歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年06月20日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
コレサワ、メジャーデビュー作『コレカラー』全貌公開
Tue, 20 Jun 2017 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

コレサワが8月9日にリリースするメジャーデビューアルバム『コレカラ―』の全収録内容を解禁! インテ?ィース?時代の楽曲「君のハ?ント?」、「あたしを彼女にしたいなら」、「たは?こ」に加え、ライフ?の定番にもなっている人気曲「SSW」が収録されることが告知されていたが、今回新たに8曲がアナウンスされた。

アップテンポな青春ソング「死ぬこと以外かすり傷」、ライブの定番曲にもなっている「お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな」、“頑張れ頑張れ 女子諸君”のフレーズが印象的な全ての女子への応援歌「女子諸君」、メジャーデビューに向けてのコレサワの決意が込められており、金澤タ?イスケ(フシ?ファフ?リック) が編曲を手掛けた「これから」に加え、「君とインドカレー」、「失恋ソングを歌ったあとに」、「阪急電車と2DK」 、「24歳」をが収められる。

初回限定盤のDVDには、「君のバンド」、「あたしを彼女にしたいなら」、「たばこ」、「SSW」のミュージックビデオと、今年2月に行われたワンマンライブ『コレシアター03』より「J-POP」、「最終電車」のライブ映像が2曲、さらに特典映像として、コレサワ本人が企画制作した「コレサワの超難関ジェスチャークイズ」が収録されるなど、非常に豪華な内容となっている。

今回は上記2形態に加え、通常盤CDにコレカラーモチーフトートがセットとなっているタワーレコードオンライン予約限定セットの計3形態でのリリースとなるので要チェックだ。

なお、通常盤、初回限定盤それぞれのジャケット写真も公開となっている。アートワークはこれまでに引き続き、新進気鋭のクリエイター・ウチボリシンペが担当。今作も今までと同じくビジュアルはクマのキャラクター“れ子ちゃん"が担当しており、初回限定盤では日本クラウンからメジャーデビューすることを表し、王冠を被った“れ子ちゃん"が肖像画風に佇んでいる。一方、通常盤では前作3rd EP『ジエイポップ』でクラウチングスタートをとって、走る準備をしていた“れ子ちゃん"がついに走り出す、というストーリーが描かれている。

また、各チェーン店での特典も発表になっているのでオフィシャルHPをぜひチェックしてほしい。

■アルバム『コレカラー』

2017年8月9日発売
【初回盤】(CD+DVD)
CRCP-40521/¥3,333+税 
※コレカラーキラキラケース仕様
【通常盤】(CD)
CRCP-40522/¥2,778+税
【タワーレコードオンライン予約限定セット】(通常盤CD+コレカラーモチーフトート(アナザージャケット付)
¥4,611+税
<収録曲>
■CD
1.SSW
2.死ぬこと以外かすり傷
3.君のバンド
4.あたしを彼女にしたいなら
5.たばこ
6.失恋ソングを歌ったあとに
7.お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな
8.君とインドカレー
9.阪急電車と2DK
10.女子諸君
11.24歳
12.これから
■初回盤DVD
「SSW」MV
「たばこ」MV
「あたしを彼女にしたいなら」MV
「君のバンド」MV
「J-POP」(LIVE)(2017年2月5日 コレサワ ワンマンショー『コレシアター03』にて収録)
「最終電車」(LIVE)(2017年2月5日 コレサワ ワンマンショー『コレシアター03』にて収録)
「コレサワの超難関ジェスチャークイズ」

◎タワーレコードオンライン予約限定セット
通常盤CD+コレカラーモチーフトート(アナザージャケット付)
■TOWER RECORDS:http://tower.jp/item/4534347/
予約期間:2017年6月9日18:00〜7月7日(金)18:30

◎配信
7月5日(水)よりiTunes、レコチョク他にて「SSW」先行配信スタート
■iTunes:https://itunes.apple.com/jp/artist/コレサワ/id985165843?app=itunes&ls=1
■レコチョク:http://recochoku.jp/artist/2000389140/

◎特典情報
■TSUTAYA RECORDS オリジナル特典:缶バッヂ
TSUTAYAオンラインショッピングについてはご予約分のみ対象です。
■タワーレコード オリジナル特典:メジャーキーホルダー
全国タワーレコード(タワーONLINE含む)
※タワーレコードオンライン限定盤:コレカラー<通常盤>+コレカラーモチーフトート<アナザージャケット付>ご購入者様には『「コレカラー」アナザージャケット』が特典となります。こちらのメジャーキーホルダーは対象外となりますので、予めご了承ください。
■HMV オリジナル特典:クリアファイル
HMV全店(ローチケHMV含む/一部店舗除く)
■その他コレサワ応援店オリジナル特典:ポストカード
対象店の詳細は追って発表させて頂きます。
※各店、先着のため数に限りがございますのでなくなり次第終了となります。
※一部お取扱いしていない店舗もございますので予めご了承下さい。



【関連リンク】
元記事
コレサワまとめ
Vorchaos、ツアーファイナル公演の原宿アストロホールで企画を用意!?
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発売

Vorchaos、ツアーファイナル公演の原宿アストロホールで企画を用意!?
Tue, 20 Jun 2017 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今年2月にメジャーデビューを果たしたヘヴィメタルバンドVorchaosが、デビューアルバム『Vorchaos』リリースツアーのファイナルとなるワンマンライヴを6月30日に原宿アストロホールにて開催する。

楽器陣の演奏力の高さに加えて、淳の(Vo.)グロウルボイスと表現力のあるクリーンボイスが織りなすオリジナリティあふれるボーカル、さらには熱の籠った熱きライヴパフォーマンスが高く評価されているVorchaos。2月24日に行われた渋谷サイクロンを皮切りに、青森、岩手、名古屋、大阪、岡山など計13か所を廻った4ヶ月に及ぶツアーでは、ライヴだけではなく、各地でラジオやテレビへの出演やフリーライブなども含めて、実り多いツアー、キャンペーンとなった。

そして、ファイナルとなる原宿アストロホールでは、この日だけでしか見られない趣向を凝らした演奏などを企画しているととのこと。 また、公演直前の6月19日からは、会場となる原宿アストロホールの近くにある表参道交差点の表参道ビジョンにて、MVを含めたスペシャル告知映像を1週間にわたり、毎日毎時2回放送されるのでチェックしてみてほしい。

