歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年07月04日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
【DUDE TONE】『DUDE TONE LIVE 2017 "Walkin\' Blues" #2』2017年6月24日 at 新横浜strage
Tue, 04 Jul 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 1曲目のイントロを弾き始めたとたん、手を止めて“あのね”とひと言。“ひとりで大変だからコーラスして手伝ってください。酔っぱらった上での下手くそな手拍子は丁寧にお断りします(笑)”。若干、緊張が漂っていた会場の空気は、その言葉に一瞬で砕けた。精力的なバンド活動の傍ら、DUDE TONE名義でソロ活動を行っているTHE MODSのギタリスト、苣木寛之が今年4月に始めた弾き語りライヴ。デビューから数えて36年のキャリアを誇るベテランによる挑戦はアットホームな雰囲気の中、進んでいった。

 “(弾き語りライヴに)まだ慣れない”と言いながら、どうしてどうして、洒脱な人柄を印象付ける軽妙なトークを交えながら、DUDE TONE名義のオリジナルに加え、ローリング・ストーンズ、ビートルズ、キャロル、くるりのカバー、そして新旧のTHE MODSナンバーも演奏した。ロッキンだったり、フォーキーだったり、ブルージーだったり、さまざまな曲調を楽しませながら、真摯に歌に取り組む姿からは誠実さとともに演奏することを心底、楽しむ無邪気さえ感じられた。THE MODSの「ONE MORE TRY」に声が上がると、“心地良すぎて、みんなが寝てしまうライヴが夢”と語った苣木は“結局、こうなるか”と微苦笑。

 アンコールでは“次回、みんなで歌う宿題”と言いながら歌ったロッド・スチュワートの「Reason to Believe」に加え、THE MODSの「GANG IN BLUE」も披露。後者では盟友・森山達也が曲に込めた想いに感極まって声を詰まらせたが、観客の合唱に支えられ、最後まで歌い切った。その光景に思わず胸が熱くなった。

撮影:-朋-/取材:山口智男

セットリスト

1.ダンダン

2.Time is on my side

3. Long Shadow Way

4. Doctor Robert

5. I Will

6. Back Room

7. LITTLE BLUE

8.コーヒーショップの女の娘

9.ハイウェイ

10.HEY! GIRL

11. Coimbra

12. ONE MORE TRY

13. HELL TO HEAVEN

14. Wish You Were Here

<ENCORE1>

1. Reason to Believe

2.明日への切符

<ENCORE2>

GANG IN BLUE

DUDE TONE



【関連リンク】
元記事
DUDE TONEまとめ
THE MODSまとめ
島田翼、連載『WetCrate』Vol.13は
カジュアルなハウスミュージックをおすそわけ

OKMusic

【関連アーティスト】
DUDE TONE, THE MODS
【ジャンル】
ROCK, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.155

島田翼、連載『WetCrate』Vol.13はカジュアルなハウスミュージックをおすそわけ
Tue, 04 Jul 2017 18:00:00 +0900


PrizmaXのパフォーマーのかたわらDJとしても活動を行なう島田翼が、OKMusicにて連載中の『WetCrate』最新回を公開!

6月に21歳を迎えた島田は最近100円レコードにはまっていることを明かし、そのコレクションの中から2000年代初期のUK産Deep HouseとしてAtjazzの「Lab Samples」を紹介。レコードは聴く以外にもアートワークを活かしてインテリアに活用するなど、いろいろな楽しみ方もできるとのこと。100円という手軽な価格設定もレコードに興味を持ったばかりの人にとっては入りやすいかもしれない。気になった人はぜひチェックしてみては?

■Tsubasa Shimada(PrizmaX) presents,WetCrate Vol.13
https://okmusic.jp/news/188321

Tsubasa Shimada(PrizmaX)

シマダツバサ:幼少の頃よりダンサーとしてのキャリアを積み、高校生の時にニューヨークへ単身短期留学に発つ。現在はダンス&ヴォーカルユニット、PrizmaXのパフォーマーとしてステージに立つかたわら、DJや写真などのカルチャーに没頭する。縦横無尽にさまざまな音楽体験を経た中で、現在はダンスミュージックに着地し、ミニマルな繰り返しの中で独自のグルーヴを紡ぎ出すDJプレイで空間を彩る。ハウスミュージックの疾走感と共に、芸能界屈指のDJ/レコード・ディガーを目指し音の旅を続ける。

プリズマックス:2002年結成。メンバーの入れ替わりや増員などで10人組の時もあったが、10年からスターダストプロモーションの男性タレント集団EBiDAN(恵比寿学園男子部)に参加し、13年には現在の5人体制になる。結成10周年を迎え、2013年3月にダンス&ヴォーカルユニットとして「Mysterious Eyes/GO!」でCDデビューを果たした。



【関連リンク】
元記事
Tsubasa Shimada(PrizmaX)まとめ
PrizmaXまとめ
布袋寅泰、最新映像作品『Climax Emotions 〜Live at 武道館〜』より「YOU」を公開
OKMusic

【関連アーティスト】
Tsubasa Shimada(PrizmaX), PrizmaX
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN

布袋寅泰、最新映像作品『Climax Emotions 〜Live at 武道館〜』より「YOU」を公開
Tue, 04 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

布袋寅泰がライヴ映像作品『Climax Emotions 〜Live at 武道館〜』より「YOU」を公開! 同曲は1991年リリースの2ndアルバム『GUITARHYTHM II』からシングルカットされた珠玉のラブソングで、ライブでは2011〜2012年にかけて行なわれた30周年アニバーサリー全国ツアー以来5年ぶりに披露され、叙情的なイントロのギターフレーズは会場を温かく包み込み、オーディエンスを感動の渦に巻き込んだ。

時を経ても色褪せることのない「YOU」。その最新のサウンドでぜひ堪能してほしい!

