歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年07月13日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
武瑠(SuG)のブランド“million dollar orchestrA"が新曲「AGAKU」モチーフのコレクション発表
Thu, 13 Jul 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SuGのボーカル・武瑠が手がけるブランド“million dollar orchestra”が、7月5日(水)にリリースされたSuGの新曲「AGAKU」をテーマにした2017秋冬コレクションを発表! 「AGAKU」をテーマにした今回のコレクションでは、足掻きながらも希望を模索する様子を爪痕のイラストに落とし込むことでポップアイコンに昇華させた。さらに、オリジナルの棺桶スタッズを使ったファーライダースコートや、エナメルレザーのローファーレイヤードブーツなど、独創的なアイテムを展開。過激なメッセージ性に対して着心地のよい素材選びを徹底し、ミリタリーベースに様々なテイストをプラスしている。

また、ブランド初の一般公開によるサンプルプレビューツアーの開催も決定した。7月20日(木)から原宿を皮切りに、池袋・横浜・大阪と全国4か所で行われる。オンラインによるプレオーダーも7月20日(木)より開始となる。

■PRE ORDER AT ONLINE STORE
受注期間:2017年7月20日 18:00 〜 8月1日 24:00
http://shop.million-d-orchestra.com/?mode=cate&cbid=1585071&csid=0

「SAMPLE PREVIEW TOUR (一般公開) 」

7月20日〜7月23日 GYFT by H>FRACTA原宿
[OPEN/CLOSE] 11:00/21:00
[TICKET] 0円

7月25日 GYFTbyHFRACTAL P\'PARCO池袋
[OPEN/CLOSE] 11:00/21:00
[TICKET] 0円

7月27日 PLANNET by H>FRACTAL VIVRE横浜
[OPEN/CLOSE] 11:00/21:00
[TICKET] 0円

7月29日〜8月1日 H>FRACTAL 大阪HEP FIVE
[OPEN/CLOSE]11:00/21:00
[TICKET] 0円

【ブランド情報】


[million dollar orchestrA] デザイナー:武瑠
2011年設立。原宿カルチャーの象徴でもある“ゴシック” と “ストリート”をミックスさせた“ストリートゴシック”スタイルの提案を行う。2016年にはLAでの展示会、シンガポールでのショーを成功させる。また、Marilyn MansonのLIVE衣装としてレザーブーツを提供するなど、国内に留まらないクリエイションを展開。

シングル「AGAKU」

2017年7月5日(水) 発売



【LIMITED EDITION】(CD+DVD)
PCCA-04547/¥1,574+税
【STANDARD EDITION】(CD only)
PCCA-04548/¥1,111+税
【SuG ショップ限定盤(予約限定販売)】(CD+GOODS)
SCCA-00052/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
SE.mark
1.AGAKU
2.赤春
3.CUT
■DVD※LIMITED EDITIONのみ
・「AGAKU」Music Video
・「AGAKU」Music Video Making



【関連リンク】
元記事
SuGまとめ
HAN-KUN、ジャッキーも出演!?
香港で撮影敢行の最新MVを公開

OKMusic
ヴィジュアル一覧

【関連アーティスト】
SuG
【ジャンル】
ROCK, ヴィジュアル, ニュース

HAN-KUN、ジャッキーも出演!? 香港で撮影敢行の最新MVを公開
Thu, 13 Jul 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

通算6枚目、シリーズ5作目となるニューアルバム『VOICE MAGICIAN V 〜DEEP IMPACT〜』の発売を発表したばかりの湘南乃風のHAN-KUN が、リリースに先駆けアルバム収録曲「無問題」(読み:モウマンタイ)のミュージックビデオを公開した。

広東語のタイトルとエスニックなサウンドに合わせ、ミュージックビデオは香港で撮影を敢行した「超本格カンフー映画(風)」映像となっている。HAN-KUN本人に加え、俳優/芸人のジャッキーちゃん、モデル/タレントの梨衣名、総合格闘家の北岡悟選手等が出演。迫真の演技が織りなす、コミカル且つアクロバティックな「超本格カンフー映画(風)」MVは絶対必見。

さらに、ミュージックビデオの公開に加え、アルバム発売を記念したリリース・イベントも開催決定! 名古屋、湘南、大阪の3 箇所で「Nesta Brand」とコラボしたスペシャルライブを実施(詳細は、オフィシャルHPにて)。9月からはアルバムと同じく『DEEP IMPACT』の名を冠した全国ツアーの開催が既に決定しており、現在チケットも発売中。ニューアルバムと合わせて「心に深く突き刺さる衝撃」を体感して頂きたい。

■iTunesプレオーダー /「無問題」先行配信中
https://itunes.apple.com/jp/album/id1256388563?app=itunes&ls=1

■「無問題 」MV


https://youtu.be/a66kpODps-cアルバム『VOICE MAGICIAN V 〜DEEP IMPACT〜』

2017年8月2日(水)発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
TFCC-86594/¥4,167+税
【通常盤】 (CD)
TFCC-86595/¥2,778+税
<収録曲>
01. V
02. DEEP IMPACT
03. TEPPEN!!
04. NEXT TO YOU
05. MELODY OF LOVE
06. RUN THE WORLD
07. WANNA BE FREE
08. ETERNAL FIRE
09. RESPECT
10. 無問題
11. PULL UP
12. 希望の空
■DVD ※初回生産限定盤特典
LIVE DVD「MAGIC MOMENT SHOW CASE@Billboard Live 2017」



『Nesta Brand × HAN-KUN SUMMER JAM 2017 -DEEP IMPACT Release Tour-』

アルバム発売を記念したフリーライブイベントを開催!

7月22日(土) 名古屋
8月05日(土) 湘南
8月06日(日) 大阪

※詳細はオフィシャルHPにて



【関連リンク】
元記事
HAN-KUN まとめ
Rihwa、新曲「ミチシルベ」が
映画「ユリゴコロ」主題歌に!

OKMusic
ニュース一覧

【関連アーティスト】
HAN-KUN
【ジャンル】
ニュース, ミュージックビデオ, アルバム, 発表, リリース

Rihwa、新曲「ミチシルベ」が映画「ユリゴコロ」主題歌に!
Thu, 13 Jul 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

声帯ポリープ摘出手術後、静養期間を経て遂に復活となったRihwa の新曲「ミチシルベ」が9月23日(土)に公開の映画「ユリゴコロ」の主題歌に決定した。

新曲「ミチシルベ」は、映画の為に書き下ろした切ないストーリーを紡ぐ歌詞が印象的な楽曲。壮大なスケールのストリングスに、悲しくもどこか温かいグランドピアノの旋律、多面的な表情を見せるハイトーンで伸びやかなRihwaの歌声は聴く人の心を揺さぶる。第2章を歩き出したRihwaが魅せる新たな一面に期待が高まる。

