歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年07月02日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
宮田悟志、各配信サイトにて『ザ・ノンフィクション』エンディングテーマ「サンサーラ」配信開始
Sun, 02 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

三代目J Soul Brothersのボーカルを決めた「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 2 〜夢を持った若者達へ〜」のファイナリストであり、元BREATHEの宮田悟志が歌うフジテレビ系『ザ・ノンフィクション』エンディングテーマ「サンサーラ」の配信が開始された。

『ザ・ノンフィクション』は毎週日曜日の昼下がりに、フジテレビ系でオンエアをしている人気ドキュメンタリー番組。宮田悟志の歌う「サンサーラ」は7月2日(日)放送回からの同番組エンディングを飾っている。放送に先駆けて7月2日(日)0:00から配信がスタートしたが、宮田悟志本人が熱望し、歌唱が実現したというだけあり、想いの詰まったロック調で男臭のある「サンサーラ」となっている。

また、LINE MUSICでは宮田悟志本人からのスペシャルメッセージを配信。「サンサーラ」に込められた熱い思いを聞くことができるので、是非聞いてみて欲しい。併せてこの楽曲をLINEのプロフィールにBGMとして設定し、その画面のスクリーンショットを「#宮田悟志サンサーラ_BGM」のハッシュタグ付きでツイートした方の中から抽選で10名さまに、宮田悟志本人による直筆サイン入りチェキをプレゼントするキャンペーンも開始している。「サンサーラ」を聴いた感想とともに応募して、宮田悟志へ感想を届けたいものだ。

■「サンサーラ」配信情報

配信中
・LINE MUSIC ※宮田悟志スペシャルメッセージ付き
https://music.line.me/launch?target=album&item=mb0000000001431c8a&cc=JP
・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1251430871?l=ja&ls=1&app=itunes
・AppleMusic
https://itunes.apple.com/jp/album/id1251430871?l=ja&ls=1
・レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1005238875/
・mora
http://mora.jp/package/43000004/PCSP_02265/

■「サンサーラ」LINE BGM設定キャンペーン

<開催期間>
7月2日(日)正午〜7月17日(月) 23:59
<賞品>
直筆サイン入りチェキ×10名様
<応募方法>
1)『LINE』および『LINE MUSIC』のインストール、または最新バージョンへのアップデートを確認してください。
2)『LINE MUSIC』の公式Twitterアカウント(@LINEMUSIC_JP)をフォローしてください。
3)『LINE MUSIC』にログインし宮田悟志の楽曲『サンサーラ』を再生します。
4) LINEの「プロフィール」ページで「BGM」をタップし上記楽曲を設定します。
※投稿時の注意:LINEのプロフィールページをスクリーンショットして投稿すると、LINE ID等の情報が一般に公開されてしまいます。画像を切り取るなどの加工をして、公開されても問題ないスクリーンショットを投稿してください。 設定方法はこちらをご参照ください
5)設定した画面のスクリーンショットに、ハッシュタグ「#宮田悟志サンサーラ_BGM」 を付けてTwitterへ投稿します。
<当選者発表>
1) 抽選で10名の当選者を決定します。
2) 当選者にはTwitterのLINE MUSIC公式アカウントから7月21日(金)までにDMでお知らせいたします。
3) 当選された方はDM内に記載されたフォームへ必要事項を7月24日(月)までに入力ください。
<応募条件>
・Twitterのアカウントを持っている方 ※鍵付き(非公開)アカウントは対象外となります。
・日本国内に在住されている方
・下記注意事項に同意いただける方
<応募に関する注意事項>
※お1人様何件でもご投稿いただけますが、プレゼントの対象はお1人様1投稿となります。
※応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となりますのでご注意ください。

■詳細は以下をご確認ください
http://music-mag.line.me/ja/archives/71226459.html



【関連リンク】
元記事
宮田悟志まとめ
BREATHEまとめ
ジャスティン・ビーバーがアーティストとしての立ち位置を確立したアルバム『パーパス』
OKMusic

【関連アーティスト】
宮田悟志, BREATHE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, エンディング, 音楽配信

ジャスティン・ビーバーがアーティストとしての立ち位置を確立したアルバム『パーパス』
Sun, 02 Jul 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今、“ジャスティン・ビーバーが参加すると大ヒットする"という現象が世界で巻き起こっている。ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキーによる「デスパシート feat. ジャスティン・ビーバー」は全米チャートで7週連続1位を獲得し、DJキャレドの「I\'m The One ft. Justin Bieber, Quavo, Chance the Rapper, Lil Wayne」は全米チャート初登場1位、デヴィッド・ゲッタがジャスティンをフィーチャリングした「2U」は全英TOP5入りを果たすなど、まさに“大ヒット請負人"としてすさまじい活躍を見せている。

ジャスティンの参加楽曲がここまでヒットを記録する背景には、彼がアーティストとしての立ち位置を確立したと言われている2015年に発売したアルバム『パーパス』の存在が大きい。この作品がジャスティン・ビーバーにもたらしたものを、同作の輝かしい受賞歴と振り返ると共に、改めて考えてみよう。

『パーパス』は2015年11月13日に発売。アメリカ国内では初週に自己最高の50万枚以上の売り上げを記録し、同作に収録されているシングル「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」「ソーリー」「ラヴ・ユアセルフ」の3曲は全米・全英で同時に1位を記録するという快挙を成し遂げた。更に2016年の全米年間シングルチャートでは「ラヴ・ユアセルフ」が堂々の1位、そして「ソーリー」が2位に輝き、1964年のビートルズ(「抱きしめたい」、「シー・ラヴズ・ユー」)、2004年のアッシャー(「Yeah!」「Burn」)以来史上3組目のワン・ツー・フィニッシュを達成した。

『パーパス』の勢いはこれだけに留まらず、全米での売り上げは450万枚以上、世界では1,300万枚以上のセールスを記録している。ここ日本でも配信やストリーミングなどを含め50万枚相当の売り上げを記録しており、これは2位に倍以上の差をつけアジアでNo.1の売り上げとなっている。

『パーパス』のプロデューサーにはスクリレックスやディプロの名前がクレジットされ、ゲストにはトラヴィス・スコット、ビッグ・ショーン、ホールジー。さらに「ラヴ・ユアセルフ」のソングライターにはエド・シーランも名を連ねた。EDM、ダンス・ミュージック、R&B、ヒップホップなど多彩な要素を含んだことで音楽的に優れたアルバムと評価されて大ヒットし、ジャスティンをネクスト・ステージへと導いたまさに“モンスターアルバム"となった。

そんな『パーパス』を引っさげ、『Purose Tour 2017』と題し9月に来日公演を開催予定しているジャスティン・ビーバー。来日公演としては自身最大規模の野外スタジアム公演となり、2日間で10万人以上を動員予定だ。

アルバム『パーパス+スーパー・ヒッツ』

発売中



UICD-9082/3/¥3,240(税込)

『PurposeTour2017』

9月23日(土・祝) 東京・味の素スタジアム
9月24日(日) 東京・味の素スタジアム



【関連リンク】
元記事
Justin Bieberまとめ
『LIVE MONSTER LIVE』が
2年ぶりに幕張メッセで復活!

OKMusic
洋楽一覧

【関連アーティスト】
Justin Bieber
【ジャンル】
洋楽, ニュース

『LIVE MONSTER LIVE』が2年ぶりに幕張メッセで復活!
Sun, 02 Jul 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2015年3月まで放送されていた音楽番組「LIVE MONSTER」発信のライブイベント『LIVE MONSTER LIVE』が2年ぶりに復活! 6月25日の大阪USJ公演に続き、7月1日(土)に幕張メッセで同イベントの東京公演が行われた。

巨大な空港を模した舞台セットに、パイロット姿に扮した事務局スタッフが前説で登場し、MCの中村正人を呼び出す。そして、中村の番組及びライブの2年ぶりの復活の謝辞のあと、この日のイベントの開会を宣言、ついに『LIVE MONSTER LIVE』がスタートした!