■「YOU」「Climax Emotions 〜Live at 武道館〜」Ver.


https://youtu.be/kYVwEFLNzSkライブ映像作品『35th ANNIVERSARY LIVE BD/DVD/CD Climax Emotions 〜Live at 武道館〜』

2017年6月28日発売



■Blu-ray
【初回限定盤】(3Blu-ray)
TYXT-19010〜2/¥7,870+税
【通常盤】(2Blu-ray)
TYXT-10032〜3/¥6,400+税

<収録曲> (BD/DVD/CD共通)
1. SUPERSONIC GENERATION
2. B.BLUE
3. RADIO! RADIO! RADIO!
4. BAD FEELING
5. BE MY BABY
6. CIRCUS
7. DANCING IN THE PLEASURE LAND
8. さよならアンディ・ウォーホル
9. CAPTAIN ROCK
10. 命は燃やしつくすためのもの
11. Stereocaster
12. YOU
13. ANGEL WALTZ
14. 薔薇と雨
15. HOWLING
16. CLOUDY HEART
17. MILK BAR P.M.11:00
18. UPSIDE-DOWN
19. GOOD SAVAGE
20. BEAT EMOTION
21. PRISONER
22. さらば青春の光
23. バンビーナ
24. POSION
25. スリル
26. MERRY-GO-ROUND
27. Marionette
28. 恋をとめないで
29. Dreamin\'
30. FLY INTO YOUR DREAM
31. 8 BEAT のシルエット
32. RUSSIAN ROULETTE
33. GLORIOUS DAYS
34. NOBODY IS PERFECT
35. LONELY★WILD

◎ BD/DVD初回限定盤付属
35周年イヤーを刻み続けた布袋に一年間密着した、2時間におよぶ貴重なドキュメンタリー映像Special documentary movie "8Beatのリアリティー"をパッケージ!



■DVD
【初回限定盤】(3DVD)
TYBT-19020〜2/¥6,944+税
【通常盤】(2DVD)
TYBT-10047〜8/¥5,400+税



■CD
TYCT-60102〜4 /¥3,241+税
※3枚組



【関連リンク】
元記事
布袋寅泰まとめ
MONOEYESが新曲「Two Little Fishes」をMV公開
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
布袋寅泰
【ジャンル】
ROCK, ニュース, CD, DVD, Blu-ray, ライブ

MONOEYESが新曲「Two Little Fishes」をMV公開
Tue, 04 Jul 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MONOEYESが7月5日発売の2ndアルバム『Dim The Lights』より、新曲「Two Little Fishes」のMVを公開した。

また、7月12日の千葉LOOK公演を皮切りに、全国ツアー『Dim The Lights Tour 2017』もスタート! 10月21日の桜坂セントラルでのファイナル公演までに全28公演を予定している。チケット情報等はオフィシャルHPまで。

■「Two Little Fishes」MV


https://www.youtube.com/watch?v=iDTc2lP-Tbw&utm_source=Directアルバム『Dim The Lights』

2017年7月5日発売



UPCH-20454/¥2,592(税込)
<収録曲>
01. Leaving Without Us
02. Free Throw 
03. Roxette 
04. Two Little Fishes 
05. Reasons 
06. Borders & Walls 
07. Get Up  
08. ボストーク  
09. Parking Lot 
10. Carry Your Torch 
11. 3, 2, 1 Go

『MONOEYES Dim The Lights Tour 2017』

7月12日(水) 千葉LOOK
7月20日(木) KYOTO MUSE
7月24日(月) 松江canova
7月25日(火) 岡?CRAZYMAMA KINGDOM
8月01日(火) F.A.D YOKOHAMA
8月08日(火) ?松festhalle
8月16日(水) 新潟LOTS
8月22日(火) 神戸太陽と虎
8月29日(火) 広島クラブクアトロ
8月31日(木) 熊本Django
9月01日(金) 福岡BEAT STATION
9月03日(日) 仙台PIT
9月05日(火) 青森Quarter
9月06日(水) KLUB COUNTER ACTION 宮古
9月08日(金) 石巻BLUE RESISTANCE
9月12日(火) 釧路NAVANA STUDIO
9月14日(木) 旭川CASINO DRIVE
9月15日(金) Zepp Sapporo
9月20日(水) 大船渡KESEN ROCK FREAKS
9月26日(火) 金沢EIGHT HALL
9月28日(木) Zepp Osaka Bayside
9月29日(金) Zepp Osaka Bayside
10月02日(月) 長野CLUB JUNK BOX
10月04日(水) Zepp Nagoya
10月05日(木) Zepp Nagoya
10月10日(火) 新木場STUDIO COAST
10月11日(水) 新木場STUDIO COAST
10月21日(土) 桜坂セントラル
※3歳以上有料



【関連リンク】
元記事
MONOEYESまとめ
細美武士まとめ
Scott Murphyまとめ
ケツメイシ、新曲「はじまりの予感」MVで
“史上最長の身長差カップル”誕生!?


【関連アーティスト】
MONOEYES, 細美武士, Scott Murphy
【ジャンル】
ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, ツアー

ケツメイシ、新曲「はじまりの予感」MVで“史上最長の身長差カップル”誕生!?
Tue, 04 Jul 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ケツメイシが7月19日にリリースするニューシングル「はじまりの予感」のMVを公開した。

メンバーのRYOが主演するストーリー仕立てとなっている今回のMV。すぐ女性にトキめいてしまうRYO演じる田中部長は寡黙ながらも熱血な仕事人間で、誰からの人望も厚いナイスミドル。そんな田中部長が最終的にときめくマドンナ役は元バレーボール全日本女子選手でスポーツキャスター、女優の大林素子。思いがけず、ふとしたきっかけで抱く恋心を歌った楽曲「はじまりの予感」の世界観を見事に熱演、史上最長(?)の身長差カップルにもぜひ注目を!

また、アンタッチャブル柴田英嗣を起用して先日より話題になっているジャケット写真には、「色々ありすぎて恋愛に臆病になっている人たちにもあらたな恋を始めてほしい」というポジティブな想いが込められているとのことで、こちらも合わせてチェックしよう。

現在、2年ぶりとなる全国アリーナツアー『KTM TOUR 2017 幻の六本木大サーカス団 「ハッキリ言ってパーティーです!!」』も大詰めのケツメイシ。夏に向かって、まだまだ楽しませてくれそうだ。

■「はじまりの予感」MV


https://www.youtube.com/watch?v=-PEowyiB-EYシングル「はじまりの予感」

2017年7月19日発売



AVCD-83900/B/¥1,620 (税込)
※CD+DVD
<収録曲>
■CD
01. はじまりの予感
■DVD
01.はじまりの予感(MV)
02.僕らの暮らしっく(MV)

