歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年07月14日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
【ヒステリックパニック】“ヒスパニ、やべぇだろ!?”って言われるような楽曲になっている
Fri, 14 Jul 2017 17:30:00 +0900


名古屋発“ラウド・ロック・モンスター・バンド”ことヒステリックパニックがミニアルバム『LIVE A LIVE』をドロップ! メロディーにもサウンドにもリリックにもヒスパニ流が詰まった濃厚すぎる7曲を収録した、エクストリームな強力盤だ!

──新作『LIVE A LIVE』は“ライヴで盛り上がれる曲が詰まったアルバムを作ろう”と制作をスタートさせたそうですね?

Tack朗
「まずミニアルバムを出そうという話があって、最初は5曲収録予定だったんですよ。で、“5曲だったら突っ走って、頭からケツまで全力疾走でいったほうがいいよね”“それならライヴに似てるよね”ということで、1曲目から演奏してひとつのライヴが組み立てられるような、そのままフェスに出られちゃうような作品になったらいいという感じでしたね。」

──「全日本ぬるぬる音頭」ではコール&レスポンスを入れてますが、これは完全にライヴ用ですよね?

Tack朗
「作曲している段階ではこうなるとは思ってなかったんですが、ともからの提案で。」

とも
「うん。過去にはポイントで掛け合いみたいなところがある曲はあったんですけど、ここまでのものはなかったんで、今回は“ライヴ”というコンセプトだし、やってみてもいいんじゃないかということで、ベースのおかっち大先生に汚れ役を押し付けて(笑)。」

──そのコール&レスポンスの内容に関しては掘り下げて訊く気はまったくないですが…。

全員
「ははははは。」

──少なくとも進んでやりたがる内容ではない(苦笑)。

おかっち
「いや、そんなことはまったくないですよ!(笑)」


「すでにライヴで2回くらいやってまして。」

おかっち
「手応えはあっ…た?(笑)」


「あったよ(笑)。めっちゃ盛り上がってた。」

とも
「初見のわりにね(笑)。みんな、やってくれたね。」


「ライヴだと恥ずかしくない。冷静な状態じゃないから(笑)。」

──内容はともかく、「全日本ぬるぬる音頭」の享楽的なビートはまさにお祭り的で、ポップで楽しいものであることは間違いないと思います。で、そうしたライヴで楽しめるポップなものがある一方で、『LIVE A LIVE』にはヘヴィメタルな「ブルーバード」とかポップさを排除したようなナンバーもありますね。


「すげぇ簡単に言ってしまうと「ブルーバード」は海外のアーティストがやっているような感じ。インディーズの頃はそうした第一線のサウンドのテイストも取り入れていたんで、今回は7曲入りだし、“どうせならやってみたい”と思いまして。これ、7弦ギターを使ってるんですけど、“他のバンドにはこれはできないだろう”というサウンド的にも第一線に出しても全然舐められない…“ヒスパニ、やべぇだろ!?”って言われるような楽曲になっていると思うんです。」

──どちらかと言えば投げっぱなしですね。

おかっち
「突き放してますよね(笑)。」

──あと、サウンド面では「月曜日が始まんで〜」も面白くて。V系的なイントロから始まってファンキーに展開して、サビはラテン風という現実感のない雰囲気が歌詞とも上手く噛み合ってて、なかなか興味深いナンバーです。

とも
「あれはあれで浮いてますよね(笑)。」


「あの曲は転調を超えた転調をしてるんです。スケールとかを一切度外視して、“これなら許されるだろう”という感じで接続部分を濁したり、うまく接続したり。そういう感じでやっているので、Aとサビが全然違って聴こえるところはあると思います。」

──いろいろな要素を入れて楽曲に躍動感を与えてますよね。

やっち
「まぁ、うちの場合、あらゆる要素を出さないといけない部分がありますから(笑)。「月曜日が始まんで〜」に関しては

──さらにキャッチーな「A:LIVE」や「ガチ恋ダークネス」もありますから、7曲入りミニアルバムとはいえ、いろいろなことをやっている作品に仕上がっていると思います。

Tack朗
「あぁ、結果的にそうなっちゃうんですよね(笑)。“シンプルにいこう”って意識していたんですけど…でも、シンプルっちゃあ、シンプルだよね?」


「自分もシンプルには弾いたつもりです。」

とも
「シンプルというか、凝らないことに凝ったというか。」

──あれこれやろうとしたのではなく、自然体でやったという?

Tack朗
「そうですね。これでもかなり引き算しましたね。」

とも
「去年、曲作りの時に“俺たちの思うシンプルは世間一般のシンプルじゃねぇんだよ!”って1度喧嘩したんで(笑)。」

Tack朗
「その辺で闘いながら(笑)。」


「だからと言って寄せすぎてもダサくなるので、微妙なところを…という感じでしたね。」

──分かりました。では、最後に歌詞について。歌詞は作品を聴けば明白で、“生きること”であり、もっと言えば“現実とはこういうことだ”という内容が貫かれてますよね。

とも
「意識しているわけじゃないんですけど、自分の歌詞は現実的になりがちというか。“こういう世界を想像で書きました”というフィクションはあんまりなくて、日々生きている中で思うことを書くタイプなんで。“生きていたくない”とか“死にたい”とかもともとヒスパニにあったものが、今回のテーマである “ライヴ”とリンクして、ツルッと出てきましたね。」

──“生きること”を書こうとすると人生賛歌になりがちだとも思うのですが、「swan song」は現実の厳しさも赤裸々に描いていて、これは素晴らしいと思います。

とも
「「swan song」はメンバーから“今までで一番残酷だ”と言われました(苦笑)。曲がいいと歌詞でそれを崩したくなるというのがヒスパニの性なんですけど、Tack朗が持ってきたメロが底抜けに明るかったんで、残酷にしたくなっちゃって。“生きるって素晴らしい”とか“未来は明るい”とか、そういう歌は嫌いなんで。それとは真逆なところを辛辣に書いたものって他にはないと思ったし、“現実はそんなもんじゃないっしょ?”ということを書いてみました。」

取材:帆苅智之

ミニアルバム『LIVE A LIVE』

2017年6月21日発売
BLACK SHEEP RECORDS/ビクターエンタテインメント



VICL-64803
?2,268(税込)

ライヴ情報

『「おいでよ ひすぱにの森」〜ワンマン〜』
7/20(木) 東京・SHIBUYA CYCLONE 
7/21(金) 愛知・名古屋APOLLO BASE 
7/23(日) 大阪・心斎橋DROP 

『「おいでよ ひすぱにの森」〜追加公演〜』
7/25(火) 鹿児島・SR HALL
7/26(水) 熊本・B.9 V2
7/28(金) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM

『「DEAD or ALIVE」 TOUR 2017』
8/29(火) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO ※ワンマン
9/01(金) 千葉・LOOK
9/02(土) 埼玉・HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3
9/09(土) 長野・松本ALECX
9/10(日) 富山・SOUL POWER
9/15(金) 兵庫・神戸 太陽と虎
9/17(日) 山梨・甲府KAZOO HALL
9/23(土) 青森・八戸ROXX ※ワンマン
9/24(日) 岩手・盛岡the five morioka
9/26(火) 茨城・水戸 LIGHT HOUSE
9/27(水) 福島・郡山CLUB#9
10/05(木) 愛媛・松山サロンキティ
10/06(金) 高知・X-pt.
10/14(土) 新潟・CLUB RIVERST
10/15(日) 群馬・高崎club FLEEZ
10/21(土) 神奈川・FAD yokohama
10/22(日) 静岡・LiveHouse 浜松窓枠
10/26(木) 北海道・旭川CASINO DRIVE
10/27(金) 北海道・札幌KRAPS HALL ※ワンマン
10/29(日) 宮城・仙台CLUB JUNK BOX ※ワンマン
11/03(金) 石川・金沢vanvanV4 ※ワンマン
11/05(日) 東京・渋谷TSUTAYA O-EAST ※ワンマン
11/11(土) 広島・SECOND CRUTCH ※ワンマン
11/12(日) 大阪・梅田CLUB QUATTRO ※ワンマン
11/18(土) 福岡・DRUM Be-1 ※ワンマン
11/23(木) 香川・高松DIME ※ワンマン