トップに登場したのはVAMPS。オープニング曲は4月にリリースしたアルバムのタイトル曲でもある「UNDERWORLD」。2曲目には、この日放送されていた日本テレビ「THE MUSIC DAY」の生中継が入り、ステージには炎の特攻も飛び出し、早くも盛り上がりを見せる。「全然関係ない4組が、こうも見事に一緒にいるなんて!」とHYDEが話すようにVAMPSにとって、この日のラインナップはアウェー環境。しかし、1曲目からオーディエンスの大きな声援に「こんなに受け入れてもらえるなんて!」と感慨深げだ。「僕たちを知らない人にはムチャクチャ怖い人だと思われそうですが、実際は優しいんで、よろしくお願いします!」と、この独特な環境の中、真摯に挨拶。後半はK.A.Zの弾く小刻みなギターのカッティングとHYDEの憂いを帯びた官能的なボーカルが絡んだヘヴィかつタフでスペイシィな唯一無二のサウンドで客席を圧倒。これぞロック・スター!とも言うべき圧巻のステージを鮮やかに見せて、濃厚な40分のステージを終えた。

続いてのステージはWANMAの3人。1曲目の「THE MUSIC DAY」の中継が終わると「いつもは20人編成でやってますが、今日は元気のいい2人を連れて3人でやります(笑)」とうそぶき、自分たちを知らないアウェー環境を逆手に取って翻弄。ここでボーカルのKENTAは各々の携帯電話(スマホ)のライト点灯と着席を促す。客電が落とされた真っ暗な会場で、点灯させた携帯を掲げ、最前列から順に立つように指示すると、これが前方から後方へ続く光の大ウェーブとなる。誰もが息を呑む感動的な美しさ。最近のライブ会場の演出によくある「無線コントロール・ペンライト」を、なんと人力で成し遂げてしまったのである。しかも、観客全員参加でだ。これで20,000人のハートを一気につかむと、あとは怒涛のパンク・ナンバーの畳み込みで、会場を見事にひとつにさせる。KENTAは「付いて来てくれてありがとうございます!せっかくみんなに出会えたので、共に歌いたいです!」とラストナンバー「ともに」に突入。ステージを降りる際、キャップをとって深々とお辞儀をして去って行ったのが印象に残る清々しいパフォーマンスだった。

場内にGENERATIONS from EXILE TRIBE登場のアナウンスが流れると、会場からは凄まじいまでの大歓声が飛び交う。「THE MUSIC DAY」に中継された1曲目の「空」は、メンバーの片寄涼太も出演する前日に公開されたばかりの映画『兄に愛されすぎて困ってます』の主題歌であり、しっとりとしたバラードで客席を酔わせた後、「今日は最高に盛りがっていきましょう!」と始まったのはディストーション・ギターが響くハードロック・チューン「太陽も月も」。7人の一糸乱れぬフォーメーションは集まった 20,000人を魅了する。フィジカルとフィジカルがぶつかり合うパフォーマンスを繰り広げながらも、ハイトーンの美しいハーモニーを聴かせるところが彼らの真骨頂だ。「to the STAGE」では、オーディエンスもタオルを廻して参加し客席のボルテージは最高潮に。ラストナンバーでは広いステージ横一線に7人のメンバーが並びダンスと歌を披露。7月5日にリリースされる新アルバムの曲を中心に全8曲を全力疾走した貫禄の35分間だった。

いよいよ『LIVE MONSTER LIVE 2017』も大詰め。トリを飾るのはDREAMS COME TRUE。ステージに中村正人があがり、パフォーマー&バンド・メンバーと共にオープニングナンバー「OPEN SESAME」の演奏がスタート。そこへ「みんな!元気〜?」と吉田美和が現れるや、客席から大歓声があがる。なんと!1曲目は「うれしい!たのしい!大好き!」だ。これにはお客さんも大喜び。「ドリのライブはじめての人も、今からワタシのベイビーズになってもらうからね!ついといで!」と勢い良く『大阪LOVER』へ。中盤には「最新曲もやっていい?」と、リリースしたばかりのUSJ「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」とのコラボ曲「あなたと同じ空の下」や「KNOCKKNOCK!」を披露。この日の総合MCを務め八面六臂の活躍となった中村正人はVAMPSに対して「私もハロウィン・パーティにいつか出たい」、「(ワ)ニマなのかワニ(マ)なのか発音に迷う」と話し「私の時にはGENERATIONSのような大歓声がなくて反省」とカンセイとハンセイをかけるダジャレで、出演各アーティストを愉快に総括。

終盤にはWANIMAの3人が「スミマセン、ホントに」と恐縮がりながら登場し、ドリと共に名曲「何度でも」をまさかのコラボレーション。ところがWANIMAと吉田の4人でハーモニーを決める最後のパートが、なんと失敗。もう1回やり直す一幕も。これには中村も「何度もリハーサルやったのになぁ」と苦笑い。そして、ラスト・ナンバーは「決戦は金曜日」。吉田の「またチャンスがあったらみんなどこかでね!ドリでした!」と、3時間30分超にも及んだイベントは終了。

最後は再びMC中村正人がステージに上がり、20,000人の観客と共に五本締めで幕を閉じた。この日の模様は、番組としても一夜限りの復活となり「LIVE MONSTER(日本テレビ)」で7月14日(金)24:40に放送される。

photo by 堀田芳香

【セットリスト】
■VAMPS
01.UNDERWORLD
02.CALLING
03.ZERO
04.AHEAD 
05.ANGEL TRIP
06.IN THIS HELL
07.RISE UP
08.DEVIL SIDE
■WANIMA
01.CHARM
02.いいから
03.オドルヨル
04.THANX
05.ともに
■GENERATIONS from EXILE TRIBE
01.空
02.太陽も月も
03.Hard Knock Days
04.Togetherness
05.PIERROT
06.RUN THIS TOWN
07.to the STAGE
08.AGEHA
■DREAMS COME TRUE
00.OPEN SESAME
01.うれしい!たのしい!大好き!
02.大阪LOVER/
03.go for it!
04.あなたのように
05.あなたと同じ空の下
06.KNOCKKNOCK!
07.POISON CENTRAL
08.LOVETIDE
09.何度でも(with WANIMA)
10.決戦は金曜日

MC:中村正人(DREAMS COME TRUE)、桝太一(日本テレビアナウンサー)



【関連リンク】
元記事
VAMPSまとめ
WANIMAまとめ
GENERATIONS from EXILE TRIBEまとめ
DREAMS COME TRUEまとめ

【関連アーティスト】
VAMPS, WANIMA, GENERATIONS from EXILE TRIBE, DREAMS COME TRUE
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ニュース, LDH, ライブレポ

スピッツ、30周年記念全国ツアーが開幕
Sun, 02 Jul 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年にバンド結成30周年を迎えたスピッツの全国ツアー『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”』が7月1日、静岡県・静岡エコパアリーナで開幕した。

7月5日にはシングルコレクションアルバム『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』が発売されるという事で、何を演奏してくれるのか、30周年について何をしゃべってくれるのか、そしてツアー初日という事で、開演前の客席は、そんなワクワク感と少しの緊張感が入り混じった空気に包まれていた。

そんな中、開演時間の18時を少し過ぎた頃「スピッツがデビューしてからこれまで静岡県で20回ライヴを行い、21回目の今回は、記念すべき初エコパアリーナ公演です。楽しみましょう!」というアナウンスが入ると、大きな拍手が沸き起こり、期待が膨らむ。

そして客電が落ちた瞬間、歓声が上がり、総立ちになった客席はメンバーの登場を大きな拍手で迎え、アニバーサリーツアーの幕はいよいよ切って落とされた。注目のセットリストは、これからライヴに行くファンのためにも、その全貌を明かすのは控えるが、一部だけ紹介したい。疾走感ある瑞々しいロックナンバーの、記念すべきデビューシングル「ヒバリのこころ」、シングルコレクションに収録されている、『めざましテレビ』のテーマソングとしておなじみの「へビーメロウ」や、草野がこの日唯一曲名を紹介し歌った、名曲「ロビンソン」。そして2004年の作品で、2017年前半SUBARU『フォレスター』のCMソングに起用された事も記憶に新しい「スターゲイザー」、打ち込みのリズムと、草野がかき鳴らすアコギのコントラスト方が印象的な「運命の人」など、新旧を織り交ぜ、緩急を付け約20曲を披露した。胸を躍らせ、時には優しく歌に寄り添う三輪テツヤのギター、甘酸っぱいメロディを歌い、どんな曲にも切なさを纏わせる草野マサムネの声、雄弁かつ豪快なサウンドで、スピッツの音を支える?山龍男のドラムと田村明浩のベースのリズム隊。その強固でしなやかなバンドアンサンブルで、全員の心を鷲掴みにしていた。幅広い年齢層のファンが集まった客席は、腕を突き上げ盛り上がったり、時には体を揺らしながら歌に包まれたり、また座って目をつむって、まるで何かの思い出と共に愛おしそうに聴いているかような、そんな思い思いの楽しみ方で、4人が奏でる、誰もが口ずさめる名曲の数々を堪能していた。