『KTM TOUR 2017 幻の六本木大サーカス団 「ハッキリ言ってパーティーです!!」』

※終了分割愛
7月08、09日(日) 広島 広島グリーンアリーナ
7月15、16日(日) 宮城 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
7月22、23日(日) 大阪 インテックス大阪5号館
7月29、30日(日) 沖縄 宜野湾海浜公園屋外劇場



【関連リンク】
元記事
ケツメイシまとめ
『Perfume FES!! 2017』に星野源、ホルモンら出演決定
OKMusic
ヒップホップ一覧

【関連アーティスト】
ケツメイシ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, ヒップホップ

『Perfume FES!! 2017』に星野源、ホルモンら出演決定
Tue, 04 Jul 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『Perfume FES!! 2017』の愛知公演と大阪公演の出演者が決定した。9月6日と7日に行われる愛知県体育館公演にはスガ シカオとレキシ、9月13日と14日の大阪城ホール公演には星野源とマキシマム ザ ホルモン が出演する。

チケットの一般発売は8月19日よりスタート! 詳細は特設サイト等で確認してほしい。

『Perfume FES!! 2017』?

9月06日(水) 愛知県体育館
w:スガシカオ
9月07日(木) 愛知県体育館
w:レキシ
9月13日(水) 大阪城ホール
w:星野源
9月14日(木) 大阪城ホール
w:マキシマム ザ ホルモン



【関連リンク】
元記事
Perfumeまとめ
星野源まとめ
スガ シカオまとめ
レキシまとめ

【関連アーティスト】
Perfume, 星野源, スガ シカオ, レキシ, マキシマム ザ ホルモン
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ニュース, ライブ

Cloque.、『バズリズム』6月度パワープレイの「君の声」MV公開
Tue, 04 Jul 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Cloque.の新作ミニアルバム『この蒼い日々を』より、日本テレビ系列『バズリズム』の6月度パワープレイに起用された「君の声」MVが公開された。

Cloque.は今作をひっさげ、7月16日から『この蒼い日々を Tour』をスタート。対バンには、さよならポエジー、WOMCADOLE、Hump Backなどがが決定している。 チケットは各プレイガイドにて発売中。

■「君の声」MV


https://youtu.be/P2pJxe3Wx4Aアルバム『この蒼い日々を』

発売中



WELL-1003/¥1,500+税
<収録曲>
1.蒼
2.Darling
3.ポートレイト
4.重なり重ねて
5.カラフル
6.君の声
7.二つの影

「この蒼い日々を」Tour

7月16日(日) 横浜F.A.D
w:WOMCADOLE / さよならポエジー / MiNAMI NiNE
7月19日(水) 心斎橋BRONZE
w:Hump Back / さよならポエジー
7月21日(金) 高松RIZIN\'
w:FOMARE / moon drop / monumental work / ザ・セパタクロウズ
7月22日(土) 高知X-pt.
w:FOMARE / LUCCI / monumental work / 林檎光線
7月23日(日) 京都MUSE
w:COCO-ROBINSON / SPACE BOYS / Down the Rabbit-Hole / Day tripper / Danablu / LINE wanna be Anchors / kobore
7月27日(木) 新潟CLUB RIVERST
w:POETASTER / kobore / UNCOVER SPACE / Up dipper
7月28日(金) 松本ALECX
w:POETASTER / kobore / and more…
9月01日(金) 福岡Queblick
9月03日(日) 神戸太陽と虎
9月05日(火) 仙台LIVE HOUSE enn 3rd
9月08日(金) 札幌COLONY
10月20日(金) 名古屋APOLLO BASE
10月21日(土) 心斎橋BRONZE
10月27日(金) 高田馬場CLUB PHASE



【関連リンク】
元記事
Cloque.まとめ
SpecialThanks、『ちはやふる』×トッポのコラボ企画で応援ソングを書き下ろし
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
Cloque.
【ジャンル】
ROCK, ニュース, MV, ライブ

SpecialThanks、『ちはやふる』×トッポのコラボ企画で応援ソングを書き下ろし
Tue, 04 Jul 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SpecialThanksが漫画『ちはやふる』とロッテのトッポのコラボレーション企画『トッポで応援!最後まで全力キャンペーン』のオリジナル応援ソングとして「伝えなきゃ」を書き下ろしたことを発表! 同キャンペーン特設サイトに公開される応援ムービーにフィーチャーする形で解禁され、レコーディングの様子を記録したMVも公開された。

『トッポで応援!最後まで全力キャンペーン』とは、人気漫画『ちはやふる』とトッポ」のコラボレーションを記念した特別企画。この夏、頑張る学生たちへ贈る学生応援ムービーを特設サイトに公開し、“「#トッポで応援」で応援したい!”と思うシーンの写真を投稿するキャンペーンを実施する。

「伝えなきゃ」はトッポのコラボパッケージのデザインにも掲載されている作品の名言を随所に引用し、その世界観を表現。SpecialThanksの持つドライブ感とMisakiののびやかで力強い歌声に相まり、全力で頑張る若者の夏をさらに熱くする応援ソングに仕上がった。

さらに、7月14日の新宿LOFTワンマンライヴにて「伝えなきゃ」が初披露されることも発表。当日は来場者特典としてトッポがプレゼントされるほか、応援ムービー」とMVが会場内のスクリーンで放映される。

■【SpecialThanks Misakiコメント】

日頃の感謝の気持ち、応援や励ましの言葉は、思っているだけじゃなくて「伝えなきゃ」ですよね!<ちはやふる>とコラボした「トッポ」をツールに思いを伝えられたら本当にステキです。SpecialThanksは大好きな「音楽」をツールに、みんなへの思いを<ちはやふる>の名言とトッポの願いとともに歌詞に詰め込み「伝えなきゃ」と、最後まで全力で楽曲制作したので、受け取ってもらえたらhappyです♪

■「伝えなきゃ」MV


https://youtu.be/WiH59Tvll2U『SpecialThanks「Anthem」release tour FINAL』

7月14日(金) 新宿LOFT
open 18:30 / start 19:00
※来場者特典としてトッポをプレゼント



【関連リンク】
元記事
SpecialThanksまとめ
フジファブリック×UNISON SQUARE GARDEN
×ハナレグミが起こした大きな化学反応

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
SpecialThanks
【ジャンル】
ROCK, ニュース, コラボレーション, MV

