歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年07月18日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
吉田山田、ライヴ映像満載の「YES!!!」MV公開
Tue, 18 Jul 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

吉田山田の配信限定シングル「YES!!!」のMVが完成した。現在は『2017tvk高校野球神奈川大会中継応援ソング』に使用されている「YES!!!」だが、ライヴで定番となっているアップナンバーで、ファンの間でも人気のある曲ということで、MVは昨年開催された『吉田山田祭り2016』のライヴ映像をもとに制作されている。

9月からスタートする『吉田山田ツアー2017』では全国21都市を回る予定の吉田山田。2016年に初めて開催した47都道府県ツアーに次ぐ最大規模のツアーとなる。初日のYOKOHAMA Bay Hallを皮切りに10月29日の新潟LOTSまでの前半15公演は『Acoustic Set』と題して、2人だけの弾き語り公演を展開。そして、11月11日のHIROSHIMA CLUB QUATTRO公演からツアーファイナルとなる12月24日の森ノ宮ピロティホールまでの後半6公演は、『Band Set』と題してバンド編成での公演となり、異なる演出にも期待が高まる。チケット一般発売は7月22日、お買い逃しなく。

■「YES!!!」MV


https://www.youtube.com/watch?v=nSUzLuYWQtQ配信限定シングル「YES!!!」

2017年7月5日配信スタート

「吉田山田ツアー2017」

■Acoustic Set
9月17日(日) 神奈川・YOKOHAMA Bay Hall
9月23日(土・祝) 北海道・札幌PENNY LANE24
9月30日(土) 鳥取・米子 AZTiC laughs
10月01日(日) 島根・松江 AZTiC canova
10月05日(木) 静岡・Live House 浜松窓枠
10月07日(土) 兵庫・神戸VARIT.
10月08日(日) 京都・KYOTO MUSE
10月09日(月・祝) 長野・松本 Sound Hall a.C
10月14日(土) 香川・高松festhalle
10月15日(日) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
10月21日(土) 岐阜・club-G
10月22日(日) 石川・金沢Eight Hall
10月25日(水) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
10月28日(土) 福島・郡山HIPSHOT JAPAN
10月29日(日) 新潟・新潟LOTS
■Band Set
11月11日(土) 広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO
11月12日(日)  福岡・ももちパレス (福岡県立ももち文化センター)
12月08日(金) 東京・東京国際フォーラム ホールC
12月09日(土) 愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
12月17日(日) 宮城・仙台Rensa
12月24日(日) 大阪・森ノ宮ピロティホール



【関連リンク】
元記事
吉田山田まとめ
マンウィズ、中条あやみ主演『覆面系ノイズ』のEDテーマリリース&北米ツアーも決定
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV, 音楽配信

マンウィズ、中条あやみ主演『覆面系ノイズ』のEDテーマリリース&北米ツアーも決定
Tue, 18 Jul 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MAN WITH A MISSIONが11月1日にニューシングルをリリースすることを発表した。同シングルには中条あやみ主演映画『覆面系ノイズ』のエンディングテーマで、映画の世界観を表現した壮大な日本語詞バラードと「Find You」等が収録される。

また、全国ツアーとアメリカツアーの開催も決定! 日本での共演も決まっている、コリィ・テイラー(Slipknot)率いるSTONE SOURの北米ツアーのゲストバンドとして出演することも明らかになった。

近日中に続報も発表予定とのことなので、お見逃しなく!

(c)2017映画「覆面系ノイズ」製作委員会

シングル「タイトル未定」

2017年11月1日発売

【ツアー情報】

『MAN WITH A MISSION presents「Dog Days Tour 2017」』
11月10日(金) 愛媛 松山WstudioRED
11月13日(月) 群馬 高崎clubFLEEZ
11月15日(水) 石川 金沢EIGHT HALL
11月19日(日) 青森 弘前Mag-Net
12月03日(日) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
12月07日(木) 沖縄 ミュージックタウン音市場

『MAN WITH A MISSION NORTH AMERICAN TOUR 2017』
10月07日(土) Sioux Falls, SD / The District
10月08日(日) Wichita , KS / The Cotillion
10月10日(火) Clive , IA / 7 Flags Event Center
10月11日(水) Tulsa , OK / Brady Theater



【関連リンク】
元記事
MAN WITH A MISSIONまとめ
Stone Sourまとめ
【M!LK】
『オフィシャルファンクラブ『PREMIUM MILK』発足記念ファンミーティング「第2回 牛乳スーパー会議 in 中野ファンプラザ」』
2017年7月14日 at 中野サンプラザ

OKMusic

【関連アーティスト】
MAN WITH A MISSION, Stone Sour
【ジャンル】
ROCK, ニュース, CD, 映画

【M!LK】『オフィシャルファンクラブ『PREMIUM MILK』発足記念ファンミーティング「第2回 牛乳スーパー会議 in 中野ファンプラザ」』2017年7月14日 at 中野サンプラザ
Tue, 18 Jul 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 オフィシャルファンクラブ『PREMIUM MILK』の発足を記念して開催したファンミーティング。即日ソールドアウトとなった会場に集まった2,300人の“み!るきーず”(ファンの愛称)を熱狂させ、12月1日には自身最大キャパシティーとなるパシフィコ横浜でワンマンライヴを行なうことを発表した。

 “第2回 牛乳スーパー会議”と名付けられた今回のライヴは、ファンミーティングということで終始アットホームな雰囲気で進行。遊び心にあふれた、み!るきーずにとって嬉しい企画コーナーはもちろん、素で楽しんでいる5人の姿も観どころだった。幕が上がったステージには“牛神”と掲げた鳥居を真ん中に、その両脇にM!LKにちなんで狛犬ならぬ狛牛、そして4つの屋台が並び、ステージ後方のやぐらには和太鼓が。今回のグッズであるメンバーカラーの法被を着た5人が登場し、塩?太智が和太鼓を叩き始めたのをきっかけに、和太鼓のリズムと盆踊りをモチーフにしたダンスが印象的な「夏味ランデブー」で夏祭りらしいスタート。間髪入れず「サマーガンバ!!」に雪崩れ込むと同時にメンバーが客席に駆け出すと、み!るきーずの至近距離でタオルを回し、飛び跳ね、歓喜の渦を巻き起こす。

 続いて、そんなエネルギッシュなM!LKとはひと味違った一面や個性を打ち出したソロコーナーへ。スタジャンを羽織った吉田仁人と塩?による「ステージ」では息ぴったりなアクロバットでも魅せ、目が眩むほどの照明に包まれて登場した山?悠稀の新曲「君とダンスナイト」は伸びやかに歌いながらも、繰り返される不思議なワードが愛くるしい。客席中央の上手にジャケット姿の佐野勇斗、下手に板垣瑞生が登場、そのまま1階中央に設置されたセンタステージで「ひこうき雲」を披露し終えると、メインステージの真ん中に現れた塩?は安定感のあるバク転からのダンスパフォーマンスで引き込む。吉田は新曲「夢がまだ」で口に薔薇をくわえて踊ったり、キレの良いパフォーマンスでスタイリッシュにキメた。最後はハスキーな板垣の歌声と山?の甘い歌声が交わる「my world」で締め括り、M!LKならではの個々の多彩さをアピールした。