ヒステリックパニック

ヒステリックパニック:超絶ハイトーンのTack朗×凶悪スクリームのとも×極上コーラスの-POPと、ジャンルの垣根を気軽に飛び超えながら音を紡ぐ、通称“ヒスパニ”が新たに生み出す、これが最新式のエクストリームなJ-POP。2015年4月にシングル「うそつき。」でメジャーデビューを果たした。



【関連リンク】
元記事
ヒステリックパニックまとめ
元WHITE ASH・のび太&彩が
新バンド“THE LITTLE BLACK”を始動

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
ヒステリックパニック
【ジャンル】
ROCK, okmusic UP\'s vol.155, インタビュー

元WHITE ASH・のび太&彩が新バンド“THE LITTLE BLACK”を始動
Fri, 14 Jul 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年3月に解散したWHITE ASHののび太(Vo&Gt)と彩(Ba)が新バンド“THE LITTLE BLACK”を結成した。二人は4月よりスリーピースのロックバンド結成のためドラマーの一般募集を実施。そのオーディションを勝ち抜いたマット(Dr)が正式メンバーとして加入した。

また、9月21日(木)に吉祥寺CLUB SEATAで開催されるGetting Betterでのライブアクトが決定しており、それが彼らの初ライブとなる。同公演の先行プレオーダーは7月20日(木)〜7月27日(木)、一般発売は8月5日(土)より。なお、7月22日(土)に下北沢CLUB Queで開催されるGetting Betterで来場者優先発売が行なわれる。

『Getting Better〜Birthday Party’17〜』

9月21日(木)  吉祥寺CLUB SEATA
open 18:00 Live Start 19:00
Live Act:THE LITTLE BLACK/石毛輝(new band)/ent/Garas
Getting DJ:片平実/神啓文



【関連リンク】
元記事
THE LITTLE BLACKまとめ
WHITE ASHまとめ
ハルカトミユキ、アルバムより
ミユキ主演の「近眼のゾンビ」リリックビデオを公開

OKMusic

【関連アーティスト】
THE LITTLE BLACK, WHITE ASH
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド

ハルカトミユキ、アルバムよりミユキ主演の「近眼のゾンビ」リリックビデオを公開
Fri, 14 Jul 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ハルカトミユキが先日リリースしたアルバム『溜息の断面図』より新しいリリックビデオを公開した。

アルバム中でリードトラックとして話題の「終わりの始まり」以上に刺激的な「近眼のゾンビ」。依然として変わらぬ社会やSNSによる圧倒的な息苦しさ・ストレスを皮肉った今作の中でも屈指の過激な歌詞で、サウンドは異常に中毒性が高い"裏の人気曲"である。

このビデオはアルバムより先行で公開された映像が全てハルカのみの出演だったことから、ファンから『ミユキも出せ!』という声が殺到・急ぎ制作に取り掛かったもので、映像はとにかく延々と文字が続いて出てくる。途中、主演のミユキの画に切り替わるが、それでも歌詞は出続け、曲を聴きながらでも"今、どこなのか?"が分からなくなるという、歌詞の世界観である"ストレスフル"なものになっている。

ハルカトミユキはアルバムリリース記念として盟友・きのこ帝国などを招いての3日連続のレコ発ライブを終えたばかり。これから、3年振りのROCK IN JAPAN FESTIVALや、3年連続となる日比谷野音ワンマンを控えている。野音ワンマンのチケットは現在好評発売中なので、この機会をお見逃し無く!

■「近眼のゾンビ」リリックビデオ


https://youtu.be/Nc7Kgwvv-tsアルバム『溜息の断面図』

発売中



【初回盤】(2CD)
AICL-3354/3355/¥3,990(税込)
【通常盤】
AICL-3356/¥2,800(税込)
<収録曲>
■Disc-1(初回・通常共通)
1.わらべうた
2.Stand Up, Baby
3.Sunny, Cloudy
4.終わりの始まり
5.Fairy Trash Tale
6.WILL(Ending Note)
7.宝物
8.近眼のゾンビ
9.インスタントラブ
10.僕は街を出てゆく
11.嵐の舟
12.種を蒔く人
■Disc-2(初回盤のみ)
『LIVE at 日比谷野外大音楽堂 [2016/9/24]』
※待望の初音源化「LIFE 2」収録
1.世界
2.バッドエンドの続きを
3.Hate you 4.Pain
5.奇跡を祈ることはもうしない
6.夜明けの月 7.Are you ready?
8.見る前に踊れ 
9.DRAG&HUG 
10.振り出しに戻る
11.ニュートンの林檎
12.光れ
13.LIFE 2
14.ドライアイス

『5th Anniversary SPECIAL』

9月02日(土)  日比谷野外大音楽堂
open 17:15 / start 18:00
※チケット発売中



【関連リンク】
元記事
ハルカトミユキまとめ
多くの反響を受け、『名歌復活!~弾き語り 昭和のメロディー』放送決定
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
ハルカトミユキ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, ミュージックビデオ, MV, アルバム

多くの反響を受け、『名歌復活!~弾き語り 昭和のメロディー』放送決定
Fri, 14 Jul 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

昨年末の12月10日 に1回目の放送後、多くの反響を受け、7月15日(土)19時より、BSフシ? サタテ?ースヘ?シャルにて『名歌復活!~弾き語り 昭和のメロディー』か?放送される。

同番組はプロデューサーを務めた築波修二の「歌番組はこうあるへ?き」という演歌や歌謡曲への深い愛情と経緯から生まれた強い“こた?わり”のもとに制作。「と?うしたらこの曲か?伝わるんた?ろう」と考え抜かれた“選曲”と“配曲”か?肝になっている。

前回も出演した、作曲家の弦哲也、杉本眞人、岡千秋に加え、時に四天王と呼ばれる程普段から仲が良い徳久広司を招き、4人の作家が思いを込め、テレビ初披露曲を含むフルコーラスのセルフカバーで披露。また、昭和芸能界の生き字引きとも言われる音楽評論家・小西良太郎が聞き手となり、名歌が生まれた当時の貴重なエピソードも紹介していく。

歌の収録は全ていわゆる一発録り。今回初登場の徳久広司が阿久悠作詞「ヘッドライト」を徳久のギター弾き語りで、杉本も阿久悠さん作詞「花のように鳥のように」を、弦は路地裏演歌の代表曲ともいえる「人生かくれんぼ」をそれぞれギター弾き語りで披露し、岡は思い入れの強い「黒あげは」をピアノ弾き語りで歌唱。また、美空ひは?り生誕80周年を記念し、誕生日の5月29日に番組か?収録された事もあり、4人の作曲家か?美空ひは?りへ提供した「お前に惚れた」(徳久広司)「なつかしい場面」(杉本眞人)「裏窓」(弦哲也)「さんさ恋時雨」(岡千秋)をそれそ?れセルフカハ?ー! 更に貴重な美空ひは?りとのエヒ?ソート?も語られるという充実した内容だ。

さらに、石原詢子が「お久しふ?りね」、桜井くみ子が「飢餓海峡」、椎名佐千子が「た?んな様」、山口かおるが「北の雪虫」を、それそ?れの作曲家の伴奏て?歌い、テレヒ?て?は滅多に聴けない隠れた名曲も取り上け?られる。

■【『名歌復活!~弾き語り 昭和のメロディー』詳細】

<放送日時>
2017 年7 月15 日(土) 19:00~20:54
<出演者>
・作曲家:岡千秋・弦哲也・杉本眞人・徳久広司
・歌手:石原詢子・桜井くみ子・椎名佐千子・山口かおる
・進行:小西良太郎(音楽評論家)・松本明子

■公式サイト
http://www.bsfuji.tv/meikafukkatu/pub/index.html



【関連リンク】
元記事
石原詢子まとめ
桜井くみ子まとめ
椎名佐千子まとめ
山口かおるまとめ

【関連アーティスト】
石原詢子, 桜井くみ子, 椎名佐千子, 山口かおる, 弦哲也, 杉本眞人, 岡千秋, 徳久広司
【ジャンル】
J-POP, ニュース, テレビ番組, 音楽番組, 出演

D\'ERLANGERのトリビュート盤にピエール中野とERYが参加決定
Fri, 14 Jul 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年で再結成10周年を迎えたD\'ERLANGERが豪華ラインナップで届ける史上初のトリビュートアルバムが9月13日(水)に発売となるが、その参加メンバーであるINORAN×TERU×HISASHIのリズムを支えるメンバーとして、ドラムにピエール中野(凛として時雨)、ベースにERY(KiLLKiLLS / Raglaia)の参加が決定した。