フジファブリック×UNISON SQUARE GARDEN×ハナレグミが起こした大きな化学反応
Tue, 04 Jul 2017 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フジファブリックが毎年恒例としている自主企画2マンライヴ『フジフレンドパーク』。 過去にもASIAN KUNG-FU GENERATION、Salyu、秦 基博、レキシ、ウルフルズ、キュウソネコカミ、クリープハイプ、KANA-BOON、Suchmosなど錚々たるアーティストが出演してきており、 4年目を迎える今年は6月26日にZepp Osaka BaysideにPerfume、6月30日と7月1日にはZepp DiverCity TOKYOにてUNISON SQUARE GARDEN、ハナレグミをそれぞれ迎え計3日間開催された。その東京公演2daysに関してレポートしていく。

6月30日、Zepp DiverCity TOKYO公演に出演したのはUNISON SQUARE GARDEN。 UNISON SQUARE GARDENはフジファブリックにとって事務所の後輩でもあり、『VIVA LA ROCK 2016』VIVA LA J-ROCK ANTHEMSにて、斎藤宏介(Vo&Gt)がゲストボーカルとしてフジファブリック「若者のすべて」をカバーしたり、 さらには事務所のイベントにて金澤ダイスケ(Key)とUNISON SQUARE GARDENの鈴木貴雄(Dr)が企画バンドにて共演するなど、親交も深い間柄だ。

静かにSEが会場に響きわたるなか、メンバー3人が登場。斎藤の「UNISON SQUARE GARDENです」というあいさつから、激しいギターリフも特徴的で、疾走感あふれる『サイレンインザスパイ』でライヴをスタート。 さらには「オリオンをなぞる」など、あっという間に会場を自分達のものへと変えていく。 そして「今日はフジフレンドパーク、最後まで楽しませて頂きます」というMCの後に演奏されたのは「天国と地獄」。田淵智也(Ba)の動きもよりアクティブかつ攻撃的になっていく。

斎藤は「僕ら、バンドを始めて13年。今日ようやく初めてフジファブリックと対バンできてガッツリ嬉しいです」と話し始め、先日フジファブリックのネットラジオ『ゆるゆるいかせて』に出演した時の裏話を語り、会場の笑いを誘った。

そんなMCを挟み「Silent Libre Mirage」「桜のあと (all quartets lead to the?)」と次々にシングル曲を投下。バンド、オーディエンスの盛り上がりは最高潮へ。 「UNISON SQUARE GARDENでした! 最後の曲です」と言う言葉と共にラストを飾ったのは「シュガーソングとビターステップ」。会場が一体となり飛び跳ねる様子は圧巻で、異様な熱気と共にライヴを終えた。

会場の熱が冷めやらぬ中、フジファブリックが登場。 真っ白な照明に包まれ、1曲目「夜明けのBEAT」でライヴが幕を開ける。

「どうもこんばんは! フジファブリックです。フジフレンドパークへようこそ!」と山内総一郎(Vo&G)の一言から「SUPER!!」に突入し、金澤ダイスケ(Key)がギターに持ち替え、山内とのツインギターで魅せる。 続けて「Sugar!!」を披露。「フジフレンドパークはよく対バンとかである"対決"とかではなく、友達だったり、友達になりたい人を呼んで今年で4年目。ユニゾンはいつも曲を聴いていて、気が合うんじゃないかなと思ってオファーをさせて貰いました。素晴らしいステージ、どうもありがとう!」と山内が後輩へのリスペクトを伝えた。 そして「田淵君がすごい好きだと言ってくれた曲をやります」と「徒然モノクローム」を披露。 その後のMCでもコラボの経緯、そしてユニゾンの人柄など、メンバーそれぞれがユニゾンへの想いを語った。

そのまま「ここを"銀河”で一番盛り上がっている所にしましょう」という山内の言葉から「銀河」がスタート。 「Surfer King」では「ユニゾン見てたらやりたくなっちゃった」と金澤がショルダーキーボードを光らせ、加藤慎一(Ba)も触発されたようにステージを動きまわった。「もう今日決めた! 来年もやります」と山内が言い放ち「虹」でラストを飾る怒涛のセットリストでステージを後にした。

アンコールではUNISON SQUARE GARDEN斎藤を呼び込み「若者のすべて」をセッション。フジ山内、ユニゾン斎藤のボーカルが掛け合わさって、「若者のすべて」に新しい魅力が吹き込まれた。

7月1日、Zepp DiverCity TOKYOの対バン相手はハナレグミ。ハナレグミは永積 崇が以前所属していたSUPER BUTTER DOG時代からフジファブリックとはレーベル・メイトでもあり、ハナレグミとして活動を始めてからもイベント等で交流があり、フジファブリックにとっては長い間、公私共にお世話になっている先輩。昨年2016年には『LIVE OASIS』にて対バン。今年3月には『トーキョー・ギター・ジャンボリー』にてハナレグミのステージに山内が飛び入り参加するなど、近年、さらに親交を深めているのはファンも周知の事実。

そんな両ファン垂涎! 待望のハナレグミとのフジフレンドパーク、意外にも最初に出てきたのはフジファブリック!  「Surfer King」「SUPER!!」と攻めた2曲で勢いよく、スタートダッシュを切る。「どうも、こんばんは。フジファブリックです。フジフレンドパーク、今日が最終日です。飛ばしていきます!」と山内の短いMCからさらに「夜明けのBEAT」「カンヌの休日」を立て続けに披露。

「いやー、飛ばしてますね、我々。気合入りまくりやわ、マジで」と山内は話し、ハナレグミとは倶楽部AKANEIRO、そして2010年の『フジフジ富士Q』などフジファブリック企画ライヴをはじめ、数多くのイベントで共演している事を語り“尊敬する先輩でもあり、「友達」でもある”と親しみを込めて感謝を伝えた。 その後に大阪、東京1日目と対バン相手とのセッションで披露してきた「若者のすべて」を今日はフジファブリックだけで披露。会場に澄んだメロディーを響かせた。

そしてメンバー紹介を挟み、「この後我々は(ハナレグミのステージにも)出ていくんですが、このフジファブリックのステージでも120%を出します」と熱のある金澤のMCから、ラスト「Girl!Girl!Girl!」まで全身全霊で一気に駆け抜けた。

