歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年07月09日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
【THE 夏の魔物】THE 夏の魔物とは何ぞや?が分かるEPが完成
Sun, 09 Jul 2017 23:00:00 +0900


“ペンライトをふれるロックンロールバンド”を掲げ、今年1月に結成されたTHE 夏の魔物がメジャー第一弾EP『シン・マモノボンバイエEP』をリリース! 成田大致と鏡るびいがロックに対する熱い想いを語る。

──音楽そのものをちゃんと評価してほしいと考え、THE 夏の魔物という新バンドを今年1月に結成したそうですね。

成田
「そうです! 俺たちって、ロックバンドをやっているにもかかわらず、いろいろライヴ中に面白いことやっているんでしょって言われがちで…。昔は例えばライヴ中にプロレスの試合をやったり、いろんなことに挑戦してたんですが、この1年くらいは“もっと歌をしっかり聴いてもらいたい”と思ってやっています。どうしてもそのイメージがまだ拭いきれていない状況を変えたかったんで、その手始めに“THE”を付けたらみんなロックバンドとして見てくれるんじゃないかとライヴ制作の担当の方に提案されて。Theピーズ、↑THE HIGH-LOWS↓、そしてTHE 夏の魔物と(笑)。音楽的な要素を見てもらいたいという気持ちは常に本気だったんですけど、外から見たら分かりづらかった。キャニオン期の夏の魔物時代は男女混合エンタメユニットとしてやっていたんですけど、今はメンバーひとりひとりの背景が見えるとか、このメンバーじゃないと出せない音とか、そういうバンド感を一番大事に作品、ライヴとも取り組んでいます。」

──今回の作品も「シン・魔物BOM-BA YE 〜魂ノ共鳴編〜」をはじめ、圧倒的にロックを感じさせる一方で、ロックのひと言には収まりきらない魅力がありました。それにもかかわらず、どうしてそんなにロックにこだわるんだろうと思ったら、そういうことだったわけですね。

成田
「誰かがお膳立てしたわけでも、曲をただもらっているわけでもない。俺たち6人に加え、一緒にライヴをやっているシン・マモノBANDのメンバーが4人いるんですけど、そのひとりひとりが見える作品を作ることが今回のコンセプトだったんです。」

──曲をもらっているわけではないとおっしゃいましたが、今回の全5曲は麻宮さんが作詞した「ハジメまして」と鏡さんがスクリーム部分の作詞をした「マモノ・アラウンド・ザ・ワールド」以外は、外部の作家さんが作っていますが。

成田
「基本的に、俺が作家さんと密にミーティングしながら、イントロからアウトロまで、自分の頭の中にある“ここにこのリフがきて、リズムはこれで”っていうアイディアを一緒に構築して作ります。さらにそれをバンドメンバーともやっている。歌詞に関しても、例えば「マモノ・アラウンド・ザ・ワールド」は浅野尚志さんと作ったのですが、ただ“ロックな歌詞にしたいです”ということだけを伝えるのではなく、具体的に単語や言葉とかをたくさん羅列して“この言葉をこういうふうに”というところまで伝えて、それを歌詞にしてもらいました。」

──いろいろなロックのアイコンと言える言葉が散りばめられていますが、オマージュだったのですね。

成田
「いや、意味はないですよ。もちろん、フェイバリットなバンドだけ入れたんですけど、女子がこういう歌詞を歌ったら面白いと思っただけです。」


「私のフェイバリットもいっぱい入っていました。」

成田
「女子が“グラストンベリー”って言ってたらなんかいいじゃないですか(笑)。深い意味はないです。ただ、そういうところに気付いてもらえることが、これまでの活動ではなかったんですよ。真剣にロックが好きで、真剣にやっているのに、そこが世の中に伝わらないことが悩みだった。それが去年の秋から激変して、自分たちの作品を聴いて、ライヴに来てくれる人とか、日常的に俺たちの音楽を聴いてくれる人が出てきたんですよ。それで今の方向性に振り切ることができたんです。」

──今回はどんな作品になりましたか?

成田
「“夏の魔物”から“THE 夏の魔物”に変わった意味が分からないって人もいると思うんですけど、これを聴けば今の俺たちがやりたいことがわかるというか、俺たちがどういう人間で、どういうライヴをやっていて、どういうことを歌っているのか一発で分かるものになりました。現在の6人が巡り合えたのも奇跡なんですけど、今作は特にサウンドを作ってくれるシン・マモノBANDのメンバーの存在も大きいです。だからこそ今回、生演奏で録りたかったんです。」

──そのメンバーは越川和磨さんをはじめ、ロック好きなら“おおっ!”となる人たちばかりですね。

成田
「みんなすごい人たちだし、やっていたバンドが偉大ってことは分かっているんですけど、それだけで選んでいるわけではないです。西さん(越川(Gu)のニックネーム)や、ハジメさん(ハジメタル(Key))と一緒に音を出したい、中畑さん(中畑大樹/syrup16g)や、えらちゃん(えらめぐみ(Ba))じゃなきゃって必然性がないとバンドをやる意味がない。THE 夏の魔物のサウンドや世界観を表現するには、このメンバーで!っていうのがあるんです。」

──鏡さんが担当した「マモノ・アウランド・ザ・ワールド」のスクリームについて聞かせてください。


「デモを聴いた時、血がたぎりました。だから、スクリームを入れてほしいと言われた時は嬉しかったです。普段私はもやもや生きているんですよ。ずいぶんと良くなったんですけど、“自分なんか…”とか“周りはあんなにキラキラしているのに自分は…”とかって気持ちがあるんです。だから、そんな気持ちとともに隣り合わせの“やってらんねえよ!”とか“みんないなくなれ!”とかって想いを全部ぶちまけました。」

成田
「今作は特に、(麻宮)みずほちゃんが書いた歌詞もそうですけど、作品を通してメンバーひとりひとりのパーソナルな一面がより伝わったらいいと思っているんです。るびいは見た目とこういうたまに見せるフツフツとしたもののギャップがともかくすごいので、ぜひそれを歌詞で表現してほしいなと思って作詞してもらいました。」

──最後に7月12日に渋谷WWWで行なう『シン・マモノボンバイエ TOUR』のファイナルワンマンの意気込みを聞かせてください。

成田
「俺たちのファンである魔物チルドレンの方々の存在が本当に大きくて、みんなのおかげでバンド活動ができているというか。以前、俺がやっていたバンドはツアーファイナルの前売り券が3枚しか売れずに公演中止、そのまま解散となってしまったんで、今こうしてツアーをしたり、作品をリリースしたり、普通に活動できること自体が奇跡みたいに感じているし、12日のライヴもTHE 夏の魔物がやってことが一発で分かるものにしようと考えています。俺自身は本当に結果を出したことがない人間なので(苦笑)。ワンマンライヴを渋谷WWWでやるなんて、普通のバンドがやることじゃないですか。でも、そんな大きなところでやったことがないから、俺は恐怖しかない、その普通のことが(笑)。ただ、その道を進んでいきたいし、そこに憧れていたし、そうなりたいと思っていたから、渋谷WWWが最初の一歩になると思います。このインタビューを読んで、すぐにチケットを買って、12日のライヴを観たら、間違いなく最古参のファンになれる。今ならまだ、そんな特典が付いています(笑)。」