■【熊澤尚人監督コメント】

Sarah McLachlanの楽曲のような、ソウルフルな女性ヴォーカルが主題歌のイメージとしてありました。Rihwaさんから発せられる力強い声質が、そのイメージと私の中で重なったのが、ぜひお願いしたいと思った決めてです。「吉高さん演じる美紗子の目線と松坂さん演じる亮介の目線、どちらの気持ちも代弁している楽曲を書き下ろして欲しい。」それが私からしたお願いでしたが、非常に映画とシンクロした、期待以上の楽曲を作り上げて頂き本当に嬉しく思っています。

5周年記念 東・札ワンマンライブ「Hi! Five! Live! 〜Reborn to be Wild〜」

7月11日(火) 札幌・cube garden open  ※公演終了
7月15日(土) 東京・duo MUSIC EXCHANGE

アルバム『Rihwa The Singles』

2017年7月12日(水) 発売



【初回盤】(CD+DVD)
TFCC-86592/¥3,685+税
【通常盤】(CD)
TFCC-86593/¥2,500+税




【関連リンク】
元記事
Rihwaまとめ
林明日香、「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」大人限定試写会で生歌サプライズ
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
Rihwa
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, アルバム, 主題歌, 映画

林明日香、「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」大人限定試写会で生歌サプライズ
Thu, 13 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

林 明日香が7月12日、東京イイノホールで行われた「大人限定試写会」にて上映後にサプライズ登壇し、2003年公開の同シリーズ6作目「劇場版ポケットモンスター AG 七夜の願い星 ジラーチ」の主題歌「小さきもの」を歌唱した。

林 明日香は前出の2003年公開の同シリーズ6作目「劇場版ポケットモンスター AG 七夜の願い星 ジラーチ」の主題歌「小さきもの」を若干14歳で歌い、圧巻の歌唱力とダイナミックな表現力で話題となったフィメールシンガー。これには会場に集まった「大人」たちも自分が「子供」だったころを思い出し、大興奮。中には涙する方も。その当時14歳だった林 明日香も今は28歳。ポケモンと共に「大人」になり、今年再び主題歌を務めることとなった。ちなみにポケモン映画で2度主題歌を務めるのは林 明日香が初めて。

林 明日香が歌唱する7月15日公開の「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」のエンディング主題歌「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」は連日話題になっており、映画完成披露試写会でエンディング主題歌と歌手が発表されると、およそ一時間たらずで「オラシオン」というワードがTwitterトレンド、Yahooトレンド1位を獲得するほどの大反響。又、「オラシオン」を先行ダウンロードスタートした日が七夜にかけた七夕だったこともバズを大きく拡げるネタとなった。更に歌ネットで公開された、Aqua Timezの太志(ルビ:ふとし)が書き下ろした歌詞も、デイリーランキング・注目度ランキングで1位を獲得。と配信前にも関わらずの三冠獲得!更にYouTubeで公開された試聴動画も、7月2日から12日までで60万回再生を突破するなど、各方面からの反響が止まらない。

そんな彼女の10年ぶりとなる新曲「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」は、同シリーズ10作目となった映画「劇場版ポケットモンスター DP ディアルガVSパルキアVSダークライ」(2007年公開)の劇中で重要な役割を持った、宮崎慎二作曲のインストゥルメンタルの楽曲、「オラシオンのテーマ」をもとに制作された。

新たな要素として書き下ろされた歌詞はAqua Timezのボーカル、太志(ふとし)の手によるもの。追加されたメロディの作曲と編曲は本間昭光が手掛けている。「オラシオンのテーマ」の壮大なイメージと感動をそのままに、今作「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」で描かれるサトシとピカチュウが本当のパートナーになるまでのストーリー、仲間との絆や冒険というテーマのもと、その歴史の中から様々な要素が集結し、再構築して生まれ変わったものが、この「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」である。

今回は、そんな経緯を持つ「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」の歴史をたっぷり味わえるよう、宮崎慎二「オラシオン」と林 明日香「小さきもの」を合わせてパック配信することが決定している。「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」の公開日の7月15日(土)に、各音楽配信サイトで配信スタート。iTunesではプリオーダーもスタートしている。プリオーダーをすると、原曲となった「オラシオン」をフルで先行ダウンロードできる上、プリオーダー画面を特設ページより送ると抽選で30名に林 明日香のサイン入りチェキが当たる施策も行われる。

■林 明日香 公式サイト
http://www.asuca.jp/
■「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」公式サイト
http://www.pokemon-movie.jp/

「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」他 パック配信

2017年7月15日(土)発売



01.オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜 / 林 明日香
02.小さきもの (Single Mix) / 林 明日香
03.オラシオン / 宮崎慎二
04.オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜(Off Vocal Ver.) / 林 明日香

価格:1曲各¥250 4曲まとめて¥800

■配信サイトへ
https://erj.lnk.to/cdukJWN



【関連リンク】
元記事
林明日香まとめ
MY FIRST STORY、新曲「REVIVER」MVを
フルバージョンで公開

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
林明日香
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アニメ, 主題歌, 映画

MY FIRST STORY、新曲「REVIVER」MVをフルバージョンで公開
Thu, 13 Jul 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日本テレビ系「ZIP!」内で初公開され大反響を呼んだ MY FIRST STORY の新曲「REVIVER」のMusic Video がフルバージョンで公開! 壮大なスケール感の映像に楽曲がさらに引き立つ仕上がりになっている。「REVIVER」はMY FIRST STORYが7月19日に発売するミニアルバム『ALL LEAD TRACKS』に収録される。

MY FIRST STORYは今作を引っさげて全国ツアー「MY FIRST STORY \'\'MMA\'\' TOUR 2017」を開催し、ファイナルは12月23日に幕張メッセ国際展示場 展示場9〜11にてワンマンライブを行う。

■「REVIVER」MV


https://youtu.be/BWmO6SCYhRcミニアルバム『ALL LEAD TRACKS』

2017年7月19日発売



【初回盤】
INRC-0021/¥1,800(税別)
【通常盤】
INRC-0022/¥1,600(税別)
【Amazon限定 オルタンシア・サーガ-蒼の騎士団- 盤(数量限定)】
INRC-0024/¥2,000(税別)
<収録曲>
M1.LET IT DIE
※PlayStation(R)4専用サバイバルアクションゲーム「LET IT DIE」の公式参加ソング
M2. REVIVER
※スマートフォンゲーム「オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-」第三部主題歌
※日本テレビ系「スッキリ!!」6月テーマソング
M3.この世界で一番の幸せ者にはする事など出来ないかもしれないけど...
※日本テレビ系「バズリズム」7月エンディングテーマ
M4.The Storyteller
※映画「MY FIRST STORY DOCUMENTARY FILM ー全心ー」 主題歌
M5.「花」-0714- feat.UK (from MOROHA)
M6.Smash Out!! 武道館LIVE Ver.
※映画「新宿スワンII」挿入歌