続いて、静まる会場に赤と白のピンスポットが灯る中、ハナレグミが登場。永積が「総くん(山内総一郎)が“先輩ですけど、もう友達です”と言ってくれたことが嬉しかった」と、弾き語りで「きみはぼくのともだち」を歌い、美しい歌声に会場は酔いしれる。

歌い終わると「今日は“ハナレフジ”ですからね」と、フジファブリックのメンバーとBOBOをステージに呼び込み、割れんばかりの拍手と声援の中「おあいこ」の演奏がスタート。青いライトに包まれる中、徐々に音が重なりグラデーションして行き、クライマックスでは5人が逆光に照らされ幻想的なシルエットが浮かび上がる。

そして永積がオーディエンスとのトークの中で「今日は雨かもしれないけど、明日は晴れになるぜって歌を」と「明日天気になれ」を演奏。山内がギターからマンドリン、加藤がエレキからウッドベースに持ち替え、グルーヴィかつ軽快なサウンドを展開。 さらに永積の無茶ぶりの提案から即興のアドリブ・セッションとしてくるりの「男の子と女の子」をサプライズでカバー! その流れのままに「音タイム」を披露した。

最後のMCではフジファブリックとレーベルメイト時代だった頃の逸話で会場の笑いを誘い、「静かな曲が続いたんで、ノリの良い曲を」と「Jamaica Song」「今夜はブギー・バック」「ダンス2000」「FUNKYウーロン茶」などこの日だけのスペシャルなメドレーを披露。ミラーボール、レインボーの照明も相まって、会場はダンスホールへと変わり、この日一番の大きな盛り上がりの中ステージを終えた。

鳴り止まない拍手の中、アンコールではハナレグミとのコラボTシャツを来てフジファブリックとドラムのBOBOが先に登場。ここで2018年の全国ツアー『フジファブリック LIVE TOUR 2018 “帰ってきた!!三日月ADVENTURE”』の開催が発表された。そして「まだやり足りない!」という山内の言葉で再度永積を呼び込む。

永積、山内、金澤、加藤の4人がステージ前方に集まり、『LIVE OASIS』で共演した際にも披露した「ルーティーン」、そして「家族の風景」をスペシャルな楽器の生音とマイク1本のみでコラボレーション。歌い終わると永積はこのライヴの余韻に浸るような心の底から楽しそうなトーク&スマイルで会場を沸かせた。

「今年のフジフレンドパーク、大成功です。これからも続けて行こうと思います。この楽しさを総括するような曲を」という山内の言葉と共に、イントロの弾き語りから軽快な演奏へと雪崩込み、今回のフジフレンドパーク全てのラストを飾ったのはフジファブリック「LIFE」! フジファブリック、ハナレグミ、そしてオーディエンス全てに一体感が生まれ、『フジフレンドパーク2017』が終了した。

そんなフジファブリックは、夏フェスから秋のアコースティックワンマン、そして最終日のアンコールで発表された2018年のツアーと歩みを止めることなく進んでいく。彼らの今後の活動にも注目してほしい。

photo by 木村泰之(6月30日)/河本悠貴(7月1日)

■【セットリスト】

<6月30日>
■UNISON SQUARE GARDEN
1.サイレンインザスパイ
2.ワールドワイド・スーパーガール
3.オリオンをなぞる
4.誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと
5.蒙昧termination
6.天国と地獄
7.Silent Libre Mirage
8.アイラブニージュー
9.桜のあと (all quartets lead to the?)
10.シュガーソングとビターステップ
■フジファブリック
1.夜明けのBEAT
2.TAIFU
3.SUPER!!
4.Sugar!!
5.徒然モノクローム
6.ブルー
7.銀河
8.カンヌの休日
9.Surfer King
10.虹
EN-1.若者のすべて(w/UNISON SQUARE GARDEN)
EN-2.LIFE

<7月1日>
■フジファブリック
1.Surfer King
2.SUPER!!
3.夜明けのBEAT
4.カンヌの休日
5.ブルー
6.若者のすべて
7.徒然モノクローム
8.TEENAGER
9.Girl!Girl!Girl!
■ハナレグミ with フジファブリック
1.きみはぼくのともだち
2.おあいこ
3.大安
4.明日天気になれ
5.SPARK
6.男の子と女の子※くるりcover
7.音タイム
8.サヨナラCOLOR
9.メドレー
(Jamaica Song→Peace tree→今夜はブギー・バック→ダンス2000→FUNKYウーロン茶→ダンス2000)
EN-1 ルーティーン
EN-2 家族の風景
EN-3 LIFE



【関連リンク】
元記事
フジファブリックまとめ
UNISON SQUARE GARDENまとめ
ハナレグミまとめ
超特急、『Rakuten GirlsAward 2017』で
初ランウェイに挑戦


【関連アーティスト】
フジファブリック, UNISON SQUARE GARDEN, ハナレグミ
【ジャンル】
ROCK, ニュース, ライブレポ

超特急、『Rakuten GirlsAward 2017』で初ランウェイに挑戦
Tue, 04 Jul 2017 12:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が9月16日に幕張メッセにて開催される日本最大級のファッション&音楽イヘ?ント『Rakuten GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER』に出演することが決定した。

メンハ?ーは「超特急にしかて?きない、最高のステーシ?にして盛り上け?たい!」と意気込んて?おり、奇抜て?独特のタ?ンスハ?フォーマンスを繰り広け?る。 彼らはナイロニスタを魅了し、あらゆるシーンて?活躍する旬なメンス?て?構成するNYLONGUYSのスヘ?シャルステーシ?にモテ?ルとして初めてランウェイに登場することもアナウンスされているので、こちらもお楽しみに。

さらに、ティーンから高い支持を得ているemmaをはし?め、越智ゆらの、熊江琉唯、田中芽衣ら人気モデルの追加出演も発表された。今後も出演者およびスヘ?シャルコンテンツを随時解禁予定とのことなので続報を待とう。

『GirlsAward』は2010年に第1回目となる『GirlsAward 2010 SPRING/SUMMER』を開催して以来、年2回代々木第一体育館を拠点とし、日本最大級のファッション&音楽イヘ?ントを『渋谷からアシ?アへ。そして世界へ。』というスローカ?ンの下に開催。第16回目となる今年は、同イヘ?ント初となる新天地の幕張メッセに場所を移し、さらなるハ?ワーアッフ?を図る。

