歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年06月29日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
七夕の夜にageHa史上最高の夏となる『THE BEST SUMMER 2017』が開幕!!
Thu, 29 Jun 2017 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

世界でも類をみない音響・照明システムと広大なスペースを誇り、数々の伝説の舞台となってきた日本最大級のフェス型クラブイベントageHa。その15周年イヤーとなる今年、“ageHa史上最高の夏"の名のもとに、夏の間だけのエンタテイメント満載なナイトカーニバル『THE BEST SUMMER 2017』を開幕する。

そのスタートを飾るべく、オープニングパーティーにはワールドワイドに活躍するアーティストの出演が決定。初日の7月7日(金)には、オーストラリア出身でカリスマ的な人気を誇るフィメール・アーティスト、ALISON WONDERLAND(アリソン・ワンダーランド)が登場。2015年にリリースされたアルバム『RUN』のヒットにより一躍トップアーティストの仲間入りを果たし、2016年のEDC LVにおいて初めてメインステージをプレイ、EDC UKではヘッドライナーに名を連ねた。続くUSツアーでも大成功を収めた彼女が、アジア・東京における待望の初ギグを開催する。

2日目となる7月8日(土)は、フランスの6人組人力トランスバンド、Hilight Tribe(ハイライト・トライブ)のニューアルバム『Temple of light』のリリースパーティーを開催。そこへ、Hilight Tribeと「Free Tibet」の共作で話題を呼び、最近ではArmin van Buurenまでを巻き込んだ楽曲「Great Spirit」でシーンを超えた注目を集めるVini Viciの参戦も決定した。

そして、クラブイベントの概念を覆してきたageHaならではの特別な夏を提案すべく、9月までの3ヶ月限定エリアもオープン。夏の人気スポットである“PARK"が最高のナイトリゾートへとリニューアル! 人気シャンパン“MUMM"が冠となるこのエリア“MUMM LOUNGE"は、遊び疲れたあなたを癒してくれる最高の空間となるはず。

CYBERJAPANとageHaによる恒例の『BIKINI NIGHT』は進化を遂げ、水&泡パーティーにパワーアップ。“夜の水かけ祭り"で、後のことなんて考えずにズブ濡れになって遊んでみては?

さらに、ageHaから驚きの発表が。 名物の無料シャトルバスが渋谷・道玄坂の新しいバス停より夏限定で運行。キャンペーン期間中にこの新バス停から無料シャトルに乗車すると1ドリンクプレゼントという嬉しい企画もあるとのこと。

イベントの詳細、前売りチケットの購入はageHaオフィシャルサイトをチェックしてほしい。フェス型クラブイベントageHaが送る“史上最強の夏"をお見逃しなく!

■ageHa オフィシャルHP
http://w.ageha.com/thebest/

■ageHa オフィシャルYouTube
https://youtu.be/NYrn_R46UcM

■『THE BEST SUMMER 2017』

『WORLD CLASS feat. Alison Wonderland THE BEST SUMMER 2017 OPENING PARTY』
7月07日(金) 23:00 OPEN
出演:Alison Wonderland、SHINTARO、ALISA UENO
前売りチケット:¥2,750

『DANCE ON THE PLANET』
7月08日(土) 23:00 OPEN
出演:VINI VICI、Hilight Tribe、FUNKY GONG、CYLON、YAMATO、G.T.
前売りチケット:¥3,000



【関連リンク】
元記事
ALISON WONDERLANDまとめ
Hilight Tribeまとめ
Vini Viciまとめ
GLAY、ニューアルバムより「the other end of the globe」のMVをGYAO!にて先行配信開始

【関連アーティスト】
ALISON WONDERLAND, Hilight Tribe, Vini Vici
【ジャンル】
ニュース

GLAY、ニューアルバムより「the other end of the globe」のMVをGYAO!にて先行配信開始
Thu, 29 Jun 2017 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GLAYが7月12日にリリースするアルバム『SUMMERDELICS』から、リード曲「the other end of the globe」のMVをGYAO!にて先行配信を開始した。

この楽曲は作曲がTERU、作詞がTERU&TAKUROの共作であり、楽曲のアレンジにはDJ Mass MAD Izm* が参加。ストリングスを用いた壮大かつPOPセンスが光るサウンドメイキングがなされており、GLAYの新境地を感じられるナンバーである。MVの監督は名曲「誘惑」「BE WITH YOU」「Bible」を撮影した中野 裕之。実に約5年ぶりのタッグとなった。撮影地は日本で唯一の砂漠、伊豆大島“裏砂漠”。撮影のほとんどを高性能ドローンで行なっており、広大な風景とメンバーが俯瞰で収められている。PVの最終カットは急な大雨(ヒョウ)に見舞われたが、臨場感を求めてそのまま撮影を続行した。本編のラストシーンは必見である。

さらに、アルバムの発売を記念してTERUとHISASHIがニコニコ生放送に出演する事が決定。この怒涛の出演を記念したスペシャル企画として、番組放送中に特別サイトでニューアルバムを予約するとスペシャル特典「SUMMERDELICSコースター4種セット」がプレゼントされるのでこちらもぜひチェックしてほしい。

■「the other end of the globe」MV
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00756/v07958/v0795800000000531442/