メンバーの三輪と田村が、共に静岡県出身の幼馴染という事で、草野が「このバンドは四捨五入すると静岡のバンドです」と言うと大きな拍手がステージに向けられた。“息の合ったゆるい”MCもスピッツのライヴの魅力のひとつだ。30年前の7月に初めてライヴをしたスピッツ。この日は30年という言葉がメンバーの口から何度も出て、感慨深そうに時間を遡っていたが、「まだまだ通過点。これからもおもろい曲、不思議な曲をたくさん作るので期待してて」という草野の言葉通り、常に新鮮さを追求し、音楽を楽しむ4人の姿を見せ、音楽で意思表示をする場が、今回のツアーだ。全国11か所・22公演行われるこの30周年記念ツアーで、スピッツの4人は、祝福の気持ちを抱え駆けつけてくれるファンに、“希望”をお返しとして渡しながら、ファイナルの宮城まで、夏の日本を走り続ける。

photo by 内藤順司
text by 田中久勝



【関連リンク】
元記事
スピッツまとめ
WOMCADOLE、9月に1stシングルリリース決定&リリースツアーゲスト発表
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
スピッツ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ツアー, ライブレポ

WOMCADOLE、9月に1stシングルリリース決定&リリースツアーゲスト発表
Sun, 02 Jul 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

WOMCADOLEが1stシングル「アオキハルヘ」を9月6日にリリースすることを発表した。青春をモチーフにした表題曲「アオキハルヘ」は「最期から二番目の日に」というキーフレーズが印象的な、疾走感と焦燥感が共存する楽曲に仕上がった。バンド初となるシングルには全4曲が収録される予定だ。また、タワーレコードのオリジナル特典や、indiesmusic.comにてセット販売されるTシャツデザインも発表されている。

さらに、リリースツアー『俺達のアオキハルヘツアー』のゲストバンド第1弾も解禁され、全5公演のうち名古屋・滋賀・渋谷公演はハルカミライ、KAKASHI、Unblockによる2マンスタイルでのライブ。広島公演にはircle、ユビキタス、さよならポエジーらが、福岡公演にはさよならポエジーらが出演する。

シングル「アオキハルヘ」

2017年9月6日発売



UNCR-03/¥1,296(税込)
<収録曲>
1.アオキハルヘ
2.人間なんです
3.69
4.繭

『俺達のアオキハルへツアー』

9月16日(土) 広島県 HIROSHIMA 4.14
ゲストバンド:ircle、ユビキタス、さよならポエジー and more
9月17日(日) 福岡県 graf
ゲストバンド:さよならポエジー and more
9月30日(土) 愛知県 APOLLO BASE
ゲストバンド:ハルカミライ
10月1日(日) 滋賀県 B-FLAT
ゲストバンド:KAKASHI
10月15日(日) 東京都 渋谷 TSUTAYA O-Crest
ゲストバンド:Unblock

※全公演ゲストバンドを迎えた対バン形式。
※全公演チケット一般発売中。



【関連リンク】
元記事
WOMCADOLEまとめ
フジファブリック、『三日月ADVENTURE』ツアーがカムバック!
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
WOMCADOLE
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ニュース, シングル, リリース

フジファブリック、『三日月ADVENTURE』ツアーがカムバック!
Sun, 02 Jul 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フジファブリックが2018年2月3日(土)神奈川県・横浜BAY HALLを皮切りに全16本からなる全国ツアーを開催することが決定した。タイトルは『フジファブリック LIVE TOUR 2018 “帰ってきた!!三日月ADVENTURE”』。2016年初夏に行ない好評を得た『三日月ADVENTURE』ツアーがカムバックとなる。2016年の『三日月ADVENTURE』ツアーでは最新曲はもちろん過去曲まで余すところなく網羅し、さらにADVENTUREの名の通り、公演が進むにつれセットリストも目まぐるしく変化していった。2018年の本公演ではどんな冒険が繰り広げられるのかこうご期待!

また、7月1日(土)21:30〜からフジファブリックオフィシャルモバイル会員サイト“FAB CHANNEL”にて『フジファブリック LIVE TOUR 2018 “帰ってきた!!三日月ADVENTURE”』のチケット最速先行受付がスタートした。FAB CHANNEL最速先行では特典ムービー付きオリジナルカラーチケット仕様でのお届けとなる。この機会をお見逃しなく!

『フジファブリック LIVE TOUR 2018 “帰ってきた!!三日月ADVENTURE”』

2月03日(土) 神奈川県・横浜BAY HALL
2月10日(土) 福岡県・福岡 DRUM LOGOS
2月12日(月・祝) 広島県・広島 CLUB QUATTRO
2月16日(金) 宮城県・仙台 Rensa
2月17日(土) 岩手県・盛岡 CLUB CHANGE WAVE
2月22日(木) 愛知県・名古屋 DIAMOND HALL
2月24日(土) 静岡県・浜松 窓枠
2月25日(日) 岐阜県・岐阜 CLUB ROOTS
3月03日(土) 新潟県・NIIGATA LOTS
3月04日(日) 石川県・金沢 EIGHT HALL
3月09日(金) 大阪府・なんばHatch
3月10日(土) 大阪府・なんばHatch
3月17日(土) 栃木県・HEAVEN\'S ROCK Utsunomiya
3月18日(日) 群馬県・高崎 club FLEEZ
3月23日(金) 東京都・EX THEATER ROPPONGI
3月24日(土) 東京都・EX THEATER ROPPONGI

<チケット>
前売¥4,500(税込)+1Drink代別途
一般発売日:2017年12月16日(土)
<FAB CHANNEL会員限定最速チケット先行>
受付期間:7月1日(土)21:30〜7月23日(日)23:00
受付URL:http://ch.fujifabric.com/tour18/ (スマホ・携帯)
※先行チケット特典:特典ムービー付きオリジナルカラーチケット

シングル「カンヌの休日 feat. 山田孝之」

発売中



【初回盤】(CD+DVD)
AICL-3259-60/¥1,700+税
【通常盤】(CD)
AICL-3261/¥1,500+税




【関連リンク】
元記事
フジファブリックまとめ
横道坊主からドラマーの木谷秀久が脱退
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ニュース, チケット

横道坊主からドラマーの木谷秀久が脱退
Sun, 02 Jul 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

横道坊主が9月16日(土)の佐賀ガイルスを皮切りにスタートさせるツアー『横道坊主TOUR2017「Dive into the new」』での10月9日(月祝)の名古屋ハートランド公演を最後にドラマーの木谷秀久が脱退すること発表した。

なお、横道坊主は木谷脱退後も活動を続けていく。

■横道坊主を応援して下さってる皆さまへ。

今発表になってるTour「 Dive into the new」をもって、Drums木谷秀久は、横道坊主を脱退します。

約20年間、横道坊主として走って来ましたが、ここ数年メンバーとの間にロックの美学や、価値観、思い描くロックバンド像、そんな色々な事に、いつの間にかズレを感じ、悩んでいました。
そんな感情の中、次のアルバムに向けての新曲作りに入りましたが、色々な事に戸惑い、深く考えた結果、やはり橋本潤が居ない残りのメンバーで、これから横道坊主として、新しいバンドSoundを作り、一緒に走って行く事は出来ないと感じました。

俺の中での、横道坊主のオリジナルメンバーは、橋本潤が居た四人。
オリジナルメンバー以外では、横道坊主としての、新しい音を残したくない。
そういう気持ちが強くなりすぎました。
自分勝手だとは分かってます、でも、そう決断しました。
俺の横道坊主の旅は終わりにします。

突然のことで驚かせてしまった皆様、本当に申し訳ありません。
今まで、応援して頂いたファンの皆様、大変感謝してます。ありがとうございました。
今まで、お世話になった関係者の皆様、スタッフの皆様、成澤さんをはじめとするLSDスタッフの皆様、大変感謝してます。ありがとうございました。
約三年間サポートベースとして、ホントに頑張ってくれて、本気で俺のドラムに向き合ってくれた英男、ありがとうね。

