歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年07月16日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
Brian the Sun、フォーリミやオーラルなど主催イベント『ブライアンフェス』全出演者を発表
Sun, 16 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年に結成10周年を迎えたBrian the Sunが主催するイベント『ブライアンフェス』の全出演者が発表された。

同イベントは10月1日(日)大阪・なんばHATCH、10月9日(月・祝)東京・赤坂BLITZで開催される予定で、Brian the Sunの他に、大阪会場にはアルカラ/HAPPY/04 Limited Sazabysが、東京会場には感覚ピエロ/THE ORAL CIGARETTES/SPECIAL OTHERSが出演することが決定。バンド結成より10年の活動の節目となるイベントに、それぞれの会場3バンドずつ、これまで親交のある仲間・先輩など計6組のアーティストを迎えての開催となった。チケットは7月18日よりオフィシャルHP先行受付が開始、一般発売は8月19日より予定されている。

Brian the Sun 10th Anniversary Special『ブライアンフェス』

10月9日(月・祝) 赤坂BLITZ 
OPEN 15:45 START 16:30
出演:Brian the Sun / 感覚ピエロ / THE ORAL CIGARETTES / SPECIAL OTHERS
10月1日(日) なんばHatch
OPEN 15:45 START 16:30
出演:Brian the Sun / アルカラ / HAPPY / 04 Limited Sazabys

<チケット>
1F スタンディング 2F 指定席
¥4,500(税込)入場時1drink¥500別途必要
■オフィシャルHP受付(PC・携帯)
7月18日(火)0:00〜7月31日(月)23:59
http://eplus.jp/10th-hp/
イープラス会員登録(無料)が必要です。
■一般発売日
8月19日(土)AM10:00

ミニアルバム『SUNNY SIDE UP』

発売中



【初回生産限定盤】(DVD付)
ESCL-4877~8/¥2,315+税
【通常盤】
ESCL-4879/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.隼
2.Sunny side up
3.光
4.天国
5.ねこの居る風景(ねこねこ日本史version)
■DVD
・「パトスとエートス」Music Video&メイキング映像
・「Sunny side up」Music Video
・「ねこの居る風景(ねこねこ日本史version)」Music Video



【関連リンク】
元記事
Brian the Sunまとめ
米津玄師、東京国際フォーラム2日間で1万人を魅了
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
Brian the Sun
【ジャンル】
ROCK, ニュース

米津玄師、東京国際フォーラム2日間で1万人を魅了
Sun, 16 Jul 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

米津玄師が7月14日、15日に『米津玄師 2017 LIVE/RESCUE』を東京国際フォーラム ホールAにて開催し、2日間で1万人を魅了した。

最新シングル「ピースサイン」が7月3日付のBillboard JAPAN HOT100チャート1位、オリコンウィークリーチャート初登場2位、iTunesランキングでも発売日にソング&アルバムチャートで1位を獲得するなど、勢いが増している中でのライブ開催となった。

2016年12月8日にZepp Tokyoで行われた『米津玄師 2016 TOUR/はうる』以来。それ以降に発表した「orion」「翡翠の狼」「ピースサイン」「Neigbourhood」「ゆめくいしょうじょ」をライブにて初披露したほか、初音ミク「マジカルミライ 2017」テーマソングとなっている「砂の惑星」を米津玄師本人がセルフカバー、11月から始まるツアータイトルと同様のタイトル曲「fogbound」、エレクトロ調の新曲「春雷」と新曲も披露し、観客を沸かせた。MCでは「こうやってみんなと一つのものを作れる環境って、本当に自分は幸せ者だと思っています。一歩外に足を踏み出す勇気があれば、何か変えることが出来るんじゃないかな」と自身の想いをファンに伝え、幕を閉じた。

なお、米津玄師は8月18日に公開されるアニメーション映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌「打上花火」を作詞・作曲・プロデュースし“DAOKO×米津玄師”として歌唱、11月より『米津玄師 2017 TOUR/Fogbound』にて全国15都市20公演の自身最大規模のツアーを行うことが決定している。

photo by 中野敬久

【セットリスト】
01.ナンバーナイン
02.フローライト
03.メランコリーキッチン
04.あたしはゆうれい
05.翡翠の狼
06.Black Sheep
07.砂の惑星 <新曲> 
※初音ミク「マジカルミライ 2017」テーマソング
08.orion
09.ゆめくいしょうじょ
10.ゴーゴー幽霊船
11.駄菓子屋商売
12.ドーナツホール
13.アイネクライネ
14.LOSER
15.ピースサイン
16.love
17.fogbound <新曲>
18.春雷 <新曲>
<アンコール>
En1.アンビリーバーズ
En2.Neighbourhood