 その後は夏らしく浴衣に着替えたメンバーとコントユニットGRahAMBoxによるコントも。夏祭りの実行委員長が箱にこもってしまい、箱から出すために手伝ってほしいと言われたM!LKの5人は、甘いもの好きな委員長のために“電話を切るときのひと言”や“落ち込んでいる時にかけるひと言”などの甘い言葉をひとりずつ披露。M!LKのメンバーとデートをしている感覚になれる動画企画『どっキュンM!LK』の生バージョンとも言える企画に、メンバーひとりひとりが披露するたびにみ!るきーずからは悲鳴にも近い歓声が。そんな甘い言葉に引き寄せられた実行委員長も無事に箱から姿を現した後はカラオケ大会へ。塩?はBIGBANGの「BANG BANG BANG」を全身全霊で(?)超ハイテンションに歌い、佐野は振付やジャンプを率先しながらゴールデンボンバーの「女々しくて」を歌い一体感を生み出す。他の山?、吉田、板垣はセンターステージでタンバリンやマラカスを手に盛り上げに徹していたが、最後には5人全員がメインステージに集合し、全力で歌い踊る。

 続いて、初の試みとなるプレゼントコーナー。メンバーが実際に選んで購入をしたとのことで、メンバーが買い物に行く映像が流れ、さらに期待が高まる(ちなみに、み!るきーずに日頃の感謝を伝えるべくこの企画を発案した吉田はメンバーとプレゼントを買いに行った時に決めきれず、奥の手としてネットで購入(笑))。この日来たみ!るきーずのチケットの半券をメンバーがそれぞれ引いて6人の当選者を決め、どのメンバーのプレゼントがもらえるかは順番にステージ上の屋台でくじを引いて決定。5人の当選者にはメンバーがそれぞれプレゼントを説明しながら袋を手渡し。そして、残った“絶対引くな 柴田牛”と書かれた紐を6人目の当選者が引くと…なんと、M!LKマネージャーの柴田氏が登場! サプライズでステージに上げられ驚きつつも、柴田氏の発案によりメンバー5人とマネージャーと当選者でステージセットを背に写真撮影。その後はメンバーが客席のみ!るきーずを背に記念撮影。この日、幸運にもプレゼントに当選した6人にとってはもちろん、み!るきーずにとって思い出に残る日になったことは間違いない。

 そのまま「コーヒーが飲めません」で一気にライヴのペースに戻し、「新学期アラカルト」で佐野が“ファンミーティングですよ! 大きな声出してください!”と煽るといつも以上に大きな合いの手を響かせるみ!るきーず。本日初披露の新曲「宇宙ジャンボリー」はキャッチーでM!LKらしい愛らしさもありつつ、曲間では表情が変わってクールなダンスを観せるのも印象的だった。

 ここで最後の曲の前に吉田がグッズ紹介をしようとすると、突然スクリーンに映像が流れ、12月1日にM!LK最大キャパとなるパシフィコ横浜にて『白黒牛乳ワールド in パシフィコ横浜』開催決定のお知らせが! このサプライズ発表にメンバーは驚きつつも、結成3年を記念するライヴへの意気込みとして吉田は“まだまだスキルが足りない”と、覚悟を決めたように“残り5カ月、しっかりトレーニングをして成功させたい”と力強く語った。そんな今のM!LKの勢いを示す、最後を飾る「テルネロファイター」を歌い上げる5人の姿はいつも以上に凛々しく観えた。

 この日発表された『白黒牛乳ワールド in パシフィコ横浜』のチケットは、公演終了後からオフィシャルファンクラブ『PREMIUM MILK』にてチケットを先行受付中だ。前回の春ツアーファイナルにて初披露されたBLACK M!LKも登場するかもしれない!? 目にも止まらぬスピードで成長中のM!LKの次なる挑戦に期待が高まる。

撮影:笹森健一/取材:高良美咲

セットリスト

1.夏味ランデブー

2.サマーガンバ!!

3.ステージ(吉田仁人&塩?太智)

4.君とダンスナイト(山?悠稀)

5.ひこうき雲(佐野勇斗&板垣瑞生)

6.塩?太智 ソロダンスパフォーマンス

7.夢がまだ(吉田仁人)

8.my world(山?悠稀&板垣瑞生)

企画コーナー(コント、カラオケ大会、大抽選会)

9.コーヒーが飲めません

10.新学期アラカルト

11.宇宙ジャンボリー

12.テルネロファイター

『白黒牛乳ワールド in パシフィコ横浜』

12月1日(金) 神奈川・パシフィコ横浜

M!LK

ミ!ルク:2014年結成。スターダストプロモーションが手掛ける若手アーティスト集団・恵比寿学園男子部“EBiDAN”から選ばれた若手俳優による5人組ヴォーカルダンスユニット。いろいろなものに混ざりやすく、さまざまな形状に変化することのできる“変幻自在”のユニットを目指し活動中。



【関連リンク】
元記事
M!LKまとめ
星野源、『過保護のカホコ』主題歌「Family Song」の新着情報続々解禁
OKMusic
ライブ・フェス一覧

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.155

星野源、『過保護のカホコ』主題歌「Family Song」の新着情報続々解禁
Tue, 18 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

星野源が8月16日にリリースする日本テレビ系 水曜ドラマ『過保護のカホコ』の主題歌としてオンエア中のニューシングル「¥Family Song」のジャケット写真、収録内容、封入特典、オリジナル特典などの詳細が発表された。

「Family Song」をはじめ、「肌」、「プリン」、さらに星野の自宅でレコーディングされた「KIDS(House ver.)」等、収録曲すべてが新曲。 ジャケットビジュアルは、シングル「恋」、MV集『Music Video Tour 2010-2017』でも星野とタッグを組んだ吉田ユニが担当し、独創的でありながら家族の愛情を感じるデザインとなっている。

また、初回限定盤に付属するDVD『Home Video』は、今年1月にパシフィコ横浜 国立大ホールにて2日間限定で行われた「新春 Live 2days 『YELLOW PACIFIC』」より厳選されたライヴ映像、そして新曲「プリン」のレコーディングに密着したドキュメンタリーや、星野と彼の友人によるオーディオコメンタリーも収録された魅力的な内容となっている。
さらに、既報の「星野源 Live Tour 2017『Continues』」さいたまスーパーアリーナ追加公演のチケット抽選先行受付用シリアル番号も封入されている。こちらは8月20日応募締め切りとなっているのでお早めに。

なお、店舗別オリジナル特典として、オリジナルA5クリアファイルが対象店にて先着でプレゼントされることも決定。こちらのデザインは後日発表となっているので楽しみにしてほしい。

シングル「Family Song」

2017年8月16日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1214/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
VICL-37307/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1. Family Song
2. 肌         
3. プリン
4. KIDS (House ver.)
■初回限定盤特典DVD『Home Video』 
・新春Live 2days 『YELLOW PACIFIC』ライヴ映像 
・「プリン」 Recording Documentary
※星野源と友人によるコメンタリー付

◎ 封入特典
星野 源Live Tour 2017『Continues』  
さいたまスーパーアリーナ追加公演 9月9日(土).10日(日)
チケット抽選先行受付用シリアル番号封入!(8月20日応募〆切)



【オリジナル特典詳細】

下記対象店にてシングル「Family Song」をご予約・ご購入の方に、先着で“星野源 『Family Song』 オリジナルA5クリアファイル”をプレゼントいたします!