俺が参加する、残りのライブ、全身全霊で魂込めて、叩かせてもらいます。
俺のR&Rの旅は、これからも、まだまだ、ずっと続きます。
俺は一生涯R&Rドラマ−です。
よろしくお願いします。

何時の日かこの決断が前向きだったと思える様、、、
横道坊主、ありがとうございました。

2017年7月1日 木谷秀久

『横道坊主TOUR2017「Dive into the new」』

9月16日(土) 佐賀ガイルス
w/佐野マサルバンド、池田正和with永渕英男 木谷秀久、The Punch-O-Rama
9月17日(日) 大分club SPOT
※ワンマン
9月18日(月祝) 高塔山ROCK FES
w/シーナ&ロケッツ、柴山俊之+ELECTRIC MUD、ミーナ&ザ・グライダー、190R、スリルラウンジ、& more!!
9月23日(土) 水戸club SONIC
w/NIKITA、LOOSE END、LiSLE、THE GRAMSTAR CABARET\'S、鈴木良平楽団
※「OHDOHYA 10th ANNIVERSARY」
10月08日(日) 静岡サナッシュ
※ワンマン
10月09日(月祝) 名古屋ハートランド
※ワンマン



【関連リンク】
元記事
横道坊主まとめ
ハルカトミユキ、レコ発3daysが終了
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
横道坊主
【ジャンル】
ROCK, ニュース

ハルカトミユキ、レコ発3daysが終了
Sun, 02 Jul 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ハルカトミユキが3rdアルバム『溜息の断面図』のリリースを記念し、発売日の6月28日から3日間に渡り実施したレコ発ツーマンライブ。初日のSHIBUYA WWW Xはtacica、2日目のSHIBUYA WWWにはperidots。そして最終日であるSHIBUYA QUATTROにはデビュー当時からの戦友、東京での2マンは初となるきのこ帝国を迎えて開催された。

超満員の会場内には、約2年ぶりに両者が揃い踏みするツーマンライブを目撃すべく、たくさんの人で溢れていた。先にステージ登場したのはきのこ帝国。ボーカル佐藤千亜妃の美しく、熱量の高い歌声に会場が酔いしれ、ラストの「東京」まで圧巻のパーフォーマンスを披露した。

続くハルカトミユキは、2016年の野音、そして今作のアルバムレコーディングと同メンバーのGt.野村陽一郎/Ba.砂山淳一/Dr.城戸紘志という布陣で登場。最新作『溜息の断面図』からの曲と、これまでの曲をバランスよく散りばめたセットリストで、序盤は代表曲「ドライアイス」「Pain」とヘヴィなナンバーを連発、そしてMCで「大人だからと言って割り切れないこともいっぱいあって、でも子供みたいにもう甘えることもできない、心の拠りどころが無くなってすごく辛い瞬間がここ数年、最近よくあって、それをそのまま書いた歌です」と言ってから2人で「宝物」を披露。ミユキの繊細なタッチのピアノに支えられてハルカの剥き出しで切実な歌が、会場中に行きわたり感動を誘う。続いて、現在話題となっている問題作「終わりの始まり」を迫真のテンションで歌いきり、ミユキのコール&レスポンスからの「Stand Up, Baby」で会場が爆発。最新作から3曲連続で披露し、初めに静まりかえらせたフロアは1曲ごとに猛烈に熱を帯び、最終的には「ニュートンの林檎」ではこれまでのハルカトミユキのライブには無い、異様な状態にまで盛り上がりは加速し本編は終了した。

アンコールでは、デビュー以来の戦友であり、当日の対バン相手でもあるきのこ帝国に向けて「私は不器用だし歪んだ人間なので、あまり素直に他人のことを良いって言えたりしないタイプの人間なんですが、それでもジャンルとかも飛び越えてきのこ帝国は、今の音楽シーンに、同じ時代にいてくれて本当に良かった、ありがとうと思っている存在で、勝手に戦友のように思っています」という想いを珍しく語り、2016年リリースした「奇跡を祈ることはもうしない」で締めた。

ハルカトミユキは9月には、3年連続となる日比谷野外大音楽堂にてワンマンライブの開催がすでに決定している。初年度、そして2年目と回を増すごとに高い評価を経ている、野音でのワンマンライブ。チケットは現在好評発売中。ぜひお見逃し無く!!

『+5th Anniversary SPECIAL』

9月02日(土)日比谷野外音楽堂
<チケット>
・メモリアルチケット限定指定席(特典付) 3,500円(税込)
※特典:ケース入オリジナルチケット/当日引換
※限定指定席は規定枚数に達し次第販売終了いたします。
・自由席 3,000円(税込)
※小学生以下入場無料。ただし、指定席でお席が必要な場合はチケットが必要となります。
詳細はオフィシャルHPへ。

アルバム『溜息の断面図』

2017年6月28日発売



【初回盤】(CD2枚組)
AICL-3354/3355/¥3,990(税込)
【通常盤】(CD)
AICL-3356/¥2,800(税込)
<収録曲>
■CD Disc1
01.わらべうた
02.Stand Up, Baby
03.Sunny, Cloudy
04.終わりの始まり
05.Fairy Trash Tale
06.WILL(Ending Note)
07.宝物
08.近眼のゾンビ
09.インスタントラブ
10.僕は街を出てゆく
11.嵐の舟
12.種を蒔く人
■CD Disc2 ※初回盤のみ
『LIVE at 日比谷野外大音楽堂 [2016/9/24]』*待望の初音源化「LIFE 2」収録
01.世界
02.バッドエンドの続きを
03.Hate you
04.Pain
05.奇跡を祈ることはもうしない
06.夜明けの月
07.Are you ready?
08.見る前に踊れ
09.DRAG&HUG
10.振り出しに戻る
11.ニュートンの林檎
12.光れ
13.LIFE 2
14.ドライアイス



【関連リンク】
元記事
ハルカトミユキまとめ
きのこ帝国まとめ
アラウンドザ天竺、随所にオマージュを施したヤバすぎるMVを解禁!?
OKMusic

【関連アーティスト】
ハルカトミユキ, きのこ帝国
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ライブ・フェス, ニュース, レポート

アラウンドザ天竺、随所にオマージュを施したヤバすぎるMVを解禁!?
Sun, 02 Jul 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アラウンドザ天竺がデビュー・ミニアルバム『タイトルなんでもいい』のリリースに先駆けて、初のMV「ヤバイ、新聞屋さん。」を解禁した。

アラウンドザ天竺はメンバーに某都内ライブハウスの店長が在籍していることもあり、各音楽業界へのオマージュ色の強い楽曲やアレンジで、話題を集めている“悪ふざけ系”ラウドロックバンドだ。そんな彼らの初のMV「ヤバイ、新聞屋さん。」はサムネイルのヤバさ、見たことのある唐揚げのジャケット、某湘南を彷彿とさせる《パスタも食べたい》の歌詞や、クラッシックや野球応援を飲み込んだキレッキレのアレンジ、「いらすとや」のフリー素材を仕様するなど随所にオマージュが施されたいろいろヤバイ仕様となっている。

7月26日にリリースされるデビューアルバムを待ちきれないファンだけでなく、現代音楽を愛するすべてのロックファンにも、このMVが削除される前に是非一度ご覧になってほしい。

■「ヤバイ、新聞屋さん。」MV


https://youtu.be/U402pMi909wミニアルバム『タイトルなんでもいい』

2017年7月26日(水)発売



LFRR-0003/¥1,700+税
<収録曲>
1. ヤバイ、新聞屋さん。
2. チャージは恥だが役に立つ
3. デビュー騒ぎ
4. グラビア嬢の館
5. グラビアチェック
6. 振り向けば小手指
7. お葬式の歌

『"タイトルおもいつかん vol.2』

8月05日(土) 東京・吉祥寺Planet K
OPEN 17:45 / START 18:15
<出演>
アラウンドザ天竺 / ひめキュンフルーツ缶 / 高橋ありさwith N−FlavoR(O.A.)/ +シークレットバンド1組



【関連リンク】
元記事
アラウンドザ天竺 まとめ
KANA-BOON、大阪無料野外ロックフェスティバル『MIKROCK\'17』出演決定
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
アラウンドザ天竺
【ジャンル】
ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, アルバム

KANA-BOON、大阪無料野外ロックフェスティバル『MIKROCK\'17』出演決定
Sat, 01 Jul 2017 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月22日(土)・23日(日)に大阪府堺市大浜公園にて行なわれる、三国ヶ丘FUZZ主催の無料野外ロックフェスティバル『MIKROCK\'17』にKANA-BOONの出演が決定した。