■ニコニコ生放送出演記念スペシャルサイト
http://glay.summerdelics.jp/

アルバム『SUMMERDELICS』

2017年7月12日発売



【CD only盤】
PCCN-00028/¥3,000+税
【CD+2DVD盤】
PCCN-00027/¥5,000+税
【5CD+3Blu-ray+グッズ 盤】 (G-DIRECT限定Special Edition)
LSGC-0002/?22,963+税



【関連リンク】
元記事
GLAYまとめ
橋本絵莉子波多野裕文、100名のファンに向けた初ライブを開催
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
GLAY
【ジャンル】
ROCK, ニュース

橋本絵莉子波多野裕文、100名のファンに向けた初ライブを開催
Thu, 29 Jun 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

橋本絵莉子波多野裕文が、1st Album『橋本絵莉子波多野裕文』のリリースを記念して、6月26日に東京・VACANTにてアウトストアイベントを開催した。

CDを購入した約100名のファンの前で1時間強、ミニライブとトークを行ない、ミニライブではアルバム収録曲「トークトーク」「幸男」の2曲を演奏。ライブを披露するのは今回がはじめて。 トークパートでは、今回のデュオに至る経緯や、アルバム制作の裏話なども語られた。

今回デュオのアイコンにもなっている“やばいおじさん”が出てくる「飛翔」の歌詞に関しては、橋本が「わたし過ぎる内容で不安だったんですけど、どうしても“やばいおじさん”と歌いたくて。こういう機会でもないと一生歌えないんじゃないかと思って!」とぶっちゃけると、波多野が「歌詞が送られてきた瞬間“やばい”と思って、(すぐ作業するともったいないから)しばらく頭の中でメロディーを泳がせました。自然に導かれて“化石堀り”みたいな感じでメロディーが出来ましたね」と語るなど、この場だからこそ出てくるエピソードが次々語られた。

また、サイン入りポスターを懸けたジャンケン大会が行われたほか、イベントの締めには「トークトーク」を作詞・作曲した波多野裕文が最初に作ったデモ音源(波多野ボーカルVer.)が特別披露されるなど、ファンにとってプレミアムなイベントとなった。

アルバム『橋本絵莉子波多野裕文』

2017年6月21日発売



KSCL 2950 ¥2,800+税
<収録曲>
1. 作り方
2. 飛翔
3. 幸男
4. ノウハウ
5. トークトーク
6. 流行語大賞
7. アメリカンヴィンテージ
8. 君サイドから
9. 臨時ダイヤ
※初回仕様限定
(1)デジパック仕様 (2)波多野語録 (3)やばいおじさんステッカー



【関連リンク】
元記事
橋本絵莉子波多野裕文まとめ
チャットモンチーまとめ
People In The Boxまとめ
エレファントカシマシ、伝説の1988年9月10日渋谷公会堂のライヴからオープニング曲の映像を本邦初公開

【関連アーティスト】
橋本絵莉子波多野裕文, チャットモンチー, People In The Box
【ジャンル】
J-POP, ROCK, ライブ・フェス, ニュース

エレファントカシマシ、伝説の1988年9月10日渋谷公会堂のライヴからオープニング曲の映像を本邦初公開
Thu, 29 Jun 2017 20:00:00 +0900


デビュー30周年を迎えたエレファントカシマシが、伝説の1988年渋谷公会堂ライヴのパッケージ発売及びプレミア上映に先駆け、ライヴのオープニング曲「おはよう こんにちは」を6月29日より、GYAO!にて本邦初公開した。

初ホールライヴ、しかも驚きの舞台環境でのオープニング。表情からは読み取れないが、恐らくある種の闘争心と覚悟を含んだ“気"が伝わってくる。宮本浩次のヴォーカルとそれを支えるメンバーの演奏が徐々に熱を帯びていく。オープニング曲とは言え、その空気感は凄まじい。とにかく必見だ。

また、7月11日に行なわれるプレミア上映のZepp Tokyo分が、追加の2階席を含め完売。プレミア上映、パッケージ発売など、「伝説」が「真実」となる日に向けて着々と準備が進められる中、映像作品と同じ7月26日にリリースされるニューシングル「風と共に」 の全貌も明らかに! 今後もエレファントカシマシの動きから目が離せない。

■「おはよう こんにちは」MV
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v10768/v0993900000000548784/

Blu-ray&DVD『LIVE FILM エレファントカシマシ 1988.09.10渋谷公会堂 』

2017年7月26日発売



【Blu-ray】
MHXL 42/¥5,500+税
【DVD】
MHBL 316/¥4,500+税

シングル「風と共に」

2017年7月26日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UMCK-9915/¥2,200+税
【通常盤】(CD)
UMCK-5631/¥1,100+税

■『エレファントカシマシ、デビュー30周年記念!ライヴ・フィルム『エレファントカシマシ〜1988/09/10渋谷公会堂〜』世界初、一夜限りのプレミア上映@Zepp東阪 』

7月11日(火) Zepp Namba(大阪)、Zepp Tokyo(東京)
※Zepp Tokyoは全席完売、当日券の販売はございません。

■公式サイト:www.110107.com/ek_shibuko ♯エレカシ88渋公ライヴ



【関連リンク】
元記事
エレファントカシマシまとめ
夜の本気ダンス、最新シングル「TAKE MY HAND」ジャケット写真公開
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
エレファントカシマシ
【ジャンル】
ROCK, ニュース