■Atype
・タワーレコード 全国各店 / タワーレコードオンライン
■Btype
・TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
■Ctype
・HMV 全国各店 / ローチケHMV
■Dtype
・Amazon.co.jp
※Amazon.co.jp では、特典つき商品のカートがアップされます。特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。
■Etype
・山野楽器 全国CD/DVD取扱い店舗 / 山野楽器オンラインショップ
・楽天ブックス
※楽天ブックスでは、特典つき商品のカートがアップされます。特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。
・セブンネットショッピング
・A!SMART
・ビクターエンタテインメント オンラインショップ
・星野源 LIVE TOUR 2017 『Continues』 ツアー会場 CD予約コーナー
※すでに開催済みの会場にてご予約いただいた方も対象となります

その他対象店舗はビクターオフィシャルサイトにて随時発表

※対象店により、絵柄は異なります。
※特典は無くなり次第終了となります。
※一部お取扱いの無い店舗等もございますので、詳しくはお近くの店舗へお問い合わせ下さい。
※対象店は随時追加となります。



【関連リンク】
元記事
星野源まとめ
ケツメイシの「はじまりの予感」は恋する瞬間のときめきを描いた、美しくも切ないミディアムチューン
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
星野源
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, TVドラマ, 主題歌

ケツメイシの「はじまりの予感」は恋する瞬間のときめきを描いた、美しくも切ないミディアムチューン
Tue, 18 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ふと、目の前の景色が変わる瞬間がある。新しい夢に気づいた時、大切な人と出会えた時、そして、恋に落ちた時。それまで意識せず見ていたもの全てに色が付き、煌びやかに光って見える。その瞬間はとても尊くて、美しくて、素晴らしい。とはいえ、そう簡単には出会えない。だからこそ、その瞬間を経験したのであれば、その時に胸に抱いた感覚は、絶対的に大事にするべきなのだ。

ケツメイシの新曲「はじまりの予感」は、そんな恋をした瞬間のトキメキを描いている。曲の中でも《こんな感じ 何年振り?》とその瞬間に戸惑い、いつからかその気持ちを素直に認めることができない自分に対し、《いつから不器用な大人に》と綴っている。“大人になったからこそ、恋愛はそう簡単に上手くいくことはないということが分かっている。でも、だからこそ――”。そんなほろ苦く、甘酸っぱい想いがリアルに描かれたこの曲は、多くの人に届き、共感を呼ぶはずだ。

そんな切なくも美しい歌詞の世界を包み込むのは、“これぞ、ケツメイシ!”と思わせるとてもメロディアスで気持ちのいいサウンド。自然と身体を揺らすことができるミディアムチューンは、どんな時でも心地良くさせてくれる。

この曲はすでにDHCのCMソングとしてオンエアされている。昨年3月に発表された「さらば涙」に引き続き、鈴木ちなみが出演するCMなのだが、美しいメロディーと相まってとてもかわいらしく映っている。

■鈴木ちなみCM「DHCミネラルベースマジカルフィット[F1]」出逢い篇(30秒)


https://www.youtube.com/watch?v=WqYn57Krtg8また、ミュージックビデオでは、曲に沿うような恋に落ちる瞬間を描いている。コミカルな演出でいながら、可愛らしい笑顔がたくさん溢れ、メンバーそれぞれが演じている姿も必見だ。同梱されるDVDには、そんな「はじまりの予感」のミュージックビデオと、中日新聞、北陸中日新聞、東京新聞CMソングとしてオンエア中の「僕らの暮らしっく」のミュージックビデオも収録し、幅広く楽しめる一枚となっている。

夏と言えば彼らの中で「はじまりの合図」も定番曲となっているが、タイトルこそ似ているものの、まったくタイプの異なるこの曲は、より多くの人の心を掴むはずだ。

文:吉田可奈

■「はじまりの予感」MV


https://www.youtube.com/watch?v=-PEowyiB-EYシングル「はじまりの予感」

2017年7月19日(水)発売



AVCD-83900/B/¥1,620(税込)
※CD+DVD
<収録曲> 
■CD
01. はじまりの予感
■DVD
はじまりの予感(Music Video)
僕らの暮らしっく(Music Video)




【関連リンク】
元記事
ケツメイシまとめ
INORAN、ソロ20周年の集大成セルフカバー・ベストアルバムの全貌が明らかに
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
ケツメイシ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, 発表, 新曲, CMソング

INORAN、ソロ20周年の集大成セルフカバー・ベストアルバムの全貌が明らかに
Tue, 18 Jul 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

INORANのソロ20周年を記念してリリースされるセルフカバー・ヘ?ストアルハ?ム『INTENSE/MELLOW』のシ?ャケット写真と収録曲順、さらに完成間近の52Pにわたる写真集の画像が解禁された。アートワークは海がモチーフとなっていて、ホ?シ?ティフ?とネカ?ティウ?、“動”と“静”の同居を表現しており、『INTENSE』は“動”、『MELLOW』は“静”をそれぞれコンセフ?トとしている。

また、楽曲は全てニューアレンシ?&レコーテ?ィンク?を行なっており、20年の月日を昇華し、今現在のINORANをそのまま映した楽曲は、まさに最高傑作と言っても過言て?はない仕上か?りに。ニューアレンシ?された楽曲の解禁も間近とのことて?、期待が高まるばかりだ。

■【INORAN コメント】

今回はマスタリンク?て?は頭のなかて?LIVEを想像しなか?ら、まるて?セットリストを考えるように曲順を決めました。
やっと出来上か?った今回の作品を聴いて、20年という月日を感し?ることか?て?きたし、あらためて今現在の自分自身を映すことか?て?きたアルハ?ムた?と思う。近いうちにみんなに聴いてもらえる機会か?あると思うのて?、楽しみにしておいてほしい。 新曲の「Shine for me tonight」て?は実は全ての楽器を自身て?演奏しています。ストリンク?ス以外ね(笑)。

■「Ride the Rhythm」「Shine for me tonight」MV Short ver.


https://www.youtube.com/watch?v=dpiOtEdDvMcアルバム『INTENSE/MELLOW』

2017年8月23日発売



【初回限定版】(2CD+DVD+52P 写真集スヘ?シャルハ?ッケーシ?仕様)
KICS-93516/7/¥?9,074+税
<収録曲>
■CD
- INTENSE SIDE -
1. Ride the Rhythm(新曲)
2. Spirit
3. 千年花
4. Daylight
5. Determine
6. raize
- MELLOW SIDE -
1. Shine for me tonight(新曲)
2. Your Light Is Blinding
3. no options
4. Sakura
5. Beautiful Now
6. 人魚
7. Thank you
■DVD
「Ride the Rhythm」「Shine for me tonight」MV収録



【通常盤】(2CD)
KICS-3516/7/¥3,241+税
<収録曲>
- INTENSE SIDE -
1. Ride the Rhythm(新曲)
2. Spirit
3. 千年花
4. Daylight
5. Determine
6. raize
- MELLOW SIDE -
1. Shine for me tonight(新曲)
2. Your Light Is Blinding
3. no options
4. Sakura
5. Beautiful Now
6. 人魚
7. Thank you


