歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年07月05日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
Suchmosのグラフィックやロゴが各地で大量出現中!!
Wed, 05 Jul 2017 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

JR渋谷駅ホーム、原宿駅通路が一夜にしてアートギャラリー化した。7月3日(月)から掲出されていたSuchmosの広告の上に、彼らと縁のある若手イラストレーター6名によるグラフィックが追加されているのだ。

さらに、さまざまなところにSuchmosロゴが出現している。渋谷スクランブル交差点ビジョン3基映像、裏原宿のストリートポスター、HMV、TOWER RECRDS、TSUTAYAといった各CDショップの店頭など。また、街中のみならず、ELLE onlineのWEBページ、放送局やCDショップ、楽器店ほか、さまざまなTwitterアイコンにも、ステンシルシートを使ってスプレーしたSuchmosロゴが出現!

すべては、7月5日にSuchmosがリリースしたシングル「FIRST CHOICE LAST STANCE」に封入のSuchmosロゴステンシルシートが端を発している。

なお、福岡のソラリアプラザにもSuchmosロゴが大量に出現中。福岡のイラストレーターによるグラフィックも展示されているので、こちらもお見逃しなく。

これらの模様はSuchmosの新レーベル、F.C.L.S.の公式Instagramで随時ピックアップ中だ。

そして、7月5日(水)から代官山 蔦屋書店には、持参したTシャツやトートバッグにそのSuchmosロゴを実際にスプレーしてもらえるという、CD購入者を対象とした「Suchmosロゴステンシルスポット」も設置されている。ワンマンライヴ「F.C.L.S. LIVE」会場限定販売のビーチサンダルもここで販売中だ。

■ELLE online
http://www.elle.co.jp/
■F.C.L.S. 公式Instagram
https://www.instagram.com/f.c.l.s.official/

シングル「FIRST CHOICE LAST STANCE」

発売中



【初回仕様限定盤】
KSCL-2940/¥1,000+税
※ストリート仕様
※Suchmos ロゴステンシルシート封入
※『TOUR FIRST CHOICE LAST STANCE』チケット先行予約応募券封入
<収録曲>
1. WIPER 
2. OVERSTAND




【通常盤】
KSCL-2940/¥1,000+税
※『TOUR FIRST CHOICE LAST STANCE』チケット先行予約応募券封入
<収録曲>
1. WIPER 
2. OVERSTAND



「Suchmosロゴステンシルスポット」

時間:7月5日(水)、6日(木)、7日(金)15:00〜19:00(受付終了)
※7月8日(土)、9日(日)12:00〜19:00(受付終了)
場所:代官山 蔦屋書店 2号館・3号館の間(エアストリーム)
条件:Suchmos 2 tracks CD「FIRST CHOICE LAST STANCE」ジャケット持参
※ステンシルサービスが完了した証としてジャケット裏面にSuchmosスタンプを押印いたします。
対象:ご持参いただいたTシャツまたはトートバッグ
※いずれも素材は綿布製に限定いたします。その他の素材は受付けられませんので、予めご了承ください。
また、ステンシルとスプレーによる手作業になりますため、個体差や、若干の滲み等が出ますこと、予めご了承ください。
ビーチサンダル限定販売:先着順・お1人様1足までの販売となります。
※ビーチサンダル販売時間も『Suchmosロゴステンシルスポット』開催時間に準じます。
※在庫が無くなり次第販売終了いたしますので、予めご了承ください。



【関連リンク】
元記事
Suchmosまとめ
爆発力に満ちたWANIMAらしい
最高のMV「ララバイ」完成!

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
Suchmos
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, ファンク, ソウル

爆発力に満ちたWANIMAらしい最高のMV「ララバイ」完成!
Wed, 05 Jul 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

WANIMAの「ララバイ」のMVが完成! 同曲はオリコンウィークリーチャート初登場3位を獲得した3rdシングル「Gotta Go!!」の収録曲であり、2017年4月から約1ヵ月間、全国の地上波CMでダウンタウン・松本人志との共演でも話題となった“タウンワーク「スタジオ」篇CMソング”としてもお馴染みだ。

“爆発力のあるWANIMAらしい疾走感あふれるMV”をコンセプトに、この先どこまでも、まだまだ突き進んでいく彼らを、WANIMAらしいストリートな場所とダイナミックな撮影で表現してした同MVは、途中途中に遊び心あふれる“小ネタ”も入っていたりと、3人の個性が見どころ満載な内容に仕上がっている。

「1106」では海の上、「TRACE」では山の上、「リベンジ」では炎の中、「ともに」では水&嵐の中と、過去MVにおいて幾度となく過酷でタフな撮影に挑戦してきたからこそ実現できた、痛快なWANIMAが観られる傑作となった。

■【KENTA(Vo&Ba) コメント】

「ララバイという言葉には子守唄という意味があります。寝つきが悪い時や心を落ち着かせたい時にオススメです。WANIMAなりの子守唄を是非ボリュームMAXで?ニヤリ」

■「ララバイ」MV


https://youtu.be/IPw_qU2kYHsシングル「Gotta Go!!」

発売中



WPCL-12663/¥1,200+税

DVD & Blu-ray『JUICE UP!! TOUR FINAL』

発売中



【DVD】※2枚組
WPBL-90438〜9/¥4,000+税
【Blu-ray】
WPXL-90160/¥4,500+税



【関連リンク】
元記事
WANIMAまとめ
イケメンすぎるEBiDANの異端児、
EBiSSHがデビューシングルを9月にリリース

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
WANIMA
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, DVD, Blu-ray, シングル, パンク, ライブ, CMソング

イケメンすぎるEBiDANの異端児、EBiSSHがデビューシングルを9月にリリース
Wed, 05 Jul 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

EBiSSHが9月20日にデビューシングル「恋はタイミング」をリリースすることがわかった。

EBiSSHはスターダストプロモーションに所属するEBiDAN(恵比寿学園男子部)のTETTA、REI、NAOYA、KOHKIからなる4人組ダンス&ヴォーカルユニット。2016年7月20日に初パフォーマンスを行ない、CDデビュー前からワンマンライヴを開催し、各会場でソールドアウトを記録! メンバーそれぞれが映画やショートフィルムへ出演し、デビュー前から各方面で異例とも言える活躍を見せており、“イケメンすぎるEBiDANの異端児”と呼ばれている。

EBiSSH初のCDとなる今作はプロデューサーにシンガーソングライターのKを迎え、作詞・作曲はKが参加するクリエイターユニット、TANTARAS(タンタラス)が手掛けた。1曲目の「恋はタイミング」は、中毒性のあるエレクトリックサウンドに乗せ、恋に不器用な男の子の気持ちを歌ったラブソングになっている。

また、リリースを記念したフリーライヴツアーも決定! 7月20日(木)のタワーレコード新宿店を皮切りに、全国で開催される。8月末には、東京・大阪でのワンマンライヴも行なう。ぜひ、会場で生のEBiSSHを体感してみよう!

シングル「恋はタイミング」

2017年9月20日発売



【A盤】
SDMC-1005/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.恋はタイミング
02.KOi・Ni・OCHi・YO!



【B盤】
SDMC-1006/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.恋はタイミング
02.KOi・Ni・OCHi・YO!



【C盤】
SDMC-1007/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.恋はタイミング
02.KOi・Ni・OCHi・YO!

EBiSSH「恋はタイミング」リリース記念 フリーライブツアー

7月20日(木)19:30〜 東京 タワーレコード新宿店・7F イベントスペース
7月22日(土)13:00〜 千葉 西武船橋・2F 屋外カーニバル広場
7月23日(日)13:00〜 東京 ららぽーと立川立飛・2F イベント広場
8月05日(土)13:00〜 神奈川 ららぽーと横浜・1F セントラルガーデン
8月06日(日)13:00〜 埼玉 大宮アルシェ・1F イベントステージ
8月12日(土)13:00〜 関西某所
8月13日(日)13:00〜 愛知 アスナル金山・明日なる!広場
8月20日(日)13:00〜 宮城 仙台 E BeanS・10F 屋上イベントスペース
…and more!!
ミニライヴ&CD予約特典会開催予定
※特典会の詳細は後日発表いたします。

「Let\'s EBiSSH!〜Are You Ready!?〜」

8月22日(火) 東京 Shibuya TSUTAYA O-WEST
OPEN 17:30 / START 18:00
8月26日(土) 大阪 梅田 Shangri-La
1部:OPEN 12:30 / START 13:00
2部:OPEN 17:30 / START 18:00



【関連リンク】
元記事
EBiSSHまとめ
恵比寿学園男子部まとめ
La PomPon、SOLD OUTの1stワンマンライブで圧巻のパフォーマンスを披露
OKMusic

【関連アーティスト】
EBiSSH, 恵比寿学園男子部
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, シングル, リリース, ツアー, ワンマン

La PomPon、SOLD OUTの1stワンマンライブで圧巻のパフォーマンスを披露
Wed, 05 Jul 2017 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

六本木発6人組ダンス&ボーカルグループ、La PomPonが7月2日(日)にTSUTAYA O-WESTにて初のワンマンライブ『La PomPon 1stワンマンライブ 〜Power of LPP〜』を開催! SOLD OUTとなったこの公演、会場には初ワンマンを楽しみに駆けつけたファン約500人で溢れかえった。