夜の本気ダンス、最新シングル「TAKE MY HAND」ジャケット写真公開
Thu, 29 Jun 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

本気ダンスが8月9日にリリースするシングル「TAKE MY HAND」のジャケット写真が公開となった。真っ赤な世界の中に連なる色とりどりの怪しい手が4つという、一度見たら忘れられない大胆なジャケット写真を見ながら音源の全貌を楽しみにお待ちいただきたい。

また、同シングルのカップリングとなる収録楽曲についても明らかになった。1曲目は表題曲の「TAKE MY HAND」、2曲目はファンの間ではライブアンセムとしてもお馴染みの「This is pop」が、なんと“new mix"として収録される。昨年秋に加入したギタリストの西田一紀が参加した新たな音源は、どのような変化をもたらすのか?乞うご期待! 3曲目は「HONKI DANCE TIME」と題したライブメドレーを大胆に1トラックで収録。今年1月に開催されたワンマンツアー『Too Shy A Key TOUR 2017』のツアーファイナル(@Zepp DiverCity TOKYO)での音源から、ワンマンライブではもはやお馴染みのテッパン曲を6曲のメドレーとして収録したボリューム満点の内容となっている。

さらに、シングル「TAKE MY HAND」を購入すると“半分本気カレンダー(〜失われた7月) 特製ポストカード5枚セット"が特典としてプレゼントされることも決定! タワーレコード(タワーレコードオンライン)、TSUTAYA、HMV、amazon、Village Vanguardそれぞれ色違いのデザインが用意され、上記の各店舗で購入された方にはもれなく付いてくる。

■「TAKE MY HAND」チェーン別購入者特典詳細
http://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A025344/53.html

シングル「TAKE MY HAND」

2017年8月9日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1151/¥1,700+税
【通常盤】(CD)
VICL-37266/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.SHINY(NHK Eテレ テレビアニメ「境界のRINNE」第3シリーズ OPテーマソング)
2.Ride(モンストグランプリ2017 大会イメージソング)
3.Blush
4.THREE
■DVD ※初回限定盤のみ
・“ Too Shy A key TOUR 2017 " Documentary Movie(30min)
・西田一紀の「俺のことどんだけ好きやねん! 〜京都ぶらり散歩〜」(15min)



【関連リンク】
元記事
夜の本気ダンスまとめ
【ビッケブランカ】
ビッケブランカの存在を
後世に語り継ぐ名曲が誕生!

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス
【ジャンル】
ROCK, ニュース

【ビッケブランカ】ビッケブランカの存在を後世に語り継ぐ名曲が誕生!
Thu, 29 Jun 2017 00:00:00 +0900


待望の1stフルアルバム『FEARLESS』は、ただポップなだけじゃないチャレンジングな作品となった。そこにビッケブランカが感じている大きな手応えは、アルバムタイトルと遊び心あふれるジャケ写からもうかがえる。

──前回のミニアルバム『Slave of Love』をリリースする時、ビッケブランカの存在が知られていないせいで、ライヴに足を運んでいない人がいる。それはもったいないと言っていましたが、そんな状況も随分と変わってきたのではないですか?

「聴いてもらう機会が増えたとは思いますけど、ちょっといい感じになると、すぐに次の目標ができるので、“すげえグイグイきててぇ〜”みたいにはならないですね。“もっともっと!”って思っちゃうんですよ。でも、前回俺そんな感じでした? “みんな、損してるぜぇ”みたいな(笑)。」

──“してるぜぇ”みたいな感じでなかったですけど(笑)。

「もちろん、旋風を巻き起こしたいけど、巻き起こすために作るというよりは、やるべきことをやったらきっと何かが起こるだろうって。『Slave of Love』も狙ったわけじゃないけど、良い作品だと認めてくれる人が増えて面白いことになったので、今回も同じように作りました。」

──今作はアップテンポの曲がより力強いものになっていたり、「Want You Back」のようなリズムを強調した曲もあったりするせいか、ガツンとくるアッパーな印象になりましたね。リスナーの輪を広げる一方で、洋楽リスナーも含む熱心な音楽ファンにも聴いてもらえる作品にもなったのでは?

「そう思います。非常に音楽的になっていると思います。作り始めた時はそんな意識全然なかったんですよ。今まで通りみんなに愛される音楽を作りたいと思っていたんですけど、バランスを考えながら作った曲が自然とそういうものになったんです。「Want You Back」とか、シティポップっぽい「Stray Cat」とか。出来上がった時は、もうちょっと誰もが聴きやすいと思えるものにしたほうが良かったのかなとも思ったんですけど、今ビッケブランカがレベルアップするならそこじゃないかと。とはいえ、限られた人にしか愛されないアルバムにはなっていないと信じたい。それはどうですか?」

──前作同様、大勢の人から愛されると思いますよ。だって、「さよならに来ました」とか「幸せのアーチ」とか、ど真ん中のJ-POPナンバーもあるから大丈夫じゃないですか?

