歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年07月03日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
奥華子、弾き語りツアー東京公演で12月にスペシャルライブ開催を発表
Mon, 03 Jul 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9枚目のフルアルバム『遥か遠くに見えていた今日』を発売し、約40カ所を回る全国ツアー『奥華子コンサートツアー2017弾き語り〜遥か遠くに見えていた今日〜』を展開中の奥華子が7月1日(土)、めぐろパーシモンホールにて東京公演を開催! 

キーボードとグランドピアノのみというステージ上。奥華子は観客の拍手とともに登場すると多くの観客が見守る中、演奏をスタートさせた。「また、みんなに会えて、うれしいです!一緒にライブを作り上げてくれますか!」と奥華子が会場に呼びかけると観客もそれに答え、会場は早くも一つに。劇場アニメ『時をかける少女』の挿入歌であり、自身の代表曲でもある「変わらないもの」をグランドピアノで歌いあげ、自然と愛をテーマにして「今、この世界にこうして生きていることはすごいこと。」という想いを込めた「愛という宝物」ではサビの部分で観客と手を振りながら会場を駆け巡り、大いに盛り上げた。さらに、「こうやって自分の歌でみんながつながっていると思うと映像を見ながら涙が出てきました」と語った、一般の人たちの「しあわせな瞬間」を撮影した写真で制作したPVが完成したばかりの楽曲「プロポーズ」、そして自身の代表曲となる「ガーネット」はキーボードの弾き語りで披露。涙を流す観客もおり、会場をその歌声で魅了する。

バンドもいない一人きりのステージ上でキーボードとグランドピアノを使い分けながら歌う奥華子だが、「弾き語りで歌を聴いてもらうということはありのままの自分を見せているようでとても緊張するんです。けれど、デビューしてから12年、自分の曲に一人でも共感してくれるといいなという想いを込めながら、このスタイルにこだわって、一番大切に大事にしてきました」と弾き語りに対する思いを伝えた。さらに「今日、この大きな会場で2階席の奥までこの歌を届けたい!そんな思いがみんなに届いていたらいいなと思います。今日、ここにみんなが来てくれたことが本当にうれしいです!」と会場に感謝を告げると、今の奥華子をありのままにさらけ出した楽曲「遥か遠くに」を披露。まさしく観客一人一人の心に刺さるパフォーマンスがステージで繰り広げられた。

この日はこの全国ツアーとは別の構成で12月8日(金)に東京・なかのZERO大ホールでスペシャルライブを行うことも発表された。ライブの内容は「これから考えるのですが、暗い、じっとりとした楽曲だけをやるのも面白いかも!」と本人がアイデアを語るように、内容はまだ決定していないが是非楽しみにしていてほしい。全国ツアーは12月まで続き、まだまだ前半戦。?声だけで泣ける"シンガーソングライター奥華子の魅力を、そして弾き語りの魅力を体感してみてはいかがだろうか。

【ライブ情報】

?奥華子 弾き語りスペシャルライブ開催決定!
12月08日(金) 東京・なかのZERO大ホール 
詳細未定・後日発表!

?『奥華子コンサートツアー2017弾き語り〜遥か遠くに見えていた今日〜』
7月06日(木)【沖縄】桜坂劇場ホールA
7月14日(金)【愛知】名古屋アートピアホール
7月15日(土)【三重】津リージョンプラザ
7月22日(土)【宮崎】延岡総合文化センター 小ホール
7月23日(日)【香川】香川県教育会館 ミューズホール
7月29日(土)【長野】長野市芸術館 アクトスペース
8月05日(土)【大阪】大阪市中央公会堂
8月10日(木)【福井】福井まちなか文化施設 響のホール
8月11日(金)【石川】北国新聞 赤羽ホール
8月13日(日)【富山】富山県教育文化会館
8月20日(日)【埼玉】彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
9月02日(土)【福岡】イムズホール
9月03日(日)【長崎】長崎 ブリックホール国際会議場
9月08日(金)【岡山】倉敷市芸文館
9月10日(日)【広島】広島市南区民文化センター
9月15日(金)【栃木】佐野市文化会館
9月17日(日)【新潟】新潟市民芸術文化会館 りゅーとぴあ 劇場
9月21日(木)【愛媛】松山市民会館中ホール
9月23日(土)【島根】松江AZTiC canova
9月24日(日)【鳥取】米子AZTiC laughs
9月30日(土)【群馬】藤岡市みかぼみらい館 小ホール
10月01日(日)【滋賀】米原市民交流プラザ ルッチプラザ
10月09日(月)【静岡】しずぎんホール ユーフォニア
10月13日(金)【神奈川】横浜関内ホール
11月11日(土)【鹿児島】鹿児島CAPARVO HALL
11月16日(木)【北海道】札幌市教育文化会館 小ホール
11月17日(金)【北海道】函館金森ホール
11月26日(日)【京都】府民ホールアルティ
12月01日(金)【大分】大分ブリックブロック
12月02日(土)【熊本】熊本B.9 V1
12月10日(日)【茨城】結城市民文化センター 小ホール

※追加で関西他県での公演を予定しております。

詳細:http://www.okuhanako.com

アルバム『遥か遠くに見えていた今日』

2017年5月17日発売



【初回限定盤】
PCCA-04535/¥3,500(tax in)
<収録曲>
■CD
M1. Rainy day      
M2. 恋のはじまり     
M3 . 愛という宝物
(2016cross fm オフィシャルGREEN キャンペーンソング)  
M4. プロポーズ
(「MAST」TVCMソング)
M5. 彼女
M6. 3 65日の花束 
M7. キミの花
(TVアニメ「セイレン」オープニングテーマ)        
M8. ほのぼの行こう
(ニンテンドー3DS用ソフト「牧場物語 3つの里の大切な友だち」イメージソング)
M9. 思い出になれ
(テレビ朝日「じゅん散歩」16年10月・11月エンディングテーマ) 
M10.最後のキス
M11.Mail
M12.アイスクリーム
M13 .スタンプラリー
M14.遥か遠くに
■DVD
「キミの花」Music Clip
「最後のキス」Music Clip 
Making of 「遥か遠くに見えていた今日」
「思い出になれ」 Image Clip



【通常盤】
PCCA-04536 /¥3,000(tax in)
<収録曲>
M1. Rainy day      
M2. 恋のはじまり     
M3 . 愛という宝物
(2016cross fm オフィシャルGREEN キャンペーンソング)  
M4. プロポーズ
(「MAST」TVCMソング)
M5. 彼女
M6. 3 65日の花束 
M7. キミの花
(TVアニメ「セイレン」オープニングテーマ)        
M8. ほのぼの行こう
(ニンテンドー3DS用ソフト「牧場物語 3つの里の大切な友だち」イメージソング)
M9. 思い出になれ
(テレビ朝日「じゅん散歩」16年10月・11月エンディングテーマ) 
M10.最後のキス
M11.Mail
M12.アイスクリーム
M13 .スタンプラリー
M14.遥か遠くに



【関連リンク】
元記事
奥華子まとめ
[Alexandros]、初の名古屋・日本ガイシホール公演にてレア曲を続々披露
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
奥華子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブ, ツアー

[Alexandros]、初の名古屋・日本ガイシホール公演にてレア曲を続々披露
Mon, 03 Jul 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

[Alexandros]が名古屋・日本ガイシホールにてワンマンライブ『Premium V.I.P. Party』を開催した。彼らにとって初めてとなる日本ガイシホール公演は、ステージを観客が取り囲む360°ステージで実施された。

会場に集まった1万人のファンがいまや遅しとスタートを待ちわびる中、会場が暗くなると、なんとメインステージではなく、会場後方にあるサブステージに川上洋平(Vo.&Gt.)があらわれ、「Adventure」でライブがスタート。思いがけないサプライズ登場にファンの大歓声が上がる中、メインステージとサブステージをつなぐ花道を歩いて、磯部寛之(Ba.&Cho)、白井眞輝(Gt.)、庄村聡泰(Dr.)、サポートキーボードのROS?が演奏するメインステージへ。続けて2曲目「ワタリドリ」で観客のボルテージは一気にMAXへ。

そして、ビジョンに昨年秋から半年に渡り行われたツアー「Tour 2016〜2017 〜We Come In Peace〜」のオープニング映像がムーンソングとともに流れたと思いきや、ノイズ音とともに、映像と音が変わり、“I\'m VIP”の文字が大きく映し出される。川上が『Are you ready? NAGOYA』と呼びかけると、「You Drive Me Crazy Girl But I Don\'t Like You」「She\'s Very」「El Camino」など彼らの初期の曲を立て続けに演奏する。続けて「Rise」では、イントロに歓声が上がる中、川上が『今日は懐かしい曲やりまくるぞ』と高らかに宣言し、花道で観客を煽り、続けてライブ定番曲「Stimulator」でさらなる盛り上がりへ。

ここで雰囲気が一転、「Leaving Grapefruits」が始まると、観客は手拍子したり、横揺れしたりと思い思いに楽しみ、これまた初期の曲である「サテライト」では、ROS?のキーボードと川上の歌声だけで始まり、会場中がじっと聞き入る。「AOYAMA」では、カラフルに変わる照明の中、『ごきげんいかがですか、名古屋?』と川上が花道を縦横無尽に歩き回る。そして雨の映像が流れる中、川上がアコースティックギターで「美術館」をしっとりと、そして艶やかに弾き語る。

曲が終わるや否や、今度は後方、サブステージに磯部・白井・庄村が現れ、川上の『みんなお待たせ、あの3人の歌、歌ってもいいでしょうか?』という声を合図に[Alexandros]ではレアな、白井・磯部・庄村がそれぞれ作曲している「Grand Daddy」「Dance With the Alien」「Onion Killing Party」の3曲メドレーへ。そして、この日初めてのMCでは『あらためまして[Alexandros]です。すごい! 新曲ばかりやってます』と会場の笑いを誘う。その後『もっとレアな曲聞きたいですよね?』とライブで初めて演奏するという「Paint Your Socks Into Pink」を披露。会場は大盛り上がりとなった。