オープニング映像の「LPP DANCE ANTHEM」から、観客の大合唱が起こり、メンバー登場前から既に会場はヒートアップし、興奮の渦に包まれた。ワンマンライブの記念すべき1曲目は、デビュー曲「BUMP!!」。3年前の8月に品川ステラボールで行われた、倉木麻衣15周年ライブツアーのオープニングアクトとして披露した思い出深い曲だ。続いて「ロッポンギ音頭」、3曲目ではイントロで一人ずつCOOLなソロダンスを披露するワンマンスペシャルver.の「恋はずーく☆ダンス」を披露、「La PomPon Music 〜ロッポンギマーチ〜」では、会場全体がマーチらしい振付で一体となった。

“My Girl×舞 Girl La PomPonです!!”とおなじみの挨拶に続く、個性炸裂の自己紹介を終えると、8月30日発売の6th シングルから、デビュー前からその背中を見てきた大先輩・倉木麻衣の夏の定番曲「Feel fine!」をLa PomPonらしく元気一杯に披露し、ライブ前半が終了。

続いて、メンバープロデュースコーナーへ。まずは、YUKINOとMISAKIが2人のオリジナル曲「sunshine love」を、初のMISAKIピアノver.で披露。大人っぽくしっとりした雰囲気で楽曲を聴かせた。そのあとに登場したのは、着ぐるみに着替えたRIMA(パンダ)、KAREN(うさぎ)、HINA(ヒヨコ)の、普段から笑顔とおもしろ担当(?)の3人組。「ヤダ!嫌だ!ヤダ! 〜Sweet Teens ver.〜」の大胆リミックス「超ヤダ! Remix」を披露。CUTEな動きで一気に会場をPOPな雰囲気に変えた。そして、コーナーラストは、この日初披露となったKIRIのソロ曲「夢見るランデヴー」。傘を用いたパフォーマンスとハイトーンボイスで彼女の魅力を存分に見せつけた。

ここで、6人の普段のやりとりを思わせるメッセージアプリ風の映像で少しブレイクタイム。個性豊かなコメントのやりとりに会場が沸く中、この日初披露の新衣装で再登場。それまでの白を基調としたサロペット衣装とはガラリと異なる、黒とグラフィック模様を配置したCOOLな衣装で登場し、6th シングルから新曲「Mr.Lonely Boy」を初披露。これまでにない大人セクシーさと、「運命のルーレット廻して」を続けて披露し、歌とダンスで観客を魅了した。

MCを挟んで届けられたのは、こちらも初披露となる新曲「Sunset Dream」。KIRIがレギュラー出演しているFMヨコハマ『BREAK IT DOWN』との第2弾コラボで、前作「come on NOW」同様、番組DJのDickey作曲&KIRI作詞で、夏の夕暮れの海辺が眼に浮かぶこの楽曲はマイクスタンドを用いて披露され、これからの輝く未来を見つめるようなメンバーの表情が印象的な穏やかな時間となった。このまま波の音とともに「想い出の九十九里浜」、そして「恋のABC」、「HOT GIRLS」のCUTE POPな2曲を連続して披露した。

新衣装をマイナーチェンジし、快活な雰囲気で届けたのはKIRIが作詞、そしてYUKINOが振り付けをした攻めの楽曲「come on NOW」。ボルテージの上がった会場を、そのままたたみ込むように「恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜」を披露。クラップで熱気に包まれた会場を、HINAがその爆裂ボイスで思いっきり煽り「ヤダ!嫌だ!ヤダ! 〜Sweet teens ver.〜」へ突入。続けて、La PomPonのライブでは大定番曲となった「ロッポンギ体操 〜愛コトバはジャンパラポン!〜」では、観客同士が肩を組んで一緒に体操する光景も。そして、この日を迎えるまで努力し続けた彼女たちの姿を眼に浮かべながら、ホームタウン六本木でお馴染みの「ろっぽんぎのうた♪」を観客と大合唱。本編ラストは、TVアニメ『名探偵コナン』のオープニングテーマとして、La PomPonというグループをより多くの人に知らせた、「謎」で締めくくった。

鳴りやまないアンコールに応えて、スクリーンに映しだされたのは、活動開始の研修生時代からこれまでの想いを、自らえぐるような気持ちで赤裸々に書き留めた、それぞれのメンバーの言葉。その想いに涙する人も多い観客の元へ再度登場したTシャツ姿の6人。ファンからのサプライズのオレンジのペンライトで会場全体が光る中、心からの感謝とこれからの強い決意とともに「サヨナラは始まりの言葉」が届けられた。

いつも一緒にいるメンバーへの想い、そしてスタッフと何よりも大切なファンへのメッセージをそれぞれ語り、暖かい雰囲気に包まれた会場で、今この時の想いを込めて「Step by Step 〜ろっぽんぎで頑張るワタシタチ〜」を披露。そして、この日最後の楽曲は、観客全員がタオルを回して一体となった「ふれんず」。“これからもよろしくね”という歌詞にこの先への期待を高め、この日のパフォーマンスを終えた。

YUKINO「今日はみなさま、ワンマンライブにお越しいただき本当にありがとうございました!」
HINA「皆さんのおかげで最高のワンマンになりました!」
RIMA「ですが、まだ、夢の途中です!」
MISAKI「まだまだみなさんと前進していきたいです!」
KIRI「絶対に次のステージに進みたいと思っています!」
KAREN「これからも私たちの応援、よろしくお願いします!」

2時間超で計23曲を披露、他に類を見ない思い切り歌ってキレキレに踊れるグループのLa PomPon。8月30日には6th シングルの発売が決定しており、彼女たちのこの先を大いに期待せざるを得ない記念すべき1stワンマンは大成功で幕を下ろした。

photo by 達川範一

■【セットリスト】

M1 BUMP!!
M2 ロッポンギ音頭
M3 恋はずーく☆ダンス
M4 La PomPon Music 〜ロッポンギマーチ〜
M5 Feel fine!
M6 sunshine love
M7 超ヤダ!!Remix
M8 夢見るランデヴー
M9 Mr.Lonely Boy
M10 運命のルーレット廻して
M11 Sunset Dream
M12 想い出の九十九里浜
M13 恋のABC
M14 HOT GIRLS
M15 come on NOW
M16 恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜
M17 ヤダ!嫌だ!ヤダ! 〜SweetTeens ver.〜
M18 ろっぽんぎ体操 〜愛コトバはジャンパラポン!〜
M19 ろっぽんぎのうた♪
M20 謎
En1 サヨナラは始まりの言葉
En2 Step by Step 〜ろっぽんぎで頑張るワタシタチ〜
En3 ふれんず

シングル「Feel fine! / Mr.Lonely Boy」

2017年8月30日(水)発売



【完全限定盤】(CD+PHOTO BOOK 32P(予定))
¥3,240(税込)
※1,000枚限定
※封入特典
・メンバー全員直筆サイン入りスペシャルジャケット
・東名阪スペシャルライブチケット
<収録曲>
1. Mr.Lonely Boy
2. Feel fine!

【初回限定盤】(CD+DVD)
¥2,300(税込)
<収録曲>
■CD
1. Feel fine!
2. Mr.Lonely Boy
3. Sunset Dream(FMヨコハマ「BREAK IT DOWN」第2弾コラボ曲)
4. BUMP!! -Summer Remix-
■DVD
・「Feel fine!」MUSIC VIDEO
・Making of 「Feel fine!」

【通常盤】(CD)
¥1,200(税込)
<収録曲>
1. Feel fine!
2. Mr.Lonely Boy
3. ふれんず(アニメ「タマ&フレンズ〜うちのタマ知りませんか?」主題歌)

◎全形態共通封入特典
直筆メッセージ[プリント]入り各メンバートレカ
※全7種類のうち1枚をランダム封入




【関連リンク】
元記事
La PomPonまとめ
Charisma.com、“らぶ”のお相手はBRADIO!
OKMusic
女性アイドル一覧

【関連アーティスト】
La PomPon
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, ワンマン, ライブレポ

Charisma.com、“らぶ”のお相手はBRADIO!
Wed, 05 Jul 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Charisma.comが、9月26日(火)に開催するSHIBUYA CLUB QUATTROでの2マンライヴ。その対バンアーティストが、BRADIOであることがわかった。

この2マンライヴ企画は「Charisma.com企画『○○○○○○ らぶ』」と題され、○の中に入る対バンアーティスト名を予想するTwitter企画を行なっていたが、今回その正解が「Charisma.com企画『BRADIO らぶ』」であることがアナウンスされた。

かねてより相思相愛だった2組によるライヴ企画で、さらに当日はCharisma.comから“重要なお知らせ”があることも予告された。

チケットはそれぞれのオフィシャルHP先行がスタートしているので、早めのチェックを! 申し込みは7月17日(月)23:59まで。

「Charisma.com企画『BRADIO らぶ』」

9月26日(火) 東京 SHIBUYA CLUB QUATTRO
開場 / 開演 18:30 / 19:30
出演:BRADIO、Charisma.com
料金:オールスタンディング ¥3,500(ドリンク代別途)

◎チケットオフィシャルHP先行
7月17日(月)23:59まで
■Charisma.com HP先行
http://w.pia.jp/s/charismacomom17of/
■BRADIO HP先行
http://w.pia.jp/s/bradio17of/

アルバム『not not me』

発売中



WPCL-12530/¥2,593+税



【関連リンク】
元記事
Charisma.comまとめ
BRADIOまとめ
松崎しげる主催『黒フェス2017』第二弾出演者に
高橋洋子とTEE

OKMusic

【関連アーティスト】
Charisma.com, BRADIO
【ジャンル】
J-POP, ニュース, バンド, ユニット, 発表, ヒップホップ, ラップ, ファンク, ライブ

松崎しげる主催『黒フェス2017』第二弾出演者に高橋洋子とTEE
Wed, 05 Jul 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今年も9月6日(水)、松崎しげるの日(日本記念日協会認定)に東京・豊洲PITで開催される松崎しげるプレゼンツ『黒フェス2017〜白黒歌合戦〜』。先月、八代亜紀・ももクロ・サンボマスターなど第一弾出演者がアナウンスされたが、早くも第二弾出演者が発表となった!