■『Vorchaos メジャーデビュー記念ツアー“Vorchaos 2017”』

6月30日(金) 原宿ASTRO HALL(ワンマン)

■アルバム『Vorchaos』

発売中
KICS-3458/¥3,000+税
<収録曲>
1.Vortex
2.Infinity
3.LET IT DIE〜おまえに届くまで〜
4.Unlimited
5.遠く・・・
6.introduction〜鼓動〜
7.Abanthrash
8.Shiny
9.O.D.ORE
10.rinne
11.名も無き花



【関連リンク】
元記事
Vorchaosまとめ
LACCO TOWER、『ドラゴンボール超』 ED収録した
3rdアルバムリリース&ワンマンツアー開催決定

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
Vorchaos
【ジャンル】
ROCK, ニュース, アルバム, メタル, ツアー

LACCO TOWER、『ドラゴンボール超』 ED収録した3rdアルバムリリース&ワンマンツアー開催決定
Tue, 20 Jun 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今年結成15周年を迎えるLACCO TOWERが、フジテレビ系TVアニメ『ドラゴンボール超』のエンディング主題歌「遥(はるか)」他、全10曲を収録したメジャー3rdフルアルバム『遥』を8月23日にリリースすることがわかった。

また、このアルバムを引っさげ、9月より全国7カ所を回るワンマンツアー『遥なる軌跡』の開催もあわせて発表された。現在LACCO TOWERオフィシャル先行チケットの受付が実施されているので、ファンは要チェックだ。

■アルバム『遥』

2017年8月23日発売
COCP-40093/¥3,000+税
<収録曲>
フジテレビ系TVアニメ『ドラゴンボール超』エンディング主題歌「遥」他、全10曲収録

■『LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」』

LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」〜遥なる仙台〜
9月17日(日) 仙台MACANA
LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」〜遥なる新潟〜
9月24日(日) 新潟CLUB RIVERST
LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」〜遥なる梅田〜
10月01日(日) 梅田CLUB QUATTRO
LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」〜遥なる福岡〜
10月08日(日) 福岡Queblick
LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」〜遥なる名古屋〜
10月15日(日) 名古屋CLUB QUATTRO
LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」〜遥なる高崎〜
10月21日(土) 高崎clubFLEEZ
LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」〜遥なるフィナーレ〜
10月28日(土) Zepp DiverCity Tokyo



【関連リンク】
元記事
LACCO TOWERまとめ
chay、3日間で全6都市を回る弾丸路上ライヴを実施
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
LACCO TOWER
【ジャンル】
ROCK, ニュース, CD, アルバム, ツアー

chay、3日間で全6都市を回る弾丸路上ライヴを実施
Tue, 20 Jun 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2ndアルバム『chayTEA』をリリースしたばかりのchayが、全国6ヶ所の弾丸路上ライヴを決行した。

実はデビュー前にはよく路上ライヴをやっていたchay。当時はまったく人が集まらず、聴いてくれるのは2〜3人で、どうやったらみんな足を止めて自分の音楽を聴いてくれるんだろう…と、ただがむしゃらに歌っていた時期があった。この『chayTEA』のアルバム制作をしているときに、なぜかその頃の事が蘇ってきて、あの頃の気持ちを思い出しながら制作したそうだ。そして、アルバムが完成した時に、改めてファンと近い場所で、自分の声、自分の言葉でこのアルバムを伝えたいという気持ちが強くなり、この弾丸路上ライブツアーを実施することを決めた。

ツアーの初日は仙台。仙台のラジオ番組に出演し、そこで路上ライヴの場所を発表した。実際にライブが始まる前には、「こんなに急な発表で、本当にみんな集まってくれるのかな…」と不安がっていたが、仙台市クリスロード商店街にある銀座山野楽器仙台店の前には約200人以上の観客が集まっていた。chayが登場すると大歓声が上がる。ラジオやツイッターで情報を聞きつけたファン、そしてたまたま通りすがった方も「え! chay!? うそ !?」とそこにchayがいることに驚きを隠せない。歓迎の声に安堵したのか、chayは言葉を詰まらせながら集まってくれたファンに感謝を伝えた。5年前の当時の記憶が蘇ってきたのだろう。

翌日2日目は広島からスタート。気温があがり、日差しが照り返すアリスガーデン広場には、約150人以上の人が集まった。「暑い中、本当にありがとう!!」と感謝を伝えながら、ファン一人ずつとコミュニケーションをはかる。

終わって急いで車に乗り込むと、次は福岡へ。次なる場所は、天神の新天町商店街にあるミュージックプラザ・インドウ前。たった3時間前の告知にも関わらず約100人以上ものファンであふれかえった。「福岡まで来てくれてありがとう〜!」というファンの言葉に、「また来るけんね〜」と笑顔で答えた。

そして最終日、3日目。大阪城公園からスタート。当日の朝の告知にも関わらず、約200人以上のファンが待ちわびていた。「おおきにー!!」とchay。あまりの暑さに汗をふくが、タオルは阪神タイガースのタオルという仕込みもchayらしい。手拍子と笑顔にあふれ、何とも暖かい空気に包まれた路上ライヴだ。

さらに、息つく間もなく、猛ダッシュで車に乗り、走って新大阪駅へ。新幹線に乗り込み、次は名古屋へ向かう。大阪城公園が終わってからツイッターで場所を告知したのだが、名古屋でも約100人以上のファンが待ち受けてくれていた。中には、この弾丸路上ライヴを応援しようと、大阪から移動してきてくれたファンもいた。一緒に手拍子する子供や、chayの突然の訪問に涙するファンの姿も。涙を拭いながら聴いているファンの姿も印象的だった。

1人1人と握手を交わし、いよいよファイナルの東京へ向かう。梅雨の時期であるのに、今までは天候に恵まれてきたが、最終日の東京だけあいにくの天気。それでも直接「『ありがとう』を言いたい!」とライヴは予定通り決行した。名古屋駅から品川駅に着き、タクシーに乗り込んで、そのままファイナルの場所、SHIBUYA CAST GARDENへ。降りしきる雨にもかかわらず、「ファイナルを見届けたい!」と、約200名を超えるファンが今か今かとchayの登場を心待ちに集まっている。