INORAN(LUNA SEA)とTERU、HISASHI(GLAY)という組み合わせにも驚きだが、さらにピエール中野とERYというさらに面白い組み合わせとなり、D\'ERLANGERトリビュートを祝福する。この5人でのサウンドがどのような反応を起こすのか楽しみだ。さらにはどの楽曲を選んだかも気になるところだ。続報を楽しみに待とう。

アルバム『D\'ERLANGER TRIBUTE ALBUM 〜Stairway to Heaven〜』

2017年9月13日発売



WPCL-12767/¥3,000+税
<参加アーティスト>
ACID ANDROID/Angelo/INORAN×TERU×HISASHI×ピエール中野×ERY/清春/Psycho le C?mu/Justy-Nasty/THE SLUT BANKS/DIR EN GREY/DEZERT/HYDE/MUCC/MERRY/lynch./Rayflower(50音順)

【ライブ情報】

「D\'ERLANGER presents ABSTINENCE\'S DOOR #008」
9月15日(金)  EX THEATER ROPPONGI
OPEN/START:17:30/18:30
出演:D\'ERLANGER、Angelo、DEZERT、D\'ERLANGER feat. HYDE

「D\'ERLANGER presents ABSTINENCE\'S DOOR #009」
9月16日(土)  EX THEATER ROPPONGI
OPEN/START: 16:30/17:30
出演:D\'ERLANGER、lynch.、Psycho le C?mu、D\'ERLANGER feat. 清春

「J\'aime La Vie deux TOUR 2017」
9月30日(土)  京都FAN J 
10月01日(日)  浜松窓枠 
10月07日(土)  高知X-pt 
10月08日(日)  高松MONSTER 
10月14日(土)  金沢EIGHT HALL
10月15日(日)  長野CLUB JUNK BOX
10月21日(土)  郡山CLUB #9 
10月22日(日)  柏PALOOZA 
10月28日(土)  福岡DRUM Be-1
10月29日(日)  岡山YEBISU YA PRO
11月03日(金・祝)  仙台darwin 
11月05日(日)  札幌cube garden
11月11日(土)  梅田 TRAD
11月12日(日)  名古屋Electric Lady Land 
11月23日(木・祝)  赤坂BLITZ



【関連リンク】
元記事
D\'ERLANGERまとめ
凛として時雨まとめ
ピエール中野まとめ
KiLLKiLLSまとめ

【関連アーティスト】
D\'ERLANGER, 凛として時雨, ピエール中野, KiLLKiLLS, Raglaia
【ジャンル】
ROCK, ヴィジュアル, ニュース, バンド, アルバム

UVERworld、アルバム『TYCOON』ジャケ写公開
Fri, 14 Jul 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

UVERworldが8月2日に発売するアルバム『TYCOON』の初回盤、通常盤のジャケット写真が公開された。また、歌詞ブックレット内には、TAKUYA∞本人が撮りおろしたメンバーの写真や、歌詞をイメージした写真などが多数掲載されるとの情報も発表された。

初回生産限定盤の特典CDには、2017年2月にさいたまスーパーアリーナで行なわれた23000人の男祭りと2015年12月に日本武道館で行なわれたPREMIUM LIVE on Xmasのライブからライブ音源11曲が収録され、11月から始まるアリーナツアーのチケットCD封入先行も実施される。

7月12日に発売されたシングル『DECIDED』はオリコンデイリーシングルランキングにて2位を獲得。同楽曲が主題歌となっている映画「銀魂」も7月14日より公開となった。アルバム発売に向けて、ますます盛り上がりを見せる彼らから目が離せない!

アルバム『TYCOON』

2017年8月2日発売



【初回生産限定盤】(CD+特典CD+スリーブケース+フォトブック付)
SRCL-9467〜68/¥3,700+税
<収録曲>
■CD
1. TYCOON
2. Q.E.D.
※日本テレビ MIDNITEテレビシリーズエンディングテーマ
3. シリウス
4. SHOUT LOVE
5. IDEAL REALITY
6. LONE WOLF
7. DECIDED(Album ver.)
※映画「銀魂」主題歌
8. PRAYING RUN
9. ALL ALONE(Album ver.)
※オリジナル映像企画「1秒先 向かう者と ただ訪れる者-第一話-」テーマソング
10. 一滴の影響(Album ver.)
※青の祓魔師 京都不浄王篇"オープニング・テーマ
11. ほんの少し
※オリジナル映像企画「1秒先 向かう者と ただ訪れる者-第二話-」テーマソング
12. 僕の言葉ではない これは僕達の言葉(Album ver.)
※MBS/TBS系TVアニメ「アルスラーン戦記」オープニングテーマ
13.WE ARE GO(Album ver.)
※テレビ東京系アニメ「パズドラクロス」オープニングテーマ
14. Collide
※映画「新宿スワン」挿入歌
15. 奏全域
16. I LOVE THE WORLD
※オンラインRPGゲーム「ドラゴンネスト」テーマソング
17. エミュー
※映画「新宿スワンII」挿入歌
18. 終焉
■Disc-2
「UVERworld KING\'S PARADE 2017 at Saitama Super Arena」
1.Collide
2.Fight For Liberty
3.一滴の影響
4.NO.1
5.PRAYING RUN
6.MONDO PIECE
「UVERworld PREMIUM LIVE on Xmas 2015 at Nippon Budokan」
7.CHANCE!04
8.I LOVE THE WORL
9.IMPACT
10.? choir
11.在るべき形



【通常盤】(CD)
SRCL-9469/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1. TYCOON
2. Q.E.D.
※日本テレビ MIDNITEテレビシリーズエンディングテーマ
3. シリウス
4. SHOUT LOVE
5. IDEAL REALITY
6. LONE WOLF
7. DECIDED(Album ver.)
※映画「銀魂」主題歌
8. PRAYING RUN
9. ALL ALONE(Album ver.)
※オリジナル映像企画「1秒先 向かう者と ただ訪れる者-第一話-」テーマソング
10. 一滴の影響(Album ver.)
※青の祓魔師 京都不浄王篇"オープニング・テーマ
11. ほんの少し
※オリジナル映像企画「1秒先 向かう者と ただ訪れる者-第二話-」テーマソング
12. 僕の言葉ではない これは僕達の言葉(Album ver.)
※MBS/TBS系TVアニメ「アルスラーン戦記」オープニングテーマ
13.WE ARE GO(Album ver.)
※テレビ東京系アニメ「パズドラクロス」オープニングテーマ
14. Collide
※映画「新宿スワン」挿入歌
15. 奏全域
16. I LOVE THE WORLD
※オンラインRPGゲーム「ドラゴンネスト」テーマソング
17. エミュー
※映画「新宿スワンII」挿入歌
18. 終焉

【ライブ情報】

『UVERworld TYCOON TOUR』
11月02日(木) 神戸ワールド記念ホール(兵庫県神戸市)
11月03日(金) 神戸ワールド記念ホール(兵庫県神戸市)
11月11日(土) 神戸ワールド記念ホール(兵庫県神戸市)
11月12日(日) 静岡エコパアリーナ(静岡県袋井市)
11月22日(水) 大阪城ホール(大阪府大阪市)
11月23日(木) 大阪城ホール(大阪府大阪市)
12月05日(火) 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター(新潟県新潟市)
12月06日(水) 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター(新潟県新潟市)
12月13日(水) 日本ガイシホール(愛知県名古屋市)
12月14日(木) 日本ガイシホール(愛知県名古屋市)
12月16日(土) セキスイハイムスーパーアリーナ - グランディ・21(宮城県宮城郡)
12月17日(日) セキスイハイムスーパーアリーナ - グランディ・21(宮城県宮城郡)
12月20日(水) 横浜アリーナ(神奈川県横浜市)
12月21日(木) 横浜アリーナ(神奈川県横浜市)※TAKUYA∞生誕祭
12月25日(月) 日本武道館(東京都千代田区)※UVERworld Premium LIVE on Xmas 2017
12月30日(土) マリンメッセ福岡(福岡県福岡市)
12月31日(日) マリンメッセ福岡(福岡県福岡市)