【ライブ情報】

『SOLO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2017 - INTENSE / MELLOW -』
9月01日(金) 長野 CLUB JUNK BOX
9月02日(土) 新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE
9月07日(木) 広島 SECOND CRUTCH
9月08日(金) 福岡 DRUM Be-1
9月10日(日) 熊本 B.9 V1
9月12日(火) 高松 DIME
9月14日(木) 京都 磔磔
9月16日(土) 梅田 CLUB QUATTRO
9月18日(月) 名古屋 ElectricLadyLand
9月21日(木) 札幌 cube garden
9月23日(土) 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
9月24日(日) 仙台 darwin

『B-DAY LIVE CODE929/2017』
9月29日(金) 新木場STUDIO COAST



【関連リンク】
元記事
INORANまとめ
【LACCO TOWER】
『LACCO TOWER結成15周年特別企画「黒白歌合戦」』
2017年7月17日 at 恵比寿LIQUIDROOM

OKMusic
ヴィジュアル一覧

【関連アーティスト】
INORAN
【ジャンル】
ROCK, ヴィジュアル, ニュース, アルバム, 発表, リリース

【LACCO TOWER】『LACCO TOWER結成15周年特別企画「黒白歌合戦」』2017年7月17日 at 恵比寿LIQUIDROOM
Tue, 18 Jul 2017 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 今年で5回目となる周年イベントは、さすがに結成15周年という節目を自覚した今のLACCO TOWER、そしてロックバンドとして無二のスタンスを持つ彼らならではの構成と内容で終始した。

 というのも、イベントタイトルにもあるように“黒”と“白”に楽曲を振り分け、前半の曰く“白の部”ではテンポはミディアムメイン、コードで言えばメジャーキーのナンバーのみで構成(しかも1曲目は久々の「白」!)。意識せずともJ-POPのメロディーメーカー、歌モノを支えるアレンジが自在にできる楽器隊のスキルにハッとする。真一ジェットの鍵盤、松川ケイスケ(Vo)の日本語表現の深みが、リアルタイムで更新されていくさまをじっくり聴かせた。一歩間違えれば名曲=美談、ポジティブ、つまりフラットすぎて退屈しそうなものだが、LACCO TOWERはむしろメジャーキーの曲で切なさが増幅される。それにしても特別なことをしたいという松川の意向でメンバー全員浴衣着用だったのだが、登場した瞬間こそ少し笑ったものの、演奏が始まればまったく違和感なし。楽曲の世界観との符号もあるが、彼らの姿勢が中途半端なものだったらとても成立しなかっただろう。むしろ、和装で「傘」や「蛍」を丁寧に歌う松川には心を揺さ振られたぐらいだ。

 転換時にはLACCO TOWERと同じく、今年結成15周年を迎えるNorthern19、MERRYのガラ(Vo)、NUBO、四星球、アルカラからのお祝いメッセージも流され、近いキャリアの面々も安易にひとつのジャンルに括れないことに妙に腹落ち感が。

 後半の“黒の部”はひと言で言えば彼らのレパートリーの中でもマイナーキー、アグレッシブ、ハードかつエクストリームな楽曲のオンパレード。こんなにガレージよりだっけ?と驚く「蛹」、塩崎啓示(Ba)の鋼の振動が増幅される「奇々怪界」、狂気をはらんだライティングも脳みそをかき混ぜる「模細工」、ファストな重田雅俊(Dr)のブラストビート、食い気味に入る細川大介(Gu)のギターソロまで一気に畳み掛けた序盤。ステージ上もフロアーもぶっ壊れそうな熱量だった。ただ、LACCO TOWERの場合、その狂騒の中にあっても、松川が描く切なさや自己嫌悪、それらに対する赦しや解放も明確に伝わる。それが今回、曲調をきっぱり分けて展開したことから得た確信でもあった。テクノテイストな「少女」では真一ジェットがショルキーでフロアーのカウンターに移動、ファンを煽り、会場の参加感も増幅。そして、作品としての求心力の高さを誇る「秘密」「怪人一面相」で本編終了。黒も白も飲み込んだ上で、現在進行形の新曲「遥」をアンコールのラストに配置したことで、彼らなりのブレイブストーリー(この曲は「薄紅」に続く2度目の『ドラゴンボール超』ED主題歌)の意義もよりリアルに届いたのだった。

 それにしてもバラードで涙する女性もいれば、ハードな曲でモッシュする少年もいて、しかもファン層も恐ろしく広い。容易な道のりではなかった彼らだが、今、まさに蓄積したポテンシャルが結実しつつあるのは間違いない。

撮影:鈴木公平/取材:石角友香

セットリスト

【白の部】

1. 白

2. 花弁

3. 楓

4. 傘

5. 藍染

6. 薄紅

7. 朝顔

8. 香

9. 幸福

10. 蛍

11. 組絵

12. 告白

【黒の部】

1. 蛹

2. 奇々怪々

3. 模細工

4. 凡人論

5. 螺旋

6. 橙

7. 罪ノ罰

8. 葡萄

9. 少女

10. 苺

11. 秘密

12. 怪人一面相

<ENCORE>

1. ラッコ節

2. 遥

LACCO TOWER

ラッコタワー:日本語の美しさを叙情的リリックで表現し、どこか懐かしく切なくさせるメロディー、またその世界とは裏腹な激情的ライヴパフォーマンスで、自ら“狂想演奏家”と名乗り活動。2014&15年とバンド主催によるロックフェス『I ROCKS』を地元・群馬音楽センターにて成功させる。復活したレーベル『TRIAD』の、新人第一弾アーティストとして、6月にアルバム『非幸福論』でメジャーデビューを果たした。



【関連リンク】
元記事
LACCO TOWERまとめ
マキタスポーツ、“芸能界の女帝”水谷千重子と共演
OKMusic
ライブ・フェス一覧

【関連アーティスト】
LACCO TOWER
【ジャンル】
ROCK, ライブ・フェス, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.155

マキタスポーツ、“芸能界の女帝”水谷千重子と共演
Tue, 18 Jul 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

マキタスポーツが青山CAYにおいて3か月に1度開催している『LIVE@マキタスポーツ』が7月8日(土)に行なわれた。第11回目となる今回は、楽しき歌謡曲の宵というべき内容だった。というのもこの日のゲストに招かれたのは、演歌ひとすじ50年の大御所シンガー、水谷千恵子。芸能界の女帝がよっこいしょと重い腰をあげ、いよいよ名物ライヴ・シリーズに登場するということもあって、開始前から会場の熱気が半端ない。

まずはマキタのソロ・ステージからスタート。曲の幕開け、<ズンズンズン>という何やら得体の知れないフレーズが静かに響き渡る。いったいこれは何だ?と不思議がっていると、やがて正体が判明。小林旭や氷川きよしの歌でおなじみの“ズンドコ節”だった。ブルージー仕立てとなった真夏の夜のズンドコ。<ズンドコ、セイ!>というコールもやけにオシャレ。続けて披露されたのが、まさかのSuchmos「STAY TUNE」のカバー。いっぽうこちらはリズムが<チャチャンガチャン>と盆踊り調となっており、“すていちゅ〜ん音頭”といった趣。変幻自在な発想力を駆使したこの2曲でもって観客は一気にマキタ・ワールドへ引き込まれてしまう。