『米津玄師 2017 TOUR/Fogbound』

11月01日(水) 大阪府 フェスティバルホール
11月02日(木) 大阪府 フェスティバルホール
11月04日(土) 兵庫県 神戸国際会館こくさいホール
11月05日(日) 兵庫県 神戸国際会館こくさいホール
11月08日(水) 埼玉県 大宮ソニックシティ
11月09日(木) 埼玉県 大宮ソニックシティ
11月18日(土) 徳島県 鳴門市文化会館
11月19日(日) 愛媛県 松山市民会館
11月23日(木・祝) 福岡県 福岡サンパレス
11月24日(金) 福岡県 福岡サンパレス
11月26日(日) 鹿児島県 鹿児島市民文化ホール第一
11月29日(水) 新潟県 新潟県民会館
12月01日(金) 北海道 ニトリ文化ホール
12月07日(木) 宮城県 仙台サンプラザホール
12月09日(土) 福島県 郡山市民文化センター 大ホール
12月14日(木) 神奈川県 パシフィコ横浜 国立大ホール
12月16日(土) 愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
12月17日(日) 愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
12月23日(土・祝) 岡山県 岡山市民会館
12月24日(日) 広島県 上野学園ホール

シングル「ピースサイン」

発売中



【ピース盤(初回限定)】(CD+DVD+ピースリング)
SRCL-9454〜9456/¥1,900+税 
【ヒーロー盤(初回限定)】(CD+赤ジュエルケース+ヒロアカTCGカード) 
SRCL-9457/¥1,500+税
【通常盤】(CD)
SRCL-9458/¥1,200+税



【関連リンク】
元記事
米津玄師まとめ
松本隆をリスペクトするアーティストが集結!
「風街ガーデンであひませう」開催決定!

OKMusic
ライブ・フェス一覧

【関連アーティスト】
米津玄師
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, セットリスト, ライブレポ

松本隆をリスペクトするアーティストが集結!「風街ガーデンであひませう」開催決定!
Sun, 16 Jul 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

作詞家の松本隆をリスペクトするアーティスト達が一堂に集結する「風街ガーデンであひませう 2017」が、10月6日から3日間にわたり、東京・恵比寿ザ・ガーデンホールにて開催されることが発表された。

2015年8月、東京・東京国際フォーラム ホールAにて開催された伝説のコンサート「風街レジェンド」の余韻も束の間、稀代の作詞家・松本隆をリスペクトするアーティスト達が一堂に集結する「風街」最新プロジェクトが新たに始動することが発表された。2015年に開催された「風街レジェンド」は松本隆の作詞活動45周年を記念して開催された公演。1日5,000枚のチケットが両日完売の大盛況で幕を閉じたことは記憶に新しい。

あれから2年、周年まで待ちきれなかったという松本隆をリスペクトしているアーティスト達が一堂に会し「風街ガーデンであひませう 2017」を開催する。第1弾アーティストとして10月6日に上白石萌音、さかいゆう、冨田恵一、中島 愛、秦 基博、吉澤嘉代子らが、10月7日にクミコ、手嶌 葵、冨田恵一、畠山美由紀、堀込泰行らが、10月8日に安藤裕子、OKAMOTO?S、田島貴男、中川翔子、ROLLYらが発表されている。

さらに今回発表された予定演奏曲も名曲揃い。Woman“W の悲劇”より、風の谷のナウシカ、スローなブギにしてくれ(I want you)、SWEET MEMORIES、卒業、木綿のハンカチーフ、瑠璃色の地球など、誰もが一度は耳にしたことのある曲目ばかり。豪華ラインナップによるその日限りのスペシャルステージとなる。

会場内ロビーには「BAR 風街」としてお酒を飲めるエリアもオープン予定。また、ライブ終演後には、松本隆作品のみで構成される DJ NIGHT PARTY「CLUB 風街」の開催も予定されている。東京・恵比寿ザ・ガーデンホール全体が「風街」と化す奇蹟の3日間。名曲は、時代も、世代も超えて歌い継がれる。大人のための3日間を、最高の音楽と美味しいお酒に酔いしれよう。

『サッポロ生ビール黒ラベル Presents「風街ガーデンであひませう 2017」 』

10月06日(金) 東京・恵比寿ザ・ガーデンホール
出演:上白石萌音 / さかいゆう / 冨田ラボ・冨田恵一/ 中島 愛 / 秦 基博 / 吉澤嘉代子 ほか
風街レジェンドGUEST:南 佳孝
※コンサート終演後「CLUB 風街」開催
スタンディング:¥7,800(税込)※1drink 付 ※未就学児入場不可

10月07日(土) 東京・恵比寿ザ・ガーデンホール
出演:クミコ / 手嶌 葵 /冨田ラボ・冨田恵一/ 畠山美由紀 / 堀込泰行 ほか
風街レジェンドGUEST:斉藤由貴
※コンサート終演後「CLUB 風街」開催有
スタンディング:¥7,800(税込)※1drink 付 ※未就学児入場不可

10月08日(日) 東京・恵比寿ザ・ガーデンホール
出演:安藤裕子 / OKAMOTO?S / 田島貴男 / 中川翔子 / ROLLY ほか
風街レジェンドGUEST:太田裕美
※コンサート終演後「CLUB 風街」開催有
スタンディング:¥7,800(税込)※1drink 付 ※未就学児入場不可

<予定演奏曲目>
Woman“W の悲劇”より / 風の谷のナウシカ / 綺麗ア・ラ・モード / 罌粟 / SWEET MEMORIES / スローなブギにしてくれ(I want you) / 星間飛行 / 卒業 / タイム・トラベル / てぃーんず ぶるーす / ないものねだりの I WANT YOU / 花いちもんめ / パラレル / 木綿のハンカチーフ / 夜行性 / 指切り / 瑠璃色の地球 ほか
※50音順。各日で演奏曲目は異なります。
※都合により曲目が変更になる場合がございますので、予め御了承下さい。