第二弾で発表されたアーティストは2組。1組目はアニメソングの世界では知らない人がいないであろう「高橋洋子」。テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のオープニング曲「残酷な天使のテーゼ」等を歌唱しているアニソン界のディーバである。そして、2組目は広島が生んだエンターティナー「TEE」。彼の代表曲であるラブソング「ベイビー・アイラブユー」はYouTube再生回数1,700万回を超える。白黒の定義がどこにハマるのかは別として、両者とも誰もが一度は耳にしたことのある代表曲を持っており歌合戦には相応しい参戦だ。

まだまだ追加の出演者や、当日まで駆け込みの仕掛けが多いに期待できる『黒フェス2017』。7月5日よりプレイガイド先行発売もスタートする。

『黒フェス2017〜白黒歌合戦〜』

日時:9月6日(水)  ※松崎しげるの日(日本記念日協会認定)
場所:東京・豊洲PIT
時間:17時開場/18時開演
※飲食、物販、外エリアは16時より開場

<出演>
■第二弾出演者
高橋洋子、TEE
■第一弾発表出演者 ※五十音順
松崎しげる、サンボマスター、祭nine.、宮前杏実(ex.SKE48)、ミラクルひかる、ももいろクローバーZ、八代亜紀、吉田山田
■オープニングアクト
MILLEA
■応援
三遊亭円楽、国広富之(トミー)

<飲食ブース>
日本橋たいめいけん
お茶の水、大勝軒
ビィズ・ショコラ

<チケット>
■ぴあ
・プレリザーブ
7月5日(水)11:00〜7月12日(水)11:00
http://w.pia.jp/t/kurofes-d/
■ローソン
・プレリクエスト
7月7日(金)18:00〜7月19日(水)23:59
http://l-tike.com/kurofes
■イープラス
・プレオーダー
7月7日(金)18:00〜7月13日(木)18:00
http://eplus.jp/kurofes/



【関連リンク】
元記事
松崎しげるまとめ
高橋洋子まとめ
TEEまとめ
氷川きよし×GReeeeNの初コラボ曲「碧し」、
歌詞を前面に打ち出したMV公開


【関連アーティスト】
松崎しげる, 高橋洋子, TEE
【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース

氷川きよし×GReeeeNの初コラボ曲「碧し」、歌詞を前面に打ち出したMV公開
Wed, 05 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

氷川きよしに「深夜便のうた」としてGReeeeNが書き下ろした楽曲「碧(あお)し」。そのMVが公開された。

「深夜便のうた」制作スタッフによる“氷川きよしで音楽ジャンルの枠を超え、幅広いリスナーが共感できるような楽曲を制作したい”との提案から始まった今回のコラボ。打ち合わせを重ねる中で、日本のポップスシーンを牽引し、幅広い世代が共感するGReeeeNに作詞・作曲を依頼することになり、GReeeeN側が快諾して実現した。

作詞・作曲のみならず、編曲やミックスまでGReeeeNサイドで楽曲制作を行ない、ヴォーカリスト・氷川きよしの新たな魅力を引き出す作品に仕上がった。公開されたMVでは「碧し」の世界観を表現し、その歌詞を前面に打ち出している。気になるフルバージョンは、放送中の「深夜便のうた」や配信中の楽曲で確かめてみてほしい。

■【コメント】

■氷川きよし
「ラジオ深夜便のうたを氷川きよしが歌うと聞いて、リスナーの皆様は「演歌かな?」と思われたかと思います。GReeeeN さんの作詞・作曲と知って、きっと驚かれたことでしょう。実は、僕自身も驚きました。「僕で大丈夫なのかな」と思ったんです。歌い方、表現など手探りでレコーディングを進めて、出来上がりを聴いたら、グッと胸にくるものがありました。

歌い出しの「2月2日」という歌詞ですが、実は僕のデビュー記念日なんです。それを歌詞に使ってくださったりして、歌いながら、一つ一つの言葉に感動しました。まるで、GReeeeN さんのマジックにかけられたような感覚です。

この曲を世代を越えて、多くの皆様に聴いていただきたいです。そして、何かを乗り越えたり、前に進むきっかけや希望になればうれしいです。ラジオ深夜便からお送りする、氷川きよしで『碧(あお)し」、ぜひ、聴いてください」

■GReeeeN
「皆様どうも!
GReeeeN と申します!
この度、氷川きよしさんに楽曲提供させていただく事になりました!!!
人は幾つもの出逢いと別れを繋いで、前へ進みます。
そんなアリガトウや、またね
が、人生においての大事な瞬間の力になります。
2/2 という歌詞から始まる物語、氷川さんの出逢い始まりとこれから。そんな物語を歌っていただけて光栄に思っております。
碧(ミドリ)の未知の可能性を抱え、
碧(キヨ)い情熱で、
碧(アオ)い自分と前へ進んで行く、
この曲が、触れてくださった方のそんな曲になっていってくれたらと思います。
碧し(アオシ)、誰かの何かになれれば幸いです」

■「碧し」MV


https://www.youtube.com/watch?v=HWYdQ5f_kIo配信楽曲「碧し」

配信中



COKM-40125/¥250(税込)
レコチョク、iTunesほかで配信



【関連リンク】
元記事
氷川きよしまとめ
GReeeeNまとめ
『ハチミツ』で知るスピッツのバンドとしての風格
OKMusic

【関連アーティスト】
氷川きよし, GReeeeN
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, ヒップホップ, 演歌, 音楽配信

『ハチミツ』で知るスピッツのバンドとしての風格
Wed, 05 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

スピッツが今年結成30周年を迎えた。7月5日には、CD3枚組に新曲3曲を含む全45曲収録した大ボリュームのシングル・コレクション・アルバム『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』を発表。すでにアニバーサリーの全国ツアーも始まっている。その楽曲が長きに渡って多くのリスナーに愛され続けている、国民的人気を誇るバンドのひとつであるがゆえに、もはやその解説も無粋であろうとは思うが、彼らの特徴を改めて語れるのも、こうした節目の年なればこそ。ブレイクのきっかけとなった6thアルバム『ハチミツ』を題材に、“スピッツとはどんなバンドであるのか?”という、今さら聞けない話題にあえて踏み込んでみた。

■15年近くアリーナ公演を行なわなかった理由

スピッツ結成30周年記念となる全国ツアー『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”』が7月1日、静岡エコパアリーナからスタートした。スピッツのアリーナツアーはこれが初めてではなく、2009年、2011年、2014年、そして今回と、これで4度目となるが、シングル、アルバムともに数々のミリオンヒットを持つ30年選手としては、このアリーナツアーの回数は極めて少ないと言える。作品の売上、その認知度だけを考えれば、スピッツはこれまでドームツアーを行なっていても何ら不思議ではないバンドであろう。ちなみにスピッツが日本武道館公演を初めて開催したのは2014年。今から3年前である。これを知った時、意外という感慨を通り越して、唖然としてしまった。もはやデビューから2〜3年で武道館公演を実現するアーティストも少なくないのに──。彼らが初めてアリーナツアーの開催を決めたのはそれ以前だが、シングル「ロビンソン」が大ヒットした1995年から数えても、実に15年近く経ってからのことだ。アリーナツアーの解禁はライヴハウス、ホールではチケットが入手困難であったという理由からだそうだが、それだけならもっと早く決定しているはずで、そこには音響技術も関係していたのでは?と筆者は想像する。彼らが頑なにアリーナを拒んできたのは、広すぎる会場では観客との一体感を上手く作り出せないからだったと聞いた。その一体感とは、生歌を聴いた会場の全員が肩を組んで一緒に歌うようなものではなく、バンドサウンドをライヴでできる限り忠実に再現することで、それをオーディエンスと共有するといったものではなかったか。その昔は聴く位置によって音が変わるなど、大きい会場での音響は必ずしも良くなかった。つまり、PA技術、スピーカー性能がアップしたことで、アリーナ級の会場でもある程度、納得のいく音が出せるようになってスピッツはアリーナを解禁したのではないだろうか。実際、ここ10年間はフェスを含めて大規模な会場でのコンサートが増え、音のクオリティーは確実にアップしているとも聞く。まぁ、スピッツの真意は分からないが、彼らの作品にあるバンドアンサンブル、サウンドアプローチを聴くと、この仮説もそう的外れではない気はする。