◎全形態初回プレス分先行抽選シリアルナンバー封入受付
7月18日(火)10:00〜8月13日(日)23:59

【ライヴ情報】

「MY FIRST STORY \'\'MMA\'\' TOUR 2017」
9月08日(金) 東京 Zepp Tokyo w/ VAMPS
9月09日(土) 東京 Zepp Tokyo w/ SALU
9月16日(土) 大阪 Zepp Osaka Bayside w/ あいみょん
9月17日(日) 大阪 Zepp Osaka Bayside w/BREAKERZ
9月23日(土祝) 名古屋 Zepp Nagoya w/ MOROHA
9月24日(日) 名古屋 Zepp Nagoya w/ OLDCODEX
9月30日(土) 北海道 Zepp Sapporo w/ androp
10月07日(土) 香川 高松festhalle w/ BiSH
10月09日(月祝) 広島 BLUELIVE HIROSHIMA w/ さユり
10月11日(水) 静岡 浜松窓枠 w/ サンボマスター
10月13日(金) 新潟 LOTS w/ I Don\'t Like Mondays.
10月15日(日) 石川 金沢 EIGHT HALL w/ ちゃんみな
10月21日(土) 宮城 仙台 PIT w/ Nothing\'s Carved In Stone
10月22日(日) 宮城 仙台 PIT w/ PassCode
10月28日(土) 福岡 DRUM LOGOS w/ The BONEZ
10月29日(日) 福岡 DRUM LOGOS w/ROTTENGRAFFTY
11月04日(土) 沖縄 ミュージックタウン音市場 w/ miwa

「MY FIRST STORY “MMA"TOUR 2017 FINAL ONE MAN SHOW “THE PREMIUM SYMPHONY"」
12月23日(土祝)
幕張メッセ国際展示場 展示場9〜11



【関連リンク】
元記事
MY FIRST STORYまとめ
SPYAIR、新曲「MIDNIGHT」が
土ドラ 『ウツボカズラの夢』 主題歌に決定

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
MY FIRST STORY
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, 発表

SPYAIR、新曲「MIDNIGHT」が土ドラ 『ウツボカズラの夢』 主題歌に決定
Thu, 13 Jul 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SPYAIRの新曲「MIDNIGHT」が、8月5日(土)より放送開始となる東海テレビ・フジテレビ系全国ネット オトナの土ドラ 『ウツボカズラの夢』 主題歌に決定した。

このドラマは直木賞作家・乃南アサが原作。“持てる者"を養分に成長していく“ウツボカズラ女"=“自分からは動かず、獲物の欲望を利用して目的を達成する食虫植物のような女"を描いたストーリーで、主演の志田未来を筆頭に豪華キャストが勢揃い! オトナに向けた、本格派ドラマをコンセプトに “人間ドラマ"を存分に描くドラマ枠として定評のある“オトナの土ドラ"のこの夏の注目作だ。

その主題歌となる「MIDNIGHT」はこのドラマのために書き下ろしたもので、JAZZテイストを取り入れ、SPYAIRとしては新機軸とも言うべくロックサウンドに仕上がっている。この作品はシングルとして8月30日(水)にリリースとなる。

■【コメント】

■志田未来 (主演・斉藤未芙由 役)
SPYAIRさんのもともと持っていらっしゃるパワーや勢いが、未芙由の一人でも生きていくという力強さと、楽曲の雰囲気が、まだ十代の周りに味方がいない不安定な未芙由の心情とリンクして、さらにドラマを盛り上げて下さる楽曲だと思いました。
誰もが抱えてる弱い部分だったりずるい部分が歌詞に書かれていて、初めてこの曲を聴かせていただいたときに、見透かされているような不思議な気持ちになりました。
SPYAIRさんの「MIDNIGHT」と共に『ウツボカズラの夢』を楽しんで頂けると嬉しいです。

■東海テレビ放送 プロデューサー 松本圭右
ドラマのテーマは「格差」です。持たざる者がいかに夢(願望)を叶えていくのか。そのテーマを根底に這わせたうえで、女性の幸せとは何か、を問いかける物語にしたい。
そんな思いをSPYAIRのメンバーの皆さんにお伝えして作って頂いたのが「MIDNIGHT」なのですが、正直、最初にデモを耳にした時に、胸の奥から湧き上がるような衝動を感じました。
人は誰しも、本音の願望や欲望に自分でも気付かず、何かモヤモヤしたものを抱えている状態になることってあるんじゃないかと思うんです。
そんなモヤモヤをむき出しに、かつ溢れるように表に出してくれる曲が出来た。これだ!これが欲しかったんだ!と思いました。
この曲ならば、主人公の未芙由を後押ししてくれ、その上で、出て来る登場人物たち全員を肯定してくれる。そんな曲になっています!
愛知に本社を置く会社の人間として、愛知出身のSPYAIRさんとは何はナクトモ一度ご一緒せねば!
その思いを抱えつつ、ずっとドラマ作りをしてきましたが、今回ようやくその夢が叶いました。そして、その夢はドラマに大きな力を与えてくれています!
主題歌「MIDNIGHT」とともに、ドラマ『ウツボカズラの夢』も楽しんで頂きながら、今年の熱帯夜をさらに熱く楽しんで頂ければ幸いです。

■SPYAIR
今回の曲はこのドラマのために書き下ろしさせていただきました。
作品のテーマが「格差」ということで、田舎から都会に出てきた主人公の未芙由が、それをどう乗り越えていくのかがこのドラマの見所にもなっていると思います。
それを引き立てるようなカッコよくて面白い作品を作るには、普段の僕らとは違ったテイストが必要だと感じ、これまでのSPYAIRサウンドにはない楽曲作りにチャレンジしました。
歌詞には道徳観=正義、誠実。ではなく、自分の人生は自分のやり方が一番ピュアで、綺麗なものなのだと信じていけるような、開き直りにも似た前向きな言葉を選びました。
『ウツボカズラの夢』の世界を彩る、最高の楽曲を作れたと思っています。
僕らも、ドラマを楽しみにしているので、真夏の熱帯夜は、みんなで同じ夢を見ながら楽しみましょう。

【ドラマ詳細】


東海テレビ・フジテレビ系全国ネット
「ウツボカズラの夢」
放送開始日:2017年8月5日 毎週土曜日 23 時 40 分〜24 時 35 分 (9月30日まで全8話)
公式サイト:http://tokai-tv.com/utsubokazura/



【関連リンク】
元記事
SPYAIRまとめ
デヴィッド・ボウイ、怒涛の集大成BOX第3弾発売!
日本盤は10月リリース予定!