そして、長い花道をまるでランウェイを歩くように、メンバーが大歓声を浴びながらメインステージへ向かい、鳴り響くサイレンのSEから始まる「Girl A」、NYのグラフィティをイメージした映像が流れる中「Kaiju」と最新アルバム『EXIST!』収録の曲を披露し、「Kick&Spin」では白井と磯部も花道へ歩み出て、会場をさらなる盛り上がりへと導いていく。そして『我々にとって、名古屋は近いようですごく遠かったんです。やっとこの日本ガイシホールでやることができました。みなさんのおかげです。ありがとうございました!』と「You\'re So Sweet & I Love You」「Starrrrrrr」と観客の大合唱で会場は一つに。『バンド4人で水入らず、何やりましょうかね。ラスト1曲です』と最後は、デビューアルバム収録の「Untitled」でライブを締めくくった。

アンコールを受け、この4人のメンバーになって初めての曲「city」を、そして『ガイシの屋根吹っ飛ばそうぜ』と「Accelerator」を最後に演奏し、大盛り上がりのライブを終えた。新旧織り交ぜたセットリストで、[Alexandros]のこれまでの足取りをたどり、そしてこれからさらに先へと続く道を感じるライブとなった。

Photo by 渡邉一生、河本悠貴

■【セットリスト】

01 Adventure
02 ワタリドリ
03 You Drive Me Crazy Girl But I Don\'t Like You
04 She\'s Very
05 ?
06 El Camino
07 Rise
08 Stimulator
09 Leaving Grapefruits
10 サテライト
11 Aoyama
12 美術館
13 Grand Daddy〜Dance With the Alien〜Onion Killing Party〜Paint Your Socks Into Pink
14 Kill Me If You Can
15 Girl A
16 Kaiju
17 Kick&Spin
18 You\'re So Sweet & I Love You
19 Starrrrrrr
20 ムーンソング
21 Untitled
-Encore-
01 (謎曲)
02 city
03 Accelerator

Blu-ray&DVD『We Come In Peace Tour & Documentary』

2017年7月26日発売



【Blu-ray 初回限定盤】
UPXH-9021/2/¥7,300+税
<収録内容>
■DISC1
ツアーファイナル幕張メッセ公演
■DISC2
ツアードキュメンタリー+初回特典映像:横浜アリーナ&岡山CRAZYMAMA KINGDOM公演から抜粋

【Blu-ray 通常盤】
UPXH-1052/¥5,800+税
<収録内容>
ツアーファイナル幕張メッセ公演、ツアードキュメンタリー

【DVD 初回限定盤】
UPBH-9541/2/¥5,800+税
<収録内容>
■DISC1
ツアーファイナル幕張メッセ公演
■DISC2
ツアードキュメンタリー+初回特典映像:横浜アリーナ&岡山CRAZYMAMA KINGDOM公演から抜粋

【DVD 通常盤】
UPBH-1434/5/¥4,800+税
<収録内容>
■DISC1
ツアーファイナル幕張メッセ公演 
■DISC2
ツアードキュメンタリー

※タイトル正式表記:2行表記



【関連リンク】
元記事
[Alexandros]まとめ
林 明日香、劇場版『ポケットモンスター』最新作のED主題歌を担当
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
[Alexandros]
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, ライブ, ワンマン, ライブレポ

林 明日香、劇場版『ポケットモンスター』最新作のED主題歌を担当
Mon, 03 Jul 2017 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月2日(日)に東京ドームシティホールで行なわれた『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』の完成披露試写会にて、今作のエンディング主題歌「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」を林 明日香が歌唱していることが発表された。

林 明日香の10年ぶりとなる新曲「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」は、同シリーズ10作目となった映画『劇場版ポケットモンスター DP ディアルガVSパルキアVSダークライ』の劇中で重要な役割を持った、宮崎慎二作曲のインストゥルメンタルの楽曲「オラシオンのテーマ」をもとに制作された。

新たな要素として書き下ろされた歌詞はAqua Timezのボーカル・太志の手によるもので、追加されたメロディの作曲と編曲は本間昭光が手掛けている。「オラシオンのテーマ」の壮大なイメージと感動をそのままに、今作『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』で描かれるサトシとピカチュウが本当のパートナーになるまでのストーリー、仲間との絆や冒険というテーマのもと、その歴史の中から様々な要素が集結し、再構築して生まれ変わったものが「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」である。

今回はそんな経緯を持つ「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」の歴史をたっぷり味わえるよう、宮崎慎二「オラシオン」と林 明日香「小さきもの」を合わせてパック配信することが決定した。「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」の公開日の7月15日(土)に、各音楽配信サイトで配信スタート。iTunesでは7月3日(月)からプリオーダーもスタート。プリオーダーをすると7月7日(金)より「オラシオン」をフルで先行ダウンロードできる上、プリオーダー画面を特設ページより送ると抽選で30名に林 明日香のサイン入りチェキが当たる施策も行なわれる。

配信に先駆けて、映画の映像を使用した試聴動画と林 明日香のレコーディング風景とインタビューを収録した映像も公開されたので是非チェックしてほしい。

また「歌ネット」にて7月3日(月)から「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」の先行歌詞公開も決定と嬉しいニュースが盛り沢山だ。映画公開と共に林 明日香の手がけた音楽への期待が更に高まる。

■「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」歌詞掲載ページ
http://www.uta-net.com/song/232031/
■「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」配信ページ
https://erj.lnk.to/cdukJWN
■iTunesプリオーダー特典応募ページ
https://entry.sonymusic.co.jp/smm/hayashiasuca
■『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』公式サイト
http://www.pokemon-movie.jp/

■【公式】2017ポケモン映画エンディング主題歌「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」


https://youtu.be/dJbjq2PNKkY■「林 明日香 私とポケモンの歩み」


https://youtu.be/OJ6mET9M7tU配信楽曲「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」

2017年7月15日配信



価格:1曲 各¥250(4曲まとめて¥800)
※iTunesにて7月3日(月)からプリオーダー開始
<パック配信>
01.オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜 / 林 明日香
02.小さきもの (Single Mix) / 林 明日香
03.オラシオン / 宮崎慎二
04.オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜(Off Vocal Ver.) / 林 明日香



【関連リンク】
元記事
林明日香まとめ
Aqua Timezまとめ
吉田山田、人気楽曲「YES!!!」で
神奈川の高校野球を盛り上げる!

OKMusic

【関連アーティスト】
林明日香, Aqua Timez
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, アニメ, 映画, 音楽配信

吉田山田、人気楽曲「YES!!!」で神奈川の高校野球を盛り上げる!
Mon, 03 Jul 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

吉田山田の楽曲「YES!!!」が『2017tvk高校野球神奈川大会中継応援ソング』に決定した。tvk(テレビ神奈川)では、毎年夏に全国高等学校野球選手権 神奈川大会の模様を生中継しており、今年は7月8日(土)より開幕となる。「YES!!!」はライブで定番となっているアップナンバーで、ファンの間でも人気の楽曲。吉田山田はtvkでレギュラー番組『吉田山田のドレミファイル♪』も担当しており、所縁のある神奈川での高校野球を盛り上げていく。

また、「YES!!!」はライブでは披露されているもののこれまで音源化されていなかったが、今回のタイアップ起用に伴い、配信限定シングルとして初音源化される事がわかった。これまでも音源化のリクエストが寄せられていただけにファンには朗報だろう。配信はiTunesやレコチョクなど主要音楽配信サイトにて7月5日よりスタートする。

さらに9月から行なわれる『吉田山田ツアー2017』では全国21都市をまわる予定で、昨年2016年に初めて開催した47都道府県ツアーに次ぐ最大規模のツアーとなる。初日の9月17日(日)神奈川・YOKOHAMA Bay Hallを皮切りに10月29日(日)新潟・新潟LOTSまでの前半15公演は<Acoustic Set>と題して、二人だけの弾き語り公演を行い、11月11日(土)広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO公演からツアーファイナルとなる12月24日(日)大阪・森ノ宮ピロティホールまでの後半6公演は<Band Set>と題して、バンド編成での公演となり、異なる演出にも期待が高まる。ツアーのチケット一般発売は7月22日(土)となるので、お買い逃しのないように。

■『吉田山田ツアー2017』特設サイト
http://yoshidayamada.com/tour2017/

配信楽曲「YES!!!」

2017年7月5日(水) より配信開始



※2017tvk高校野球神奈川大会中継応援ソング

『吉田山田ツアー2017』

<Acoustic Set>
9月17日(日) 神奈川・YOKOHAMA Bay Hall
9月23日(土・祝) 北海道・札幌PENNY LANE24
9月30日(土) 鳥取・米子 AZTiC laughs
10月01日(日) 島根・松江 AZTiC canova
10月05日(木) 静岡・Live House 浜松窓枠
10月7日(土) 兵庫・神戸VARIT.
10月8日(日) 京都・KYOTO MUSE
10月9日(月・祝) 長野・松本 Sound Hall a.C
10月14日(土) 香川・高松festhalle
10月15日(日) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
10月21日(土) 岐阜・club-G
10月22日(日) 石川・金沢Eight Hall
10月25日(水) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
10月28日(土) 福島・郡山HIPSHOT JAPAN
10月29日(日) 新潟・新潟LOTS
<Band Set>
11月11日(土) 広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO
11月12日(日) 福岡・ももちパレス (福岡県立ももち文化センター)
12月08日(金) 東京・東京国際フォーラム ホールC
12月09日(土) 愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
12月17日(日) 宮城・仙台Rensa
12月24日(日) 大阪・森ノ宮ピロティホール



【関連リンク】
元記事
吉田山田まとめ
魔法少女になり隊、自主企画2MANで
9月に1stフルアルバムの発売を発表

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, ツアー, 主題歌

魔法少女になり隊、自主企画2MANで9月に1stフルアルバムの発売を発表
Mon, 03 Jul 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

魔法少女になり隊が7月1日(土)と2日(日)の2日間、東京・渋谷STAR LOUNGEにて初の自主企画ライブ『魔法少女になりな祭 2017』を開催! 