前半のセットリストは、マキタが長年出囃子に使っているTheピーズのカバー「生きのばし」、寄る年波の話からつなげられた「ガラスの十代」ならぬ「ガラスの四十代」(光GENJIカバー)、涙なしでは聴けない応援歌「がんばれ海老蔵」、星野源がCMに起用されたことへの愚痴も添えての「10分どん兵衛のうた」など。締めには、ピアノを務める相棒のジミー岩崎が9月にリリースするオリジナル・アルバムから、むせかえるような80s臭を放つ「シグナル」(マーチン度98%の和風ブラコン・ナンバー)が披露される。近況報告として、腰痛のせいで杖生活を余儀なくされ、”ひとりやすらぎの郷”状態だったこと、友近ママの番組(NB 南海放送『友近ママの魔法の引出し』)に出演して手相を見てもらいピリリとする話をされたこと、ひと頃ワイドショーをにぎわせたタイガー・ウッズの写真がかなり似ていると発見したことなどが語られた。

そして第2部、水谷千重子のオンステージへ突入。さすがこの道50年の大ベテラン、十八番である倖田來未の「キューティーハニー」や松田聖子の「夏の扉」など、華麗な節回しを畳みかけて会場の爆笑をさらっていく。波乱万丈の歌手人生を振り返るMCを耳にする頃には、青山CAYのオシャレ空間は昭和を代表するレジャー施設、船橋ヘルスセンターへと様変わり。瞬時にして場の空気を一変させてしまう彼女のパワーに脱帽させられた。

「千重子さんって本当にいたんですね!」というマキタのひと言と共にトーク・コーナーへ。「『ヤヌスの鏡』の椎名恵の類いだよね」とすぐさま彼女からレスポンスが返ってくる絶妙な呼吸がとにかく心地いい。“スポ根ちゃん”“千重子先生”と呼び合う親しい間柄のふたりだが、なにかにつけて80sネタにつなげてしまうあたりも一心同体少女隊的と言えるかも。中森明菜ネタをマニアックに展開したりして(友近から習ったというモノマネも披露)、同世代ならではの目線であの時代を切り取っていくやり取りはアットホーム感満点だった。なかでも大いに盛り上がったのは、五社英雄作品ネタ。傑作「吉原炎上」における西川峰子(仁支川峰子)の型破りな演技を絶賛したり、かたせ梨乃が劇中で歌う添田唖蝉坊作“あきらめ節"を完コピしてみせるなど、話が止まらなくなってしまうご両人。なお千重子さんには、五社監督作品へのオマージュを込めた「さみだれ道中」なる未発表の新曲があることも判明。一節聴かせてくれたが、これがなかなかディープな味わいの演歌でして、日の目を見るのが待ち遠しい。

後半戦は、「上京物語」の別バージョン<就職編>からはじまり。昨年の『FNS歌謡祭』における長渕剛の超絶パフォーマンスに感化された本作、長渕がわが道を邁進し続ける限り、物語のゴールはまだまだ遠いんだってことを改めて知る。その後、「ヴァージンマリー〜聖母マリア」の元ウタとなる「おかあさん」、そしてFLY OR DIEの名曲「矛と盾」が歌われて本編が終了。

アンコールでは、台湾生まれのMr.レディー演歌歌手、春零とデュエットした最新曲「抱いてフラ・フラ」に乗って、千重子先生が再登場。せっかくだからデュエットを1曲ということで選ばれたのが、ふたりがこよなく愛する80s歌謡の代表的ナンバー、荻野目洋子の「ダンシングヒーロー」。途中発生したちょっとしたハプニングも含めて、ステージ上に立ち込めるムードは場末のスナックそのもの。マキタもコブシをクルクルと回しまくって、千重子ノリにバッチリ呼応してみせる。

まさに笑いの絶えないキーポンシャイニングな宴となった今回の『LIVE@マキタスポーツ』。独自の世界観と変幻自在なパフォーマンスで聴き手を魅了する水谷千重子の魅力を堪能できたイベントだったが、そんな彼女の類稀なる観察眼、そして緻密な人物描写と高い再現性にマキタがどれほどリスペクトを抱いているのかがよくわかるライヴでもあった。「今度は友近も呼びたい」と漏らしていたが、ぜひ実現してほしいものだ。

text by 桑原吏朗



【関連リンク】
元記事
マキタスポーツまとめ
水谷千重子まとめ
M!LKの"いたちゃの"コンビ、
板垣瑞生と佐野勇斗が『GirlsAward』に出演決定

OKMusic

【関連アーティスト】
マキタスポーツ, 水谷千重子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ポップス, 演歌, 歌謡曲, ライブレポ

M!LKの"いたちゃの"コンビ、板垣瑞生と佐野勇斗が『GirlsAward』に出演決定
Tue, 18 Jul 2017 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月16日に開催される日本最大級のファッション&音楽イベント『Rakuten GirlsAward 2017 AUTUMN/ WINTER』に、M!LKの板垣瑞生と佐野勇斗がゲスト出演することが決定した。“いたちゃの”コンビとしてモデルで出演するのは、2017年5月に行われた『GirlsAward 2017 SPRING/ SUMMER』以来2度目。あの"いたちゃのポーズ”がまたステージで見られるかもしれない。

板垣は2017年11月から放送されるNHK大河ファンタジー『精霊の守り人 最終章』に、シーズン2に続き出演。 佐野は映画『ミックス。』、『ちはやふる-結び-』、『3D彼女 リアルガール』への出演が決定しており、若手俳優としても注目されている。

最新シングル「テルネロファイター」がオリコン週間ランキング3位を記録したM!LKは、12月1日にパシフィコ横浜で結成3周年を祝うワンマンライブ『白黒牛乳ワールド in パシフィコ横浜』を開催。チケットは、オフィシャルファンクラブ『PREMIUM MILK』にて会員先行受付中!

『Rakuten GirlsAward 2017 AUTUMN/ WINTER』

9月16日(土) 千葉 幕張メッセ9〜11ホール
開場13:30/開演15:00 (予定)

■公式サイト
http://girls-award.com



【関連リンク】
元記事
M!LKまとめ
SCANDAL、初の47都道府県ツアー完走
&東名阪対バンツアー決定

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 発表, 出演

SCANDAL、初の47都道府県ツアー完走&東名阪対バンツアー決定
Tue, 18 Jul 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SCANDALが今年3月から約4カ月間にわたって開催していた初の47都道府県ツアー「SCANDAL TOUR 2017『SCANDALの47都道府県ツアー』」が、7月17日に東京・豊洲PITにてツアーファイナルを迎えた。今回のツアーは2月にリリースしたバンド結成10周年記念ベストアルバム『SCANDAL』を引っ提げて行われたため、新旧の楽曲が惜しげもなく披露された。また、全53公演、毎回セットリストを変えるという試みも実施され、毎公演がスペシャルな内容となった。

ツアーファイナルとなったこの日の公演は、メンバーがステージに登場するなり客席から大歓声が上がり会場の熱気が一気に高まった。ファン投票1位を獲得した「SCANDAL BABY」で幕を開け、「瞬間センチメンタル」「少女S」「DOLL」などのシングル曲や、ベストアルバムに収録の新曲「FREEDOM FIGHTERS」、「HELLO」などが次々にパフォーマンスされた。

キャリア最多本数となった今回のツアーの最終日を迎え、HARUNA(Vo&Gt)は「47都道府県ツアーで全国のたくさんのファンにライヴを見てもらえて本当に嬉しかった。このツアーは長かったし、しんどいと思う時もあったけど、こうやってみんなと会っている時間が最高で、この瞬間が大好きだから、私たちはバンドを続けているんだと思う。47都道府県ツアーは今日で終わるけど、私たちの旅はまだまだ続きます。どうなるかわからないけど、行ける限り行ける所まで行きたい。だからずっと私たちについてきてください」とコメント。会場は拍手と大歓声に包まれた。