「そうなんですよ! 最終的にいい塩梅に落ち着いている。出来上がった時は、音楽的になりすぎたと思ったんですけど、「さよならに来ました」「幸せのアーチ」「Postman」「THUNDERBOLT」という曲があるからJ-POPの要素もちゃんとあって、音楽ファンにも突き刺さるけど、決して自分の世界に入っちゃってるなってものにはなっていない…というふうに、今は着地しているんです。」

──そういう作品をひと言で言い表す言葉として、“FEARLESS”が出てきたわけですね?

「まずジャケ案があったんですよ。1stフルアルバムで賞を獲っちゃおうぜっていう。“アホじゃね? しかも、何の賞なの!?”っていうのが面白いよねって(笑)。それで、最初“WIN”とか“WINNER”とかが出てたんですけど、何かピンとこなくて。そんな時、“FEARLESS”がポンと出てきたんです。恐れ知らずと言うよりは、“恐れに打ち勝つ。怖いものに立ち向かう。自分の中で矛盾を感じたものを恐れずに出す。怖いけど出す”っていう微妙なニュアンスを表現したタイトルになったと思います。」

──「Postman」は絶妙にポール・マッカートニーっぽいなと(笑)。

「自分ではカーペンターズっぽいと思っているんですけど、ポールっていう人が多いんです。その「Postman」はバラードなんですけど、「THUNDERBOLT」と並んで、今回一番聴き手に寄っていこうとする力がある。前作の「Natural Woman」「Slave of Love」という2大リード曲に対して、『FEARLESS』には「Moon Ride」「Take me Take out」があるんですけど、自分としては互角の出来で。でも、アルバム単位で『FEARLESS』が『Slave of Love』を追い越していると思える理由が「Postman」と「THUNDERBOLT」なんです。特に「THUNDERBOLT」は大袈裟に言えば、ビッケブランカの作品が後世に語り継がれていくようなものになる上で、きっかけになる曲なんじゃないかって。作った時の手応えも圧倒的だったんですよ。この1曲だけで、今でもライヴで盛り上がる「アシカダンス」「ファビュラス」「Natural Woman」「Slave of Love」を超えられる。しかも、その4曲はどれもアップテンポなんですけど、それを超える曲がまさかのゆったりしたテンポの「THUNDERBOLT」だったという驚きが自分でもあるんです。」

──今おっしゃったことを踏まえて、《そうさ どんな困難も消し飛ぶよ》と歌っているわけですか?

「もともと英語だったんですよ。だけど、アルバムの最後を飾ることを考えて、ちゃんと伝わるものにしたかった。だから、日本語に書き直しました。そう! そうなんです。ビッケブランカが考えていることや伝えたいことを伝えられる曲が「THUNDERBOLT」なんです。そこが全てなんですよ。人が歌うことの一番大事なところだから。だから、サビの歌詞も1番と2番で変えずにひとつのメッセージを何回も伝えたいから同じことを繰り返しているんですけど、そこで終わらずに最後、みんなに伝えたいというアイデアのひとつとして、『独裁者』のチャップリンやキング牧師のような演説を加えました。そこでも一番言いたいことが言えたし、レジェンドたちへの敬意も表せた。」

──っていうか、フレディ・マーキュリー、マイケル・ジャクソンと並んじゃっている(笑)。

「だって、賞を獲ってるんだもの。そこは並ばないと(笑)。それぐらいのビッグマウスというか、それこそ“FEARLESS”な感じが、今のビッケブランカなんです。」

取材:山口智男

アルバム『FEARLESS』

2017年7月5日発売
avex trax



【CD+DVD】
AVCD-93697/B ¥3,500(税抜)



【CD】
AVCD-93698 ¥2,800(税抜)

『FEARLESS TOUR 2017』

9/14(木) 愛知・名古屋ダイアモンドホール
9/15(金) 宮城・仙台MACANA
9/17(日) 北海道・札幌KRAPS HALL
9/29(金) 大阪・梅田バナナホール
9/30(土) 福岡・INSA
10/14(土) 東京・赤坂BLITZ

ビッケブランカ

ビッケブランカ:1987年11月30日愛知県生まれ。美麗なファルセットヴォイスと緻密なコーラスワークを独創性に富んだ楽曲に昇華させ、ポップとロックの間を自在に行き来する、新しいタイプのシンガーソングライター。人懐っこいキャラクターと爆発的な瞬発力でドラマチックに展開されるライヴも高く評価され、メジャーデビュー後の全国ツアーは全カ所ソールドアウトするなど、注目度が高まっている。“ビッケブランカ”とは“純真無垢な下っ端の海賊”という意味を持つ。



【関連リンク】
元記事
ビッケブランカまとめ
FAKY、メジャーデビュー作より「Someday We\'ll Know」がエアアジアCMソングに
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
ビッケブランカ
【ジャンル】
J-POP, インタビュー, okmusic UP\'s vol.154

FAKY、メジャーデビュー作より「Someday We\'ll Know」がエアアジアCMソングに
Thu, 29 Jun 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

FAKYの今月発売したメジャーデビュー作『Unwrapped』収録のリード曲「Someday We\'ll Know」が、エアアジアCMソングとして7月3日より関西方面のテレビCMで放映されることがわかった。