『Rakuten GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER』

9月16日 (土) 幕張メッセ9〜11ホール
開場 : 13:30 開演 : 15:00 終演 : 21:00 (予定)

<出演>
モテ?ル:
朝比奈彩 / 有末麻祐子 / 飯豊まりえ / 池田美優 / 江野沢愛美 / emma / 瑛茉シ?ャスミン / 岡田紗佳 / 越智ゆらの / 香川沙耶 / 河北麻友子 / 熊江琉唯 / 佐藤優津季 / 鹿沼憂妃 / 新川優愛 / 滝沢カレン / 立花恵理 / 田中芽衣 / 田中道子 / 鶴嶋乃愛 / トリント?ル玲奈 / 野崎萌香 / 藤井サチ / 藤田ニコル / 堀田茜 / マキ?ー / 八木アリサ / 山崎紘菜 /吉木千沙都 / ラフ?リ / 他
ゲスト:
カイ(超特急) / コーイチ(超特急) / タカシ(超特急) / タクヤ(超特急) / ユーキ(超特急) / ユースケ(超特急) / リョウカ?(超特急)
アーティスト:
超特急 他
MC:
山里亮太(南海キャンテ?ィース?)
スペシャルステージ:
NYLONGUYS



【関連リンク】
元記事
超特急まとめ
大森靖子、8月発売シングルと9月発売アルバムの同時購入者抽選特典に“大森靖子10分間独占”!?
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 出演

大森靖子、8月発売シングルと9月発売アルバムの同時購入者抽選特典に“大森靖子10分間独占”!?
Tue, 04 Jul 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月にニューシングル「draw(A)drow」、9月には弾き語りアルバムと2ヶ月連続のリリースを発表した大森靖子。そのシングル、アルバムのCDショップ購入者特典が発表された。シングル、アルバムで絵柄の違う様々な特典が用意されている。

さらにはオフィシャルファンクラブ「実験現場」では両タイトル同時購入者に抽選の特典が用意されていて、なんと1等は【大森靖子10分間独占】というファンにはたまらない豪華なものが! その詳細ついてはオフィシャルHPをチェックしてほしい。

また、同時に8月シングル「draw(A)drow」の発売日だが、制作進行上の理由で8月30日(水)に変更されることが発表された。

■【CDショップ特】

<シングル「draw(A)drow」CDショップ特典>
8月30日発売シングル「draw(A)drow」(CD+DVD、CDのみどちらでもOK)をお買い上げの方に先着で差し上げます。商品、各特典ともになくなり次第終了となりますのでご予約はお早めに!

■TOWER RECORDS:クリアファイル(A5サイズ)
※絵柄:大森靖子シングル写真予定
【CD+DVD】 http://tower.jp/item/4541184   
【CD only】 http://tower.jp/item/4541185

■HMV:オリジナル缶バッチ(全3種うち1種ランダム)
※絵柄:大森靖子自撮りphoto(LIVE会場特典缶バッチとはデザインが異なります)
【CD+DVD】 http://www.hmv.co.jp/product/detail/7949649  
【CD only】 http://www.hmv.co.jp/product/detail/7949650

■TSUTAYA RECORDS:ポストカード
※絵柄:大森靖子シングル写真予定
※TSUTAYAオンラインショッピングは予約分のみが対象となります。
【CD+DVD】
PC:http://shop.tsutaya.co.jp/cd/product/4988064838899/ 
SP:http://sp.tsutaya.co.jp/cd/product/4988064838899/
【CD only】
PC:http://sp.tsutaya.co.jp/cd/product/4988064838899/  
SP: http://sp.tsutaya.co.jp/cd/product/4988064838905/

■ディスクユニオン
ディスクユニオンエプロン着用生写真(全3種うち1種ランダム)

■大森靖子ファンクラブ「実験現場」 、mu-moショップ共通
生写真A
※絵柄:MUSIC VIDEO撮影風景予定

<アルバム『タイトル未定』CDショップ特典>
9月27日発売アルバム「タイトル未定」(CD+DVD、CDのみどちらでもOK)をお買い上げの方に先着で差し上げます。商品、各特典ともになくなり次第終了となりますのでご予約はお早めに!

■TOWER RECORDS:特典ポスター(B2サイズ)
※絵柄:アルバムオリジナルイラスト予定
【CD+DVD】 http://tower.jp/item/4553892
【CD only】 http://tower.jp/item/4553897

■HMV:ポストカード
※絵柄:アルバムオリジナルイラスト予定
【CD+DVD】 http://www.hmv.co.jp/product/detail/8004819  
【CD only】 http://www.hmv.co.jp/product/detail/8004821

■TSUTAYA RECORDS:ステッカー(CDジャケットサイズ)
※絵柄:アルバムオリジナルイラスト予定
※TSUTAYAオンラインショッピングは予約分のみが対象となります。
【CD+DVD】
PC:http://shop.tsutaya.co.jp/cd/product/4988064937349/
SP:http://sp.tsutaya.co.jp/cd/product/4988064937356/
【CD only】
PC:http://sp.tsutaya.co.jp/cd/product/4988064937349/
SP: http://sp.tsutaya.co.jp/cd/product/4988064937356/

■ディスクユニオン:クリアファイル(A5サイズ)
※絵柄:アルバムオリジナルイラスト予定

■大森靖子ファンクラブ「実験現場」 、mu-moショップ共通
生写真B
※絵柄:MUSIC VIDEO撮影風景予定

<大森靖子オフィシャルファンクラブ「実験現場」 シングル・アルバム同時購入特典 >
対象販売サイトにて、8月30日発売シングル、9月27日発売アルバムを同時購入頂いた方の中から抽選で豪華賞品をプレゼント致します。
1等:大森靖子10分間独占(抽選10名様) 
2等:直筆レコーディング時使用落書き入り歌詞カード(抽選3名様)

シングル「draw(A)drow」

2017年8月30日(水)発売



【CD+DVD】
AVCD-83889/B/¥2,500+税
【CD only】
AVCD-83890/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
「draw(A)drow」他、全3曲収録
■DVD
ミュージックビデオ、その他映像収録

アルバム『タイトル未定』

2017年9月27日(水)発売



【CD+DVD】
AVCD-93734/B /¥5,300+税
【CD only】
AVCD-93735 /¥3,000+税
<収録曲>
■CD
収録内容未定
■DVD
新曲のMVとLIVE映像を収録予定