『UVERworld IDEAL REALITY TOUR』
8月04日(金) シェルターなんようホール(南陽市文化会館)大ホール(山形県南陽市)
8月06日(日) いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール(福島県いわき市)
8月08日(火) 弘前市民会館(青森県弘前市)
8月09日(水) 弘前市民会館(青森県弘前市)
8月14日(月) 北見市民会館(北海道北見市)
8月16日(水) 旭川市民文化会館 大ホール(北海道旭川市)
8月23日(水) 鳴門市文化会館(徳島県鳴門市)
8月24日(木) 鳴門市文化会館(徳島県鳴門市)
8月26日(土) ひめぎんホール・メインホール(愛媛県松山市)
8月27日(日) ひめぎんホール・メインホール(愛媛県松山市)
8月29日(火) 岡山市民会館(岡山県岡山市)
8月30日(水) 岡山市民会館(岡山県岡山市)
9月01日(金) 島根県民会館 大ホール(島根県松江市)
9月03日(日) 周南市文化会館(山口県周南市)
9月04日(月) 周南市文化会館(山口県周南市)
9月06日(水) なら100年会館 大ホール(奈良県奈良市)
9月07日(木) なら100年会館 大ホール(奈良県奈良市)
9月12日(火) 和歌山県民文化会館 大ホール(和歌山県和歌山市)
9月13日(水) 和歌山県民文化会館 大ホール(和歌山県和歌山市)
9月19日(火) 鹿児島市民文化ホール 第一ホール(鹿児島県鹿児島市)
9月20日(水) 鹿児島市民文化ホール 第一ホール(鹿児島県鹿児島市)
9月25日(月) ミュージックタウン音市場(沖縄県沖縄市)※誠果生誕祭
10月03日(火) 日本武道館(東京都千代田区)
10月04日(水) 日本武道館(東京都千代田区)

『GROVEST GIG〜toward IDEAL REALITY〜』
6月26日(月) 札幌PENNY LANE24(北海道札幌市)
7月03日(月) 梅田CLUB QUATTRO(大阪府大阪市)
7月06日(木) 名古屋Electric LadyLand(愛知県名古屋市)
7月10日(月) 高知CARAVAN SARY(高知県高知市)
7月13日(木) 広島CLUB QUATTRO(広島県広島市)
7月19日(水) 福岡DRUM Be-1(福岡県福岡市)
7月26日(水) 仙台Rensa(宮城県仙台市)
7月31日(月) LIQUIDROOM ebisu(東京都渋谷区)

■「DECIDED」MV(Short Ver.)


https://youtu.be/nDaVvnbVIkw

【関連リンク】
元記事
UVERworldまとめ
初音ミクの10周年記念アルバムに
DECO*27、ナユタン星人ら6組が参加

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
UVERworld
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, アルバム, リリース

初音ミクの10周年記念アルバムにDECO*27、ナユタン星人ら6組が参加
Fri, 14 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年8月31日に誕生10年目を迎える初音ミク10周年を記念し、8月30日に発売されるコンピレーション・アルバム『HATSUNE MIKU 10th Anniversary Album「Re:Start」』。同作に書き下ろし楽曲を提供する参加ボカロP第2弾が発表された。

今回発表されたボカロPは、Orangestar、DECO*27、ナユタン星人、ピノキオピー、Mitchie M、れるりりの6名。さらに10周年に相応しいクリエイターの参加が決定している。

今作品は2枚組のCDとなっており、Disc-1には人気ボカロP達による書き下ろし楽曲を収録、Didc-2には今までに発表されたレジェンド楽曲を収録した内容に。楽曲タイトルや収録内容については今後、特設サイトにて発表される予定とのことで注目していただきたい。

■アルバム『HATSUNE MIKU 10th Anniversary Album「Re:Start」』特設サイト
http://d-ue.jp/miku10th/

アルバム『HATSUNE MIKU 10th Anniversary Album「Re:Start」』

2017年8月30日発売



※後日発表予定



【関連リンク】
元記事
初音ミクまとめ
DECO*27まとめ
ナユタン星人まとめ
MITCHIE Mまとめ

【関連アーティスト】
初音ミク, DECO*27, ナユタン星人, MITCHIE M, れるりり
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, ボーカロイド

【連載コラム】稚菜、映画「メアリと魔女の花」のテーマをカバー
Fri, 14 Jul 2017 18:00:00 +0900


こんばんは。
先週は一週お休みをしまして113曲目のカバー曲。
SEKAI NO OWARIの「RAIN」
映画「メアリと魔女の花」の主題歌となっております。
何だか昔のインディーズの頃の彼らをふと思い出させられた曲。
そして同時に映画を観てみたい、と思わせてくれる歌だなぁ、って。
ボーカル深瀬さんの優しい歌声が凄くマッチしているんですよね。
私は個人的に凄く好きだなって感じた曲です。
是非聴いてみて下さい。


https://youtu.be/JIbPAM5SmnI先々週のコラムで、分岐点の話を書いたのを皆さん読んで下さっているかと思います。
そして今回も、このSEKAI NO OWARIの歌を歌わせてもらって、彼らも私にとって大切な分岐点だった事をふと思い出しました。

ご存知でない方もいらっしゃるかも知れませんが、SEKAI NO OWARIの皆さんが昔自分たちの手で一から作ったライブハウス「club EARTH」という場所があります。
私が歌を始める第一歩の世界を創り出してくれたのが、このライブハウスでした。
私が初めて外で歌を歌った場所。
一人で自ら弾き語りとして立った場所がこのclub EARTHなんです。
その当時流行っていたSNS、mixi。(…懐かしいなぁ、私たち世代の青春はこのSNSかもしれません。笑)
そのmixiから、club EARTHでスタッフとして働いていた女の子から突然「歌ってみませんか?」との連絡をいただいたんです。
この時、私が住んでいた家がこのライブハウスから歩いて15分程の所。
そりゃあ、行きますよね。笑
SEKAI NO OWARIは知っていたけれど、こんな近くにこんなに素敵な所があるとは知らず。
でも私の出発点がこのライブハウスで本当に良かったと思っています。
働いているスタッフはみんなボランティア。
週末のみの営業だったけれど、それでも凄い事だと思うんです。
しかも、大体が同い年、同じ年代のスタッフ。
温かくて優しいスタッフとグルーヴ出るわ楽しいわ刺激もらえるわ、で本当に一番沢山お世話になったライブハウスです。
沢山失敗して、沢山泣いて、沢山笑って、沢山成長させてもらった場所。
このライブハウスがあったから、今の弾き語りの私がいる、大切な分岐点、なんですよね。

いつかSEKAI NO OWARIと一緒にやれる機会が出来た時、その時に、感謝の気持ちを本人達に直接伝えられたら、と思っています。
そしてまたここのスタッフのみんなとも会いたいなぁ。
それまではやっぱり登りつめていかないと、ね。

一つ一つ、分岐点っていうのを振り返ってみるのも面白い。
振り返る事によって、また改めて初心にかえれるから。
どれだけ年を重ねても、こうやって振り返る事を忘れずに生きていこう!
そう思うのでした。



【関連リンク】
元記事
稚菜まとめ
全米1位の「フランケンシュタイン」を収録したエドガー・ウィンター・グループのデビュー作『ゼイ・オンリー・カム・アウト・アット・ナイト』
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
稚菜
【ジャンル】
J-POP, 連載コラム, 十人十色、稚菜色, シンガーソング・ライター

全米1位の「フランケンシュタイン」を収録したエドガー・ウィンター・グループのデビュー作『ゼイ・オンリー・カム・アウト・アット・ナイト』
Fri, 14 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

兄のジョニー・ウィンターがリリースした『Johnny Winter And Live』(‘71)に当時の僕たち中学生が痺れていた頃、弟のエドガー・ウィンターもアルバムを出していたが、当時の日本では兄のブルースフィールに満ちたスーパーギタリストぶりに人気が集中し、アメリカのルーツ音楽全般をミックスしたハイレベルのロックサウンドを追求していたエドガー・ウィンターはあまり人気がなかった。ところが、今回紹介する『ゼイ・オンリー・カム・アウト・アット・ナイト』(’72)に収録された「フランケンシュタイン」はインストでありながら全米1位を獲得し、普通のロックファンに大きな反響を呼ぶことになった。結局、本アルバムは全米3位まで上昇、エドガーの名は世界中に知られることになる。「フランケンシュタイン」以外の曲はイーグルスやドゥービーなどに代表されるウエストコーストロック・スタイルで、それまでのエドガーとは違う側面を見せてくれたのである。本作は名曲がたっぷり詰まったエドガー・ウィンターの代表作と言ってもいいだろう。