このライブは彼らが5月にリリースした最新シングル『ヒメサマスピリッツ』を携えて自主企画したもので、両日ともにチケットSOLD OUTに。初日に「Wienners」、2日目には「オメでたい頭でなにより」を迎えての2マン公演は、両日とも超満員のオーディエンスとともに灼熱の“祭"の夜となった。

そして、DAY2公演の魔法少女になり隊のアンコール冒頭、突如、映像が映し出された! メンバー4人の最新の8bitキャラクターが映し出され会場が湧く中、<1st full album「魔法少女になり隊〜まだ知らぬ勇者たちへ〜」2017.9.27(wed)on sale>の予告が映し出されると、会場は割れんばかりの大歓声に包まれた。そして、バンド結成以来、初のアルバムリリースという、うれしいニュースに会場がどよめく中、同アルバムに収録される新曲「完全無敵のぶっとバスターX」が披露され、熱く盛り上がった2日間の“祭"が締めくくられた。

photo by Viola Kam (V\'z Twinkle)

■【セットリスト】

■7月1日(土)
M1. 狂騒曲ザラキ
M2. ラムのラブソング
M3. Believe
M4. テッペン伝説
M5. MEGA DASH
M6. RE-BI-TE-TO
M7. 革命のマスク
M8. sayonara fantasy
M9. first star
M10.ヒメサマスピリッツ
M11.おジャ魔女カーニバル!!
M12.冒険の書1
EN1.完全無敵のぶっとバスターX(アルバム新録)
EN2.BA・BA・BA ばけ〜しょん

■7月2日(日)
M1. KI-RA-RI
M2. 火遁の術
M3. ちちんぷい
M4. ハレ晴レユカイ
M5. おジャ魔女カーニバル!!
M6. ラムのラブソング
M7. 狂騒曲ザラキ
M8. 革命のマスク
M9. sayonara fantasy
M10.ヒメサマスピリッツ
M11.MEGA DASH
M12.BA・BA・BA ばけ〜しょん
EN1.完全無敵のぶっとバスターX(アルバム新録)
EN2.冒険の書1

■特報! アルバム『魔法少女になり隊 〜まだ知らぬ勇者たちへ〜』


https://youtu.be/hmoXuX8T95cアルバム『魔法少女になり隊〜まだ知らぬ勇者たちへ〜』

2017年9月27日 (水)発売



その他商品詳細発表:2017年7月24日 (月)を予定
※全国ショップにて、2017年7月25日 (火)より予約開始




【関連リンク】
元記事
魔法少女になり隊まとめ
BiSH、 NHK『シブヤノオト』にて
ライブさながらの狂乱パフォーマンスを披露

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
魔法少女になり隊
【ジャンル】
ROCK, ニュース, アルバム, ライブ

BiSH、 NHK『シブヤノオト』にてライブさながらの狂乱パフォーマンスを披露
Mon, 03 Jul 2017 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

そんなBiSHが7月2日放送のNHK『シブヤノオト』に出演し、圧巻のライブパフォーマンスを披露。清掃員(BiSHファンの総称)を会場に入れた形で、メンバーのリンリンがダイブをしたり、セントチヒロ・チッチがヘッドウォークをしたりという前代未聞のパフォーマンスを行ない、Twitterトレンド1位に浮上するなどSNSを中心に早くも話題となっている。

放送を見て気になった方は、7月22日に幕張メッセイベントホールで行なわれるツアーファイナル公演に足を運んで、その予想の斜め上をいく圧巻のパフォーマンスを生で味わってみてほしい。

『BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS“』

7月22日(土)  幕張メッセ 幕張イベントホール
時間:17:00open/18:00start
※一般発売中

ミニアルバム『GiANT KiLLERS』

発売中



【初回生産限定盤】(2CD+Blu-ray+ 写真集)
AVZD-93683 〜 4/B/¥10,000+税
【LIVE盤】(CD+DVD)
AVCD-93685/B/¥5,980+税
【iNTRODUCiNG BiSH 盤】(2CD)
AVCD-93686〜7/¥?2,800+税
【CD盤】(CD only)
AVCD-93688/¥1,500+税
<収録曲>
■CD ※4 形態共通
01. GiANT KiLLERS
02. Marionette
03. Nothing.
04. 社会のルール
05. VOMiT SONG
■DVD & Blu-ray
2017.03.19 ZEPP TOKYO
BiSH NEVERMiND TOUR FiNAL *AVZD-93683〜4/B, AVCD-93685/B
01. Am I FRENZY??
02. DEADMAN
03. OTNK
04. ウォント
05. 本当本気
06. Hey gate
07. ファーストキッチンライフ
08. デパーチャーズ
09. DA DANCE!!
10. Primitive
11. My distinction
12. サラバかな
13. スパーク
14. Stairway to me
15. ヒーローワナビー
16. MONSTERS
17. beautifulさ
18. ぴらぴろ
19. オーケストラ

20. プロミスザスター
21. ALL YOU NEED IS LOVE
22. BiSH- 星が瞬く夜に-
23. BiSH- 星が瞬く夜に-
■iNTRODUCiNG BiSH 盤 CD & 初回生産限定盤
01. スパーク
02. BiSH- 星が瞬く夜に-
03. MONSTERS
04. サラバかな
05. ぴらぴろ
06. OTNK
07. beautifulさ
08. ALL YOU NEED IS LOVE
09. DEADMAN
10. オーケストラ
11. 本当本気
12. プロミスザスター



【関連リンク】
元記事
BiSHまとめ
大原櫻子、シングルの新ビジュアルを解禁
&ツアードキュメントの収録が決定

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
ROCK, 女性アイドル, ニュース, バンド, テレビ番組, 音楽番組, 出演

大原櫻子、シングルの新ビジュアルを解禁&ツアードキュメントの収録が決定
Mon, 03 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大原櫻子が8月9日(水)に発売する7枚目のシングル「マイ フェイバリット ジュエル」のジャケット写真とニュービジュアルが解禁された。

シングル「マイ フェイバリット ジュエル」のニュービジュアルは、真夏だが雨上がりの様なしっとり感や何気ない景色の中にある特別感といったイメージが表現されている。遂にアートワークが解禁された今回のシングルだが、楽曲の解禁は未だされてない。秦 基博プロデュースによる新曲とあって非常に期待も高まっているので楽しみにしていて欲しい。

そして先日解禁されたCD収録詳細で、唯一未発表となっていた初回限定盤Bの特典DVDの内容が2016年の全国ツアードキュメント番外編である事も発表となった。初めて全国各地を回ったツアーの裏側が観れる映像で、他では発表されていない、大原櫻子の魅力的なオフショットなども入った約20分の映像となっているのでお楽しみに。

さらにシングルと同時発表された秋のZeppツアーは、昨年の武道館2DAYSを含む4万6千人を動員した全国ツアー後の意表を突くかの様なライブハウスツアーの為、早くもチケット争奪戦が予想されている。この度、チケット販売スケジュールなどがZeppツアー特設サイトで発表となったので早めにチェックして欲しい。ちなみにニューシングルにはCD封入優先先行予約のシリアルナンバーが入ってるので、こちらも要注目となっている。

シングル「マイ フェイバリット ジュエル」

2017年8月9日(水)発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1225/¥1,500+税
<収録曲>
■CD 
M1:マイ フェイバリット ジュエル
(作詞:秦 基博 作曲:秦 基博 編曲:河野 圭 プロデュース:秦 基博)
M2:Jet Set Music!
(作詞:leonn 作曲:杉恵ゆりか 編曲・プロデュース:小名川高弘 )
M3:ALIVE
(作詞 小名川高弘 作曲 小名川高弘 編曲・プロデュース 小名川高弘)
※フジテレビ系『ライオンのグータッチ』テーマソング 
■DVD
「マイ フェイバリット ジュエル」Music Video



【初回限定盤B】(CD+DVD)
VIZL-1226/¥1,500+税
<収録曲>
■CD 
M1:マイ フェイバリット ジュエル
M2:Jet Set Music!
M3:ALIVE
■DVD
「CONCERT TOUR 2016 〜CARVIVAL〜」番外編



【通常盤】(CD)
VICL-37312/¥1,200+税
<収録曲>
M1:マイ フェイバリット ジュエル
M2:Jet Set Music!
M3:ALIVE

【ツアー情報】

10月11日(水) 北海道Zepp Sapporo
10月18日(水) 大阪Zepp Namba
10月19日(木) 大阪Zepp Namba
10月25日(水) 東京Zepp Tokyo
10月26日(木) 東京Zepp Tokyo
11月02日(木) 愛知Zepp Nagoya

<チケット販売スケジュール>
FC会員先行受付期間:
7月5日(水)12:00〜7月11日(火)23:59
CD封入先行受付期間:
8月8日(火)12:00〜8月14日(月)昼12:00
一般発売:
9月2日(土)10:00〜



【関連リンク】
元記事
大原櫻子まとめ
ばってん少女隊、地元・福岡にて
開催されたリリースツアーファイナルが大成功!

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, シングル

ばってん少女隊、地元・福岡にて開催されたリリースツアーファイナルが大成功!
Mon, 03 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ばってん少女隊の1stアルバム『ますとばい』のリリースツアー『アルバム出るけんのびしろ更に、ますとばい!』最終公演が彼女たちの活動拠点である地元・福岡のJR九州ホールで7月2日に行なわれ、熱いパフォーマンスで会場を大いに盛り上げた。

ライブは12:00からの1部公演に続いて16:00からの2部公演がスタート。入場BGMの「but-show TiME」から1曲目の「おっしょい」へと繋ぐ展開で会場のボルテージは一気に高まり《おっしょい》の掛け合いコールに。メンバー自己紹介のMCの後は2曲目「とーと。」から「STORM!」「すぺしゃるでい」「ばってん少女。」「ますとばい!」とアルバム『ますとばい』収録曲を一気に連続でパフォーマンスし、メンバーのキレキレなダンスとキュートな歌声に会場の約500名のファンは興奮の熱気に包まれた。『5曲続けて歌わせていただきました』という春乃のMCの後にはリリースツアーの感想を『あっという間のツアーでした』(上田)、『どこの会場も気温が高かったし熱気も高かったです』(瀬田)と述べつつ「さよならDESTINY」でライブは終了した。

特典会の後にはアンコール「ころりんHAPPY FANTASY」 、アルバム『ますとばい』収録曲の「コトバテニス」「よかよかダンス」と3曲披露し、リリースツアーの終わりを寂しがるファンに向けて、『夏に向けてこれからも気合入れていきます』(希山)、『ファンの皆さんと一緒に頑張っていきたいです』(上田)と話し、ばっしょーの今後に期待する歓声と拍手に包まれてライブは終了した。

リリースイベントは終了したが 7月〜8月は夏のイベントにも出演が多数決定している。アルバム『ますとばい』の楽曲を聞き込んで、ばっしょーの熱いライブパフォーマンスを直接体感しよう。9月からは全14公演のライブハウスツアー『ばってん少女隊の、田舎娘2nd〜カユい所まで手を届け鯛ツアー』も開催され、こちらは絶賛チケット発売中なので要チェックだ。

■【セットリスト】

■第1部
M1 ばってん少女。
M2 アツか夏きたばい!
M3 夢のキャンバス
M4 のびしろ行進曲
M5 夢のスコール
M6 びびび美少女
M7 ますとばい!