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
SPYAIR
【ジャンル】
ROCK, ニュース, 発表, TVドラマ, 主題歌

デヴィッド・ボウイ、怒涛の集大成BOX第3弾発売!日本盤は10月リリース予定!
Thu, 13 Jul 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デヴィッド・ボウイのキャリアを1969年から辿る集大成BOX第3弾となる、デヴィッド・ボウイ『ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュー・タウン [1977-1982]』がリリースされることが明らかになった。『ファイヴ・イヤーズ [1969-1973]』『フー・キャン・アイ・ビー・ナウ [1974-1976]』に続く作品となり、海外では9月29日(日本盤CDは10月リリース予定)にリリースされる。

CDは11枚組、アナログは13枚組、配信ダウンロードも用意され、1977年〜1982年に公式リリースされたボウイ作品、いわゆる“ベルリン3部作"といわれる、ボウイがプロデューサー、トニー・ヴィスコンティとブライアン・イーノとコラボレーションしていた時代の作品群を中心に、今回初めてCD化となるEP『バール』やその直後にリリースされたアルバム『スケアリー・モンスターズ』も網羅される。このBOXセットには‘ベルリン3部作\'といわれるアルバム『ロウ』『ヒーローズ』と、ライヴ・アルバム『ステージ』(オリジナルと2017年ヴァージョン)が収蔵され、うち『ステージ』は英国で限定リリースされたオリジナルの復刻版で、かつてイエローのカラー・ヴァイナル2枚組でリリースされていた。2017年ヴァージョンには、未発表ライヴ・トラックが2曲追加される。

‘ベルリン3部作\'のもう1作『ロジャー』とその新たなリミックス・アルバムとなる『ロジャー (トニー・ヴィスコンティ2017ミックス)』は、1979年にリリースされたアルバム『ロジャー』を、長年にわたるボウイのプロデューサーであり、コラボレイターでもあったトニー・ヴィスコンティが新たにリミックスを施したアルバムで、昨年ボウイが亡くなる前に彼の賛同を得て、ヒューマン・スタジオでオリジナル・マルチ・トラックと再び向き合い、最新テクノロジーを駆使して、オリジナル・アルバムとの絶妙なニュアンスを生みだし、よりハイライトできるリミックスを行ったものである。デヴィッドが個人的にもお気に入りだったこのアルバムは、新たにアートワークも‘リミックス\'されており、フォトグラファー、(ブライアン・)ダフィーの遺したアーカイヴから、オリジナル・ジャケットの未公開フォト・セッションの写真を使って、ダフィーの息子クリスが手掛けたものとなった。

そしてオリジナル・アルバム『スケアリー・モンスターズ』と、前2作のBOXにも収蔵されていたコンピレーションと同タイプの『リ・コール3』(最新シングル・ヴァージョン、アルバム未収録シングル曲やシングルBサイド曲、サントラ収録曲などを収録)も収蔵。『リ・コール3』には、初のCD化となる、ベルトルト・ブレヒトの戯曲をドラマ化し、BBCで放送されたボウイ主演ドラマのサウンドトラックであるEP『バール』や「美女と野獣(エクステンデッド・ヴァージョン)」と「壊れた鏡(オーストラリアン・シングル・ヴァージョン)」などが収録される。ジャケット・カヴァーには、1977年『ヒーローズ』のセッションで、ベルリンのハンザ・スタジオでクリスチャン・シモンピートリによって撮影された写真が使われている。

CDとアナログのBOXにはブックレットが付属しており、CDは128ページ、アナログは84ページにわたり、これまでにあまり見る機会のなかった、もしくは未発表となっていたアントン・コービン、ヘルムート・ニュートン、アンドリュー・ケント、スティーヴ・シャピロ、(ブライアン・)ダフィーといった写真家たちのボウイ写真が掲載される。さらにオリジナル・リリース時のプレス・レビューやプロデューサー、トニー・ヴィスコンティによるアルバム制作ノートなども掲載される。

『ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュー・タウン [1977-1982]』

2017年9月29日(日本盤CDは10月リリース予定)



■CD Box Set:
128 Page hardback book
Low (remastered) (1CD)
"Heroes" (remastered) (1CD)
“Heroes" E.P. (remastered) (CD EP)*
Stage (remastered) (2CD)*
Stage (2017) (remastered) (2CD)
Lodger (remastered) (1CD)
Lodger (Tony Visconti 2017 Mix) (1CD)*
Scary Monsters (And Super Creeps) (remastered) (1CD)
Re:Call 3 (non-album singles, single versions and b-sides) (remastered) (1CD)*
* Exclusive to ‘A New Career In A New Town (1977-1982)\'

■LP Box Set:
84 Page hardback book
Low (remastered) (1LP)
"Heroes" (remastered) (1LP)
“Heroes" E.P. (remastered) (12" Single)*
Stage (remastered) (2LP Yellow Vinyl) *
Stage (2017) (remastered) (3LP)
Lodger (remastered) (1LP)
Lodger (Tony Visconti 2017 Mix) (1LP)*
Scary Monsters (And Super Creeps) (remastered) (1LP)
Re:Call 3 (non-album singles, single versions and b-sides) (remastered) (2LP)*
* Exclusive to ‘A New Career In A New Town (1977-1982)\'

■Digital download 192kHz/24bit box set:
Low (remaster)
“Heroes" (remaster)
“Heroes" E.P.*
Stage (original) (remaster) *
Stage (2017) (remaster)
Lodger (remaster)
Scary Monsters (And Super Creeps) (remaster)
NB Lodger (Tony Visconti 2017 mix) is not included in this digital box set.

■Digital download 96kHz/24bit box set:
Low (remaster)
“Heroes" (remaster)
“Heroes" E.P.*
Stage (original) (remaster) *
Stage (2017) (remaster)
Lodger (remaster)
Lodger (Tony Visconti 2017 mix) *
Scary Monsters (And Super Creeps) (remaster)

■Digital download standard/MFiT box set:
Low (remaster)
“Heroes" (remaster)
“Heroes" E.P.*
Stage (original) (remaster) *
Stage (2017) (remaster)
Lodger (remaster)
Lodger (Tony Visconti 2017 mix) *
Scary Monsters (And Super Creeps) (remaster)
Re:Call 3 (Single versions and non album B-sides) (non MFiT) *
* Set exclusive

<収録曲>
■LOW
Released on RCA PL 12030 (U.K.) / CPL1-2030 (U.S.) on 14thJanuary, 1977.
- Side 1 -
1. Speed Of Life
2. Breaking Glass
3. What In The World
4. Sound And Vision
5. Always Crashing In The Same Car
6. Be My Wife
7. A New Career In A New Town
- Side 2 -
1. Warszawa
2. Art Decade
3. Weeping Wall
4. Subterraneans

■"HEROES"
Released on RCA PL 12522 (U.K.) / AFL1-2522 (U.S.) on 14th October, 1977.
- Side 1 -
1. Beauty And The Beast
2. Joe The Lion
3. "Heroes"
4. Sons Of The Silent Age
5. Blackout
- Side 2 -
1. V-2 Schneider
2. Sense Of Doubt
3. Moss Garden
4. Neuk?ln
5. The Secret Life Of Arabia

■"HEROES" E.P.
- Side 1 -
1. "Heroes"/"Helden" (German album version)
2. "Helden" (German single version)
- Side 2 -
1. "Heroes"/"H?ros" (French album version)
2. "H?ros" (French single version)

■STAGE (Original)
Released on RCA PL 02913 (U.K.) / CPL2-2913 (U.S.) on 8thSeptember, 1978.
- Side 1 -
1. Hang On To Yourself
2. Ziggy Stardust
3. Five Years
4. Soul Love
5. Star
- Side 2 -
1. Station To Station
2. Fame
3. TVC 15
- Side 3 -
1. Warszawa
2. Speed Of Life
3. Art Decade
4. Sense Of Doubt
5. Breaking Glass
- Side 4 -
1. "Heroes"
2. What In The World
3. Blackout
4. Beauty And The Beast