『大森靖子 2017 LIVE TOUR “kitixxxgaia"』

6月02日(金) 仙台 Rensa
6月23日(金) 福岡 BEAT STATION
7月07日(金) 札幌 PENNY LANE24
7月13日(木) 大阪 BIG CAT
7月14日(金) 名古屋 CLUB QUATTRO
7月20日(木) 東京 ZEPP Diver City



【関連リンク】
元記事
大森靖子(1)まとめ
福山雅治、武井咲主演『黒革の手帖』主題歌を担当
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
大森靖子(1)
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, アルバム, 特典

福山雅治、武井咲主演『黒革の手帖』主題歌を担当
Tue, 04 Jul 2017 11:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

福山雅治が武井咲主演で新たにドラマ化される、テレビ朝日木曜ドラマ『黒革の手帖』の主題歌を担当! 書き下ろしの新曲をご提供することがわかった。

福山がドラマの主題歌を手がけるのは2015年7月クールに日本テレビ水曜ドラマ『花咲舞が黙ってない』主題歌として楽曲提供をして以来で、自身名義としては2年ぶり。また、テレビ朝日のドラマ主題歌を担当するのは今回が初となる。

起用に際し福山本人は「タイトル『聖域』は、自分の中の守るべき場所、あるいは自らが望むあるべき姿への憧れという意味を込めました。幸せも不幸せも、豊かさも貧しさも、他人が決めるのではなく自分で決める。武井咲さん演じる主人公は、とても強く、とても繊細な孤高の人、というイメージで作詞をしました。と同時に、実際の武井咲さんがこんな女性だったら、という妄想も含めて」とコメントしている。

■【ドラマ『黒革の手帖』プロデューサー コメント】

今回の「黒革の手帖」ヒロイン元子は
銀座の最年少ママとして、若さを追い風に
驚くほど大胆に物事を反転させていく女性です。
そんな女性を「一人ぐらいこんな女がいてもいいじゃない」と
誰に面白がってもらえたら、より絶対的なヒロインと成り得るのか―。
その観点から「福山さんにこの悪女を是非託したい!」と
制作陣一同で熱望しました。

いただいた主題歌は
ダークヒロインのしたたかさ、艶っぽさ、何より覚悟が見事に掬い上げられ、
さらなる高みへ駆け出す悪女の姿が浮かびます。

福山さんからいただいた強烈なエネルギーを胸に、
元子ともどもこの夏を闘い抜きたいと思います。

テレビ朝日 総合編成局 ドラマ制作部 プロデューサー 中川慎子



【関連リンク】
元記事
福山雅治まとめ
あがた森魚&はちみつぱい、一夜限りのライブが実現

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
福山雅治
【ジャンル】
J-POP, ニュース, TVドラマ, 主題歌

あがた森魚&はちみつぱい、一夜限りのライブが実現
Tue, 04 Jul 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今年4月にリリースされた、あがた森魚&はちみつぱいのアルバム『べいびぃろん(BABY-LON)』のリリースを記念する一夜限りのライブ『あがた森魚&はちみつぱい in 東京 2017 〜「べいびぃろん」』が7月1日にメルパルクホール(東京)にて開催された。

2015年末に再結成を果たしたはちみつぱいと、今年デビュー45周年を迎えたあがた森魚。ご存知の音楽ファンも多いと思うが、45年前のデビュー当時、あがたと共に音楽を作り、演奏していたのがはちみつぱいだった。そして2017年の今日、この2アーティストの共演を誰が予想していただろうか? 望む人は多くとも、その可能性は未知数であったに違いない。何故なら、はちみつぱいはその後、5人のメンバーを中心にムーンライダーズに発展。数々の名盤を世に残し、あらゆる音楽ファンを魅了するバンドとなり、一方のあがたはソロ・アーティストとして、独自の世界観を突きつめ続けていった。音楽というフィールドの中で別々の道を歩んだ両者が、奇跡的な邂逅を果たしたのである。 

ライブはアルバム収録曲の「もおたりぜいしょん」で幕を開けた。あがたをセンターに、はちみつぱいのメンバー9名が並ぶ様は貫禄十分。この奇跡的な光景に目を奪われていると、矢継ぎ早に「春一番に行かなくちゃ」へ(ここでいう「春一番」とはもちろん、1971年から大阪の野外音楽堂で続く、音楽フェスの風物詩イベント)。そしてあがたの「今日は7月1日、待ちに待ったといいますか……。では、この辺でこの夏をうらなう一曲を」というひと言から、「この夏リバティー」「森から生まれた獣たちは」で、会場を一気に染め上げていく。

ここでステージは、はちみつぱいのメンバーに託された。鈴木慶一のひと声で空気は一変し、「こうもりが飛ぶ頃」では、武川雅寛のヴァイオリン・ソロをフィーチャーしたメランコリックな音像で聴かせる。彼らの代表曲といっても過言ではない「塀の上で」では、ザ・バンドやグレイトフル・デッドにも通じる、心地よい一体感がたまらない。渡辺勝の切ないヴォーカルで紡ぐ名バラード「ぼくの倖せ」まで、深く染み入る中盤の流れでは、バンドの包容力を改めて見せつけてくれた。

ここで再びあがたが登場し、「今を聴いてほしい。それだけなんです。たった今を、今そこにいるあなたに。かっこつけだね。あなたにありがとう」とひと声。ピアノの弾き語りに哀愁を帯びた歌詞が乗る「月光オートバイ」「冬のサナトリウム」では、近年の曲も往年の曲も同列に聴かせることができる、あがたの“今”を克明に描き出す力量を存分に感じさせられる。再び今回のアルバムの楽曲へと戻った「港の純情」では、歪んだギターが美しいレイヤードを描き、あがたと鈴木による終盤のコーラスの掛け合いは、彼らにしか分からない言語で会話を楽しんでいるかのようだ。あがたはMCで「はちみつぱいとは45年の付き合い」としたうえで、“素晴らしい楽団”と信頼感を表現。「ひと言ではおさまらんけど寡黙なヤツら」、そして「話を聞いてくれるけど、あんまり返してくれない。音で返してくれるんだけど。ずるいよ!俺は歌うしかないじゃん」と、彼ならではの言葉でメンバーを讃えた。