■第2部
M1 おっしょい
M2 とーと。
M3 STORM!
M4 すぺしゃるでい
M5 ばってん少女。
M6 ますとばい
M7 さよならDESTINY

En ころりんHAPPY FANTAZY
En コトバテニス
En よかよかダンス

アルバム『ますとばい』

発売中



【ますと盤】 (CD+インストCD+Photobook+Blu-ray)
VIZL-1182/¥5,556+税  
<収録曲>
■CD
1. おっしょい!
2. ばってん少女。(ますとばいver.)
3. びびび美少女
4. 夢のスコール
5. STORM!
6. ますとばい!
7. とーと。
8. コトバテニス
9. のびしろ行進曲
10. 乙女ノ手札
11. よかよかダンス
12. すぺしゃるでい
13. but-show TiME
■Blu-ray
・「おっしょい!」「よかよかダンス」「すぺしゃるでい」MUSIC VIDEO&振り付けビデオ
・「ばってん少女隊の、田舎娘が四大都市のライブハウスを巡るツアー」〜4.6東京大会〜
SE but-show TiME
M1 夢のキャンバス
M2 知っとっちゃん
M3 アツか夏きたばい!
M4すぺしゃるでい
M5フレッ!フレッ!フレンズ
M6びびび美少女
M7コトバテニス
M8とーと。
M9のびしろ行進曲
M10夢のスコール
M11ばってん少女。
M12ころりん HAPPY FANTASY
M13よかよかダンス
EN1さよならDESTINY
EN2 STORM!
EN3おっしょい!
ENDING ますとばい!



【見んしゃい盤】(CD+Blu-ray)
VIZL-1183/¥4,167+税
<収録曲>
■CD
1. おっしょい!
2. ばってん少女。(ますとばいver.)
3. びびび美少女
4. 夢のスコール
5. STORM!
6. ますとばい!
7. とーと。
8. コトバテニス
9. のびしろ行進曲
10. 乙女ノ手札
11. よかよかダンス
12. すぺしゃるでい
13. but-show TiME
■Blu-ray
・「おっしょい!」「よかよかダンス」「すぺしゃるでい」MUSIC VIDEO&振り付けビデオ
・「ばってん少女隊の、田舎娘が四大都市のライブハウスを巡るツアー」〜4.6東京大会〜
SE but-show TiME
M1 夢のキャンバス
M2 知っとっちゃん
M3 アツか夏きたばい!
M4すぺしゃるでい
M5フレッ!フレッ!フレンズ
M6びびび美少女
M7コトバテニス
M8とーと。
M9のびしろ行進曲
M10夢のスコール
M11ばってん少女。
M12ころりん HAPPY FANTASY
M13よかよかダンス
EN1さよならDESTINY
EN2 STORM!
EN3おっしょい!
ENDING ますとばい!



【聴きんしゃい盤】 (CD)
VICL-64806/¥2,315+税
<収録曲>
1. おっしょい!
2. ばってん少女。(ますとばいver.)
3. びびび美少女
4. 夢のスコール
5. STORM!
6. ますとばい!
7. とーと。
8. コトバテニス
9. のびしろ行進曲
10. 乙女ノ手札
11. よかよかダンス
12. すぺしゃるでい
13. but-show TiME

ライブハウスツアー『ばってん少女隊の、田舎娘2nd〜カユい所まで手を届け鯛ツアー』

9月02日(土) 名古屋CLUB QUATTRO
9月16日(土) DUCE SAPPORO
9月18日(月) 仙台MACANA GIP
9月30日(土) 大分DRUM Be-0
10月01日(日) 熊本B.9 V2
10月06日(金) 福岡DRUM LOGOS
10月07日(土) 佐賀GEILS
10月08日(日) 長崎DRUM Be-7
10月14日(土) 鹿児島CAPARVO HALL
10月15日(日) 宮崎WEATHERKING
10月22日(日) 神戸VARIT
11月11日(土) TSUTAYA O-EAST
11月18日(土) バナナホール
11月19日(日) 周南rise



【関連リンク】
元記事
ばってん少女隊まとめ
夏フェス対策の必聴5曲
OKMusic
女性アイドル一覧

【関連アーティスト】
ばってん少女隊
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, ライブ, ツアー

夏フェス対策の必聴5曲
Mon, 03 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月と言えば、やはりフェスシーズンということもあり、各地でいろいろなイベントが開催されます。『FUJI ROCK FESTIVAL』を筆頭に、地元密着のフェスも多く、野外で音楽を浴びる機会も多いことでしょう。普段はライヴハウスで聴くサウンドを開放感溢れる外で聴くと、また味わいも違ってくるものです。ただし、出演アーティストもたくさんで、全部をチェックするのは無理という人もいるでしょう。このバンドの有名曲や定番曲だけは事前に抑えておきたい、という人はぜひ読んでください! 

■1. 「あつまれ!パーティーピーポー」(’15) /ヤバイTシャツ屋さん

メジャーデビューから約半年で、今年6月に新木場スタジオコーストをソールドさせたヤバイTシャツ屋さん。右肩上がりで幅広い客層を巻き込んでいる、人気上昇中の3ピースバンドだ。この曲はライヴでも大盛り上がりのキラーチューンで、LMFAOの「Shots ft.Lil Jon」のフレーズを許可を取って、彼らなりにオマージュした、天井知らずのパーティーナンバーに仕上げている。フロアをハリピ一色に染め上げる無敵の楽曲である。また、MVも話題を呼び、わざわざロサンゼルスのハリウッドまで撮影に行ったというオチ付きで、我々を驚かせてくれた。


https://www.youtube.com/watch?v=J5oytYDMWHA■2. 「Horizon」(’16)/04 Limited Sazabys

今年2月に日本武道館公演を大成功に収めたフォーリミ。メロディックパンクをルーツに、日本語詞でさまざまなタイプの楽曲に挑戦してきた。この曲は彼らが得意とするパンクの勢いを封じ込めつつ、熱い日本語詞が胸に刺さる曲調になっている。冒頭から《地平線を越え 届けたいよ》と自らの胸中をストレートに訴えた歌詞に鷲掴みにされる。その意志が2ビートのヘヴィな勢いと相まって、より一層パワフルに響いてくるのだ。ライヴでもモッシュの嵐を起こす剃刀ナンバー。シビれます。


https://www.youtube.com/watch?v=KKf2M6vc74Y■3. 「KiLLiNG ME」(’11)/SiM

今年は開催された『SATANIC CARNIVAL \'17』初日のトリを務めるなど、各地のフェスでも最後に登場するなど、今や絶大なる人気を獲得している4人組。この曲はバンドにとってもターニングポイントとなり、多くの人にSiMを知らしめるきっかけを作った超人気曲だ。ライヴでも必ずプレイされている。モノクロのMVもカッコ良く、内容はシンプルにメンバー4人が演奏しているかたちだが、楽器を体の周りでブンブン振り回すパフォーマンスを含め、彼らのライヴの雰囲気も伝わってくる。


https://www.youtube.com/watch?v=vyUMYYc8lxU■4. 「金色グラフティー」(’11)/ROTTENGRAFFTY

結成は99年に遡り、ここ数年はフェスの常連と化し、若いファンにも強烈にアピールするアグレッシブなミクスチャーサウンドを鳴らす5人組。この曲はもはや彼らの代名詞と言えるアンセムナンバーと言っていい。耳に残るギターリフがインパクト絶大で、サビの突き抜けっぷりも最高だ。曲を知らなくても盛り上がれること必至のロットン節がぎっしりと詰まっている。なので、あらかじめ予習しておけば、さらに歌って騒げること間違いなし! いやぁ、本当に血がたぎってくる名曲です。


https://www.youtube.com/watch?v=At_Ln0_BxPQ■5. 「KARATE」(’16)/BABYMETAL

今年、6年連続で『SUMMER SONIC 2017』出場が決まり、なんと「MARIN STAGE」にてトリを飾るFOO FIGHTERSにバトンを渡す、セカンドヘッドライナーを務めることになった。昨年から今年にかけてはレッチリ、メタリカ、ガンズ&ローゼズと大物勢のオープニングアクトを務め、微塵もブレないパフォーマンスに磨きをかけてきた彼女たち。その成長ぶりを踏まえて、野外でBABYMETALを観たい!という人も多いだろう。この曲はグルーブメタルを咀嚼した超ド級のヘヴィナンバー。『サマソニ』の空にこの曲がどう映えるのか、今から楽しみで仕方がない。まずはMVで曲はもちろん、彼女たちの力強い振り付けを要チェック!


https://www.youtube.com/watch?v=GvD3CHA48pATEXT:荒金良介



【関連リンク】
元記事
ヤバイTシャツ屋さんまとめ
04 Limited Sazabysまとめ
SiMまとめ
ROTTENGRAFFTY まとめ

【関連アーティスト】
ヤバイTシャツ屋さん, 04 Limited Sazabys, SiM, ROTTENGRAFFTY , BABYMETAL
【ジャンル】
ROCK, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!

安田レイ、思い出の土地・名古屋でデビュー4周年記念ライブを開催!
Mon, 03 Jul 2017 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デビューから4周年を迎える安田レイが7月2日、思い出の地・名古屋のブルーノートにてワンマンライブ「安田レイ DEBUT 4th Anniversary Special Live@名古屋Blue Note」を実施! 初めてワンマンライブを実施した土地が名古屋とあって、今回名古屋1会場のみでの開催となった特別なライブとなった。

安田レイがブルーノートという伝統ある会場にリスペクトを込めたスイングジャズ調の即興アドリブでウェルカムソングを披露しライブがスタート。始まるやいなや、早くも彼女の売りでもある“歌声・歌唱力"で会場に集まった多くのファンを魅了した。

ピアノトリオ編成のバンドを従え、安田レイが初めて作詞をした「Oneday」やデビュー曲「Best of my Love」など、これまでの軌跡をたどるオリジナル曲はもちろん、「time will tell」(宇多田ヒカル)/「A cup of tea」(竹内まりや)/「Ordinary People」(ジョン・レジェンド)「LOVE IS BUBBLE」(BONNIE PINK)など自身のルーツとなったアーティストたちのカバー曲を含め、2回公演計13曲を披露。「中身はまだ子供です」と語りつつも、4年間の成長を垣間見せる大人びた歌声を見せる一面や、会場をクラップの渦に巻き込むアッパーな一面を見せるなどオーディエンスを唸らせた。

安田レイ自身も「4周年を、こんなにたくさんの方々とライブという形で一緒にお祝いする事ができて本当に幸せです。」とも語り、ファン達と改めてデビュー4周年の軌跡を噛みしめたライブ。 本編最後に披露された最新シングル「きみのうた」では、ファン達の温かさに自身も曲に対する想いが溢れ出し、思わず涙する場面もあり、何とも感動的な形で幕を閉じた。

シングル「きみのうた」

2017年5月24日(水)発売



【通常盤】(CD)
SECL-2161/¥1,200 
※通常JK仕様
【期間生産限定盤】(CD)
SECL-2162/¥1,300 
※アニメJK仕様



【関連リンク】
元記事
安田レイまとめ
Czecho No Republic、9月より新たなツアーを開催
&謎のビッグプロジェクトを始動!?