会場に到着すると車から降り、そのままファンの前に登場した。雨に濡れるファンを気遣いながらも今回の弾丸ツアーの集大成として堂々と歌い上げる。MCではデビュー前の路上ライヴの話に。「なかなか人が集まらず、一番最初に足を止めてくれた人の顔を今でも覚えているんですよ」と語る。デビュー前、1人でも多くの人が足を止めてくれたら…と思いながら歌っていた当時を思い出しながら、こんな雨の中でも、本当に大勢のファンが集まってくれたことに感謝した。集まってくれたファンの中には、デビュー前の路上ライブを観に来ていたというファンもいて、この弾丸路上ライヴツアーを応援したいと駆けつけていた。どんどん雨が強くなっていったが、全4曲を力強く弾き語りでパフォーマンス・最後は、「本当に本当に…ありがとうございました!」と深々と一礼し、3日間にわたる弾丸路上ライヴツアーに幕を閉じた。

10月24日でデビュー丸5年になるchay。路上ラヴをしていた時期を経て、今、原点に立ち返り、今後アーティストとしてどのような成長を見せてくれるのか、非常に楽しみだ。8月からは全国ツアーもスタートするので、ぜひチェックしてほしい。

■アルバム『chayTEA』

2017年6月14日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31310/11/¥3,500(税別)
【通常盤】(CD)
WPCL-12645/¥3,000(税別)
<収録曲>
■CD
M1-恋のはじまりはいつも突然に
(NTTドコモdヒッツCMソング)
M2-真夏の惑星
M3-それでしあわせ
(フジテレビ系ドラマ 木曜劇場『早子先生、結婚するって本当ですか?』主題歌)
M4-12月の雨
(日本テレビ系水曜ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」オープニングテーマ)
M5-Be OK!
M6-恋はアバンチュール
M7-運命のアイラブユー
M8-好きで好きで好きすぎて
(日本テレビ系『スッキリ!!』2015年10月テーマソング)
M9-Kiss me
M10-笑顔のグラデーション
(GMOクリック証券競泳日本代表応援CMテーマ曲)
M11-Don\'t Let Me Down
M12-You
M13-結婚しようよ
M14-あなたに恋をしてみました(Wedding ver.)
■DVD ※初回生産限定盤のみ
弾き語りライブ「chay’s room」vol3,4,5からカバー曲を含む厳選したパフォーマンスを収録。
M1-True Colors
M2-12月の雨
M3-それでしあわせ
M4-笑えれば
M5-糸
M6-Together
M7-好きで好きで好きすぎて

◎『chayTEA』配信URL
https://WarnerMusicJapan.lnk.to/4UCD4

■『chay Tour 2017“chayTEA"』

8月01日(火) 仙台 Rensa
8月04日(金) 広島 CLUB QUATTRO
8月05日(土) 福岡 BEATSTATION
8月09日(水) 名古屋 CLUB QUATTRO
8月10日(木) 大阪 BIGCAT
8月19日(土) 東京 昭和女子大人見記念講堂



【関連リンク】
元記事
chayまとめ
THE COLLECTORS、武道館ライヴ映像公開!
キャリア最長のツアーがスタート!

OKMusic
ライブ・フェス一覧

【関連アーティスト】
chay
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, レポート

THE COLLECTORS、武道館ライヴ映像公開!キャリア最長のツアーがスタート!
Tue, 20 Jun 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE COLLECTORSがオリコン週間Blu-ray音楽ランキング2位となった、映像作品『THE COLLECTORS live at BUDOKAN " MARCH OF THE MODS "30th anniversary 1 Mar 2017』に収録されている「愛ある世界」を公開した。初の単独武道館公演には見えない堂々とした演奏は必見だ。

また、初武道館を大成功に終え彼らは、現在ツアー真っ最中。 チケットが取れない会場も多々ある中、武道館で演奏された楽曲達とはまた違ったレアなナンバーも演奏されている。 すでに3公演が終了しており、これから11月3日の中野サンプラザ公演まで全国を駆け抜けていく。

live photo by 柴田恵理

■「愛ある世界」


https://www.youtube.com/watch?v=DzEzcNbQ7TM■Blu-ray&DVD『THE COLLECTORS live at BUDOKAN " MARCH OF THE MODS "30th anniversary 1 Mar 2017』

発売中
【Blu-ray+CD】
COZA-1351~1353/¥8,000+税
※オーディオコメンタリー、ワッペン(2種類)、ラミネートパス、当日のドキュメンタリー映像etc
【DVD+CD】
COZA-1354~1356/¥5,000+税

■『THE COLLECTORS 30th Anniversary TOUR "Roll Up The Collectors"』

※終了分は割愛
6月22日(木) 大阪 Music Club JANUS
6月24日(土) 松阪 M\'AXA
7月01日(土) 岡山 IMAGE
7月02日(日) 松江 AZTiC canova
7月08日(土) 岐阜 ants
7月09日(日) 浜松 FORCE
7月14日(金) 青森 Quarte
7月16日(日) 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
7月17日(月・祝) 郡山 CLUB#9
7月22日(土) 新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
7月23日(日) 熊谷 HEAVEN\'S ROCK 熊谷 VJ-1
7月29日(土) 鹿児島 SRホール
7月30日(日) 熊本 B.9 V1
8月05日(土) 神戸 VARIT.
8月06日(日) 京都 KYOTO MUSE
8月13日(日) 高崎 club FLEEZ
9月15日(金) 広島 セカンド・クラッチ
9月16日(土) 福岡 DRUM LOGOS
9月18日(月・祝) 名古屋 CLUB QUATTRO
9月23日(土・祝) 仙台 CLUB JUNK BOX
9月24日(日) 宇都宮 HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
10月06日(金) 札幌 cube garden
10月08日(日) 水戸 LIGHT HOUSE
10月14日(土) 沖縄 桜坂セントラル
10月22日(日) 長野 LIVE HOUSE J
10月26日(木) 大阪 BIGCAT
10月28日(土) 高松 MONSTER
10月29日(日) 高知 X-pt. OPEN
11月03日(金・祝) 中野サンプラザホール



【関連リンク】
元記事
THE COLLECTORSまとめ
瀬川あやか、デビュー1周年記念イベントで
新曲リリースを発表

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
THE COLLECTORS
【ジャンル】
ROCK, ニュース, DVD, Blue-ray

瀬川あやか、デビュー1周年記念イベントで新曲リリースを発表
Tue, 20 Jun 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アーティスト&看護師の“二刀流”シンガーソングライター瀬川あやかが、メジャーデビュー1周年を記念して、6月18日に『瀬川あやかデビュー1周年記念イベント〜1年3日仕込みの感謝入りおつかれーらいぶ〜』を青山の月見ル君想フで開催した。