■問答無用、高水準のメロディー

ということで、その辺のスピッツ・サウンドの特徴を含めて、以下、アルバム『ハチミツ』を探っていこうと思う。まず、歌のメロディーからいこう──とか、意気込んだような前置きをしておいて何だが、草野マサムネ(Vo&Gu)の書くメロディーに関しては、少なくとも本コラムを読んでいるような音楽ファンにはもはや説明不要だろう。メロディアスでキャッチー。シングル曲として大ヒットしたM2「涙がキラリ☆」、M6「ロビンソン」、そして、シングル「涙がキラリ☆」のカップリングにもなったM4「ルナルナ」、シングル候補であったというM5「愛のことば」は文句なしで、それ以外も良質でポピュラリティーの高い歌メロばかりである。どこかノスタルジックで日本人の琴線を刺激する旋律でありつつも、だからと言って懐古的でもなく、複雑すぎず、単純すぎず、たとえマイナーなメロディーでもしっかりと抑揚があって、その上、伸びもある。聴いていて気持ちが良い。説明不要と言いながら、クドクドと書いてしまったが、そういうことだと思う。調子に乗ったついでに加えて言うなら、草野の声質と言葉の乗せ方も、その良質なメロディーをさらに秀逸なものに仕上がっていると思う。レンジが広く、シルキーなハイトーンを聴かせる一方で、低音域では独特の揺らぎを見せる天性の声。やわらかくも凛とした表情を見せるヴォーカリゼーションが歌をさらに立たせているのは間違いない。また、音符にしっかりと日本語を乗せている歌詞も目立つ。桑田佳祐や佐野元春のメソッドとは真逆というか、詰め込んだり、間延びさせたりせずに──こういうと若干語弊があるかもしれないが、誤魔化している印象がないのだ。日本語ネイティブにはメロディーがすんなり耳に馴染むメリットがあると思われ、これもスピッツの特徴と言っても間違いないと思う。この指摘が正しいか否かはみなさんの判断にお任せするが、いずれにしても、スピッツ最大のフック=掴みはそのメロディーであることは疑いようがないであろう。

■ギタリストはバンドの最重要プレイヤー

ここからが重要である。では、スピッツは単にメロディーのいいバンドなのかと言うと──もしかすると彼らのシングルヒット曲しか知らないという一般リスナーにとってはその程度の認識なのかもしれないし、それはそれでメロディーの優秀さが広範囲に伝播した証左であって良きことではあろうが、賢明な読者ならご存知の通り、スピッツはメロディーのいいだけのバンドではないのである。このメンバーであるからこそ成立している楽曲ばかりであり、バンドである必然性を強烈に抱くバンドがスピッツである。個別に見ていく。まず、三輪テツヤ(Gu)のギター。個人的には実は歌メロよりも重要だと感じるのが、この人のギターである。やはりシングルチューンが聴きやすいと思うので、M2「涙がキラリ☆」やM6「ロビンソン」を改めて聴いてみてほしい。「涙がキラリ☆」のイントロのギターフレーズはサビの歌メロを超えるインパクトがあり、ド頭から「この楽曲はしっかり聴くべし!」と思わせるに十分だ。Aメロのアルペジオもいい。歌メロを殺すことなく、ちゃんと自己主張している。歌とギター、両雄が並び立っている印象だ。「ロビンソン」でのアルペジオも素晴らしい。あの楽曲のどこか物憂げな雰囲気を醸し出しているのはあのギターだ。メインのアルペの裏にもうひとつアルペがあり、さらにアコギも加わって、さながら弦楽多重奏のような構築美も聴かせる。単音弾きのギターはM1「ハチミツ」、M3「歩き出せ、クローバー」、M5「愛のことば」、M9「Y」でも聴くことができ、『ハチミツ』以降の作品でもスピッツ・サウンドを象徴するものとなっていることも言うまでもなかろう。また、これ以外にも、M3「歩き出せ、クローバー」では歪んだ音作り、M6「トンガリ\'95 」はパンク的なリフ、M7「あじさい通り」でレゲエ、M10「グラスホッパー」はハードロック的なアプローチと、多彩なギターサウンドを聴かせる。三輪テツヤもバンドの最重要プレイヤーであること──これもまた間違いない。

■楽曲を引っ張り、しっかりと支えるリズム隊

続いて、リズム隊である。田村明浩(Ba)、崎山龍男(Dr)両名のバンドにおける役割も極めて大きい。これもまたシングル曲を例に挙げるのが分かり易かろう。M6「ロビンソン」。ギターがあの楽曲のどこか物憂げな雰囲気を醸し出していると前述したが、この楽曲のリズムはそれと相反するかのように躍動的で、ドラムスのフィルイン(オカズ)は若干前のめりなほどだ。歌詞に《大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の風に乗る》とあるが、楽曲に舞い上がっていくような推進力を与えているのはリズム隊である。「涙がキラリ☆」は、まずベースラインが特徴的だ。イントロのギターが派手だからか、あるいはAメロのアルペジオがシンプルだからか、ベースラインはよく動く。歌に対する裏メロのようだ。ベースの動きがもっとも印象的なのはM4「ルナルナ」やM11「君と暮らせたら」だろうか。この辺のベースラインに耳を傾注すると、大袈裟でなく、「スピッツの楽曲はベースが引っ張っている」と確信させられるほどである。楽曲の芯の部分、特にそのポップ感を司っているのは田村のベースであると思う。ベースが動く分、崎山のドラムスは実直にリズムをキープする。とはいえ、「涙がキラリ☆」のサビでのトップシンバルの刻みであったり、「ロビンソン」で重めのシンバルをユニゾン的に鳴らしたりと、細かくアクセントを付けているため、決して単調ではない。そこが心憎い。さりげなく、歌、弦楽器を邪魔することなく、それでいて、最初からそこに備わっていたかのようであり、それ抜きでは楽曲全体が成立しないようなフレーズを入れ込んでくる。崎山龍男は、そんな職人的とも言えるドラミングを魅せるアーティストであると思う。

さて、ファンのとっては“何を今さら…”であろうが、ここまで書けばスピッツをよく知らない読者もスピッツがロックバンドらしいロックバンドであることが分かっていただけたのではないかと思う。草野マサムネの作るメロディー(歌詞も含む)に、三輪テツヤのギター、田村明浩のベースがそれぞれに絡み合い、時に別のアプローチでお互いを彩り、それらのボトムを崎山龍男が支える。誰ひとり欠けても成立しないという点において、スピッツの楽曲はバンドならではものである。ここでダメ押しをひとつ。その証拠は、他アーティストによるスピッツのカバー曲を聴けばよく分かる。おあつらえ向きなことに、アルバム『ハチミツ』に関しては、『JUST LIKE HONEY-「ハチミツ」20th Anniversary Tribute-』という、さまざまなアーティストが『ハチミツ』の楽曲をカバーしたアルバムがある。この収録曲はメロディー自体は変わっていないが、バンドアンサンブルは大きく異なるものがほとんどで、パッと聴き、違和感というか、収まりの悪さを感じるリスナーがいても不思議ではないと思う。だが、そのどこかムズムズする感じこそが『ハチミツ』収録曲本来の姿がスピッツならではのバンドサウンドで構築されている証左だし、一方、参加アーティストがコピーではなく、自らの個性と技量でしっかりとカバーした証であろう。『ハチミツ』、あるいはスピッツ・サウンドの真実を探る意味で、『JUST LIKE HONEY』は優れたトリビュート盤であるし、併せて聴くことをおすすめしたい。また、話は最初に戻るが、今回のツアー、あるいは今後のコンサートでスピッツの生音を聴く機会に恵まれた人は、そのバンドとしてのポテンシャルを感じてほしいものである(と、言われんでも目の当たりにするだろうけど…)。

TEXT:帆苅智之

アルバム『ハチミツ』

1995年9月20日発売



<収録曲>
1.ハチミツ
2.涙がキラリ☆
3.歩き出せ、クローバー
4.ルナルナ
5.愛のことば
6.トンガリ’95
7.あじさい通り
8.ロビンソン
9. Y
10.グラスホッパー
11.君と暮らせたら



【関連リンク】
元記事
スピッツまとめ
コレサワ、話題の失恋女子への
応援ソング「SSW」を先行配信

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
スピッツ
【ジャンル】
ROCK, ニュース, 連載コラム

コレサワ、話題の失恋女子への応援ソング「SSW」を先行配信
Wed, 05 Jul 2017 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

コレサワが8月9日にリリースするメジャーデビューアルバム『コレカラ―』より、リード曲「SSW」(読み:シンガーソングライター)がiTunes、レコチョク他配信サイトで先行配信された。

同曲は失恋女子への応援ソングで爽快なアップチューンとなっていて、公開中のMVがすでに若者を中心に話題に! アルバムの発売が待ちきれないという人は、ぜひともこの機会にチェックしてみてほしい。なお、「SSW」は日本テレビ系『バズリズム』POWER PLAYにも決定している。

また、アルバムの発売を記念して、タワーレコードで一日店長会イベントを実施することも発表となった。2ヵ所で予定されており、8月5日(土)13:30からタワーレコード梅田大阪マルビル店、8月10日(木)19:30からタワーレコード渋谷店で開催される。

本イベントは、対象店舗でアルバム『コレカラー』を予約すると、特典お渡し会&れ子ちゃんの着ぐるみを着用したコレサワとの2ショット撮影会に参加できるというもの。各日先着となっているので、お早めに! なお、コレサワが一日店長を実施するのは今回が初。

そして、コレサワはアルバム『コレカラー』を引っさげて、初のワンマンツアー「コレサワ ワンマンツアー 2017 君の街にいくカラー 」を開催。オフィシャルHP2次抽選先行は7月5日(水)23:59までとなっている。

◎「SSW」先行配信
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/artist/コレサワ/id985165843?app=itunes&ls=1
■レコチョク
http://recochoku.jp/artist/2000389140/

■「SSW」MV


https://youtu.be/VolCXD33PoQコレサワ1st Album「コレカラー」発売記念1日店長会イベント

8月05日(土) 大阪 タワーレコード梅田大阪マルビル店
【集合時間】13:00(スタッフがご誘導致します) / 13:30スタート
【内容】特典お渡し&れ子ちゃん2ショット撮影会