■STAGE (2017)
- Side 1 -
1. Warszawa
2. "Heroes"
3. What In The World
- Side 2 -
1. Be My Wife
2. The Jean Genie *
3. Blackout
4. Sense Of Doubt
- Side 3 -
1. Speed Of Life
2. Breaking Glass
3. Beauty And The Beast
4. Fame
- Side 4 -
1. Five Years
2. Soul Love
3. Star
4. Hang On To Yourself
5. Ziggy Stardust
6. Suffragette City *
- Side 5 -
1. Art Decade
2. Alabama Song
3. Station To Station
- Side 6 -
1. Stay
2. TVC 15
* Previously unreleased

■LODGER
Released on RCA PL 13254 (U.K.) / APL1-3254 (U.S.) on 18th May, 1979.
LODGER (2017 Tony Visconti mix)
- Side 1 -
1. Fantastic Voyage
2. African Night Flight
3. Move On
4. Yassassin (Turkish for: Long Live)
5. Red Sails
- Side 2 -
1. D.J.
2. Look Back In Anger
3. Boys Keep Swinging
4. Repetition
5. Red Money

■SCARY MONSTERS (AND SUPER CREEPS)
Released on RCA BOWLP 2 (PL 13647) (U.K.) / AQL1-3647 (U.S.) on 12th September, 1980.
- Side 1 -
1. It\'s No Game (Part 1)
2. Up The Hill Backwards
3. Scary Monsters (And Super Creeps)
4. Ashes To Ashes
5. Fashion
- Side 2 -
1. Teenage Wildlife
2. Scream Like A Baby
3. Kingdom Come
4. Because You\'re Young
5. It\'s No Game (Part 2)

■RE:CALL 3
- Side 1 -
1. "Heroes" (single version)
2. Beauty And The Beast (extended version)
3. Breaking Glass (Australian single version)
4. Yassassin (single version)
5. D.J. (single version)
- Side 2 -
1. Alabama Song
2. Space Oddity (1979 version)
3. Ashes To Ashes (single version)
4. Fashion (single version)
5. Scary Monsters (And Super Creeps) (single version)
- Side 3 -
1. Crystal Japan
2. Under Pressure (single version) - Queen and David Bowie
3. Cat People (Putting Out Fire) (soundtrack album version)
4. Peace On Earth/Little Drummer Boy * - David Bowie and Bing Crosby
* mono
- Side 4 -
Bertolt Brecht\'s Baal
1. Baal\'s Hymn
2. Remembering Marie A.
3. Ballad Of The Adventurers
4. The Drowned Girl
5. The Dirty Song

■The running order for Re:Call 3 CD differs from the vinyl version
1. "Heroes" (single version)
2. Beauty And The Beast (extended version)
3. Breaking Glass (Australian single version)
4. Yassassin (single version)
5. D.J. (single version)
6. Alabama Song
7. Space Oddity (1979 version)
8. Ashes To Ashes (single version)
9. Fashion (single version)
10.Scary Monsters (And Super Creeps) (single version)
11.Crystal Japan
12.Under Pressure (single version) - Queen and David Bowie
- Bertolt Brecht\'s Baal -
13.Baal\'s Hymn
14.Remembering Marie A.
15.Ballad Of The Adventurers
16.The Drowned Girl
17.The Dirty Song
18.Cat People (Putting Out Fire) (soundtrack album version)
19.Peace On Earth/Little Drummer Boy * - David Bowie and Bing Crosby
* mono



【関連リンク】
元記事
デヴィッド・ボウイまとめ
Coccoの9年ぶりとなる武道館公演、
デビュー時のメンバーとの“一の巻"が終了

OKMusic
洋楽一覧

【関連アーティスト】
デヴィッド・ボウイ
【ジャンル】
ROCK, 洋楽, ニュース, CD, リリース

Coccoの9年ぶりとなる武道館公演、デビュー時のメンバーとの“一の巻"が終了
Thu, 13 Jul 2017 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

20年前、衝撃的な歌詞とヘヴィなサウンドで日本の音楽シーンを揺るがせた?カウントダウン?。そのデビュー曲で幕を開けた『Cocco20周年Special Live at日本武道館2Days 〜 一の巻 〜』が終了した。

突きつけられる銃口そのもののような歌とサウンドが、20年を経た今もなお容赦なく心に突き刺さる。改めて、なんと凄まじいデビュー曲であったかと思う。当然だが、単なる振り返りモードの懐かしい気分で聴いているだけのライブにはならないことを、開始早々に悟る。即座に歌の世界に引き込まれてしまう。そして重厚でオルタナティブなロックサウンドで、?水鏡??けもの道?と、畳み掛けるように、初期のシングル曲を続けざまに披露。Coccoは、今日この場に足を運んだ人たちの様々な感情を、すべてその華奢な身体で受けとめて歌うようでもあり、その歌声は一人一人に向き合うように、力強く濃密に響く。そして、印象的なベースのイントロから?Drive you crazy?が歌いだされると、意外な選曲に客席からは驚きの声があがる。キュートな動きで会場にハンドクラップを促すCoccoの姿には、思わず心が弾み出す。伸びやかな歌声が響き渡って、和やかな空気にも包まれた。

「こんばんは。Coccoです」と今日初めてのMCでは、メンバー紹介を始めようとして、急に思い立ったようにリレー形式での紹介を提案。まずCoccoが「?つよはか?(強く儚い者たち)のイントロ、あるでしょ? あれはね、良明くんです」と言って白井良明(Guitar)を紹介し、白井から向山テツ(Drums)、向山からは柴田俊文(Keyboards)、柴田は武藤祐生(Violin)を、そして武藤からは長田 進を(Guitar)、長田から根岸孝旨(Bass)へと、愛のある言葉でメンバー紹介が続く。最後は初期曲のプロデューサーでもあった根岸がCoccoを紹介した。

「みなさんも彼女の声に励まされてり泣いたりしたことがいっぱいあったと思います。私がその代表です。我らが歌姫、Cocco」。

その言葉に涙が溢れそうになったのは私だけではないはず。こんな温かいメンバーたちに支えられていたこと、そして、Coccoの歌声に癒されていたのはリスナーだけではなかったこと──この20年をまるごと肯定するような愛に満ちた言葉だった。

そして中盤は、バイオリンの柔らかな音とコーラスワークが心の痛みを呼び覚ますような?Raining?、《指先から こぼれる愛を集めて 全てあなたにあげましょう》とやさしく歌う?しなやかな腕の祈り?、そして徐々に自身のルーツである沖縄が、歌のメロディにも色濃くにじむようになった中期の名曲?陽の照りながら雨の降る?と、どこか遠いところから語りかけられるような歌声に、ただただ聴き入ることしかできなかった。