エアアジアCMソングとして放映される「Someday We\'ll Know」は、日本テレビ系「バズリズム」6月エンディングテーマにもなっていた、爽やかでスケール感のあるトラックと歌唱力に定評のあるFAKYメンバーのボーカルがしっかり堪能できるポップチューン。ビデオの中では渋谷の街に佇むメンバーの様子から、晴れ渡った空が印象的な抜け感のある構図で撮影されたダンスシーンへ展開されるストーリーが目を引く内容で、今回の彼女達のメジャーデビューを意識した、新人らしいフレッシュな雰囲気溢れる作品となっている。

■エアアジア オフィシャルHP
https://www.airasia.com/jp/ja/home.page

ミニアルバム『Unwrapped

発売中



【CD+DVD】
RZCD-86355/B/¥3,024(tax in)
<収録曲>
■CD
01. Keep Out
02. Candy
03. Are You OK?
04. Surrender
05. Bad Things
06. Someday We\'ll Know
■DVD
01. Candy -Music Video-
02. Are You OK? -Music Video-
03. Surrender -Music Video-
04. Someday We\'ll Know -Music Video-
05. FAKY is BACK Teaser
06. Making Movie (FAKY is BACK ~ Afterglow ~ You ~ Surrender ~ Someday We\'ll Know)

【CD ONLY】
RZCD-86356/¥2,160(tax in)
<収録曲>
01. Keep Out
02. Candy
03. Are You OK?
04. Surrender
05. Bad Things
06. Someday We\'ll Know
07. Keep Out (Remute Club Mix)
08. Candy (Yamato Remix)

【CD ONLY】
RZC1-86357/¥1,500(tax in) ※イベント会場限定盤
<収録曲>
01. Candy
02. Surrender
03. Bad Things
04. Someday We\'ll Know




【関連リンク】
元記事
FAKYまとめ
Cocco、デビュー20周年記念となる日本武道館ライブ会場にて初の衣装展を開催
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
FAKY
【ジャンル】
J-POP, ニュース, TVCM

Cocco、デビュー20周年記念となる日本武道館ライブ会場にて初の衣装展を開催
Thu, 29 Jun 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今年3月21日にデビュー20周年迎え、ベストアルバム『20周年リクエストベスト+レアトラックス』をリリースし、アニバーサリーイヤーに精力的な活動を行っているCocco。7月12日(水)と14日(金)には日本武道館にて『Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days 〜一の巻×二の巻〜』を開催! 12日(水)の一の巻は初期バンドメンバーと、14日(金)の二の巻は現バンドメンバーとライブを展開する。

そして、同会場にて自身初となる衣装展の開催が決定した。20年の活動の中で、実際に着用してきた衣装の数々を間近で見られる貴重な機会となり、ライブ本編は然ることながら、Coccoの軌跡を感じることのできるこちらも必見だ。

■『「Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days 〜一の巻×二の巻〜」衣装展』

開催日:7月12日(水)、14日(金)
場所:日本武道館外 特設テント
展示開始時間:各日13:30より

■「Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days 〜一の巻×二の巻〜」

■一の巻 
7月12日(水) 日本武道館
OPEN 17:30 / START 18:30
■二の巻 
7月14日(金) 日本武道館
OPEN 17:30 / START 18:30
<チケット>
¥8,000(税込) 
※3才以上要チケット
チケット:発売中

◎ 機材席開放につき、SOLD OUTとなっておりました、7月12日(水) 一の巻公演のチケット追加販売が決定いたしました。 7月14日(金) 二の巻公演チケットも発売中!!残りわずかです。お急ぎください。
http://eplus.jp/cocco20th
http://l-tike.com/cocco
http://w.pia.jp/t/cocco-t/



【関連リンク】
元記事
Coccoまとめ
イトヲカシ、映画「氷菓」主題歌に抜擢
OKMusic
ニュース一覧

【関連アーティスト】
Cocco
【ジャンル】
ニュース

イトヲカシ、映画「氷菓」主題歌に抜擢
Thu, 29 Jun 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1stフルアルバム『中央突破』を発売したばかりの2人組音楽ユニット、イトヲカシが今秋11月3日(金・祝)全国公開の映画『氷菓』の主題歌を担当! 昨年メジャーデビューしたばかりであるにも関わらず、Twitterのフォロワー数は62万人を越えるなど、若年層への大きな人気が理由となり起用に至ったという。

そして、主題歌に決定した「アイオライト」は作詞/作曲:イトヲカシで、映画『氷菓』のために描き下ろされた青春100%のストレートなナンバー。イトヲカシの二人は「自分たちの高校生活も、 きっと音楽がなかったら灰色の世界に埋もれていたんじゃないか。奉太郎の気持ちに寄り添って制作しました。作品に華を添えられたら幸いです!」とコメントを寄せている。

映画『氷菓』は累計220万部を突破し、ミステリーランキング3冠・米澤穂信による学園ミステリー小説「古典部シリーズ」の初実写映画化となる話題作。主演、折木奉太郎に山?賢人,千反田えるに広瀬アリス、そして小島藤子、岡山天音らフレッシュキャストが豪華競演する、謎解き青春学園エンタテインメント。 その特報映像とポスタービジュアルが公開された。 また、11月3日(金・祝)全国劇場公開も決定し、併せて主題歌情報も解禁となった

■映画『氷菓』
http:// hyouka-movie.jp
■イトヲカシ オフィシャルHP
http://itowokashi.jp/

■映画『氷菓』特報映像


https://youtu.be/3JpoHvhWthM)