『MIKROCK\'17』はKANA-BOONのホームである大阪堺のライブハウス 三国ヶ丘FUZZが堺市の協力のもと、「世界遺産を大阪に」をテーマに開催。合計7つのステージにオーディションを勝ち抜いたアマチュアバンドなど約130組のアーティストが出演予定だ。

KANA-BOONが出演する23日(日)には、古墳エリア HANIWAステージにて、KANA-BOONと堺市長のトークショーが行なわれ、堺親善アーティストとして、百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録を応援する。会場内にある世界遺産PRブースでは、「百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録を応援する堺市民の会」に入会された方先着2,000名に、KANA-BOONと百舌鳥・古市古墳群がコラボした特製缶バッジがプレゼントされる。

KANA-BOONは7月12日に待望のニューシングル「バトンロード」をリリース! 「バトンロード」のミュージックビデオフルバージョンも公開されたばかり。

■「バトンロード」ミュージックビデオ


https://youtu.be/OFquPzLWJ5Q『MIKROCK\'17』

7月22日(土)、7月23日(日) 堺市大浜公園
【時間】11:00 - 19:00 ※雨天決行
入場料無料

■『MIKROCK\'17』 オフィシャルHP
http://mikrock.com/

シングル「バトンロード」

2017年7月12日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2914〜2915/¥1,500+税
※全国ツアーチケット先行抽選受付シリアルナンバー、どうでもいいオマケ014封入
<収録曲>
■CD
1.バトンロード
2.アナートマン
3.ワンダーソング
■DVD
ファン待望!小泉貴裕初監督作品「シン・シルエット」(小泉が監督になるまでのドキュメンタリー / 「シルエット」Music Video 小泉監督編)



【通常盤】(CD)
KSCL-2916/¥1,165+税
※初回仕様 BORUTO描き下ろしワイドキャップステッカー、どうでもいいオマケ014封入
<収録曲>
1.バトンロード
2.アナートマン
3.ワンダーソング



【関連リンク】
元記事
KANA-BOONまとめ
D\'ERLANGER、豪華アーティストが参加する
初トリビュートアルバムのリリースが決定

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ニュース, ミュージックビデオ

D\'ERLANGER、豪華アーティストが参加する初トリビュートアルバムのリリースが決定
Sat, 01 Jul 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2007年の17年ぶりの活動再開から2017年で再結成10周年を迎えたD\'ERLANGERが、そのアニバーサリーイヤーにD\'ERLANGER史上初となるトリビュートアルバムを9月13日にリリースすることを発表した。

参加するアーティストはACID ANDROID 、INORAN(LUNA SEA)、清春、DIR EN GREY、TERU×HISASHI(GLAY)、HYDE(VAMPS/L\'Arc〜en〜Ciel)など全15組。D\'ERLANGERの再結成10周年を祝福すべく集まった、納得の豪華ラインナップで、D\'ERLANGERだからこその奇跡の一枚と言えるだろう。その他詳細は後日発表される。

さらに9月15日、16日にはEX THEATER ROPPONGIにて主催イベント『D\'ERLANGER presents ABSTINENCE\'S DOOR #008 #009』の開催が決定。このイベントはD\'ERLANGER主催イベントのVol.8&9となるのだが、今回のトリビュートアルバムに参加したアーティストとの共演が実現することとなった。

再結成10周年を精力的に活動するD\'ERLANGERの快進撃はまだまだ続きそうだ。

アルバム『D\'ERLANGER TRIBUTE ALBUM 〜Stairway to Heaven〜』

2017年9月13日発売



WPCL-12767/¥3,000+税
<参加アーティスト>
ACID ANDROID/Angelo/INORAN×TERU×HISASHI/清春/Psycho le C?mu/Justy-Nasty/THE SLUT BANKS/DIR EN GREY/DEZERT/HYDE/MUCC/MERRY/lynch./Rayflower(50音順)

【ライブ情報】

「D\'ERLANGER presents ABSTINENCE\'S DOOR #008」
9月15日(金) EX THEATER ROPPONGI
出演:D\'ERLANGER、Angelo、DEZERT、D\'ERLANGER feat. HYDE

「D\'ERLANGER presents ABSTINENCE\'S DOOR #009」
9月16日(土) EX THEATER ROPPONGI
出演:D\'ERLANGER、lynch.、Psycho le C?mu、D\'ERLANGER feat. 清春

<チケット料金>
プレミアムシート ¥11,000- (税込・指定席・ドリンク代別・プレミアムGOODS 付)
スタンディング ¥7,000-(税込・ドリンク代別)
※未就学児童入場不可/小学生は要保護者同伴・有料



【関連リンク】
元記事
D\'ERLANGERまとめ
acid androidまとめ
INORANまとめ
清春まとめ

【関連アーティスト】
D\'ERLANGER, acid android, INORAN, 清春, DIR EN GREY, GLAY, HYDE
【ジャンル】
ROCK, ヴィジュアル, ニュース, アルバム, リリース

一握の砂、II tone clan、3poLstar☆☆☆による「ひふみのうたげ vol.1」7/29(土)にJ-POP CAFEにて開催決定!
Sat, 01 Jul 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

一握の砂、II tone clan、3poLstar☆☆☆が7月29(土)、J-POP CAFEにて「ひふみのうたげ vol.1」を開催することが発表された。

■“ひふみのうたげ”とは

文学、文豪を題材にし、音楽×朗読という読む文学から聴く文学という新しい世界観で観る者を魅了するユニット「一握の砂」の一(ひ)

二色の個性から生み出される二色のハーモニーが混ざり、何重にも重なり合い、爽やかな風のように心地よいボイスで聴く者を魅了するツインボーカルユニット「IItone clan」のII(ふ)

爆発的なパフォーマンスと迫力でその場の空間を2人のテーマカラーでもある“青”と“緑”に染め上げ、圧倒的なライブを繰り広げるミクスチャーPOPの「3poLstar☆☆☆」の3(み)

この3組の名前を繋げて誕生したのが「ひふみのうたげ」

そんな個性もジャンルもバラバラな3組が今、手を組み観る者、聴く者が今までに体感した事のないような新しいイベントを開催。従来のイベントとは一味も二味も違う個性を活かしたイベントになるだろう!

■『ひふみのうたげ』vol.1 〜catch -star clan〜

2017年7月29日(土)
17:00開場/17:20開演

会場:
渋谷 J-POP Cafe

チケット:
前売り?3.000-/当日?3.500-
ドリンク代別1d?500-

出演:
一握の砂(ひ)、II tone clan(ふ)、3poLstar☆☆☆(み)、consado、Double trAP、SOLBRA、SymPaThy、2☆LIPS、太陽と月、aoiro



【関連リンク】
元記事
3poLstar☆☆☆まとめ
一握の砂まとめ
II tone clanまとめ
LOVE PSYCHEDELICO、ニューアルバムのトレイラーをLINE LIVEで解禁決定

【関連アーティスト】
3poLstar☆☆☆, 一握の砂, II tone clan
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブ

LOVE PSYCHEDELICO、ニューアルバムのトレイラーをLINE LIVEで解禁決定
Sat, 01 Jul 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LOVE PSYCHEDELICOがニューアルバム『LOVE YOUR LOVE』リリース日の7月5日21:00よりLINE LIVEビクター公式アカウントにて、ショートフィルム仕立てのアルバムトレイラーを初解禁することを発表した。

この映像はジョージ・ウィリアムズがラジオDJとなりアルバム『LOVE YOUR LOVE』を全曲流しながら、そのラジオ越しにNAOKIとKUMIが制作秘話や楽曲を紹介する模様が30分越えの映像でおさめられており、全曲試聴できる上に本人たちのメッセージも受け取ることができる、贅沢な映像に仕上がっている。なかなか見ることができない二人の貴重な姿も映しだされているので、忘れずにチェックしてほしい。

今作はアルバム収録となる13曲すべてのミックス作業までをDELICOの2人が手掛け、自身が理想とする音により一層近づいたという意欲作で、リリース後には各地の夏の音楽フェスへの出演・さらには9月より自身のツアー『LOVE PSYCHEDELICO Live Tour 2017 LOVE YOUR LOVE』の開催も控えており、2017年はLOVE PSYCHEDELICOの音楽にどっぷり浸かれる年になりそうだ。