?強く儚い者たち??樹海の糸?など、今なお心に深く刻み込まれた歌は、当時とは違った、やさしい痛みを感じさせてくれた。今はもう傷口もふさがれて、かすかに残る傷跡をやさしくそっと撫でてくれるような温かい歌声だった。そして終盤、キラキラはじけるようなシーケンスとキレ味鋭いギターカッティング、グルーヴィーなリズムに思わず身体が揺れる?音速パンチ?が繰り出されると、アッパーな高揚感がさらに会場の温度が上げていく。?焼け野が原?の前に、そのシングルのカップリング曲であった?Rainbow?を披露してくれたのも嬉しかった。切なく響くギターの音色と、ピンスポットライトに照らされて歌うCoccoの姿が今も脳裏に浮かぶ。

最後の曲を歌う前に、Coccoは「私たちはもう大丈夫な気がする。長くかかったけど、もう死んでもいいってところから、生きててよかったってとこまで、みんなよく来たね」と語ってくれた。Coccoの目に涙が光る。そして「愛してるってわかったから大丈夫だよ。愛って一番自由な気がします」と言った。愛を自由だと、心から感じることができる今のCoccoを、そして自分自身を、誰もが祝福したい気持ちでいっぱいだったはずだ。その後に響いた?もくまおう?はどこまでも深く感動的だった。全20曲、余力を残すことなど考えないまさに全身全霊の歌は、当時の多感で複雑な思いをそっと眠らせるレクイエムのようでもあったと思う。それはCoccoにとっても、もちろんたくさんのリスナーにとっても。だから「もう大丈夫」だとCoccoは言った。

一夜明けても、まだその余韻は心地よく身体中にしみこんでいるが、明日14日は2日目「二の巻」が行われる。「一の巻」とは内容もバンドメンバーも変更となる。Coccoの過去と現在がいよいよつながる第二夜、こちらも楽しみで仕方がない。今からドキドキしている。

Text: 杉浦美恵
Photograph: 田中聖太郎

◎このライブの模様はWOWOWにて放送されます
放送日時
「Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days 〜一の巻〜」 9月10日夜9:00
「Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days 〜二の巻〜」 9月10日夜10:30
■番組URL
http://www.wowow.co.jp/cocco/

『Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days 〜二の巻〜』

7月14日(金) 日本武道館



【関連リンク】
元記事
Coccoまとめ
堀込泰行、キリンジ時代の「エイリアンズ」を
ラヴァーズver.でリリース決定

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
Cocco
【ジャンル】
J-POP, ニュース

堀込泰行、キリンジ時代の「エイリアンズ」をラヴァーズver.でリリース決定
Thu, 13 Jul 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

女優のんが出演した大手通信系のCMソングとして大きな話題を集めたキリンジの「エイリアンズ」。楽曲作者である堀込泰行自身によるラヴァーズver.として再録し、12インチのアナログと配信で8月9日(水)にリリースすることが決定した。

キリンジ兄弟時代の代表曲「エイリアンズ」は、2000年にリリースされたキリンジの3rdアルバム『3』に収録された楽曲で、作詞作曲リードボーカルを堀込泰行が担当。その「エイリアンズ」のラヴァーズver.が、今春行われた堀込泰行のソロ・アルバム「One」リリース・ツアーで披露され、ファンから業界内外の音楽通の間でも話題沸騰、音源化のリクエストが殺到していた。その後のCMオンエアにより更に問い合わせが殺到したことを受けて、再録することが決定した。ラヴァーズver.は裏打ちリズムを刻むギター、美しいメロディーを奏でるピアノ、甘く切ないラヴァーズ・アレンジが施され、新たな魅力を纏った別バージョン「エイリアンズ」に仕上がっている。

また、アナログのカップリングのダブ・ヴァージョンは、日本が世界に誇るミックス・エンジニアでありダブ・エンジニアの内田直之(LITTLE TEMPO、OKI DUB AINU BAND、DRY&HEAVY、FLYING RHYTHMS.)を迎えて制作され、ダブワイズの魅力が溢れる作品となっている。ジャケット・イラストはLA在住のイラストレーター"ROBIN EISENBERG"による描き下ろしとなっている。バンド全員が異星人化したストーリー仕立てのカラフルなアメコミイラストも魅力的。

■日本コロムビア 堀込泰行HP
http://columbia.jp/horigomeyasuyuki/
■堀込泰行 オフィシャルHP
http://natural-llc.com/yasuyuki_horigome/

アナログ「エイリアンズ (Lovers Version)」

2017年8月9日(水)発売



TYO12S-1001/¥1,800+税
<収録曲>
■Side A 
1.エイリアンズ (Lovers Version)
■Side B
1.エイリアンズ (Dub Version)
※アナログのみ収録

配信「エイリアンズ (Lovers Version)」

2017年8月9日(水)



COKM-40136/¥250(税込)
※iTunes / レコチョクなどのダウンロードサイトに加えて、Apple Music / LINE MUSIC / AWAなどのサブスクリプションサイトでも配信予定



【関連リンク】
元記事
堀込泰行まとめ
キリンジまとめ
ねごと、スピッツの名曲「空も飛べるはず」を
8月にシングルリリース

OKMusic

【関連アーティスト】
堀込泰行, キリンジ
【ジャンル】
ROCK, ニュース

ねごと、スピッツの名曲「空も飛べるはず」を8月にシングルリリース
Thu, 13 Jul 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ねごと"がカバーするスピッツの名曲「空も飛べるはず」が8月30日(水)にシングルリリースされ、9月1日(金)に全国公開される映画「トリガール!」の主題歌として起用されることが明らかになった。

このシングルは両A面シングル「空も飛べるはず / ALL RIGHT」となり、同映画挿入歌である「ALL RIGHT」と、2曲のInstrumentalも収録される。初回生産限定盤はDVD付きとなり収録内容は近日発表される。また、リリースに先駆けて、新アーティスト写真も公開された。

94年にリリースされたスピッツの名曲「空も飛べるはず」。スピッツのシングル史上初のオリコン1位を獲得し、ミリオンセラーを記録。スピッツの数ある楽曲の中でも大ヒットした名曲のひとつで、これまで幾多のアーティストによりカバーされてきた。今回、その「空も飛べるはず」が、ねごとのカバーによりこれまで一度も実現してこなかった、カバーでの映画主題歌への起用が初めて実現する事になる。

また、挿入歌「ALL RIGHT」は、ねごとの書き下ろし楽曲。映画中盤で、高杉真宙演じる“?橋圭"の大怪我による人力飛行サークル“Team Birdman Trial"のピンチに、土屋太鳳演じる“鳥山ゆきな"と、間宮祥太朗演じる“坂場大志"がパイロットコンビとして、100人近いサークルメンバーの想いを背負うことを決意し、トレーニングに打ち込むシーンで流れる。

■【コメント】

■土屋太鳳(毒舌女子大生/鳥山ゆきな役)
聴いた瞬間、"ゆきな"の夏へタイムスリップしました。草の香りとか、陽炎が浮かぶアスファルトの熱とか、周りの景色がどんどん後ろに飛んでくロードバイクの風とか、せつない夕焼けの琵琶湖とか、そういった“ゆきな"の記憶が、ねごとさんの放つ音に存在してるんです。しかも全力で…!最高。この夏はこの音で飛びたい!