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
安田レイ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブ

Czecho No Republic、9月より新たなツアーを開催&謎のビッグプロジェクトを始動!?
Mon, 03 Jul 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Czecho No Republicが7月2日、大阪・大阪城音楽堂にてワンマンライブ『【Czecho No Republic presents ドリームシャワー2017】at大阪城音楽堂 夏だ!野音だ!Czecho No Republicだ!〜そうだ、みんなで大阪へ行こう。〜』を開催! 晴天の空の下、満員の2400名が集まったライブは持ち前の祝祭感溢れるサウンドで笑顔溢れる空間となった。

『ドリームシャワー』は彼らがバンドを結成した2010年にshibuya eggmanにて初めて主催したイベントのタイトルで、結成5年目となる節目の2015年には日比谷野音にてワンマンとして復活。2016年には新木場STUDIO COASTにて初めてフェス形式で開催した、バンドを代表する一大イベントだ。

武井(Vo)は今年の開催について、ブログで『チェコ主催の企画イベントの多くが、バンドの拠点、東京に一極集中してしまっていて、それはバンドができる限界でもあったわけだけど、いつも心のどこかで各地でやれていないことに心苦しい気持ちがありました。いつの日か、Czecho No Republicのライブをどこの土地の人にも楽しんでもらいたいという思いがあり、それが日に日に強くなり、今年こそ、いよいよ各地の方へのお返しの第一弾をしようと決めました。』と宣言し、自身の関西最大キャパシティーとなる大阪城音楽堂に挑むことを説明していた。

ライブの最後を締めくくった「MUSIC」では、FM802で独占OAされている「MUSIC(チェコと12人の仲間たち)」の参加メンバーから、藤森元生(SAKANAMON)とおかもとえみ(フレンズ)がシークレットゲストとして登場。会場MCを務めるFM802 DJの飯室大吾と板東さえかもステージに上がっての大合唱となり、大団円のうちにバンド史上最大の挑戦は幕を閉じた。

4年前にメジャーデビューし、今日までハイペースに曲を作りリリースしてきた彼らは、この日『リリースツアーじゃないツアー』の開催を発表。このツアーは『これまで発表してきた楽曲たちをないがしろにしていないか』という思いから、今一度これまでの代表曲を見つめなおし、惜しみなく披露する趣旨となっている。初期の楽曲から鉄板の楽曲まで楽しめる、まさにベストな楽曲をセレクトするライブは、全国6カ所にてワンマン形式で行なわれるとの事だ。さらには、謎のビッグプロジェクトを始動したこともアナウンスしており、これからの活動にも注目が集まりそうだ。

『リリースツアーじゃないツアー』

9月30日(土) 北海道・札幌KRAPS HALL
10月14日(土) 宮城県・仙台CLUB JUNK BOX
10月22日(日) 福岡県・福岡BEAT STATION
11月25日(土) 愛知県・名古屋ボトムライン
12月14日(木) 大阪府・心斎橋BIG CAT
12月22日(金) 東京都・EX THEATER ROPPONGI

<チケット>
ファンサイト会員先行 (グッズ付き) 、
オフィシャル最速先行ともに、7月3日(月)12:00より発売開始
http://w.pia.jp/t/cnr-of/



【関連リンク】
元記事
Czecho No Republicまとめ
SAKANAMONまとめ
フレンズまとめ
fh?na、ニューシングル「Hello!My World!!」詳細
&最新アー写を解禁


【関連アーティスト】
Czecho No Republic, SAKANAMON, フレンズ
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, ライブ, ツアー

fh?na、ニューシングル「Hello!My World!!」詳細&最新アー写を解禁
Mon, 03 Jul 2017 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

fh?naが8月2日にリリースするニューシングル「Hello!My World!!」のジャケットと収録内容、さらに最新アーティスト写真を公開した。

今作の表題曲は7月より放送される異世界ロボットファンタジーを描いたTVアニメ『ナイツ&マジック』のオープニング主題歌となっており、疾走感とfh?naらしい爽快感溢れる楽曲で作品を彩る。また、「Hello!My World!!」のiTunes 先行配信もスタートするのでアニメの放送に先駆け、いち早く楽曲を楽しんでいただきたい。

さらに、1月25日にリリースしたシングル表題曲「青空のラプソディ」のMVが再生回数1,000 万回を突破。メンバーが初挑戦したダンスの模様が大きな話題となっており、アニメシーン・バンドシーンで引き続き注目されている。こちらもまだ観ていないという方は是非チェックしてほしい。

■「青空のラプソディ」MV


https://youtu.be/maKok2RItxMシングル「Hello!My World!!」

2017年8月2日(水)発売



【アーティスト盤】
LACM-14627/¥1,200+税
<収録曲>
01.Hello!My World!!
02.君の住む街
03.Hello!My World!! -Instrumental-
04.君の住む街 -Instrumental-



【アニメ盤】
LACM-14628/¥1,200+税
※描き下ろしアニメイラストジャケット仕様
<収録曲>
01.Hello!My World!!
02.reaching for the cities
03.Hello!My World!! -Instrumental-
04.reaching for the cities -Instrumental



【関連リンク】
元記事
fh?naまとめ
FLOW、熱狂の15周年ツアーが
恵比寿リキッドルームより開幕!

OKMusic
アニメ・声優一覧

【関連アーティスト】
fh?na
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, シングル, 新曲, 主題歌, オープニング

FLOW、熱狂の15周年ツアーが恵比寿リキッドルームより開幕!
Mon, 03 Jul 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月2日 恵比寿リキッドルームのライブにて、FLOWが15周年イヤーをスタートさせた。

SEのスタートと同時に恵比寿リキッドルームを包んだ歓声は轟音。誰もがこの時を待っていた。IWASAKI、TAKE、GOT\'S、KEIGOの順にメンバーが登場。少し遅れてKOHSHIがステージに入ってきた。1曲目から会場は全員の大ジャンプで大揺れ。昔からのファンもFLOWを最近知ったかもしれないライブキッズ層も入り混じってグイグイと前方の人口密度を濃くしていく。今回のミニアルバムのためにメンバーそれぞれが作った楽曲から、KOHSHI作の「Go! Go! Drinkers」ではKOHSHIが楽曲中にショットを一気に飲み干した。『以前からお酒をテーマにした曲を作りたいと思っていてやっと書けた』と語っていた彼にとって、今日のこの一杯は最高のものになった事だろう。

『15年目に突入! 俺たちがFLOWだー!』というKEIGOの煽りにオーディエンスは両手を挙げ、約2000本の手のひらで応えた。『みんなでやってきたんだよ。全員のお祝いだから!』。MCでそう語ったKEIGOは続く曲のギターソロでは最後の1拍まで、ギリギリまで拳を突き上げオーディエンスを煽り続ける。GOT\'S作の「秘密の作戦」では会場が熱気に溢れ、GOT\'Sのベースソロになった時にはベースの音をかき消すほどのオーディエンスの声が会場を埋めつくす。TAKE作による「クライムオン」では、これまでとは一転し、会場が一気に大人な雰囲気に。15年向き合い続けてきたオーディエンスはさすがで、この雰囲気の変化にもなんのその。それぞれの楽しみ方で自然に身を任せていた。IWASAKI作の「Bet or Dead」は80年代のアメリカンロックを彷彿させるその楽曲が、瞬く間に体感したことない空気へと変え、FLOWのまた新しい形のエンターテイメントロックを見た。

ライブは終盤戦。『今まで俺らが言い続けてきた言葉! みんなで叫んでくれよ!!』というKEIGOの煽りで始まった15年目最初の「GO!!!」。FLOWの今までを作り、またこれからを作っていく楽曲だ。誰もが待っていた今日という日の「GO!!!」。今日一番の歓声と会場の揺れは、会場に来るまでに予想していたもの以上だ。『みんなとやってきた15年です。改めて、本当にありがとう』という言葉に会場の拍手は鳴り止まない。メンバーが誰一人欠けることなく続けてくることができ、ファンとライブをやり続けていられていることの素晴らしさを改めて感じることができたのではないだろうか。ファンと誠実に向かいあってきたFLOWだからこそ迎えることができたこの日は、温かな空気で満ち溢れていた。

KEIGO作の「旅の途中」は、歌詞にある「まだ僕ら旅の途中」というフレーズが今日は一段と耳にすっと入ってきて、ぐっと沁み渡る。これからもFLOWの音楽に触れていたいと思うに十分な言葉だった。

アンコールも最高のパフォーマンスとレスポンスで終え、ファンからの温かいサプライズも大成功し、15周年初日を終えたFLOW。華々しい15周年のスタートの皮切りになった事は間違いない。

■FLOW 15th Anniversary 特設サイト
http://www.flow.mu/cam/15th/

『FLOW 15th Anniversary TOUR 2017 「We are still Fighting Dreamers」』

7月08日(土)  札幌cube garden
7月17日(月・祝)  仙台CLUB JUNK BOX
7月28日(金)  大阪BIGCAT
7月29日(土)  名古屋ダイアモンドホール
8月06日(日)  福岡DRUM Be-1
※終了分は割愛

ミニアルバム『Fighting Dreamers』

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2930/1/¥2,222 +税 
<収録曲>
■CD
M1.GO!!! 〜15th Anniversary ver.〜
M2.Go! Go! Drinkers
M3.秘密の作戦 
M4.クライムオン
M5.Bet or Dead 
M6.旅の途中 
■DVD
・「GO!!! 〜15th Anniversary ver.〜」 Music Video
・「Fighting Dreamers」 Recordingメイキング