8月10日(木) 東京 タワーレコード渋谷店3Fレジカウンター&4Fイべントスペース
【集合】3F / 19:30スタート
【内容】特典お渡し&れ子ちゃん2ショット撮影会

※今回のリリースでのインストアイベント開催は上記2会場のみになります。
※2ショット撮影会は、れ子ちゃんの着ぐるみを着用したコレサワとの撮影となります。
http://www.crownrecord.co.jp/artist/koresawa/schedule.html

「コレサワ ワンマンツアー 2017 君の街にいくカラー」

〜ぼっち編〜
10月28日 (土) 札幌musica hall cafe
11月03日 (金・祝) 新潟ブルーカフェ
11月04日 (土) 仙台コーヒー
11月11日 (土) 浜松窓枠Cafe AOZORA 
11月12日 (日) someno kyoto
11月17日 (金) 広島Live Juke 
〜仲間編〜
12月06日(水) 福岡 Queblick 
12月08日(金) 名古屋ell.SIZE
12月09日(土) アメリカ村 FANJ twice
12月14日(木) 渋谷WWW
12月15日(金) 渋谷WWW 

◎チケット一般発売:9月2日(土)
チケット代:前売 ¥3,000税込 当日 ¥3,500税込(各1D別)
チケット代:前売 ¥3,500税込)当日 ¥4,000税込(各1D別)※東京のみ
入場制限:未就学児童入場不可

◎コレサワオフィシャルHP2次抽選先行 6/30(金)18:00〜7/5(水)23:59
http://eplus.jp/sys/main.jsp?prm=U=14:P1=0005:P2=169983:P3=0018:P3=0019:P3=0020:P3=0021:P3=0022:P3=0023:P3=0024:P3=0025:P3=0026:P3=0027:P6=987:P10=10

アルバム『コレカラー』

2017年8月9日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
CRCP-40521/¥3,333+税
※コレカラーキラキラケース仕様
<収録曲>
■CD
1.SSW
2.死ぬこと以外かすり傷
3.君のバンド
4.あたしを彼女にしたいなら
5.たばこ
6.失恋ソングを歌ったあとに
7.お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな
8.君とインドカレー
9.阪急電車と2DK
10.女子諸君
11.24歳
12.これから
■DVD
・「SSW」MUSIC VIDEO
・「たばこ」MUSIC VIDEO
・「あたしを彼女にしたいなら」MUSIC VIDEO
・「君のバンド」MUSIC VIDEO
・「J-POP」(LIVE)(2017年2月5日 コレサワ ワンマンショー「コレシアター03」にて収録)
・「最終電車」(LIVE)(2017年2月5日 コレサワ ワンマンショー「コレシアター03」にて収録)
・「コレサワの超難関ジェスチャークイズ」




【通常盤】(CDのみ)
CRCP-40522/¥2,778+税
<収録曲>
1.SSW
2.死ぬこと以外かすり傷
3.君のバンド
4.あたしを彼女にしたいなら
5.たばこ
6.失恋ソングを歌ったあとに
7.お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな
8.君とインドカレー
9.阪急電車と2DK
10.女子諸君
11.24歳
12.これから



【タワーレコードオンライン予約限定セット】
CRCP-40522X/¥4,611+税
※通常盤CD+コレカラーモチーフトート(アナザージャケット)
予約期間:2017年7月7日(金)18:30まで
http://tower.jp/item/4534347/



【関連リンク】
元記事
コレサワまとめ
メガマソ、冬眠から目覚めた公演をDVD化
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, アルバム, リリース

メガマソ、冬眠から目覚めた公演をDVD化
Wed, 05 Jul 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2016年12月10日、品川インターシティーホールで1年間の冬眠から目覚めたメガマソ。バンド史上初の全席指定ソールドアウトとなった同公演のライヴ映像が、DVD発売されることが決定した。

結成10周年記念両A面シングル「ふとん史/ザセカンドニムバス」、冬眠前に会場限定でリリースされた「フロスチ」、当日会場限定でリリースされた新曲「雨降る夜に」、デビュー作「涙猫」など、全22曲を収録。SPACE SHOWER STOREで予約販売がスタートしているので、ぜひチェックしてみよう!

DVD『MEGAMASSO LIVE 2016 THE FIRST REUNION,SECOND NIMBUS 2016.12.10品川インターシティーホール』

2017年7月5日17時〜7月12日23:59予約受付・2017年7月20日〜順次発送



MMZ-0003/¥5,556+税
<収録曲>
01.ザセカンドニムバス
02.トローネエンゼル
03.スノウィブルー
04.星降町にて
05.chimes
06.万国砂糖品評会(最優秀甘味賞受賞)
07.タイダルピンク
08.リフレイン
09.水没寺院
10.フロスチ
11.ふとん史
12.ベゾアルステーン
13.サイレントガール
14.LIPS
15.ザワールドイズマイン
16.雨楽器隊
17.雨降る夜に
18.ドリムトシクレトルム
19.芋虫の主
20.Loveless,more Loveless
21.ニューロマンサー(神経系亜人性)
22.涙猫
※予約特典:スペシャストア限定チェキ付き(おひとり様1枚ランダムになります)
https://spaceshowerstore.com/detail.php?goods_id=1212

アルバム『天使崩壊』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
DDCB-94014/¥3,241+税
<収録曲>
■CD
1.シスタン 
2.天使崩壊 
3.いきはよいよい、かえりはこわい。
4.フラワリングピッツィカート
5.ふとん史
6.Juice
7.ウイウイ
8.削り氷にあまづら入れて
9.HOOPS
10.ichigoサマーデイズ楽しみさい。
■DVD
1.天使崩壊Music Video
2.天使崩壊 Off Shot



【通常盤】(CDのみ)
DDCB-14053/¥2,500+税
<収録曲>
1.シスタン 
2.天使崩壊 
3.いきはよいよい、かえりはこわい。
4.フラワリングピッツィカート
5.ふとん史
6.Juice
7.ウイウイ
8.削り氷にあまづら入れて
9.HOOPS
10.ichigoサマーデイズ楽しみさい
11.フロスチ (通常盤のみボーナストラック)



【関連リンク】
元記事
メガマソまとめ
吉澤嘉代子、SHISEIDO「インクストローク アイライナー」Web CMソングを書き下ろし
OKMusic
ヴィジュアル一覧

【関連アーティスト】
メガマソ
【ジャンル】
ヴィジュアル, ニュース, バンド, DVD, リリース, ライブ

吉澤嘉代子、SHISEIDO「インクストローク アイライナー」Web CMソングを書き下ろし
Wed, 05 Jul 2017 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

女性シンガーソングライターの吉澤嘉代子が、SHISEIDO「インクストローク アイライナー」Web CMソングとして新曲「怪盗メタモルフォーゼ」を書き下ろした。

「怪盗メタモルフォーゼ」は《ダーリン 私を脱ぎ捨てて 待てないの 目を閉じて》と歌われる、アイライナーを想起させるポップな楽曲に仕上がっている。アートディレクターの千原徹也(れもんらいふ)監修のもと、Web CMは講談社『ViVi』『VOCE』『FRaU』3誌がタッグを組み、3パターンの動画が公開された。

『VOCE』には林田岬優、『FRaU』には 鈴木えみ、『ViVi』 には藤井サチと、各バージョンに人気モデルが登場。『FRaU』『ViVi』バージョンは吉澤嘉代子が歌唱、『VOCE』バージョンは林田岬優自身が初の歌唱担当をした動画となっている。

■SHISEIDO「インクストローク アイライナー」Web CM 『FRaU』モデル:鈴木えみ


https://youtu.be/-mSnA-slxgI■SHISEIDO「インクストローク アイライナー」Web CM 『VOCE』モデル:林田岬優


https://youtu.be/t5mVH9vxwrk■SHISEIDO「インクストローク アイライナー」Web CM 『ViVi』モデル:藤井サチ


https://youtu.be/PKPhDMcjaU4

【関連リンク】
元記事
吉澤嘉代子まとめ
DIR EN GREY・Shinyaのソロプロジェクト、SERAPHがついに本格始動!
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
吉澤嘉代子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, 新曲, TVCM, CMソング

DIR EN GREY・Shinyaのソロプロジェクト、SERAPHがついに本格始動!
Wed, 05 Jul 2017 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年3月31日(金)にDIR EN GREYのShinya(Dr)のソロプロジェクト、SERAPH(セラフ)が突如発表されてから約3ヵ月。ついに1stシングル「G?nesi」のリリースが8月18日に決定した。

表題曲「G?nesi」は映画『霊眼探偵カルテット』の主題歌に起用。イントロからストリングスが広がり、美しいメロディーにピアノが絡み合う壮大な楽曲となっている。楽曲のミックスを施したのは、世界で活躍する数々のアーティストを手掛けるチュー・マッドセンで、音楽通を唸らせるそのサウンドに期待が高まるところ。

シングルの特典DVDに収録される表題曲「G?nesi」のリリックビデオには、VAMPSやSUGIZOら名だたるアーティストの作品を手掛ける二階健が監督・映像制作を担当。“創世記”を意味する「G?nesi」の世界観を引き出す作品に仕上げた。

1stシングル「G?nesi」は、7月6日(木)より月額ブログマガジン「Shinya Channel」会員を対象に、アーティスト公式通販サイト「GALAXY BROAD SHOP」で先行予約受付がスタートする。

また、表題曲「G?nesi」がiTunes Store、music.jp、dowango.jpで先行配信中! SERAPHの最新かつ独特な世界観をいち早く堪能したいリスナーは、ぜひチェックしてみてほしい。