──鏡さんもひと言お願いします。


「私、ロックを好きになる前は、いつも消えたいと思っていたんです。なんで、その私が今ここにいるかと言うと、大好きなバンドが何カ月かあとに、ちょっと大きな箱でライヴやりますって聞くと、それまでは頑張ろうって思えたからなんですよ。その繰り返しで、今、私はここにいるんですけど、もし、私と同じような人がいたら、渋谷WWWに来てほしいし、来てくれたら、“このバンド、次も観たい。それまで頑張ろう!”って思ってもらえるようなライヴをしたいと心から思っています。名古屋、大阪とツアーしてきて、今、6人の雰囲気が最高なんです。だから、この6人だったらそういう空間が作れるはずなんですよ。自分がそうやって救われてきたから、今度は自分がそれをできたらという気持ちを込めて、12日はライヴに臨むつもりです。」

取材:山口智男

EP『シン・マモノボンバイエEP』

2017年7月12日発売
MAMONO RECORDS /VAP



【通常盤】
VPCC-82342 ¥1,800(税抜)



【魔物ガールズ盤】
VPCC-82343 ¥1,800(税抜)

『シン・マモノボンバイエ TOUR FINAL』

7/12(水) 東京・渋谷 WWW
※バンド編成でのワンマンライヴ
越川和磨(Gu)、えらめぐみ(Ba)、中畑大樹(Dr/syrup16g)、ハジメメタル(Key)

THE 夏の魔物

ザ・ナツノマモノ:ロックフェス『夏の魔物』の主催者である成田大致によって、2017年1月6日に結成された“ペンライトをふれるロックンロールバンド”。同年、レーベル『MAMONO RECORDS』を立ち上げ、7月に前山田健一作曲よる「シン・魔物 BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」を含むEPをVAPよりメジャーリリース。



【関連リンク】
元記事
THE 夏の魔物まとめ
クミコ with 風街レビュー、ニューアルバムに
豪華トップクリエーターが参加

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
THE 夏の魔物
【ジャンル】
ROCK, okmusic UP\'s vol.155, インタビュー

クミコ with 風街レビュー、ニューアルバムに豪華トップクリエーターが参加
Sun, 09 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

歌手・クミコのデビュー35周年を記念した「クミコ with 風街レビュー」のニューアルバムが、9月27日に発売されることがわかった。

2016年にスタートした「クミコ with 風街レビュー」は、松本と初タッグとなる作曲家との共作によって大人のラブソングを作るプロジェクト。第1弾として、秦 基博の作曲による「さみしいときは恋歌を歌って」、永積崇の作曲による「恋に落ちる」を収録した両A面シングルをリリース。第2弾シングルで、つんく♂との初顔合わせが実現し、意味深で訳ありな大人のラブソング「砂時計」が誕生した。9月27日にリリースするニューアルバムで「クミコ with 風街レビュー」はついに集大成を迎える。

今作は作詞家・松本隆の書き下ろしや未発表詞を含む全10曲を収録。既発表シングルより秦基博、永積崇、つんく♂のほか、新たに初顔合わせとなる横山剣(クレイジーケンバンド)、亀田誠治、菊地成孔、吉澤嘉代子、村松崇継など、日本の音楽界をリードするトップクリエーターが作曲を手掛ける渾身のフルアルバムとなる。サウンドプロデュースは2枚のシングルに続き冨田恵一が担当。なお、松本がアルバム全曲の作詞を手がけるのは、松本がプロデュースしたクミコの再デビューアルバム『AURA』以来17年ぶりとなる。

クミコのデビュー35周年とニューアルバムの発売を記念したコンサート『クミコ・ザ・ベストコンサート 1982-2017』は、10月9日に東京・恵比寿ザ・ガーデンホールにて開催される。

また、今回のアルバムについて松本隆、参加ミュージシャン、クミコよりコメントが届いている。

■【各コメント】

■松本隆
「ラブソングをコンセプトに、“クミコ with 風街レビュー”のフルアルバム10曲ができた。恋愛の色んな形を色んな角度から切り取っていて、秦基博さん、永積崇さんとのファーストシングル「さみしいときは恋歌を歌って / 恋に落ちる」は、わりと恋愛初期の恋心を描き、その後、つんく♂さんと作ったセカンドシングル「砂時計」は、もつれた大人の恋愛の歌。カップリングは、シューベルトの歌曲「白鳥の歌」の中の一曲で、彼の作品は失恋の歌が多いけれど、この「セレナーデ」は珍しく求愛の歌。まさにラブソング。

今回のアルバムは、新しい作曲家達との運命の出会いから生まれた作品と言える。僕自身、あんまりジャンルにこだわりをもっておらず、色んな作品を書いてきた。はっぴいえんどの頃からそうだったけど、ジャンルという塀みたいなものを、ひょいと飛び越えてしまう人間なんだと思う。

クミコという歌手も、出発はシャンソンだけど、ジャンルの枠を飛び越えてしまう自由な人だと感じていて、僕とよく似ている。それに、クミコは色んな意味で、数少ない表現力と歌唱力を持ち合わせ、未だ進化している歌手だと思う。還暦をすぎた同志のような感覚で、一緒にどこまでいけるか楽しみだ。

冨田さんのアレンジは本当に素晴らしい。優秀な作曲家でもあり、彼の曲に何曲か作詞もしているが、秀れたアレンジャーでありサウンドメーカー。様々なジャンルの楽曲にも統一感あるサウンドでアルバムの世界観を表現してくれた。彼がいなければ、このプロジェクトは成り立たなかったと思う。

セカンドシングルを書いてくれた、つんく♂さんや、横山さんのようなベテラン二人は、いい意味で歌謡曲のテイストもあり、筒美京平さんとの作品作りと似たようなものを感じた。横山さんが作った曲(「フローズン・ダイキリ」)を初めて聴いたとき、なんてキャッチーで優れたメロディーだと思った。筒美京平の曲に詞をつけて、ビッグヒットを生み出した時にような手応えがあるので、歌入れを物凄く楽しみにしている。

吉澤嘉代子さんは、歌を歌っている可愛い女の子(吉澤さん)が僕のTwitterをフォローしてくれていて、はっぴいえんどや僕の作品と彼女のファンには共通の人がいて、その人たちが、吉澤さんのことを「凄くいい」と騒いでいたりで、気になっていた存在。

菊地さんは、新しいタイプのジャズの人だなあと思って、CDも持っていて前々から聴いていました。曲のタイトル付けも面白くて、縁があったら組んでみたいと微かに思っていたので、今回作曲家として参加してもらった。思った通り、魅惑的な曲を書いてくれた。

村松さんは、クラシック畑の人。アニメや映画などの音楽でも活躍している注目株。彼はJ-POPにも興味があるようで、とてもいい曲を書いてくれた。チャレンジャーな新鮮さを失わないでほしいと思う。
亀田さんは、共通の友人のパーティーか何かに招待された代官山のレストランの受付にいた時、「松本さんですか?亀田です。」と声をかけてくれたのが出会い(笑)一流のサウンド・プロデューサーなのに、気負いがなく親しみを感じる律儀な人だと思った。今回は作曲家として参加してくれることになった。まだ楽曲があがってきてはいないけれど、大いに期待している」

■「フローズン・ダイキリ」作曲/横山 剣
「まずは今回、このプロジェクトに参加させていただけて光栄です!クミコさん、松本隆さん、そして僕というトライアングルを脳内でぐるぐるイメージしているうちに押し出されたメロディーです。だから作曲ではなく出曲という感じです。イイネ!イイネ!イイネ!」

■「輪廻」作曲/菊地成孔
「松本先生から直接オファーを頂き、あまつさえ、とんでもない大人な歌詞で、何と申しましょうか、感動しております。このプロジェクトの末席を汚さぬ様、心を込めて丁寧に作曲させて頂きました」

