る等、急ピッチというにはあまりにも破天荒な段取りで当日の撮影に臨んだ。そして撮影当日はサマーチューンとは程遠い天気模様。だが、お互いの限られたスケジュールの中、撮影は豪雨の中で決行された。

MVの内容は、"雨であろうと夏を楽しむ"というandropと『夏なんてクソくらえ』というCreepy Nutsの対比。そんなCreepy Nutsも、雨の中に飛び出してはしゃぐandropの姿を見てMV後半には一緒に雨の中で踊って楽しんでいる。新ビジュアルも豪雨の中、撮影された1枚だ。これらの前日の打ち合わせから撮影までの模様を収めた20分を超えるドキュメンタリーが初回限定盤のDVDに収録される。

また、新曲「SOS! feat. Creepy Nuts」が8月の発売に先駆け、来週7月26日より主要配信サイトにて先行配信されることが決定した。歌詞にもあるように、この夏は「SOS! feat. Creepy Nuts」を手に入れて"ウェイ"したい。

そして、発表されていなかったCDの収録内容も公開。先日終了したばかりのライブハウスツアー「one-man live tour 2017 "angstrom 0.8 pm"」のファイナルである福岡DRUM LOGOSでの「Prism」のライブ音源を収録。andropがライブ音源をCDに収録するのは初めての事だ。5月にシングルを発売してから、21公演のツアーを通して更に輝きを増した「Prism」。当日のライブハウスでの一体感を感じられる1曲となっている。

■「SOS! feat. Creepy Nuts」MV


https://www.youtube.com/watch?v=44k4xaVd7wgシングル「SOS! feat. Creepy Nuts」

2017年8月23日発売



※2017年7月26日より先行配信開始
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7346/¥2,484(税込)
<収録曲>
■CD
1. SOS! feat. Creepy Nuts
2. Sunrise Sunset
3. Prism (one-man live tour 2017 "angstrom 0.8 pm" tour final)
4. SOS! feat. Creepy Nuts (instrumental)
■DVD
「SOS! feat. Creepy Nuts」Music Video
「SOS! feat. Creepy Nuts」Documentary film
「SOS! feat. Creepy Nuts」Commentary Video

【通常盤】(CDのみ)
UPCH-5920/¥1,296(税込)
<収録曲>
初回限定盤のCDと同内容を収録



【関連リンク】
元記事
andropまとめ
Creepy Nutsまとめ
She, in the haze、「Calling」MVは凍えるほど不気味!?
OKMusic

【関連アーティスト】
androp, Creepy Nuts
【ジャンル】
ROCK, ニュース, コラボレーション, バンド, ミュージックビデオ, シングル, 発表, 発売

She, in the haze、「Calling」MVは凍えるほど不気味!?
Fri, 21 Jul 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

She, in the hazeが5月17日にリリースした1st EP『Paranoid』より、狂気と静寂が注入された深遠なる衝撃映像作品に仕上がった「Calling」のShort ver. MVを解禁!

先週出演した『JOIN ALIVE 2017』では、「今日のベストアクト、満場一致でShe, in the hazeだな!!」「今季JOINの一番はやっぱりShe, in the haze!!」「JOIN ALIVEで初めて見れて感動と衝撃。凄く綺麗でかっこよくて引き込まれた!!」「JOINで印象に残ったのは、She, in the hazeとサカナクションのライブ!」「JOIN一日目の一番は期待していたShe, in the hazeだった!!」などなど、その衝撃のライブパフォーマンスが北海道の人々の心を大きくつかんだ、She, in the haze。この夏は様々なイベントのへの出演が決まっているが、12月02日(土)には渋谷SPACE ODDでワンマン公演を予定している。

■「Calling」 MV Short ver.


https://youtu.be/z_iKsfpKMrEEP 「Paranoid」

2017年5月17日発売



SITHR-002/¥1,080
<収録曲>
1.Paranoid
2.Doubt
3.Calling
4.Teddy -acoustic ver.-

『She, in the haze 2017冬ワンマンLIVE』

12月02日(土) 渋谷SPACE ODD
開場/開演 17:00/17:30



【関連リンク】
元記事
She, in the hazeまとめ
デュラン・デュラン、9年ぶりの日本公演が決定!
東京公演にはCHIC feat. ナイル・ロジャースが出演!

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
She, in the haze
【ジャンル】
ROCK, ニュース, MV

デュラン・デュラン、9年ぶりの日本公演が決定!東京公演にはCHIC feat. ナイル・ロジャースが出演!
Fri, 21 Jul 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1982年の初来日公演から35年、デュラン・デュラン待望の日本公演が決定した。「グラビアの美少女」「プリーズ・テル・ミー・ナウ」から最新アルバム『ペイパー・ゴッズ』まで、デュラン・デュランの魅力を余すことなく堪能できるスペシャル・ライヴが繰り広げられることは間違いない! しかも、日本武道館公演にはCHIC feat. ナイル・ロジャースの出演も決定している。

■デュラン・デュラン オフィシャルHP
http://www.duranduran.com
■デュラン・デュラン ワーナーミュージックHP
http://wmg.jp/artist/duranduran/

■【メンバーからのメッセージ】

サイモン・ル・ボン:こんにちわ!デュラン・デュランです。
このバンドで初めて?本に?ってショーを?ってから35年になるんだよね、さらに前回の来?からは9年経つんだ。

ジョン・テイラー:そして、最新アルバム『ペイパー・ゴッズ』をリリースしてからは2年! そのアルバムからの楽曲と、みんなの?好きな楽曲の数々を織り交ぜて、世界中をツアーして回って来たんだけど、やっと?本に?けることになったよ!