【通常盤】(CD)
KSCL-2932/¥1,852 +税
<収録曲>
M1.GO!!! 〜15th Anniversary ver.〜
M2.Go! Go! Drinkers
M3.秘密の作戦 
M4.クライムオン
M5.Bet or Dead 
M6.旅の途中 



【関連リンク】
元記事
FLOWまとめ
never young beach、江の島で開催される
GYAO!×J-WAVEのコラボイベントに出演決定

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
FLOW
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, ライブ, ツアー

never young beach、江の島で開催されるGYAO!×J-WAVEのコラボイベントに出演決定
Mon, 03 Jul 2017 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

動画配信サービス「GYAO!」の世界観を体験できる海の家『GYAO! SUMMER HOUSE』が江の島片瀬海岸東浜にて8月31日(木)までの期間限定でオープン! FMラジオ局 J-WAVEの番組「STEP ONE」とのコラボレーションにより『GYAO! SUMMER HOUSE presents J-WAVE STEP ONE公開収録』を行なうことがわかった。

ゲストには若者に絶大な人気を誇り、7月19日(水)に3rdアルバム『A GOOD TIME』をリリースすることでも話題のnever young beachが決定しており、早速「GYAO!」とJ-WAVE「STEP ONE」にて合計20組40名様を本ライブに無料招待する抽選応募がスタートしている。バンド名にふさわしい海辺近くでの臨場感あふれるライブとなるので、ぜひ奮って応募しよう。

■GYAO!SUMMER HOUSE 特集ページ
https://gyao.yahoo.co.jp/special/summerhouse/
■J-WAVE「STEP ONE」
https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

『GYAO! SUMMER HOUSE presents J-WAVE STEP ONE公開収録』

開催日時: 7月17日(月・祝) 18:00〜19:00
会場:GYAO! SUMMER HOUSE
(片瀬江の島海岸東浜 海の家 神奈川県藤沢市 片瀬海岸 東浜海水浴場)
内容:ライブ&トークイベント
募集人数:20組40名(GYAO!、J-WAVEで各10組20名)
応募期間:7月3日(月)12:00〜7月9日(日)23:59
※集合時間や開場時間は追って当選者にお知らせ致します。



【関連リンク】
元記事
never young beachまとめ
Superfly、デビュー10周年を記念して
一夜限りのSPライブを開催

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
never young beach
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド

Superfly、デビュー10周年を記念して一夜限りのSPライブを開催
Mon, 03 Jul 2017 15:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今春メジャーデビュー10周年を迎えたSuperflyがデビュー記念日となる4月4日にリリースした『Superfly 10th Anniversary Greatest Hits “LOVE, PEACE & FIRE"』に次ぐ10周年記念企画として、ワンマンライブとしては約1年8ヶ月ぶりとなる一夜限りのプレミアムライブ『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE “Bloom"』を東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアルで開催する事が決定した。

数々のヒットソングを共に送り出してきた蔦谷好位置(agehasprings)をサウンドプロデューサーに迎え、初のオーケストラ編成、この日のために管弦楽アレンジを施したオリジナル曲の数々に10周年の感謝をこめて奏でる、プレミアムなライブとなる。

また、今回はSuperfly初の試みとして、ライブ・ビューイングの開催も決定。当日の公演の模様は全国各地の映画館に生中継される。アニバーサリーイヤーならでは、この機会でしか味わうことのできないSuperfly10周年記念プレミアムライブをコンサート会場、またはライブ・ビューイング会場となる映画館で楽しんでいただきたい。

なお、10周年記念プレミアムライブとライブ・ビューイングの告知に合わせ、最新アーティスト写真も公開された。実はこの写真、Superflyの代表曲のひとつ「愛をこめて花束を」のジャケット写真でまとったヘッドドレスを手掛けたフラワー・アーティスト michikoとSuperflyの志帆が、10周年という特別なタイミングで再びタッグを組み撮影されたもの。「愛をこめて花束を」が発表された約10年前、新芽やハーブなどを主体としたグリーンが印象的だったヘッドドレスが、年月を重ね目にも鮮やかな色彩、大きく咲き誇る花々があしらわれたものへと変化している。イメージをひとつにする衣裳と相まって、まるで志帆自身が花束になったかのような印象だ。

10年間の感謝を込め、満を持して開催される今秋のライブ。そこでSuperflyはどんな姿を我々に見せてくれるのだろうか? 今から期待は高まるばかりだ。

『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE?Bloom?』

11月15日(水) 東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル
時間:18:00開場 / 19:00開演
<チケット>
¥9,720(税込)
※枚数制限:お一人様一枚のみ
※中学生未満入場不可(小学生・未就学児入場不可)
※入場時顔写真付き身分証明書の提示が必要です。

《ライブ・ビューイング実施概要》
『Superfly 10th Anniversary Premium LIVE?Bloom?LIVE VIEWING』
日時:11月15日(水) 19:00開演
会場:全国各地の映画館
※開催劇場は、後日ライブ・ビューイング特設サイト、SuperflyオフィシャルHPで発表いたします。
※開場時間は映画館によって異なります。



【関連リンク】
元記事
Superflyまとめ
indigo la End、女優・大西礼芳が出演する
「見せかけのラブソング」MV解禁

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
Superfly
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブ

indigo la End、女優・大西礼芳が出演する「見せかけのラブソング」MV解禁
Mon, 03 Jul 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

indigo la Endが7月12日(水)に発売する、メジャー3rdフルアルバム『Crying End Roll』の収録曲「見せかけのラブソング」のミュージックビデオを公開した。

先週公開された「プレイバック」に続き、今作も女優が起用され、テレビドラマ等で活躍中の大西礼芳が出演している。監督の"いえなつき"により歌詞の世界観を最初から最後までしっかりと映像で表現されており、楽曲、歌詞、映像のすべてがスーと体に入ってきて、何度もリピートして見てしまうような仕上がりの素敵なミュージックビデオとなっているので、ファンの方はもちろん、気になる方は是非一度ご覧いただきたい。

■【いえなつき監督よりコメント】

「見せかけのラブソング」をはじめて聴いた時、ああ、私もバースデーケーキがあまり美味しくなかった側の人だ、と共感しました。かわいくない。ひねくれている。それを見透かされているような歌で、意味もなく怖くなりました。
かなりの緊張感を持って挑んだのですが、自由に素直に演出させていただき居心地の良い現場でした。気になっていた女優の大西礼芳さんに出演いただけたことも幸運でした。彼女の「日常」を不穏に見せてくれる演技が素晴らしかったです。
川谷さんの文鳥ぶりにも注目していただけたらと思います。

■「見せかけのラブソング」MV


https://www.youtube.com/watch?v=MwaS55VG6NAアルバム『Crying End Roll』

2017年7月12日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31341/2/¥3,500+税
<収録曲>
■CD
1. 想いきり
2. 見せかけのラブソング
3. 猫にも愛を
4. End Roll I
5. 鐘泣く命 (ドラマ「ぼくは麻理のなか」オープニングテーマ)
6. 知らない血
7. ココロネ(Remix by Qrion)
8. End Roll II
9. プレイバック
10. 天使にキスを
11. エーテル
12. 夏夜のマジック(Remix by ちゃんMARI)
■DVD
indigo la End
"インディゴミュージック" 追加公演 「プレイバック」
2016.9.10 (Sat) at STUDIO COAST
1. 楽園
2. 秘密の金魚
3. 実験前
4. 緑の少女
5. 夏夜のマジック
6. 幸せな街路樹
7. 瞳に映らない
8. 渚にて幻 (long ver.)
9. 名もなきハッピーエンド



【通常盤】(CD)
WPCL-12676/¥3,000+税
<収録曲>
1. 想いきり
2. 見せかけのラブソング
3. 猫にも愛を
4. End Roll I
5. 鐘泣く命 (ドラマ「ぼくは麻理のなか」オープニングテーマ)
6. 知らない血
7. ココロネ(Remix by Qrion)
8. End Roll II
9. プレイバック
10. 天使にキスを
11. エーテル
12. 夏夜のマジック(Remix by ちゃんMARI)



【関連リンク】
元記事
indigo la Endまとめ
赤い公園のヴォーカル・佐藤千明がこの夏をもって脱退
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
indigo la End
【ジャンル】
ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

赤い公園のヴォーカル・佐藤千明がこの夏をもって脱退
Mon, 03 Jul 2017 14:30:00 +0900


赤い公園のヴォーカル・佐藤千明が脱退する事をオフィシャルHPにて発表した。4人体制での赤い公園の活動は8月31日を以て終了、9月以降は津野米咲(Gt)、藤本ひかり(Ba)、歌川菜穂(Dr)の3人で赤い公園を継続していくかたちとなる。

先日8月23日のリリースが発表された4枚目となるニューアルバム『熱唱サマー』は4人体制での赤い公園のアルバムとして、最後の作品となる。このアルバム発売直後の8月27日(日)Zepp DiverCity TOKYOにて「熱唱祭り」と題した4人体制での最後のライブを開催することが決定した。

また、現在出演が決まっている『JOIN ALIVE2017』『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』の2公演に関しても予定通りの出演となる。 オフィシャルHPではメンバーのコメントも掲載されているので、是非目を通してほしい。

■【赤い公園・佐藤千明よりコメント (オフィシャルHPより)】

赤い公園で過ごした7年の年月は、
控えめに言って、最the高でした。

その中で、自分の手に負えないほどのズレが、生じてきていることに気付きました。
そのズレにぶつかり、擦り合わせようと出来る限りの努力をし、最善を尽くしましたが、
ズレはどんどんと大きくなっていきました。

そのズレが、迷いとして音楽にまで介入してきた時、
赤い公園のボーカル という使命に、限界を感じました。

思えば、津野の作る音楽を表現したい一心で、バンドで歌ってきましたが、
そこに迷いが生じた以上、赤い公園のボーカルとしてステージに立つことはできません。

突然のご報告となりましたが、
赤い公園という生き物、歴史に敬意をはらい、
4人で紡ぐ音楽を大切にしていられるうちに、
その一つの旅の幕を、降ろすことに決めました。

三人になった赤い公園の旅は、
きっと頼もしく、これからもパンクに、続いていくと確信しております。
そして私は、今後のことは未だ何も考えておりませんが、まだまだ諦められない歌と共に、しぶとくオモロイ旅を続けます。
4人それぞれの音楽人生のハイライトは、この先にあると信じます。


そして、何より伝えたいこと。

良い時も悪い時も、
信じて応援し続けてくれたファンのみんな。

ステージから見えるみんなの笑顔で、
私はいつもとびきりの幸せ者でした。
本当に、どうもありがとう。

そんなみんなと、

人前には出ないけれど、側で私達の音楽活動、そして時には気持ちまでをも支えて下さり
ムードのメーカーとなって下さった沢山のスタッフさん、
そして、猛烈な青春を共にしてくれたメンバー。

私がボーカルを務める最後のアルバムは、
そんな、音楽のおかげで出会えた全ての最the強の仲間たちのおかげで、
「さぁ、世に出てこい!!」
と今すぐにでも日本中に放り出したくなる最高傑作となりました。
みなさんに、心の底から感謝致します。
本当に本当に、どうもありがとうございました。

また、どこかで!