■才能あふれるウィンター兄弟

僕が中学生の頃は、ニューロックと呼ばれるインプロビゼーションを重視したロックに注目が集まっていて、中でもエリック・クラプトン、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベックらのブリティッシュ・スーパーギタリストは大人気であった。アメリカのギタリストでは、マイク・ブルームフィールドやジョニー・ウィンターに代表されるブルースを基本としたロックギターが大いに受けていた。特にジョニー・ウィンターはブルースだけでなくロックンロールの定番を、超絶テクニックを披露しながらも分かりやすいフレージングで弾きまくるだけに、10代半ばのロックファンには大いに受けた。

テキサス州出身の彼ら兄弟は幼い頃からブルース、R&B、ゴスペル、ジャズ、カントリーなどに親しみ、10代前半からは様々なライヴ活動を一緒に行なっていたようで、特にジョニーのブルースギターは本物の黒人プレーヤーからも絶賛されるほどで、25歳の時に大手レコード会社のCBSと契約し、とにかくノリの良いエネルギッシュなギターワークで、大きな評価を得ることになる。

そして、弟のエドガーも兄のジョニーに負けず劣らずすごいアーティストだ。ジャズ、ブルース、R&B、ゴスペルなどの音楽に影響を受け、キーボードとサックスを自在に操る。ジョニーのアルバムにサポートミュージシャンとして参加することで認められ、70年にはソロアーティストとして『エントランス』でデビューするが、その音楽は兄のストレートさとは真逆で、芸術性の高さゆえに評論家受けは良かったものの、一般にはまったく理解されなかった。

ロック界の中で兄弟で活躍するアーティストはほんのひと握りであるが、ウィンター兄弟のレベルに匹敵するのは、他にデュアンとグレッグのオールマン兄弟ぐらいだと思う。ウィンター兄弟はどちらも歌がうまく、若かりしテキサスのインディーズ時代には黒人のヴォーカリストだと思われていたぐらい黒っぽいサウンドを売りにしていた。

■エドガー・ウィンター&ザ・ホワイト・トラッシュ

エドガーはソロデビュー作の音楽性が高尚すぎたことを反省し、兄ジョニー・ウィンターのストレートさを見習い、ノリの良いR&Bやゴスペルを演奏できるグループ、エドガー・ウィンターズ・ホワイト・トラッシュを結成する。このグループには優れたギタリストであるリック・デリンジャーを起用する。デリンジャーは兄ジョニーにも好かれ、ジョニー・ウィンター・アンドにも参加、巧みなギタープレイで、しばらく後にはソロアーティストやプロデューサーとしても大成功することになる。

ホワイト・トラッシュはホーンやゴスペル的なコーラスを取り入れるなど、ノリノリのロックンロールを聴かせるグループで、『エドガー・ウィンターズ・ホワイト・トラッシュ』(‘71)と2枚組ライヴ盤『ロードワーク』(’72)の2枚をリリース。個人的にはこのホワイト・トラッシュの2作品はロック史上に残る名盤だと思う。この2枚でエドガーは水を得た魚のようにやりたいことをやり、ツアーでは各地で熱狂的な支持を受けた。ライヴ盤ではリック・デリンジャーとゲストのジョニー・ウィンターがギターバトルを繰り広げているので、70sロックの醍醐味を知りたい人にはぜひ聴いてもらいたいアルバムだ。

さて、ホワイト・トラッシュが大きな評価を得たにもかかわらず、エドガーは同じところにとどまっている奴ではなく、デリンジャー以外はまったく違うメンツで、エドガー・ウィンター・グループという新グループを結成する。それが72年のことだ。

■本作『ゼイ・オンリー・カム・アウト・アット・ナイト』について

デビューソロでは知的なロックをホワイト・トラッシュでは汗臭いファンキーなロックを演奏し、多くの人が「エドガーって兄の七光りではないかも…」と思い始めていた頃にリリースされたのが、彼の新しい一面が詰まった本作『ゼイ・オンリー・カム・アウト・アット・ナイト』である。

当時、LPでの発売時はソロ作から通して4作目であるという理由から“エドガー・ウィンター・4”というタイトルでリリースされていたが、本作はエドガー・ウィンター・グループとしての初のアルバムだから、このタイトルの付け方は間違っている。まぁ、そんなことはどうでもいいが、アルバムの内容は文句なしに素晴らしい。ジャケット写真はグラムロッカーのような出で立ちのエドガーだが、内容は8割がたウエストコーストロックっぽいアメリカンロックである。

メンバーは5人。エドガーの他、リック・デリンジャー、後にボン・ジョヴィやヴァン・ヘイレンらに影響を与えることになるモントローズを率いたギタリストのロニー・モントローズ、ドラムのチャック・ラフ、ベーシストでソングライターのダン・ハートマンである。エドガーはダン・ハートマンのソフトなソングライティングを気に入っていたようで、本作では半分がハートマンとの共作となっている。ハートマンはのちにディスコヒットも出すことになるが、カントリーっぽいメロディーを書かせるととても上手いソングライターだと思う。

収録曲は全部で10曲、アルバムの最後に収められた「フランケンシュタイン」(全米1位獲得)はインストで、この曲だけが他の曲とは違うプログレのテイストで浮いてしまっている。制作者側もそれは分かっていたから最後に収録したのだと思うが、これはこれでエドガーの一面であることは確かだ。というか、こちらのほうがエドガーらしい音楽だと言えるかもしれない。なんにせよ、エドガーのシンセソロとロニー・モントローズのギターソロは絶品だ。当時はまだ存在すらしていない最初期のフュージョン音楽ではないだろうか。

■地道に活動するロックの職人

本作で世界的な知名度を得たエドガーであるが、人気に便乗してリスナーに媚びることもなく、現在に至るまで頑固なロック職人というスタンスで活動を続けている。僕はそんな彼をミュージシャンとして最高レベルでリスペクトしている。今ではエドガー・ウィンターを知る人のほうが少ないとは思うが、君がロック好きなら彼の作品を一度は聴いてみてほしい。きっと新しい発見があると思うよ♪

TEXT:河崎直人

アルバム『They Only Come Out at Night』

1972年作品



【関連リンク】
元記事
Edgar Winter Groupまとめ
ナイン・インチ・ネイルズが7月21日に新作『アッド・ヴァイオレンス』を緊急リリース
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
Edgar Winter Group
【ジャンル】
ROCK, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!

ナイン・インチ・ネイルズが7月21日に新作『アッド・ヴァイオレンス』を緊急リリース
Fri, 14 Jul 2017 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ナイン・インチ・ネイルズが新EP『アッド・ヴァイオレンス』を緊急リリースする事がわかった。本EPは昨年末にリリースされた『ノット・ザ・アクチュアル・イベント』に続くEP3部作の第2弾となる作品で、バンド・メンバーであるトレント・レズナーとアッティカス・ロスによって制作された至極の5曲で構成されている。

常に新たな試みに挑戦し絶対完璧を貫くカリスマ、トレント・レズナー率いるナイン・インチ・ネイルズ。09年のサマーソニックでの豪雨の中で見せた神憑り的なライブが話題となった後、ナイン・インチ・ネイルズとしての活動終了を宣言した。2013年、4年振りにナイン・インチ・ネイルズとしての活動を再開し、8枚目のアルバム『ヘジテイション・マークス』をリリース。全英アルバム・チャートでは初登場2位、USビルボード・チャートでは3位を獲得し完全復活を遂げた。

昨年末12月22日に突如EP『ノット・ザ・アクチュアル・イベント』をリリースした彼らだが、更に7ヶ月の沈黙の後となる新曲「Less Than」とEP『アッド・ヴァイオレンス』は果たしてどんな作品になっているのだろうか? その真相は、是非あなたの耳で確かめてほしい。

■「Less Than」MV


https://www.youtube.com/watch?v=gDV-dOvqKzQ&sns=emEP『アッド・ヴァイオレンス』

2017年7月21日(金)発売



<収録曲>
1. LESS THAN
2. THE LOVERS
3. THIS ISN\'T THE PLACE
4. NOT ANYMORE
5. THE BACKGROUND WORLD



【関連リンク】
元記事
Nine Inch Nailsまとめ
SPICY CHOCOLATEの主催イベントに
SHOCK EYEとDOZAN11が出演決定

OKMusic
洋楽一覧

【関連アーティスト】
Nine Inch Nails
【ジャンル】
ROCK, 洋楽, ニュース, バンド, CD, 発表, 新曲

SPICY CHOCOLATEの主催イベントにSHOCK EYEとDOZAN11が出演決定
Fri, 14 Jul 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SPICY CHOCOLATEが主催するイベント『渋谷レゲエ祭〜レゲエ歌謡祭2017〜』の第五弾出演アーティストとして、湘南乃風のメンバーでグループでの活動だけではなく、ソロでの活動も精力的に行なうSHOCK EYEと、ジャパニーズレゲエ界のレジェンドともいえるDOZAN11の2名が発表となった。今回の発表をもって総勢24名のアーティストが揃った。更なる豪華アーティストの発表も予定されているとのことなので、今後の発表をからも目が離せない。