この日のだけの、爽やかで愛らしい水色を基調とした浴衣姿で登場し、間もなく訪れる夏を彷彿させる「夏花火」を披露すると、一気に夏の空気が充満し、イベントがスタート。その後、アコースティックギターを持ち披露した「ベストフレンド」に続き、「この1年間でリリースしたシングル2曲、一緒に歌いましょう!」とメジャーデビュー曲「夢日和」、そしてセカンドシングル「恋の知らせ」を歌い上げ、会場を盛り上げた。

ここからはトークコーナー。スクリーンには大学時代に準ミスグランプリを獲得した時の写真や、看護師の写真、そして音楽活動を振り返る写真が映し出され、貴重なエピソードとともに、デビュー前から現在に至るまでの瀬川を振り返った。

さらにここで「皆さんにご報告がございます!  8月18日に瀬川あやかの3rdシングルの発売が決定しました!」と、嬉しいサプライズ発表が。本人も出演している「ルスツリゾート」のCMタイアップに決まった新曲「Have a good day!」を含む夏のシングルとなり、詳細は追って発表されるとのこと。

その後、Tシャツに赤いスカートとカジュアルな衣装に着替え、ライヴパートの後半へ突入。楽曲を制作しはじめた頃に、初めてできた曲の中のから「はじまり」を披露。その後、フジテレビ系列『ザ・ノンフィクション』のエンディングでもオンエアされている「サンサーラ」が、月の照明とともに会場に響きわたった。

終盤は最新アルバム『SegaWanderful』のリードトラックの「妄想スニーカー」を披露し、「The Brightest Woman」で締めくくった。

アンコールではしっとりとしたキーボードの弾き語り曲「未熟なうた」に続き、アコースティックギターに持ち替えて披露した「はりーあっぷ」では、コールアンドレスポンスで会場の熱気もボルテージも最高潮のままに幕は閉じた。

今回は、これまでの軌跡をファンとともに振り返り、デビュー1周年に感謝し、次のデビュー2年目の飛躍を誓ったイベントとなった。8月18日発売の3rdシングル含め、これからの瀬川の活動に注目があつまる。

■【セットリスト】

1.夏花火
2.ベストフレンド
3.夢日和
4.恋の知らせ
5.はじまり
6.サンサーラ
7.妄想スニーカー
8.The Brightest Woman
EN1.未熟なうた
EN.2はりーあっぷ

■3rdシングル「タイトル未定」

2017年8月18日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA.04555/¥1,500(税込)
【通常盤】(CD Only)
PCCA.70515/¥1,000(税込)
※「ルスツリゾート 2017」TVCMソングでオンエア中の新曲「Have a good day!」含む2曲を収録予定



【関連リンク】
元記事
瀬川あやかまとめ
イトヲカシ、未発表曲がドラマ『さぼリーマン甘太朗』EDテーマに
OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
瀬川あやか
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, 新曲, レポート

イトヲカシ、未発表曲がドラマ『さぼリーマン甘太朗』EDテーマに
Tue, 20 Jun 2017 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月21日に待望の1st.フルアルバム『中央突破』を発売するイトヲカシ。初のフルアルバム発売を目前にし、未発表曲「アイスクリーム」が7月スタートのテレビ東京 木ドラ25『さぼリーマン甘太朗』のエンディングテーマに決定した。

今回のドラマエンディングテーマは、甘味を題材にした作品にぴったりの「アイスクリーム」という楽曲。J-POPの王道を行く今までのイトヲカシらしさもありつつも、どこかノスタルジックな新しい世界感も感じられる楽曲になっているようだ。

現在2度目の全国ツアーの真っ最中でもあるイトヲカシ。昨年に続く『ROCK IN JAPAN FES.2017』への出演決定や、今回のドラマエンディングテーマへの抜擢など、勢いが止まらない彼らの活動に注目だ。

■【イトヲカシ コメント】

今回、エンディングテーマを担当させていただくことになりましたイトヲカシです! 原作はとても楽しくカスタードラボ東京のシンプリープッドの口どけのように、一瞬にして読み切ってしまいました。ドラマに華、もとい甘さを加える楽曲になっていたら幸いです。聞き味わってください!

■アルバム『中央突破』

2017年6月21日発売
AVCD-93695/¥3,000+税
<収録内容>
■CD
01.スタートライン 
※日本工学院2017CMソング
02.カナデアイ 
※TVアニメ『双星の陰陽師』オープニングテーマ
03.宿り星 
※TVアニメ『双星の陰陽師』エンディングテーマ
04.あなたが好き
05.はちみつ色の月
06.さいごまで 
※“キットカット"受験生応援キャンペーンソング、河合塾2017年度CMタイアップソング
07.ドンマイ!! 
※MUSIC B.Bオープニングテーマ、北海道ルスツリゾートCMタイアップソング
08.半径10メーターの世界 
※防衛省「自衛官募集2016」CMタイアップソング
09.ヒトリノセカイ
10.スターダスト
■DVD
1.スターダスト(Music Video)
2.宿り星(Anime Music Video)
3.さいごまで(Music Video)
4.カナデアイ(Anime Music Video)
5.半径10メーターの世界(東放学園version)
6.スタートライン(Music Video)
収録



【関連リンク】
元記事
イトヲカシまとめ
WANIMA、新曲「これだけは」が
マックシェイクのCMソングに!

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
イトヲカシ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, TVドラマ, エンディング

WANIMA、新曲「これだけは」がマックシェイクのCMソングに!
Tue, 20 Jun 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

WANIMAの新曲「これだけは」のMVが完成した。「これだけは」は6月21日より全国のマクドナルド店舗で発売となる新商品、「マックシェイク×カルピス(R)」のCMソングとして起用されている。

MVもCMと連動した内容となっており、WANIMAのメンバーが夏直前の炎天下の空の下、静岡の草薙球場のアルプススタンドの中にこの日のために特別に制作された特設ステージで汗を流し、歌い、まるで跳ね回るかのように演奏。青春・エネルギーの象徴として登場する1800個を超える白球がメンバーに降り注ぐクライマックスは圧巻だ。

■【KENTA(Vo/Ba)コメント】

青春コラボに携われた事、非常に嬉しく思います。"これだけは"は忘れないで欲しいメッセージを込めて創らせて頂きました。皆さんの青春とともにマックシェイク×カルピス(R)を?