■「消しゴム」作曲/吉澤嘉代子
「クミコさんが歌われる「わが麗しき恋物語」に号泣したお茶の間の中学生でした。歌の映写機にあてられて、人生の輪郭にふれたような衝撃は、今もすぐに取り出せるほど残っています。「消しゴム」を聴かせていただき、自分のメロディだからこそ、声がこの歌の中心にあることにドキリとしました。どこまでも自由なのに、いつでもちょうど真中にある、月のような歌声。大好きな松本 隆さんに歌詞をつけていただき、ひとつの大きすぎる夢が叶いました。有難うございます」

■「枝垂桜」作曲/亀田誠治
「松本 隆さんの日本語が美しすぎてくらくらしました。その言葉の花びらをメロディに乗せ、謹んで納めさせていただきます」

■クミコ
「銀座の端っこにあった小さな店「銀巴里」で唄い始めて35年が経ちました。歌手生活35周年と、くくってしまうにはどこか気恥ずかしい気持ちがします。それでも、シャンソンに関わり、そこから「言葉の音楽」に針路を定め唄ってきたことで、今の私があるのだと思います。松本 隆さんとのご縁は、ですから神様からのプレゼントともいえるもので、2000年と今年2017年との二回、アルバムという形で作品を発表できることは、まったくの幸せです。

今回は“クミコ with 風街レビュー”の形をとりました。松本さんの言葉に、初タッグのアーティストのメロディが重なり現れる世界を、私が唄うというプロジェクトです。それぞれが起こす化学反応が、どのような色合いの作品を生み出すのか、わくわくします。コンピューター全能の現代に「人の息吹き」がパズルのようにはめ込まれたアルバムになることを願っています。

そして10月には、この新しい作品と、これまで大切に唄ってきた歌たちとを合わせ、「クミコ・ザ・ベスト・コンサート」を開きます。これまでとこれからの歌たちを、一本の道を楽しく歩くようなコンサートにしたいと思っています。アルバムもコンサートも、どちらも一人でも多くのかたの心のドアを叩けますように」

アルバム『タイトル未定』/クミコwith風街レビュー

2017年9月27日発売



<収録曲>
■CD
「さみしいときは恋歌を歌って」
「恋に落ちる」
「砂時計」
「セレナーデ」
「フローズン・ダイキリ」
「輪廻」
「消しゴム」
「枝垂桜」
「しゃくり泣き」
and more… ※曲順未定

『クミコ・ザ・ベストコンサート 1982-2017』

10月9日(月・祝) 東京・恵比寿ザ・ガーデンホール
開場16:00/開演17:00
<チケット>
¥7,800(税込・1ドリンク付き・全席指定)※未就学児童入場不可。



【関連リンク】
元記事
クミコ with 風街レビューまとめ
松本隆まとめ
横山 剣まとめ
菊地成孔まとめ

【関連アーティスト】
クミコ with 風街レビュー, 松本隆, 横山 剣, 菊地成孔, 吉澤嘉代子, 亀田誠治
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表, リリース

フレデリック、ニューシングルのジャケ写&特典ビジュアル公開
Sun, 09 Jul 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フレデリックが8月16日にリリースする2ndシングル「かなしいうれしい」のジャケット写真と各CDショップ特典のデザインを発表! 今回のジャケットは、様々な素材をコラージュさせたグラフィカルなデザインに、繊細な色使いによる複雑な感情を表現することで、対として成り立っている「かなしい」と「うれしい」という二つの感情を表したアートワークとなっている。

さらにCDショップ特典ビジュアルも同時に発表。タワーレコードでは「フレデリック4ステッカー」と名付けられた三原康司による描き下ろしステッカーが特典となっており、高橋武が加入したメンバー4人による新生フレデリックが描かれている。さらにタワーレコード及びタワーレコードオンラインにて7月30日(日)までに予約すると、4人体制での新たなスタートを記念して、メンバー全員の直筆サインが入ったリミテッドバージョンを手に入れることができる。その他のCDショップでもメンバーB3オリジナルポスターや「恋と嘘」描き下ろしB3ポスターがついてくるので、詳細はオフィシャルHPをチェックしよう。

なお、11月よりスタートする全国ツアー「フレデリズムツアー2017 〜ぼくらのTOGENKYO〜」のチケット抽選先行予約シリアルコードが封入されることも同時に発表されている。

シングル「かなしいうれしい」

2017年8月16日発売



【初回限定盤】
AZZS-67/¥2,037+税
<収録曲>
■CD
1.かなしいうれしい
2.シンクロック
3.まちがいさがしの国
4.峠の幽霊 Live at新木場STUDIO COAST
5.真っ赤なCAR Live at新木場STUDIO COAST
6.ナイトステップ Live at新木場STUDIO COAST
7.CYNICALTURE Liveat新木場STUDIO COAST
8.ディスコプール Live at新木場STUDIO COAST
■DVD
「フレデリズムツアー2016-17 TOUR FINAL@新木場STUDIO COAST LIVE」



【通常盤】
AZCS-2066/¥1,200+税
<収録曲>
1.かなしいうれしい
2.シンクロック
3.まちがいさがしの国
4.リリリピート Live at新木場STUDIO COAST
5.ナイトステップ Live at新木場STUDIO COAST

■シングル「かなしいうれしい」CDショップ特典

■特典1 タワーレコード・タワーレコードオンライン:三原康司描き下ろし「フレデリック4ステッカー」
※予約特典の受付は7月30(日)23:59まで
■特典2 アニメイト・ゲーマーズ・とらのあな:「恋と嘘」描き下ろしB3ポスター
■特典3 一般CDショップ:B3オリジナルポスター
※初回限定盤/通常盤共に対象となります。
※特典数量に限りがありますので、無くなり次第終了となります。
※一部のオンラインサイトやCDショップで特典が付かない場合があります。
 事前にご予約されるオンラインサイト/CDショップにてご確認下さい。

<CD封入特典>
「フレデリズムツアー2017 〜ぼくらのTOGENKYO〜」
抽選先行予約シリアルコード
受付期間:8月16日(水)12:00〜8月21日(月)23:59

『フレデリズムツアー2017 〜ぼくらのTOGENKYO〜』

11月11日(土) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
11月12日(日) 高松festhalle
11月19日(日) 札幌FACTORY HALL
11月25日(土) 金沢EIGHT HALL
11月26日(日) 松本Alecx
12月02日(土) 福岡DRUM LOGOS
12月03日(日) 広島CLUB QUATTRO
12月08日(金) 仙台RENSA
12月09日(土) 新潟NEXS NIIGATA
12月16日(土) 大阪Zepp Osaka Bayside
12月17日(日) 名古屋Zepp Nagoya
12月21日(木) 東京Zepp Tokyo



【関連リンク】
元記事
フレデリックまとめ
never young beachが「SURELY」のMVを公開
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
フレデリック
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, シングル, 発表, リリース

never young beachが「SURELY」のMVを公開
Sun, 09 Jul 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

never young beachが7月19日(水)にリリースする3rdアルバム『A GOOD TIME』より「SURELY」のフルミュージックビデオを公開! 浜辺で演奏するネバヤンのメンバーが楽器を置き、走り出したところからワンカット撮影となっており、様々な障害物にチャレンジしながらゴールを目指し競争する様子が16mmフィルムで撮影されている。監督は『A GOOD TIME』のジャケット写真も手掛ける奥山由之が務めている。