さらに、10月に初の対バンツアーを東京、名古屋、大阪の3都市で開催することが発表されると、会場は再び熱気に包まれた。対バンアーティストとしてラインナップされたのは、UNISON SQUARE GARDEN、04 Limited Sazabys、BLUE ENCOUNTの3組。初の対バンツアー開催にあたって、メンバーは「これまでワンマンライヴをたくさんやってきたからこその私たちとみんなのいいグルーヴを、他のバンドのファンにも見てもらいたいし、みんなにも他のバンドのライブを見てほしい」と意気込みを語った。

この夏はロックフェスやイベントに多数参戦するSCANDAL。47都道府県ツアーを経てより一層タフなロックバンドになったSCANDALをぜひ目撃してほしい。

【セットリスト】

1. SCANDAL BABY
2. 瞬間センチメンタル
3. EVERYBODY SAY YEAH!
4. 夜明けの流星群
5. 少女S
6. Flashback No.5
7. テイクミーアウト
8. ビターチョコレート
9. HELLO
10. Sisters
11. FREEDOM FIGHTERS
12. 声
13. 会わないつもりの、元気でね
14. 太陽スキャンダラス
15. DOLL
<アンコール>
EN1. Image
EN2. LOVE SURVIVE

『SCANDAL TOUR 2017“SCANDALの対バンツアー”』

10月06日(金) Zepp Tokyo
w:UNISON SQUARE GARDEN
10月20日(金) Zepp Nagoya
w:04 Limited Sazabys
10月21日(土) Zepp Osaka Bayside
w:BLUE ENCOUNT

アルバム『SCANDAL』

発売中



【完全生産限定盤】(CD2枚組+ Candy Stripper×SCANDAL Tシャツ)
ESCL-4810〜ESCL-4812/¥6,000(税抜)
【初回生産限定盤】(CD2枚組+DVD)
ESCL-4813〜ESCL-4815/¥4,200(税抜)
【通常盤(初回仕様)】(CD2枚組)
ESCL-4816〜ESCL-4817/¥3,500(税抜)
<収録曲>
■CD Disc 1
1. SCANDAL BABY
2. Stamp!
3. 少女S
4. ピンヒールサーファー
5. S.L. Magic
6. スイッチ
7. Departure
8. Hello! Hello!
9. テイクミーアウト
10. 下弦の月
11. OVER DRIVE
12. LOVE SURVIVE
13. 太陽と君が描くSTORY
14. 会いたい
15. ちいさなほのお
16. EVERYBODY SAY YEAH!
17. Image
18. FREEDOM FIGHTERS(新曲)
■CD Disc 2
1. 瞬間センチメンタル
2. 太陽スキャンダラス
3. サティスファクション
4. LOVE ME DO
5. 夜明けの流星群
6. ビターチョコレート
7. 会わないつもりの、元気でね
8. Welcome home
9. Sisters
10. DOLL
11. Flashback No.5
12. カゲロウ ?album mix-
13. HARUKAZE
14. one piece
15. 声
16. Your song
17. HELLO(新曲)
18. SCANDAL IN THE HOUSE
■DVD ※初回生産限定盤のみ
SCANDAL TOUR 2016 “YELLOW" IN EUROPE ROAD MOVIE





【関連リンク】
元記事
SCANDALまとめ
UNISON SQUARE GARDENまとめ
04 Limited Sazabysまとめ
BLUE ENCOUNTまとめ

【関連アーティスト】
SCANDAL, UNISON SQUARE GARDEN, 04 Limited Sazabys, BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ROCK, ニュース, ツアー, ワンマン, ライブレポ

ザ・クロマニヨンズ、ニューアルバム発売&全国ツアー開催決定
Tue, 18 Jul 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ザ・クロマニヨンズがニューアルバム『ラッキー&ヘブン』を10月11日にリリースすることがわかった。アルバムには先行リリースシングル「どん底」や「足のはやい無口な女子」等全12曲を収録し、アナログ盤も同時発売される。

さらに、全国ツアー『ザ・クロマニヨンズ ツアー ラッキー&ヘブン 2017-2018』のスケジュールも同時に発表された。10月26日の北海道 PENNY LANE 24を皮切りに、2018年4月14日の富山県 クロスランドおやべ メインホールまで、全58公演、約半年に及ぶツアーとなっている。

アルバム『ラッキー&ヘブン』

2017年10月11日発売



【CD】
BVCL837/¥2,913+税
※初回仕様分のみ紙ジャケット仕様
【完全生産限定アナログ盤】
BVJL28/¥2,913+税
※\'60年代フリップバックE式盤を可能な限り再現、180g重量盤採用
<収録曲>
1.デカしていこう
2.流れ弾
3.どん底
4.足のはやい無口な女子
5.ハッセンハッピャク
6. 嗚呼! もう夏は!
7.盆踊り
8.ユウマヅメ
9.ルンダナベイビー
10.ワンゴー
11.ジャッカル
12.散歩


シングル「どん底」

2017年8月30日発売



【CD】
BVCL-826/¥1,000+税
※初回仕様のみ紙ジャケット仕様
<収録曲>
1.どん底
2.ぼー

【完全生産限定盤 7inchアナログ盤】
BVKL-11/¥1,200+税
<収録曲>
■Side-A.
どん底
■Side-B.
ぼー

『ザ・クロマニヨンズ ツアー ラッキー&ヘブン 2017-2018』

10月26日(木) 北海道 PENNY LANE 24
10月27日(金) 北海道 PENNY LANE 24
10月29日(日) 北海道 小樽 GOLDSTONE
11月03日(金・祝)大阪府 なんばHatch
11月04日(土) 大阪府 心斎橋BIGCAT
11月05日(日) 大阪府 心斎橋BIGCAT
11月08日(水) 山梨県 甲府CONVICTION
11月11日(土) 愛知県 ダイアモンドホール
11月12日(日) 愛知県 ダイアモンドホール
11月17日(金) 福井県 福井響のホール
11月19日(日) 新潟県 新潟LOTS
11月23日(木・祝)秋田県 秋田 Club SWINDLE
11月25日(土) 青森県 青森 Quarter
11月26日(日) 岩手県 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
11月28日(火) 東京都 赤坂BLITZ
11月29日(水) 東京都 赤坂BLITZ
12月02日(土) 長野県 長野CLUB JUNK BOX
12月03日(日) 長野県 長野CLUB JUNK BOX
12月06日(水) 京都府 京都FANJ
12月07日(木) 京都府 京都FANJ
12月09日(土) 香川県 高松festhalle
12月10日(日) 高知県 高知X-pt.
12月13日(水) 群馬県 高崎 club FLEEZ
12月16日(土) 静岡県 Live House浜松 窓枠
12月17日(日) 静岡県 Live House浜松 窓枠
12月20日(水) 千葉県 柏PALOOZA
12月23日(土・祝)福岡県 DRUM LOGOS
12月24日(日) 福岡県 DRUM LOGOS
12月28日(木) 神奈川県 CLUB CITTA\' 川崎
<2018年>
1月13日(土) 沖縄県 ミュージックタウン音市場
1月16日(火) 宮崎県 WEATHER KING
1月17日(水) 鹿児島県 鹿児島 CAPARVOホール
1月19日(金) 山口県 周南 RISING HALL
1月21日(日) 鳥取県 米子laughs
1月27日(土) 宮城県 仙台 PIT
1月31日(水) 東京都 STUDIO COAST
2月03日(土) 福島県 郡山 HIP SHOT JAPAN
2月07日(水) 岐阜県 岐阜club-G
2月09日(金) 滋賀県 滋賀U☆STONE
2月10日(土) 滋賀県 滋賀U☆STONE
2月12日(月・振) 和歌山県 和歌山SHELTER
2月14日(水) 兵庫県 神戸ハーバースタジオ
2月15日(木) 兵庫県 神戸ハーバースタジオ
2月20日(火) 長野県 松本Sound Hall a.C
2月24日(土) 岡山県 岡山市民会館
2月25日(日) 広島県 はつかいち文化ホール さくらぴあ 大ホール
3月02日(金) 北海道 新冠町レ・コード館
3月04日(日) 北海道 幕別町百年記念ホール
3月10日(土) 栃木県 栃木県教育会館
3月11日(日) 埼玉県 さいたま市民会館おおみや
3月17日(土) 愛知県 愛知県芸術劇場 大ホール
3月21日(水・祝) 静岡県 三島市民文化会館 大ホール
3月24日(土) 福岡県 サザンクス筑後
3月27日(火) 神奈川県 鎌倉芸術館 大ホール
4月01日(日) 大阪府 フェスティバルホール
4月07日(土) 千葉県 市川市文化会館
4月08日(日) 東京都 オリンパスホール八王子
4月14日(土) 富山県 クロスランドおやべ メインホール