【関連リンク】
元記事
イトヲカシまとめ
BiSH、ミニアルバム発売日に代々木公園で狂乱フリーライブ決行!
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
イトヲカシ
【ジャンル】
J-POP, ニュース

BiSH、ミニアルバム発売日に代々木公園で狂乱フリーライブ決行!
Thu, 29 Jun 2017 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSHが新作「GiANT KiLLERS」の発売日となる6月28日に代々木公園野外ステージにてフリーライブ「YOYOGi GiANT KiLLERS」を開催した。

新作の発売日という事もあり、BiSHメンバーが2名づつに別れ東京、名古屋、大阪で今作の特徴的なアートワークを模したお面をつけた清掃員を探し回るイベント「#BiSHジャイチャレ」を午前中から開催。長時間に渡りTwitterトレンドに入り続け、トレンド1位を獲得し清掃員を楽しませた。

その後19時からフリーライブはスタート。3000人を越えるオーディエンスが詰め寄せる中、新作のリードトラック「GiANT KiLLERS」からライブをスタートすると、いきなり盛り上がりは最高潮。サークルモッシュも多数発生し、熱いコール&レスポンスが飛び交う。

「Marrionette」「Nothing.」「社会のルール」「VOMiT SONG」とミニアルバム曲順通りに新曲を連続で披露した後、「#BiSHジャイチャレ」の結果発表を審査委員長のプロデューサー渡辺淳之介から発表! 1位 東京チーム(セントチヒロ・チッチ、リンリンチーム)、2位 名古屋チーム(モモコグミカンパニー、アユニ・D)、3位 大阪チーム(アイナ・ジ・エンド、ハシヤスメ・アツコチーム)となり、優勝チームには賞金30万円、最下位チームはゲテモノグルメツアーが授与された。 その後、「プロミスザスター」「サラバかな」「BiSH ?星が瞬く夜に-」等代表曲が披露され、狂乱のフリーライブは幕を閉じた。 なお、終演後「GiANT KiLLERS」が発売日であるオリコンアルバムデイリーチャート3位を獲得した事も告げられた。

CD発売に先駆け、iTunesで先行配信された初のミニアルバム『GiANT KiLLERS』が前作『KiLLER BiSH』に続き2作連続となるiTunesアルバム総合チャート1位を獲得、全国20ヶ所をまわる「BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED」を完走し、7月22日に幕張メッセイベントホールでのツアーファイナルを控える"楽器を持たないパンクバンド\'\'BiSH。 今週は多数のリリースイベント、LIVEが予定されているので是非BiSHの勢いと熱量を体験してみてはいかがだろうか。

【セットリスト】
01.GiANT KiLLERS
02.Marionette
03.NOTHiNG.
04.社会のルール
05.VOMiT SONG
MC[#BiSHジャイチャレ結果発表]
06.プロミスザースター
07.サラバかな
08.BiSH-星が瞬く夜に-

ミニアルバム『GiANT KiLLERS』

発売中



【mini AL+AL+Blu-ray+ 写真集(100P) 初回生産限定盤】
AVZD-93683 〜 4/B/¥10,000+税
【mini AL+DVD LIVE 盤】
AVCD-93685/B/¥5,980+税
【mini AL+AL iNTRODUCiNG BiSH 盤】
AVCD-93686 〜 7/¥2,800+税
【mini AL CD 盤】
AVCD-93688/¥1,500+税



【関連リンク】
元記事
BiSHまとめ
B\'z、「B\'z COMPLETE SINGLE BOX」発売決定! セブン-イレブンフェアに新曲を書き下ろし!
OKMusic
ニュース一覧

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
ニュース

B\'z、「B\'z COMPLETE SINGLE BOX」発売決定! セブン-イレブンフェアに新曲を書き下ろし!
Thu, 29 Jun 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

B\'z が 8月30日に「B\'z COMPLETE SINGLE BOX」することを発表した。同作は1988年9月21日のデビューとともにリリースされた、1stシングル「だからその手を離して」から最新53rdシングル「声明 / Still Alive」まで、日本音楽史に刻み込まれたシングル53作・全117曲をデジタル・リマスタリングし、【Black Edition】と【Trailer Edition】の豪華仕様でコンプリートしたもの。そして、特典DVDには、未発表ライブ映像を含む、1st〜52ndシングル表題曲・全54曲のライブ映像集「B\'z LIVE-GYM COLLECTION」を収録! 数々の場面を彩ってきたB\'zサウンドの永久保存版がついに完成した。

また、B\'z×セブン-イレブンフェアにて新曲「CHAMP」を書き下ろし! B\'z×セブン-イレブンフェアがスタートする7月1日からTVCMでオンエアされる。また、セブン-イレブン限定販売の「B\'z COMPLETE SINGLE BOX」【Trailer Edition】ご購入者の中から、抽選で5000名様に当たるプレミアムライブも開催する。

■「B\'z COMPLETE SINGLE BOX」詳細
http://bz-vermillion.com/news/170629.html
※「B\'z COMPLETE SINGLE BOX」の予約受付開始は7月1日(土)10:00から。