また、発表に併せてチケット先行(先着制)の受付も開始。SPICY CHOCOLATE結成23周年のアニバーサリーということで、昨年以上の盛り上がりを見せている渋谷レゲエ祭。SPICY CHOCOLATEファンはもちろん、各出演者のファンもお見逃しなく。

■『渋谷レゲエ祭』オフィシャルHP
http://shibuyareggaesai.com/

『渋谷レゲエ祭〜レゲエ歌謡祭2017〜』

9月23日(土)  新木場STUDIO COAST
OPEN 14:30 / START 15:30
出演:
■SOUND
SPICY CHOCOLATE
INFINITY16
…AND MORE!
■ARTIST
SHOCK EYE
DOZAN11
RYO the SKYWALKER
MUNEHIRO
TAKAFIN
SIMON
BIG BEAR
RUEED
KYO虎
TAK-Z
寿君
RAY
NATURAL WEAPON
CHEHON
KEN-U
CHOP STICK
KENTY GROSS
BES
APOLLO
WATARU
山口リサ
Pukkey
FUKI
大城美友
…AND MORE!

<チケット>
スタンディング:¥6,500(税込)
2F席:¥7,500(税込) ※SOLD OUT!!
http://l-tike.com/shibuyareggaesai0923



【関連リンク】
元記事
SPICY CHOCOLATEまとめ
SHOCK EYEまとめ
湘南乃風まとめ
DOZAN11まとめ

【関連アーティスト】
SPICY CHOCOLATE, SHOCK EYE, 湘南乃風, DOZAN11
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, レゲエ, ライブ, 夏フェス

ZIGGY、ニューアルバムの全貌と話題の蕎麦打ち動画を公開!
Fri, 14 Jul 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

先日、待望のニューアルバム『2017』のリリースを発表したZIGGY。10年振りとなる、このアルバムの内容が明らかになった。全11曲収録(予定)のオリジナルアルバムに加え、今春に行なわれた全国ツアー『ZIGGY TOUR2017』初日の新横浜NEW SIDE BEACH!のライブから、ZIGGYの代表曲を厳選したライブ音源がセットされる2枚組スペシャルパッケージ。復活を果たしたZIGGY、デビュー30周年前半の活躍を網羅するフルボリュームな内容だ。

また、先日告知したYoutubeでの新たな企画動画『ZIGGY森重樹一の11の挑戦』もいよいよスタート。この動画は、デビュー30周年をきっかけに、新たな挑戦をして欲しいと願う、スタッフやファンのリクエストを元に、毎回森重樹一が単体で、さまざまな事を体験するという企画。他では絶対に見る事の出来ない、森重樹一の姿が満載の新規撮り下ろし映像を随時更新予定とのこと。第一弾はなんと蕎麦打ちに挑戦! 全4回を予定している究極のミスマッチを是非堪能してほしい。

■「レジェンドがそば打ち体験してみた Part(1)」 【ZIGGY森重樹一の11の挑戦】


https://youtu.be/PmM9LexdEME

【関連リンク】
元記事
ZIGGYまとめ
森重樹一まとめ
乃木坂46、18thシングルのタイトルは“逃げ水”に決定
OKMusic

【関連アーティスト】
ZIGGY, 森重樹一
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, アルバム

乃木坂46、18thシングルのタイトルは“逃げ水”に決定
Fri, 14 Jul 2017 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月9日(水)に発売する乃木坂46の18thシングルのタイトルが「逃げ水」に決定! さらに収録曲も発表された。

“逃げ水”とは錯覚とも思わせるアスファルトに浮かぶ蜃気楼のことであり、猛暑が予想される今年の夏にピッタリなタイトルに。カップリング曲も充実した内容となっており、18thシングル選抜メンバーが歌唱する「女は一人じゃ眠れない」「ひと夏の長さより・・・」「泣いたっていいじゃないか?」の3曲は、乃木坂46として初となるトリプルタイアップとなる。他にも、Type-Bに18thシングルアンダーメンバーが歌唱する楽曲「アンダー」、Type-Cに二期生メンバー楽曲「ライブ神」、さらにType-Dには三期生メンバー楽曲「未来の答え」が収録されるとのこと。

シングル「逃げ水」

2017年8月9日発売



【初回仕様限定盤 Type-A(DVD付)】
SRCL-9489〜9490/¥1,650(税込)
<収録曲>
M1:「逃げ水」
M2:「女は一人し?ゃ眠れない」(2017年8月25日公開『ワンダーウーマン』イメージソング)
M3:「ひと夏の長さより・・・」(『お台場みんなの夢大陸2017』テーマソング)
M4:「逃げ水」〜off vocal ver.〜
M5:「女は一人し?ゃ眠れない」〜off vocal ver.〜
M6:「ひと夏の長さより・・・」〜off vocal ver.〜
<DVD>
特典映像:「逃げ水」「女は一人じゃ眠れない」Music Video DVD
その他、特典映像収録(後日発表)

【初回仕様限定盤 Type-B(DVD付)】
SRCL-9491〜9492/¥1,650(税込)
M1:「逃げ水」
M2:「女は一人し?ゃ眠れない」(2017年8月25日公開『ワンダーウーマン』イメージソング)
M3:「アンダー」
M4:「逃げ水」〜off vocal ver.〜
M5:「女は一人し?ゃ眠れない」〜off vocal ver.〜
M6:「アンダー」〜off vocal ver.〜
<DVD>
特典映像:「逃げ水」「アンダー」Music Video DVD
その他、特典映像収録(後日発表)

【初回仕様限定盤 Type-C(DVD付)】
SRCL-9493〜9494/¥1,650(税込)
M1:「逃げ水」
M2:「女は一人し?ゃ眠れない」(2017年8月25日公開『ワンダーウーマン』イメージソング)
M3:「ライブ神」
M4:「逃げ水」〜off vocal ver.〜
M5:「女は一人し?ゃ眠れない」〜off vocal ver.〜
M6:「ライブ神」〜off vocal ver.〜
<DVD>
特典映像:「逃げ水」「ライブ神」Music Video DVD
その他、特典映像収録(後日発表)

【初回仕様限定盤 Type-D(DVD付)】
SRCL-9495〜9496/¥1,650(税込)
M1:「逃げ水」
M2:「女は一人し?ゃ眠れない」(2017年8月25日公開『ワンダーウーマン』イメージソング)
M3:「未来の答え」
M4:「逃げ水」〜off vocal ver.〜
M5:「女は一人し?ゃ眠れない」〜off vocal ver.〜
M6:「未来の答え」〜off vocal ver.〜
<DVD>
特典映像:「逃げ水」「未来の答え」Music Video DVD
その他、特典映像収録(後日発表)

※初回仕様限定盤 共通封入特典
・全国握手会参加券 or スペシャルプレゼント応募券1枚
・乃木坂46メンバー生写真1枚(全184種のうち1種ランダム封入)

【通常盤】
SRCL-9497/¥1,050(税込)
M1:「逃げ水」
M2:「女は一人し?ゃ眠れない」(2017年8月25日公開『ワンダーウーマン』イメージソング)
M3:「泣いたっていいじゃないか?」(日本テレビ『ライオンスペシャル 第37回 全国高等学校クイズ選手権』応援ソング)
M4:「逃げ水」〜off vocal ver.〜
M5:「女は一人し?ゃ眠れない」〜off vocal ver.〜
M6:「泣いたっていいじゃないか?」〜off vocal ver.〜



【関連リンク】
元記事
乃木坂46まとめ
氣志團、結成20周年記念ツアー開催を発表
&地方と盛り上げる謝恩セールを実施

OKMusic
女性アイドル一覧

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, シングル, 発表, リリース

氣志團、結成20周年記念ツアー開催を発表&地方と盛り上げる謝恩セールを実施
Fri, 14 Jul 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