オリジナル・ドラマーの故・かしぶち哲郎が作詞・作曲した「リラのホテル」から、息子である橿渕太久磨が歌う「釣り糸」への流れも、世代を超えて継承されていくであろう、彼らの音楽を象徴するかのような一幕だ。メンバー紹介を経て、ライブはいよいよ佳境となり、鈴木とあがたの息の合った掛け合いが印象的な「クリーニングはエイハブ」へ。新アルバムのリード・トラックでもあり、あがた曰く“ニュー・ディランサウンド”を奏でる「アポロンの青銅器」で、本編の幕を閉じた。

 熱が引かない会場の熱烈なアンコールで、はちみつぱいが「煙草路地」を演奏した後、再び登場したあがたは「乙女の儚夢」と、デビュー曲にして大ヒット作「赤色エレジー」を続けて披露。これらの名曲をたった今目の前で、この両アーティストが奏でているという事実に、「なんと贅沢なライブだろう」と、会場にいた誰もが再認識し、噛み締めたに違いない。アルバムのラストを飾る「べいびぃらんどばびろん」では、混沌とした熱で会場を包み、奇跡の一夜はフィナーレを迎えた。

今年2017年は、彼らと共に歩んだベルウッド・レコードの創立45周年にあたる。来る10月8日には、豪華アーティストが一同に会する記念コンサートが決定し、関連作品のリリースも予定されている。今回のライブに続き、ファンにとっては楽しみが止まらない年になりそうだ。

【メンバー】
あがた森魚(Vo,Gt,Pf)
鈴木慶一(Gt,Pf,Vo)
渡辺勝(Gt,Pf,Vo)
武川雅寛(Vn,Trp)
駒沢裕城(Pedale S Gt)
和田博己(B)
本多信介(Gt)
岡田徹(Key,Acc)
橿渕太久磨(Per,Dr)
夏秋文尚(Dr)

photo by 愛茉

■【セットリスト】

01. もおたりぜいしょん
02. 春一番に行かなくちゃ
03. この夏リバティー
04. 森から生まれた獣たちは
05. こうもうりが飛ぶ頃(はちみつぱい)
06. 塀の上で(はちみつぱい)
07. ぼくの倖せ(はちみつぱい)
08. 月光オートバイ(あがた森魚)
09. 冬のサナトリウム(あがた森魚)
10. 4月の雪
11. 真夜中を歩く
12. 虫のわるつ
13. 港の純情
14. リラのホテル
15. 釣り糸(はちみつぱい)
16. クリーニングはエイハブ
17. アポロンの青銅器
アンコール
18. 煙草路地(はちみつぱい)
19. 乙女の儚夢
20. 赤色エレジー
21. べいびぃらんどばびろん

『ベルウッドレコード45 周年記念コンサート』

10月08日(日) 東京都 新宿文化センター 大ホール
<出演者>
あがた森魚 / 鈴木茂 / はちみつぱい / 細野晴臣
〜高田渡を歌う〜
高田漣
〜ベルウッドを歌う〜
45th Bellwood BAND<高田漣(G)、林立夫(Dr)、北山ゆう子(Dr)、伊賀航(B)野村卓史(Key)> feat. キセル、曽我部恵一、ハンバート ハンバート、and more

■詳細ページ
https://www.red-hot.ne.jp/sp/bellwood45/

アルバム『べいびぃろん(BABY-LON)』

2017年4月26日発売



KICS-3484/¥3,000(+税)
<収録曲>
1 アポロンの青銅器
2 春一番にいかなくちゃ
3 もおたりぜいしょん
4 大平原
5 虫のわるつ
6 この夏リバティー
7 森から生まれた獣たちは
8 四月の雪
9 クリーニングはエイハブ
10 いつものようにただだまって
11 港の純情
12 真夜中を歩く 
13 べいびぃらんどばびろん

■作品ページ
http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKICS-3484/



【関連リンク】
元記事
あがた森魚まとめ
はちみつぱいまとめ
ムーンライダーズまとめ
NoGoD、新アー写は不敵な様相の団長に注目

【関連アーティスト】
あがた森魚, はちみつぱい, ムーンライダーズ
【ジャンル】
ROCK, ニュース

NoGoD、新アー写は不敵な様相の団長に注目
Tue, 04 Jul 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

NoGoDが7月26日発売のニューシングル「Arlequin(ハーレクイン)」の発売を前に新アーティスト写真を公開! 

Arlequin=道化師。ヴォーカルの団長は元来より白塗りメイクをベースに装飾をほどこし、楽曲によって表現を幾通りにも変えながらステージというエンタテインメントに身を投じてファンを楽しませてきた。その姿は道化師のそれに至極近い。今回はさらに数々の物語の中でなくてはならないヴィラン(悪役)のエキスを飲み込み、不敵な様相。頬の涙模様さえも深紅だ。

いかなる状況でも『君』を笑わせるためにどこまでも笑いを留めたまま堕ちるハーレクイン。NoGoDが放つ鋼鉄のサウンドと歌で表現される孤高の道化師は、派手で、激しくて、壊れそうで、穢れていて、超人的で、人間的で、それらに全て該当するからこそ美しい。物語に於いてヴィランが魅力的であるほどストーリーの面白さが映えると言われる。今回の表題曲「Arlequin」はまさに道化師の魅力が楽曲全体の輝きを増しているのではないだろうか。近日中に公開されるであろうMusic Videoにも期待せずにはいられない。

なお、現在キングレコードYouTubeチャンネルで「Arlequin」収録の全曲が試聴できる。

■「Alrequin」全曲試聴動画


https://www.youtube.com/watch?v=I5q-zZEC0bAシングル「Arlequin」

2017年7月26日発売



KICM-1784/¥1,600+税
<収録曲>
01. Arlequin(ヨミ:ハーレクイン)
02. 鮮やかな矛盾
03. ∞コンティニュー(ヨミ:ムゲンコンティニュー)
04. Passion Play [live version] *
05. dreamer [live version] *
*Recorded at Shibuya WWW X, May 6th, 2017




【関連リンク】
元記事
NoGoDまとめ
OKMusic
ヴィジュアル一覧
ニュース一覧

【関連アーティスト】
NoGoD
【ジャンル】
ヴィジュアル, ニュース, メタル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1