『B’z COMPLETE SINGLE BOX 』

2017年8月30日発売



【Black Edition】
BMCD-8001/¥59,400(税込)
BMCD-8001/¥59,400(税込)
※CD収録全曲デジタル・リマスタリング
※歴代写真入り歌詞ブックレット100ページ
※LPサイズスペシャルパッケージ仕様
※シリアルナンバー入り(※シリアルナンバーはお選び頂けません)
<収録曲>
■CD
53枚・1st〜53rdシングル全117曲
■DVD
2枚・1st〜52ndシングル表題曲 全54曲ライブ映像集「B\'z LIVE-GYM COLLECTION」収録



【Trailer Edition】
BMCD-8002/¥75,600(税込)
BMCD-8002/¥75,600(税込)
※CD収録全曲デジタル・リマスタリング
※歌詞ブックレット116ページ
※歴代写真入りスペシャルデジパック仕様
※シリアルナンバー入り(※シリアルナンバーはお選び頂けません)
※セブン-イレブン限定完全予約受注生産
<収録曲>
■CD
53枚・1st〜53rdシングル全117曲
■DVD
2枚・1st〜52ndシングル表題曲 全54曲ライブ映像集「B\'z LIVE-GYM COLLECTION」収録



【関連リンク】
元記事
B\'zまとめ
たんこぶちんのMADOKAがヒロインを務める映画『二度めの夏、二度と会えない君』、予告編解禁
OKMusic
ニュース一覧

【関連アーティスト】
B\'z
【ジャンル】
ニュース

たんこぶちんのMADOKAがヒロインを務める映画『二度めの夏、二度と会えない君』、予告編解禁
Thu, 29 Jun 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月1日(金)から全国の劇場で公開される青春音楽映画『二度めの夏、二度と会えない君』の予告編が解禁となった。

主演は若手実力派の村上虹郎。ヒロイン役にはガールズバンド、たんこぶちんのヴォーカルを務めるMADOKA(吉田円佳)が出演。二度と来ない今年の夏を締めくくる青春純愛ストーリーが誕生した。

そんな同映画の主題歌をたんこぶちんが担当。『ニドナツ』の淡く切ない恋を歌った主題歌「夏のおわりに」、感動のクライマックスシーンで演奏された「蝉時雨ライダーズ」など、劇中使用曲を収録したアルバムは8月30日に発売予定だ。

アルバムのTYPE-Aは楽曲のみを収録。そして、ボーナストラックが多数収録されたTYPE-B。さらに、主題歌「夏のおわりに」と劇中歌「蝉時雨ライダーズ」と「遠距離恋愛爆撃ミサイル」のMVに加え、『ニドナツ』の予告編やメイキング映像など、映画の世界により浸れる映像を収録したDVDが付属するTYPE-Cと、3タイプで同時発売となる。

また、同映画の公開を記念した「ニドナツバンド選手権2017」も開催されている。これは、全国高校軽音部を対象としたコピーバンドコンテスト。セミファイナルを勝ち抜いたバンドは、ファイナルとなる8月24日(木)に都内で開催される『二度めの夏、二度と会えない君』のプレミアムイベント内で演奏できる。詳細は下記サイトへ!

■映画『二度めの夏、二度と会えない君』 公式サイト
http://nido-natsu.com/
■「ニドナツバンド選手権2017」オフィシャルサイト
https://yamahamusicaudition.jp/nidonatsu/

■映画『二度めの夏、二度と会えない君』予告編


https://youtu.be/NY8IgdV2I2Q■アルバム『二度めの夏、二度と会えない君 feat.Primember』

2017年8月30日発売
【TYPE-A】(CDのみ)
YCCW-10309/¥1,389+税
<収録曲>
01.遠距離恋愛爆撃ミサイル(Movie version)
02.さよなら監獄教室
03.TIME
04.グライダー
05.蝉時雨ライダーズ
06.夏のおわりに
07.遠距離恋愛爆撃ミサイル(Bonus Track)
※全7曲収録予定、曲順・バージョン名未定

【TYPE-B】(CDのみ)
YCCW-10310/¥2,130+税
<収録曲>
01.遠距離恋愛爆撃ミサイル(Movie version)
02.さよなら監獄教室
03.TIME
04.グライダー
05.蝉時雨ライダーズ
06.夏のおわりに
〈Bonus Track〉
07.遠距離恋愛爆撃ミサイル(燐&智 version)
08.さよなら監獄教室(燐&智 version)
09.TIME(Instrumental)
10.グライダー(Instrumental)
11.蝉時雨ライダーズ(Instrumental)
12.夏のおわりに(Instrumental)
13.遠距離恋愛爆撃ミサイル
※全13曲収録予定、曲順・バージョン名未定

【TYPE-C】(CD+DVD)
YCCW-10311/B/¥2,315+税
■CD
01.遠距離恋愛爆撃ミサイル(Movie version)
02.さよなら監獄教室
03.TIME
04.グライダー
05.蝉時雨ライダーズ
06.夏のおわりに
07.遠距離恋愛爆撃ミサイル(Bonus Track)
※全7曲収録予定、曲順・バージョン名未定
■DVD(予定)
・たんこぶちん「夏のおわりに」MV映像
・たんこぶちん「遠距離恋愛爆撃ミサイル」MV映像
・映画『二度めの夏、二度と会えない君』予告編
・映画『二度めの夏、二度と会えない君』Primember メイキング映像