■【赤い公園よりコメント (オフィシャルHPより)】

この夏を以ちまして、赤い公園からvo.佐藤千明が脱退する運びとなりましたことをご報告させていただきます。

2010年1月4日の初ライブから約7年半の間、たった一人でステージの真ん中に立ち続けてくれました。

佐藤の細やかな心は、赤い公園の楽曲を色づけ、輝かせてくれたように思います。

その心が窮屈そうに音を上げていることと、それに対して他の者の正義が役に立たないこと。

そんな問題を、私たちは最初から内包していたのだと思います。

とっくにこうなっていてもおかしくないような、それでももっと先のような、色んな予感の中、肩を組んで酒を酌み交わして活動してまいりました。

大決断でしたが、フルアルバムに四人のパワーを注入し切ったので、ともども晴れやかな気持ちです。

赤い公園は8年目にしてスリーピースバンドとなりますが、勿論これまでの音楽を大切に胸に抱き、三人で更なる音楽を追求し届けてゆくべく、引き続き心をこめて活動して参ります。

そして、佐藤が自分の音楽と正義と大ボケ小ボケを容赦なく全うしてゆく未来を、信じていただけたらと願います。

突然の報告になりましたが、もしよろしければ、これからも佐藤千明及び赤い公園をあたたかく見守っていただけると幸いです。

7年半、四人を愛して下さった皆様、
ありがとうございました。

よろしくお願いいたします。

「熱唱祭り」

8月27日(日) Zepp DiverCity TOKYO
開場:17:00 開演:18:00
チケット料金:前売 ¥4,000(オールスタンディング/drink代別/整理番号有)
一般発売日:7月30日(日)10:00

アルバム『熱唱サマー』

2017年8月23日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7343/¥3,780(税込)
【通常盤】(CD)
UPCH-2133/¥3,024(税込)



【関連リンク】
元記事
赤い公園まとめ
BUCK-TICK、全国ツアーファイナルは
18年連続の日本武道館公演2days!

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
赤い公園
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ニュース, ガールズバンド, 卒業

BUCK-TICK、全国ツアーファイナルは18年連続の日本武道館公演2days!
Mon, 03 Jul 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今年9月にデビュー30周年を迎えるBUCK-TICKが、全国ツアー『THE DAY IN QUESTION 2017』の詳細を発表した。

2001年以来、12月29日の日本武道館公演を中心に行なわれてきた『THE DAY IN QUESTION』。代表曲からレアな曲までアルバムのリリースに伴うツアーでは聴けない選曲が披露され、毎回瞬時にソールドアウトしチケット争奪戦と化しているが、今回は全国ツアーとして10月21日(土)大宮ソニックシティ大ホールを皮切りに全18公演開催される。

メンバーの故郷である群馬公演は12月23日(土・祝)高崎アリーナで開催、そしてツアーファイナルは18年連続となる日本武道館公演で、今年は12月28日(木)、29日(金)の2days開催となる。今回もチケットの争奪戦が予想される本ツアーだが、ファンクラブチケット先行予約は7月10日(月)までにオフィシャルファンクラブに入会の手続きと決済を済ませれば申し込みに間に合うとのことなので、まだ入会していないファンは急いでオフィシャルHPをチェックしよう。

また、今年夏発売予定とアナウンスされていた30周年記念オールタイム・ベストアルバム『CATALOGUE 1987-2016』は6月末で収録曲を決めるファン投票が締め切りとなり、投票結果が7月下旬に発表されるとのこと。この作品に収録される曲がライヴで演奏されるかもしれないので、こちらも併せてチェックしよう。

■『THE DAY IN QUESTION 2017』

10月21日(土) 埼玉:大宮ソニックシティ 大ホール
10月29日(日) 神奈川:川崎市スポーツ・文化総合センター
11月04日(土) 石川:本多の森ホール
11月11日(土) 兵庫:神戸国際会館こくさいホール
11月12日(日) 京都:ロームシアター京都(京都会館) メインホール
11月18日(土) 栃木:栃木県総合文化センター メインホール
11月23日(木・祝) 宮城:仙台銀行ホール イズミティ21
11月26日(日) 北海道:わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
12月02日(土) 大阪:オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
12月03日(日) 大阪:オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
12月07日(木) 愛知:日本特殊陶業市民会館フォレストホール(旧:名古屋市民会館)
12月08日(金) 香川:サンポートホール高松 大ホール
12月10日(日) 広島:広島上野学園ホール
12月16日(土) 熊本:熊本県立劇場 演劇ホール
12月17日(日) 福岡:福岡サンパレスホテル&ホール
12月23日(土・祝) 群馬:高崎アリーナ
12月28日(木) 東京:日本武道館
12月29日(金) 東京:日本武道館

<チケット一般発売>
2017年9月16日(土)10:00〜
■チケットぴあ
http://w.pia.jp/t/bucktick/
■ローチケHMV
http://l-tike.com/bucktick2017/
■イープラス
http://eplus.jp/buck-tick2017/

アルバム『CLIMAX TOGETHER - 1992 compact disc -』

2017年6月28日(水)発売



【完全限定生産盤】(SHM-CD4枚組)
VICL-70230〜70233/¥5,500+税



【関連リンク】
元記事
BUCK-TICKまとめ
乃木坂46、明治神宮野球場公演にて
東京ドーム2days公演を発表!

OKMusic
ヴィジュアル一覧

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
ROCK, ヴィジュアル, ニュース, バンド, ライブ, ツアー

乃木坂46、明治神宮野球場公演にて東京ドーム2days公演を発表!
Mon, 03 Jul 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

乃木坂46の『真夏の全国ツアー2017』が7月1日(土)と2日(日)に開催され、4年連続となる明治神宮野球場公演が、完全燃焼にて幕を閉じた。

4年連続の明治神宮野球場での開催となる『真夏の全国ツアー』。7月2日(日)の公演では多くのサプライズ発表があった。

汗も滴り落ちる炎天下の中、まずステージ上に姿を現したのは三期生のメンバー。三期生楽曲「三番目の風」から始まり4曲目を歌い終えた後のMCで、梅澤美波が『明治神宮野球場という素晴らしい舞台に私達三期生が先に立たせて頂くということで、とても緊張していますが、この挑戦をチャンスだと思って頑張りますのでよろしくお願いします!』と決意表明すると、自己紹介を兼ねたコール&レスポンスで会場の熱量を上げた。そして8曲目の「思い出ファースト」最後のサビ前で、メンバー1人1人直筆の文章がスクリーンに映し出され、それぞれの熱い想いをファンの前で語り三期生パートが終了した。

続いてバトンを受け取ったのは、乃木坂46の中でも苦労人揃いの二期生メンバー。「バレッタ」「気づいたら片想い」「嫉妬の権利」歌唱後のMCで、伊藤かりんが『今歌った3曲に私達の全てが詰まっている』と吐露し、寺田蘭世、鈴木絢音、新内眞衣とそれぞれの苦労を語った。『ちょっとしんみりしましたが、今日はライブなので最高に盛り上がっていきましょう! 私達二期生の虜にしちゃいます!』とかりんが煽ると、二期生全員がそれぞれスタンドとアリーナに移動し、会場の一体感を更に高めていく。また二期生パート最後のMCでは堀未央奈から『8月9日発売のシングルに、二期生のMV付き楽曲が収録されることが決定しました!』という嬉しい発表も行なわれた。

冷めやらぬ会場のボルテージを更に上げたのは乃木坂46一期生メンバー。1人1人のメンバー紹介の後、特効音とともに始まった「制服のマネキン」から3曲を歌い、MCで白石麻衣が『一期生だけでライブをするのは約5年振りで本当に楽しみにしてました!』と打ち明けると、西野七瀬も『本当に一期生が好き。最初から今までこのメンバーで頑張ってきたんだなと思うとじーんとくる。』と続けた。そこからはユニット曲やシングル曲でたたみかけ、流石の1期生の貫録を見せつけていく。

さらにここからの後半は、全メンバーブロックへ突入。「設定温度」歌唱後、桜井玲香が『やっと全員揃いました。結成して6周年を迎えようとしてますが、メンバーが46人になったということで、本当に感慨深いです。ここからは全員でのパートになるのですが、皆さん盛り上がれますか!』と会場に問いかけると大歓声が起きた。そしてアンダーメンバー楽曲「君が扇いでくれた」歌唱後、10月のアンダーライブツアー九州シリーズ開催と、秋のアンダーメンバーアルバムリリース決定が発表されると、会場からは拍手大喝采。かりんは『九州シリーズとアルバム発売に向けて力をつけて頑張っていきますので皆さん応援よろしくお願いします!』と決意を露わにし、アンダー曲「風船は生きている」を披露。ライブ終盤は再度メンバーが集合し、ヒットシングルを連発。『今年は人生で最高の夏にしたいです。皆さん盛り上がっていけますか!』と西野が呼びかけ、「スカイダイビング」をパフォーマンス。毎年恒例の花火も上がり、大盛況の中本編の幕は閉じた。