■「これだけは」MV


https://youtu.be/KNWNk5U4SLA■シングル「Gotta Go!!」

2017年5月17日発売
WPCL-12663/¥1,200+税
<収録曲>
M1「CHARM」
M2「ララバイ」
M3「これだけは」



【関連リンク】
元記事
WANIMAまとめ
lol(エルオーエル)のライブに潜入!
ライブ直後のメンバーにも直撃!

OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
WANIMA
【ジャンル】
ROCK, ニュース, MV, 新曲, CMソング

lol(エルオーエル)のライブに潜入!ライブ直後のメンバーにも直撃!
Tue, 20 Jun 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10代と20代を中心に人気急上昇中の次世代ダンス&ヴォーカルグループ、lol(エルオーエル)が6月17日(土)に名古屋ボトムラインにて開催したライブにmu-mo station編集部が潜入! その熱いライブのレポートとライブ直後のメンバーに直撃したインタビューを公開した。

ライブのオープニングを飾ったのは「ladi dadi」のリミックスバージョン。lolに負けじと、lol family(エルファミ)と呼ばれる観客も声を上げてペンライトでステージを照らし、迫力満点のダンスパフォーマンスで歌い上げる「spank!!」「ladi ladi」「sync」「shake shake」を一体となって盛り上げた。

MCではオーストラリアから来たというお客さんと佐藤友祐、小見山直人の男性陣とのやり取りを繰り広げ、ファッション誌「NYLON」の専属モデルに抜擢された地元出身のhibikiが選んだという女性陣の衣装に目がいく中、honokaがラップパートでフロアーを焚き付け、「gimme gimme」ではmocaのレクチャーによって振り付けを覚えたエルファミとグループで一体となり、最高の笑顔が会場中に広がる。

ライブ後に直撃したメンバーの佐藤友祐は「ライブ会場のキャパが今までよりも倍以上あるんですよ。だから前回のステージを越えるパフォーマンスを見せたい!という思いがありました」と語る。凱旋ライブとなったhibikiも「名古屋という地元でのライブだったから、やっぱり今までのライブとは気持ちの部分が違いました。歌っている曲に対しても自然に感情が入ったし、最初から最後まで疲れを全く感じなかったくらいあっという間!もう終わっちゃったのか!っていう感じ」と普段以上の高揚感があったことをコメントしている。

また、ライブで初披露されたlol流の夏SONG「perfect summer」(8月2日発売のファーストアルバム「lolol」に収録)についてもメンバーが語っています。曲中のペアダンスの話題では「この歌で恋が叶うジンクスになるかな!?」とメンバー全員で盛り上がっていた。

lolのワンマンツアーは7月29日(土)まで。個性豊かな5人のライブをステージ間近で見れるので、ぜひチェックしてみよう。

■mu-mo station掲載ページ
https://station.mu-mo.net/articles/nBkQE
■lol mu-moショップ商品ページ
http://shop.mu-mo.net/st/special/lol_summary1705/

■【セットリスト】

M1. Spank!!〜ladi dadi〜syncメドレー
M2. Shake shake
M3. hello
M4. follow me
M5. think of you
M6. girlfriend
M7. girl is mine
M8. brand new story
M9. hikari
M10. hanauta
M11. gimme gimme
M12. whooooo!!
M13. fire!
M14. party up!!
M15. bye bye
EN1. boyfriend
EN2. perfect summer
EN3. straight up
EN4. Heartbeat

■【リリース情報】

アルバム『lolol』(エルオーエルオーエル)
2017年8月2日(水)発売
【AL+DVD】 (MUSIC VIDEO盤)
AVCD-93705/B/¥4,104(税込)
【AL+DVD】 (LIVE盤)
AVCD-93706/B/¥4,104(税込) 
【AL】
AVCD-93707/¥3,000(税込) 

■【ライブ情報】

『lol live tour 2017 -lolz-』
6月23日(金) 福岡DRUM LOGOS
6月24日(土) 鹿児島SRホール
7月01日(土) 栃木HEAVENS ROCK UTSUNOMIYA
7月02日(日) 千葉 LOOK
7月07日(金) 梅田 CLUB QUATTRO
7月09日(日) 静岡Sunash
7月17日(月・祝) 新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
7月29日(土) 東京duo MUSIC EXCHANGE



【関連リンク】
元記事
lolまとめ
VAMPS、JKスケーター中村貴咲との
コラボレーション映像を公開

OKMusic
ライブ・フェス一覧

【関連アーティスト】
lol
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース

VAMPS、JKスケーター中村貴咲とのコラボレーション映像を公開
Tue, 20 Jun 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

VAMPSが3月に発表した最新シングル「CALLING」のスペシャルムービーとして、2020年東京オリンピックメダル候補の女子高生スケーター中村貴咲とのコラボレーション映像を公開した。

スケートボードは2020年東京オリンピックの新種目として採用され、「パーク」と「ストリート」の2種に分けて競技を実施される。中村は2016年6月に開催された全米で屈指のスケートボード大会である『X Games 2016 Austin』の女子スケートパーク部門でアジア人として初優勝。2020年東京オリンピックメダル候補として一気に名前が浮上し、メディア取材が殺到し大きく注目される存在となった。

そんなエクストリーム・スポーツと言われるスケートボード映像と、世界に負けないサウンドを目指して制作された「CALLING」とのコラボレーション制作を提案したのはHYDE。スタッフから中村貴咲の名前が上がり企画が進行し、中村サイドもこの企画を快諾し、中村の本拠地である神戸の“g"スケートパークにて新たに撮影された。

優しい表情から一転、高さ4mのハーフパイプでの高さ充分のエアーだけでなく、世界で数人しかできない大技「ミラーフィリップ540」やメガランプでの最大級エアーをクールにメイク。世界基準の技を、世界基準サウンドとシンクロしながら、惜しげもなく披露している。