◎「G?nesi」先行配信
■iTunes Store
https://itun.es/jp/rngVkb?app=itunes
■music.jp
https://goo.gl/UgcKt5
■dowango.jp
http://r.dwango.jp/iCG9TZNb

シングル「G?nesi」

2017年8月18日発売



SRPH-001〜2/¥2,400+税
<収録曲>
■CD
01.G?nesi
02.G?nesi {Instrumental Version}
03.G?nesi {Orchestra Version}
■DVD
01.G?nesi {Lyric Video}
02.Special Clip
※収録内容及び仕様等は変更になる可能性がございます。
※数量限定のため、予定数が無くなり次第販売を終了致します。予めご了承ください。

<先行予約受付>
公式通販サイト「GALAXY BROAD SHOP」
http://www.galaxybroadshop.com/

<受付期間>
■Shinya Channel会員先行
{受付期間}
2017年7月6日(木)12:00〜7月21日(金)23:59
{発売日程}
2017年8月18日(金)より発送致します。
■一般
{受付期間}
2017年7月22日(土)12:00〜
※数量限定のため、予定数が無くなり次第販売を終了致します。予めご了承ください。
{発売日程}
2017年8月25日(金)より発送致します。

<早期予約特典>
受付期間:2017年7月6日(木)12:00〜年7月21日(金)23:59
対象:期間内に1st SINGLE『G?nesi』をご予約されたShinya Channel会員様
特典内容:ポストカード
※1商品ご予約につき、特典を1枚差し上げます。
※Shinya Channelご入会はコチラ
http://www.co-yomi.com/shinya/account.php



【関連リンク】
元記事
DIR EN GREYまとめ
androp × Creepy Nuts、サプライズで初共演“ウェイ!”
OKMusic
ヴィジュアル一覧

【関連アーティスト】
DIR EN GREY
【ジャンル】
ROCK, ヴィジュアル, ニュース, シングル, リリース, 音楽配信

androp × Creepy Nuts、サプライズで初共演“ウェイ!”
Wed, 05 Jul 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

andropが7月4日(火)にワンマンライヴハウスツアーの東京公演をEbisu LIQUIDROOMにて開催! アンコールでは新曲「SOS! feat.Creepy Nuts」でコラボレーションするCreepy Nutsがサプライズ登場し、 andropと初共演を果たした新曲を初披露した。

約2年ぶりとなる5月からスタートした全国21ヵ所21公演のワンマンライヴハウスツアー「androp one-man live tour 2017 “angstrom 0.8 pm”」も、残すところ7月7日(金)のファイナル福岡公演のみ。20公演目となるこの日のandropは、ニューシングル「SOS! feat.Creepy Nuts」を8月23日にリリースすることを発表してから初めてファンの前に立つ。ファンにとって、ニューシングルの発売と合わせて気になるのは今回のコラボレーションだろう。“一体どんな曲なんだろう”“どういう経緯でコラボしたのだろう”――そんな中、ライヴ本編を終えてアンコールも最後、となった瞬間、今回のコラボ相手であるCreepy Nutsの2人が登場。突然のサプライズに、会場からはさらなる歓声が上がった!

2組の出会いやコラボレーションの経緯を話す中、新曲については“夏っていうのがテーマになってて、その夏に対してandrop側からの目線とCreepy Nuts側からの目線がぶつかるみたいな”(内澤崇仁/Vo&Gu)、“夏って言ってもいろんな捉え方がありますから”(R-指定)とそれぞれがコメント。そして、ついに新曲「SOS! feat.Creepy Nuts」を披露! 多くの人が初めて聴いたにも関わらず、冒頭から“ウェイ!”と声が上がり、初共演、初披露とは思えない一体感が会場全体を包み込んだ。

また、演奏の前にはこの1曲のみ携帯電話での撮影が許可され、撮影した写真や動画をSNS掲載することもOK!  掲載の際には「#ウェイ」「#SOS」「#androp」を付けて拡散し、このサプライズ共演を体験できなかった人にもこの興奮が共有されるように、という内澤からの嬉しい提案もあった。

■【コメント】

■内澤崇仁(androp)
「何がつまらないか、何が面白いか、何でワクワクするか、きちんと理解してる。
Creepy Nutはマジ最高。
今回こいつらと一緒じゃなかったらこんなバカできなかった」
「SOS!ビバ!ハレルヤ!
そうです、俺ら、サマーソング作りました。
最高な、俺とお前の、サマーソングになってます。
そういうことなんで、俺らがこの曲演奏するときだけは、スグに動画でも写メでも録音でもしていいことにするね。
そりゃそうでしょ、俺とお前の曲、そのくらいさせてよ。
しょうもない夏を、俺とお前で、素晴らしい夏にしたいんです。
SOS!ビバ!ハレルヤ!ウェイ!」
 
■DJ松永(Creepy Nuts)
「大好きなandropとこうやって一緒に曲を作れる日が来るなんて!
最高だ!楽しかったー!やったー!」

■R-指定(Creepy Nuts)
「サマーソング。
それは古今東西、有名無名に関わらず、数多のミュージシャン達が一度は通って来た道。

そのサマーソングの筆下ろしを今回androp兄さん達に手伝って頂きました。
ありがとうございます。

夏が嫌いな…
いや、夏が嫌いになってしまったシャイなあんちくしょう達のSOS。
受け取ってくれたなら是非遊びに誘ってあげて下さい」

シングル「SOS! feat. Creepy Nuts」

2017年8月23日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7346/¥2,300+税



【通常盤】(CDのみ)
UPCH-5920/¥1,200+税



【関連リンク】
元記事
andropまとめ
Creepy Nutsまとめ
GLAYの新作をさらに楽しく美味しくする
オリジナル函館サマーギフトが販売決定

OKMusic

【関連アーティスト】
androp, Creepy Nuts
【ジャンル】
ROCK, ニュース, コラボレーション, バンド, 新曲, ヒップホップ, ライブ, ライブレポ

GLAYの新作をさらに楽しく美味しくするオリジナル函館サマーギフトが販売決定
Wed, 05 Jul 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GLAYが7月5日(水)から7月27日(木)までの期間、株式会社レコチョクが運営する共創・体験型プラットフォーム「WIZY(ウィジー)」で「GLAY函館サマーギフトセット“SUMMERDELICS”」プロジェクトを展開する。

2017年に結成30周年、メジャーデビュー23周年を迎えたGLAYは、約2年半ぶりとなるアルバム『SUMMERDELICS』を7月12日にリリース。「デストピア」「超音速デスティニー」「空が青空であるために」「HEROES」といった人気TVアニメテーマソング、北海道新幹線開業イメージソング「Supernova Express 2017」、「Red Bull Air Race Chiba 2017」大会テーマソング「XYZ」、TVドラマ『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』主題歌「the other end of the globe」など、話題の楽曲を全14曲収録した超強力な内容で、メンバーそれぞれが作詞・作曲を手掛け、4人の個性が凝縮された、まさに今のGLAYを体現する一枚となっている。

また、冬のイメージが強いGLAYにとって、これが初の“夏”アルバム。本作に収録されている「the other end of the globe」はレコチョクのCMタイアップにも決定していて、発売日の7月12日(水)より各局で放送がスタートする。また、放送に先駆け、GLAY公式YouTubeアカウントではCMを先行公開中!

そんなGLAY初となる夏のアルバムのリリースを記念し、アルバムを聴きながら100%GLAYを楽しめるサマーギフトをWIZY限定プロジェクトとして展開! 「GLAY函館サマーギフト」は、GLAYオリジナルデザインBOXに、メンバーの故郷である函館名物の函館ラーメンやオリジナルラーメンどんぶり、メンバーおすすめの函館名物などを詰めてお届けするセットとなっている。

さらに、「SUMMER LETTER」として、GLAYのオリジナルポストカード2種を同梱。1枚はGLAYからあなたへのメッセージ、もう1枚はあなたからGLAYへ応援メッセージを送ることができる特別なオリジナルポストカードとなる。このオリジナルポストカードでアルバム『SUMMERDELICS』にキャッチコピーを付けて送付。応募者の中からメンバー自身がGLAY賞、TERU賞、TAKURO賞、JIRO賞、HISASHI賞をそれぞれ1名選び、選ばれた方には豪華賞品がプレゼントされる。当選は9月以降、WIZYサイトで発表! 今年の夏は『SUMMERDELICS』とともに、ぜひGLAYのサマーギフトも楽しんでみては?