ロングセールスを続け、2017年の『CDショップ大賞』で入賞、関東ブロック賞を受賞するなど各方面で賞賛を浴びている前作『fam fam』から1年振り、今作がビクターエンタテインメント内のレーベル、スピードスターレコーズからのメジャーデビューアルバムとなる『A GOOD TIME』は、音へのこだわりはもちろんのこと、随所に感じられる楽曲への新しいアプローチと共にバリエーションに富んだ“ネバヤンらしさ”全開の3rdアルバム。2016年に即完売となった7インチアナログ盤で発表された「夏のドキドキ」が再ミックスされ収録されるほか、ライブでも定番となっている「散歩日和に布団がぱたぱたと(Band ver.)」のバンドセットバージョン、ボーカル安部の心境が垣間見られ、“溶けたバターの匂い"といった生活の中で見つける幸せの形を表現したような「気持ちいい風が吹いたんです」、「SUNDAYS BEST」、「海辺の町へ」。叙情的でどこか切なく、まるで映画を見ているようなドラマチックな展開を見せる「なんかさ」「白い光」「CITY LIGHTS」。そして、力強いギターサウンドと共に、幾重にも重なる美しいハーモニーとリズム隊の掛け合いが、まさに彼らの3 年間の月日を凝縮したようなロックンロール・ナンバー「SURELY」。レコーディングは、エンジニアとして前作に続きhmcの池田洋が担当した。資生堂スノービューティー主題歌としても話題となっている「SURELY」は、iTunes Storeほか主要音楽配信サイトおよびApple Music、dヒッツほか定額制聴き放題サービスにて、アルバムに先駆けて配信中。iTunes Storeではアルバム『A GOOD TIME』の予約受付もスタートしており、予約するとその場ですぐに「SURELY」の先行ダウンロードが可能となる。

また、3rdアルバム初回限定盤に付属する特典DVDには、4月に開催された初のワンマンツアー『April O\'Neal』から4月8日(土)に行われた東京・恵比寿LIQUIDROOM公演の模様を収録。インディ期のベスト選曲ともいえる当日のセットリストから、全14曲、約1時間の大ボリュームで収録される。

9月からは全国ワンマンツアー『A GOOD TIME』TOURを開催。9月3日(日)の岡山YEBISU YA PROを皮切りに、10月20日(金)の赤坂BLITZまで、全国11都市で開催する。『A GOOD TIME』CD封入の先行抽選受付も用意されている。

■「SURELY」(official video)


https://youtu.be/ro1fx86gqGQアルバム『A GOOD TIME』

2017年7月19日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1196/¥3,800+税
【通常盤】(CD)
VICL-64814/¥2,600+税
<収録曲>
■CD 
01.夏のドキドキ
02.なんかさ
03.気持ちいい風が吹いたんです?
04.SUNDAYS BEST
05.白い光
06.散歩日和に布団がぱたぱたと(Band ver.)
07.CITY LIGHTS
08.SURELY
09.海辺の町へ
■DVD ※初回限定盤のみ
『ONE MAN TOUR “April O\'Neil” 2017.4.8@LIQUIDROOM』
01.Motel
02.自転車にのって
03.どんな感じ?
04.散歩日和に布団がぱたぱたと
05.気持ちいい風が吹いたんです
06.ちょっと待ってよ
07.Pink Jungle House
08.どうでもいいけど
09.あまり行かない喫茶店で
10.fam fam
11.夢で逢えたら
12.SURELY
13.明るい未来
14.お別れの歌

アナログ7インチ盤 「SURELY / 気持ちいい風が吹いたんです」

2017年6月21日(水)発売



HR7S044 /¥1,500+税
<収録曲>
■SIDE A
SURELY
■SIDE B
気持ちいい風が吹いたんです

「never young beach 3rd album『A GOOD TIME』TOUR」

9月03日(日) 岡山YEBISU YA PRO
9月14日(木) 名古屋ボトムライン
9月15日(金) 浜松FORCE
9月18日(月・祝) 札幌 cube garden 
9月22日(金) 高松DIME
9月23日(土) 福岡 BEAT STATION 
10月01日(日) 味園ユニバース 
10月14日(土) 金沢 AZ 
10月15日(日) 新潟 studio NEXS 
10月17日(火) 仙台CLUB JUNK BOX
10月20日(金) 赤坂BLITZ 



【関連リンク】
元記事
never young beachまとめ
怒髪天、今秋の恒例企画は10日間開催
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
never young beach
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, アルバム, 発表

怒髪天、今秋の恒例企画は10日間開催
Sun, 09 Jul 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

怒髪天の秋の恒例企画「響都ノ宴」が「怒髪天 presents "響都ノ宴" 10周年記念『夢十夜』」として今年も開催される事がわかった。

一風変わったワンマンライブ、トークイベント、ジャンルレスで「いいものはいい」をテーマにしたドリームマッチなど怒髪天と京都・磔磔が一体化したユーモア溢れる秋のお祭りイベント(一部諸事情により冬開催)。10周年を迎える今年は10日間に渡って開催される。その多種多様さぶりから各日に付けられたサブタイトルもユニークなものとなっているので是非詳細を確認してほしい。なお今年の10月20日(ドハツの日)は響都ノ宴初日として開催される。

現在、怒髪天のオフィシャルHPでは「響都ノ宴」特設サイトがオープンしており、過去の写真や情報が公開されているのでこちらも是非チェックを。

怒髪天は現在、全国ツアーの真っ最中。折り返し地点を越え、蒸し暑い日が続く中、後半戦に突入する。同じく怒髪天のオフィシャルHPで「暑中お見舞い」として全国ツアーの特設サイトが公開中。過去のライブダイジェスト動画や10月9日に新木場Studio Coastでのツアーファイルのライブの「バルコニーエリア指定席」の追加発売情報の詳細が掲載されているので、こちらもお見逃しなく。

■「響都ノ宴」特設サイト
http://www.dohatsuten.jp/kyotonoutage/
■「暑中お見舞い」特設サイト
http://www.dohatsuten.jp/tour2017/

怒髪天 presents "響都ノ宴" 10周年記念『夢十夜』

「ドハツの日×響都ノ宴 "おしゃべり和尚の大説法会"」(トークイベント)
※FC限定企画
10月20日(金) 京都・磔磔

「EARLY DOHATSUTEN YEARS 1984-1996」
10月21日(土) 京都・磔磔

「おたべやす 響都全開バリバリ鍋 "夢味"」
出演:怒髪天and more
10月22日(日) 京都・磔磔

「FREIHEIT YEARS 1999-2004」
10月24日(火) 京都・磔磔

「EARLY TEICHIKU YEARS 2004-2006」
10月25日(水) 京都・磔磔

「おたべやす 響都全開バリバリ鍋 "希望味"」
出演:怒髪天and more
12月03日(日) 京都・磔磔

「男忍!男だらけの大忘年会」
※男性限定
12月04日(月) 京都・磔磔

「バンドマンのすべらない話」(トークイベント)
出演:怒髪天and more
12月05日(火) 京都・磔磔

「女忍!女だらけの超婦人会」
※女性限定
12月06日(水) 京都・磔磔

「天下逸品 京都磔磔本店」
出演:怒髪天and more
12月07日(木) 京都・磔磔

『怒髪天TOUR 怒髪天 GOLD N\' SILVER TOUR 2017 "きんは100歳、ぎんも100歳、俺達あわせて200歳"』

7月08日 (土) 熊本 B.9V1
7月09日 (日) 福岡DRUM Be-1  
7月11日 (火) 滋賀U★STONE
7月13日 (木) 郡山HIP SHOT JAPAN
7月15日 (土) 秋田SWINDLE
7月16日 (日) 仙台RENSA
7月22日 (土) HEAVEN\'S ROCK 熊谷 VJ-1 
9月16日 (土) 札幌PENNY LANE24
9月17日 (日) 札幌PENNY LANE24
9月23日 (土) 名古屋BOTTOM LINE
9月30日 (土) 桜坂セントラル
10月01日(日) 桜坂セントラル
※トーク&アコースティックライブ
10月09日(月・祝) 新木場Studio Coast