■VAMPS×中村貴咲「CALLING」コラボレーションムービー


https://youtu.be/tBsU2bisxWA■アルバム『UNDERWORLD』

発売中
【初回限定盤A】(SHM-CD+Blu-ray)
UICV-9236/¥5,000+税
【初回限定盤B】(SHM-CD+DVD)
UICV-9237/¥4,000+税
【数量限定特別BOX仕様初回限定盤C】(SHM-CD+Blu-ray+DVD+スカジャン)
UICV-9238/¥17,000+税
【通常盤】(SHM-CDのみ)
UICV-1082/¥3,000+税
<収録曲>
■CD収録曲(SHM-CD仕様 / 全形態共通)
1. UNDERWORLD
2. CALLING
3. BREAK FREE feat. KAMIKAZE BOY of MAN WITH A MISSION
4. DON\'T HOLD BACK
5. BLEED FOR ME
6. IN THIS HELL
7. INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White
8. RISE OR DIE feat. Richard Z.Kruspe of Emigrate / Rammstein
9. SIN IN JUSTICE feat. APOCALYPTICA
10. B.Y.O.B. (BRING YOUR OWN BLOOD)
11. RISE UP
■初回限定盤A付属Blu-ray
「VAMPS LIVE 2016 at ZEPP TOKYO 2016.09.17」
INSIDE OF ME
LIPS
COUNTDOWN
EVIL
VAMPIRE DEPRESSION
EUPHORIA
DEVIL SIDE
PIANO DUET
GHOST
RISE OR DIE
AHEAD
ANGEL TRIP
SIN IN JUSTICE
BLOODSUCKERS
MIDNIGHT CELEBRATION
THE JOLLY ROGER
MEMORIES
LOVE ADDICT
SEX BLOOD ROCK N\' ROLL
■初回限定盤B付属DVD
・「CALLING」ミュージックビデオ
・「CALLING」メイキング映像
・「INSIDE OF ME」ミュージックビデオ
・「RISE OR DIE」リリックビデオ
・「SIN IN JUSTICE」リリックビデオ
・VAMPS LIVE 2016 ツアードキュメンタリー
■数量限定特別BOX仕様初回限定盤C
・SHM-CD & 初回限定盤A付属Blu-ray & 初回限定盤B付属DVD & Rockin\' Jelly Bean×VAMPS オリジナル・スカジャン
・スカジャンはワンサイズのみ(Lサイズ相当:着丈75cm / 身幅60cm / 袖丈77cm)
・スカジャンデザインは1種類のみ、カラーはブラック&ワインレッドのみ
・スカジャンデザインは変更になる可能性があります、ご了承ください



【関連リンク】
元記事
VAMPSまとめ
ISEKI、ソロ初のMVは稲垣潤一の名曲「ドラマティック・レイン」で大人の色気を演出
OKMusic
ROCK一覧

【関連アーティスト】
VAMPS
【ジャンル】
ROCK, ニュース, トレーラ, CD, アルバム

ISEKI、ソロ初のMVは稲垣潤一の名曲「ドラマティック・レイン」で大人の色気を演出
Tue, 20 Jun 2017 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

キマグレンの解散から約2年、ソロアーティストとして活動を行なっているISEKIが、ソロ初となるMVをついに公開した。

6月28日に待望のソロデビュー作品となる1stミニアルバム『AOR FLAVA -mellow green-』をリリースするISEKI。初のソロ作は自身の音楽ルーツであり、今後のソロ活動の方向性を提示するべく挑んだAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)のカバーアルバムだ。今作のカバー曲は“J-POPの中のAOR風味の名曲"を、季節に合わせたコンセプトをテーマに選曲した7曲と、中田裕二とコラボして制作したオリジナル・コラボ曲が1曲収録された全8曲で構成されている。シュガー・ベイブや小坂忠、稲垣潤一、オリジナル・ラブ、大江千里、玉置浩二、シャ乱Qの、日本の音楽シーンに燦然と輝く名曲たち。年を重ね、キャリアを積んできた今だからこそ、キマグレン時代とは違う“艶のある大人の色気"を感じさせる歌声が心地良く、聴き応え十分の作品だ。

公開されたMVは、そのミニアルバムより稲垣潤一の「ドラマティック・レイン」。MVにもキマグレン時代とは違う、ソロアーティスト・ISEKIの新たな姿と、AORへのこだわりがしっかりと落とし込まれている。雨に打たれ全身ずぶ濡れになりながら撮影されたシーンや、夜の湾岸エリアでの車を運転しながら撮影されたシーン、一人の部屋で物思いに耽りながらアコースティックギターを抱えて歌い上げるシーンなど、今までとは違う“大人の男のセクシーさ"が醸し出されている。音、ジャケット、MVと聴いて良し、見て良しの申し分の無いカバー作品と言っていいだろう。MVはフル尺で公開されているので、全編を通してぜひチェックして、AORの世界を思う存分堪能してみてもらいたい。

なお、ソロデビューを記念して、リリース直後から全国各地でインストアイベントの開催が発表されており、今秋の9月30日(土)東京公演を皮切りに全国ツアーの開催も控えている。更に、このカバー作品は『AOR FLAVA』シリーズとして、既に第二弾作品『AOR FLAVA -sweet blue-』が8月30日にリリースされる事も決定している。次作にはどんな名曲が収録されるのか早くも気になってしまう。また2作品を購入すると抽選で全国ツアー各会場でのリハーサル見学&写真撮影会に参加できるという特典も発表された。今年はISEKIからますます目が離せなさそうだ。

■『ドラマティック・レイン』MV


https://www.youtube.com/watch?v=yq47w5J3lh8■ミニアルバム『AOR FLAVA -mellow green-』

2017年6月28日発売
TKCA-74516/¥1,852+税
<収録曲>
M1.DOWN TOWN(シュガー・ベイブ)
M2.しらけちまうぜ (小坂忠)
M3.ドラマティック・レイン(稲垣潤一)
M4.シングルベッド (シャ乱Q)
M5.接吻(オリジナル・ラブ)
M6.十人十色(大江千里)
M7.メロディー(玉置浩二)
M8.HOLD YOU feat.中田裕二  ※オリジナル・コラボ曲

■ミニアルバム『AOR FLAVA -sweet blue-』

2017年8月30日発売
TKCA-74543/¥1,852+税
※収録楽曲など詳細は後日発表

◎『AOR FLAVA -mellow green-』&『AOR FLAVA -sweet blue-』ダブル購入応募特典
抽選で「ISEKI LIVE 2017〜COFFEE & SOUL vol.2〜」のリハーサル見学&記念撮影会ご招待