氣志團が11月9日を皮切りに結成20周年記念ツアー 「リーゼント魂」を開催する事を発表した。

さらに氣志團は結成20周年を記念し、謝恩セールの開催も発表。全国各地で活躍している地方企業・中小企業と共にニッポンを盛り上げたいという思いから、地方企業のTVコマーシャルに限り、出演料を20周年記念特価で提供するという。各地の企業の方は是非ともこの機会を見逃さないでほしい。

■氣志團 結成20周年記念謝恩セール 受付ページ
http://www.kishidan.com/shaon/

氣志團結成20周年記念ツアー 「リーゼント魂」

11月09日(木) 千葉・市川市文化会館 大ホール
11月12日(日) 福岡・福岡市民会館
11月18日(土) 山梨・コラニー文化ホール
12月01日(金) 北海道・札幌市教育文化会館
12月03日(日) 東京・オリンパスホール八王子
12月16日(土) 静岡・富士市文化会館ロゼシアター 大ホール
12月17日(日) 京都・八幡市文化センター 大ホール
<2018年>
1月07日(日) 岡山・倉敷市芸文館
1月08日(月・祝) 香川・サンポートホール高松
1月13日(土) 栃木・那須塩原市黒磯文化会館 大ホール
1月14日(日) 茨城・龍ケ崎市文化会館 大ホール
1月20日(土) 岩手・遠野市民センター
1月21日(日) 宮城・仙台市民会館
1月26日(金) 大阪・オリックス劇場
1月28日(日) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール



【関連リンク】
元記事
氣志團まとめ
ISEKI、カバーアルバム第2弾にて
ジャンク フジヤマとコラボが決定

OKMusic
ライブ・フェス一覧

【関連アーティスト】
氣志團
【ジャンル】
ROCK, ライブ・フェス, ニュース, バンド, 発表, ツアー, チケット

ISEKI、カバーアルバム第2弾にてジャンク フジヤマとコラボが決定
Fri, 14 Jul 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ISEKIが8月30日にリリースする“J-POPの中のAOR風味の名曲"をカバーしたアルバム第二弾『AOR FLAVA ?sweet blue-』の全貌を発表した。

第二弾作品にはISEKIが尊敬してやまないアーティストの一人である山下達郎の「RIDE ON TIME」をはじめ、「君は天然色」(大滝詠一)、「ふたりの夏物語」(杉山清貴&オメガトライブ)、「カルアミルク」(岡村靖幸)、「モンロー・ウォーク」(南佳孝)、「中央フリーウェイ」(荒井由実)、「No End Summer」(角松敏生)と、今作もISEKIが大きく影響を受けた錚々たるアーティストの名曲に挑んでいる。

そして、今作のオリジナル・コラボ楽曲のお相手はジャンク フジヤマに決定。爽やかで心地よいメロディーの「バブル・サマー feat.ジャンク フジヤマ」は、この時期にピッタリだ。またCDジャケットも同時に公開された。シリーズ作品ということで前作を踏襲しながらも、その違いと大人の遊び心がふんだんに詰め込まれているAOR作品らしいジャケットに仕上がっている。更に、同時に公開された新たなアーティスト写真は、「夏=海=砂浜」での写真と予想するのだが、そうしたイメージを良い意味で裏切ってくれる、まさにAOR仕様の一枚だ。白を基調とした部屋に白いシャツとパンツ姿のISEKIからは、キマグレン時代と違った大人の魅力とセクシーさを感じさせる。

『AOR FLAVA -sweet blue-』リリース後には、いよいよ9月30日(土)東京公演を皮切りに全国TOURがスタートを切る。早くも東京公演はチケットSOLD OUTになってしまったので、他の会場も早めにチケット確保しておくことをお薦めする。そして、『AOR FLAVA -mellow green-』『AOR FLAVA -sweet blue-』の2作品を購入すると抽選で全国TOUR各会場でのリハーサル見学&写真撮影会に参加できる応募特典が付いているので、是非そちらもチェックしてみて欲しい。やはり、夏には夏が似合う男から目が離せない!

ミニアルバム『AOR FLAVA -sweet blue-』

2017年8月30日発売



TKCA-74543/¥1,852+税
<収録曲>
M1.RIDE ON TIME (山下 達郎)
M2.君は天然色(大滝 詠一)
M3.ふたりの夏物語(杉山 清貴 & オメガトライブ)
M4.カルアミルク(岡村 靖幸)
M5.モンロー・ウォーク(南 佳孝)
M6.中央フリーウェイ(荒井 由実)
M7.No End Summer(角松 敏生)
M8.バブル・サマー feat.ジャンク フジヤマ  ※オリジナル・コラボ曲

「ISEKI LIVE 2017〜COFFEE & SOUL vol.2〜」

9月30日(土) 東京:渋谷gee-ge
10月14日(土) 愛知:名古屋sunset BLUE
10月15日(日) 京都:京都SOLE CAF?
10月21日(土) 大阪:心斎橋ヒルズパン工場
10月22日(日) 広島:音楽喫茶 ヲルガン座
10月28日(土) 宮城:SENDAI KOFFEE
11月03日(金・祝) 福岡:LIV LABO
11月05日(日) 北海道:musica hall caf?



【関連リンク】
元記事
ISEKIまとめ
ジャンク フジヤマまとめ
キマグレンまとめ
井上実優、2nd EPリードトラック「Shake up」MV
&ニュービジュアル解禁


【関連アーティスト】
ISEKI, ジャンク フジヤマ, キマグレン
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 名曲

井上実優、2nd EPリードトラック「Shake up」MV&ニュービジュアル解禁
Fri, 14 Jul 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

井上実優が8月23日(水)にリリースする2nd EP「Shake up EP」のリードトラックのMVのショートバージョンを公開! 同MVはディレクターに若手女性監督“かとうみさと"を起用し、撮影は全編渋谷近辺で行われた。TwitterやInstagramで絶大な人気を誇る俳優の“小南光司"と、モデルやタレントとしても活躍するアイドルグループ・dropの“滝口ひかり"を主役に迎え、一目惚れした女の子の揺れる恋模様を描いたドラマを女性監督らしい繊細で鮮やかなタッチで、井上実優の歌唱シーンと融合。ポップでかわいらしい、夏にぴったりな応援ソングである「Shake up」の世界観が見事に描き出された。また、ダンスシーンではニコニコ動画で人気の明香里と夕香里姉妹によるダンスユニット“ATY"が登場。井上実優と3人で踊る、妹の明香里によるキュートな振り付けも必見だ。

また、同時にオフィシャルホームページもリニューアルされ、Music Videoと同じ爽やかな白の衣装に身を包んだ、クールな新アーティスト写真と、それぞれキュートな表情の初回限定盤と通常盤のジャケット写真も公開されたのでこちらもチェックしてほしい。

そして、「Shake up EP」の商品概要も発表された。CDにはリードトラックの他に、トランペットにSOIL&"PIMP"SESSIONSのタブゾンビ、トロンボーンに滝本尚史、テナーサックスに栗原健を迎えたファンキーなR&Bナンバー「Robin」、井上実優の真骨頂ともいえるミディアムバラード「Sweet Love」、そして牛尾憲輔氏によるデビューシングル「Boogie Back」のリミックスバージョンの計4曲が収録される。また、初回限定盤のDVDには「Shake up」MVのフルバージョンと、撮影のメイキング映像「Shake up EP - Behind the Scenes -」が収録される。

なお、リードトラック「Shake up EP」は、CDパッケージリリースに1週間先駆けて8月16日(水)より、iTunes Storeでプレオーダーがスタート! 「Shake up EP」を予約注文すると同曲が先行ダウンロード出来る。レコチョクやmoraなど主要ダウンロードサイトの他、dヒッツ、LINE MUSIC、Apple Music、AWAなど定額制聞き放題サービスでも配信スタートするので、こちらも楽しみにしてもらいたい。

■【井上実優 コメント】

「Shake up EP」は、デビューシングル『Boogie Back』とはまた違った井上実優を見てもらいたい、改めて自己アピールしたい一心で制作しました。
M-1はダンサーのATYさんと、M-2はタブゾンビさん+滝本尚史さん+栗原健さんのホーンセクションと、M-4は牛尾憲輔さんにリミックスをお願いし、豪華アーティストの力を借りながら、とても贅沢に表現しています。実はどの曲も共通して、私なりに“さらけ出す想い"を描いています。
Music Videoでは、かとうみさと監督と初タッグを組んで、明るく、爽やかな応援メッセージを、ダンスでも表現しました。
この夏、「Shake up EP」が、友達、家族、恋人を一緒に励ませるような作品になったら嬉しいです。