シングル「赤ら月」

発売中



【初回盤A】(CD+DVD)
TECI-558/¥2,200+税
<収録曲>
■CD
1、赤ら月
2、恋ノ猛毒果実(ヨミ:コイノ ポイズン フルーツ)
3 、愛のおとしまえ(舞台「サンバイザー兄弟」より)
■DVD
2017年1月8日(日)長野CLUB JUNK BOX「2017年新春公演 "謹賀新年、ネオ元旦。2017年は二度明ける。"」全19曲、ノーカット完全収録。
1.酒燃料爆進曲(おめでとうVer)
2.ホトトギス
3.夕暮れ男道
4.オレとオマエ
5.団地でDAN!RAN!
6.喰うために働いて生きるために唄え!
7.蒼き旅烏
8.サムライブルー
9.そのともしびをてがかりに
10.つきあかり
11.DO RORO DERODERO ON DO RORO
12.人生○×絵描きうた
13.マンイズヘヴィ
14.せかいをてきに
15.セイノワ
16.プレイヤーI
17.歩きつづけるかぎり
EN1. オトナノススメ
EN2.実録!コントライフ



【初回盤B】(CD+CD)
TECI-559/¥2,200+税
<収録曲>
■CD
1、赤ら月
2、恋ノ猛毒果実(ヨミ:コイノ ポイズン フルーツ)
3 、愛のおとしまえ(舞台「サンバイザー兄弟」より)
■特典CD
昭和歌謡曲カバーミニアルバム
《収録曲》
1. ラ・セゾン(歌:増子直純)
2. 夏の扉(歌:増子直純)
3 . 1/2の神話(歌:増子直純、岡本真依(ひめキュンフルーツ缶))
4.絶体絶命(歌:増子直純、谷尾桜子(ひめキュンフルーツ缶))



【通常盤】(CD)
TECI-561/¥1,200+税
<収録曲>
1、赤ら月
2、恋ノ猛毒果実(ヨミ:コイノ ポイズン フルーツ)
3 、愛のおとしまえ(舞台「サンバイザー兄弟」より)



【関連リンク】
元記事
怒髪天まとめ
日食なつこ、9月にミニアルバム発表!
ワンマンツアーも開催決定 !

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
怒髪天
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, ライブ

日食なつこ、9月にミニアルバム発表!ワンマンツアーも開催決定 !
Sun, 09 Jul 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日食なつこが9月27日にミニアルバムをリリースすることを発表した。また、本ミニアルバムをひっさげたワンマンツアーも開催する。

前ツアー「マニアたちの親睦会ツアー」では一般発売と同時にソールドアウトが続出したことをうけ、会場数と規模を拡大。さらに、お馴染みのドラマーkomaki氏をサポートに迎え全国11か所を回る。ツアーチケットの先行販売は7月24日(月)23:59まで。今回も早々に売り切れることが予想される。売り切れる前にチケットをゲットしておこう。

また、ミニアルバムについては発売日のみの発表で、収録曲や価格などは隠されたまま。内容は後日発表されるようなのでオフィシャルサイトやTwitterでチェックしてほしい。

■【日食なつこ コメント】

「全会場完売となったリリースツアー「マニアたちの親睦会ツアー」 大好評により第二段開催となった「遊泳喫茶2 2017春」 初の自主企画対バンツアー「炎上交際」。2017年は計らずしてツアーの年になりました。どうせならばということで今年の終盤、もう1本ツアーを開催することにします。現段階で発表できるのはワンマンツアーであることと、今回もkomaki氏をサポートに迎えることのみ。皆様には大変恐れ入りますが、夏が過ぎるまではこの情報のみでしばし妄想をしていただこうと思います。どんなツアーなのか? 何をするつもりなのか?つかの間の空白を貴方の予測で埋めてみてください。答え合わせは、また、後ほど」

『日食なつこワンマンツアー2017-2018(仮)』

11月04日(土)横浜BayHall
11月16日(木)名古屋 ボトムライン
11月24日(金)広島 Livejuke
11月26日(日)高松 SPEAK LOW
12月02日(土)札幌 サンピアザ劇場
12月07日(木)仙台 戦災復興記念館
12月08日(金)新潟 GIOIA MIA
12月17日(日)福岡 Gate\'7
1月08日(月・祝)東京 日本橋三井ホール
1月14日(日)大阪 なんばハッチ
1月20日(土)盛岡 CLUB CHANGE WAVE(ツアーファイナル)

<チケット>
¥4,000/ドリンク代別途
(東京/大阪は¥4,500)
■チケット先行申し込みページ http://eplus.jp/nisshoku1718/



【関連リンク】
元記事
日食なつこまとめ
androp、全国ライブハウスツアー完遂
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
日食なつこ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, リリース

androp、全国ライブハウスツアー完遂
Sun, 09 Jul 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

andropが7月7日に全国21ヶ所21公演のライブハウスツアー『one-man live tour 2017 “angstrom 0.8 pm”』のファイナルを福岡DRUM LOGOSにて迎えた。

会場によって各地趣向を凝らしたセットリストで、「一期一会」「リアル」をより大切にしてきたという今ツアー。最終日は「Dreamer」で幕を開け、「Ryusei」では歌詞の一節を 【DRUM LOGOSで歌う金曜日】 に変えるという、ライブで育ててきた曲ならではのアレンジに満員のオーディエンスからは大きな歓声が上がる。七夕にちなみ、数年ぶりに披露した「HoshiDenwa」では、「福岡は今日は曇りだけど、音楽で届けられたら。」と言い会場を幻想的な雰囲気に包み込んだ。

ツアー初日に千葉LOOKで残した「タフになって帰ってきます」の言葉通り、繊細さに加えて力強さを増し、面となって飛び込んでくる内澤のヴォーカル、伊藤の1発1発に粘りの効いたドラミング、バンドのグルーブを下支えながらも時折主張する余裕さえ見せるベース前田、繊細な指弾きから力強いソロまで、多彩な表現力を増したギター佐藤。ライブ終盤でもオーディエンスを牽引する力強さは衰えることなく、8年間やってきた経験がある今だからこそ歌える曲という「Prism」で本編を締めくくった。

アンコールでは新曲「Sunrise Sunset」でこれもまた、新たなandropが垣間見える横ノリ曲でゆったりとクールダウン。ツアーラストは力強く「Hana」で締めた。はずだったが、オーディエンスの熱は全く下がる気配は無く、観客の声に応え急遽行ったダブルアンコールでは、ステージ上で本当の締めくくりとなる曲をその場でメンバーが集まって決める「リアル」を見せて「Star」で全ての幕を締めた。

「まだ発表できないワクワクすることが沢山あります」と今後の活動にさらなる含みを持たせながら、Creepy Nutsとのコラボサマーチューンを携え、結成10周年に向けてandropは次なるフェイズへと向かっていく。コラボレーションの影響か、「ヤバい野外」になると言っていた、バンド史上初となる野外ワンマンライブ10月28日「one-man live 2017 at 日比谷野外大音楽堂」ではどんなステージを魅せてくれるか楽しみだ。

『androp one-man live 2017 at 日比谷野外大音楽堂』

10月28日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂
開場17:15/開演18:00
<チケット>
¥5,800(税込、全席指定、6歳以下の入場不可)

シングル「SOS! feat. Creepy Nuts」

2017年8月23日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7346/¥2,484(税込)
【通常盤】(CD)
UPCH-5920/¥1,296(税込)
<収録曲>
■CD
1.SOS! feat. Creepy Nuts
2.Sunrise Sunset
ほか収録予定
■DVD※初回限定盤のみ
収録内容未定