■【『AOR FLAVA -mellow green-』リリース記念 全国インストアイベント】

6月28日(水) 神奈川:タワーレコード川崎店
時間:19:00〜
7月01日(土) 愛知:HMV栄 店内イベントスペース
時間:13:00〜
7月01日(土) 愛知:イオンモール大高 3Fタワーレコード店舗前イベントスペース
時間:17:00〜
7月02日(日) 大阪:カンテレ扇町スクエア1Fアトリウム
時間:14:00〜
7月02日(日) 大阪:タワーレコード難波店5Fイベントスペース
時間:18:30〜
7月08日(土) 神奈川:タワーレコード横浜ビブレ店 店内イベントスペース 
時間:12:00〜
7月08日(土) 東京:タワーレコード町田店 店内イベントスペース
時間:16:00〜
7月09日(日) 福岡:タワーレコード福岡パルコ店 店内イベントスペース
時間:14:00〜
7月09日(日) 福岡:HMV & BOOKS HAKATA店内イベントスペース 
時間:18:00〜
7月15日(土) 神奈川:バンダレコードららぽーと海老名店 店内イベントスペース
時間:13:00〜 / 16:00〜
7月16日(日) 茨城:イオンタウン守谷店 1Fセントラルコート
時間:13:00〜 / 16:00〜
7月17日(月・祝) 広島:タワーレコード広島店 店内イベントスペース
時間:17:00〜
7月22日(土) 関東地区:実施予定
※後日詳細発表
7月23日(日) 千葉:イオンマリンピア4F GGモール イベントスペース
時間:13:00〜
7月29日(日) 関東地区:実施予定
※後日詳細発表

※各会場でミニライブ+サイン会を実施致します。
※ミニライブは観覧フリーとなっております。
※サイン会へのご参加に関しての詳細は、徳間ジャパンオフィシャルHPをご確認ください。

■【ライブ情報】

「ISEKI LIVE 2017〜COFFEE & SOUL vol.2〜」
9月30日(土) 東京:渋谷gee-ge
昼公演:OPEN14:30 / START15:00
夜公演:OPEN18:00 / START18:30【SOLD OUT!!】
10月14日(土) 愛知:名古屋sunset BLUE
10月15日(日) 京都:京都SOLE CAF?
10月21日(土) 大阪:心斎橋ヒルズパン工場
10月22日(日) 広島:音楽喫茶 ヲルガン座
10月28日(土) 宮城:SENDAI KOFFEE
11月03日(金・祝) 福岡:LIV LABO
11月05日(日) 北海道:musica hall caf?

「AOR FLAVA〜毎日がクリスマス10th anniversary ☆2017☆ SPECIAL LIVE〜」
12月25日(月) 横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホール
OPEN18:30 / START19:00



【関連リンク】
元記事
ISEKIまとめ
キマグレンまとめ
稲垣潤一まとめ
Salley、惜しみなく自身の音楽性を披露した
東京ワンマンが大盛況


【関連アーティスト】
ISEKI, キマグレン, 稲垣潤一
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

Salley、惜しみなく自身の音楽性を披露した東京ワンマンが大盛況
Tue, 20 Jun 2017 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月8日にアルバム『Clear』を発売したSalleyが、6月18日(日)にリリース記念ワンマンライブを東京 渋谷WWWで行なった。

大きな拍手につつまれてステージに登場したSalleyの二人。1曲目は『Clear』にも収録されている「Wonderland」だ。1曲目から、うららはフロアを惜しみなく盛り上げ、MCでは『ツアーファイナル、最後まで盛り上がっていくよー!』と意気込みを見せる。「Boys & Girls」では、観客とサビを大合唱! ライブ前半は盛り上がる楽曲で飛ばしながら、「Winding Road」では、バンド編成ながらもしっとりと歌いあげるうららの姿が印象的だった。

『改めましてみなさん、こんばんは! Salleyです。すごくたくさんの人にきていただけて嬉しいです! 上口君と、今日は落ち着いて行きましょうと言ってたんですけど、ね!(笑)』という、うららのMCに上口が笑うと、会場からは上口コールが沸き起こる。上口の少し照れた『ありがとうございます!』という感謝の言葉に、会場はさらに盛り上がりをみせた。

うららは『今日は雨降ってきちゃって、今年の梅雨は雨少ないなぁって思ってたら、降っちゃって!(笑) でも、これだけたくさんの人に来ていただけて、いい歌いい音いい音楽、いい空間をみなさんに届けていけたら良いなと思います! 最後までよろしくお願いいたします!』と話し、フロアからは拍手が湧き起こった。

ライブ後半では「スカイライン」「冬が来る」などライブで人気の高い楽曲たちを披露。観客全員で手を振り会場が一体となっていく。デビュー曲「赤い靴」でその盛り上がりは最高潮に達し、上口はギターを激しくかき鳴らしてバンド編成ならではの演出をみせた。ラストは「Home」でSalleyの思いを歌にのせ、本編を締めくくった。

鳴りやまないSalleyコールの中、再びステージに出てきた二人。『今回のワンマンライブでは本当にたくさんの人に支えられていることを実感しました。これからも多くの人にSalleyの音楽を楽しんでもらえるよう、進み続けます。』とうららは語る。アンコールラストの曲はライブでも演奏されることが珍しく、Salleyの2人が出会って初めて作った楽曲「その先の景色を」だ。ファンからはこの粋な演出に大歓声が上がった。

アルバム発売以降、バンド編成でのライブを積極的にな行ってきたSalley。その集大成をおしみなく披露したステージには、拍手が鳴りやまず、Salleyの音楽をおしみなく披露した一夜となった。10月1日(日)にはShibuya Milkywayにて主催イベントを開催予定との事なので、今後の活動にもぜひ注目してほしい。

Photo by 當摩果奈絵

■【セットリスト】

1. Wonderland
2. Boys & Girls
3.言い訳ガール
4. Winding Road
5.小さな嘘
6.あたしをみつけて
7.Clear
8.セッション
9. SPECTRUM
10.kodama
11.スカイライン
12.カラフル
13.冬が来る
14.赤い靴
15. Agreed Greed
16.Home
-EN-
17.プレゼント
18.その先の景色を

■【ライブ情報】

『Salley主催イベント』
10月1日(日) Shibuya Milkyway
※詳細は後日発表予定



【関連リンク】
元記事
Salleyまとめ
BUCK-TICK、10時間40分に及ぶ
オールナイト先行上映会が大盛況!