ロジャー・テイラー:これまで?本では、本当に楽しく過ごしているので、今度もまた皆んなに会えるの、本当に楽しみにしてるよ!

ニック・ローズ:全く同感だね! 東京の皆さん、?阪の皆さん、待っててね!?本で是?会いましょう!  では! また! ありがとう!

『デュラン・デュラン ペイパー・ゴッズ・ジャパン・ツアー 2017』

<東京公演>
9月20日(水) 日本武道館
開場17:30 / 開演18:30(予定)
料金(全席指定・税込) SS席(特典付):¥25,500 S席:¥16,500 A席:¥14,500 B席:¥12,500
※ SS席の特典は後日、日本公演公式サイトにて発表致します。
※?本武道館公演のみCHIC feat. ナイル・ロジャースの出演決定!

<大阪公演>
9月22日(金) オリックス劇場
開場18:00 / 開演19:00(予定)
料金(全席指定・税込) SS席:¥20,500 S席:¥14,500 A席:¥12,500
※ SS席の特典は後日、日本公演公式サイトにて発表致します。

■チケット最速先行予約(抽選)
7月21日(金)0:00〜7月23日(日)23:59
受付URL:http://w.pia.jp/t/duranduran/
受付電話番号:0570-02-9517
■チケット一般発売日
8月18日(金)10:00〜予定
■日本公演公式サイト
http://duranduran-japantour.com

【7?16 ?(?)@ハワイ・ホノルル公演 セットリスト】


1. Paper Gods
2. The Wild Boys
3. Hungry Like the Wolf
4. View to a Kill
5. Come Undone
6. Last Night in the City
7. What Are the Chances?
8. Notorious
9. Hold Back the Rain
10. Ordinary World
11. I Don\'t Want Your Love
12. Medley: (Reach Up for the) Sunrise/Union of the Snake/New Moon on Monday chorus
13. White Lines (Don\'t Don\'t Do It)
14. Girls on Film(邦題:グラビアの美少?)
<ENCORE>
15. Save a Prayer
16. The Reflex
17. Rio



【関連リンク】
元記事
Duran Duranまとめ
Chicまとめ
「GYAO!」がBank Bandのライブ映像
&『Reborn-Art Festival』コンセプトソングのMV配信

OKMusic

【関連アーティスト】
Duran Duran, Chic
【ジャンル】
ROCK, 洋楽, ニュース, ライブ

「GYAO!」がBank Bandのライブ映像&『Reborn-Art Festival』コンセプトソングのMV配信
Fri, 21 Jul 2017 11:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年7月22日(土)より51日間東北の宮城県で行なわれるアート×音楽×食で彩る総合祭『Reborn-Art Festival』、 及び7月28日(金)より3日間開催される『Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes』。その開催を記念し、映像配信サービス「GYAO!」が“GYAO! MUSIC LIVE”にて、過去の『ap bank fes』よりBank Bandのライブ映像16曲を配信! 

また、櫻井和寿の歌う『Reborn-Art Festival 2017』のコンセプトソング「What is ART? 」のミュージックビデオも配信される。

■GYAO! MUSIC LIVE
タイトル:Bank Band 『SPECIAL LIVE SELECTION from ap bank fes』
概要:過去のap bank fesよりBank Bandのライブ映像をセレクトし全16曲を配信
配信期間:7月21日(金)〜 
URL: https://gyao.yahoo.co.jp/music-live/player/bankband

■Reborn-Art Festival コンセプトソング
タイトル:「What is ART?」
アーティスト名:Reborn-Art Session(櫻井和寿 小林武史)
概要:櫻井和寿の歌うReborn-Art Festival コンセプトソングのミュージックビデオを配信
配信期間:7月21日(金)〜9月10日(日)
URL: http://gyao.yahoo.co.jp/player/11226/v00002/v0000000000000000004/

【イベント情報】

■『Reborn-Art Festival 2017』
日程::7 月22 日 (土) 〜9月10日(日) ※期間:51 日間
会場 : 宮城県石巻市(牡鹿半島、市内中心部)
提携会場 : 松島湾(塩竈市、東松島市、松島町)、女川町

■『Reborn-Art Festival 2017×ap bank fes』
日程:7月28日(金)、29日(土)、30日(日)
場所:国営みちのく杜の湖畔公園(宮城県柴田郡川崎町大字川内字向原 254)
出演:Bank Band、and more

■『Reborn-Art Festival 2017』オフィシャルHP
http://www.reborn-art-fes.jp



【関連リンク】
元記事
Bank Bandまとめ
フジテレビ『警視庁いきもの係』エンディングで超特急メンバーを当てよう!
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
Bank Band
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ニュース, 夏フェス, 音楽配信













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1