【関連リンク】
元記事
ザ・クロマニヨンズまとめ
スピッツ、恒例イベントを冬に開催
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
ザ・クロマニヨンズ
【ジャンル】
ROCK, ニュース, シングル, アルバム, ツアー

スピッツ、恒例イベントを冬に開催
Tue, 18 Jul 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

スピッツが毎年行なっている恒例レギュラーイベントが、11月から12月にかけて開催されることがわかった。昨年、イベント開催20周年を豪華出演者とともに盛大に祝った『ロックロックこんにちは!』、バラエティーに富んだ出演者らと東北各6県のホールを毎年順に巡ってきた『ロックのほそ道』、さらに8823ステージと3373ステージという会場内に設置された2つのステージを楽しむことができる『新木場サンセット』が、今年は恒例の夏ではなく、冬に実施! スピッツのメンバーも他の出演者のライヴをオーディエンスと同じように楽しんでいるというこれらの3イベント。今年は大阪・宮城・東京での開催となる。

現在開催中の結成30周年ツアーや通常ツアーとは違い、ライヴハウスでの開催となるため、スピッツのライヴを至近距離で体感することができ、メンバーも気になるイベント出演者の中から、新たにお気に入りのミュージシャンや音楽に出逢えるのもイベントの楽しみのひとつ。 早速、発表されたばかりのスケジュールをチェックしよう!

【イベント情報】

『ロックロックこんにちは!Ver.21』
11月29日(水) 愛知 Zepp Namba
11月30日(木) 愛知 Zepp Namba

『ロックのほそ道』
12月09日(土) 宮城 仙台GIGS
12月10日(日) 宮城 仙台GIGS

『Spitz × VINTAGE ROCK std. presents 新木場サンセット2017』
12月13日(水) 東京 新木場STUDIO COAST
12月14日(木) 東京 新木場STUDIO COAST



【関連リンク】
元記事
スピッツまとめ
バンドじゃないもん!、ツアー追加2公演&マンスリープレミアムワンマン開催決定
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
スピッツ
【ジャンル】
ROCK, ニュース, 発表, ライブ

バンドじゃないもん!、ツアー追加2公演&マンスリープレミアムワンマン開催決定
Tue, 18 Jul 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現在、全国ツアーを開催中のバンドじゃないもん!が7月16日(日)に横浜Bay Hall公演にてツアーの追加公演を行なう事を発表した。追加となったのは札幌、沖縄公演という日本の北と南での2公演。詳細は追ってオフィシャルHPにて発表される。

さらにバンドじゃないもん!はマンスリープレミアムワンマンライブの開催も発表。場所はMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで『バンもん! PERFECT V.I.P コンサート2017』と題された、普段のワンマンライブとは一風変わった超プレミアムライブになるとの事。チケット争奪戦が予想される本公演、記念すべき第1回は8月23日(水)に開催されるので、気になる方は続報を楽しみに待とう。

『バンドじゃないもん!DA-DA-DASH TOUR 2017〜いっしょに達成感あじわいたいやーい!〜』

7月19日(水)  仙台 darwin
7月21日(金)  柏 PALOOZA
7月28日(金)  名古屋 BOTTOM LINE
<追加公演>
札幌公演、沖縄公演
※詳細はオフィシャルHPに追って公開されます。
※終了分は割愛

『バンもん! PERFECT V.I.P コンサート2017』

8月23日(水) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
9月27日(水) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
10月24日(火) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
<チケット種類・料金>
プレミアム席:¥12,000 (限定40席)
一般指定席:¥4,800
※全席指定



【関連リンク】
元記事
バンドじゃないもん!まとめ
never young beach、『GYAO! SUMMER HOUSE』でプレミアムライブ!
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!
【ジャンル】
ROCK, 女性アイドル, ニュース, ライブ, ツアー

never young beach、『GYAO! SUMMER HOUSE』でプレミアムライブ!
Tue, 18 Jul 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月31日(木)までの期間限定で江の島片瀬海岸東浜にオープンしている、動画配信サービス「GYAO!」の世界観を体験できる海の家『GYAO! SUMMER HOUSE』が7月17日(日)、FMラジオ局 J-WAVE の番組「STEP ONE」とコラボレーションし、「GYAO! SUMMER HOUSE presents J-WAVE STEP ONE公開収録を実施した。ゲストは若者に絶大な人気を誇る話題のnever young beachし、“海の日”のサンセットビーチに彼らのサウンドが響き渡るプレミアムなイベントとなった。

40名のみ招待のプレミアムライブだったが、会場の外からも約300名のオーディエンスが
見守る中、夕暮れ時にnever young beachが登場。観客からの熱心な声援に「みんな、普段よりも「オー!」とか言いすぎ!」と挨拶をすると1曲目「どうでもいいけど」からライブはスタート。途中、ボーカル&ギターの安部勇磨が集まった水着姿のファンを見て「みんないつもより、開放的だね。女の人は水着だと露出が多くて平気なのはなんでだろうね」と話したり、「beachという名前を簡単に付けてしまったのでイメージが先行していますが、あまり海には行きません。実際にbeachへ行くと萎縮してしまいます(笑)」と暴露するなど終始、アットホームな雰囲気でライブは進行し、波音をバックに7月19日(水)に3rdアルバム『A GOOD TIME』 収録の「 SURELY」など全10曲を披露した。

【セットリスト】
1) 「 どうでもいいけど」 
2) 「 CITY LIGHTS」 
3) 「Motel」 
4) 「 なんかさ」 
5) 「 どんな感じ?」
6) 「 白い光」 
7) 「 夏のドキドキ」
8) 「 あまり行かない喫茶店で」
9) 「 明るい未来」
10) 「 SURELY」