■間宮祥太朗(“狂犬"と呼ばれるパイトッロ班の先輩/坂場大志役)
「空も飛べるはず」は、カラオケでも歌ったりする馴染みの深い楽曲です。ねごとさんの「空も飛べるはず」を初めて聴いた時、優しい気持ちになれました。最後のエンドロールで、ねごとさんの歌声が流れてくると1シーン1シーン、色んなシーンが思い返されて、映画をもう一度味わう様な心地良い時間を過ごさせて頂ける楽曲でした。

■高杉真宙(人力飛行サークルT.B.Tの部長兼パイロット班の先輩/?橋圭役)
ねごとさんが歌う主題歌を初めて聴いたのが「トリガール!」初号の日だったんです。
実は「トリガール!」撮影中、スピッツさんの「空も飛べるはず」をリピートして聴いてたのもあって、ねごとさんが歌う曲を聴いたとき、個人的にすごくテンションが上がりました。
そして、ねごとさんが歌っていることによって、「空も飛べるはず」の良いところに、青春感だったり柔らかさだったりがプラスされ、すごく素敵だなと思います。

■英勉監督
ねごとさんの『空も飛べるはず』を聞いた時、ガチのトリ肌が立ちました。「こりゃ飛べる!」と思いました。挿入歌『ALL RIGHT』も、ねごとさんが映像見て作ってくれたのでサイコーです。可愛くって、ノリ良くって、ドライブして、土屋太鳳ちゃん演じるゆきなは、きっとカラオケで熱唱するはずです。

■ねごと蒼山幸子(Key./Vo.)
「トリガール!」をはじめて見させていただいたとき、太鳳ちゃん演じる主人公のゆきなちゃんが人間らしくてまっすぐでとても魅力的な女の子でとても素敵だなぁと、思いました。同じ女性として、そんな風に思える素敵な女の子が主人公の「トリガール!」に関わることができてとても嬉しく思っています。
スピッツさんは個人的にはロックもポップも、甘さも鋭さも、両極端のものを兼ね備えた最強にかっこいいバンドだと思っていて、本当に昔から憧れのバンドでした。その中でも「空も飛べるはず」という名曲すぎるこの曲を、こうして公式にカバーさせて頂くことができるなんて、ほんとうにドキドキしました。夢みたいなお話です。原曲のすばらしさをそのままに、映画を彩ることのできるようなテンポとアレンジを考えながら、胸いっぱいの気持ちで歌わせて頂きました。
挿入歌の「ALL RIGHT」は、映画の中でゆきなちゃんと坂場先輩がとうとう本気を出し、力を合わせて練習に取り組んでいく!という、ガッツのあるシーンで流れるということをうかがい、疾走感を意識して曲を作っていきました。歌詞は、青春時代の瞬間的に光るものにときめいて、それを追いかけることで切なくなったり強くなったりするあの感じを描けたらなと思いながら、ちょっと強気なゆきなちゃんだったらきっと「It\'s all right!」と言うだろうなあと考えながら書かせていただきました。ぜひ、ねごとの音楽と一緒に、作品を楽しんでいただけたら嬉しいです!

シングル「空も飛べるはず / ALL RIGHT」

2017年8月30日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL 2964-2965/¥1,300+税
【通常盤】(CD)
KSCL 2966 ¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1. 空も飛べるはず
2. ALL RIGHT
3. 空も飛べるはず -Instrumental-
4. ALL RIGHT -Instrumental-
■DVD ※初回生産限定盤
内容近日発表

映画「トリガール!」

9月1日(金)TOHOシネマズ 新宿ほか 全国ロードショー!

原作:中村航 著「トリガール!」(角川文庫刊)
出演:土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、ナダル、矢本悠馬ほか
監督:英勉
配給:ショウゲート 
制作プロダクション:ダブ    
上映時間:98分
主題歌 :「空も飛べるはず」 / 挿入歌 「ALL RIGHT」/ねごと

■映画「トリガール!」公式サイト
http://torigirl-movie.com/



【関連リンク】
元記事
ねごとまとめ
スピッツまとめ
ものんくる、菊地成孔が監督を手掛けた新曲MV公開
OKMusic

【関連アーティスト】
ねごと, スピッツ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 主題歌, 映画

ものんくる、菊地成孔が監督を手掛けた新曲MV公開
Thu, 13 Jul 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

菊地成孔がプロデュースする、吉田沙良(Vo)と角田隆太(Ba)からなるポップスユニット、ものんくる。そんな彼らのアルバム『世界はここにしかないって上手に言って』が7月12日にリリースされ、収録曲「ここにしかないって言って」のMVも公開された。また、同MVだが、メンバー二人からの要望もあって菊地成孔自らがビデオの監督を務めてている。

■【メンバーコメント 】

■角田隆太 コメント
「僕ら二人は勿論、プロデューサーの菊地成孔さんをはじめとして、参加してくれたミュージシャン全員が本当に“ものんくる”を好きでいてくれてこのアルバムを最高のものにしたいという想いをこめて音にしてくれたので、すごいマジックが起こってます。
一秒間に2万回の星の瞬きがあります。制作進行のうち色んな衝突や苦悩がありつつも結果として録音されたものがなんと輝いてることか。
むしろ衝突や苦悩の部分こそがとても光ってる。
自分で言うのもアホみたいですが2017年ベストの作品だと思います。今作はモノとしての手触り、物質の重みも大事に作り込んでますので是非手にとってピリーっとビニールを剥がして、あなたの部屋の一部にして欲しいよ!よろしくお願いします」

■吉田沙良 コメント
「本当に沢山のアーティストに愛されて、支えて貰って出来上がった作品です。
“ものんくる”はユニット(二人組)だけど一つのでっかい家族みたいなものが出来た気分です。
よく作品を自分の子供みたいに思うって言うけど、この作品は「家族」かなぁって。
今作は今までで一番ポップで聴きやすくて、かっこいいです(*^^*)
自分でも思うんだけど、声がどんどん変わっていきます。良くも悪くも私は『今のありのままの自分』しかパッケージ出来ないから、自然にそのまんま歌いました。昔の歌はもう歌えないし、今の歌は昔の自分には歌えない。
次に進むために必要な瞬間を収められて、とても満足しています。
是非手にとって聴いてみて下さい(*^^*)」

■「ここにしかないって言って」MV


https://youtu.be/PdmXBdswwIcアルバム『世界はここにしかないって上手に言って』

2017年7月12日(水)発売



VRCL-10135(HYBRID)/¥3,000(税込)
<収録曲>
1. Driving Out Of Town
2. 空想飛行
3. SUNNYSIDE
4. 花火
5. Birthday Alone
6. ここにしかないって言って
7. 時止まる街
8. 二人
9. 透明なセイウチ
10.最終列車 君を乗せて
11.the dawn will come




【関連リンク】
元記事
菊地成孔まとめ
ものんくるまとめ
赤い公園、最高の“今”が詰まった
ニューアルバム『熱唱サマー』の詳細解禁!