【関連リンク】
元記事
andropまとめ
家入レオ、東名阪でニューシングル発売記念イベント開催決定
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
androp
【ジャンル】
ROCK, ニュース, ライブハウス, ツアー, ライブレポ

家入レオ、東名阪でニューシングル発売記念イベント開催決定
Sun, 09 Jul 2017 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

家入レオが7月8日深夜、ニッポン放送「オールナイトニッポンR」のパーソナリティを約5か月ぶりに担当し、ニューシングル「ずっと、ふたりで」の発売にあわせ、東京・大阪・名古屋にて『家入レオ 13thシングル「ずっと、ふたりで」リリース記念スペシャルフリーイベント』を開催することを家入本人から報告された。

家入にとって、フリーイベントは4thアルバム『WE』のリリース記念として2016年7月9日にラゾーナ川崎プラザで行われて以来約1年ぶりとなる。それぞれのイベントは、発売日となる7月26日(水)に18時からラゾーナ川崎プラザ2Fルーファ広場で、7月29日(土)には12時からと16時からの2回開催で名古屋・アスナル金山 明日なる広場!にて、8月5日(土)には13時からと17時からの2回開催で大阪・あべのキューズモール3Fスカイコートにて行われる。イベントはフリーライブのほか、7月26日リリースのニューシングル「ずっと、ふたりで」購入者対象のお渡し会企画も予定されているので、詳しくはオフィシャルホームページをチェックしてみて欲しい。

そんな家入が歌う主題歌「ずっと、ふたりで」が寄り添い・盛り上げるであろう、日本テレビ系日曜ドラマ「愛してたって、秘密はある。」(毎週22時30分〜)は “愛する人の秘密をどこまで許せるか”がテーマとなる愛と秘密渦巻くラブミステリー として、いよいよ7月16日(日)に初回放送がスタート。また、この日の放送は22時からの30分拡大版として放送されることとなるのでお見逃しなく。また家入は、7月15日(土)14時〜放送のTBS系「音楽の日」への出演も決定しているので、忘れずにチェックしよう。

『家入レオ 「ずっと、ふたりで」リリース記念スペシャルフリーイベント』

7月26日(水) ラゾーナ川崎プラザ 2Fルーファ広場
時間:18:00 START
CD会場販売開始時間 16:00(*15:30まではHMVラゾーナ川崎店頭にて販売)
7月30日(日) アスナル金山 明日なる!広場
時間:1回目12:00 START / 2回目17:00START
(天候によりイベント内容を変更する場合がございますので、予めご了承下さい)
CD会場販売開始時間 10:00
8月05日(土) あべのキューズモール 3F スカイコート
時間:1回目13:00START / 2回目17:00 START
CD会場販売開始時間 10:05

<内容>
ミニライブ&特典お渡し会

<対象CD商品>
7月26日(水)発売 家入レオ 13th Single「ずっと、ふたりで」
・初回限定盤[CD+DVD] VIZL-1203/¥1,700+税
・完全生産限定盤[CD+GOODS] VIZL-1204/¥2,200+税
・通常盤[CD] VICL-37299/¥1,200+税

<お渡し会特典>
オリジナルカレンダーフォトカード
※名古屋会場と大阪会場では1回目と2回目でお渡しするカードの絵柄が異なります。
※首都圏会場、名古屋会場1回目、大阪会場1回目のデザインは共通です。
※名古屋会場2回目、大阪会場2回目のデザインは共通です。

<ミニライブ参加方法>
※ミニライブはフリーでご観覧頂けますが、「名古屋会場」と「大阪会場」のみイベント運営上の都合により、対象CD封入の「スペシャルイベント参加券」をご持参いただいた方から抽選のうえ当選した方のみが入場出来る、ステージ前方の「優先入場エリア」を設けます。
※首都圏会場は、ステージ前方エリアの「優先入場エリア」はございません。
※観覧はフリーですが、混雑状況によっては規制させて頂く場合がございます。予めご了承下さい。

<優先エリア入場方法>
※「優先エリア」への入場には、「名古屋」・「大阪」各会場でイベント当日に「スペシャルイベント参加券」をご持参頂いた方を対象に抽選を行い、当選した方に配布する優先エリア入場整理券が必要になります。
※当日は「名古屋」・「大阪」各会場とも1回目・2回目の2回公演となります。優先観覧エリアは各回入れ替え制で、優先観覧エリアへご入場頂くには抽選(ハズレの場合あり)でお渡しする各回の「優先エリア入場整理券」が必要です。

<優先エリア入場整理券 抽選開始日時・場所>
■名古屋会場
2017年7月30日(日)
抽選開始時間1回目10:00〜 / 2回目15:00〜
アスナル金山1F「成城石井」横通路
■大阪会場
2017年8月5日(土)
抽選開始時間10:05
あべのキューズモール 3Fスカイコート

※各会場、フリーライブ観覧方法、特典イベント参加方法について、さまざまな注意事項がございます。家入レオ オフィシャルウェブサイトに記載のイベント詳細、及び注意事項を必ずご確認の上、ご参加ください。

シングル「ずっと、ふたりで」

2017年7月26日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1203/¥1,700+税
<収録曲>
■CD
1.ずっと、ふたりで
2.だってネコだから
3.ヒーロー
4.ずっと、ふたりで(Instrumental)
5.だってネコだから(Instrumental)
6.ヒーロー(Instrumental)
■DVD
1.ずっと、ふたりで Music Video
2.ずっと、ふたりで MV Making Movie
3.それぞれの明日へ Music Video Another Version



【完全生産限定盤】(CD+GOODS)
VIZL-1204/¥2,200+税
※LEO IEIRI デニムストラップ付きスマホリング 封入
<収録曲>
1.ずっと、ふたりで
2.だってネコだから
3.ヒーロー
4.ずっと、ふたりで(Instrumental)
5.だってネコだから(Instrumental)
6.ヒーロー(Instrumental)



【通常盤】(CD)
VICL-37299/¥1,200+税
<収録曲>
1.ずっと、ふたりで
2.だってネコだから
3.ヒーロー
4.ずっと、ふたりで(Instrumental)
5.だってネコだから(Instrumental)
6.ヒーロー(Instrumental)

DVD&Blu-ray『5th Anniversary Live at 日本武道館』

2017年7月26日発売



【DVD】
VIBL-861/¥4,500+税



【Blu-ray】
VIXL-196/¥5,000+税



【関連リンク】
元記事
家入レオまとめ
超特急が送る旅番組が初の地上波で放送決定!
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 発表

超特急が送る旅番組が初の地上波で放送決定!
Sun, 09 Jul 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

TBSテレビの動画配信サービス「TBSオンデマンド」で、6月から配信している オリジナルバラエティ番組「オトコ磨きの旅 超特急の鋼メンタル!」の番外編 「超特急のハガメン!mini」が地上波で放送されることが決定した。

テレビ番組表にも載らず、TBSで関東ローカルのみ毎週月〜水曜日の深夜に放送され他番組「カイモノラボ」の途中に、突如始まる2分間。過去には、SKE48 やももいろクローバー、私立恵比寿中学なども出演したこの枠に超特急が登場! (「カイモノラボ」内のミニコーナー扱い。)

「ハガメン!mini」の企画誕生のきっかけとなった「オトコ磨きの旅 超特急の鋼メンタル!」とは、超特急のメンバーがオトコを磨くために日本各地でさまざまな過酷ミッションに挑むロケバラエティ!旅に出るのは、リョウガ(3号車)・ユーキ(5号車)・ユースケ(6号車)の3人。ゴールの東京ドームを目指し、新幹線の新大阪駅、新潟駅、盛岡駅か らミッションに挑戦!ミッションを通して折れない“鋼のメンタル”を手に入れ、1番早くゴールに到着するのは一体誰だ!?