■LINE LIVE『LOVE PSYCHEDELICOスペシャルトレイラー初解禁』

7月5日(水)21:00〜
視聴URL(視聴予約):https://live.line.me/channels/520/upcoming/3788321

※アプリ、以下よりダウンロードできます。
iPhone: https://lin.ee/goCPbh2/dtzb/ta
Android: https://lin.ee/4C8u0Ln/dtzb/ta

アルバム『LOVE YOUR LOVE』

2017年7月5日発売



【初回限定盤】(2CD)
VIZL-1176/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
VICL-64802/¥3,000+税

TOUR『LOVE PSYCHEDELICO Live Tour 2017 LOVE YOUR LOVE』

9月01日(金) LiveHouse 浜松窓枠
9月09日(土) 仙台Rensa
9月10日(日) Zepp DiverCity (TOKYO)
9月24日(日) Zepp Namba
10月01日(日) 札幌PENNY LANE 24
10月06日(金) 高松オリーブホール
10月13日(金) Zepp Nagoya
10月14日(土) 広島CLUB QUATTRO
10月27日(金) 新潟LOTS
11月10日(金) 福岡DRUM LOGOS
11月17日(金) 金沢EIGHT HALL
11月24日(金) 中野サンプラザ

【フェス出演情報】

『Reborn-Art Festival 2017 x ap bank fes』
7月29日(土) 国営みちのく杜の湖畔公園(宮城県柴田郡川崎町大字川内字向原254)

『FUJI ROCK FESTIVAL\'17』
7月30日(日) 湯沢町苗場スキー場

『オハラ☆ブレイク \'17夏』
8月05日(土) 猪苗代湖畔 天神浜
※Premium Acoustic Set

『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』
8月06日(日) 国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)

『New Acoustic Camp 』
9月16日(土)〜17(日)水上高原リゾート200



【関連リンク】
元記事
LOVE PSYCHEDELICOまとめ
MYNAME、アルバム『MYNAME is』リリースイベント開催決定
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
LOVE PSYCHEDELICO
【ジャンル】
ROCK, ニュース, トレーラ

MYNAME、アルバム『MYNAME is』リリースイベント開催決定
Sat, 01 Jul 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MYNAMEがニューアルバム『MYNAME is』発売記念イベントを開催することを発表した。イベント内容は歌唱パフォーマンスと握手会。パフォーマンスでは新曲「Baby Tonight」を披露する予定。

さらに、早くも、アルバム全曲がいち早く聴けるアルバム全曲視聴映像が公開された。ニューアルバム『MYNAME is』の発売に向けて、ついに全貌が見えたMYNAMEの今後の動向に目が離せない。

■アルバム 『MYNAME is』 全曲試聴


https://www.youtube.com/watch?v=oulEvEUmI_Qアルバム『MYNAME is』発売記念イベント

イベント内容:歌唱パフォーマンス・握手会

7月18日(火) 東京都:東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
(1)15:00 (2)18:30
7月19日(水) 東京都:池袋サンシャインシティアルパB1F 噴水広場
(1)14:30 (2)17:30
7月20日(木) 宮城県:仙台駅前イービーンズ 10F屋上ステージ
(1)15:00 (2)18:00
7月21日(金) 愛知県:オアシス21銀河の広場
(1)15:00 (2)18:30
7月22日(土) 大阪府:なんばOCAT B1F・ポンテ広場ウィングステージ
(1)13:00 (2)16:00
7月23日(日) 東京都:後日発表

アルバム『MYNAME is』

2017年7月19日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UICV-9257/¥3,704+税
<収録曲>
■CD
01.Baby Tonight
02.ノム very マ〜too very so MUCH〜 (「? π´(ノム) very ??(マ)」 Japanese ver.)
03.出会いあいして
04.Getting Over
05.LOVE ROBBER (SE YONG SOLO)
06.忘れないで (????(イッチ) ?????‡(マラジョ))
07.タンマレ〜はっきり言って〜 (「??(タン) ????(マレ)」 Japanese ver.)
08.窓の外に降る雨が君の涙なのか (CHAE JIN SOLO)
09.Secret
10.I\'m not a bad Boy (GUN WOO SOLO)
11.DUDU (JUN Q SOLO)
12.Party Animal
13.Morning (IN SOO feat. JUN Q)
14. Always
■DVD
・Baby Tonight (Music Video)
・Baby Tonight (Music Video メイキング映像)
・出会いあいして (Music Video)
・出会いあいして (Music Video メイキング映像)
・ジャケット撮影・メイキング映像



【通常盤】(CD)
UICV-1086/¥2,778+税
<収録曲>
01.Baby Tonight
02.ノム very マ〜too very so MUCH〜 (「? π´(ノム) very ??(マ)」 Japanese ver.)
03.出会いあいして
04.Getting Over
05.LOVE ROBBER (SE YONG SOLO)
06.忘れないで (????(イッチ) ?????‡(マラジョ))
07.タンマレ〜はっきり言って〜 (「??(タン) ????(マレ)」 Japanese ver.)
08.窓の外に降る雨が君の涙なのか (CHAE JIN SOLO)
09.Secret
10.I\'m not a bad Boy (GUN WOO SOLO)
11.DUDU (JUN Q SOLO)
12.Party Animal
13.Morning (IN SOO feat. JUN Q)
14. Always



【関連リンク】
元記事
MYNAMEまとめ
vistlip、結成10周年記念第1弾リリースとして
「July VIIth [Re:birth]」MVをDVD化!

OKMusic
K-POP一覧

【関連アーティスト】
MYNAME
【ジャンル】
K-POP, ニュース, トレーラ, アルバム

vistlip、結成10周年記念第1弾リリースとして「July VIIth [Re:birth]」MVをDVD化!
Sat, 01 Jul 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

いよいよ7月7日に迫った結成10周年の記念ライブ「10th Anniversary LIVE『Guns of Liberty』」を前に、数日前からyoutube上に突如現れた映像。星屑、星雲を思わせる背景に、過去のMVのダイジェストがフラッシュする幻想的な世界…そのラストシーンには、男女のダンサーと、一瞬だけ映し出される真新しい衣装を纏った智(Vo)の姿が!? テロップは“20170707 Zepp Tokyo”の表記のみで、何の解説も説明もない意味深なムービーのメッセージは、vistlipとファンが最も大切にする楽曲「July VIIth [Re:birth]」のMusic Videoの緊急リリースだった。

「July VIIth [Re:birth]」とは、2011年に彼らの活動再開を期に発表されたシングル「SINDRA」のカップリングとして収録された楽曲で、ファンと自分たちとの絆や、心情を、七夕の織姫と彦星に重ねて表現した名曲。バンド結成日をタイトルに冠したこの曲は、以来、毎年七夕の夜に行なわれるライブのステージで、年にたった一度だけ演奏される、バンドとファンが一番大切にしている特別なナンバー。

待望の初ビジュアル化となる今回のMusic Videoは、この為に新たに再レコーディングされた新音源を使用した新規撮り下ろしの最新映像。更に、2015年5月に実施されたアルバムツアー「Taste of BitterSweet」のLIVE CLIP4曲と、特典映像としてMusic Videoのメイキング映像も収録予定。vistlip結成10周年記念第1弾リリースに相応しい、メンバーからファンに感謝を込めた特別限定盤として8月23日にリリースとなる。

7月7日のZepp Tokyo にて行なわれる10th Anniversary LIVE『Guns of Liberty』では、会場限定盤の記念パッケージの先行販売も決定! このパッケージのみ別バージョンの映像も収録されているので、当日のチケットを持っている人は、会場で必ずチェックして欲しい。

また、10周年を記念して、オリジナルロゴも発表された。このDVDを皮切りに、今後リリースされるアイテムを要チェックだ!