演奏:『風街ガーデンばんど』
鈴木正人(音楽監督・Bass)/ 八橋義幸(Guitar)/ 松本圭司(Keyboards)/ハタヤテツヤ(Keyboards)/ 玉田豊夢(Drums)/ 平陸(Drums) ほか
※都合により出演者が変更になる場合がございます。予め御了承下さい。

<チケット>
■チケット最速先行:7月16日正午より7月23日23:59まで
ローソンチケット https://l-tike.com/st1/kazemachi2017

■チケット一般発売日:8月19日(土)
プレイガイド:
・ ローソンチケット http://l-tike.com 0570-084-003(L コード:71280)
・ チケットぴあ http://t.pia.jp/ 0570-02-9999(P コード:337-943)
・ イープラス http://eplus.jp



【関連リンク】
元記事
松本隆まとめ
Cocco、20周年記念武道館2daysライブが終幕
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
松本隆
【ジャンル】
J-POP, ニュース

Cocco、20周年記念武道館2daysライブが終幕
Sun, 16 Jul 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月12日と14日に日本武道館で行われたCoccoの2daysライブ「Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days」のレポートが届いた。

Coccoの20周年 Special Live at 日本武道館 2Days。1日目の「一の巻」はデビュー〜中期を支えたサポートメンバーを迎え、当時を彷彿とさせるアグレッシブでオルタナティブなサウンドで素晴らしいライブを魅せてくれたが、2日目となる「二の巻」は、現在のCoccoをサポートしているバンドメンバーで編成され、Cocco自身とオーディエンスとで、この濃密な20年を振り返る大きな喜びに満ちた夜になった。椎野恭一(Drums)、鹿島達也(Bass)、藤田顕(Guitar)、粂絢哉(Guitar)、渡辺シュンスケ(Keyboards)からなる現在進行形のバンドサウンドは「一の巻」とはまた違った歌の風景を見せ、Cocco自身も気づいていなかった「歌う」ということの意味を、理屈ではなくオーディエンスである私たちも、はっきりと感じ取ることができた夜だった。

2001年に彼女が活動休止に入る前、最後にリリースされたシングル曲“焼け野が原”がオープニング曲だったことも示唆的だった。終わりが新たな始まりをもたらし、その始まりは終わりを告げることなく、今日ここまで来たこと──。続く?ドロリーナ・ジルゼ?では、鮮やかなブルーの衣装をたなびかせながら、しなやかな動きでCoccoがしなやかに舞う。その美しさには思わず息を飲む。MCをはさまぬまま、続けざまに9曲を、身体のすべてを使うかのように歌い切るCocco。「一の巻」でも披露された“強く儚い者たち”“Raining”“樹海の糸”なども序盤で披露された。同じ曲でありながら、初期メンバーとの「一の巻」では、Coccoの歌が孕む痛みや孤独がストレートに表現されていたが、この日は、ボトムの重さの中に穏やかさを感じさせるリズムが印象的だった。まるで二夜にわたって、Coccoが過去の曲に別の命を吹き込んで、はっきりと「もう大丈夫」と言っているようでもあった。Cocco自身も「一昨日とはちょっと違う感じがするね」と言っていて、それを楽しんでいるように感じた。

10代、20代の頃を振り返り、自身が一度、沖縄に帰って活動休止をしたことにも触れ、「まわりの大人が逃げるなって言っても、コウは逃げてもいいと思う。大事なのは生きることだから。逃亡して生きてたら、またこうして会えるし、自分も逃げていいんだよって言える大人になったことが嬉しい」と語りかけた。とは言え、この日のサウンドアレンジが円熟の一方向にだけ向かっていたわではなかった。特にこの夜の“カウントダウン”(デビュー曲)は超絶ヘヴィなバンドサウンドで圧倒され、フィードバックノイズから迎える最期の瞬間には、しばらくオーディエンスも声を上げることができずにいたほど。その余韻のままに“絹ずれ〜島言葉〜”へと続く流れもスリリングで、そのラウドでヘヴィなサウンドにCoccoの沖縄ルーツの歌唱が乗る、まさに彼女にしか表現し得ない世界を見せてくれた。

終盤、とびきり優美な白のドレスに着替えたCoccoが、“Never ending journey”を披露する前には、長い長いMCで、実はこの曲がリハーサルの時から思うように歌えていないと語り出し、「考えがまとまらない時って、(思いを)口にしたらわかってくること、あるでしょ?」と、この歌がうまく歌えない理由を、その場で考え始める。どんな歌もどんなフレーズも、適当に流すことなどしないCoccoらしい場面だった。曲ができた当時の思い出を振り返るうちに、「その頃の自分は、みんながCoccoの歌で救われたとか元気になったって言ってくれるから、自分の歌に力があるって思っちゃってた」と語り、「でも、歌に救われたって思ってくれるのは、それを拾い上げる人の力があったからなんだと思う」と、自分の考えを不器用に整理していくように、涙で顔をくしゃくしゃにしながら語り続ける。そして、「何かのためだとか、誰かのためだとか、恩着せがましいことじゃない、ただ歌えばいいんだね」と結び、「立ち会ってくれてありがとう」と何度も何度も感謝の気持ちを言葉にした。その後の“Never ending journey”が感動的だったのは言うまでもない。Coccoが全身で歌を歌う。今はもうそれだけでいい。その迷いのなさが頼もしく、そして私たちはそんなCoccoにまた癒されるのだ。