■「Shake up」MV(Short Ver. )


https://youtu.be/6cllFLZdM_sEP『Shake up EP』

2017年8月23日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1224/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
M-1 『Shake up』
M-2 『Robin』
M-3 『Sweet Love』
M-4 『Boogie Back(kensuke ushio REMIX ) 』
■DVD
『Shake up』Music Video
「Shake up EP - Behind the Scenes -」(メイキング映像)



【通常盤】(CD)
VICL-64837/¥1,200+税
<収録曲>
M-1 『Shake up』
M-2 『Robin』
M-3 『Sweet Love』
M-4 『Boogie Back(kensuke ushio REMIX ) 』




【関連リンク】
元記事
井上実優まとめ
瀬川あやか、新宿でフリーライブ&イベントに登場!
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
井上実優
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV, シングル

瀬川あやか、新宿でフリーライブ&イベントに登場!
Fri, 14 Jul 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

瀬川あやかが7月12日(水)、新宿のパティオ広場にて開催されていたフリーライブ&イベントに出演した。この日はノー残業デイということもあり、18時から行われたフリーライブでは、ファンのみならず仕事終わりの会社員をはじめ約250人が集結。夕暮れの爽やかな夏の風が吹き抜ける中、アコースティックギター1本での弾き語りで、メジャーデビュー曲「夢日和」や最新アルバム『SegaWandarful』に収録されている「妄想スニーカー」など、4曲を披露した。

19時45分からは場所をライブハウスに移し、新宿ReNYでのイベント『西新宿、恋ノ歌劇場』に出演。イントロが流れるとともに幕が上がり「ベストフレンド」「妄想スニーカー」を立て続けに披露。フリーライブとは異なり、キーボードのサポートが加わったことで、さらに勢いを増したパフォーマンスで会場を盛り上げ、2ndシングル「恋の知らせ」へ。その後ギターを置き、「サンサーラ」「未熟なうた」としっとりとしたバラードを歌い上げると、会場の空気も一変し、一気にファンの心を引きつける。再びギターを持ち直すと、8月18日(金)に発売となる3rdシングル「どんなに.../Have a good day!」から新曲「Have a good day!」をライブ初披露。この曲は北海道でオンエア中の瀬川あやか自身も出演しているルスツリゾートTVCMソングとしてすでに話題の曲でもあり、フルサイズでは初めての披露ということで熱気は最高潮に。そして、最後にメジャーデビュー曲「夢日和」を披露し、ステージを後にした。

7月13日(木)の夜にはTBS系テレビ恋愛バラエティ「恋んトス Season6」がスタートし、そのエンディングテーマとして「どんなに...」が初オンエアされる。7月15日(土)には自身初となる夏フェス出演となるJOIN ALIVEでのパフォーマンスも決まっており、これから夏にかけて瀬川あやかの活動に注目が集まる。

シングル「どんなに.../Have a good day!」

2017年8月18日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-04555/¥1,500(税込)
<収録曲>
■CD
01.どんなに...
02.Have a good day!
03.どんなに...(Inst.)
04.Have a good day!(Inst.)
■DVD
01.どんなに...(MV)
02.Making of「どんなに...」
03.Digest of “SegaWanderful” LIVE TOUR 2017 札幌公演

【通常盤】
PCCA-70515/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.どんなに...
02.Have a good day!
03.どんなに...(Inst.)
04.Have a good day!(Inst.)

【北海道限定盤】(CD+MAP)
BRCA-70031/¥1,000(税込)
※封入特典:瀬川あやか手書きルスツリゾート撮影スポットMAP
<収録曲>
01.Have a good day!
02.どんなに...
03.Have a good day!(Inst.)
04.どんなに...(Inst.)



【関連リンク】
元記事
瀬川あやかまとめ
ゆず、山崎賢人主演の映画『斉木楠雄のΨ難』 主題歌を担当
OKMusic
ライブ・フェス一覧

【関連アーティスト】
瀬川あやか
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース

ゆず、山崎賢人主演の映画『斉木楠雄のΨ難』 主題歌を担当
Fri, 14 Jul 2017 05:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゆずの新曲「恋、弾けました。」(発売未定)が、 俳優・山崎賢人主演の映画『斉木楠雄のΨ 難(サイなん)』(10月21日公開)の主題歌に決定! 同曲が起用された映画の新予告編が初公開された。

ゆずが実写映画の主題歌を務めるのは。2014 年公開の『銀の匙 Silver Spoon』以来、約3年半ぶり。2017年にリリースされた楽曲としては、フジテレビ系『めちゃ×2 イケてるッ!』2017 年テーマソング「タッタ」、日本テレビ系『NEWS ZERO』テーマソング「カナリア」、伊藤園『お〜いお茶』CM ソング「愛こそ」に続き、「恋、弾けました。」が4作目のタイアップソングとなる。

そんな「恋、弾けました。」はデジタルサウンドにゆずならではのハーモニーが融合したポップナンバーに仕上がっている。同曲が使用されている新予告編では、壁ドンするだけで校舎を崩壊させるほどのとんでもない超能力に恵まれた斉木楠雄(山崎賢人)が、たかが文化祭なのに地球滅亡の危機に見舞われるだけでなく、存在感抜群の普通じゃない仲間たちからの恋と友情の嵐に巻き込まれる、Ψ難だらけの様子が描かれる。

■『斉木楠雄のΨ 難(サイなん)』公式サイト
http://saikikusuo-movie.jp/

■【コメント】

■ゆず 
20周年イヤー真っ只中、新曲も連続リリースしている僕たちですが、またしても新曲ができました! 今回の曲は、聴いていて脳内が弾けてアドレナリンが出まくる、アップテンポでサイキックで胸キュンなナンバーです。原作も読ませていただき、作中から様々なヒントを得て、楽曲に反映させました。映画とともに、ぜひ「恋、弾けました。」も楽しんでください。それにしても、実写のクオリティが高い!

■福田雄一監督
正直、僕、音楽、詳しくないです!ハッキリ言って、全くナイスなコメントとか出来ません! ただ! この曲、大好きですっっ! 俺っっ! この曲が映画の中で流れると思っただけでワクワクします! すみません! 小学生みたいな感想で! ただ、大好きなんです! この曲! これですべてを理解して頂きたいです!
?
■麻生周一(原作者)
実写斉木の主題歌をゆずがやってくれると聞いた時は「大の大人がこんなはしゃぐ?」ってくらい喜びました!! 昔っから大好きですよ!ちょうど一昨日ベストアルバム買ったよ!
中学生の頃ゆずが主題歌やってるからという理由で映画を観に行った事があるんですが、その頃の自分に教えてあげたい! ともあれ 20 年間第一線で活躍するゆずが味方についてくれるなんてこれ程心強い事はありません! 劇場公開が本当に楽しみです!!!!

■映画『斉木楠雄のΨ 難(サイなん)』新予告編


https://www.youtube.com/watch?v=5B7QxQPjGTY

【関連リンク】
元記事
ゆずまとめ
SpecialThanksがツアーファイナルを生配信!
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 主題歌, 映画

SpecialThanksがツアーファイナルを生配信!
Fri, 14 Jul 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現在、3rdアルバム『Anthem』を提げてのツアー『SpecialThanks「Anthem」release tour』を展開中のSpecialThanks。7月14日(金)に開催する同ツアーのファイナルとなる新宿LOFT公演の模様をYouTubeにて生配信することが決定した。

漫画「ちはやふる」×ロッテ「トッポ」のコラボレーション企画『トッポで応援!最後まで全力キャンペーン』書き下ろしの新曲「伝えなきゃ」が初披露されるとのことなので、お見逃しなく!

■『トッポで応援!最後まで全力キャンペーン』特設サイト
https://www.lotte.co.jp/entertainment/campaign/toppo-chihayafuru/

■7月14日(金) 19:00〜


https://goo.gl/XUsiVQ『SpecialThanks「Anthem」release tour』 FINAL

7月14日(金) 新宿LOFT
※ワンマンライブ
OPEN 18:30 / START 19:00



【関連リンク】
元記事
SpecialThanksまとめ
OKMusic
ROCK一覧
ニュース一覧

【関連アーティスト】
SpecialThanks
【ジャンル】
ROCK, ニュース













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1