■【vistlip 海 コメント】

「いきなりの告知で驚かせてしまったかと思います。ツアー中のある日、スタッフとミーティングとも言えない雑談の中から生まれたこのJulyVIIthでMVを撮ろうという案。一年に一度しか演奏しないこの曲を、10年目の今この時にこそ映像化し、一つの作品として残す事に意味がある。メンバー、スタッフ全員がそう考え、一気に動き出した企画です。ツアー中の限られたスケジュールの中、実は、つい先日まで、発売出来るのかわからない状況でした。でも、思い描いた形とは、どうしても7日の10周年を迎える場所でのリリース。関わってくれた全ての方が総力を尽くしてくれた結果、なんとか無事出せる事になりました。10年目のvistlip史上最大のわがままを受け止めてくれたスタッフには本当に感謝してます。先日から流してるトレーラーとはまた違った形で、この10年間を振り返り総括した様な要素も盛り込まれています。詳しくは見て色々と感じ取って欲しいので、内容の説明は伏せますが。会場限定盤は通常のMVとは違うもう一つのver.が入ってます。ライブを観てから帰って、可能ならばその日のうちになんとか観てもらいたいです。

この10年間、その中のほぼ全てのvistlipを観てくれているという方も、最近好きになって観てくれているという方も。少しでも関わったり興味を持って接してくれた方がいてくれたから、僕達はここまでやって来れました。まぁ、この発表でもわかると思いますが、相変わらず根本的に自由奔放でわがままで、めちゃくちゃな所のあるvistlipです。本当に沢山の方に支えられて、応援されて、成り立ってると思ってます。本当にありがとう。10周年、色々企画してます。どこまでやりきれるかわからないけど最大限可能な事は全て実現したいと思ってます。楽しみにしていてください」

DVD『July VIIth [Re:birth]〜10th Anniversary Edition〜』

2017年8月23日発売



MJBD-72245/¥2,400+税
<収録曲>
1.「July VIIth [Re:birth]〜10th Anniversary Edition〜」Music Video
2. LIVE CLIP「WINP」
3. LIVE CLIP「星一つ灯らないこんな夜に。」
4. LIVE CLIP「BitterSweet Ending」
5. LIVE CLIP「Credit」 LIVE CLIP from vistlip ONE MAN TOUR「Taste of BitterSweet」 at SHINAGAWA STELLAR BALL 2017.05.21
6. 特典映像収録予定

◎ DVD7/7会場限定盤
「July VIIth [Re:birth]〜10th Anniversary Edition〜」Music Videoを、7月7日 Zepp Tokyo にて行なわれる10th Anniversary LIVE『Guns of Liberty』の会場限定盤の記念パッケージとして大先行販売決定! このパッケージのみの別バージョンの映像も収録。

MJBD-72244/¥1,389+税
※DVD (全2曲収録)
※会場限定購入特典あり 
※商品・特典は無くなり次第、販売終了の完全限定盤となります。
<収録曲>
1. 「July VIIth [Re:birth]〜10th Anniversary Edition〜」Music Video
2. 「July VIIth [Re:birth]〜10th Anniversary Edition〜」Music Video(別バージョン)

【ライブ情報】

vistlip 10th Anniversary LIVE『Guns of Liberty』
7月07日(金) Zepp Tokyo

海&Yuh Birthday ONEMAN LIVE 『NotBirthday』
7月24日(月) 新宿BLAZE
特設サイト:http://www.vistlip.com/2017yuhumi_bd/index.html

FWD PRESENTS『【beauty;tricker】〜渋谷が大変2017〜』
8月03日(木) TSUTAYA O-EAST / TSUTAYA O-WEST / TSUTAYA O-nest / TSUTAYA O-Crest / clubasia / shibuya duo MUSIC EXCHANGE(全6会場)

『10th Anniversary Special Tour 〜from 2007〜』
出演:己龍、ダウト、DaizyStripper、HERO、vistlip、Mix Speaker\'s Inc.(50音順)
9月02日(土) Zepp Osaka bayside
9月03日(日) Zepp Nagoya
9月17日(日) Zepp Tokyo

『Bands Shock REVOLUTION〜びじゅある祭〜』
10月06日(金)・07日(土)・08日(日) 大阪・服部緑地野外音楽堂
※vistlipは10月7日(土)の出演です。
※雨天決行、荒天中止



【関連リンク】
元記事
vistlipまとめ
SuG、今年の『SuGフェス』は大阪と名古屋でも開催! サイサイ、Gacharic Spin、ミオヤマザキらと対バン!
OKMusic
ヴィジュアル一覧

【関連アーティスト】
vistlip
【ジャンル】
ROCK, ヴィジュアル, ニュース, ミュージックビデオ, DVD, リリース

SuG、今年の『SuGフェス』は大阪と名古屋でも開催! サイサイ、Gacharic Spin、ミオヤマザキらと対バン!
Sat, 01 Jul 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SuGが、8月に『SuGフェス 2017』を開催することを発表した。これまでにBABYMETAL、稲川淳二、アップアップガールズ(仮)、アーバンギャルド、神聖かまってちゃん、バンドじゃないもん!などとの“異種格闘技戦”を繰り広げてきた『SuGフェス』。今回はミオヤマザキ、SILENT SIREN、Gacharic Spin、LSN、SHIN、GREMLINSらジャンルの壁を超えたアーティストが集結し、初となる大阪と名古屋を含む全4公演を開催する。7月1日よりファンクラブ先行受付が開始され、7月22日よりチケット一般発売となるのでお見逃しなく。

また、7月5日にリリースされるSuGのEP「AGAKU」がiTunes/Apple Musicで先行配信スタートした。映画「ジョン・ウィック:チャプター2」とのコラボ映像や、TVアニメ「カイトアンサ」エンディング主題歌にも抜擢された表題曲「AGAKU」を含む4曲入りEP。表題曲「AGAKU」は、日本武道館公演というバンド史上最大の挑戦に対して、なりふり構わす?「足掻く」というメンバーの強い想いが込められた楽曲。ヒッフ?ホッフ?やEDMなど様々な音楽性を取り入れた、SuGらしさが詰まった10年間の集大成にふさわしいキャッチーなタ?ンスロックチューンとなっている。

■EP「AGAKU」配信情報

配信中
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/agaku-ep/id1247415349?l=ja&ls=1&app=itunes
■AppleMusic
https://itunes.apple.com/jp/album/agaku-ep/id1247415349?l=ja&ls=1

39 LIVE ADDICT chapter3『SuGフェス 2017』

8月01日(火) 東京・SHIBUYA TSUTAYA O-EAST
出演:ミオヤマザキ/SILENT SIREN/Gacharic Spin/SuG
8月05日(土) 大阪・梅田Banana Hall
出演:LSN/SuG
8月06日(日) 愛知・名古屋E.L.L(Electric Lady Land)
出演:LSN/SuG
8月08日(火) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
出演:SHIN/GREMLINS/SuG

EP「AGAKU」

2017年7月5日発売



【LIMITED EDITION】(CD+DVD)
PCCA-04547/¥1,574+税
<収録曲>
■CD
1. mark
2. AGAKU
3. 赤春
4. CUT
■DVD
「AGAKU」Music Video
「AGAKU」Music Video Making




【STANDARD EDITION】(CD)
PCCA-04548/¥1,111+税
<収録曲>
1. mark
2. AGAKU
3. 赤春
4. CUT




【関連リンク】
元記事
SuGまとめ
ミオヤマザキまとめ
Silent Sirenまとめ
Gacharic Spinまとめ

【関連アーティスト】
SuG, ミオヤマザキ, Silent Siren, Gacharic Spin, Shin, GREMLINS
【ジャンル】
ROCK, ヴィジュアル, ニュース

ビッケブランカ、1stアルバム『FEARLESS』ティザー映像公開
Sat, 01 Jul 2017 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ビッケブランカ が7月5日にリリースする1stアルバム『FEARLESS』のティザー映像が公開された。作品のジャケットを彷彿とさせる、あたかも何かの賞をとったかのような映像にのせ、新作「FEARLESS」の内容が約3分に凝縮されていて、映像にはDVD付きに収録されている「Slave of Love TOUR 2017 at Shibuya」の映像や、レコーディング、ライブ、リハーサルのオフショットが使用され、見応えのある内容となっている。

また、1stアルバム『FEARLESS』の収録曲「Moon Ride」が7月度の全国ラジオ20局でパワープレイを獲得したことも発表された。疾走感のある楽曲をぜひラジオで聴いてもらいたい。

なお、LINE公式アカウントが開設されたことも併せて発表された。

■『FEARLESS』 ティザー映像


https://www.youtube.com/watch?v=TdFbAlV3gDUアルバム『FEARLESS』

2017年7月5日発売



【CD+DVD】
AVCD-93697/B/¥3,500+税
<収録曲>
■CD
01.FEARLESS
02.Moon Ride
03.Take me Take out
04.Want You Back
05.Stray Cat
06.さよならに来ました
07.Postman
08.Broken
09.幸せのアーチ
10.Like a Movie
11.Slave of Love
12.THUNDERBOLT
■DVD
『Slave of Love TOUR 2017@Shibuya WWW』
1. ココラムウ
2. Alright!
3. 追うBOY
4. 秋の香り
5. Your Days
6. アシカダンス
7. Slave of Love
8. ファビュラス