アンコールブロックでもサプライズ演出は止まらない。1曲目「インフルエンサー」で、6月28日(水)生放送『テレ東音楽祭』でもコラボしたことが話題沸騰となったバナナマン日村扮する“ヒム子"が突如乱入し、明治神宮野球場でもスペシャルコラボが実現したのだ。乃木坂46メンバーも知らなかったサプライズ演出に、会場は大興奮の渦に巻き込まれる。その後「シャキイズム」「オフショアガール」で会場を一つにし、ラスト楽曲前で最後のサプライズとして『真夏の全国ツアーfinal』での東京ドーム2days開催が発表された。生駒里奈が『このメンバーでやっと辿り着けたって思ったら、くるものがあるよね』と涙を浮かべながら語ると、キャプテンの桜井は『最後の曲、東京ドーム2daysを発表して決意を新たにした最初の曲になります。皆さん盛り上がれますか?』と投げかけ、全員で「乃木坂の詩」を歌い、大きな拍手を浴びながらバックステージへ戻った。

会場の拍手と歓声は鳴りやまずそのままダブルアンコールへ突入し、「ロマンスのスタート」「ハウス!」を全員で歌唱。最後は桜井が改めて『色々なことがあったけど、皆がいるから私達がステージに立っています。これからも皆にたくさんの感動を届けられるように頑張りますので、これからも宜しくお願いします。今日は本当にありがとうございました!』と感謝の気持ちをファンに精一杯届け、明治神宮野球場2daysを完走した。

まだまだ続く『真夏の全国ツアー2017』。止まることを知らない乃木坂46の今後の活躍に目が離せない。

■【セットリスト】

■7月1日(土)
M1. 三番目の風
M2. ハウス!
M3. 会いたかったかもしれない
M4. ロマンスのスタート
M5. ぐるぐるカーテン
M6. おいでシャンプー
M7. 走れ!Bicycle
M8. 思い出ファースト
M9. バレッタ
M10. 気づいたら片想い
M11. 嫉妬の権利
M12. そんなバカな・・・
M13. 人はなぜ走るのか?
M14. 別れ際、もっと好きになる
M15. ボーダー
M16. かき氷の片想い
M17. きっかけ
M18. 制服のマネキン
M19. ダンケシェーン
M20. 転がった鐘を鳴らせ!
M21. 他の星から
M22. 意外BREAK
M23. あらかじめ語られるロマンス
M24. 欲望のリインカーネーション
M25. 指望遠鏡
M26. ロマンティックいか焼き
M27. 命は美しい
M28. 君の名は希望
M29. 設定温度
M30. 君が扇いでくれた
M31. 風船は生きている
M32. インフルエンサー
M33. ガールズルール
M34. 裸足でSummer
M35. 夏のFree&Easy
M36. 太陽ノック
M37. スカイダイビング
EN1. 裸足でSummer
EN2. シャキイズム
EN3. オフショアガール
EN4. 乃木坂の詩

■7月2日(日)公演
M1. 三番目の風
M2. ハウス!
M3. 会いたかったかもしれない
M4. ロマンスのスタート
M5. ぐるぐるカーテン
M6. おいでシャンプー
M7. 走れ!Bicycle
M8. 思い出ファースト
M9. バレッタ
M10. 気づいたら片想い
M11. 嫉妬の権利
M12. そんなバカな・・・
M13. 人はなぜ走るのか?
M14. 別れ際、もっと好きになる
M15. ボーダー
M16. かき氷の片想い
M17. きっかけ
M18. 制服のマネキン
M19. ダンケシェーン
M20. 転がった鐘を鳴らせ!
M21. 他の星から
M22. 意外BREAK
M23. あらかじめ語られるロマンス
M24. 欲望のリインカーネーション
M25. 指望遠鏡
M26. ロマンティックいか焼き
M27. 命は美しい
M28. 何度目の青空か?
M29. 設定温度
M30. 君が扇いでくれた
M31. 風船は生きている
M32. ガールズルール
M33. 裸足でSummer
M34. 夏のFree&Easy
M35. 太陽ノック
M36. スカイダイビング
EN1. インフルエンサー
EN2. シャキイズム
EN3. オフショアガール
EN4. 乃木坂の詩
WE1. ロマンスのスタート
WE2. ハウス!

シングル「タイトル未定」

2017年8月9日(水)発売



【関連リンク】
元記事
乃木坂46まとめ
【MUCC】
『MUCC 20TH-21ST ANNIVERSARY 「飛翔への脈拍 〜そして伝説へ」』
2017年6月20日&21日 at 日本武道館

OKMusic
女性アイドル一覧

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, ライブ, ツアー

【MUCC】『MUCC 20TH-21ST ANNIVERSARY 「飛翔への脈拍 〜そして伝説へ」』2017年6月20日&21日 at 日本武道館
Mon, 03 Jul 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

■『第I章 97-06 哀ア痛葬是朽鵬6』2017年6月20日 at 日本武道館 『第II章 06-17 極志球業シ終T』2017年6月21日 at 日本武道館

 結成20周年を記念した、MUCCの日本武道館2デイズ。初期10年の曲を中心とした初日『第I章 97-06 哀ア痛葬是朽鵬6』(6月20日) 、後期10年の曲を中心とした2日目『第II章 06-17 極志球業シ終T』(6月21日)で、怒涛の50曲を披露! 20年の深さと重みを感じさせられる圧巻のステージで、2日間に渡ってムッカー(ファンの愛称)を熱狂させた。

 たいまつが灯す薄暗いステージに静かに登場した4人。野性的なSATOち(Dr)のドラムから一瞬の静寂があり、「朽木の塔」で1曲目からMUCCの一番深い部分を曝け出し、悲痛なシャウトを聴かせた逹瑯(Vo)が“20年の闇と痛みを開放しよう”と告げ、ミヤ(Gu)のギターイントロに歓声が上がった「蘭鋳」でライヴが本格的に幕を開けた。普段はライヴ終盤に演奏されるこの曲に早くもクライマックスのような盛り上がりを見せると、その勢いのまま「茫然自失」「スイミン」と激しくヘヴィな曲が放たれる。

 “今日は休ませないよ”と、その後も矢継ぎ早に披露される楽曲たち。日本武道館では1stアルバム『痛絶』、2ndアルバム『葬ラ謳』の再録盤がリリースされることも発表されたが、1stシングル「娼婦」など過去の楽曲も大事に育み続け、ライヴで披露する機会も多いMUCC。過去楽曲が風化しないどころか、歌やサウンドもしっかり進化を遂げているから驚かされる。新旧織り交ぜたセットで感情を揺さ振り、郷愁感ある「家路」で涙を誘うと、「絶体絶命」「大嫌い」で会場を掻き回し、再び深い闇を見せた「ズタズタ」で本編終了。

 “暗い曲ばっかだね(笑)。よくもこんな暗いバンドをやってたもんです。よくもこんなバンドに付いて来てくれたもんです”と、逹瑯が感謝の言葉をぶっきらぼうに語って始まったアンコールのラストは最新曲「脈拍」。スケール感のある最新型の歌と演奏で終わりと始まりを感じさせ、2日目への期待を大きく煽って初日を終えた。

 “20年間に出会えた全ての人と、まだ見ぬ未来のあなたへ心から感謝を。ありがとう”と逹瑯が告げ、初日のラストに演奏された「脈拍」で始まった2日目。1曲目から異常なテンションを見せ、会場中にヘドバンの波が起きる光景を見て、昨日からライヴが続いているかのような錯覚に陥る。

 “昨日とは打って変わってエンターテインメントなMUCCになってます”と逹瑯が語ったように、アリーナに巨大なサークルモッシュが出来た「KILLEЯ」、会場中が声を合わせた「ファズ」や「JOKER」「G.G.」とライヴ定番曲と過去楽曲を絶妙に組み合わせた、盛り上がり必死のこの日。変わることを恐れず、進化変化を繰り返してきたMUCCの多面性も見える。

 「秘密」や「ピュアブラック」など、ダンサブルで少しテイストの異なる曲も笑顔で体を揺らすムッカーに“20年やってきたからこその強い絆を感じるよね”と笑顔を見せる逹瑯。「Mr. Liar」「TONIGHT」で最高潮の盛り上がりを生むと、「シャングリラ」の堂々とした歌と演奏で魅せて本編を終演。

 観客の灯す携帯のライトと会場中の合唱が日本武道館を美しく彩った「優しい歌」で始まったアンコール。2日間のラストは吹き上げる紙吹雪と壮大な歌と演奏が多幸感を生んだ「ハイデ」。20周年のテーマである“飛翔”の言葉通り、ここからさらに高く羽ばたいていく予感をさせる希望に満ちたエンディングは、20周年記念を締め括るのに十分すぎるほど美しいものだった。

撮影:西槇太一/取材:フジジュン

『第?章 97-06 哀ア痛葬是朽鵬6』(6月20日) セットリスト

1.朽木の塔

2.蘭鋳

3.茫然自失

4.スイミン

5.娼婦

6.我、在ルベキ場所

7.サル

8.りんご

9.勿忘草

10.1979

11.断絶

12.9月3日の刻印

13.空虚な部屋

14.絶望

15.前へ

16.夕紅

17.家路

18.絶体絶命

19.大嫌い

20.ズタズタ

<ENCORE>

1.ジオラマ

2.オルゴォル

3.名も無き夢

4.つばさ

5.脈拍

『第?章 06-17 極志球業シ終T』(6月21日) セットリスト

1.脈拍

2.塗り潰すなら臙脂

3.KILLEЯ

4.極彩

5.ファズ

6.JOKER

7.JAPANESE

8.空と糸

9.G.G.

10.秘密

11.ピュアブラック

12.メディアの銃声

13.流星

14.暁

15.ニルヴァーナ

16.咆哮

17.ENDER ENDER

18.Mr.Liar

19.TONIGHT

20.シャングリラ

<ENCORE>

1.優しい歌

2.MAD YACK

3.フライト

4.孵化

5.ハイデ

MUCC

ムック:キャッチーなメロディーに乗せた、グランジ、オルタナティブなどのエモーショナルなサウンドと哀愁漂う刹那的な歌詞で、近年のヴィジュアル系シーンを牽引する4人組バンド。1997年に茨城にて結成。怒濤のライヴ活動と、積極的な音源リリースで人気を集め、03年にシングル「我、在ルベキ場所」でメジャーデビューを果たした。独特の世界観を持った楽曲とパフォーマンスで日本だけでなく、海外でも活動を行なっている。



【関連リンク】
元記事
MUCCまとめ
ももクロ、エビ中、超特急が所属する
スターダストプロモーションがオーディションを実施

OKMusic
ヴィジュアル一覧

【関連アーティスト】
MUCC
【ジャンル】
ROCK, ヴィジュアル, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.155













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1