OKMusic

【関連アーティスト】
菊地成孔, ものんくる
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表, リリース

赤い公園、最高の“今”が詰まったニューアルバム『熱唱サマー』の詳細解禁!
Thu, 13 Jul 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年8月31日をもってヴォーカル・佐藤千明が脱退することを発表した赤い公園が、現在の4人体制で最後のアルバムとなる、8月23日リリースの『熱唱サマー』の新アートワークを公開! アルバムタイトル“熱唱サマー”の通り、まさに“夏”な今回のアートワーク。プールに飛び込む少女のジャケット写真と、縁側で4人が暑さを凌ぎくつろぐアーティスト写真が、鮮烈な夏を印象づける。

また、アルバム収録曲も発表に。2017年2月、4月、6月と2ヶ月ごとにリリースされて話題となったシングル曲「闇夜に提灯」「恋と嘘」「journey」のほか、セルフプロデュース曲満載の渾身の全12曲が楽しめる。初回限定盤のDVDには、シングル曲の各MVに加え、恒例の赤い公園ドキュメンタリー映像「情熱公園」もあり。

アルバム収録の新曲「カメレオン」が7月12日(水)にラジオで初オンエアされ、アートワーク、音源と、徐々にその全貌が明らかになってきた今作。2017年の最高に熱い夏を乗り切るパワーをギュッと詰め込んだ、“今”の赤い公園入魂の最高傑作に期待しよう。

■【メンバーコメント】

■佐藤千明(Vo)
「眩しく、熱く、欲望に真っ直ぐな、ジリジリ焦げつく太陽が、いよいよ夏をすぐそこまで連れてきやがった。
そんな、夏の、ど真ん中に、情熱を注ぎ尽くしたアルバム「熱唱サマー」を、リリースします。全ての曲に、一度聴いたら歌えるくらいのキャッチーさと、爽やかに弾けるポップと、熱い夏を乗り切るビタミンとパワー、音楽と仲間が教えてくれた、楽しい!を詰めて、皆さんのハートを焦がしに行きますよ! 忘れられない夏が、翔ける想いが、ギュッと詰まってます。この夏、赤い公園に、熱中症注意!(巧い)」

■藤本ひかり(Ba)
「夏の何でも出来そうな気がしてならないわくわくする気持ちと、夏のせいにしてしまいたいくらい途方もない切ない気持ちとギラギラ太陽のような暑い気持ちなどとにかく盛りだくさんぎゅっと詰め込んだ少しだけレディになった…いや、少年のような、とんでもないアルバムが完成しました!
アルバム制作が始まって、レコーディングを重ねるたび歌に演奏に歌詞にぐんぐんパワーを貰って、そしてベースにぐんぐんパワーを込められました。完成した今とっても無敵な気持ちです。そしてこのパワーいっぱいの赤い公園の今を是非とも聴いて頂きたいです」

■歌川菜穂(Dr)
「このアルバムを擬人化したとすると、なんか、がむしゃらで汗だくで、でも実は繊細で、見た目はかっこ悪いけど、ちゃんと芯がしっかりあって、もがきながらも突き進む、みたいなかっこいい女性なイメージ。
共感する部分と憧れる部分があります。聞いてくれた皆さんにもそんなポイントがあるかと思います。(もちろん女性に限らず!)
なので私も、1曲1曲に向き合って、あまり飾らずに歌ってる気持ちで叩きました。いやドラムで歌ってます。4人それぞれが体を通して、楽器を通して熱唱してます。
夏の爽やかさっていうよりも、汗だくでドロドロなアルバムになったと思います。 笑」

■津野米咲(Gu)
「鮮烈に夏を感じるような楽曲たちによる、全くちょうど良くない灼熱の一枚になりました。
4枚目のフルアルバムになりますが、約半年の製作期間における火花のような瞬きの全てを記録できたのでは、と思います。
この熱唱がみなさんの心に響き、またそれぞれの熱唱を生んで下さる事を心より期待しております。
さあ、夏を味方に、してみせましょう!」

アルバム『熱唱サマー』

2017年8月23日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7343/¥3,780(税込)
【通常盤】(CD)
UPCH-2133/¥3,024(税込)
<収録曲>
■CD
1.カメレオン
2.闇夜に提灯(TBSテッペン!水ドラ!!「レンタルの恋」主題歌)
3.AUN
4.最後の花
5.ジョーカー
6.プラチナ
7.恋と嘘(TBS系テレビ「王様のブランチ」4月度エンディングテーマ/恋する肌キュン byロート製薬「肌ラボ」キャンペーンソング)
8.セミロング
9.BEAR
10.ほら
11.journey
12.勇敢なこども
■DVD ※初回限定盤
・「闇夜に提灯」MUSIC VIDEO 
・「恋と嘘」MUSIC VIDEO 
・「journey」MUSIC VIDEO
・赤い公園ドキュメンタリー映像「情熱公園」




【関連リンク】
元記事
赤い公園まとめ
Kinki Kidsが「GYAO!」の新TV-CMに登場!
MVやインタビュー映像もGYAO!にてネット初配信!

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
赤い公園
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, ガールズバンド, アルバム, 発表

Kinki Kidsが「GYAO!」の新TV-CMに登場! MVやインタビュー映像もGYAO!にてネット初配信!
Thu, 13 Jul 2017 04:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

映像配信サービス「GYAO!」がCMキャラクターにKinKi Kidsを起用した新TV-CMを7月13日(木)より放送! 『キンキカイキン』篇(15秒)、『ハッハーン』篇(15秒)、『タダで無料?』篇(15秒)が全国5地区でオンエアされる。

新TV-CMは「GYAO!」のブランドカラーであるピンク色の髪のKinKi Kidsの二人が真っ黒な壁に囲まれた部屋の中に背中合わせに立ち、動画にまつわる会話をポツリポツリと交わすシンプルな構成。光一のセリフとセリフをつなぐ“間”、剛の言葉を発せず表情で語る“間”が絶妙で、見終わった後に思わずクスリと笑みがこぼれてしまう楽しい作品となっている。

また、「GYAO!」では同日よりKinKi Kidsのデビュー20周年を記念し、1997年のデビュー曲「硝子の少年」から、7月12日(水)に発売となった最新シングル「The Red Light」までの計38作品のミュージックビデオを各曲45秒に編集した特別版の配信開始する。さらに、7月21日(金)からは毎週1作品ずつ、フルレングスのミュージックビデオとともに、KinKi Kidsの二人が撮影当時の思いや撮影秘話などを語るオリジナルインタビュー映像も配信! なお、KinKi Kidsの楽曲がインターネットを介して映像配信されるのは今回が初となる。

■KinKi Kids GYAO! ページ
https://gyao.yahoo.co.jp/special/kaikin/

■【「GYAO!」新TV-CMについて】

<タイトル>
『キンキカイキン』篇(15秒)
『ハッハーン』篇(15秒)
『タダで無料?』篇(15秒)
<放映期間>
7月13日(木)より放映開始
<放映エリア>
東京・大阪・名古屋・札幌・福岡の全国5地区



【関連リンク】
元記事
KinKi Kidsまとめ
OKMusic
J-POP一覧
男性アイドル一覧

【関連アーティスト】
KinKi Kids
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, TVCM













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1