■【GLAY コメント】

「7月12日(水)にアルバム『SUMMERDELICS』をリリースします。
冬のイメージが強いGLAYにとって初の“夏”アルバムであり、“ロックバンドGLAY”を改めて表現した
1枚となっています。
そしてこのアルバムをさらに楽しく美味しくする為に、僕たちの故郷である函館の名物を詰め込んだ
サマーギフトを函館の皆様にご協力いただき制作しました。
函館の名物とアルバム『SUMMERDELICS』で素敵な今年の夏を過ごしてください」

■「GLAY函館サマーギフトセット“SUMMERDELICS”」プロジェクト

■プロジェクト期間
2017年7月27日(木)23:59まで
■アイテムについて
GLAY函館サマーギフト“SUMMERDELICS” ¥5,500円(税込・送料込)
「SUMMER LETTER」(ポストカード2種)
『SUMMERDELICS』でこの夏を10倍楽しむための全曲解説書
GLAYオリジナルラーメンどんぶり
函館ラーメン
ドン・デ・マカロニ
五島軒のカレー
※GLAYオリジナルデザインBOXに入れてお届けします。お届け予定日は2017年8月下旬です。
※サポートには、クラブレコチョク会員登録/ログインが必要です。
※WIZY以外での販売はございません。
※その他詳細は、WIZYプロジェクトサイトをご覧ください。
https://wizy.jp/project/29/
■WIZY オフィシャルサイト
https://wizy.jp/

アルバム『SUMMERDELICS』

2017年7月12日発売



【CD only盤】
PCCN-00028/¥3,000+税
【CD+2DVD盤】
PCCN-00027/¥5,000+税
【5CD+3Blu-ray+グッズ盤(G-DIRECT限定Special Edition)】
LSGC-0002/¥22,963+税



【関連リンク】
元記事
GLAYまとめ
Anly、故郷・沖縄で日米の国歌を斉唱
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
GLAY
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, アルバム, リリース

Anly、故郷・沖縄で日米の国歌を斉唱
Wed, 05 Jul 2017 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

女性シンガーソングライターのAnlyが、7月3日(月)に故郷・沖縄で行なわれたアメリカ合衆国独立記念式典祝賀会で日米両国の国歌斉唱とオリジナル楽曲を披露した。

アメリカの独立記念日といえば、11月の感謝祭(Thanks Giving)、12月のクリスマスと並ぶ3大お祭りの1つ。この名誉あるイベントで国歌斉唱をAnlyにオファーしたのは、なんと在沖アメリカ総領事エレンライク氏。2017年4月に開催された伊江島マラソンに参加していた総領事が、観光大使としてライヴパフォーマンスしていたAnlyの歌声に大きな感動を受け、総領事館から“どうか、日本とアメリカ、そして沖縄との架け橋という気持ちで受けていただければ”とオファー。このオファーにAnlyは快諾し、出演の運びとなった。

当日は、記念式典祝賀会が始まる前に、エレンライク総領事と初めて挨拶をし、総領事はAnlyの歌を聴いて衝撃を受けたこと、それからすぐに今回の独立記念パーティーへの出演打診をしたことなどを語り、Anlyに総領事からの日米友好特別感謝状が贈られた。

祝賀会では、国旗掲揚のセレモニーに続いて、Anlyが登場し、両国の国歌を高らかに斉唱。Anlyの歌声に合わせて合唱する人も多数現れ、歌い終わると盛大な拍手が湧き起こった。また、JTA日本トランスオーシャン航空のCMソングとなっている「Fire」、沖縄民謡「てぃんさぐぬ花」、そして8月9日リリースの新曲「北斗七星」の3曲を歌唱。聴き惚れるアメリカ、日本の招待客は、気付くとどんどんカメラで撮影する人が増え、ステージ前はさながら撮影会のように。3曲目が終わるときには、割れんばかりの拍手を受けた。

その後の歓談でもさらにたくさんの方々に声を掛けられ、写真撮影をし、なかなか控え室に帰れないほど。それでも最後、在沖アメリカ領事館のゆるキャラ“「わしんタン」と写真を撮りたい!”というAnlyの要望に、周囲も笑顔がまた緩んだ。

なお、パフォーマンスした楽曲「北斗七星」は故郷・伊江島での想いを込めた楽曲で、8月9日にCDリリースを予定している。

シングル「北斗七星」

2017年8月9日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9451〜2/¥1,389+税
<収録曲>
■CD
1. 北斗七星
2. ie
3. この闇を照らす光のむこうに -anly only version-
4. 北斗七星 -instrumental-
5. ie -instrumental-
■DVD
北斗七星 Music Video  
Making of Music Video
北斗七星 Live in Harajuku ASTOROHALL 2017.06.17




【通常盤】(CDのみ)
SRCL-9453/¥1,111+税
<収録曲>
1. 北斗七星
2. ie
3. この闇を照らす光のむこうに -anly only version-
4. 北斗七星 -instrumental-
5. ie -instrumental-



【関連リンク】
元記事
Anlyまとめ
シナロケ、MOJO CLUB、ベッド・インらが出演!
「異世代共存響声」をテーマに『下北沢音楽祭』開催

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
Anly
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, ライブレポ, レポート

シナロケ、MOJO CLUB、ベッド・インらが出演!「異世代共存響声」をテーマに『下北沢音楽祭』開催
Wed, 05 Jul 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

下北沢は駅から半径1キロ以内にライブハウス・ライブバーが20軒以上もある特異な街。そんな下北沢で7月5日(木)より9日(日)までの5日間、『第27回下北沢音楽祭』が開催される。

今年のテーマは「異世代共存響声」。子供からお年寄りまでが世代を越え、さらに地元の人だけでなく、下北沢を訪れたすべての人が音楽を通じて、改めて下北沢を感じ合い、絆を結ぼうという趣旨だ。

南口・京王電鉄高架下にできた下北沢ケージなど下北沢の町内各所で行なわれる屋外フリーライブ「フラフラ下北沢」、ブラスバンドが町内を練り歩く「クリーンクリーンパレード」など、今年も盛りだくさんの内容が予定されている。

■『第27回下北沢音楽祭』

SMILEY’S Presents「バブルdeラップ」

7月06日(木) 下北沢GARDEN 
時間:開場 18:45 開演 19:30
出演:ベッド・イン with パートタイムラバーズ、あっこゴリラ+JUNGLE BAND、LEGENDオブ伝説 a.k.a. サイプレス上野
<チケット代>
前売 3,300円 当日 3,800円(全自由、ドリンク600円別)
・GARDEN店頭(13:00〜21:00)
・チケットぴあ ・ローソンチケット ・イープラス
GARDEN 03-3410-3431(13:00〜21:00)

【ベッド?イン コメント】
「スマイリー原島パパ、この度はポケベルを鳴らしてくれてサンクスモニカ〜?
マンをジしてあっこゴリラちゃんとのやまだかつてない対マン! そして、ヌキ挿しならぬ関係であるDJ LEGENDオブ伝説 a.k.a. サイプレス上野パパも出演でマンモスヤッピー!! ベッド?インはパートタイムラバーズを率いてバンド形式でおギグをやっちゃうゾ! ラ・ムーばりのロック精神でブイブイ言わせちゃうからシクヨロ〜?」

SMILEY’S presents ミュージックトークライブ「rare & vintage records session」

7月07日(金) 風知空知
時間:開場 18:30 開演 19:00
出演:スマイリー原島、MR.PAN(THE NEATBEATS)
<チケット代>
予約 2,500円 当日 3,000円(1ドリンク別)
メール予約:風知空知 yoyaku@fu-chi-ku-chi.jp
(ご希望公演名、お名前、枚数、ご連絡先電話番号を明記の上、お申し込みください)
Info.風知空知 03-5433-2191

「MOJO CLUB with KOTEZ×THE TIMERS TRIBUTE」

7月08日(土) 下北沢GARDEN
時間:開場 17:30 開演 18:00
出演:MOJO CLUB with KOTEZ(三宅伸治(Vo.Gt) / 谷崎浩章(Ba) /杉山章二丸(Dr) / KOTEZ(Harmonica))、THE TIMERS TRIBUTE(TOPPI(Gt) / PAH(Dr) / 高橋Jr知治(Ba))
SPECIAL GUEST:金子マリ/ TOSHI-LOW(from BRAHMAN/OAU)/竹原ピストル
<チケット代>
前売 5,000円 当日 5,500円(全自由、ドリンク別)
・GARDEN店頭(13:00〜21:00)・チケットぴあ ・ローソンチケット・イープラス
GARDEN 03-3410-3431(13:00〜21:00)

【三宅伸治コメント】
「久しぶりのMOJO CLUB、今年はデビュー30周年ってことで…アルバムも8月に出すことになりました。1988年の学園祭では、MOJO CLUBをやって、その後タイマーズ(あっ、俺ではなくて、トッピですが、笑)をやるという二本立てのステージを何回かやらされました。7/8の下北沢ガーデンは、久しぶりに、あの時と同じように二本立て。タイマーズ・トリビュートには、ZERRYの代わりに豪華ゲストが来てくれます。この日は、見逃さないでほしい。よろしく!」

「シーナ&ロケッツ×THE GROOVERS」

7月09日(日) 下北沢GARDEN
時間:開場 17:30 開演 18:00
出演:シーナ&ロケッツ、THE GROOVERS
<チケット代>
前売 5,000円 当日 5,500円(全自由、ドリンク別)
イープラス他
GARDEN 03-3410-3431(13:00〜21:00)

先日、50歳のバースディ・ライブを開催し、仲井戸麗市、石橋凌、佐野元春、SIONら多数のミュージシャンから祝福してもらったTHE GROOVERSの藤井一彦。そのバースディ・ライブで、スケジュールの都合で参加してもらえずに残念だったいうバンドのひとつが下北沢在住の鮎川誠率いるシーナ&ロケッツ。藤井にとって10代の頃からの憧れのバンドとの共演となる!