OKMusic
J-POP一覧

【関連アーティスト】
Salley
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, ライブ

BUCK-TICK、10時間40分に及ぶオールナイト先行上映会が大盛況!
Tue, 20 Jun 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

映画『BUCK-TICK〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016』の全国公開に先駆け、先行上映が6月16日(金)に新宿バルト9にて行なわれた。

この日は30年前にBUCK-TICKがメジャー進出を発表した記念日であり、星野英彦(G)の誕生日でもある。さらに当日は、2013年に公開された『劇場版 BUCK-TICK〜バクチク現象〜I&II』と、同作の初回限定特典として収録された『劇場版 BUCK-TICK〜バクチク現象〜III』(劇場初公開)のイッキミ上映会、さらに6月28日(水)に発売されるライブアルバム『CLIMAX TOGETHER-1992 compact disc-』の世界最速先行試聴会も行なわれ、まさにBUCK-TICK一色に染まった一夜となった。

このオールナイトイベントが行なわれたのは、新宿バルト9の13階にあるシアター9。2005年にリリースしたアルバム『十三階は月光』を想起させることから、公式のTwitterやファンの間ではバルト9の“十三階"と表記され、開催を心待ちにされてきた。十三階の会場には最新ビジュアルのBUCK-TICKメンバーの写真が撮れる映画特製パネルや、メッセージが書き込める特製バナーが設置され、当日は開演前から大賑わい。開演直前まで特製パネルで撮影をする人が後を絶たず、特製バナーは30周年を迎えるBUCK-TICKを祝う愛あるメッセージで埋め尽くされていた。

19時ちょうど。映画『BUCK-TICK〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016』の上映がスタートした。映画は、1992年、2004年、2016年と12年周期で開催された3つの“CLIMAX TOGETHER"のステージを、メンバーのインタビューと、過去に作品として発表された映像の未公開シーンを加えて再編集したもので、BUCK-TICKの深い歴史と進化の軌跡を辿る作品になっている。映画館ならではの大スクリーンと臨場感のある音響で、白熱のステージが時代を超えてリアルに再現され、息を飲んで見つめる人もあれば、曲に合わせて体を動かす人もいて、観客はそれぞれのスタイルで作品を楽しんでいる様子。エンドロールが終わると自然に拍手が沸き起こり、この映画で伝えたかったBUCK-TICK“CLIMAX TOGETHER"の核なる部分が、観た人それぞれの胸に響いたであろうことを確信することができた。

その後始まったBUCK-TICKデビュー25周年の一年間を追ったドキュメント作品『劇場版BUCK-TICK〜バクチク現象〜I&II&III』イッキミ上映会では、普段あまり見ることのないステージの裏側やレコーディングでのメンバーの様子を堪能。さらに続いたライブアルバム『CLIMAX TOGETHER-1992 compact disc-』の試聴会は、それぞれのステージがそのままパッケージされているので、それまで作品としては未収録だった曲や、その日限りのライヴアレンジを聴くことができ、映画とはまた違う“CLIMAX TOGETHER"を楽しむことができた。

4本の映像と2枚の音源を視聴し終えたのは、朝の5時40分。全ての作品を通して、時代とともに進化したバンドの成長や絆を体感することで、改めてBUCK-TICKが30年続いてきた理由がわかった気がする。トータル10時間40分に及ぶオールナイトイベントが終了した時、同じ時間を過ごした同志達への称賛と、BUCK-TICKへの敬愛の念がこもった温かい拍手が再び沸き起こっていた。

映画『BUCK-TICK〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016』の公開は6月24日(土)だが、上映会場は今なお増え続けており、新たに静岡東宝会館での公開も決まった。また、今回公開を記念して作られたグッズが、劇場以外にBUCK-TICKのオフィシャルウェブショップ、タワーレコード札幌ピヴォ店、渋谷店、新宿店、錦糸町店、名古屋パルコ店、名古屋近鉄パッセ店、梅田大阪マルビル店、難波店、梅田NU茶屋町店、福岡パルコ店の限定店舗、並びタワーレコード オンラインにて発売決定となっているので、こちらもチェックしよう。

それぞれの上映時期が順次発表されているので、ぜひたくさんの人に足を運んでいただき、デビュー30周年を迎えるBUCK-TICKの進化を目撃してほしい。

■映画『BUCK-TICK〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016』公式サイト
http://bt-movie.com
■タワーレコード オンライン BUCK-TICKグッズ情報
http://blog.livedoor.jp/tower_sale/archives/1066362552.html

■映画『BUCK-TICK〜CLIMAX TOGETHER〜ON SCREEN 1992-2016』

公開日:6月24日(土)〜新宿バルト9ほか
※2週間限定公開
<劇場>
■6月24日(土)〜公開
北海道:ディノスシネマズ札幌劇場
東京都:新宿バルト9 
神奈川県:横浜ブルク13 
群馬県:109シネマズ高崎 
愛知県:109シネマズ名古屋 
大阪府:梅田ブルク7 
福岡県:T・ジョイ博多
■7月01日(土)〜公開
福島県:イオンシネマ福島 
■7月08日(土)〜公開
千葉県:T・ジョイ蘇我  
埼玉県:こうのすシネマ 
新潟県:T・ジョイ新潟万代
京都府:T・ジョイ京都 
広島県:広島バルト11
■7月29日(土)〜公開
徳島県:ufotable CINEMA
■9月16日(土)〜公開
神奈川県:アミューあつぎ映画.comシネマ 
東京都:ユナイテッドシネマアクアシティお台場 
鹿児島県:鹿児島ミッテ10
■9月23日(土)〜公開
熊本県:ユナイテッドシネマ熊本(旧シネプレックス熊本) 
石川県:ユナイテッドシネマ金沢 
■9月30日(土)〜公開
宮城県:109シネマズ富谷 
■10月14日(土)〜公開
兵庫県:109シネマズHAT神戸
■11月18日(土)〜公開
香川県:イオンシネマ高松東 
■順次公開
静岡県:静岡東宝会館

■アルバム『CLIMAX TOGETHER - 1992 compact disc ?』

2017年6月28日(水)発売
【完全限定生産盤】(SHM-CD4枚組)
VICL-70230〜70233/¥5,500+税
※スリーブケース仕様

◎各チェーン店特典
■タワーレコード全国各店 / タワーレコードオンライン限定特典
オリジナル缶バッチA
■HMV全国各店 / ローチケHMV限定特典
オリジナル缶バッチB
■TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング限定特典
(※TSUTAYAオンラインは予約分のみ)
オリジナルスペシャルフォト
■新星堂全国各店 / 新星堂オンライン楽天市場店
オリジナルロゴステッカーA
■Amazon
オリジナルロゴステッカーB
■楽天ブックス
オリジナルポストカード
■ビクターオンラインショッピング
オリジナル宣伝B2ポスター



【関連リンク】
元記事
BUCK-TICKまとめ
OKMusic
ヴィジュアル一覧
ROCK一覧

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
ROCK, ヴィジュアル, ニュース, バンド, アルバム, 映画













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1