■TBSオンデマンドで配信中
https://tod.tbs.co.jp/program/13715

■TBS「超特急のハガメン!mini」番組情報

7月17日(月)毎週月・火・水 深夜 3〜4時台 ※変更になる場合がございます。
※放送後、TBS オンデマンドでも配信予定
<出演者>
超特急(リョウガ・ユーキ・ユースケ)
<コーナー内容>
超特急メンバーが突如出される“mini”ミッションに挑戦! 出来そうで出来ない“ちょい”メンタルをやられるミッションを無事成功させて “ちょい”オトコを磨いていく!そして、TBS オンデマンドの見逃し作品やオススメコンテンツも紹介。



【関連リンク】
元記事
超特急まとめ
KEYTALK、新ビジュアル公開
&ニューシングル「セツナユメミシ」詳細発表

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, テレビ番組, 出演

KEYTALK、新ビジュアル公開&ニューシングル「セツナユメミシ」詳細発表
Sun, 09 Jul 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

KEYTALKが8月30日(水)に12thシングルとしてリリースする新曲「セツナユメミシ」が、NHK Eテレで放送中のテレビアニメ「境界のRINNE」第3シリーズの新オープニングテーマとして7月1日(土)より放送がスタート! 「境界のRINNE」とKEYTALKによる強力なタッグが再び実現となった「セツナユメミシ」は、作詞・作曲を首藤義勝が担当。今回もサウンドプロデュースにNARASAKI氏を迎え、原作の持つ摩訶不思議でポップな世界観と流麗なメロディラインが融合したロックチューンに仕上がっており、番組オンエアを観たファンからは高い評価を得られた。

そして、新ビジュアルに加えて、「セツナユメミシ」のアートワーク、商品内容が発表された。収録曲は「セツナユメミシ」の他に、各メンバーが作詞作曲を担当した、全4曲を収録した強力なシングルとなった。初回限定盤には2017年3月29日に代々木公園野外ステージにて行われた4thアルバム『PARADISE』発売記念フリーライブ『代々木でリリパパパラダイス』の模様を収録したDVD『代々木でリリパパパラダイス 2017.3.29 at 代々木公園野外ステージ』が付属。最新アルバム『PARADISE』より演奏された楽曲が収録される。当日、ライブの模様が生配信もされ話題となったが、特典映像として再編集され、参加した方もできなかった方もあの伝説の代々木フリーライブが堪能できる内容となっている。さらに店舗別オリジナル特典の画像も公開となり、ニューシングルに向けたプロモーションも始動している。

「KEYTALK爆裂疾風ツアー2017 〜みんなの街でパラリラパパパラダイス〜」

7月08日(土) 新潟LOTS
7月09日(日) 仙台PIT
7月12日(水) Zepp Tokyo
7月13日(木) Zepp Tokyo
7月16日(日) BLUE LIVE HIROSHIMA
7月17日(月・祝) BLUE LIVE HIROSHIMA
7月28日(金) Zepp Nagoya
7月30日(日) Zepp Osaka Bayside

シングル「セツナユメミシ」

2017年8月30日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1221/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
01.セツナユメミシ
02.タイポロジー
03.誓い
04.さよならを。夏、
■DVD
『代々木でリリパパパラダイス 2017.3.29 at 代々木公園野外ステージ』
01.Summer Venus
02.ダウンロードディスコ
03.秘密
04.STAY
05.Oh!En!Ka!

※初回限定盤のみ特殊パッケージ仕様
※スペシャルグッズプレゼント応募ハガキ封入(応募締切:2017年9月13日(水)消印有効)
※CD・DVDの収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応
ダウンロード有効期限:2018年8月30日(木)まで



【通常盤】(CD)
VICL-37309/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
01.セツナユメミシ
02.タイポロジー
03.誓い
04.さよならを。夏、

■シングル「セツナユメミシ」店舗別オリジナル特典

下記チェーン店、および、ショッピングサイトにてシングル「セツナユメミシ」(初回限定盤:VIZL-1221/通常盤:VICL-37309)を、お買い上げの方に、下記特典を先着でプレゼント致します。各特典ともに数に限りがございますので、お早めにご予約・お買い求め下さい。

■TOWER RECORDS特典 (TOWER RECORDS 全国各店 / TOWER RECORDS ONLINE)
特製・ゴムブレスバンド
■TSUTAYA特典 (TSUTAYA RECORDS 全国各店/ TSUTAYA オンラインショッピング )
特製・マスキングテープ
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
■HMV特典 (HMV全国各店/ローチケHMV)
特製・A4クリアファイル
■ヴィレッジヴァンガード川越ルミネ店・下北沢店特典
特製・缶バッジ
■Amazon.co.jp特典
特製・ポストカード
※Amazon.co.jp では、特典付き商品のカートがアップされます。特典をご要望のお客様は特典付き商品をお買い求め下さい。

■その他チェーン・CDショップ特典(※対象店は随時追加となる可能性があります。)
特製・ステッカー
<対象店舗はこちら>
・楽天ブックス
・新星堂全国各店
・WonderGOO全国各店(一部店舗を除く)
・新星堂WonderGOO楽天市場店
・山野楽器CD/DVD取扱店舗
・山野楽器オンラインショップ(一部取扱いの無い店舗もございます。)
・セブンネットショッピング
・ビクターエンタテインメント オンラインショップ
その他対象店舗は追ってご案内致します。

※上記各特典ともに数に限りがございます。お早めにご予約下さい。
※また、一部、特典の取扱いが無い店舗もございます。予めご了承下さい。
※確実に入手をご希望の方は、事前に各店舗様へご確認いただくことをお奨めいたします。



【関連リンク】
元記事
KEYTALKまとめ
Aimer、初の日本武道館公演をライブビューイング!
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
KEYTALK
【ジャンル】
ROCK, ニュース, シングル, リリース, アニメ, オープニング

Aimer、初の日本武道館公演をライブビューイング!
Sun, 09 Jul 2017 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Aimerが8月29日に行なう初の日本武道館ワンマンライブを、全国26劇場と、香港・台湾・韓国のアジア3カ国でライブビューイングにて同時上映する事が発表された。

自身初となる今回の日本武道館公演は、チケット一般発売を開始し、即日ソールド・アウトした貴重な公演。チケットを入手できなかったファンには、日本武道館の空気を生で体感できる嬉しい知らせとなる。ライブビューイング公演のチケットは7月10日9:00〜行われるファンクラブ先行(抽選)ほか、8月19日15:00〜行われる一般発売にて入手可能。各方面で精力的に活動するAimerのライブパフォーマンスを見逃さないでほしい。

『Aimer Live in 武道館 “blanc et noir” 』ライブ・ビューイング

8月29日(火)日本国内、香港、台湾、韓国の映画館
18:30 上映開始 
■開催劇場はこちら http://liveviewing.jp/aimer/
※開場時間は映画館によって異なります。
※大阪府では条例により16歳未満の方で保護者同伴でない場合、終映が19:00を過ぎる上映回はご入場いただけません。予めご了承ください。
※海外の映画館の詳細は後日発表いたします。
チケット料金:3,600円(全席指定/税込) 
※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。

<チケットスケジュール/お申込み>
■ファンクラブ先行(抽選)
7月10日(月)9:00〜7月17日(月)12:00
※ファンクラブ先行のお申込み方法詳細は、Aimer Official ファンクラブ (http://k.aimer-web.jp/)をご確認ください。
■プレリクエスト(抽選)
7月22日(土)15:00〜8月8日(火)23:59
ローソンチケット:http://l-tike.com/aimer-lv
■一般発売(先着順)
8月19日(土)15:00〜8月28日(月)12:00
ローソンチケット:http://l-tike.com/aimer-lv
ローソン・ミニストップ店内の端末「Loppi」 にて販売
※一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。

■『Aimer Live in 武道館 “blanc et noir”』ライブ・ビューイング情報サイト http://liveviewing.jp/aimer/

『Aimer Live in 武道館 “blanc et noir”』

8月29日(火)日本武道館
開場18:00/開演19:00 
※チケットSOLD OUT!