【関連リンク】
元記事
シーナ&ロケッツまとめ
THE GROOVERSまとめ
MOJO CLUBまとめ
三宅伸治まとめ

【関連アーティスト】
シーナ&ロケッツ, THE GROOVERS, MOJO CLUB, 三宅伸治, THE TIMERS, 金子マリ, 竹原ピストル, ベッド・イン
【ジャンル】
ROCK, ニュース, ライブ

BUMP OF CHICKEN、あの“魔女の宅急便 CMソング”が配信スタート&リリックビデオも公開
Wed, 05 Jul 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BUMP OF CHICKENの新曲「記念撮影」が、7月5日に各音楽配信サイトでリリースされた。「記念撮影」は日清食品のカップヌードル2017年新CM「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便」篇にCMソングとして提供したナンバー。『魔女の宅急便』をモチーフとした新作アニメーションを、やさしくも力強いサウンドで彩っている。6月8日(木)に予告CMが一度だけTVで放送されたのに続き、6月19日(月)よりCM本編のオンエアがスタートすると、瞬く間に大きな反響を集め、フルサイズ音源のリリースが待ち望まれていた。

また、同曲のリリックビデオも公開された。こちらも合わせて楽しんでみてほしい。

9月からは全国ツアー「BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER」をスタートするBUMP OF CHICKEN。現在、各公演のローソンプレリクエスト抽選1次受付を実施している。申し込み対象公演など、詳細はツアー特設ページへ!

■「BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER」特設ページ
http://www.bumpofchicken.com/live2017_2018/

■「記念撮影」リリックビデオ


https://www.youtube.com/watch?v=FPLxRe4ho_A配信シングル「記念撮影」

配信中



¥250(税込)

■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1253305628?l=ja&ls=1&app=itunes
■レコチョク
http://recochoku.com/t0/kinensatsuei/
■mora
http://mora.jp/package/43000034/TFDS-00420/?cpid=mora_bump170705
■music.jp
https://goo.gl/tAUjB6
■dwango
http://r.dwango.jp/eCG9TVtb

『BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER』


9月16日(土) 千葉県 幕張メッセ国際展示場1~3ホール
9月17日(日) 千葉県 幕張メッセ国際展示場1~3ホール
9月23日(土) 北海道 北海きたえーる
9月24日(日) 北海道 北海きたえーる
10月03日(火) 新潟県 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
10月08日(日) 静岡県 エコパアリーナ
10月09日(月・祝) 静岡県 エコパアリーナ ※追加公演
10月31日(火) 大阪府 大阪城ホール
11月01日(水) 大阪府 大阪城ホール
11月18日(土) 広島県 グリーンアリーナ
11月19日(日) 広島県 グリーンアリーナ ※追加公演
12月09日(土) 宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ
12月10日(日) 宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ ※追加公演
12月16日(土) 石川県 石川産業展示館4号館
12月26日(火) 徳島県 アスティとくしま
<2018年>
1月10日(水) 愛知県 日本ガイシホール
1月11日(木) 愛知県 日本ガイシホール
1月27日(土) 福岡県 マリンメッセ福岡
1月28日(日) 福岡県 マリンメッセ福岡



【関連リンク】
元記事
BUMP OF CHICKENまとめ
矢島愛弥、“ダンスPOP”をテーマとしたソロデビューシングル「Bounce Bounce!!」をリリース
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, 新曲, CMソング

矢島愛弥、“ダンスPOP”をテーマとしたソロデビューシングル「Bounce Bounce!!」をリリース
Wed, 05 Jul 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

タレント、作詞家として活躍中のアーティスト矢島愛弥(やじま まなや)がソロデビューシングル「Bounce Bounce!!」を7月5日にリリース!

矢島愛弥はタレント渡辺美奈代の長男で、ダンスヴォーカルアーティストでありつつもイベントプロデュースを手掛けるなど、クリエイティブに多ジャンルに渡った活動をしている。

今回リリースされるシングル「Bounce Bounce!!」は、クールなトラックにラップを乗せた表題曲をはじめ、“ダンスPOP”をテーマに制作したという4曲入り。全曲の作詞を本人が手掛けているところにもぜひ注目してほしい。

また、リリース後には観覧自由のCD発売記念ミニライブイベントとCD購入者向けの特典会も予定している。

シングル「Bounce Bounce!!」

2017年7月5日(水)発売



BCS-58031/¥1,500(税別)
※ジュエルケース、8Pブックレット
<収録曲>
1.Bounce Bounce!!
2.Take it easy
3.Harmony
4.stay with me 〜そばにいて〜

■「Bounce Bounce!!」MV


https://youtu.be/J9qEHyIJzw8■『CD発売記念ミニライブイベント&特典会』※観覧自由

7月15日(土)15時15分 イオンタウン守谷 1Fセントラルコート
特典会対象店舗:フタバ図書 TERA守谷店

7月19日(水)19時15分 東京スカイツリータウン・東京ソラマチ ウエストヤード4階
        「テレビ局公式ショップ 〜ツリービレッジ〜」特設イベントステージ
特典会対象店舗:テレビ局公式ショップ 〜ツリービレッジ〜

7月22日(土)15時15分 阪急西宮ガーデンズ4階スカイガーデン・木の葉のステージ
特典会対象店舗:当日会場即売所



【関連リンク】
元記事
矢島愛弥まとめ
ゆず、「愛こそ」MV公開!
600個の風船とサイケデリックな空間で“愛”を歌う

OKMusic
ニュース一覧

【関連アーティスト】
矢島愛弥
【ジャンル】
ニュース

ゆず、「愛こそ」MV公開!600個の風船とサイケデリックな空間で“愛”を歌う
Wed, 05 Jul 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デビュー20周年を迎えたゆずが6?28?に発売された EP「4LOVE」収録曲で、有村架純が出演している伊藤園「お〜いお茶」CMソングとしてオンエア中の「愛こそ」のMVを公開した。

MVの舞台はカラフルでサイケデリックな?物が部屋いっぱいに敷き詰められている空間。多国籍な個性あるキャストの中で、ゆずは“愛で世界を変える”と唱えている集団のリーダー的存在として歌唱。2人はリラックスした中で、楽しげに無邪気な表情を?せる。まるでパーティーに潜?したかのような、ドキュメントタッチな映像となっている。

また、?サビでは頭上から多くの?船が降り注ぎ、計600個の?船に囲まれながら演奏。この?船は1967年6?25?、ザ・ビートルズが世界同時中継で名曲「ALL YOU NEED IS LOVE」を放映した際のスタジオの装飾として置かれていたセットから着想を得て、楽曲のテーマ“愛”に通じる部分と、ザ・ビートルズへのオマージュを込めて使?。国境を越えて、?楽でひとつに繋がる様を表現している。

■「愛こそ」MV


https://youtu.be/BB5kyYoqVPYEP「4LOVE」

発売中



SNCC-89937/¥1,300+税
<収録曲>
1.愛こそ(伊藤園「お〜いお茶」CMソング)
2.?常
3.ビーチ
4.ロンリーカントリーボーイ
5.愛こそ(Instrumental)
6.?常(Instrumental)
7.ビーチ(Instrumental)
8.ロンリーカントリーボーイ(Instrumental)

EP「謳おう」

発売中



SNCC-89936/¥1,300+税
<収録曲>
1.カナリア(?本テレビ系「NEWS ZERO」テーマソング)
2.タッタ(フジテレビ系「めちゃ×2 イケてるッ!」2017年テーマソング)
3.天国
4.保?ヶ?バイパス
5.カナリア(Instrumental)

『YUZU HALL TOUR 2017 謳おう』


9月21日(木) 熊本・熊本県立劇場 演劇ホール
9月23日(土) 長崎・長崎ブリックホール
9月27日(水) 石川・金沢歌劇座
9月30日(土) 北海道・函館市?会館
10月02日(月) 青森県・リンクステーションホール青森(青森市文化会館)
10月10日(火) 愛媛県・松山市?会館
10月12日(木) 鳥取県・米子コンベンションセンター BiG SHiP
10月16日(月) 大阪府・フェスティバルホール
10月17日(火) 大阪府・フェスティバルホール
10月24日(火) 愛知県・センチュリーホール
10月25日(水) 愛知県・センチュリーホール
11月07日(火) 神奈川県・パシフィコ横浜 国立大ホール
11月08日(水) 神奈川県・パシフィコ横浜 国立大ホール
11月10日(金) 神奈川県・パシフィコ横浜 国立大ホール

◎ お申込みはこちら
http://r.y-tickets.jp/yuzu1702
受付期間:〜7月9日(?) 23:59 ※抽選



【関連リンク】
元記事
ゆずまとめ
HAWAIIAN6主催『ECHOES』第1弾アーティストは
MOROHA、HUSKING BEE、COUNTRY YARDら12組

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, CD

HAWAIIAN6主催『ECHOES』第1弾アーティストはMOROHA、HUSKING BEE、COUNTRY YARDら12組
Wed, 05 Jul 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月14日と15日の2日間にわたって新木場STUDIO COASTにて開催される、HAWAIIAN6主催イベント『ECHOES 2017』の第1弾出演アーティストが発表された。解禁となったのは12組のアーティストで、日割りも同時にアナウンスされている。

なお、チケットの先行は7月5日よりオフィシャル HPのリンクにて受付が開始される。

『ECHOES 2017』

10月14日(土) 新木場STUDIO COAST
10月15日(日) 新木場STUDIO COAST
<出演>
■14日
COKEHEAD HIPSTERS/HUSKING BEE/OVER ARM THROW/RADIOTS/SABANNAMAN/壬生狼
■15日
COUNTRY YARD/locofrank/MOROHA/SLANG/spike shoes/地獄車



【関連リンク】
元記事
HAWAIIAN6まとめ
COUNTRY YARDまとめ
MOROHAまとめ
locofrankまとめ

【関連アーティスト】
HAWAIIAN6, COUNTRY YARD, MOROHA, locofrank, SLANG, SPIKE SHOES, 地獄車, COKEHEAD HIPSTERS, HUSKING BEE, OVER ARM THROW, RADIOTS, SABANNAMAN, 壬生狼
【ジャンル】
ROCK, ニュース, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1