アルバム『A GOOD TIME』

2017年7月19日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1196/¥3,800+税
【通常盤】(CD)
VICL-64814/¥2,600+税
※初回プレスのみツアーチケット先行抽選受付用シリアル番号封入
<収録曲>
■CD
01. 夏のドキドキ
02. なんかさ
03. 気持ちいい風が吹いたんです
04. SUNDAYS BEST
05. 白い光
06. 散歩日和に布団がぱたぱたと(Band ver.)
07. CITY LIGHTS
08. SURELY
09. 海辺の町へ
■DVD ※初回盤特典のみ
ONE MAN TOUR ”April O’Neil” 2017.4.8@LIQUIDROOM
1. Motel
2. 自転車にのって
3. どんな感じ?
4. 散歩日和に布団がぱたぱたと
5. 気持ちいい風が吹いたんです
6. ちょっと待ってよ
7. Pink Jungle House
8. どうでもいいけど
9. あまり行かない喫茶店で
10. fam fam
11. 夢で逢えたら
12. SURELY
13. 明るい未来
14. お別れの歌



【関連リンク】
元記事
never young beachまとめ
大原櫻子、話題のニューシングル「マイ フェイバリット ジュエル」MV解禁
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
never young beach
【ジャンル】
ROCK, ニュース, ライブ

大原櫻子、話題のニューシングル「マイ フェイバリット ジュエル」MV解禁
Tue, 18 Jul 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大原櫻子の7枚目のニューシングル「マイ フェイバリット ジュエル」のMVが解禁となった。7月13日にフルサイズでラジオ初オンエアーされた際、SNS上では絶賛のコメントが溢れ、今回の秦 基博プロデュースによる楽曲への期待の高さが感じられた「マイ フェイバリット ジュエル」。また、ラジオオンエアーと同時に解禁された本人がサビ部分のメロディーを口ずさむだけの斬新なティザー映像も楽曲とともに評判となり、MVの解禁を待ち望む声も大きくなっていた作品だ。

今回のMVの撮影は関東の駅100選にも選ばれ、映画などの撮影が行なわれた事もある千葉県・小湊鉄道の上総鶴舞(かずさつるまい)駅とその周辺で行なわれた。「日常にある小さな幸せ」がテーマの楽曲なので、駅や自分の部屋といった日常を感じさせる場所での撮影となったが、タイトルにある「ジュエル」や歌詞に出てくる「きらめき」「光り輝く」といったイメージが撮れるロケーションなどが作られ、本人の歌唱シーンがそのイメージを増幅させる仕上がりとなった。

■【MV監督 池田 圭(isai)よりコメント】

(映像は)「夏の夕立」をテーマに、その煌めきと誰もが感じた事のあるノスタルジックな雰囲気が今作「マイ フェイバリット ジュエル」にすごくマッチすると思いました。撮影の時、僕は大原さんに細かな事はほとんど何も言わなかったけれど、彼女は色々な表情と仕草を見せてくれました。穏やかで優しくもあり、真っ直ぐで力強くもあり、それはまるで歌詞の一つ一つが誰かに向けられた大切なセリフで4分10秒の物語が紡がれてゆくみたいでした。

■「マイ フェイバリット ジュエル」MV


https://youtu.be/cszwps5zrXIシングル「マイ フェイバリット ジュエル」

2017年8月9日(水)発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1225/¥1,500+税
<収録曲>
■CD 
M1:マイ フェイバリット ジュエル
(作詞:秦 基博 作曲:秦 基博 編曲:河野 圭 プロデュース:秦 基博)
M2:Jet Set Music!
(作詞:leonn 作曲:杉恵ゆりか 編曲・プロデュース:小名川高弘 )
M3:ALIVE
(作詞 小名川高弘 作曲 小名川高弘 編曲・プロデュース 小名川高弘)
※フジテレビ系『ライオンのグータッチ』テーマソング 
■DVD
「マイ フェイバリット ジュエル」Music Video



【初回限定盤B】(CD+DVD)
VIZL-1226/¥1,500+税
<収録曲>
■CD 
M1:マイ フェイバリット ジュエル
M2:Jet Set Music!
M3:ALIVE
■DVD
「CONCERT TOUR 2016 〜CARVIVAL〜」番外編



【通常盤】(CD)
VICL-37312/¥1,200+税
<収録曲>
M1:マイ フェイバリット ジュエル
M2:Jet Set Music!
M3:ALIVE

『大原櫻子 4th TOUR 2017 AUTUMN 〜ACCECHERRY BOX〜』

10月11日(水) 北海道Zepp Sapporo
10月18日(水) 大阪Zepp Namba
10月19日(木) 大阪Zepp Namba
10月25日(水) 東京Zepp Tokyo
10月26日(木) 東京Zepp Tokyo
11月02日(木) 愛知Zepp Nagoya



【関連リンク】
元記事
大原櫻子まとめ
超特急、ひと味違った魅力を味わえる
新曲「My Buddy」MVをフル解禁

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, ミュージックビデオ, MV, シングル, 新曲

超特急、ひと味違った魅力を味わえる新曲「My Buddy」MVをフル解禁
Tue, 18 Jul 2017 08:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が7月26日にリリースするシングル「My Buddy」のMVがフル解禁された。通算13枚目のシングルとなる「My Buddy」は7月から始まるフジテレビ系ドラマ『警視庁いきもの係』の主題歌になっており、MVはこれまでと打って変わってCOOLでPOPでCUTEな作品に仕上がっている。8号車(ファンの総称)のみならず、気になる方は是非チェックしてみよう。

■「My Buddy」MV


https://youtu.be/3ESS0lyTvkMシングル「My Buddy」

2017年7月26日(水)発売



【通常盤】
ZXRC-1113/¥926+税
<収録曲>
「My Buddy」ほか全2曲収録
【Loppi・HMV限定盤】
ZXRC-1114/¥1,111+税
<収録曲>
「My Buddy」ほか全3曲収録



【関連リンク】
元記事
超特急まとめ
GOING UNDER GROUNDからの挑戦状!?
今秋発売予定のフルアルバムを全曲先行披露!

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, ミュージックビデオ, MV, シングル, TVドラマ, 主題歌

GOING UNDER GROUNDからの挑戦状!?今秋発売予定のフルアルバムを全曲先行披露!
Tue, 18 Jul 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GOING UNDER GROUNDが7月17日、新代田FEVERにて行なったシングルリリースツアーワンマンライブ『SUPERNOVA』で今秋にニューアルバムを発売することを発表した。さらに、“GOINGからの挑戦状!”として8月10日(木)に渋谷クラブクアトロにてニューアルバムの楽曲を全曲先行披露する『夏が僕らに嫉妬する』全曲新曲ライブを開催することも発表! すでにHP先行でチケット受付も開始している。

また、ニューアルバムに関する詳細はクアトロワンマンライブ当日の解禁予定となっている。

『「夏が僕らに嫉妬する」全曲新曲ライブ』

8月10日(木) 渋谷クラブクアトロ
OPEN 19:00/START 19:30
前売り ¥2,500 当日 ¥3,000



【関連リンク】
元記事
GOING UNDER GROUNDまとめ
OKMusic
ROCK一覧
ニュース一覧

【関連アーティスト】
GOING UNDER GROUND
【ジャンル】
ROCK, ニュース, CD, アルバム, リリース













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1