アルバム『BEST SELECTION “blanc”』

発売中



【初回生産限定盤A】(CD+Blu-ray)
SECL-2139〜2140/¥3,980(税込)
【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
SECL-2141〜2142/¥3,580(税込)
【通常盤】
SECL-2143/¥2,980(税込)

アルバム『BEST SELECTION “noir”』

発売中



【初回生産限定盤A】(CD+Blu-ray)
SECL-2144〜2145/¥3,980(税込)
【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
SECL-2146〜2147/¥3,580(税込)
【通常盤】
SECL-2148/¥2,980(税込)



【関連リンク】
元記事
Aimerまとめ
さくらしめし?、初のライフ?ハウスツアーが開幕
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
Aimer
【ジャンル】
J-POP, ニュース

さくらしめし?、初のライフ?ハウスツアーが開幕
Sun, 09 Jul 2017 09:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

高校生フォークデュオのさくらしめじが7月8日、埼玉県・HEVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3よりよりライブハウスツアー『菌育』をスタートさせた。約2時間、アコースティックギター2本とタンバリン1つを奏でて、満員のフロアと一体となったライブを繰り広げた。

昨年行った『菌活』(全47都道府県をライブしてまわる活動)で蒔いた、さくらしめじの胞子をさらに育てるために、約1年をかけて日本各地のライブハウスで月1回ライブを行なうという同ツアー。初日である7月8日の埼玉県(HEVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3)、来月の新潟県(CLUB RIVERST)のチケットは既に完売している。

photo by ハヤシサトル

■【さくらしめじ コメント】

■ 田中雅功
「僕達の思い出の地、埼玉で菌育のスタートが切れて本当に嬉しいです!これから1年間、頑張ります!」

■?田彪我
「みなさんに僕たちの家に遊びに来てもらったくらい、アットホームな空間でライブが出来て本当に楽しいです!これからも1歩ずつ菌育の道を歩いていきたいと思います!」

■【セットリスト】

ひだりむね
せきがえのかみさま
はじまるきせつ
かぜいろのめろでぃー
さんきゅう
だるまさんがころんだ
きみでした
まよなかぴくにっく
おたまじゃくし
あやまリズム
ねこの16ビート
てぃーけーじー
えそらごと
-アンコール-
いくじなし
みちくさこうしんきょく

【ライブ情報】


『菌育 in the 家(はうす)』
7月08日 埼玉県・HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心 VJ-3 (SOLD OUT)
8月06日 新潟県・新潟RIVERST(SOLD OUT)
9月10日 宮城県・仙台darwin?
10月9日 香川県・高松DIME?
11月25日 広島県・HIROSHIMA BACK BEAT?

『菌育 in the 家(はうす)スペシャル!』
9月03日 東京都・SHIBUYA CLUB QUATTRO 篇

■『菌育 in the 家(はうす)』特設サイト
http://sakurashimeji.com/kiniku/

【リリースイベント情報】


『さくらしめじ「あやまリズム」リリースイベントミニLIVE&特典会』
8月19日(土)13:30〜 イオンモール常滑 ワンダーフォレストきゅりお ワンダーステージ
8月20日(日)17:00〜 広島駅南口地下広場
8月21日(月)17:00〜 イオンモール福岡 1F ウエストコート
8月22日(火)17:00〜 神戸ハーバーランドセンタービル スペースシアター
8月23日(水)17:00〜 東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
8月24日(木)17:00〜 ららぽーと立川立飛2Fイベント広場
8月25日(金)17:00〜 イオンモール名取 1F ウエストウイング
8月26日(土)関東予定
8月27日(日)関東予定

シングル 「あやまリズム」

2017年8月23日(水)発売



【通常盤】
ZXRC-1116/¥1,111+税
<収録曲>
01.あやまリズム
02.fragile
03.ケセラセラララ

【はじめまして盤】
ZXRC-1117/¥926+税
<収録曲>
01.あやまリズム
02.fragile
03.あやまリズム(カラオケ)



【関連リンク】
元記事
さくらしめじまとめ
湘南乃風が『京都大作戦』で
10-FEETとコラボ楽曲を10年ぶりに披露

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ツアー, ライブレポ

湘南乃風が『京都大作戦』で10-FEETとコラボ楽曲を10年ぶりに披露
Sun, 09 Jul 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

湘南乃風が7月8日、2017年夏フェス第一弾となる10-FEET主催のライブイベント『京都大作戦2017 〜心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭!〜』に出演した。

湘南乃風は2017年に開催10周年を迎えた本イベントに、6回目の出演となる。超満員のオーディエンスに大歓声で迎えられ、1曲目から盟友10-FEETとのコラボ楽曲「Rockin\'Wild〜10-FEET REMIX〜」を京都大作戦で初披露!!湘南乃風と10-FEET との強力なタッグのもと、魂のこもった渾身のLIVEパフォーマンスを披露し会場を沸かせた。

そして4曲目では6月21日発売のコンセプトアルバム『踊れ』より、新曲「PAN DE MIC」をLIVE初披露!この日の為だけに制作した10-FEETへの熱い想いも込めた演出も加え、初披露となる新曲にも関わらず会場は大いに盛り上がり、観客のボルテージは最高潮へ。その興奮冷めやらぬまま湘南乃風の夏の代表曲「睡蓮歌」を披露。10-FEETも再登場し湘南乃風、10-FEETさらには会場に集まった2万人のタオル回し、そして大合唱でLIVEは終了!!終始、灼熱のパフォーマンスを見せた。

そんな湘南乃風はこの夏、東名阪の3会場で自身初の野外ワンマンライブを敢行!「湘南乃風 SummerHolic 2017」と題して、7月29、30日に三重・ナガシマスパーランド芝生広場 野外特設ステージ、8月12、13日に大阪・舞洲特設野外9月3日に神奈川・横浜赤レンガ倉庫の野外特設ステージで昼夜2回公演を実施する。チケットの一般発売は7月8日よりスタートしている。オフィシャルサイト内にオープンした「湘南乃風 SummerHolic 2017」特設ページには、チケット情報など様々な企画などが発表予定なので要CHECK!!

アルバム『踊れ』

発売中



【初回生産限定盤】(CD+LIVE DVD)
TFCC-86590/¥2,593+税
【通常盤】(CD)
TFCC-86591/¥1,667+税

「ROAD TO 15周年 超ド級野外ワンマンライブ『湘南乃風 SummerHolic 2017』」

7月29日(土) 三重県 ナガシマスパーランド芝生広場 野外特設ステージ
7月30日(日) 三重県 ナガシマスパーランド芝生広場 野外特設ステージ
8月12日(土) 大阪府 舞洲野外特設ステージ
8月13日(日) 大阪府 舞洲野外特設ステージ
9月03日(日) 神奈川県 横浜赤レンガ倉庫 野外特設ステージ(※昼夜2回公演)

■SummerHolic 2017 特設サイト
http://www.134r.com/topics/summerholic2017/



【関連リンク】
元記事
湘南乃風まとめ
10-FEETまとめ
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
湘南乃風, 10-FEET
【ジャンル】
ROCK, ニュース, レゲエ, 夏フェス, ライブレポ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1