ラストは“有終の美”。小さな紙飛行機が舞うように、ハート形の大きな紙吹雪が会場中に降ってくる。そのハートに手を伸ばしながら、Coccoの力強くしなやかな歌声に包まれるエンディングは、これまでに感じたことのない幸福感に満ちていた。スペシャルなライブを無事に駆け抜けた安堵感と、今日ここでしか出会えなかった「歌」への気持ちとが、Coccoの笑顔に溢れていた。名残惜しそうに、会場中の一人ひとりに手を振るようにして、ステージを去ったCocco。裸足の歌姫が「歌うこと」に素直に向き合った今、次にまた届けてくれる歌を楽しみに待ちたいと思う。

Text by 杉浦美恵
Photo by 西槇太一

【WOWOW放送情報】

「Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days 〜一の巻〜」
9月10日 夜9:00〜

「Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days 〜二の巻〜」
9月10日 夜10:30〜

■番組URL
http://www.wowow.co.jp/cocco/

アルバム『20周年リクエストベスト+レアトラックス』

発売中



【初回限定盤A】
VIZL-1130/¥8,900+税
【初回限定盤B】
VIZL-1131/¥5,900+税
【通常盤】
VICL-64753/¥3,900+税



【関連リンク】
元記事
Coccoまとめ
氣志團、音楽クリエイターが楽曲提供した
ニューアルバムの全曲紹介動画公開

OKMusic
ライブ・フェス一覧

【関連アーティスト】
Cocco
【ジャンル】
ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブレポ

氣志團、音楽クリエイターが楽曲提供したニューアルバムの全曲紹介動画公開
Sun, 16 Jul 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年に結成20周年を迎える氣志團が、8月9日にニューアルバム『万謡集』をリリースすることを発表した。また、そのアルバムに収録されている楽曲全曲紹介動画が公開された。

氣志團が心より敬愛する音楽クリエイターに楽曲提供を依頼。今回公開された動画は、どこかで見たことあるような設定と、どこかで見たことあるような映像が満載。氣志團ファンのみならず、音楽好きなら心をくすぐられること間違いなし。11月から始まる結成20周年全国ツアーは『リーゼント魂』と題し全15公演を予定している。

■『KDTV氣志團結成20周年記念アルバム「万謡集」全曲紹介』


https://www.youtube.com/watch?v=fs3Rtj6Hb3kアルバム『万謡集』

2017年8月9日発売



【AL+DVD】
AVCD-93701/B/¥4,000+税
【AL】
AVCD-93702/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.R"N"R P@RTY
02.スポットライト
03.東京湾大飯店
04.恋するクリスチーネ
05.バームクーヘン
06.羅武尊寓
07.BANG ON!
08.チャオ〜傷だらけのバンドの旅
09.はすっぱ
10.逃げろ!逃げろ!
11.フォーサイクル
12.蒼き独裁者に告ぐ
13.きかせて!アンコール
14.リーゼント魂
■DVD
1.〜KDTV氣志團結成20周年記念アルバム「万謡集」全曲紹介〜
2. 星屑輝矢初監督作品「ザ・バックステージ・グラフィティ」“万謡集” ~MV撮影編~
3.熱闘!!氣志團万博2016

『氣志團結成20周年記念ツアー 「リーゼント魂」 』

11月09日(木) 千葉市川市文化会館 大ホール
11月12日(日) 福岡福岡市民会館
11月18日(土) 山梨コラニー文化ホール
12月01日(金) 北海道札幌市教育文化会館 
12月03日(日) 東京オリンパスホール八王子
12月16日(土) 静岡富士市文化会館ロゼシアター 大ホール
12月17日(日) 京都八幡市文化センター 大ホール
<2018年>
1月07日(日) 岡山倉敷市芸文館
1月08日(月) 香川サンポートホール高松 
1月13日(土) 栃木那須塩原市黒磯文化会館 大ホール 
1月14日(日) 茨城龍ケ崎市文化会館 大ホール
1月20日(土) 岩手遠野市民センター
1月21日(日) 宮城トークネットホール仙台(仙台市民会館)
1月26日(金) 大阪オリックス劇場
1月28日(日) 愛知日本特殊陶業市民会館 フォレストホール



【関連リンク】
元記事
氣志團まとめ
家入レオが主題歌を担当する
ドラマ「愛してたって、秘密はある。」放送スタート

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
氣志團
【ジャンル】
ROCK, ニュース, トレーラ, アルバム, リリース

家入レオが主題歌を担当するドラマ「愛してたって、秘密はある。」放送スタート
Sun, 16 Jul 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

家入レオが主題歌を担当する日本テレビ系日曜ドラマ「愛してたって、秘密はある。」が7月16日に初回は30分拡大して22時よりスタートする。

7月26日(水)に5周年となる2017年第1弾シングル「ずっと、ふたりで」(日本テレビ系日曜ドラマ「愛してたって、秘密はある。」主題歌)をリリースする家入レオ。7月15日放送となったTBS「音楽の日」では「未来への一歩」というテーマにちなんで、まさに家入の未来への一歩となったデビュー曲「サブリナ」を披露し、丸5年前の楽曲とは思えない色褪せぬ鮮度を放ち話題となった。