【CD】
AVCD-93698/¥2,800+税
<収録曲>
01.FEARLESS
02.Moon Ride
03.Take me Take out
04.Want You Back
05.Stray Cat
06.さよならに来ました
07.Postman
08.Broken
09.幸せのアーチ
10.Like a Movie
11.Slave of Love
12.THUNDERBOLT



【関連リンク】
元記事
ビッケブランカまとめ
SEKAI NO OWARIが映画『メアリと魔女の花』主題歌
「RAIN」ショートバージョンPVを公開

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
ビッケブランカ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, トレーラ

SEKAI NO OWARIが映画『メアリと魔女の花』主題歌「RAIN」ショートバージョンPVを公開
Sat, 01 Jul 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SEKAI NO OWARIが映画『メアリと魔女の花』の主題歌として書き下ろした「RAIN」のPVがショートver.で公開された。今作は全編映画の映像で構成されており、映画と主題歌の必然を感じさせる映像となっている。映画は7月8日から全国公開される。

■「RAIN」Short Version PV


https://youtu.be/PBlOi5OVcKsシングル「RAIN」

2017年7月5日発売



【初回限定盤A】(CD+謎のDVD)
TFCC-89620/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.RAIN
2.スターゲイザー
3.SOS ?remixed by JAUZ-
■DVD
謎のDVD※初回限定盤B DVDとは別内容

【初回限定盤B】(CD+謎解きDVD)
TFCC-89621/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.RAIN
2.スターゲイザー
3.SOS ?remixed by JAUZ-
■DVD
謎解きDVD※初回限定盤A DVDとは別内容

【通常盤】(CD)
TFCC-89622/¥1,200+税
<収録曲>
1.RAIN
2.スターゲイザー
3. SOS ?remixed by JAUZ-



【関連リンク】
元記事
SEKAI NO OWARIまとめ
the band apart、全国ワンマンツアーのチケット先行受付スタート
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
SEKAI NO OWARI
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ

the band apart、全国ワンマンツアーのチケット先行受付スタート
Sat, 01 Jul 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

the band apartが全国をまわる『8th album“Memories to Go”release live SMOOTH LIKE BUTTER TOUR』のチケットのオフィシャル先行受付が6月30日20時よりスタートした。本ツアーは2017年7月19日にリリースが決定している8枚目のアルバムを引っ提げてのワンマンツアーで、鹿児島公演のみ、CHAI、ぷぷぷ、Art Buildingとの対バン公演となる。

■『8th album “Memories to Go”release live SMOOTH LIKE BUTTER TOUR』

9月02日(土) 東京・新代田 FEVER
9月03日(日) 横浜 F.A.D YOKOHAMA
9月12日(火) 長野 LIVE HOUSE J
9月13日(水) 新潟 CLUB RIVERST
9月17日(日) 青森 Quarter
9月19日(火) 仙台CLUB JUNK BOX
9月30日(土) 神戸 太陽と虎
10月01日(日) 岡山 CRAZYMAMA 2nd Room
10月05日(木) 札幌 DUCE
10月15日(日) 東京・渋谷 TSUTAYA O-EAST
10月25日(水) 京都 LIVE HOUSE GATTACA
10月27日(金) 福岡 BEAT STATION
10月28日(土) 鹿児島 CAPARVO HALL【対バン】w/ CHAI / ぷぷぷ / Art Building
※本公演は【WALK INN STUDIO / SR Factory】との共同企画になります。
10月30日(月) 高松DIME
11月07日(火) 名古屋 CLUB QUATTRO
11月18日(土) 大阪 BIG CAT
and more…
※全会場ワンマン公演となります。(鹿児島公演のみ対バンイベント)

<チケット>
■全公演共通:前売¥3,600/当日¥4,000
※鹿児島公演のみ前売¥3,000/当日¥3,500
■オフィシャルHP先行 : 6月30日(金)20:00〜7月9日(日)23:59
■オフィシャル先行申込ページ 【PC・携帯・スマートフォン共通】
全会場共通→ https://l-tike.com/st1/thebandaparthp17
■全国一般発売:2017年8月5日(土)

アルバム『Memories to Go』

2017年7月19日発売



asg-037/¥2,900(税込)
<収録曲>
1. intro (a broken navigator)
2. ZION TOWN
3. Find a Way
4. Castaway
5. KIDS
6. 雨上がりのミラージュ
7. She is my lazy friend
8. BOOSTER
9. Super High
10. お祭りの日 (LIC2.1)
11. 38月62日



【関連リンク】
元記事
the band apartまとめ
【ЯeaL】
『ЯeaLワンマンツアー2017 “1st Album「19.」Release Tour”』
2017年6月25日 at TSUTAYA O-WEST

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
the band apart
【ジャンル】
ROCK, ニュース, チケット

【ЯeaL】『ЯeaLワンマンツアー2017 “1st Album「19.」Release Tour”』2017年6月25日 at TSUTAYA O-WEST
Sat, 01 Jul 2017 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 初のフルアルバム『19.』リリース後に始まった初のワンマンツアーはメンバーにとって10代最後のツアーとなるだけに、いつも以上に気合いが入っていたことだろう。さらに、Yurika(Gu&Cho)がツアーファイナルをもって脱退ということもあり、その最終日はたくさんの人であふれ返った。オープニングの「ゆらりゆらりゆら」をはじめ、ポップで覚えやすい楽曲がЯeaLの持ち味でもあるのだが、中盤で披露した「カタリナ」は重厚な雰囲気をかもし出し大人っぽい一面をのぞかせる。また、「エゴサーチ症候群」ではRyoko(Vo&Gu)の“いくぞっ!”という元気の良いひと言につられ、観客も笑みを浮かべ、高く拳を突き上げ、場内の熱量も際限なく高まっていく。

 終始、ニコニコ顔で進んでいったライヴ。だが、別れの時は嫌でも近付いてくる。“今日ほど、“最後です”って言いたくない時はありません”とメンバーであり、友達でもあるYurikaへの想いを語るRyoko。そして、その姿を熱い眼差しで見守るAika(Dr&Cho)とFumiha(Ba&Cho)。“YurikaのいないЯeaLにピリオドを打とうとも考えた。無理やなって思って前を向いた時、みんながいた。曲を届けてくれて、ライヴをやってくれて、ありがとうって。だから、この場所を守っていかないとって思いました。このツアーで大人になれたからこそ、等身大で伝えられる曲です”…彼女たちの出した答えはЯeaLの存続。だからこそ、本編最後に用意された《先は見えない それでも行くよ》と歌う「スタートライン」には、これからも頑張っていこうする彼女たちの決意に満ちていた。

撮影:MASANORI FUJIKAWA/取材:水谷エリ

セットリスト

1. ゆらりゆらりゆら 

2. Shooting Star 

3. 秒速エモーション 

4. セナカアワセ 

5. Outsider 

6. ナンセンス 

7. それを恋と呼ぶのなら 

8. カタリナ  

9. チョコレートコスモス 

10. 仮面ミーハー女子 

11. H.O.L 

12. エゴサーチ症候群 

13. カゲロウ 

14. スタートライン 

<ENCORE>

1. HOME

2. Jumping More

ЯeaL

リアル:大阪発のガールズバンド。バンド名の“Я”は“やー”or“ろしあもじ”or“ろしあ”で変換できる。作詞作曲を手掛けるRyokoのポップメイカーとしてのポテンシャルの高さと、圧倒的なライヴパフォーマンスが話題となり、関西を中心に人気急上昇中! 2016年3月にシングル「秒速エモーション」でメジャーデビュー。17年3月にリリースした3rdシングル「カゲロウ」が人気テレビアニメ『銀魂.』新シリーズのオープニングテーマとして注目を集める中、同年5月に待望の1stアルバム『19.』をリリース!



【関連リンク】
元記事
ЯeaLまとめ
【コレサワ】
『メジャーデビュー前祝 「お祝いさせてあげまショー」』
2017年6月1日 at 渋谷Star lounge

OKMusic
ライブ・フェス一覧

【関連アーティスト】
ЯeaL
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ライブ・フェス, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.155













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1