【関連リンク】
元記事
たんこぶちんまとめ
ねごと、自主企画イベントでCreepy Nutsと対バン
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
たんこぶちん
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ガールズバンド, 主題歌, 映画

ねごと、自主企画イベントでCreepy Nutsと対バン
Thu, 29 Jun 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今年2月にリリースしたフルアルバム『ETERNALBEAT』で音楽的な変化と進化を遂げ、6月21日にはBOOM BOOM SATELLITESの中野雅之をプロデューサーに迎えた楽曲を表題にしたシングル『DANCER IN THE HANABIRA』をリリースしたばかりの4人組エレクトロニックロックバンド・ねごと。6月26日(月)に恵比寿LIQUIDROOMにて、彼女たちが東阪で自主企画イベント「ETERNALBEAT NIGHT」を開催した。

両公演のゲストは、ラッパーR-指定とターンテーブリスト兼トラックメイカーDJ 松永による1MC1DJのHIP HOPユニット・Creepy Nuts。「ガールズバンドとの対バンは初めて」というふたりは1曲目の「数え唄」で自分たちの自己紹介を踏まえたパフォーマンスをし、ラップに「ねごと」や「ETERNALBEAT NIGHT」と組み込むなどして会場をあたためる。パワフルな歌心や声色を用いたR-指定のボーカルワーク、DJ松永の緩急のあるターンテーブルさばき、アクションの大きいダイナミックなステージング、自分たちの精神性や特性をユーモラスに描いた楽曲とテンポのいいトーク、フリースタイルラップ、ヒップホップへの熱い想いと、自分たちの特性と精神性でもって観客を圧倒した。

ねごとは楽曲の世界観を丁寧に表現することはもちろんだが、自分たちと同世代であるCreepy Nutsのステージに触発されたところもあるのか、いつも以上にエモーショナルなステージだった。しなやかに身体を動かして歌う蒼山幸子(Vo/Key)はフロントらしい華と頼もしさを放ち、藤咲 佑(Ba)と澤村小夜子(Dr)の前のめりなリズムも堂々と響く。ねごとのサウンドメイクのブレインである沙田瑞紀(Gt)はギターだけでなくシンセやMIDIコントローラーなどを使い楽曲を華麗に彩り、メンバーの個性がそのまま演奏に反映されているところもロックバンド然としていた。一部楽曲で取り入れられたクールなグラフィックによるVJ演出とのコラボレーションも圧巻。いまのねごとは大胆さと繊細さの両方を兼ね揃え、自信に満ちているだけでなくハングリー精神も感じさせる。「シグナル」はまさにそれを象徴する爽快なアクトだった。

蒼山は新曲の「DANCER IN THE HANABIRA」について「スケールの大きい曲なので驚いた人もいるかもしれないけど、自分たちらしいものが真ん中にあるのでやっていて楽しい……というか、こういう曲もみんなに聴かせたいと思った」と語った。いまの彼女たちは内に秘めていた熱い想いを恐れることなくさらけ出している。それはステージの立ち振る舞いも凛とし、情熱的で力強い歌を届ける蒼山の姿からも一目瞭然だ。アンコールでは映画『トリガール!』の主題歌であるスピッツ「空も飛べるはず」のカバーと、挿入歌となる新曲「ALL RIGHT」を初披露。音楽的な進化を遂げた彼女たちの飽くなき探求心はまだまだ加速しそうだ。

text by 沖さやこ
photo by AZUSA TAKADA



【関連リンク】
元記事
ねごとまとめ
Creepy Nutsまとめ
DJ 松永まとめ
R指定まとめ

【関連アーティスト】
ねごと, Creepy Nuts, DJ 松永, R指定
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ガールズバンド, ユニット, ヒップホップ, ライブレポ

n-bunaによる新バンド、ヨルシカが「言って。」のMV公開
Thu, 29 Jun 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

「ウミユリ海底譚」「メリュー」「夜明けと蛍」といった多くの人気ボカロ楽曲を投稿してきたボカロP/コンポーザーのn-buna(ナブナ)が新しく結成したバンド、ヨルシカの1stミニアルバム『夏草が邪魔をする』。6月28日にリリースされた同作より、「言って。」のMVが公開された。

MVは線画アニメーションと実写を織り交ぜた内容で、楽曲の切ないメロディー、歌詞と相まって、情緒が感じられる映像作品に仕上がった。

なお、ヨルシカは7月9日(日)に東京・Shinjuku BLAZEでライヴを開催予定。ヨルシカとしての楽曲に加え、n-bunaとしてのボカロ楽曲の演奏も予定しているとのことだ。チケットは各プレイガイドで発売中!

■「言って。」MV


https://www.youtube.com/watch?v=F64yFFnZfkIミニアルバム『夏草が邪魔をする』

発売中



DUED-1223/¥1,500+税

ヨルシカ 1st Live「夏草が邪魔をする」

7月09日(日) 東京 Shinjuku BLAZE



【関連リンク】
元記事
ヨルシカまとめ
n-bunaまとめ
OKMusic
ボーカロイド一覧

【関連アーティスト】
ヨルシカ, n-buna
【ジャンル】
J-POP, ニュース, バンド, ボーカロイド













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1