同ドラマは作詞家や放送作家としても活躍する秋元康氏が、AKB関連以外では約12年ぶりにテレビドラマを手掛ける話題作で、主演は福士蒼汰。ドラマは「愛する人の秘密をどこまで許せるか」がテーマとなる愛と秘密渦巻くラブミステリーとなっており、主題歌「ずっと、ふたりで」はそんなドラマの主人公が心の中に秘めた思いにピタリ寄り添った、そんな歌詞世界も魅力的な1曲。今作はAKB48や乃木坂46、嵐などへも楽曲提供をしている杉山勝彦が作詞・作曲を手掛け、家入レオとしては初めてシンガーに専念した楽曲となる。カップリングに自身が作詞作曲をした楽曲「だってネコだから」、“SMBC/三井住友銀行 2017年「ひとりひとりが日本代表。」CMソング”としてもオンエア中となる話題のカバー曲「ヒーロー」を収録したニューシングル「ずっと、ふたりで」は初回限定盤/完全生産限定盤/通常盤の3形態でリリースされるのでぜひチェックして欲しい。

また、4月30日(日)に開催された日本武道館公演の模様をコンプリート収録したライブ映像作品『5th Anniversary Live at 日本武道館』をBlu-ray&DVDで7月26日に同時リリースする。2016年12月10日の東京国際フォーラム公演にて、初の日本武道館公演の開催を発表した瞬間や、バックヤードインタビューから本公演のリハーサルの模様、当日の様子を追い掛けたドキュメンタリームービーなども収録した完全版となる。武道館公演に来れた人も来れなかった人も十分に楽しめる作品となっているので、こちらも是非チェックしよう。

2017年夏の家入は既に様々なフェスやイベントなどへの出演情報が発表されているが、「ずっと、ふたりで」リリース記念スペシャルフリーイベントが発売日の7月26日にはラゾーナ川崎プラザにて、7月30日には名古屋・アスナル金山、8月5日には大阪・あべのキューズモールにて開催される。更に、8月3日にはめざましライブ、8月6日にはWEST GIGANTIC CITYLAND\'17、8月10日にはコカコーラ・SUMMER STATION 音楽LIVE、8月11日にはROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017に出演するので、詳しくは家入レオオフィシャルホームページをチェックしよう。7月22日(土)にはTBS系「CDTV」にて新曲「ずっと、ふたりで」を披露するので、こちらもお見逃しなく!

家入レオ 「ずっと、ふたりで」リリース記念スペシャルフリーイベント

<日程>
7月26日(水) ラゾーナ川崎プラザ 2Fルーファ広場
18:00 START
CD会場販売開始時間:16:00(*15:30まではHMVラゾーナ川崎店頭にて販売)

7月30日(日) アスナル金山 明日なる!広場
1回目12:00 START/2回目17:00START
CD会場販売開始時間:10:00
※天候によりイベント内容を変更する場合がございますので、予めご了承下さい。

8月05日(土) あべのキューズモール 3F スカイコート
1回目13:00START/2回目17:00 START
CD会場販売開始時間:10:05

<内容>
ミニライブ&特典お渡し会

<対象CD商品>
7月26日(水)発売 家入レオ 13th Single「ずっと、ふたりで」
・初回限定盤[CD+DVD] VIZL-1203/¥1,700+tax
・完全生産限定盤[CD+GOODS] VIZL-1204/¥2,200+tax
・通常盤[CD] VICL-37299/¥1,200+tax

<お渡し会特典>
オリジナルカレンダーフォトカード
※名古屋会場と大阪会場では1回目と2回目でお渡しするカードの絵柄が異なります。
※首都圏会場、名古屋会場1回目、大阪会場1回目のデザインは共通です。
※名古屋会場2回目、大阪会場2回目のデザインは共通です。

<ミニライブ参加方法>
※ミニライブはフリーでご観覧頂けますが、「名古屋会場」と「大阪会場」のみイベント運営上の都合により、対象CD
封入の「スペシャルイベント参加券」をご持参いただいた方から抽選のうえ当選した方のみが入場出来る、ステージ前方の「優先入場エリア」を設けます。
※首都圏会場は、ステージ前方エリアの「優先入場エリア」はございません。
※観覧はフリーですが、混雑状況によっては規制させて頂く場合がございます。予めご了承下さい。

<優先エリア入場方法>
※「優先エリア」への入場には、「名古屋」・「大阪」各会場でイベント当日に「スペシャルイベント参加券」をご持参頂いた方を対象に抽選を行い、当選した方に配布する優先エリア入場整理券が必要になります。
※当日は「名古屋」・「大阪」各会場とも1回目・2回目の2回公演となります。優先観覧エリアは各回入れ替え制で、優先観覧エリアへご入場頂くには抽選(ハズレの場合あり)でお渡しする各回の「優先エリア入場整理券」が必要です。

<優先エリア入場整理券 抽選開始日時・場所>
[名古屋会場]
2017年7月30日(日)
抽選開始時間1回目10:00〜 / 2回目15:00〜
アスナル金山1F「成城石井」横通路
[大阪会場]
2017年8月5日(土) 抽選開始時間10:05
あべのキューズモール 3Fスカイコート

※各会場、フリーライブ観覧方法、特典イベント参加方法について、さまざまな注意事項がございます。家入レオ オフィシャルウェブサイトに記載のイベント詳細、及び注意事項を必ずご確認の上、ご参加ください。

シングル「ずっと、ふたりで」

2017年7月26日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1203/¥1,700+税
<収録曲>
■CD
1.ずっと、ふたりで
2.だってネコだから
3.ヒーロー
4.ずっと、ふたりで(Instrumental)
5.だってネコだから(Instrumental)
6.ヒーロー(Instrumental)
■DVD
1.ずっと、ふたりで Music Video
2.ずっと、ふたりで MV Making Movie
3.それぞれの明日へ Music Video Another Version



【完全生産限定盤】(CD+GOODS)
VIZL-1204/¥2,200+税
※LEO IEIRI デニムストラップ付きスマホリング
■CD
1.ずっと、ふたりで
2.だってネコだから
3.ヒーロー
4.ずっと、ふたりで(Instrumental)
5.だってネコだから(Instrumental)
6.ヒーロー(Instrumental)



【通常盤】(CD)
VICL-37299/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.ずっと、ふたりで
2.だってネコだから
3.ヒーロー
4.ずっと、ふたりで(Instrumental)
5.だってネコだから(Instrumental)
6.ヒーロー(Instrumental)

DVD&Blu-ray『5th Anniversary Live at 日本武道館』

2017年7月26日発売



【DVD】
VIBL-861/¥4,500+税
<収録内容>
僕たちの未来 / Shine / 太陽の女神 / miss you / 君に届け / Silly / チョコレート / 君がくれた夏 / Message / Hello / I promise you / Free / Too many / Lady Mary / 恍惚 / Bless You / For you / a boy / 純情 / Party Girl / Hello To The World / サブリナ / Linda / それぞれの明日へ / Last Song
全25曲



【Blu-ray】
VIXL-196/¥5,000+税
<収録内容>
僕たちの未来 / Shine / 太陽の女神 / miss you / 君に届け / Silly / チョコレート / 君がくれた夏 / Message / Hello / I promise you / Free / Too many / Lady Mary / 恍惚 / Bless You / For you / a boy / 純情 / Party Girl / Hello To The World / サブリナ / Linda / それぞれの明日へ / Last Song
全25曲



【関連リンク】
元記事
家入レオまとめ
サザンオールスターズ、38年ぶりに「三ツ矢サイダー」のTVCMに再登場
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 新曲, リリース, TVドラマ, 主題歌

サザンオールスターズ、38年ぶりに「三ツ矢サイダー」のTVCMに再登場
Sun, 16 Jul 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ササ?ンオールスタース?か?、「三ツ矢サイタ?ー」のTVCMに“「三ツ矢サイタ?ー」夏の新 TVCM 「夏とササ?ンとサイタ?ーと」編 ”として、38年ふ?りに再登場することが発表された。

アサヒ飲料株式会社は、「三ツ矢サイタ?ー」の夏の新TVCM「夏 とササ?ンとサイタ?ーと」編に38年の時を経て国民的アーティスト ササ?ンオールスタース?を起用することを発表した。ササ?ンオールスタース?か?その長いキャリアの中て?、初めて出演したTVCMもなんと三ツ矢サイタ?ーだった。本CMは7月17日(月)より全国て?オンエアします。放映時間は15秒、30秒に加え、7月 17日(月)の“海の日”にTVCMて?は一度しか見ることのて?きない“スヘ?シャル75秒 ver.CM”※を1回限り放映する。

「夏とササ?ンとサイタ?ーと」編て?は、夏の海辺の階段に座るササ?ンオールスタース?の5人のメンハ?ーか?、「三ツ矢サイタ?ー」を片手に、今回のCMのために書き下ろした特別な一曲を仲良く楽しけ?に歌う。実は38年前に「三ツ矢サイタ?ー」のCMに出演していた彼ら。テ?ヒ?ューして初めて出演したのか?「三ツ矢サイタ?ー」のTVCMだった。途中、38年前の映像か?インサートされ、38年の時を経てササ?ンオールスタース?と「三ツ矢サイタ?ー」か?再会する。最後はメンハ?ー揃っ て三ツ矢サイタ?ーを飲み、夏らしく爽やかな後味を残す。

CM撮影は夏の気配をうっすら感し?る6月に行われ、ササ?ンオールスタース?か?歌う姿を目の前て?見られるとあって、現場のスタッフたちも感激しきり。三ツ矢サイタ?ーのために書き下ろされた一曲に、撮影現場て?は皆か?聞き惚れ、歌い終わるたひ?に拍手の嵐か?巻き起こっていた。撮影中、何度も仲良く笑い合っていたメンハ?ー。そんな楽しけ?な雰囲気か?そのまま詰まったCMに仕上か?った。

CMて?歌われている曲は「弥蜜?菜のしらへ?(読み:やみつた?ーさいのしらへ?)」。美しいコーラスワークて?奏て?られる、軽快なテンホ?のこの曲は、聴くた?けて?、まるて?爽やかな風か?吹いている海辺を感し?させる夏曲。そこにはさらに、38年の時をつなく?「三ツ矢サイタ?ー」と「ササ?ンオー ルスタース?」の絆か?表現されている。

※スヘ?シャル75秒ver.CM 放映番組
日本テレヒ?系列海の日特別番組 「アサヒ飲料スヘ?シャル『これそ?ニッホ?ンの海〜美しい海に魅了された人たち〜』」
番組放送時間:14:55〜16:20 放送



【関連リンク】
元記事
サザンオールスターズまとめ
amazarashi、アニメ『僕のヒーローアカデミア』主題歌を9月6日にシングルリリース
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
サザンオールスターズ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, バンド, 出演, TVCM

amazarashi、アニメ『僕のヒーローアカデミア』主題歌を9月6日にシングルリリース
Sun, 16 Jul 2017 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

amazarashiがニューシングル「空に歌えば」を9月6日にリリースすることを発表した。新曲「空に歌えば」は7月8日(土)よりスタートした人気TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』第2クールのオープニングテーマとなっている。なお収録内容、アートワークなどは後日発表される予定との事。

また新曲「空に歌えば」をいち早く聴くことができる『僕のヒーローアカデミア』の第2クールに向けた最新PVも解禁されているので、こちらも是非チェックしてほしい。

(c)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

■TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』公式サイト
http://heroaca.com/

■『僕のヒーローアカデミア』第2期第2クールPV


https://www.youtube.com/watch?v=HoIOW6no_Ewシングル「空に歌えば」

2017年9月6日発売



【初回生産限定盤A】(CD+DVD+ラバーバンド(A))
AICL3405〜07/¥1,900+税
【初回生産限定盤B】(CD+ラバーバンド(B))
AICL3408〜09/¥1,580+税
【通常盤】(CD)
AICL3410/¥1,200+税
<収録内容>
後日公開予定



【関連リンク】
元記事
amazarashiまとめ
CHERRY NADE 169、ミニアルバム『なまえ』リリース決定
OKMusic
アニメ・声優一覧

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
ROCK, アニメ・声優, ニュース, トレーラ, 主題歌, オープニング

CHERRY NADE 169、ミニアルバム『なまえ』リリース決定
Sun, 16 Jul 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

渋谷を中心に活動中のギターロックバンド・チェリナことCHERRY NADE 169がメンバーの脱退、新規加入を経て、約2年ぶりに待望のミニアルバム『なまえ』のリリースを発表した。また、新ビジュアルも公開された。

溢れ出す人間らしさと、弾けるユーモアが創り上げた世界観で 明日へ生きる力強いメッセージを込めた渾身の1枚が完成!!またリード曲「おまえと心の中の人」を7月22日に出演するMURO FESで初披露予定とのこと。更にMURO FES会場内で、期間限定で新曲をストリーミング再生で聴くことができるコードを記載したカードをメンバー自身で配布予定、MURO FESへ行く方はいち早くCHERRY NADE 169の新楽曲を体感してほしい。

ミニアルバム『なまえ』

2017年9月27日発売



NEON-1003/¥2,000+税
<収録曲>
1.おまえと心の中の人
2.だいち1/2
3.深海魚と僕
4.光
5.なまえ
6.QとAの=
7.イノセント
8.雲に願を

【ライブ情報】

『PRIMAL CURVE企画』
7月17日 大阪 福島2nd LINE

『MURO FESTIVAL 2017』
7月22日 東京 お台場野外特設会場

『Jacob Jr. 企画』
8月05日 長野 上諏訪CLUB ROCK HEART

『TRY TRY NIICHE・リリースツアー』 
8月13日 福島 郡山PEAK ACTION

『O-Crest presents 盆祭り』
8月15日 東京 渋谷TSUTAYA O-Crest

『Lily pre. 二番先陣』
8月26日 群馬 高崎Club FLEEZ / Asile

『Half time Old・拡散希望ツアー』  
8月29日 宮城 仙台enn 3rd 

『Half time Old・拡散希望ツアー』
9月04日 東京 下北沢SHELTER

『good times 企画』  
9月12日 大阪 福島2nd LINE



【関連リンク】
元記事
CHERRY NADE169まとめ
JYOCHO、バンド感をさらに醸造させた
2ndミニアルバムを9月13日にリリース

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
CHERRY NADE169
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, アルバム, 発表, 新曲, リリース

JYOCHO、バンド感をさらに醸造させた2ndミニアルバムを9月13日にリリース
Sun, 16 Jul 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

JYOCHOが9月13日(水)に2ndミニアルバム『碧い家で僕ら暮らす』をリリースする。今作にはドラムに"hatch"(ex DUG OUT)、Bass に"シンディ"(LOW-PASS、空きっ腹に酒 他)、Fluteに"はち"(JWE)、そして新たなボーカルとして"猫田ねたこ"を迎え制作。バンド感をさらに醸造し、独自の世界観を構築した7曲が完成した。

そして、今回はこのメンバーでライブ活動も精力的に行なっていくことが決定。東京、京都にて対バンを招いたリリースイベントを開催する。さらに10月にカナダにて行なわれる『"Next Music From Tokyo"tour』に参戦、その他注目イベントへの参加も続々と決定しており、国内問わず世界へと加速する彼らから今後も目が離せなさそうだ。

ミニアルバム『碧い家で僕ら暮らす』

2017年9月13日(水)発売



NBPC-0045/¥1,800+税
<収録曲>
1. Lucky Mother
2. 碧い家
3. hills
4. tree,stone
5. ほんとうのかたち
6. 三つに分けること
7. グラスの底は、夜

JYOCHO 「碧い家で僕ら暮らす」リリースツアー

10月22日(日)  京都GROWLY
12月03日(日)  渋谷O-Crest



【関連リンク】
元記事
JYOCHOまとめ
宇宙コンビニまとめ
世界レベルのハイトーンボイスを持つ
Beverlyがブレイクに王手!

OKMusic

【関連アーティスト】
JYOCHO, 宇宙コンビニ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, バンド, アルバム

世界レベルのハイトーンボイスを持つBeverlyがブレイクに王手!
Sun, 16 Jul 2017 00:30:00 +0900


小栗旬がその歌声に聴き惚れ、彼が主演するドラマのプロデューサーに紹介し、『CRISIS 公安機動捜査隊特撮班』の主題歌&挿入歌に決定したというシンデレラガール、Beverly。確かに彼女の特徴とも言うべきその歌声を聴けば、きっと納得できることだろう。スコーンと抜けるハイトーンヴォイスは、そうそう聴くことができない美しく強いもの。過去の例を挙げれば、マライアキャリーのような何オクターブも軽々と出してしまうその歌声は、一瞬で聴く人の心を惹きつけるのだ。

とはいえ、ここで浮かぶのが、“彼女は一体誰?”という素朴な疑問。名前とビジュアルから見て日本人でないことが分かるが、日本語の曲を気持ち良く歌い上げている。そこで彼女のバイオグラフィーを覗くと、実は世界で数々の賞を受賞したことのある実力派の歌姫だったのだ。

とても大人っぽく見えるビジュアルと、圧倒的で力強い歌声が印象的な彼女だが、現在、94年生まれの23歳。フィリピンに生まれた彼女は、母国の有名作曲家ベニーサトルノ氏とトレーニングを重ね、フィリピンはもちろん、アメリカなどの音楽祭で数多くの受賞歴を持つ。日本では昨年、8月に行なわれたエイベックスの野外フェス『a-nation』のシューティングアクトに抜擢され、新人ながら異例の喝さいを浴びた。そこでの歌声で心を揺さぶられた人は多く、2017年の元旦には、世界が注目したピコ太郎に、“今年ブレイクするアーティスト”として紹介されたのだ。

その後、日本へと拠点を移し本格始動したBeverlyは、日本語で楽曲を歌い、世界に羽ばたくアーティストとしてデビューを果たした。きっとこのタイミングで、多くの番組が彼女を取り上げたので見かけた人は多いことだろう。気持ち良くハイトーンヴォイスで歌い上げる彼女の歌唱力は、言葉通り“世界レベル”。その歌声は、デビューアルバム『AWESOME』でたっぷりと堪能することができる。

このアルバムには、ドラマに使用された「I need your love」「Empty」はもちろん、『a-nation』で歌われた「Just once again」も収録される。さらに注目してほしいのが、ハイトーンヴォイスだけでない、伸びやかで落ちついた歌声で聴き手の心を癒す「今もあなたが…」や、彼女が“私にとってのチル・ソングです”と語るノスタルジックな「Nowhere to go」。さらに、緊張感漂う「Unchain My Heart」じっくり、ゆっくりと聴かせるこの楽曲たちと他の曲との幅を感じてもらえれば、より彼女の実力や可能性の幅を感じることができるはずだ。

まだデビューしたばかり、さらに23歳という若さの彼女の“のびしろ”は果てがない。これからさまざまな人生経験を重ね、より歌声に深みを増し、ビックアーティストへと成長していくことだろう。その経過をぜひじっくり見て、聴いてもらいたい。

TEXT:吉田可奈

■「I need your love」Music Video


https://www.youtube.com/watch?v=whuLtTiY5oYアルバム『AWESOME』

発売中



【CD+DVD】
AVCD-93689/B ?3,240(税込)
<収録曲>
■CD
01 Tell Me Baby
02 Too Much
03 I need your love
04 Dance in the Rain
05 Mama Said
06 Unchain My Heart
07 今もあなたが...
08 Nowhere to go...
09 Empty
10 Never Ever
11 Just once again
12 Sing my soul
■DVD
・ I need your love(Music Video)
・ Tell Me Baby(Music Video)
・ [特典映像] “AWESOME” Lip Sync Live




【CD】
AVCD-93690 ?2,700(税込)
<収録曲>
01 Tell Me Baby
02 Too Much
03 I need your love
04 Dance in the Rain
05 Mama Said
06 Unchain My Heart
07 今もあなたが...
08 Nowhere to go...
09 Empty
10 Never Ever
11 Just once again
12 Sing my soul


【ライブ情報】

『Beverly 1st JOURNEY 「AWESOME」』
10月05日(木) 渋谷WWW
OPEN 18:30/ START 19:00



【関連リンク】
元記事
Beverlyまとめ
OKMusic
洋楽一覧
ニュース一覧

【関連アーティスト】
Beverly
【ジャンル】
洋楽, ニュース, アルバム













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1